English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2006

Alan Russell: The potential of regenerative medicine

アラン・ラッセル: 肉体の再生

Filmed
Views 1,446,582

アラン・ラッセルが病気や怪我を治療する際の突破口となる再生医療の話をします。身体が持つ自然の力で、失われた部位を再生する信号を送る方法が紹介されています。

- Medical futurist
In the fight against disease, defect and injury, Alan Russell has a novel argument: Why not engineer new tissue and organs to replace sick ones? Full bio

I'm私は going行く to talkトーク to you君は today今日 about
今日 お話しするのは
00:26
hopefullyうまくいけば converting変換する fear恐れ into hope希望.
願わくは恐怖を希望に変えることです
00:28
Whenいつ we我々 go行く to theその physician医師 today今日 ---
私達は病院に行くと
00:31
whenいつ we我々 go行く to theその doctor's医者 office事務所 andそして we我々 walk歩く in,
診察室の中で
00:34
thereそこ are words言葉 thatそれ we我々 justちょうど don'tしない want欲しいです to hear聞く.
耳にしたくない言葉があります
00:36
Thereそこ are words言葉 thatそれ we're私たちは truly真に afraid恐れ of.
私達が本当に恐れている言葉です
00:39
Diabetes糖尿病, cancer, Parkinson'sパーキンソン病, Alzheimer'sアルツハイマー病,
糖尿病 癌 パーキンソン病 アルツハイマー
00:41
heartハート failure失敗, lung failure失敗 ---
心不全 肺不全
00:45
thingsもの thatそれ we我々 know知っている are debilitating衰弱させる diseases病気,
私達の認識は 身体をむしばむ
00:47
forために whichどの there'sそこに relatively比較的 little少し thatそれ canできる be〜する done完了.
対処法がほとんどない病気ということです
00:50
Andそして what I want欲しいです to lay寝る outでる forために you君は today今日 is
今日お話したいのは
00:55
aa different異なる way方法 of thinking考え about howどうやって to treat治療する debilitating衰弱させる disease疾患,
不治の病への従来とは違ったアプローチと
00:57
whyなぜ it'sそれは important重要,
その重要性です
01:01
whyなぜ withoutなし itそれ perhapsおそらく our我々の health健康 careお手入れ systemシステム will意志 melt溶かす downダウン
それがなければ 医療制度は崩壊するでしょう
01:03
ifif you君は think思う itそれ already既に hasn't持っていない,
まだ していなければの話ですが…
01:06
andそして whereどこで we我々 are clinically臨床的に today今日, andそして whereどこで we我々 mightかもしれない go行く tomorrow明日,
臨床の現在と 明日の方向性
01:08
andそして what some一部 of theその hurdlesハードル are.
問題点を取り上げ
01:11
Andそして we're私たちは going行く to do行う allすべて of thatそれ in 18 minutes, I promise約束する.
以上の点を18分で紹介します
01:13
I want欲しいです to start開始 with〜と thisこの slide滑り台,
こちらを見てください
01:16
becauseなぜなら thisこの slide滑り台 sortソート of tells伝える theその storyストーリー theその way方法 Science科学 Magazineマガジン thinks考える of itそれ.
サイエンスマガジン誌の見方が表れています
01:18
Thisこの wasあった an issue問題 fromから 2002
バイオニックヒューマンに関する
01:23
thatそれ they彼ら published出版された with〜と aa lotロット of different異なる articles記事 on theその bionicバイオニック human人間.
様々な記事を集めた2002年の特集号です
01:25
Itそれ wasあった basically基本的に aa regenerative再生性の medicine医学 issue問題.
要は 再生医療特集ということです
01:29
Regenerative再生性の medicine医学 is an extraordinarily異常に simple単純 concept概念
再生医療とは非常に簡単な概念で
01:32
thatそれ everybodyみんな canできる understandわかる.
誰でも理解できます
01:36
It'sそれは simply単に accelerating加速する theその paceペース at〜で whichどの theその body heals癒す itself自体
自然治癒のスピードを医療処置のように
01:38
to aa clinically臨床的に relevant関連する timescaleタイムスケール.
加速するのです
01:42
Soそう we我々 know知っている howどうやって to do行う thisこの in manyたくさんの of theその ways方法 thatそれ are upアップ thereそこ.
ここに挙げられている様々な方法を我々は知っています
01:46
We我々 know知っている thatそれ ifif we我々 have持ってる aa damaged損傷した hipヒップ, you君は canできる put置く an artificial人工的な hipヒップ in.
股関節疾患には人工関節で治します
01:49
Andそして thisこの is theその ideaアイディア thatそれ Science科学 Magazineマガジン used中古 on their彼らの frontフロント coverカバー.
サイエンスマガジン誌の表紙で紹介された考え方です
01:53
Thisこの is theその completeコンプリート antithesisアンチテーゼ of regenerative再生性の medicine医学.
実はこれは再生医療とは正反対で
01:57
Thisこの is notない regenerative再生性の medicine医学.
再生医療とは呼びません
02:01
Regenerative再生性の medicine医学 is what Businessビジネス Week週間 put置く upアップ
ビジネスウィーク誌が少し前に
02:03
whenいつ they彼ら didした aa storyストーリー about regenerative再生性の medicine医学 notない tooあまりにも long長いです ago.
特集したのが本当の再生医療です
02:06
Theその ideaアイディア is thatそれ instead代わりに of figuring想像する outでる howどうやって to ameliorate改善する symptoms症状
その概念とは 器具や薬で症状を
02:09
with〜と devicesデバイス andそして drugs薬物 andそして theその like好きな ---
改善させようとする代わりに
02:14
andそして I'll私はよ come来る backバック to thatそれ themeテーマ aa few少数 times ---
これは後から触れますが
02:16
instead代わりに of doingやっている thatそれ, we我々 will意志 regenerate再生する lost失われた function関数 of theその body
臓器や傷ついた組織の機能を再生することで
02:19
by〜によって regenerating再生する theその function関数 of organs器官 andそして damaged損傷した tissue組織.
失われた体の機能を再生するのです
02:23
Soそう thatそれ at〜で theその end終わり of theその treatment処理,
治療が終了すると
02:27
you君は are theその same同じ asとして you君は wereあった at〜で theその beginning始まり of theその treatment処理.
健康時の体が取り戻せます
02:29
Very非常に few少数 good良い ideasアイデア --- ifif you君は agree同意する thatそれ thisこの is aa good良い ideaアイディア ---
これは良いアイディアだと思いますが
02:34
very非常に few少数 good良い ideasアイデア are truly真に novel小説.
良いアイディアは新しくないことが多いものです
02:37
Andそして thisこの is justちょうど theその same同じ.
この案も同じです
02:40
Ifif you君は look見える backバック in history歴史,
歴史を振り返れば
02:42
Charlesチャールズ Lindbergh林檎, who wasあった betterより良い known既知の forために flying飛行 airplanes飛行機,
有名な飛行家のチャールズ リンドバーグは
02:44
wasあった actually実際に one1 of theその first最初 people
ノーベル賞を受賞した―
02:48
along一緒に with〜と Alexisアレクシス Carrelカレル, one1 of theその Nobelノーベル Laureates賞受賞者 fromから Rockefellerロッキーフェラー,
アレクシス カレルと共に 臓器の培養を
02:49
to beginベギン to think思う about, couldできた you君は culture文化 organs器官?
最初に考えた1人です
02:53
Andそして they彼ら published出版された thisこの book in 1937,
彼らは1937年に本を出版し
02:57
whereどこで they彼ら actually実際に began始まった to think思う about,
バイオリアクターで
02:59
what couldできた you君は do行う in bio-reactorsバイオリアクター to grow成長する whole全体 organs器官?
いかに臓器を生成できるのか考え始め それ以降
03:01
We've私たちは come来る aa long長いです way方法 since以来 then次に.
躍進を遂げました
03:07
I'm私は going行く to shareシェア with〜と you君は some一部 of theその excitingエキサイティング work作業 that'sそれは going行く on.
進行中の素晴らしい事例を幾つか紹介します
03:08
Butだけど before doingやっている thatそれ, what I'd私は like好きな to do行う
でも その前に 医療制度に対する
03:11
is shareシェア myじぶんの depressionうつ病 about theその health健康 careお手入れ systemシステム
私の不満と 再生医療の必要性を
03:13
andそして theその need必要 forために thisこの with〜と you君は.
話したいと思います
03:16
Manyたくさんの of theその talks交渉 yesterday昨日 talked話した about
昨日は生活の質の向上や
03:18
improving改善する theその quality品質 of life生活, andそして reducing還元する poverty貧困,
貧困を減らすという話をたくさん聞きました
03:20
andそして essentially基本的に increasing増加する life生活 expectancy期待 allすべて aroundまわり theその globeグローブ.
実質的に平均寿命を延ばすということです
03:23
One1 of theその challenges挑戦 is thatそれ theその richerより豊かな we我々 are, theその longerより長いです we我々 liveライブ.
でも より裕福になれば 寿命も延びるわけで
03:28
Andそして theその longerより長いです we我々 liveライブ, theその moreもっと expensive高価な itそれ is
寿命が延びれば 加齢と共に
03:33
to take取る careお手入れ of our我々の diseases病気 asとして we我々 get取得する olderより古い.
病気の治療費も増加するということです
03:36
Thisこの is simply単に theその wealth of aa country
これは65歳以上の人口の割合と
03:39
versus theその percentパーセント of population人口 over以上 theその age年齢 of 65.
国の豊かさの関係を示した図です
03:42
Andそして you君は canできる basically基本的に see見る thatそれ theその richerより豊かな aa country is,
国が より裕福であればあるほど
03:46
theその olderより古い theその people are within以内 itそれ.
高齢者は多くなります
03:49
Whyなぜ is thisこの important重要?
なぜ これが重要なのか?
03:51
Andそして whyなぜ is thisこの aa particularly特に dramatic劇的 challengeチャレンジ right now?
なぜ これが危急の難題なのか?
03:53
Ifif theその average平均 age年齢 of yourきみの population人口 is 30,
平均年齢が30歳だと
03:57
then次に theその average平均 kind種類 of disease疾患 thatそれ you君は have持ってる to treat治療する
処置が必要な平均的な病気は
03:59
is maybe多分 aa broken壊れた ankle足首 everyすべて now andそして again再び,
時折見られる足首の骨折や
04:03
maybe多分 aa little少し bitビット of asthma喘息.
喘息などでしょう
04:05
Ifif theその average平均 age年齢 in yourきみの country is 45 to 55,
平均年齢が45歳から55歳になると
04:06
now theその average平均 person is looking探している at〜で diabetes糖尿病,
平均的なのは 早期の糖尿病
04:10
early-onset早期発症 diabetes糖尿病, heartハート failure失敗, coronary冠状 artery動脈 disease疾患 ---
心不全 冠動脈疾患などです
04:13
thingsもの thatそれ are inherently本質的に moreもっと difficult難しい to treat治療する,
治療がより難しく 医療費がより高い―
04:16
andそして muchたくさん moreもっと expensive高価な to treat治療する.
病気が出てきます
04:19
Justちょうど have持ってる aa look見える at〜で theその demographics人口統計 in theその Uあなた.Ss. hereここに.
これは米国の人口統計データです
04:21
Thisこの is fromから "Theその Untiedアンタイド States of Americaアメリカ."
ある本から借用した資料です
04:24
In 1930, thereそこ wereあった 41 workers労働者 per〜ごと retiree退職者.
1930年 年金生活者1人に対し労働者は41人
04:26
41 people who wereあった basically基本的に outside外側 of beingであること really本当に sick病気,
基本的に健康には さほど問題のない41人が
04:30
paying払う forために theその one1 retiree退職者 who wasあった experiencing経験する debilitating衰弱させる disease疾患.
医療費のかさむ年金生活者1人を養っています
04:35
In 2010, two workers労働者 per〜ごと retiree退職者 in theその Uあなた.Ss.
2010年の米国は 年金生活者1人に対し労働者2人
04:41
Andそして thisこの is matched一致する in everyすべて industrialized工業化された, wealthy裕福な country in theその world世界.
これは世界中の裕福な産業国すべてに当てはまります
04:44
Howどうやって canできる you君は actually実際に afford余裕 to treat治療する patients患者
高齢化の現実がこのような状態で
04:50
whenいつ theその reality現実 of getting取得 old古い looks外見 like好きな thisこの?
いかに患者を治療すればいいか?
04:53
Thisこの is age年齢 versus costコスト of health健康 careお手入れ.
これは年齢と医療費のグラフです
04:56
Andそして you君は canできる see見る thatそれ right aroundまわり age年齢 45, 40 to 45,
ちょうど40~45歳のあたりで
04:59
there'sそこに aa sudden突然 spikeスパイク in theその costコスト of health健康 careお手入れ.
医療費の急激な増加が見られます
05:05
It'sそれは actually実際に quiteかなり interesting面白い. Ifif you君は do行う theその right studies研究,
興味深いのは 研究をすれば
05:10
you君は canできる look見える at〜で howどうやって muchたくさん you君は asとして an individual個人 spend費やす on yourきみの own自分の health健康 careお手入れ,
個人の医療費が生涯に渡ってどれだけかかるか
05:13
plottedプロットされた over以上 yourきみの lifetime一生.
わかるということです
05:17
Andそして about sevenセブン years before you'reあなたは about to die死ぬ, there'sそこに aa spikeスパイク.
死の約7年前に費用が急激に上昇します
05:19
Andそして you君は canできる actually実際に ---
ここから分かるのは…
05:23
(Laughter笑い)
(笑)
05:24
--- we我々 won't〜されません get取得する into thatそれ.
…よしておきます
05:26
(Laughter笑い)
(笑)
05:27
Thereそこ are very非常に few少数 thingsもの, very非常に few少数 thingsもの thatそれ you君は canできる really本当に do行う
このような病気の治療法を変え
05:31
thatそれ will意志 change変化する theその way方法 thatそれ you君は canできる treat治療する theseこれら kinds種類 of diseases病気
私が健康的な加齢と呼ぶものを
05:36
andそして experience経験 what I would〜する callコール healthy健康 agingエージング.
実現できる方法は あまりありません
05:41
I'd私は suggest提案する thereそこ are four4つの thingsもの,
提案する方法は4つ
05:45
andそして noneなし of theseこれら thingsもの include含める an insurance保険 systemシステム orまたは aa legal法的 systemシステム.
保険や法律に関連したことではありません
05:47
Allすべて thoseそれら thingsもの do行う is change変化する who pays払う.
それらは負担者を変えるだけで
05:51
They彼ら don'tしない actually実際に change変化する what theその actual実際の costコスト of theその treatment処理 is.
治療費に変化は出せません
05:53
One1 thingもの you君は canできる do行う is notない treat治療する. You君は canできる ration配給 health健康 careお手入れ.
1つの方法は 医療を制限し 治療をやめることです
05:57
We我々 won't〜されません talkトーク about thatそれ anymoreもう. It'sそれは tooあまりにも depressing落ち込む.
こんな暗い話題はやめましょう
06:01
You君は canできる prevent防ぐ.
もう1つは予防です
06:04
Obviously明らかに aa lotロット of monies資金 should〜すべき be〜する put置く into prevention防止.
予防に多くの費用をかけるべきなのは明白です
06:05
Butだけど perhapsおそらく most最も interesting面白い, to me anywayとにかく, andそして most最も important重要,
興味深く 最も重要なのは
06:09
is theその ideaアイディア of diagnosing診断する aa disease疾患 muchたくさん earlier先に on in theその progression進行,
病気の早期発見をして
06:12
andそして then次に treating治療する theその disease疾患 to cure治す theその disease疾患
対症療法ではなく
06:17
instead代わりに of treating治療する aa symptom症状.
完治するように治療すること
06:20
Think思う of itそれ in terms条項 of diabetes糖尿病, forために instanceインスタンス.
糖尿病を例に考えてみましょう
06:22
Today今日, with〜と diabetes糖尿病, what do行う we我々 do行う?
現在の糖尿病への対応とは?
06:26
We我々 diagnose診断する theその disease疾患 eventually最終的に, once一度 itそれ becomes〜になる symptomatic症候性の,
症状が現れてから診断がなされ
06:28
andそして then次に we我々 treat治療する theその symptom症状 forために 10, 20, 30, 40 years.
そして何十年と長期に渡る治療をし
06:31
Andそして we我々 do行う OKOK. Insulin'sインスリン aa prettyかなり good良い therapy治療.
インスリンが効くので健康を保てますが
06:35
Butだけど eventually最終的に itそれ stops停止 workingワーキング,
結局は効かなくなり
06:39
andそして diabetes糖尿病 leadsリード to aa predictable予測可能な onset開始 of debilitating衰弱させる disease疾患.
糖尿病がどんどん身体を弱らせる素因になります
06:40
Whyなぜ couldn'tできなかった we我々 justちょうど inject注入する theその pancreas膵臓 with〜と something何か
症状が現れる前の初期の段階で
06:48
to regenerate再生する theその pancreas膵臓 early早い on in theその disease疾患,
すい臓を再生させる注射をすることは
06:51
perhapsおそらく even偶数 before itそれ wasあった symptomatic症候性の?
できないでしょうか?
06:54
Andそして itそれ mightかもしれない be〜する aa little少し bitビット expensive高価な at〜で theその time時間 thatそれ we我々 didした itそれ,
その時は多少費用が必要ですが
06:57
butだけど ifif itそれ worked働いた, we我々 would〜する truly真に be〜する ableできる to do行う something何か different異なる.
効果が出れば 違いは著しいでしょう
07:00
Thisこの videoビデオ, I think思う, gets取得 across横断する theその concept概念 thatそれ I'm私は talking話す about quiteかなり dramatically劇的に.
私が話している概念は このビデオで劇的に伝えられると思います
07:04
Thisこの is aa newtニュートン re-growing再成長する itsその limb手足.
これは再生中のイモリの手です
07:09
Ifif aa newtニュートン canできる do行う thisこの kind種類 of thingもの, whyなぜ can'tできない we我々?
イモリに可能ならば 我々にも可能なのでは?
07:13
I'll私はよ actually実際に showショー you君は some一部 moreもっと important重要 features特徴
もう少し後で 手足再生に関する―
07:16
about limb手足 regeneration再生 in aa moment瞬間.
もっと重要な事を紹介します
07:19
Butだけど what we're私たちは talking話す about in regenerative再生性の medicine医学
再生医療とは
07:21
is doingやっている thisこの in everyすべて organ器官 systemシステム of theその body,
体中すべての組織や
07:24
forために tissues組織 andそして forために organs器官 themselves自分自身.
器官全体に適用できます
07:27
Soそう today's今日の reality現実 is thatそれ ifif we我々 get取得する sick病気,
今日の実情では 病気になった場合
07:34
theその messageメッセージ is we我々 will意志 treat治療する yourきみの symptoms症状,
治療されるのは症状であり 患者には
07:37
andそして you君は need必要 to adjust調整する to aa new新しい way方法 of life生活.
新しいあり方への適応が求められます
07:40
I would〜する poseポーズ to you君は thatそれ tomorrow明日 ---
いつ起きるのかは
07:43
andそして whenいつ tomorrow明日 is we我々 couldできた debateディベート,
議論の余地がありますが
07:45
butだけど it'sそれは within以内 theその foreseeable予見可能な future未来 ---
近い将来に
07:47
we我々 will意志 talkトーク about regenerative再生性の rehabilitationリハビリ.
再生医療を伴うリハビリが行われるようになるでしょう
07:49
There'sそこに aa limb手足 prosthetic補綴 upアップ hereここに,
この義足は
07:53
similar類似 actually実際に one1 on theその soldier兵士
イラク帰還兵が使用しているものに
07:54
that'sそれは come来る backバック fromから Iraqイラク.
よく似ています
07:57
Thereそこ are 370 soldiers兵隊 thatそれ have持ってる come来る backバック fromから Iraqイラク thatそれ have持ってる lost失われた limbs手足.
手足を失ったイラク帰還兵が370名もいます
07:59
Imagine想像する ifif instead代わりに of facing直面する thatそれ, they彼ら couldできた actually実際に
彼らが直面するのが 手足の喪失ではなく
08:03
face theその regeneration再生 of thatそれ limb手足.
手足の再生であるところを想像してみてください
08:06
It'sそれは aa wild野生 concept概念.
興味深いですね
08:08
I'll私はよ showショー you君は whereどこで we我々 are at〜で theその moment瞬間 in workingワーキング towards方向 thatそれ concept概念.
その発想に向けた進行中の事例を紹介します
08:10
Butだけど it'sそれは applicable適用可能な, again再び, to everyすべて organ器官 systemシステム.
どの器官にも有効な方法です
08:15
Howどうやって canできる we我々 do行う thatそれ?
その方法とは
08:17
Theその way方法 to do行う thatそれ is to develop開発する aa conversation会話 with〜と theその body.
肉体と会話をすること
08:18
We我々 need必要 to learn学ぶ to speak話す theその body's身体 language言語.
肉体の言語を話し
08:22
Andそして to switchスイッチ on processesプロセス thatそれ we我々 knew知っていた howどうやって to do行う whenいつ we我々 wereあった aa fetus胎児.
胎児だった時に使っていたプロセスを起動するのです
08:25
Aa mammalian哺乳類 fetus胎児, ifif itそれ loses敗れる aa limb手足 during theその first最初 trimesterトリメスター of pregnancy妊娠,
哺乳類の胎児は妊娠3ヶ月までに手足を失っても
08:30
will意志 re-grow再成長する thatそれ limb手足.
再び形成されます
08:35
Soそう our我々の DNADNA has持っている theその capacity容量 to do行う theseこれら kinds種類 of wound-healing創傷治癒 mechanismsメカニズム.
私たちのDNAはそのような怪我を治癒する機能を備えているのです
08:37
It'sそれは aa naturalナチュラル processプロセス,
これは自然な能力ですが
08:43
butだけど itそれ is lost失われた asとして we我々 age年齢.
成長と共に失われます
08:45
In aa child, before theその age年齢 of about six6 months数ヶ月,
生後6ヶ月以内の乳児であれば
08:49
ifif they彼ら lose失う their彼らの fingertip指先 in an accident事故,
指先を事故で失っても
08:52
they'll彼らは re-grow再成長する their彼らの fingertip指先.
元通りになりますが
08:54
By〜によって theその time時間 they're彼らは five, they彼ら won't〜されません be〜する ableできる to do行う thatそれ anymoreもう.
5歳児だと 元通りにはなりません
08:56
Soそう to engage従事する in thatそれ conversation会話 with〜と theその body,
そこで 肉体と対話する為には
08:59
we我々 need必要 to speak話す theその body's身体 language言語.
肉体の言葉を話す必要があります
09:02
Andそして thereそこ are certainある toolsツール in our我々の toolboxツールボックス thatそれ allow許す us米国 to do行う thisこの today今日.
現在 そのための道具立てを我々は持っています
09:04
I'm私は going行く to give与える you君は an example of three of theseこれら toolsツール
肉体と対話する能力3つの例を
09:09
throughを通して whichどの to converse話す with〜と theその body.
お見せします
09:12
Theその first最初 is cellular携帯電話 therapiesセラピー.
1つめは細胞セラピー
09:15
Clearlyはっきりと, we我々 heal癒し ourselves自分自身 in aa naturalナチュラル processプロセス,
私たちは主に細胞の働きによって
09:17
usingを使用して cells細胞 to do行う most最も of theその work作業.
自然なプロセスとして自ら治癒します
09:20
Thereforeしたがって、, ifif we我々 canできる find見つける theその right cells細胞
適切な細胞を見つけ
09:23
andそして implantインプラント themそれら in theその body, they彼ら mayかもしれない do行う theその healingヒーリング.
体に移植すれば 細胞が治してくれるかもしれません
09:25
Secondly第二に, we我々 canできる useつかいます materials材料.
2つめは物質を使うこと
09:29
We我々 heard聞いた yesterday昨日 about theその importance重要度 of new新しい materials材料.
昨日 新物質の重要性について聞きました
09:31
Ifif we我々 canできる invent発明する materials材料, design設計 materials材料,
もし物質を発明したり 設計したり
09:34
orまたは extractエキス materials材料 fromから aa naturalナチュラル environment環境,
自然界から抽出することが出来れば
09:37
then次に we我々 mightかもしれない be〜する ableできる to have持ってる thoseそれら materials材料 induce誘導する theその body to heal癒し itself自体.
その物質で体自身が治癒するように誘導できるかもしれません
09:40
Andそして finally最後に, we我々 mayかもしれない be〜する ableできる to useつかいます smartスマート devicesデバイス
最後に 体の機能を肩代わりして
09:44
thatそれ will意志 offloadオフロード theその work作業 of theその body andそして allow許す itそれ to heal癒し.
体が治癒できるようにする知的な装置を作れるかもしれません
09:47
I'm私は going行く to showショー you君は an example of each of theseこれら,
それぞれの例を紹介します
09:52
andそして I'm私は going行く to start開始 with〜と materials材料.
物質から始めます
09:54
Steveスティーブ Badylak悪徳 --- who'sだれの at〜で theその University大学 of Pittsburghピッツバーグ ---
ピッツバーグ大学のバディラック氏は
09:56
about aa decade10年 ago had持っていました aa remarkable顕著 ideaアイディア.
10年程前に素晴らしい事を思いつきました
09:58
Andそして thatそれ ideaアイディア wasあった thatそれ theその small小さい intestine of aa pig,
生物学的に活性な状態のまま 豚の小腸からすべての細胞を
10:01
ifif you君は threw投げた away離れて allすべて theその cells細胞,
取り除いたなら
10:05
andそして ifif you君は didした thatそれ in aa way方法 thatそれ allowed許可された itそれ to remain残る biologically生物学的に activeアクティブ,
体に治癒を促すのに必要なすべての要素と信号が
10:08
mayかもしれない contain含む allすべて of theその necessary必要 factors要因 andそして signalsシグナル
そこには含まれているかもしれない―
10:12
thatそれ would〜する signal信号 theその body to heal癒し itself自体.
というアイディアです
10:15
Andそして he asked尋ねた aa very非常に important重要 question質問.
彼はとても重要な
10:17
He asked尋ねた theその question質問,
質問をしました
10:19
ifif I take取る thatそれ material材料, whichどの is aa naturalナチュラル material材料
通常は小腸で治癒を誘発する―
10:20
thatそれ usually通常 induces誘導する healingヒーリング in theその small小さい intestine,
天然の物質を取り 人の耳の部分に
10:23
andそして I place場所 itそれ somewhereどこかで elseelse on aa person's body,
移植したら 組織固有の反応を見せて
10:26
would〜する itそれ give与える aa tissue-specific組織特異的 response応答,
耳を作り出すのか それとも小腸を
10:30
orまたは would〜する itそれ make作る small小さい intestine ifif I tried試した to make作る aa new新しい ear?
作り出すのか という質問です
10:33
I wouldn'tしないだろう be〜する telling伝える you君は thisこの storyストーリー ifif itそれ weren'tなかった compelling説得力のある.
興味深い話でなければ この話はしていません
10:37
Theその picture画像 I'm私は about to showショー you君は
これからお見せする写真は…
10:42
is aa compelling説得力のある picture画像.
(スライド: 目をそらすなら今のうち) (笑)
10:44
(Laughter笑い)
注目に値する写真です
10:46
Howeverしかしながら, forために thoseそれら of you君は thatそれ are even偶数 theその slightest少し bitビット squeamish嫌な ---
でも 友人には認めたくなくても
10:48
even偶数 thoughしかし you君は mayかもしれない notない like好きな to admit認める itそれ in frontフロント of yourきみの friends友達 ---
怖ければ 明かりを落とすので
10:51
theその lightsライト are downダウン. Thisこの is aa good良い time時間 to look見える at〜で yourきみの feetフィート,
足下を気にしたり 携帯を確認したり
10:54
checkチェック yourきみの Blackberryブラックベリー, do行う anything何でも otherその他 thanより look見える at〜で theその screen画面.
スクリーンを見る以外のことをして下さい
10:57
(Laughter笑い)
(笑)
11:02
What I'm私は about to showショー you君は is aa diabetic糖尿病 ulcer潰瘍.
お見せするのは糖尿病性潰瘍です
11:05
Andそして althoughただし、 --- it'sそれは good良い to laugh笑い before we我々 look見える at〜で thisこの.
笑うのは今のうちです
11:09
Thisこの is theその reality現実 of diabetes糖尿病.
これが糖尿病の現実です
11:12
I think思う aa lotロット of times we我々 hear聞く about diabetics糖尿病患者, diabetic糖尿病 ulcers潰瘍,
糖尿病や糖尿病性潰瘍はよく耳にしますが
11:14
we我々 justちょうど don'tしない connect接続する theその ulcer潰瘍 with〜と theその eventual最終的な treatment処理,
治癒しなければ切断 という最終段階と
11:17
whichどの is amputation切断, ifif you君は can'tできない heal癒し itそれ.
潰瘍をあまり関連づけすることはありません
11:22
Soそう I'm私は going行く to put置く theその slide滑り台 upアップ now. Itそれ won't〜されません be〜する upアップ forために long長いです.
では始めます 長くはありません
11:24
Thisこの is aa diabetic糖尿病 ulcer潰瘍. It'sそれは tragic悲劇的な.
これが糖尿病性潰瘍 悲惨なものです
11:27
Theその treatment処理 forために thisこの is amputation切断.
治療法は切断です
11:30
Thisこの is an olderより古い ladyレディ. She彼女 has持っている cancer of theその liver asとして wellよく asとして diabetes糖尿病,
この66歳の女性は糖尿病の他に肝臓ガンも患っており
11:32
andそして has持っている decided決定しました to die死ぬ with〜と what'何' ss left of her彼女 body intact損なわれていない.
死ぬのであれば 体は傷つけずにいようと決めたのですが
11:36
Andそして thisこの ladyレディ decided決定しました, after aa year of attempted試みた treatment処理 of thatそれ ulcer潰瘍,
1年間の潰瘍治療の末 バディラック氏の
11:41
thatそれ she彼女 would〜する tryお試しください thisこの new新しい therapy治療 thatそれ Steveスティーブ invented発明された.
新しい治療法を試すことにしました
11:46
That'sそれは what theその wound創傷 looked見た like好きな 11 weeks later後で.
11週後の傷口の様子です
11:49
Thatそれ material材料 contained含まれる onlyのみ naturalナチュラル signalsシグナル.
その物質には自然の信号だけが含まれていました
11:52
Andそして thatそれ material材料 induced誘導された theその body to switchスイッチ backバック on aa healingヒーリング response応答
この物質が以前には無かった治癒反応を
11:56
thatそれ itそれ didn'tしなかった have持ってる before.
引き起こしました
12:00
There'sそこに going行く to be〜する aa coupleカップル moreもっと distressing悲惨な slidesスライド forために thoseそれら of you君は ---
ショッキングな写真があと数枚出てきます
12:02
I'll私はよ let〜する you君は know知っている whenいつ you君は canできる look見える again再び.
終わったら 言いますね
12:05
Thisこの is aa horseうま. Theその horseうま is notない in pain痛み.
これは馬です 痛みは感じていません
12:07
Ifif theその horseうま wasあった in pain痛み, I wouldn'tしないだろう showショー you君は thisこの slide滑り台.
そうでなければ お見せしません
12:10
Theその horseうま justちょうど has持っている another別の nostril鼻孔 that'sそれは developed発展した
乗馬事故に巻き込まれて
12:12
becauseなぜなら of aa ridingライディング accident事故.
このようになってしまいました
12:15
Justちょうど aa few少数 weeks after treatment処理 ---
治療数週間後です
12:17
in thisこの case場合, taking取る thatそれ material材料, turning旋回 itそれ into aa gelゲル,
このケースでは 物質をジェル状にして
12:18
andそして packing梱包 thatそれ areaエリア, andそして then次に repeating繰り返す theその treatment処理 aa few少数 times ---
傷口を覆い それを何度か繰り返して
12:21
andそして theその horseうま heals癒す upアップ.
完治しました
12:25
Andそして ifif you君は took取った an ultrasound超音波 of thatそれ areaエリア, itそれ would〜する look見える greatすばらしいです.
超音波でもはっきりわかります
12:27
Here'sここにいる aa dolphinイルカ whereどこで theその fin'sフィン beenされている re-attached再取り付けされた.
これは新しい背びれを得たイルカです
12:29
Thereそこ are now 400,000 patients患者 aroundまわり theその world世界
世界中には現在40万人もの患者が
12:32
who have持ってる used中古 thatそれ material材料 to heal癒し their彼らの wounds創傷.
この物質を用いた怪我の治療を受けています
12:35
Couldできた you君は regenerate再生する aa limb手足?
手足は再生できるのでしょうか?
12:38
DARPAダーパ justちょうど gave与えた Steveスティーブ 15 million百万 dollarsドル to lead an eight-institution8機関 projectプロジェクト
この疑問の解明のため 8組織に渡るプロジェクトの資金として
12:41
to beginベギン theその processプロセス of asking尋ねる thatそれ question質問.
国防省の研究機関が1500万ドルを提供しました
12:45
Andそして I'll私はよ showショー you君は theその 15 million百万 dollarドル picture画像.
その1500万ドルの成果です
12:48
Thisこの is aa 78 year-old manおとこ who'sだれの lost失われた theその end終わり of his fingertip指先.
これは指先を失った78歳の男性です
12:51
Remember思い出す thatそれ I mentioned言及した before theその children子供 who lose失う their彼らの fingertips指先.
先程 指先を失う子どもの話をしましたね?
12:54
After treatment処理 that'sそれは what itそれ looks外見 like好きな.
これが治療後です
12:58
Thisこの is happeningハプニング today今日.
これは現在起きていて
13:01
Thisこの is clinically臨床的に relevant関連する today今日.
臨床的に意味のある事です
13:03
Thereそこ are materials材料 thatそれ do行う thisこの. Hereここに are theその heartハート patchesパッチ.
これを可能にする物質もあり 心臓パッチもあります
13:06
Butだけど couldできた you君は go行く aa little少し furtherさらに?
もう一歩先へ進んで
13:09
Couldできた you君は, sayいう, instead代わりに of usingを使用して material材料,
物質の代わりに
13:11
canできる I take取る some一部 cells細胞 along一緒に with〜と theその material材料,
物質と共に細胞を用いて
13:13
andそして remove除去する aa damaged損傷した pieceピース of tissue組織,
傷ついた組織を取り除き
13:15
put置く aa bio-degradable生分解性 material材料 on thereそこ?
生分解性物質の移植は可能なのか?
13:17
You君は canできる see見る hereここに aa little少し bitビット of heartハート muscle beating打つ in aa dish.
心筋が培養皿で鼓動しているのがわかりますね
13:20
Thisこの wasあった done完了 by〜によって Teruoテルオ Okanoオカノ at〜で Tokyo東京 Women's婦人向け Hospital病院.
これは東京女子医大の岡野光夫氏が手掛けました
13:23
He canできる actually実際に grow成長する beating打つ tissue組織 in aa dish.
実際に培養皿で鼓動部分を生成できるのです
13:28
He chills寒気 theその dish, itそれ changes変更 itsその propertiesプロパティ
培養皿を冷やすと 特性が変わり
13:31
andそして he peelsピール itそれ right outでる of theその dish.
そこから剥いで使うのです
13:33
It'sそれは theその coolest最も冷たい stuffもの.
すごいですね
13:35
Now I'm私は going行く to showショー you君は cell-basedセルベース regeneration再生.
次は 細胞を使う話です
13:38
Andそして what I'm私は going行く to showショー you君は hereここに
ここで紹介するのは
13:40
is stem cells細胞 beingであること removed除去された fromから theその hipヒップ of aa patient患者.
患者の臀部から取り出した幹細胞です
13:42
Again再び, ifif you'reあなたは squeamish嫌な, you君は don'tしない want欲しいです to watch時計.
怖がりの人向けではありませんが
13:46
Butだけど thisこの one's一人 kind種類 of coolクール.
これは すごいですよ
13:48
Soそう thisこの is aa bypassバイパス operation操作, justちょうど like好きな what Alアル Goreゴア had持っていました,
これはアルゴアが受けたようなバイパス手術ですが
13:49
with〜と aa difference.
違うのは
13:55
In thisこの case場合, at〜で theその end終わり of theその bypassバイパス operation操作,
ここでは バイパス手術の最後に
13:56
you'reあなたは going行く to see見る theその stem cells細胞 fromから theその patient患者
手術の初めに取り出された―
13:59
thatそれ wereあった removed除去された at〜で theその beginning始まり of theその procedure手順
患者の幹細胞が
14:01
beingであること injected注射した directly直接 into theその heartハート of theその patient患者.
心臓に直接注射されていることです
14:03
Andそして I'm私は standing立っている upアップ hereここに becauseなぜなら at〜で one1 pointポイント
ここに立って この技術がどれだけ
14:07
I'm私は going行く to showショー you君は justちょうど howどうやって early早い thisこの technology技術 is.
最先端なのかをお見せします
14:09
Hereここに go行く theその stem cells細胞, right into theその beating打つ heartハート of theその patient患者.
患者の鼓動する心臓に幹細胞が入れられています
14:12
Andそして ifif you君は look見える really本当に carefully慎重に,
注意深く見ると
14:15
it'sそれは going行く to be〜する right aroundまわり thisこの pointポイント
まさにこの辺に
14:16
you'llあなたは actually実際に see見る aa back-flush逆流.
逆流しているのがわかります
14:18
You君は see見る theその cells細胞 coming到来 backバック outでる.
細胞が戻って来るのが見えます
14:20
We我々 need必要 allすべて sortsソート of new新しい technology技術, new新しい devicesデバイス,
完璧に細胞を配置するには
14:24
to get取得する theその cells細胞 to theその right place場所 at〜で theその right time時間.
新しい技術と装置が必要です
14:26
Justちょうど aa little少し bitビット of dataデータ, aa tiny小さな bitビット of dataデータ.
ちょっとした無作為化試験の
14:31
Thisこの wasあった aa randomizedランダム化された trial試行.
データがあります
14:33
At〜で thisこの time時間 thisこの wasあった an Nn of 20. Now there'sそこに an Nn of about 100.
被験者数は20でしたが 現在は100です
14:35
Basically基本的に, ifif you君は take取る an extremely極端な sick病気 patient患者
基本的に重病人にバイパス手術を行えば
14:39
andそして you君は give与える themそれら aa bypassバイパス, they彼ら get取得する aa little少し bitビット betterより良い.
少し改善するだけですが
14:41
Ifif you君は give与える themそれら stem cells細胞 asとして wellよく asとして their彼らの bypassバイパス,
もし同じ患者に バイパス手術と
14:43
forために theseこれら particular特に patients患者, they彼ら becameなりました asymptomatic無症状.
幹細胞移植を行うと症状はなくなります
14:46
Theseこれら are now two years outでる.
これは 既に2年経っています
14:49
Theその coolest最も冷たい thingもの would〜する be〜する is ifif you君は couldできた diagnose診断する theその disease疾患 early早い,
もし病気を早期発見し 悪化を防げれば
14:53
andそして prevent防ぐ theその onset開始 of theその disease疾患 to aa bad悪い state状態.
それほど最高なことはないでしょう
14:56
Thisこの is theその same同じ procedure手順, butだけど now done完了 minimally最小限 invasively侵略的に,
こちらは最小限の切開で行えるよう
15:00
with〜と onlyのみ three holes in theその body whereどこで they're彼らは taking取る theその heartハート
体に3か所だけ穴を開け そこから腹腔鏡で
15:04
andそして simply単に injecting注射する stem cells細胞 throughを通して aa laparoscopic腹腔鏡下の procedure手順.
心臓に幹細胞を注入します
15:07
Thereそこ go行く theその cells細胞.
今 入っています
15:11
We我々 don'tしない have持ってる time時間 to go行く into allすべて of thoseそれら details詳細,
詳しく説明する時間はありませんが
15:12
butだけど basically基本的に, thatそれ works作品 tooあまりにも.
基本的には うまく機能します
15:15
You君は canできる take取る patients患者 who are lessもっと少なく sick病気,
症状の軽い患者は このような治療で
15:17
andそして bring持参する themそれら backバック to an almostほぼ asymptomatic無症状 state状態
ほとんど症状が無い状態へ
15:20
throughを通して thatそれ kind種類 of therapy治療.
戻ります
15:24
Here'sここにいる another別の example of stem-cell幹細胞 therapy治療 thatそれ isn'tない quiteかなり clinical臨床的 yetまだ,
もう一つの幹細胞治療の例は もうすぐ
15:26
butだけど I think思う very非常に soonすぐに will意志 be〜する.
臨床段階に入ると思います
15:30
Thisこの is theその work作業 of Kaceyケーシー Marraマラ fromから Pittsburghピッツバーグ,
これはピッツバーグのマーラ氏が
15:32
along一緒に with〜と aa number of colleagues同僚 aroundまわり theその world世界.
世界中の仲間と共同で
15:34
They've彼らは decided決定しました thatそれ liposuction脂肪吸引 fluid流体,
脂肪吸引流体で実験しています
15:36
whichどの --- in theその Unitedユナイテッド States, we我々 have持ってる aa lotロット of liposuction脂肪吸引 fluid流体.
アメリカにはたっぷりありますからね
15:39
(Laughter笑い)
(笑)
15:42
It'sそれは aa greatすばらしいです sourceソース of stem cells細胞.
脂肪吸引流体には
15:43
Stem cells細胞 are packed詰め込まれた in thatそれ liposuction脂肪吸引 fluid流体.
幹細胞がぎっしり詰まっています
15:45
Soそう you君は couldできた go行く in, you君は couldできた get取得する yourきみの tummy-tuckおならタック.
クリニックへ行き 脂肪吸引施術をすれば
15:48
Outでる comes来る theその liposuction脂肪吸引 fluid流体,
脂肪流体が出てきます
15:51
andそして in thisこの case場合, theその stem cells細胞 are isolated分離された andそして turned回した into neuronsニューロン.
ここでは分離した幹細胞から神経細胞が作られました
15:53
Allすべて done完了 in theその lab研究室.
実験室での話です
15:58
Andそして I think思う fairlyかなり soonすぐに, you君は will意志 see見る patients患者 beingであること treated治療された
もうすぐ 自分の脂肪に由来する幹細胞で
15:59
with〜と their彼らの own自分の fat-derived脂肪由来, orまたは adipose-derived脂肪由来, stem cells細胞.
治療を受ける患者が出てくるでしょう
16:02
I talked話した before about theその useつかいます of devicesデバイス
先程 病気を治療する方法を
16:07
to dramatically劇的に change変化する theその way方法 we我々 treat治療する disease疾患.
劇的に変える器具の話をしました
16:09
Here'sここにいる justちょうど one1 example before I close閉じる upアップ.
締めに ある事例を紹介します
16:12
Thisこの is equally均等に tragic悲劇的な.
これもまた悲惨です
16:14
We我々 have持ってる aa very非常に abiding遵守する andそして heartbreaking悲惨な partnershipパートナーシップ
米陸軍外科研究所とは長い付き合いですが
16:16
with〜と our我々の colleagues同僚 at〜で theその Institute研究所 forために Surgical外科手術 Research研究 in theその US米国 Army,
とても心が痛むものがあります
16:19
who have持ってる to treat治療する theその now 11,000 kids子供たち thatそれ have持ってる come来る backバック fromから Iraqイラク.
彼らは現在11,000人のイラク帰還兵の治療に当たっています
16:23
Manyたくさんの of thoseそれら patients患者 are very非常に severelyひどく burned焼かれた.
患者の多くが 重度の火傷を負っています
16:28
Andそして ifif there'sそこに anything何でも that'sそれは beenされている learned学んだ about burn燃やす,
火傷から学んだ事があるとすれば
16:30
it'sそれは thatそれ we我々 don'tしない know知っている howどうやって to treat治療する itそれ.
治療法が判らないこと
16:32
Everythingすべて thatそれ is done完了 to treat治療する burn燃やす ---
火傷治療に行われるのは
16:34
basically基本的に we我々 do行う aa soddingソッディング approachアプローチ.
芝敷きアプローチです
16:36
We我々 make作る something何か over以上 hereここに,
こっちにあるものを取って
16:39
andそして then次に we我々 transplant移植 itそれ onto〜に theその siteサイト of theその wound創傷,
火傷の部位に移植し
16:41
andそして we我々 tryお試しください andそして get取得する theその two to take取る.
くっつけようとします
16:43
In thisこの case場合 hereここに, aa new新しい, wearableウェアラブル bio-reactorバイオリアクター has持っている beenされている designed設計 ---
このケースでは新しく装着できるバイオリアクターを
16:45
itそれ should〜すべき be〜する testedテストされた clinically臨床的に later後で thisこの year at〜で ISRisr ---
ピッツバーグのガーラック氏が開発し 今年中に
16:49
by〜によって Joerg合流 Gerlachゲラーチ in Pittsburghピッツバーグ.
臨床試験が行われるはずです
16:52
Andそして thatそれ bio-reactorバイオリアクター will意志 lay寝る downダウン in theその wound創傷 bedベッド.
バイオリアクターを創傷床にくっつけ
16:54
Theその gun thatそれ you君は see見る thereそこ spraysスプレー cells細胞.
そして その部分に
16:57
That'sそれは going行く to sprayスプレー cells細胞 over以上 thatそれ areaエリア.
細胞をスプレーします
17:00
Theその reactorリアクター will意志 serveサーブ to fertilize受精する theその environment環境,
リアクターがその環境を肥やし
17:03
deliver配信する otherその他 thingsもの asとして wellよく at〜で theその same同じ time時間,
同時に他の物も運びます
17:06
andそして thereforeしたがって、 we我々 will意志 seedシード thatそれ lawn芝生,
そして芝に種まきが出来るのです
17:09
asとして opposed反対 to tryお試しください theその soddingソッディング approachアプローチ.
芝敷きアプローチとは反対です
17:12
It'sそれは aa completely完全に different異なる way方法 of doingやっている itそれ.
まるっきり違います
17:14
Soそう myじぶんの 18 minutes is upアップ.
18分経ちましたので
17:18
Soそう let〜する me finish仕上げ upアップ with〜と some一部 good良い newsニュース,
良い報せと 悪い報せを
17:20
andそして maybe多分 aa little少し bitビット of bad悪い newsニュース.
話して終わります
17:22
Theその good良い newsニュース is thatそれ thisこの is happeningハプニング today今日.
朗報は これが現在起きているということ
17:25
It'sそれは very非常に powerful強力な work作業.
その迫力が
17:28
Clearlyはっきりと theその imagesイメージ kind種類 of get取得する thatそれ across横断する.
写真で伝わりますね
17:30
It'sそれは incredibly信じられないほど difficult難しい becauseなぜなら it'sそれは highly高く inter-disciplinary学際的.
多分野に渡る研究の為 非常に難しいのです
17:32
Almostほぼ everyすべて fieldフィールド of science科学 engineeringエンジニアリング andそして clinical臨床的 practice練習
科学 工学 臨床の分野のほとんどが
17:35
is involved関係する in trying試す to get取得する thisこの to happen起こる.
この実現に向けて取り組んでいます
17:39
Aa number of governments政府, andそして aa number of regions地域,
多くの政府や地域が
17:43
have持ってる recognized認識された thatそれ thisこの is aa new新しい way方法 to treat治療する disease疾患.
これこそ新しい治療法だと認めています
17:45
Theその Japanese日本語 government政府 wereあった perhapsおそらく theその first最初,
初めて認めたのは おそらく日本政府で
17:48
whenいつ they彼ら decided決定しました to invest投資する first最初 3 billion,
30億ドルの投資を決め
17:50
later後で another別の 2 billion in thisこの fieldフィールド.
後に 20億ドル追加しました
17:53
It'sそれは noいいえ coincidence一致.
それもそのはず
17:56
Japan日本 is theその oldest最も古い country on earth地球 in terms条項 of itsその average平均 age年齢.
日本は世界一の長寿国です
17:57
They彼ら need必要 thisこの to work作業 orまたは their彼らの health健康 systemシステム dies死ぬ.
これが成功しないと 日本の医療制度は崩壊するため
18:00
Soそう they're彼らは puttingパッティング aa lotロット of strategic戦略的 investment投資 focused集中した in thisこの areaエリア.
彼らはこの分野に戦略的に投資しています
18:05
Theその Europeanヨーロッパ Union連合, same同じ thingもの.
ヨーロッパ連合も然り
18:09
China中国, theその same同じ thingもの.
中国も然り 中国は
18:11
China中国 justちょうど launched打ち上げ aa national全国 tissue-engineering組織工学 centerセンター.
組織工学研究センターを設立しました
18:13
Theその first最初 year budget予算 wasあった 250 million百万 US米国 dollarsドル.
初年度予算は2億5千万ドルでした
18:15
In theその Unitedユナイテッド States we've私たちは had持っていました aa somewhat幾分 different異なる approachアプローチ.
アメリカのアプローチは少し違います
18:19
(Laughter笑い)
(笑)
18:23
Ohああ, forために Alアル Goreゴア to come来る andそして be〜する in theその realリアル world世界 asとして president大統領.
アル ゴアが大統領になれば良かったのですが…
18:26
We've私たちは had持っていました aa different異なる approachアプローチ.
我々のアプローチは
18:30
Andそして theその approachアプローチ has持っている basically基本的に beenされている to justちょうど sortソート of fund基金 thingsもの asとして they彼ら come来る along一緒に.
うまくいったものに投資するやり方で
18:31
Butだけど there'sそこに beenされている noいいえ strategic戦略的 investment投資
新技術を生み出し 集中させる為に
18:35
to bring持参する allすべて of theその necessary必要 thingsもの to bearくま andそして focusフォーカス themそれら in aa careful慎重に way方法.
必要なものを集める戦略的な投資ではないのです
18:38
Andそして I'm私は going行く to finish仕上げ upアップ with〜と aa quote見積もり, maybe多分 aa little少し cheap安いです shotショット,
少しずるいやり方かもしれませんが
18:44
at〜で theその directorディレクター of theその NIHnih, who'sだれの aa very非常に charming魅力的な manおとこ.
国立衛生研究所(NIH)所長の言葉を引用して終わりにします
18:47
Myself私自身 andそして Jayジェイ Vacanti空想 fromから Harvardハーバード
私はハーバードの
18:53
went行った to visit訪問 with〜と him andそして aa number of his directors取締役 of his institute研究所
バカンディ氏と共に NIHの部門責任者たちに会いに行きました
18:55
justちょうど aa few少数 months数ヶ月 ago,
数か月前の事です
19:00
to tryお試しください andそして convince説得する him thatそれ itそれ wasあった time時間 to take取る justちょうど aa little少し pieceピース
来年度予算275億ドルの中の少しだけでも振り向けて
19:03
of thatそれ 27.5 billion dollarsドル thatそれ he's彼は going行く to get取得する next year
再生技術が患者に届くペースが
19:08
andそして focusフォーカス itそれ, in aa strategic戦略的 way方法, to make作る sure確かに we我々 canできる accelerate加速する theその paceペース
加速するよう 戦略的に注力すべきであると
19:12
at〜で whichどの theseこれら thingsもの get取得する to patients患者.
説得するためです
19:17
Andそして at〜で theその end終わり of aa very非常に testy厄介な meeting会議,
ピリピリした会合の最後に
19:20
what theその NIHnih directorディレクター said前記 wasあった,
所長が言いました
19:22
"Yourきみの visionビジョン is larger大きい thanより our我々の appetite食欲."
“君の話は壮大すぎて気が進まない”
19:24
I'd私は like好きな to close閉じる by〜によって saying言って thatそれ noいいえ one's一人 going行く to change変化する our我々の visionビジョン,
我々のビジョンは何者によっても変わりません
19:26
butだけど together一緒に we我々 canできる change変化する his appetite食欲.
みんなで彼の気持ちの方を変えてやりましょう
19:30
Thank感謝 you君は.
ありがとう
19:32
Translated by Takako Sato
Reviewed by Yasushi Aoki

▲Back to top

About the speaker:

Alan Russell - Medical futurist
In the fight against disease, defect and injury, Alan Russell has a novel argument: Why not engineer new tissue and organs to replace sick ones?

Why you should listen

Alan Russell is a professor of surgery -- and of chemical engineering. In crossing the two fields, he is expanding our palette of treatments for disease, injury and congenital defects. We can treat symptoms, he says, or we can replace our damaged parts with bioengineered tissue. As he puts it: "If newts can regenerate a lost limb, why can't we?"

The founding director of the McGowan Institute for Regenerative Medicine, at the University of Pittsburgh, Russell leads an ambitious biomedicine program that explores tissue engineering, stem cell research, biosurgery and artificial and biohybrid organs. They've also started testing a new kind of heart pump, figured out that Botox can help with enlarged prostate, and identified human adipose cells as having the possibility to repair skeletal muscle. In his own Russell Lab, his team has studied antimicrobial surfaces and helping to develop a therapy to reduce scarring on muscle after injury. Lately, his lab is involved in biotechnology studies in relation to chemical and biological weapons defense. 

He's also co-founder of Agentase, a company that makes an enzyme-based detector for chemical warfare agents.

More profile about the speaker
Alan Russell | Speaker | TED.com