English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2007

Paul Ewald: Can we domesticate germs?

ポール・イーワルド: ポール・イーワルド:細菌を飼い馴らせるか?

Filmed
Views 450,242

進化生物学者であるポール・イーワルドが、私たちを下水の世界へと誘い、細菌について議論します。どうしてある細菌は他の細菌より有害なのか?どうすれば細菌の有害性を和らげられるのか?その答えを求め、イーワルドは汚くも魅力的な例として下痢を取り上げます。

- Evolutionary biologist
After years of studying illness from the germs' point of view, microbiologist Paul Ewald believes that Big Pharma is wrong about some very big issues. What's right? The leader in evolutionary medicine posits radical new approaches. Full bio

私は これから皆さんを排水溝まで
00:18
What I'd私は like好きな to do行う is justちょうど dragドラッグ us米国 allすべて downダウン into theその gutterガッター,
いっそ下水まで引きずり込もうと思います
00:21
andそして actually実際に allすべて theその way方法 downダウン into theその sewer下水道
というのも 下痢のお話をしたいからです
00:23
becauseなぜなら I want欲しいです to talkトーク about diarrhea下痢.
具体的には下痢のデザインについて
00:25
Andそして in particular特に, I want欲しいです to talkトーク about
お話したいと思います
00:29
theその design設計 of diarrhea下痢.
進化生物学者がデザインについて語る時は
00:31
Andそして whenいつ evolutionary進化的 biologists生物学者 talkトーク about design設計,
自然淘汰によるデザインの事を言っています
00:33
they彼ら really本当に mean平均 design設計 by〜によって naturalナチュラル selection選択.
トークのタイトルの由来がそこでして
00:37
Andそして thatそれ bringsもたらす me to theその titleタイトル of theその talkトーク,
「進化を利用した病原菌の知的なデザインについて」です
00:39
"Usingを使用して Evolution進化 to Design設計 Disease疾患 Organisms生物 Intelligently知的に."
賢い人ぶってサブタイトルも付けました
[ドロドロの国のダーウィン]
00:43
Andそして I alsoまた、 have持ってる aa little少し bitビット of aa sortソート of smartass知ったかぶり subtitle字幕 to thisこの.
ですが 見栄えばかりを考えたのではありません
00:47
Butだけど I'm私は notない justちょうど doingやっている thisこの to be〜する cute可愛い.
このサブタイトルは私のようなダーウィン気取りが
00:49
I really本当に think思う thatそれ thisこの subtitle字幕 explains説明する
健康科学や医学の分野で
00:52
what somebody誰か like好きな me, who'sだれの sortソート of aa Darwinダーウィン wannabeワナビー,
自身の役割をどのように捉えているかを
00:55
howどうやって they彼ら actually実際に look見える at〜で one's一人 role役割 in
表現できると考えたからです
00:58
sortソート of coming到来 into thisこの fieldフィールド of health健康 sciences科学 andそして medicine医学.
進化生物学者に対して友好的な分野ではありません
01:02
It'sそれは really本当に notない aa very非常に friendlyフレンドリーな fieldフィールド forために evolutionary進化的 biologists生物学者.
もの凄く可能性を秘めた分野ですが
01:05
You君は actually実際に see見る aa greatすばらしいです potential潜在的な,
多くの人が自分の縄張りを守るようにしています
01:07
butだけど you君は see見る aa lotロット of people who are sortソート of defending防御する their彼らの turf,
新たなアイデアが提案されても
01:10
andそして mayかもしれない actually実際に be〜する very非常に resistant耐性のある, whenいつ one1 tries試行する
激しい批判が起こるでしょう
01:14
to introduce紹介する ideasアイデア.
本日お話しするのは 2 つの一般的な問題についてです
01:16
Soそう, allすべて of theその talkトーク today今日 is going行く to deal対処 with〜と two general一般 questions質問.
1 つ目は なぜある病原菌は他のより有害なのか
01:21
One1 is thatそれ, whyなぜ are some一部 disease疾患 organisms生物 moreもっと harmful有害な?
もう 1 つは密接に関連した問題で
01:24
Andそして aa very非常に closely密接に related関連する question質問, whichどの is,
01:26
howどうやって canできる we我々 take取る controlコントロール of thisこの situation状況 once一度 we我々 understandわかる
1 つ目の問題を解明したとして
それをどう制御するのか
01:30
theその answer回答 to theその first最初 question質問?
病原生物の毒性を和らげることができるのか
です
01:31
Howどうやって canできる we我々 make作る theその harmful有害な organisms生物 moreもっと mildマイルド?
先に述べた通り まずは
01:34
Andそして I'm私は going行く to be〜する talking話す, to beginベギン with〜と, asとして I said前記,
下痢の病原菌についてお話します
01:36
about diarrheal下痢 disease疾患 organisms生物.
この話のポイントは
01:38
Andそして theその focusフォーカス whenいつ I'm私は talking話す about theその diarrheal下痢 organisms生物,
そして 急性感染性の病気を起こす
01:41
asとして wellよく asとして theその focusフォーカス whenいつ I'm私は talking話す about anyどれか organisms生物
他の病原菌でも共通のポイントは
01:44
thatそれ cause原因 acute急性 infectious感染性の disease疾患,
問題を細菌の視点から
01:46
is to think思う about theその problem問題 fromから aa germ's細菌の pointポイント of view見る,
考えてみることです
01:49
germ's-eye細菌の目 view見る.
特に 病原菌の有害さには
01:51
Andそして in particular特に, to think思う about aa fundamental基本的な ideaアイディア
非常に大きなバラツキがあるという
01:55
whichどの I think思う makes作る senseセンス outでる of aa tremendousすばらしい amount of variation変化
根本的な部分を考えることです
01:58
in theその harmfulness有害 of disease疾患 organisms生物.
そのアイデアとは 細菌の立場で見てみると
02:01
Andそして thatそれ ideaアイディア is thatそれ fromから theその germ's-eye細菌の目 pointポイント of view見る,
病原菌はあるホストから他のホストに移る必要があり
02:05
disease疾患 organisms生物 have持ってる to get取得する fromから one1 hostホスト to another別の,
他のホストに移るために
02:08
andそして oftenしばしば they彼ら have持ってる to rely頼りにする on theその well-being幸福 of theその hostホスト
ホストが元気であることが
しばしば求められます
02:12
to move動く themそれら to another別の hostホスト.
ただ 常にそうではありません
02:14
Butだけど notない always常に.
時々 ホストの移動性に依存しない
02:16
Sometimes時々, you君は get取得する disease疾患 organisms生物
病原菌に感染することもあります
02:18
thatそれ don'tしない rely頼りにする on hostホスト mobility移動性 at〜で allすべて forために transmission送信.
そうした場合 進化論の教えるところでは
02:20
Andそして whenいつ you君は have持ってる thatそれ, then次に evolutionary進化的 theory理論 tells伝える us米国
自然選択によって より搾取的で捕食者の様な
02:23
thatそれ naturalナチュラル selection選択 will意志 favor好意 theその moreもっと exploitative搾取的,
生物が選ばれるのです
02:27
moreもっと predator-like捕食者のような organisms生物.
つまり自然選択で
02:29
Soそう, naturalナチュラル selection選択 will意志 favor好意 organisms生物
より害をなす生物が選ばれます
02:31
thatそれ are moreもっと likelyおそらく to cause原因 damage損傷.
もしホストを渡り歩くのに
ホストの移動力が必要ならば
02:33
Ifif instead代わりに transmission送信 to another別の hostホスト requires要求する hostホスト mobility移動性,
競争の勝者は穏やかな細菌になると
02:37
then次に we我々 expect期待する thatそれ theその winners勝者 of theその competitionコンペ
考えられます
02:40
will意志 be〜する theその milder穏やかな organisms生物.
つまり もし病原体にとってホストが
02:42
Soそう, ifif theその pathogen病原体 doesn'tしない need必要 theその hostホスト to be〜する healthy健康 andそして activeアクティブ,
健康で活動的である必要が無いのだとすれば
02:45
andそして actual実際の selection選択 favors好意 pathogens病原体
自然選択は ホストにつけこむ病原菌を選び
02:48
thatそれ take取る advantage利点 of thoseそれら hostsホスト,
生存競争の勝者は 自身の繁殖のために
02:50
theその winners勝者 in theその competitionコンペ are thoseそれら thatそれ exploit悪用する theその hostsホスト
ホストを搾取する生物となるでしょう
02:52
forために their彼らの own自分の reproductive生殖 success成功.
逆に 病原体の感染に
ホストの運動力が必要な場合は
02:54
Butだけど ifif theその hostホスト needsニーズ to be〜する mobileモバイル in order注文 to transmit送信する theその pathogen病原体,
害の少ない病原体が勝者になるでしょう
02:59
then次に it'sそれは theその benign良性 onesもの thatそれ tend傾向がある to be〜する theその winners勝者.
以上の考えを下痢症状に適用してみます
03:01
Soそう, I'm私は going行く to beginベギン by〜によって applying申請中 thisこの ideaアイディア to diarrheal下痢 diseases病気.
下痢原因生物は基本的に三つの方法で感染します
03:05
Diarrheal下痢 disease疾患 organisms生物 get取得する transmitted送信された in basically基本的に three ways方法.
人と人の接触で感染しますし
03:08
They彼ら canできる be〜する transmitted送信された fromから person-to-person人から人へ contact接触,
人 - 食物 - 人の接触でも感染します
03:11
person-to-food-then-to-person人から人への食べ物 contact接触,
汚染された食べ物の摂取や
03:13
whenいつ somebody誰か eats食べる contaminated汚染された foodフード,
あるいは水を通じても感染します
03:15
orまたは they彼ら canできる be〜する transmitted送信された throughを通して theその water.
水を通じて感染する場合は
03:17
Andそして whenいつ they're彼らは transmitted送信された throughを通して theその water,
他の 2 つの感染経路とは異なり
03:19
unlike違う theその first最初 two modesモード of transmission送信,
病原体は健康なホストを頼る必要がないのです
03:21
theseこれら pathogens病原体 don'tしない rely頼りにする on aa healthy健康 hostホスト forために transmission送信.
ホストが病床に伏せったままで 何十 何百人にも
03:25
Aa person canできる be〜する sick病気 in bedベッド andそして stillまだ infect感染する tens数十, even偶数 hundreds数百
感染させることができます
03:27
of otherその他 individuals個人.
この図でどういうことかお見せします
03:29
To sortソート of illustrate説明する thatそれ, thisこの diagram emphasizes強調する thatそれ
誰かが病に伏せっている時
03:32
ifif you'veあなたは got持っている aa sick病気 person in bedベッド,
誰かが汚染物質をよそへ運びます
03:34
somebody's誰かの going行く to be〜する taking取る outでる theその contaminated汚染された materials材料.
彼らは水で その汚染物質を洗い
03:37
They're彼らは going行く to wash洗う thoseそれら contaminated汚染された materials材料,
その水が飲料水源に流入する可能性があります
03:38
andそして then次に theその water mayかもしれない move動く into sourcesソース of drinking飲酒 water.
その汚染された飲料水を
03:42
People will意志 come来る in to thoseそれら places場所 whereどこで you'veあなたは got持っている
皆が汲みに来るでしょう
03:45
contaminated汚染された drinking飲酒 water,
そしてそれを家族の元へ持ち帰り
皆でそれを飲むかも知れません
03:46
bring持参する thingsもの backバック to theその family家族,
03:47
mayかもしれない drinkドリンク right at〜で thatそれ pointポイント.
03:48
Theその whole全体 pointポイント is thatそれ aa person who can'tできない move動く
ポイントは 移動できない人でも
大勢の人に感染を拡げられるということです
03:51
canできる stillまだ infect感染する manyたくさんの otherその他 individuals個人.
進化論に従えば
03:53
Andそして soそう, theその theory理論 tells伝える us米国 thatそれ
下痢原性菌が水を媒介する場合は
03:56
whenいつ diarrheal下痢 disease疾患 organisms生物 are transported運ばれた by〜によって water,
より捕食者的 より有害になると想定できます
04:01
we我々 expect期待する themそれら to be〜する moreもっと predator-like捕食者のような, moreもっと harmful有害な.
これは 確かめる方法があります
04:03
Andそして you君は canできる testテスト theseこれら ideasアイデア.
一つの方法として 全ての下痢原性細菌を調べ
04:05
Soそう, one1 way方法 you君は canできる testテスト is justちょうど look見える at〜で allすべて diarrheal下痢 bacteria細菌,
主に水で感染する細菌が
04:07
andそして see見る whetherかどうか orまたは notない theその onesもの thatそれ tend傾向がある to be〜する
他より危険なものかを確認するのです
04:09
moreもっと transmitted送信された by〜によって water, tend傾向がある to be〜する moreもっと harmful有害な.
答えはというと ―その通りなのです
04:11
Andそして theその answer回答 is --- yepうん, they彼ら are.
細菌ファンの方のために名前を表示してますが
04:13
Now I put置く thoseそれら names名前 in thereそこ justちょうど forために theその bacteria細菌 buffsバフ,
とにかくここでの要点は ―
04:16
butだけど theその mainメイン pointポイント hereここに is thatそれ ---
(笑)
04:19
(Laughter笑い)
ええ たくさんありますよね ―
04:20
there'sそこに aa lotロット of themそれら hereここに, I canできる telltell ---
ここで重要なのは データは全て
04:21
theその mainメイン pointポイント hereここに is thatそれ thoseそれら dataデータ pointsポイント
下痢原性生物が水で感染する割合と
04:25
allすべて showショー aa very非常に strong強い, positiveポジティブ association協会 betweenの間に
有害性 すなわち症状を放置した場合の致死率の間に
04:27
theその degree to whichどの aa disease疾患 organism生物 is transmitted送信された by〜によって water,
非常に強い正の相関を
04:31
andそして howどうやって harmful有害な they彼ら are,
示しているということです
04:32
howどうやって muchたくさん death they彼ら cause原因 per〜ごと untreated未処理 infection感染.
これは我々の考え方が
合っていることを示唆しています
04:35
Soそう thisこの suggests提案する we're私たちは on theその right trackトラック.
ただここで私は 更にいくつか疑問を
04:37
Butだけど thisこの, to me, suggests提案する thatそれ we我々 really本当に need必要
追求していく必要があると考えました
04:42
to ask尋ねる some一部 additional追加 questions質問.
冒頭で触れた 二つ目の問題を思い出してください
04:43
Remember思い出す theその second二番 question質問 thatそれ I raised育った at〜で theその outset最初 wasあった,
このような実態を知った上で どうすれば
04:46
howどうやって canできる we我々 useつかいます thisこの knowledge知識
病原生物を和らげられるのかという問題です
04:48
to make作る disease疾患 organisms生物 evolve進化する to be〜する mildマイルド?
この話で行くなら 飲料水媒介の感染を防げば
04:51
Now, thisこの suggests提案する thatそれ ifif you君は couldできた justちょうど blockブロック waterborne水中 transmission送信,
病原生物をこのグラフの右側から
04:53
you君は couldできた cause原因 disease疾患 organisms生物 to shiftシフト fromから
左側にシフトさせる事ができるかもしれません
04:56
theその right-hand右手 side of thatそれ graphグラフ to theその left-hand左手 side of theその graphグラフ.
しかしどれだけ時間がかかるかは不明です
04:59
Butだけど itそれ doesn'tしない telltell you君は howどうやって long長いです.
というのも 数千年かかるなら
05:01
I mean平均, ifif thisこの would〜する require要求する thousands of years,
病原体の制御としての価値はなく
05:03
then次に it'sそれは worthless役に立たない in terms条項 of controlling制御する of theseこれら pathogens病原体.
ほんの数年で実現できるのであれば
05:05
Butだけど ifif itそれ couldできた occur発生する in justちょうど aa few少数 years,
これまで制御できなかった手強い問題を
05:07
then次に itそれ mightかもしれない be〜する aa very非常に important重要 way方法 to controlコントロール
制御する重要な方法だと言えます
05:11
some一部 of theその nasty不快な problems問題 thatそれ we我々 haven't持っていない beenされている ableできる to controlコントロール.
言い換えるなら これは私たちが
05:14
In otherその他 words言葉, thisこの suggests提案する thatそれ we我々 couldできた
細菌を飼い馴らせることを示唆しているのです
05:16
domesticate飼いならす theseこれら organisms生物.
有害性が和らぐよう進化させられるかもしれません
05:18
We我々 couldできた make作る themそれら evolve進化する to be〜する notない soそう harmful有害な to us米国.
こういったことを考えていた頃 ビブリオ属
05:21
Andそして soそう, asとして I wasあった thinking考え about thisこの, I focused集中した on thisこの organism生物,
エルトール型コレラという細菌に目を付けました
05:24
whichどの is theその Elエル Torトル biotypeバイオタイプ of theその organism生物 calledと呼ばれる Vibrioビブリオ choleraeコレラ.
これはコレラ発症の原因となる
05:28
Andそして thatそれ is theその species of organism生物 thatそれ is responsible責任ある
細菌です
05:32
forために causing原因 choleraコレラ.
調査対象として最適な生物だと考えたのは
05:34
Andそして theその reason理由 I thought思想 thisこの is aa really本当に greatすばらしいです organism生物 to look見える at〜で
なぜ有害かが明らかになっているからです
05:36
is thatそれ we我々 understandわかる whyなぜ it'sそれは soそう harmful有害な.
それは 細菌が毒素を生成するからであり
05:39
It'sそれは harmful有害な becauseなぜなら itそれ produces生産する aa toxin毒素,
この毒素は 細菌が我々の腸管に
05:42
andそして thatそれ toxin毒素 is released解放された whenいつ theその organism生物
入ると放出されるからです
05:44
gets取得 into our我々の intestinal tract.
05:45
Itそれ causes原因 fluid流体 to flowフロー fromから theその cells細胞 thatそれ lineライン our我々の intestine
毒素は腸の表面に並んだ細胞から水分を
腸の内腔であるルーメンへと流し出します
05:49
into theその lumenルーメン, theその internal内部 chamberチャンバー of our我々の intestine,
流れに従って出口へ出て行きます
05:52
andそして then次に thatそれ fluid流体 goes行く theその onlyのみ way方法 itそれ canできる, whichどの is outでる theその otherその他 end終わり.
流れ出る時 ビブリオにとって邪魔な
05:55
Andそして itそれ flushesフラッシュする outでる thousands of different異なる otherその他 competitors競合他社
他の数千の競合細菌も流し出します
05:58
thatそれ would〜する otherwiseさもないと make作る life生活 difficult難しい forために theその Vibriosビブリオス.
つまりこの生物が体内に入ると
06:01
Soそう what happens起こる, ifif you'veあなたは got持っている an organism生物,
大量の毒を生成するということです
06:03
itそれ produces生産する aa lotロット of toxin毒素.
06:04
After aa few少数 days日々 of infection感染 you君は end終わり upアップ having持つ ---
感染して数日も経てば
思ったよりは汚くない糞便が出てきます
06:07
theその fecal糞便 material材料 really本当に isn'tない soそう disgusting嫌な asとして we我々 mightかもしれない imagine想像する.
濁った水といった感じです
06:09
It'sそれは sortソート of cloudy曇った water.
その水を一滴調べてみると
06:11
Andそして ifif you君は took取った aa dropドロップ of thatそれ water,
そこには百万もの下痢細菌がいます
06:13
you君は mightかもしれない find見つける aa million百万 diarrheal下痢 organisms生物.
もしそれらが大量の毒を生成していたら
06:16
Ifif theその organism生物 produced生産された aa lotロット of toxin毒素,
数は千万から一億にも上るでしょう
06:18
you君は mightかもしれない find見つける 10 million百万, orまたは 100 million百万.
もし毒を さほど生成していなかったら
06:20
Ifif itそれ didn'tしなかった produce作物 aa lotロット of thisこの toxin毒素,
細菌の数も もっと少ないでしょう
06:22
then次に you君は mightかもしれない find見つける aa smaller小さい number.
従って私たちの課題は
06:24
Soそう theその task仕事 is to tryお試しください to figure数字 outでる
飲料水媒介の感染を防いで 感染経路を人と人の接触
06:28
howどうやって to determine決定する whetherかどうか orまたは notない you君は couldできた get取得する an organism生物 like好きな thisこの
または人 - 食物 - 人に制限することで
06:32
to evolve進化する towards方向 mildness温和 by〜によって blockingブロッキング waterborne水中 transmission送信,
細菌の毒性が和らぐように
06:35
therebyそれによって allowing許す theその organism生物 onlyのみ to be〜する transmitted送信された
進化させられるか否かを
06:37
by〜によって person-to-person人から人へ contact接触,
調べることです
06:40
orまたは person-food-person人 - 食物 - 人 contact接触 ---
いずれの感染経路も ホストが
06:41
bothどちらも of whichどの would〜する really本当に require要求する thatそれ people be〜する
移動力とある程度の健康を保っている必要があります
06:43
mobileモバイル andそして fairlyかなり healthy健康 forために transmission送信.
いくつかの実験を考えることができます
06:45
Now, I canできる think思う of some一部 possible可能 experiments実験.
一つはこの細菌から多様な株 ―
06:48
One1 would〜する be〜する to take取る aa lotロット of different異なる strains of thisこの organism生物 ---
生み出す毒素が多い株や少ない株を用意し
06:51
some一部 thatそれ produce作物 aa lotロット of toxins毒素, some一部 thatそれ produce作物 aa little少し ---
あちこちの国にばらまいてみるのです
06:53
andそして take取る thoseそれら strains andそして spew噴出する themそれら outでる in different異なる countries.
清潔な水供給のある国々では
06:58
Some一部 countries thatそれ mightかもしれない have持ってる cleanクリーン water supplies用品,
飲料水媒介の感染は発生しないでしょう
07:01
soそう thatそれ you君は can'tできない get取得する waterborne水中 transmission送信:
07:02
you君は expect期待する theその organism生物 to evolve進化する to mildness温和 thereそこ.
そこでは 有害性の和らぐ進化を遂げるでしょう
飲料水媒介の感染が膨大に発生する国々では
07:05
Otherその他 countries, in whichどの you'veあなたは got持っている aa lotロット of waterborne水中 transmission送信,
この生物は高い有害性を持つ方向へ
07:08
thereそこ you君は expect期待する theseこれら organisms生物 to evolve進化する
進化を遂げると予想できますね
07:10
towards方向 aa high高い levelレベル of harmfulness有害, right?
この実験には少し倫理的問題があります
07:14
There'sそこに aa little少し ethical倫理的な problem問題 in thisこの experiment実験.
皆さんが狼狽するのが聞けるかと期待していましたが
07:16
I wasあった hoping望んでいる to hear聞く aa few少数 gasps騒ぎ at〜で least少なくとも.
これは少し心配になりますね
07:19
Thatそれ makes作る me worry心配 aa little少し bitビット.
(笑)
07:21
(Laughter笑い)
笑いが起きて少し気が軽くなりました
07:22
Butだけど anyhowとにかく, theその laughter笑い makes作る me feel感じる aa little少し bitビット betterより良い.
これは倫理面で大きな問題があります
07:25
Andそして thisこの ethical倫理的な problem's問題の aa big大きい problem問題.
言うなれば次のようなことです
07:28
Justちょうど to emphasize強調する thisこの, thisこの is what we're私たちは really本当に talking話す about.
死に瀕した少女がいます
07:31
Here'sここにいる aa girl女の子 who'sだれの almostほぼ deadデッド.
補水療法により彼女は回復し
07:33
She彼女 got持っている rehydration水分補給 therapy治療, she彼女 perked口笛を吹く upアップ,
数日もしないうちに見違えるようになりましたが
07:35
within以内 aa few少数 days日々 she彼女 wasあった looking探している like好きな aa completely完全に different異なる person.
こんな実験は実施したくないのです
07:38
Soそう, we我々 don'tしない want欲しいです to run走る an experiment実験 like好きな thatそれ.
しかし興味深い事に まさにそれが起こりました
07:40
Butだけど interestingly興味深いことに, justちょうど thatそれ thingもの happened起こった in 1991.
1991年 コレラ菌がペルーのリマに上陸しました
07:44
In 1991, thisこの choleraコレラ organism生物 got持っている into Limaリマ, Peruペルー,
二ヶ月の間に隣接地域に広がりました
07:48
andそして within以内 two months数ヶ月 itそれ had持っていました spread普及 to theその neighboring隣接 areasエリア.
どのようにしてそれが起こったか分かりません
07:51
Now, I don'tしない know知っている howどうやって thatそれ happened起こった,
私は何も関与していません 約束します
07:54
andそして I didn'tしなかった have持ってる anything何でも to do行う with〜と itそれ, I promise約束する you君は.
関与している人など存在しないと思いますが
07:58
I don'tしない think思う anybody knows知っている,
ただ それが起きてしまったとなれば
08:00
butだけど I'm私は notない averse嫌う to, once一度 that'sそれは happened起こった,
予想が合っているか否かを
08:03
to see見る whetherかどうか orまたは notない theその prediction予測 thatそれ we我々 would〜する make作る,
確かめるのに やぶさかではありませんでした
08:05
thatそれ I didした make作る before, actually実際に holds保持 upアップ.
チリのようにラテンアメリカでも特に優れた
08:08
Didした theその organism生物 evolve進化する to mildness温和 in aa place場所 like好きな Chileチリ,
給水設備を有する国で進化したコレラの毒性は
08:11
whichどの has持っている some一部 of theその most最も wellよく protected保護された water supplies用品
和らいでいたのか
08:14
in Latinラテン Americaアメリカ?
給水設備が十分で無いエクアドルなどでは
08:15
Andそして didした itそれ evolve進化する to be〜する moreもっと harmful有害な in aa place場所 like好きな Ecuadorエクアドル,
細菌は 強い毒性を持つよう進化したのか
08:19
whichどの has持っている some一部 of theその least少なくとも wellよく protected保護された?
ペルーの場合 中間でした
08:21
Andそして Peru'sペルー got持っている something何か sortソート of in betweenの間に.
ボサック・クルーガー財団の支援を受け
08:23
Andそして soそう, with〜と funding資金調達 fromから theその Bosack-Krugerボサククルーガー Foundation財団,
私はそれらの国から細菌株を入手し
08:27
I got持っている aa lotロット of strains fromから theseこれら different異なる countries
それらの生成毒素を測定しました
08:30
andそして we我々 measured測定された their彼らの toxin毒素 production製造 in theその lab研究室.
チリの細菌株 -- ペルーで二ヶ月間で広がり
08:33
Andそして we我々 found見つけた thatそれ in Chileチリ --- within以内 two months数ヶ月 of theその invasion侵入 of Peruペルー
チリにまで侵入してきた細菌株ですが
08:37
you君は had持っていました strains entering入る Chileチリ ---
これを調べてみると
08:39
andそして whenいつ you君は look見える at〜で thoseそれら strains,
グラフの一番左手にある通り
08:41
in theその very非常に far遠い left-hand左手 side of thisこの graphグラフ,
生成毒素量に大きなバラツキが見られます
08:43
you君は see見る aa lotロット of variation変化 in theその toxin毒素 production製造.
ドットはそれぞれ 別の人の島に対応しています
08:46
Each dotドット corresponds対応する to an islet fromから aa different異なる person ---
自然選択が多岐に渡り作用しています
08:49
aa lotロット of variation変化 on whichどの naturalナチュラル selection選択 canできる act行為.
ここで興味深いのは 1990年代を振り返ると
08:51
Butだけど theその interesting面白い pointポイント is, ifif you君は look見える over以上 theその 1990ss,
数年でこの細菌は 和らぐ方向に進化しています
08:54
within以内 aa few少数 years theその organisms生物 evolved進化した to be〜する moreもっと mildマイルド.
生成する毒素が少なくなる方向に進化してます
08:58
They彼ら evolved進化した to produce作物 lessもっと少なく toxin毒素.
これがどれほど重要かを把握してほしいのです
09:00
Andそして to justちょうど give与える you君は aa senseセンス of howどうやって important重要 thisこの mightかもしれない be〜する,
1995年に調べた チリで報告された
09:02
ifif we我々 look見える in 1995, we我々 find見つける thatそれ there'sそこに onlyのみ one1 case場合 of choleraコレラ,
コレラの発症例は平均して2年に一件のみでした
09:07
on average平均, reported報告 fromから Chileチリ everyすべて two years.
つまり 制御されているのです
09:09
Soそう, it'sそれは controlled制御された.
これはアメリカ大陸が風土的に有している
09:11
That'sそれは howどうやって muchたくさん we我々 have持ってる in Americaアメリカ,
コレラの数です
09:13
choleraコレラ that'sそれは acquired獲得しました endemically風土病,
問題があるようには見えません
09:15
andそして we我々 don'tしない think思う we've私たちは got持っている aa problem問題 hereここに.
チリでは 問題は解決されました
09:17
They彼ら didn'tしなかった --- they彼ら solved解決した theその problem問題 in Chileチリ.
ただ 自信過剰になる前に 他の国にも目を向けて
09:19
Butだけど, before we我々 get取得する tooあまりにも confident自信を持って, we'd結婚した betterより良い look見える at〜で some一部 of thoseそれら otherその他 countries,
この生物が和らぐ方向へ
進化するばかりでは無い事を確認しましょう
09:22
andそして make作る sure確かに thatそれ thisこの organism生物 doesn'tしない justちょうど always常に evolve進化する toward〜に向かって mildness温和.
ペルーがそうです
09:25
Wellよく, in Peruペルー itそれ didn'tしなかった.
それにエクアドル ―
09:27
Andそして in Ecuadorエクアドル --- remember思い出す, thisこの is theその place場所 whereどこで itそれ has持っている
飲料水媒介感染の可能性が最も高いとされる国ですが
09:30
theその highest最高 potential潜在的な waterborne水中 transmission送信 ---
より有害に進化したようです
09:32
itそれ looked見た like好きな itそれ got持っている moreもっと harmful有害な.
どの国でもバラツキは大きく
09:33
In everyすべて case場合 there'sそこに aa lotロット of variation変化,
居住地域の環境の何か ―
09:35
butだけど something何か about theその environment環境 theその people are living生活 in,
唯一の現実的な説明は恐らく
09:38
andそして I think思う theその onlyのみ realistic現実的な explanation説明 is thatそれ it'sそれは
飲料水媒介による感染の度合いですが
09:41
theその degree of waterborne水中 transmission送信,
その違いが ある場所では有害な株を生み
他では毒性の弱い株を生んだのでしょう
09:43
favored好意 theその harmful有害な strains in one1 place場所, andそして mildマイルド strains in another別の.
これはとても頼もしい結果です
というのも
09:47
Soそう, thisこの is very非常に encouraging励ます,
資金があればなんとかできるということ
09:49
itそれ suggests提案する thatそれ something何か thatそれ we我々 mightかもしれない want欲しいです to do行う anyhowとにかく,
投資金額以上の効果が
得られると分かったからです
09:51
ifif we我々 had持っていました enough十分な moneyお金, couldできた actually実際に give与える us米国 aa muchたくさん biggerより大きい bang強打 forために theその buckバック.
生物をより無害な方向へ進化させる事ができます
09:54
Itそれ would〜する make作る theseこれら organisms生物 evolve進化する to mildness温和,
それは 例え人に感染したとしても
09:56
soそう thatそれ even偶数 thoughしかし people mightかもしれない be〜する getting取得 infected感染した,
感染するのは弱い株ということになります
09:58
they'd彼らは be〜する infected感染した with〜と mildマイルド strains.
深刻な症状には発展しません
10:00
Itそれ wouldn'tしないだろう be〜する causing原因 severe厳しい disease疾患.
また ここでもう一つ重要な点は
10:02
Butだけど there'sそこに another別の really本当に interesting面白い aspectアスペクト of thisこの,
もし病毒性 -- 有害性の進化を
10:04
andそして thisこの is thatそれ ifif you君は couldできた controlコントロール theその evolution進化 of virulence毒性,
制御する事ができるとすれば
10:07
evolution進化 of harmfulness有害,
抗生物質耐性も制御できるはずです
10:09
then次に you君は should〜すべき be〜する ableできる to controlコントロール antibiotic抗生物質 resistance抵抗.
アイデアは非常に単純です
10:11
Andそして theその ideaアイディア is very非常に simple単純.
有害な細菌が感染すると
10:12
Ifif you'veあなたは got持っている aa harmful有害な organism生物,
大勢の人が症状を示し
10:14
aa high高い proportion割合 of theその people are going行く to be〜する symptomatic症候性の,
その大勢が抗生物質を服用する事になります
10:16
aa high高い proportion割合 of theその people are going行く to be〜する going行く to get取得する antibiotics抗生物質.
抗生物質耐性を高めるたくさんの刺激を受けて
10:18
You'veあなたは got持っている aa lotロット of pressure圧力 favoring好きな antibiotic抗生物質 resistance抵抗,
細菌は病毒性を増し
10:21
soそう you君は get取得する increased増加した virulence毒性 leading先導 to
抗生物質耐性が高まる方向へ進化していきます
10:23
theその evolution進化 of increased増加した antibiotic抗生物質 resistance抵抗.
一度 抗生物質耐性が付いてしまうと
10:25
Andそして once一度 you君は get取得する increased増加した antibiotic抗生物質 resistance抵抗,
有害な細菌株に抗生物質が効かなくなります
10:28
theその antibiotics抗生物質 aren'tない knockingノッキング outでる theその harmful有害な strains anymoreもう.
結果的に病毒性の水準が高まります
10:30
Soそう, you'veあなたは got持っている aa higher高い levelレベル of virulence毒性.
悪循環が生まれてしまうわけです
10:32
Soそう, you君は get取得する thisこの vicious悪質な cycleサイクル.
目標は これをひっくり返す事にあります
10:34
Theその goalゴール is to turn順番 thisこの aroundまわり.
もし給水設備を清潔にする事で
10:36
Ifif you君は couldできた cause原因 an evolutionary進化的 decrease減少 in virulence毒性
病毒性を進化面で減らせられたら
10:38
by〜によって cleaningクリーニング upアップ theその water supply供給,
それは抗生物質耐性も
10:40
you君は should〜すべき be〜する ableできる to get取得する an evolutionary進化的 decrease減少
進化面で減らせるはずです
10:42
in antibiotic抗生物質 resistance抵抗.
これまで出てきた国を改めて見てみましょう
10:44
Soそう, we我々 canできる go行く to theその same同じ countries andそして look見える andそして see見る.
チリは抗生物質耐性の問題を回避できたでしょうか
10:46
Didした Chileチリ avoid避ける theその problem問題 of antibiotic抗生物質 resistance抵抗,
エクアドルでは問題が起こってしまったでしょうか
10:49
whereas一方、 didした Ecuadorエクアドル actually実際に have持ってる theその beginnings始まり of theその problem問題?
1990 年代初頭では
10:52
Ifif we我々 look見える in theその beginning始まり of theその 1990ss,
大きなバラツキが見て取れます
10:54
we我々 see見る, again再び, aa lotロット of variation変化.
この Y 軸は抗生物質感受性を示していますが
10:56
In thisこの case場合, on theその Y-axisy軸, we've私たちは justちょうど got持っている aa measure測定 of antibiotic抗生物質 sensitivity感度 ---
細かいことには触れないでおきます
11:00
andそして I won't〜されません go行く into thatそれ.
抗生物質に対する感受性は
チリ、 ペルー、 エクアドルで共に
11:02
Butだけど we've私たちは got持っている aa lotロット of variation変化 in antibiotic抗生物質 sensitivity感度 in Chileチリ,
大きなバラツキがあり 傾向は見られません
11:05
Peruペルー andそして Ecuadorエクアドル, andそして noいいえ trend傾向 across横断する theその years.
しかしほんの 5 年後の 1990 年代後半を見てみると
11:07
Butだけど ifif we我々 look見える at〜で theその end終わり of theその 1990ss, justちょうど halfハーフ aa decade10年 later後で,
エクアドルで抗生物質耐性の問題が
表れ始めていることがわかります
11:11
we我々 see見る thatそれ in Ecuadorエクアドル they彼ら started開始した having持つ aa resistance抵抗 problem問題.
抗生物質感受性が減少しているのです
11:14
Antibiotic抗生物質 sensitivity感度 wasあった going行く downダウン.
チリではまだ抗生物質感受性が保たれています
11:16
Andそして in Chileチリ, you君は stillまだ had持っていました antibiotic抗生物質 sensitivity感度.
チリは二つの問題を回避したようです
11:19
Soそう, itそれ looks外見 like好きな Chileチリ dodged逃げた two bullets弾丸.
細菌は無害な方向へと進化し
11:21
They彼ら got持っている theその organism生物 to evolve進化する to mildness温和,
抗生物質耐性も現れていません
11:23
andそして they彼ら got持っている noいいえ development開発 of antibiotic抗生物質 resistance抵抗.
これらのアイデアは
細菌が有害に進化した原因を突き止められれば
11:26
Now, theseこれら ideasアイデア should〜すべき apply適用する across横断する theその boardボード,
どの方面でも活かせるはずです
11:29
asとして long長いです asとして you君は canできる figure数字 outでる whyなぜ some一部 organisms生物 evolved進化した to virulence毒性.
マラリアに少し触れたので
11:32
Andそして I want欲しいです to give与える you君は justちょうど one1 moreもっと example,
もう一例 紹介したいと思います
11:34
becauseなぜなら we've私たちは talked話した aa little少し bitビット about malariaマラリア.
次に紹介したい例は
11:36
Andそして theその example I want欲しいです to deal対処 with〜と is,
あるいは 対処していきたい問題は
11:38
orまたは theその ideaアイディア I want欲しいです to deal対処 with〜と, theその question質問 is,
マラリア原虫を進化面で和らげていくには
どうしたらよいか です
11:42
what canできる we我々 do行う to tryお試しください to get取得する theその malarialマラリア organism生物 to evolve進化する to mildness温和?
マラリアの感染は蚊が媒介します
11:45
Now, malaria'sマラリア transmitted送信された by〜によって aa mosquito,
そして通常 マラリアに感染して病気になると
11:47
andそして normally通常は ifif you'reあなたは infected感染した with〜と malariaマラリア, andそして you'reあなたは feeling感じ sick病気,
さらに蚊に刺されやすくなります
11:51
itそれ makes作る itそれ even偶数 easierより簡単に forために theその mosquito to bite一口 you君は.
過去のデータを見るだけで
11:53
Andそして you君は canできる showショー, justちょうど by〜によって looking探している at〜で dataデータ fromから literature文献,
媒介動物由来の病気は そうでない病気より
11:56
thatそれ vector-borneベクトル媒介 diseases病気 are moreもっと harmful有害な
重病であることが分かります
11:58
thanより non-vector-borne非ベクター媒介性 diseases病気.
それを実際に示した実験として
12:01
Butだけど I think思う there'sそこに aa really本当に fascinating魅力的な example
非常に興味深い例があります
12:04
of what one1 canできる do行う experimentally実験的に to tryお試しください to actually実際に demonstrate実証する thisこの.
飲料水媒介の感染の場合は
12:08
In theその case場合 of waterborne水中 transmission送信,
水設備の衛生状況を改善して
12:10
we'd結婚した like好きな to cleanクリーン upアップ theその water supplies用品,
細菌が和らぐ方向へ進化するかを
確認すればよいわけです
12:12
see見る whetherかどうか orまたは notない we我々 canできる get取得する thoseそれら organisms生物 to evolve進化する towards方向 mildness温和.
マラリアの場合は蚊除け住宅を用意します
12:15
In theその case場合 of malariaマラリア, what we'd結婚した like好きな to do行う is mosquito-proof蚊の防御 houses.
もう少し細かい理屈があるのですが
12:20
Andそして theその logic's論理 aa little少し moreもっと subtle微妙 hereここに.
住居を蚊除け処理し
12:22
Ifif you君は mosquito-proof蚊の防御 houses,
病気に罹ってベッドに横になっている ―あるいは
12:24
whenいつ people get取得する sick病気, they're彼らは sitting座っている in bedベッド ---
蚊除け処理された病院のベッドで横になっていると
12:26
orまたは in mosquito-proof蚊の防御 hospitals病院, they're彼らは sitting座っている in aa hospital病院 bedベッド ---
蚊は患者に接触できません
12:28
andそして theその mosquitoes can'tできない get取得する to themそれら.
有害性の強い病原体は
12:30
Soそう, ifif you'reあなたは aa harmful有害な variantバリアント
蚊除け住居という環境下では敗者なのです
12:32
in aa place場所 whereどこで you'veあなたは got持っている mosquito-proof蚊の防御 housingハウジング, then次に you'reあなたは aa loser敗者.
感染を拡げられる唯一の病原体は
12:36
Theその onlyのみ pathogens病原体 thatそれ get取得する transmitted送信された
感染してもまだホストが外出して
蚊に刺されることができるくらい
12:39
are theその onesもの thatそれ are infecting感染する people thatそれ feel感じる healthy健康 enough十分な
毒性の弱い病原体となります
12:41
to walk歩く outside外側 andそして get取得する mosquito bites噛む.
従って 住居に蚊除け処理すれば
12:44
Soそう, ifif you君は wereあった to mosquito proof証明 houses,
毒の弱い病原体へと
進化させられるはずです
12:46
you君は should〜すべき be〜する ableできる to get取得する theseこれら organisms生物 to evolve進化する to mildness温和.
この対策の一刻も早い施行を支持する
12:48
Andそして there'sそこに aa really本当に wonderful素晴らしい experiment実験 thatそれ wasあった done完了
素晴らしい実験が行われました
12:51
thatそれ suggests提案する thatそれ we我々 really本当に should〜すべき go行く ahead前方に andそして do行う thisこの.
アラバマの北部で実施された実験です
12:54
Andそして thatそれ experiment実験 wasあった done完了 in Northern北部 Alabamaアラバマ州.
少し背景を紹介すると
12:57
Justちょうど to give与える you君は aa little少し perspective視点 on thisこの,
星の位置は アメリカの知識の中心である
12:59
I've私は given与えられた you君は aa star at〜で theその intellectual知的 centerセンター of theその Unitedユナイテッド States,
ケンタッキー州のルイビルです
13:03
whichどの is right thereそこ in Louisvilleルイスヴィル, Kentuckyケンタッキー州.
この素晴らしい実験は ルイビルにある
13:07
Andそして thisこの really本当に coolクール experiment実験 wasあった done完了
テネシー川流域開発公社によって そこから320キロ南の
13:09
about 200 milesマイル south of thereそこ, in Northern北部 Alabamaアラバマ州,
アラバマ北部で行われました
13:12
by〜によって theその Tennesseeテネシー州 Valley Authority権限.
彼らはテネシー川をダムで塞き止めました
13:13
They彼ら had持っていました dammedダム upアップ theその Tennesseeテネシー州 River.
水の流れを止めたわけです
13:16
They'd彼らは caused原因 theその water to backバック upアップ,
水力発電が必要だったのです
13:18
they彼ら needed必要な electric電気の, hydroelectric水力 powerパワー.
停滞した水からは蚊が発生します
13:21
Andそして whenいつ you君は get取得する stagnant停滞している water, you君は get取得する mosquitoes.
ダム建造 10 年後の 1930 年代後半には
13:23
They彼ら found見つけた in theその late遅く ''30ss --- 10 years after they'd彼らは made theseこれら damsダム ---
アラバマ北部の住民が
マラリアに感染していることが判明し
13:27
thatそれ theその people in Northern北部 Alabamaアラバマ州 wereあった infected感染した with〜と malariaマラリア,
住民の三分の一 ないし半分が
マラリアに感染していました
13:33
about aa third三番 to halfハーフ of themそれら wereあった infected感染した with〜と malariaマラリア.
こちらがいくつかのダムの位置です
13:36
Thisこの showsショー you君は theその positionsポジション of some一部 of theseこれら damsダム.
こうしてテネシー川流域開発公社は
手詰まりになってしまいます
13:39
OKOK, soそう theその Tennesseeテネシー州 Valley Authority権限 wasあった in aa little少し bitビット of aa bindバインド.
その頃は DDT もクロロキンも存在していません
どうしたらよいでしょう?
13:43
Thereそこ wasn'tなかった DDTddt, thereそこ wasn'tなかった chloroquinesクロロキン類: what do行う they彼ら do行う?
アラバマ北部の全住居に 蚊除け処理をすることにしました
13:47
Wellよく, they彼ら decided決定しました to mosquito proof証明 everyすべて house in Northern北部 Alabamaアラバマ州.
アラバマ北部を 11 のゾーンに分け
13:50
Soそう they彼ら didした. They彼ら divided分割された Northern北部 Alabamaアラバマ州 into 11 zonesゾーン,
三年間で 一戸あたり 100 ドルかけて
13:53
andそして within以内 three years, about 100 dollarsドル per〜ごと house,
全戸に蚊除け処理を施したのです
13:55
they彼ら mosquito proofed校正された everyすべて house.
こちらがデータです
13:57
Andそして theseこれら are theその dataデータ.
各列は 11 のゾーンを表しています
13:59
Everyすべて row across横断する hereここに representsは表す one1 of thoseそれら 11 zonesゾーン.
アスタリスクが示すのは 蚊除け処理が
14:03
Andそして theその asterisksアスタリスク represent代表する theその time時間 at〜で whichどの
完了した時です
14:05
theその mosquito proofing校正 wasあった completeコンプリート.
ここからわかるのは
14:07
Andそして soそう what you君は canできる see見る is thatそれ
蚊除け処理のみで
14:09
justちょうど theその mosquito-proofed蚊が繁殖する housingハウジング, andそして nothing何も elseelse,
マラリアが根絶されたということです
14:12
caused原因 theその eradication根絶 of malariaマラリア.
このことは 1949 年に出版された
14:14
Andそして thisこの wasあった, incidentally偶然に, published出版された in 1949,
優れたマラリアの教科書である
「ボイドのマラリア学」で紹介されました
14:16
in theその leading先導 textbook教科書 of malariaマラリア, calledと呼ばれる "Boyd'sボアズ Malariologyマラリア学."
しかしマラリアの専門家のほとんどは
この本の存在すら知りません
14:19
Butだけど almostほぼ noいいえ malariaマラリア experts専門家 even偶数 know知っている itそれ exists存在する.
これは重要なデータです
14:22
Thisこの is important重要,
蚊に刺される頻度が ある程度ならば
14:24
becauseなぜなら itそれ tells伝える us米国 thatそれ ifif you君は have持ってる moderate中程度の biting噛む densities密度,
住居を蚊除けすることで
マラリアが根絶できるのです
14:26
you君は canできる eradicate根絶する malariaマラリア by〜によって mosquito proofing校正 houses.
他の多くの地域でも実施すればよいのです
14:28
Now, I would〜する suggest提案する thatそれ you君は couldできた do行う thisこの in aa lotロット of places場所.
そうですね 例えばサハラ砂漠以南の
14:31
Like好きな, you君は know知っている, justちょうど asとして you君は get取得する into theその malariaマラリア zoneゾーン,
マラリア発生地域です
14:35
sub-Saharanサブサハラン Africaアフリカ.
蚊に刺される頻度が高い
ナイジェリアの様な地域では
14:37
Butだけど asとして you君は move動く to really本当に intense激しい biting噛む rateレート areasエリア, like好きな Nigeriaナイジェリア,
根絶とまではいかないでしょう
14:40
you'reあなたは certainly確かに notない going行く to eradicate根絶する.
そのような地域でこそ
毒性を和らげる進化を利用するべきです
14:42
Butだけど that'sそれは whenいつ you君は should〜すべき be〜する favoring好きな evolution進化 towards方向 mildness温和.
それは私が今後待ち望んでいる実験であり
14:46
Soそう to me, it'sそれは an experiment実験 that'sそれは waiting待っている to happen起こる,
予測が証明されれば それは私たちが
14:49
andそして ifif itそれ confirms確認する theその prediction予測, then次に
強力な武器を手にした事を意味します
14:51
we我々 should〜すべき have持ってる aa very非常に powerful強力な toolツール.
それは私たちが今日利用している武器よりも
ある意味ずっと強力です
14:53
In aa way方法, muchたくさん moreもっと powerful強力な thanより theその kind種類 of toolsツール we're私たちは looking探している at〜で,
今日 利用されている対処法と言えば
14:56
becauseなぜなら most最も of what's何ですか beingであること done完了 today今日 is
抗マラリア薬などです
14:58
to rely頼りにする on thingsもの like好きな anti-malarial抗マラリア薬 drugs薬物.
確かに 抗マラリア薬を低価格で大量に
15:00
Andそして we我々 know知っている thatそれ, althoughただし、 it'sそれは greatすばらしいです to make作る thoseそれら
用意できるようにするのは素晴らしい事ですが
15:03
anti-malarial抗マラリア薬 drugs薬物 available利用可能な at〜で really本当に low低い costコスト andそして high高い frequency周波数,
それが大量に用いられると 今度は
15:08
we我々 know知っている thatそれ whenいつ you君は make作る themそれら highly高く available利用可能な
薬への耐性が付いてしまうことが分かっています
15:11
you'reあなたは going行く to get取得する resistance抵抗 to thoseそれら drugs薬物.
あくまで短期的な解決策なわけです
15:13
Andそして soそう it'sそれは aa short-term短期 solution溶液.
長期的な解決策はこうです
15:15
Thisこの is aa long-term長期 solution溶液.
私がここで提唱しているのは
15:17
What I'm私は suggesting提案する hereここに is thatそれ we我々 couldできた get取得する evolution進化
病原体の進化を
15:19
workingワーキング in theその direction方向 we我々 want欲しいです itそれ to go行く,
抗マラリア薬の例のように
問題として対抗ばかりするのではなく
15:21
ratherむしろ thanより always常に having持つ to battle戦い evolution進化 asとして aa problem問題
進化によって私たちの望む方向に導ける
15:24
thatそれ stymies陳腐な our我々の efforts尽力 to controlコントロール theその pathogen病原体,
という可能性を探ろうということです
15:27
forために example with〜と anti-malarial抗マラリア薬 drugs薬物.
こちらの表をご覧いただければ
15:29
Soそう, thisこの table I've私は given与えられた justちょうど to emphasize強調する
まだ二例しか紹介していない事が分かりますが
15:32
thatそれ I've私は onlyのみ talked話した about two examples.
先ほど述べた通り こういった理論は
15:35
Butだけど asとして I said前記 earlier先に, thisこの kind種類 of logic論理 applies適用する across横断する theその boardボード
あらゆる感染症に対して有効なはずです
15:38
forために infectious感染性の diseases病気, andそして itそれ oughtすべきだ to.
感染症に対処するという事は
生物のシステムを扱う事だからです
15:40
Becauseなぜなら whenいつ we're私たちは dealing対処する with〜と infectious感染性の diseases病気, we're私たちは dealing対処する with〜と living生活 systemsシステム.
生物のシステムを扱うという事はつまり
15:44
We're私たちは dealing対処する with〜と living生活 systemsシステム;
進化のシステムを扱うということです
15:46
we're私たちは dealing対処する with〜と systemsシステム thatそれ evolve進化する.
システムに対して何かすれば
15:48
Andそして soそう ifif you君は do行う something何か with〜と thoseそれら systemsシステム,
相手は何らかの形で進化します
15:50
they're彼らは going行く to evolve進化する one1 way方法 orまたは another別の.
私が言っているのは
その時の進化の仕組みを知る必要があるということです
15:52
Andそして allすべて I'm私は saying言って is thatそれ we我々 need必要 to figure数字 outでる howどうやって they'll彼らは evolve進化する,
進化の仕組みを知ることで
15:55
soそう thatそれ --- we我々 need必要 to adjust調整する our我々の interventions介入
病原体を我々が望む通りに進化させるといった
15:57
to get取得する theその most最も bang強打 forために theその intervention介入 buckバック,
最適な介入をできるようになる必要があるのです
16:00
soそう thatそれ we我々 canできる get取得する theseこれら organisms生物 to evolve進化する in theその direction方向 we我々 want欲しいです themそれら to go行く.
これらの詳細をお話しする時間はありませんが
16:03
Soそう, I don'tしない really本当に have持ってる time時間 to talkトーク about thoseそれら thingsもの,
提示したいと考えておりました
16:05
butだけど I didした want欲しいです to put置く themそれら upアップ thereそこ,
皆さんに 私たちがこれまで直面してきた
16:07
justちょうど to give与える you君は aa senseセンス thatそれ thereそこ really本当に are solutionsソリューション
手強い病原体の 毒性の進化を制御する方法が
16:10
to controlling制御する theその evolution進化 of harmfulness有害
本当に存在することを示したかったのです
16:13
of some一部 of theその nasty不快な pathogens病原体 thatそれ we're私たちは confronted直面した with〜と.
以上のことは 本日これまで議論されてきた
他のアイデアとも関連しています
16:19
Andそして thisこの linksリンク upアップ with〜と aa lotロット of theその otherその他 ideasアイデア thatそれ have持ってる beenされている talked話した about.
例えば先ほどあった HIV の性行為感染を
16:23
Soそう, forために example, earlier先に today今日 thereそこ wasあった discussion討論 of,
どうやって減らしていくかという議論ともです
16:28
howどうやって do行う you君は really本当に lower低い sexual性的 transmission送信 of HIVエイズ?
物事の仕組みの究明が大事なのです
16:34
What thisこの emphasizes強調する is thatそれ we我々 need必要 to figure数字 outでる howどうやって itそれ will意志 work作業.
地域経済を改善すれば感染は減るでしょうか
16:37
Will意志 itそれ maybe多分 get取得する lowered低下した ifif we我々 alter変更する theその economy経済 of theその areaエリア?
パートナーに対して真摯でありなさいといった介入で
16:40
Itそれ mayかもしれない get取得する lowered低下した ifif we我々 intervene介入する in ways方法 thatそれ
感染を減らせるかも知れません
16:42
encourage奨励します people to stay滞在 moreもっと faithful忠実な to partnersパートナー, andそして soそう on.
とにかく 重要なのは減らす方法です
16:46
Butだけど theその keyキー thingもの is to figure数字 outでる howどうやって to lower低い itそれ,
感染を減らすという事は
ウィルスの進化の仕方を変えるということだからです
16:48
becauseなぜなら ifif we我々 lower低い itそれ, we'll私たちは get取得する an evolutionary進化的 change変化する in theその virusウイルス.
データがそれを示しています
16:51
Andそして theその dataデータ really本当に do行う supportサポート thisこの:
ウィルスを和らぐ方向へと進化させるのです
16:53
thatそれ you君は actually実際に do行う get取得する theその virusウイルス evolving進化する towards方向 mildness温和.
そして仕組みの解明によって 制御も効率的になります
16:56
Andそして thatそれ will意志 justちょうど add追加する to theその effectiveness効果 of our我々の controlコントロール efforts尽力.
このアイデアの素晴らしいところは
17:01
Soそう theその otherその他 thingもの I really本当に like好きな about thisこの,
病気の制御の研究に
17:03
besidesその他 theその fact事実 thatそれ itそれ bringsもたらす aa whole全体 new新しい dimension寸法
新たな次元を示したということ以外では
17:05
into theその study調査 of controlコントロール of disease疾患,
多くの場合 実施した方がよい対処法は
17:09
is thatそれ oftenしばしば theその kinds種類 of interventions介入 thatそれ you君は want欲しいです,
また実施すべきとされる対処法は
17:12
thatそれ itそれ indicates指示する should〜すべき be〜する done完了,
結果如何に関わらず
皆に実施が望まれている対処法なのです
17:14
are theその kinds種類 of interventions介入 thatそれ people want欲しいです anyhowとにかく.
17:16
Butだけど people justちょうど haven't持っていない beenされている ableできる to justify正当化する theその costコスト.
単にまだ 費用の正当性が示せていないだけなのです
つまり こういうようなことです
17:19
Soそう, thisこの is theその kind種類 of thingもの I'm私は talking話す about.
清潔な水の供給によって
追加効果が得られることが分かっているなら
17:22
Ifif we我々 know知っている thatそれ we're私たちは going行く to get取得する extra余分な bang強打 forために theその buckバック fromから providing提供する cleanクリーン water,
それで実際に問題が解決できるのですから
17:25
then次に I think思う thatそれ we我々 canできる sayいう,
17:27
let'sさあ push押す theその effort努力 into thatそれ aspectアスペクト of theその controlコントロール,
その方向で対策を進めましょうと
皆 声を揃えて言えるということです
17:31
soそう thatそれ we我々 canできる actually実際に solve解決する theその problem問題,
ただ 感染の頻度によっては
17:34
even偶数 thoughしかし, ifif you君は justちょうど look見える at〜で theその frequency周波数 of infection感染,
水供給の改善だけでは問題が解決しないと
17:37
you君は would〜する suggest提案する thatそれ you君は can'tできない solve解決する theその problem問題 wellよく enough十分な
判断できることもあるかもしれません
17:41
justちょうど by〜によって cleaningクリーニング upアップ water supply供給.
とにかく 以上となります
ありがとうございました
17:43
Anyhowとにかく, I'll私はよ end終わり thatそれ thereそこ, andそして thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
(拍手)
17:45
(Applause拍手)
Translated by Keiichi Kudo
Reviewed by Misaki Sato

▲Back to top

About the speaker:

Paul Ewald - Evolutionary biologist
After years of studying illness from the germs' point of view, microbiologist Paul Ewald believes that Big Pharma is wrong about some very big issues. What's right? The leader in evolutionary medicine posits radical new approaches.

Why you should listen

Paul Ewald has a problem with modern medicine: It ignores the fact that many diseases of unknown origin can be linked to slow-growing infections caused by viruses, bacteria and other microorganisms.

Ewald -- whose theory stems from both a formal education in biological sciences, ecology, and evolution, and a personal bout with diarrhea in the 1970s -- aims to change this thinking. To that end, he has written popular news articles, academic papers, and two books (Evolution of Infectious Disease and Plague Time) that explain and expand his idea. Ewald is regarded as the leading expert in the emerging field of evolutionary medicine. He directs the evolutionary medicine program in the Biology department at the University of Louisville, Kentucky, and lectures worldwide.

Among other honors, Ewald was the first recipient of the Smithsonian Institution's George E. Burch Fellowship in Theoretic Medicine and Affiliated Sciences, which was established to foster pioneering work in health sciences.

More profile about the speaker
Paul Ewald | Speaker | TED.com