English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2013

Hetain Patel: Who am I? Think again

ヘテン・パテル: 自分は誰か、もう一度考えよう

Filmed
Views 2,675,770

私達は自分が誰なのかをどうやって決めるのでしょうか?ヘテン・パテルはアイデンティティや言語や訛りを駆使して、驚くようなパフォーマンスを繰り広げます。そして人の外見だけでなく、もっと深いレベルで考えるように、あなたに挑みます。舞踊家のユーユー・ラウと共に送る、自己に関する明るい瞑想、そしてブルース・リーに触発されたパフォーマンスです。

- Artist
In his compelling stage works, Hetain Patel uses powerful imagery and storytelling to examine questions of identity. Full bio

- Dancer
Yuyu Rau's dance skills span a wide range, from ballet to contemporary to Chinese classical. Full bio

Hetain勝つ Patelパテ: (In Chinese中国語)
Hetain Patel: (中国語で)
00:12
Yuyuゆうゆう Rauラウ: Hiこんにちは, I'm私は Hetain勝つ. I'm私は an artistアーティスト.
Yuyu Rau: 私はヘテンです
アーティストです
00:23
Andそして thisこの is Yuyuゆうゆう,
こちらはユーユー
00:26
who is aa dancerダンサー I have持ってる beenされている workingワーキング with〜と.
一緒に活動している舞踊家です
00:28
I have持ってる asked尋ねた her彼女 to translate翻訳する forために me.
通訳をお願いしました
00:30
HP馬力: (In Chinese中国語)
HP: (中国語で)
00:34
YR: Ifif I mayかもしれない, I would〜する like好きな to telltell you君は
YR: 私自身と私の作品について
00:39
aa little少し bitビット about myself私自身
ちょっとだけ
00:41
andそして myじぶんの artworkアートワーク.
お聞きください
00:43
HP馬力: (In Chinese中国語)
HP: (中国語で)
00:45
YR: I wasあった bornうまれた andそして raised育った near近く Manchesterマンチェスター,
YR: 私が生まれ育ったのは
00:51
in Englandイングランド,
イングランドの
00:54
butだけど I'm私は notない going行く to sayいう itそれ in English英語 to you君は,
マンチェスター近郊ですが
英語では話しません
00:55
becauseなぜなら I'm私は trying試す to avoid避ける anyどれか assumptions仮定
私が話す北部訛りで
00:59
thatそれ mightかもしれない be〜する made fromから myじぶんの northern北部 accentアクセント.
先入観を持たれたくないんです
01:01
(Laughter笑い)
(笑)
01:04
HP馬力: (In Chinese中国語)
HP: (中国語で)
01:07
YR: Theその onlyのみ problem問題 with〜と maskingマスキング itそれ
中国語で訛りを隠すことには
01:16
with〜と Chinese中国語 Mandarinマンダリン
一つ 欠点があります
01:19
is I canできる onlyのみ speak話す thisこの paragraph段落,
私が中国を訪れた時に
01:21
whichどの I have持ってる learned学んだ by〜によって heartハート
暗記したこのフレーズしか
01:23
whenいつ I wasあった visiting訪問する in China中国. (Laughter笑い)
話せないことです (笑)
01:25
Soそう allすべて I canできる do行う is keepキープ repeating繰り返す itそれ in different異なる tonesトーン
だから同じフレーズを
色々なトーンで繰り返して
01:28
andそして hope希望 you君は won't〜されません notice通知.
気付かれないようにしています
01:32
(Laughter笑い)
(笑)
01:33
HP馬力: (In Chinese中国語)
HP: (中国語で)
01:39
(Laughter笑い)
(笑)
01:43
YR: Needless不必要 to sayいう, I would〜する like好きな to apologizeお詫びする
YR: この中に中国語を
話す方がいらっしゃったら ―
01:44
to anyどれか Mandarinマンダリン speakersスピーカー in theその audience聴衆.
申し訳ありません
01:47
Asとして aa child, I would〜する hate嫌い beingであること made
子どもの頃 インド風の ―
01:54
to wear着る theその Indianインディアン kurtaクルタ pajamaパジャマ,
クルターのパジャマを
着せられるのが嫌でした
01:56
becauseなぜなら I didn'tしなかった think思う itそれ wasあった very非常に coolクール.
カッコよくなかったから
01:59
Itそれ feltフェルト aa bitビット girlyガーリー to me, like好きな aa dressドレス,
ドレスみたいで
女の子っぽくて ―
02:02
andそして itそれ had持っていました thisこの baggyぼろぼろ trouserズボン part
ズボンはゆるゆるで
02:05
you君は had持っていました to tieネクタイ really本当に tightタイト
ちゃんと縛っていないと
02:08
to avoid避ける theその embarrassment恥ずかしさ of themそれら falling落下 downダウン.
下がってきて
恥ずかしいんです
02:10
Myじぶんの dadパパ never決して wore着て itそれ,
父はまったく着なかったから
02:14
soそう I didn'tしなかった see見る whyなぜ I had持っていました to.
私も着なくていいと
思っていました
02:16
Alsoまた、, itそれ makes作る me feel感じる aa bitビット uncomfortable不快な,
それに 着ると
なんだか居心地が悪いんです
02:19
thatそれ people assume想定する I represent代表する something何か
私が純インド風なんだと
02:22
genuinely真に Indianインディアン whenいつ I wear着る itそれ,
誰もが思ってしまうんです
02:25
becauseなぜなら that'sそれは notない howどうやって I feel感じる.
自分ではそんな風に
思っていないのに
02:27
HP馬力: (In Chinese中国語)
HP: (中国語で)
02:30
YR: Actually実際に, theその onlyのみ way方法 I feel感じる comfortable快適
YR: 落ち着いて
これを身に付けられる ―
02:36
wearing着る itそれ is by〜によって pretendingふりをする
たった一つの方法は
02:39
they彼ら are theその robesローブ of aa kungカン fu warrior戦士
カンフーの達人の
衣装だと思い込むことです
02:42
like好きな Li Muミュー Baiバイ fromから thatそれ film,
『グリーン・デスティニー』に
出てくる ―
02:45
"Crouching股間 Tiger, Hidden隠された Dragonドラゴン."
リー・ムーバイみたいな達人です
02:48
(Music音楽)
(音楽)
02:52
Okayはい.
さて ―
03:35
Soそう myじぶんの artworkアートワーク is about identity身元 andそして language言語,
私が作品で扱うのは
アイデンティティと言語 ―
03:36
challenging挑戦 common一般 assumptions仮定
それから 見た目や出身地や
03:44
basedベース on howどうやって we我々 look見える like好きな orまたは whereどこで we我々 come来る fromから,
ジェンダーや人種
階級に根差している ―
03:46
gender性別, raceレース, classクラス.
厄介な思い込みです
03:51
What makes作る us米国 who we我々 are anywayとにかく?
では 私達を「私達」に
しているのは何でしょうか?
03:55
HP馬力: (In Chinese中国語)
HP: (中国語で)
03:58
YR: I used中古 to read読む Spider-Manスパイダーマン comics漫画,
YR: 昔はよく『スパイダーマン』を読み
04:04
watch時計 kungカン fu movies映画,
カンフー映画を見て
04:07
take取る philosophy哲学 lessonsレッスン fromから Bruceブルース Leeリー.
ブルース・リーの哲学を学びました
04:08
He would〜する sayいう thingsもの like好きな ---
彼はこう言いました
04:11
HP馬力: Empty空の yourきみの mindマインド.
HP: 「心を空っぽにしろ ―
04:13
(Laughter笑い)
(笑)
04:15
Be〜する formless無形, shapeless形のない, like好きな water.
姿も形もなくすんだ
水のように・・・
04:16
Now you君は put置く water into aa cupカップ.
水はカップに注がれれば
04:22
Itそれ becomes〜になる theその cupカップ.
カップの形になり
04:24
You君は put置く water into aa bottleボトル, itそれ becomes〜になる theその bottleボトル.
ビンに注がれれば
ビンになる
04:27
Put置く itそれ in aa teapotティーポット, itそれ becomes〜になる theその teapotティーポット.
急須に注がれれば
急須になる
04:30
Now, water canできる flowフロー
水は静かな流れにも ―
04:33
orまたは itそれ canできる crashクラッシュ.
激流にもなれる
04:36
Be〜する water, myじぶんの friend友人. (Applause拍手)
友よ 水になるんだ」(拍手)
04:39
YR: Thisこの year, I am午前 32 years old古い,
YR: 私は今年で32才です
04:42
theその same同じ age年齢 Bruceブルース Leeリー wasあった whenいつ he died死亡しました.
ブルース・リーが
亡くなった年齢です
04:46
I have持ってる beenされている wondering不思議 recently最近,
私は最近考えるんです
04:49
ifif he wereあった alive生きている today今日,
もし彼が生きていて
04:52
what advice助言 he would〜する give与える me
私がTEDで話すと聞いたら
04:54
about making作る thisこの TEDテッド Talkトーク.
どんなアドバイスを
してくれるだろうって
04:56
HP馬力: Don'tしない imitate模倣する myじぶんの voice音声.
HP: 「声まねはするな
05:00
Itそれ offends怒る me.
不愉快だ」
05:03
(Laughter笑い)
(笑)
05:05
YR: Good良い advice助言,
YR: もっともな助言です
05:08
butだけど I stillまだ think思う thatそれ we我々 learn学ぶ who we我々 are
でも 人を真似ることで
私達は自分が何者なのかを
05:09
by〜によって copyingコピー othersその他.
学べると思っています
05:13
Who hereここに hasn't持っていない imitated模倣した their彼らの childhood子供時代 heroヒーロー
皆さんだって
子どもの頃のヒーローや
05:15
in theその playground遊び場, orまたは mumママ orまたは fatherお父さん?
母さんや父さんを
真似してきたでしょう
05:19
I have持ってる.
私は真似しました
05:23
HP馬力: Aa few少数 years ago, in order注文 to make作る thisこの videoビデオ
HP: 数年前 作品で使おうと思って
このビデオを撮りました
05:25
forために myじぶんの artworkアートワーク, I shaved剃られた offオフ allすべて myじぶんの hairヘア
髪をそり落としてから
05:30
soそう thatそれ I couldできた grow成長する itそれ backバック asとして myじぶんの fatherお父さん had持っていました itそれ
また生やして
父が1960年代に
05:34
whenいつ he first最初 emigrated移住した fromから Indiaインド
インドから最初に移住してきた ―
05:37
to theその Uあなた.Kk. in theその 1960ss.
その時の髪型にしました
05:40
He had持っていました aa side parting別れ andそして aa neatきちんとした mustache口ひげ.
父は横分けにしていて
口ひげを整えていました
05:43
At〜で first最初, itそれ wasあった going行く very非常に wellよく.
最初は上手くいきました
05:47
I even偶数 started開始した to get取得する discounts割引 in Indianインディアン shopsお店.
インド人の店で
値引きしてくれる程でした
05:50
(Laughter笑い)
(笑)
05:53
Butだけど then次に very非常に quickly早く,
ところが
05:57
I started開始した to underestimate過小評価する
ひげが生えるスピードが
05:59
myじぶんの mustache口ひげ growing成長する ability能力,
思ったより速くて
06:00
andそして itそれ got持っている way方法 tooあまりにも big大きい.
伸びすぎてしまったんです
06:02
Itそれ didn'tしなかった look見える Indianインディアン anymoreもう.
こうなると
インド人には見えません
06:05
Instead代わりに, people fromから across横断する theその road道路,
皆が道の向こう側から
06:08
they彼ら would〜する shout叫ぶ thingsもの like好きな ---
スペイン語を叫んでくるんです
06:10
HP馬力 andそして YR: ArribaArriba! ArribaArriba! Ándaleダデール! Ándaleダデール!
HP and YR: アリーバ アリーバ!
アンダレ アンダレ!
06:12
(Laughter笑い)
(笑)
06:14
HP馬力: Actually実際に, I don'tしない know知っている whyなぜ I am午前 even偶数 talking話す like好きな thisこの.
HP: 本当は こんな
インド訛りもなくていい
06:16
Myじぶんの dadパパ doesn'tしない even偶数 have持ってる an Indianインディアン accentアクセント anymoreもう.
訛りなんて
父にも ないんですから
06:18
He talks交渉 like好きな thisこの now.
今ではイギリス風の話し方です
06:21
Soそう it'sそれは notない justちょうど myじぶんの fatherお父さん thatそれ I've私は imitated模倣した.
結局 私が真似てきたのは
父だけではないのです
06:24
Aa few少数 years ago I went行った to China中国 forために aa few少数 months数ヶ月,
数年前に中国に
何か月か滞在しましたが
06:28
andそして I couldn'tできなかった speak話す Chinese中国語,
私は中国語が話せません
06:32
andそして thisこの frustrated挫折した me,
そんな不満を
06:34
soそう I wrote書きました about thisこの andそして had持っていました itそれ translated翻訳された
文章に書いて
06:36
into Chinese中国語, andそして then次に I learned学んだ thisこの by〜によって heartハート,
中国語に翻訳してもらい
暗記したんです
06:40
like好きな music音楽, I guess推測.
音楽みたいにね
06:47
YR: Thisこの phraseフレーズ is now etchedエッチングされた into myじぶんの mindマインド
YR: この文章は記憶に刻まれていて
06:50
clearerより明確な thanより theその pinピン number to myじぶんの bankバンク cardカード,
カードの暗唱番号より
はっきり覚えています
06:53
soそう I canできる pretendふりをする I speak話す Chinese中国語 fluently流暢に.
だから中国語が
達者なフリができるんです
06:56
Whenいつ I had持っていました learned学んだ thisこの phraseフレーズ,
この文章を覚えてすぐに
07:00
I had持っていました an artistアーティスト over以上 thereそこ hear聞く me outでる
中国のアーティストに
07:02
to see見る howどうやって accurate正確 itそれ sounded聞こえた.
どのくらい正確か
聞いてもらいました
07:05
I spokeスポーク theその phraseフレーズ, andそして then次に he laughed笑った
私がしゃべると
彼は笑って言いました
07:07
andそして told言った me, "Ohああ yeahええ, that'sそれは greatすばらしいです,
「すごく上手だけど
07:10
onlyのみ itそれ kind種類 of sounds like好きな aa woman女性."
女言葉みたいだよ」
07:13
I said前記, "What?"
どういうことか聞くと
07:15
He said前記, "Yeahええ, you君は learned学んだ fromから aa woman女性?"
「女性に習ったんだろ?」と
言われました
07:16
I said前記, "Yesはい. Soそう?"
「そうだけど 何で?」
07:20
He then次に explained説明した theその tonalトーン differences相違
そこで彼は説明してくれました
07:22
betweenの間に male男性 andそして female女性 voices
男性と女性では
07:25
are very非常に different異なる andそして distinct明確な, andそして thatそれ I had持っていました learned学んだ itそれ very非常に wellよく,
言葉のトーンが
明らかに違うことでした
07:27
butだけど in aa woman's女性の voice音声.
よく覚えたけれど
女性の口調だったんです
07:31
(Laughter笑い)
(笑)
07:33
(Applause拍手)
(拍手)
07:35
HP馬力: Okayはい. Soそう thisこの imitation模倣 businessビジネス
HP: この様に人を真似ることにも
07:43
doesする come来る with〜と riskリスク.
リスクがあります
07:46
Itそれ doesn'tしない always常に go行く asとして you君は plan計画 itそれ,
どんなに優秀な通訳がいたって
07:48
even偶数 with〜と aa talented才能のある translator翻訳者.
思い通りに行くとは限りません
07:50
Butだけど I am午前 going行く to stickスティック with〜と itそれ,
それでも私はあきらめません
07:54
becauseなぜなら contrary反対の to what we我々 mightかもしれない usually通常 assume想定する,
というのも
普通の発想とは逆で
07:56
imitating模倣する somebody誰か canできる reveal明らかにする something何か uniqueユニークな.
誰かを真似ると自分の個性が
あらわになるからです
08:01
Soそう everyすべて time時間 I fail失敗します
父の真似が
08:05
to become〜になる moreもっと like好きな myじぶんの fatherお父さん,
うまくいかない時には
08:08
I become〜になる moreもっと like好きな myself私自身.
私は私自身になっています
08:10
Everyすべて time時間 I fail失敗します to become〜になる Bruceブルース Leeリー,
ブルース・リーの
真似がうまくいかない時は
08:14
I become〜になる moreもっと authentically真に me.
私は本当の私になっています
08:19
Thisこの is myじぶんの artアート.
これが私のアートです
08:23
I strive努力する forために authenticity信憑性,
一生懸命 本物を求めています
08:24
even偶数 ifif itそれ comes来る in aa shape形状
私達があまり予想しないような
08:27
thatそれ we我々 mightかもしれない notない usually通常 expect期待する.
形をとることもあります
08:30
It'sそれは onlyのみ recently最近 thatそれ I've私は started開始した to understandわかる
最近になって気づいたんですが
08:33
thatそれ I didn'tしなかった learn学ぶ to sit座る like好きな thisこの
こんな風に
座るようになったのは
08:38
throughを通して beingであること Indianインディアン.
インド人だからという
わけではなくて
08:41
I learned学んだ thisこの fromから Spider-Manスパイダーマン.
スパイダーマンを読んで
覚えたんです
08:43
(Laughter笑い)
(笑)
08:47
Thank感謝 you君は.
ありがとう
08:48
(Applause拍手)
(拍手)
08:50
Translated by Kazunori Akashi
Reviewed by Yukako Uchida

▲Back to top

About the speakers:

Hetain Patel - Artist
In his compelling stage works, Hetain Patel uses powerful imagery and storytelling to examine questions of identity.

Why you should listen

"What determines our identities anyway?" asks Hetain Patel. As a child, Patel wanted to be like Spider-Man or Bruce Lee; later, he aimed to be more like his father, who displays a much different kind of bravery. From these ambitions, Patel's new show Be Like Water examines shifting identities of all kinds, using dance and bold imagery to power a story of self-examination and self-creation. 

As a conceptual artist, Patel has used photography, sculpture, installation and performance to challenge cultural identity. For his work, he has grown a mustache exactly like the one his father wore when he emigrated from India to the United Kingdom in the 1960s, and remixed the practice henna tattooing to incorporate English words and comics books. Patel's conclusion about identity: that it is an ever-shifting game of imitation. 

 

More profile about the speaker
Hetain Patel | Speaker | TED.com
Yuyu Rau - Dancer
Yuyu Rau's dance skills span a wide range, from ballet to contemporary to Chinese classical.

Why you should listen

Yuyu Rau is a dancer trained in ballet, contemporary and Chinese classical dance. Born in Taiwan and now a resident of the United Kingdom, Rau has performed with a wide range of dance companies and worked with choreographers like Wayne McGregor, Javier De Frutos, Luca Silvestrini and Douglas Thorpe.

Most recently, Yau has toured with conceptual artist Hetain Patel, performing in his stage work Be Like Water. In the piece, Rau acts as Patel's translator, and often stands in to help him tell his story. 

More profile about the speaker
Yuyu Rau | Speaker | TED.com