English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2006

Nicholas Negroponte: One Laptop per Child

ニコラス・ネグロポンテが「子供に1人1台ラップトップ」計画を語る

Filmed
Views 366,292

MITメディアラボラトリーの創始者であるニコラス・ネグロポンテが、どのようにして「子供に1人1台ラップトップ」計画を通じて100ドルラップトップを作り、配布するのかを語ります

- Tech visionary
The founder of the MIT Media Lab, Nicholas Negroponte pushed the edge of the information revolution as an inventor, thinker and angel investor. He's the driving force behind One Laptop per Child, building computers for children in the developing world. Full bio

私は44年MITにいて、TEDの第1回にも参加しました
00:24
I've私は beenされている at〜で MITミット forために 44 years.
00:27
I went行った to TEDテッド I.
ここにいる中では私以外に1人だけです
00:29
There'sそこに onlyのみ one1 otherその他 person hereここに,
I think思う, who didした thatそれ.
リッキー主催の頃に参加したTEDでは全て
00:32
Allすべて theその otherその他 TEDsテッド ---
00:33
andそして I went行った to themそれら allすべて,
under Ricky'sリッキーズ regime体制 ---
メディアラボの活動をお話しました
00:36
I talked話した about
what theその Mediaメディア Lab研究室 wasあった doingやっている,
00:38
whichどの today今日 has持っている almostほぼ 500 people in itそれ.
現在は約500人が働いています
先週、私がメディアラボを辞めたと報道されましたが
00:41
Andそして ifif you君は read読む theその press押す,
00:43
last最終 week週間 itそれ actually実際に said前記
I quit終了する theその Mediaメディア Lab研究室.
辞めたのではなく、代表を降りただけです
00:45
I didn'tしなかった quit終了する theその Mediaメディア Lab研究室,
I stepped足踏みした downダウン asとして chairman会長 ---
とんでもない肩書きですが別の人が引き受けました
00:50
whichどの wasあった aa kind種類 of ridiculousばかげた titleタイトル,
butだけど someone誰か elseelse has持っている taken撮影 itそれ on ---
00:54
andそして one1 of theその thingsもの
you君は canできる do行う asとして aa professor教授
教授としてできる選択には
教授にとどまる選択もあるのです
00:56
is you君は stay滞在 on asとして aa professor教授.
私は残りの人生を「子供に1人1台ラップトップ」活動に費やすことにしました
00:58
Andそして I will意志 now do行う forために theその rest残り of myじぶんの life生活
theその One1 Laptopラップトップ Per〜ごと Child,
これまで1年半ぐらい活動してきました
01:03
whichどの I've私は sortソート of beenされている doingやっている
forために aa year andそして aa halfハーフ, anywayとにかく.
今から18分間、
01:06
Soそう I'm私は going行く to telltell you君は about thisこの,
私は、なぜ、どのように、
01:07
useつかいます myじぶんの 18 minutes
to telltell you君は whyなぜ we're私たちは doingやっている itそれ,
何をしているのか、お話しましょう
01:12
howどうやって we're私たちは doingやっている itそれ
andそして then次に what we're私たちは doingやっている.
途中で100ドルラップトップを回覧して
01:14
Andそして at〜で some一部 pointポイント I'll私はよ even偶数 passパス aroundまわり
どのようなものか見ていただきます
01:17
what theその $100 laptopラップトップ mightかもしれない be〜する like好きな.
クリスから、重要な話題を取り上げるように頼まれたので
01:23
I wasあった asked尋ねた by〜によって Chrisクリス
to talkトーク about some一部 of theその big大きい issues問題,
これを始めた3つの理由からお話しましょう
01:26
andそして soそう I figured思った I'd私は start開始 with〜と theその three
thatそれ at〜で least少なくとも drove運転した me to do行う thisこの.
01:31
Andそして theその first最初 is prettyかなり obvious明らか.
第1はすごくわかりやすいです
驚くと思いますよ。国家元首に会って
01:34
It'sそれは amazing素晴らしい whenいつ you君は meet会う
aa head of state状態, andそして you君は sayいう,
「あなたの国で一番貴重な天然資源は?」と聞くと
01:37
"What is yourきみの most最も precious貴重な
naturalナチュラル resourceリソース?"
最初は子供だとは答えませんが
01:40
They彼ら will意志 notない sayいう "children子供" at〜で first最初,
01:42
andそして then次に whenいつ you君は sayいう, "children子供,"
they彼ら will意志 prettyかなり quickly早く agree同意する with〜と you君は.
こちらが子供は?と言えば、すぐに賛成してくれます
簡単でしょう(笑)
01:47
Andそして soそう thatそれ isn'tない very非常に hardハード.
01:49
(Laughter笑い)
第2は誰もが納得することです。重要な問題の解決には、なにかしら
01:51
Everybodyみんな agrees同意する thatそれ whateverなんでも
theその solutionsソリューション are to theその big大きい problems問題,
教育が関係し、教育こそが解決であることもあります
01:56
they彼ら include含める education教育,
sometimes時々 canできる be〜する justちょうど education教育
教育という要素なしに解決することはありません
02:01
andそして canできる never決して be〜する withoutなし
some一部 element素子 of education教育.
まさしく解決方法の一部なのです
02:04
Soそう that'sそれは certainly確かに part of itそれ.
第3は少しややこしいです
02:06
Andそして theその third三番
is aa little少し bitビット lessもっと少なく obvious明らか.
ここにいる皆さんが、歩き方や話し方を学習したのは
02:09
Andそして thatそれ is thatそれ we我々 allすべて in thisこの roomルーム
learned学んだ howどうやって to walk歩く, howどうやって to talkトーク,
歩き方を教わり、話し方を教わったからではありません
02:13
notない by〜によって beingであること taught教えた howどうやって to talkトーク,
orまたは taught教えた howどうやって to walk歩く,
世の中と関わって学習したのです
02:18
butだけど by〜によって interacting相互作用する with〜と theその world世界,
何かを求めて結果を得ることで、あるいは
02:20
by〜によって having持つ certainある results結果 asとして aa consequence結果
of beingであること ableできる to ask尋ねる forために something何か,
02:24
orまたは beingであること ableできる to standスタンド upアップ andそして reachリーチ itそれ.
立ちあがって手が届いて学習したのです
02:26
Whereas一方、 at〜で about theその age年齢 six6,
we我々 wereあった told言った to stopやめる learning学習 thatそれ way方法,
でも6才ぐらいで、このような学習法はやめさせられて
それ以後は教えられて学習するようになります
02:30
andそして thatそれ allすべて learning学習 fromから then次に on
would〜する happen起こる throughを通して teaching教える,
今の私のような人の行動や、本などからでも構いませんが
02:34
whetherかどうか it'sそれは people standing立っている upアップ,
like好きな I'm私は doingやっている now,
02:36
orまたは aa book, orまたは something何か.
「教えられる」のです
02:38
Butだけど itそれ wasあった really本当に throughを通して teaching教える.
一般的に言ってコンピューターが学習にもたらしたことは
02:40
Andそして one1 of theその thingsもの in general一般
thatそれ computersコンピュータ have持ってる provided提供された to learning学習
02:45
is thatそれ itそれ now includes含む aa kind種類 of learning学習
学習者が自力で行動するという意味において
02:48
whichどの is aa little少し bitビット moreもっと
like好きな walking歩く andそして talking話す,
歩くことや話すことに似た
ある種の学習行動なのです
02:51
in theその senseセンス thatそれ aa lotロット of itそれ is driven駆動される
by〜によって theその learner学習者 himself彼自身 orまたは herself自分自身.
以上のような理念をもっています
02:58
Soそう with〜と thoseそれら asとして theその principles原則 ---
シーモアパパートをご存知の方がいるかも知れませんが
03:01
some一部 of you君は mayかもしれない know知っている Seymourシーモア Papertパパット.
03:03
Thisこの is backバック in 1982,
whenいつ we我々 wereあった workingワーキング in Senegalセネガル.
私たちがセネガルで働いていた1982年頃の話をします
100ドルラップトップは1~2年前に始めた事だとか
03:06
Becauseなぜなら some一部 people think思う thatそれ
theその $100 laptopラップトップ justちょうど happened起こった aa year ago,
突然の思いつきという人もいるからです
03:12
orまたは two years ago,
orまたは we我々 wereあった struck打たれた by〜によって lightningライトニング ---
実際にはずっと以前の1960年代にさかのぼります
03:15
thisこの actually実際に has持っている gone行った backバック aa long長いです time時間,
andそして in fact事実, backバック to theその ''60ss.
こちらは、1980年代の様子です
03:20
Hereここに we're私たちは in theその ''80ss.
セネガルにいた私たちに、スティーブジョブズが
03:21
Steveスティーブ Jobsジョブ had持っていました given与えられた us米国 some一部 laptopsラップトップ.
We我々 wereあった in Senegalセネガル.
ラップトップを送ってくれました。大量ではないものの、途上国にコンピューターを届ける活動ではありました
03:26
Itそれ didn'tしなかった scale規模
03:27
butだけど itそれ at〜で least少なくとも wasあった bringing持参 computersコンピュータ
to developing現像 countries
03:32
andそして learning学習 prettyかなり quickly早く
thatそれ theseこれら kids子供たち,
すぐに分かったのですが
子供たちは、英語が使えなくても
03:35
even偶数 thoughしかし English英語 wasn'tなかった their彼らの language言語,
ラテン語のアルファベットすら使えなくても
03:37
theその Latinラテン alphabetアルファベット
barelyかろうじて wasあった their彼らの language言語,
水を得た魚のように、
03:40
butだけど they彼ら couldできた justちょうど swim泳ぐ like好きな fish.
ピアノを弾くように操作したのです
03:42
They彼ら couldできた play遊びます theseこれら like好きな pianosピアノ.
少し最近のことですが、私も個人的に関わった
03:46
Aa little少し bitビット moreもっと recently最近,
I got持っている involved関係する personally個人的に.
03:50
Andそして theseこれら are two anecdotes逸話 ---
2つの逸話があります、1つはカンボジアでのことです
03:52
one1 wasあった in Cambodiaカンボジア,
その村には電気も、水も、テレビも、電話もありませんが
03:54
in aa village thatそれ has持っている noいいえ electricity電気,
noいいえ water, noいいえ televisionテレビ, noいいえ telephone電話,
ブロードバンドのインターネット回線はあるのです
03:59
butだけど has持っている broadbandブロードバンド Internetインターネット now.
04:01
Andそして theseこれら kids子供たち,
their彼らの first最初 English英語 wordワード is "Googlegoogle"
そこの子供たちが最初に覚えた英語はGoogleです
Skypeだけは知っていますが、電話のことは全く知りません
04:04
andそして they彼ら onlyのみ know知っている Skypeスカイプ.
04:07
They've彼らは never決して heard聞いた of telephony電話.
Skypeだけ使っているのです
04:08
They彼ら justちょうど useつかいます Skypeスカイプ.
夜中に家に帰ると、ブロードバンドで接続できます
04:11
Andそして they彼ら go行く home自宅 at〜で night ---
04:12
they've彼らは got持っている aa broadbandブロードバンド connection接続
in aa hut小屋 thatそれ doesn'tしない have持ってる electricity電気.
電気はまだ来ていないところです
両親はラップトップが大好きです
04:16
Theその parents love itそれ,
becauseなぜなら whenいつ they彼ら open開いた upアップ theその laptopsラップトップ,
家で一番明るい照明だからです
04:19
it'sそれは theその brightest最も明るい light sourceソース
in theその house.
比喩と事実が混ざったような話ですね
04:21
Andそして talkトーク about
whereどこで metaphors隠喩 andそして reality現実 mixミックス ---
04:25
thisこの is theその actual実際の school学校.
こちらは実際の学校です
04:28
In parallel平行 with〜と thisこの,
Seymourシーモア Papertパパット got持っている theその governor知事 of Maineメイン
同時期に、シーモアパパートはメイン州知事に働きかけて
04:33
to legislate立法府 one1 laptopラップトップ per〜ごと child
in theその year 2002.
2002年に「子供に1人1台ラップトップ」計画を法制化させました
その時点では、正直に言って、80%の教員が
04:39
Now at〜で theその time時間, I think思う it'sそれは fairフェア to sayいう
thatそれ 80 percentパーセント of theその teachers教師 wereあった ---
懸念を示し
04:44
let〜する me sayいう, apprehensive恐ろしい.
04:45
Really本当に, they彼ら wereあった actually実際に againstに対して itそれ.
実際に反対したのです
04:47
Andそして they彼ら really本当に preferred好ましい
thatそれ theその moneyお金 would〜する be〜する used中古
教員はラップトップよりも
昇給したり学校が増えたりするほうがよかったのです
04:50
forために higher高い salaries給料,
moreもっと schools学校, whateverなんでも.
04:52
Andそして now, three andそして aa halfハーフ
years later後で, guess推測 what?
さて、3年半が過ぎ、どうなったでしょう
5つの報告があります
04:56
They're彼らは reporting報告 five thingsもの:
dropドロップ of truancy不断の to almostほぼ zeroゼロ,
第1に引きこもりがほぼなくなり、第2に今まで誰もしなかったような保護者と教師との会議を、今では
05:03
attending出席する parent-teacher親先生 meetings会議 ---
全員がするようになり
05:04
whichどの nobody誰も didした
andそして now almostほぼ everybodyみんな doesする ---
第3に非行問題が減り、第4に子供達の活動が増えました
05:07
dropドロップ in discipline規律 problems問題,
increase増加する in student学生 participation参加.
05:11
Teachers教師 are now saying言って
it'sそれは kind種類 of fun楽しい to teach教える.
教員は授業が楽しいと言います
子供達が熱心なのです。ラップトップがあるからです
05:13
Kids子供たち are engaged従事する --- they彼ら have持ってる laptopsラップトップ! ---
第5に、私が一番面白いと思ったのは、
05:17
andそして then次に theその fifth五番目,
whichどの interests関心 me theその most最も,
夜になればサーバーの電源を切ることです。そうしないと
05:19
is thatそれ theその serversサーバー have持ってる to be〜する turned回した offオフ
at〜で certainある times at〜で night
05:22
becauseなぜなら theその teachers教師
are getting取得 tooあまりにも muchたくさん emailEメール
子供達がメールを送って
教員に質問しすぎるからです
05:25
fromから theその kids子供たち asking尋ねる themそれら forために help助けて.
こういったことから分かるように、もう試行は不要です
05:27
Soそう whenいつ you君は see見る thatそれ kind種類 of thingもの ---
05:29
thisこの is notない something何か
thatそれ you君は have持ってる to testテスト.
「私たちの国で3~4000を試したい」という人には
05:31
Theその days日々 of pilotパイロット projectsプロジェクト are over以上,
whenいつ people sayいう,
試行プロジェクトの段階は終わったと言います
05:33
"We'd結婚した like好きな to do行う three orまたは four4つの thousand
in our我々の country to see見る howどうやって itそれ works作品."
コラッ。列に並んで、ほかの国の状況を見なさい
05:37
Screwスクリュー you君は. Go行く to theその backバック of theその lineライン
andそして someone誰か elseelse will意志 do行う itそれ,
上手くいくとわかる頃に、順番が回ってきますよ。とね
05:41
andそして then次に whenいつ you君は figure数字 outでる
thatそれ thisこの works作品, you君は canできる join参加する asとして wellよく.
これが私のしていることです
05:45
Andそして thisこの is what we're私たちは doingやっている.
(笑)(拍手)
05:48
(Laughter笑い) (Applause拍手)
「子供に1人1台ラップトップ」計画は約1年半前に始まり
05:50
Soそう, One1 Laptopラップトップ Per〜ごと Child
wasあった formed形成された about aa year andそして aa halfハーフ ago.
非営利団体として、2000万ドルの予算を、立ち上げと
05:55
It'sそれは aa nonprofit非営利団体 association協会.
05:57
Itそれ raised育った about 20 million百万 dollarsドル
後々の製造のための経費として調達しました
05:59
to do行う theその engineeringエンジニアリング
to justちょうど get取得する thisこの built建てられた,
06:03
andそして then次に have持ってる itそれ produced生産された afterwardsその後.
規模はまさしく重要なことです
06:05
Scale規模 is truly真に important重要.
部品を安く買えるからではありません
06:08
Andそして it'sそれは notない important重要 becauseなぜなら you君は canできる
buy購入 componentsコンポーネント at〜で aa lower低い price価格, OKOK?
メーカーに行くとしましょう
06:14
It'sそれは becauseなぜなら you君は canできる go行く
to aa manufacturerメーカー ---
名前は出しませんが
06:17
andそして I will意志 leave離れる theその name outでる ---
小さいディスプレーを探しています。私としては、色再現性は不完全で構いませんし
06:18
butだけど we我々 wanted欲しい aa small小さい display表示,
06:22
doesn'tしない have持ってる to have持ってる
perfect完璧な color uniformity均一.
1個2個のドット欠けは構いませんし、それほど明るくなくてもいいのです
06:26
Itそれ canできる even偶数 have持ってる aa pixelピクセル orまたは two missing行方不明.
06:28
Itそれ doesn'tしない have持ってる to be〜する thatそれ bright明るい.
でも、このメーカーの人はこう言うのです
06:31
Andそして thisこの particular特に manufacturerメーカー said前記,
06:33
"We're私たちは notない interested興味がある in thatそれ.
We're私たちは interested興味がある in theその living生活 roomルーム.
「興味ありませんね。家庭向けに
完全な色再現性があって
06:36
We're私たちは interested興味がある
in perfect完璧な color uniformity均一.
大きく明るい画面を目指していますので
06:38
We're私たちは interested興味がある in big大きい displaysディスプレイ,
bright明るい displaysディスプレイ.
あなた方の要求は、我が社の戦略外です」
06:41
You'reあなたは notない part of our我々の strategic戦略的 plan計画."
でも私が「うーん、困ったなぁ
06:44
Andそして I said前記, "That'sそれは kind種類 of tooあまりにも bad悪い,
becauseなぜなら we我々 need必要 100 million百万 units単位 aa year."
年1億台必要なのに」と言ったら(笑)
06:47
(Laughter笑い)
彼らは「それなら御社の戦略にご協力できるかもしれません」と言うのです
06:49
Andそして they彼ら said前記, "Ohああ, wellよく, maybe多分 we我々 couldできた
become〜になる part of yourきみの strategic戦略的 plan計画."
06:53
Andそして that'sそれは whyなぜ scale規模 countsカウント.
だから規模が重要なのです
だから最初に500万から1000万台は必要なのです
06:55
Andそして that'sそれは whyなぜ we我々 will意志 notない launch打ち上げ thisこの
06:58
withoutなし five to 10 million百万 units単位
in theその first最初 run走る.
規模そのものが価格を下げる助けになるような
07:02
Andそして theその ideaアイディア is
to launch打ち上げ with〜と enough十分な scale規模
十分な規模で始めるというのがこの考えです
07:05
thatそれ theその scale規模 itself自体
helps助けて bring持参する theその price価格 downダウン,
07:07
andそして that'sそれは whyなぜ I said前記
sevenセブン to 10 million百万 thereそこ.
だから700万から1000万だと言ったのです
私たちにはセールスやマーケティングチームはいませんが
07:11
Andそして we're私たちは doingやっている itそれ
withoutなし aa sales-and-marketingセールスとマーケティング teamチーム.
皆さんは目にすることになります
07:14
I mean平均, you'reあなたは looking探している
at〜で theその sales-and-marketingセールスとマーケティング teamチーム.
07:17
We我々 will意志 do行う itそれ by〜によって going行く
to sevenセブン large countries
それには、まず7つの大国に、賛同と参入を促します
07:21
andそして getting取得 themそれら to agree同意する andそして launch打ち上げ itそれ,
そうすれば、ほかの国も続くのです
07:24
andそして then次に theその othersその他 canできる followフォローする.
07:26
We我々 have持ってる partnersパートナー.
協力企業もあり、もちろんGoogleも入っています
07:28
It'sそれは notない hardハード to guess推測
Googlegoogle would〜する be〜する one1.
その他の企業は考慮中です
07:30
Theその othersその他 are allすべて playing遊ぶ to pending保留中.
これは報道で大きく取り上げられています
07:34
Andそして thisこの has持っている beenされている
in theその press押す aa greatすばらしいです deal対処.
これはグリーンマシーンといわれ、コフィアナンと一緒に
07:36
It'sそれは theその so-calledいわゆる Green Machine機械
thatそれ we我々 introduced導入された with〜と Kofiコフィー Annanアナン
11月のチュニジアでの世界サミットで紹介したものです
07:42
in November11月 at〜で theその World世界 Summitサミット
thatそれ wasあった held開催 in Tunisiaチュニジア.
これに注目した人は、これをラップトップ計画と呼びます
07:47
Now once一度 people start開始 looking探している at〜で thisこの,
they彼ら sayいう, "Ahああ, thisこの is aa laptopラップトップ projectプロジェクト."
でも、ラップトップ計画というより教育計画なのです
07:52
Wellよく, noいいえ, it'sそれは notない aa laptopラップトップ projectプロジェクト.
It'sそれは an education教育 projectプロジェクト.
07:56
Andそして theその fun楽しい part ---
andそして I'm私は quiteかなり focused集中した on itそれ ---
面白くて、特に強調したいことがあります
以前私は電球だったが今やレーザーだと言ったりします
07:59
I telltell people I used中古 to be〜する aa light bulbバルブ,
butだけど now I'm私は aa laserレーザ ---
まさに今立ち上げようとしているところですが
08:03
I'm私は justちょうど going行く to get取得する thatそれ thingもの built建てられた,
andそして itそれ turnsターン outでる it'sそれは notない soそう hardハード.
さほど困難でないと分かってきました
というのも、ラップトップ価格の
08:10
Becauseなぜなら laptopラップトップ economics経済
are theその following以下:
50%いやむしろ60%近くを
08:13
I sayいう 50 percentパーセント hereここに ---
it'sそれは moreもっと like好きな 60,
セールス、マーケティング、拡販、利益が占めています
08:15
60 percentパーセント of theその costコスト of yourきみの laptopラップトップ
08:17
is sales販売, marketingマーケティング,
distribution分布 andそして profit利益.
08:20
Now we我々 have持ってる noneなし of thoseそれら, OKOK?
私たちには不要ですよね?
そのようなコストは必要ありません
08:23
Noneなし of thoseそれら figure数字 into our我々の costコスト,
まず第1に私たちが原価で販売し、政府が配布します
08:26
becauseなぜなら first最初 of allすべて, we我々 sell売る itそれ at〜で costコスト,
andそして theその governments政府 distribute分配します itそれ.
08:30
Itそれ gets取得 distributed配布された
to theその school学校 systemシステム like好きな aa textbook教科書.
学校で教科書のように配布されるのです
08:34
Soそう thatそれ pieceピース disappears消える.
余計なコストが無いから、ディスプレーも何も皆手に入るのです
08:36
Then次に you君は have持ってる display表示 andそして everythingすべて elseelse.
ラップトップのディスプレーのコストは、ざっと
08:39
Now theその display表示 on yourきみの laptopラップトップ costsコスト,
08:42
in rough荒い numbers数字,
10 dollarsドル aa diagonal対角線 inchインチ.
対角線インチ当たり10ドルです
08:47
Thatそれ canできる dropドロップ to eight8;
itそれ canできる dropドロップ to sevenセブン
8~7ドルまでは下がるでしょう
しかし、もっと賢い発明が無い限り
08:49
butだけど it'sそれは notない going行く to dropドロップ to two,
orまたは to one1 andそして aa halfハーフ,
2ドルや1ドル半にはならないでしょう
08:52
unless限り we我々 do行う some一部 prettyかなり clever賢い thingsもの.
残りはグラフの茶色の部分です。おかしな話です
08:56
It'sそれは theその rest残り --- thatそれ little少し brown褐色 boxボックス ---
thatそれ is prettyかなり fascinating魅力的な,
残りはラップトップ自体を動かすOSに使われるのです
09:01
becauseなぜなら theその rest残り of yourきみの laptopラップトップ
is devoted献身的な to itself自体.
まるで太った人が、その体を動かすために
09:06
It'sそれは aa little少し bitビット like好きな an obese肥満 person
09:09
having持つ to useつかいます most最も of their彼らの energyエネルギー
to move動く their彼らの obesity肥満.
エネルギーを一番使うことに似ていますね(笑)
09:12
(Laughter笑い)
現在は、信じられない状況です
09:13
Andそして we我々 have持ってる aa situation状況 today今日
whichどの is incredible信じられない.
私はラップトップができた頃からずっと使ってきました
09:19
I've私は beenされている usingを使用して laptopsラップトップ
since以来 their彼らの inception開始.
私のラップトップは以前に比べ、遅くなり、安定せず、楽しくなくなりました
09:22
Andそして myじぶんの laptopラップトップ runs走る slowerもっとゆっくり,
lessもっと少なく reliably確実に andそして lessもっと少なく pleasantly楽しく
09:27
thanより itそれ everこれまで has持っている before.
今年は最悪です
09:30
Andそして thisこの year is worse悪化する.
皆さん拍手や大喝采をしてくれますが、私は言います
09:32
(Applause拍手)
09:33
People clap拍手する, sometimes時々
you君は even偶数 get取得する standing立っている ovations,
09:36
andそして I sayいう, "What theその hell's地獄 wrong違う
with〜と you君は? Whyなぜ are we我々 allすべて sitting座っている thereそこ?"
「どうしたんだ。なぜ何もしない?」
09:40
Andそして somebody誰か --- to remain残る nameless無名 ---
calledと呼ばれる our我々の laptopラップトップ aa "gadgetガジェット" recently最近.
先日ある人がこのラップトップをおもちゃだと言いました
でも私は、これは超高速だよと言い返しました
09:46
Andそして I said前記, "God, our我々の laptop'sラップトップの going行く to go行く
like好きな aa batコウモリ outでる of hell地獄.
開けると、ビーンと起動音がして、電源が入って、使える
09:50
Whenいつ you君は open開いた itそれ upアップ,
it'sそれは going行く to go行く 'bing'ビン.''"
09:52
It'llそれはよ be〜する on.
09:54
It'llそれはよ be〜する justちょうど like好きな itそれ wasあった in 1985,
まさしく1985年と同じです。皆さんがアップル社のMac512Kを買ったときです(笑)
09:57
whenいつ you君は bought買った an Apple林檎 Macintoshマッキントッシュ 512.
ちゃんと動いていたものが
10:02
Itそれ worked働いた really本当に wellよく.
確実に悪化しているのです
10:04
Andそして we've私たちは beenされている going行く steadily着実に downhill下り坂.
これは何だといつも聞かれますが
10:07
Now, people ask尋ねる allすべて theその time時間 what itそれ is.
これが答えです
10:11
That'sそれは what itそれ is.
注目すべき点は2つ。1つはメッシュネットワークです。子供たちがラップトップを広げると
10:13
Theその two pieces作品 thatそれ are probably多分 notable注目すべき:
it'llそれはよ be〜する aa meshメッシュ networkネットワーク,
10:18
soそう whenいつ theその kids子供たち open開いた upアップ their彼らの laptopsラップトップ,
they彼ら allすべて become〜になる aa networkネットワーク,
それ自体がネットワークの一部になります
外部ネットワークにつながるところが1~2ヶ所必要です
10:22
andそして then次に justちょうど need必要
one1 orまたは two pointsポイント of backhaulバックホール.
2~3千人の子供であっても2Mbpsで済みますので
10:25
You君は canできる serveサーブ aa coupleカップル of thousand kids子供たち
with〜と two megabitsメガビット.
村への導入が可能で
10:28
Soそう you君は really本当に canできる bring持参する into aa village,
10:31
andそして then次に theその villages
canできる connect接続する themselves自分自身,
村と村との接続もできます
実際に上手くいきます
10:33
andそして you君は really本当に canできる do行う itそれ quiteかなり wellよく.
デュアルモード画面で、屋外でも使えるようになります
10:36
Theその dualデュアル modeモード display表示 ---
10:38
theその ideaアイディア is to have持ってる aa display表示
thatそれ bothどちらも works作品 outdoors屋外 ---
携帯電話を屋外で日光の下で使うのは楽しいでしょう?
10:43
isn'tない itそれ fun楽しい usingを使用して yourきみの cell細胞 phone電話
outdoors屋外 in theその sunlight太陽光?
でも、画面が見えません
10:47
Wellよく, you君は can'tできない see見る itそれ.
10:48
Andそして one1 of theその reasons理由 you君は can'tできない see見る itそれ
理由の1つは、大方の携帯電話がほぼずっとバックライトを点灯させているから
10:50
is becauseなぜなら it'sそれは backlightingバックライト
most最も of theその time時間, most最も cell細胞 phones電話機.
です
私たちは前後どちらから照明を受けても良いようにします
10:54
Now, what we're私たちは doingやっている is, we're私たちは doingやっている one1
thatそれ will意志 be〜する bothどちらも frontlit前傾 andそして backlitバックライト付き.
手動で変えるかソフトウェアで変えるかは、未定です
10:59
Andそして whetherかどうか you君は manually手動で switchスイッチ itそれ
orまたは you君は do行う itそれ in theその softwareソフトウェア
11:03
is to be〜する seen見た.
バックライトを使うならカラーになります
11:04
Butだけど whenいつ it'sそれは backlitバックライト付き, it'sそれは color.
前から照明を受けるときは白黒で3倍の解像度となります
11:06
Andそして whenいつ it'sそれは frontlit前傾,
it'sそれは black andそして white
11:08
at〜で three times theその resolution解決.
ちゃんと動いたと思いますか?だめです
11:10
Is itそれ allすべて worked働いた outでる? Noいいえ.
11:13
That'sそれは whyなぜ aa lotロット of our我々の people are
moreもっと orまたは lessもっと少なく living生活 in Taiwan台湾 right now.
だから関係者が今、事実上台湾に住み込んでいます
11:18
Andそして in about 30 days日々,
we'll私たちは know知っている forために sure確かに whetherかどうか thisこの works作品.
30日ぐらいで、動くかどうかはっきりするはずです
ここで一番重要なのは
11:22
Probably多分 theその most最も important重要 pieceピース thereそこ
子供たちでメンテナンスできることです
11:27
is thatそれ theその kids子供たち
really本当に canできる do行う theその maintenanceメンテナンス.
これもまた、誰も信じないことですが
11:30
Andそして thisこの is again再び something何か
thatそれ people don'tしない believe信じる,
間違いありません
11:33
butだけど I really本当に think思う it'sそれは quiteかなり true真実.
これはチュニジアのチュニスでお見せした機械です
11:36
That'sそれは theその machine機械 we我々 showed示した in Tunisチュニス.
私たちが考えている以上の物で
11:41
Thisこの is moreもっと theその direction方向
thatそれ we're私たちは going行く to go行く.
11:44
Andそして it'sそれは something何か
thatそれ we我々 didn'tしなかった think思う wasあった possible可能.
以前はできないと思っていたものです
11:47
Now, I'm私は going行く to passパス thisこの aroundまわり.
皆さんにお回しします
見るだけのものではありません
11:51
Thisこの isn'tない aa design設計, OKOK?
手に取って機械的な動きを確認できるものです
11:53
Soそう thisこの is justちょうど aa mechanical機械的
engineeringエンジニアリング sortソート of embodiment実施形態 of itそれ
11:58
forために you君は to play遊びます with〜と.
あくまで模型で
11:59
Andそして it'sそれは clearlyはっきりと justちょうど aa modelモデル.
動作する実機はMITにあります
12:01
Theその workingワーキング one1 is at〜で MITミット.
こちらのハンサムな紳士にお渡しします
12:04
I'm私は going行く to passパス itそれ
to thisこの handsomeハンサム gentleman紳士.
左右どちらに手渡すかは決めていいですよ。えっ
12:07
At〜で least少なくとも you君は canできる decide決めます
whetherかどうか itそれ goes行く left orまたは ---
12:09
Chrisクリス Andersonアンダーソン: Before you君は do行う itそれ,
forために theその people downダウン in simulcast同時放送 ---
場外放送?すいません忘れてました、カメラがあるんだね
12:12
Nicholasニコラス Negroponteネグロポンテ: Sorryごめんなさい! I forgot忘れた.
CAca: Justちょうど showショー itそれ offオフ aa bitビット.
指摘ありがとう、クリス
12:15
Soそう whereverどこにでも theその cameraカメラ is ---
OKOK, good良い pointポイント. Thank感謝 you君は, Chrisクリス.
これは単なるラップトップではありません
12:19
Theその ideaアイディア wasあった thatそれ
itそれ would〜する be〜する notない onlyのみ aa laptopラップトップ,
こうやって変形することで
12:22
butだけど thatそれ itそれ couldできた transform変換する
into an electronic電子 book.
電子書籍のようにもなります
12:26
Soそう it'sそれは sortソート of an electronic電子 book.
外へ出たら白黒表示になります
12:27
Thisこの is whereどこで whenいつ you君は go行く outside外側,
it'sそれは in black andそして white.
ゲームボタンはありませんがゲーム機にも本にもなります
12:30
Theその gamesゲーム buttonsボタン are missing行方不明,
12:32
butだけど it'llそれはよ alsoまた、 be〜する aa gamesゲーム machine機械,
12:34
book machine機械.
こうすればテレビになります
12:36
Setセット itそれ upアップ thisこの way方法,
andそして it'sそれは aa televisionテレビ setセット.
他にもいろいろです。場外放送をご覧の方にもわかっていただけますか
12:38
Etc., etc. --- is thatそれ enough十分な
forために simulcast同時放送? OKOK, sorryごめんなさい.
誰に回すかはジムに決めてもらいましょう
12:44
I'll私はよ let〜する Jimジム decide決めます
whichどの way方法 to send送信する itそれ afterwardsその後.
(笑)この7ヶ国を見てください
12:47
OKOK. Sevenセブン countries.
12:49
(Laughter笑い)
入札が必要なのでマサチューセッツ州は「たぶん」です
12:51
I sayいう "maybe多分" forために Massachusettsマサチューセッツ州,
becauseなぜなら they彼ら actually実際に have持ってる to do行う aa bid入札.
法律で、入札とかいろいろ必要なのです
12:56
By〜によって law法律 you'veあなたは got持っている to bid入札,
andそして soそう on andそして soそう forth前進.
だから、明言はできません
12:58
Soそう I can'tできない quiteかなり name themそれら.
その他は入札がないので決定です
13:00
In theその otherその他 cases症例,
they彼ら don'tしない have持ってる to do行う bids入札.
13:03
They彼ら canできる decide決めます ---
どれも連邦政府が相手ですが
13:04
it'sそれは theその federal連邦 government政府 in each case場合.
悩ましいことに、皆さんは
13:06
It'sそれは kind種類 of agonizing苦しむ,
「州単位でやろう」というのです
13:08
becauseなぜなら aa lotロット of people sayいう,
"Let'sさあ do行う itそれ at〜で theその state状態 levelレベル,"
国より州の方が迅速だからです。
13:10
becauseなぜなら states are moreもっと nimble軽快な
thanより theその fedsフィード, justちょうど becauseなぜなら of sizeサイズ.
でも規模を重視していますから
13:15
Andそして yetまだ we我々 countカウント.
実際に、連邦政府と交渉したり
13:17
We're私たちは really本当に dealing対処する
with〜と theその federal連邦 government政府.
教育省と交渉したりしています
13:19
We're私たちは really本当に dealing対処する
with〜と ministries省庁 of education教育.
13:21
Andそして ifif you君は look見える at〜で governments政府
aroundまわり theその world世界,
世界中の政府を見ますと
たいてい、教育省が一番保守的で
13:24
ministries省庁 of education教育
tend傾向がある to be〜する theその most最も conservative保守的な,
職員を大量に抱えています
13:28
andそして alsoまた、 theその onesもの thatそれ have持ってる huge巨大 payrolls給与計算.
教育を分かっているのが彼らだと思われてますし
13:32
Everybodyみんな thinks考える
they彼ら know知っている about education教育,
多くの文化もそこに組み込まれています
13:34
aa lotロット of culture文化 is built建てられた into itそれ asとして wellよく.
本当に困難なことです。実に険しい道です
13:37
It'sそれは really本当に hardハード.
Andそして soそう it'sそれは certainly確かに theその hardハード road道路.
国ごとに地域文化は、さまざまです
13:41
Ifif you君は look見える at〜で theその countries,
they're彼らは prettyかなり geoculturally地理的に distributed配布された.
皆が合意しているか?ノーです
13:45
Have持ってる they彼ら allすべて agreed同意した? Noいいえ, notない completely完全に.
間違いなくタイ、ブラジル、ナイジェリアが一番積極的で
13:48
Probably多分 Thailandタイ, Brazilブラジル andそして Nigeriaナイジェリア
13:50
are theその three thatそれ are
theその most最も activeアクティブ andそして most最も agreed同意した.
合意がとれています
実機ができるまでは、あえて、どことも契約などは
13:53
We're私たちは purposely意図的に
notない signing署名する anything何でも with〜と anybody
しません
13:56
until〜まで we我々 actually実際に have持ってる theその workingワーキング onesもの.
少なくとも3ヶ月に1度は先ほどの国々を訪れていますので
13:59
Andそして since以来 I visit訪問
each one1 of thoseそれら countries
14:01
within以内 at〜で least少なくとも everyすべて three months数ヶ月,
3週間ごとに世界一周していることになります
14:04
I'm私は justちょうど going行く aroundまわり theその world世界
everyすべて three weeks.
これがスケジュールです
14:07
Here'sここにいる sortソート of theその scheduleスケジュール
14:08
andそして I put置く at〜で theその bottom we我々 mightかもしれない give与える some一部
away離れて free無料 in two years at〜で thisこの meeting会議.
下に書いてますが、2年後にはここで無料で配れるでしょう
皆さん、100ドルラップトップなんて無理だといいますが
14:15
Everybodyみんな says言う it'sそれは aa $100 laptopラップトップ ---
14:18
you君は can'tできない do行う itそれ.
なぜ無理なのでしょう
14:19
Wellよく, guess推測 what, we're私たちは notない.
最初は135ドルぐらいでしょうが、すぐに安くなります
14:20
We're私たちは coming到来 in probably多分 at〜で 135,
to start開始, then次に driftドリフト downダウン.
これはとても重要なことです
14:26
Andそして that'sそれは very非常に important重要,
14:27
becauseなぜなら soそう manyたくさんの thingsもの hitヒット theその market市場
at〜で aa price価格 andそして then次に driftドリフト upアップ.
大抵の商品は、ある価格で市場に出してから値上げします
目玉商品みたいなもので、注目を浴びたら
14:32
It'sそれは kind種類 of theその loss損失 leaderリーダー,
14:34
andそして then次に asとして soonすぐに asとして itそれ looks外見 interesting面白い,
買えなくなりますし、規模も拡大しません
14:37
itそれ can'tできない be〜する afforded与えられた,
orまたは itそれ can'tできない be〜する scaled縮尺 outでる.
2010年に50ドルを目標にしています
14:39
Soそう we're私たちは targetingターゲティング 50 dollarsドル in 2010.
闇市場は大問題ですが、一つだけ
14:43
Theその grayグレー market's市場の aa big大きい issue問題.
14:45
Andそして one1 of theその ways方法 --- justちょうど one1 ---
闇市場に対抗するのに有効な手段があって
14:47
butだけど one1 of theその ways方法 to help助けて
in theその case場合 of theその grayグレー market市場
特別ユニークなものにすることです
14:51
is to make作る something何か
thatそれ is soそう utterly全く uniqueユニークな ---
自動車の事例に少し似ています
14:54
It'sそれは aa little少し bitビット like好きな theその fact事実
thatそれ automobiles自動車 ---
アメリカでは毎日、大量の自動車が盗まれていますが
14:57
thousands of automobiles自動車
are stolen盗まれた everyすべて day in theその Unitedユナイテッド States.
15:01
Notない one1 singleシングル
post-office郵便局 truckトラック is stolen盗まれた.
郵便トラックは一台も盗まれません(笑)。なぜでしょう?
15:04
(Laughter笑い)
15:05
Andそして whyなぜ?
盗んでも売れないからです
15:06
Becauseなぜなら there'sそこに noいいえ market市場
forために post-office郵便局 trucksトラック.
郵便トラックと同じように
15:09
Itそれ looks外見 like好きな aa post-office郵便局 truckトラック.
色をつけるとか何でもいいのです
15:11
You君は canできる sprayスプレー paintペイント itそれ.
You君は canできる do行う anything何でも you君は want欲しいです.
最近知ったのですが、南アフリカでは白いボルボは盗まれません
15:13
I justちょうど learned学んだ recently最近: in South Africaアフリカ,
noいいえ white Volvosボルボス are stolen盗まれた.
全く、無し、ゼロです
15:17
Period期間. Noneなし. Zeroゼロ.
私たちも白いボルボと同じようにしたいのです
15:19
Soそう we我々 want欲しいです to make作る itそれ
very非常に muchたくさん like好きな aa white Volvoボルボ.
国ごとにも実行部隊はあるのですが、興味はありません
15:24
Each government政府 has持っている aa task仕事 force.
15:26
Thisこの perhapsおそらく is lessもっと少なく interesting面白い,
むしろ、全ての国が団結するように働きかけていますが、簡単ではありません
15:28
butだけど we're私たちは trying試す to get取得する theその governments政府
to allすべて work作業 together一緒に
15:30
andそして it'sそれは notない easy簡単.
経済的側面は、まず政府から検討し
15:34
Theその economics経済 of thisこの
is to start開始 with〜と theその federal連邦 governments政府
他へと広げていきます
15:39
andそして then次に later後で,
to subsequently続いて go行く to otherその他 ---
子供から子供への支援なども考えられます
15:46
whetherかどうか it'sそれは child-to-child子供から子供へ funding資金調達,
この国の子供が途上国の子供に買ってあげるのです
15:48
soそう aa child in thisこの country buys買う one1
forために aa child in theその developing現像 world世界,
同じ性別、同じ学年の子供に買ったりするでしょうし
15:53
maybe多分 of theその same同じ gender性別,
maybe多分 of theその same同じ age年齢.
叔父が、姪や甥に誕生日プレゼントとしてあげたり
15:56
An uncle叔父 gives与える aa niece orまたは aa nephew thatそれ
asとして aa birthdayお誕生日 presentプレゼント.
いろんな可能性があります
16:00
I mean平均, thereそこ are allすべて sortsソート of thingsもの
thatそれ will意志 happen起こる,
16:02
andそして they'll彼らは be〜する very非常に, very非常に excitingエキサイティング.
とても、とてもワクワクします
16:04
Andそして everybodyみんな says言う --- I sayいう ---
it'sそれは an education教育 projectプロジェクト.
教育プロジェクトだと私が言うと、誰もが聞くのです
ソフトウェアは配布するか?と
16:09
Are we我々 providing提供する theその softwareソフトウェア?
装置にソフトウェアは入っていますが、答えはノーです
16:11
Theその answer回答 is:
16:13
Theその systemシステム certainly確かに has持っている softwareソフトウェア,
教材コンテンツは配布しません
16:14
butだけど noいいえ, we're私たちは notない providing提供する
theその education教育 contentコンテンツ.
それは国がやっています
16:18
Thatそれ is really本当に done完了 in theその countries.
私たちは真の「構成主義者」で
16:22
Butだけど we我々 are certainly確かに constructionists建設者.
行動による学習を信じています
16:24
Andそして we我々 certainly確かに believe信じる
in learning学習 by〜によって doingやっている
16:26
andそして everythingすべて fromから Logoロゴ,
whichどの wasあった started開始した in 1968,
初耳かもしれないですが、1968年に現れた言語LOGOから
16:30
to moreもっと modernモダン thingsもの, like好きな Scratchスクラッチ,
ifif you'veあなたは everこれまで even偶数 heard聞いた of itそれ,
最近の言語Scratchまで全てのものが
一役を担っています
16:35
are very非常に, very非常に muchたくさん part of itそれ.
お披露目は以上です
16:37
Andそして that'sそれは theその rolloutロールアウトする.
夢でしょうか?現実でしょうか?いや確かに現実です
16:40
Are we我々 dreaming? Is thisこの realリアル?
16:42
Itそれ actually実際に is realリアル.
1つ批判があります。本当は誰も批判したくはありません
16:45
Theその onlyのみ criticism批判, andそして people
really本当に don'tしない want欲しいです to criticize批判する thisこの,
人道的で非営利な活動だから
16:50
becauseなぜなら itそれ is aa humanitarian人道的な effort努力,
aa nonprofit非営利団体 effort努力
むしろ、批判するのはちょっと愚かといえます(笑)
16:54
andそして to criticize批判する itそれ
is aa little少し bitビット stupid愚か, actually実際に.
16:58
(Laughter笑い)
しかし、1点だけ言われることは
16:59
Butだけど theその one1 thingもの
thatそれ people couldできた criticize批判する wasあった,
良い考えだけど、できないと彼らは言うのです
17:05
"Greatすばらしいです ideaアイディア, butだけど theseこれら guysみんな can'tできない do行う itそれ."
教授なんかでさえ、できないというのです
17:09
Andそして thatそれ couldできた eitherどちらか mean平均 theseこれら guysみんな,
professors教授 andそして soそう on couldn'tできなかった do行う itそれ,
不可能だというのです
17:13
orまたは thatそれ it'sそれは notない possible可能.
でも、12月12日にクアンタ社が製造に同意しました
17:15
Wellよく, on December12月 12, aa company会社
calledと呼ばれる Quanta量子 agreed同意した to buildビルドする itそれ,
地球上の1/3のラップトップを生産している会社ですから
17:21
andそして since以来 they彼ら make作る about one-third3分の1
of allすべて theその laptopsラップトップ on theその planet惑星 today今日,
17:26
thatそれ question質問 disappeared消えた.
疑問は解消されたのです
17:28
Soそう it'sそれは notない aa matter問題
of whetherかどうか it'sそれは going行く to happen起こる.
実現可能かは問題ではありません。実現しつつあるのです
17:31
Itそれ is going行く to happen起こる.
17:32
Andそして ifif itそれ comes来る outでる
at〜で 138 dollarsドル, soそう what?
138ドルになっても、いいじゃないの?
半年遅れても、いいじゃないの?
17:37
Ifif itそれ comes来る outでる six6 months数ヶ月 late遅く, soそう what?
着地が緩やかになるだけです
17:40
That'sそれは aa prettyかなり soft柔らかい landing着陸. Thank感謝 you君は.
ご清聴ありがとうございます(拍手)
17:42
(Applause拍手)
Translated by kenichi ebara
Reviewed by Satoshi Tatsuhara

▲Back to top

About the speaker:

Nicholas Negroponte - Tech visionary
The founder of the MIT Media Lab, Nicholas Negroponte pushed the edge of the information revolution as an inventor, thinker and angel investor. He's the driving force behind One Laptop per Child, building computers for children in the developing world.

Why you should listen

A pioneer in the field of computer-aided design, Negroponte founded (and was the first director of) MIT's Media Lab, which helped drive the multimedia revolution and now houses more than 500 researchers and staff across a broad range of disciplines. An original investor in Wired (and the magazine's "patron saint"), for five years he penned a column exploring the frontiers of technology -- ideas that he expanded into his 1995 best-selling book Being Digital. An angel investor extraordinaire, he's funded more than 40 startups, and served on the boards of companies such as Motorola and Ambient Devices.

But his latest effort, the One Laptop per Child project, may prove his most ambitious. The organization is designing, manufacturing and distributing low-cost, wireless Internet-enabled computers costing roughly $100 and aimed at children. Negroponte hopes to put millions of these devices in the hands of children in the developing world.

More profile about the speaker
Nicholas Negroponte | Speaker | TED.com