English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2009

Willard Wigan: Hold your breath for micro-sculpture

ウィラード・ウィーガン: 息を止めて見てほしい、ミクロの彫刻

Filmed
Views 645,039

ウィラード・ウィーガンは自分を表現することが苦手で孤独だった子ども時代がどのように比類のない才能を見いだしたのかを語ります。顕微鏡を通して映し出される、肉眼では見えないほど小さな芸術品には仰天させられます。

- Micro-sculptor
Willard Wigan sculpts figures small enough to fit on the head of a pin. To create these microscopic masterpieces, he works diligently through the stillest hours of the night, between his own heartbeats. Full bio

There'sそこに an old古い saying言って, "Justちょうど becauseなぜなら you君は can'tできない see見る something何か,
「目に見えないからといって
存在しないわけではない」
00:12
doesn'tしない mean平均 it'sそれは notない thereそこ."
こんな古いことわざがある
00:15
Myじぶんの work作業 is --- it'sそれは aa reflection反射 of myself私自身.
私の作品は 自分自身を反映したものだ
00:18
What I wanted欲しい to do行う is to
私がやりたかったのは
00:25
showショー theその world世界 thatそれ theその little少し thingsもの
小さなものが 大きなことになり得ると
00:29
canできる be〜する theその biggest最大 thingsもの.
世界に示すこと
00:34
We我々 allすべて seem思われる to think思う thatそれ,
人間って誰でも地面を見下ろすと
00:37
you君は know知っている, ifif we我々 look見える downダウン on theその ground接地, there'sそこに nothing何も thereそこ.
そこには何もないって思いがちだね
00:40
Andそして we我々 useつかいます theその wordワード "nothing何も."
人は「何もない」って言うけど
00:46
Nothing何も doesn'tしない exist存在する, becauseなぜなら thereそこ is always常に something何か.
必ず何かがあるので 何もないなんてない
00:49
Myじぶんの mother told言った me thatそれ, whenいつ I wasあった aa child,
子どもの頃 母は言った
00:52
thatそれ I should〜すべき always常に respect尊敬 theその little少し thingsもの.
小さなものへの尊敬を忘れるなってね
00:54
What made me do行う thisこの work作業? I shall〜する go行く into myじぶんの storyストーリー.
この仕事を始めたきっかけを話そう
00:59
Thisこの allすべて started開始した whenいつ I wasあった age年齢 five.
それは5歳のときのことだった
01:03
What made me do行う itそれ? At〜で school学校, I will意志 admit認める thisこの:
正直に言うと 学校では
01:07
academically学問的に, I couldn'tできなかった express表現する myself私自身.
自分を表現できない子どもで
01:10
Soそう I wasあった, moreもっと orまたは lessもっと少なく, classed分類された asとして "nothing何も."
「何もない」子どもとして見られていたんだ
01:13
Myじぶんの world世界 wasあった seen見た asとして lessもっと少なく.
私の世界は 低くみられてた
01:18
Soそう I decided決定しました I didn'tしなかった really本当に want欲しいです to be〜する aa part of thatそれ world世界.
だからそんな世界にはいたくなくて
01:23
I thought思想, I need必要 to retreat退却
どこか逃げ場が
01:27
into something何か elseelse.
必要だと思ったんだ
01:31
Soそう whenいつ myじぶんの mother used中古 to take取る me to school学校,
私を学校に連れて行った母は
01:33
she彼女 thought思想 I wasあった at〜で school学校,
私が学校にいると思い込んでいたけど
01:36
andそして I used中古 to do行う aa U-turnUターン, whenいつ her彼女 backバック wasあった turned回した,
私は家へと引き返して
01:38
andそして run走る offオフ andそして hide隠す in theその shed杼口 at〜で theその backバック of theその garden庭園.
さっと 庭の物置へと隠れてた
01:41
Now, theその one1 time時間 I wasあった in theその shed杼口,
物置に隠れていたあるとき
01:45
andそして myじぶんの mother suspected疑わしい something何か,
母は何かを感じ取ったようだった
01:50
thinking考え I wasあった at〜で school学校.
私は学校にいると思っていたようだけどね
01:53
Myじぶんの mother wasあった like好きな theその woman女性 in Tomトム andそして Jerryジェリー.
母はトムとジェリーに出てくる女の人のようだった
01:55
Soそう you'dあなたは justちょうど see見る her彼女 feetフィート.
足しか見えないのさ
01:59
(Laughter笑い)
(笑)
02:02
Soそう I wasあった hiding隠蔽 in theその shed杼口, like好きな thatそれ.
だから私は物置にこんな感じで隠れていたら
02:06
Andそして allすべて of aa sudden突然 ...
突然…
02:10
Andそして then次に I saw見た her彼女 legs.
母の足が目に入ってきた
02:15
Andそして then次に she彼女 said前記 --- grabbed捕まえた me like好きな thatそれ, becauseなぜなら myじぶんの mother wasあった quiteかなり big大きい ---
体が大きかった母は私をこうやってつかみ
02:19
andそして she彼女 lifted持ち上げられた me upアップ andそして she彼女 says言う,
持ち上げて言ったんだ
02:22
"Howどうやって come来る you'reあなたは notない at〜で school学校?"
“なんで学校にいないんだい?”
02:25
I told言った her彼女 I couldn'tできなかった face itそれ becauseなぜなら theその way方法
先生が優しくしてくれず
02:27
theその teacher先生 wasあった treating治療する me, ridiculing嘲笑 me,
自分が馬鹿にされたり
02:30
andそして usingを使用して me asとして an example of failure失敗.
落ちこぼれだと言われていると
02:33
Soそう I told言った her彼女.
母に伝えた
02:36
At〜で thatそれ age年齢, obviously明らかに, I couldn'tできなかった express表現する itそれ thatそれ way方法,
でも 当時はそのようにうまく言えず
02:38
butだけど I told言った her彼女 I didn'tしなかった feel感じる right.
気分がよくないと伝えたんだ
02:42
Andそして then次に she彼女 justちょうど said前記, "You'reあなたは going行く backバック to school学校 tomorrow明日."
母は“明日は行くんだよ” とだけ言った
02:45
Andそして walked歩いた offオフ. Andそして I didn'tしなかった expect期待する thatそれ,
予想外だったね
02:47
becauseなぜなら I expected期待される one1 of theseこれら ...
ひどくしかられるだろう って思ったから…
02:49
Butだけど I didn'tしなかった get取得する itそれ.
でも違ったんだ
02:53
Soそう I'm私は sitting座っている thereそこ thinking考え.
それで 私はそこに座って考えた
02:55
Andそして asとして I looked見た downダウン on theその ground接地,
地面を見たら
02:57
I noticed気づいた thereそこ wasあった some一部 antsアリ runningランニング aroundまわり.
アリがいるのに気がついた
03:01
Andそして I went行った into thisこの little少し fantasyファンタジー world世界.
そして空想の世界へと入り込んだ
03:05
Andそして I thought思想,
私はこう思ったんだ
03:07
"Theseこれら antsアリ, are they彼ら looking探している forために theその queen女王 ant?
“女王アリを探しているのかな”
03:09
Orまたは do行う they彼ら need必要 somewhereどこかで to liveライブ?"
“それとも 家が必要なの?”
03:14
Soそう I thought思想 "Perhapsおそらく,
“僕がアリの家をつくったら―”
03:16
ifif I made theseこれら antsアリ some一部 apartmentsアパート,
“きっと アリは”
03:18
they'll彼らは move動く in."
“引っ越してくるんじゃないかな”
03:22
(Laughter笑い)
(笑)
03:26
Soそう I didした.
それで 家をつくったんだ
03:30
Andそして howどうやって I setセット about thatそれ, I got持っている some一部 splinters破片 of wood木材.
木のとげを集めてきて
03:32
Andそして I slicedスライスされた theその little少し splinters破片 of wood木材 with〜と aa broken壊れた shardシャード of glassガラス,
ガラス片で切り裂いた
03:35
constructed建設された thisこの little少し apartmentアパート.
そして 小さなアパートを作ったのさ
03:38
Wellよく itそれ looked見た like好きな aa little少し shantyシャンティ shed杼口 whenいつ I'd私は finished完成した.
出来あがったとき
掘っ立て小屋のようにしか見えなかったけど
03:42
Butだけど I thought思想, perhapsおそらく theその ant won't〜されません know知っている, it'llそれはよ probably多分 move動く in.
アリは住んでくれるんじゃないかと思ったよ
03:47
Andそして soそう they彼ら didした.
予想通りだったね
03:49
Thatそれ wasあった aa bitビット crude原油, at〜で theその time時間. Andそして I made allすべて theseこれら little少し apartmentsアパート
出来は良くなかったけど
それから小さなアパートや
03:51
andそして little少し merry-go-roundsメリーゴーラウンド, seesawsシーソー andそして swingsスイング, little少し laddersはしご.
メリーゴーランド シーソー ブランコ 
梯子などを作ったんだ
03:54
Andそして then次に I encouraged奨励 theその antsアリ to come来る 'round'円形 by〜によって puttingパッティング sugarシュガー andそして thingsもの like好きな thatそれ.
アリに住んでもらいたくて
砂糖でおびき寄せたりもした
03:58
Andそして then次に I sat座っている downダウン andそして allすべて theその antsアリ came来た along一緒に.
座って様子を伺っていると アリがやって来て
04:02
Andそして allすべて I couldできた hear聞く wasあった "Is thisこの forために us米国?"
“僕たちに作ってくれたの?” って言うのさ
04:08
(Laughter笑い)
(笑)
04:11
Andそして I sayいう, "Yesはい, they're彼らは allすべて forために you君は."
“君たちのお家だよ” って答えると
04:13
Andそして they彼ら moved移動した in, andそして decided決定しました notない to pay支払う me anyどれか rent家賃.
アリはそこで暮らし始めたんだ 
家賃は払ってくれなかったけど
04:15
(Laughter笑い)
(笑)
04:19
Andそして fromから thereそこ I wasあった watching見ている thisこの little少し world世界.
それ以来 この小さな世界を見てるってわけ
04:22
Itそれ becameなりました part of me.
私の一部になったんだ
04:25
Whenいつ I discovered発見された thatそれ I had持っていました thisこの gift贈り物,
このような才能に気づいたとき
04:30
I wanted欲しい to experiment実験 with〜と thisこの world世界
目には見えない世界を
04:37
thatそれ we我々 can'tできない see見る.
作りだしたいと思った
04:41
Soそう I realized実現した thatそれ thereそこ wasあった moreもっと to life生活
私たちを取り囲む大きなものだけではなく
04:43
thanより justちょうど everythingすべて thatそれ we我々 see見る aroundまわり us米国 that'sそれは huge巨大.
もっと人生には大切なことがあると 気づいたのさ
04:46
Soそう I started開始した to educate教育する myself私自身 on thisこの molecular分子 levelレベル.
それで私は小さな分子のような物について独学を始めた
04:50
Andそして asとして I got持っている olderより古い, I continued続ける. I showed示した myじぶんの mother.
大きくなってからも続け 母に見せたら
04:55
Myじぶんの mother told言った me to take取る itそれ smaller小さい.
もっと小さくしたらと言われたんだ
04:59
Now I shall〜する showショー you君は something何か hereここに.
ここで作品をお見せしよう
05:01
Andそして I'll私はよ explain説明する.
ここで作ったのは
05:05
Asとして you君は canできる see見る,
ご覧の通り
05:08
that'sそれは aa pinheadピンヘッド.
ピンの頭さ
05:11
(Laughter笑い)
(笑)
05:13
(Applause拍手)
(拍手)
05:17
Now thatそれ is calledと呼ばれる theその Hufhuf Hausハス.
これはハフ ハウスという作品
05:25
Theその gentleman紳士 who commissioned依頼された me to do行う thisこの
作品の依頼をしてきた紳士が
05:29
wasあった aa gentleman紳士 calledと呼ばれる Peterピーター Hufhuf.
ハフさんという方でね
05:31
Andそして he says言う to me "Willardワイアード, canできる you君は put置く myじぶんの house on aa pinheadピンヘッド?"
“ピンの頭に家を作れるかな?” って尋ねてきた
05:34
(Laughter笑い)
(笑)
05:38
Soそう I sayいう, "Howどうやって are you君は going行く to fitフィット in thereそこ?"
“そんなに小さかったら入れないだろう” って
返したさ
05:43
(Laughter笑い)
(笑)
05:46
Andそして then次に he said前記 to me,
そしたら彼は言った
05:49
"I don'tしない believe信じる you君は canできる do行う itそれ. Canできる you君は really本当に do行う itそれ?"
“作れると思わないな 本当にできるかい?”
05:52
Andそして I says言う, "Wellよく, tryお試しください me."
“できるとも”
05:55
Andそして then次に he said前記, "Butだけど I don'tしない believe信じる thatそれ you君は canできる do行う thisこの." Soそう I said前記, "OKOK."
”いや できるとは思えないな”という彼に
”わかったよ”と答えたね
05:59
Soそう, to cutカット aa long長いです storyストーリー shortショート,
手短にいうと
06:05
I went行った home自宅, went行った underneath下の theその microscope顕微鏡,
家に帰って
06:07
andそして I crushed破砕されました upアップ aa pieceピース of glassガラス,
ガラス片を砕いたんだ
06:09
crushed破砕されました itそれ upアップ.
それを
06:13
Andそして underneath下の theその microscope顕微鏡
顕微鏡で見た
06:15
thereそこ wereあった splinters破片 of glassガラス.
ガラス片をね
06:17
Some一部 of themそれら wereあった quiteかなり jaggedギザギザの.
ギザギザしてた
06:19
Soそう I wasあった crushing粉砕する upアップ theseこれら pieces作品 of glassガラス,
ガラス片を粉々にして
06:22
whichどの, asとして you君は canできる see見る,
ここでわかるように
06:24
that'sそれは theその actual実際の frameフレーム of theその house.
家のフレームにしたのさ
06:27
Andそして theその actual実際の roofルーフ is made upアップ of aa fiberファイバ,
屋根は本物の繊維だ
06:29
whichどの I found見つけた in myじぶんの sister's姉妹 old古い teddyテディ bearくま.
姉のテディベアから取ったのさ
06:35
(Laughter笑い)
(笑)
06:38
Soそう I got持っている theその teddyテディ bearくま andそして I said前記,
テディベアには尋ねたよ
06:41
"Do行う you君は mindマインド ifif I pull引く outでる one1 of yourきみの fibers繊維?"
“繊維をもらってもいいかな?” ってね
06:43
Soそう I didした.
繊維を拝借して
06:46
Andそして I looked見た at〜で itそれ beneath下の theその microscope顕微鏡. Andそして some一部 of itそれ wasあった flat平らな.
顕微鏡で見たら 平らな繊維が見つかった
06:48
Soそう I decided決定しました to sliceスライス theseこれら upアップ
その繊維を切り裂いた
06:51
with〜と theその toolツール thatそれ I make作る
針の先を鋭く研いで作った―
06:53
by〜によって --- I sharpen鋭く theその end終わり of aa needle into aa blade.
道具を使って切り裂いた
06:55
Andそして then次に I actually実際に
だんだん私の神経は
06:59
slowスロー downダウン myじぶんの whole全体 nervous神経質な systemシステム.
落ち着いてきた
07:01
Andそして then次に I work作業 betweenの間に myじぶんの heartbeatハートビート,
鼓動と鼓動の間に仕事をするのさ
07:04
I have持ってる one-and-a-half1年半 seconds
作業ができるのは
07:07
to actually実際に move動く.
1.5秒なんだ
07:10
Andそして at〜で theその same同じ time時間 I have持ってる to watch時計 I don'tしない inhale吸入する
気をつけなくちゃいけないのは
07:12
myじぶんの own自分の work作業, at〜で theその same同じ time時間.
息を吸って 作品を吸い込まないこと
07:14
(Laughter笑い)
(笑)
07:16
(Applause拍手)
(拍手)
07:19
Becauseなぜなら thatそれ has持っている happened起こった to me.
吸い込んじゃったことがあるからね
07:25
(Laughter笑い)
(笑)
07:27
Soそう what I didした, like好きな I said前記, come来る backバック to theその glassガラス.
ガラスの話に戻ると
07:31
I found見つけた theseこれら little少し bitsビット of glassガラス.
この小さなガラス片を
07:34
Andそして I had持っていました to make作る themそれら square平方.
どうにか四角い形にしたかった
07:36
Soそう I'm私は thinking考え "Howどうやって canできる I do行う thisこの?"
どうやってやろうかと思案してた
07:39
Soそう what I didした, I got持っている an oilstoneオイルストーン. Broke壊れた theその edgeエッジ of an oilstoneオイルストーン offオフ.
オイルストーンを手に入れ 角を砕き
07:41
Andそして what I didした, I took取った pieces作品 of glassガラス. Andそして I started開始した to rubこする themそれら.
ガラス片をこすり始めた
07:45
I used中古 aa little少し tweezerピンセット whichどの I made fromから aa hairヘア clipクリップ.
髪留めで作ったピンセットを使うんだけど
07:49
Andそして I built建てられた rubberゴム aroundまわり theその end終わり of theその tweezerピンセット soそう itそれ wouldn'tしないだろう crush粉砕する theその glassガラス.
ガラスを割らないように
ピンセットにはゴムを巻き付けた
07:52
Andそして then次に I started開始した rubbingこする, very非常に very非常に gentlyやさしく,
そして優しくこすり始めたんだ
07:56
tillまで some一部 of theその edgesエッジ wereあった quiteかなり square平方. Andそして then次に I constructed建設された itそれ.
形が四角になるまでこすってから組み立てた
08:01
Andそして howどうやって I constructed建設された itそれ,
組み立て方は
08:05
is by〜によって making作る grooves in theその top of theその pinheadピンヘッド.
ピンの頭に 溝をつけて
08:07
Andそして then次に pushing押して theその glassガラス in with〜と itsその own自分の friction摩擦.
その中に摩擦でガラスが入り込むようにした
08:10
Andそして asとして I wasあった doingやっている itそれ, what happened起こった?
その作業をしてるとき
08:13
Theその instrument計器 thatそれ I used中古 turned回した into aa catapultカタパルト.
使っていた道具が射出機のようになって
08:16
Andそして itそれ went行った like好きな thisこの ...
ピョーンと飛んでしまった
08:20
Andそして then次に thatそれ wasあった itそれ.
時すでに遅し
08:24
(Laughter笑い)
(笑)
08:27
Gone行った.
失くしちゃったのさ
08:28
Soそう I'm私は thinking考え, "Mr. Hufhuf isn'tない going行く to be〜する very非常に happyハッピー
“家を失くしたって言ったら”
08:30
whenいつ I told言った him his house has持っている gone行った to another別の,
“ハフさんは よく思わないだろうなあ”
08:32
into theその atmosphere雰囲気 somewhereどこかで."
どっかに飛んで行ってしまったんだから…
08:35
Soそう to cutカット theその storyストーリー shortショート,
結局わたしは
08:38
I decided決定しました thatそれ I had持っていました to go行く backバック andそして do行う itそれ.
もう一度やり直すことにしたんだ
08:40
Soそう I found見つけた some一部 moreもっと. Andそして I decided決定しました to, sortソート of,
飛び散った一部を見つけたので
08:42
construct構成する itそれ very非常に, very非常に slowlyゆっくり,
ゆっくりと組み立てることにした
08:45
holdingホールディング myじぶんの breath呼吸, workingワーキング betweenの間に myじぶんの heartbeatハートビート,
息を止めて 心臓の鼓動の間に手を動かし
08:47
andそして making作る sure確かに everythingすべて is leveledレベルの.
全てが平らなことを確かめながらね
08:50
Becauseなぜなら it'sそれは suchそのような aa small小さい sculpture彫刻,
あまりにも小さいから
08:52
nothing何も canできる go行く wrong違う.
間違いは許されないんだ
08:56
Andそして I decided決定しました to buildビルドする itそれ upアップ.
組み立てることを決めて
08:58
Then次に I used中古 fibers繊維 outでる of myじぶんの jumperジャンパー,
ジャンパーの繊維を使った
09:01
whichどの I held開催 andそして stretched伸ばされた.
その繊維を伸ばして
09:04
Andそして made theその beams going行く aroundまわり theその house.
家の周りの梁を作った
09:06
Andそして theその actual実際の windows andそして theその balconyバルコニー
窓とバルコニーを
09:08
had持っていました to be〜する sortソート of constructed建設された.
組み立てなくてはいけなかった
09:10
I used中古 aa moneyお金 spider'sクモの webウェブ
サクラグモの糸を
09:12
to actually実際に attach付ける certainある thingsもの,
糊の代わりに使ったんだけど
09:14
whichどの sent送られた me insane狂人.
厄介で しょうがなかった
09:16
Butだけど I managed管理された to do行う itそれ.
どうにかやりとおしたけどね
09:18
Andそして whenいつ I finished完成した itそれ, I came来た backバック theその next day.
家を完成させた翌日
09:21
I noticed気づいた thatそれ theその house wasあった occupied占領された.
住人がいることに気づいたんだ
09:24
Have持ってる we我々 everこれまで heard聞いた of aa dustほこり miteダニ?
塵ダニの声を聞いたことがある方は?
09:28
Darrenダーレン dustほこり miteダニ andそして his family家族 moved移動した in.
塵ダニ一家が引っ越してきたんだ
09:32
(Laughter笑い)
(笑)
09:34
Soそう basically基本的に I'd私は completed完成した theその house.
こうやって家を完成させた
09:37
Andそして thereそこ you君は are.
ほらね
09:41
(Applause拍手)
(拍手)
09:44
(Laughter笑い)
(笑)
09:51
Right. Asとして you君は canできる see見る,
ご覧の通り
09:55
Bartバート Simpsonシンプソン is having持つ aa little少し argument引数.
バート・シンプソンが何やら怒っているね
09:57
I think思う they're彼らは arguing議論する about theその spaceスペース on theその pinピン.
ピンの頭のスペースに関して議論しているようだ
10:01
There'sそこに notない enough十分な roomルーム forために theその two of themそれら.
二人分なんてないぞってね
10:04
Soそう I didn'tしなかった think思う he wasあった going行く to throwスロー Bartバート offオフ.
バートを突き落とすつもりはなかったと思う
10:07
I think思う he wasあった justちょうど warning警告 him actually実際に.
きっと脅してたんだろうね
10:09
Butだけど thisこの one1 wasあった made outでる of aa nylonナイロン tagタグ
これは わたしのナイロン製のシャツから
10:11
outでる of myじぶんの shirtシャツ.
生地をはぎ取って作ったんだ
10:15
What I didした, I plucked抜かれた theその tagタグ outでる
タグを取って
10:17
andそして put置く itそれ underneath下の theその microscope顕微鏡.
顕微鏡で覗き
10:20
I used中古 theその needle whichどの has持っている got持っている aa slightわずかな blade on theその end終わり.
先が刃のようになった針を使った
10:23
Canできる anybody see見る theその blade on theその end終わり of thatそれ needle?
針の先の刀が見えるかな?
10:26
Audience聴衆: Noいいえ.
客席: いいえ
10:28
WWww: Soそう what I didした is theその same同じ processプロセス whereどこで I
ここでも同じように
10:30
justちょうど kind種類 of holdホールド myじぶんの breath呼吸
息を止めて
10:33
andそして justちょうど work作業 away離れて very非常に, very非常に slowlyゆっくり,
ゆっくりと仕事を続けるんだ
10:36
manipulating操作する theその plasticプラスチック, cutting切断 itそれ, becauseなぜなら itそれ behaves動作する different異なる.
プラスチックを使って 切ったり 工夫が必要
10:40
Wheneverいつでも you君は work作業 on thatそれ levelレベル, thingsもの behave行動する different異なる.
これだけの作業になると
予想がつかないこともある
10:44
Becauseなぜなら it'sそれは on thisこの molecular分子 levelレベル thingsもの change変化する
分子レベルになると普通のようにはいかず
10:47
andそして they彼ら act行為 different異なる.
違った性質をもつんだ
10:49
Andそして sometimes時々 they彼ら turn順番 into little少し catapultsカタパルト andそして thingsもの go行く upアップ in theその air空気.
時にはピョーンと飛んだり
空中に投げだされてしまう
10:51
Andそして, you君は know知っている, allすべて different異なる thingsもの happen起こる.
いろんなことが起こるのさ
10:54
Butだけど I had持っていました to make作る aa little少し barrierバリア, going行く aroundまわり itそれ, outでる of cellophaneセロハン,
セロファンを使って固定できるように
10:57
to stopやめる itそれ moving動く.
周囲に囲いをつけたら
11:00
Then次に static静的 electricity電気 setセット in.
静電気が起きて
11:02
Andそして itそれ went行った ...
大変だった
11:04
Andそして I'm私は trying試す to remove除去する itそれ. Andそして theその static静的 is interfering妨害する with〜と everythingすべて.
静電気には困ったね
11:06
Soそう thereそこ is sweat dripping落ちる offオフ myじぶんの head,
額から汗がしたたり落ちたよ
11:09
becauseなぜなら I have持ってる to carve刻む Homerホーマー Simpsonシンプソン like好きな thatそれ, in thatそれ positionポジション.
ホーマー・シンプソンを
あんな格好に削らないといけないからね
11:12
Andそして after I've私は cutカット outでる theその shape形状,
その形に削った後
11:17
then次に I have持ってる to make作る sure確かに thatそれ thereそこ is roomルーム forために Bart'sバート neckネック.
バートの首の部分のスペースも
確保しなくちゃいけない
11:19
Soそう after I've私は done完了 theその same同じ thingもの,
同じことをした後に
11:23
then次に I have持ってる to paintペイント itそれ.
色を塗るんだ
11:25
Andそして after I've私は actually実際に sculpted彫刻された themそれら,
彼らを彫ってから
11:27
I have持ってる to paintペイント themそれら.
色を塗るんだ
11:29
I experimented実験した with〜と aa ---
死んだハエを使って
11:31
I found見つけた aa deadデッド fly飛ぶ.
ある事を試した
11:34
Andそして I plucked抜かれた theその hairヘア offオフ theその fly'sフライ head.
ハエの頭から毛を抜いて
11:36
Decided決定しました to make作る aa paintbrush絵筆.
筆にすることにしたんだ
11:38
(Laughter笑い)
(笑)
11:40
Butだけど I would〜する never決して do行う itそれ to aa living生活 fly飛ぶ.
生きているハエには 絶対にしないよ
11:46
(Laughter笑い)
(笑)
11:50
Becauseなぜなら I've私は heard聞いた aa fly飛ぶ in pain痛み.
ハエが苦しんでいるのが聞こえたのさ
11:53
Andそして they彼ら go行く "Meowニャー! Ow頼む!"
“痛いよー” ってね
11:58
Even偶数 thoughしかし they彼ら get取得する on our我々の nerves神経,
彼らには イライラさせられるけど
12:01
I would〜する never決して kill殺します an insect昆虫
わたしは 虫を殺しはしない
12:03
becauseなぜなら, "Allすべて creatures生き物 greatすばらしいです andそして small小さい" ---
“生き物は大きくても小さくても”
12:05
thereそこ is aa hymn賛美歌 thatそれ says言う thatそれ.
そんな讃美歌があるしね
12:09
Soそう what I decided決定しました to do行う
だから 自分の顔のうぶ毛を
12:11
is to pluck摘む fine細かい hairヘア outでる of myじぶんの face.
抜くことにしたんだ
12:14
Andそして I looked見た at〜で itそれ underneath下の theその microscope顕微鏡.
顕微鏡で覗いて
12:18
Thatそれ wasあった theその paintbrush絵筆.
筆にすることにした
12:22
Andそして whilstしばらく I'm私は paintingペインティング I have持ってる to be〜する very非常に careful慎重に,
色をつけるときは慎重にしないとだめだ
12:24
becauseなぜなら theその paintペイント starts開始する to turn順番 into little少し blobs.
ペンキがダマになってしまうんだ
12:26
Andそして itそれ starts開始する to dryドライ very非常に quickly早く.
それにすぐに乾いてしまう
12:29
Soそう I have持ってる to be〜する very非常に quickクイック.
素早く作業をしないといけない
12:33
Ifif I'm私は notない, itそれ will意志 end終わり upアップ looking探している
じゃないと なるべき姿に
12:36
notない like好きな what it'sそれは supposed想定される to look見える like好きな.
近づけないんだ
12:39
Itそれ couldできた end終わり upアップ looking探している like好きな Humptyハンプティ Dumptyダンプティ orまたは somebody誰か elseelse.
ハンプティダンプティのようになっちゃうからね
12:41
Soそう I have持ってる to be〜する very非常に very非常に careful慎重に.
だから 十分気をつけなくちゃいけない
12:46
Thisこの one1 took取った me approximately,
これは完成までに
12:48
I would〜する sayいう, six6 to sevenセブン weeks.
6、7週間かかった
12:52
Myじぶんの work作業, rough荒い estimate推定,
作品はだいたい
12:55
sometimes時々 five, six6 to sevenセブン weeks;
5~7週間くらいで完成させる
12:57
you君は can'tできない always常に anticipate予期する.
必ずしも予測できないんだ
13:00
(Applause拍手)
(拍手)
13:04
Asとして you君は canできる see見る,
これは見ての通り
13:11
that'sそれは Charltonチャールトン Hestonヘストン brought持ってきた downダウン to sizeサイズ.
チャールストン・ヘストンのミニチュア版
13:13
(Laughter笑い)
(笑)
13:15
He says言う to me, "Willardワイアード" ---
“ウィラード なんで僕なの?”
13:22
You君は canできる see見る him saying言って, "Whyなぜ me?"
彼は尋ねるんだ
13:24
I says言う, "I enjoyed楽しんだ yourきみの film. That'sそれは whyなぜ."
“映画が良かったからだよ” って答るわけさ
13:28
Asとして you君は canできる see見る, there'sそこに an aphidアブラムシ fly飛ぶ thereそこ.
写真に写っているのは ハエ
13:30
That'sそれは justちょうど to showショー theその scale規模
実際の彫刻の大きさが
13:34
andそして theその actual実際の sizeサイズ of theその sculpture彫刻.
わかるようにね
13:36
I would〜する sayいう itそれ probably多分 measures措置 ...
きっと大きさは
13:39
aa quarter四半期 of aa millimeterミリメートル.
4分の1ミリくらいかな
13:44
In Americaアメリカ they彼ら sayいう aa period期間 stopやめる.
文章を書くときのピリオドを
13:46
Soそう sayいう ifif you君は cutカット aa period期間 stopやめる in halfハーフ,
半分にしたくらいの大きさが
13:48
aa full満員 stopやめる, that'sそれは about theその sizeサイズ of theその whole全体 thingもの.
この作品の大きさだ
13:51
It'sそれは made --- theその chariot二輪 is made of goldゴールド.
馬車は金で作ってある
13:55
Andそして Charltonチャールトン Hestonヘストン is made of aa floatingフローティング fiberファイバ,
チャールストン・ヘストンは空中に漂っていた―
13:59
whichどの I took取った outでる of theその air空気.
繊維で作った
14:03
Whenいつ theその sunlight太陽光 comes来る throughを通して theその window you君は see見る theseこれら little少し fibers繊維.
繊維が陽ざしに照らされて
空中に浮いていることがあるね
14:05
Andそして what I normally通常は do行う is walk歩く 'round'円形 aa roomルーム ---
わたしは部屋を歩き回って
14:08
(Laughter笑い) ---
(笑)
14:11
trying試す to find見つける one1. Andそして then次に I put置く itそれ underneath下の theその microscope顕微鏡.
繊維を見つけ 顕微鏡で覗くんだ
14:15
I remember思い出す one1 time時間 I wasあった doingやっている itそれ, andそして theその window wasあった open開いた.
ある時そうしていたら 窓が開いていて
14:18
Andそして thereそこ wasあった aa ladyレディ standing立っている by〜によって theその busバス stopやめる.
バス停で待っている女性がいたんだ
14:21
Andそして she彼女 saw見た me walking歩く aroundまわり like好きな thisこの.
彼女は歩き回るわたしを見て
14:23
(Laughter笑い)
(笑)
14:25
Andそして then次に she彼女 looked見た at〜で me.
わたしのことを見た
14:28
Andそして then次に I went行った ...
だからわたしもこうやったら
14:30
Andそして then次に she彼女 went行った, "Hmmうーん, OKOK, he's彼は notない mad怒っている."
“狂ってはいないようね” って思ったらしい
14:35
Yeahええ, to actually実際に do行う thisこの thingもの ---
この馬車を作るのに
14:38
theその actual実際の chariot二輪 is made of goldゴールド.
金を用いたんだ
14:41
I had持っていました aa 24-karat-カラット goldゴールド ringリング.
24金の指輪を持っていたので
14:44
Andそして I cutカット offオフ aa little少し flakeフレーク of goldゴールド.
金を薄く削って
14:46
Andそして I bent曲がった itそれ 'round'円形,
切り取り丸みをつけてから
14:48
andそして made itそれ into theその chariot二輪.
馬車をつくり上げた
14:50
Andそして theその horseうま is made fromから nylonナイロン.
馬はナイロン製
14:52
Andそして theその spider'sクモの webウェブ is forために theその reins手綱 on theその horseうま.
クモの糸を手綱にした
14:54
To get取得する theその symmetrical対称 shape形状 of theその horseうま
馬を対称的に作るのが
14:57
wasあった very非常に difficult難しい,
とても難しかった
14:59
becauseなぜなら I had持っていました to get取得する theその horseうま to rearリア upアップ
馬が後足で立って
15:01
andそして look見える asとして thoughしかし itそれ wasあった in some一部 kind種類 of actionアクション.
動きを出したかったからね
15:03
Whenいつ I didした thisこの one1,
これを作ったとき
15:05
aa gentleman紳士 seen見た itそれ andそして said前記 to me,
ある男性が言ったんだ
15:07
"There'sそこに noいいえ way方法 you君は canできる do行う thisこの, you君は must必須 have持ってる used中古 some一部 kind種類 of machine機械.
“機械なしでこんなの作れるもんか”
15:09
There'sそこに noいいえ way方法 aa manおとこ canできる do行う thatそれ.
“人間が作れるもんじゃない”
15:12
Itそれ must必須 be〜する aa machine機械."
“絶対に機械だね”
15:14
Soそう I says言う, "OKOK then次に, ifif you君は sayいう it'sそれは aa machine機械 ..."
だから “そんなに機械だって言うなら…”
15:16
(Laughter笑い)
(笑)
15:20
(Applause拍手)
(拍手)
15:26
Thatそれ one1 took取った me approximately six6 weeks.
この作品にかかった時間は6週間ほど
15:32
(Applause拍手)
(拍手)
15:40
Theその most最も famous有名な statue in theその world世界.
世界一有名な像ですね
15:46
Thisこの one1, I would〜する sayいう,
これは 本当に
15:49
wasあった aa serious深刻な challengeチャレンジ.
手こずったよ
15:51
(Laughter笑い)
(笑)
15:54
Becauseなぜなら I had持っていました to put置く theその torchトーチ on theその top.
たいまつをのせなくちゃいけないからね
16:05
Thatそれ one1 is, moreもっと orまたは lessもっと少なく, theその same同じ typeタイプ of processプロセス.
これも同じような作り方で
16:08
Theその bottom of itそれ is carved刻まれた fromから aa grain of sand,
土台は砂を削ってつくってある
16:12
becauseなぜなら I wanted欲しい to get取得する aa bitビット of theその stone effect効果.
石を使っているようにしたかった
16:18
I used中古 aa microscopic微視的 shardシャード of diamondダイヤモンド
微小のダイアモンド片を使って
16:20
to actually実際に carve刻む theその actual実際の baseベース.
土台を削ったんだ
16:23
Wellよく, I canできる look見える at〜で thisこの one1 andそして I canできる be〜する very非常に proud誇りに思う of thisこの,
この作品を見ると 誇らしげに感じるんだ
16:25
becauseなぜなら thatそれ statue has持っている always常に sortソート of
だって 自由の女神は
16:29
kept保管 an image画像 in myじぶんの head of, you君は know知っている,
アメリカに移民した最初の人たちの
16:31
theその beginning始まり of people coming到来 to Americaアメリカ.
印象がわたしにはあるからね
16:33
Soそう it'sそれは sortソート of Ellisエリス Island, andそして seeing見る Americaアメリカ forために theその first最初 time時間.
エリス島や初めてアメリカを目にした光景さ
16:37
Andそして that'sそれは theその first最初 thingもの they彼ら saw見た.
彼らの目に最初に入ったもの
16:41
Soそう I wanted欲しい to have持ってる thatそれ little少し image画像.
その光景を作りだしたくて
16:43
Andそして thisこの is itそれ.
作ったのが これさ
16:45
(Laughter笑い)
(笑)
16:50
Andそして we我々 allすべて know知っている thatそれ is theその Hulkハルク.
これはハルクなのはわかるね
16:57
I wanted欲しい to create作成する movement移動 in theその eye of aa needle.
針の穴に動きをもたせたかった
17:00
Becauseなぜなら we我々 know知っている we我々 see見る needles,
誰でも針を見ることはある
17:03
butだけど people aren'tない familiar身近な with〜と theその eye of aa needle
でも糸を通す以外
17:05
apart離れて fromから puttingパッティング aa thread throughを通して itそれ.
針の穴にはなじみが薄い
17:07
Soそう I broke壊れた theその needle.
だから針を折って
17:09
Andそして made aa needle look見える like好きな
いかにもハルクが
17:11
theその Hulk'sハルク broken壊れた itそれ.
折ったようにした
17:14
It'sそれは --- I had持っていました to make作る little少し holes
足を入れるために
17:16
in theその baseベース of theその needle, to shove突っ込む his feetフィート in.
針の底に小さな穴を開けた
17:17
Soそう most最も of myじぶんの work作業, I don'tしない useつかいます glueグルー.
わたしは糊を使うことは 滅多にない
17:19
They彼ら go行く in with〜と their彼らの own自分の friction摩擦.
摩擦で落ち着いてくれるからだ
17:22
Andそして that'sそれは howどうやって I managed管理された to do行う itそれ.
ここでも 摩擦を利用している
17:24
Asとして you君は canできる see見る, he's彼は looking探している at〜で theその moment瞬間. He's彼は got持っている aa little少し grimace醜い on his face.
ハルクは顔をしかめているね
17:26
Andそして his mouth must必須 be〜する probably多分 about
きっと口は
17:28
three micronsミクロン.
3ミクロンほどだ
17:32
Soそう theその eyes are probably多分 about one1 micronミクロン orまたは something何か.
目は1ミクロンくらいかな
17:35
Thatそれ ship thereそこ,
ここにある船は
17:41
that'sそれは made fromから 24-karat-カラット goldゴールド.
24金でつくったもの
17:45
Andそして I normally通常は rigリグ itそれ with〜と theその webウェブ of aa moneyお金 spiderクモ.
索具はクモの糸を使うことにしているけど
17:47
Butだけど I had持っていました to rigリグ itそれ with〜と strandsストランド of glueグルー.
これには接着剤を代用した
17:51
Becauseなぜなら theその webウェブ of theその spiderクモ, itそれ wasあった sending送信 me insane狂人,
クモの糸は厄介だった
17:54
becauseなぜなら I couldn'tできなかった get取得する theその webウェブ to move動く offオフ.
手に絡まるんだ
17:57
Andそして that'sそれは 24-karat-カラット goldゴールド. Andそして it'sそれは constructed建設された. I built建てられた itそれ.
これは24金で作ったもの
18:00
Constructed建設された each plank of goldゴールド.
金板を組み立てた
18:03
Andそして theその whole全体 thingもの is sortソート of symmetrical対称.
すべてが対称的になってる
18:07
Theその flagフラグ had持っていました to be〜する made outでる of little少し strandsストランド of goldゴールド.
旗も糸状の金から作った
18:10
It'sそれは almostほぼ like好きな doingやっている aa surgical外科手術 operation操作 to get取得する thisこの thingもの right.
これを完成するには
手術を行っているような気になるよ
18:13
(Applause拍手)
(拍手)
18:21
Asとして you君は canできる see見る, dressage調和.
これは馬場馬術
18:27
(Laughter笑い)
(笑)
18:31
It'sそれは something何か I wanted欲しい to do行う justちょうど to showショー howどうやって I couldできた get取得する theその symmetrical対称 shape形状.
左右対称な形の作り方を見せたかっただけさ
18:33
Theその actual実際の riggingリギング on theその reins手綱 on theその horseうま
手綱の索具も
18:36
are made fromから theその same同じ sortソート of thingもの.
同じようなもので作ったんだ
18:39
Andそして thatそれ wasあった done完了 with〜と aa particle粒子 fromから myじぶんの shirtシャツ.
自分のシャツをちょこっと切って
18:41
Andそして theその pinheadピンヘッド I've私は made green aroundまわり thereそこ
ピンの頭は緑に塗り
18:46
by〜によって scraping削る theその particles粒子 offオフ aa green shirtシャツ
緑のシャツの一部を切り取って
18:50
andそして then次に pressed押された onto〜に theその needle.
針に押し付けるようにした
18:53
It'sそれは very非常に painstaking骨の折れる work作業,
本当に苦労したよ
18:55
butだけど theその bestベスト thingsもの come来る in small小さい packagesパッケージ.
でも 極上のものは包みが小さいんだよね
18:57
(Laughter笑い)
(笑)
19:00
Brunoブルーノ Giussaniギュッサニ: Willardワイアード Wiganウィガン!
ウィラード・ウィーガンさんでした
19:02
(Applause拍手)
(拍手)
19:04
Translated by Takako Sato
Reviewed by Masaki Yanagishita

▲Back to top

About the speaker:

Willard Wigan - Micro-sculptor
Willard Wigan sculpts figures small enough to fit on the head of a pin. To create these microscopic masterpieces, he works diligently through the stillest hours of the night, between his own heartbeats.

Why you should listen

Willard Wigan has immortalized the Obama family in the eye of a needle and Muhammad Ali on the head of a match. In producing sculptures so incredibly small, he works under a microscope and employs ingenious tools, such as a fly's hair or an ex-girlfriend's eyelash for paintbrushes.

This passion for the diminutive stems from feelings of insignificance in Wigan's childhood. He was severely dyslexic but undiagnosed, and his teachers' harsh words drove him to hide in a nearby shed where he made shoes and hats for his friends, the ants. Today, his art has earned him national honors and critical acclaim, proving that some treasures can't be seen with the naked eye.

More profile about the speaker
Willard Wigan | Speaker | TED.com