English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2011

Edith Widder: The weird, wonderful world of bioluminescence

エディス・ウィダー:不思議ですばらしい生物発光の世界

Filmed
Views 1,235,294

深く暗い海の底には、獲物を獲り、交尾の相手を求め、自衛のために光を放つ多くの生物が棲息しています。生物発光の専門家エディス・ウィダーは、この薄明の世界を最初にフィルムに収めた一人です。TED2011で彼女は、光を放つ生物をステージに登場させ、発光する海洋生物の驚くべき映像を見せてくれます。

- Marine biologist
Edith Widder combines her expertise in research and technological innovation with a commitment to stopping and reversing the degradation of our marine environment. Full bio

Soそう I want欲しいです to take取る you君は on aa trip旅行
皆さんを未知の世界に
00:15
to an alienエイリアン world世界.
ご案内しようと思います
00:17
Andそして it'sそれは notない aa trip旅行
そこは何光年も離れた
00:20
thatそれ requires要求する light-years光年 of travel旅行,
場所ではありませんが
00:22
butだけど it'sそれは to aa place場所
光で立ち現れる
00:25
whereどこで it'sそれは defined定義された by〜によって light.
世界なのです
00:27
Soそう it'sそれは aa little-appreciatedご了承ください fact事実
ほとんど知られていないことですが
00:30
thatそれ most最も of theその animals動物 in our我々の ocean海洋
海洋生物の大部分は
00:33
make作る light.
光を発します
00:38
I've私は spent過ごした most最も of myじぶんの careerキャリア
私はこの 生物発光と呼ばれる
00:40
studying勉強する thisこの phenomenon現象 calledと呼ばれる bioluminescence生物発光.
現象を長年研究してきました
00:42
I study調査 itそれ becauseなぜなら I think思う understanding理解 itそれ
生物発光のほとんどは海で起きるため
00:45
is criticalクリティカルな to understanding理解 life生活 in theその ocean海洋
この現象を理解することは
00:47
whereどこで most最も bioluminescence生物発光 occurs発生する.
海洋生物の理解にとても重要なのです
00:50
I alsoまた、 useつかいます itそれ asとして aa toolツール
私は この現象を 海洋汚染を
00:52
forために visualizing視覚化する andそして tracking追跡 pollution汚染.
視覚化し 追跡するためにも用いています
00:54
Butだけど mostly主に I'm私は entranced入り込む by〜によって itそれ.
要は 私はこの現象に夢中なのです
00:57
Since以来 myじぶんの myじぶんの first最初 dive潜水 in aa deep-divingディープダイビング submersible水中,
初めて深海潜水艇に乗って
01:00
whenいつ I went行った downダウン andそして turned回した outでる theその lightsライト
深海に潜り
01:03
andそして saw見た theその fireworks花火 displaysディスプレイ,
光が花火のように踊るのを見ました
01:05
I've私は beenされている aa bioluminescence生物発光 junky面白い.
以来 私は生物発光ジャンキーなのです
01:07
Butだけど I would〜する come来る backバック fromから thoseそれら dives潜水
潜水から戻り
01:10
andそして tryお試しください to shareシェア theその experience経験 with〜と words言葉,
私の見たものを言葉で伝えようとしましたが
01:13
andそして they彼ら wereあった totally完全に inadequate不十分な to theその task仕事.
とうてい語り尽くせませんでした
01:16
I needed必要な some一部 way方法 to shareシェア theその experience経験 directly直接.
体験を直接に共有できる方法が必要でした
01:20
Andそして theその first最初 time時間 I figured思った outでる thatそれ way方法
最初にその方法を思いついたのは
01:23
wasあった in thisこの little少し single-person独身者 submersible水中
ディープローバーという一人乗りの
01:25
calledと呼ばれる Deep深い Roverローバー.
潜水艇での作業中でした
01:27
Thisこの next videoビデオ clipクリップ,
次のビデオで
01:29
you'reあなたは going行く to see見る howどうやって we我々 stimulated刺激された theその bioluminescence生物発光.
発光を誘発した方法をご紹介します
01:31
Andそして theその first最初 thingもの you'reあなたは going行く to see見る
まず見えるのが 左右に
01:33
is aa transectトランセクト screen画面
張り出したネットです
01:35
thatそれ is about aa meterメートル across横断する.
幅約1mあります
01:37
(Videoビデオ) Narratorナレーター: In frontフロント of theその subサブ,
潜水艇の前方で
01:39
aa mess混乱 screen画面 will意志 come来る into contact接触
ネットが深海の軟体動物と
01:41
with〜と theその soft-bodiedソフトボディ creatures生き物 of theその deep深い sea.
接触します
01:43
With〜と theその sub'sサブ lightsライト switched切り替え offオフ,
艇の明かりを消すと
01:46
itそれ is possible可能 to see見る their彼らの bioluminescence生物発光 ---
発光を見ることができます
01:48
theその light produced生産された whenいつ they彼ら collide衝突する with〜と theその meshメッシュ.
生物がネットにぶつかって発する光です
01:51
Thisこの is theその first最初 time時間
これは生物発光が
02:00
itそれ has持っている everこれまで beenされている recorded記録された.
最初に記録された映像です
02:02
Edithエディス Widderより広い: Soそう I recorded記録された thatそれ with〜と an intensified強化された videoビデオ cameraカメラ
これを録画したのは高感度ビデオカメラです
02:16
thatそれ has持っている about theその sensitivity感度
カメラは 暗闇に十分に順応した
02:19
of theその fully完全に dark-adapted暗順応 human人間 eye.
人間の眼ほどの感度です
02:21
Whichどの means手段 thatそれ really本当に is what you君は would〜する see見る
ですから 人が潜水艇に入って観察すると
02:23
ifif you君は took取った aa dive潜水 in aa submersible水中.
このように見えるわけです
02:25
Butだけど justちょうど to tryお試しください to prove証明する thatそれ fact事実 to you君は,
これを皆さんにも体験してもらうために
02:27
I've私は brought持ってきた along一緒に some一部 bioluminescent生物発光 planktonプランクトン
生物発光するプランクトンを持ってきました
02:29
in what is undoubtedly間違いなく aa foolhardy愚か者 attempt試みる
これはライブの講演としては
02:31
at〜で aa liveライブ demonstrationデモンストレーション.
大胆すぎる実験でしょうね
02:33
(Laughter笑い)
(笑)
02:35
Soそう, ifif we我々 couldできた have持ってる theその lightsライト downダウン
照明を落として
02:37
andそして have持ってる itそれ asとして darkダーク in hereここに asとして possible可能,
できるだけ暗くしてください
02:39
I have持ってる aa flaskフラスコ
このフラスコには
02:42
thatそれ has持っている bioluminescent生物発光 planktonプランクトン in itそれ.
発光プランクトンが入っています
02:44
Andそして you'llあなたは note注意 there'sそこに noいいえ light coming到来 fromから themそれら right now,
今は光っていませんね
02:47
eitherどちらか becauseなぜなら they're彼らは deadデッド ---
死んでいるのでしょうか
02:50
(Laughter笑い)
(笑)
02:52
orまたは becauseなぜなら I need必要 to stir攪拌する themそれら upアップ in some一部 way方法
少しかき混ぜてみると
02:54
forために you君は to see見る what bioluminescence生物発光 really本当に looks外見 like好きな.
生物発光がどのようなものかがわかります
02:57
(Gasps騒ぎ)
(嘆声)
03:01
Oopsおっとっと. Sorryごめんなさい.
おっと 失礼
03:05
(Laughter笑い)
(笑)
03:07
I spend費やす most最も of myじぶんの time時間 workingワーキング in theその darkダーク; I'm私は used中古 to thatそれ.
暗闇で研究しているので よくやらかします
03:16
Okayはい.
大丈夫です
03:19
Soそう thatそれ light
先ほどの光は
03:21
wasあった made by〜によって aa bioluminescent生物発光 dinoflagellate渦鞭毛藻類,
渦鞭毛虫の生物発光によるものです
03:23
aa single-celled単細胞 alga藻類.
これは単細胞の珪藻類です
03:26
Soそう whyなぜ would〜する aa single-celled単細胞 alga藻類
なぜ単細胞の珪藻が
03:28
need必要 to be〜する ableできる to produce作物 light?
光を放つ必要があるのでしょうか
03:30
Wellよく, itそれ uses用途 itそれ to defend守る itself自体 fromから itsその predators捕食者.
まず捕食者から身を守ることが考えられます
03:32
Theその flashフラッシュ is like好きな aa scream悲鳴 forために help助けて.
点滅する光は助けを求める叫びのようなもので
03:35
It'sそれは what's何ですか known既知の asとして aa bioluminescent生物発光 burglar泥棒 alarm警報,
生物発光警報装置として知られています
03:37
andそして justちょうど like好きな theその alarm警報 on yourきみの car orまたは yourきみの house,
車や家の警報装置と同様に
03:40
it'sそれは meant意味した to castキャスト unwanted不要な attention注意 onto〜に theその intruder侵入者,
侵入者に来るなと警告を発するのです
03:43
therebyそれによって eitherどちらか leading先導 to his captureキャプチャー
侵入者が捕食されるよう仕向けるか
03:46
orまたは scaring怖がらせる him away離れて.
侵入者を追い払うかします
03:49
There'sそこに aa lotロット of animals動物 thatそれ useつかいます thisこの trickトリック,
この手段を使う生物はたくさんいます
03:51
forために example thisこの black dragonfishドラゴンフィッシュ.
このドラゴンフィッシュを例に取りましょう
03:53
It'sそれは got持っている aa light organ器官 under itsその eye.
目の下に発光器があって
03:55
It'sそれは got持っている aa chin barbelバベル.
ひげもあります
03:57
It'sそれは got持っている aa lotロット of otherその他 light organs器官 you君は can'tできない see見る, butだけど you'llあなたは see見る in hereここに in aa minute.
たくさんの発光器官があります お見せしましょう
03:59
Soそう we我々 had持っていました to chase追跡 thisこの in theその submersible水中 forために quiteかなり sometimeいつか,
潜水艇で長時間追跡しなければなりませんでした
04:02
becauseなぜなら theその top speed速度 of thisこの fish is one1 knot結び目,
この魚の最高速度は1ノットで
04:06
whichどの wasあった theその top speed速度 of theその submersible水中.
潜水艇の最高速度と同じだったからです
04:09
Butだけど itそれ wasあった worth価値 itそれ,
その甲斐あって
04:11
becauseなぜなら we我々 caught捕らえられた itそれ in aa special特別 captureキャプチャー deviceデバイス,
特殊な捕獲器で捕らえ
04:13
brought持ってきた itそれ upアップ into theその lab研究室 on theその ship,
船の実験室に引き上げることができたのです
04:15
andそして then次に everythingすべて on thisこの fish lightsライト upアップ.
この魚は ありとあらゆる部分が発光していました
04:17
It'sそれは unbelievable信じられない.
信じがたいことです
04:20
Theその light organs器官 under theその eyes are flashing点滅する.
眼の下の器官が発光しています
04:22
Thatそれ chin barbelバベル is flashing点滅する.
ひげも光っています。
04:24
It'sそれは got持っている light organs器官 on itsその belly thatそれ are flashing点滅する,
腹部の発光器も光っています
04:26
finフィン lightsライト.
ひれも光っています
04:28
It'sそれは aa scream悲鳴 forために help助けて; it'sそれは meant意味した to attract引き付ける attention注意.
助けを呼ぶ叫びです 注意を惹きたいのです
04:30
It'sそれは phenomenal驚異的.
驚くべきことです
04:33
Andそして you君は normally通常は don'tしない get取得する to see見る thisこの
通常はこの現象を見ることはできません
04:35
becauseなぜなら we've私たちは exhausted疲れた theその luminescence発光 whenいつ we我々 bring持参する themそれら upアップ in netsネット.
網で引き上げるまでに消耗してしまうからです
04:37
There'sそこに otherその他 ways方法 you君は canできる defend守る yourselfあなた自身 with〜と light.
光で身を守る方法は他にもあります
04:41
Forために example, thisこの shrimpエビ
たとえば、このエビは
04:44
releasesリリース itsその bioluminescent生物発光 chemicals薬品 into theその water
発光する化学物質を水中に放ちます
04:46
justちょうど theその way方法 aa squidいか orまたは an octopusたこ would〜する release解放 an inkインク cloud.
イカやタコがスミを吐くのと同じです
04:49
Thisこの blindsブラインド orまたは distracts気をそらす theその predator捕食者.
そして捕食者の目をくらますか注意をそらします
04:52
Thisこの little少し squidいか is calledと呼ばれる theその fire火災 shooter射手
この小さなイカにも同じ能力があるため
04:55
becauseなぜなら of itsその ability能力 to do行う thisこの.
ファイヤーシューターと呼ばれます
04:58
Now itそれ mayかもしれない look見える like好きな aa tastyおいしい morsel小便,
一口大のおいしそうなご馳走 あるいは
05:00
orまたは aa pig's豚の head with〜と wings ---
翼の付いた豚の頭に見えるかもしれませんが
05:03
(Laughter笑い)
(笑)
05:05
butだけど ifif it'sそれは attacked攻撃された,
攻撃されるや
05:08
itそれ puts置く outでる aa barrage弾幕 of light ---
光を連射します
05:11
in fact事実, aa barrage弾幕 of photon光子 torpedoes魚雷.
まさに光子魚雷の連射です
05:14
I justちょうど barelyかろうじて got持っている theその lightsライト outでる in time時間
明かりを消すのが間に合ったので
05:18
forために you君は to be〜する ableできる to see見る thoseそれら gobsゴブ of light
発光する粘液が
05:20
hittingヒッティング theその transectトランセクト screen画面
網にぶつかり
05:22
andそして then次に justちょうど glowing輝く.
光りを放つのをご覧いただけます
05:24
It'sそれは phenomenal驚異的.
驚くべき現象です
05:26
Soそう there'sそこに aa lotロット of animals動物 in theその open開いた ocean海洋 ---
外洋には多くの生物がいますが
05:30
most最も of themそれら thatそれ make作る light.
その多くは発光するのです
05:32
Andそして we我々 have持ってる aa prettyかなり good良い ideaアイディア, forために most最も of themそれら, whyなぜ.
発光する理由はだいたいは分かっています
05:34
They彼ら useつかいます itそれ forために finding所見 foodフード, forために attracting引き付ける mates仲間,
食物を見つけるため 交尾する相手を誘うため
05:36
forために defending防御する againstに対して predators捕食者.
天敵から身を守るために発光します
05:39
Butだけど whenいつ you君は get取得する downダウン to theその bottom of theその ocean海洋,
ですが大洋の底に行くと
05:41
that'sそれは whereどこで thingsもの get取得する really本当に strange奇妙な.
そこは本当に不思議の世界です
05:43
Andそして some一部 of theseこれら animals動物
これらのうちには 映画「アバター」の
05:46
are probably多分 inspirationインスピレーション forために theその thingsもの you君は saw見た in "Avatarアバター,"
生物のヒントになったものもいるでしょう
05:48
butだけど you君は don'tしない have持ってる to travel旅行 to Pandoraパンドラ to see見る themそれら.
しかし パンドラ星まで行かなくても
05:51
They're彼らは thingsもの like好きな thisこの.
このような生物を見ることができます
05:54
Thisこの is aa goldenゴールデン coralコーラル, aa bushブッシュ.
これは黄金珊瑚の群生です
05:56
Itそれ grows成長する very非常に slowlyゆっくり.
ゆっくりと成長します
05:58
In fact事実, it'sそれは thought思想 thatそれ some一部 of theseこれら
固体によっては
06:00
are asとして muchたくさん asとして 3,000 years old古い,
3000年以上生きていると考えられています
06:02
whichどの is one1 reason理由 thatそれ bottom trawlingトローリング should〜すべき notない be〜する allowed許可された.
トローリング漁を禁止すべき理由の一つです
06:04
Theその otherその他 reason理由 is thisこの amazing素晴らしい bushブッシュ glows輝き.
しかもこの驚異の群生生物は発光するのです
06:08
Soそう ifif you君は brushみがきます upアップ againstに対して itそれ,
この珊瑚は
06:12
anyどれか place場所 you君は brushedブラシ againstに対して itそれ,
どこに触っても
06:14
you君は get取得する thisこの twinklingきらきら blue-green青緑色 light
きらめく青緑色の光が生じます
06:16
that'sそれは justちょうど breathtaking息を呑む.
息をのむ美しさです
06:19
Andそして you君は see見る thingsもの like好きな thisこの.
このようなものにも出会います
06:22
Thisこの looks外見 like好きな something何か outでる of aa Drドクター. Seussすさまじい book ---
まるでドクタースースの本から飛び出してきたようで
06:24
justちょうど allすべて manner方法 of creatures生き物 allすべて over以上 thisこの thingもの.
実にいろいろな生物が付着しています
06:26
Andそして theseこれら are flytrapフライトラップ anemonesアネモネ.
これらはハエジゴクイソギンチャクです
06:30
Now ifif you君は pokeポーク itそれ, itそれ pulls引っ張る in itsその tentacles触手.
突っつくと触手を引っ込めますが
06:33
Butだけど ifif you君は keepキープ poking突き刺す itそれ,
さらに突っつくと
06:36
itそれ starts開始する to produce作物 light.
光り始め
06:38
Andそして itそれ actually実際に ends終わり upアップ looking探している like好きな aa galaxy銀河.
やがて銀河のように見えるようになります
06:41
Itそれ produces生産する theseこれら strings文字列 of light,
帯状に光を放つのは
06:45
presumablyおそらく asとして some一部 form of defense防衛.
防御のためだと思われます
06:47
Thereそこ are starfishヒトデ thatそれ canできる make作る light.
ヒトデの仲間にも発光するものがいます
06:50
Andそして thereそこ are brittle脆い stars thatそれ produce作物 bandsバンド of light
足に沿って光を帯状に発する
06:53
thatそれ danceダンス along一緒に their彼らの arms武器.
クモヒトデもいます
06:56
Thisこの looks外見 like好きな aa plant工場,
これは植物のように見えますが
06:59
butだけど it'sそれは actually実際に an animal動物.
実は動物です
07:01
Andそして itそれ anchorsアンカー itself自体 in theその sand
茎状の体の端を風船状に膨らませ
07:03
by〜によって blowing吹く upアップ aa balloonバルーン on theその end終わり of itsその stock株式.
砂に体を固定します
07:05
Soそう itそれ canできる actually実際に holdホールド itself自体 in very非常に strong強い currents電流,
ご覧のように
07:08
asとして you君は see見る hereここに.
強い潮流にも耐えることができます
07:10
Butだけど ifif we我々 collect集める itそれ very非常に gentlyやさしく, andそして we我々 bring持参する itそれ upアップ into theその lab研究室
これをそっと採取して実験室に持ち込み
07:12
andそして justちょうど squeeze絞る itそれ at〜で theその baseベース of theその stock株式,
細い体の基部を押さえると
07:15
itそれ produces生産する thisこの light
光を放ちます
07:18
thatそれ propagates伝播する fromから stem to theその plumeプルーム,
茎状の体から羽毛状の先端まで
07:20
changing変化 color asとして itそれ goes行く,
緑から青へと
07:22
fromから green to blue.
色を変えながら光ります
07:25
Colorizationカラー化 andそして sound effects効果
色づけし効果音を入れて
07:28
added追加された forために you君は viewing見る pleasure喜び.
皆さんが楽しめるようにしてみました
07:30
(Laughter笑い)
(笑)
07:32
Butだけど we我々 have持ってる noいいえ ideaアイディア whyなぜ itそれ doesする thatそれ.
でも なぜ発光するのかはわかりません
07:35
Here'sここにいる another別の one1. Thisこの is alsoまた、 aa sea penペン.
もう一つ これもウミエラの一種です
07:37
It'sそれは got持っている aa brittle脆い star hitchingヒッチング aa rideライド.
クモヒトデが乗っていますね
07:39
It'sそれは aa green saberサーベル of light.
緑のライトセーバーになります
07:42
Andそして like好きな theその one1 you君は justちょうど saw見た,
先ほどのものと同じように
07:44
itそれ canできる produce作物 theseこれら asとして bandsバンド of light.
帯状に発光します
07:46
Soそう ifif I squeeze絞る theその baseベース,
基部を押さえると
07:48
theその bandsバンド go行く fromから baseベース to tip先端.
基部から先端に向かって光の帯が走ります
07:50
Ifif I squeeze絞る theその tip先端, they彼ら go行く fromから tip先端 to baseベース.
先端を押さえると基部から根元に走ります
07:54
Soそう what do行う you君は think思う happens起こる ifif you君は squeeze絞る itそれ in theその middle中間?
中央部分を押さえるとどうなるでしょうか
08:00
(Gasps騒ぎ)
(嘆声)
08:04
I'd私は be〜する very非常に interested興味がある in yourきみの theories理論 about what that'sそれは about.
この現象についてのお考えを拝聴したいです
08:07
(Laughter笑い)
(笑)
08:10
Soそう there'sそこに aa language言語 of light in theその deep深い ocean海洋,
深海の底には光の言語が存在します
08:12
andそして we're私たちは justちょうど beginning始まり to understandわかる itそれ,
私たちはようやくそのことに気づき始めました
08:14
andそして one1 way方法 we're私たちは going行く about thatそれ
これを解明する一つの方法は
08:17
is we're私たちは imitating模倣する aa lotロット of theseこれら displaysディスプレイ.
発光行動をまねることです
08:19
Thisこの is an optical光学的 lureルアー thatそれ I've私は used中古.
これは私が使った疑似発光装置です
08:21
We我々 callコール itそれ theその electronic電子 jellyfishクラゲ.
電子クラゲと呼んでいます
08:23
It'sそれは justちょうど 16 blue LEDsリード
青色LEDを16個使っただけのものですが
08:25
thatそれ we我々 canできる programプログラム to do行う different異なる typesタイプ of displaysディスプレイ.
様々な発光パターンをプログラムできます
08:27
Andそして we我々 view見る itそれ with〜と aa cameraカメラ systemシステム I developed発展した calledと呼ばれる Eye-in-the-Sea海に浮かぶ
それを私が開発した「海中眼」というカメラで観察します
08:29
thatそれ uses用途 far遠い red light that'sそれは invisible目に見えない to most最も animals動物,
大部分の生物には見えない遠赤色光を用いるので
08:32
soそう it'sそれは unobtrusive控えめな.
活動を妨害しません
08:34
Soそう I justちょうど want欲しいです to showショー you君は
これから皆さんにお見せするのは
08:36
some一部 of theその responses反応 we've私たちは elicited誘発された
この装置を利用して誘発した
08:38
fromから animals動物 in theその deep深い sea.
深海の生物の反応です
08:40
Soそう theその camera'sカメラの black andそして white.
カメラはモノクロですし
08:42
It'sそれは notない high-resolution高解像度.
高解像度でもありません
08:44
Andそして what you'reあなたは seeing見る hereここに is aa bait boxボックス
ここに見えるのはエサ箱です
08:46
with〜と aa bunch of --- like好きな theその cockroachesゴキブリ of theその ocean海洋 ---
海のゴキブリのような生物が箱を囲んでいます
08:48
thereそこ are isopodsアイソポッド allすべて over以上 itそれ.
皆 等脚類の生物たちです
08:51
Andそして right in theその frontフロント
正面にあるのは
08:53
is theその electronic電子 jellyfishクラゲ.
電子クラゲです
08:55
Andそして whenいつ itそれ starts開始する flashing点滅する,
これが点滅しはじめます
08:57
it'sそれは justちょうど going行く to be〜する one1 of theその LEDsリード that'sそれは flashing点滅する very非常に fast速い.
LEDの一つを速い速度で点滅させます
08:59
Butだけど asとして soonすぐに asとして itそれ starts開始する to flashフラッシュ ---
カメラで撮影すると光は大きく見えます
09:02
andそして it'sそれは going行く to look見える big大きい, becauseなぜなら itそれ blooms開花する on theその cameraカメラ ---
点滅が始まるとすぐ
09:04
I want欲しいです you君は to look見える right hereここに.
特にここをよく見ていただきたいのですが
09:06
There'sそこに something何か small小さい thereそこ thatそれ responds応答する.
何か小さいものが反応します
09:08
We're私たちは talking話す to something何か.
私たちは何者かに語りかけているわけです
09:11
Itそれ looks外見 like好きな aa little少し of string文字列 pearls真珠 basically基本的に ---
真珠の首飾りのように見えます
09:13
in fact事実, three strings文字列 of pearls真珠.
3本あるようです
09:17
Andそして thisこの wasあった very非常に consistent整合性のある.
何度繰り返しても 同じ現象が起きます
09:20
Thisこの wasあった in theその Bahamasバハマ at〜で about 2,000 feetフィート.
場所はバハマ諸島で深度約600mです
09:22
We我々 basically基本的に have持ってる aa chatチャット roomルーム going行く on hereここに,
まるでチャットルームですね
09:24
becauseなぜなら once一度 itそれ gets取得 started開始した, everybody'sみんな talking話す.
いったん会話が始まると皆が参加します
09:27
Andそして I think思う thisこの is actually実際に aa shrimpエビ
たぶんこれはエビでしょう
09:30
that'sそれは releasing解放する itsその bioluminescent生物発光 chemicals薬品 into theその water.
水中に発光する化学物質を放出しています
09:32
Butだけど theその coolクール thingもの is, we're私たちは talking話す to itそれ.
エビと会話しているんです すごいと思いませんか
09:35
We我々 don'tしない know知っている what we're私たちは saying言って.
何を話しているかはわかりませんが
09:37
Personally個人的に, I think思う it'sそれは something何か sexyセクシー.
たぶん何かセクシーなことだと思います
09:40
(Laughter笑い)
(笑)
09:42
Andそして then次に finally最後に,
最後に
09:44
I want欲しいです to showショー you君は some一部 responses反応 thatそれ we我々 recorded記録された
世界初の深海ウェブカムを用いて録画した
09:46
with〜と theその world's世界の first最初 deep-sea深海 webcamウェブカメラ,
生物の反応をお見せしましょう
09:48
whichどの we我々 had持っていました installedインストール済み in Montereyモントレー Canyonキャニオン last最終 year.
モントレー海溝に昨年設置したカメラです
09:51
We've私たちは onlyのみ justちょうど begun始まった to analyze分析する allすべて of thisこの dataデータ.
データの解析に着手したばかりです
09:53
Thisこの is going行く to be〜する aa glowing輝く sourceソース first最初,
まず光源を設置します
09:56
whichどの is like好きな bioluminescent生物発光 bacteria細菌.
発光するバクテリアと考えてください
09:59
Andそして itそれ is an optical光学的 cue合図
海底に生物の死骸があるかのように
10:01
thatそれ there'sそこに carrion腐肉 on theその bottom of theその ocean海洋.
光を使って見せかけるのです
10:03
Soそう thisこの scavengerスカベンジャー comes来る in,
腐肉をあさる生物が寄ってきました
10:06
whichどの is aa giant巨人 sixgillsixgill shark.
巨大なカグラザメです
10:09
Andそして I can'tできない claim請求 forために sure確かに
光に引かれて来たのかどうかは分かりません
10:11
thatそれ theその optical光学的 sourceソース brought持ってきた itそれ in, becauseなぜなら there'sそこに bait right thereそこ.
エサもあったからです
10:13
Butだけど ifif itそれ had持っていました beenされている following以下 theその odor臭い plumeプルーム,
でも匂いに引かれてやってきたのならば
10:16
itそれ would〜する have持ってる come来る in fromから theその otherその他 direction方向.
反対方向から接近したでしょう
10:18
Andそして itそれ doesする actually実際に seem思われる to be〜する trying試す
サメはどうも電子クラゲを
10:20
to eat食べる theその electronic電子 jellyfishクラゲ.
食べようとしているようです
10:22
That'sそれは aa 12-foot-long- 足長 giant巨人 sixgillsixgill shark.
3.6mもあるカグラザメです
10:25
Okayはい, soそう thisこの next one1 is fromから theその webcamウェブカメラ,
さて次もウェブカムからの映像です
10:29
andそして it'sそれは going行く to be〜する thisこの pinwheelピンホイール display表示.
回転花火のように光らせます
10:32
Andそして thisこの is aa burglar泥棒 alarm警報.
警報器のようなものと考えてください
10:35
Andそして thatそれ wasあった aa Humboldtハムボルト squidいか,
フンボルトイカが近づいてきました
10:38
aa juvenile少年 Humboldtハムボルト squidいか, about three feetフィート long長いです.
若いイカで体長90cmほどです
10:40
Thisこの is at〜で 3,000 feetフィート in Montereyモントレー Canyonキャニオン.
場所はモントレー海溝水深900mです
10:43
Butだけど ifif it'sそれは aa burglar泥棒 alarm警報, you君は wouldn'tしないだろう expect期待する itそれ to attack攻撃 theその jellyfishクラゲ directly直接.
警報器と見ているなら直接攻撃しないでしょう
10:46
It'sそれは supposed想定される to be〜する attacking攻撃 what's何ですか attacking攻撃 theその jellyfishクラゲ.
装置を攻撃する生物を攻撃するはずです
10:49
Butだけど we我々 didした see見る aa bunch of responses反応 like好きな thisこの.
いろいろな反応が観察できました
10:52
Thisこの guy is aa little少し moreもっと contemplative瞑想的な.
このイカは少し思慮深いです
10:55
"Heyねえ, wait待つ aa minute.
「おっと待った
10:58
There'sそこに supposed想定される to be〜する something何か elseelse thereそこ."
何か違うぞ」
11:00
He's彼は thinking考え about itそれ.
どこが違うかを考えながら
11:02
Butだけど he's彼は persistent永続的な.
執拗に近づきます
11:05
He keeps維持する coming到来 backバック.
何度も戻ってきて
11:07
Andそして then次に he goes行く away離れて forために aa few少数 seconds
数秒間離れて
11:09
to think思う about itそれ some一部 moreもっと,
考えてみて
11:11
andそして thinks考える,
さらに考えて
11:13
"Maybe多分 ifif I come来る in fromから aa different異なる angle角度."
「別な方向から近づいたらどうだろう」
11:15
(Laughter笑い)
(笑)
11:19
Nopeいいえ.
だめだ
11:22
Soそう we我々 are starting起動 to get取得する aa handleハンドル on thisこの,
私たちの研究は端緒についたばかりで
11:24
butだけど onlyのみ justちょうど theその beginnings始まり.
ようやく実態がわかってきたところです
11:27
We我々 need必要 moreもっと eyes on theその processプロセス.
もっと多くの観察者が必要です
11:29
Soそう ifif anyどれか of you君は everこれまで get取得する aa chanceチャンス to take取る aa dive潜水 in aa submersible水中,
皆さんも潜水艇に乗る機会がありましたら
11:31
by〜によって allすべて means手段, climb登る in andそして take取る theその plunge飛び込む.
ぜひ乗船して潜水してみてください
11:34
Thisこの is something何か thatそれ should〜すべき be〜する on everybody'sみんな bucketバケツ listリスト,
私たちは海の星に住んでいるのですから
11:37
becauseなぜなら we我々 liveライブ on an ocean海洋 planet惑星.
「一生のうちにやるべきリスト」に潜水艇の乗船をぜひ加えてください
11:40
Moreもっと thanより 90 percentパーセント, 99 percentパーセント,
地球では生物が生存できる空間の
11:44
of theその living生活 spaceスペース on our我々の planet惑星
90パーセント いや99パーセント以上が
11:46
is ocean海洋.
海なのです
11:49
It'sそれは aa magical魔法の place場所
海は魔法の場所で
11:52
filled満たされた with〜と breathtaking息を呑む light showsショー
息をのむ光のショーや
11:55
andそして bizarre奇妙な andそして wondrous不思議な creatures生き物,
驚くべき不思議な生物で満ちています
12:03
alienエイリアン life生活 formsフォーム
他の惑星に行かなくても
12:07
thatそれ you君は don'tしない have持ってる to travel旅行 to another別の planet惑星 to see見る.
見たこともない生物に出会えます
12:09
Butだけど ifif you君は do行う take取る theその plunge飛び込む,
でも潜水するときには
12:12
pleaseお願いします remember思い出す to turn順番 outでる theその lightsライト.
明かりを消すことを忘れないでください
12:15
Butだけど I warn警告する you君は,
忠告しておきますが
12:18
it'sそれは addictive中毒性の.
やみつきになりますよ
12:21
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
12:30
(Applause拍手)
(拍手)
12:32
Translated by Haruo Nishinoh
Reviewed by HIROKO ITO

▲Back to top

About the speaker:

Edith Widder - Marine biologist
Edith Widder combines her expertise in research and technological innovation with a commitment to stopping and reversing the degradation of our marine environment.

Why you should listen

A specialist in bioluminescence, Edith Widder helps design and invent new submersible instruments and equipment to study bioluminescence and enable unobtrusive observation of deep-sea environments. Her innovative tools for exploration have produced footage of rare and wonderful bioluminescent displays and never-before-seen denizens of the deep, including, most recently, the first video ever recorded of the giant squid, Architeuthis, in its natural habitat.

In 2005 she founded the Ocean Research & Conservation Association (ORCA), which is dedicated to protecting aquatic ecosystems and the species they sustain through the development of innovative technologies and science-based conservation action.;  In an effort to protect and revitalize the ocean she loves she has been focusing on developing tools for finding and tracking pollution -- a major threat to all of our water ecosystems and ultimately to human health. She was awarded a MacArthur "genius" grant in 2006.

In 2012, Widder was among the team that filmed the giant squid (Architeuthis) for the first time in its home ocean.

More profile about the speaker
Edith Widder | Speaker | TED.com