English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxAmsterdam

Rogier van der Heide: Why light needs darkness

ロヒール・ファン・デル・ハイデ 「光に闇が必要なわけ」

Filmed
Views 565,416

照明アーティストのロヒール・ファン・デル・ハイデが 「光と闇」の美しさに注目し、新しい見方で世界を眺める方法を紹介します。典型的な建造物を例にして 私たちの身近にある 光の役割について説明します。

- Lighting designer
Rogier van der Heide creates architectural spaces with light. Full bio

There'sそこに aa beautiful綺麗な statementステートメント on theその screen画面
スクリーンを見てください
00:15
thatそれ says言う, "Light creates作成する ambiance雰囲気,
「照明は雰囲気を形成する
00:18
light makes作る theその feel感じる of aa spaceスペース,
照明は空間感覚を作り出す
00:21
andそして light is alsoまた、 theその expression表現 of structure構造."
そして照明は構造の表現でもある」
00:24
Wellよく thatそれ wasあった notない by〜によって me.
私の言葉ではなく もちろん
00:28
Thatそれ wasあった, of courseコース, by〜によって Le Corbusierコルビュジエ,
有名な建築家である
00:30
theその famous有名な architect建築家.
ル・コルビュジエのものです
00:32
Andそして hereここに you君は canできる see見る what he meant意味した
彼の言わんとすることは
00:34
in one1 of his beautiful綺麗な buildings建物 ---
彼の美しい建築作品の一つに表されています
00:36
theその chapelチャペル Notreノート Dameデイム duデュ Haut馬小屋, Ronchampロンシャン ---
ノートルダム デュ オー ロンシャン聖堂です
00:39
whereどこで he creates作成する thisこの light
彼は暗闇を利用して
00:43
thatそれ he couldできた onlyのみ make作る becauseなぜなら there'sそこに alsoまた、 darkダーク.
この照明を作りあげました
00:45
Andそして I think思う thatそれ is theその quintessence真髄
これが私の今日の18分のトークの
00:48
of thisこの 18-minute-分 talkトーク ---
エッセンスであり
00:51
thatそれ thereそこ is noいいえ good良い lighting点灯
我々にとって健やかな良い―
00:54
thatそれ is healthy健康 andそして forために our我々の well-being幸福
照明というのは適切な暗闇失くしては
00:57
withoutなし proper適切な darkness.
成立しないということです
01:00
Soそう thisこの is howどうやって we我々 normally通常は would〜する light our我々の officesオフィス.
これはオフィスによくある照明です
01:04
We我々 have持ってる codesコード andそして standards基準
照明の明るさや
01:07
thatそれ telltell us米国 thatそれ theその lightsライト should〜すべき be〜する soそう muchたくさん luxルクス
均一性を規定する
01:09
andそして of greatすばらしいです uniformity均一.
基準が存在します
01:12
Thisこの is howどうやって we我々 create作成する uniform統一 lighting点灯
こうして壁から壁へ
01:14
fromから one1 wall to theその otherその他
均一な照明を得るために
01:17
in aa regular定期的 gridグリッド of lampsランプ.
光源を規則正しく並べています
01:19
Andそして thatそれ is quiteかなり different異なる
この照明は先ほどお見せした
01:22
fromから what I justちょうど showed示した you君は
ル・コルビュジエのものとは
01:24
fromから Le Corbusierコルビュジエ.
全くの別物です
01:26
Ifif we我々 would〜する apply適用する theseこれら codesコード andそして standards基準
もしこのような基準や規則を
01:28
to theその Pantheonパンテオン in Romeローマ,
ローマのパンテオンに利用したら
01:30
itそれ would〜する never決して have持ってる looked見た like好きな thisこの,
このようにはならないでしょう
01:32
becauseなぜなら thisこの beautiful綺麗な light feature特徴
自然にドーム内を移動する
01:34
thatそれ goes行く aroundまわり thereそこ allすべて by〜によって itself自体
この美しい光の造形を
01:36
canできる onlyのみ appear現れる
可能にしているのは
01:39
becauseなぜなら thereそこ is alsoまた、 darkness in thatそれ same同じ building建物.
内部にある暗闇だからです
01:41
Andそして theその same同じ is moreもっと orまたは lessもっと少なく what Santiagoサンティアゴ Calatravaカラトラバ said前記
「照明とは心地良さの為に作るもの」という
01:45
whenいつ he said前記, "Light: I make作る itそれ in myじぶんの buildings建物
サンティアゴ・カラトラバの言葉にも
01:48
forために comfort快適."
このことが表現されています
01:51
Andそして he didn'tしなかった mean平均 theその comfort快適 of aa five-course5コース dinnerディナー
彼の意味した心地良さとは
01:53
asとして opposed反対 to aa one-courseワンコース mealお食事,
フルコース料理のそれとは違い
01:56
butだけど he really本当に meant意味した theその comfort快適
真に 人の為に設計された
01:58
of theその quality品質 of theその building建物 forために theその people.
建物の質に由来するものでした
02:00
He meant意味した thatそれ you君は canできる see見る theその sky
つまり空を見て太陽を
02:03
andそして thatそれ you君は canできる experience経験 theその sun太陽.
感じることができる環境です
02:05
Andそして he created作成した theseこれら gorgeousゴージャスな buildings建物
そして彼は 建物内の環境で
02:08
whereどこで you君は canできる see見る theその sky,
快適な生活が出来るように
02:11
andそして whereどこで you君は canできる experience経験 theその sun太陽,
空を見て 太陽を感じられる
02:13
thatそれ give与える us米国 aa betterより良い life生活 in theその built建てられた environment環境,
豪華な建築を手がけました
02:15
justちょうど becauseなぜなら of theその relevance関連性 of light
これらは明暗の中の
02:18
in itsその brightness輝度 andそして alsoまた、 in itsその shadows.
光の関連性により実現しています
02:21
What itそれ allすべて boils沸騰する downダウン to is, of courseコース, theその sun太陽.
行きつく先はもちろん太陽です
02:25
Andそして thisこの image画像 of theその sun太陽 mayかもしれない suggest提案する
この太陽の画像はなにか攻撃的で
02:28
thatそれ theその sun太陽 is something何か evil悪の andそして aggressive積極的な,
悪意あるものに見えるかもしれません
02:31
butだけど we我々 should〜すべき notない forget忘れる thatそれ allすべて energyエネルギー on thisこの planet惑星
しかし地球上の全エネルギーは太陽に
02:34
actually実際に comes来る fromから theその sun太陽,
由来することを忘れてはいけません
02:37
andそして light is onlyのみ aa manifestation現れ
光りとは単に このエネルギーの
02:39
of thatそれ energyエネルギー.
目に見える部分なのです
02:42
Theその sun太陽 is forために dynamicsダイナミクス, forために color changes変更.
太陽は明るさや色彩の変化をつかさどり
02:44
Theその sun太陽 is forために beauty美しさ in our我々の environment環境,
私たちの住む環境に美をもたらします
02:47
like好きな in thisこの building建物 ---
この建物はその良い例です
02:50
theその High高い Museum博物館 in Atlantaアトランタ,
アトランタのハイ美術館の照明は
02:52
whichどの has持っている beenされている created作成した by〜によって Renzoレンゾ Pianoピアノ fromから Italyイタリア,
イタリア人のレンゾ・ピアノと
02:54
together一緒に with〜と Arupアープ Lighting点灯,
素晴らしい照明デザイナーの集団
02:56
aa brilliantブリリアント teamチーム of lighting点灯 designersデザイナー,
アラップ照明との共同作品です
02:59
who created作成した
彼らはこの空間内に
03:01
aa very非常に subtle微妙 modulation変調 of light
外の太陽光に対応する
03:03
across横断する theその spaceスペース,
微妙な光の変化を 演出しました
03:06
responding応答する to what theその sun太陽 doesする outside外側,
微妙な光の変化を 演出しました
03:08
justちょうど becauseなぜなら of allすべて theseこれら beautiful綺麗な openings開口部 in theその roofルーフ.
この美しい天窓のおかげで
03:10
Soそう in an indirect間接 way方法,
間接的に太陽を
03:13
you君は canできる see見る theその sun太陽.
望むことができるのです
03:15
Andそして what they彼ら didした
彼らは美術館の
03:17
is they彼ら created作成した an integral積分 building建物 element素子
訪問客を取り巻く空間を
03:19
to improve改善する theその quality品質 of theその spaceスペース
より快適なものにしてくれる
03:21
thatそれ surrounds周囲 theその visitors訪問者 of theその museum博物館.
建築要素をデザインしました
03:24
They彼ら created作成した thisこの shadeシェード
それがこの天窓のカバーです
03:26
thatそれ you君は canできる see見る hereここに,
このように
03:28
whichどの actually実際に coversカバー theその sun太陽,
カバーは太陽を遮りながらも
03:30
butだけど opens開く upアップ to theその good良い light fromから theその sky.
空から適度に光が入るよう開いています
03:33
Andそして hereここに you君は canできる see見る
そしてご覧のとおり
03:36
howどうやって they彼ら really本当に crafted細工された aa beautiful綺麗な design設計 processプロセス
模型をつくり
03:38
with〜と physical物理的 modelsモデル,
光の質や量を分析する
03:40
with〜と quantitative定量的, asとして wellよく asとして qualitative定性, methodsメソッド
見事なデザイン プロセスで
03:42
to come来る to aa final最後の solution溶液
建物と真に調和し
03:45
thatそれ is truly真に integrated統合された andそして completely完全に holisticホリスティックな
全体的にまとまった
03:48
with〜と theその architecture建築.
デザインを創り上げました
03:50
They彼ら allowed許可された themselves自分自身 aa few少数 mistakes間違い along一緒に theその way方法.
この過程でもちろんミスもありました
03:52
Asとして you君は canできる see見る hereここに, there'sそこに some一部 direct直接 light on theその floor,
ご覧の通り 直接光があたっていますが
03:54
butだけど they彼ら couldできた easily簡単に figure数字 outでる whereどこで thatそれ comes来る fromから.
どこから入り込んでいるか容易に把握できました
03:56
Andそして they彼ら allow許す people in thatそれ building建物
建物内にいる人に太陽のよい部分を
03:59
to really本当に enjoy楽しんで theその sun太陽,
本当に楽しんでいただくための
04:03
theその good良い part of theその sun太陽.
設計がされています
04:05
Andそして enjoying楽しんで theその sun太陽
太陽はもちろん
04:07
canできる be〜する in manyたくさんの different異なる ways方法, of courseコース.
色々な方法で楽しむことができます
04:09
Itそれ canできる be〜する justちょうど like好きな thisこの,
例えばこんな感じ
04:12
orまたは maybe多分 like好きな thisこの, whichどの is ratherむしろ peculiar特有の,
もしくはこう すこし変ですが
04:14
butだけど thisこの is in 1963 ---
じつは1963年
04:17
theその viewing見る of aa sun太陽 eclipse日食
人々が米国で日食を
04:19
in theその Unitedユナイテッド States.
眺めている光景です
04:21
Andそして it'sそれは justちょうど aa bitビット bright明るい upアップ thereそこ,
見上げると少し眩しいので
04:23
soそう theseこれら people have持ってる found見つけた aa very非常に intriguing興味をそそる solution溶液.
面白い対処法を思いついたようです
04:26
Thisこの is, I think思う, aa very非常に illustrative説明的な image画像 of what I tryお試しください to sayいう ---
これは私の考えをよく表していると思います
04:30
thatそれ theその beautiful綺麗な dynamicsダイナミクス of sun太陽,
太陽の美しき変化
04:32
bringing持参 theseこれら into theその building建物,
それを建物に取り込むことで
04:35
creates作成する aa quality品質 of our我々の built建てられた environment環境
我々の生活を実に豊かにしてくれる環境を
04:37
thatそれ truly真に enhances強化する our我々の lives人生.
建物内に造ることができます
04:40
Andそして thisこの is allすべて about darkness
ここで明るさの関連は当然ですが
04:42
asとして muchたくさん asとして itそれ is about lightness明度, of courseコース,
暗さももとても大切なのです
04:44
becauseなぜなら otherwiseさもないと you君は don'tしない see見る theseこれら dynamicsダイナミクス.
明暗が揃って この変化を生み出すからです
04:46
Asとして opposed反対 to theその first最初 office事務所 thatそれ I showed示した you君は
最初にお見せしたオフィスとは対照的に
04:49
in theその beginning始まり of theその talkトーク,
こちらはよく知られている
04:52
thisこの is aa well-knownよく知られている office事務所, whichどの is theその White Groupグループ.
ホワイトグループのオフィスです
04:54
They彼ら are in green energyエネルギー consultingコンサルティング, orまたは something何か like好きな thatそれ.
グリーンエネルギーのコンサルティングか何かをしています
04:57
Andそして they彼ら really本当に practice練習 what they彼ら preach説教
そして教えを本当に実践していて
05:00
becauseなぜなら thisこの office事務所 doesn'tしない have持ってる anyどれか electric電気の lighting点灯 at〜で allすべて.
このオフィスに電気照明は全くありません
05:02
Itそれ has持っている onlyのみ on one1 side
オフィスの片側に
05:05
thisこの big大きい, big大きい glassガラス window
この超巨大ガラス窓があり
05:07
thatそれ helps助けて to let〜する theその sunlight太陽光 enter入る
内部スペースに太陽光を
05:09
deep深い into theその spaceスペース
取り込む役割を果たしており
05:11
andそして create作成する aa beautiful綺麗な quality品質 thereそこ andそして aa greatすばらしいです dynamic動的 range範囲.
美と様々な明るさのゾーンを生み出しています
05:13
Soそう itそれ canできる be〜する very非常に dim暗い over以上 thereそこ, andそして you君は do行う yourきみの work作業,
とても薄暗いところで仕事をしたり
05:16
andそして itそれ canできる be〜する very非常に bright明るい over以上 thereそこ, andそして you君は do行う yourきみの work作業.
明るいところで仕事をしたりという感じです
05:19
Butだけど actually実際に theその human人間 eye
しかし実は人の目は
05:22
turnsターン outでる to be〜する remarkably著しく adaptable適応性のある
異なる明るさのレベルにも
05:24
to allすべて theseこれら different異なる light conditions条件
素晴らしい適応力を示し
05:26
thatそれ together一緒に create作成する an environment環境
これらが退屈で単調になりえない
05:28
thatそれ is never決して boring退屈な andそして thatそれ is never決して dull鈍い,
環境を作り出しているのです
05:30
andそして thereforeしたがって、 helps助けて us米国 to enhance強化する our我々の lives人生.
つまり生活を豊かにしてくれるのです
05:32
I really本当に owe借りている aa shortショート introduction前書き of thisこの manおとこ to you君は.
この方を忘れるわけにはいきません
05:36
Thisこの is Richardリチャード Kellyケリー
彼はリチャード・ケリーです
05:39
who wasあった bornうまれた 100 years ago,
ちょうど100年前に生まれたので
05:41
whichどの is theその reason理由 I bring持参する him upアップ now,
紹介するにはふさわしいかと
05:43
becauseなぜなら it'sそれは kind種類 of an anniversary記念日 year.
記念の年みたいに思っていますから
05:45
In theその 1930ss, Richardリチャード Kellyケリー wasあった theその first最初 person
1930年代 リチャード・ケリーは初めて
05:47
to really本当に describe説明する
現代の照明デザインの
05:50
aa methodology方法論 of modernモダン lighting点灯 design設計.
方法論を まとめました
05:52
Andそして he coined造られた three terms条項,
彼は3つの用語を作りました
05:54
whichどの are "focal焦点 glow輝き,"
「フォーカルグロウ」
05:56
"ambient周囲 luminescence発光"
「アンビエント照明」
05:58
andそして "play遊びます of theその brilliants輝き" ---
「ブリリアントの役割」です
06:00
three very非常に distinctly明らかに different異なる
建築界の照明に関する
06:02
ideasアイデア about light in architecture建築
全く異なる考えが
06:04
thatそれ allすべて together一緒に
揃うことでこの美しい
06:06
make作る upアップ thisこの beautiful綺麗な experience経験.
感覚を作り出すのです
06:08
Soそう you君は beginベギン with〜と focal焦点 glow輝き.
まず「フォーカルグロウ」です
06:10
He meant意味した something何か like好きな thisこの ---
彼の言わんとしたことはこうです
06:12
whereどこで theその light gives与える direction方向 to theその spaceスペース
照明が空間に方向性を与え
06:14
andそして helps助けて you君は to get取得する aroundまわり.
人々を導く役をします
06:16
Orまたは something何か like好きな thisこの, whichどの is theその lighting点灯 design設計 he didした
これは彼がゼネラルモーターズの
06:18
forために General一般 Motorsモーター, forために theその car showroomショールーム.
ショールームのためにデザインしたものです
06:20
Andそして you君は enter入る thatそれ spaceスペース,
この空間に入れば感じるでしょう
06:22
andそして you君は feel感じる like好きな, "Wowワオ! Thisこの is soそう impressive印象的な,"
「わぉ! これは衝撃的だね」
06:24
justちょうど becauseなぜなら of thisこの focal焦点 pointポイント,
この焦点ですよね
06:27
thisこの huge巨大 light sourceソース in theその middle中間.
中央の巨大な光源です
06:29
To me itそれ is something何か fromから theatre劇場,
劇場が頭に浮かびますが
06:31
andそして I will意志 get取得する backバック to thatそれ aa little少し bitビット later後で.
その話は後程もう少ししましょう
06:33
It'sそれは theその spotlightスポットライト on theその artistアーティスト
アーティストへの注目を促す
06:35
thatそれ helps助けて you君は to focusフォーカス.
スポットライトや
06:37
Itそれ couldできた alsoまた、 be〜する theその sunlight太陽光 thatそれ breaks休憩 throughを通して theその clouds
雲を貫く太陽光もこの部類に入ります
06:39
andそして lightsライト upアップ aa patchパッチ of theその land土地,
地上の一部を照らすことで
06:42
highlighting強調表示 itそれ
そこを強調して
06:45
compared比較した to theその dim暗い environment環境.
薄暗い部分との対比をします
06:47
Orまたは itそれ canできる be〜する in today's今日の retail小売, in theその shoppingショッピング environment環境 ---
今日の小売販売の環境でも使われています
06:50
lighting点灯 theその merchandise商品
商品をライトアップしアクセントを与え
06:53
andそして creating作成 accentsアクセント thatそれ help助けて you君は to get取得する aroundまわり.
消費者が集まるようにします
06:55
Ambient周囲 luminescence発光 is something何か very非常に different異なる.
「アンビエント照明」は全く異なるものです
06:58
Richardリチャード Kellyケリー saw見た itそれ asとして something何か infinite無限,
リチャード・ケリーはこれを何か無限なもので
07:01
something何か withoutなし anyどれか focusフォーカス,
焦点など存在せず
07:04
something何か whereどこで allすべて details詳細
詳細は 限りない背景に
07:06
actually実際に dissolve溶解する in infinity無限.
溶け込むようなものと捉えました
07:08
Andそして I see見る itそれ asとして aa very非常に comfortable快適 kind種類 of light
私はこれをとても心地良い照明つまり
07:11
thatそれ really本当に helps助けて us米国 to relaxリラックス
リラックスや瞑想の
07:14
andそして to contemplate熟慮する.
手助けとなるものと思っています
07:16
Itそれ couldできた alsoまた、 be〜する something何か like好きな thisこの:
こんな感じでの利用も可能です
07:18
theその National全国 Museum博物館 of Science科学 in Londonロンドン,
ロンドンの国立科学博物館です
07:20
whereどこで thisこの blue
この青色が
07:23
is embracing抱きしめる allすべて theその exhibitions展示会 andそして galleriesギャラリー
ひとつの大きな手のように
07:25
in one1 large gestureジェスチャー.
展示品とギャラリーを包みこんでいます
07:27
Andそして then次に finally最後に, Kelly'sケリーの play遊びます of brilliants輝き attitude姿勢,
最後にケリーの「ブリリアントの役割」です
07:30
thatそれ really本当に some一部 play遊びます of theその skylineスカイライン of Hongホン Kongコン,
香港のスカイラインや
07:33
orまたは perhapsおそらく theその chandelierシャンデリア in theその operaオペラ house,
オペラハウスのシャンデリアがこの部類です
07:37
orまたは in theその theater劇場 hereここに,
もしくはこの劇場の
07:39
whichどの is aa decoration装飾,
デコレーションのように
07:41
theその icingアイシング on theその cakeケーキ, something何か playful遊び心のある,
何かを更に完璧にする物や
07:43
something何か thatそれ is justちょうど an addition添加
遊び心ある物_ つまり
07:45
to theその architectural建築 environment環境, I would〜する sayいう.
建築空間の追加物とでも言っておきましょう
07:47
Theseこれら three distinct明確な elements要素,
これら3つの要素が合わさり
07:50
together一緒に, make作る aa lighting点灯 environment環境
我々が快適と思える
07:52
thatそれ helps助けて us米国 to feel感じる betterより良い.
照明環境を生み出すのです
07:54
Andそして we我々 canできる onlyのみ create作成する theseこれら outでる of darkness.
これを生み出すのに闇は必須です
07:56
Andそして I will意志 explain説明する thatそれ furtherさらに.
更に詳しく説明しますが
07:58
Andそして I guess推測 thatそれ is something何か thatそれ Richardリチャード Kellyケリー, hereここに on theその left,
左に写っているケリーは この事を
08:00
wasあった explaining説明する to Ludwigルードヴィヒ Miesマイ Vanバン derデア Roheローエ.
ミース・ファン・デル・ローエに説明したのでしょう
08:03
Andそして behind後ろに themそれら, you君は see見る thatそれ Seagram面取り Building建物
後ろにはシーグラムビルが見えます
08:06
thatそれ later後で turned回した into
時を経て現代の
08:08
an iconアイコン of modernモダン lighting点灯 design設計.
照明デザインのアイコンとなりました
08:10
Thoseそれら times, thereそこ wereあった some一部 early早い attempts試み
当時は光線療法の初期段階の
08:14
alsoまた、 forために light therapy治療 already既に.
試みも行われていました
08:16
You君は canできる see見る hereここに aa photo写真 fromから theその Unitedユナイテッド States Libraryとしょうかん of Medicine医学,
これは 米国国立医学図書館でみつけた写真です
08:18
whereどこで people are put置く in theその sun太陽 to get取得する betterより良い.
健康改善のため太陽光を浴びせられています
08:21
It'sそれは aa little少し bitビット of aa different異なる storyストーリー,
この光線の健康面は
08:24
thisこの health健康 aspectアスペクト of light,
私が今日話していることとは
08:26
thanより what I'm私は telling伝える you君は today今日.
少し違うものです
08:28
In today's今日の modernモダン medicine医学,
今日の現代医学では
08:30
thereそこ is aa realリアル understanding理解 of light
生化学的観点で光に関する
08:32
in an almostほぼ biochemical生化学的 way方法.
正しい理解が存在しています
08:35
Andそして thereそこ is theその ideaアイディア
そしてなにかを眺める際に
08:38
thatそれ, whenいつ we我々 look見える at〜で thingsもの,
我々を最も助けてくれるのは
08:40
itそれ is theその yellow light thatそれ helps助けて us米国 theその most最も,
我々が最も敏感な黄色の光である
08:42
thatそれ we我々 are theその most最も sensitive敏感な forために.
という考えが存在します
08:45
Butだけど our我々の circadian概日 rhythmsリズム,
しかし起床と睡眠―
08:47
whichどの are theその rhythmsリズム thatそれ help助けて us米国 to wake目覚め andそして sleep睡眠
注意とリラックスを促す
08:49
andそして be〜する alertアラート andそして relaxedリラックスした andそして soそう forth前進 andそして soそう on,
サーカディアンリズムと呼ばれるものの
08:51
they彼ら are muchたくさん moreもっと triggeredトリガーされた by〜によって blue light.
引き金は青いライトです
08:54
Andそして by〜によって modulating変調する theその amount of blue
環境内で青色の光線量を
08:57
in our我々の environment環境,
調整することによって
08:59
we我々 canできる help助けて people to relaxリラックス, orまたは to be〜する alertアラート,
リラックスや緊張、睡眠や居眠り防止を
09:01
to fall asleep眠っている, orまたは to stay滞在 awake起きている.
促進することが出来ます
09:04
Andそして thatそれ is howどうやって,
こうした方法を使って
09:07
maybe多分 in theその near近く future未来,
近い将来にも
09:09
light canできる help助けて hospitals病院
病院内の照明を調節し
09:11
to make作る people betterより良い soonerより早く,
患者の回復を促進できるであろうと
09:13
recover回復します themそれら quickerより速い.
考えられているのです
09:16
Maybe多分 in theその airplane飛行機,
航空機内では同様にして
09:18
we我々 canできる overcome克服する jetジェット lag遅れ like好きな thatそれ.
時差ぼけを克服することができます
09:20
Perhapsおそらく in school学校, we我々 canできる help助けて children子供 to learn学ぶ betterより良い
学校では児童の学習を支援できるでしょう
09:22
becauseなぜなら they彼ら concentrate集中 moreもっと on their彼らの work作業.
作業への集中力を高めることが出来ます
09:25
Andそして you君は canできる imagine想像する aa lotロット moreもっと applicationsアプリケーション.
他にも応用方法はたくさん思いつきます
09:28
Butだけど I would〜する like好きな to talkトーク furtherさらに
でもここで更にもう少し
09:30
about theその combination組み合わせ
光と闇の組み合わせが
09:32
of light andそして darkness
私達の生活の資質であることについて
09:34
asとして aa quality品質 in our我々の life生活.
お話したいと思います
09:37
Soそう light is, of courseコース, forために socialソーシャル interactionインタラクション alsoまた、 ---
もちろん光は人間関係や
09:41
to create作成する relationships関係
周囲の形態との関係を
09:44
with〜と allすべて theその features特徴 aroundまわり us米国.
構築するものです
09:46
Itそれ is theその place場所 whereどこで we我々 gatherギャザー aroundまわり
互いに伝えることがある際には
09:48
whenいつ we我々 have持ってる to sayいう something何か to each otherその他.
我々が集まるところなのです
09:51
Andそして itそれ is allすべて about thisこの planet惑星.
地球にとって とても大切なものです
09:53
Butだけど whenいつ you君は look見える at〜で thisこの planet惑星 at〜で night, itそれ looks外見 like好きな thisこの.
しかし 地球は夜になるとこんな風に見えます
09:55
Andそして I think思う thisこの is theその most最も shockingショッキング image画像
この写真は今日のトークで
09:58
in myじぶんの talkトーク today今日.
一番ショッキングな一枚でしょう
10:00
Becauseなぜなら allすべて thisこの light hereここに
なぜなら ここに見える光は全て
10:02
goes行く upアップ to theその sky.
空に逃げてしまっているからです
10:04
Itそれ never決して reaches届く theその ground接地
目的地であったはずの
10:06
whereどこで itそれ wasあった meant意味した forために.
地上に届くことはないのです
10:08
Itそれ never決して is to theその benefit利益 of people.
人々の利益にはなっていません
10:10
Itそれ onlyのみ spoils台無しにする theその darkness.
これでは闇を損なうだけです
10:12
Soそう at〜で aa globalグローバル scale規模, itそれ looks外見 like好きな thisこの.
世界規模で見てみると こうなります
10:14
Andそして, I mean平均, thatそれ is quiteかなり amazing素晴らしい, what you君は see見る hereここに ---
驚愕ですよね このように
10:17
howどうやって muchたくさん light goes行く upアップ into theその sky
どれほどの光が空高くに逃げてしまって
10:20
andそして never決して reaches届く theその ground接地.
地上には届かないなんて
10:23
Becauseなぜなら ifif we我々 look見える at〜で theその Earth地球 theその way方法 itそれ should〜すべき be〜する,
地球があるべき姿を考えると
10:25
itそれ would〜する be〜する something何か like好きな thisこの very非常に inspiring感動的な image画像
このような素晴らしいイメージになります
10:28
whereどこで darkness is forために our我々の imagination想像力
闇が想像や瞑想を支援し
10:31
andそして forために contemplation熟考
私達が様々なものを理解する事を
10:33
andそして to help助けて us米国 to relate関連する to everythingすべて.
助ける役割をします
10:35
Theその world世界 is changing変化 thoughしかし,
でも世界はどんどん変わっています
10:38
andそして urbanization都市化 is aa big大きい driverドライバ of everythingすべて.
都市化はその大きな要因です
10:40
I took取った thisこの photo写真 two weeks ago in Guangzhou広州,
この写真は2週間前に廣州で取りました
10:42
andそして I realized実現した thatそれ 10 years ago,
10年前ここに このような
10:45
thereそこ wasあった nothing何も like好きな thisこの, of theseこれら buildings建物.
建物はなかったことに気が付きました
10:47
Itそれ wasあった justちょうど aa muchたくさん smaller小さい cityシティ,
ここはもっと小さな街でした
10:51
andそして theその paceペース of urbanization都市化
都市化のペースは
10:53
is incredible信じられない andそして enormous巨大な.
途方も無いものです
10:55
Andそして we我々 have持ってる to understandわかる theseこれら mainメイン questions質問:
ここで 以下の問を理解する必要があります
10:57
Howどうやって do行う people move動く throughを通して theseこれら new新しい urban都市 spacesスペース?
人々はこの都市空間をどのように移動するのか?
11:00
Howどうやって do行う they彼ら shareシェア their彼らの culture文化?
文化をどのように共有するのか?
11:03
Howどうやって do行う we我々 tackleタックル thingsもの like好きな mobility移動性?
移動性という問題をどうするのか?
11:05
Andそして howどうやって canできる light help助けて thereそこ?
照明に何が出来るのか?
11:07
Becauseなぜなら theその new新しい technologiesテクノロジー,
新たな技術というものが
11:09
they彼ら seem思われる to be〜する in aa really本当に interesting面白い positionポジション
このような都市化の問題の解決や
11:11
to contribute貢献する to theその solutionsソリューション of urbanization都市化
環境の改善のために
11:14
andそして to provide提供する us米国 with〜と betterより良い environments環境.
役立つかもしれません
11:17
It'sそれは notない thatそれ long長いです ago
少し前までは
11:20
thatそれ our我々の lighting点灯 wasあった justちょうど done完了
照明はこのような
11:22
with〜と theseこれら kinds種類 of lampsランプ.
ランプでした もちろん
11:24
Andそして of courseコース, we我々 had持っていました theその metal金属 halideハライド lampsランプ andそして fluorescent蛍光性の lampsランプ
メタルハライドランプや蛍光ランプといった
11:26
andそして thingsもの like好きな thatそれ.
違いはありましたけどね
11:28
Now we我々 have持ってる LEDLED,
今はLEDがあります
11:30
butだけど hereここに you君は see見る theその latest最新 one1,
これが 最新のものですが
11:32
andそして you君は see見る howどうやって incredibly信じられないほど small小さい itそれ is.
驚くほど小さいものです
11:34
Andそして thisこの is exactly正確に what offersオファー us米国 aa uniqueユニークな opportunity機会
これで いろいろな事が可能になります
11:36
becauseなぜなら thisこの tiny小さな, tiny小さな sizeサイズ
この極小性のおかげで 我々は必要ならば
11:39
allows許す us米国 to put置く theその light whereverどこにでも we我々 really本当に need必要 itそれ.
どこにでも光をあしらうことが出来ます
11:42
Andそして we我々 canできる actually実際に leave離れる itそれ outでる whereどこで it'sそれは notない needed必要な at〜で allすべて
不必要な時に残しておいても
11:45
andそして whereどこで we我々 canできる preserve保存する darkness.
闇を保つことが可能です
11:47
Soそう thatそれ is aa really本当に interesting面白い proposition命題, I think思う,
これには興味をそそられます
11:49
andそして aa new新しい way方法 of lighting点灯 theその architectural建築 environment環境
私たちにとって良い建築環境内をつくる
11:52
with〜と our我々の well-being幸福 in mindマインド.
新しい照明方法なのです
11:55
Theその problem問題 is thoughしかし thatそれ I wanted欲しい to explain説明する to you君は howどうやって thisこの really本当に works作品 ---
実際どのように働くのか お見せしたいのですが
11:58
butだけど I canできる have持ってる four4つの of theseこれら on myじぶんの finger,
一本の指に四つも乗るほど小さいので
12:01
soそう you君は would〜する notない to be〜する ableできる to really本当に see見る themそれら.
あまりよく見えないかもしれません
12:04
Soそう I asked尋ねた our我々の laboratory研究室 to do行う something何か about itそれ,
研究所にお願いをすると 返事がきました
12:07
andそして they彼ら said前記, "Wellよく, we我々 canできる do行う something何か."
「まぁ なんかやってみるよ」
12:09
They彼ら created作成した forために me theその biggest最大 LEDLED in theその world世界
彼らは このアムステルダムTEDx用に
12:11
especially特に forために TEDxtedx in Amsterdamアムステルダム.
世界最大のLEDを作ってくれました
12:14
Soそう hereここに itそれ is.
それがこちらです
12:16
It'sそれは theその same同じ thingもの asとして you君は canできる see見る over以上 thereそこ --- justちょうど 200 times biggerより大きい.
あれと同じ物です 200倍程大きいですけどね
12:18
Andそして I will意志 very非常に quickly早く showショー you君は howどうやって itそれ works作品.
では手短に仕組みをお見せします
12:21
Soそう justちょうど to explain説明する.
では説明します
12:24
Now, everyすべて LEDLED thatそれ is made theseこれら days日々
さて最近のLEDは全て青色の
12:28
gives与える blue light.
ライトを放ちます
12:32
Now thisこの is notない very非常に pleasant楽しい andそして comfortable快適.
この色はあまり心地よくありませんね
12:34
Andそして forために thatそれ reason理由,
このため我々は
12:37
we我々 coverカバー theその LEDLED
LEDを燐光体の
12:39
with〜と aa phosphorリン capキャップ.
カバーで覆います
12:42
Andそして theその phosphorリン is excited興奮した by〜によって theその blue
青い光に照らされた蛍光体は
12:44
andそして makes作る theその light white andそして warm暖かい andそして pleasant楽しい.
白色の優しく温かい光を生み出します
12:47
Andそして then次に whenいつ you君は add追加する theその lensレンズ to thatそれ,
それからこれにレンズを付ければ
12:50
you君は canできる bundleバンドル theその light andそして send送信する itそれ to whereverどこにでも you君は need必要 itそれ
光を収束して光を漏らすことなくして
12:53
withoutなし anyどれか need必要 to spillこぼれる anyどれか light
空とかどこへでも
12:56
to theその sky orまたは anywhereどこでも elseelse.
送ることができるのです
12:58
Soそう you君は canできる preserve保存する theその darkness andそして make作る theその light.
こうして闇を保ち 光を作ることができます
13:00
I justちょうど wanted欲しい to showショー thatそれ to you君は
お見せしたかった理由は
13:03
soそう you君は understandわかる howどうやって thisこの works作品.
仕組みを理解して欲しかったからです
13:05
Thank感謝 you君は.
ありがとうございます
13:09
We我々 canできる go行く furtherさらに.
更に見ていきましょう
13:11
Soそう we我々 have持ってる to rethink再考する theその way方法 we我々 light our我々の cities都市.
まず都市部の照明を考え直すべきです
13:13
We我々 have持ってる to think思う again再び
当たり前のように設置されている
13:16
about light asとして aa defaultデフォルト solution溶液.
照明について考え改めるべきです
13:18
Whyなぜ are allすべて theseこれら motorways高速道路 permanently永久に lit点灯?
なぜ高速の照明は常時点灯なのか?
13:20
Is itそれ really本当に needed必要な?
本当に必要でしょうか?
13:22
Canできる we我々 maybe多分 be〜する muchたくさん moreもっと selective選択的
もっと注意深く考えて
13:24
andそして create作成する betterより良い environments環境 thatそれ alsoまた、 benefit利益 fromから darkness?
闇からの利も得られる環境を作れませんか?
13:26
Canできる we我々 be〜する moreもっと gentle優しい with〜と light?
もっと優しい照明ができないものでしょうか?
13:29
Like好きな hereここに --- thisこの is aa very非常に low低い light levelレベル actually実際に.
ご覧の通り この照明はかなり弱いものです
13:31
Canできる we我々 engage従事する people moreもっと
我々の手掛ける照明プロジェクトに
13:34
in theその lighting点灯 projectsプロジェクト thatそれ we我々 create作成する,
もっと参加してもらって
13:36
soそう they彼ら really本当に want欲しいです to connect接続する with〜と itそれ, like好きな hereここに?
興味を持ってもらうことは出来るでしょうか?
13:38
Orまたは canできる we我々 create作成する simply単に sculptures彫刻
それとも単純にそこに居るだけで
13:41
thatそれ are very非常に inspiring感動的な to be〜する in andそして to be〜する aroundまわり?
人々に影響を与える作品を 作れるでしょうか?
13:43
Andそして canできる we我々 preserve保存する theその darkness?
そして闇を守れるでしょうか?
13:45
Becauseなぜなら to find見つける aa place場所 like好きな thisこの today今日 on Earth地球
今日地球上でこんな場所を
13:47
is really本当に very非常に, very非常に challenging挑戦.
見つけるのは本当に難しいですから
13:50
Andそして to find見つける aa starry星空 sky like好きな thisこの is even偶数 moreもっと difficult難しい.
こんな星空は尚更のことです
13:53
Even偶数 in theその oceans, we我々 are creating作成 aa lotロット of light
海洋上でもたくさんの照明が設置されています
13:56
thatそれ we我々 couldできた actually実際に ban禁止 alsoまた、 forために animal動物 life生活
動物の生活を改善する意味でも
13:59
to have持ってる aa muchたくさん greater大きい well-being幸福.
これを禁止することは出来るはずです
14:02
Andそして it'sそれは known既知の thatそれ migrating移行する birds, forために example,
例えば 渡り鳥は
14:04
get取得する very非常に disoriented混乱した
この手のプラットフォームに
14:06
becauseなぜなら of theseこれら offshoreオフショア platformsプラットフォーム.
とても当惑しているそうです
14:08
Andそして we我々 discovered発見された thatそれ, whenいつ we我々 make作る thoseそれら lightsライト green,
しかしこれらのライトを緑色にすれば
14:10
theその birds, they彼ら actually実際に go行く theその right way方法.
鳥たちは正しい進路を行くそうです
14:12
They彼ら are notない disturbed邪魔された anymoreもう.
もう混乱をきたすことはありません
14:14
Andそして itそれ turnsターン outでる once一度 again再び
スペクトル感受性の
14:17
thatそれ spectralスペクトル sensitivity感度
重要性がここで
14:19
is very非常に important重要 hereここに.
再び浮上しました
14:21
In allすべて of theseこれら examples, I think思う,
全ての例の中で 思うに
14:23
we我々 should〜すべき start開始 making作る theその light outでる of darkness,
闇から光を作り出し 闇をキャンバスとして
14:26
andそして useつかいます theその darkness asとして aa canvasキャンバス ---
利用するべきなのです
14:29
like好きな theその visualビジュアル artistsアーティスト do行う,
エドワード・ホッパーなどの
14:31
like好きな Edwardエドワード Hopperホッパー in thisこの paintingペインティング.
視覚芸術家がするように
14:33
I think思う thatそれ thereそこ is aa lotロット of suspenseサスペンス in thisこの paintingペインティング.
私はこの絵画にサスペンスを感じます
14:35
I think思う, whenいつ I see見る itそれ,
見ると 疑問が頭に浮かびます
14:38
I start開始 to think思う, who are thoseそれら people?
「この人たちは誰だろう?」
14:40
Whereどこで have持ってる they彼ら come来る fromから? Whereどこで are they彼ら going行く?
「どこから来て どこへ行くのだろう?」
14:42
What justちょうど happened起こった? What will意志 be〜する happeningハプニング in theその next five minutes?
「なにが起こり 5分後には何が起こるのだろう?」
14:44
Andそして itそれ onlyのみ embodies体現する allすべて theseこれら stories物語 andそして allすべて thisこの suspenseサスペンス
この物語やサスペンスの原因は
14:47
becauseなぜなら of theその darkness andそして theその light.
他でもない光と闇なのです
14:50
Edwardエドワード Hopperホッパー wasあった aa realリアル masterマスター
エドワード・ホッパーは光と
14:52
in creating作成 theその narrationナレーション
闇を利用した物語作りの
14:54
by〜によって workingワーキング with〜と light andそして darkダーク.
本物のマイスターでした
14:56
Andそして we我々 canできる learn学ぶ fromから thatそれ
彼に学び より心をひかれ
14:58
andそして create作成する moreもっと interesting面白い andそして inspiring感動的な architectural建築 environments環境.
感銘をあたえる環境を建築できるでしょう
15:00
We我々 canできる do行う thatそれ in commercial商業の spacesスペース like好きな thisこの.
このような商業施設にも応用できます
15:03
Andそして you君は canできる stillまだ alsoまた、 go行く outside外側
外に出れば 今でも
15:06
andそして enjoy楽しんで theその greatest最大 showショー in theその universe宇宙,
宇宙が織り成す スペクタクルを楽しむことが出来ます
15:08
whichどの is, of courseコース, theその universe宇宙 itself自体.
もちろん宇宙そのもののことです
15:13
Soそう I give与える you君は thisこの wonderful素晴らしい, informative有益な
いろいろと考えさせてくれる 空のイメージを
15:17
image画像 of theその sky,
お見せします
15:20
ranging範囲 fromから theその innerインナー cityシティ,
星が一つ二つしか見えない
15:23
whereどこで you君は mayかもしれない see見る one1 orまたは two stars andそして nothing何も elseelse,
都市の空から
15:25
allすべて theその way方法 to theその rural農村 environments環境,
この素晴らしい豪華な
15:28
whereどこで you君は canできる enjoy楽しんで
美しい星座や星の
15:30
thisこの greatすばらしいです andそして gorgeousゴージャスな andそして beautiful綺麗な performanceパフォーマンス
パフォーマンスを楽しむことができる
15:32
of theその constellations星座 andそして theその stars.
田舎の空の違いを比べています
15:35
In architecture建築, itそれ works作品 justちょうど theその same同じ.
建築でも全く同じことです
15:37
By〜によって appreciating感謝する theその darkness whenいつ you君は design設計 theその light,
闇を評価することで照明デザインでも
15:40
you君は create作成する muchたくさん moreもっと interesting面白い environments環境
我々の人生を豊かにしてくれる
15:43
thatそれ truly真に enhance強化する our我々の lives人生.
もっと面白い環境を生み出せます
15:46
Thisこの is theその most最も well-knownよく知られている example,
これは最もよく知られた例
15:49
Tadaoタダオ Ando'sアンドロス Church教会 of Light.
安藤忠雄の光の教会です
15:51
Butだけど I alsoまた、 think思う
ヴァルスにある
15:53
of Peterピーター Zumthor'sズーマーズ spaスパ in Vals,
ピーター・ズントーのスパも思い返されます
15:55
whereどこで light andそして darkダーク, in very非常に gentle優しい combinations組み合わせ,
光と闇が柔らかな融和の中で互いを高め
15:59
alter変更する each otherその他 to define定義する theその spaceスペース.
空間を作り出しています
16:02
Orまたは Richardリチャード McCormack'sマコーマック Southern南方の tubeチューブ station in Londonロンドン,
リチャード・マコーマック作 ロンドン地下鉄の駅では
16:04
whereどこで you君は canできる really本当に see見る theその sky,
地下にいながら
16:07
even偶数 thoughしかし you君は are under theその ground接地.
実際に空を望むことができます
16:09
Andそして finally最後に I want欲しいです to pointポイント outでる
最後に指摘したいのは
16:12
thatそれ aa lotロット of thisこの inspirationインスピレーション comes来る fromから theater劇場.
劇場はインスピレーションの宝庫だということです
16:14
Andそして I think思う it'sそれは fantastic素晴らしい thatそれ we我々 are today今日 experiencing経験する TEDxtedx
今回TEDxを初めて劇場で開催できたことは
16:16
in aa theater劇場 forために theその first最初 time時間
素晴らしいことだと思います
16:20
becauseなぜなら I think思う we我々 really本当に owe借りている to theその theater劇場 aa big大きい thanksありがとう.
劇場には 感謝するところが 多くあります
16:23
Itそれ wouldn'tしないだろう be〜する suchそのような an inspiring感動的な scenography景観
劇場なくしてこの刺激的な
16:27
withoutなし thisこの theater劇場.
セノグラフィは生まれなかったでしょうし
16:29
Andそして I think思う theその theater劇場 is aa place場所
劇場は照明を利用して人生を本当に
16:31
whereどこで we我々 truly真に enhance強化する life生活 with〜と light.
豊かにすることができる場所と考えています
16:34
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
ご清聴ありがとうございました
16:37
(Applause拍手)
(拍手)
16:39
Translated by Takahiro Shimpo
Reviewed by Akiko Hicks

▲Back to top

About the speaker:

Rogier van der Heide - Lighting designer
Rogier van der Heide creates architectural spaces with light.

Why you should listen

Lighting designer Rogier van der Heide creates (and oversees) engaging, inspiring, three-dimensional design that fuses light, image projection, architecture and product design to create a memorable, authentic experience. He's been internationally recognized as one of the leading architectural lighting design specialists. He's the Chief Design Officer for Philips Lighting; before that, he was Director at Arup and Global Business Leader Lighting Design of Arup Lighting.

Van der Heide is one of five international designers commissioned by Swarovski Crystal Palace to create an installation to be launched during the Milan Furniture Fair this year. 

More profile about the speaker
Rogier van der Heide | Speaker | TED.com