English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2006

Richard Baraniuk: The birth of the open-source learning revolution

リチャード・バラニック:オープンソース学習

Filmed
Views 973,984

ライス大学教授のリチャード・バラニックが、自身のオープンソース・オンライン教育システム「コネクションズ」を支えるビジョンについて語る。「コネクションズ」は、教師が教材をオンライン上で共有したり自由に修正を加えるのを可能にし、世界中どこからでも、そこから教科書を作り出すことができるシステムである。

- Education visionary
Richard Baraniuk founded Connexions -- now called OpenStax -- a free, open-source, global clearinghouse of course materials. Students and educators tap into its vast store of texts on everything from engineering to ornithology to music, adapting the content as they see fit. Full bio

リチャード・バラニックです
00:24
I'm私は Richリッチ Baraniukバラニク andそして what I'd私は like好きな
to talkトーク aa little少し bitビット about today今日
今日は皆さんに いくつかのアイデアについてお話しします
00:27
are some一部 ideasアイデア thatそれ I think思う
have持ってる justちょうど tremendousすばらしい resonance共振
この二日間語られてきた全てのことと
00:30
with〜と allすべて theその thingsもの thatそれ have持ってる beenされている
talked話した about theその last最終 two days日々.
共鳴するものばかりです
実際 多くの異なった点で関連があります
00:34
Soそう manyたくさんの different異なる pointsポイント of resonance共振
すべてお話しするのは難しいですが ベストを尽くします
00:36
thatそれ it'sそれは going行く to be〜する difficult難しい
to bring持参する themそれら allすべて upアップ,
00:38
butだけど I'll私はよ tryお試しください to do行う myじぶんの bestベスト.
これがなんだか 皆さん覚えてますか?
00:40
Doesする anybody remember思い出す theseこれら?
00:41
(Laughter笑い)
(笑)
そう LPレコードです 別の物に取って代わられましたよね
00:43
OKOK, soそう theseこれら are LPlp records記録
andそして they've彼らは beenされている replaced置き換えられた, right?
過去二十年以上にわたり世界を圧倒したデジタル技術によって
00:49
They've彼らは beenされている swept掃討 away離れて
over以上 theその last最終 two decades数十年
追いやられてしまった そうでしたね
00:52
by〜によって theseこれら typesタイプ of world-flattening世界平和
digitizationデジタル化 technologiesテクノロジー, right?
00:56
Andそして I think思う itそれ wasあった bestベスト witnessed目撃した
今日 私たちがこの部屋に入ったとき
トーマスが音楽を「再生」してたのが 良い例ですね
00:59
whenいつ Thomasトーマス wasあった playing遊ぶ theその music音楽
asとして we我々 came来た in theその roomルーム today今日.
音楽の世界では ある種の文化
01:03
What's何ですか happened起こった in theその music音楽 world世界
is there'sそこに aa culture文化,
というか 生態系が生み出されました
01:06
orまたは an ecosystem生態系 that'sそれは beenされている created作成した
01:07
thatそれ, ifif you君は take取る some一部 words言葉 fromから Apple林檎,
アップル社が広告コピーで言うところの
Rip (読み込み) Mix (ミックス) Burn ( CD作成) です
01:10
theその catchphraseキャッチフレーズ ---
thatそれ we我々 create作成する, ripRIP, mixミックス andそして burn燃やす.
世界の誰もが新しい音楽や音楽的なアイデアを
01:14
What I mean平均 by〜によって thatそれ is thatそれ anyone誰でも
in theその world世界 is free無料 andそして allowed許可された
自由に創れるということなのです
01:17
to create作成する new新しい music音楽 andそして musicalミュージカル ideasアイデア.
既存の音楽的なアイデアを 世界中の人が取り込み コピーしたりしながら
01:20
Anyone誰でも in theその world世界 is allowed許可された
to ripRIP orまたは copyコピー musicalミュージカル ideasアイデア,
イノベーティブな方法で再利用できるということです
01:23
useつかいます themそれら in innovative革新的な ways方法.
音楽的なアイデアの端切れを様々にミックスしながら
01:25
Anyone誰でも is allowed許可された to mixミックス themそれら
in different異なる typesタイプ of ways方法,
つなぎ合わせ 新たな作品として(CD)作成できる
01:28
drawドロー connections接続 betweenの間に musicalミュージカル ideasアイデア,
そういう創作のサイクルを繰り返していく
01:30
andそして people canできる burn燃やす themそれら orまたは create作成する
final最後の products製品 andそして continue持続する theその circleサークル.
そのようにして作り出された
01:34
Andそして what that'sそれは done完了
is it'sそれは created作成した, like好きな I said前記,
活気のあるコミュニティーの中で
01:37
aa vibrant活気のある communityコミュニティ that'sそれは very非常に inclusive包括的な,
人々は音楽的なアイデアを結びつけ
01:39
with〜と people continually継続的に workingワーキング
to connect接続する musicalミュージカル ideasアイデア,
01:42
innovate革新的 themそれら andそして keepキープ thingsもの
constantly常に upアップ to date日付.
新しい作品を生み出し続けているのです
今日のヒット曲は 去年のものとは違います
01:46
Today's今日の hitヒット singleシングル
is notない last最終 year's hitヒット singleシングル.
でも 今日は音楽の話をしに来たのではなく
01:50
Butだけど I'm私は notない hereここに
to talkトーク about music音楽 today今日.
本の話をしに来たのです
01:52
I'm私は hereここに to talkトーク about books.
01:53
In particular特に, textbooks教科書
andそして theその kind種類 of educational教育的 materials材料
とりわけ 我々が毎日学校で使う
教科書や教材についての話です
01:57
thatそれ we我々 useつかいます everyすべて day in school学校.
この中に学校へ通ったことのある方はいますか?
01:59
Has持っている anyone誰でも hereここに everこれまで beenされている to school学校?
(笑)
02:01
(Laughter笑い)
学校が危機に瀕していることはご存じですか?
02:02
OKOK, doesする anybody realize実現する
there'sそこに aa crisis危機 in our我々の schools学校,
02:06
aroundまわり theその world世界?
世界中で
その辺りにはあまり時間を割きませんが
02:08
I'm私は notない going行く to spend費やす
tooあまりにも muchたくさん time時間 on thatそれ,
特にお話ししたいのは著者が本を出版する際の
02:11
butだけど what I want欲しいです to talkトーク about
is some一部 of theその disconnects切断する
幾つかの断絶についてです
02:14
thatそれ appear現れる whenいつ an author著者
publishes出版する aa book.
実際 出版過程というのは
02:17
Thatそれ in fact事実, theその publishing出版 processプロセス ---
02:18
justちょうど becauseなぜなら of theその fact事実
thatそれ it'sそれは complicated複雑な,
とても複雑であるが故に
本は重く 高価にならざるを得ず
02:21
it'sそれは heavyヘビー, books are expensive高価な ---
02:22
creates作成する aa sortソート of aa wall
betweenの間に authors著者 of books
ある種の壁を
著者と本の利用者(教師や学生、一般読者)
02:26
andそして theその ultimate究極 usersユーザー of books,
02:27
be〜する they彼ら teachers教師, students学生の
orまたは justちょうど general一般 readers読者.
との間に 築いてしまいます
02:31
Andそして thisこの is even偶数 moreもっと true真実
ifif you君は happen起こる to speak話す aa language言語
もしあなたが 世界の主要言語 特に英語を理解できない場合
この問題はさらに深刻です
02:35
otherその他 thanより one1 of theその world's世界の
majorメジャー languages言語, andそして especially特に English英語.
02:38
I'm私は going行く to callコール theseこれら people
below以下 theその barrierバリア "shutoutsシャットアウト"
私は彼らを「締め出しバリアに隔てられた人々」と 呼びます
02:41
becauseなぜなら they're彼らは really本当に
shutシャット outでる of theその processプロセス
なぜなら 彼らは 知識を世界と共有できる過程から
02:43
of beingであること ableできる to shareシェア
their彼らの knowledge知識 with〜と theその world世界.
完全に閉め出されてしまっているからです
今日お話ししたいのは まさにこの点です
02:46
Andそして soそう what I want欲しいです to talkトーク about today今日
is trying試す to take取る theseこれら ideasアイデア
音楽文化の世界で起きていることについてふれましたが
02:49
thatそれ we've私たちは seen見た in theその musicalミュージカル culture文化
同様のアイデアによって 本を書いたり使ったり
02:51
andそして tryお試しください to bring持参する theseこれら
towards方向 reinventing改革 theその way方法
教えるのに使ったりする方法を変えることができます
02:53
we我々 think思う about writing書き込み books,
usingを使用して themそれら andそして teaching教える fromから themそれら.
では 実際どうやって このようなことを
02:57
Soそう, that'sそれは what I'd私は like好きな to talkトーク about
実現していくかについてお話しします
02:59
andそして, really本当に, howどうやって we我々 get取得する
fromから whereどこで we我々 are now
03:01
to whereどこで we我々 need必要 to go行く.
まず最初に 簡単な思考実験をしましょう
03:03
Theその first最初 thingもの I'd私は like好きな you君は to do行う
is aa little少し thought思想 experiment実験.
では 世界中のありとあらゆる本を
03:06
Imagine想像する taking取る allすべて theその world's世界の books.
手にしているところを思い浮かべてください
03:08
OKOK, everybodyみんな imagine想像する books
andそして imagine想像する justちょうど tearing引き裂く outでる theその pagesページ.
それから それらの本のページを破り取ってください
03:11
Soそう, liberating解放する theseこれら pagesページ
そして 解放されたページをデジタル化し
03:13
andそして imagine想像する digitizingデジタル化 themそれら
andそして then次に storing保存する themそれら
全世界につながった巨大なデータ貯蔵庫に収めます
03:17
in aa vast広大, interconnected相互に接続された,
globalグローバル repositoryリポジトリ.
03:19
Think思う of itそれ asとして aa massive大規模 iTunesitunes
forために book-typeブックタイプ contentコンテンツ.
書籍コンテンツのための大規模な「iTunes」を想像してください
そして 中身をすべて公開し 誰もが自由に
03:25
Andそして then次に take取る thatそれ material材料
andそして imagine想像する making作る itそれ allすべて open開いた,
03:28
soそう thatそれ people canできる modify変更する itそれ,
play遊びます with〜と itそれ, improve改善する itそれ.
しかも無料で 修正を加えながら改善することができ
03:31
Imagine想像する making作る itそれ free無料,
世界中の人々が これらの知識にアクセスし
03:33
soそう thatそれ anyone誰でも in theその world世界 canできる have持ってる
accessアクセス to allすべて of thisこの knowledge知識,
内容を更新改善し 好きなように利用することが
03:36
andそして imagine想像する usingを使用して information情報 technology技術
03:38
soそう thatそれ you君は canできる update更新 thisこの contentコンテンツ,
improve改善する itそれ, play遊びます with〜と itそれ,
情報技術によって可能になり 何年もかけてきた作業が
数秒で処理されるのを 想像してください
03:42
on aa timescaleタイムスケール that'sそれは moreもっと
on theその order注文 of seconds instead代わりに of years.
二年ごとに再版されてきた本が
03:46
Instead代わりに of editionsエディション of aa book
coming到来 outでる everyすべて two years,
25秒ごとに更新されていくのを想像してください
03:49
imagine想像する themそれら coming到来 outでる everyすべて 25 seconds.
人々の力を動員して そういうことが可能であることを
03:52
Soそう, imagine想像する we我々 couldできた do行う thatそれ
andそして imagine想像する we我々 couldできた put置く people into thisこの.
想像してみてください
本の著者だけでなく 将来書き手と成りうる人々すべてを巻き込んだ
03:57
Soそう thatそれ we我々 couldできた truly真に buildビルドする
an ecosystem生態系 with〜と notない justちょうど authors著者,
エコシステムを築けるのです
04:00
butだけど allすべて theその people
who couldできた be〜する orまたは want欲しいです to be〜する authors著者
しかも それは世界中の様々な言語を介したものです
04:04
in allすべて theその different異なる
languages言語 of theその world世界,
こんなシステムが実現したら 何と呼びましょうか
04:06
andそして I think思う ifif you君は couldできた do行う thisこの,
itそれ would〜する be〜する calledと呼ばれる ---
とりあえずは 「ナレッジ・エコシステム(知識生態系)」とでも呼びましょう
04:08
I'm私は justちょうど going行く to refer参照する to itそれ
asとして aa knowledge知識 ecosystem生態系.
これは 夢のような話です
04:11
Soそう, really本当に, thisこの is theその dream,
我々の試みを分かりやすく例えるなら
04:13
andそして in aa senseセンス what you君は canできる think思う of itそれ
世界中の誰もが
04:15
is we're私たちは trying試す
to enable有効にする anyone誰でも in theその world世界,
どんな人でも
04:17
I mean平均 anyone誰でも in theその world世界 ---
教育的DJになれるということです
04:19
(Laughter笑い)
04:20
to be〜する their彼らの own自分の educational教育的 DJDJ,
教材を開発したら世界と共有し
04:22
creating作成 educational教育的 materials材料,
sharing共有 themそれら with〜と theその world世界,
つねに改善してゆくことができる そんな夢です
04:25
constantly常に innovating革新的 on themそれら.
04:27
Soそう, thisこの is theその dream.
実際 この夢は実現されつつあります
04:28
In fact事実, thisこの dream
is actually実際に beingであること realized実現した.
過去6年半をかけて
04:31
Over以上 theその last最終 six-and-a-half6・1/2 years,
04:32
we've私たちは beenされている workingワーキング really本当に hardハード
at〜で Riceご飯 University大学
我々はライス大学にて 「コネクションズ」というプロジェクトに
一生懸命に取り組んできました
04:35
on aa projectプロジェクト calledと呼ばれる Connexionsコネクションズ,
残りの時間は コネクションズを通じて
04:37
andそして soそう what I'd私は like好きな to do行う
forために theその rest残り of theその talkトーク
行われている試みについて お話しします
04:39
is justちょうど telltell you君は aa little少し bitビット
ニコラス・ネグロポンテ氏が昨日話された内容と
04:41
about what people are doingやっている
with〜と Connexionsコネクションズ,
04:43
whichどの you君は canできる kind種類 of
think思う of asとして theその counterpoint対抗点
対照的に捉えてもらえるでしょう
04:45
to Nicholasニコラス Negroponte'sネグロポンテ talkトーク yesterday昨日,
彼らの試みは 教育を世の中に行き渡らせるための
04:47
whereどこで they're彼らは workingワーキング on theその hardwareハードウェア
of bringing持参 education教育 to theその world世界.
ハードウェアの開発ですが 我々の試みは
04:50
We're私たちは workingワーキング on theその open-sourceオープンソース toolsツール
オープンソースのツールと教育コンテンツに関する取り組みです
04:53
andそして theその contentコンテンツ.
04:54
Soそう, that'sそれは sortソート of
to put置く itそれ in perspective視点 hereここに.
そこのところを 頭に入れておいてください
では どんな人たちがこのようなツールを利用しているかと言うと
04:57
Soそう, create作成する.
04:59
What are some一部 of theその people
thatそれ are usingを使用して theseこれら kind種類 of toolsツール?
まずは ケンブリッジから京都にまたがる
05:02
Wellよく, theその first最初 thingもの is,
05:03
there'sそこに aa communityコミュニティ
of engineeringエンジニアリング professors教授,
工学系教授たちのコミュニティーがあり
05:06
fromから Cambridgeケンブリッジ to Kyoto京都,
電子工学の教材を開発しています
05:08
who are developing現像 engineeringエンジニアリング contentコンテンツ
in electrical電気 engineeringエンジニアリング
巨大なスーパー教科書の開発だと考えてください
05:12
to develop開発する what you君は canできる think思う of
asとして aa massive大規模, superスーパー textbook教科書
それは 電子工学分野の全領域を網羅しているだけでなく
05:16
thatそれ coversカバー theその entire全体 areaエリア
of electrical電気 engineeringエンジニアリング.
それぞれの大学が目的に合わせて
05:19
Andそして notない onlyのみ thatそれ ---
05:20
itそれ canできる be〜する customizedカスタマイズされた forために useつかいます in each
of their彼らの own自分の individual個人 institutions機関.
カスタマイズして利用できるように作られています
また キティー・ジョーンズさんという
05:26
Ifif people like好きな Kitty子猫 Jonesジョーンズ, aa shut-outシャットアウト ---
イリノイ州シャンペーン市出身のお母さんで 音楽の家庭教師をされている方は
05:29
aa privateプライベート music音楽 teacher先生 andそして momママ
fromから Champagneシャンパン, Illinoisイリノイ,
子供たちに音楽の演奏法を教えるための独自の教材を
05:34
who wanted欲しい to shareシェア her彼女 fantastic素晴らしい
music音楽 contentコンテンツ with〜と theその world世界,
世界中に公開したいと考えました
05:37
on howどうやって to teach教える kids子供たち howどうやって to play遊びます music音楽 ---
現在 彼女の教材は 毎月60万回以上も利用されています
05:39
Her彼女 material材料 is now used中古
over以上 600,000 times per〜ごと month.
大変な利用頻度ですよね
05:45
Tremendousすばらしい useつかいます.
05:46
In fact事実, aa lotロット of thisこの useつかいます coming到来
fromから Unitedユナイテッド States K-k-12 schools学校,
実際 米国の幼稚園・小・中・高校で利用されているケースが多いのですが
05:50
becauseなぜなら anyone誰でも who'sだれの involved関係する
in aa school学校 scale規模 backバック,
それは 学校の予算削減により真っ先に影響を受けるのが
音楽教育だからです
05:55
theその first最初 thingもの that'sそれは cutカット
is theその music音楽 curriculumカリキュラム.
それ故に 無料で自由に利用できるこのような教材の需要は
05:58
Andそして soそう thisこの is justちょうど indicating指示する
theその tremendousすばらしい thirst渇き
とても大きいのです
06:00
forために thisこの kind種類 of open開いた, free無料 contentコンテンツ.
06:02
Aa lotロット of teachers教師 are usingを使用して thisこの stuffもの.
多くの先生たちがこのシステムを使っています では 教材のRipping (取り込み)
06:05
What about rippingリッピング?
What about copyingコピー, reusing再利用する?
複製 再利用については どうでしょうか
テキサス大学エルパソ校では 大学院生のボランティアグループが
06:08
Aa teamチーム of volunteersボランティア
at〜で theその University大学 of Texasテキサス at〜で Elエル Pasoパソ ---
先ほどのスーパー電子工学教科書の内容を翻訳しています
06:11
graduate卒業 students学生の translating翻訳する
thisこの engineeringエンジニアリング superスーパー textbook教科書 ideasアイデア.
一週間以内には ラテンアメリカ 特にメキシコの至る所で
06:16
Andそして within以内 about aa week週間,
06:18
having持つ thisこの be〜する some一部
of our我々の most最も popular人気 material材料
評判の教材として多く利用されるようになるはずです
06:20
in widespread広範囲 useつかいます allすべて over以上 Latinラテン Americaアメリカ,
andそして in particular特に in Mexicoメキシコ,
06:24
becauseなぜなら of theその open開いた,
extensible拡張可能な nature自然 of thisこの.
それは この教材の本質がオープンな拡張性にあるからです
06:27
People, volunteersボランティア andそして even偶数 companies企業
ボランティアの人たちや 企業までもが
06:30
thatそれ are translating翻訳する materials材料
into Asianアジア人 languages言語
この教材を 中国語や日本語 タイ語など
アジア諸国の言語へ翻訳し
06:33
like好きな Chinese中国語, Japanese日本語 andそして Thaiタイ,
さらに広範に知識を行き渡らせようとするこの試みに参加しています
06:35
to spread普及 theその knowledge知識 even偶数 furtherさらに.
それでは Mixing (ミキシング) についてはどうでしょう
06:39
OKOK, what about people who are mixing混合?
06:41
What doesする "mixing混合" mean平均?
ミキシングとは それぞれのニーズに合った教育課程を作る
06:42
"Mixing混合" means手段
building建物 customizedカスタマイズされた coursesコース,
06:44
means手段 building建物 customizedカスタマイズされた books.
つまり それぞれの用途に合った教科書を作ることを意味します
ナショナル・インスツルメンツなどの企業は
06:48
Companies企業 like好きな National全国 Instruments楽器,
効果的なインタラクティブ・シミュレーションを埋め込むことで
06:50
who are embedding埋め込み very非常に powerful強力な,
interactiveインタラクティブ simulationsシミュレーション
06:55
into theその materials材料,
普通の教科書を用いてはできないような
06:56
soそう thatそれ we我々 canできる go行く way方法 beyond超えて
our我々の regular定期的 kind種類 of textbook教科書
インタラクティブな学習体験を実現させる
06:59
to an experience経験
07:00
thatそれ allすべて theその teaching教える materials材料
are thingsもの you君は canできる actually実際に interact相互作用する with〜と
実際にシミュレーションをインタラクティブに使いながら
07:04
andそして play遊びます aroundまわり with〜と
andそして actually実際に learn学ぶ asとして you君は do行う.
体感的に学べるオンライン教科書の開発をしています
「国境なき教師団」は 我々の教材をミキシングして用いることに
07:08
We've私たちは beenされている workingワーキング
with〜と Teachers教師 Withoutなし Borders国境,
大変な関心を寄せています
07:10
who are very非常に interested興味がある
in mixing混合 our我々の materials材料.
我々の開発した「コネクションズ」のシステムをプラットフォームにして
07:13
They're彼らは going行く to be〜する usingを使用して
Connexionsコネクションズ asとして their彼らの platformプラットフォーム
07:15
to develop開発する andそして deliver配信する teaching教える materials材料
forために teaching教える teachers教師 howどうやって to teach教える
教師に教授法を指導するための教材を開発し
全世界84カ国に配信しようとする
試みを計画中です
07:21
in 84 countries aroundまわり theその world世界.
彼らは現在 米国国際開発庁の支援を受け イラクで2万人の教師を養成中です
07:23
TWBtwb is currently現在 in Iraqイラク,
07:26
trainingトレーニング 20,000 teachers教師
supportedサポートされる by〜によって USAIDあなたがいった.
彼らにとって 現地のニーズに合ったものに
07:31
Andそして to themそれら, thisこの ideaアイディア
of beingであること ableできる to remixリミックス
教材を改良できるという考え方は 大変重要です
07:34
andそして customizeカスタマイズ to theその local地元 contextコンテキスト
is extraordinarily異常に important重要,
なぜなら 発展途上国の人々が 無料で教材が入手できるなら
07:39
becauseなぜなら justちょうど providing提供する
free無料 contentコンテンツ to people
07:41
has持っている actually実際に beenされている likened似ている
by〜によって people in theその developing現像 world世界
何でも喜ぶだろうというのは
07:44
to aa kind種類 of cultural文化的 imperialism帝国主義 ---
一種の文化帝国主義だからです
彼ら自身が現地の事情に沿った教材に作り直し
07:47
thatそれ ifif you君は don'tしない empower力を与える people
07:48
with〜と theその ability能力
to re-contextualize再コンテキスト化する theその material材料,
彼らの母語に翻訳したものを所有できる
そのような仕組みがなければ
07:51
translate翻訳する itそれ into their彼らの own自分の language言語
andそして take取る ownership所有 of itそれ,
うまくいかないのです
07:54
it'sそれは notない good良い.
我々と一緒に仕事をしている団体は他にもあります
07:56
OKOK, otherその他 organizations組織
we've私たちは beenされている workingワーキング with〜と, UCuc Mercedメルセデス ---
カリフォルニア大学メルセド校をご存じですよね
08:00
people know知っている about UCuc Mercedメルセデス.
カリフォルニアのセントラルバレーにある新設大学で
08:02
It'sそれは aa new新しい university大学 in Californiaカリフォルニア,
in theその Central中央 Valley,
コミュニティーカレッジとも密接に連携しています
08:06
workingワーキング very非常に closely密接に
with〜と communityコミュニティ collegesカレッジ.
08:08
They're彼らは actually実際に developing現像
彼らは 科学・工学系のカリキュラムを実際に開発中で
08:10
aa lotロット of their彼らの science科学
andそして engineeringエンジニアリング curriculumカリキュラム
我々のシステムを通して世界中に公開しようとしています
08:12
to spread普及 widely広く
aroundまわり theその world世界 in our我々の systemシステム.
さらに 全てのソフトウェアツールを 完全にオープンソースで開発しています
08:17
Andそして they're彼らは alsoまた、 trying試す to develop開発する
allすべて of their彼らの softwareソフトウェア toolsツール
08:20
completely完全に open-sourceオープンソース.
他には AMDという企業が 「50 by 15」というプロジェクトを通じて
08:21
We've私たちは beenされている workingワーキング with〜と AMDamd,
whichどの has持っている aa projectプロジェクト calledと呼ばれる 50xバツ15,
2015年までに世界人口の50% にインターネットアクセスを行き渡らせる
08:26
whichどの is trying試す to bring持参する
Internetインターネット connectivity接続性
という取り組みをしています
08:29
to 50 percentパーセント of theその world's世界の
population人口 by〜によって 2015.
我々は 既存の教材を多言語で提供することで
08:32
We're私たちは going行く to be〜する
providing提供する contentコンテンツ to themそれら
この試みに協力しています
08:34
in aa whole全体 range範囲 of different異なる languages言語.
08:36
Andそして we've私たちは alsoまた、 beenされている workingワーキング
with〜と aa number of otherその他 organizations組織.
他にも多くの団体と協力しています
特に ヒューレット財団に援助を受けた多くのプロジェクトは
08:40
In particular特に, aa bunch of theその projectsプロジェクト
thatそれ are funded資金提供 by〜によって Hewlettヘウレット Foundation財団,
オープンコンテンツの領域では
リーダー的な役割を果たしました
08:44
who have持ってる taken撮影 aa realリアル leadershipリーダーシップ role役割
in thisこの areaエリア of open開いた contentコンテンツ.
次は 「Burn」 ここがとても面白いところですが
08:48
OKOK, burn燃やす --- I think思う
thisこの is, sortソート of, quiteかなり interesting面白い.
これはつまり このような教育課程を物質化する行為を指します
08:52
"Burn燃やす" is theその ideaアイディア of trying試す
to create作成する theその physical物理的 instantiationインスタンス化
08:56
of one1 of theseこれら coursesコース.
皆さんの多くが すでに受け取られたと思いますが
08:57
Andそして I think思う aa lotロット of you君は received受け取った ---
皆さんへのギフトパックの中に このような音楽の本が一冊入っていたと思います
08:59
I think思う allすべて of you君は received受け取った one1
of theseこれら music音楽 books in yourきみの gift贈り物 packパック.
ささやかな贈り物です
09:05
Aa little少し presentプレゼント forために you君は.
かいつまんでお話しします この工学系の教科書を例にしましょう
09:07
Justちょうど to telltell you君は quickly早く about itそれ:
thisこの is an engineeringエンジニアリング textbook教科書.
分厚い300ページもの本です
09:10
It'sそれは about 300 pagesページ long長いです, hardboundハードバウンド.
誰か値段を当てられますか?
09:15
Thisこの costsコスト --- anybody guess推測?
書店では一体いくらで売られているでしょう
09:19
Howどうやって muchたくさん would〜する itそれ costコスト in aa bookstore書店?
(聴衆): 65ドル(約6千円)
09:21
(Audience聴衆) 65 dollarsドル.
09:22
Richardリチャード Baraniukバラニク:
OKOK. Thisこの costsコスト 22 dollarsドル to theその student学生.
学生は22ドル(約2千円)で買えます
どうして22ドル(約2千円)で済むのか
09:27
Whyなぜ doesする itそれ costコスト 22 dollarsドル?
09:28
Becauseなぜなら it'sそれは published出版された on demandデマンド
それは オンデマンドで刊行され
09:30
andそして it'sそれは developed発展した
fromから thisこの repositoryリポジトリ of open開いた materials材料.
この公開教材の貯蔵庫を利用して作られたからです
もし仮にこの本が 一般の出版社を通して出されたら
09:34
Ifif thisこの book wereあった to be〜する published出版された
by〜によって aa regular定期的 publisher出版社,
最低でも 122ドル (1万1千円)はするでしょう
09:37
itそれ would〜する costコスト at〜で least少なくとも 122 dollarsドル.
お話しているのは この「Burning」という出版のプロセスを
09:40
Soそう what we're私たちは seeing見る
09:41
is moving動く thisこの burning燃焼
orまたは publication出版 processプロセス
一般的な一人の著者によるものから
09:44
fromから theその regular定期的,
sortソート of single-authoredシングルオーサリング book
コミュニティーによって執筆された教材を
09:47
towards方向 community-authoredコミュニティ作成者 materials材料
それぞれのクラスのニーズに合わせて組み立て
09:50
thatそれ are modularモジュラー, thatそれ are customizedカスタマイズされた
to each individual個人 classクラス
低コストでオンデマンド出版するものへ変革するということです
09:54
andそして published出版された on demandデマンド
very非常に inexpensively安価に,
09:56
eitherどちらか pushed押された outでる throughを通して Amazonアマゾン
アマゾン経由で販売しても良いですし
コープ(生協)などのオンデマンドサービスを通しての出版もできます
09:59
orまたは published出版された directly直接
throughを通して an on-demandオンデマンド press押す, like好きな QOOPqoop.
これは とてつもなく面白い分野だと思います
10:03
Andそして I think思う thatそれ thisこの is
an extraordinarily異常に interesting面白い areaエリア
10:06
becauseなぜなら thereそこ is tremendousすばらしい areaエリア
under thisこの long長いです tail in publishing出版.
なぜなら 出版ではロングテールの部分に素晴らしいものが存在するからです
ハリーポッターのようなロングテールの左側に属するものではなく
10:12
We're私たちは notない talking話す
about theその Harryハリー Potter陶工 end終わり,
10:14
right at〜で theその left side.
超幾何偏微分方程式のような本について話しているのです
10:16
We're私たちは talking話す about books
10:17
on hypergeometric超幾何学的
partial部分的な differentialディファレンシャル equations方程式.
そう 一年に100冊から1000冊程度しか売れない出版物のことです
10:20
Books thatそれ mightかもしれない sell売る
100 copiesコピー aa year, 1,000 copiesコピー aa year.
この「ロングテール」による驚くほど持続的な収益は
10:24
Thereそこ is tremendousすばらしい
sustaining維持する revenue収入 under thisこの long長いです tail
我々のようなオープンプロジェクトを維持していくだけでなく
10:29
to sustainサスティーン open開いた projectsプロジェクト like好きな ours私たちのもの,
この二冊を出版したコープの事業のような
10:31
butだけど alsoまた、 to sustainサスティーン thisこの new新しい emergence出現
of on-demandオンデマンド publishers出版社,
新興のオンデマンド出版を支えるのにも役立っています
10:36
like好きな QOOPqoop, who produced生産された theseこれら two books.
10:38
Andそして I think思う one1 of theその thingsもの
thatそれ you君は should〜すべき take取る away離れて fromから thisこの talkトーク
この話の中で大変重要なのは
中間業者の省略です
10:42
is thatそれ there'sそこに an impending差し迫っている
cut-out-the-middle-man中出し男 disintermediation仲介解除,
脱中間業者の動きは さらに盛んになり
10:46
that'sそれは going行く to be〜する happeningハプニング
in theその publishing出版 industry業界.
数年の間には 出版業界における大きな潮流となるでしょう
10:48
Andそして it'sそれは going行く to reachリーチ aa crescendoクレッシェンド
over以上 theその next few少数 years,
そしてこれは 我々そして世界にとってより有益に働くでしょう
10:51
andそして I think思う thatそれ it'sそれは forために our我々の benefit利益,
really本当に, andそして forために theその world's世界の benefit利益.
では この流れを可能にしてくれているのは 何でしょうか?
10:55
OKOK, soそう what are theその enablersイネーブラー?
この変革を促している真の立役者は何か
10:57
What's何ですか really本当に making作る allすべて of thisこの happen起こる?
大量のテクノロジーがある中で
10:59
There'sそこに tonsトン of technology技術,
11:00
andそして theその onlyのみ pieceピース of technology技術
thatそれ I really本当に want欲しいです to talkトーク about is XMLxml.
私が本当にお話ししたいのは 唯一XMLについてです
11:04
Howどうやって manyたくさんの people know知っている about XMLxml?
XMLをご存じの方は どのくらいいらっしゃいますか?
11:06
Ohああ, greatすばらしいです.
素晴らしい XMLは ウェブの未来を支えるテクノロジーです
11:07
Soそう it'sそれは theその future未来 of theその webウェブ, right?
XMLは コメントやコンテンツの意味的表現であり
11:09
It'sそれは semanticセマンティック representation表現 of contentコンテンツ.
この場合のXMLの意味合いは
11:14
Andそして what you君は canできる really本当に
think思う of XMLxml in thisこの case場合
これらのページ群をひとまとめにするパッケージだと考えられるでしょう
11:16
is it'sそれは theその packaging梱包
thatそれ we're私たちは puttingパッティング aroundまわり theseこれら pagesページ.
先ほど本を取り出してページを破り取ったことを覚えてますか?
11:19
Remember思い出す we我々 took取った theその book,
tore引き裂く theその pagesページ outでる?
11:21
Wellよく, what theその XMLxml is going行く to do行う
つまり XMLの役目とは 基本的に
11:23
is it'sそれは going行く to turn順番 thoseそれら pagesページ
into Legoレゴ blocksブロック.
これらのページをレゴのブロックに置き換えることなのです
11:27
XMLxml are theその nubsナブ on theその Legoレゴ
XMLは コンテンツを無数の様々な形で組み立て直すための
11:29
thatそれ allow許す us米国 to combine結合する theその contentコンテンツ
together一緒に in aa myriad無数 different異なる ways方法,
レゴ的機能の中心的役割を担っており
11:33
andそして itそれ provides提供する us米国 aa frameworkフレームワーク
to shareシェア contentコンテンツ.
さらに コンテンツを共有するための「枠組み」を提供してくれます
XMLは 皆さんに これらの教材コンテンツや
11:37
Soそう, itそれ lets〜する you君は take取る thisこの ecosystem生態系
破り取った数々の本のページが散在する「原始段階」にあるこのシステムから
11:40
in itsその primordial原始的 state状態
of allすべて thisこの contentコンテンツ,
高度に洗練された学習装置を
11:43
allすべて theその pagesページ you'veあなたは torn引き裂かれた outでる of books,
作り出すことを可能にしてくれます
11:45
andそして create作成する highly高く sophisticated洗練された
learning学習 machines機械:
(学習装置とは)本や学習課程や授業教材のことです
11:49
books, coursesコース, courseコース packsパック.
11:51
Itそれ gives与える you君は theその ability能力
to personalizeパーソナライズする theその learning学習 experience経験
このXMLという技術が それぞれの学生の学習体験を
ニーズに合ったものにしてくれるので
11:55
to each individual個人 student学生,
各学生は 個人の学習スタイルや学習環境
11:57
soそう thatそれ everyすべて student学生
canできる have持ってる aa book orまたは aa courseコース
使用言語や関心に合った教科書や学習課程を
12:00
that'sそれは customizedカスタマイズされた to their彼らの
learning学習 styleスタイル, their彼らの contextコンテキスト,
手に入れることができるのです
12:03
their彼らの language言語 andそして theその thingsもの
thatそれ exciteエキサイト themそれら.
XMLを使えば 同じ教材を異なった斬新な方法で
12:06
Itそれ lets〜する you君は reuse再利用 theその same同じ materials材料
in multiple複数 different異なる ways方法,
12:09
andそして surprising驚くべき new新しい ways方法.
再利用できます
12:11
Itそれ lets〜する you君は interconnect相互接続 ideasアイデア,
さらにXMLは 異なる領域の関連性の表示を可能にし
12:13
indicating指示する howどうやって fieldsフィールド
relate関連する to each otherその他.
多様なアイデアを結びつける過程を支援します
個人的な話ですが 我々がこのようなアイデアを思いついたのは
12:18
Andそして I'll私はよ justちょうど give与える you君は myじぶんの personal個人的 storyストーリー.
6年半ほど前に 赤い四角枠で囲まれた内容(方程式)を
12:20
We我々 came来た upアップ with〜と thisこの
six-and-a-half6・1/2 years ago
12:22
becauseなぜなら I teach教える theその stuffもの in theその red boxボックス.
教えていたのがきっかけです
クリスが言ったように 私は電子工学の教授です
12:25
Andそして myじぶんの day jobジョブ, asとして Chrisクリス said前記 ---
I'm私は an electrical電気 engineeringエンジニアリング professor教授.
例えば信号処理について教える際に大変なのは
12:29
I teach教える signal信号 processing処理
この数式が...
12:31
andそして myじぶんの challengeチャレンジ
wasあった to showショー thatそれ thisこの math数学 ---
12:33
Wowワオ, about halfハーフ of you君は
have持ってる already既に fallen倒れた asleep眠っている
おや この方程式を見ただけで 半分の方は居眠りしてしまいましたね
12:35
justちょうど looking探している at〜で theその equation方程式.
(笑)
12:37
(Laughter笑い)
しかし このつまらなそうな数式が
12:38
Butだけど thisこの seemingly一見 dryドライ math数学
12:40
is actually実際に theその centerセンター
of thisこの tremendously驚くほど powerful強力な webウェブ
テクノロジーや音楽のシンセサイザーのようなアプリケーションを
12:44
thatそれ linksリンク technology技術 ---
莫大な経済的成功の機会に結びつける
12:46
thatそれ linksリンク really本当に coolクール applicationsアプリケーション
like好きな music音楽 synthesizersシンセサイザー
12:49
to tremendousすばらしい economic経済的 opportunities機会,
非常に強力なウェブの中心的存在であり
また 知的所有権によって統制されているものなのです
12:53
butだけど alsoまた、 governed支配
by〜によって intellectual知的 propertyプロパティ.
そして私が解ったのは 一人のエンジニアとして
12:55
Andそして theその thingもの thatそれ I realized実現した
12:56
is thereそこ wasあった noいいえ way方法
thatそれ I, asとして an engineerエンジニア,
このように包括的な本は 決して一人では書けないということでした
12:59
couldできた write書きます thisこの book
thatそれ would〜する get取得する allすべて of thisこの across横断する.
コミュニティーがあってこそ 成し遂げられたことです
13:01
We我々 needed必要な aa communityコミュニティ to do行う itそれ
幾つものアイデアを結びつけるための新しいツールも必要でした
13:03
andそして we我々 needed必要な new新しい toolsツール
to be〜する ableできる to interconnect相互接続 theseこれら ideasアイデア.
ある意味で 我々が取り組んでいるのは
13:07
Andそして I think思う thatそれ really本当に,
in aa senseセンス, what we're私たちは trying試す to do行う
ミンスキー教授の夢の実現なのです
13:10
is make作る Minsky'sミンスキーズ dream come来る to aa reality現実,
図書館にある様々な本が お互いに
13:12
whereどこで you君は canできる imagine想像する
allすべて theその books in aa libraryとしょうかん
会話を始めるのを想像できるでしょう
13:14
actually実際に starting起動 to talkトーク to each otherその他.
教師や教えたことのある人なら
13:16
Andそして people who are teachers教師 outでる hereここに ---
whoever誰でも taught教えた, you君は know知っている thisこの ---
この意味がお分かりでしょう
教えるという行為の真髄は アイデアを相互に連結させることですよね
13:20
it'sそれは theその interconnections相互接続 betweenの間に ideasアイデア
thatそれ teaching教える is really本当に allすべて about.
数学の話に戻りますが 次のようなことが可能だと想像してください
13:24
OKOK, backバック to math数学.
13:26
Imagine想像する --- thisこの is possible可能:
あなたの電子教科書に載っている全ての方程式の一つ一つを
13:29
thatそれ everyすべて singleシングル equation方程式 thatそれ you君は
clickクリック on in one1 of yourきみの new新しい e-texts電子テキスト
クリックするだけで探究や実験をしながら更に詳しく学ぶことができるとします
13:33
is something何か thatそれ you'reあなたは going行く to be〜する ableできる
to explore探検する andそして experiment実験 with〜と.
例えば 中学二年生のお子さんの代数の教科書に載っている
13:37
Soそう imagine想像する yourきみの kid's子供の
algebra代数 textbook教科書 in seventh第七 gradeグレード.
すべての方程式をそれぞれクリックするだけで
13:41
You君は canできる clickクリック on everyすべて singleシングル equation方程式
13:42
andそして bring持参する upアップ aa little少し toolツール
to be〜する ableできる to experiment実験 with〜と itそれ,
簡単なツールが出てきて 実際にシミュレーション実験し いじりながら
13:45
tinker汚れ with〜と itそれ, understandわかる itそれ.
方程式についての理解を深めることができます
13:47
Becauseなぜなら we我々 really本当に
don'tしない understandわかる until〜まで we我々 do行う.
実際にやってみないと 真の理解はできないからです
MathMLと同様の化学用マークアップ言語を使用すれば
13:50
Theその same同じ typeタイプ of mark-upマークアップ,
like好きな MathMLmathml, forために chemistry化学.
13:54
Imagine想像する chemistry化学 textbooks教科書
分子構造を 手に取るように理解できる
13:56
thatそれ actually実際に understandわかる theその structure構造
of howどうやって molecules分子 are formed形成された.
教科書を作れますし
XMLを音楽の分野へ応用すれば 音楽の意味的構造を探究し
14:00
Imagine想像する Music音楽 XMLxml
実際に体験しながら
14:02
thatそれ actually実際に lets〜する you君は delve掘り下げる
into theその semanticセマンティック structure構造 of music音楽,
理解できるような教科書の作成が可能です
14:05
play遊びます with〜と itそれ, understandわかる itそれ.
誰もが(XMLに)飛びつきたくなるのも不思議じゃないですよね
14:07
It'sそれは noいいえ wonderワンダー thatそれ everybody'sみんな
getting取得 into itそれ, right?
東方の三賢者でさえ そうですよ
14:10
Even偶数 theその three wise賢い men男性.
14:11
(Laughter笑い)
(笑)
さて 二番目に大切な変革の立役者である知的所有権についてですが
14:13
OKOK, theその second二番 big大きい enablerイネーブラー,
andそして thisこの is whereどこで I told言った aa big大きい lie嘘つき.
実は 一つ大嘘をついてしまいました
14:18
Theその second二番 big大きい enablerイネーブラー
is intellectual知的 propertyプロパティ.
この壇上から 音楽の世界で起きている変化がいかに素晴らしいか
14:21
Becauseなぜなら, in fact事実, I got持っている upアップ hereここに
お話ししたばかりですが 音楽を共有したり
14:23
andそして I talked話した about howどうやって greatすばらしいです
theその music音楽 culture文化 is.
分解してリミックスして(CDなどを)作成するのは すべて違法行為なのです
14:25
We我々 canできる shareシェア andそして ripRIP, mixミックス andそして burn燃やす,
butだけど in fact事実, that'sそれは allすべて illegal違法.
(違法な複製を行った)著作権侵害者として 告発されうるのです
14:29
Andそして we我々 would〜する be〜する accused告発された
of [piracy海賊行為] forために doingやっている thatそれ,
14:32
becauseなぜなら thisこの music音楽 has持っている beenされている propertized特性化された.
もとの楽曲には所有権がありますからね
そして そのほとんどを巨大産業が握っています
14:36
It'sそれは now owned所有している,
muchたくさん of itそれ by〜によって big大きい industries産業.
つまり このようなことは 本来可能ではないのです
14:40
Soそう, really本当に, theその keyキー thingもの hereここに
is we我々 can'tできない let〜する thisこの happen起こる.
ナプスターがやっていたようなことは 許されないのです
14:43
We我々 can'tできない let〜する thisこの
Napsterナプスター thingもの happen起こる hereここに.
そこで 原点に戻ってこの問題を解決するために
14:46
Soそう, what we我々 have持ってる to do行う
is get取得する itそれ right fromから theその very非常に beginning始まり.
取り組まなければならないのは
14:48
Andそして what we我々 have持ってる to do行う
is find見つける an intellectual知的 propertyプロパティ frameworkフレームワーク
「共有」を可能にし しかも容易に理解できるような
14:52
thatそれ makes作る sharing共有 safe安全
andそして makes作る itそれ easily簡単に understandable理解できる.
知的所有権に関する枠組みを見つけることなのです
突破口は LinuxやGPLのような
14:57
Andそして theその inspirationインスピレーション hereここに
is taken撮影 fromから open-sourceオープンソース softwareソフトウェア.
オープンソースソフトウェアと
15:01
Thingsもの like好きな Linuxlinux andそして theその GPLgpl.
15:04
Theその Creative創造的な Commonsコモンズ licensesライセンス.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスにあります
クリエイティブ・コモンズのことを聞いたことがありますか?
15:07
Howどうやって manyたくさんの people
have持ってる heard聞いた of creative創造的な commonsコモンズ?
ご存じでなければ まず「Creativecommons.org」にて学んでください
15:09
Ifif you君は have持ってる notない, you君は must必須 learn学ぶ about itそれ.
15:11
Creativecommonsクリエイティブコモンズ.org組織.
コネクションズで共有されている全教材と
15:13
At〜で theその bottom of everyすべて pieceピース
of material材料 in Connexionsコネクションズ
その他多くのプロジェクトの教材の末尾には
15:16
andそして in lotsロット of otherその他 projectsプロジェクト,
15:18
you君は canできる find見つける their彼らの logoロゴ.
15:19
Clickingクリックする on thatそれ logoロゴ
takesテイク you君は to an absolute絶対の no-nonsenseノン・ナンセンス,
このロゴマークが付いており クリックするだけで
公開された内容を用いて何をすることが許されているのかが
15:23
human-readable人間が読める document資料, aa deed証書,
誰にでもわかる証文に誘導されます
15:26
thatそれ tells伝える you君は exactly正確に
what you君は canできる do行う with〜と thisこの contentコンテンツ.
実際 (このラセンスのもとでは)自由に共有したり コピーしたり
15:29
In fact事実, you'reあなたは free無料 to shareシェア itそれ,
to do行う allすべて of theseこれら thingsもの:
修正を加えること 商業的に使用することさえもが
15:33
to copyコピー itそれ, to change変化する itそれ,
even偶数 to make作る commercial商業の useつかいます of itそれ,
(元の作品の)著者を明記する限り 許されています
15:36
asとして long長いです asとして you君は attribute属性 theその author著者.
なぜなら 学術出版や
15:39
Becauseなぜなら in academicアカデミック publishing出版
andそして muchたくさん of educational教育的 publishing出版,
多くの教育出版の目的は
知識の共有により社会的インパクトを与えることにあり
15:43
it'sそれは really本当に thisこの ideaアイディア of sharing共有 knowledge知識
15:47
andそして making作る impact影響.
お金儲けのためではないからです
15:49
That'sそれは whyなぜ people write書きます,
notない necessarily必ずしも making作る bucksドル.
ここで言っているのは 「ハリー・ポッター」のことでななく
15:53
We're私たちは notない talking話す
about Harryハリー Potter陶工, right?
ロングテールの末端部分の本のことです
15:55
We're私たちは at〜で theその long長いです tail end終わり hereここに.
15:56
Behind後ろに thatそれ is theその legal法的 codeコード,
very非常に carefully慎重に constructed建設された.
法的規定がしっかりされているので
注意深く使えば
クリエイティブ・コモンズはうまく働いてくれます
16:01
Andそして Creative創造的な Commonsコモンズ is taking取る offオフ ---
4千3百万以上もの著作物が
16:03
over以上 43 million百万 thingsもの outでる thereそこ,
クリエイティブ・コモンズのライセンス下で提供されています
16:07
licensedライセンスを受けた with〜と aa Creative創造的な Commonsコモンズ licenseライセンス.
文章のみならず音楽や画像やビデオなどの作品も含まれます
16:09
Notない justちょうど textテキスト,
16:12
butだけど music音楽, imagesイメージ, videoビデオ.
実際 楽曲をこのライセンス下で公開し
16:15
Andそして there'sそこに actually実際に aa tremendousすばらしい uptake摂取
誰もが自由に「取り込み、ミキシング、作成、共有」できるようにするという
16:17
of theその number of people
thatそれ are actually実際に licensingライセンス music音楽
16:20
to make作る itそれ free無料 forために people
who do行う thisこの whole全体 ideaアイディア of re-samplingリサンプリング,
「再サンプリング」のアイデアに
賛同する人々の数も増えています
16:24
rippingリッピング, mixing混合, burning燃焼 andそして sharing共有.
最後に 要点を二三まとめて終わりたいと思います
16:26
OKOK, I'd私は like好きな to conclude結論づける
with〜と justちょうど theその last最終 few少数 pointsポイント.
我々が作った「コモンズ」のアイデアは すでに人々に利用されており
16:30
Soそう, we've私たちは built建てられた thisこの ideaアイディア of aa commonsコモンズ.
16:32
People are usingを使用して itそれ.
我々のサイトだけでも 毎月50万人以上のアクセスがあります
16:34
We我々 get取得する over以上 500,000 uniqueユニークな visitors訪問者
per〜ごと month, justちょうど to our我々の particular特に siteサイト.
別の巨大オープンコンテンツサイトであるMITオープンコースウェアも
16:40
MITミット OpenCourseWareopencourseware,
whichどの is another別の large open-contentオープンコンテンツ siteサイト,
同様の数のアクセスがあります では 我々の試みを
16:44
gets取得 aa similar類似 number of hitsヒット.
16:46
Butだけど howどうやって do行う we我々 protect保護する thisこの?
どうしたら未来につながるように守っていけるでしょうか
16:48
Howどうやって do行う we我々 protect保護する itそれ into theその future未来?
最初に挙げられるのは質管理のことでしょう
16:50
Andそして theその first最初 thingもの
thatそれ people are probably多分 thinking考え
16:53
is quality品質 controlコントロール, right?
16:54
Becauseなぜなら we're私たちは saying言って thatそれ anybody
canできる contribute貢献する thingsもの to thisこの commonsコモンズ.
何しろこのコモンズには 誰が何を提供しようと
かまわないことになっていますから
16:59
Anybody canできる contribute貢献する anything何でも.
それ(質管理)は 問題になり得ます
17:02
Soそう thatそれ couldできた be〜する aa problem問題.
例えば下着についての投稿が出始めるまでには
17:04
Itそれ didn'tしなかった take取る long長いです until〜まで people
started開始した contributing貢献する materials材料,
そう長くはかかりませんでした
17:09
forために example, on lingerieランジェリー,
実際 なかなか出来の良いモジュールでしたが...
17:11
whichどの is actually実際に aa prettyかなり good良い moduleモジュール.
唯一の問題は、内容がフランスの大手フェミニスト雑誌からの
17:13
Theその onlyのみ problem問題 is it'sそれは plagiarized盗られた
fromから aa majorメジャー Frenchフランス語 feministフェミニスト journalジャーナル,
盗作であり
17:18
andそして whenいつ you君は go行く
to theその supposed想定される courseコース websiteウェブサイト,
講義のウェブサイトに行こうとすると
17:21
itそれ pointsポイント to aa lingerie-sellingランジェリーセール websiteウェブサイト.
下着販売サイトに繋がってしまうことでした
さすがに これは少々問題ですよね
17:26
Soそう thisこの is aa little少し bitビット of aa problem問題.
ですから 明らかに何らかの質管理の考え方が必要なのです
17:28
Soそう we我々 clearlyはっきりと need必要 some一部 kind種類
of ideaアイディア of quality品質 controlコントロール
ここは正に 検証と査読いう考え方が必要なところです
17:31
andそして thisこの is really本当に whereどこで theその ideaアイディア
of reviewレビュー andそして peerピア reviewレビュー comes来る in.
皆さんが TEDに来られたのは なぜですか?
17:35
You君は come来る to TEDテッド. Whyなぜ do行う you君は come来る to TEDテッド?
それは クリスと彼のチームが このイベントの質の高さを
17:37
Becauseなぜなら Chrisクリス andそして his teamチーム have持ってる ensured確実に
17:39
thatそれ thingsもの are
very非常に, very非常に high高い quality品質, right?
確保し続けてきたからですよね
我々も同様のことを可能にする仕組みを
17:43
Andそして soそう we我々 need必要 to be〜する ableできる
to do行う theその same同じ thingもの.
考案する必要があります
17:45
Andそして we我々 need必要 to be〜する ableできる
to design設計 structures構造,
だから我々は 誰もが自分のピアレビュー(査読)過程を
17:48
andそして what we're私たちは doingやっている
is designing設計 socialソーシャル softwareソフトウェア
実現するためのソーシャル・ソフトウェアを開発しているのです
17:51
to enable有効にする anyone誰でも to buildビルドする
their彼らの own自分の peerピア reviewレビュー processプロセス,
このような仕組みを「レンズ」と呼んでいます
17:54
andそして we我々 callコール theseこれら thingsもの "lensesレンズ."
このソフトによって 誰でも自分用の
17:56
Andそして basically基本的に what they彼ら allow許す
17:58
is anyone誰でも outでる thereそこ canできる develop開発する
their彼らの own自分の peer-reviewピアレビュー processプロセス,
ピアレビュー過程を設定し
本当に重要だと思われる
18:01
soそう thatそれ they彼ら canできる focusフォーカス
on theその contentコンテンツ in theその repositoryリポジトリ
貯蔵庫の内容だけに集中できるのです
18:05
thatそれ they彼ら think思う is really本当に important重要.
TEDもまた このレンズ的な存在としてとらえることができます
18:07
Andそして you君は canできる think思う of TEDテッド
asとして aa potential潜在的な lensレンズ.
最後になりますが
18:10
Soそう I'd私は justちょうど like好きな to end終わり by〜によって saying言って:
このような変革は 「行動への引き金」だと見ることができます
18:12
you君は canできる really本当に view見る thisこの
asとして aa callコール to actionアクション.
コネクションズとオープン・コンテンツの真髄は 「知識の共有」です
18:17
Connexionsコネクションズ andそして open開いた contentコンテンツ
is allすべて about sharing共有 knowledge知識.
ここにいる皆さんは
18:22
Allすべて of you君は hereここに are tremendously驚くほど imbued吸い込まれた
with〜と tremendousすばらしい amounts金額 of knowledge知識,
膨大な量の知識に満ちあふれています
私が皆さん一人一人にぜひお勧めしたいのは
18:27
andそして what I'd私は like好きな to do行う
is invite招待する each andそして everyすべて one1 of you君は
我々のプロジェクトを含めその他同様の試みへの参加と貢献です
18:29
to contribute貢献する to thisこの projectプロジェクト
andそして otherその他 projectsプロジェクト of itsその typeタイプ,
我々が共に行動すれば 教育と教育出版の在り方を
18:33
becauseなぜなら I think思う together一緒に
we我々 canできる truly真に change変化する theその landscape風景
18:36
of education教育 andそして educational教育的 publishing出版.
真に変革することができると私は思います
ご静聴ありがとうございました
18:39
Soそう, thanksありがとう very非常に muchたくさん.
Translated by Hiromi Iiyoshi
Reviewed by Toru Iiyoshi

▲Back to top

About the speaker:

Richard Baraniuk - Education visionary
Richard Baraniuk founded Connexions -- now called OpenStax -- a free, open-source, global clearinghouse of course materials. Students and educators tap into its vast store of texts on everything from engineering to ornithology to music, adapting the content as they see fit.

Why you should listen

Rice University professor Richard Baraniuk has a giant vision: to create a free global online education system that puts the power of creation and collaboration in the hands of teachers worldwide. He's realizing that vision with OpenStax (formerly named Connexions), a website that allows teachers to quickly "create, rip, mix and burn" coursework -- without fear of copyright violations. Think of it as Napster for education.

OpenStax's open-source system cuts out the textbook, allowing teachers to share course materials, modify existing work and disseminate it to their students -- all for free, thanks to Creative Commons licensing. Baraniuk envisions OpenStax as a repository where the most up-to-date material can be shared and reviewed (it's far more efficient than waiting for a textbook to be printed); it could become a powerful force in leveling the education playing field. Currently encompassing hundreds of online courses and used by a million people worldwide, Baraniuk's virtual educational system is revolutionizing the way people teach and learn.

More profile about the speaker
Richard Baraniuk | Speaker | TED.com