English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED@BCG San Francisco

Anne Milgram: Why smart statistics are the key to fighting crime

アン・ミルグラム: 犯罪抑止の鍵はハイテク統計

Filmed
Views 888,111

2007年にニュージャージー州の州司法長官になったアン・ミルグラムは驚くべき事実に気づきました。自分達がどんな人間を刑務所に送っているのか把握していない上に、判決によって社会が本当に安全になったかを知る術が無かったのです。ここから彼女のインスピレーションに満ちた探求、すなわち、アメリカの刑事司法制度にデータ分析と統計分析を取り入れる試みが始まったのです。

- Criminal justice reformer
Anne Milgram is committed to using data and analytics to fight crime. Full bio

In 2007, I becameなりました theその attorney弁護士 general一般
2007年に 私はニュージャージー州の
00:12
of theその state状態 of New新しい Jerseyジャージー.
州司法長官になりました
00:15
Before thatそれ, I'd私は beenされている aa criminal犯罪者 prosecutor検察官,
それまではマンハッタン地区の
00:17
first最初 in theその Manhattanマンハッタン district地区 attorney's弁護士 office事務所,
地区検察局や
00:19
andそして then次に at〜で theその Unitedユナイテッド States Department部門 of Justice正義.
司法省で検察官をしていました
00:22
Butだけど whenいつ I becameなりました theその attorney弁護士 general一般,
州司法長官になって
00:24
two thingsもの happened起こった thatそれ changedかわった
theその way方法 I see見る criminal犯罪者 justice正義.
刑事裁判の見方が変わる
2つの出来事がありました
00:26
Theその first最初 is thatそれ I asked尋ねた what I thought思想
1つ目は根本的な疑問を
00:30
wereあった really本当に basic基本的な questions質問.
抱くようになったことです
00:32
I wanted欲しい to understandわかる who we我々 wereあった arresting逮捕する,
自分達が どんな人間を
00:35
who we我々 wereあった charging充電,
逮捕し 告訴して
00:37
andそして who we我々 wereあった puttingパッティング in our我々の nation's国の jails刑務所
刑務所や拘置所に
送っているのだろうか?
00:39
andそして prisons刑務所.
刑務所や拘置所に
送っているのだろうか?
00:41
I alsoまた、 wanted欲しい to understandわかる
また 社会が
もっと安全になるような
00:43
ifif we我々 wereあった making作る decisions決定
また 社会が
もっと安全になるような
00:44
in aa way方法 thatそれ made us米国 saferより安全な.
判決を下しているのだろうか?
00:46
Andそして I couldn'tできなかった get取得する thisこの information情報 outでる.
でも そういう情報は
手に入りませんでした
00:48
Itそれ turned回した outでる thatそれ most最も big大きい criminal犯罪者 justice正義 agencies代理店
ニュージャージー州を含む
大規模な刑事司法機関では
00:51
like好きな myじぶんの own自分の
肝心な点を追跡調査して
いなかったのです
00:55
didn'tしなかった trackトラック theその thingsもの thatそれ matter問題.
肝心な点を追跡調査して
いなかったのです
00:56
Soそう after about aa month of beingであること incredibly信じられないほど frustrated挫折した,
不満を募らせながら
1か月待ち
00:58
I walked歩いた downダウン into aa conference会議 roomルーム
刑事が居並ぶ会議室に
01:02
thatそれ wasあった filled満たされた with〜と detectives探偵
乗り込みました
01:04
andそして stacksスタック andそして stacksスタック of case場合 filesファイル,
事件ファイルが
山積みになっていて
01:06
andそして theその detectives探偵 wereあった sitting座っている thereそこ
皆 黄色のレポート用紙に
01:08
with〜と yellow legal法的 padsパッド taking取る notesノート.
メモを取っていました
01:10
They彼ら wereあった trying試す to get取得する theその information情報
必要な情報を
手に入れるために
01:12
I wasあった looking探している forために
必要な情報を
手に入れるために
01:13
by〜によって going行く throughを通して case場合 by〜によって case場合
過去5年間の事件を
01:15
forために theその past過去 five years.
全てチェックさせたのです
01:17
Andそして asとして you君は canできる imagine想像する,
すると 皆さんの想像通り —
01:19
whenいつ we我々 finally最後に got持っている theその results結果, they彼ら weren'tなかった good良い.
ひどい状況が明らかになりました
01:20
Itそれ turned回した outでる thatそれ we我々 wereあった doingやっている
調査によると扱った事件の多くが
01:23
aa lotロット of low-level低レベル drugドラッグ cases症例
トレントンにある自分達の職場の
01:25
on theその streets通り justちょうど aroundまわり theその cornerコーナー
周辺で発生した ―
01:27
fromから our我々の office事務所 in Trentonトレントン.
比較的軽い
麻薬犯罪だったのです
01:28
Theその second二番 thingもの thatそれ happened起こった
2つ目の出来事とは
01:30
is thatそれ I spent過ごした theその day in theその Camdenカムデン,
New新しい Jerseyジャージー police警察 department部門.
ニュージャージー州
カムデン警察署での経験です
01:32
Now, at〜で thatそれ time時間, Camdenカムデン, New新しい Jerseyジャージー,
当時カムデンは
01:35
wasあった theその most最も dangerous危険な cityシティ in Americaアメリカ.
アメリカで最も危険な街でした
01:37
I ran走った theその Camdenカムデン Police警察
Department部門 becauseなぜなら of thatそれ.
だから私がカムデン署を
指揮することになったのです
01:40
I spent過ごした theその day in theその police警察 department部門,
私はその日 署を訪れ
01:44
andそして I wasあった taken撮影 into aa roomルーム
with〜と senior上級 police警察 officials関係者,
カムデンの犯罪を減らそうと
01:46
allすべて of whom wereあった workingワーキング hardハード
全力を尽くしている —
01:49
andそして trying試す very非常に hardハード to reduce減らす crime犯罪 in Camdenカムデン.
警察幹部の部屋に通されました
01:50
Andそして what I saw見た in thatそれ roomルーム,
私達が犯罪撲滅について
01:54
asとして we我々 talked話した about howどうやって to reduce減らす crime犯罪,
話し合っている時 目にしたのは
01:55
wereあった aa seriesシリーズ of officers役員 with〜と aa
lotロット of little少し yellow sticky粘着性の notesノート.
黄色い付箋を
大量に持った警官達でした
01:58
Andそして they彼ら would〜する take取る aa yellow sticky粘着性の
andそして they彼ら would〜する write書きます something何か on itそれ
皆 付箋にメモを書いて
ボードに貼り
02:01
andそして they彼ら would〜する put置く itそれ upアップ on aa boardボード.
次々と報告していきます
02:04
Andそして one1 of themそれら said前記,
"We我々 had持っていました aa robbery強盗 two weeks ago.
「2週間前 強盗事件発生 —
02:06
We我々 have持ってる noいいえ suspects容疑者."
容疑者情報なし」
02:08
Andそして another別の said前記, "We我々 had持っていました aa shooting射撃 in thisこの neighborhoodご近所 last最終 week週間. We我々 have持ってる noいいえ suspects容疑者."
「先週この付近で銃撃事件発生
容疑者情報なし」・・・
02:10
We我々 weren'tなかった usingを使用して data-drivenデータ駆動型 policingポリシング.
捜査にデータを
活用していなかったのです
02:15
We我々 wereあった essentially基本的に trying試す to fight戦い crime犯罪
黄色の付箋だけを頼りに
02:18
with〜と yellow Post-itポストイット notesノート.
犯罪に闘いを
挑むようなものです
02:20
Now, bothどちらも of theseこれら thingsもの made me realize実現する
この2つの出来事がきっかけで
02:22
fundamentally根本的に thatそれ we我々 wereあった failing失敗する.
根本的な失敗に
気づいたのです
02:24
We我々 didn'tしなかった even偶数 know知っている who wasあった
in our我々の criminal犯罪者 justice正義 systemシステム,
私達は どんな人間が
裁判を受けているか知らず
02:28
we我々 didn'tしなかった have持ってる anyどれか dataデータ about
theその thingsもの thatそれ mattered重要な,
必要なデータがない上に
共有もしていない・・・
02:31
andそして we我々 didn'tしなかった shareシェア dataデータ orまたは useつかいます analytics分析
適切な判断を下したり
犯罪を減らすための
02:34
orまたは toolsツール to help助けて us米国 make作る betterより良い decisions決定
データ分析手法やツールさえ
使っていませんでした
02:36
andそして to reduce減らす crime犯罪.
データ分析手法やツールさえ
使っていませんでした
02:39
Andそして forために theその first最初 time時間, I started開始した to think思う
私は 初めて判決に至る過程を
02:41
about howどうやって we我々 made decisions決定.
検討し始めました
02:43
Whenいつ I wasあった an assistantアシスタント Dd.Aa.,
地方検事補 時代も
02:45
andそして whenいつ I wasあった aa federal連邦 prosecutor検察官,
連邦検事だった時も
02:46
I looked見た at〜で theその cases症例 in frontフロント of me,
私は目の前の事件に集中し
02:48
andそして I generally一般的に made decisions決定 basedベース on myじぶんの instinct本能
勘と経験だけを頼りに
02:50
andそして myじぶんの experience経験.
判決を下してきました
02:52
Whenいつ I becameなりました attorney弁護士 general一般,
州司法長官になって
02:54
I couldできた look見える at〜で theその systemシステム asとして aa whole全体,
制度全体が見えるようになると
02:56
andそして what surprised驚いた me is thatそれ I found見つけた
驚くべき発見がありました
02:57
thatそれ thatそれ wasあった exactly正確に howどうやって we我々 wereあった doingやっている itそれ
司法制度における どの部門でも
02:59
across横断する theその entire全体 systemシステム ---
勘と経験だけで
判断していたのです
03:01
in police警察 departments部門, in prosecutors's検察官 officesオフィス,
警察署でも検察局でも
03:03
in courts裁判所 andそして in jails刑務所.
裁判所でも刑務所でも同じでした
03:06
Andそして what I learned学んだ very非常に quickly早く
上手くいっていないのは
03:09
is thatそれ we我々 weren'tなかった doingやっている aa good良い jobジョブ.
明白だったので 別の方法が
03:11
Soそう I wanted欲しい to do行う thingsもの differently異なって.
必要だと感じました
03:14
I wanted欲しい to introduce紹介する dataデータ andそして analytics分析
データや分析法や
03:16
andそして rigorous厳しい statistical統計的 analysis分析
厳密な統計解析の導入が
03:19
into our我々の work作業.
必要だと思ったのです
03:21
In shortショート, I wanted欲しい to moneyballマネーボール criminal犯罪者 justice正義.
要は刑事司法制度界の
「マネーボール」です
03:22
Now, moneyballマネーボール, asとして manyたくさんの of you君は know知っている,
ご存じの通り マネーボールとは
03:25
is what theその Oaklandオークランド A'sとして didした,
オークランド・A's が
03:27
whereどこで they彼ら used中古 smartスマート dataデータ andそして statistics統計
勝利に貢献できる選手を
獲得するために
03:29
to figure数字 outでる howどうやって to pickピック players選手
データと統計を
駆使した手法のことです
03:31
thatそれ would〜する help助けて themそれら win勝つ gamesゲーム,
データと統計を
駆使した手法のことです
03:32
andそして they彼ら went行った fromから aa systemシステム thatそれ
wasあった basedベース on baseball野球 scoutsスカウト
かつてはスカウトが
実際に選手を見て
03:34
who used中古 to go行く outでる andそして watch時計 players選手
勘と経験を頼りに
03:37
andそして useつかいます their彼らの instinct本能 andそして experience経験,
勘と経験を頼りに
03:39
theその scouts'スカウト ' instincts本能 andそして experience経験,
選手を獲得していましたが
03:40
to pickピック players選手, fromから one1 to useつかいます
今ではデータと
厳密な統計分析によって
03:42
smartスマート dataデータ andそして rigorous厳しい statistical統計的 analysis分析
今ではデータと
厳密な統計分析によって
03:44
to figure数字 outでる howどうやって to pickピック players選手
thatそれ would〜する help助けて themそれら win勝つ gamesゲーム.
勝利に貢献できる選手を
選びだしています
03:47
Itそれ worked働いた forために theその Oaklandオークランド A'sとして,
A's で成功した この手法は
03:50
andそして itそれ worked働いた in theその state状態 of New新しい Jerseyジャージー.
ニュージャージーでも成功しました
03:52
We我々 took取った Camdenカムデン offオフ theその top of theその listリスト
カムデンは全米で最も危険な街という
03:54
asとして theその most最も dangerous危険な cityシティ in Americaアメリカ.
汚名を返上しました
03:56
We我々 reduced削減 murders殺人 thereそこ by〜によって 41 percentパーセント,
殺人事件は41%減少しました
03:58
whichどの actually実際に means手段 37 lives人生 wereあった saved保存された.
つまり37人の命が
救われたのです
04:01
Andそして we我々 reduced削減 allすべて crime犯罪 in theその cityシティ by〜によって 26 percentパーセント.
犯罪の総数は26%減少しました
04:04
We我々 alsoまた、 changedかわった theその way方法
we我々 didした criminal犯罪者 prosecutions起訴.
また刑事訴追の方法も
改めました
04:08
Soそう we我々 went行った fromから doingやっている low-level低レベル drugドラッグ crimes犯罪
私達の身の回りで起こる ―
04:11
thatそれ wereあった outside外側 our我々の building建物
比較的軽い麻薬犯罪よりも
04:13
to doingやっている cases症例 of statewide州全体 importance重要度,
州全体に関わる事件 例えば
04:15
on thingsもの like好きな reducing還元する violence暴力
with〜と theその most最も violent暴力的な offenders犯罪者,
重大な暴力犯罪の抑止や
04:17
prosecuting起訴 street通り gangsギャング,
ストリートギャングの摘発 —
04:20
gun andそして drugドラッグ trafficking人身売買, andそして political政治的 corruption腐敗.
銃と麻薬の取引や
政治汚職の摘発に力を入れました
04:22
Andそして allすべて of thisこの matters問題 greatly大きく,
どれも非常に重要です
04:26
becauseなぜなら publicパブリック safety安全性 to me
なぜなら 治安こそが
04:28
is theその most最も important重要 function関数 of government政府.
政府の最も重要な
仕事だと考えるからです
04:30
Ifif we're私たちは notない safe安全, we我々 can'tできない be〜する educated教育を受けた,
安全でなければ
教育も健康も保障できません
04:33
we我々 can'tできない be〜する healthy健康,
安全でなければ
教育も健康も保障できません
04:35
we我々 can'tできない do行う anyどれか of theその otherその他 thingsもの
we我々 want欲しいです to do行う in our我々の lives人生.
自分のやりたいことが
不可能になるのです
04:36
Andそして we我々 liveライブ in aa country today今日
現在この国は
04:39
whereどこで we我々 face serious深刻な criminal犯罪者 justice正義 problems問題.
刑事司法制度上の
深刻な問題を抱えています
04:41
We我々 have持ってる 12 million百万 arrests逮捕 everyすべて singleシングル year.
毎年1,200万人が逮捕されますが
04:44
Theその vast広大 majority多数 of thoseそれら arrests逮捕
そのほとんどは
04:48
are forために low-level低レベル crimes犯罪, like好きな misdemeanors軽犯罪,
重要度の低い軽犯罪で
04:50
70 to 80 percentパーセント.
70〜80%を占めます
04:53
Lessもっと少なく thanより five percentパーセント of allすべて arrests逮捕
凶悪犯罪は 逮捕総数の
04:55
are forために violent暴力的な crime犯罪.
わずか5%未満です
04:57
Yetまだ we我々 spend費やす 75 billion,
それでも州や地方で
04:58
that'sそれは bb forために billion,
それでも州や地方で
05:01
dollarsドル aa year on state状態 andそして local地元 corrections訂正 costsコスト.
犯罪者の更正にかかるコストは
750億ドルにのぼります
05:02
Right now, today今日, we我々 have持ってる 2.3 million百万 people
現在 230万人が拘置所や刑務所に
05:06
in our我々の jails刑務所 andそして prisons刑務所.
収監されています
05:09
Andそして we我々 face unbelievable信じられない publicパブリック safety安全性 challenges挑戦
これは治安上
極めて深刻な状況です
05:11
becauseなぜなら we我々 have持ってる aa situation状況
というのも拘置所に
05:14
in whichどの two thirds3分の1 of theその people in our我々の jails刑務所
収容されている人間の
3分の2は
05:16
are thereそこ waiting待っている forために trial試行.
裁判の開始を
待っているだけなのです
05:18
They彼ら haven't持っていない yetまだ beenされている convicted有罪となった of aa crime犯罪.
彼らは有罪判決を
受けたわけではなく
05:20
They're彼らは justちょうど waiting待っている forために their彼らの day in court裁判所.
ただ出廷の時を待っています
05:22
Andそして 67 percentパーセント of people come来る backバック.
さらに67%が再犯を重ねます
05:24
Our我々の recidivism再犯 rateレート is amongst間に
theその highest最高 in theその world世界.
州の再犯率は
世界的に見ても最悪です
05:28
Almostほぼ sevenセブン in 10 people who are released解放された
刑務所から10人釈放されても
05:31
fromから prison刑務所 will意志 be〜する rearrested後退する
7人程度が再逮捕され
05:33
in aa constant定数 cycleサイクル of crime犯罪 andそして incarceration投獄.
犯罪と監獄生活を
繰り返しています
05:35
Soそう whenいつ I started開始した myじぶんの jobジョブ at〜で theその Arnoldアーノルド Foundation財団,
私がアーノルド財団で
働きはじめた時 —
05:39
I came来た backバック to looking探している at〜で aa lotロット of theseこれら questions質問,
これまでの問題を振り返りました
05:41
andそして I came来た backバック to thinking考え about howどうやって
データと分析法を どう活用して
05:44
we我々 had持っていました used中古 dataデータ andそして analytics分析 to transform変換する
ニュージャージー州の刑事司法制度を
05:46
theその way方法 we我々 didした criminal犯罪者 justice正義 in New新しい Jerseyジャージー.
改革したか振り返ったのです
05:48
Andそして whenいつ I look見える at〜で theその criminal犯罪者 justice正義 systemシステム
現在のアメリカの
05:51
in theその Unitedユナイテッド States today今日,
刑事司法制度には
05:53
I feel感じる theその exact正確 same同じ way方法 thatそれ I didした
ニュージャージー州と
05:54
about theその state状態 of New新しい Jerseyジャージー whenいつ I started開始した thereそこ,
同じ課題があると思います
05:56
whichどの is thatそれ we我々 absolutely絶対に have持ってる to do行う betterより良い,
つまり まだまだ
改善の余地はあるし
05:59
andそして I know知っている thatそれ we我々 canできる do行う betterより良い.
改善できるはずです
06:02
Soそう I decided決定しました to focusフォーカス
そこで 私が集中して
取り組むことにしたのは
06:04
on usingを使用して dataデータ andそして analytics分析
そこで 私が集中して
取り組むことにしたのは
06:05
to help助けて make作る theその most最も criticalクリティカルな decision決定
治安上 最も重要な判断で
06:08
in publicパブリック safety安全性,
データ分析を使うことです
06:10
andそして thatそれ decision決定 is theその determination決定
そのような判断の一つは
06:12
of whetherかどうか, whenいつ someone誰か has持っている beenされている arrested逮捕された,
誰かを逮捕した時に
06:14
whetherかどうか they彼ら poseポーズ aa riskリスク to publicパブリック safety安全性
治安上のリスクが高いと
考えて勾留するか
06:16
andそして should〜すべき be〜する detained拘束された,
治安上のリスクが高いと
考えて勾留するか
06:18
orまたは whetherかどうか they彼ら don'tしない poseポーズ aa riskリスク to publicパブリック safety安全性
リスクは低いと考えて
釈放するかを
06:20
andそして should〜すべき be〜する released解放された.
決めるような場合です
06:22
Everythingすべて thatそれ happens起こる in criminal犯罪者 cases症例
この判断こそが
06:24
comes来る outでる of thisこの one1 decision決定.
刑事裁判の出発点で
06:26
Itそれ impacts影響 everythingすべて.
全てに影響を及ぼします
06:27
Itそれ impacts影響 sentencing判決.
量刑の判断にも
06:29
Itそれ impacts影響 whetherかどうか someone誰か gets取得 drugドラッグ treatment処理.
薬物治療の必要性にも
06:30
Itそれ impacts影響 crime犯罪 andそして violence暴力.
暴力や犯罪にも影響を及ぼします
06:32
Andそして whenいつ I talkトーク to judges判定 aroundまわり theその Unitedユナイテッド States,
最近 全国の判事から
06:34
whichどの I do行う allすべて theその time時間 now,
話を聞く機会が多いのですが
06:36
they彼ら allすべて sayいう theその same同じ thingもの,
全員が こう言います
06:38
whichどの is thatそれ we我々 put置く dangerous危険な people in jail刑務所,
「自分達は 危険な人間を
刑務所に送り
06:40
andそして we我々 let〜する non-dangerous危険でない, nonviolent非暴力 people outでる.
そうではない人間は
釈放している」
06:43
They彼ら mean平均 itそれ andそして they彼ら believe信じる itそれ.
全員がそう確信しています
06:47
Butだけど whenいつ you君は start開始 to look見える at〜で theその dataデータ,
でも判事達は
06:49
whichどの, by〜によって theその way方法, theその judges判定 don'tしない have持ってる,
データを持っていません
06:51
whenいつ we我々 start開始 to look見える at〜で theその dataデータ,
実際にデータを検討すると
06:53
what we我々 find見つける time時間 andそして time時間 again再び,
それに当てはまらないケースが
06:55
is thatそれ thisこの isn'tない theその case場合.
しばしば見つかるのです
06:57
We我々 find見つける low-riskリスクが低い offenders犯罪者,
刑事裁判を受けた者の
06:59
whichどの makes作る upアップ 50 percentパーセント of our我々の
entire全体 criminal犯罪者 justice正義 population人口,
50%を占める
危険度の低い犯罪者が
07:01
we我々 find見つける thatそれ they're彼らは in jail刑務所.
刑務所に入っています
07:05
Take取る Leslieレスリー Chew噛む, who wasあった aa Texasテキサス manおとこ
例えばテキサス出身の
レズリー・チューは
07:07
who stoleストール four4つの blankets毛布 on aa coldコールド winter night.
寒い冬の夜に
毛布を4枚盗んで
07:09
He wasあった arrested逮捕された, andそして he wasあった kept保管 in jail刑務所
逮捕されましたが
07:12
on 3,500 dollarsドル bail寄託,
3,500ドルの保釈金を
07:15
an amount thatそれ he couldできた notない afford余裕 to pay支払う.
払う事ができず
拘置所に入りました
07:17
Andそして he stayed滞在した in jail刑務所 forために eight8 months数ヶ月
それから裁判が始まるまで
07:20
until〜まで his case場合 came来た upアップ forために trial試行,
8か月も勾留されたのです
07:22
at〜で aa costコスト to taxpayers納税者 of moreもっと thanより 9,000 dollarsドル.
納税者の負担額は
9,000ドル以上になります
07:24
Andそして at〜で theその otherその他 end終わり of theその spectrumスペクトラム,
逆の場合でも
07:28
we're私たちは doingやっている an equally均等に terribleひどい jobジョブ.
状況は深刻です
07:30
Theその people who we我々 find見つける
極めて危険性が
高いと判断され
07:33
are theその highest-risk最高リスク offenders犯罪者,
極めて危険性が
高いと判断され
07:34
theその people who we我々 think思う have持ってる theその highest最高 likelihood尤度
釈放された場合
再犯の可能性が
07:36
of committingコミットする aa new新しい crime犯罪 ifif they're彼らは released解放された,
非常に高い犯罪者の内 ―
07:39
we我々 see見る nationally全国的に thatそれ 50 percentパーセント of thoseそれら people
実に50%が
釈放されています
07:41
are beingであること released解放された.
実に50%が
釈放されています
07:44
Theその reason理由 forために thisこの is theその way方法 we我々 make作る decisions決定.
こうなった原因は
判断の下し方にあります
07:46
Judges判定 have持ってる theその bestベスト intentions意図
判事はリスクの見極めに
07:49
whenいつ they彼ら make作る theseこれら decisions決定 about riskリスク,
最善を尽くしていますが
07:50
butだけど they're彼らは making作る themそれら subjectively主観的.
判断が主観的なのです
07:52
They're彼らは like好きな theその baseball野球 scoutsスカウト 20 years ago
20年前 野球のスカウト達が
07:55
who wereあった usingを使用して their彼らの instinct本能 andそして their彼らの experience経験
勘と経験だけを頼りに
07:57
to tryお試しください to decide決めます what riskリスク someone誰か posesポーズ.
リスクを評価したのと
同じことをしているのです
07:59
They're彼らは beingであること subjective主観的,
判事達は主観で判断しています
08:02
andそして we我々 know知っている what happens起こる
with〜と subjective主観的 decision決定 making作る,
ただ主観的な判断は
08:03
whichどの is thatそれ we我々 are oftenしばしば wrong違う.
しばしば誤りにつながります
08:06
What we我々 need必要 in thisこの spaceスペース
この分野に必要なのは
08:09
are strong強い dataデータ andそして analytics分析.
確かなデータと分析法なのです
08:11
What I decided決定しました to look見える forために
私が求めていたものは
08:13
wasあった aa strong強い dataデータ andそして analytic分析的 riskリスク assessment評価 toolツール,
確固たるデータと
分析的なリスク評価ツール —
08:15
something何か thatそれ would〜する let〜する judges判定 actually実際に understandわかる
すなわち
判事の前にいる人間が
08:18
with〜と aa scientific科学的 andそして objective目的 way方法
どんな危険性を持つかを
08:20
what theその riskリスク wasあった thatそれ wasあった posedポーズされた
科学的 客観的に
08:23
by〜によって someone誰か in frontフロント of themそれら.
捉えるためのツールでした
08:24
I looked見た allすべて over以上 theその country,
全国的に見ると
08:26
andそして I found見つけた thatそれ betweenの間に five andそして 10 percentパーセント
何らかのリスク評価ツールを
08:28
of allすべて Uあなた.Ss. jurisdictions管轄区域
利用しているのは
08:30
actually実際に useつかいます anyどれか typeタイプ of riskリスク assessment評価 toolツール,
全体の
わずか5〜10%でした
08:31
andそして whenいつ I looked見た at〜で theseこれら toolsツール,
実際のツールを見ていくと
08:34
I quickly早く realized実現した whyなぜ.
原因はすぐにわかりました
08:35
They彼ら wereあった unbelievably信じられないほど expensive高価な to administer管理する,
どれも管理コストが恐ろしく高く
08:37
they彼ら wereあった time-consuming時間がかかる,
時間もかかり
08:40
they彼ら wereあった limited限られた to theその local地元 jurisdiction管轄
地元でしか使えない —
08:42
in whichどの they'd彼らは beenされている created作成した.
ツールばかりだったのです
08:44
Soそう basically基本的に, they彼ら couldn'tできなかった be〜する scaled縮尺
そのため 基本的に
08:45
orまたは transferred移転した to otherその他 places場所.
対象エリアを広げたり
転用はできませんでした
08:47
Soそう I went行った outでる andそして built建てられた aa phenomenal驚異的 teamチーム
だから私はデータ科学者や
08:49
of dataデータ scientists科学者 andそして researchers研究者
研究者や統計学者からなる
08:51
andそして statisticians統計学者
優秀なチームを編成し
08:53
to buildビルドする aa universalユニバーサル riskリスク assessment評価 toolツール,
どこでも使える
リスク評価ツールを製作しました
08:55
soそう thatそれ everyすべて singleシングル judge裁判官 in
theその Unitedユナイテッド States of Americaアメリカ
目指したのは全米の判事全員が
08:58
canできる have持ってる an objective目的, scientific科学的 measure測定 of riskリスク.
客観的かつ科学的な
リスク評価ができることです
09:00
In theその toolツール thatそれ we've私たちは built建てられた,
このツールを使って
09:05
what we我々 didした wasあった we我々 collected集めました 1.5 million百万 cases症例
私達は150万件の
事例を集めました
09:06
fromから allすべて aroundまわり theその Unitedユナイテッド States,
アメリカ全土 つまり
09:09
fromから cities都市, fromから counties,
市や郡の裁判所 ―
09:11
fromから everyすべて singleシングル state状態 in theその country,
すべての州裁判所と
09:12
theその federal連邦 districts地区.
連邦地裁からです
09:14
Andそして with〜と thoseそれら 1.5 million百万 cases症例,
そして 公判前の
事例データとしては
09:16
whichどの is theその largest最大 dataデータ setセット on pretrial試行前
全米で最大規模となる —
09:18
in theその Unitedユナイテッド States today今日,
この150万例から
09:20
we我々 wereあった ableできる to basically基本的に find見つける thatそれ thereそこ wereあった
900以上のリスク要因を見つけ
09:22
900-plus-プラス riskリスク factors要因 thatそれ we我々 couldできた look見える at〜で
どの要素が
最も重要なのかを
09:23
to tryお試しください to figure数字 outでる what mattered重要な most最も.
突き止めようとしました
09:27
Andそして we我々 found見つけた thatそれ thereそこ wereあった nine9人 specific特定 thingsもの
その結果 全国的に共通し
09:30
thatそれ mattered重要な allすべて across横断する theその country
最もリスクを予測しやすい
09:32
andそして thatそれ wereあった theその most最も highly高く predictive予測的 of riskリスク.
要因が9つあると
わかりました
09:34
Andそして soそう we我々 built建てられた aa universalユニバーサル riskリスク assessment評価 toolツール.
こうして ユニバーサルな
リスク評価ツールが出来たのです
09:37
Andそして itそれ looks外見 like好きな thisこの.
画面をご覧ください
09:41
Asとして you'llあなたは see見る, we我々 put置く some一部 information情報 in,
多少の入力は必要ですが
09:42
butだけど most最も of itそれ is incredibly信じられないほど simple単純,
全体的に とてもシンプルで
09:45
it'sそれは easy簡単 to useつかいます,
使うのは簡単です
09:47
itそれ focuses焦点を当てる on thingsもの like好きな theその
defendant'sプロK補品にまステまステAX prior前の convictions信念,
このツールが扱うのは
被告の前科や
09:48
whetherかどうか they've彼らは beenされている sentenced宣告された to incarceration投獄,
禁固刑を受けた経験
暴力事件への関与や
09:51
whetherかどうか they've彼らは engaged従事する in violence暴力 before,
禁固刑を受けた経験
暴力事件への関与や
09:53
whetherかどうか they've彼らは even偶数 failed失敗した to come来る backバック to court裁判所.
裁判所に出頭しなかった前歴です
09:55
Andそして with〜と thisこの toolツール, we我々 canできる predict予測する three thingsもの.
このツールで
3つの予測が可能になります
09:58
First最初, whetherかどうか orまたは notない someone誰か will意志 commitコミット
まず 釈放後に別の犯罪を
犯す可能性の予測です
10:00
aa new新しい crime犯罪 ifif they're彼らは released解放された.
まず 釈放後に別の犯罪を
犯す可能性の予測です
10:02
Second二番, forために theその first最初 time時間,
2つ目は 初の試みですが
10:04
andそして I think思う thisこの is incredibly信じられないほど important重要,
とても重要と思われることで
10:05
we我々 canできる predict予測する whetherかどうか someone誰か will意志 commitコミット
釈放後に暴力事件を
10:07
an act行為 of violence暴力 ifif they're彼らは released解放された.
起こす可能性の予測です
10:09
Andそして that'sそれは theその singleシングル most最も important重要 thingもの
これは どの判事も
10:11
thatそれ judges判定 sayいう whenいつ you君は talkトーク to themそれら.
重要な要素だと考えています
10:13
Andそして third三番, we我々 canできる predict予測する whetherかどうか someone誰か
最後に 裁判所に出頭する ―
10:15
will意志 come来る backバック to court裁判所.
可能性の予測です
10:16
Andそして everyすべて singleシングル judge裁判官 in theその
Unitedユナイテッド States of Americaアメリカ canできる useつかいます itそれ,
アメリカの判事なら
誰でも このツールを利用できます
10:18
becauseなぜなら it'sそれは beenされている created作成した on aa universalユニバーサル dataデータ setセット.
どこにでも当てはまる
データに基づいているからです
10:22
What judges判定 see見る ifif they彼ら run走る theその riskリスク assessment評価 toolツール
リスク評価ツールを起動すると
10:25
is thisこの --- it'sそれは aa dashboardダッシュボード.
ダッシュボードが現れます
10:28
At〜で theその top, you君は see見る theその New新しい Criminal犯罪者 Activityアクティビティ Scoreスコア,
一番上は
「新規犯罪スコア」で
10:30
six6 of courseコース beingであること theその highest最高,
最高値は「6」です
10:33
andそして then次に in theその middle中間 you君は
see見る, "Elevated上昇した riskリスク of violence暴力."
その下は「暴力リスクの増加度」です
10:35
What thatそれ says言う is thatそれ thisこの person
この値は 対象となる人物が
10:37
is someone誰か who has持っている an elevated上昇した riskリスク of violence暴力
暴力的な傾向が強いかどうかを
10:39
thatそれ theその judge裁判官 should〜すべき look見える twice二度 at〜で.
判事が検討するために使います
10:41
Andそして then次に, towards方向 theその bottom,
さらに その下 ―
10:43
you君は see見る theその Failure失敗 to Appear現れる Scoreスコア,
「未出頭スコア」は
10:44
whichどの again再び is theその likelihood尤度
裁判所に再び出頭する
可能性を示しています
10:46
thatそれ someone誰か will意志 come来る backバック to court裁判所.
裁判所に再び出頭する
可能性を示しています
10:48
Now I want欲しいです to sayいう something何か really本当に important重要.
さて ここで強調したい点があります
10:51
It'sそれは notない thatそれ I think思う we我々 should〜すべき be〜する eliminating排除する
私はリスク評価において
判事の勘と経験を
10:53
theその judge's判定 instinct本能 andそして experience経験
すべて排除すべきだとは
10:56
fromから thisこの processプロセス.
考えていません
10:58
I don'tしない.
そうすべきではありません
10:59
I actually実際に believe信じる theその problem問題 thatそれ we我々 see見る
私達が直面している問題 つまり
11:00
andそして theその reason理由 thatそれ we我々 have持ってる
theseこれら incredible信じられない systemシステム errorsエラー,
非暴力的な者を刑務所に入れ
11:02
whereどこで we're私たちは incarcerating投獄
low-level低レベル, nonviolent非暴力 people
リスクが高い危険な者を
釈放するという
11:05
andそして we're私たちは releasing解放する high-riskリスクが高い, dangerous危険な people,
制度上のひどい誤りが
起きる原因は
11:08
is thatそれ we我々 don'tしない have持ってる an objective目的 measure測定 of riskリスク.
客観的にリスクを評価する
手段がないことです
11:12
Butだけど what I believe信じる should〜すべき happen起こる
しかし これからは
11:14
is thatそれ we我々 should〜すべき take取る thatそれ
data-drivenデータ駆動型 riskリスク assessment評価
データに基づくリスク評価と
11:16
andそして combine結合する thatそれ with〜と theその
judge's判定 instinct本能 andそして experience経験
判事の勘や経験を
組み合わせることで
11:18
to lead us米国 to betterより良い decision決定 making作る.
よりよい判断を
目指すべきだと考えます
11:21
Theその toolツール went行った statewide州全体 in Kentuckyケンタッキー州 on July7月 1,
このツールは7月1日に
ケンタッキー州全域で稼動し
11:24
andそして we're私たちは about to go行く upアップ in aa
number of otherその他 Uあなた.Ss. jurisdictions管轄区域.
他の管轄区域にも
広がりつつあります
11:28
Our我々の goalゴール, quiteかなり simply単に, is thatそれ everyすべて singleシングル judge裁判官
私達の目標は ただひとつ —
5年以内に
11:31
in theその Unitedユナイテッド States will意志 useつかいます aa data-drivenデータ駆動型 riskリスク toolツール
全米の判事が
このリスク評価ツールを
11:34
within以内 theその next five years.
使うようになることです
11:36
We're私たちは now workingワーキング on riskリスク toolsツール
私達は現在 ―
11:38
forために prosecutors検察官 andそして forために police警察 officers役員 asとして wellよく,
検察官や警官用の
ツールにも取り掛かっています
11:39
to tryお試しください to take取る aa systemシステム thatそれ runs走る today今日
現在のやり方は
11:43
in Americaアメリカ theその same同じ way方法 itそれ didした 50 years ago,
50年前と同じで
11:45
basedベース on instinct本能 andそして experience経験,
勘と経験に頼っていますが
11:48
andそして make作る itそれ into one1 thatそれ runs走る
これをデータと分析による
システムに替えたいのです
11:50
on dataデータ andそして analytics分析.
これをデータと分析による
システムに替えたいのです
11:52
Now, theその greatすばらしいです newsニュース about allすべて thisこの,
確かに まだ課題は
11:55
andそして we我々 have持ってる aa tonトン of work作業 left to do行う,
山ほど残っています
11:56
andそして we我々 have持ってる aa lotロット of culture文化 to change変化する,
考え方も変える必要があります
11:58
butだけど theその greatすばらしいです newsニュース about allすべて of itそれ
ただ この変革の素晴らしい点は
12:00
is thatそれ we我々 know知っている itそれ works作品.
効果が証明されていることです
12:02
It'sそれは whyなぜ Googlegoogle is Googlegoogle,
Googleはデータ分析により成功し
12:04
andそして it'sそれは whyなぜ allすべて theseこれら baseball野球 teamsチーム useつかいます moneyballマネーボール
野球チームは勝つために
「マネーボール」を採用するのです
12:06
to win勝つ gamesゲーム.
野球チームは勝つために
「マネーボール」を採用するのです
12:08
Theその greatすばらしいです newsニュース forために us米国 asとして wellよく
この手法が素晴らしいのは
12:10
is thatそれ it'sそれは theその way方法 thatそれ we我々 canできる transform変換する
アメリカの刑事司法制度を
12:12
theその Americanアメリカ人 criminal犯罪者 justice正義 systemシステム.
改善できるからです
12:14
It'sそれは howどうやって we我々 canできる make作る our我々の streets通り saferより安全な,
私達の街はもっと安全になり
12:16
we我々 canできる reduce減らす our我々の prison刑務所 costsコスト,
刑務所のコストは減り
12:18
andそして we我々 canできる make作る our我々の systemシステム muchたくさん fairerより公平な
制度は よりフェアで
公正なものになるのです
12:21
andそして moreもっと justちょうど.
制度は よりフェアで
公正なものになるのです
12:23
Some一部 people callコール itそれ dataデータ science科学.
これを「データ科学」と呼ぶ人もいますが
12:24
I callコール itそれ moneyballingマネーボール criminal犯罪者 justice正義.
私にとっては刑事司法界の
マネーボールなのです
12:26
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
12:29
(Applause拍手)
(拍手)
12:31
Translated by Kazunori Akashi
Reviewed by Tomoyuki Suzuki

▲Back to top

About the speaker:

Anne Milgram - Criminal justice reformer
Anne Milgram is committed to using data and analytics to fight crime.

Why you should listen

Anne Milgram is focused on reforming systems through smart data, analytics and technology. She is currently a Professor of Practice and Distinguished Scholar in Residence at New York University School of Law, where she is building a Criminal Justice Innovation Lab, dedicated to using data and technology to transform the American criminal justice system. She also teaches seminars on criminal justice policy and human trafficking. Milgram began her career as a criminal prosecutor, serving in state, local and federal prosecution offices.  She then became the Attorney General of the State of New Jersey, where she served as the Chief Law Enforcement Officer for the State and oversaw the Camden Police Department.

Though her work, Milgram seeks to bring the best of the modern world -- data, technology and analytics -- to bear in an effort to transform outdated systems and practices. Milgram is centered on creating a paradigm shift in how we think about innovation and reform in the criminal justice system and beyond.

Milgram graduated summa cum laude from Rutgers University and holds a Master of Philosophy in social and political theory from the University of Cambridge. She received her law degree from New York University School of Law.

More profile about the speaker
Anne Milgram | Speaker | TED.com