English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2013

Alexa Meade: Your body is my canvas

アレクサ・ミード: あなたの体は私のキャンバス

Filmed
Views 2,691,776

アレクサ・ミードがアートに革新的な息吹をもたらします。彼女は絵画をキャンバスに描く代わりに、描く対象を見つけると、文字通りその上に描きます。その場にあるすべて、人も椅子も食べ物も絵の具で覆い、下にあるものを絵の具で再現するのです。この驚くべき講演で、ミードは意外な結果となった作品の写真や、人と絵の具と牛乳の生み出す新しいプロジェクトを紹介します。

- Visual artist
Alexa Meade paints mesmerizing, illusionistic portraits directly on living subjects, subverting familiar visual cues with perspective and color. Full bio

You君は mayかもしれない want欲しいです to take取る aa closerクローザー look見える.
目を凝らして見てください
00:12
There'sそこに moreもっと to thisこの paintingペインティング thanより meets会う theその eye.
この絵画には
目に映る以上のものが隠されています
00:14
Andそして yesはい, it'sそれは an acrylicアクリル paintingペインティング of aa manおとこ,
ご覧のとおり 男性のアクリル画です
00:17
butだけど I didn'tしなかった paintペイント itそれ on canvasキャンバス.
でも キャンバスに
描いたのではありません
00:21
I painted描きました itそれ directly直接 on top of theその manおとこ.
男性の上に 直接 描きました
00:24
What I do行う in myじぶんの artアート is I skipスキップ theその canvasキャンバス altogether全部,
私がやっているアートは
キャンバスを使いません
00:27
andそして ifif I want欲しいです to paintペイント yourきみの portraitポートレート,
もし皆さんの肖像画を
手がけるとしたら
00:30
I'm私は paintingペインティング itそれ on you君は, physically物理的に on you君は.
皆さんの体に
直接 描きます
00:32
Thatそれ alsoまた、 means手段 you'reあなたは probably多分 going行く to end終わり upアップ
耳の中が絵の具たっぷりになるのを
覚悟してください
00:35
with〜と an earful穏やかな of paintペイント,
耳の中が絵の具たっぷりになるのを
覚悟してください
00:37
becauseなぜなら I need必要 to paintペイント yourきみの ear on yourきみの ear.
耳の上に 耳を描くからです
00:39
Everythingすべて in thisこの sceneシーン, theその person, theその clothes,
このシーンでは
人物 衣服 ―
00:43
chairs椅子, wall, gets取得 covered覆われた in aa maskマスク of paintペイント
椅子 壁
すべてを絵の具で塗りつくし
00:46
thatそれ mimics模倣 what's何ですか directly直接 below以下 itそれ,
その下にあるものを
描き出しています
00:49
andそして in thisこの way方法, I'm私は ableできる to take取る aa three-dimensional三次元 sceneシーン
そうやって 3次元の情景を
00:52
andそして make作る itそれ look見える like好きな aa two-dimensional二次元 paintingペインティング.
2次元の絵画のように
見せることができます
00:56
I canできる photograph写真 itそれ fromから anyどれか angle角度,
どの角度から撮っても
00:59
andそして itそれ will意志 stillまだ look見える 2Dd.
2次元に見えます
01:01
There'sそこに noいいえ Photoshopフォトショップ hereここに.
Photoshop は使っていません
01:04
Thisこの is justちょうど aa photo写真
こちらは
01:07
of one1 of myじぶんの three-dimensional三次元 paintings絵画.
別の3次元絵画を
撮った写真です
01:09
You君は mightかもしれない be〜する wondering不思議 howどうやって I came来た upアップ with〜と thisこの ideaアイディア
人を絵画に変えてしまうアイデアを
01:13
of turning旋回 people into paintings絵画.
どんな風に思いついたか
お話します
01:15
Butだけど originally元々, thisこの had持っていました nothing何も to do行う
元々は 人や絵画とは
01:17
with〜と eitherどちらか people orまたは paintペイント.
まったく無関係で
01:20
Itそれ wasあった about shadows.
陰影から始まりました
01:22
I wasあった fascinated魅惑的な with〜と theその absence不在 of light,
光がない状態に魅せられて
01:25
andそして I wanted欲しい to find見つける aa way方法 thatそれ I couldできた give与える itそれ materiality重大性
影を有形化して
消えてしまう前に
01:27
andそして pinピン itそれ downダウン before itそれ changedかわった.
留めておきたかった
01:31
I came来た upアップ with〜と theその ideaアイディア of paintingペインティング shadows.
そこで 影を描くアイデアを
思いつきました
01:33
I loved愛された thatそれ I couldできた hide隠す within以内 thisこの shadow
気に入ったのは
描いた影は
01:36
myじぶんの own自分の painted描きました versionバージョン,
実際の影に隠れて
01:38
andそして itそれ would〜する be〜する almostほぼ invisible目に見えない
ほとんど見えませんが
01:40
until〜まで theその light changedかわった, andそして allすべて of aa sudden突然
陽が傾くことで
突如として ―
01:43
myじぶんの shadow would〜する be〜する brought持ってきた to theその light.
光の中に
自分の描いた影が現れること
01:45
I wanted欲しい to think思う about what elseelse I couldできた put置く shadows on,
他にも影を描けるか
考えたところ
01:48
andそして I thought思想 of myじぶんの friend友人 Bernieベルニー.
友人のバーニーを思いつきました
01:51
Butだけど I didn'tしなかった justちょうど want欲しいです to paintペイント theその shadows.
でも ただ影を描くだけではなく
01:54
I alsoまた、 wanted欲しい to paintペイント theその highlightsハイライト
ハイライトも描きたいと思い
01:57
andそして create作成する aa mappingマッピング on his body in greyscaleグレースケール.
グレースケールで
体に描き出しました
01:59
I had持っていました aa very非常に specific特定 visionビジョン of what thisこの would〜する look見える like好きな,
友人を描いているとき
どんな風に仕上げたいか
02:02
andそして asとして I wasあった paintingペインティング him,
とても明確なイメージがあって
02:06
I made sure確かに to followフォローする thatそれ very非常に closely密接に.
そのイメージに
できるだけ近づけようとしました
02:08
Butだけど something何か kept保管 on flickeringちらつき before myじぶんの eyes.
でも 私の目の前で
何かが瞬いていて
02:10
I wasn'tなかった quiteかなり sure確かに what I wasあった looking探している at〜で.
それが何だか分かりませんでした
02:13
Andそして then次に whenいつ I took取った thatそれ moment瞬間 to take取る aa stepステップ backバック,
一歩 離れてみた瞬間 ―
02:15
magicマジック.
魔法が起こりました
02:19
I had持っていました turned回した myじぶんの friend友人 into aa paintingペインティング.
友人を絵画に変えたのです
02:21
I couldn'tできなかった have持ってる foreseen予見される thatそれ
影を描きたかったときには
思ってもいませんでしたが
02:24
whenいつ I wanted欲しい to paintペイント aa shadow,
影を描きたかったときには
思ってもいませんでしたが
02:25
I would〜する pull引く outでる thisこの whole全体 otherその他 dimension寸法,
丸々1つの次元を取り出して
02:28
thatそれ I would〜する collapse崩壊 itそれ,
押し潰し
02:30
thatそれ I would〜する take取る aa paintingペインティング andそして make作る itそれ myじぶんの friend友人
絵を友人に作り上げ
02:31
andそして then次に bring持参する him backバック to aa paintingペインティング.
友人を絵に引き込んだ
ということです
02:36
I wasあった aa little少し conflicted競合する thoughしかし,
ちょっとした葛藤がありました
02:39
becauseなぜなら I wasあった soそう excited興奮した about what I'd私は found見つけた,
自分の発見に
とても興奮しましたが
02:41
butだけど I wasあった justちょうど about to graduate卒業 fromから collegeカレッジ
ちょうど大学を卒業するときで
02:45
with〜と aa degree in political政治的 science科学,
政治学専攻だった私は
02:47
andそして I'd私は always常に had持っていました thisこの dream
いつも 夢見ていたからです
02:49
of going行く to Washingtonワシントン, Dd.Cc.,
ワシントンDCに行って ―
02:51
andそして sitting座っている at〜で aa desk
立派なデスクに座って
02:53
andそして workingワーキング in government政府.
政府機関で働くんだ!
02:56
(Laughter笑い)
(笑)
02:58
Whyなぜ didした thisこの have持ってる to get取得する in theその way方法 of allすべて thatそれ?
なぜ こんなアイデアを
思いついてしまったのか?
03:00
I made theその toughタフ decision決定
難しい決断を下しました
03:04
of going行く home自宅 after graduation卒業
卒業後は 実家に帰って
03:05
andそして notない going行く upアップ to Capitolキャピトル Hill,
国会議事堂ではなく
03:09
butだけど going行く downダウン to myじぶんの parents'親' basement地下
家の地下室にもぐり込み
03:12
andそして making作る itそれ myじぶんの jobジョブ to learn学ぶ howどうやって to paintペイント.
絵画について学ぶことにしました
03:14
I had持っていました noいいえ ideaアイディア whereどこで to beginベギン.
何から手をつければ良いか
分かりませんでした
03:17
Theその last最終 time時間 I'd私は painted描きました,
絵は 16歳のとき ―
03:21
I wasあった 16 years old古い at〜で summer campキャンプ,
サマーキャンプで習ったきりです
03:22
andそして I didn'tしなかった want欲しいです to teach教える myself私自身 howどうやって to paintペイント
昔の巨匠の絵を模写したり
03:25
by〜によって copyingコピー theその old古い mastersマスター
キャンバスを張って
03:27
orまたは stretchingストレッチ aa canvasキャンバス
何度も何度も描くような
03:29
andそして practicing練習する over以上 andそして over以上 again再び on thatそれ surface表面,
練習はしたくなかった
03:31
becauseなぜなら that'sそれは notない what thisこの projectプロジェクト wasあった about forために me.
このプロジェクトには
意味をなさないものでしたから
03:34
Itそれ wasあった about spaceスペース andそして light.
私がテーマとしていたのは
空間と光です
03:37
Myじぶんの early早い canvasesキャンバス ended終了しました upアップ beingであること
初期にキャンバスとして
使用したのは
03:40
thingsもの thatそれ you君は wouldn'tしないだろう expect期待する to be〜する used中古 asとして canvasキャンバス,
皆さんが考えるような
キャンバスではなく
03:43
like好きな fried揚げた foodフード.
こんな食べ物です
03:46
It'sそれは nearlyほぼ impossible不可能
油っこい目玉焼きに
03:48
to get取得する paintペイント to stickスティック to theその greaseグリース in an egg.
絵の具をつけるなんて
ほぼ不可能ですよね
03:50
(Laughter笑い)
(笑)
03:53
Even偶数 harderもっと強く wasあった getting取得 paintペイント to stickスティック
もっと手こずったのは
03:55
to theその acid in aa grapefruitグレープフルーツ.
グレープフルーツの酸でした
03:58
Itそれ justちょうど would〜する erase消去する myじぶんの brushみがきます strokesストローク
見えないインクみたいに
04:00
like好きな invisible目に見えない inkインク.
絵の具を消してしまうんです
04:03
I'd私は put置く something何か downダウン, andそして instantly即座に itそれ would〜する be〜する gone行った.
色を乗せたとたん
消えてしまいます
04:05
Andそして ifif I wanted欲しい to paintペイント on people,
人をキャンバスにしたいと思ったとき
04:08
wellよく, I wasあった aa little少し bitビット embarrassed恥ずかしい
ちょっと恥ずかしかったのが
04:10
to bring持参する people downダウン into myじぶんの studioスタジオ
自分のアトリエに連れてきて
04:13
andそして showショー themそれら thatそれ I spent過ごした myじぶんの days日々 in aa basement地下
地下室でトーストに
絵を描いているのを
04:15
puttingパッティング paintペイント on toastトースト.
見られることでした
04:18
Itそれ justちょうど seemed見えた like好きな itそれ made moreもっと senseセンス
そこで自分に絵の具を塗って
04:21
to practice練習 by〜によって paintingペインティング on myself私自身.
練習してみることにしました
04:23
One1 of myじぶんの favoriteお気に入り modelsモデル actually実際に ended終了しました upアップ beingであること
私のお気に入りのモデルの一人は
04:26
aa retired引退した old古い manおとこ
ある退職した
おじいさんです
04:29
who notない onlyのみ didn'tしなかった mindマインド sitting座っている stillまだ
じっと座っていてくれて
04:31
andそして getting取得 theその paintペイント in his ears,
耳に絵の具が入っても
気にしない
04:33
butだけど he alsoまた、 didn'tしなかった really本当に have持ってる muchたくさん embarrassment恥ずかしさ
何より 公共の場所に
連れて行っても
04:36
about beingであること taken撮影 outでる into very非常に publicパブリック places場所
そんなに恥ずかしがりません
04:38
forために exhibition展示会,
展示のために
04:40
like好きな theその Metro地下鉄.
地下鉄に乗ったりしました
04:42
I wasあった having持つ soそう muchたくさん fun楽しい with〜と thisこの processプロセス.
このプロセスは
本当に楽しかったです
04:45
I wasあった teaching教える myself私自身 howどうやって to paintペイント in allすべて theseこれら different異なる stylesスタイル,
様々なスタイルの描き方を
自分で学び
04:49
andそして I wanted欲しい to see見る what elseelse I couldできた do行う with〜と itそれ.
他にどんなことができるか
探りたいと思いました
04:53
I came来た together一緒に with〜と aa collaborator協力者, Sheilaシイラ Vandヴァンド,
協力者の
シェイラ・ヴァンドと一緒に
04:56
andそして we我々 had持っていました theその ideaアイディア of creating作成 paintings絵画
もっと意外なものに
絵を描くアイデアを
04:59
in aa moreもっと unusual珍しい surface表面,
思いつきました
05:02
andそして thatそれ wasあった milkミルク.
牛乳です
05:04
We我々 got持っている aa poolプール. We我々 filled満たされた itそれ with〜と milkミルク.
プールを用意して
牛乳でいっぱいにします
05:07
We我々 filled満たされた itそれ with〜と Sheilaシイラ. Andそして I began始まった paintingペインティング.
シェイラを入れて
描き始めました
05:10
Andそして theその imagesイメージ wereあった always常に
出来上がるイメージは
05:13
completely完全に unexpected予想外の in theその end終わり,
いつも とても思いがけないものでした
05:15
becauseなぜなら I couldできた have持ってる aa very非常に specific特定 image画像
どんな風に仕上げるか
05:17
about howどうやって itそれ would〜する turn順番 outでる,
具体的にイメージして
05:20
I couldできた paintペイント itそれ to match一致 thatそれ,
それに合わせて描きますが ―
05:21
butだけど theその moment瞬間 thatそれ Sheilaシイラ laid敷かれた backバック into theその milkミルク,
シェイラが牛乳に
浸った瞬間
05:23
everythingすべて would〜する change変化する.
すべてが変化します
05:26
Itそれ wasあった in constant定数 fluxフラックス,
プール内は
常に流動的です
05:28
andそして we我々 had持っていました to, ratherむしろ thanより fight戦い itそれ, embrace擁する itそれ,
それに逆らうのではなく
受け入れ
05:30
see見る whereどこで theその milkミルク would〜する take取る us米国
どんな風になるか試したり
05:33
andそして compensate補償する to make作る itそれ even偶数 betterより良い.
もっと良いものを作るために
調整したりします
05:34
Sometimes時々, whenいつ Sheilaシイラ would〜する lay寝る downダウン in theその milkミルク,
時には シェイラが
牛乳の中に横たわると
05:38
itそれ would〜する wash洗う allすべて theその paintペイント offオフ of her彼女 arms武器,
腕についた 絵の具を
洗い落としてしまいます
05:42
andそして itそれ mightかもしれない seem思われる aa little少し bitビット clumsy不器用な,
少し強引かもしれませんが
05:44
butだけど our我々の solution溶液 would〜する be〜する, okayはい, hide隠す yourきみの arms武器.
私たちの解決方法は
腕を隠すこと
05:47
Andそして one1 time時間, she彼女 got持っている soそう muchたくさん milkミルク in her彼女 hairヘア
あるときは 髪が牛乳まみれになって
05:50
thatそれ itそれ justちょうど smeared塗られた allすべて theその paintペイント offオフ of her彼女 face.
顔の絵の具を
全部 洗い流してしまいました
05:53
Allすべて right, wellよく, hide隠す yourきみの face.
それなら 顔を隠してみよう
05:56
Andそして we我々 ended終了しました upアップ with〜と something何か far遠い moreもっと elegantエレガント
すると 私たちの想像以上に
05:59
thanより we我々 couldできた have持ってる imagined想像した,
エレガントなものが
生まれました
06:02
even偶数 thoughしかし thisこの is essentially基本的に theその same同じ solution溶液
そのやり方はちょうど
06:04
thatそれ aa frustrated挫折した kidキッド uses用途 whenいつ he can'tできない drawドロー hands,
手を上手く描けなくて
苛立った子供が
06:06
justちょうど hiding隠蔽 themそれら in theその pocketsポケット.
手をポケットに
隠すようなものでしたけど
06:09
Whenいつ we我々 started開始した outでる on theその milkミルク projectプロジェクト,
「牛乳プロジェクト」を始めたとき ―
06:13
andそして whenいつ I started開始した outでる,
大学を卒業したとき ―
06:15
I couldn'tできなかった have持ってる foreseen予見される thatそれ I would〜する go行く
政治への道を夢見て
06:17
fromから pursuing追求 myじぶんの dream in politics政治
デスクで働くことから
06:20
andそして workingワーキング at〜で aa desk
陰影に魅せられて
06:22
to trippingトリッピング over以上 aa shadow
人々を絵画に変えて
06:24
andそして then次に turning旋回 people into paintings絵画
牛乳のプールに入った
人を描くなんて
06:25
andそして paintingペインティング on people in aa poolプール of milkミルク.
思ってもいませんでした
06:28
Butだけど then次に again再び, I guess推測 it'sそれは alsoまた、 notない unforeseeable予期せぬ
でも 慣れ親しんだものから
未知のものを見つけるのは
06:32
thatそれ you君は canできる find見つける theその strange奇妙な in theその familiar身近な,
予測不可能ではありません
06:35
asとして long長いです asとして you'reあなたは willing喜んで to look見える beyond超えて
光で照らされたものの
06:38
what's何ですか already既に beenされている brought持ってきた to light,
先を見てみてください
06:40
thatそれ you君は canできる see見る what's何ですか below以下 theその surface表面,
影に隠れている
その下にあるものを
06:41
hiding隠蔽 in theその shadows,
見ることができます
06:44
andそして recognize認識する thatそれ thereそこ canできる be〜する moreもっと thereそこ
すると 目に映る以上のものが
06:46
thanより meets会う theその eye.
待ち受けています
06:48
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
06:50
(Applause拍手)
(拍手)
06:51
Translated by Mari Arimitsu
Reviewed by Yasushi Aoki

▲Back to top

About the speaker:

Alexa Meade - Visual artist
Alexa Meade paints mesmerizing, illusionistic portraits directly on living subjects, subverting familiar visual cues with perspective and color.

Why you should listen

Alexa Meade creates paintings in 3D space that make the real world appear to be a 2D painting. What may look like a traditional painted portrait is actually a photograph of a living, breathing person whose face, clothes and surroundings are all covered in acrylic paint. The 3D paintings can be photographed from any angle and maintain the illusion of flatness without the need for digital effects.

Alexa stumbled upon this technique by accident. While she was studying political science in college, she had an idea for an art project: what would it look like if she covered up shadows in the landscape with black paint? This question led her down a rabbit hole of experiments with painitng in 3D space that led to her discovery of this new style of optical illusion. She paints on people around the world who become part of the urban landscape as living street art. The photographs of the ephemeral painting performances hang on the walls of galleries and museums.

She recieved critical acclaim from CNN, Wired, NPR, the Wall Street Journal, and more. She has lectured at the CalArts, UC-Berkeley, Apple, Adobe and National Geographic London

Alexa travels the world creating live painting performances, art installations and commisioned portraits. Currently, Alexa is collaborating with scientists and researching spacetime at the Perimeter Institute for Theoretical Physics. Alexa is making a series of magical paintings with David Blaine, transforming her home into a "Fun House" with Chris Hughes, developing a line of toys and volunteering in the art program at the Braille Institute. 

More profile about the speaker
Alexa Meade | Speaker | TED.com