English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDWomen 2010

Caroline Casey: Looking past limits

キャロライン・ケイシー: 限界の向こう側

Filmed
Views 2,061,200

活動家のキャロライン・ケイシーが、ある事実を打ち明け(何かはナイショ)、彼女自身の並外れた人生を物語ります。我々の物の見方を考えさせられるこの講演で、ケイシーは私たち自らがつくりだす限界を超えてほしいと語ります。

- Advocate for disabled people
First, Caroline Casey put Ireland on the accessibility map. Now she's changing the global social landscape for people with disabilities. Full bio

Canできる anyどれか of you君は
17歳のときに
00:15
remember思い出す what you君は wanted欲しい to be〜する
何になりたかったか
00:17
whenいつ you君は wereあった 17?
覚えていますか?
00:19
Do行う you君は know知っている what I wanted欲しい to be〜する?
私がなりたかったのは
00:21
I wanted欲しい to be〜する aa bikerバイカー chickひよこ.
バイク乗りの女の子
00:23
(Laughter笑い)
(会場: 笑い声)
00:25
I wanted欲しい to raceレース cars,
カーレーサーやカウガール
00:27
andそして I wanted欲しい to be〜する aa cowgirlカウガール,
ジャングルブックに出てくる
00:29
andそして I wanted欲しい to be〜する Mowgliモグラ fromから "Theその Jungleジャングル Book."
少年モーグリにも あこがれました
00:32
Becauseなぜなら they彼ら wereあった allすべて about beingであること free無料,
すべてに共通するのは自由であること
00:35
theその wind in yourきみの hairヘア --- justちょうど to be〜する free無料.
髪を風になびかせて 自由である姿
00:39
Andそして on myじぶんの seventeenth第17 birthdayお誕生日,
私の17歳の誕生日に
00:42
myじぶんの parents, knowing知っている howどうやって muchたくさん I loved愛された speed速度,
スピード好きな私を思った両親は
00:44
gave与えた me one1 driving運転 lessonレッスン
一回だけ 車の運転を
00:47
forために myじぶんの seventeenth第17 birthdayお誕生日.
教えてくれました
00:49
Notない thatそれ we我々 couldできた have持ってる afforded与えられた I driveドライブ,
金銭的余裕はなかったけれど
00:51
butだけど to give与える me theその dream of driving運転.
運転する夢を叶えてくれたのです
00:53
Andそして on myじぶんの seventeenth第17 birthdayお誕生日,
17歳の誕生日
00:57
I accompanied付随する myじぶんの little少し sisterシスター
小さい頃からずっと
00:59
in completeコンプリート innocenceイノセンス,
疑うことを知らなかった私は
01:01
asとして I always常に had持っていました allすべて myじぶんの life生活 ---
妹のつきそいをしました
01:03
myじぶんの visually視覚的に impaired障害者 sisterシスター ---
視覚障害者の妹が
01:06
to go行く to see見る an eye specialistスペシャリスト.
眼科に行くためです
01:08
Becauseなぜなら big大きい sisters姉妹
姉というのは
01:10
are always常に supposed想定される to supportサポート their彼らの little少し sisters姉妹.
妹をサポートするものですからね
01:12
Andそして myじぶんの little少し sisterシスター wanted欲しい to be〜する aa pilotパイロット ---
妹の夢はパイロット
01:15
God help助けて her彼女.
かわいそうでしょう
01:17
Soそう I used中古 to get取得する myじぶんの eyes testedテストされた
私は 遊び半分に
01:19
justちょうど forために fun楽しい.
目の検査を受けたものです
01:21
Andそして on myじぶんの seventeenth第17 birthdayお誕生日,
私が17歳になった日
01:23
after myじぶんの fake eye exam試験,
みせかけの目の検査の後
01:25
theその eye specialistスペシャリスト justちょうど noticed気づいた itそれ happened起こった to be〜する myじぶんの birthdayお誕生日.
眼科医が私の誕生日だと気づき
01:28
Andそして he said前記, "Soそう what are you君は going行く to do行う to celebrate祝う?"
お祝いに何をするのか 尋ねてきました
01:31
Andそして I took取った thatそれ driving運転 lessonレッスン,
だから私は答えたのです
01:35
andそして I said前記, "I'm私は going行く to learn学ぶ howどうやって to driveドライブ."
“車の運転を習うの”
01:37
Andそして then次に thereそこ wasあった aa silence沈黙 ---
沈黙が流れました
01:43
one1 of thoseそれら awful補うステまにくるににステまし補うま silences無音
何かがおかしいときに感じる
01:46
whenいつ you君は know知っている something's何か wrong違う.
あの気まずい沈黙
01:48
Andそして he turned回した to myじぶんの mother,
眼科医は母に言いました
01:50
andそして he said前記, "You君は haven't持っていない told言った her彼女 yetまだ?"
“まだ伝えてなかったのですか”
01:52
On myじぶんの seventeenth第17 birthdayお誕生日,
17歳の誕生日
01:58
asとして Janisジャニス Ianイアン would〜する bestベスト sayいう,
ジャニス・イアンの歌のように
02:01
I learned学んだ theその truth真実 at〜で 17.
私は真実を知りました
02:04
I am午前, andそして have持ってる beenされている since以来 birth誕生,
私は生まれたときからずっと
02:07
legally法的に blindブラインド.
法律上は失明とされるほど 視力が弱かったのです
02:11
Andそして you君は know知っている,
皆さんは なぜ私が
02:14
howどうやって on earth地球 didした I get取得する to 17
17歳になるまで そのことに
02:16
andそして notない know知っている thatそれ?
気づかなかったのかと思うでしょう
02:18
Wellよく, ifif anybody says言う country music音楽 isn'tない powerful強力な,
カントリーミュージックのパワーを
02:20
let〜する me telltell you君は thisこの:
感じない方のために 私が教えましょう
02:23
I got持っている thereそこ
自分の視覚障害に気づかなかったのは
02:26
becauseなぜなら myじぶんの father's父親 passion情熱 forために Johnnyジョニー Cash現金
父がジョニー・キャッシュの大ファンで
02:28
andそして aa song, "Aa Boy男の子 Named名前 Sue訴える."
彼の歌 「スーという名の少年」を愛していたからです
02:31
I'm私は theその eldest長老 of three. I wasあった bornうまれた in 1971.
私は3人姉妹の長女で71年生まれ
02:35
Andそして very非常に shortlyまもなく after myじぶんの birth誕生,
私が生まれて間もなく
02:38
myじぶんの parents found見つけた outでる I had持っていました aa condition調子 calledと呼ばれる ocular眼の albinism白癬.
両親は私が眼白子症であることを知りました
02:40
Andそして what theその hell地獄 doesする thatそれ mean平均 to you君は?
どういうことなのか
02:43
Soそう let〜する me justちょうど telltell you君は, theその greatすばらしいです part of allすべて of thisこの?
説明すると
02:45
I can'tできない see見る thisこの clockクロック andそして I can'tできない see見る theその timingタイミング,
私には この時計も計時も見えません
02:47
soそう holy聖なる God, woohooウーホー! (Laughter笑い)
だから それを理由に
02:50
I mightかもしれない buy購入 some一部 moreもっと time時間.
時間をオーバーしちゃうかも
02:52
Butだけど moreもっと importantly重要なこと, let〜する me telltell you君は ---
でも もっと大切なことを言いますね
02:54
I'm私は going行く to come来る upアップ really本当に close閉じる hereここに. Don'tしない freakフリーク outでる, Patパット.
私が近づいても心配いりません
02:57
Heyねえ.
あのね
03:00
See見る thisこの handハンド?
この手 見えるでしょう?
03:02
Beyond超えて thisこの handハンド is aa world世界 of Vaselineワセリン.
手の向こうは おぼろげにしか見えません
03:04
Everyすべて manおとこ in thisこの roomルーム, even偶数 you君は, Steveスティーブ,
会場にいる男性は 誰もが
03:07
is Georgeジョージ Clooneyクルーニー.
ジョージ・クルーニー
03:10
(Laughter笑い)
(会場: 笑い声)
03:12
Andそして everyすべて woman女性, you君は are soそう beautiful綺麗な.
女性は皆 美女ばかり
03:14
Andそして whenいつ I want欲しいです to look見える beautiful綺麗な, I stepステップ three feetフィート away離れて fromから theその mirror,
鏡から90cm離れれば 私も美女のよう
03:17
andそして I don'tしない have持ってる to see見る theseこれら lines etchedエッチングされた in myじぶんの face
視界が暗いので ずっと目を細めて
03:20
fromから allすべて theその squinting睨む I've私は done完了 allすべて myじぶんの life生活
物を見てきたためにできた
03:22
fromから allすべて theその darkダーク lightsライト.
顔のシワも気にならなくなります
03:24
Theその really本当に strange奇妙な part is
とても変わっているのは
03:27
thatそれ, at〜で three andそして aa halfハーフ, justちょうど before I wasあった going行く to school学校,
私が就学する前の3歳半だったとき
03:29
myじぶんの parents made aa bizarre奇妙な, unusual珍しい
両親が 型破りな
03:32
andそして incredibly信じられないほど brave勇敢な decision決定.
勇気ある決断をしました
03:34
Noいいえ special特別 needsニーズ schools学校.
特別な学校へは入学させない
03:38
Noいいえ labelsラベル.
レッテルは貼らない
03:41
Noいいえ limitations限界.
限界をつくらない
03:43
Myじぶんの ability能力 andそして myじぶんの potential潜在的な.
信じるは力と可能性
03:46
Andそして they彼ら decided決定しました to telltell me
更に両親は 私は目が見えると
03:48
thatそれ I couldできた see見る.
私に言うことにしたのです
03:51
Soそう justちょうど like好きな Johnnyジョニー Cash's現金 Sue訴える,
ジョニー・キャッシュの歌にある
03:54
aa boy男の子 given与えられた aa girl's女の子 name,
スーと名付けられた男の子のように
03:58
I would〜する grow成長する upアップ andそして learn学ぶ fromから experience経験
守ってくれるはずの両親がいなくても
04:01
howどうやって to be〜する toughタフ andそして howどうやって to survive生き残ります,
成長していく過程で 経験を通して
04:04
whenいつ they彼ら wereあった noいいえ longerより長いです thereそこ to protect保護する me,
強く生きることを
04:07
orまたは justちょうど take取る itそれ allすべて away離れて.
学ぶようにという考えです
04:09
Butだけど moreもっと significantly有意に,
でも更に大切なのは
04:11
they彼ら gave与えた me theその ability能力
両親は私に
04:13
to believe信じる,
信じる力をくれました
04:15
totally完全に, to believe信じる thatそれ I couldできた.
自分はできるのだと信じる力です
04:17
Andそして soそう whenいつ I heard聞いた thatそれ eye specialistスペシャリスト
眼科医から聞かされた
04:20
telltell me allすべて theその thingsもの, aa big大きい fat脂肪 "noいいえ,"
否定的な事すべてに 私が打ちのめされただろうと
04:22
everybodyみんな imagines想像する I wasあった devastated荒廃した.
皆 思うようです
04:26
Andそして don'tしない get取得する me wrong違う, becauseなぜなら whenいつ I first最初 heard聞いた itそれ ---
初めてその事実を聞かされたとき
04:28
aside脇に fromから theその fact事実 thatそれ I thought思想 he wasあった insane狂人 ---
おかしいのは眼科医だと思ったけれど
04:31
I got持っている thatそれ thump勝つ in myじぶんの chest,
心を激しく打つような
04:33
justちょうど thatそれ "huhハァッ?"
ショックを受けました
04:35
Butだけど very非常に quickly早く I recovered回復した. Itそれ wasあった like好きな thatそれ.
でも すぐに立ち直ったのです
04:38
Theその first最初 thingもの I thought思想 about wasあった myじぶんの momママ,
初めに頭に浮かんだのは
04:41
who wasあった crying泣く over以上 beside me.
横で泣いている母のことでした
04:43
Andそして I swear誓う to God, I walked歩いた outでる of his office事務所,
診療室を出たとき
04:45
"I will意志 driveドライブ. I will意志 driveドライブ.
私は絶対に運転するんだ
04:47
You'reあなたは mad怒っている. I'll私はよ driveドライブ. I know知っている I canできる driveドライブ."
運転できるに決まってる と心の中で繰り返していました
04:50
Andそして with〜と theその same同じ doggedかわいい determination決定
私には 子どもの頃から
04:53
thatそれ myじぶんの fatherお父さん had持っていました bred繁殖した into me since以来 I wasあった suchそのような aa child ---
父に教え込まれた決意がありました
04:55
he taught教えた me howどうやって to sail,
父はヨットの操縦を教えてくれました
04:58
knowing知っている I couldできた never決して see見る whereどこで I wasあった going行く, I couldできた never決して see見る theその shore海岸,
進行方向も 岸も 帆も
05:00
andそして I couldn'tできなかった see見る theその sails, andそして I couldn'tできなかった see見る theその destination.
目的地も見えないのは 承知の上です
05:03
Butだけど he told言った me to believe信じる
でも父は 自分を信じて 顔に受ける風を
05:06
andそして feel感じる theその wind in myじぶんの face.
感じてごらん と言いました
05:09
Andそして thatそれ wind in myじぶんの face made me believe信じる
そんな経験をしてきたからこそ 眼科医を受け入れず
05:11
thatそれ he wasあった mad怒っている andそして I would〜する driveドライブ.
自分は運転できると信じたのです
05:14
Andそして forために theその next 11 years,
それから11年 私の視覚障害に
05:16
I swore誓う nobody誰も would〜する everこれまで find見つける outでる thatそれ I couldn'tできなかった see見る,
周囲は気づかなかったと断言できます
05:18
becauseなぜなら I didn'tしなかった want欲しいです to be〜する aa failure失敗,
落ちこぼれや弱者に
05:20
andそして I didn'tしなかった want欲しいです to be〜する weak弱い.
なりたくなかったのが理由でしょう
05:22
Andそして I believed信じる I couldできた do行う itそれ.
自分の能力を信じて
05:24
Soそう I rammed叩かれた throughを通して life生活 asとして onlyのみ aa Caseyケーシー canできる do行う.
ケイシー家の人間しかできないような突き進み方をしました
05:26
Andそして I wasあった an archeologist考古学者, andそして then次に I broke壊れた thingsもの.
考古学者になったときは 物を壊し
05:29
Andそして then次に I managed管理された aa restaurantレストラン, andそして then次に I slippedスリップした on thingsもの.
レストランの仕事では 物の上に滑って転び
05:32
Andそして then次に I wasあった aa masseuseマッサージ器. Andそして then次に I wasあった aa landscape風景 gardener庭師.
マッサージ師も 庭師もして
05:34
Andそして then次に I went行った to businessビジネス school学校.
ビジネススクールにも入学
05:36
Andそして you君は know知っている, disabled無効 people are hugely大いに educated教育を受けた.
障害者はずいぶん教育を受けています
05:38
Andそして then次に I went行った in andそして I got持っている aa globalグローバル consultingコンサルティング jobジョブ with〜と Accentureアクセンチュア.
その後 グローバル企業でコンサルタントになりました
05:40
Andそして they彼ら didn'tしなかった even偶数 know知っている.
彼らは障害に気づきさえしませんでした
05:43
Andそして it'sそれは extraordinary特別な
信念があれば
05:46
howどうやって far遠い belief信念 canできる take取る you君は.
驚くようなことが起きるのです
05:48
In 1999,
1999年のこと
05:51
two andそして aa halfハーフ years into thatそれ jobジョブ,
コンサルタントになって 2年半が経っていました
05:53
something何か happened起こった.
不思議なことに
05:56
Wonderfullyすばらしい, myじぶんの eyes decided決定しました, enough十分な.
私の目が もうたくさんだと判断し
05:58
Andそして temporarily一時的に,
一時的でしたが
06:02
very非常に unexpectedly意外にも,
まったく予想外なことに
06:04
they彼ら dropped落とした.
目が見えなくなりました
06:06
Andそして I'm私は in one1 of theその most最も competitive競争する environments環境 in theその world世界,
職場には 負けず嫌いの人ばかり
06:08
whereどこで you君は work作業 hardハード, play遊びます hardハード, you君は gottaやらなければならない be〜する theその bestベスト, you君は gottaやらなければならない be〜する theその bestベスト.
仕事も遊びも真剣にこなし 目指すはトップ
06:11
Andそして two years in,
2年経過したとき
06:14
I really本当に couldできた see見る very非常に little少し.
私の目は ほとんど見えませんでした
06:16
Andそして I found見つけた myself私自身 in frontフロント of an HR managerマネージャー
私はヘッジファンドの上司の前にいました
06:19
in 1999,
1999年 それまで
06:22
saying言って something何か I never決して imagined想像した thatそれ I would〜する sayいう.
想像もしなかったことを言っていました
06:24
I wasあった 28 years old古い.
28歳のときです
06:27
I had持っていました built建てられた aa personaペルソナ allすべて aroundまわり what I couldできた andそして couldn'tできなかった do行う.
それまで私は自らの能力を基に 人格を作り上げていました
06:29
Andそして I simply単に said前記,
ただこう言いました
06:33
"I'm私は sorryごめんなさい.
“すみません
06:36
I can'tできない see見る, andそして I need必要 help助けて."
目が見えないので助けが必要です”
06:39
Asking尋ねる forために help助けて canできる be〜する incredibly信じられないほど difficult難しい.
助けを求めるのは 本当に大変です
06:44
Andそして you君は allすべて know知っている what itそれ is. You君は don'tしない need必要 to have持ってる aa disability障害 to know知っている thatそれ.
障害がなくても わかるでしょう
06:47
We我々 allすべて know知っている howどうやって hardハード itそれ is
弱さや不出来を認めるのは
06:50
to admit認める weakness弱点 andそして failure失敗.
どれだけ辛いことか わかりますね
06:52
Andそして it'sそれは frightening恐ろしい, isn'tない itそれ?
恐怖心も伴います
06:54
Butだけど allすべて thatそれ belief信念 had持っていました fueled給油された me soそう long長いです.
でも 長年の信念が私にはありました
06:56
Andそして canできる I telltell you君は, operatingオペレーティング in theその sighted目に見える world世界 whenいつ you君は can'tできない see見る,
視覚障害者にとって 健常者用にデザインされた世界で
06:58
it'sそれは kind種類 of difficult難しい --- itそれ really本当に is.
生活するのは とても大変です
07:02
Canできる I telltell you君は, airports空港 are aa disaster災害.
まったくもう
07:05
Ohああ, forために theその love of God.
空港はひどいものです
07:07
Andそして pleaseお願いします, anyどれか designersデザイナー outでる thereそこ?
デザイナーの方が会場にいたら
07:09
OKOK, designersデザイナー, pleaseお願いします put置く upアップ yourきみの hands, even偶数 thoughしかし I can'tできない even偶数 see見る you君は.
私は見えないけれど 手をあげてください
07:11
I always常に end終わり upアップ in theその gents'gents ' toiletsトイレ.
私はいつも男子トイレに入ってしまいます
07:14
Andそして there'sそこに nothing何も wrong違う with〜と myじぶんの senseセンス of smell臭い.
嗅覚が悪いわけではありません
07:17
Butだけど canできる I justちょうど telltell you君は,
男用と女用を区別する
07:19
theその little少し sign符号 forために aa gents'gents ' toiletトイレ orまたは aa ladies'レディース ' toiletトイレ
小さな表示は 三角の向きが
07:21
is determined決定 by〜によって aa triangle三角形.
異なるだけですが
07:24
Have持ってる you君は everこれまで tried試した to see見る thatそれ
あの違いを ぼんやりした視界で
07:26
ifif you君は have持ってる Vaselineワセリン in frontフロント of yourきみの eyes?
見ようとしたことはありますか
07:28
It'sそれは suchそのような aa small小さい thingもの, right?
あまりにも小さいですよね
07:32
Andそして you君は know知っている howどうやって exhausting疲れる itそれ canできる be〜する
自分を完璧にしようとしたり
07:35
to tryお試しください to be〜する perfect完璧な whenいつ you'reあなたは notない,
まるで別人のように振舞うことが
07:37
orまたは to be〜する somebody誰か thatそれ you君は aren'tない?
どれだけ疲れるか わかりますか
07:39
Andそして soそう after admitting認めている I couldn'tできなかった see見る to HR,
人事部に視覚障害を打ち明けた後
07:41
they彼ら sent送られた me offオフ to an eye specialistスペシャリスト.
私は眼科へ送られました
07:43
Andそして I had持っていました noいいえ ideaアイディア thatそれ thisこの manおとこ wasあった going行く to change変化する myじぶんの life生活.
その眼科医が 私の人生を変えるとは思いもしませんでした
07:45
Butだけど before I got持っている to him, I wasあった soそう lost失われた.
先生に会う前は もう自分が誰なのか
07:48
I had持っていました noいいえ ideaアイディア who I wasあった anymoreもう.
わからない状態でした
07:51
Andそして thatそれ eye specialistスペシャリスト, he didn'tしなかった bother気にする testingテスト myじぶんの eyes.
先生は検査をしようともせず
07:53
God noいいえ, itそれ wasあった therapy治療.
セラピーのようでした
07:55
Andそして he asked尋ねた me severalいくつかの questions質問,
“なぜ?” を尋ねる質問を
07:57
of whichどの manyたくさんの wereあった, "Whyなぜ?
たくさんされました
07:59
Whyなぜ are you君は fighting戦う soそう hardハード
どうしてそんな頑固に
08:01
notない to be〜する yourselfあなた自身?
自分に逆らっているんだ?
08:04
Andそして do行う you君は love what you君は do行う, Carolineキャロライン?"
仕事は楽しいのかね?
08:06
Andそして you君は know知っている, whenいつ you君は go行く to aa globalグローバル consultingコンサルティング firm当社,
グローバル企業の中で
08:09
they彼ら put置く aa chipチップ in yourきみの head, andそして you'reあなたは like好きな,
コンサルタントとして働くと
08:11
"I love Accentureアクセンチュア. I love Accentureアクセンチュア. I love myじぶんの jobジョブ. I love Accentureアクセンチュア.
この会社も この仕事も大好きと
08:13
I love Accentureアクセンチュア. I love Accentureアクセンチュア. I love myじぶんの jobジョブ. I love Accentureアクセンチュア." (Laughter笑い)
思うような思考回路にされるため
08:15
To leave離れる would〜する be〜する failure失敗.
離職は負けを意味します
08:18
Andそして he said前記, "Do行う you君は love itそれ?"
仕事が好きかと尋ねられ
08:20
I couldn'tできなかった even偶数 speak話す I wasあった soそう choked窒息した upアップ.
言葉につまってしまいました
08:22
I justちょうど wasあった soそう --- howどうやって do行う I telltell him?
どう答えていいのかさえ わかりませんでした
08:24
Andそして then次に he said前記 to me, "What didした you君は want欲しいです to be〜する whenいつ you君は wereあった little少し?"
先生は 子どものときに憧れていた仕事を尋ねてきました
08:27
Now listen聴く, I wasn'tなかった going行く to sayいう to him, "Wellよく, I wanted欲しい to raceレース cars andそして motorbikesバイク."
レーシングカーやバイクの話はしませんでした
08:30
Hardlyほとんど appropriate適切な at〜で thisこの moment瞬間 in time時間.
場違いだし 既に十分なほど
08:33
He thought思想 I wasあった mad怒っている enough十分な anywayとにかく.
向こう見ずだと思われていたでしょう
08:35
Andそして asとして I left his office事務所,
診療室から出る際に
08:37
he calledと呼ばれる me backバック
先生は私を呼び止め 言いました
08:39
andそして he said前記, "I think思う it'sそれは time時間.
“もう抵抗するのはやめて
08:41
I think思う it'sそれは time時間
別の事をするタイミングが
08:44
to stopやめる fighting戦う andそして do行う something何か different異なる."
来たんじゃないかな”
08:46
Andそして thatそれ doorドア closed閉まっている.
そして ドアが閉まりました
08:48
Andそして thatそれ silence沈黙 justちょうど outside外側 aa doctor's医者 office事務所,
診療室から出たときに感じる
08:50
thatそれ manyたくさんの of us米国 know知っている.
静けさがありました
08:52
Andそして myじぶんの chest ached痛い.
胸が痛みました
08:55
Andそして I had持っていました noいいえ ideaアイディア whereどこで I wasあった going行く. I had持っていました noいいえ ideaアイディア.
自らの進むべき方向性がわからず
08:57
Butだけど I didした know知っている theその gameゲーム wasあった upアップ.
もうそこまでだと感じました
08:59
Andそして I went行った home自宅, andそして, becauseなぜなら theその pain痛み in myじぶんの chest ached痛い soそう muchたくさん,
胸の痛みがひどく 帰宅した私は
09:01
I thought思想, "I'll私はよ go行く outでる forために aa run走る."
ランニングをすることにしました
09:03
Really本当に notない aa very非常に sensible感覚的 thingもの to do行う.
良くない判断でしたが
09:05
Andそして I went行った on aa run走る thatそれ I know知っている soそう wellよく.
走ることにしました
09:07
I know知っている thisこの run走る soそう wellよく, by〜によって theその backバック of myじぶんの handハンド.
十分に把握しているコースです
09:09
I always常に run走る itそれ perfectly完全に fine細かい.
いつもは問題なく走ります
09:12
I countカウント theその stepsステップ andそして theその lampposts街灯柱 andそして allすべて thoseそれら thingsもの
視覚障害者が遭遇する―
09:14
thatそれ visually視覚的に impaired障害者 people have持ってる aa tendency傾向 to have持ってる aa lotロット of meetings会議 with〜と.
階段や街灯のような障害物を 数えるようにしていて
09:16
Andそして thereそこ wasあった aa rock thatそれ I always常に missed逃した.
いつも避けていた石がありました
09:19
Andそして I'd私は never決して fallen倒れた on itそれ, never決して.
つまずくことは一度もなかったのに
09:21
Andそして thereそこ I wasあった crying泣く away離れて,
石に強打した私は
09:23
andそして smashスマッシュ, bashバッシュ on myじぶんの rock.
泣いていました
09:25
Broken壊れた, fallen倒れた over以上
心が打ちのめされ 石に覆いかぶさるように
09:27
on thisこの rock
転んでいました
09:30
in theその middle中間 of March行進 in 2000,
2000年3月中旬のある水曜日
09:32
typical典型的な Irishアイルランド語 weather天気 on aa Wednesday水曜日 ---
アイルランドのどんよりとした天気で
09:34
grayグレー, snotスノー, tears everywhereどこにでも,
鼻水と涙だらけになった私は
09:36
ridiculouslyばかげた self-pitying自己愛の.
自分を哀れに感じました
09:38
Andそして I wasあった floored, andそして I wasあった broken壊れた,
地面に倒れ込み 打ちひしがれ
09:40
andそして I wasあった angry怒っている.
怒りを感じていました
09:42
Andそして I didn'tしなかった know知っている what to do行う.
何をしていいのかもわからず
09:44
Andそして I sat座っている thereそこ forために quiteかなり some一部 time時間 going行く,
しばらく座りこんでいました
09:46
"Howどうやって am午前 I going行く to get取得する offオフ thisこの rock andそして go行く home自宅?
そこから立ちあがる気力はなく
09:48
Becauseなぜなら who am午前 I going行く to be〜する?
将来を悲観した思いが
09:50
What am午前 I going行く to be〜する?"
心の中を巡っていました
09:52
Andそして I thought思想 about myじぶんの dadパパ,
私は父のことを思い出し
09:54
andそして I thought思想, "Good良い God, I'm私は soそう notない Sue訴える now."
自分がスーではないとわかったのです
09:56
Andそして I kept保管 thinking考え over以上 andそして over以上 in myじぶんの mindマインド,
なぜ気づかなかったのかと
09:59
what had持っていました happened起こった? Whereどこで didした itそれ go行く wrong違う? Whyなぜ didn'tしなかった I understandわかる?
心の中で問い続けました
10:01
Andそして you君は know知っている, theその extraordinary特別な part of itそれ
驚くべきことに
10:04
is I justちょうど simply単に had持っていました noいいえ answers答え.
私は答えを見出せず
10:06
I had持っていました lost失われた myじぶんの belief信念.
信念を失っていました
10:08
Look見える whereどこで myじぶんの belief信念 had持っていました brought持ってきた me to.
ずっと頼りだった信念は消え
10:10
Andそして now I had持っていました lost失われた itそれ. Andそして now I really本当に couldn'tできなかった see見る.
目は見えなくなっていました
10:12
I wasあった crumpledくしゃくしゃ.
私はくじけてしまったのです
10:14
Andそして then次に I remember思い出す thinking考え about thatそれ eye specialistスペシャリスト
そして 眼科医に尋ねられた質問を考えていました
10:16
asking尋ねる me, "What do行う you君は want欲しいです to be〜する? What do行う you君は want欲しいです to be〜する?
“何になりたいのかね?
10:19
What didした you君は want欲しいです to be〜する whenいつ you君は wereあった little少し? Do行う you君は love what you君は do行う?
昔は何になりたかったのかね?
10:22
Do行う something何か different異なる. What do行う you君は want欲しいです to be〜する?
違うことをやってみるんだ
10:24
Do行う something何か different異なる. What do行う you君は want欲しいです to be〜する?"
何になりたいのだ?”
10:26
Andそして really本当に slowlyゆっくり, slowlyゆっくり, slowlyゆっくり,
それから少しずつ
10:29
itそれ happened起こった.
ある事が起こりました
10:32
Andそして itそれ didした happen起こる thisこの way方法.
事の起こりは こんな感じです
10:34
Andそして then次に theその minute itそれ came来た,
何をしたいのかわかった瞬間
10:37
itそれ blew吹っ飛んだ upアップ in myじぶんの head
頭と心が
10:39
andそして bashed寝たきりの in myじぶんの heartハート ---
衝撃を受けたような感覚がして
10:41
something何か different異なる.
今まで挑戦したことがなかったものが浮かびました
10:43
"Wellよく, howどうやって about Mowgliモグラ fromから 'The' Jungleジャングル Book'本'?
“ジャングルブックの少年モーグリほど
10:46
You君は don'tしない get取得する moreもっと different異なる thanより thatそれ."
変わったものはない”
10:50
Andそして theその moment瞬間, andそして I mean平均 theその moment瞬間,
このアイデアが浮かんだ瞬間
10:53
theその moment瞬間 thatそれ hitヒット me,
私は本当に
10:55
I swear誓う to God,
強く信じていけるものを
10:57
itそれ wasあった like好きな wooうん hooすごい! You君は know知っている --- something何か to believe信じる in.
見つけられたと 気持ちが躍りました
10:59
Andそして nobody誰も canできる telltell me noいいえ.
誰にもムリとは言わせない
11:02
Yesはい, you君は canできる sayいう I can'tできない be〜する an archeologist考古学者.
考古学者はムリだったけど
11:04
Butだけど you君は can'tできない telltell me, noいいえ, I can'tできない be〜する Mowgliモグラ, becauseなぜなら guess推測 what?
少年モーグリになれないなんて言わせない
11:06
Nobody's誰も everこれまで done完了 itそれ before, soそう I'm私は going行く to go行く do行う itそれ.
誰も挑戦したことがないことを
11:08
Andそして itそれ doesn'tしない matter問題 whetherかどうか I'm私は aa boy男の子 orまたは aa girl女の子, I'm私は justちょうど going行く to scootスクート.
やってみるんだ という気持ちになり
11:10
Andそして soそう I got持っている offオフ thatそれ rock, andそして, ohああ myじぶんの God, didした I run走る home自宅.
つまずいた石から起きあがり
11:13
Andそして I sprinted走った home自宅, andそして I didn'tしなかった fall, andそして I didn'tしなかった crashクラッシュ.
全力疾走で家へ向かいました
11:15
Andそして I ran走った upアップ theその stairs階段, andそして thereそこ wasあった one1 of myじぶんの favoriteお気に入り books of allすべて time時間,
家の2階に駆け上がり 昔からお気に入りだった本
11:18
"Travels旅行 on Myじぶんの Elephant" by〜によって Markマーク Shandシャンド --- I don'tしない know知っている ifif anyどれか of you君は know知っている itそれ.
マーク・シャンドの「象と歩いたインド」を手にとって
11:21
Andそして I grabbed捕まえた thisこの book offオフ, andそして I'm私は sitting座っている on theその couchソファー
ソファに座り 思いました
11:24
going行く, "I know知っている what I'm私は going行く to do行う.
“何がしたいのかわかったわ
11:26
I know知っている howどうやって to be〜する Mowgliモグラ.
少年モーグリになる方法がある
11:28
I'm私は going行く to go行く across横断する Indiaインド
象に乗って
11:30
on theその backバック of an elephant.
インドを旅しよう
11:32
I'm私は going行く to be〜する an elephant handlerハンドラ."
私は象使いになるのよ”
11:34
Andそして I had持っていました noいいえ ideaアイディア
どうやって象使いになるのか
11:38
howどうやって I wasあった going行く to be〜する an elephant handlerハンドラ.
私には全然わかりませんでした
11:40
Fromから globalグローバル management管理 consultantコンサルタント to elephant handlerハンドラ.
経営コンサルタントから象使い
11:43
I had持っていました noいいえ ideaアイディア howどうやって. I had持っていました noいいえ ideaアイディア howどうやって you君は hire雇う an elephant, get取得する an elephant.
象を手に入れる方法もわからず
11:46
I didn'tしなかった speak話す Hindiヒンディー語. I'd私は never決して beenされている to Indiaインド. Hadn'tなかった aa clue手がかり.
ヒンディ語も話せず インド旅行の経験もなかったけれど
11:49
Butだけど I knew知っていた I would〜する.
決意は固まっていました
11:52
Becauseなぜなら, whenいつ you君は make作る aa decision決定 at〜で theその right time時間 andそして theその right place場所,
決断を下す時と状況が適切ならば
11:54
God, thatそれ universe宇宙 makes作る itそれ happen起こる forために you君は.
宇宙は 望みを叶えてくれます
11:57
Nine9人 months数ヶ月 later後で, after thatそれ day on snotスノー rock,
鼻水まみれの石の一件から9か月後
11:59
I had持っていました theその onlyのみ blindブラインド date日付 in myじぶんの life生活
人生初のブラインドデートをしました
12:02
with〜と aa sevenセブン andそして aa halfハーフ foot elephant calledと呼ばれる Kanchiカンチ.
相手は2.3mもある象のカンチです
12:04
Andそして together一緒に we我々 would〜する trekトレッキング aa thousand kilometersキロメートル
1000kmに渡って カンチと
12:08
across横断する Indiaインド.
インドの旅をしました
12:10
(Applause拍手)
(拍手)
12:12
Theその most最も powerful強力な thingもの of allすべて,
強調して言いたいのは
12:14
it'sそれは notない thatそれ I didn'tしなかった achieve達成する before then次に. Ohああ myじぶんの God, I didした.
それまでやり遂げたものがなかったのではなく
12:16
Butだけど you君は know知っている, I wasあった believing信じる in theその wrong違う thingもの.
信じるものが間違っていたことです
12:18
Becauseなぜなら I wasn'tなかった believing信じる in me,
自分自身を信じていませんでした
12:21
really本当に me, allすべて theその bitsビット of me ---
自分も他人も
12:23
allすべて theその bitsビット of allすべて of us米国.
信じていなかったのでしょう
12:25
Do行う you君は know知っている howどうやって muchたくさん of us米国 allすべて pretendふりをする to be〜する somebody誰か we're私たちは notない?
よその誰かになろうとしてる人が 大勢います
12:27
Andそして you君は know知っている what, whenいつ you君は really本当に believe信じる in yourselfあなた自身 andそして everythingすべて about you君は,
でも 自分を信じていると
12:30
it'sそれは extraordinary特別な what happens起こる.
驚くようなことが起こります
12:33
Andそして you君は know知っている what, thatそれ trip旅行, thatそれ thousand kilometersキロメートル,
私はカンチとの1000kmの旅で
12:35
itそれ raised育った enough十分な moneyお金 forために 6,000 cataract白内障 eye operationsオペレーション.
6千人の白内障患者が手術できるだけの寄付金を集めました
12:37
Six6 thousand people got持っている to see見る becauseなぜなら of thatそれ.
6千人が視力を回復できたのです
12:40
Whenいつ I came来た home自宅 offオフ thatそれ elephant,
カンチとの旅を終えたとき
12:42
do行う you君は know知っている what theその most最も amazing素晴らしい part wasあった?
一番驚いたのは
12:44
I chuckedチャックされた in myじぶんの jobジョブ at〜で Accentureアクセンチュア.
自分がコンサルタントの仕事を辞め
12:46
I left, andそして I becameなりました aa socialソーシャル entrepreneur起業家,
社会的起業家になったことです
12:48
andそして I setセット upアップ an organization組織 with〜と Markマーク Shandシャンド calledと呼ばれる Elephant Family家族,
アジア象の保護活動をする団体「エレファント ファミリー」を
12:50
whichどの dealsお得 with〜と Asianアジア人 elephant conservation保全.
マーク・シャンドと共に設立しました
12:53
Andそして I setセット upアップ Kanchiカンチ,
「カンチ」も創立しました
12:55
becauseなぜなら myじぶんの organization組織 wasあった always常に going行く to be〜する named名前 after myじぶんの elephant,
問題提議をするために 団体名は自分の象から
12:57
becauseなぜなら disability障害 is like好きな theその elephant in theその roomルーム.
取ろうと決めていました
13:00
Andそして I wanted欲しい to make作る you君は see見る itそれ in aa positiveポジティブ way方法 ---
これはポジティブに見てほしいと思います
13:02
noいいえ charity慈善団体, noいいえ pity残念.
施しも同情も要りません
13:05
Butだけど I wanted欲しい to work作業 onlyのみ andそして truly真に
私は ビジネスやメディアがもつ
13:07
with〜と businessビジネス andそして mediaメディア leadershipリーダーシップ
リーダーシップを生かし
13:09
to totally完全に reframe再構築する disability障害
障害の枠組みを作り直すための
13:11
in aa way方法 thatそれ wasあった excitingエキサイティング andそして possible可能.
仕事を 楽しみながらやりたかったのです
13:13
Itそれ wasあった extraordinary特別な.
これは思ってもみないことでした
13:16
That'sそれは what I wanted欲しい to do行う.
心に抱いてきたことだったので
13:19
Andそして I never決して thought思想 about noesノエ anymoreもう, orまたは notない seeing見る,
1度も もう沢山だとは
13:21
orまたは anyどれか of thatそれ kind種類 of nothing何も.
思ったことはありませんし
13:23
Itそれ justちょうど seemed見えた thatそれ itそれ wasあった possible可能.
実現も可能なように感じたのです
13:25
Andそして you君は know知っている, theその oddest奇妙な part is,
変に聞こえるでしょうけど
13:28
whenいつ I wasあった on myじぶんの way方法 traveling旅行 hereここに to TEDテッド,
このTEDに来る途中
13:31
I'll私はよ be〜する honest正直な, I wasあった petrified石化した.
私はおじけづいていました
13:33
Andそして I speak話す,
こうやって講演をして
13:36
butだけど thisこの is an amazing素晴らしい audience聴衆,
素晴らしい聴衆に恵まれ
13:38
andそして what am午前 I doingやっている hereここに?
ここにいるのが夢のようです
13:40
Butだけど asとして I wasあった traveling旅行 hereここに,
でも この会場に来るのに
13:43
you'llあなたは be〜する very非常に happyハッピー to know知っている,
視覚障害者用の
13:45
I didした useつかいます myじぶんの white symbolシンボル stickスティック cane,
白杖を使いました
13:47
becauseなぜなら it'sそれは really本当に good良い to skipスキップ queuesキュー in theその airport空港.
空港で並ばずに済むのです
13:49
Andそして I got持っている myじぶんの way方法 hereここに
目が不自由なことを
13:51
beingであること happily幸せに proud誇りに思う thatそれ I couldn'tできなかった see見る.
嬉しく思いながら やって来ました
13:53
Andそして theその one1 thingもの is thatそれ aa really本当に good良い friend友人 of mine鉱山,
及び腰の私を思った親友が
13:56
he textedテキスト化された me on theその way方法 over以上, knowing知っている I wasあった scared怖い.
ここに来る途中 メールをくれました
13:58
Even偶数 thoughしかし I presentプレゼント confident自信を持って, I wasあった scared怖い.
こう見えても ビクビクしていたのです
14:01
He said前記, "Be〜する you君は."
彼に “自分のままでね” と言われました
14:03
Andそして soそう hereここに I am午前.
ここにいるのは
14:06
Thisこの is me, allすべて of me.
素顔の私です
14:08
(Applause拍手)
(拍手)
14:11
Andそして I have持ってる learned学んだ, you君は know知っている what,
私は学びました
14:19
cars andそして motorbikesバイク andそして elephants,
車も バイクも 象も
14:21
that'sそれは notない freedom自由.
自由を指してはいないのです
14:24
Beingであること absolutely絶対に true真実 to yourselfあなた自身 is freedom自由.
自由とは 自分に素直であることです
14:26
Andそして I never決して needed必要な eyes to see見る --- never決して.
今まで 物を見るための目が必要だったことはありません
14:29
I simply単に needed必要な visionビジョン andそして belief信念.
必要だったのは 単にビジョンと信念でした
14:32
Andそして ifif you君は truly真に believe信じる ---
本当に 心の底から
14:34
andそして I mean平均 believe信じる fromから theその bottom of yourきみの heartハート ---
信じていれば
14:36
you君は canできる make作る change変化する happen起こる.
変化をもたらすことは可能です
14:38
Andそして we我々 need必要 to make作る itそれ happen起こる,
変化をもたらさなければいけません
14:40
becauseなぜなら everyすべて singleシングル one1 of us米国 ---
なぜなら 女性も男性も
14:42
woman女性, manおとこ, gay同性愛者, straightまっすぐ,
同性愛者や そうでない人
14:44
disabled無効, perfect完璧な,
障害者や 完璧な人
14:47
normal正常, whateverなんでも ---
普通の人 何であっても
14:49
everyoneみんな of us米国
一人残らず誰もが
14:51
must必須 be〜する theその very非常に bestベスト of ourselves自分自身.
ベストな自分でいなくてはいけません
14:53
I noいいえ longerより長いです want欲しいです anybody to be〜する invisible目に見えない.
見えない存在であるべき人はおらず
14:56
We我々 allすべて have持ってる to be〜する included含まれる.
皆が注目に値するのです
14:59
Andそして stopやめる with〜と theその labelsラベル, theその limiting制限する.
レッテルを貼ったり
15:01
Losing負け of labelsラベル,
人の限界を定めるのはやめましょう
15:03
becauseなぜなら we我々 are notない jamジャム jars.
私たちは 貼り札をつけられる小瓶ではなく
15:05
We我々 are extraordinary特別な, different異なる, wonderful素晴らしい people.
皆 素晴らしい個々の人間なのです
15:07
Thank感謝 you君は.
ありがとう
15:10
(Applause拍手)
(拍手)
15:12
Translated by Takako Sato
Reviewed by Wataru Narita

▲Back to top

About the speaker:

Caroline Casey - Advocate for disabled people
First, Caroline Casey put Ireland on the accessibility map. Now she's changing the global social landscape for people with disabilities.

Why you should listen

Caroline Casey has dedicated the past decade of her life to changing how global society views people with disabilities. In 2000, she rode 1,000 kilometers across India on an elephant to raise funds for Sight Savers. Then, as founding CEO of Kanchi in Dublin, she developed a set of best practices (based on ISO 9000 quality standards) for businesses, to help them see "disabled" workers as an asset as opposed to a liability. Hundreds of companies have adopted the standards, changing their policies and attitudes.

In 2004, Casey started the O2 Ability Awards to recognize Irish businesses for their inclusion of people with disabilities, both as employees and customers. The initiative has received international praise and, in 2010, a parallel program was launched in Spain.

More profile about the speaker
Caroline Casey | Speaker | TED.com