English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

Taste3 2008

Jennifer 8. Lee: The hunt for General Tso

ジェニファー 8・リー:左 宗棠のチキンを探せ

Filmed
Views 1,294,045

ジェニファー 8・リー記者は、おなじみのアメリカン中華料理の起源を探究することについて話します。二つの文化が(とても美味しく)混ざり合って、新しい料理となる隠れた場所を探します

- Reporter
The possessor of the best byline in the New York Times, Jennifer 8. Lee reports on culture and city life. Her latest book is The Fortune Cookie Chronicles. Full bio

There are more Chinese restaurants in this country
この国にはますます中華料理店が増えています
00:16
than McDonald's, Burger King, Kentucky Fried Chicken and Wendy's, combined --
マクドナルド、バーガー・キング、ケンタッキー、ウェンディーズを全て合わせた数よりもです
00:19
40,000, actually.
実際、4万店もあります
00:23
Chinese restaurants have played an important role in American history,
中華料理店はアメリカの歴史においてとても重要な役割を果たしてきました
00:24
as a matter of fact.
当たり前ですが
00:27
The Cuban missile crisis was resolved
キューバ―危機が回避されました
00:28
in a Chinese restaurant
それはとある中華料理店です
00:30
called Yenching Palace in Washington, D.C.,
そのお店はワシントン・DCにあるイエンチン・パレスといいます
00:31
which unfortunately is closed now,
不運なことに、今は閉店してしまいました
00:33
and about to be turned into Walgreen's.
そこは今、もうすぐウォルグリーンになります
00:35
And the house that John Wilkes Booth
ジョン・ウィルケス・ブースがアブラハム・リンカーンの
00:37
planned the assassination of Abraham Lincoln
暗殺を計画した家は
00:38
is actually also now a Chinese restaurant
実は今、中華料理店なのです
00:40
called Wok 'n Roll, on H Street in Washington.
お店の名前はウォックン・ロールで、ワシントンのHストリートにあります
00:43
(Laughter)
(笑い)
00:46
And it's not completely gratuitous,
完全に根拠がないわけではありません
00:50
because wok and roll --
なぜなら中華鍋と巻き寿司
00:51
Chinese food and Japanese foods,
中華料理と日本料理屋なんです
00:52
so it kind of works out.
だから、こういう名前なんですよ
00:54
And Americans love their Chinese food so much
アメリカ人は彼らの中華料理が大好きでした
00:55
they've actually brought it into space.
宇宙にまで持って行ったんです
00:58
NASA, for example, serves thermal-stabilized sweet-and-sour pork
例えば、NASAは熱に安定な酢豚をスペースシャトルの操縦士
00:59
on its shuttle menu for its astronauts.
に出すんですよ
01:03
So, let me present the question to you:
では、一つみなさんに質問があります
01:06
If our benchmark for Americanness is apple pie,
もし、どれくらいアメリカンなのかを図る標準がアップルパイだとしたら
01:09
you should ask yourself,
自分に聞いてみて下さい
01:11
how often do you eat apple pie,
どれくらいの頻度でアップルパイを食べるか
01:12
versus how often do you eat Chinese food. Right?
一方、どれくらいの頻度で中華料理を食べるか?でしょ?
01:13
(Laughter)
(笑い)
01:16
And if you think about it,
その事を考えてみると
01:21
a lot of the foods that you think of
あなた方、もしくは私たち、アメリカ人が中華料理だと
01:22
or we think of or Americans think of as Chinese food
考えていたものは
01:25
are barely recognizable to Chinese,
ほとんど中華料理として認識されていないんです
01:28
for example: beef with broccoli, egg rolls, General Tso's Chicken,
例えば:牛肉とブロッコリー炒め、エッグロール、左 宗棠のチキン
01:30
fortune cookies, chop suey, the take-out boxes.
フォーチュン・クッキー、チャプスイ、テイクアウト用の箱なんかです
01:34
For example, I took a whole bunch of fortune cookies back to China,
例えば、私はフォーチュン・クッキーを大量に中国に持って行って
01:37
gave them to Chinese to see how they would react.
中国人がどんなリアクションをするかみてみたんです
01:41
What is this?
何これ
01:42
Should I try it?
試すべき?
01:44
Try it!
試してみて
01:46
What is it called?
これ何て言うの
01:51
Fortune cookie.
フォーチュン・クッキーです
01:53
There's a piece of paper inside!
紙きれが入ってる!
01:58
(Laughter)
(笑い)
02:00
What is this?
何これ?
02:05
You've won a prize!
何か当たった!
02:07
What is this?
何これ?
02:12
It's a fortune!
これは幸運だ!
02:15
Tasty!
おいしい!
02:18
So, where are they from?
これはどこの国のもの?
02:22
The short answer is, actually, they're from Japan.
短く言えば、これは実際日本から来ました
02:23
And in Kyoto, outside,
で、京都の郊外に
02:25
there are still small family-run bakeries
家族経営の小さなパン屋があって
02:27
that make fortune cookies,
そこでフォーチュン・クッキーが作られたんです
02:29
as they did over 100 years ago,
100年前と同じ製法で作られています
02:31
30 years before fortune cookies were introduced in the United States.
30年前にフォーチュンクッキがアメリカに入ってきました
02:33
If you see them side by side,
このクッキーをすみずみまで見ると
02:37
there's yellow and brown.
一部黄色くなっていたり、茶色くなっています
02:39
Theirs are actually flavored with miso and sesame paste,
これは味噌と練りごまで味つけがしてあるんです
02:41
so they're not as sweet as our version.
なので、私たちのフォーチュンクッキーのように甘くはないんです
02:43
So, how did they get to the United States?
では、フォーチュンクッキーがどうやってアメリカに入ってきたか?
02:45
Well, the short answer is, the Japanese immigrants came over,
短く言えば、日本からの移民が来て
02:47
and a bunch of the bakers introduced them --
多くのパン屋がこのフォーチュンクッキーを紹介したんです
02:50
including at least one in Los Angeles,
ロサンゼルスにある少なくとも一つの店
02:52
and one here in San Francisco
そしてサンフランシスコのお店
02:54
called Benkyo-do, which is on the corner of Sutter and Buchanan.
ベンキョウドウというお店なのですが、サッタ―通りとブキャナン通りの角にあります
02:56
They back then, actually,
ベンキョウドウは、実際、
02:58
made fortune cookies using very much the similar kind of irons
京都で見たものと
03:00
that we saw back in Kyoto.
ほとんど同じ鉄の鋳型を使っていました
03:04
So, the interesting question is,
ここでおもしろい質問が一つ、
03:05
how do you go from fortune cookies being something that is Japanese
日本のフォーチュンクッキーが
03:07
to being something that is Chinese?
どうやって中国のものになったのでしょう
03:10
Well, the short answer is,
短く言えば
03:12
we locked up all the Japanese during World War II,
第2次世界大戦で全ての日本人が捕虜されたんです
03:13
including those that made fortune cookies,
フォーチュンクッキーを作っていた日本人もです
03:15
so that's the time when the Chinese moved in,
で、その時と同じくらいに中国人がアメリカに移住してきました
03:17
kind of saw a market opportunity and took over.
で、いいビジネスチャンスだととらえて、引き継いだんです
03:18
(Laughter)
(笑い)
03:21
So, fortune cookies:
だから、日本人が作った
03:23
invented by the Japanese,
フォーチュンクッキーは
03:24
popularized by the Chinese,
中国人によって広められて
03:25
but ultimately consumed by Americans.
最終的にアメリカ人が消費した
03:26
They are more American than anything else.
その当時はアメリカ人の人口が一番多かった
03:28
Another one of my favorite dishes:
私の大好きな料理の一つ
03:30
General Tso's Chicken --
左 宗棠のチキン
03:32
which, by the way, in the US Naval Academy
そう、そういえば米海軍兵学校では
03:33
is called Admiral Tso's Chicken.
左 宗棠のチキンは最高司令官のチキンと言われます
03:34
I love this dish.
私はこの料理が大好きです
03:37
The original name in my book was actually called
私の本での元々の名前は
03:39
The Long March of General Tso,
将官左 宗棠の長征と言われています
03:40
and he has marched very far indeed,
将官左 宗棠は本当に長い事、軍を行進していました
03:42
because he is sweet, he is fried, and he is chicken --
なぜなら、彼は甘くて、油で揚げてあって、しかもチキン(弱虫)
03:43
all things that Americans love.
アメリカ人が全部大好きなものです
03:46
(Laughter)
(笑い)
03:48
He has marched so far, actually,
左 宗棠将軍ははこれまでこの料理を発明した
03:50
that the chef who originally invented the dish
シェフがわからないところまで
03:51
doesn't recognize it; he's kind of horrified.
行進しました。そのシェフはちょっと怖がっています
03:54
He's in Taiwan right now.
そのシェフは今、台湾にいます
04:07
He's retired, deaf and plays a lot of Mahjong.
シェフはもう引退して、耳も聞こえず、麻雀ばかりやっています
04:09
So, he -- after this I showed him,
で、私がこれを彼に見せた後
04:11
he got up,
彼は起き上がって
04:13
and he's like, "Mominqimiao,"
彼は”モンンキンミャオ”と言いました
04:14
which means, "This is all nonsense,"
それは“本当にくだらない”という意味です
04:16
and goes back to play his Mahjong game during the afternoon.
で、彼はその日の午後にまた麻雀をやりに戻りました
04:17
So, another dish. One of my favorites. Beef with broccoli.
もう一つ。私の好きな料理。牛肉とブロッコリーです
04:20
Broccoli is not a Chinese vegetable;
ブロッコリーは中国の野菜ではありません
04:24
in fact, it is originally an Italian vegetable.
実際、ブロッコリーはイタリアの野菜です
04:28
It was introduced into the United States in the 1800s,
ブロッコリーはアメリカに1800年代に入ってきました
04:31
but became popularized in the 1920s and the 1930s.
だけれど、実際人気になったのは1920年から1930年代にかけてです
04:33
In fact, the Chinese had their own version of broccoli,
実は、中国人には彼ら独自のブロッコリーがありました
04:36
which is called Chinese broccoli,
それは、チャイニーズ・ブロッコリーと言うんですが
04:38
but right now, what -- they've now discovered American broccoli,
今では、えっと、アメリカン・ブロッコリーといいます
04:39
and are importing it as a, sort of, exotic delicacy.
チャイニーズブロッコリーはエキゾチックなごちそうとして輸入されたんです
04:43
I guarantee you, General Tso never saw a stalk of broccoli in his life --
左 宗棠のチキンは人生の中で一度もブロッコリーを見たことがないはずです
04:46
and indeed, that actually was a picture of General Tso.
本当にこれが将官タオの写真です
04:50
I went to his home town.
私は彼の生まれ故郷に行きました
04:53
This is a billboard that says:
これは看板です
04:54
"Welcome to the birthplace of General Tso."
”左 宗棠の生誕地にようこそ”と書いてあります
04:55
And I went looking for chicken.
で、私は左 宗棠のチキンを探しに行ったんです
04:57
Finally found a cow --
ついに私は牛を見つけて―
04:58
and did find chicken.
で、鳥が見つかりました
04:59
Believe it or not,
信じられないかもしれませんが
05:03
these guys were actually crossing the road.
この鶏たちは、道を渡っていました
05:04
And --
そして
05:06
(Laughter)
(笑い)
05:07
-- I actually found a whole bunch of General Tso's relatives
私は多くの将官タオの親族を見つけました
05:10
who are still in the little town.
まだ、この小さな町に住んでいます
05:13
This guy is now five generations removed from the General;
この子は将官から5代目
05:14
this guy is about seven.
この子は7代目
05:16
Showed them all the pictures of General Tso Chicken that I showed you,
私が見せた左 宗棠のチキンの写真を見せました
05:18
and they're like, we don't know this dish.
彼らは、この料理を知らなかったんです
05:21
And then they're like, is this Chinese food?
彼らは“これは中華料理なの?”
05:23
Because it doesn't look like Chinese food to them.
なぜなら、彼らにとっては、中華料理に見えなかったんです
05:24
But they weren't kind of surprised
しかし、かれらはそんなに驚いてはいなかった
05:27
I traveled around the world
私は彼らに会うために
05:29
to visit them,
世界中を旅しました
05:30
because in their eyes he is, after all,
彼らにとって、左 宗棠は結局
05:32
a famous Qing dynasty military hero.
有名な清王朝の軍事的な英雄なのです
05:34
He played an important role in the Taiping rebellion,
左 宗棠は太平天国の乱で重要な役割を果たしました
05:35
which was a war started by a guy
この乱は自分が
05:37
who thought he was the son of God
神の子だと思っていた1人の男が始めました
05:39
and the baby brother of Jesus Christ.
キリストの弟です
05:40
And caused the war that killed 20 million people --
この乱で2000万人が死亡しました―
05:41
still the deadliest civil war in the world to this day.
今現在でも世界最悪の死亡者を出した内戦です
05:44
So, you know, I realized when I was there,
で、私がそこを訪ねた時
05:49
General Tso is kind of a lot like Colonel Sanders in America,
左 宗棠は、アメリカのカーネル・サンダースみたいだと思っていました
05:51
in that he's known for chicken and not war.
左 宗棠は、戦争で有名だったのではなくて、鶏料理で有名だったんですから
05:54
But in China, this guy's actually known
でも、中国では、この人は実際
05:56
for war and not chicken.
戦争で有名だったんで、鶏料理で有名だったわけではないのです
05:58
But the granddaddy
中華風アメリカン料理
06:00
of all the Chinese-American dishes
のお爺さんといえば
06:01
we probably ought to talk about
私たちは、チャプスイ
06:03
is chop suey,
の事を話さなくてはなりません
06:04
which was introduced
チャプスイは
06:07
around the turn of the 20th century.
20世紀初頭に紹介されました
06:08
And according to New York Times,
ニューヨーク・タイムズによれば
06:09
in 1904, there was an outbreak of Chinese restaurants all over town,
1904年、中華料理屋が突発的に町中に出来始めたんです
06:11
and "the city has gone 'chop suey' mad."
町はチャプスイの怒りにのまれた
06:14
So it took about 30 years
で、アメリカ人たちが
06:17
before the Americans realized that,
チャプスイが実は中国ではあまり知られていない
06:19
whoa, chop suey is actually not known in China.
とわかるまでに30年かかりました
06:21
And as this article points out,
この記事が指摘しているように
06:24
"The average native of any city in China
中国の標準的な街に産まれた人は
06:25
knows nothing of chop suey."
チャプスイに関して何も知らないんです
06:28
You know, back then it was a way to show
その当時はチャプスイは
06:30
that you were sophisticated and cosmopolitan:
洗練された国際人だと示すためのものだったんです
06:32
if you were a guy and you wanted to impress a girl,
あなたが男性で、女性に好印象を与えたかったら
06:33
you could take her out on a chop suey date.
彼女をチャプスイデートに誘うんです
06:35
I like to say
私は言いたい
06:37
chop suey's the biggest culinary joke
チャプスイは、一つの文化が他の文化に影響を与えた
06:38
that one culture has ever played on another,
最もばかげた料理のジョークです
06:40
because chop suey,
チャプスイは
06:42
if you translate into Chinese,
中国語に訳すと
06:43
means tsap sui, which, if you translate back,
ツァプスイ、英語に戻すと
06:44
means "odds and ends."
がらくたです
06:45
So, these people are going around China asking for chop suey,
ということは、中国でチャプスイを注文するっていうことは、
06:46
which is sort of like a Japanese guy
日本人がアメリカに来て
06:50
coming here and saying,
こう言うようなものです
06:52
I understand you have a very popular dish in your country
アメリカにとても有名な料理があると知っています
06:53
called "leftovers," and it is particularly --
“残り物”っていうんですよね、これは時に
06:55
(Laughter)
(笑い)
06:58
-- right?
――でしょ?
07:00
And not only that:
それだけではありません
07:02
this dish is particularly popular
この料理は特に有名なんですよ
07:05
after that holiday you call Thanksgiving.
感謝祭と呼ばれる祝日の後に特に有名なんです!
07:07
(Laughter)
(笑い)
07:09
So, why -- why and where --
で、なぜ、どこで
07:10
did chop suey come from?
チャプスイは産まれたのでしょう
07:12
Let's go back to mid-1800s
1800年代半ばに戻りましょう
07:13
when the Chinese first came to America.
中国人が初めてアメリカに来た時です
07:16
Now back then, the Americans
その当時、アメリカ人は
07:18
were not clamoring to eat Chinese food.
中華料理はあまり食べませんでした
07:20
In fact, they saw this people who landed at their shores as alien.
実際、アメリカ人は中国人を海岸沿いに着陸した異星人のようだと思ったんです
07:21
These people weren't eating dogs --
この人達は犬は食べない
07:27
they were eating cats --
猫は食べる
07:28
and they weren't eating cats -- they were eating rats.
そして彼らは猫を食べない、だって猫はねずみを食べますから
07:29
In fact, The New York Times, my esteemed employer,
実際、ニューヨークタイムズ、私のすばらしい雇用主です
07:30
in 1883 ran an article that asked,
は1883年にこんな記事を出しました
07:33
"Do Chinese eat rats?"
“中国人はねずみを食べるのか?”
07:34
And not the most PC question to be asked today,
ほとんどのPCに関する質問は現在されません
07:36
but if you kind of look at the popular imagery of the time,
もし、この時代の人気のあったイメージをみると
07:42
not so outlandish.
それほど風変わりでもない
07:44
This is actually a real advertisement for rat poison
これは、殺鼠剤の本物の広告です
07:45
from the late 1800s,
1800年代のものです
07:49
and if you see, under the word "Clears" -- very small --
このClearsの下のとても小さい文字を見ると
07:51
it says, "They must go,"
ここは“彼らは行くべきだ”と
07:54
which refers not only to the rats,
この彼らは鼠の事を指すだけではなく
07:55
but to the Chinese in their midst,
アメリカにいた中国人の事も指していたんです
07:56
because the way that the food was perceived
私たちが食べる食べ物とは違う食べ物を
07:58
was that these people who ate foods different from us
食べる人達は、私たちとは違う
08:01
must be different from us.
といったように受け止められていました
08:05
And another way that you saw, sort of, this sort of,
他には、ちょっと
08:06
this antipathy towards the Chinese
こういった広告を通して、中国人を
08:08
is through documents like this.
毛嫌いするところもありました
08:09
This is actually in the Library of Congress;
これは国会の中にある図書館です
08:10
it is a pamphlet published by Samuel Gompers,
これはサミュエル・ゴンパーズが発行したパンフレットです
08:12
hero of our American labor movement,
彼はアメリカの労働運動の指導者です
08:14
and it's called, "Some Reason for Chinese Exclusion:
これは“中国人を除外するために理由”と呼ばれていました
08:17
Meat versus Rice: American Manhood against Asiatic Coolieism:
肉 対 米 :アメリカ人の男らしさ 対 アジア人のかっこよさ
08:19
Which shall survive?
どちらが生き残るべきか
08:23
And it basically made the argument
そして、これは議論を呼びました
08:24
that Chinese men who ate rice
米を食べる中国人は
08:27
would necessarily bring down the standard of living
肉を食べるアメリカ人の生活の水準を
08:28
for American men who ate meat.
下げることになるというものです
08:30
And as a matter of fact, then,
実を言うと、
08:32
this is one of the reasons
これが一つの理由なんです
08:34
why we must exclude them from this country
なぜ中国人をアメリカから排除しなくてはならないかという事
08:35
So, with sentiments like these,
こんな風潮があったので
08:37
the Chinese Exclusion Act was sort of passed between 1882 and 1902,
中国人排他法案が1882年から1902年の間に可決されたようなものだったんです
08:39
the only time in American history
アメリカの歴史の中で
08:45
when a group was specifically excluded
人種か国籍で
08:47
for its national origin or ethnicity.
あるグループが排除されたのはこれだけです
08:50
So, in a way, because the Chinese were attacked,
中国人が攻撃されたために、ある意味
08:52
chop suey was created as a defense mechanism.
チャプスイは防御システムとして産まれたんです
08:55
Now, who came up with the idea of chop suey?
では、誰がチャプスイというアイデアを思いついたのでしょう
08:58
There's a lot of different mysteries, a lot of different legends,
多くの謎や多くの伝説があります
09:00
but of the ones that I've found that I thought was most interesting
しかし、私が見つけたのは私が一番おもしろいと思ったものですが
09:02
is this article from 1904.
それは1904年のとある記事です
09:05
A Chinese guy named Lem Sen
あるレム・センという1人の中国人が
09:06
shows up in Chinatown, New York City, and says,
ニューヨーク市の中華街に表れて言いました
09:08
I want you guys all to stop making chop suey,
私は、チャプスイを作るのをみんなにやめてもらいたい
09:10
because I am the original creator and sole proprietor
なぜなら、私がチャプスイと呼ばれる料理を
09:12
of the dish known as chop suey.
考案し、特許を持っているからだ
09:14
And the way that he tells it,
彼はこんな感じで言いました
09:16
there was a guy,
ある男がいた
09:17
there was a famous Chinese diplomat that showed up,
有名な中国人の外交官が表れて
09:19
and he was told to make a dish that looked very popular
彼はとても有名そうな料理を作れと言われた
09:22
and could, quote, "pass" as Chinese.
引用しますが中華料理の”ように”見えるものです
09:24
And as he said --
で、彼が言ったように―
09:26
we would never print this today --
今このような広告は現在、絶対に印刷しません
09:27
but basically, the American man has become very rich.
しかし、このアメリカ人の男性は非常にお金持ちになったのです
09:29
Lem Sen, who's this guy:
レム・セン、いったいこの男は誰なのでしょうか
09:33
I would have made this money, too,
私だってこれくらいのお金を稼いだかも
09:34
but I've spent all this time looking for the American man
しかし、私はそのアメリカ人を探すのに全てのお金を使い果たしてしまった
09:35
who stole my recipe.
このアメリカ人は、私のレシピを盗んだんです
09:37
Now I've come and found him,
で、今私は彼を見つけたんです
09:38
and I want my recipe back
で、私のレシピを返せと。
09:39
and I want everyone to stop making chop suey,
で、みんなチャプスイを作るのを辞めてほしい
09:41
or pay me for the right to do the same.
それかチャプスイを作るなら私に金を払えと。
09:43
So it was an early exercise
という事は、これは初期の
09:44
of intellectual property rights.
知的財産権行使ですね
09:46
So the thing is,
で、問題は
09:48
this kind of idea of Chinese-American food
このような中華アメリカン料理というアイデアは
09:49
doesn't exist only in America.
アメリカだけに存在するものではありません
09:52
In fact, if you think about it,
実際、考えてみると
09:55
Chinese food is the most pervasive food on the planet,
中華料理は地球上でもっとも広域に広がった食べ物なのです
09:56
served on all seven continents, even Antarctica,
七大陸全て、南極ですらです
09:58
because Monday night is Chinese food night at McMurdo Station,
マックマード基地は毎週月曜日は中華料理の日だからです
10:01
which is the main scientific station in Antarctica.
マックマード基地は南極にあるアメリカのメイン科学ステーションです
10:04
So, you see different varieties of Chinese food.
中華料理にもいろいろな種類があります
10:07
For example, there is French Chinese food,
例えば、フレンチ中華料理があります
10:09
where they serve salt and pepper frog legs.
塩とこしょうで味付けしたカエルの足のフライがあります
10:11
There is Italian Chinese food,
イタリアン中華料理があります
10:14
where they don't have fortune cookies,
フォーチュンクッキーはないのですが
10:15
so they serve fried gelato.
油で揚げたジェラートがあります
10:18
My downstairs neighbor, Alessandra,
私の階の下に住んでいるアレッサンドラは
10:19
was completely shocked when I told her,
私がこう伝えた時、完全にショックを受けていました
10:20
"Dude, fried gelato is not Chinese."
「おいおい、フライド・ジェラートは中華料理じゃないってば」
10:22
She's like, "It's not?
彼女は「え、違うの??
10:24
But they serve it in all the Chinese restaurants in Italy."
だけどイタリアにある中華料理屋全部で出してるよ!」という感じです
10:25
(Laughter)
(笑い)
10:27
And even the Brits have their own version.
イギリス・バージョンの中華料理もあります
10:32
This is a dish called crispy shredded beef,
この料理はクリスピー細切りビーフと言います
10:34
which has a lot of crisp, a lot of shred, and not a lot of beef.
とってもクリスピー、とっても細切り、でも牛肉はちょっとしかないんです
10:36
There is West Indian Chinese food,
西インド風中華料理もあります
10:40
there's Jamaican Chinese food,
ジャマイカン中華料理もあります
10:42
there is Middle Eastern Chinese food,
中東風中華料理もあります
10:43
there's Mauritian Chinese food.
モーリシア諸島風中華料理もあります
10:44
This is a dish called Magic Bowl
これは私が発見した
10:46
that I discovered.
マジック・ボールと言う料理です
10:47
There's Indian Chinese food,
インド風中華料理もあります
10:48
Korean Chinese food,
韓国風中華料理
10:49
Japanese Chinese food,
和風中華料理もあります
10:51
where they take the bao, the little buns,
これは、バオ、小さい丸いパンですが
10:52
and they make them into pizza versions,
ピザまんを作ったんです
10:54
and they take --
で彼らは―
10:55
and they -- like, totally randomly
で、全く無作為に
10:57
they'll take Chinese noodle dishes,
中国の麺料理を使って
10:58
and they'll just Ramen-ize them.
ラーメン化するんですね
11:01
This is, like, this is something
これは、何て言うか
11:02
that in the Chinese version has no soup.
中国バージョンでスープなしです
11:03
So, there's Peruvian Chinese food,
で、ペルー風中華料理もあります
11:05
which should not be mixed with Mexican Chinese food,
これは、メキシカン中華料理と混ぜるべきではありません
11:07
where they basically take things
なぜかというと、基本的にメキシコ料理は
11:09
and make it look like fajitas.
ファヒタのようにしてしまうからです
11:10
And then -- one thing:
そして、もう一つ
11:12
they have things like risotto chop suey.
リゾットのようなチャプスイがあります
11:13
My personal favorite
私は個人的に
11:14
of all the restaurants I've encountered around the world
世界中で出会ったレストランの中で一番大好きなんですが
11:15
was this one in Brazil, called "Kung Food."
ブラジルにある”カン・フード”です
11:19
(Laughter)
(笑い)
11:21
So, let's take a step back,
では、少しさかのぼってみましょう
11:25
and kind of, understand
では何がアメリカで好まれているか
11:26
what is to be appreciated in America.
少し知ってみましょう
11:28
McDonald's has, sort of,
マクドナルドは、
11:31
garnered a lot of attention, a lot of respect,
注目を集めています、大きな尊敬も獲得してきました
11:34
for basically standardizing
それは基本的にメニュー、
11:36
the menu, décor and dining experience
お店の内装、食事の体験を統一したからです
11:39
in post-World War II America.
第二次世界大戦の後にですね
11:42
But you know what?
でも、知ってます?
11:43
They actually did so
マクドナルドは
11:44
through a centralized headquarters
本部をイリノイ郊外に置いたことで
11:45
out of Illinois, right?
うまくいったんですよね?
11:46
Chinese restaurants
中華料理店は
11:47
have done largely the same thing, I would argue,
ほとんど同じ事をしたのです。ここで私は言いたい
11:48
with the menu and the décor --
メニューと内装も、
11:51
even the restaurant name --
レストランの名前までも
11:52
but without a centralized headquarters.
本部を中心に置かなくてもです
11:53
So, this actually became very clear to me
だから、私にとってとても明確になったんです
11:54
with the March 30, 2005 Powerball drawing,
2005年、3月30日、パワーボールの抽選の日
11:57
where, you know, they expected,
彼らはこう期待したんです
12:01
based on the number of ticket sales they had,
チケットの売り上げから考えれば
12:02
to have three or four second-place winners --
三人か四人の2等の当選者は
12:04
those are the people who match five or six Powerball numbers.
パワーボールの5、6個の数字を当てた人なわけです
12:06
Instead, they had 110,
代わりに、110人もの2等当選者が出た
12:08
and they were completely shocked.
彼らは完全にショックを受けた
12:09
They looked all across the country, and discovered
国中を探しまわって、彼らは
12:11
it couldn't necessarily be fraud,
必ずしも詐欺ではないとわかった
12:13
because it happened, you know,
なぜならですね、
12:14
in different states, across different computer systems.
違う州では違うコンピューターシステムを使っているからなんです
12:15
So whatever it was,
それがなんだったとしても、
12:17
it caused people to sort of behave
そのせいで人が
12:18
in a mass synchronized way.
同じように行動するようになった
12:19
So, like, OK, maybe it had to do with the patterns
そう、それでパターンに関係があるのかもしれないと
12:21
on the little pieces of paper --
小さな紙切れに
12:23
you know, like, it was a diamond,
ご存じだとは思いますが、それがダイヤだった
12:25
or, you know, diagonal.
ひし形のようなやつです
12:26
It wasn't that.
そうじゃなかった
12:27
It wasn't that, so they're like,
それじゃなかった、だから彼らは
12:28
OK, let's look at television,
よし、じゃあテレビを見てみよう
12:29
so they looked at an episode of "Lost."
で、彼らはドラマのロストを見た
12:31
Now, I don't have a TV,
私は今テレビを持ってません
12:32
which makes me a freak, but very productive, and --
それはちょっと変わってるかもしれませんが、とても生産的なんです
12:33
(Laughter)
(笑い)
12:35
-- and this episode of "Lost," I understand,
で、このロストのエピソードで、私はわかったんです
12:39
where the overweight guy has a lucky number
白人のラッキーナンバーは
12:41
which was not a lucky number,
ラッキーナンバーじゃなかった
12:42
which was how long they'd been on the island,
それは彼らがどれくらいあの島にいたのかっていうことだったんです
12:43
but they looked,
とにかく彼らは番組を見て
12:44
and the numbers did not match.
数字は合っていなかったんです
12:45
So they looked at "The Young and The Restless,"
で、彼らはヤング・アンド・ザ・レストレスを見たのですが
12:46
and it wasn't that, either.
数字は合わなかった
12:47
So, it wasn't until the first guy shows up the next day,
で、次の日ある男が現れて
12:48
and they ask him,
彼らはその男に聞いたんです
12:53
"Where did you get your number from?"
”その数字、どこから取ってきたんですか?”
12:54
He's like, "Oh, I got it from a fortune cookie."
彼は”あー、これはフォーチュン・クッキーからですよ”
12:55
This actually is a slip that one of the winners had,
これが当選した人のフォーチュンクッキーの紙切れです
12:56
because the Tennessee lottery security officials
テネシー州の宝くじのセキュリティ担当者は
12:58
were like, oh, no -- like, this can't be true.
やー、こんなのありえないと言いました
13:01
But it was true,
でも、本当なんです
13:03
and basically, of those 110 people,
この当選した110人の人達のうち
13:05
and 104 of them or so
104人くらいは
13:08
had gotten their number from the fortune cookie.
フォーチュンクッキーから数字を取ってきたんです
13:09
(Laughter)
(笑い)
13:11
Yeah. So, I went and started looking.
で、私も調べ始めたんです
13:13
I went across the country,
私は国中を回って
13:16
looking for these restaurants
この当選者がもらったフォーチュンクッキーを
13:17
where these people had gotten their fortune cookies from.
渡した中華料理店を探したんですよ
13:18
You know, there are a bunch of them,
で、いっぱいあったんです
13:21
including Lee's China in Omaha --
オマハにある、リーの中国ってお店
13:22
which is actually run by Koreans, but that's another point --
実は韓国人が経営しているのですが、それは別にいいんです
13:25
and a bunch of them named China Buffet.
で、多くのレストランはチャイナ・ビュッフェという名前でした
13:27
So, what's interesting is that their stories were similar,
おもしろいのは、ストーリーは同じようなものですが
13:30
but they were different.
ちょっと違うんです
13:33
It was lunch, it was take-out,
ランチで、テイクアウトで
13:34
it was sit-down, it was buffet,
店内で、ビュッフェで
13:35
it was three weeks ago, it was three months ago.
3週間前、3カ月前
13:37
But at some point,
ある時点では
13:39
all these people had a very similar experience
この人達は同じような経験をしているんです
13:40
that converged at a fortune cookie and at a Chinese restaurant,
それは結局、中華料理店でフォーチュンクッキーをもらったっていうことです
13:42
and all these Chinese restaurants
これらの中華料理店は
13:45
were serving fortune cookies,
フォーチュンクッキーを売っていて
13:47
which, of course we know
もちろん私たちも知っています
13:48
aren't even Chinese to begin with.
でも、フォーチュンクッキーは中国のものではないんです
13:49
So it's kind of part of the phenomenon
これはちょっとある現象と言ってもいいと思います
13:50
I called spontaneous self-organization, right,
私はこれを自発的な自己組織と呼んでいるのですが、そう
13:52
where, like in ant colonies,
これはアリの巣みたいなんです
13:55
where little decisions made by -- on the micro-level
小さな決定がミクロレベルでなされていて
13:57
actually have a big impact on the macro-level.
マクロレベルで大きなインパクトを持つわけです
14:00
So, a good sort of contrast
なので、チキンマックナゲットと
14:02
is Chicken McNuggets.
比較するといいかもしれません
14:05
McDonald's actually spent 10 years
マクドナルドは、10年もかけて
14:06
coming out with a chicken-like product.
チキンのような製品を考えついたんです
14:07
They did chicken pot pie,
チキンポットパイも
14:10
they did fried chicken,
フライドチキンももう過去の事
14:11
and then they finally introduced Chicken McNuggets.
で、彼らはついにチキンマックナゲットを発売したんです
14:12
And the great innovation of Chicken McNuggets
チキンマックナゲットの素晴らしい革新は
14:14
was not nuggetfying them,
鶏肉をナゲットにしたことではないんです
14:16
because that's kind of an easy concept,
なぜなら、簡単なコンセプトだからです
14:18
but the trick behind Chicken McNuggets was,
しかし、チキンマックナゲットの裏にあるトリックは
14:19
they were able to remove the chicken from the bone
鶏肉から低予算で
14:21
in a cost-effective manner,
骨を取り外すことができたということです
14:23
which is why it took so long
だから他の会社がコピーするのに
14:24
for other people to copy them.
長い時間がかかったんです
14:26
It took 10 years,
10年かかって
14:27
and then within a couple of months,
で、数か月しないうちに
14:28
it was such a hit
すごいヒット商品となった
14:29
they just introduced it and rolled it across
発売したばかりなのに、アメリカ中の
14:30
the entire system of McDonald's in the country.
マクドナルドのシステムを巻き込んだんです
14:31
In contrast,
一方で
14:33
we have General Tso's Chicken,
ここに左 宗棠のチキンがあります
14:34
which actually started in New York City in the early 1970s,
これは1970年の初めころニューヨークシティーで作られました
14:35
as I was also starting in the university in New York City in the early 1970s, so ...
私もニューヨークシティで1970年の初頭の大学に出来た大学で始めました
14:38
And this logo!
このロゴ!
14:43
So me, General Tso's Chicken and this logo
だから、私とここに左 宗棠のチキンとこのロゴは
14:44
are all karmacally related.
宇宙的につながっているんです
14:45
But that dish also took about 10 years
だけど、この料理はアメリカ全体に広まるまで
14:46
to spread across America
10年かかったんです
14:49
from a random restaurant in New York City.
ニューヨークシティの適当なレストランから始まってからです
14:50
Someone's like,
誰かの
14:52
oh, God -- it's sweet, it's fried, it's chicken:
そう、甘くて揚げてあって、鶏肉
14:53
Americans will love this.
アメリカ人は大好きになるはず
14:54
So, what I like to say, you know, this being sort of Bay Area, Silicon Valley --
シリコンバレーの、まあベイエリアで私が言いたいのは、
14:56
is that we think of McDonald's
私たちは、マクドナルドは
15:00
as sort of the Microsoft of the dining experiences.
食事体験上では、マイクロソフトみたいなものだということです
15:01
We can think of Chinese restaurants perhaps as Linux:
中華料理店は、リナックスだと考えることができます
15:04
sort of an open source thing, right,
オープンソースで
15:07
where ideas from one person can be
1人の人間のアイデアが
15:09
copied and propagated across the entire system,
コピーされ、全体のシステムに広がっていく
15:12
that there can be specialized versions of Chinese food,
中華料理に特化したバージョンにもなり得るんです
15:15
you know, depending on the region.
地域にも依りますけれど
15:19
For example, you know,
例えば
15:20
in New Orleans we have Cajun Chinese food,
ニューオリーンズは、ケイジャン中華料理があります
15:22
where they serve Sichuan alligator and sweet and sour crawfish, right?
そこでは、四川アリゲーターとか甘酢ザリガニとかがあるんですよね?
15:24
And in Philadelphia,
フィラデルフィアでは
15:28
you have Philadelphia cheesesteak roll,
フィラデルフィア・チーズステーキ・ロールがあります
15:29
which looks like an egg roll on the outside,
外からは春巻きみたいに見えますが
15:31
but a cheesesteak on the inside.
チーズステーキが中に入っています
15:32
I was really surprised to discover that,
私は驚いたんです
15:33
not only in Philadelphia, but also in Atlanta,
フィラデルフィアだけでなく、アトランタでもこの春巻きを見つけたんです
15:35
because what had happened
なぜならですね、
15:38
was that a Chinese family had moved
中国人の家族が
15:39
from Atlanta to -- sorry, from Philadelphia to Atlanta,
アトランタから、ごめんなさい、フィラデルフィアからアトランタ
15:40
and brought that with them.
に引っ越して、持ち込んだんです
15:44
So, the thing is,
ここで言いたいのは
15:46
our historical lore,
私たちの歴史上の言い伝えは
15:47
because of the way we like narratives,
私たちが好きな物語があるために、
15:48
are full of vast characters
多くのキャラクターが存在するんです
15:49
such as, you know, Howard Schultz of Starbucks
例えばスターバックスのハワード・シュルツ、
15:51
and Ray Kroc with McDonald's
マクドナルドのレイ・クロック、
15:53
and Asa Chandler with Coca-Cola.
コカコーラのアサ・チャンドラーなどです
15:55
But, you know,
しかしですね、
15:58
it's very easy to overlook the smaller characters -- oops --
小さなキャラクターを見過ごすのは簡単です、あっ!
15:59
for example, like Lem Sen,
例えば、チャプスイを作った
16:02
who introduced chop suey,
レム・セン
16:03
Chef Peng,
シェフのペン氏
16:05
who introduced General Tso Chicken,
左 宗棠のチキンを作った人ですね
16:06
and all the Japanese bakers
フォーチュンクッキーを作った
16:07
who introduced fortune cookies.
全ての日本のパン屋
16:09
So, the point of my presentation is
私のプレゼンテーションの焦点は
16:11
to make you think twice,
あなた方に再び考えてもらおうと思ったんです
16:13
that those whose names are forgotten in history
歴史の中で忘れ去られた人の名前は
16:15
can often have had as much,
時として忘れるくらいのものでも
16:17
if not more, impact on what we eat today.
少なくとも私たちが食べているものに影響を与えているという事をです
16:18
So. Thank you very much.
ありがとうございました
16:21
Translated by Mariko Imada
Reviewed by Lace Nguyen

▲Back to top

About the speaker:

Jennifer 8. Lee - Reporter
The possessor of the best byline in the New York Times, Jennifer 8. Lee reports on culture and city life. Her latest book is The Fortune Cookie Chronicles.

Why you should listen

Jennifer 8. Lee is a reporter for the New York Times, starting with the paper as a tech writer for the Circuits section. She's now a metropolitan reporter for the paper, turning in sparkling and intricately reported stories of city life. NPR called her a "conceptual scoop" artist -- finding and getting details on new lifestyle trends that we all want to talk about.

Her fascination with American Chinese food led her to research and write The Fortune Cookie Chronicles, in which she solves some of the enduring mysteries around this indigenous cuisine, including such questions as: "Who is General Tso and why are we eating his chicken?" and "Why do Jews eat Chinese food on Christmas?"

 

More profile about the speaker
Jennifer 8. Lee | Speaker | TED.com