English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED@State

Stewart Brand: 4 environmental 'heresies'

スチュアート・ブランド「環境に関する4つの異端的考察」

Filmed
Views 651,312

1960年代、70年代の環境保護運動の先駆けとなった彼は、都市化、原子力発電、遺伝子組み換え食材、さらには地球工学に関しての彼自身の考え方について、再考を行いました。この米国国務省に向けてのスピーチで、世界で話題になるであろう彼の力作を垣間見る事が出来ます

- Environmentalist, futurist
Since the counterculture '60s, Stewart Brand has been creating our internet-worked world. Now, with biotech accelerating four times faster than digital technology, Stewart Brand has a bold new plan ... Full bio

Becauseなぜなら of what I'm私は about to sayいう,
これからお話しする内容のために まず
00:16
I really本当に should〜すべき establish確立します myじぶんの green credentials資格情報.
環境問題を語る資格があることを
証明しておかなければなりませんね
00:18
Whenいつ I wasあった aa small小さい boy男の子, I took取った myじぶんの pledge約束
少年時代、私は固く誓いました
00:21
asとして an Americanアメリカ人, to saveセーブ andそして faithfully忠実に defend守る fromから waste廃棄物
アメリカ人として この国の天然資源を守り
00:23
theその naturalナチュラル resourcesリソース of myじぶんの country,
無駄な利用を 誠実に防いでいこうと
00:26
itsその air空気, soil土壌 andそして mineralsミネラル, itsその forests森林, waters andそして wildlife野生動物.
大気、土壌、鉱物、森林、水、そして野生生物などの資源です
00:28
Andそして I've私は stuck立ち往生 to thatそれ.
そして その誓いをずっと守ってきました
00:31
Stanfordスタンフォード, I majored専攻 in ecology生態学 andそして evolution進化.
スタンフォード大学では
生態学と進化論を専攻しました
00:33
1968, I put置く outでる theその Whole全体 Earth地球 Catalogカタログ. Wasあった "misterミスター naturalナチュラル" forために aa whilewhile.
1968年に『ホール・アース・カタログ』を創刊し
「ミスター・ナチュラル」だった頃もありました
00:37
Andそして then次に worked働いた forために theその Jerryジェリー Brown褐色 administration投与.
その後 カリフォルニア州知事
ジェリー・ブラウンの下で働きました
00:41
Theその Brown褐色 administration投与, andそして aa bunch of myじぶんの friends友達,
ブラウンのチームと 私の多数の友人は
00:44
basically基本的に leveledレベルの theその energyエネルギー efficiency効率 of Californiaカリフォルニア,
カリフォルニア州の エネルギー効率化に注目し
00:47
soそう it'sそれは theその same同じ now, 30 years later後で,
結果として 30年経った今もなお
00:50
even偶数 thoughしかし our我々の economy経済 has持っている gone行った upアップ 80 percentパーセント, per〜ごと capita一人.
1人あたり80%の経済成長があっても
基本的に 同レベルを保ち
00:53
Andそして we我々 are puttingパッティング outでる lessもっと少なく greenhouse温室 gassesガス thanより anyどれか otherその他 state状態.
そしてどの州よりも少ない 温室ガスの排出量を保っています
00:57
Californiaカリフォルニア is basically基本的に theその equivalent同等 of Europeヨーロッパ, in thisこの.
カリフォルニアはこの点で基本的には
ヨーロッパと同レベルです
01:00
Thisこの year, Whole全体 Earth地球 Catalogカタログ has持っている aa supplement補足 thatそれ I'll私はよ previewプレビュー today今日,
今年 『ホール・アース・カタログ』の追録として
01:03
calledと呼ばれる Whole全体 Earth地球 Discipline規律.
『ホール・アース・ディシプリン(地球の論点)』が発行されます
01:08
Theその dominant支配的 demographic人口統計学 eventイベント of our我々の time時間
現在 人口統計学上の最も大きな変化は
01:11
is thisこの screamingly悲鳴を上げる rapid迅速な urbanization都市化
とてつもないスピードで進行している
01:13
thatそれ we我々 have持ってる going行く on.
都市化というものです
01:16
By〜によって mid-centuryミッドセンチュリー we'll私たちは be〜する about 80 percentパーセント urban都市,
今世紀半ばまでには人類の8割が都市に住むようになり
01:18
andそして that'sそれは mostly主に in theその developing現像 world世界,
特に発展途上国では
01:22
whereどこで that'sそれは happeningハプニング.
それが既に始まっています
01:25
It'sそれは interesting面白い, becauseなぜなら history歴史 is driven駆動される to aa large degree
面白いのは 歴史というものが常に
01:27
by〜によって theその sizeサイズ of cities都市.
都市のサイズに 大きく左右される点です
01:30
Theその developing現像 world世界 now has持っている allすべて of theその biggest最大 cities都市,
現在 ほとんどの巨大都市は 発展途上国にあり
01:32
andそして they彼ら are developing現像 three times fasterもっと早く thanより theその developed発展した countries,
先進国の3倍の速さで かつ9倍の大きさに
01:35
andそして nine9人 times biggerより大きい.
発展しています
01:38
It'sそれは qualitatively定性的に different異なる.
質的に違います
過去を振り返ると大都市が
01:40
They彼ら are theその driversドライバー of history歴史, asとして we我々 see見る by〜によって looking探している at〜で history歴史.
歴史を左右してきたのがわかります
01:43
1,000 years ago thisこの is what theその world世界 looked見た like好きな.
これは千年前の世界の様子です
01:45
Wellよく we我々 now have持ってる aa distribution分布 of urban都市 powerパワー
現在も 都市勢力の分布というものが
01:49
similar類似 to what we我々 had持っていました 1,000 years ago.
千年前と似たような形で存在します
01:52
In otherその他 words言葉, theその rise上昇 of theその West西,
これを見ると 欧米の台頭というものは
01:55
dramatic劇的 asとして itそれ wasあった, is over以上.
劇的ではあったものの 過去のものだと解ります
01:57
Theその aggregate集計 numbers数字 are absolutely絶対に overwhelming圧倒的:
総数を見るとすごいものです
02:01
1.3 million百万 people aa week週間 coming到来 to townタウン,
1週間に130万人の人が都市部に移ってくる
02:04
decade10年 after decade10年.
数十年に渡ってです
02:07
What's何ですか really本当に going行く on?
何が起こっているのでしょう?
02:09
Wellよく, what's何ですか going行く on is theその villages of theその world世界 are emptying空にする outでる.
答えは 世界中の村で進んでいる過疎化です
02:11
Subsistence生存 farming農業 is drying乾燥 upアップ basically基本的に.
自給自足をしていた農業は 基本的には干上がります
02:14
People are following以下 opportunity機会 into townタウン.
村民はチャンスを求めて都市にやってきます
02:17
Andそして thisこの is whyなぜ.
これが原因です
02:19
I used中古 to have持ってる aa very非常に romanticロマンチック ideaアイディア about villages,
かつて 村なんてロマンチックだと思ったのですが
02:21
andそして it'sそれは becauseなぜなら I never決して lived住んでいました in one1.
そういう所に住んだことがないからでしょうね
02:23
(Laughter笑い)
(笑)
02:26
Becauseなぜなら in townタウン ---
都市というものは
02:27
thisこの is theその bustling賑やか squatter散布機 cityシティ
これはナイロビ近くのキベラという
02:29
of Kiberaキベラ, near近く Nairobiナイロビ ---
不法居住区ですが
02:31
they彼ら see見る actionアクション. They彼ら see見る opportunity機会.
活気やチャンスがあります
02:35
They彼ら see見る aa cash現金 economy経済 thatそれ they彼ら wereあった notない ableできる to participate参加する in
現金社会もあります
02:37
backバック in theその subsistence生存 farmファーム.
これは自給自足の農村では参加できなかったものです
02:40
Asとして you君は go行く aroundまわり theseこれら places場所 there'sそこに plentyたくさん of aesthetics美学.
この様な所には美的側面も多く見られ
02:43
Thereそこ is plentyたくさん going行く on.
活気もあります
02:45
They彼ら are poor貧しい, butだけど they彼ら are intensely激しく urban都市. Andそして they彼ら are intensely激しく creative創造的な.
彼らは貧しくても 極めて都会的でクリエイティブなのです
02:47
Theその aggregate集計 numbers数字 now
現在不法居住をしている
02:51
are thatそれ basically基本的に squattersスクーター,
総数10億にもなる人たちが
02:53
allすべて one1 billion of themそれら, are building建物 theその urban都市 world世界,
都市世界を形成しています
02:56
whichどの means手段 they're彼らは building建物 theその world世界 ---
つまり 彼らが世界をつくりあげている
02:59
personally個人的に, one1 by〜によって one1, family家族 by〜によって family家族,
個人から 家族の単位へ
03:02
clan一族 by〜によって clan一族, neighborhoodご近所 by〜によって neighborhoodご近所.
部族単位になり さらには地域単位にまで広がり
03:04
They彼ら start開始 flimsy薄い andそして they彼ら get取得する substantial実質的な asとして time時間 goes行く by〜によって.
最初はもろいが 徐々にしっかりしたものになっていく
03:07
They彼ら even偶数 buildビルドする their彼らの own自分の infrastructureインフラ.
彼らは 自前のインフラさえ作り上げます
03:11
Wellよく, stealスチール their彼らの own自分の infrastructureインフラ, at〜で first最初.
もっとも最初は インフラを盗むところから始めるわけですが
03:13
Cableケーブル TVテレビ, water, theその whole全体 gamutガマット, allすべて gets取得 stolen盗まれた.
ケーブルテレビ、水、何から何まで盗みとる
03:16
Andそして then次に gradually徐々に gentrifies優しい.
そして だんだんとそのエリアは豊かになっていきます
03:19
Itそれ is notない theその case場合 thatそれ slumsスラム undermine衰弱させる prosperity繁栄,
必ずしもスラムが繁栄を損なわせるわけではありません
03:23
notない theその workingワーキング slumsスラム; they彼ら help助けて create作成する prosperity繁栄.
機能しているスラムの場合
繁栄をもたらす要因にもなります
03:26
Soそう in aa townタウン like好きな Mumbaiムンバイ, whichどの is halfハーフ slumsスラム,
例えばムンバイは 半分がスラムになっていますが
03:30
it'sそれは 1/6thth of theその GDPgdp of Indiaインド.
インドのGDPの6分の1を占めている街です
03:33
Socialソーシャル capital資本 in theその slumsスラム is at〜で itsその most最も urban都市 andそして dense高密度.
スラムの社会資本はとても都市的で
密度が濃いのです
03:36
Theseこれら people are valuable貴重な asとして aa groupグループ.
これらの人たちはグループとしての価値があります
03:41
Andそして that'sそれは howどうやって they彼ら work作業.
こういうしくみになっているのです
03:44
Thereそこ is aa lotロット of people who think思う about allすべて theseこれら poor貧しい people,
この貧しい人たちを見て こう思う人たちも多いでしょう
03:46
"Ohああ there'sそこに terribleひどい thingsもの. We've私たちは got持っている to fix修正する their彼らの housingハウジング."
「ひどい状態だ 住宅事情を改善しないと」と
03:49
Itそれ used中古 to be〜する, "Ohああ we've私たちは got持っている to get取得する themそれら phone電話 serviceサービス."
「電話をつなげてやらないと」と心配したものでしたが
03:51
Now they're彼らは showing表示 us米国 howどうやって they彼ら do行う their彼らの phone電話 serviceサービス.
今では 彼らなりの電話サービスまでやっているのです
03:53
Famine飢饉 mostly主に is aa rural農村 eventイベント now.
飢饉は ほとんどが田舎のものになりました
03:56
Thereそこ are thingsもの they彼ら careお手入れ about.
彼ら自身が気に掛けていること
03:58
Andそして thisこの is whereどこで we我々 canできる help助けて.
それこそが私たちが支援できることです
04:00
Andそして theその nations they're彼らは in canできる help助けて.
また彼らが所属する国家も支援できます
04:03
Andそして they彼ら are helping助ける each otherその他 solve解決する theseこれら issues問題.
彼ら自身もお互い協力して 問題を解決しています
04:05
Andそして you君は go行く to aa niceいい dense高密度 place場所 like好きな thisこの slumスラム in Mumbaiムンバイ.
ムンバイにあるこのような
とても密集したスラム地域に行くと
04:08
You君は look見える at〜で thatそれ laneLANE on theその right.
右にあるような道路が目に付きます
04:12
Andそして you君は canできる ask尋ねる, "Okayはい what's何ですか going行く on thereそこ?"
「何があるんだろう」と疑問になります
04:14
Theその answer回答 is, "Everythingすべて."
答えは「すべて」 です
04:16
Thisこの is betterより良い thanより aa mallモール. It'sそれは muchたくさん denser高密度.
これはショッピングモールよりもよくできています
04:19
It'sそれは muchたくさん moreもっと interactiveインタラクティブ.
より密集してやり取りも盛んです
04:22
Andそして theその scale規模 is terrific素晴らしい.
とてつもない規模です
04:24
Theその mainメイン eventイベント is, theseこれら are notない people crushed破砕されました by〜によって poverty貧困.
重要なのは この人たちは貧困にあえいでいるのではなく
04:26
Theseこれら are people busy忙しい getting取得 outでる of poverty貧困
貧困から抜けだすのに忙しいということです
04:30
justちょうど asとして fast速い asとして they彼ら canできる.
できるだけ早く抜けだそうと必死です
04:32
They're彼らは helping助ける each otherその他 do行う itそれ.
彼らは互いに助けあいます
04:34
They're彼らは doingやっている itそれ throughを通して an outlaw無法者 thingもの,
法を無視してでもやってのけます
04:36
theその informal非公式 economy経済.
非公式な経済なのです
04:38
Theその informal非公式 economy経済, it'sそれは sortソート of like好きな darkダーク energyエネルギー in astrophysics天体物理学:
この非公式経済は
天文物理学における暗黒エネルギーのようなものです
04:40
it'sそれは notない supposed想定される to be〜する thereそこ, butだけど it'sそれは huge巨大.
存在すべきではない 何か巨大なもの
04:44
We我々 don'tしない understandわかる howどうやって itそれ works作品 yetまだ, butだけど we我々 have持ってる to.
その作用はわかっていませんが
理解は大切でしょう
04:46
Furthermoreさらに, people in theその informal非公式 economy経済,
さらにいえば 非公式経済である
04:49
theその grayグレー economy経済 ---
グレーエコノミーでは
04:51
asとして time時間 goes行く by〜によって,
時がたつにつれて
04:53
crime犯罪 is happeningハプニング aroundまわり themそれら. Andそして they彼ら canできる join参加する theその criminal犯罪者 world世界,
犯罪が起こります 犯罪社会に巻き込まれていく人もいれば
04:55
orまたは they彼ら canできる join参加する theその legitimate合法的 world世界.
合法的な社会に加わる人もいます
04:59
We我々 should〜すべき be〜する ableできる to make作る thatそれ choice選択
合法的な世界を選択しやすくなるように
05:03
easierより簡単に forために themそれら to get取得する toward〜に向かって theその legitimate合法的 world世界,
支援するのが我々の仕事です
05:05
becauseなぜなら ifif we我々 don'tしない, they彼ら will意志 go行く toward〜に向かって theその criminal犯罪者 world世界.
そうしないと 彼らは犯罪社会へ向かってしまう
05:07
There'sそこに allすべて kinds種類 of activityアクティビティ.
ここには いろいろな活動があります
05:11
In Dharaviダラヴィ theその slumスラム performs実行する notない onlyのみ
ダーラヴィでは スラムは
05:14
aa lotロット of servicesサービス forために itself自体,
スラム街のさまざまなサービスだけでなく
05:16
butだけど itそれ performs実行する servicesサービス forために theその cityシティ at〜で large.
市のためのサービスまで行います
05:18
Andそして one1 of theその mainメイン eventsイベント are theseこれら ad-hocこのために schools学校.
大切な活動の一つが 「アドホック学校」です
05:21
Parents poolプール their彼らの moneyお金 to hire雇う some一部 local地元 teachers教師
親たちが 地元の先生を雇うために
お金を持ち寄ります
05:24
to aa privateプライベート, tiny小さな, unofficial非公式 school学校.
私立の小さな非公式の 学校です
05:28
Education教育 is moreもっと possible可能 in theその cities都市, andそして thatそれ changes変更 theその world世界.
教育は都市部ではより受けやすく
それが世界を変えていきます
05:30
Soそう you君は see見る some一部 interesting面白い, typical典型的な, urban都市 thingsもの.
都市独特の面白いことが ここでも見られます
05:35
Soそう one1 thingもの slammedスラム upアップ againstに対して another別の,
何かが別のものにぶつけられるという事が
05:38
suchそのような asとして in Saoサモ Pauloポーロ hereここに.
ここサオパウロでも起こっています
05:40
That'sそれは what cities都市 do行う. That'sそれは howどうやって they彼ら create作成する value,
街とはこうやって価値を創り上げていくのです
05:42
is by〜によって slammingスラミング thingsもの together一緒に.
ものをぶつけ合うことによって
05:44
In thisこの case場合, supply供給 right next to demandデマンド.
ここ場合は需要のすぐ隣に供給があります
05:46
Soそう theその maidsメイド andそして theその gardeners庭師 andそして theその guards警備員
メイドや庭師や警備員は
05:48
thatそれ liveライブ in thisこの livelyにぎやか part of townタウン on theその left
左側の 街の中でも活気あるエリアに住んでいて
05:50
walk歩く to work作業, in theその boring退屈な, richリッチ neighborhoodご近所.
歩いて 退屈な高級住宅地に通勤します
05:53
Proximity近接 is amazing素晴らしい.
近接性というのは素晴らしい
05:58
We我々 are learning学習 about howどうやって dense高密度 proximity近接 canできる be〜する.
密集した近接というものが どんなものかを見てみましょう
06:01
Connectivity接続性 betweenの間に theその cityシティ andそして theその country
街と地方を接続するということは
06:16
is what's何ですか going行く to keepキープ theその country good良い,
地方の良いところを保ちます
06:19
becauseなぜなら theその cityシティ has持っている interesting面白い ways方法 of doingやっている thingsもの.
街のやり方は独特なところがあります
06:22
Thisこの is what makes作る cities都市 ---
これこそが都市を
06:34
(Applause拍手)
(拍手)
06:36
thisこの is what makes作る cities都市 soそう green in theその developing現像 world世界.
これが発展途上国において都市が環境に良い原因です
06:40
Becauseなぜなら people leave離れる theその poverty貧困 trapトラップ, an ecological生態学的 disaster災害
人々が 自給自足の農家の貧困や環境災害を逃れ
06:43
of subsistence生存 farms農場, andそして head to townタウン.
都市へと向かうので
06:46
Andそして whenいつ they're彼らは gone行った theその naturalナチュラル environment環境
彼らが去った後 自然環境は
06:49
starts開始する to come来る backバック very非常に rapidly急速に.
非常に速いスピードで 元の姿へと戻り始めます
06:51
Andそして thoseそれら who remain残る in theその village canできる shiftシフト over以上 to cash現金 crops作物
そして村に残った人たちも 売れる農作物へとシフトします
06:53
to send送信する foodフード to theその new新しい growing成長する markets市場 in townタウン.
育てた食料を大きくなる街のマーケットへと送るのです
06:56
Soそう ifif you君は want欲しいです to saveセーブ aa village, you君は do行う itそれ with〜と aa good良い road道路,
もしも農村を救いたいと思っているのなら
整備された道路や
07:00
orまたは with〜と aa good良い cell細胞 phone電話 connection接続, andそして ideally理想的には some一部 gridグリッド electrical電気 powerパワー.
通信状態のよい携帯電話や
送電系統を整備することで実現できます
07:03
Soそう theその eventイベント is: we're私たちは aa cityシティ planet惑星. Thatそれ justちょうど happened起こった.
人類は都市惑星に住むようになったということです
07:07
Moreもっと thanより halfハーフ.
半数以上がそうなのです
07:10
Theその numbers数字 are considerableかなりの. Aa billion liveライブ in theその squatter散布機 cities都市 now.
相当な数です 不法居住に住む人は10億人にのぼります
07:12
Another別の billion is expected期待される.
さらにもう10億人増えることが予想されています
07:15
That'sそれは moreもっと thanより aa sixth第六 of humanity人類 living生活 aa certainある way方法.
人類の6分の1以上の人が
こういった暮らしをしているのです
07:18
Andそして thatそれ will意志 determine決定する aa lotロット of howどうやって we我々 function関数.
これは私たちが どう機能にするかに大きく影響します
07:21
Now, forために us米国 environmentalists環境保護主義者,
私達 環境保護者にとって 都市化の一番の利点は
07:25
maybe多分 theその greenest最も緑色の thingもの about theその cities都市 is they彼ら diffuse拡散する theその population人口 bomb爆弾.
人口の爆発にストップがかかるという事かもしれません
07:27
People get取得する into townタウン.
人々は街に住むようになると
07:30
Theその immediatelyすぐに have持ってる fewer少ない children子供.
突然産む子供の数を減らします
07:33
They彼ら don'tしない even偶数 have持ってる to get取得する richリッチ yetまだ. Justちょうど theその opportunity機会 of
豊かになっていなくても そのチャンスがあるというだけで
07:35
coming到来 upアップ in theその world世界 means手段 they彼ら will意志 have持ってる fewer少ない, higher-quality高品質 kids子供たち,
より少数の質の高い子供を持つようになり
07:38
andそして theその birthrate出生率 goes行く downダウン radically根本的に.
出生率は急速に下がります
07:42
Very非常に interesting面白い side effect効果 hereここに,
おもしろい副作用です
07:44
here'sここにいる aa slide滑り台 fromから Phillipフィリップ Longmanロングマン.
フィリップ・ロングマンからのスライドです
07:46
Showsショー what is happeningハプニング.
見ると何が起きているか解ります
07:48
Asとして we我々 have持ってる moreもっと andそして moreもっと old古い people, like好きな me,
私のような 年寄りがどんどん増えていくにつれ
07:50
andそして fewer少ない andそして fewer少ない babies赤ちゃん.
赤ん坊の数はどんどん減っていきます
07:52
Andそして they彼ら are regionally地域的に separated分離された.
そして居住エリアが分かれていきます
07:54
What you'reあなたは getting取得 is aa world世界 whichどの is
ここでわかることは 年寄りは 古い町で
07:57
old古い folks人々, andそして old古い cities都市, going行く aroundまわり doingやっている thingsもの theその old古い way方法,
昔からのやり方で暮らしています
07:59
in theその north.
北部において。
08:04
Andそして young若い people in brandブランド new新しい cities都市 they're彼らは inventing発明,
そして若い人たちは 彼らが作り上げた真新しい都市で
08:06
doingやっている new新しい thingsもの, in theその south.
新しいことをしているのです 南部において。
08:09
Whereどこで do行う you君は think思う theその actionアクション is going行く to be〜する?
活気があるのはは どちらでしょう?
08:11
Shiftシフト of subject主題. Quickly早く dropドロップ by〜によって climate気候.
テーマを変えて気候の話を少しします
08:14
Theその climate気候 newsニュース, I'm私は sorryごめんなさい to sayいう, is going行く to keepキープ getting取得 worse悪化する
気候のニュースは残念な事に
08:17
thanより we我々 think思う, fasterもっと早く thanより we我々 think思う.
予想以上の規模とスピードで 悪化しています
08:19
Climate気候 is aa profoundly深く complex複合体, nonlinear非線形 systemシステム,
気候は非常に複雑で 非直線的なシステムです
08:22
full満員 of runaway逃げる positiveポジティブ feedbacksフィードバック,
暴走する正のフィードバックや 隠れた限界
08:24
hidden隠された thresholds閾値 andそして irrevocable取消不能 tipping転倒 pointsポイント.
引き返せない転換点にあふれています
08:27
Here'sここにいる justちょうど aa few少数 samplesサンプル.
いくつか例をみてみましょう
08:29
We're私たちは going行く to keepキープ beingであること surprised驚いた. Andそして almostほぼ allすべて
驚くような事が次々と起こり
08:32
theその surprises驚き are going行く to be〜する bad悪い onesもの.
そういうものは悪い事が多いものです
08:34
Fromから yourきみの standpoint立場 thisこの means手段
これが人類に与える影響は
08:36
aa greatすばらしいです increase増加する in climate気候 refugees難民
気候難民の大幅な増加を意味します
08:39
over以上 theその coming到来 decades数十年,
それは今後数十年の間に起こるのです
08:41
andそして what goes行く along一緒に with〜と thatそれ, whichどの is resourceリソース wars戦争
その結果 資源戦争や
08:43
andそして chaos混沌 wars戦争,
混乱の戦争が起こります
08:46
asとして we're私たちは seeing見る in Darfurダルファール.
スーダン ダルフールの紛争のようなものです
08:48
That'sそれは what drought干ばつ doesする.
干ばつが起こると こうなります
08:55
Itそれ bringsもたらす carrying運ぶ capacity容量 downダウン,
干ばつにより 生活に必要なリソースが減り
08:57
andそして there'sそこに notない enough十分な carrying運ぶ capacity容量
人々の生活を維持できなくなります
08:59
to supportサポート theその people. Andそして then次に you'reあなたは in troubleトラブル.
そして トラブルが発生する
09:01
Shiftシフト to theその powerパワー situation状況.
電力についてお話しましょう
09:04
Baseloadベースロード electricity電気 is what itそれ takesテイク to run走る aa cityシティ,
ベースロード電力は都市
この都市惑星の維持に必要な
09:07
orまたは aa cityシティ planet惑星.
最低限の電力です
09:10
Soそう far遠い thereそこ is onlyのみ three sourcesソース of baseloadベースロード electricity電気:
ベースロード用に使える発電は
現在三つしかありません
09:12
coal石炭, some一部 gasガス,
石炭やガスなどの火力発電と
09:16
nuclear andそして hydro水力.
原子力と水力発電ですが
09:19
Of thoseそれら, onlyのみ nuclear andそして hydro水力 are green.
このうち原子力発電と水力発電だけが
環境に優しいものです
09:21
Coal石炭 is what is causing原因 theその climate気候 problems問題.
石炭は温暖化の原因ですが
09:25
Andそして everyoneみんな will意志 keepキープ burning燃焼 itそれ
皆がそれを燃やし続けるのは
09:27
becauseなぜなら it'sそれは soそう cheap安いです, until〜まで governments政府 make作る itそれ expensive高価な.
これがとても安いからです
政府が値段をつりあげない限り
09:29
Wind andそして solar太陽 can'tできない help助けて, becauseなぜなら soそう far遠い we我々 don'tしない have持ってる aa way方法 to store格納 thatそれ energyエネルギー.
風力とソーラーパワーは使えません
電力を蓄積しておく方法が まだないからです
09:32
Soそう with〜と hydro水力 maxed最大 outでる,
水力発電は限界に近く
09:37
coal石炭 andそして lose失う theその climate気候,
火力発電では温暖化を進めてしまう
09:40
orまたは nuclear, whichどの is theその current現在 operatingオペレーティング low-carbon低炭素 sourceソース,
現在稼動している低炭素資源である原子力を使って
09:43
andそして maybe多分 saveセーブ theその climate気候.
温暖化を防げるかもしれません
09:46
Andそして ifif we我々 canできる eventually最終的に get取得する good良い solar太陽 in spaceスペース,
そして最終的に宇宙空間に
優れた太陽光発電所ができれば
09:48
thatそれ alsoまた、 couldできた help助けて.
それもまた助けになるでしょう
09:51
Becauseなぜなら remember思い出す, thisこの is what drivesドライブ theその prosperity繁栄 in theその developing現像 world世界
これこそが 発展途上国や農村や都市の
09:53
in theその villages andそして in theその cities都市.
繁栄をもたらす原動力だからです
09:58
Soそう, betweenの間に coal石炭 andそして nuclear,
ではここで 石炭と原子力発電の
10:01
compare比較する their彼らの waste廃棄物 products製品.
燃料廃棄物を比較してみましょう
10:03
Ifif allすべて of theその electricity電気 you君は used中古 in yourきみの lifetime一生 wasあった nuclear,
もしもあなたの一生のうちの電力を
原子力発電だけでまかなうとしたら
10:05
theその amount of waste廃棄物 thatそれ would〜する be〜する added追加された upアップ
燃料廃棄物の総量は
10:09
would〜する fitフィット in aa Cokeコークス canできる.
コーラの1缶に収まってしまいます
10:11
Whereas一方、 aa coal-burning石炭燃焼 plant工場,
一方で石炭の火力発電所では
10:14
aa normal正常 one1 gigawattギガワット coal石炭 plant工場, burns火傷 80 railレール cars of coal石炭 aa day,
通常の1ギガワットの発電所で
一日に 列車80車両分もの石炭が 燃やされます
10:16
each car having持つ 100 tonsトン.
1車両あたり100トンです。
10:20
Andそして itそれ puts置く 18 thousand tonsトン
そして18000トンの
10:23
of carbon炭素 dioxide二酸化炭素 in theその air空気.
二酸化炭素を空気中に排出しています
10:25
Soそう andそして then次に whenいつ you君は compare比較する theその lifetime一生 emissions排出量
人が一生のうちに排出する二酸化炭素の量を
10:29
of theseこれら various様々な energyエネルギー formsフォーム,
エネルギー源ごとに 比べると
10:31
nuclear is about even偶数 with〜と solar太陽 andそして wind,
原子力は太陽光や風力とほぼ同じで
10:33
andそして ahead前方に of solar太陽 ---
太陽光より
10:35
ohああ, I'm私は sorryごめんなさい --- with〜と hydro水力 andそして wind, andそして ahead前方に of solar太陽.
失礼、水力や風力と同等で 太陽光より優れています
10:37
Andそして doesする nuclear really本当に compete競争する with〜と coal石炭?
原子力は石炭に対して競争力があるのでしょうか
10:40
Justちょうど ask尋ねる theその coal石炭 miners鉱夫 in Australiaオーストラリア.
オーストラリアの炭鉱員に聞くと分かります
10:42
That'sそれは whereどこで you君は see見る some一部 of theその sourceソース,
答えは こういうところで見つかります
10:44
notない fromから myじぶんの fellow仲間 environmentalists環境保護主義者,
環境保護主義者の仲間からではなく
10:46
butだけど fromから people who feel感じる threatened脅された by〜によって nuclear powerパワー.
原子力の台頭に不安を感じている人達からです
10:48
Wellよく theその good良い newsニュース is thatそれ
よいニュースとしては
10:51
theその developing現像 world世界, butだけど frankly率直に, theその whole全体 world世界,
発展途上国 概していえば世界全体が
10:53
is busy忙しい building建物, andそして starting起動 to buildビルドする, nuclear reactorsリアクター.
原子力発電所の建設や その準備を進めていることです
10:55
Thisこの is good良い forために theその atmosphere雰囲気.
これは大気にとってはよいことです
10:59
It'sそれは good良い forために their彼らの prosperity繁栄.
そして彼らの繁栄にとってもよいことです
11:01
I want欲しいです to pointポイント outでる one1 interesting面白い thingもの,
ここで興味深いものを紹介します
11:03
whichどの is thatそれ environmentalists環境保護主義者 like好きな theその thingもの we我々 callコール micropowerマイクロパワー.
環境保護主義者の好きな
マイクロパワーというもので
11:05
It'sそれは supposed想定される to be〜する, I don'tしない know知っている, local地元 solar太陽 andそして wind andそして cogenerationコージェネレーション,
上手く行くか わかりませんが
ローカルで太陽光と風力の発電を
11:08
andそして good良い thingsもの like好きな thatそれ.
同時に行う類のものです
11:11
Butだけど frankly率直に micro-reactorsマイクロリアクター whichどの are justちょうど now coming到来 on,
現在開発が進んでいる 原子力の
11:13
mightかもしれない serveサーブ even偶数 betterより良い.
マイクロリアクターは更に良さそうです
11:15
Theその Russiansロシア人, who started開始した thisこの, are building建物 floatingフローティング reactorsリアクター,
ロシアでは水に浮かぶリアクターを造っています
11:17
forために their彼らの new新しい passage通路, whereどこで theその ice is melting溶融, north of Russiaロシア.
ロシア北部の氷が解け始めたところで使うのです
11:19
Andそして they're彼らは selling販売 theseこれら floatingフローティング reactorsリアクター,
この35メガワット足らずの浮かぶリアクターを
11:23
onlyのみ 35 megawattsメガワット, to developing現像 countries.
発展途上国に売り始めています
11:26
Here'sここにいる theその design設計 of an early早い one1 fromから Toshiba東芝.
こちらが東芝の初期のデザイン
11:30
It'sそれは interesting面白い, sayいう, to take取る aa 25-megawattメガワット,
興味深いのは 25メガワットのもの_
11:32
25 million百万 wattsワット,
つまり 2500万ワットのものを
11:35
andそして you君は compare比較する itそれ to theその standard標準 big大きい iron
普通のウェスティングハウスやアリヴァなどの
11:37
of an ordinary普通の Westinghouseウェスチングハウス orまたは Arivaアリバ,
12億ワットや16億ワットを発電する
11:39
whichどの is 1.2, 1.6 billion wattsワット.
標準的な巨大な鉄のかたまりに比べると
11:43
Theseこれら thingsもの are way方法 smaller小さい. They're彼らは muchたくさん moreもっと adaptable適応性のある.
これらはかなり小さく 順応性が高いのです
11:46
Here'sここにいる an Americanアメリカ人 design設計 fromから Lawrenceローレンス Livermore肝臓 Lab研究室.
これはアメリカのローレンス・リバモア研究所のデザイン
11:50
Here'sここにいる another別の Americanアメリカ人 design設計 thatそれ came来た outでる
もうひとつ これもアメリカのデザインで
11:53
of Losロス Alamosアラモス, andそして is now commercial商業の.
ロスアラモス研究所の設計で
実用化もされています
11:55
Almostほぼ allすべて of theseこれら are notない onlyのみ small小さい, they彼ら are proliferation-proof増殖防止.
これらは小さいだけでなく 不拡散にも有効です
11:58
They're彼らは typically典型的には buried埋葬された in theその ground接地.
これらの原子炉は基本的には土の中に埋められています
12:00
Andそして theその innovation革新 is moving動く very非常に rapidly急速に.
発明はものすごく速く進んでいます
12:03
Soそう I think思う microreactorsマイクロリアクタ is going行く to be〜する important重要 forために theその future未来.
マイクロリアクターは 将来とても重要になるでしょう
12:05
In terms条項 of proliferation増殖,
核の不拡散について考えると
12:08
nuclear energyエネルギー has持っている done完了 moreもっと
原子力発電は 核兵器を廃止するために
12:10
to dismantle解体する nuclear weapons兵器 thanより anyどれか otherその他 activityアクティビティ.
他のどの活動よりも 貢献したといえます
12:12
Andそして that'sそれは whyなぜ 10 percentパーセント of theその electricity電気 in thisこの roomルーム,
この部屋で使われている 10パーセントの電力か
12:15
20 percentパーセント of electricity電気
20パーセントの電力が
12:19
in thisこの roomルーム is probably多分 nuclear.
たぶん原子力発電によるものです
12:21
Halfハーフ of thatそれ is coming到来 fromから dismantled解体した warheads弾頭 fromから Russiaロシア,
その燃料の半分は 解体したロシア核弾頭から来ていて
12:23
soonすぐに to be〜する joined参加した by〜によって our我々の dismantled解体した warheads弾頭.
まもなく米国のものが加わります
12:27
Andそして soそう I would〜する like好きな to see見る theその GNEPジプ programプログラム,
ブッシュ政権の発表した
GNEP(国際原子力パートナーシップ)が
12:30
thatそれ wasあった developed発展した in theその Bushブッシュ administration投与, go行く forward前進 aggressively積極的に.
積極的に進められることを願っています
12:33
Andそして I wasあった gladうれしい to see見る thatそれ president大統領 Obamaオバマ
喜ばしいことにオバマ大統領も
12:36
supportedサポートされる theその nuclear fuel燃料 bankバンク strategy戦略
核燃料バンク構想を
12:38
whenいつ he spokeスポーク in Pragueプラハ theその otherその他 week週間.
数週間前のプラハでの演説で支持しました
12:41
One1 moreもっと subject主題. Genetically遺伝的に engineered設計された foodフード crops作物,
最後のテーマは 遺伝子組み換えの農産物ですが
12:43
in myじぶんの view見る, asとして aa biologist生物学者,
私の生物学者としての見解では
12:46
have持ってる noいいえ reason理由 to be〜する controversial議論の余地のある.
議論になる理由などありません
12:48
Myじぶんの fellow仲間 environmentalists環境保護主義者, on thisこの subject主題,
環境保護主義者たちはこれに対して
12:50
have持ってる beenされている irrational不合理な, anti-scientific反科学的, andそして very非常に harmful有害な.
不合理で、非科学的で、とても有害な立場をとっています
12:52
Despite何と their彼らの bestベスト efforts尽力,
彼らの最大限の努力にもかかわらず
12:56
genetically遺伝的に engineered設計された crops作物 are theその most最も
遺伝子組み換え穀物は
12:58
rapidly急速に successful成功した agricultural農業 innovation革新 in history歴史.
歴史的に見て 最も急速な農業革命を起こしました
13:00
They're彼らは good良い forために theその environment環境 becauseなぜなら they彼ら enable有効にする no-till無期限 farming農業,
これらは環境にとってよいことです
無耕農業が可能になります
13:04
whichどの leaves theその soil土壌 in place場所,
これにより土壌は地面に残り
13:07
getting取得 healthierより健康的 fromから year to year ---
年を追うごとに土の状態はよくなっていきます
13:09
slsoスロー keeps維持する lessもっと少なく carbon炭素 dioxide二酸化炭素 going行く fromから theその soil土壌
土壌から空気中に排出される二酸化炭素が
13:11
into theその atmosphere雰囲気.
減っていくということにもなります
13:13
They彼ら reduce減らす pesticide殺虫剤 useつかいます.
殺虫剤の利用も減らせます
13:15
Andそして they彼ら increase増加する yield産出, whichどの allows許す you君は to have持ってる yourきみの
そして収穫高は上がり これによって
13:17
agricultural農業 areaエリア be〜する smaller小さい,
農業地帯を小さくすることができる
13:19
andそして thereforeしたがって、 moreもっと wild野生 areaエリア is freed解放された upアップ.
その結果 野生地帯が増えます
13:22
By〜によって theその way方法, thisこの map地図 fromから 2006
この2006年の時代遅れの
13:25
is outでる of date日付 becauseなぜなら itそれ showsショー Africaアフリカ
地図を見ると 当時のアフリカが
13:27
stillまだ under theその thumb親指 of Greenpeaceグリーンピース,
グリーンピースとフレンズ・オブ・ジ・アースの
13:29
andそして Friends友達 of theその Earth地球 fromから Europeヨーロッパ,
干渉をうけていたのが わかります
13:31
andそして they're彼らは finally最後に getting取得 outでる fromから under thatそれ.
最近 やっとその影響から逃れる傾向にあります
13:34
Andそして biotechバイオテクノロジー is moving動く rapidly急速に in Africaアフリカ, at〜で last最終.
そしてついにアフリカで
バイオテクノロジーが急速に進んでいます
13:36
Thisこの is aa moral道徳 issue問題.
これはモラルの問題です
13:39
Theその Nuffieldnuffield Council評議会 on Bioethics生命倫理
ナフィールド生命倫理審議会は
13:41
met会った on thisこの issue問題 twice二度 in greatすばらしいです detail詳細
この問題を二回に渡って協議し
13:43
andそして said前記 itそれ is aa moral道徳 imperative命令的
遺伝組み換えの農産物を早急に
13:45
to make作る genetically遺伝的に engineered設計された crops作物 readily容易に available利用可能な.
人々に供給するのは モラル上必須だと結論をだしました
13:47
Speaking話し中 of imperatives命令, geoengineeringジオエンジニアリング is tabooタブー now,
必須事項と言えば 地球工学は今やタブーです
13:50
especially特に in government政府 circles,
特に政府関係機関でです
13:53
thoughしかし I think思う thereそこ wasあった aa DARPAダーパ meeting会議 on itそれ aa coupleカップル of weeks ago,
DARPAは数週間前にこれについて協議していましたが
13:55
butだけど itそれ will意志 be〜する on yourきみの plateプレート ---
これは避けられない事になるでしょう
13:57
notない thisこの year butだけど prettyかなり soonすぐに,
今年ではないですが すぐにそうなります
13:59
becauseなぜなら some一部 harsh厳しい realizations実現 are coming到来 along一緒に.
なぜなら 辛辣な実現が迫ってくるからです
14:02
Thisこの is aa listリスト of themそれら.
これはそのリストです
14:05
Basically基本的に theその newsニュース is going行く to keepキープ getting取得 moreもっと scary怖い.
基本的に そのニュースは恐ろしさを増していくでしょう
14:07
Thereそこ will意志 be〜する eventsイベント,
これらが起こりうる出来事です
14:10
like好きな 35,000 people dying死ぬ of aa heat wave,
3万5千人の命がヒートウェーブで危険にさらされたり
14:12
whichどの happened起こった aa whilewhile backバック.
これは少し前に起こりました
14:15
Like好きな cyclonesサイクロン coming到来 upアップ toward〜に向かって Bangladeshバングラデシュ.
またサイクロンが バングラディッシュに接近したりします
14:17
Like好きな wars戦争 over以上 water,
水を奪い合うような戦争も起こります
14:20
suchそのような asとして in theその Indusインダス.
これはインダス川で起こりました
14:22
Andそして asとして thoseそれら eventsイベント keepキープ happeningハプニング
こういった出来事が発生し続けると
14:24
we're私たちは going行く to sayいう, "Okayはい, what canできる we我々 do行う about thatそれ really本当に?"
私たちに「何が出来るのか」ということになります
14:26
Butだけど there'sそこに thisこの little少し problem問題 with〜と geoengineeringジオエンジニアリング:
しかし地球工学には 次のような小さな問題がついてくるのです
14:28
what body is going行く to decide決めます
どの機関が決定を下し
14:33
who gets取得 to engineerエンジニア? Howどうやって muchたくさん they彼ら do行う? Whereどこで they彼ら do行う itそれ?
誰がどこで どれだけ エンジニアリングを行うのか
14:37
Becauseなぜなら everybodyみんな is downstream下流,
皆がそれぞれの影響下にあり
14:39
downwindダウンウィンド of whateverなんでも is done完了.
操作の風下にいるわけです
14:41
Andそして ifif we我々 justちょうど tabooタブー itそれ completely完全に
しかし それを完全にタブーにしてしまうと
14:44
we我々 couldできた lose失う civilization文明.
文明が失われるかもしれません
14:46
Butだけど ifif we我々 justちょうど sayいう "OKOK,
しかし単純に「なるほど、中国よ
14:48
China中国, you'reあなたは worried心配している, you君は go行く ahead前方に.
心配なのでしょう、お好きにどうぞ
14:51
You君は geoengineerジオエンジニア yourきみの way方法. We'll私たちは geoengineerジオエンジニア our我々の way方法."
貴方達は貴方達のやり方で地球工学をやればいい
私たちもそうします」とすると
14:53
Thatそれ would〜する be〜する considered考慮される an act行為 of war戦争 by〜によって bothどちらも nations.
これは2国間での戦争行為とみなされてしまう
14:57
Soそう thisこの is very非常に interesting面白い diplomacy外交 coming到来 along一緒に.
非常に興味深い外交が出てきます
15:00
I should〜すべき sayいう, itそれ is moreもっと practical実用的な thanより people think思う.
人々が思うよりずっと実践的なものだと思います
15:04
Hereここに is an example thatそれ climatologists気候学者 like好きな aa lotロット,
これは気候学者が とても好きな事例ですが
15:07
one1 of theその dozens数十 of geoengineeringジオエンジニアリング ideasアイデア.
数ある地球工学のアイデアのうちの一つです
15:10
Thisこの one1 came来た fromから theその sulfur硫黄 dioxide二酸化炭素
1991年にピナツボ火山が噴火し
15:12
fromから Mountマウント Pinatuboピナツボ in 1991 ---
二酸化硫黄から発生し
15:14
cooled冷却された theその earth地球 by〜によって halfハーフ aa degree.
地球の温度が0.5度下がった事から
ヒントを得ました
15:17
Thereそこ wasあった soそう muchたくさん ice in 1992, theその following以下 year,
翌年の1992年にはたくさんの氷があり
15:21
thatそれ thereそこ wasあった aa bumperバンパー crop作物 of polar極地 bearくま cubs子猫
たくさんの北極グマが生まれ
15:23
who wereあった known既知の asとして theその Pinatuboピナツボ cubs子猫.
ピナツボ・カブと呼ばれていました
15:26
To put置く sulfur硫黄 dioxide二酸化炭素 in theその stratosphere成層圏
成層圏に二酸化硫黄を散布するには
15:28
would〜する costコスト on theその order注文 of aa billion dollarsドル aa year.
年間 約10億ドルものコストがかかります
15:30
That'sそれは nothing何も, compared比較した to allすべて of theその otherその他
しかし他のエネルギー対策にに比べたら
15:33
thingsもの we我々 mayかもしれない be〜する trying試す to do行う about energyエネルギー.
大したことありません
15:36
Justちょうど to run走る by〜によって another別の one1:
もうひとつのアイディアは
15:38
thisこの is aa plan計画 to brighten明るく theその reflectance反射率 of ocean海洋 clouds,
海上の雲に海水を噴霧して
15:41
by〜によって atomizing霧化 seawater海水;
雲の反射率を高めるものです
15:44
thatそれ would〜する brighten明るく theその albedoアルベド of theその whole全体 planet惑星.
地球全体のアルべドが高くなります
15:46
Aa niceいい one1, becauseなぜなら itそれ canできる happen起こる
次にお見せするのは簡単にどこでも出来る
15:48
lotsロット of little少し ways方法 in lotsロット of little少し places場所,
なかなか良いもので
15:50
is by〜によって copyingコピー theその ancient古代 Amazonアマゾン Indiansインド人
古代アマゾンのインディアンのやり方をまねしたものです
15:52
who made good良い agricultural農業 soil土壌
彼らは 質の高い農耕土を生成しました
15:54
by〜によって pyrolizing熱分解, smolderingくすぶる, plant工場 waste廃棄物,
植物廃棄物を熱分解とくすぶり燃焼させ
15:56
andそして biocharバイオチャー fixes修正 large quantities of carbon炭素
土壌を改良しながら
16:00
whilewhile it'sそれは improving改善する theその soil土壌.
大量の炭素を封じ込めます
16:03
Soそう hereここに is whereどこで we我々 are.
これが現在の人類の状況です
16:05
Nobelノーベル Prize-winning賞を受賞した climatologist気候学者 Paulポール Crutzenクルツェン
ノーベル賞を受賞した気候学者のパウル・クルッツェンは
16:08
callsコール our我々の geological地質学的 era時代 theその Anthropoceneアントロセン,
現在の地質時代を「アントロポセン」と呼びます
16:11
theその human-dominated人間が支配する era時代. We我々 are stuck立ち往生
人類が地球を支配する時代です
16:14
with〜と itsその obligations義務.
私たちはその責任から逃れられません
16:17
In theその Whole全体 Earth地球 Catalogカタログ, myじぶんの first最初 words言葉 wereあった,
『ホール・アース・カタログ』の巻頭に こう書きました
16:20
"We我々 are asとして Gods神々, andそして mightかもしれない asとして wellよく get取得する good良い at〜で itそれ."
「私たちは神のごとく、
ものごとをうまく処理することが望まれる」
16:22
Theその first最初 words言葉 of Whole全体 Earth地球 Discipline規律
『ホール・アース・ディシプリン(地球の論点)』は
これで始まります
16:24
are, "We我々 are asとして Gods神々, andそして have持ってる to get取得する good良い at〜で itそれ."
「私たちは神のように振る舞わなければならず、
しかも巧みにやり遂げなければならない」
16:27
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
16:31
(Applause拍手)
(拍手)
16:33
Translated by Ayako Kato
Reviewed by Akiko Hicks

▲Back to top

About the speaker:

Stewart Brand - Environmentalist, futurist
Since the counterculture '60s, Stewart Brand has been creating our internet-worked world. Now, with biotech accelerating four times faster than digital technology, Stewart Brand has a bold new plan ...

Why you should listen

With biotech accelerating four times faster than digital technology, the revival of extinct species is becoming possible. Stewart Brand plans to not only bring species back but restore them to the wild.

Brand is already a legend in the tech industry for things he’s created: the Whole Earth Catalog, The WELL, the Global Business Network, the Long Now Foundation, and the notion that “information wants to be free.” Now Brand, a lifelong environmentalist, wants to re-create -- or “de-extinct” -- a few animals that’ve disappeared from the planet.

Granted, resurrecting the woolly mammoth using ancient DNA may sound like mad science. But Brand’s Revive and Restore project has an entirely rational goal: to learn what causes extinctions so we can protect currently endangered species, preserve genetic and biological diversity, repair depleted ecosystems, and essentially “undo harm that humans have caused in the past.”

His newest book is Whole Earth Discipline: An Ecopragmatist Manifesto.

More profile about the speaker
Stewart Brand | Speaker | TED.com