English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2004

Michael Merzenich: Growing evidence of brain plasticity

マイケル・メルゼニッチによる脳の再構築

Filmed
Views 1,248,054

神経科学者であるマイケル・メルゼニッチが脳の可塑性という驚くべき能力の秘密を紹介します。メルゼニッチは私たちの技能の向上や、損失した機能を取り戻すために、脳の可塑性を活用する方法を研究しています。

- Neuroscientist
Michael Merzenich studies neuroplasticity -- the brain's powerful ability to change itself and adapt -- and ways we might make use of that plasticity to heal injured brains and enhance the skills in healthy ones. Full bio

Thisこの machine機械, whichどの we我々 allすべて have持ってる residing住む in our我々の skulls頭蓋骨,
私たち皆が頭蓋の中に持っているこの機構は
00:12
reminds思い出させる me of an aphorism格言, of aa
ウッディー・アレンのコメントにあった
00:15
commentコメント of Woodyウッディー Allenアレン
ある箴言を思い出させます
00:18
to ask尋ねる about what is theその very非常に bestベスト thingもの to have持ってる within以内 yourきみの skull頭蓋骨.
頭の中に入れておくべき最高の物は何かというものです
00:20
Andそして it'sそれは thisこの machine機械.
そしてこちらがその機構です
00:22
Andそして it'sそれは constructed建設された forために change変化する. It'sそれは allすべて about change変化する.
変化の為に構成されています それに尽きます
00:24
Itそれ confers授与する on us米国 theその ability能力 to do行う thingsもの tomorrow明日 thatそれ we我々 can'tできない do行う today今日,
私たちに今日できないことを明日
00:27
thingsもの today今日 thatそれ we我々 couldn'tできなかった do行う yesterday昨日.
昨日できなかったことを今日する能力を授けてくれます
00:30
Andそして of courseコース it'sそれは bornうまれた stupid愚か.
当然最初は無能です
00:32
Theその last最終 time時間 you君は wereあった in theその presence存在 of aa baby赤ちゃん ---
一番最近あなたが赤ん坊と会ったとき --
00:34
thisこの happens起こる to be〜する myじぶんの granddaughter孫娘, Mitraミツラ.
これは私の孫のミトラです
00:36
Isn'tない she彼女 fabulous素晴らしい?
素晴らしいでしょう?
00:39
(Laughter笑い)
(笑い)
00:41
Butだけど nonethelessそれにもかかわらず whenいつ she彼女 poppedポップされた outでる
彼女が誕生したときは
00:42
despite何と theその fact事実 thatそれ her彼女 brain had持っていました actually実際に beenされている progressing進行中
その数ヶ月前から
00:44
in itsその development開発 forために severalいくつかの months数ヶ月 before
胎内での経験に基づいて
00:46
on theその basis基礎 of her彼女 experiences経験 in theその womb子宮 ---
脳は進化し始めていましたが
00:48
nonethelessそれにもかかわらず she彼女 had持っていました very非常に limited限られた abilities能力,
全ての胎児と同様に
00:50
asとして doesする everyすべて infant幼児
満期産の時点で
00:52
at〜で theその time時間 of normal正常, naturalナチュラル full-term満期 birth誕生.
彼女の能力は非常に限られたものでした
00:54
Ifif we我々 wereあった to assayアッセイ her彼女 perceptual知覚的 abilities能力, they彼ら would〜する be〜する crude原油.
彼女の認知能力を測定しても それはひどいものでしょう
00:57
Thereそこ is noいいえ realリアル indication表示 thatそれ thereそこ is anyどれか realリアル thinking考え going行く on.
思考していることを示すものは何もなく
01:01
In fact事実 thereそこ is little少し evidence証拠 thatそれ thereそこ is anyどれか
実際幼児に知覚能力があることを
01:04
cognitive認知 ability能力 in aa very非常に young若い infant幼児.
示す証拠はほとんどありません
01:07
Infants幼児 don'tしない respond応答する to muchたくさん.
幼児はあまり反応を示しません
01:10
Thereそこ is notない really本当に muchたくさん of an indication表示 in fact事実 thatそれ thereそこ is aa person on boardボード.
実際人間が操縦していることを示すものはほとんどないのです
01:12
(Laughter笑い)
(笑い)
01:15
Andそして they彼ら canできる onlyのみ in aa very非常に primitiveプリミティブ way方法, andそして in aa very非常に limited限られた way方法
非常に原始的で限られた方法でしか
01:18
controlコントロール their彼らの movements動き.
幼児は動けません
01:21
Itそれ would〜する be〜する severalいくつかの months数ヶ月 before thisこの infant幼児
手を伸ばして物を掴み
01:22
couldできた do行う something何か asとして simple単純 asとして reachリーチ outでる andそして grasp把握
たぐり寄せるという意識的な動きが出来るようになるまで
01:24
under voluntary自発的 controlコントロール an objectオブジェクト andそして retrieve検索する itそれ,
数ヶ月かかります
01:26
usually通常 to theその mouth.
大抵口に運ぶんですけれどね
01:28
Andそして itそれ will意志 be〜する some一部 months数ヶ月 beforeward先に,
数ヶ月経つと
01:30
andそして we我々 see見る aa long長いです steady安定した progression進行
長く 安定した進化が見られ
01:32
of theその evolution進化 fromから theその first最初 wiggles揺れる,
くねくねし 転がり
01:35
to rolling圧延 over以上, andそして sitting座っている upアップ, andそして crawlingクロール,
そして座るようになり ハイハイし始め
01:37
standing立っている, walking歩く,
立ち上がり 歩き
01:39
before we我々 get取得する to thatそれ magical魔法の pointポイント
この世界で動き回れるようになる
01:41
in whichどの we我々 canできる motate動機 in theその world世界.
奇跡的な時点にたどり着きます
01:43
Andそして yetまだ, whenいつ we我々 look見える forward前進 in theその brain
一方で脳では
01:45
we我々 see見る really本当に remarkable顕著 advance前進.
素晴らし進歩が見られます
01:47
By〜によって thisこの age年齢 theその brain canできる actually実際に store格納.
その時点で脳は記憶できるようになっています
01:50
Itそれ has持っている stored保存された, recorded記録された,
幾千幾万もの
01:52
canできる fastlyすばやく retrieve検索する
物 行動
01:54
theその meanings意味 of thousands,
この世界におけるそれらの関係を
01:56
tens数十 of thousands of objectsオブジェクト,
記憶し 覚え
01:58
actions行動, andそして their彼らの relationships関係 in theその world世界.
素早く思い出せます
02:00
Andそして thoseそれら relationships関係 canできる in fact事実 be〜する constructed建設された in hundreds数百 of thousands,
そしてそういった関係は何十万
02:02
potentially潜在的 millions何百万 of ways方法.
潜在的に数百万通りの方法で構築され得ます
02:05
By〜によって thisこの age年齢 theその brain controlsコントロール very非常に refined洗練された perceptual知覚的 abilities能力.
またその時点で 脳は洗練された認知能力を持ちます
02:07
Andそして itそれ actually実際に has持っている aa growing成長する repertoireレパートリー of cognitive認知 skillsスキル.
認知技能のレパートリーは増大していっています
02:12
Thisこの brain is very非常に muchたくさん aa thinking考え machine機械.
この脳は立派な思考機構です
02:15
Andそして by〜によって thisこの age年齢 thereそこ is absolutely絶対に noいいえ question質問
その頃には疑いようもなく
02:18
thatそれ thisこの brain, itそれ has持っている aa person on boardボード.
この脳には人間が乗っています
02:21
Andそして in fact事実 at〜で thisこの age年齢 itそれ is substantially実質的に controlling制御する itsその own自分の self-development自己開発.
実際 その頃の脳は実質的に自己の発達を制御しています
02:25
Andそして by〜によって thisこの age年齢 we我々 see見る aa remarkable顕著 evolution進化
またその年齢になると運動制御の能力に
02:29
in itsその capacity容量 to controlコントロール movement移動.
素晴らしい進化が見られます
02:31
Now movement移動 has持っている advanced高度な to theその pointポイント
その能力は
02:34
whereどこで itそれ canできる actually実際に controlコントロール movement移動 simultaneously同時に,
例えばサッカーといった
02:36
in aa complex複合体 sequenceシーケンス, in complex複合体 ways方法
複雑なゲームを遊ぶのに必要な
02:39
asとして would〜する be〜する required必須 forために example
同時な動き
02:41
forために playing遊ぶ aa complicated複雑な gameゲーム,
複雑な順番および方法での
02:43
like好きな soccerサッカー.
動きを制御できるようになっています
02:45
Now thisこの boy男の子 canできる bounceバウンス aa soccerサッカー ball on his head.
こちらの男の子は頭でリフティングできます
02:47
Andそして whereどこで thisこの boy男の子 comes来る fromから, Saoサモ Pauloポーロ, Brazilブラジル,
ブラジルのサンパウロの子です
02:50
about 40 percentパーセント of boys男の子 of his age年齢 have持ってる thisこの ability能力.
この年頃の男の子の 40% は同じことができます
02:52
You君は couldできた go行く outでる into theその communityコミュニティ in Montereyモントレー,
モンテレーの町に行っても
02:56
andそして you'dあなたは have持ってる difficulty困難 finding所見 aa boy男の子 thatそれ has持っている thisこの ability能力.
こういうことができる男の子を見つけるのは難しいでしょう
03:00
Andそして ifif you君は didした he'd彼は probably多分 be〜する fromから Saoサモ Pauloポーロ.
いたとしたらその子はきっとサンパウロ出身です
03:03
(Laughter笑い)
(笑い)
03:06
That'sそれは allすべて another別の way方法 of saying言って
これはつまり
03:07
thatそれ our我々の individual個人 skillsスキル andそして abilities能力
私たち個々の技能や能力は
03:09
are very非常に muchたくさん shaped形をした by〜によって our我々の environments環境.
環境によって形成されるということです
03:11
Thatそれ environment環境 extends拡張する into our我々の contemporaryコンテンポラリー culture文化,
その環境は私たちの現代文化に及び
03:13
theその thingもの our我々の brain is challenged挑戦した with〜と.
私たちの脳が曝されるものとなります
03:16
Becauseなぜなら what we've私たちは done完了 in our我々の personal個人的 evolutions進化
私たち個々が経た進化は
03:18
is buildビルドする upアップ aa large repertoireレパートリー of specific特定 skillsスキル andそして abilities能力
個々の来歴に特定の
03:20
thatそれ are specific特定 to our我々の own自分の individual個人 histories歴史.
技能や能力の膨大なレパートリーから成っています
03:24
Andそして in fact事実 they彼ら result結果 in aa wonderful素晴らしい
そしてその結果
03:26
differentiation差別化 in humankind人類,
人類の素晴らしい分化が見られます
03:28
in theその way方法 thatそれ, in fact事実, noいいえ two of us米国
その結果
03:31
are quiteかなり alike似ている.
私たち誰もが 他の誰とも異なる存在であります
03:33
Everyすべて one1 of us米国 has持っている aa different異なる setセット of acquired獲得しました skillsスキル andそして abilities能力
私たちは皆
03:35
thatそれ allすべて derive派生する outでる of theその plasticity可塑性,
驚異的な適応力を持つ機構の可塑性によって
03:38
theその adaptability適合性 of thisこの really本当に remarkable顕著 adaptiveアダプティブ machine機械.
それぞれ異なる技能や能力を習得しています
03:40
In an adult大人 brain of courseコース we've私たちは built建てられた upアップ
成人の脳は当然発達しており
03:45
aa large repertoireレパートリー of mastered習得した skillsスキル andそして abilities能力
優れた技能や能力のレパートリーを持っています
03:48
thatそれ we我々 canできる perform実行する moreもっと orまたは lessもっと少なく automatically自動的に fromから memory記憶,
記憶から 大抵自動的に物事を遂行できます
03:50
andそして thatそれ define定義する us米国 asとして acting演技, moving動く, thinking考え creatures生き物.
このことが私たちを活動し 思考する生物たらしめています
03:53
Now we我々 study調査 thisこの,
以上のことを
03:58
asとして theその nerdyナーディー, laboratory研究室, university-based大学を拠点とする scientists科学者 thatそれ we我々 are,
オタクな私たち大学研究者達は研究します
04:00
by〜によって engaging魅力的 theその brains頭脳
ラットやサルといった
04:03
of animals動物 like好きな ratsラット, orまたは monkeysサル,
動物の脳
04:05
orまたは of thisこの particularly特に curious好奇心 creature生き物 ---
あるいはこちらの興味深い生き物
04:08
one1 of theその moreもっと bizarre奇妙な formsフォーム of life生活 on earth地球 ---
地球上で最も奇抜な形をした生き物の脳が
04:11
to engage従事する themそれら in learning学習 new新しい skillsスキル andそして abilities能力.
技能や能力を学習するところを研究します
04:14
Andそして we我々 tryお試しください to trackトラック theその changes変更 thatそれ occur発生する
私たちは新たな技能や能力が習得されるときの
04:17
asとして theその new新しい skillスキル orまたは ability能力 is acquired獲得しました.
変化を調べようとします
04:19
In fact事実 we我々 do行う thisこの in individuals個人
それをあらゆる年齢 あらゆる種の
04:21
of anyどれか age年齢, in theseこれら different異なる species ---
個体で調べます
04:24
thatそれ is to sayいう fromから infancies乳幼児期,
つまり幼児から
04:26
infancy幼児期 upアップ to adulthood成人期 andそして old古い age年齢.
成人 そして老人もです
04:28
Soそう we我々 mightかもしれない engage従事する aa ratラット, forために example,
例えばラットに
04:32
to acquire獲得する aa new新しい skillスキル orまたは ability能力
新しい技能や能力を習得させます
04:34
thatそれ mightかもしれない involve関与する theその ratラット usingを使用して itsその paw
四肢を使って
04:36
to masterマスター particular特に manualマニュアル grasp把握 behaviors行動
物を掴む行動などです
04:39
justちょうど like好きな we我々 mightかもしれない examine調べる aa child
それは人間の子供が
04:41
andそして their彼らの ability能力 to acquire獲得する theその sub-skillsサブスキル,
下位技能の習得や
04:44
orまたは theその general一般 overall全体 skillスキル of accomplishing達成する something何か
読書ができるようになるといった
04:46
like好きな masteringマスタリング theその ability能力 to read読む.
全般的能力の習得を調べるのと同様です
04:48
Orまたは you君は mightかもしれない look見える in an olderより古い individual個人
あるいは楽譜を読む能力や
04:51
who has持っている mastered習得した aa complex複合体 setセット of abilities能力
楽器演奏に適応される
04:53
thatそれ mightかもしれない relate関連する to reading読書 musicalミュージカル notation記法
無意識の動きと関連した
04:55
orまたは performing実行する theその mechanical機械的 acts行為 of performanceパフォーマンス
複雑な能力を習得した
04:57
thatそれ apply適用する to musicalミュージカル performanceパフォーマンス.
より年を経た人間も調べます
05:00
Fromから theseこれら studies研究 we我々 defined定義された two greatすばらしいです epochsエポック
以上のような研究から
05:03
of theその plasticプラスチック history歴史 of theその brain.
私たちは脳の二つの重要な時期を見出しました
05:06
Theその first最初 greatすばらしいです epochエポック is commonly一般的に calledと呼ばれる theその "Criticalクリティカルな Period期間."
一つ目の重要な時期は一般的に「臨界期」と呼ばれています
05:09
Andそして thatそれ is theその period期間 in whichどの theその brain is setting設定 upアップ
この時期に脳は
05:12
in itsその initial初期 form itsその basic基本的な processing処理 machinery機械.
その初期形態 その基本的な処理機構を作り上げます
05:14
Thisこの is actually実際に aa period期間 of dramatic劇的 change変化する
この時期には
05:17
in whichどの itそれ doesn'tしない take取る learning学習, per〜ごと se, to driveドライブ
学習自体は伴いませんが
05:20
theその initial初期 differentiation差別化 of theその machinery機械 of theその brain.
脳の機構の初期分化を促す劇的な変化があります
05:23
Allすべて itそれ takesテイク forために example in theその sound domainドメイン,
例えば音の領域では
05:26
is exposure暴露 to sound.
音に曝されることが全てです
05:29
Andそして theその brain actually実際に is at〜で theその mercy慈悲
実際 脳は自身が過ごす音環境の
05:31
of theその sound environment環境 in whichどの itそれ is reared飼育された.
なすがままです
05:33
Soそう forために example I canできる rearリア an animal動物
例えば動物を
05:37
in an environment環境 in whichどの thereそこ is meaningless無意味な dumbダム sound,
無意味な音がする環境で育てるとします
05:39
aa repertoireレパートリー of sound thatそれ I make作る upアップ,
私が作った無意味な音でです
05:43
thatそれ I make作る, justちょうど by〜によって exposure暴露, artificially人為的に important重要
音は 曝すだけで人為的に
05:46
to theその animal動物 andそして itsその young若い brain.
動物とその脳にとって重要なものにできます
05:48
Andそして what I see見る is thatそれ theその animal's動物の brain setsセット upアップ
そしてその脳を調べると
05:51
itsその initial初期 processing処理 of thatそれ sound
曝された音を組織的で秩序だって
05:53
in aa form that'sそれは idealized理想化された, within以内 theその limits限界 of itsその processing処理 achievements業績
表現されるよう処理する為に
05:55
to represent代表する itそれ in an organized組織された andそして orderly秩序ある way方法.
可能な限り理想的な形に変化します
05:59
Theその sound doesn'tしない have持ってる to be〜する valuable貴重な to theその animal動物:
用いる音はその動物にとって価値のあるものである必要はありません
06:03
I couldできた raise上げる theその animal動物 in something何か thatそれ couldできた be〜する hypothetically仮説的に valuable貴重な,
例えば子供の母国語の音を
06:06
like好きな theその sounds thatそれ simulateシミュレートする
シミュレートした音など
06:09
theその sounds of aa nativeネイティブ language言語 of aa child.
価値があるかもしれない音を曝して動物を育てることもできます
06:11
Andそして I see見る theその brain actually実際に develop開発する aa processorプロセッサー thatそれ is specialized特化した ---
そうすると脳はそれに特化した処理能力を発達させます
06:14
specialized特化した forために thatそれ complex複合体 arrayアレイ, aa repertoireレパートリー of sounds.
音の複雑な配列 そしてレパートリーに特化したものにです
06:17
Itそれ actually実際に exaggerates誇張 their彼らの separateness分離 of representation表現,
多次元的なニューロンの表現といった観点で
06:20
in multi-dimensional多次元 neuronalニューロン representational表現的な terms条項.
音の分離が強調されるようにします
06:23
Orまたは I canできる expose公開する theその animal動物 to aa completely完全に meaningless無意味な andそして destructive破壊的 sound.
あるいは全く無意味で有害な音に曝して
06:27
I canできる raise上げる an animal動物 under conditions条件
動物を育てることもできます
06:32
thatそれ would〜する be〜する equivalent同等 to raising募集 aa baby赤ちゃん
赤ん坊をある程度うるさいファンの
06:34
under aa moderately適度に loud大声で ceiling天井 fanファン,
持続的な音がする環境に置くのと
06:36
in theその presence存在 of continuous連続 noiseノイズ.
同等の条件で動物を育てます
06:38
Andそして whenいつ I do行う thatそれ I actually実際に specialize特化する theその brain
そうすると脳は
06:40
to be〜する aa masterマスター processorプロセッサー forために thatそれ meaningless無意味な sound.
その無意味な音の処理に特化します
06:43
Andそして I frustrate挫折 itsその ability能力
それは結果的にその脳の
06:47
to represent代表する anyどれか meaningful意味のある sound asとして aa consequence結果.
意味のある音を処理する能力を阻害します
06:49
Suchそのような thingsもの in theその early早い history歴史 of babies赤ちゃん
このようなことは
06:52
occur発生する in realリアル babies赤ちゃん.
幼児で実際に起こります
06:54
Andそして they彼ら accountアカウント forために, forために example
このような変化によって例えば
06:56
theその beautiful綺麗な evolution進化 of aa language-specific言語固有の processorプロセッサー
正常に発達している幼児において
06:59
in everyすべて normally通常は developing現像 baby赤ちゃん.
見事に言語処理能力が形成されます
07:02
Andそして soそう they彼ら alsoまた、 accountアカウント forために
また同時に
07:05
development開発 of defective欠陥のある processing処理
多くの幼児において
07:07
in aa substantial実質的な population人口 of children子供
成長したときに
07:09
who are moreもっと limited限られた, asとして aa consequence結果,
言語能力に問題があることの
07:12
in their彼らの language言語 abilities能力 at〜で an olderより古い age年齢.
原因にもなっています
07:14
Now in thisこの early早い period期間 of plasticity可塑性
可塑性が特に機能する早期には
07:18
theその brain actually実際に changes変更 outside外側 of aa learning学習 contextコンテキスト.
脳は学習の文脈とは無関係に変化していきます
07:21
I don'tしない have持ってる to be〜する paying払う attention注意 to what I hear聞く.
聞こえているものに注意を払う必要はありません
07:24
Theその input入力 doesn'tしない really本当に have持ってる to be〜する meaningful意味のある.
それが意味のある音である必要もありません
07:27
I don'tしない have持ってる to be〜する in aa behavioral行動的 contextコンテキスト.
行動の文脈と無関係でも構いません
07:30
Thisこの is required必須 soそう theその brain setsセット upアップ it'sそれは processing処理
この発達過程は脳が処理能力を作り上げるためです
07:33
soそう thatそれ itそれ canできる act行為 differentially差別的に,
脳が別々に そして選択的に
07:36
soそう thatそれ itそれ canできる act行為 selectively選択的に,
作動できるようになるためです
07:38
soそう thatそれ theその creature生き物 thatそれ wears着る itそれ, thatそれ carries運ぶ itそれ,
その脳を持つものが
07:40
canできる beginベギン to operate操作する on itそれ in aa selective選択的 way方法.
選択的に作業できるようになるためです
07:44
In theその next greatすばらしいです epochエポック of life生活, whichどの applies適用する forために most最も of life生活,
二つ目の重要な時期 それは人生のほぼ全ての時間ですが
07:47
theその brain is actually実際に refining精製 itsその machinery機械
この時期に脳は幅広い技能や能力を習得するにつれて
07:51
asとして itそれ mastersマスター aa wideワイド repertoireレパートリー of skillsスキル andそして abilities能力.
その機構を洗練していきます
07:54
Andそして in thisこの epochエポック,
そしてこの時期
07:56
whichどの extends拡張する fromから late遅く in theその first最初 year of life生活 to death;
生まれてそこそこから死ぬまでの時期には
07:58
it'sそれは actually実際に doingやっている thisこの under behavioral行動的 controlコントロール.
行動の制御下でそれはなされていきます
08:02
Andそして that'sそれは another別の way方法 of saying言って
つまり
08:04
theその brain has持っている strategies戦略 thatそれ define定義する
脳は入力される信号の
08:06
theその significance意義 of theその input入力 to theその brain.
重要性を判断する戦略を持っているのです
08:09
Andそして it'sそれは focusingフォーカス on skillスキル after skillスキル,
特定の注意制御の元
08:11
orまたは ability能力 after ability能力,
数々の技能
08:13
under specific特定 attentional注意 controlコントロール.
数々の能力に取り組みます
08:17
It'sそれは aa function関数 of whetherかどうか aa goalゴール in aa behavior動作 is achieved達成された
それは行動で目標を達成するか
08:19
orまたは whetherかどうか theその individual個人 is rewarded報酬を与えられた in theその behavior動作.
あるいは行動で個人が強化されるといった機能です
08:22
Thisこの is actually実際に very非常に powerful強力な.
これは非常に強力です
08:27
Thisこの lifelong生涯 capacity容量 forために plasticity可塑性, forために brain change変化する,
生涯にわたる可塑性と脳の変化の許容量が
08:30
is powerfully強力に expressed表現された.
力強く示されています
08:32
Itそれ is theその basis基礎 of our我々の realリアル differentiation差別化,
これは私たちの本当の個人差の
08:34
one1 individual個人 fromから another別の.
基礎なのです
08:36
You君は canできる look見える downダウン in theその brain of an animal動物
特定の技能に取り組んでいる
08:38
that'sそれは engaged従事する in aa specific特定 skillスキル,
動物の脳を調べると
08:40
andそして you君は canできる witness証人 orまたは document資料 thisこの change変化する on aa variety品種 of levelsレベル.
さまざまなレベルでこの変化を記述できます
08:42
Soそう hereここに is aa very非常に simple単純 experiment実験.
例えばこんな実験があります
08:45
Itそれ wasあった actually実際に conducted導かれた about five years ago
マルセイユのプロバンス大学の科学者と共同で
08:47
in collaborationコラボレーション with〜と scientists科学者 fromから theその University大学 of Provenceプロヴァンス
5年前に行われた
08:49
in Marseillesマルセイユ.
実験です
08:52
It'sそれは aa very非常に simple単純 experiment実験 whereどこで aa monkeyモンキー has持っている beenされている trained訓練された
非常に簡単な実験で
08:54
in aa task仕事 thatそれ involves関係する itそれ manipulating操作する aa toolツール
子供がスプーンを扱うことを学習するのと
08:56
that'sそれは equivalent同等 in itsその difficulty困難
同等の難易度で
09:00
to aa child learning学習 to manipulate操作する orまたは handleハンドル aa spoonスプーン.
サルに道具の扱いを学習させる実験です
09:02
Theその monkeyモンキー actually実際に mastered習得した theその task仕事
サルは約700試行で
09:04
in about 700 practice練習 tries試行する.
その課題をできるようになりました
09:06
Soそう in theその beginning始まり theその monkeyモンキー couldできた notない perform実行する thisこの task仕事 at〜で allすべて.
最初は全くできませんでした
09:09
Itそれ had持っていました aa success成功 rateレート of about one1 in eight8 tries試行する.
成功率は 8 回中 1 回程度で
09:12
Thoseそれら tries試行する wereあった elaborate精巧な.
成功した試行はどれも凝ったものでした
09:15
Each attempt試みる wasあった substantially実質的に different異なる fromから theその otherその他.
どの試行も他の試行とはやり方が異なっていました
09:17
Butだけど theその monkeyモンキー gradually徐々に developed発展した aa strategy戦略.
そしてサルは急速にやりかたを確立し
09:20
Andそして 700 orまたは soそう tries試行する later後で
700試行あたりになると
09:23
theその monkeyモンキー is performing実行する itそれ flawlessly完璧に --- never決して fails失敗する.
決して失敗せず 完璧にこなせるようになりました
09:25
He's彼は successful成功した in his retrieval検索 of foodフード with〜と thisこの toolツール everyすべて time時間.
このサルは道具を使っていつも食べ物を取ることができるようになりました
09:28
At〜で thisこの pointポイント theその task仕事 is beingであること performed実行した
ここまでくると作業は
09:31
in aa beautifully美しく stereotypedステレオタイプ way方法:
美しいまでに一定の方法でこなされます
09:33
very非常に beautifully美しく regulated規制された andそして highly高く repeated繰り返し, trial試行 to trial試行.
試行間で常に一定に行われます
09:36
We我々 canできる look見える downダウン in theその brain of theその monkeyモンキー.
このサルの脳を調べてみると
09:39
Andそして we我々 see見る thatそれ it'sそれは distorted.
変容していることが分かります
09:41
We我々 canできる trackトラック theseこれら changes変更, andそして have持ってる tracked追跡された theseこれら changes変更
そういった変化の過程を
09:43
in manyたくさんの suchそのような behaviors行動 across横断する time時間.
さまざまな行動において見ることができました
09:45
Andそして hereここに we我々 see見る theその distortionねじれ
脳の変容は
09:47
reflected反射した in theその map地図 of theその skin surfaces表面 of theその handハンド of theその monkeyモンキー.
手のひらと対応しているマップに表れていました
09:50
Now thisこの is aa map地図, downダウン in theその surface表面 of theその brain,
こちらは脳表面のマップで
09:53
in whichどの, in aa very非常に elaborate精巧な experiment実験 we've私たちは reconstructed再建された theその responses反応,
非常に精巧な実験を行い
09:56
locationロケーション by〜によって locationロケーション,
体の部位と
09:59
in aa highly高く detailed詳細な response応答 mappingマッピング of theその responses反応 of itsその neuronsニューロン.
ニューロンの反応の対応を細かく調べました
10:01
We我々 see見る hereここに aa reconstruction再建 of howどうやって
このマップを見ると
10:05
theその handハンド is represented代表的な in theその brain.
脳内で手がどのように表現されているか分かります
10:07
We've私たちは actually実際に distorted theその map地図 by〜によって theその exercise運動.
このマップを訓練によって変容させました
10:09
Andそして thatそれ is indicated指示された in theその pinkピンク. We我々 have持ってる aa coupleカップル fingertip指先 surfaces表面 thatそれ are larger大きい.
その部分がピンク色で示されています 指先に対応している領域が拡大しています
10:12
Theseこれら are theその surfaces表面 theその monkeyモンキー is usingを使用して to manipulate操作する theその toolツール.
この領域はサルが道具を扱うのに使っています
10:16
Ifif we我々 look見える at〜で theその selectivity選択性 of responses反応
猿の大脳皮質での
10:20
in theその cortex皮質 of theその monkeyモンキー,
反応の選択性を見てみると
10:22
we我々 see見る thatそれ theその monkeyモンキー has持っている actually実際に changedかわった theその filterフィルタ characteristics特性
使っている指先が関わっている
10:24
whichどの representsは表す input入力 fromから theその skin
皮膚からの感覚入力の
10:27
of theその fingertips指先 thatそれ are engaged従事する.
フィルターが変化していることが分かります
10:29
In otherその他 words言葉 thereそこ is stillまだ aa singleシングル, simple単純 representation表現 of theその fingertips指先
つまりこの最も組織化された体の表面に
10:31
in thisこの most最も organized組織された of cortical皮質 areasエリア
対応している領域において
10:34
of theその surface表面 of theその skin of theその body.
指先は一つのシンプルな対応で表現されているのです
10:36
Monkeyモンキー has持っている like好きな you君は have持ってる.
これはサルでもヒトでも同じです
10:38
Andそして yetまだ now it'sそれは represented代表的な in substantially実質的に finer細かい grain.
それにも関わらず より緻密な対応ができています
10:41
Theその monkeyモンキー is getting取得 moreもっと detailed詳細な information情報 fromから theseこれら surfaces表面.
それらの領域からサルはより詳細な情報を得ています
10:44
Andそして thatそれ is an unknown未知の --- unsuspected意外な, maybe多分, by〜によって you君は ---
この点がおそらく皆さんが知らず そして思いもつかない
10:47
part of acquiring取得する theその skillスキル orまたは ability能力.
技能や能力習得のポイントです
10:50
Now actually実際に we've私たちは looked見た in severalいくつかの different異なる cortical皮質 areasエリア
私たちはこの作業を学習するサルの
10:53
in theその monkeyモンキー learning学習 thisこの task仕事.
さまざまな脳部位を見てきています
10:56
Andそして each one1 of themそれら changes変更 in ways方法 thatそれ are specific特定
それらは全て技能や能力に合わせて
10:58
to theその skillスキル orまたは ability能力.
変化しています
11:00
Soそう forために example we我々 canできる look見える to theその cortical皮質 areaエリア
例えばサルの姿勢制御を表している
11:02
thatそれ representsは表す input入力 that'sそれは controlling制御する theその posture姿勢 of theその monkeyモンキー.
皮質部位を見てみましょう
11:05
We我々 look見える in cortical皮質 areasエリア thatそれ controlコントロール specific特定 movements動き,
特定の動きやその行動に関わる
11:08
andそして theその sequencesシーケンス of movements動き
一連の動きを
11:10
thatそれ are required必須 in theその behavior動作, andそして soそう forth前進.
制御している部位を皮質部位を見てみます
11:12
They彼ら are allすべて remodeled改装された. They彼ら allすべて become〜になる specialized特化した forために theその task仕事 at〜で handハンド.
そこは全部再構築されています 取り組んでいる作業に特化しています
11:14
Thereそこ are 15 orまたは 20 cortical皮質 areasエリア thatそれ are changedかわった specifically具体的に
一つの単純な技能を学習するときに
11:18
whenいつ you君は learn学ぶ aa simple単純 skillスキル like好きな thisこの.
15 か 20 の皮質部位が変化しています
11:21
Andそして thatそれ representsは表す in yourきみの brain, really本当に massive大規模 change変化する.
それは脳内に膨大な変化として表れます
11:24
Itそれ representsは表す theその change変化する in aa reliable信頼性のある way方法
脳内の千万 もしかすると一億もの
11:28
of theその responses反応 of tens数十 of millions何百万,
ニューロンの反応の
11:31
possiblyおそらく hundreds数百 of millions何百万 of neuronsニューロン in yourきみの brain.
変化として表れます
11:33
Itそれ representsは表す changes変更
一億 もしかすると十億もの
11:36
of hundreds数百 of millions何百万, possiblyおそらく billions何十億
シナプス結合の
11:38
of synapticシナプス connections接続 in yourきみの brain.
変化として表れます
11:40
Thisこの is constructed建設された by〜によって physical物理的 change変化する.
この変化は物理的なものであり
11:42
Andそして theその levelレベル of construction建設 thatそれ occurs発生する is massive大規模.
その度合いは莫大です
11:45
Think思う about theその changes変更 thatそれ occur発生する in theその brain of aa child
運動全般を学習していく子供の
11:48
throughを通して theその courseコース of acquiring取得する their彼らの movement移動 behavior動作 abilities能力 in general一般.
あるいは母国語を学習していく子供の
11:51
Orまたは acquiring取得する their彼らの nativeネイティブ language言語 abilities能力.
脳で起こる変化について考えてみてください
11:55
Theその changes変更 are massive大規模.
莫大な変化となります
11:57
What it'sそれは allすべて about is theその selective選択的 representations表現
これは要するに 脳にとって重要な刺激の
12:01
of thingsもの thatそれ are important重要 to theその brain.
選択的表現です
12:03
Becauseなぜなら in most最も of theその life生活 of theその brain
なぜなら脳の活動期間の大半で
12:05
thisこの is under controlコントロール of behavioral行動的 contextコンテキスト.
学習は行動的文脈の支配下にあるからです
12:08
It'sそれは what you君は pay支払う attention注意 to.
全ては何に注意を向けるか
12:10
It'sそれは what's何ですか rewarding報酬 to you君は.
何が快か
12:12
It'sそれは what theその brain regards敬具, itself自体,
そして 何があなたにとって重要で良いものだと
12:14
asとして positiveポジティブ andそして important重要 to you君は.
脳が判断するかです
12:16
It'sそれは allすべて about cortical皮質 processing処理
全ては大脳皮質の処理と
12:18
andそして forebrain前脳 specialization専門化.
前脳の専門化です
12:20
Andそして thatそれ underlies基礎 yourきみの specialization専門化.
それがあなたの専門の根底をなします
12:22
Thatそれ is whyなぜ you君は, in yourきみの manyたくさんの skillsスキル andそして abilities能力,
それが多くの技能と能力を持つあなたが
12:24
are aa uniqueユニークな specialistスペシャリスト:
ユニークな専門家である理由です
12:26
aa specialistスペシャリスト that'sそれは vastly大いに different異なる
百年前の人間の脳に比べ
12:28
in yourきみの physical物理的 brain in detail詳細
あらゆる点で物理的に大きく異なる
12:30
thanより theその brain of an individual個人 100 years ago;
専門家です
12:32
enormously巨大 different異なる in theその details詳細
一千年前の平均的な人間に比べ
12:35
fromから theその brain of theその average平均 individual個人 1,000 years ago.
脳に莫大な違いを持つ専門家です
12:38
Now, one1 of theその characteristics特性 of thisこの change変化する processプロセス
さて この変化の過程の
12:42
is thatそれ information情報 is always常に related関連する
特徴の一つは
12:46
to otherその他 inputs入力 orまたは information情報 thatそれ is occurring発生する
情報が常に文脈の中で
12:49
in immediate即時 time時間, in contextコンテキスト.
他の刺激や情報と関連しているということです
12:51
Andそして that'sそれは becauseなぜなら theその brain is constructing建設 representations表現 of thingsもの
これは脳が短時間の内で関連している
12:54
thatそれ are correlated相関 in little少し moments瞬間 of time時間
情報を取り入れ 構築しているためです
12:57
andそして thatそれ relate関連する to one1 another別の in little少し moments瞬間 of successive連続する time時間.
そして時間の流れの中でそれぞれが関連するためです
13:00
Theその brain is recording録音 allすべて information情報
脳は全ての情報を記録し
13:03
andそして driving運転 allすべて change変化する
全ての変化を
13:05
in temporal時間的 contextコンテキスト.
一時的な文脈の中で行います
13:07
Now overwhelmingly圧倒的に theその most最も powerful強力な contextコンテキスト
あなたの脳内で圧倒的に強力な文脈は
13:09
that'sそれは occurred発生した in yourきみの brain is you君は.
あなた自身です
13:11
Billions何十億 of eventsイベント have持ってる occurred発生した in yourきみの history歴史
あなた自身がこれまでの人生の中で
13:14
thatそれ are related関連する in time時間 to yourselfあなた自身
無数の経験を
13:18
asとして theその receiver受信機,
経験者として
13:20
orまたは yourselfあなた自身 asとして theその actor俳優, yourselfあなた自身 asとして theその thinker思想家,
実行者として 考える者として
13:22
yourselfあなた自身 asとして theその moverムーバー.
動く者としてしてきました
13:24
Billions何十億 of times little少し pieces作品 of sensation感覚 have持ってる come来る in
小さな無数の感覚が
13:27
fromから theその surface表面 of yourきみの body
体から流れてきて
13:30
thatそれ are always常に associated関連する with〜と you君は asとして theその receiver受信機,
それは常に経験者であるあなたと結び付けられてきました
13:32
andそして thatそれ result結果 in
そしてそれが
13:35
theその embodiment実施形態 of you君は.
あなたとして具現化しました
13:37
You君は are constructed建設された, yourきみの self自己 is constructed建設された
あなたとあなたの自己は
13:40
fromから theseこれら billions何十億 of eventsイベント.
そういった無数の出来事によって構築されました
13:43
It'sそれは constructed建設された. It'sそれは created作成した in yourきみの brain.
構築されたのです 脳内で創造されたのです
13:45
Andそして it'sそれは created作成した in theその brain via経由 physical物理的 change変化する.
そしてそれは脳の物理的変化を通じて創造されました
13:48
Thisこの is aa marvelously驚くほど constructed建設された thingもの
見事に構築され
13:51
thatそれ results結果 in individual個人 form
それが個人を創ります
13:54
becauseなぜなら each one1 of us米国 has持っている vastly大いに different異なる histories歴史,
これはわたしたち皆が大きく異なる歴史を持つためです
13:57
andそして vastly大いに different異なる experiences経験,
そして大きく異なる経験が
13:59
thatそれ driveドライブ in to us米国 thisこの marvelous素晴らしい differentiation差別化 of self自己,
自己の そして人間性の
14:01
of personhood人格.
見事な分化を生みます
14:05
Now we've私たちは used中古 thisこの research研究
この研究を利用して
14:07
to tryお試しください to understandわかる notない justちょうど howどうやって aa normal正常 person develops発展する,
正常な人間の発達や
14:09
andそして elaborates精巧に their彼らの skillsスキル andそして abilities能力,
技能と能力の習得だけでなく
14:12
butだけど alsoまた、 tryお試しください to understandわかる
障害の原因や
14:14
theその origins起源 of impairment減損,
子供と成人における
14:16
andそして theその origins起源 of differences相違 orまたは variationsバリエーション
能力の制限に関する差異や多様性の
14:19
thatそれ mightかもしれない limit限界 theその capacities容量 of aa child, orまたは an adult大人.
原因を究明しようとしています
14:22
I'm私は going行く to talkトーク about usingを使用して theseこれら strategies戦略
この研究成果を利用した
14:25
to actually実際に design設計 brain plasticity-based可塑性に基づく
脳の可塑性をベースに
14:28
approachアプローチ to driveドライブ corrections訂正 in theその machinery機械 of aa child
子供の機構を修正し
14:30
thatそれ increases増加する theその competence能力 of theその child
発話能力や独自能力などの
14:35
asとして aa language言語 receiver受信機 andそして userユーザー
能力を向上させる手法のデザインについて
14:38
andそして, thereafterその後, asとして aa readerリーダー.
お話しします
14:40
Andそして I'm私は going行く to talkトーク about experiments実験 thatそれ involve関与する
この脳科学を実際に利用した
14:42
actually実際に usingを使用して thisこの brain science科学,
実験を紹介します
14:44
first最初 of allすべて to understandわかる howどうやって itそれ contributes貢献する to theその loss損失 of function関数 asとして we我々 age年齢.
まずは老化に伴う機能低下の改善にどう寄与するか
14:46
Andそして then次に, by〜によって usingを使用して itそれ in aa targeted目標 approachアプローチ
次にターゲット手法として用いて
14:49
we're私たちは going行く to tryお試しください to differentiate差別化する
老年者の機能回復のために
14:54
theその machinery機械 to recover回復します function関数 in old古い age年齢.
機構の解明をしていきます
14:56
Soそう theその first最初 example I'm私は going行く to talkトーク about
最初に紹介するのは
15:01
relates関連する to children子供 with〜と learning学習 impairments障害.
学習障害を持つ子供に関するお話です
15:03
We我々 now have持ってる aa large body of literature文献
幼年期に言語に問題があり
15:05
thatそれ demonstrates説明する thatそれ theその fundamental基本的な
読み取りの学習に苦労する子供の
15:07
problem問題 thatそれ occurs発生する in theその majority多数 of children子供
大多数にある根本的な問題は
15:09
thatそれ have持ってる early早い language言語 impairments障害,
彼らの言語プロセッサーが適切に動作しない形で
15:11
andそして thatそれ are going行く to struggle闘争 to learn学ぶ to read読む,
作られているためであることを示す
15:13
is thatそれ their彼らの language言語 processorプロセッサー
大量の研究データが
15:15
is created作成した in aa defective欠陥のある form.
今日までに得られています
15:17
Andそして theその reason理由 thatそれ itそれ rises上昇する in aa defective欠陥のある form
そして言語プロセッサーが壊れてしまったのは
15:19
is becauseなぜなら early早い in theその baby's赤ちゃんの brain's脳の life生活
幼年期の脳において
15:22
theその machine機械 processプロセス is noisyうるさい.
機械処理に雑音が多かったためです
15:26
It'sそれは thatそれ simple単純.
単純な理由です
15:28
It'sそれは aa signal-to-noise信号対ノイズ problem問題. Okayはい?
これは信号とノイズの問題なのです
15:30
Andそして thereそこ are aa lotロット of thingsもの thatそれ contribute貢献する to thatそれ.
そこにはたくさんの原因があります
15:32
Thereそこ are numerous多数 inherited継承されました faults不具合
原因となる
15:34
thatそれ couldできた make作る theその machine機械 processプロセス noisierノイズの多い.
数々の遺伝的欠点もあります
15:36
Now I mightかもしれない sayいう theその noiseノイズ problem問題 couldできた alsoまた、 occur発生する
このノイズ問題は
15:39
on theその basis基礎 of information情報 provided提供された
耳から入ってくる
15:42
in theその world世界 fromから theその ears.
情報によっても起こりえます
15:45
Ifif anyどれか --- thoseそれら of you君は who are olderより古い in theその audience聴衆 know知っている
みなさんの中で高齢の方はご存じかと思いますが
15:48
thatそれ whenいつ I wasあった aa child we我々 understood理解された thatそれ aa child bornうまれた with〜と aa cleft裂け目 palate口蓋
わたしが子供の頃は 口蓋裂を持って生まれた子供は
15:51
wasあった bornうまれた with〜と what we我々 calledと呼ばれる mental精神的な retardation遅延.
精神遅滞をもっていることを知っていました
15:55
We我々 knew知っていた thatそれ they彼ら wereあった going行く to be〜する slowスロー cognitively認知的に;
彼らは知覚的に鈍いことを知っていました
15:58
we我々 knew知っていた they彼ら wereあった going行く to struggle闘争 to learn学ぶ to develop開発する normal正常 language言語 abilities能力;
正常な言語能力の発達が困難なことを知っていました
16:02
andそして we我々 knew知っていた thatそれ they彼ら wereあった going行く to struggle闘争 to learn学ぶ to read読む.
そして読み取りの学習も困難であることを知っていました
16:05
Most最も of themそれら would〜する be〜する intellectual知的 andそして academicアカデミック failures失敗.
彼らのほとんどが知的障害者になりました
16:09
That'sそれは disappeared消えた. Thatそれ noいいえ longerより長いです applies適用する.
それもなくなりました もうそんなことはありません
16:13
Thatそれ inherited継承されました weakness弱点, thatそれ inherited継承されました condition調子
あの遺伝的脆弱性 遺伝的条件は
16:16
has持っている evaporated蒸発した.
消えて無くなりました
16:18
We我々 don'tしない hear聞く about thatそれ anymoreもう. Whereどこで didした itそれ go行く?
今ではそんな話は聞きません どうなったのでしょうか
16:20
Wellよく, itそれ wasあった understood理解された by〜によって aa Dutchオランダの surgeon外科医,
これはオランダの手術医によって
16:23
about 35 years ago,
35年前解明されました
16:25
thatそれ ifif you君は simply単に fix修正する theその problem問題 early早い enough十分な,
問題を早期に解決すれば
16:27
whenいつ theその brain is stillまだ in thisこの initial初期 plasticプラスチック period期間
可塑性がある期間
16:30
soそう itそれ canできる setセット upアップ thisこの machinery機械 adequately適切に,
臨界期の始動期間に
16:32
in thisこの initial初期 setセット upアップ time時間 in theその criticalクリティカルな period期間,
脳はその機構を適切に構築し
16:35
noneなし of thatそれ happens起こる.
そんな問題は無くなります
16:37
What are you君は doingやっている by〜によって operatingオペレーティング on theその cleft裂け目 palate口蓋 to correct正しい itそれ?
口蓋裂の手術はどういったものでしょう?
16:39
You'reあなたは basically基本的に opening開ける upアップ
基本的には
16:42
theその tubesチューブ thatそれ drainドレイン fluid流体 fromから theその middle中間 ears,
中耳の管を開いて
16:44
whichどの have持ってる had持っていました themそれら reliably確実に full満員.
そこの液体を吸い取ります
16:46
Everyすべて sound theその child hears聞く uncorrected未補正 is muffledぼんやりした.
液体によってその子が聞く全ての音は妨害されます
16:49
It'sそれは degraded劣化した.
音質が劣化します
16:51
Theその child's子供の nativeネイティブ language言語 is suchそのような aa case場合 is notない English英語.
そういった場合 その子の母国語は英語ではありません
16:53
It'sそれは notない Japanese日本語.
日本語でもありません
16:56
It'sそれは muffledぼんやりした English英語. It'sそれは degraded劣化した Japanese日本語.
それは防音された英語であり 音質劣化した日本語であり
16:58
It'sそれは crapひどい.
それはゴミです
17:01
Andそして theその brain specializes専門にする forために itそれ.
そして脳がそれに特化します
17:03
Itそれ creates作成する aa representation表現 of language言語 crapひどい.
ゴミ語の表現を脳が作り
17:05
Andそして then次に theその child is stuck立ち往生 with〜と itそれ.
子供はそれから離れられなくなります
17:08
Now theその crapひどい doesn'tしない justちょうど happen起こる in theその ear.
そうなるとゴミは耳だけで生じるものではなくなります
17:10
Itそれ canできる alsoまた、 happen起こる in theその brain.
脳でもゴミが生じるようになります
17:13
Theその brain itself自体 canできる be〜する noisyうるさい. It'sそれは commonly一般的に noisyうるさい.
脳自体が常に雑音まみれになります
17:15
Thereそこ are manyたくさんの inherited継承されました faults不具合 thatそれ canできる make作る itそれ noisierノイズの多い.
さらに それを悪化させる遺伝的要因も存在します
17:19
Andそして theその nativeネイティブ language言語 forために aa child with〜と suchそのような aa brain
そのような脳を持つ子供の母国語は
17:22
is degraded劣化した.
劣化します
17:25
It'sそれは notない English英語. It'sそれは noisyうるさい English英語.
それは英語ではありません 雑音英語です
17:26
Andそして thatそれ results結果 in defective欠陥のある representations表現 of sounds of words言葉 ---
言葉の音の表現不良が起こります
17:30
notない normal正常 --- aa different異なる strategy戦略,
異なる空間定数を持つ脳の
17:34
by〜によって aa machine機械 thatそれ has持っている different異なる time時間 constants定数 andそして different異なる spaceスペース constants定数.
正常でない方法で言語処理が行われます
17:37
Andそして you君は canできる look見える in theその brain of suchそのような aa child andそして record記録 thoseそれら time時間 constants定数.
そのような子供の脳を調べ その空間定数を記録することができます
17:40
They彼ら are about an order注文 of magnitudeマグニチュード longerより長いです,
それは約一桁長く
17:43
about 11 times longerより長いです in duration期間 on average平均,
平均より持続時間が11倍
17:46
thanより in aa normal正常 child.
正常の子供より長いです
17:49
Spaceスペース constants定数 are about three times greater大きい.
空間定数は約3倍です
17:51
Suchそのような aa child will意志 have持ってる memory記憶 andそして cognitive認知 deficits赤字
そのような子供は言語領域で
17:54
in thisこの domainドメイン.
記憶と認知の問題を抱えるようになります
17:56
Of courseコース they彼ら will意志. Becauseなぜなら asとして aa receiver受信機 of language言語,
当然です 言語を経験するにあたり
17:58
they彼ら are receiving受信 itそれ andそして representing代理人 itそれ,
彼らはそれを経験し 表現します
18:01
andそして in information情報 it'sそれは representing代理人 crapひどい.
そして情報としてはそれはゴミを表現しているのです
18:03
Andそして they彼ら are going行く to have持ってる poor貧しい reading読書 skillsスキル.
彼らの読字技能は悪いでしょう
18:07
Becauseなぜなら reading読書 is dependent依存 upon〜に theその translation翻訳 of wordワード sounds
なぜなら読字は言葉の音を
18:09
into thisこの orthographic正書法 orまたは visualビジュアル
つづり あるいは視覚的に表現される形への
18:12
representational表現的な form.
変換に依存しているからです
18:15
Ifif you君は don'tしない have持ってる aa brain representation表現 of wordワード sounds
言葉の音に関する脳内での表現がなければ
18:17
thatそれ translation翻訳 makes作る noいいえ senseセンス.
変換も意味を持ちません
18:19
Andそして you君は are going行く to have持ってる corresponding対応する abnormal異常な neurology神経学.
そして彼らはそれに対応した異常な神経を発達させます
18:22
Then次に theseこれら children子供 increasinglyますます
その後も彼らは
18:25
in evaluation評価 after evaluation評価,
言語の扱い そして
18:27
in their彼らの operationsオペレーション in language言語, andそして their彼らの operationsオペレーション in reading読書 ---
読字の扱いに関する神経を発達させていき --
18:29
we我々 document資料 thatそれ abnormal異常な neurology神経学.
わたしたちはそれを記録します
18:31
Theその pointポイント is is thatそれ you君は canできる train列車 theその brain outでる of thisこの.
重要なのはこうした状態の脳を訓練できるということです
18:36
Aa way方法 to think思う about thisこの is you君は canできる actually実際に re-refine再調整する
その考え方とは
18:38
theその processing処理 capacity容量 of theその machinery機械
機構を変えることで
18:40
by〜によって changing変化 itそれ.
処理キャパシティーを再調整できるということです
18:42
Changing変化 itそれ in detail詳細. Itそれ takesテイク about 30 hours時間 on theその average平均.
あらゆる点で変えていきます それには平均して30時間かかります
18:44
Andそして we've私たちは accomplished達成された thatそれ in about 430,000 kids子供たち today今日.
わたしたちは今日までに 430,000 人の子供たちでそれを成し遂げました
18:47
Actually実際に, probably多分 about 15,000 children子供 are beingであること trained訓練された asとして we我々 speak話す.
こうして喋っている間にも約 15,000 人の子供たちが訓練に参加しています
18:51
Andそして actually実際に whenいつ you君は look見える at〜で theその impacts影響, theその impacts影響 are substantial実質的な.
その効果は莫大です
18:56
Soそう hereここに we're私たちは looking探している at〜で theその normal正常 distribution分布.
こちらは通常分布です
18:59
What we're私たちは most最も interested興味がある in is theseこれら kids子供たち on theその left side of theその distribution分布.
ここで注目するのは分布の左側にいる子供たちです
19:01
Thisこの is fromから about 3,000 children子供.
約 3,000 人います
19:03
You君は canできる see見る thatそれ most最も of theその children子供 on theその left side of theその distribution分布
この子供たちのほとんどが分布の左側から
19:05
are moving動く into theその middle中間 orまたは theその right.
中央あるいは右側へ移ります
19:08
Thisこの is in aa broad広い assessment評価 of their彼らの language言語 abilities能力.
この分布は広範囲にわたる言語能力評価におけるものです
19:10
Thisこの is like好きな an IQiq testテスト forために language言語.
言語の IQ テストのようなものです
19:13
Theその impact影響 in theその distribution分布, ifif you君は trained訓練された everyすべて child
その効果はもしアメリカの子供全員を訓練したとしたら
19:15
in theその Unitedユナイテッド States, would〜する be〜する to shiftシフト theその whole全体 distribution分布 to theその right
分布全体が右側へシフトし
19:18
andそして narrow狭い theその distribution分布.
狭まるでしょう
19:21
Thisこの is aa substantially実質的に large impact影響.
これは非常に大きな効果です
19:23
Think思う of aa classroom教室 of children子供 in theその language言語 arts芸術.
国語の授業を受ける子供たちのことを考えてみてください
19:25
Think思う of theその children子供 on theその slowスロー side of theその classクラス.
そのクラスで遅れている子供たちのことを考えてみてください
19:28
We我々 have持ってる theその potential潜在的な to move動く most最も of thoseそれら children子供
わたしたちはそういった子供たちのほとんどを
19:31
to theその middle中間 orまたは to theその right side.
分布の中央ないし右側へ移す力があります
19:33
In addition添加 to accurate正確 language言語 trainingトレーニング
正確な言語訓練に加え
19:35
itそれ alsoまた、 fixes修正 memory記憶 andそして cognition認知
記憶や認知能力
19:37
speechスピーチ fluency流暢 andそして speechスピーチ production製造.
流暢さや構成力も訓練されます
19:39
Andそして an important重要 language言語 dependent依存 skillスキル is enabled有効 by〜によって thisこの trainingトレーニング ---
そして言語に依存している重要な技能も訓練できます
19:42
thatそれ is to sayいう reading読書.
それは読字です
19:45
Andそして to aa large extentエクステント itそれ fixes修正 theその brain.
脳を広範囲にわたって修正します
19:46
You君は canできる look見える downダウン in theその brain of aa child
スタンフォード MIT UCSF UCLA
19:48
in aa variety品種 of tasksタスク thatそれ scientists科学者 have持ってる at〜で Stanfordスタンフォード,
その他いくつもの科学者が考案した課題における
19:51
andそして MITミット, andそして UCSFucsf, andそして UCLAウクラ, andそして aa number of otherその他 institutions機関.
子供の脳を調べることができます
19:54
Andそして children子供 operatingオペレーティング in various様々な language言語 behaviors行動,
さまざまな言語活動や
20:00
orまたは in various様々な reading読書 behaviors行動,
読字の作業をしている子供たちにおいて
20:03
you君は see見る forために theその most最も extentエクステント,
大部分の子供たちの
20:05
forために most最も children子供, their彼らの neuronalニューロン responses反応,
ニューロン反応が
20:07
complexly複雑に abnormal異常な before you君は start開始,
訓練前は以上だったものが
20:09
are normalized正規化された by〜によって theその trainingトレーニング.
ほとんど正常に戻ります
20:11
Now you君は canできる alsoまた、 take取る theその same同じ approachアプローチ
さて この手法は
20:14
to address住所 problems問題 in agingエージング.
そのまま加齢における問題に用いることができます
20:16
Whereどこで again再び theその machinery機械 is deteriorating劣化する now
ここでも脳の機構の劣化が見られ
20:19
fromから competent有能な machinery機械, it'sそれは going行く south.
有能な機構は悪化の一途を辿ります
20:21
Noiseノイズ is increasing増加する in theその brain.
脳内ではノイズが増加していっています
20:25
Andそして learning学習 modulation変調 andそして controlコントロール is deteriorating劣化する.
学習の調整や制御が劣化していっています
20:27
Andそして you君は canできる actually実際に look見える downダウン on theその brain of suchそのような an individual個人
そうした個人の脳を調べてみると
20:30
andそして witness証人 aa change変化する in theその time時間 constants定数 andそして spaceスペース constants定数
言語を表現している脳領域で
20:32
with〜と whichどの, forために example, theその brain is representing代理人 language言語 again再び.
時間定数と空間定数に変化が見られます
20:35
Justちょうど asとして theその brain came来た outでる of chaos混沌 at〜で theその beginning始まり,
初めに混沌から抜け出してきた脳は
20:38
it'sそれは going行く backバック into chaos混沌 in theその end終わり.
再び混沌の中へと戻ってしまいます
20:41
Thisこの results結果 in declines低下する in memory記憶
その結果 記憶
20:44
in cognition認知, andそして in postural姿勢 ability能力 andそして agility敏捷性.
認知 姿勢 機敏さの能力が低下します
20:46
Itそれ turnsターン outでる you君は canできる train列車 theその brain of suchそのような an individual個人 ---
ところがそういった個人の脳は訓練でき
20:50
thisこの is aa small小さい population人口 of suchそのような individuals個人 ---
そのうちの少数ではありますが
20:52
train列車 equally均等に intensively集中的 forために about 30 hours時間.
約 30 時間で集中力のある脳に訓練できます
20:55
Theseこれら are 80-- to 90-year-olds.
これは 80 歳から 90 歳の方のお話です
20:57
Andそして what you君は see見る are substantial実質的な improvements改善 of their彼らの immediate即時 memory記憶,
こちらのグラフは瞬間記憶の大幅な向上
21:00
of their彼らの ability能力 to remember思い出す thingsもの after aa delayディレイ,
時間をおいたときの想起力や
21:03
of their彼らの ability能力 to controlコントロール their彼らの attention注意,
注意の制御
21:05
their彼らの language言語 abilities能力 andそして visual-spatial視空間的 abilities能力.
言語能力 そして視覚能力や空間能力の向上を示すものです
21:07
Theその overall全体 neuropsychological神経心理学 index索引
訓練を受けたこの集団の
21:09
of theseこれら trained訓練された individuals個人 in thisこの population人口
全体的な神経心理学的指標は
21:11
is about two standard標準 deviations偏差.
二つの標準偏差に分かれます
21:14
Thatそれ means手段 thatそれ ifif you君は sit座る at〜で theその left side of theその distribution分布,
つまり分布の左側にいる人の
21:16
andそして I'm私は looking探している at〜で yourきみの neuropyschological神経生理学的 abilities能力,
神経心理学的能力を調べたとき
21:18
theその average平均 person has持っている moved移動した to theその middle中間
平均的な人は分布の中央ないし
21:21
orまたは theその right side of theその distribution分布.
右側へと移るということです
21:23
Itそれ means手段 thatそれ most最も people who are at〜で riskリスク forために senility老衰,
つまり老人ぼけの危険がある人のほとんどは
21:25
moreもっと orまたは lessもっと少なく immediatelyすぐに,
現在は事実上
21:27
are now in aa protected保護された positionポジション.
保障されている立場にあります
21:29
Myじぶんの issues問題 are to tryお試しください to get取得する to rescuing救助する
わたしの課題はより大勢の
21:32
olderより古い citizens市民 moreもっと completely完全に andそして in larger大きい numbers数字,
高齢者を手助けすることです
21:35
becauseなぜなら I think思う thisこの canできる be〜する done完了 in thisこの arenaアリーナ on aa vast広大 scale規模 ---
なぜならそれは可能だと思うからです それも大規模にです
21:38
andそして theその same同じ forために kids子供たち.
子供についても同様です
21:41
Myじぶんの mainメイン interest利子 is howどうやって to elaborate精巧な thisこの science科学 to address住所 otherその他 maladies病気.
わたしの主な関心はこの研究成果を他の疾患にも活かすことです
21:43
I'm私は specifically具体的に interested興味がある in thingsもの like好きな autism自閉症,
特に自閉症や麻痺など
21:46
andそして cerebral大脳 palsy麻痺, theseこれら greatすばらしいです childhood子供時代 catastrophes惨事.
子供の大きな問題に関心があります
21:48
Andそして in olderより古い age年齢 conditions条件 like好きな Parkinsonismパーキンソニズム,
高齢者ではパーキンソン病
21:51
andそして in otherその他 acquired獲得しました impairments障害 like好きな schizophrenia統合失調症.
それ以外では統合失調症などの後天的な障害に関心があります
21:54
Yourきみの issues問題 asとして itそれ relates関連する to thisこの science科学,
この研究に関連するところでは
21:59
is howどうやって to maintain維持する yourきみの own自分の high-functioning高機能 learning学習 machine機械.
みなさんの課題はどのようにして自身の高機能な学習マシーンを維持するかです
22:02
Andそして of courseコース, aa well-ordered順不同 life生活
そしてもちろん 学習が永続的に役割を果たす
22:05
in whichどの learning学習 is aa continuous連続 part of itそれ, is keyキー.
きちんとした人生がカギです
22:08
Butだけど alsoまた、 in yourきみの future未来 is brain aerobicsエアロビクス.
また頭の体操も必要になってきます
22:10
Get取得する ready準備完了 forために itそれ. It'sそれは going行く to be〜する aa part of everyすべて life生活
準備していてください そのうち
22:13
notない tooあまりにも far遠い in theその future未来,
人生の一部になってきます
22:15
justちょうど like好きな physical物理的 exercise運動
身体的な運動と同様に
22:17
is aa part of everyすべて wellよく organized組織された life生活 in theその contemporaryコンテンポラリー period期間.
この時代ではきちんとした人生に必要なことです
22:19
Theその otherその他 way方法 thatそれ we我々 will意志 ultimately最終的に come来る to consider検討する thisこの
みなさんにとって重要なこの研究や科学を
22:23
literature文献 andそして theその science科学 thatそれ is important重要 to you君は
別の形で考慮するならば
22:27
is in aa consideration考慮 of howどうやって to nurture育成 yourselfあなた自身.
それは自身をどう育てていくかということです
22:30
Now thatそれ you君は know知っている, now thatそれ science科学 is telling伝える us米国
みなさんは知りました
22:32
thatそれ you君は are in charge電荷,
みなさんそれぞれに責任があり
22:35
thatそれ it'sそれは under yourきみの controlコントロール,
みなさんの意志で対処できるのです
22:37
thatそれ yourきみの happiness幸福, yourきみの well-being幸福,
幸せ 健康
22:39
yourきみの abilities能力, yourきみの capacities容量,
能力 才能
22:41
are capable可能な of continuous連続 modification変形,
それらは変化し続けられると
22:43
continuous連続 improvement改善,
改善し続けられると科学は示してくれました
22:46
andそして you'reあなたは theその responsible責任ある agentエージェント andそして partyパーティー.
そしてみなさんが責任のある当事者なのです
22:48
Of courseコース aa lotロット of people will意志 ignore無視する thisこの advice助言.
もちろん大勢がこのアドバイスを無視するでしょう
22:51
Itそれ will意志 be〜する aa long長いです time時間 before they彼ら really本当に understandわかる itそれ.
その人たちは本当に理解するのはまだまだ先でしょう
22:53
(Laughter笑い)
(笑い)
22:55
Now that'sそれは another別の issue問題 andそして notない myじぶんの fault不具合.
それはまた別の問題であってわたしの責任ではありません
22:56
Okayはい. Thank感謝 you君は.
では ありがとうございました
22:58
(Applause拍手)
(拍手)
23:00
Translated by Keiichi Kudo
Reviewed by Shigeomi SHIBATA

▲Back to top

About the speaker:

Michael Merzenich - Neuroscientist
Michael Merzenich studies neuroplasticity -- the brain's powerful ability to change itself and adapt -- and ways we might make use of that plasticity to heal injured brains and enhance the skills in healthy ones.

Why you should listen

One of the foremost researchers of neuroplasticity, Michael Merzenich's work has shown that the brain retains its ability to alter itself well into adulthood -- suggesting that brains with injuries or disease might be able to recover function, even later in life. He has also explored the way the senses are mapped in regions of the brain and the way sensations teach the brain to recognize new patterns.

Merzenich wants to bring the powerful plasticity of the brain into practical use through technologies and methods that harness it to improve learning. He founded Scientific Learning Corporation, which markets and distributes educational software for children based on models of brain plasticity. He is co-founder and Chief Science Officer of Posit Science, which creates "brain training" software also based on his research.

Merzenich is professor emeritus of neuroscience at the University of California, San Francisco.

More profile about the speaker
Michael Merzenich | Speaker | TED.com