English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDIndia 2009

His Holiness the Karmapa: The technology of the heart

カルマパ猊下: 心のテクノロジー

Filmed
Views 808,485

カルマパ猊下がどのようにして見出され、チベット仏教で尊敬される人物になったかを話します。猊下はテクノロジーとデザインだけではなく、私たちの心のテクノロジーとデザインにも取り組むよう求めています。通訳はタイラー・デュワーです。

- Spiritual leader
Ogyen Trinley Dorje is the 17th Gyalwang Karmapa, a revered figure in Tibetan Buddhism devoted to preserving and propagating Buddhist teachings. Full bio

Tylerタイラー Dewarデュワー: Theその way方法 I feel感じる right now
通訳:私が今 感じているのは
00:30
is thatそれ allすべて of theその otherその他 speakersスピーカー
私が言いたかったことは
他の講演者が
00:32
have持ってる said前記 exactly正確に what I wanted欲しい to sayいう.
みんな言ってしまったということです
00:34
(Laughter笑い)
(笑)
00:36
Andそして itそれ seems思われる thatそれ theその onlyのみ thingもの left forために me to sayいう
私に唯一残されているのは
00:38
is to thank感謝 you君は allすべて forために yourきみの kindness親切.
皆さんの優しさに感謝することでしょう
00:41
TDtd: Butだけど maybe多分 in theその spirit精神
しかし 皆さんの優しさに
00:58
of appreciating感謝する theその kindness親切 of you君は allすべて,
感謝するという意味で
01:00
I couldできた shareシェア with〜と you君は
私に関する短い物語を
01:02
aa little少し storyストーリー about myself私自身.
お話しようかと思います
01:04
TDtd: Fromから theその time時間 I wasあった very非常に young若い, onward後で,
幼少期から ずっと
01:50
I wasあった given与えられた
私は様々な責任を
01:53
aa lotロット of different異なる responsibilities責任,
たくさん負っていました
01:55
andそして itそれ always常に seemed見えた to me, whenいつ I wasあった young若い,
子どもの頃 常に感じていたのは
すべてが
01:57
thatそれ everythingすべて wasあった laid敷かれた outでる before me.
用意されているということでした
02:00
Allすべて of theその plans予定 forために me wereあった already既に made.
すべての計画は
すでに出来上がっていました
02:02
I wasあった given与えられた theその clothes thatそれ I needed必要な to wear着る
着るべき服を与えられ
02:05
andそして told言った whereどこで I needed必要な to be〜する,
どこに行けばよいか指示されました
02:07
given与えられた theseこれら very非常に precious貴重な
この非常に尊い
02:09
andそして holy聖なる looking探している robesローブ to wear着る,
聖人のような法衣を与えられて
02:11
with〜と theその understanding理解
これが重要で神聖なものだと
02:14
thatそれ itそれ wasあった something何か sacred神聖 orまたは important重要.
理解していました
02:16
TDtd: Butだけど before thatそれ kind種類 of formalフォーマル lifestyleライフスタイル happened起こった forために me,
しかし そうした儀礼的な生活が
始まる前の私は
03:07
I wasあった living生活 in eastern東部 Tibetチベット with〜と myじぶんの family家族.
チベット東部に家族と住んでいました
03:11
Andそして whenいつ I wasあった sevenセブン years old古い,
私が7歳の時
03:14
allすべて of aa sudden突然,
突然
03:17
aa searchサーチ partyパーティー arrived到着した at〜で myじぶんの home自宅.
探索チームが家に
やってきたのです
03:19
They彼ら wereあった looking探している theその next Karmapaカルマパ,
彼らは次のカルマパを探していました
03:21
andそして I noticed気づいた they彼ら wereあった talking話す to myじぶんの momママ andそして dadパパ,
私は彼らが両親と
話しているのに気づきました
03:24
andそして theその newsニュース came来た to me thatそれ they彼ら wereあった telling伝える me
それから 私がカルマパだと
03:27
thatそれ I wasあった theその Karmapaカルマパ.
知らされました
03:30
Andそして theseこれら days日々, people ask尋ねる me aa lotロット,
それが どういう感じだったか
03:32
howどうやって didした thatそれ feel感じる.
近頃 よく聞かれます
03:34
Howどうやって didした thatそれ feel感じる whenいつ they彼ら came来た andそして whisked鞭打った you君は away離れて,
探索チームが来て さっと連れ去られ
03:36
andそして yourきみの lifestyleライフスタイル completely完全に changedかわった?
生活が一変した時 どういう感じか
03:38
Andそして what I mostly主に sayいう is thatそれ,
だいたい私が言うのは
03:40
at〜で thatそれ time時間,
その時には
03:42
itそれ wasあった aa prettyかなり interesting面白い ideaアイディア to me.
とても面白いアイデアだと思った
ということです
03:44
I thought思想 thatそれ thingsもの would〜する be〜する prettyかなり fun楽しい
これは楽しそうだと思ったのです
03:47
andそして thereそこ would〜する be〜する moreもっと thingsもの to play遊びます with〜と.
きっと いろんなもので
遊べるんだろうと
03:49
(Laughter笑い)
(笑)
03:52
TDtd: Butだけど itそれ didn'tしなかった turn順番 outでる to be〜する soそう fun楽しい andそして entertaining面白い,
しかし 想像とは違い
面白くて楽しいことには
04:56
asとして I thought思想 itそれ would〜する have持ってる beenされている.
なりませんでした
04:59
I wasあった placed置いた
私は とても厳格に
05:01
in aa prettyかなり strictly厳密に controlled制御された environment環境.
管理される環境に置かれました
05:03
Andそして immediatelyすぐに,
そして すぐに
05:06
aa lotロット of different異なる responsibilities責任,
多くの責任を負いました
05:08
in terms条項 of myじぶんの education教育 andそして soそう forth前進, wereあった heaped山積み upon〜に me.
教育など いろいろなことを
山ほど与えられました
05:10
I wasあった separated分離された, largely主に, fromから myじぶんの family家族,
私は父や母を含む家族から
05:13
includingを含む myじぶんの mother andそして fatherお父さん.
ほぼ引き離されていました
05:15
I didn'tしなかった have持ってる have持ってる manyたくさんの personal個人的 friends友達
一緒に時間を過ごす友人も
05:17
to spend費やす time時間 with〜と,
多くは ありませんでした
05:19
butだけど I wasあった expected期待される to perform実行する
しかし 私は所定の義務を
05:21
theseこれら prescribed所定 duties職務.
こなすことを期待されました
05:23
Soそう itそれ turned回した outでる thatそれ myじぶんの fantasyファンタジー
そのため カルマパとして楽しい生活を
05:25
about an entertaining面白い life生活 of beingであること theその Karmapaカルマパ
送るという空想は
05:28
wasn'tなかった going行く to come来る true真実.
かなわなかったのです
05:30
Itそれ moreもっと feltフェルト to be〜する theその case場合 to me
むしろ私にとって この事は
05:32
thatそれ I wasあった beingであること treated治療された like好きな aa statue,
像のように扱われ
05:34
andそして I wasあった to sit座る in one1 place場所
像のように 一つの所に
05:37
like好きな aa statue would〜する.
座っているようなものでした
05:40
TDtd: Neverthelessそれにもかかわらず, I feltフェルト thatそれ,
それにも関わらず 私は
06:31
even偶数 thoughしかし I've私は beenされている separated分離された fromから myじぶんの loved愛された onesもの ---
愛する人々から離されていても―
06:33
andそして, of courseコース, now I'm私は even偶数 furtherさらに away離れて.
もちろん 今はもっと
離れてしまったのですが
06:36
Whenいつ I wasあった 14, I escapedエスケープされた fromから Tibetチベット
14歳の時 私はチベットから逃げ出し
06:39
andそして becameなりました even偶数 furtherさらに removed除去された
母や父
06:41
fromから myじぶんの mother andそして fatherお父さん,
親戚や友人
06:43
myじぶんの relatives親族, myじぶんの friends友達
そして祖国から
06:45
andそして myじぶんの homeland祖国.
ますます遠く離れてしまいました
06:47
Butだけど neverthelessそれにもかかわらず,
にもかかわらず
06:49
there'sそこに noいいえ realリアル senseセンス of separation分離 fromから me in myじぶんの heartハート,
私の心の中には
別離という感覚は全くなく
06:51
in terms条項 of theその love thatそれ I feel感じる
彼らに対する私の愛が
06:54
forために theseこれら people.
離れることは なかったのです
06:57
I feel感じる, stillまだ, aa very非常に strong強い connection接続 of love
私は今も 彼らや祖国に対する愛に
06:59
forために allすべて of theseこれら people
とても強いつながりを
07:02
andそして forために theその land土地.
感じています
07:04
TDtd: Andそして I stillまだ do行う
頻繁ではありませんが
07:32
get取得する to keepキープ in touchタッチ with〜と myじぶんの mother andそして fatherお父さん,
私は今でも母や父と
07:34
albeitしかし infrequentlyまれに.
連絡を取り合っています
07:36
I talkトーク to myじぶんの mother
ごくたまに ですが
07:38
once一度 in aa blue moon on theその telephone電話.
母と電話で話します
07:40
Andそして myじぶんの experience経験 is thatそれ,
母と話している時
07:42
whenいつ I'm私は talking話す to her彼女,
私が体験したのは
07:44
with〜と everyすべて second二番 thatそれ passesパス
会話の中で
07:46
during our我々の conversation会話,
一秒一秒が過ぎるごとに
07:48
theその feeling感じ of love thatそれ bindsバインドする us米国
私たちを 結びつけている愛が
07:50
is bringing持参 us米国 closerクローザー andそして closerクローザー together一緒に.
より一層 私たちを近づけているという
感覚です
07:53
TDtd: Soそう thoseそれら wereあった justちょうど aa few少数 remarks備考
以上 私の経歴について
09:08
about myじぶんの personal個人的 backgroundバックグラウンド.
ほんの一部を ご紹介しました
09:10
Andそして in terms条項 of otherその他 thingsもの thatそれ I wanted欲しい to shareシェア with〜と you君は,
他に皆さんにお伝えしたいのは
09:12
in terms条項 of ideasアイデア,
アイデアに関してです
09:15
I think思う it'sそれは wonderful素晴らしい to have持ってる aa situation状況 like好きな thisこの,
このような場は素晴らしいと思います
09:17
whereどこで soそう manyたくさんの people fromから different異なる backgrounds背景 andそして places場所
出身地や経歴の異なる多くの人々が
09:20
canできる come来る together一緒に,
集まって
09:23
exchange交換 their彼らの ideasアイデア
意見交換をし
09:25
andそして form relationships関係 of friendship友情 with〜と each otherその他.
友情を築くという環境です
09:27
Andそして I think思う that'sそれは symbolicシンボリック
これは私たちの一般的な
世界の見方を
09:30
of what we're私たちは seeing見る in theその world世界 in general一般,
象徴していると思います
09:32
thatそれ theその world世界 is becoming〜になる smaller小さい andそして smaller小さい,
世界は どんどん小さくなっており
09:34
andそして thatそれ allすべて of theその peoples人々 in theその world世界
世界の全ての人が
つながる機会を
09:36
are enjoying楽しんで moreもっと opportunities機会 forために connection接続.
ますます享受しているということです
09:39
That'sそれは wonderful素晴らしい,
これは素晴らしいことですが
09:43
butだけど we我々 should〜すべき alsoまた、 remember思い出す
忘れてはならないこともあります
09:45
thatそれ we我々 should〜すべき have持ってる aa similar類似 processプロセス happeningハプニング on theその inside内部.
同様の変化を私たちの内面にも
起こすべきだということです
09:47
Along一緒に with〜と outward外側に development開発
外側で起こっている進歩や
09:50
andそして increase増加する of opportunity機会,
機会の増加と並行して
09:52
thereそこ should〜すべき be〜する inward内側に development開発
内側の進歩や
09:54
andそして deepening深まる of our我々の heartハート connections接続
心のつながりの深化が
09:57
asとして wellよく asとして our我々の outward外側に connections接続.
外側のつながりと同様に
起きるべきなのです
10:00
Soそう we我々 spokeスポーク andそして we我々 heard聞いた some一部
この1週間 私たちはデザインについて
10:04
about design設計 thisこの week週間.
いくつかの話をし 聞いてきました
10:06
I think思う thatそれ it'sそれは important重要 forために us米国 to remember思い出す
私が重要だと思うのは
10:08
thatそれ we我々 need必要
私たちは心のデザインに関して
10:10
to keepキープ pushing押して forward前進
努力を推し進めることを
10:12
on theその endeavor努力
続ける必要があると
10:14
of theその design設計 of theその heartハート.
覚えておくことです
10:16
We我々 heard聞いた aa lotロット about technology技術 thisこの week週間,
テクノロジーに関しても
いろいろ聞きましたが
10:18
andそして it'sそれは important重要 forために us米国 to remember思い出す
重要なのは
心のテクノロジーの改善に
10:20
to invest投資する aa lotロット of our我々の energyエネルギー
エネルギーを たっぷり投資することを
10:22
in improving改善する theその technology技術 of theその heartハート.
私たちが忘れないでいることです
10:25
TDtd: Soそう, even偶数 thoughしかし I'm私は somewhat幾分 happyハッピー
ですから 私は世界で起きている―
10:47
about theその wonderful素晴らしい developments開発 thatそれ are happeningハプニング in theその world世界,
素晴らしい進歩に
概ね満足してはいますが
10:49
stillまだ, I feel感じる aa senseセンス of impediment障害,
一方で 心と心
気持ちと気持ちのレベルで
10:52
whenいつ itそれ comes来る
お互いに結びつきを生む
10:55
to theその ability能力 thatそれ we我々 have持ってる
私たちの能力については
10:57
to connect接続する with〜と each otherその他 on aa heart-to-heart心から心, orまたは aa mind-to-mind心から心へ, levelレベル.
妨げられているという印象を持っています
10:59
I feel感じる thatそれ thereそこ are some一部 thingsもの
何かが障害となっているという
11:02
thatそれ are getting取得 in theその way方法.
感じが しています
11:05
TCtc: Myじぶんの relationship関係
この 心と心
気持ちと気持ちを
11:43
to thisこの concept概念 of heart-to-heart心から心 connection接続, orまたは mind-to-mind心から心へ connection接続,
つなぐという概念と 私の間には
11:45
is an interesting面白い one1,
興味深い関係があります
11:48
becauseなぜなら, asとして aa spiritualスピリチュアル leaderリーダー, I'm私は always常に attempting試みる
なぜなら 宗教指導者として
私は いつも
11:50
to open開いた myじぶんの heartハート to othersその他
他者に心を開き
この身を捧げて
11:52
andそして offer提供 myself私自身 upアップ
本当の意味で 他人と
心と心
11:54
forために heart-to-heart心から心 andそして mind-to-mind心から心へ connections接続
気持ちと気持ちのつながりが
11:56
in aa genuine純正 way方法 with〜と otherその他 people,
できるよう努めていますが
11:58
butだけど at〜で theその same同じ time時間,
同時に
12:00
I've私は always常に beenされている advisedアドバイス
心と心のつながり以上に
12:02
thatそれ I need必要 to emphasize強調する intelligenceインテリジェンス
知性を強調する必要があると
12:04
over以上 theその heart-to-heart心から心 connections接続,
いつも忠告を受けています
12:06
becauseなぜなら, beingであること someone誰か in aa positionポジション like好きな mine鉱山,
私のような立場の人間は
12:08
ifif I don'tしない rely頼りにする primarily主に on intelligenceインテリジェンス,
知性を主な拠りどころにしておかないと
12:12
then次に something何か dangerous危険な mayかもしれない happen起こる to me.
身に危険が及ぶかもしれないからです
12:15
Soそう it'sそれは an interesting面白い paradox逆説 at〜で play遊びます thereそこ.
つまり そこには
興味深い逆説があるわけです
12:19
Butだけど I had持っていました aa really本当に striking印象的な experience経験 once一度,
しかし私はかつて
とても衝撃的な経験をしたことがあります
12:25
whenいつ aa groupグループ fromから Afghanistanアフガニスタン
アフガニスタンから来た 一団が
12:28
came来た to visit訪問 me,
私の所を訪ねてきた時
12:30
andそして we我々 had持っていました aa really本当に interesting面白い conversation会話.
とても興味深い会話をしたのです
12:32
TDtd: Soそう we我々 ended終了しました upアップ talking話す about theその Bamiyanバミヤン Buddhas,
バーミヤンの仏像の話になりました
14:10
whichどの, asとして you君は know知っている,
皆さんも ご存じのように
14:13
wereあった destroyed破壊されました some一部 years ago in Afghanistanアフガニスタン.
何年か前にアフガニスタンで
破壊されたものです
14:15
Butだけど theその basis基礎 of our我々の conversation会話
しかし 私たちの会話は
14:19
wasあった theその different異なる approachアプローチ to spirituality精神性
イスラム教と仏教の
伝統的側面からの
14:21
on theその part of theその Muslimイスラム教徒
精神性への取り組み方の違いを
14:23
andそして Buddhist仏教徒 traditions伝統.
基盤にしていました
14:25
Of courseコース, in Muslimイスラム教徒,
もちろん イスラム教では
14:27
becauseなぜなら of theその teachings教え aroundまわり theその concept概念 of idolatry偶像崇拝,
偶像崇拝の概念に関して
教えがありますから
14:29
you君は don'tしない find見つける asとして manyたくさんの
神性や精神の解放を
14:32
physical物理的 representations表現 of divinity神性
具現化したものを
14:34
orまたは of spiritualスピリチュアル liberation解放
仏教のように
14:36
asとして you君は do行う in theその Buddhist仏教徒 tradition伝統,
見かけることはありません
14:38
whereどこで, of courseコース, thereそこ are manyたくさんの statues of theその Buddha
もちろん仏教には多くの仏像が存在し
14:40
thatそれ are highly高く revered尊敬する.
大いに崇拝されています
14:43
Soそう, we我々 wereあった talking話す about theその differences相違
ですから 私たちは
14:48
betweenの間に theその traditions伝統
イスラム教と仏教の違いや
14:50
andそして what manyたくさんの people perceived知覚される
バーミヤンの仏像が破壊された悲劇を
14:52
asとして theその tragedy悲劇 of theその destruction破壊 of theその Bamiyanバミヤン Buddhas,
多くの人が どう捉えているかについて
話していたのですが
14:54
butだけど I offered提供された theその suggestion提案
私は これを肯定的に見ることが
14:57
thatそれ perhapsおそらく we我々 couldできた look見える at〜で thisこの in aa positiveポジティブ way方法.
できるのではないかと提案しました
14:59
What we我々 saw見た in theその destruction破壊 of theその Bamiyanバミヤン Buddhas
バーミヤン仏像破壊の一件で
私たちは
15:03
wasあった theその depletion枯渇 of matter問題,
ある固形の物質が
15:10
some一部 solid固体 substance物質
倒れ 崩壊するのを
15:13
falling落下 downダウン andそして disintegrating崩壊する.
目の当たりにしました
15:15
Maybe多分 we我々 couldできた look見える at〜で thatそれ to be〜する moreもっと similar類似
このことを
人々を2種類に分離した壁が
15:17
to theその falling落下 of theその Berlinベルリン Wall,
崩れることによって
15:19
whereどこで aa divide分ける
コミュニケーションの促進に扉を開いた
15:21
thatそれ had持っていました kept保管 two typesタイプ of people apart離れて
あのベルリンの壁の崩壊と
15:23
had持っていました collapsed崩壊した andそして opened開かれた upアップ aa doorドア
似たようなものと考えることは
15:26
forために furtherさらに communicationコミュニケーション.
できないでしょうか
15:28
Soそう I think思う thatそれ, in thisこの way方法,
このように 私たちには
15:30
it'sそれは always常に possible可能 forために us米国
お互いを よりよく理解できるよう
15:32
to derive派生する something何か positiveポジティブ
肯定的に考えることが
15:34
thatそれ canできる help助けて us米国 understandわかる one1 another別の betterより良い.
どんな時も可能なのです
15:37
TDtd: Soそう, with〜と regard尊敬する to theその development開発
今回 この講演会で
16:20
thatそれ we've私たちは beenされている talking話す about
私たちが話題にしてきた
16:22
hereここに at〜で thisこの conference会議,
発展という意味で
16:24
I really本当に feel感じる
私が強く感じるのは
16:26
thatそれ theその development開発 thatそれ we我々 make作る
私たちが進める発展が
16:28
shouldn'tすべきではない create作成する aa furtherさらに burden重荷
私たち人間にとって
16:31
forために us米国 asとして human人間 beings存在,
さらなる重荷を もたらすのではなく
16:33
butだけど should〜すべき be〜する used中古
私たちの基本的な生き方
16:35
to improve改善する
私たちが世界の中で どう生きるか
16:37
our我々の fundamental基本的な lifestyleライフスタイル
それを改善するために
16:40
of howどうやって we我々 liveライブ in theその world世界.
使われるべきだということです
16:42
TDtd: Of courseコース, I rejoice喜ぶ
もちろん 私は
18:16
in theその development開発 andそして theその growth成長 andそして theその rise上昇
立派で素晴らしい
インドという国で
18:18
of theその nobleノーブル land土地 of Indiaインド, theその greatすばらしいです country of Indiaインド,
発展や成長が進んでいることを
喜ばしく思っています
18:21
butだけど at〜で theその same同じ time時間, I think思う,
しかし 同時に
18:24
asとして some一部 of us米国 have持ってる acknowledged認められた,
一部の人が認めているように
18:26
we我々 need必要 to be〜する aware承知して
この進歩は ある意味で
18:29
thatそれ some一部 aspects側面 of thisこの rise上昇
私たちの地盤を犠牲にして
18:31
are coming到来 at〜で theその costコスト
成り立っているということに
18:34
of theその very非常に ground接地
私たちは
18:37
on whichどの we我々 standスタンド.
留意する必要があります
18:39
Soそう, asとして we我々 are climbingクライミング theその tree,
それは木登りに例えるなら
18:41
some一部 of theその thingsもの thatそれ we're私たちは doingやっている
私たちが木に登るために
18:44
in order注文 to climb登る theその tree
していることが
18:46
are actually実際に undermining弱体化する
実は その木の根を
18:48
theその tree's very非常に rootルート.
徐々に弱らせているようなものです
18:50
Andそして soそう,
だからこそ
18:52
what I think思う itそれ comes来る downダウン to
私が考えているのは 結局のところ
18:54
is aa question質問 of, notない onlyのみ having持つ information情報 of what's何ですか going行く on,
問題は 現状についての
情報を得るだけではなく
18:56
butだけど paying払う attention注意 to thatそれ
そこに意識を向け
19:00
andそして letting〜する thatそれ shiftシフト our我々の motivation動機
それによって私たちの動機が
19:03
to become〜になる moreもっと sincere誠実
より誠実で 真に肯定的なものに
19:06
andそして genuinely真に positiveポジティブ.
変わっていくところに
あるのだということです
19:09
We我々 have持ってる hear聞く, thisこの week週間,
この1週間で 私たちは
19:13
about theその horrible恐ろしい sufferings苦しみ, forために example,
世界中の多くの女性が
日々 耐えているような
19:15
thatそれ soそう manyたくさんの women女性 of theその world世界
ひどい窮状について
19:19
are enduring耐え忍ぶ day-to-day日々.
話を聞いてきました
19:22
We我々 have持ってる thatそれ information情報,
こうした情報を得ても
19:24
butだけど what oftenしばしば happens起こる to us米国
よくあるのは
私たちが そのことに
19:26
is thatそれ we我々 don'tしない really本当に choose選択する to pay支払う attention注意 to itそれ.
注意を払うという選択をしないのです
19:28
We我々 don'tしない really本当に choose選択する to allow許す thatそれ
それによって私たちの心の中に
19:31
to cause原因 thereそこ to be〜する aa shiftシフト in our我々の hearts.
変化を起こさせるという選択を
しないのです
19:33
Soそう I think思う theその way方法 forward前進 forために theその world世界 ---
私が思うに
世界が前に進む方法―
19:36
one1 thatそれ will意志 bring持参する theその pathパス of outerアウター development開発
外側の発展を
19:38
in harmony調和
本当の幸せの根源と
19:42
with〜と theその realリアル rootルート of happiness幸福 ---
調和させる道をもたらす方法は
19:47
is thatそれ we我々 allow許す
私たちが持つ情報によって
19:50
theその information情報 thatそれ we我々 have持ってる
私たちの心に本当の変化を
19:52
to really本当に make作る aa change変化する in our我々の heartハート.
起こさせることなのです
19:54
TDtd: Soそう I think思う thatそれ sincere誠実 motivation動機
誠実な動機は
20:45
is very非常に important重要 forために our我々の future未来 well-being幸福,
私たちの将来の幸せや
人間としての幸福感に
20:47
orまたは deep深い senseセンス of well-being幸福 asとして humans人間,
とても重要だと思います
20:50
andそして I think思う thatそれ means手段 sinking沈む in
そしてそれは 今 従事していることに
20:53
to whateverなんでも itそれ is you'reあなたは doingやっている now.
身を入れることでしょう
20:56
Whateverなんでも work作業 you'reあなたは trying試す to do行う now to benefit利益 theその world世界,
皆さんが今
世界のために励んでいる仕事
20:58
sinkシンク into thatそれ,
それが何であれ
そこに身を入れて
21:00
get取得する aa full満員 taste of thatそれ.
仕事を満喫してください
21:02
TDtd: Soそう, since以来 we've私たちは beenされている hereここに thisこの week週間,
今週 私たちは ここに集まって
21:40
we've私たちは taken撮影 millions何百万 of breaths呼吸, collectively集合的に,
合わせて何百万もの呼吸をしましたが
21:42
andそして perhapsおそらく we我々 haven't持っていない witnessed目撃した
おそらく私たちの目の前で
21:47
anyどれか courseコース changes変更
人生が変わるほどのことは
21:49
happeningハプニング in our我々の lives人生,
起きていないでしょう
21:51
butだけど we我々 oftenしばしば missミス theその very非常に subtle微妙 changes変更.
私たちは かすかな変化を見逃しがちです
21:53
Andそして I think思う
私たちは 時に
21:56
thatそれ sometimes時々 we我々 develop開発する
幸せの形について
21:59
grand壮大 conceptsコンセプト
壮大な概念を
22:01
of what happiness幸福
自分たちのために
22:03
mightかもしれない look見える like好きな forために us米国,
作り出してしまいますが
22:05
butだけど thatそれ, ifif we我々 pay支払う attention注意,
もし私たちが注意を払えば
22:07
we我々 canできる see見る thatそれ thereそこ are little少し symbolsシンボル of happiness幸福
私たちの呼吸の中にも
幸せの兆しがあると
22:09
in everyすべて breath呼吸 thatそれ we我々 take取る.
気づくのだと思います
22:12
TDtd: Soそう, everyすべて one1 of you君は who has持っている come来る hereここに
ここへ来た皆さんは どなたも
23:21
is soそう talented才能のある,
とても才能のある方々です
23:24
andそして you君は have持ってる soそう muchたくさん to offer提供 to theその world世界,
皆さんは世界に提供できるものを
たくさん お持ちです
23:26
I think思う itそれ would〜する be〜する aa good良い note注意 to conclude結論づける on then次に
これをお伝えして
結びの言葉にしようと思います
23:30
to justちょうど take取る aa moment瞬間
ほんの少し時間を取って
私たちが幸運に
23:34
to appreciate感謝する howどうやって fortunate幸運な we我々 are
恵まれていることに感謝しましょう
23:37
to have持ってる come来る together一緒に in thisこの way方法 andそして exchanged交換された ideasアイデア
私たちは こうして集まり 意見交換をし
23:39
andそして really本当に form aa strong強い aspiration吸引
実際に高い志とエネルギーを
23:42
andそして energyエネルギー within以内 ourselves自分自身
我々自身の中に生み出し
23:44
thatそれ we我々 will意志 take取る theその good良い
この場を きっかけとする―
23:46
thatそれ has持っている come来る fromから thisこの conference会議,
善行や機運や
23:48
theその momentum勢い, theその positivity陽性,
前向きな気持ちを取り込み
23:50
andそして we我々 will意志 spread普及 thatそれ andそして plant工場 itそれ
それを広め 世界の隅々に
23:53
in allすべて of theその cornersコーナー of theその world世界.
植えつけていくのです
23:55
His Holiness聖なる theその Karmapaカルマパ: Tomorrow明日 is myじぶんの Talkトーク.
カルマパ猊下:明日は私の話です
24:18
TDtd: Lakshmiラクシュミ has持っている worked働いた incredibly信じられないほど hardハード,
ラクシュミは信じられないくらい
よくやってくれました
24:32
even偶数 in inviting招待する me,
私を招くだけでも 大変なのに
24:35
let〜する alone単独で everythingすべて elseelse thatそれ she彼女 has持っている done完了
この講演の実現のために
彼女が
24:37
to make作る thisこの happen起こる,
尽力してくれたのは
勿論ですが
24:39
andそして I wasあった somewhat幾分 resistant耐性のある at〜で times,
私は ちょっと登壇を渋っていたのです
24:41
andそして I wasあった alsoまた、 very非常に nervous神経質な throughout全体を通して thisこの week週間.
さらに今週に入って
非常に神経質になっていました
24:44
I wasあった feeling感じ under theその weather天気 andそして dizzyめまい andそして soそう forth前進,
気分が すぐれず
目まいなども ありました
24:47
andそして people would〜する ask尋ねる me, whyなぜ.
その理由を聞かれれば
24:50
I would〜する telltell themそれら, "It'sそれは becauseなぜなら I have持ってる to talkトーク tomorrow明日."
「明日 講演しなくちゃならないんだ」
と答えていました
24:52
Andそして soそう Lakshmiラクシュミ had持っていました to put置く upアップ with〜と me throughを通して allすべて of thatそれ,
ラクシュミは そんな私に
付き合わなければならなかったのです
24:57
butだけど I very非常に muchたくさん appreciate感謝する
しかし 私は彼女が ここへ
25:00
theその opportunity機会 she's彼女は given与えられた me
来る機会を与えてくれたことに
25:02
to be〜する hereここに.
とても感謝しています
25:04
Andそして to you君は, everyoneみんな, thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
そして 皆さんに感謝しています
25:06
(Applause拍手)
(拍手)
25:09
HHhh: Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
カルマパ猊下:どうもありがとう
25:12
(Applause拍手)
(拍手)
25:14
Translated by Mariko Imada
Reviewed by Emi Kamiya

▲Back to top

About the speaker:

His Holiness the Karmapa - Spiritual leader
Ogyen Trinley Dorje is the 17th Gyalwang Karmapa, a revered figure in Tibetan Buddhism devoted to preserving and propagating Buddhist teachings.

Why you should listen

The name "Karmapa" means "the one who carries out Buddha-activity," and for seventeen lifetimes, a karmapa has embodied the teachings of Buddha in tibet. The 17th Gyalwang Karmapa, Ogyen Trinley Dorje, was born a nomad in Tibet in 1985 and recognized by the Dalai Lama in 1992 as the 17th Karmapa. The young boy was brought to the Tsurphu monastery to live and study for his life as a spiritual teacher and activist.

At age 14, he made a daring flight from Tibet, and now works from a temporary camp in Dharamsala, near his friend the Dalai Lama. (After the Dalai Lama, he's seen as Tibetan Buddhism's second-highest-ranking spiritual leader, though the two men lead different schools within the faith.) In 2008, he made a long visit to the United States, where he spoke and taught at Buddhist centers around the country. And in 2009 he toured Europe, speaking about faith -- but also about protecting the environment.

More profile about the speaker
His Holiness the Karmapa | Speaker | TED.com