English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2012

Lee Cronin: Print your own medicine

リー・クローニン: 自分専用の薬を印刷しよう

Filmed
Views 992,569

化学者リー・クローニンは、物体ではなく、分子を印刷することができる3Dプリンターの開発に取り組んでいます。これが応用できれば将来は化学物質をインクとして自分専用の薬を印刷するという驚くべき可能性も期待できそうです。

- Chemist
A professor of chemistry, nanoscience and chemical complexity, Lee Cronin and his research group investigate how chemistry can revolutionize modern technology and even create life. Full bio

Organicオーガニック chemists化学者 make作る molecules分子,
有機化学者は
00:16
very非常に complicated複雑な molecules分子,
大きな分子を切ったり
00:19
by〜によって choppingチョッピング upアップ aa big大きい molecule分子 into small小さい molecules分子
既存の分子を分析して
00:21
andそして reverse engineeringエンジニアリング.
複雑な分子を作ります
00:24
Andそして asとして aa chemist化学者,
数年前 研究室のグループに
何にでも使える
00:26
one1 of theその thingsもの I wanted欲しい to ask尋ねる myじぶんの research研究 groupグループ aa coupleカップル of years ago is,
数年前、研究室のグループに
何にでも使える
00:27
couldできた we我々 make作る aa really本当に coolクール universalユニバーサル chemistry化学 setセット?
化学実験キットが作れないか
課題を出しました
00:31
In essenceエッセンス, couldできた we我々 "appアプリ" chemistry化学?
つまり化学のアプリ化が
可能かということです
00:35
Now what would〜する thisこの mean平均, andそして howどうやって would〜する we我々 do行う itそれ?
ではアプリ化の
意味と方法を見てみましょう
00:40
Wellよく to start開始 to do行う thisこの,
始めるにあたって
00:43
we我々 took取った aa 3Dd printerプリンタ
3Dプリンターを用意し
00:45
andそして we我々 started開始した to print印刷する our我々の beakersビーカー andそして our我々の testテスト tubesチューブ on one1 side
ビーカーや試験管などの
実験容器を印刷しました
00:47
andそして then次に print印刷する theその molecule分子 at〜で theその same同じ time時間 on theその otherその他 side
同時に別のプリンターで
分子を印刷し
00:51
andそして combine結合する themそれら together一緒に in what we我々 callコール reactionware反応装置.
「反応容器」の中で
組み合わせました
00:55
Andそして soそう by〜によって printing印刷 theその vessel容器 andそして doingやっている theその chemistry化学 at〜で theその same同じ time時間,
容器と分子の
同時印刷によって
00:58
we我々 mayかもしれない start開始 to accessアクセス thisこの universalユニバーサル toolkitツールキット of chemistry化学.
化学アプリ開発の
可能性が生まれます
01:03
Now what couldできた thisこの mean平均?
これは何を意味するか
01:08
Wellよく ifif we我々 canできる embed埋め込み biological生物学的 andそして chemical化学 networksネットワーク like好きな aa searchサーチ engineエンジン,
生体 化学的ネットワークを
検索エンジンのように組み込めれば
01:09
soそう ifif you君は have持ってる aa cell細胞 that'sそれは ill病気 thatそれ you君は need必要 to cure治す
病気の細胞を治したい時や
01:15
orまたは bacteria細菌 thatそれ you君は want欲しいです to kill殺します,
細菌を殺したい時に
01:18
ifif you君は have持ってる thisこの embedded埋め込み in yourきみの deviceデバイス
手持ちの端末に
これが組み込まれていれば
01:20
at〜で theその same同じ time時間, andそして you君は do行う theその chemistry化学,
化学実験をしながら
01:22
you君は mayかもしれない be〜する ableできる to make作る drugs薬物 in aa new新しい way方法.
全く新しい方法で
薬が作れるかもしれません
01:24
Soそう howどうやって are we我々 doingやっている thisこの in theその lab研究室?
これをラボでやるとしたら
01:28
Wellよく itそれ requires要求する softwareソフトウェア, itそれ requires要求する hardwareハードウェア
必要なのは
ソフトウェアとハードウェア
01:30
andそして itそれ requires要求する chemical化学 inksインク.
そして化学物質のインクです
01:33
Andそして soそう theその really本当に coolクール bitビット is,
これの凄い点は
01:36
theその ideaアイディア is thatそれ we我々 want欲しいです to have持ってる aa universalユニバーサル setセット of inksインク
化学物質インクを一式用意し
01:37
thatそれ we我々 put置く outでる with〜と theその printerプリンタ,
プリンターにセットして
01:40
andそして you君は downloadダウンロード theその blueprint青写真, theその organicオーガニック chemistry化学 forために thatそれ molecule分子
分子の設計図を
ダウンロードして
01:43
andそして you君は make作る itそれ in theその deviceデバイス.
端末上で作れるところです
01:47
Andそして soそう you君は canできる make作る yourきみの molecule分子 in theその printerプリンタ usingを使用して thisこの softwareソフトウェア.
アプリを使って分子を
作るわけです
01:50
Soそう what couldできた thisこの mean平均?
最終的には
01:55
Wellよく, ultimately最終的に, itそれ couldできた mean平均 thatそれ you君は couldできた print印刷する yourきみの own自分の medicine医学.
自分の薬を自分で印刷出来る
ようになります
01:58
Andそして thisこの is what we're私たちは doingやっている in theその lab研究室 at〜で theその moment瞬間.
今はまだ研究段階ですが
02:03
Butだけど to take取る baby赤ちゃん stepsステップ to get取得する thereそこ,
目標に少しでも近付くために
02:05
first最初 of allすべて we我々 want欲しいです to look見える at〜で drugドラッグ design設計 andそして production製造,
まず 薬の構造や製薬方法
つまり-
02:06
orまたは drugドラッグ discovery発見 andそして manufacturing製造.
薬の開発や製造を考慮する
必要があります
02:09
Becauseなぜなら ifif we我々 canできる manufacture製造 itそれ after we've私たちは discovered発見された itそれ,
薬の開発後に製造ができれば
02:12
we我々 couldできた deploy展開する itそれ anywhereどこでも.
どこにでも薬を
届けられるからです
02:15
You君は don'tしない need必要 to go行く to theその chemist化学者 anymoreもう.
薬局に行く必要はなくなります
02:17
We我々 canできる print印刷する drugs薬物 at〜で pointポイント of need必要.
必要な場所で薬品を印刷し
02:19
We我々 canできる downloadダウンロード new新しい diagnostics診断.
新しい診断も
ダウンロードできます
02:22
Sayいう aa new新しい superスーパー bugバグ has持っている emerged出現した.
新種の薬剤耐性菌が現れても
すぐに検索して
02:24
You君は put置く itそれ in yourきみの searchサーチ engineエンジン,
新種の薬剤耐性細菌が現れても
すぐに検索して
02:26
andそして you君は create作成する theその drugドラッグ to treat治療する theその threat脅威.
治療薬が作れます
02:28
Soそう thisこの allows許す you君は on-the-fly急いで molecular分子 assemblyアセンブリ.
その場で分子を
構築できるのです
02:31
Butだけど perhapsおそらく forために me theその coreコア bitビット going行く into theその future未来
私が考えるこの研究の
将来性は
02:35
is thisこの ideaアイディア of taking取る yourきみの own自分の stem cells細胞,
人間の幹細胞を採取し
02:38
with〜と yourきみの genes遺伝子 andそして yourきみの environment環境,
遺伝子情報や環境と合わせて
02:41
andそして you君は print印刷する yourきみの own自分の personal個人的 medicine医学.
自分専用の薬が
印刷できるという発想です
02:43
Andそして ifif thatそれ doesn'tしない seem思われる fanciful想像 enough十分な,
もっと空想を広げるならば
02:46
whereどこで do行う you君は think思う we're私たちは going行く to go行く?
さらにこの後に待つのは
02:48
Wellよく, you'reあなたは going行く to have持ってる yourきみの own自分の personal個人的 matter問題 fabricator製作者.
個人専用の
物質構成装置かもしれません
02:50
Beamビーム me upアップ, Scottyスコッチ.
「チャーリー、転送を頼む」
02:55
(Applause拍手)
(拍手)
02:57

▲Back to top

About the speaker:

Lee Cronin - Chemist
A professor of chemistry, nanoscience and chemical complexity, Lee Cronin and his research group investigate how chemistry can revolutionize modern technology and even create life.

Why you should listen

Lee Cronin's lab at the University of Glasgow does cutting-edge research into how complex chemical systems, created from non-biological building blocks, can have real-world applications with wide impact. At TEDGlobal 2012, Cronin shared some of the lab's latest work: creating a 3D printer for molecules. This device -- which has been prototyped -- can download plans for molecules and print them, in the same way that a 3D printer creates objects. In the future, Cronin says this technology could potentially be used to print medicine -- cheaply and wherever it is needed. As Cronin says: "What Apple did for music, I'd like to do for the discovery and distribution of prescription drugs."

At TEDGlobal 2011, Cronin shared his lab's bold plan to create life. At the moment, bacteria is the minimum unit of life -- the smallest chemical unit that can undergo evolution. But in Cronin's emerging field, he's thinking about forms of life that won't be biological. To explore this, and to try to understand how life itself originated from chemicals, Cronin and others are attempting to create truly artificial life from completely non-biological chemistries that mimic the behavior of natural cells. They call these chemical cells, or Chells. 

Cronin's research interests also encompass self-assembly and self-growing structures -- the better to assemble life at nanoscale. At the University of Glasgow, this work on crystal structures is producing a raft of papers from his research group. He says: "Basically one of my longstanding research goals is to understand how life emerged on planet Earth and re-create the process."

Read the papers referenced in his TEDGlobal 2102 talk:

Integrated 3D-printed reactionware for chemical synthesis and analysis, Nature Chemistry

Configurable 3D-Printed millifluidic and microfluidic ‘lab on a chip’ reactionware devices, Lab on a Chip

More profile about the speaker
Lee Cronin | Speaker | TED.com