English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2011

Maya Beiser: A cello with many voices

8人のマヤ・バイザーによるチェロ合奏

Filmed
Views 932,440

チェリストのマヤ・バイザーが、彼女自身の7人の分身たちとともに8声からなる見事な現代的練習曲を演奏し、ついで瞑想的な音楽と映像のハイブリッドへと移行して、テクノロジーによって力強い音の際限のない可能性を作り出します。曲はスティーヴ・ライヒの「チェロ・カウンターポイント」をビル・モリソンの映像で、デヴィッド・ラングの「ワールド・トゥ・カム」をイリット・バツリーの映像でご覧いただきます。

- Cellist
Maya Beiser commissions and performs radical new work for the cello. Full bio

(Music音楽)
(演奏)
00:32
(Applause拍手)
(拍手)
07:04
Thank感謝 you君は.
ありがとうございます
07:27
Imagining想像する aa soloソロ celloチェロ concertコンサート,
チェロの独奏といえば
07:29
one1 would〜する most最も likelyおそらく think思う of Johannジョハン Sebastianセバスチャン Bachバッハ
大概はヨハン・ゼバスティアン・バッハの
07:32
unaccompanied無伴奏 celloチェロ suitesスイート.
無伴奏チェロ組曲を思い浮かべるでしょう
07:35
Asとして aa child
この永遠の名作を
07:38
studying勉強する theseこれら eternal永遠の masterpieces傑作,
学んでいた子どもの頃
07:40
Bach'sバッハ music音楽 would〜する intermingle混在
バッハの音楽は
07:43
with〜と theその singing歌う voices of Muslimイスラム教徒 prayers祈り
私の育った北イスラエルのキブツで
07:45
fromから theその neighboring隣接 Arabアラブ village
近隣のアラブの村から聞こえてくる
07:48
of theその northern北部 Kibbutzキブツ in Israelイスラエル
イスラムの祈りの歌うような声と
07:50
whereどこで I grew成長しました upアップ.
混ざり合っていました
07:52
Late遅く at〜で night, after hours時間 of practicing練習する,
長い練習の後 夜遅くに
07:54
I would〜する listen聴く to Janisジャニス Joplinジョプリン andそして Billieビリー Holiday休日
ジャニス・ジョプリンやビリー・ホリデイを聞いたものですが
07:56
asとして theその sounds of tangoタンゴ music音楽
同時に両親の部屋のステレオからは
07:59
would〜する be〜する creeping忍び寄る fromから myじぶんの parents'親' stereoステレオ.
タンゴの音楽が漏れ聞こえていました
08:01
Itそれ allすべて becameなりました music音楽 to me.
そのすべてが私にとっての音楽になりました
08:04
I didn'tしなかった hear聞く theその boundaries境界.
音楽の境界を意識したことはありません
08:07
I stillまだ start開始 everyすべて day
私は今でも毎日
08:10
practicing練習する playing遊ぶ Bachバッハ.
バッハの曲で練習を始めます
08:12
His music音楽 never決して ceases終了する
バッハの音楽はいつも新鮮で
08:14
to sound fresh新鮮な andそして surprising驚くべき to me.
絶えず驚きを与えてくれます
08:16
Butだけど asとして I wasあった moving動く away離れて
でも伝統的な
08:18
fromから theその traditional伝統的な classicalクラシック repertoireレパートリー
クラシックの曲目から離れ
08:20
andそして trying試す to find見つける new新しい ways方法
音楽表現の新たな道を
08:22
of musicalミュージカル expression表現,
模索するようになって 気づきました
08:24
I realized実現した thatそれ with〜と today's今日の technological技術的 resourcesリソース,
現代の技術を使うなら
08:26
there'sそこに noいいえ reason理由 to limit限界
一つの弦楽器で
08:29
what canできる be〜する produced生産された at〜で one1 time時間
一度に出せる音に制限すべき理由は
08:31
fromから aa singleシングル string文字列 instrument計器.
ないということです
08:34
Theその powerパワー andそして coherency一貫性
全ての声部を一人で
08:36
thatそれ comes来る fromから one1 person hearing聴覚, perceiving知覚する andそして playing遊ぶ allすべて theその voices
聴き 感じ 演奏することによる力と緊密感は
08:38
makes作る aa very非常に different異なる experience経験.
全く異なる体験を生み出します
08:42
Theその excitement興奮 of aa greatすばらしいです orchestraオーケストラ performanceパフォーマンス
素晴らしいオーケストラ演奏のもたらす興奮は
08:45
comes来る fromから theその attempt試みる to have持ってる aa collective集団 of musiciansミュージシャン
音楽家の集団が一つの統合されたテーマを
08:48
producing生産する one1 unified統一された whole全体 concept概念.
作り出そうとする試みから生まれます
08:51
Theその excitement興奮 fromから usingを使用して multi-trackingマルチトラッキング,
次の曲でお聞きいただきますが
08:54
theその way方法 I didした in theその pieceピース you君は will意志 hear聞く next,
マルチトラッキングによる興奮は
08:57
comes来る fromから theその attempt試みる
幾層からなる宇宙の全体を
09:01
to buildビルドする andそして create作成する aa whole全体 universe宇宙
すべて一個の音源から
09:03
with〜と manyたくさんの diverse多様 layers,
構築し 作り出そうとする
09:06
allすべて generated生成された fromから aa singleシングル sourceソース.
試みから生まれます
09:09
Myじぶんの celloチェロ andそして myじぶんの voice音声 are layered層状
私のチェロと私の声が重なり合い
09:12
to create作成する thisこの large sonic音波 canvasキャンバス.
大きな音のキャンバスを作り出します
09:14
Whenいつ composers作曲家 write書きます music音楽 forために me,
曲を書いてもらうときに お願いしているのは
09:17
I ask尋ねる themそれら to forget忘れる what they彼ら know知っている about theその celloチェロ.
「チェロにとらわれないで」ということ
09:20
I hope希望 to arrive到着する at〜で new新しい territories領土
新しい領域に足を踏み入れて
09:22
to discover発見する sounds I have持ってる never決して heard聞いた before.
聞いたことのない音を発見したいと思っているからです
09:25
I want欲しいです to create作成する endless無限 possibilities可能性
私はこのチェロを使って
09:28
with〜と thisこの celloチェロ.
限りない可能性を生み出したいのです
09:30
I become〜になる theその medium throughを通して whichどの theその music音楽 is beingであること channeledチャネルされた,
自分自身が音楽の流れる媒体となって
09:32
andそして in theその processプロセス, whenいつ allすべて is right,
その過程で全てがうまくいった時
09:35
theその music音楽 is transformed変形した
音楽は変貌を遂げ
09:38
andそして soそう am午前 I.
私も違ったものになるのです
09:40
(Music音楽)
(演奏)
09:49
(Applause拍手)
(拍手)
19:59
Translated by Takahiro Shimpo
Reviewed by Yasushi Aoki

▲Back to top

About the speaker:

Maya Beiser - Cellist
Maya Beiser commissions and performs radical new work for the cello.

Why you should listen

The founding cellist of the Bang on a Can All Stars, cellist Maya Beiser is a frequent collaborator with artists across the spectrum of creativity -- visual artists such as Shirin Neshat, video artists such as Irit Batsry -- to produce groundbreaking multimedia concerts.

Composers who write for her follow her passion for melding influences -- Middle Eastern sounds, classic and modern tones. Her newest project, Elsewhere, is described as "a CELLoOpera." Elsewhere is an imaginative retelling of the Biblical legend of Lot's wife, created by the "dream team" of Maya, director Robert Woodruff, composers Missy Mazzoli and Eve Beglarian, writer Erin Cressida Wilson, and choreographer Karole Armitage

More profile about the speaker
Maya Beiser | Speaker | TED.com