English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2012

John Hodgman: Design, explained.

ジョン・ホッジマン: デザインを語る

Filmed
Views 1,134,220

コメディアンで自称デザイン専門家のジョン・ホッジマンが、現代を象徴する3つの物体について、そのデザインを語ります。(TED2012の「デザインスタジオ」セッションより。ゲストキュレーター: チー・パールマン とデビッド・ロックウェル)

- Expert
John Hodgman is a writer, humorist, geek celebrity, former professional literary agent and expert on all world knowledge. He was the bumbling PC in Apple's long-running "I'm a Mac; I'm a PC" ad campaign. Full bio

Today今日 I'm私は going行く to unpackアンパック forために you君は
本日私は皆さんに
00:16
three examples of iconic象徴的な design設計,
著名なデザイン例を三つお話します
00:18
andそして itそれ makes作る perfect完璧な senseセンス
私がこの話をするのは
00:21
thatそれ I should〜すべき be〜する theその one1 to do行う itそれ
完璧に理にかなっています
00:22
becauseなぜなら I have持ってる aa Bachelor's学士 degree in Literature文献.
私は文学士ですから
00:25
(Laughter笑い)
(笑)
00:29
Butだけど I'm私は alsoまた、 aa famous有名な
また私は二流のテレビ番組の
00:30
minorマイナー televisionテレビ personality
名の知れた司会者で
00:31
andそして an avid熱心な collectorコレクタ of
DWR家具店の熱烈な
00:34
Design設計 Within以内 Reachリーチ catalogsカタログ,
カタログ収集家です
00:36
soそう I prettyかなり muchたくさん know知っている
だから大抵なことは
00:37
everythingすべて thereそこ is.
知っています
00:39
Now, I'm私は sure確かに you君は
皆さん この建物は
00:41
recognize認識する thisこの objectオブジェクト;
見覚えあるでしょう
00:42
manyたくさんの of you君は probably多分 saw見た itそれ
数日前 ロサンゼルス国際空港に
00:44
asとして you君は wereあった landing着陸 yourきみの privateプライベート zeppelinsゼペリン
数日前 ロサンゼルス国際空港に
00:45
at〜で Losロス Angelesアンゼルス International国際 Airport空港
自家用ツェッペリン飛行船で
00:47
over以上 theその past過去 coupleカップル of days日々.
着陸した際に見たことでしょう
00:49
Thisこの is known既知の asとして theその Themeテーマ Building建物;
これはテーマ・ビルとして知られています
00:52
thatそれ is itsその name forために reasons理由
その名前の由来は
00:55
thatそれ are stillまだ very非常に murky暗い.
極めて不明です
00:57
Andそして itそれ is perhapsおそらく
この建物は
00:59
theその bestベスト example we我々 have持ってる in Losロス Angelesアンゼルス
ロサンゼルスにある古代の
01:01
of ancient古代 extraterrestrial地球外 architecture建築.
地球外建築の好例です
01:04
Itそれ wasあった first最初 excavated掘削された in 1961
初めて発掘されたのは1961年
01:09
asとして they彼ら wereあった building建物 LAX怠惰,
ロサンゼルス国際空港の建設中でした
01:12
althoughただし、 scientists科学者 believe信じる thatそれ
科学者たちはその起源は
01:14
itそれ dates日付 backバック to theその year 2000
紀元前2000年まで
01:15
Before Common一般 Era時代,
さかのぼり
01:18
whenいつ itそれ wasあった used中古 asとして
次元間宇宙基地として
01:20
aa busy忙しい transdimensional一次元 spaceスペース portポート
当時は大盛況で
01:21
by〜によって theその ancient古代 astronauts宇宙飛行士
最初にこの惑星にやってきた
01:24
who first最初 colonized植民地化した thisこの planet惑星
古代の宇宙飛行士は
01:26
andそして raised育った our我々の species
当時原始的だった人類に
01:28
fromから savagery野蛮人 by〜によって giving与える us米国
文字言語や
01:29
theその gift贈り物 of written書かれた language言語
技術そして
01:31
andそして technology技術 andそして
回転レストラン
01:33
theその gift贈り物 of revolving回転する restaurantsレストラン.
を授けたそうです
01:35
Itそれ is thought思想 to have持ってる beenされている
元は有名なストーンヘンジにあった
01:37
aa replacement置換 forために theその olderより古い spaceスペース portsポート
古い宇宙船基地を建て替えたもので
01:40
located所在地, of courseコース, at〜で Stonehengeストーンヘンジ
極めて評判になりました
01:43
andそして considered考慮される to be〜する
整然としたデザインや
01:46
quiteかなり an improvement改善
周りをいつも徘徊していた
01:47
due支払う to theその uncluttered整頓された design設計,
ドイルド僧を排除したこと
01:48
theその lack欠如 of druidsドルイド hanging吊るす aroundまわり allすべて theその time時間
そして明らかに便利になった
01:50
andそして obviously明らかに, theその muchたくさん betterより良い
駐車場へのアクセスの
01:53
accessアクセス to parkingパーキング.
おかげです
01:55
Whenいつ itそれ wasあった uncoveredカバーされていない,
発見された際は
01:56
itそれ ushered導かれた in aa new新しい era時代
流線的 古風な未来的なデザインが
01:59
of streamlined合理化された, archaically古風な futuristic未来 design設計
グーギーと呼ばれて
02:01
calledと呼ばれる Googiegoogie,
一世を風靡し
02:04
whichどの came来た to be〜する synonymous同義語 with〜と
ジェット時代という
02:05
theその Jetジェット Age年齢, aa misnomer異名.
誤った用法と混同されました
02:07
After allすべて, theその ancient古代 astronauts宇宙飛行士 who used中古 itそれ
というのも古代宇宙飛行士は
02:09
didした notない travel旅行 by〜によって jetジェット very非常に oftenしばしば,
ジェットはほとんど使わず
02:12
preferring好む instead代わりに to travel旅行 by〜によって feathered羽毛 serpent
普段は水晶ドクロで進む
02:14
powered動力 by〜によって crystal結晶 skulls頭蓋骨.
羽根の生えたヘビで旅したからです
02:17
(Applause拍手)
(拍手)
02:20
(Music音楽)
(伴奏)
02:22
Ahああ yesはい, aa table.
さぁ こちらにテーブルがあります
02:26
We我々 useつかいます theseこれら everyすべて day.
毎日使います
02:30
Andそして on top of itそれ,
そしてその上には
02:31
theその juicyジューシーな salifサルフ.
ジューシーサリフ
02:33
Thisこの is aa design設計 by〜によって Philippeフィリップ Starckスターク,
デザインしたフィリップ・スタルクは
02:35
who I believe信じる is in theその audience聴衆 at〜で thisこの very非常に moment瞬間.
今 この観客の中にいるはずです
02:36
Andそして you君は canできる telltell itそれ is aa Starckスターク design設計
氏のデザインであることは
02:38
by〜によって itsその precision精度, itsその playfulness遊び心,
その精密度 遊び心 革新性
02:40
itsその innovation革新 andそして
そして瞬時に
02:44
itsその promise約束する of imminent差し迫った violence暴力.
武器に変身する機能性から明らかです
02:46
(Laughter笑い)
(笑)
02:49
Itそれ is aa design設計 thatそれ challenges挑戦 yourきみの intuition直感 ---
私たちの直感を刺激します
02:51
itそれ is notない what you君は think思う itそれ is whenいつ you君は first最初 see見る itそれ.
初めて見る印象とは違います
02:54
Itそれ is notない aa forkフォーク designed設計
フォークではありませんから
02:57
to grabつかむ three hors d'oeuvresデュエット at〜で aa time時間,
オードブルを同時に三つ掴むのではありません
02:58
whichどの would〜する be〜する useful有用 outでる in theその lobbyロビー,
もしそうなら便利だと
03:02
I would〜する sayいう.
思いますが
03:04
Andそして despite何と itsその obvious明らか
明らかに見える
03:05
influence影響 by〜によって theその ancient古代 astronauts宇宙飛行士
古代宇宙飛行士や宇宙時代
03:06
andそして itsその spaceスペース agey-ness年齢 andそして tripodism三脚座,
そして三脚主義の影響に反して
03:08
itそれ is notない something何か
この物体の用途は
03:12
designed設計 to attach付ける to yourきみの brain
脳に突き刺して思考を
03:13
andそして suck吸う outでる yourきみの thoughts思考.
抜き取るためでもありません
03:16
Itそれ is in fact事実 aa citrus柑橘類 juicerジューサー
実はジュース絞り器です
03:18
andそして whenいつ I sayいう thatそれ,
一度 明かしたなら
03:20
you君は never決して see見る itそれ asとして anything何でも elseelse again再び.
他の物には見えないでしょう
03:22
Itそれ is alsoまた、 notない aa monument記念碑 to design設計,
単なる象徴的デザインではなく
03:25
itそれ is aa monument記念碑 to design'sデザインの utilityユーティリティー.
機能を象徴するデザインなのです
03:29
You君は canできる take取る itそれ home自宅 with〜と you君は,
テーマ・ビルはその場に建ち続けますが
03:31
unlike違う theその Themeテーマ Building建物,
これは違って
03:33
whichどの will意志 stay滞在 whereどこで itそれ is forever永遠に.
家に持って帰れます
03:35
Thisこの is affordable手頃な価格
値段も手ごろですし
03:38
andそして canできる come来る home自宅 with〜と you君は
家に持ち帰って
03:39
andそして, asとして suchそのような, itそれ canできる sit座る
キッチンカウンターに置いたら
03:41
on yourきみの kitchenキッチン counterカウンタ ---
お似合いでしょう―
03:43
itそれ can'tできない go行く in yourきみの drawers引き出し;
引出しには入りません
03:45
trust信頼 me, I found見つけた thatそれ outでる theその hardハード way方法 ---
試しましたが全然ダメでした―
03:47
andそして make作る yourきみの kitchenキッチン counterカウンタ into
キッチンカウンターが
03:49
aa monument記念碑 to design設計.
象徴的デザインになります
03:51
One1 otherその他 thingもの about itそれ,
もう一つの特長です
03:53
ifif you君は do行う have持ってる one1 at〜で home自宅,
既にお持ちの方に
03:54
let〜する me telltell you君は one1 of theその features特徴 you君は mayかもしれない notない know知っている:
ご存じない機能をお伝えします
03:56
whenいつ you君は fall asleep眠っている,
あなたが寝ている間に
03:58
itそれ comes来る alive生きている
こいつは生き返ります
04:00
andそして itそれ walksあるきます aroundまわり yourきみの house
家の中を動き回って
04:03
andそして goes行く throughを通して yourきみの mail郵便物
郵便をみたり
04:05
andそして watches時計 you君は asとして you君は sleep睡眠.
眠るあなたを見つめます
04:07
(Applause拍手)
(拍手)
04:09
Okayはい, what is thisこの objectオブジェクト?
さて これは何でしょう
04:13
I have持ってる noいいえ ideaアイディア. I don'tしない know知っている what thatそれ thingもの is.
全くわかりません
04:20
Itそれ looks外見 terribleひどい. Is itそれ aa little少し hotホット plateプレート?
ひどい形です 小さなホットプレート?
04:23
I don'tしない get取得する itそれ.
わかりません
04:25
Doesする anyone誰でも know知っている? Chiカイ?
誰か知っていますか?
04:27
It'sそれは an ... iPhoneiPhone. iPhoneiPhone.
えっ アイフォーン
04:29
Ohああ yesはい, that'sそれは right, I remember思い出す thoseそれら;
たしかに 思い出しました
04:30
I had持っていました myじぶんの whole全体 bathroomバスルーム tilesタイル
昔 浴室のタイルをこれで
04:33
redoneやり直す with〜と thoseそれら backバック in theその good良い old古い days日々.
リフォームしたことがあります
04:35
Noいいえ, I have持ってる an iPhoneiPhone. Of courseコース I do行う.
いや iPhoneは私も持ってます
04:38
Hereここに is myじぶんの well-lovedよく愛された iPhoneiPhone.
私の大好きなiPhoneです
04:40
I do行う soそう manyたくさんの thingsもの on thisこの little少し deviceデバイス.
この小さな機器で何でもします
04:42
I like好きな to read読む books on itそれ.
これでよく本を読みます
04:45
Moreもっと thanより thatそれ, I like好きな to buy購入 books on itそれ
本を買うのはもっと好きです
04:47
thatそれ I never決して have持ってる to feel感じる guilty有罪 about notない reading読書
買った後は見ないので
04:49
becauseなぜなら they彼ら go行く in hereここに andそして I never決して look見える at〜で themそれら again再び
読まなくても悪気がしません
04:51
andそして it'sそれは perfect完璧な.
最高です
04:53
I useつかいます itそれ everyすべて day to
これで毎日
04:56
measure測定 theその weight重量 of an ox,
牛の重さを量ったりもします
04:58
forために example.
牛の重さを量ったりもします
05:00
Everyすべて now andそして then次に,
時折
05:02
I admit認める thatそれ I completeコンプリート
電話をしたりする
05:04
aa phone電話 callコール on itそれ occasionally時折.
こともあります
05:05
Andそして yetまだ I forget忘れる about itそれ allすべて theその time時間.
でも普段は全く忘れています
05:07
Thisこの is aa design設計
このデザインは
05:11
thatそれ once一度 you君は saw見た itそれ,
いちど見ると
05:13
you君は forgot忘れた about itそれ.
忘れます
05:15
Itそれ is easy簡単 to forget忘れる theその gasp-inducement気絶誘発
2007年に登場して初めて
05:16
thatそれ occurred発生した in 2007 whenいつ you君は first最初
触れた時の驚きは消えました
05:19
touched触れた thisこの thingもの becauseなぜなら itそれ becameなりました
あまりにも早く
05:22
soそう quickly早く pervasive普及して
普及して使いこなし
05:24
andそして becauseなぜなら of howどうやって instantly即座に
操作方法が
05:26
we我々 adopted採用 theseこれら gesturesジェスチャー
生活の一部に
05:28
andそして made itそれ an extension拡張 of our我々の life生活.
溶け込んだからです
05:31
Unlike違う theその Themeテーマ Building建物,
テーマ・ビルと違って
05:34
thisこの is notない alienエイリアン technology技術.
異星人の技術ではありません
05:36
Orまたは I should〜すべき sayいう,
というか
05:38
what itそれ didした wasあった itそれ took取った technology技術
これがもたらしたのは
05:40
whichどの, unlike違う people in thisこの roomルーム,
この部屋の皆さんと違い
05:42
to manyたくさんの otherその他 people in theその world世界,
世界中の多くの人々には
05:43
stillまだ feels感じる very非常に alienエイリアン,
馴染みない技術を
05:44
andそして made itそれ immediatelyすぐに andそして instantly即座に feel感じる
いとも簡単に即座に
05:46
familiar身近な andそして intimate親密な.
慣れ親しませたことです
05:48
Andそして unlike違う theその juicyジューシーな salifサルフ,
そしてジューシーサリフと違って
05:50
itそれ doesする notない threaten脅かす
脳に食い込む恐れは
05:52
to attach付ける itself自体 to yourきみの brain,
ありません
05:54
ratherむしろ, itそれ simply単に
むしろ 知らぬ間に
05:56
attaches付ける itself自体 to yourきみの brain.
脳にハマり込むんです
05:58
(Laughter笑い)
(拍手)
06:00
Andそして you君は didn'tしなかった even偶数 notice通知 itそれ happened起こった.
そうなったことすら気づかないでしょう
06:02
Soそう thereそこ you君は go行く. Myじぶんの name is Johnジョン Hodgmanホジマン.
おしまいです ジョン・ホッジマンでした
06:05
I justちょうど explained説明した design設計.
デザインについて語りました
06:07
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
ありがとうございました
06:10
(Applause拍手)
(拍手)
06:12
Translated by Akira Kan
Reviewed by Tsuyoshi Orihashi

▲Back to top

About the speaker:

John Hodgman - Expert
John Hodgman is a writer, humorist, geek celebrity, former professional literary agent and expert on all world knowledge. He was the bumbling PC in Apple's long-running "I'm a Mac; I'm a PC" ad campaign.

Why you should listen

You may know him only as the PC in Apple's PC vs. Mac smackdown ads, or as the Daily Show with Jon Stewart's Resident Expert. But John Hodgman has many other claims to fame. He's the author of The Areas of My Expertise, which provides vital and completely fake details on the great lobster conspiracy, hoboes, nine US presidents who had hooks for hands, and how to win a fight; the followup More Information Than You Require; and his newest (and he claims last), That Is All.

He is a contributing writer for the New York Times Magazine; host of the Little Gray Book Lectures, a monthly series that has aired on This American Life; and an actual former professional literary agent.

More profile about the speaker
John Hodgman | Speaker | TED.com