English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxHampshireCollege

Jarrett J. Krosoczka: How a boy became an artist

ジャレット・J・クロザウスカ「アーティストになった少年の話」

Filmed
Views 885,893

ジャレット・J・クロザウスカは 子供時代スポーツをするかわりに、 絵を描くのが大好きでした。絵を描き 物語を作るという 素朴な夢を目指した男の子の話を、面白くおかしく 感動的に語ります。回りの家族や先生に助けられ、皆に愛される児童文学作家になった この話の主人公は 、美術教育の大切さを訴えます。

- Author/illustrator
Jarrett J. Krosoczka is the author/illustrator of countless children's books and graphic novels, including Good Night, Monkey Boy, Baghead and the Lunch Lady series. Full bio

Helloこんにちは. Myじぶんの name is Jarrettジャレット Krosoczkaクロソチカ,
こんにちは
ジャレット・クロザウスカです
00:16
andそして I write書きます andそして illustrate説明する books forために children子供 forために aa living生活.
子供向けの絵本を書くのが仕事です
00:19
Soそう I useつかいます myじぶんの imagination想像力 asとして myじぶんの full-timeフルタイム jobジョブ.
つまり 創造力を使って食べているわけですが
00:23
Butだけど wellよく before myじぶんの imagination想像力 wasあった myじぶんの vocation職業,
それを仕事として活かす前から
00:27
myじぶんの imagination想像力 saved保存された myじぶんの life生活.
創造力にずっと助けられて
生きてきました
00:31
Whenいつ I wasあった aa kidキッド, I loved愛された to drawドロー,
小さい頃から絵を描くのが好きでした
00:33
andそして theその most最も talented才能のある artistアーティスト I knew知っていた
その頃 誰よりも尊敬していた
アーティストは 母でした
00:36
wasあった myじぶんの mother,
その頃 誰よりも尊敬していた
アーティストは 母でした
00:39
butだけど myじぶんの mother wasあった addicted中毒 to heroinヘロイン.
でも母はヘロイン中毒だったんです
00:41
Andそして whenいつ yourきみの parent is aa drugドラッグ addict中毒,
親が麻薬中毒だと
00:44
it'sそれは kind種類 of like好きな Charlieチャーリー Brown褐色 trying試す to kickキック theその footballフットボール,
チャーリー・ブラウンが一生懸命
フットボールを蹴ろうとするのと同じで
00:47
becauseなぜなら asとして muchたくさん asとして you君は want欲しいです to love on thatそれ person,
いくら がんばって 愛そうとしても
00:51
asとして muchたくさん asとして you君は want欲しいです to receive受け取る love fromから thatそれ person,
愛されたいと思っても
00:53
everyすべて time時間 you君は open開いた yourきみの heartハート, you君は end終わり upアップ on yourきみの backバック.
心を開くたびに失望させられるものです
00:55
Soそう throughout全体を通して myじぶんの childhood子供時代, myじぶんの mother wasあった incarcerated投獄された
子供の頃ずっと 母は刑務所に入っていて
00:59
andそして I didn'tしなかった have持ってる myじぶんの fatherお父さん becauseなぜなら
父親もいませんでした
01:03
I didn'tしなかった even偶数 learn学ぶ his first最初 name until〜まで I wasあった in theその sixth第六 gradeグレード.
僕が6年生になるまで名前すら知らなかったんです
01:04
Butだけど I had持っていました myじぶんの grandparents祖父母,
でも祖父母がいつも 側にいてくれました
01:08
myじぶんの maternal母性 grandparents祖父母 Josephジョセフ andそして Shirleyシャーリー,
母方の祖父母の
ジョセフとシャーリーです
01:10
who adopted採用 me justちょうど before myじぶんの third三番 birthdayお誕生日
3歳になる頃に養子として引き取られ
01:13
andそして took取った me in asとして their彼らの own自分の,
実の子供のように迎え入れてくれました
01:16
after they彼ら had持っていました already既に raised育った five children子供.
実の子供5人も育てた後にです
01:18
Soそう two people who grew成長しました upアップ in theその Greatすばらしいです Depressionうつ病,
この二人は世界大恐慌の時代に育ち
01:19
thereそこ in theその very非常に, very非常に early早い ''80ss took取った on aa new新しい kidキッド.
80代になったところで
新しい子供を引き取ったのです
01:23
I wasあった theその Cousinいとこ Oliverオリバー of theその sitcomコメコミ
コメディー番組のテコ入れに
01:28
of theその Krosoczkaクロソチカ family家族,
突然 新しい親戚の子が登場するみたいな
01:30
theその new新しい kidキッド who came来た outでる of nowhereどこにも.
ひょんなところからきた子供だったんです
01:32
Andそして I would〜する like好きな to sayいう thatそれ life生活 wasあった totally完全に easy簡単 with〜と themそれら.
祖父母はあまり細かい事は気にかけず
01:34
They彼ら each smoked燻製 two packsパック aa day, each, nonfilteredフィルタリングされていない,
どちらも毎日 タバコ2箱ずつ吸うんです
フィルターもつけずに
01:39
andそして by〜によって theその time時間 I wasあった six6,
僕が6歳になる頃には
01:42
I couldできた order注文 aa Southern南方の Comfort快適 Manhattanマンハッタン,
カクテルなんか注文させてくれて
01:44
dryドライ with〜と aa twistねじれ, rocks on theその side,
ドライにツイスト ロック オンザ サイド
01:46
theその ice on theその side soそう you君は couldできた fitフィット moreもっと liquor in theその drinkドリンク.
氷は別のコップにするのは
もっとお酒が入るようにです
01:48
Butだけど they彼ら loved愛された theその hell地獄 outでる of me. They彼ら loved愛された me soそう muchたくさん.
でもとても可愛がってくれました
本当に愛情一杯だったんです
01:52
Andそして they彼ら supportedサポートされる myじぶんの creative創造的な efforts尽力,
創作に取り組むのを
いつも支援してくれました
01:56
becauseなぜなら myじぶんの grandfather祖父 wasあった aa self-made自作 manおとこ.
祖父も努力家だったからだと思います
01:58
He ran走った andそして worked働いた in aa factory工場.
工場を経営し そこで作業もし
02:00
Myじぶんの grandmother祖母 wasあった aa homemaker主婦.
祖母は専業主婦でした
02:02
Butだけど hereここに wasあった thisこの kidキッド who loved愛された Transformers変圧器
でもそんな生活に
トランスフォーマーやスヌーピー
02:05
andそして Snoopyスヌーピー andそして theその Ninja忍者 Turtlesカメ,
ニンジャ・タートルズに夢中な
子供がやってきたのです
02:07
andそして theその characters文字 thatそれ I read読む about, I fell落ちた in love with〜と,
僕は 本に出てくるキャラクターに のめり込み
02:11
andそして they彼ら becameなりました myじぶんの friends友達.
キャラクターを友達と思っていました
02:16
Soそう myじぶんの bestベスト friends友達 in life生活 wereあった theその characters文字
子供時代の親友は
こういったキャラクターで
02:19
I read読む about in books.
本の中から出てきたものです
02:21
I went行った to Gatesゲート LaneLANE Elementary初等 School学校 in Worcesterワススター, Massachusettsマサチューセッツ州,
マサチューセッツ州ウースターの
ゲーツ・レーン小学校に通い
02:24
andそして I had持っていました wonderful素晴らしい teachers教師 thereそこ,
良い先生に恵まれました
02:27
most最も notably特に in first最初 gradeグレード Mrs夫人. Alischアリス.
特に1年生の時の アリッシ先生は特別でした
02:30
Andそして I justちょうど, I canできる justちょうど remember思い出す theその love thatそれ she彼女 offered提供された
今でも先生の 僕ら生徒に対する愛情を覚えています
02:33
us米国 asとして her彼女 students学生の.
今でも先生の 僕ら生徒に対する愛情を覚えています
02:37
Whenいつ I wasあった in theその third三番 gradeグレード,
僕が3年生のとき
02:40
aa monumental記念碑的な eventイベント happened起こった.
人生を変える事がありました
02:42
An author著者 visited訪問した our我々の school学校, Jackジャック Gantosガントス.
作家が学校に遊びに来たんです
ジャック・ガントスという人です
02:44
Aa published出版された author著者 of books came来た to talkトーク to us米国
本が出版されている
プロの作家が来て
02:47
about what he didした forために aa living生活.
彼の仕事について話をしてくれました
02:50
Andそして afterwardsその後, we我々 allすべて went行った backバック to our我々の classrooms教室
話を聞いた後 教室に戻って
彼の本の主人公の絵を
02:53
andそして we我々 drew描いた our我々の own自分の renditions演出 of his mainメイン characterキャラクター,
自由に想像して描きました
「あくたれラルフ」という悪いネコです
02:56
Rotten腐った Ralphラルフ.
自由に想像して描きました
「あくたれラルフ」という悪いネコです
02:58
Andそして suddenly突然 theその author著者 appeared出現した in our我々の doorway戸口,
すると突然 あの作家が教室にあらわれ
03:00
andそして I remember思い出す him sortソート of sauntering徘徊 downダウン theその aisles通路,
机の間をゆっくりと
03:03
going行く fromから kidキッド to kidキッド looking探している at〜で theその desksデスク, notない saying言って aa wordワード.
黙って 一人ひとりの絵を見ながら
歩いて来ました
03:06
Butだけど he stopped停止 next to myじぶんの desk,
僕の机の横まで来ると
突然 ぴたっと足を止め
03:09
andそして he tappedタップ on myじぶんの desk, andそして he said前記,
机をトントンと指で叩き
こう言ったのです
03:13
"Niceいい catネコ." (Laughter笑い)
「こりゃー いい猫だ」(笑)
03:15
Andそして he wanderedさまよった away離れて.
そして また去って行きました
03:17
Two words言葉 thatそれ made aa colossal巨大 difference in myじぶんの life生活.
この二語が
僕の人生を変えてしまったのです
03:20
Whenいつ I wasあった in theその third三番 gradeグレード, I wrote書きました aa book forために theその first最初 time時間,
3年生を終える前に
初めて本を書きました
03:25
"Theその Owlフクロウ Who Thought思想 He Wasあった Theその Bestベスト Flyerチラシ." (Laughter笑い)
『だれよりも飛べると思ったフクロウ』です(笑)
03:28
We我々 had持っていました to write書きます our我々の own自分の Greekギリシャ語 myth神話,
ギリシャ神話を書くという宿題で
03:32
our我々の own自分の creation創造 storyストーリー, soそう I wrote書きました aa storyストーリー about an owlフクロウ
伝説を作って書けと
だから僕はフクロウの話を書きました
03:34
who challenged挑戦した Hermesヘルメス to aa flying飛行 raceレース,
飛行レースでヘルメスに挑戦する話です
03:37
andそして theその owlフクロウ cheated騙された,
フクロウは ズルをし
03:41
andそして Hermesヘルメス, beingであること aa Greekギリシャ語 god, grew成長しました angry怒っている andそして bitter苦い,
ギリシャの神のヘルメスは怒り
カンカンになって
03:43
andそして turned回した theその owlフクロウ into aa moon,
フクロウを月に変えてしまいます
03:47
soそう theその owlフクロウ had持っていました to liveライブ theその rest残り of his life生活 asとして aa moon
フクロウは 残りの人生を月として生き
03:49
whilewhile he watched見た his family家族 andそして friends友達 play遊びます at〜で night.
夜に家族や友達が遊ぶのを見ながら
人生を送ります
03:51
Yeahええ. (Laughter笑い)
いいでしょう (笑)
03:54
Myじぶんの book had持っていました aa titleタイトル pageページ.
きちんと奥付のページもつくりました
03:57
I wasあった clearlyはっきりと worried心配している about myじぶんの intellectual知的 propertyプロパティ whenいつ I wasあった eight8.
著作権は大事だと
8歳ながら思っていましたので
03:59
(Laughter笑い)
(笑)
04:04
Andそして itそれ wasあった aa storyストーリー thatそれ wasあった told言った with〜と words言葉 andそして picturesピクチャー,
この本は言葉と絵を使って書かれています
04:07
exactly正確に what I do行う now forために aa living生活,
現在の僕の仕事そのものです
04:10
andそして I sometimes時々 let〜する theその words言葉 have持ってる theその stageステージ on their彼らの own自分の,
時には言葉だけに物語りをゆだね
04:12
andそして sometimes時々 I allowed許可された theその picturesピクチャー to work作業 on their彼らの own自分の
また 時には絵に物語を伝えさせます
04:16
to telltell theその storyストーリー.
また 時には絵に物語を伝えさせます
04:19
Myじぶんの favoriteお気に入り pageページ is theその "About theその author著者" pageページ.
特に気に入っているのがこの
「著者紹介」のページ (笑)
04:21
(Laughter笑い)
特に気に入っているのがこの
「著者紹介」のページ (笑)
04:25
Soそう I learned学んだ to write書きます about myself私自身 in third三番 person
きちんと 三人称で
自分の紹介をしているんです
04:27
at〜で aa young若い age年齢.
子供なのに
04:30
Soそう I love thatそれ last最終 sentence: "He liked好き making作る thisこの book."
特に最後のところが気に入っています
「彼はこの本を書くのを楽しんだ」
04:33
Andそして I liked好き making作る thatそれ book becauseなぜなら I loved愛された usingを使用して myじぶんの imagination想像力,
いろいろ想像して書くのが
本当に楽しかったのを覚えています
04:36
andそして that'sそれは what writing書き込み is.
「書く」とはそういう ものなんです
04:40
Writing書き込み is usingを使用して yourきみの imagination想像力 on paper,
書くというのは紙上で
想像力を膨らませることですが
04:41
andそして I do行う get取得する soそう scared怖い becauseなぜなら I travel旅行 to soそう manyたくさんの schools学校 now
最近 学校を訪問して危機感を感じるのは
04:44
andそして thatそれ seems思われる like好きな suchそのような aa foreign外国人 concept概念 to kids子供たち,
子供たちが 書くということが
想像力を使う事だとは
04:47
thatそれ writing書き込み would〜する be〜する usingを使用して yourきみの imagination想像力 on paper,
全く思いもしないということです
04:50
ifif they're彼らは allowed許可された to even偶数 write書きます now within以内 theその school学校 hours時間.
学校で文章を書く機会があればの話ですが
04:54
Soそう I loved愛された writing書き込み soそう muchたくさん thatそれ I'd私は come来る home自宅 fromから school学校,
本を書くのが大好きで
学校から家に帰ると
04:58
andそして I would〜する take取る outでる pieces作品 of paper,
紙を束ね
05:00
andそして I would〜する stapleステープル themそれら together一緒に,
ホッチキスでとめて
05:02
andそして I would〜する fill埋める thoseそれら blankブランク pagesページ with〜と words言葉 andそして picturesピクチャー
真っ白いページを
文と絵で埋めたものです
05:04
justちょうど becauseなぜなら I loved愛された usingを使用して myじぶんの imagination想像力.
空想を膨らませるのが
とにかく大好きだったんです
05:07
Andそして soそう theseこれら characters文字 would〜する become〜になる myじぶんの friends友達.
作ったキャラクターが
友達となり
05:11
Thereそこ wasあった an egg, aa tomatoトマト, aa head of lettuceレタス andそして aa pumpkinかぼちゃ,
卵やトマト レタスやかぼちゃ
05:13
andそして they彼ら allすべて lived住んでいました in thisこの refrigerator冷蔵庫 cityシティ,
みんな冷蔵庫の街に住んでいます
05:16
andそして in one1 of their彼らの adventures冒険 they彼ら went行った to aa haunted幽霊の house
冒険してオバケ屋敷に行くと
05:19
thatそれ wasあった filled満たされた with〜と soそう manyたくさんの dangers危険
そこには危険が沢山待ち受けています
05:21
like好きな an evil悪の blenderブレンダー who tried試した to chopチョップ themそれら upアップ,
粉々に切り刻もうとしてくる
悪のミキサーとか
05:23
an evil悪の toasterトースター who tried試した to kidnap誘拐する theその breadパン coupleカップル,
パンの夫婦を誘拐しようとする
悪のトースターとか
05:27
andそして an evil悪の microwaveマイクロ波 who tried試した to melt溶かす their彼らの friend友人
友達を熱で溶かそうとする
悪の電子レンジ
05:33
who wasあった aa stickスティック of butterバター. (Laughter笑い)
その友達は 実はバターなんです(笑)
05:36
Andそして I'd私は make作る myじぶんの own自分の comics漫画 tooあまりにも,
マンガも書きました
05:39
andそして thisこの wasあった another別の way方法 forために me to telltell stories物語,
文と絵を使って違った形で
話を伝えるものです
05:41
throughを通して words言葉 andそして throughを通して picturesピクチャー.
文と絵を使って違った形で
話を伝えるものです
05:43
Now whenいつ I wasあった in sixth第六 gradeグレード,
6年生になると
05:47
theその publicパブリック funding資金調達 allすべて butだけど eliminated除去された theその arts芸術 budgets予算
ウースター学区全体の
美術の予算がカットされ
05:49
in theその Worcesterワススター publicパブリック school学校 systemシステム.
ウースター学区全体の
美術の予算がカットされ
05:51
I went行った fromから having持つ artアート once一度 aa week週間
毎週あった美術の授業が
05:53
to twice二度 aa month
月2回になり
05:57
to once一度 aa month to notない at〜で allすべて.
月1回 そして
遂には無くなってしまいました
05:58
Andそして myじぶんの grandfather祖父, he wasあった aa wise賢い manおとこ,
祖父は頭がいい人で
06:01
andそして he saw見た thatそれ asとして aa problem問題, becauseなぜなら he knew知っていた
これは問題だと気が付いたのです
06:03
thatそれ wasあった, like好きな, theその one1 thingもの I had持っていました. I didn'tしなかった play遊びます sportsスポーツ.
これが無くなったら 僕には何もなくなってしまうと
06:05
I had持っていました artアート.
スポーツはしないので
美術が唯一の楽しみでした
06:09
Soそう he walked歩いた into myじぶんの roomルーム one1 eveningイブニング,
祖父は ある晩 僕の部屋に入って来ると
06:11
andそして he sat座っている on theその edgeエッジ of myじぶんの bedベッド,
ベッドの脇に座って
06:14
andそして he said前記, "Jarrettジャレット, it'sそれは upアップ to you君は, butだけど ifif you'dあなたは like好きな to,
「ジャレット もし行きたかったら
06:15
we'd結婚した like好きな to send送信する you君は to theその classesクラス at〜で theその Worcesterワススター Artアート Museum博物館."
ウースター美術館の教室に 通うといい」
06:18
Andそして I wasあった soそう thrilled興奮した.
ほんとうに嬉しかったのを覚えています
06:20
Soそう fromから sixth第六 throughを通して 12thth gradeグレード,
その後 6年生から高校卒業まで
06:22
once一度, twice二度, sometimes時々 three times aa week週間,
週に1回 2回 時には3回
06:23
I would〜する take取る classesクラス at〜で theその artアート museum博物館,
美術館の教室に通いました
06:25
andそして I wasあった surrounded囲まれた by〜によって otherその他 kids子供たち who loved愛された to drawドロー,
絵を描くのが好きな仲間に囲まれ
06:27
otherその他 kids子供たち who shared共有 aa similar類似 passion情熱.
情熱を共有できる友人たちと過ごしました
06:30
Now myじぶんの publishing出版 careerキャリア began始まった whenいつ I designed設計 theその coverカバー
初めて出版された作品は
中学の卒業アルバムの 表紙のデザインでした
06:33
forために myじぶんの eighth第8 gradeグレード yearbook年鑑,
初めて出版された作品は
中学の卒業アルバムの 表紙のデザインでした
06:36
andそして ifif you'reあなたは wondering不思議 about theその styleスタイル of dressドレス I put置く our我々の mascotマスコット in,
学校のマスコットが
なぜ こんな服を着ているかというと
06:39
I wasあった really本当に into Bellベル Bivビブ DeVoedevoe andそして MCmc Hammerハンマー
当時 ベル・ビヴ・デヴォーやMCハマー
06:42
andそして Vanillaバニラ Ice at〜で theその time時間. (Laughter笑い)
バニラ・アイスにはまっていたからなんです
06:45
Andそして to thisこの day, I stillまだ canできる do行う karaokeカラオケ to "Ice, Ice Baby赤ちゃん"
今でも カラオケに行って
「アイス、アイス、ベイビー」なら
06:49
withoutなし looking探している at〜で theその screen画面.
歌詞を見ないで歌えます
06:53
Don'tしない tempt誘惑する me, becauseなぜなら I will意志 do行う itそれ.
のせないで下さい 歌っちゃいますから
06:55
Soそう I get取得する shipped出荷された offオフ to privateプライベート school学校,
卒業後は私立の高校に進学しました
06:59
Kk throughを通して eight8, publicパブリック schools学校, butだけど forために some一部 reason理由
中学まではずっと公立でしたが
07:01
myじぶんの grandfather祖父 wasあった upset動揺 thatそれ somebody誰か
地元の高校で誰かが刺されて殺されたのを
07:03
at〜で theその local地元 high高い school学校 had持っていました beenされている stabbed刺した andそして killed殺された,
なぜか祖父はとても気にして
07:05
soそう he didn'tしなかった want欲しいです me to go行く thereそこ.
その学校には行かせたくなかったようです
07:08
He wanted欲しい me to go行く to aa privateプライベート school学校, andそして he gave与えた me an optionオプション.
私立に行くにあたって 選択肢をくれました
07:10
You君は canできる go行く to Holy聖なる Name, whichどの is coed結婚した,
共学のホーリーネームか
07:13
orまたは Stセント. John'sジョンズ, whichどの is allすべて boys男の子.
男子校のセント・ジョンのどちらかです
07:15
Very非常に wise賢い manおとこ, becauseなぜなら he knew知っていた I would〜する,
さすが祖父です
いかにも僕が選んだような気にさせて
07:17
I feltフェルト like好きな I wasあった making作る theその decision決定 on myじぶんの own自分の,
僕がセイント・ジョンを選ばないだろうと
07:19
andそして he knew知っていた I wouldn'tしないだろう choose選択する Stセント. John'sジョンズ,
はじめから分かっていたのです
07:22
soそう I went行った to Holy聖なる Name High高い School学校,
そんなわけでホーリーネームに進学しました
07:24
whichどの wasあった aa toughタフ transition遷移 becauseなぜなら, like好きな I said前記,
新しい学校に慣れるのには苦労しました
07:26
I didn'tしなかった play遊びます sportsスポーツ,
スポーツはやらないと お話ししましたが
07:28
andそして itそれ wasあった very非常に focused集中した on sportsスポーツ,
この学校はスポーツが盛んだったんです
07:30
butだけど I took取った solace慰め in Mr. Shilale'sシラーレ artアート roomルーム.
でもシラール先生の 美術室が救いでした
07:32
Andそして I justちょうど flourished栄えた hereここに.
そこで色々な事を学び
大きく成長しました
07:37
I justちょうど couldn'tできなかった wait待つ to get取得する to thatそれ classroom教室 everyすべて day.
毎日 あの教室に行くのが楽しみでした
07:39
Soそう howどうやって didした I make作る friends友達?
どうやって皆と友達になったかというと
07:42
I drew描いた funny面白い picturesピクチャー of myじぶんの teachers教師 --- (Laughter笑い) ---
先生達の面白い似顔絵を描いて(笑)
07:45
andそして I passed合格 themそれら aroundまわり.
授業中に回したんです
07:49
Wellよく, in English英語 classクラス, in ninth第九 gradeグレード,
高校1年の英語の授業中
07:52
myじぶんの friend友人 Johnジョン, who wasあった sitting座っている next to me,
隣に座っていた友達のジョンが
07:55
laughed笑った aa little少し bitビット tooあまりにも hardハード.
うっかり大きな声で笑ってしまったんです
07:57
Mr. Greenwoodグリーンウッド wasあった notない pleased喜んだ.
グリーンウッド先生は むっとしました(笑)
08:00
(Laughter笑い)
グリーンウッド先生は むっとしました(笑)
08:02
He instantly即座に saw見た thatそれ I wasあった theその cause原因 of theその commotion騒ぎ,
僕が問題の根源だとすぐにつきとめ
08:06
andそして forために theその first最初 time時間 in myじぶんの life生活, I wasあった sent送られた to theその hallホール,
人生初めて廊下に出されました
08:10
andそして I thought思想, "Ohああ noいいえ, I'm私は doomed運命の.
「ああ どうしよう
08:14
Myじぶんの grandfather's祖父の justちょうど going行く to kill殺します me."
おじいちゃんに叱られる」
08:16
Andそして he came来た outでる to theその hallway廊下 andそして he said前記,
先生は廊下に出てくると
08:19
"Let〜する me see見る theその paper."
「紙を見せろ」と
08:21
Andそして I thought思想, "Ohああ noいいえ. He thinks考える it'sそれは aa note注意."
「やばい ばれた」と戸惑いながら
08:22
Andそして soそう I took取った thisこの picture画像, andそして I handed手渡された itそれ to him.
仕方なく描いていた絵を渡しました
08:27
Andそして we我々 sat座っている in silence沈黙 forために thatそれ brief簡潔な moment瞬間,
数秒の沈黙の後
08:30
andそして he said前記 to me,
先生が口を開きました
08:33
"You'reあなたは really本当に talented才能のある." (Laughter笑い)
「君 、才能があるぞ」(笑)
08:35
"You'reあなたは really本当に good良い. You君は know知っている, theその school学校 newspaper新聞
「実にうまい 学校の新聞が
08:38
needsニーズ aa new新しい cartoonist漫画家, andそして you君は should〜すべき be〜する theその cartoonist漫画家.
漫画家を探しているんだ
君がなったらいい
08:41
Justちょうど stopやめる drawingお絵かき in myじぶんの classクラス."
でも 僕の授業中に絵を描くのは やめてくれ」
08:43
Soそう myじぶんの parents never決して found見つけた outでる about itそれ.
両親にもばれずに済み
08:47
I didn'tしなかった get取得する in troubleトラブル. I wasあった introduced導入された to Mrs夫人. Caseyケーシー,
怒られも しませんでした
ケイシー先生に紹介されました
08:49
who ran走った theその school学校 newspaper新聞,
学校新聞の顧問です
08:53
andそして I wasあった forために three andそして aa halfハーフ years
そこで卒業するまで
08:54
theその cartoonist漫画家 forために myじぶんの school学校 paper,
学校新聞のイラストを担当しました
08:59
handling取り扱い suchそのような heavyヘビー issues問題 asとして,
テーマはとても複雑なもの
09:01
seniors先輩 are mean平均,
例えば 上級生は意地悪だとか
09:03
freshmen新入生 are nerdsオタク,
新入生はダサイとか
09:06
theその promプロム billビル is soそう expensive高価な. I can'tできない believe信じる howどうやって muchたくさん itそれ costsコスト to go行く to theその promプロム.
プロム行くのに
なんてお金がかかるのか… 等です
09:09
Andそして I took取った theその headmaster校長 to task仕事
校長先生の風刺もしました
09:15
andそして then次に I alsoまた、 wrote書きました an ongoing進行中の storyストーリー about aa boy男の子 named名前 Wesleyウェズリー
連載ものも やりました
主人公はウェスリーが
09:18
who wasあった unlucky不運 in love, andそして I justちょうど swore誓う upアップ andそして downダウン
どうしようもない恋に落ちる話ですが
これは僕ではないと
09:22
thatそれ thisこの wasn'tなかった about me,
断言したのを覚えています
09:26
butだけど allすべて theseこれら years later後で itそれ wasあった totally完全に me.
でも 今言ってしまうと
実は僕自身の話だったんです
09:28
Butだけど itそれ wasあった soそう coolクール becauseなぜなら I couldできた write書きます theseこれら stories物語,
でも本当に楽しかった
いろんな話を書いて
09:31
I couldできた come来る upアップ with〜と theseこれら ideasアイデア,
好きな事を思い付いて
09:34
andそして they'd彼らは be〜する published出版された in theその school学校 paper,
それが学校の新聞に載り
09:35
andそして people who I didn'tしなかった know知っている couldできた read読む themそれら.
会った事もない人たちが
読んでいるんです
09:37
Andそして I loved愛された thatそれ thought思想, of beingであること ableできる to shareシェア myじぶんの ideasアイデア
自分の考えを 印刷されたページで
09:40
throughを通して theその printed印刷された pageページ.
伝えられるなんて
考えただけでも わくわくしました
09:43
On myじぶんの 14thth birthdayお誕生日, myじぶんの grandfather祖父 andそして myじぶんの grandmother祖母
14歳の誕生日に祖父と祖母が
09:45
gave与えた me theその bestベスト birthdayお誕生日 presentプレゼント everこれまで:
最高のプレゼントをくれました
09:48
aa drafting製図 table thatそれ I have持ってる worked働いた on everこれまで since以来.
製図台で 今でも使っています
09:51
Hereここに I am午前, 20 years later後で,
20年たった今でも
09:55
andそして I stillまだ work作業 on thisこの table everyすべて day.
毎日その机に向かって
仕事をしているのです
09:57
On theその eveningイブニング of myじぶんの 14thth birthdayお誕生日,
14歳の誕生日の夜に
10:01
I wasあった given与えられた thisこの table, andそして we我々 had持っていました Chinese中国語 foodフード.
この机をもらって
皆で中華料理を食べました
10:04
Andそして thisこの wasあった myじぶんの fortune:
フォーチュンクッキーの中の紙には
こんな運勢が書いてありました
10:08
"You君は will意志 be〜する successful成功した in yourきみの work作業."
「仕事で成功するでしょう」
10:11
I tapedテーピングされた itそれ to theその top left handハンド of myじぶんの table,
この紙を机の左上に
テープで貼りました
10:14
andそして asとして you君は canできる see見る, it'sそれは stillまだ thereそこ.
ほら 今でもここにあるでしょう
10:17
Now I never決して really本当に asked尋ねた myじぶんの grandparents祖父母 forために anything何でも.
祖父母には何かをねだった事はありません
10:19
Wellよく, two thingsもの: Rustyさびた, who wasあった aa greatすばらしいです hamsterハムスター
実はふたつだけ…
偉大なるハムスターのラスティー
10:22
andそして lived住んでいました aa greatすばらしいです long長いです life生活 whenいつ I wasあった in fourth第4 gradeグレード.
小学校4年生の時買ってもらって
長い良い人生を生きました
10:25
(Laughter笑い)
(笑)
10:29
Andそして aa videoビデオ cameraカメラ.
それから ビデオカメラ
10:32
I justちょうど wanted欲しい aa videoビデオ cameraカメラ.
どうしても欲しかったんです
10:35
Andそして after begging乞う andそして pleading訴える forために Christmasクリスマス,
クリスマスプレゼントに欲しいと
何回も頼んだ結果
10:37
I got持っている aa second-hand中古 videoビデオ cameraカメラ,
中古のビデオカメラを買ってもらいました
10:40
andそして I instantly即座に started開始した making作る myじぶんの own自分の animationsアニメーション
それでアニメーションを作り始め
10:42
on myじぶんの own自分の,
自分で演出して
10:46
andそして allすべて throughout全体を通して high高い school学校 I made myじぶんの own自分の animationsアニメーション.
高校にいる間ずっと
自作のアニメーションを作ったものです
10:48
I convinced確信している myじぶんの 10thth gradeグレード English英語 teacher先生 to allow許す me
高校2年の時 英語の先生を説得して
10:51
to do行う myじぶんの book report報告する on Stephenスティーブン King's王の "Misery不幸"
スティープン・キングの『ミザリー』の
感想文を書く代わりに
10:54
asとして an animatedアニメーション shortショート. (Laughter笑い)
短いアニメーションを作りました(笑)
10:56
Andそして I kept保管 making作る comics漫画.
漫画も沢山描きました
11:01
I kept保管 making作る comics漫画, andそして at〜で theその Worcesterワススター Artアート Museum博物館,
漫画を よく描いていた頃
ウースター美術館で
11:04
I wasあった given与えられた theその greatest最大 pieceピース of advice助言 by〜によって anyどれか educator教育者 I wasあった everこれまで given与えられた.
ある先生から人生で
最も大切な事を習いました
11:08
Markマーク Lynchリンチ, he's彼は an amazing素晴らしい teacher先生
マーク・リンチという素晴らしい先生で
11:12
andそして he's彼は stillまだ aa dear親愛な friend友人 of mine鉱山,
今でも親しくしてします
11:15
andそして I wasあった 14 orまたは 15,
僕は14歳か15歳
11:17
andそして I walked歩いた into his comic漫画 book classクラス halfway中途半端 throughを通して theその courseコース,
漫画教室の半分ぐらいが経った頃
11:19
andそして I wasあった soそう excited興奮した, I wasあった beamingビーム.
わくわくしながら授業に行きました
11:23
I had持っていました thisこの book thatそれ wasあった howどうやって to drawドロー comics漫画 in theその Marvel驚異 way方法,
マーベル風コミックの描き方 という本を持って行ったんです
11:24
andそして itそれ taught教えた me howどうやって to drawドロー superheroesスーパーヒーロー,
スーパーヒーローの描き方や
11:28
howどうやって to drawドロー aa woman女性, howどうやって to drawドロー muscles筋肉
女の人、筋肉の描き方
11:30
justちょうど theその way方法 they彼ら wereあった supposed想定される to be〜する
エックスマンでもスパイダーマンでも
それらしく描く方法が載っていました
11:32
ifif I wereあった to everこれまで drawドロー forために X-Menエックスメン orまたは Spidermanスパイダーマン.
エックスマンでもスパイダーマンでも
それらしく描く方法が載っていました
11:34
Andそして allすべて theその color justちょうど drained排水された fromから his face,
それを見た先生の顔から
血の気が引くのがわかりました
11:37
andそして he looked見た at〜で me, andそして he said前記,
僕の顔を見てこう言いました
11:40
"Forget忘れる everythingすべて you君は learned学んだ."
「この本から習ったことは全部忘れなさい」
11:42
Andそして I didn'tしなかった understandわかる. He said前記, "You君は have持ってる aa greatすばらしいです styleスタイル.
僕が戸惑っていると
「君はいいものを持っている
11:44
Celebrate祝う yourきみの own自分の styleスタイル. Don'tしない drawドロー theその way方法 you'reあなたは beingであること told言った to drawドロー.
自分のスタイルを認め
他人の描き方を真似するな
11:48
Drawドロー theその way方法 you'reあなたは drawingお絵かき andそして keepキープ at〜で itそれ,
自分のスタイルを貫いて 磨きをかけるんだ
11:52
becauseなぜなら you'reあなたは really本当に good良い."
君は本当に才能があるんだから」と
教えてくれました
11:55
Now whenいつ I wasあった aa teenagerティーンエイジャー, I wasあった angsty怒り asとして anyどれか teenagerティーンエイジャー wasあった,
十代の後半は誰でも
気にならない事が色々あるものですが
11:57
butだけど after 17 years of having持つ aa mother
17年間 ヨーヨーの様に
12:01
who wasあった in andそして outでる of myじぶんの life生活 like好きな aa yo-yoヨーヨー
僕の人生に出入りを 繰り返す母や
12:04
andそして aa fatherお父さん who wasあった faceless顔が見えない, I wasあった angry怒っている.
顔も知らない父を持ち
本当にムシャクシャしていました
12:06
Andそして whenいつ I wasあった 17, I met会った myじぶんの fatherお父さん forために theその first最初 time時間,
17歳の時 初めて父に会い
12:10
upon〜に whichどの I learned学んだ I had持っていました aa brother andそして sisterシスター I had持っていました never決して known既知の about.
同時に弟や妹がいる事を知りました
12:13
Andそして on theその day I met会った myじぶんの fatherお父さん forために theその first最初 time時間,
父に初めて会ったその日に
12:17
I wasあった rejected拒否された fromから theその Rhodeロード Island School学校 of Design設計,
ロードアイランド・デザイン学校から
不合格の通知を受け取りました
12:19
myじぶんの one1 andそして onlyのみ choice選択 forために collegeカレッジ.
唯一 行きたいと思っていた
大学だったんです
12:21
Butだけど itそれ wasあった aroundまわり thisこの time時間 I went行った to Campキャンプ Sunshine日光
そんな時 キャンプ・サンシャインで
12:25
to volunteerボランティア aa week週間 andそして workingワーキング with〜と theその most最も amazing素晴らしい kids子供たち,
一週間ボランティアとして働き
すばらしい子供たちに出会いました
12:28
kids子供たち with〜と leukemia白血病, andそして thisこの kidキッド Ericエリック changedかわった myじぶんの life生活.
白血病の子供たちで
エリックという子が僕の人生を変えました
12:30
Ericエリック didn'tしなかった liveライブ to see見る his sixth第六 birthdayお誕生日,
エリックは6歳になる前に
亡くなりましたが
12:33
andそして Ericエリック lives人生 with〜と me everyすべて day.
今でも僕の心の中に生きています
12:36
Soそう after thisこの experience経験, myじぶんの artアート teacher先生, Mr. Shilaleシラール,
この経験と美術のシラール先生が
持ってきた絵本がきっかけで
12:38
he brought持ってきた in theseこれら picture画像 books,
この経験と美術のシラール先生が
持ってきた絵本がきっかけで
12:42
andそして I thought思想, "Picture画像 books forために kids子供たち!"
「子供の絵本を作ろう!」と
12:43
andそして I started開始した writing書き込み books forために young若い readers読者
子供向けの本を書き始めたのです
12:45
whenいつ I wasあった aa senior上級 in high高い school学校.
高校を卒業する年でした
12:50
Wellよく, I eventually最終的に got持っている to theその Rhodeロード Island School学校 of Design設計.
後に ロードアイランド・デザイン学校 に合格し
12:52
I transferred移転した to RISDrisd asとして aa sophomore二年生,
2年生から編入し
12:55
andそして itそれ wasあった thereそこ thatそれ I took取った everyすべて courseコース thatそれ I couldできた on writing書き込み,
ものを書く事について
受けられる授業は全て受けました
12:57
andそして itそれ wasあった thereそこ thatそれ I wrote書きました aa storyストーリー about aa giant巨人 orangeオレンジ slugスラグ
在学中に巨大なオレンジナメクジの話を書きました
13:00
who wanted欲しい to be〜する friends友達 with〜と thisこの kidキッド.
ある子と友達になりたかったのに
13:04
Theその kidキッド had持っていました noいいえ patience忍耐 forために him.
のろいので 駄目だった話です
13:06
Andそして I sent送られた thisこの book outでる to aa dozenダース publishers出版社
出版社 十数社に本を送ったのですが
13:08
andそして itそれ wasあった rejected拒否された everyすべて singleシングル time時間,
どの会社からも断られました
13:11
butだけど I wasあった alsoまた、 involved関係する with〜と theその Hole in theその Wall Gangギャング Campキャンプ,
その頃 ホール・イン・ザ・ウォール・
ギャング・キャンプという
13:13
an amazing素晴らしい campキャンプ forために kids子供たち with〜と allすべて sortsソート of criticalクリティカルな illnesses病気,
重病の子供のためのキャンプでも働いていて
13:16
andそして it'sそれは thoseそれら kids子供たち at〜で theその campキャンプ thatそれ read読む myじぶんの stories物語,
その子たちが僕の本のファンでした
13:19
andそして I read読む to themそれら, andそして I saw見た thatそれ they彼ら responded応答した to myじぶんの work作業.
僕の作品を読み聞かせすると
喜んで聞いてくれたんです
13:22
I graduated卒業した fromから RISDrisd. Myじぶんの grandparents祖父母 wereあった very非常に proud誇りに思う,
RISDを卒業し
祖父母も喜んでくれました
13:26
andそして I moved移動した to Bostonボストン, andそして I setセット upアップ shopショップ.
ボストンに引越し 作業場を整えました
13:30
I setセット upアップ aa studioスタジオ andそして I tried試した to get取得する published出版された.
スタジオを構え 出版されるよう努力しました
13:32
I would〜する send送信する outでる myじぶんの books. I would〜する send送信する outでる hundreds数百 of postcardsポストカード
本を送ったり 編集者や美術監督者に
何百枚も絵葉書を送りました
13:35
to editors編集者 andそして artアート directors取締役,
本を送ったり 編集者や美術監督者に
何百枚も絵葉書を送りました
13:38
butだけど they彼ら would〜する go行く unanswered未回答.
でも返事は返ってきませんでした
13:40
Andそして myじぶんの grandfather祖父 would〜する callコール me everyすべて week週間,
祖父からは毎週電話がかかってきて
13:42
andそして he would〜する sayいう, "Jarrettジャレット, how'sどうやって? itそれ going行く? Do行う you君は have持ってる aa jobジョブ yetまだ?"
「ジャレット どうだい
仕事は見つかったかい?」と訊かれます
13:44
Becauseなぜなら he had持っていました justちょうど invested投資した aa significant重要な amount of moneyお金
大学教育に 多額の投資をしてくれたので
13:48
in myじぶんの collegeカレッジ education教育.
心配して当然です
13:50
Andそして I said前記, "Yesはい, I have持ってる aa jobジョブ. I write書きます andそして illustrate説明する children's子供たち books."
「仕事はあるよ 絵本を書いているんだ」
13:52
Andそして he said前記, "Wellよく, who pays払う you君は forために thatそれ?"
「でも 誰か金を払ってくれるのかい」
13:56
Andそして I said前記, "Noいいえ one1, noいいえ one1, noいいえ one1 justちょうど yetまだ.
「まだ いないけれど そのうち
13:59
Butだけど I know知っている it'sそれは going行く to happen起こる."
きっといつか成功するよ」
14:01
Now, I used中古 to work作業 theその weekends週末 at〜で theその Hole in theその Wall off-seasonシーズンオフ programmingプログラミング
週末にはホール・イン・ザ・ウォールで働きました
14:03
to make作る some一部 extra余分な moneyお金 asとして I wasあった trying試す to get取得する myじぶんの feetフィート offオフ theその ground接地,
起業にお金が必要だったんです
14:06
andそして thisこの kidキッド who wasあった justちょうど thisこの really本当に hyperハイパー kidキッド,
キャンプには たいへん落ち着きのない子がいて
14:09
I started開始した calling呼び出し him "Monkeyモンキー Boy男の子,"
「おサル君」とあだ名をつけました
14:13
andそして I went行った home自宅 andそして wrote書きました aa book calledと呼ばれる "Good良い Night, Monkeyモンキー Boy男の子."
帰宅後『おやすみ、おサル君』
という 本を書き
14:16
Andそして I sent送られた outでる one1 last最終 batchバッチ of postcardsポストカード.
これが最後と決め
出版社に絵葉書を送りました
14:20
Andそして I received受け取った an emailEメール fromから an editor編集者 at〜で Randomランダム House
すると ランダムハウスの編集者から
メールが届きました
14:23
with〜と aa subject主題 lineライン, "Niceいい work作業!" Exclamation感嘆符 pointポイント.
タイトルに「ステキな作品ですね!」
びっくりマークつきです
14:26
"Dear親愛な Jarrettジャレット, I received受け取った yourきみの postcardはがき.
「ジャレット様  絵葉書受け取りました
14:30
I liked好き yourきみの artアート, soそう I went行った to yourきみの websiteウェブサイト
イラストが気に入ったので
あなたのウエブページを見てみました
14:32
andそして I'm私は wondering不思議 ifif you君は everこれまで tried試した writing書き込み anyどれか of yourきみの own自分の stories物語,
お話も書くんですか?
14:35
becauseなぜなら I really本当に like好きな yourきみの artアート andそして itそれ looks外見 like好きな thereそこ are some一部 stories物語 thatそれ go行く with〜と themそれら.
とても良いイラストで
何かストーリー性がありそうです
14:38
Pleaseお願いします let〜する me know知っている ifif you'reあなたは everこれまで in New新しい Yorkヨーク Cityシティ."
ニューヨークに来る機会があったら
是非ご連絡ください」
14:41
Andそして thisこの wasあった fromから an editor編集者 at〜で Randomランダム House Children's子供たち Books.
なんと ランダムハウスの児童書の編集者からです
14:45
Soそう theその next week週間 I "happened起こった" to be〜する in New新しい Yorkヨーク.
翌週 ニューヨークに行く用事が「偶然」あったので(笑)
14:49
(Laughter笑い)
翌週 ニューヨークに行く用事が「偶然」あったので(笑)
14:51
Andそして I met会った with〜と thisこの editor編集者,
この編集者と会い
14:54
andそして I left New新しい Yorkヨーク forために aa contract契約する forために myじぶんの first最初 book,
契約書を手にニューヨークから帰ってきました
14:56
"Good良い Night, Monkeyモンキー Boy男の子,"
『おやすみ、おサル君』は
14:59
whichどの wasあった published出版された on June六月 12, 2001.
2001年6月12日に出版されました
15:00
Andそして myじぶんの local地元 paper celebrated祝われた theその newsニュース.
地元の新聞はこのニュースを賞賛し
15:04
Theその local地元 bookstore書店 made aa big大きい deal対処 of itそれ.
地元の本屋は大騒ぎし
15:10
They彼ら sold売った outでる of allすべて of their彼らの books.
本は売り切れになりました
15:14
Myじぶんの friend友人 described記載された itそれ asとして aa wake目覚め, butだけど happyハッピー,
ハッピーな「お通夜」に来たみたい
と友達が言いました
15:16
becauseなぜなら everyoneみんな I everこれまで knew知っていた wasあった thereそこ in lineライン to see見る me,
親族や知人が列に並び
僕に会いに集まっていたからです
15:19
butだけど I wasn'tなかった deadデッド. I wasあった justちょうど signing署名する books.
もちろん 死んでなんかいません
本にサインをしていたんです
15:22
Myじぶんの grandparents祖父母, they彼ら wereあった in theその middle中間 of itそれ.
祖父母は皆に取り囲まれ
15:25
They彼ら wereあった soそう happyハッピー. They彼ら couldn'tできなかった have持ってる beenされている moreもっと proud誇りに思う.
とてもにこにこ 自慢げでした
15:27
Mrs夫人. Alischアリス wasあった thereそこ. Mr. Shilaleシラール wasあった thereそこ. Mrs夫人. Caseyケーシー wasあった thereそこ.
アリッシ先生やシラール先生
ケイシー先生もいました
15:29
Mrs夫人. Alischアリス cutカット in frontフロント of theその lineライン andそして said前記,
アリッシ先生は列に横入りして
先頭まで来ると
15:33
"I taught教えた him howどうやって to read読む." (Laughter笑い)
「読み方を教えたのは この私よ」と自慢しました
15:34
Andそして then次に something何か happened起こった thatそれ changedかわった myじぶんの life生活.
その後 すごく嬉しい事がありました
15:38
I got持っている myじぶんの first最初 pieceピース of significant重要な fanファン mail郵便物,
心に残るファンレターの第一号をもらったんです
15:40
whereどこで thisこの kidキッド loved愛された Monkeyモンキー Boy男の子 soそう muchたくさん
この子は「おサル君」が大好きで
15:42
thatそれ he wanted欲しい to have持ってる aa Monkeyモンキー Boy男の子 birthdayお誕生日 cakeケーキ.
誕生日に「おサル君」のケーキを頼んだんです
15:46
Forために aa two-year-old2歳, thatそれ is like好きな aa tattoo入れ墨. (Laughter笑い)
2才にとっては 刺青を入れるくらい
深い意味があるでしょう(笑)
15:49
You君は know知っている? You君は onlyのみ get取得する one1 birthdayお誕生日 per〜ごと year.
誕生日なんて1年に1回のものですから
15:54
Andそして forために him, it'sそれは onlyのみ his second二番.
それも たった2回目の特別なものです
15:57
Andそして I got持っている thisこの picture画像, andそして I thought思想,
この写真を見て思いました
16:00
"Thisこの picture画像 is going行く to liveライブ within以内 his consciousness意識
「この出来事を永遠に覚えていてくれるだろう
16:01
forために his entire全体 life生活. He will意志 forever永遠に have持ってる thisこの photo写真
家族のアルバムを見るたびに
16:03
in his family家族 photo写真 albumsアルバム."
いつまでもこの写真があるのだから」
16:06
Soそう thatそれ photo写真, since以来 thatそれ moment瞬間,
僕も写真を額に入れて目の前に飾り
16:09
is framed額入り in frontフロント of me whilewhile I've私は worked働いた on allすべて of myじぶんの books.
それを見ながら 何冊もの本を執筆しました
16:12
I have持ってる 10 picture画像 books outでる.
これまで出版した絵本は10冊になりました
16:15
"Punkパンク Farmファーム," "Baghead袋詰め," "Ollieオーリー theその Purple紫の Elephant."
『パンクファーム』 『バッグヘッド』
『紫色の象 オリー』
16:18
I justちょうど finished完成した theその ninth第九 book
グラフィックノベルの
『 給食のおばさん』シリーズは
16:21
in theその "Lunchランチ Ladyレディ" seriesシリーズ, whichどの is aa graphicグラフィック novel小説 seriesシリーズ
9冊目を描き終えたところです
16:23
about aa lunchランチ ladyレディ who fights戦う crime犯罪.
給食のおばさんが 悪と戦う話です
16:26
I'm私は expecting期待している theその release解放 of aa chapter book
低学年用の本
16:28
calledと呼ばれる "Platypusカモノハシ Police警察 Squad分隊: Theその Frogカエル Who Croaked酔っぱらい."
『カモノハシ警察隊: 鳴いたカエル』も
もうすぐ出版されます
16:31
Andそして I travel旅行 theその country visiting訪問する countless無数 schools学校,
国中いろいろな学校を訪れ
16:35
letting〜する lotsロット of kids子供たち know知っている thatそれ they彼ら drawドロー greatすばらしいです cats.
沢山の子供に「いい猫だ」と伝えてきました
16:38
Andそして I meet会う Bagheads袋詰め.
紙袋をかぶった 本物の
バッグヘッドたちにも会いました
16:43
Lunchランチ ladies女性 treat治療する me really本当に wellよく.
給食のおばさんは会うと
とても親切にしてくれます
16:45
Andそして I got持っている to see見る myじぶんの name in lightsライト
このように有名になれたこのは
16:50
becauseなぜなら kids子供たち put置く myじぶんの name in lightsライト.
子供たちのお陰です
16:54
Twice二度 now, theその "Lunchランチ Ladyレディ" seriesシリーズ has持っている won勝った
『給食のおばさん』シリーズは
16:56
theその Children's子供たち Choice選択 Book of theその Year in theその third三番 orまたは fourth第4 gradeグレード categoryカテゴリー,
3・4年生向けの本のカテゴリーで
「今年最高の児童書」賞を2回 受賞しました
16:58
andそして thoseそれら winners勝者 wereあった displayed表示される
賞を取った作品は
17:01
on aa jumbotronジャンボトロン screen画面 in Times Square平方.
タイムズ・スクエアの
電光掲示板に映し出されるんです
17:03
"Punkパンク Farmファーム" andそして "Lunchランチ Ladyレディ" are in development開発 to be〜する movies映画,
『パンクファーム』と『給食のおばさん』は
17:08
soそう I am午前 aa movie映画 producerプロデューサー
映画化が進んでおり
つまり僕は映画プロデューサーです
17:10
andそして I really本当に do行う think思う, thanksありがとう to thatそれ videoビデオ cameraカメラ
あの高校1年のときにもらった
ビデオカメラのお陰です
17:13
I wasあった given与えられた in ninth第九 gradeグレード.
あの高校1年のときにもらった
ビデオカメラのお陰です
17:16
I've私は seen見た people have持ってる "Punkパンク Farmファーム" birthdayお誕生日 partiesパーティー,
『パンクファーム』の誕生会や
17:18
people have持ってる dressed服を着た upアップ asとして "Punkパンク Farmファーム" forために Halloweenハロウィーン,
『パンクファーム』のハロウィーンの仮装や
17:21
aa "Punkパンク Farmファーム" baby赤ちゃん roomルーム,
『パンクファーム』の子供部屋
17:24
whichどの makes作る me aa little少し nervous神経質な forために theその child's子供の well-being幸福 in theその long長いです term期間.
こんな部屋で育った子は
将来どうなるのか ちょっと心配ですね
17:26
Andそして I get取得する theその most最も amazing素晴らしい fanファン mail郵便物,
心に残るファンからの手紙をもらたり
17:30
andそして I get取得する theその most最も amazing素晴らしい projectsプロジェクト,
すごい作品をもらったりします
17:33
andそして theその biggest最大 moment瞬間 forために me came来た last最終 Halloweenハロウィーン.
一番感動したのは
去年のハロウィーンの事です
17:35
Theその doorbellドアベル rang鳴った andそして itそれ wasあった aa trick-or-treaterトリック・アンド・トレジャー
ベルが鳴ってドアを開けると
仮装した子供たちがいました
17:39
dressed服を着た asとして myじぶんの characterキャラクター. Itそれ wasあった soそう coolクール.
僕の絵本のキャラクターに変装して
うれしかったです
17:41
Now myじぶんの grandparents祖父母 are noいいえ longerより長いです living生活,
祖父母はすでに他界しましたが
17:45
soそう to honor名誉 themそれら, I started開始した aa scholarship奨学金 at〜で theその Worcesterワススター Artアート Museum博物館
祖父母を記念する奨学金を
ウースター美術館に設立しました
17:48
forために kids子供たち who are in difficult難しい situations状況
難しい状況にある子供達で
17:51
butだけど whoseその caretakers世話人 can'tできない afford余裕 theその classesクラス.
授業を受けるお金もない
子供達のための基金です
17:54
Andそして itそれ displayed表示される theその work作業 fromから myじぶんの first最初 10 years of publishing出版,
美術館で展示会があり
十年間の作品が展示されました
17:57
andそして you君は know知っている who wasあった thereそこ to celebrate祝う? Mrs夫人. Alischアリス.
誰が見に来てくれたと思います?
アリッシ先生です
18:00
I said前記, "Mrs夫人. Alischアリス, howどうやって are you君は?"
先生に「お元気ですか?」と訊ねると
18:03
Andそして she彼女 responded応答した with〜と, "I'm私は hereここに." (Laughter笑い)
「まだ 生きてるわよ」と答えが返ってきました(笑)
18:04
That'sそれは true真実. You君は are alive生きている, andそして that'sそれは prettyかなり good良い right now.
そう まだお元気で なによりです
18:07
Soそう theその biggest最大 moment瞬間 forために me, thoughしかし,
でも 何が 人生で最高かというと
18:14
myじぶんの most最も important重要 jobジョブ now is I am午前 aa dadパパ myself私自身,
今 一番大切な事は
父親となり
18:16
andそして I have持ってる two beautiful綺麗な daughters,
かわいい娘が二人いるんですけれど
18:18
andそして myじぶんの goalゴール is to surround囲む themそれら by〜によって inspirationインスピレーション,
創造性を引き出す環境で
子供達を育てることなんです
18:20
by〜によって theその books thatそれ are in everyすべて singleシングル roomルーム of our我々の house
家中どこの部屋にも本が置いてあります
18:23
to theその murals壁画 I painted描きました in their彼らの rooms部屋
子供部屋の壁には絵を描きました
18:26
to theその moments瞬間 forために creativity創造性 whereどこで you君は find見つける, in quiet静か times,
庭のテラスに顔を描いて遊んだり
ふとした瞬間に創作意欲がわくものです
18:29
by〜によって making作る faces on theその patioパティオ
庭のテラスに顔を描いて遊んだり
ふとした瞬間に創作意欲がわくものです
18:32
to letting〜する her彼女 sit座る in theその very非常に desk
僕が20年愛用している
あの机で遊ばせたりもするんです
18:36
thatそれ I've私は sat座っている in forために theその past過去 20 years.
僕が20年愛用している
あの机で遊ばせたりもするんです
18:38
Thank感謝 you君は. (Applause拍手)
ありがとうございました(拍手)
18:41
Translated by Akiko Hicks
Reviewed by Kana Tsumoto

▲Back to top

About the speaker:

Jarrett J. Krosoczka - Author/illustrator
Jarrett J. Krosoczka is the author/illustrator of countless children's books and graphic novels, including Good Night, Monkey Boy, Baghead and the Lunch Lady series.

Why you should listen

Jarrett J. Krosoczka has been a storyteller since the ripe age of eight, when he wrote his first book, The Owl Who Thought He Was The Best Flyer, about an owl who challenged Hermes to a flying race. Since that rather promising start Krosoczka has published 18 picture books and graphic novels for children, including the much-loved Lunch Lady series, which is a two-time winner of the Children's Choice Book Award. Krosoczka hosts The Book Report with JJK on Sirius XM's Kids Place Live, a radio show about books, aimed at kids 10 and younger. In 2010 he founded the Joseph and Shirley Krosoczka Memorial Youth Scholarships at Worcester Art Museum, to fund classes for young and underprivileged aspiring artists.

More profile about the speaker
Jarrett J. Krosoczka | Speaker | TED.com