English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED1984

Nicholas Negroponte: 5 predictions, from 1984

1984年に、ニコラス・ネグロポンテが語った5つの予測

Filmed
Views 979,635

ニコラスネグロポンテの予測は、CD-ROM、ウェブ・インターフェース、自動対応端末、iPhoneのタッチパネル入力、「子ども1人に1台のラップトップ計画」など驚くほど的確である。

- Tech visionary
The founder of the MIT Media Lab, Nicholas Negroponte pushed the edge of the information revolution as an inventor, thinker and angel investor. He's the driving force behind One Laptop per Child, building computers for children in the developing world. Full bio

In thisこの ratherむしろ long長いです sortソート of marathonマラソン presentationプレゼンテーション,
マラソンみたいに長い講演になりますので
00:12
I've私は tried試した to breakブレーク itそれ upアップ into three parts部品:
3部に分けてお話しします
00:16
theその first最初 beingであること aa whole全体 lotロット of examples on howどうやって itそれ canできる be〜する
第1部では コンピューター操作を楽しくする方法や
00:18
aa little少し bitビット moreもっと pleasurable楽しい to deal対処 with〜と aa computerコンピューター
ヒューマン インターフェースの特徴について
00:23
andそして really本当に address住所 theその qualities品質 of theその human人間 interfaceインタフェース.
例をたくさんあげて紹介します
00:27
Andそして theseこれら will意志 be〜する some一部 simple単純 design設計 qualities品質
シンプルに設計されたものや
00:30
andそして they彼ら will意志 alsoまた、 be〜する some一部 qualities品質 of, ifif you君は will意志,
双方向性のある高度なインターフェースについても
00:33
theその intelligenceインテリジェンス of interactionインタラクション.
できれば紹介します
00:36
Then次に theその second二番 part will意志 really本当に justちょうど be〜する examples of new新しい technologiesテクノロジー ---
第2部では 新しい技術を紹介します
00:38
new新しい mediaメディア falling落下 very非常に muchたくさん into thatそれ mold.
新しいメディアが間違いなく向かう方向です
00:42
Again再び, I will意志 go行く throughを通して themそれら asとして fast速い asとして possible可能.
これも手短にお話しします
00:46
Andそして then次に theその last最終 one1 will意志 be〜する some一部 examples
第3部は これまでの成果です
00:49
I've私は beenされている ableできる to collect集める, whichどの I think思う
楽しむという事について
00:52
illustrate説明する thisこの at〜で least少なくとも asとして bestベスト I canできる, in theその world世界 of entertainment娯楽.
一番うまく説明できる例です
00:56
People have持ってる thisこの belief信念 --- andそして I shareシェア most最も of itそれ ---
皆さんも 私もかなり信じている事があります
01:02
thatそれ we我々 will意志 be〜する usingを使用して theその TVテレビ screensスクリーン orまたは their彼らの equivalents等価物
将来はテレビ画面などが電子書籍になる
01:08
forために electronic電子 books of theその future未来. Butだけど then次に you君は think思う,
ということです
01:12
"Myじぶんの God! What aa terribleひどい image画像 you君は get取得する whenいつ you君は look見える at〜で stillまだ picturesピクチャー on TVテレビ."
「テレビの静止画は汚い」と思うかもしれませんが
01:15
Wellよく, itそれ doesn'tしない have持ってる to be〜する terribleひどい.
汚いとは限りません
01:20
Andそして thatそれ is aa slide滑り台 taken撮影 fromから aa TVテレビ setセット
このスライドはテレビ画面を撮影したものです
01:22
andそして itそれ wasあった pre-processed前処理済み to be〜する very非常に sympathetic同情的な to theその TVテレビ medium,
テレビに合うように前処理した画像ですから
01:26
andそして itそれ absolutely絶対に looks外見 beautiful綺麗な.
かなり綺麗です
01:30
Wellよく, what's何ですか happened起こった? Howどうやって didした people get取得する into thisこの mess混乱?
なぜこんな問題が起きるのでしょう?
01:33
Whereどこで you君は are now, allすべて of aa sudden突然,
使用環境が急変したので
01:39
sitting座っている in frontフロント of personal個人的 computersコンピュータ
パソコンの前や
01:41
andそして videoビデオ textテキスト --- teletextテレテキスト systemsシステム,
文字多重放送システムの前に座って
01:43
andそして somewhat幾分 horrified恐るべき by〜によって what you君は see見る on theその screen画面?
画面を見るとなんだかガッカリするのです
01:47
Wellよく, you君は have持ってる to remember思い出す thatそれ TVテレビ wasあった designed設計
テレビは 対角線の8倍の長さだけ離れて
01:50
to be〜する looked見た at〜で eight8 times theその distance距離 of theその diagonal対角線.
見るように設計されています
01:53
Soそう you君は get取得する aa 13-inch-インチ, 19-inch-インチ, whateverなんでも, TVテレビ,
13インチでも19インチでもいいですが
01:56
andそして then次に you君は should〜すべき multiplyかける thatそれ by〜によって eight8
8倍してください
02:01
andそして that'sそれは theその distance距離 you君は should〜すべき sit座る away離れて fromから theその TVテレビ setセット.
それだけ離れて見るものです
02:03
Now we've私たちは put置く people 18 inchesインチ in frontフロント of aa TVテレビ,
でも 状況が変わって開発者が考えもしないほど
02:06
andそして allすべて theその artifacts成果物 thatそれ noneなし of theその original元の designersデザイナー expected期待される to be〜する seen見た,
近い距離で画面を見るように
02:11
allすべて of aa sudden突然, are staring凝視する you君は in theその face:
なりました
02:16
theその shadow maskマスク, theその scanスキャン lines, allすべて of thatそれ.
シャドーマスクや走査線もすぐ近くに見えます
02:18
Andそして they彼ら canできる be〜する treated治療された very非常に easily簡単に;
でも変更は簡単です
02:21
thereそこ are actually実際に ways方法 of getting取得 rid除去する of themそれら,
解決方法はあります
02:23
thereそこ are actually実際に ways方法 of justちょうど making作る absolutely絶対に beautiful綺麗な picturesピクチャー.
かなり綺麗な画像を映す方法があるのです
02:26
I'm私は talking話す hereここに aa little少し bitビット about display表示 technologiesテクノロジー.
少し ディスプレイ技術についてお話しします
02:32
Let〜する me talkトーク about howどうやって you君は mightかもしれない input入力 information情報.
情報を入力する方法の話です
02:35
Andそして myじぶんの favoriteお気に入り example is always常に fingers.
指の話をよくするのですが 私はタッチセンサー式の
02:38
I'm私は very非常に interested興味がある in touch-sensitiveタッチセンシティブな displaysディスプレイ.
ディスプレイが大好きです
02:42
High-techハイテク, high-touchハイタッチ. Isn'tない thatそれ what some一部 of you君は said前記?
ハイテク ハイタッチという言い方をする人もいます
02:44
It'sそれは certainly確かに aa very非常に important重要 medium forために input入力,
もちろん非常に重要な入力手段ですが
02:48
andそして aa lotロット of people think思う thatそれ fingers are aa very非常に low-resolution低解像度
ディスプレイに入力するには
02:55
sortソート of stylusスタイラス forために inputting入力 to aa display表示.
指では分解能が低いという人もいます
02:58
In fact事実, they're彼らは notない: it'sそれは really本当に aa very非常に, very非常に high-resolution高解像度 input入力 medium ---
でも実際は かなり高分解能です
03:02
you君は have持ってる to justちょうど do行う itそれ twice二度, you君は have持ってる to touchタッチ theその screen画面
2度しか操作は必要ありません
03:06
andそして then次に rotate回転する yourきみの finger slightly少し ---
画面に触って指を少し回せば
03:09
andそして you君は canできる move動く aa cursorカーソル with〜と greatすばらしいです accuracy正確さ.
かなり正確にカーソルが動きます
03:12
Andそして soそう whenいつ you君は see見る on theその market市場 theseこれら systemsシステム
端にダイオードがついた
03:15
thatそれ have持ってる justちょうど aa few少数 light emitting発光する diodesダイオード on theその side andそして are very非常に low低い resolution解決,
とても分解能の低いこんな装置を店で見たら
03:17
it'sそれは niceいい thatそれ they彼ら exist存在する becauseなぜなら itそれ stillまだ is betterより良い thanより nothing何も.
無いよりはましだと思うかもしれませんが
03:22
Butだけど itそれ, in some一部 senseセンス, missesミス theその pointポイント:
それは思い違いです
03:26
namelyすなわち, thatそれ fingers are aa very非常に, very非常に high-resolution高解像度 input入力 medium.
指はとても分解能が高いのです
03:28
Now, what are some一部 of theその otherその他 advantages利点?
ほかに特徴はあるでしょうか?
03:34
Wellよく, theその one1 advantage利点 is thatそれ you君は don'tしない have持ってる to pickピック themそれら upアップ,
何も持たなくてよい事です
03:36
andそして people don'tしない realize実現する howどうやって important重要 thatそれ is ---
この重要さに気づいてもらえないのですが
03:40
notない having持つ to pickピック upアップ yourきみの fingers to useつかいます themそれら. (Laughter笑い)
指を使う時に 指を持つ必要はないのです
03:44
Whenいつ you君は think思う forために aa second二番 of theその mouseマウス on Macintoshマッキントッシュ ---
マッキントッシュのマウスを思い出してください
03:47
andそして I will意志 notない criticize批判する theその mouseマウス tooあまりにも muchたくさん ---
マウスをそんなに否定するつもりはありませんが
03:54
whenいつ you'reあなたは typingタイピング --- what you君は have持ってる --- you君は want欲しいです to now put置く something何か ---
タイピング中に何か付け加えようとしたら
03:58
first最初 of allすべて, you'veあなたは got持っている to find見つける theその mouseマウス.
まずマウスを探します
04:02
You君は have持ってる to probably多分 stopやめる. Maybe多分 notない come来る to aa grinding研削 halt停止する,
すると動作が止まります 長い時間ではありませんが
04:04
butだけど you'veあなたは got持っている to sortソート of find見つける thatそれ mouseマウス. Then次に you君は find見つける theその mouseマウス,
マウスを見つける必要がありますし 見つけたら
04:09
andそして you'reあなたは going行く to have持ってる to wiggle揺れる itそれ aa little少し bitビット
すこしグルグルさせて
04:12
to see見る whereどこで theその cursorカーソル is on theその screen画面.
カーソルを探します
04:14
Andそして then次に whenいつ you君は finally最後に see見る whereどこで itそれ is,
位置が分かったら
04:16
then次に you'veあなたは got持っている to move動く itそれ to get取得する theその cursorカーソル over以上 thereそこ,
カーソルを移動させて
04:18
andそして then次に --- "Bang強打" --- you'veあなたは got持っている to hitヒット aa buttonボタン orまたは do行う whateverなんでも.
クリックします 何をするにもボタンを押しますから
04:20
That'sそれは four4つの separate別々の stepsステップ versus typingタイピング andそして then次に touching触れる
4段階必要です それに比べてタイビングしてタッチして
04:23
andそして typingタイピング andそして justちょうど doingやっている itそれ allすべて in one1 motionモーション ---
またタイピングするなら 1段階で済みます
04:26
orまたは one-and-a-half1年半, depending依存する on howどうやって you君は want欲しいです to countカウント.
1段階半かもしれませんが 数え方しだいです
04:31
Again再び, what I'm私は trying試す to do行う is justちょうど illustrate説明する
繰り返しますが 私は
04:35
theその kinds種類 of problems問題 thatそれ I think思う face theその designersデザイナー
新しいコンピューターシステムや 娯楽システムや
04:37
of new新しい computerコンピューター systemsシステム andそして entertainment娯楽 systemsシステム
教育システムの開発者たちが直面する問題を
04:41
andそして educational教育的 systemsシステム
インターフェースの特徴という観点から
04:44
fromから theその perspective視点 of theその quality品質 of thatそれ interfaceインタフェース.
説明したいのです
04:47
Andそして another別の advantage利点, of courseコース, of usingを使用して fingers is you君は have持ってる 10 of themそれら.
指は10本あるので それも利点になりますが
04:50
Andそして we我々 have持ってる never決して known既知の howどうやって to do行う thisこの technically技術的に,
技術的にどう扱うかは未知数です
04:55
soそう thisこの slide滑り台 is aa fake slide滑り台.
このスライドは見た目だけで
04:58
We我々 never決して succeeded成功した in usingを使用して ten fingers,
まだ 10本の指を使うには至っていませんが
05:00
butだけど thereそこ are certainある thingsもの you君は canできる do行う, obviously明らかに,
入力に2本以上の指を使ってできる事は
05:03
with〜と moreもっと thanより one-finger1本の指 input入力, whichどの is ratherむしろ fascinating魅力的な.
もちろんありますし かなり面白いものです
05:06
What we我々 didした stumbleつまずく across横断する wasあった something何か ...
コンピューター分野では
05:11
Again再び, whichどの is typical典型的な of theその computerコンピューター fieldフィールド,
解決できない問題点があっても
05:14
is whenいつ you君は have持ってる aa bugバグ thatそれ you君は can'tできない get取得する rid除去する of you君は turn順番 itそれ into aa feature特徴.
それを仕様としてしまうことがよくあります
05:17
Andそして maybe多分 ... (Laughter笑い)
(笑)
05:22
maybe多分 aa mouseマウス is aa new新しい kind種類 of bugバグ.
マウスも新たな問題点といえるかもしれません
05:24
Butだけど theその bugバグ in our我々の case場合 wasあった in touch-sensitiveタッチセンシティブな displaysディスプレイ:
今回の例では タッチパネルに問題があります
05:28
we我々 wanted欲しい to be〜する ableできる to drawドロー --- you君は know知っている, rubこする yourきみの finger
指で画面をこすって 連続した点を描けるようにしたいと
05:32
across横断する theその screen画面 to input入力 continuous連続 pointsポイント ---
思ったのですが
05:36
andそして thereそこ wasあった justちょうど tooあまりにも muchたくさん friction摩擦
画面がガラスの場合
05:39
created作成した betweenの間に yourきみの finger andそして theその glassガラス ---
指とガラスの摩擦が
05:41
ifif glassガラス wasあった theその substrate基板, whichどの itそれ usually通常 is.
大きすぎるのです
05:43
Soそう we我々 found見つけた thatそれ thatそれ actually実際に wasあった aa feature特徴
でも 圧力検知ディスプレイを作るなら
05:47
in theその senseセンス you君は couldできた buildビルドする aa pressure-sensitive感圧性 display表示.
これを長所として利用できるのです
05:50
Andそして whenいつ you君は touchタッチ itそれ with〜と yourきみの finger,
指で触った時に
05:53
you君は canできる actually実際に, then次に, introduce紹介する allすべて theその forces on theその face of thatそれ screen画面,
ある強さでいろんな力を
05:55
andそして thatそれ actually実際に has持っている aa certainある amount of value.
画面に伝えることができるのです
06:00
Let〜する me see見る ifif I canできる load負荷 another別の discディスク
ディスクを入れ替えて
06:04
andそして showショー you君は, quickly早く, an example.
一例を紹介しましょう
06:06
Now, imagine想像する aa screen画面, whichどの is notない onlyのみ touch-sensitiveタッチセンシティブな now,
接触だけでなく圧力も検知できる画面を
06:15
it'sそれは pressure-sensitive感圧性.
想像してください
06:18
Andそして it'sそれは pressure-sensitive感圧性 to theその forces bothどちらも in theその plane飛行機 of theその screen画面 ---
画面に沿うXY平面内と 奥に向かうZ方向の少なくとも1方向に
06:20
Xバツ, Yy, andそして Zz at〜で least少なくとも in one1 direction方向;
圧力を検知します
06:24
we我々 couldn'tできなかった figure数字 outでる howどうやって to come来る in theその otherその他 direction方向.
手前方向は検知できません
06:26
Butだけど let〜する me get取得する rid除去する of theその slide滑り台,
このスライドは消しましょう
06:30
andそして let'sさあ see見る ifif thisこの comes来る on.
さて映るでしょうか
06:34
OKOK. Soそう thereそこ is theその pressure-sensitive感圧性 display表示 in operation操作.
圧力検知ディスプレイで入力しているところです
06:41
Theその person's justちょうど, ifif you君は will意志, pushing押して on theその screen画面 to make作る aa curve曲線.
必要に応じて画面を押します
06:45
Butだけど thisこの is theその interesting面白い part.
面白い映像です
06:50
I want欲しいです to stopやめる itそれ forために aa second二番
ちょっと停止させましょう
06:52
becauseなぜなら theその movie映画 is very非常に badlyひどく made.
映像がかなり悪いですね
06:56
Andそして theその particular特に display表示 wasあった built建てられた about six6 years ago,
このディスプレイは6年前に作ったものですが
07:00
andそして whenいつ we我々 moved移動した fromから one1 roomルーム to another別の roomルーム,
部屋を移した時に
07:03
aa ratherむしろ large person sat座っている on itそれ andそして itそれ got持っている destroyed破壊されました.
大きな人が座って壊したので
07:05
Soそう allすべて we我々 have持ってる is thisこの record記録. (Laughter笑い)
この映像しか残っていません
07:09
Butだけど imagine想像する thatそれ screen画面 having持つ lotsロット of objectsオブジェクト on itそれ
いろんな項目が画面に表示されますので
07:12
andそして theその person has持っている touched触れた an objectオブジェクト ---
さっきの人みたいに
07:20
one1 of Nn --- like好きな he didした thereそこ, andそして then次に pushed押された on itそれ.
どれかに触れて ぐっと押すのです
07:23
Now, imagine想像する aa programプログラム
ここで 表示されたものが
07:28
whereどこで some一部 of thoseそれら objectsオブジェクト are physically物理的に heavyヘビー andそして some一部 are light:
重かったり軽かったりしたらどうでしょう
07:30
one1 is an anvilアンビル on aa fuzzyファジー rugラグ
一つは じゅうたんに置いた金床で
07:34
andそして theその otherその他 one1 is aa ping-pong卓球 ball on aa sheetシート of glassガラス.
もう一つは ガラスに置いたピンポン玉だとします
07:38
Andそして whenいつ you君は touchタッチ itそれ, you君は have持ってる to really本当に push押す very非常に hardハード
画面の金床に触って移動させるには
07:42
to move動く thatそれ anvilアンビル across横断する theその screen画面,
かなり強い力が必要です
07:46
andそして yetまだ you君は touchタッチ theその ping-pong卓球 ball very非常に lightly軽く
でも ピンポン玉ならサッと動かして 画面上を
07:48
andそして itそれ justちょうど scootsスカート across横断する theその screen画面.
飛びまわらせることができます
07:51
Andそして what you君は canできる do行う --- oopsおっとっと, I didn'tしなかった mean平均 to do行う thatそれ ---
何ができるかといえば -- おっとこれじゃない
07:53
what you君は canできる do行う is actually実際に feedフィード backバック to theその userユーザー
操作する人が物理的な特徴を感じるように
07:58
theその feeling感じ of theその physical物理的 propertiesプロパティ.
フィードバックするのです
08:02
Soそう again再び, they彼ら don'tしない have持ってる to be〜する weight重量;
重さとは限りません
08:05
they彼ら couldできた be〜する aa general一般 trying試す to move動く troops,
軍の指揮官なら
08:08
andそして he's彼は got持っている to move動く an aircraft航空機 carrierキャリア versus aa little少し boatボート.
小型船と空母を区別して動かせます
08:11
In fact事実, they彼ら funded資金提供 itそれ forために thatそれ very非常に reason理由.
まさしくそんな理由で投資してくれています
08:15
(Laughter笑い)
(笑)
08:18
Theその whole全体 notion概念, then次に, is one1 thatそれ at〜で theその interfaceインタフェース
このインターフェースの包括的な概念は
08:22
thereそこ are physical物理的 propertiesプロパティ in thatそれ transducerトランスデューサ ---
変換装置が物理的特徴を利用するという事です
08:28
in thisこの case場合 it'sそれは pressure圧力 andそして touches触れる ---
今の例では圧力と接触です
08:32
thatそれ allow許す you君は to presentプレゼント thingsもの to theその userユーザー thatそれ you君は couldできた never決して presentプレゼント before.
これによって今までになかったものを実現できます
08:34
Soそう it'sそれは notない simply単に looking探している at〜で theその quality品質 orまたは, ifif you君は will意志, theその luxury贅沢 of thatそれ interfaceインタフェース,
性能 つまりインターフェースの使いやすさだけに注目するのではなく
08:38
butだけど it'sそれは actually実際に looking探している at〜で theその ideaアイディア
今までになかったものを
08:43
of presentingプレゼンテーション thingsもの thatそれ previously前に couldn'tできなかった be〜する presented提示された before.
生み出していこうと考えているのです
08:45
I want欲しいです to move動く on to another別の example,
では 別の例を紹介しましょう
08:48
whichどの is one1 of aa different異なる sortソート, whereどこで we're私たちは trying試す to useつかいます computerコンピューター
コンピューターやビデオディスク技術を利用した
08:52
andそして videoビデオ discディスク technology技術 now to come来る upアップ with〜と aa new新しい kind種類 of book.
新しい形態の書籍を作り出そうとしています
08:58
Hereここに, theその ideaアイディア is thatそれ you'reあなたは going行く to take取る thisこの book,
考え方としては 普通の本に
09:03
ifif you君は will意志, andそして it'sそれは going行く to come来る alive生きている.
命を
09:08
You'reあなたは going行く to sortソート of breathe呼吸する life生活 into itそれ.
吹き込むのです
09:10
We我々 are soそう used中古 to doingやっている monologues独白.
一方的な伝達手段はよく目にします
09:13
Filmmakers映画制作者, forために example, are theその experts専門家 in monologueモノローグ making作る:
映画会社は一方向に情報を伝える作品を作っています
09:17
you君は make作る aa film andそして itそれ has持っている aa well-formedよく形成された beginning始まり, middle中間 andそして end終わり,
始まり 中盤 終わりをよく練って映画を作成します
09:21
andそして in some一部 senseセンス theその artアート of itそれ is thatそれ.
いってみれば その巧みさこそが本質です
09:24
Andそして you君は then次に sayいう, "There'sそこに an opportunity機会
「双方向形式の映画を作る可能性もあるよ」
09:27
forために making作る conversational会話 movies映画." Wellよく, what doesする thatそれ mean平均?
という人もいますが どういう意味でしょう?
09:31
Andそして itそれ sortソート of nibblesニブル at〜で theその coreコア of theその whole全体 profession職業
まるで映画とは何か 何を表現したいかという核心部分を
09:35
andそして allすべて theその assumptions仮定 of thatそれ medium.
覆してしまうかのような意見です
09:41
Soそう, book writing書き込み is theその same同じ thingもの.
書籍も同じことです
09:43
What I'll私はよ showショー you君は very非常に quickly早く is aa new新しい kind種類 of book
そこで 新形態の書籍に触れておきたいと思います
09:46
whereどこで itそれ is mixed混合 now with〜と ... allすべて sortsソート of thingsもの liveライブ in thereそこ,
あらゆるものがここに集約されています
09:49
butだけど you君は have持ってる to keepキープ aa few少数 thingsもの in mindマインド.
ただ 少し心に留めておいてほしい事があります
09:53
One1 is thatそれ thisこの book knows知っている about itself自体.
一つ目は この書籍が自分を分かっているという事です
09:56
Each frameフレーム of theその movie映画 has持っている information情報 about itself自体.
映画の各フレームにも自身の情報は入っていますが
10:01
Soそう itそれ knows知っている, orまたは at〜で least少なくとも thereそこ is computer-readableコンピュータ読み取り可能な information情報
この書籍には 少なくともコンピューターで読める情報が
10:07
in theその medium itself自体. It'sそれは justちょうど notない aa static静的 movie映画 frameフレーム.
入っています 固定された映画のフレームとは違います
10:12
That'sそれは one1 thingもの. Theその otherその他 is thatそれ you君は have持ってる to realize実現する
二つ目は お気づきのように
10:16
thatそれ itそれ is aa randomランダム accessアクセス medium,
ランダムアクセス可能な記憶媒体だという事です
10:18
andそして you君は canできる, in fact事実, branchブランチ andそして expand拡大する andそして elaborate精巧な andそして shrinkシュリンク.
分岐 拡張 詳細化 短縮などが可能です
10:21
Andそして hereここに --- again再び, myじぶんの favoriteお気に入り example --- is theその cookbook料理本,
私は料理本ラルース ガストロノミックがお気に入りで
10:24
theその "Larousselarous Gastronomiqueグルメ."
例として使いすぎかもしれませんが
10:28
Andそして I think思う I useつかいます theその example allすべて tooあまりにも oftenしばしば,
事典のようなこの料理本は
10:31
butだけど it'sそれは aa greatすばらしいです one1 becauseなぜなら thereそこ is aa classicクラシック endingエンディング in thatそれ little少し
お約束の台詞が最後に出てくるのでちょうどいいのです
10:34
encyclopedia-style百科事典スタイル cookbook料理本 thatそれ tells伝える you君は howどうやって to do行う something何か like好きな penguinペンギン,
ペンギンなんかのレシピの最後に
10:39
andそして you君は get取得する to theその end終わり of theその recipeレシピ andそして itそれ says言う, "Cookクック until〜まで done完了."
「火が通るまで加熱」と書いてあるのです
10:46
Now, thatそれ would〜する be〜する, ifif you君は will意志, theその top green trackトラック,
一番上の緑のトラックがその表現だとしましょう
10:50
whichどの doesn'tしない mean平均 tooあまりにも muchたくさん. Butだけど you君は mightかもしれない have持ってる to elaborate精巧な forために me
漠然とした表現ですから 初心者にはもっと
10:55
orまたは forために somebody誰か who isn'tない an expert専門家, andそして sayいう,
詳しい説明が必要です
10:59
"Cookクック at〜で 380 degrees forために 45 minutes."
「380度で45分加熱する」
11:01
Andそして then次に forために aa realリアル beginner初心者, you君は would〜する go行く downダウン even偶数 furtherさらに
もっと初心者なら さらに詳しく説明します
11:03
andそして elaborate精巧な moreもっと --- sayいう, "Open開いた theその ovenオーブン, preheat予熱, wait待つ forために theその light to go行く outでる,
「オーブンを開ける 予熱する ランプが消えるまで待つ
11:06
open開いた theその doorドア, don'tしない leave離れる itそれ open開いた tooあまりにも long長いです,
扉を開ける 長時間放置しない
11:10
put置く theその penguinペンギン in andそして shutシャット theその doorドア ..." (Laughter笑い) whateverなんでも.
ペンギンを中に入れる 扉を閉める」
11:13
Andそして that'sそれは aa muchたくさん moreもっと elaborate精巧な one1 thanより you君は dribbleドリブル backバック.
読み返すよりも分かりやすくなります
11:16
That'sそれは one1 kind種類 of useつかいます of randomランダム accessアクセス.
これがランダムアクセスを利用した一例です
11:19
Andそして theその otherその他 is whereどこで you君は want欲しいです to explain説明する theその same同じ thingもの in different異なる ways方法.
次は 言い方を変えて説明する例です
11:24
Ifif you'reあなたは in aa classroom教室 situation状況 andそして somebody誰か asks尋ねる aa question質問,
学校で誰かに質問されたら
11:32
theその last最終 thingもの you君は do行う is repeat繰り返す what you君は justちょうど said前記.
同じ事を ただ繰り返すことはしません
11:36
You君は tryお試しください andそして think思う of aa different異なる way方法 of saying言って theその same同じ thingもの,
言い方を変えて説明する方法を考えたり
11:39
orまたは ifif you君は know知っている theその particular特に student学生 andそして thatそれ student's学生の cognitive認知 styleスタイル,
その学生を知っていて考え方も分かっているなら
11:43
then次に you君は mightかもしれない sayいう itそれ in aa way方法 thatそれ you君は think思う
その学生の理解に合わせて
11:48
would〜する have持ってる aa good良い impedanceインピーダンス match一致 with〜と thatそれ student学生.
説明したりしますね
11:50
Thereそこ are allすべて sortsソート of techniques技術 you君は will意志 useつかいます ---
いろんな手法が使えます
11:53
andそして again再び, thisこの is aa different異なる kind種類 of branching分岐.
これは分岐の一例です
11:55
Soそう, what I will意志 showショー you君は is ... it'sそれは aa ratherむしろ boring退屈な book,
さて もっとつまらない本を紹介しましょう
11:59
butだけど I'm私は afraid恐れ sometimes時々 you君は have持ってる to do行う boring退屈な books
残念ですが つまらない本を何度か見ていただきます
12:05
becauseなぜなら yourきみの sponsorsスポンサー aren'tない necessarily必ずしも interested興味がある in fictionフィクション
スポンサーが 小説や娯楽本を好まない場合も
12:08
andそして entertainment娯楽. Andそして thisこの is aa book on howどうやって to repair修復 aa transmission送信.
あるからです これは変速機の修理法です
12:13
Now, I don'tしない even偶数 know知っている what vintageビンテージ theその transmission送信 is,
変速機の価値は知りませんが
12:19
butだけど let〜する me justちょうど showショー you君は very非常に quickly早く some一部 of itそれ, andそして we'll私たちは move動く on.
一部をざっとお見せします では行きましょう
12:22
(Videoビデオ) Narratorナレーター: Andそして continue持続する to get取得する descriptions説明 forために each of theseこれら chapters.
(映像)
12:33
Nicholasニコラス Negroponteネグロポンテ: Now, thisこの is his table of contents内容.
これは目次です
12:36
Justちょうど aa picture画像 of theその transmission送信, andそして asとして you君は rubこする yourきみの finger across横断する theその transmission送信
変速機の絵だけです
12:38
itそれ highlightsハイライト theその various様々な parts部品.
指でなぞると各部位が強調されます
12:42
Narratorナレーター: Whenいつ I find見つける aa chapter thatそれ I want欲しいです to see見る,
見たい章があれば
12:45
I justちょうど touchタッチ theその textテキスト andそして theその systemシステム will意志 formatフォーマット pagesページ forために me to read読む.
その文字に触れると 装置がページを用意します
12:47
Theその words言葉 orまたは phrasesフレーズ thatそれ are lit点灯 upアップ in red are glossary用語集 words言葉,
赤い語句には解説集が用意されていますので
12:59
soそう I canできる get取得する aa different異なる definition定義 by〜によって justちょうど touching触れる theその wordワード,
語句に触れるといろんな定義が表示されます
13:05
andそして theその definition定義 appears登場する, superimposed重ね合わされた over以上 theその illustration.
定義は絵に重なって表示されます
13:08
NNnn: Thisこの is about theその oil panパン, orまたは theその oil filterフィルタ andそして allすべて thatそれ.
これは油の受け皿や濾過機などの説明です
13:33
Thisこの is relatively比較的 important重要 becauseなぜなら itそれ setsセット theその pageページ ...
これは比較的重要なもので --
13:44
Narratorナレーター: Thisこの is another別の example of aa pageページ with〜と glossary用語集 words言葉
このページでは 用語集が用意されている語句が
13:48
highlighted強調表示された in red.
赤く表示されています
13:53
I canできる get取得する aa definition定義 of theseこれら words言葉 justちょうど by〜によって touching触れる themそれら,
触るだけで言葉の意味が分かります
13:57
andそして theその definition定義 will意志 appear現れる in theその illustration cornerコーナー.
定義はこの描画領域に表示されます
14:00
I canできる get取得する backバック to theその illustration, butだけど in thisこの case場合 it'sそれは notない aa singleシングル frameフレーム,
さっきの絵にも戻せます この場合静止画ではなく
14:08
butだけど it'sそれは actually実際に aa movie映画 of someone誰か coming到来 into theその frameフレーム andそして doingやっている theその repair修復
解説文どおりに修理する様子が
14:13
that'sそれは described記載された in theその textテキスト.
動画で表示されます
14:16
Theその two-headed二頭の sliderスライダー is aa speed速度 controlコントロール thatそれ allows許す me to watch時計 theその movie映画
2方向スライダーで速度を調節できます
14:19
at〜で various様々な speedsスピード, in forward前進 orまたは reverse.
動画の速度や再生方向を変えます
14:23
Andそして theその movie映画 is displayed表示される asとして aa full満員 frameフレーム movie映画.
全画面で表示します
14:26
I canできる go行く backバック to theその beginning始まり ... andそして play遊びます theその movie映画 at〜で full満員 speed速度.
最初に戻せますし 高速再生もできます
14:31
Here'sここにいる another別の step-by-stepステップバイステップ procedure手順, onlyのみ in thisこの case場合 ---
これは別の手順です --
14:49
NNnn: Okayはい, thisこの movie映画 is ... Everybody'sみんな heard聞いた of sound-syncサウンドシンク movies映画 ---
音声と同期した動画はご存じだと思いますが
14:51
thisこの is text-syncテキスト同期 movies映画, soそう asとして theその movie映画 plays演劇, theその textテキスト gets取得 highlighted強調表示された.
これは文章と動画が同期します 動画が再生されると
14:55
We我々 highlightハイライト theその textテキスト asとして we我々 go行く throughを通して theその movie映画.
動画に合わせて文章が強調されます
15:00
Repairman修理士: ... Notない tooあまりにも far遠い outでる. Frontフロント poles, preferably好ましくは.
離しすぎないでください 前側のポールがいいでしょう
15:04
Don'tしない loosen緩む themそれら tooあまりにも far遠い. Ifif you君は loosen緩む themそれら tooあまりにも far遠い, you'llあなたは have持ってる aa big大きい mess混乱.
緩めすぎないように 緩めすぎると大変なことになります
15:08
NNnn: I suspect容疑者 thatそれ some一部 of you君は mightかもしれない notない even偶数 understandわかる thatそれ language言語.
言ってる事は よく分からないかもしれませんね
15:14
(Laughter笑い)
(笑)
15:18
OKOK. I'm私は at〜で theその third三番 andそして last最終 part of thisこの,
さて 3番目です これで最後です
15:23
whichどの I said前記 I would〜する make作る an attempt試みる to at〜で least少なくとも give与える you君は some一部 examples
いくつか例をお見せすると言いましたが
15:28
thatそれ mayかもしれない be〜する moreもっと directly直接 related関連する to theその world世界 of entertainment娯楽.
これはもっと遊びに近いものです
15:32
Andそして of courseコース, good良い education教育 has持っている got持っている to be〜する good良い entertainment娯楽,
良い教育とは よく楽しめるものでなければなりません
15:36
soそう myじぶんの first最初 example will意志 be〜する drawn描かれた fromから aa very非常に recent最近 experiment実験
最初の例は 最近の実験結果です
15:41
thatそれ we've私たちは beenされている doingやっている --- in thisこの case場合, in Senegalセネガル ---
セネガルで
15:48
whereどこで we我々 have持ってる tried試した to useつかいます personal個人的 computersコンピュータ
パソコンを教材として使ってみました
15:51
asとして aa pedagogical教育的 medium. Butだけど notない asとして teaching教える machines機械 at〜で allすべて;
機械に教えてもらうわけではなく
15:56
theその whole全体 notion概念 is to useつかいます thisこの asとして an instrument計器
道具として使うのが目的ですから
16:01
whereどこで thereそこ is aa completeコンプリート reversal逆転 of roles役割 ---
立場が逆転します
16:05
theその child is, ifif you君は will意志, theその teacher先生 andそして theその machine機械 is theその student学生 ---
この子が教師で 機械が生徒なのです
16:08
andそして theその artアート of computerコンピューター programmingプログラミング is aa vehicle車両 thatそれ sortソート of
プログラミング技術は
16:12
approximates近似値 thinking考え about thinking考え.
思考に似た手段ではありますが 子どもに
16:14
Butだけど teaching教える kids子供たち programmingプログラミング per〜ごと se is utterly全く irrelevant無関係.
プログラミング自体を教えるのは絶対に間違いです
16:17
Andそして thereそこ are justちょうど aa few少数 slidesスライド I want欲しいです to go行く throughを通して,
スライドは少ししかありませんが
16:22
butだけど there'sそこに aa storyストーリー I'd私は like好きな to telltell. Andそして thatそれ wasあった whenいつ,
ぜひお伝えしたい話があります
16:25
before we我々 didした thisこの in anyどれか developing現像 countries ---
今はパキスタン コロンビア セネガル
16:31
we're私たちは doingやっている itそれ, in fact事実, in three developing現像 countries right now:
3ヶ国で実施していますが
16:33
Pakistanパキスタン, Colombiaコロンビア andそして Senegalセネガル ---
これは その途上国でやる前の
16:35
we我々 didした itそれ in some一部 prettyかなり rough荒い areasエリア of New新しい Yorkヨーク Cityシティ.
ニューヨークのかなり荒れた地域での話です
16:37
Andそして one1 child, whoseその name I've私は forgotten忘れた, wasあった about sevenセブン orまたは eight8 years old古い,
名前は忘れましたが7歳か8歳ぐらいの
16:42
absolutely絶対に considered考慮される mentally精神的に handicapped身体障害者 ---
知的障害があって字が読めず
16:47
couldn'tできなかった read読む, didn'tしなかった even偶数 make作る itそれ in theその lowest最低 sectionセクション of theその school's学校の classesクラス ---
低い学年でもついていけないと見られていた子がいました
16:52
andそして wasあった prettyかなり muchたくさん notない in school学校, thoughしかし physically物理的に thereそこ.
学校には来ても 参加していないに等しい状態でしたが
17:00
Butだけど didした hangハング aroundまわり theその, quote見積もり, "computerコンピューター roomルーム,"
「コンピューター室」に出入りしていました
17:03
whereどこで thereそこ wereあった quiteかなり aa few少数 computersコンピュータ,
コンピューターがあったので
17:06
andそして learned学んだ thisこの particular特に language言語 calledと呼ばれる Logoロゴ ---
そこでLogoという言語を学習していました
17:08
andそして learned学んだ itそれ with〜と greatすばらしいです ease容易に andそして found見つけた itそれ aa lotロット of fun楽しい,
すぐに理解して楽しんでもいました 驚きますね
17:12
itそれ wasあった very非常に interesting面白い. Andそして one1 day, by〜によって chanceチャンス,
ある日 NIEのお偉いさんたちが
17:15
some一部 visitors訪問者 fromから theその NIEニー came来た by〜によって in their彼らの double-breastedダブルブレスト suitsスーツ
たまたまその部屋に立ち寄って装置を見ていました
17:20
looking探している at〜で thisこの setupセットアップ, andそして noneなし of theその children子供 who wereあった normally通常は thereそこ,
普段から誰もいない部屋ですが
17:26
exceptを除いて forために thisこの one1 child, wereあった thereそこ.
その子だけはいましたから
17:31
He wasあった, andそして he said前記, "Let〜する me showショー you君は howどうやって thisこの works作品,"
「どうやるかみせてあげるよ」と
17:35
andそして they彼ら got持っている an absolutely絶対に ingenuous独創的な, wonderful素晴らしい description説明 of Logoロゴ.
実に分かりやすく見事に Logoについて解説したのです
17:38
Andそして theその child wasあった justちょうど zippingジッパー right throughを通して itそれ, showing表示 themそれら allすべて sortsソート of thingsもの
すごい勢いで全部説明しました
17:43
until〜まで they彼ら asked尋ねた him howどうやって to do行う something何か whichどの he couldn'tできなかった explain説明する
説明できなかったところを質問されれば
17:47
andそして soそう he flippedフリップされた throughを通して theその manualマニュアル, found見つけた theその explanation説明
マニュアルで説明を見つけて コマンドを打ち込んで
17:51
andそして typed型付きの theその commandコマンド andそして got持っている itそれ to do行う what they彼ら asked尋ねた.
実行して見せたのです
17:54
They彼ら wereあった delighted喜んで, andそして by〜によって theその time時間 itそれ wasあった time時間 to go行く see見る theその principal主要な,
実はコンピューター室ではなく校長室に行く予定でしたが
17:56
whom they'd彼らは actually実際に come来る to see見る --- notない theその computerコンピューター roomルーム ---
彼らは校長に会う前にすっかり満足してしまいました
18:00
they彼ら went行った upstairs二階 andそして they彼ら said前記,
上の階に行くと
18:03
"Thisこの is absolutely絶対に remarkable顕著!
「素晴らしいですね
18:04
Thatそれ child wasあった very非常に articulate明瞭な andそして showed示した us米国
あの子が 流暢に説明してくれて実演もしてくれました
18:06
andそして even偶数 dealt配られた with〜と theその thingsもの he couldn'tできなかった do行う automatically自動的に
できない事は自分でマニュアルを見て対応したり
18:10
with〜と thatそれ manualマニュアル. Itそれ wasあった justちょうど absolutely絶対に fantastic素晴らしい."
ほんとうにすごいです」と伝えると
18:14
Theその principal主要な said前記, "There'sそこに aa dreadful恐ろしい mistake間違い,
校長は「そんなはずはありませんよ
18:18
becauseなぜなら thatそれ child can'tできない read読む.
あの子は字が読めませんから
18:21
Andそして you君は obviously明らかに have持ってる beenされている hoodwinkedフードウィンク
きっとだまされたか
18:23
orまたは you'veあなたは talked話した about somebody誰か elseelse."
別の子だと思いますよ」と返しました
18:25
Andそして they彼ら allすべて got持っている upアップ andそして they彼ら allすべて went行った downstairs階下
皆で下の階に降りると
18:28
andそして theその child wasあった stillまだ thereそこ. Andそして they彼ら didした something何か very非常に intelligentインテリジェントな:
その子がまだいたので ちょっと試してみました
18:30
they彼ら asked尋ねた theその child, "Canできる you君は read読む?"
「字が読めるかい」と聞いたら
18:34
Andそして theその child said前記, "Noいいえ, I can'tできない."
「よめないよ」とその子は答えました
18:38
Andそして then次に they彼ら said前記, "Butだけど wait待つ aa minute. You君は
「ちょっとまってよ
18:41
justちょうど looked見た throughを通して thatそれ manualマニュアル andそして you君は found見つけた ... "
マニュアルを見て理解してたじゃない」と言ったら
18:43
andそして he said前記, "Ohああ, butだけど that'sそれは notない reading読書."
「よんでいるんじゃないよ」とその子は答えるのです
18:46
Andそして soそう they彼ら said前記, "Wellよく, what's何ですか reading読書 then次に?"
「じゃあ 読むって何?」と聞いたら
18:49
He says言う, "Wellよく, reading読書 is thisこの junkジャンク they彼ら give与える me in little少し books to read読む.
その子は「つまらない本でやらされるんだ
18:51
It'sそれは absolutely絶対に irrelevant無関係, (Laughter笑い) andそして I get取得する nothing何も forために itそれ.
いみがないから やりたくないんだ でもこっちは
18:55
Butだけど hereここに, with〜と aa little少し bitビット of effort努力 I get取得する aa lotロット of returnリターン."
ちょっとやってみたら いろんなことがわかるんだ」
19:02
Andそして itそれ really本当に meant意味した something何か to theその child.
その子にとっては価値があったのです
19:06
Theその child read読む beautifully美しく, itそれ turned回した outでる,
その子は見事に読みこなして
19:08
andそして wasあった really本当に very非常に competent有能な. Soそう itそれ actually実際に meant意味した something何か.
すごく身についたのですから 有意義だったのです
19:10
Andそして thatそれ storyストーリー has持っている manyたくさんの otherその他 anecdotes逸話 thatそれ are similar類似,
この出来事には 他にも逸話がたくさんあって
19:14
butだけど wowワオ. Theその keyキー to theその future未来 of computersコンピュータ in education教育 is right thereそこ,
コンピューターを使うこれからの教育にとって 重要な事が まさにここにあります
19:19
andそして itそれ is: whenいつ doesする itそれ mean平均 something何か to aa child?
では 子どもが価値を感じるのはいつでしょうか
19:26
Thereそこ is aa myth神話, andそして itそれ truly真に is aa myth神話:
ここで ある誤解があります
19:29
we我々 believe信じる --- andそして I'm私は sure確かに aa lotロット of you君は believe信じる in thisこの roomルーム ---
私も皆さんも ほとんどが信じている事です
19:32
thatそれ itそれ is harderもっと強く to read読む andそして write書きます thanより itそれ is to learn学ぶ howどうやって to speak話す.
話すことより 読み書きのほうが難しいと信じていますが
19:35
Andそして it'sそれは notない, butだけど we我々 think思う speechスピーチ --- "Myじぶんの God, little少し children子供 pickピック itそれ upアップ somehow何とか,
違います 小さな子は勝手に言葉を使いだして
19:40
andそして by〜によって theその age年齢 of two they're彼らは doingやっている aa mediocre平凡な jobジョブ,
2歳までには つたなく話し出し
19:46
andそして by〜によって three andそして four4つの they're彼らは speaking話し中 reasonably合理的に wellよく.
3歳から4歳までには それなりに話すようになりますが
19:48
Andそして yetまだ you'veあなたは got持っている to go行く to school学校 to learn学ぶ howどうやって to read読む,
学校で読むことを習うようになると
19:51
andそして you君は have持ってる to sit座る in aa classroom教室 andそして somebody誰か has持っている to teach教える you君は.
教室に座って 授業を聞く必要があります
19:53
Henceそれゆえに, itそれ must必須 be〜する harderもっと強く." Wellよく, it'sそれは notない harderもっと強く.
だから難しくなるのです でも本当は難しくありません
19:56
What theその truth真実 is is thatそれ speaking話し中 has持っている greatすばらしいです value to aa child;
しゃべることは子どもにとってすごく価値があります
19:59
theその child canできる get取得する aa greatすばらしいです deal対処 by〜によって talking話す to you君は.
しゃべれば相手から得る事がたくさんありますが
20:06
Reading読書 andそして writing書き込み is utterly全く useless役に立たない.
読み書きは役に立ちません
20:09
Thereそこ is noいいえ reason理由 forために aa child to read読む andそして write書きます exceptを除いて blindブラインド faith信仰,
意味がないから 機械的にやるしかないのです
20:11
andそして thatそれ it'sそれは going行く to help助けて you君は. (Laughter笑い)
まあ後で役には立ちます
20:16
Soそう what happens起こる is you君は go行く to school学校 andそして people sayいう,
学校ではこう言われます
20:19
"Justちょうど believe信じる me, you'reあなたは going行く to like好きな itそれ.
「信じなさい だんだん好きになるから
20:22
You'reあなたは going行く to like好きな reading読書," andそして justちょうど read読む andそして read読む.
だんだん好きになるから どんどん読みなさい」と
20:25
On theその otherその他 handハンド, you君は give与える aa kidキッド --- aa three-year-old3歳 kidキッド --- aa computerコンピューター
これとは違って 3歳の子でもコンピューターを使えば
20:28
andそして they彼ら typeタイプ aa little少し commandコマンド andそして --- Poofうまくいく! --- something何か happens起こる.
コマンドを入力すれば パッと何かが起きます
20:32
Andそして allすべて of aa sudden突然 ... You君は mayかもしれない notない callコール thatそれ reading読書 andそして writing書き込み,
すぐです こういうのを読み書きとは言わないでしょうが
20:35
butだけど aa certainある bitビット of typingタイピング andそして reading読書 stuffもの on theその screen画面
画面に少し打ち込んだり読んだりするだけで
20:38
has持っている aa huge巨大 payoff精算, andそして it'sそれは aa lotロット of fun楽しい.
大きな成果があって すごく楽しいのです
20:41
Andそして in fact事実, it'sそれは aa powerful強力な educational教育的 instrument計器.
実に 効果的な教材です
20:44
Wellよく, in Senegalセネガル we我々 found見つけた thatそれ thisこの wasあった theその traditional伝統的な classroom教室:
セネガルでも経験しました こちらは普通の教室です
20:48
120 kids子供たち --- three per〜ごと desk --- one1 teacher先生, aa little少し bitビット of chalkチョーク.
子どもが120人 各机に3人 先生が1人 チョークが少し
20:53
Thisこの student学生 wasあった one1 of our我々の first最初 students学生の,
この子は 私たちが初めて受け持った生徒です
20:58
andそして it'sそれは theその girl女の子 on theその left leaning傾く with〜と her彼女 chalkboard黒板,
左の女の子は黒板を使って学習をしています
21:01
andそして she彼女 came来た ... within以内 two days日々 ---
彼女が2日で作ったプログラムを
21:05
I want欲しいです to showショー you君は theその programプログラム she彼女 wrote書きました,
お見せしましょう
21:08
andそして remember思い出す her彼女 hairstyleヘアスタイル. Andそして thatそれ is theその programプログラム she彼女 made.
髪形を覚えておいてください プログラムはこちら
21:10
That'sそれは what meant意味した something何か to her彼女, is doingやっている theその hairヘア patternパターン,
彼女にとっては髪形を決めることが重要なのです
21:16
andそして actually実際に didした itそれ within以内 two days日々 --- an hour時間 each day ---
1日1時間だけ作業して 2日で作り上げました
21:20
andそして found見つけた itそれ wasあった, to her彼女,
彼女にとっては
21:25
absolutely絶対に theその most最も meaningful意味のある pieceピース ...
これが一番重要な事なのです
21:27
Butだけど rooted根付いた in thatそれ, little少し didした she彼女 know知っている howどうやって muchたくさん knowledge知識
そこから 幾何学 数学 論理学などいろんな事を
21:30
she彼女 wasあった acquiring取得する about geometryジオメトリ
どれだけ学習したか
21:34
andそして justちょうど math数学 andそして logic論理 andそして allすべて theその rest残り.
彼女にはまだ分からないかと思います
21:36
Andそして again再び, I couldできた talkトーク forために three hours時間 about thisこの subject主題.
これについて3時間はお話しができます
21:39
I will意志 come来る to myじぶんの last最終 example andそして then次に quit終了する.
では 最後の例を紹介しましょう
21:42
Andそして myじぶんの last最終 example --- asとして some一部 of myじぶんの former前者 colleagues同僚,
ここにいるかつての同僚たちなら
21:50
whom I see見る in theその roomルーム, canできる imagine想像する what itそれ will意志 be〜する.
想像がつくと思います
21:56
Yesはい, itそれ is. It'sそれは our我々の work作業 --- thatそれ wasあった aa whilewhile ago,
私たちが取り組んだ これまで そして今でも
21:59
andそして itそれ stillまだ is myじぶんの favoriteお気に入り projectプロジェクト --- of teleconferencing電話会議.
大好きなプロジェクトです そうテレビ会議システムです
22:02
Andそして theその reason理由 itそれ remains残っている aa favoriteお気に入り projectプロジェクト
なぜ今でも好きかというと
22:06
is thatそれ we我々 wereあった asked尋ねた to do行う aa teleconferencing電話会議 systemシステム
次のような状況のテレビ会議システムを実現するよう
22:08
whereどこで you君は had持っていました theその following以下 situation状況:
依頼されたのです
22:15
you君は had持っていました five people at〜で five different異なる sitesサイト --- they彼ら wereあった known既知の people ---
知り合い5人がそれぞれ別の場所にいるのに
22:17
andそして you君は had持っていました to have持ってる theseこれら people in teleconference遠隔会議,
他の4人も現実にそばにいると
22:22
suchそのような thatそれ each one1 wasあった utterly全く convinced確信している
それぞれの人を完全に信じ込ませて
22:27
thatそれ theその otherその他 four4つの wereあった physically物理的に presentプレゼント.
テレビ会議をさせるのです
22:30
Now, thatそれ is sufficiently十分に
そんな誘いにのったらばかだと思うかもしれませんが
22:34
zanyザニー thatそれ we我々 would〜する, obviously明らかに, jumpジャンプ to theその bait, andそして we我々 didした.
のってしまいましたし
22:38
Andそして theその fact事実 thatそれ we我々 knew知っていた theその people ---
実際にそんな人たちと知り合いになりました
22:43
we我々 had持っていました to take取る aa pageページ outでる of theその history歴史 of Waltウォルト Disneyディズニー ---
ウォルト ディズニーの歴史から学ぶ必要もありました
22:46
we我々 actually実際に went行った soそう far遠い asとして to buildビルドする CRTsCrts
人の顔をしたブラウン管までも
22:49
in theその shapes of theその people's人々の faces.
作ったりしました
22:52
Soそう ifif I wanted欲しい to callコール myじぶんの friend友人 Peterピーター Spragueスプラーグ on theその phone電話,
友人のピーター スピローグに電話を掛けるときには
22:55
myじぶんの secretary秘書 would〜する get取得する his head outでる andそして bring持参する itそれ andそして setセット itそれ on theその desk,
秘書が机まで彼の頭部を抱えてきます
23:00
(Laughter笑い)
(笑)
23:03
andそして thatそれ would〜する be〜する theその TVテレビ used中古 forために theその occasion機会.
そのために用意されたテレビです
23:04
Andそして it'sそれは uncanny凄い: there'sそこに noいいえ way方法 I canできる explain説明する to you君は
おかしなことではありません 言うまでもなく
23:09
theその amount of eye contact接触 you君は get取得する with〜と thatそれ physical物理的 face
3次元テレビに映し出された現実味のある顔と
23:12
projected投影された on aa 3Dd CRTCrt of thatそれ sortソート.
じっくり目を見合わせることができます
23:16
Theその next thingもの thatそれ we我々 had持っていました to do行う is to persuade説得する themそれら
次に 空間の同期が必要だという提案もしました
23:20
thatそれ thereそこ needed必要な to be〜する spatial空間的 correspondence対応, whichどの is straightforward簡単,
これは単純な話ですが 遠距離通信や
23:23
butだけど again再び, it'sそれは something何か thatそれ didn'tしなかった fall naturally当然
コンピューターシステムの
23:27
outでる of aa telecommunications電気通信 orまたは computing計算 styleスタイル of thinking考え;
概念から自然に導かれるものではありません
23:29
itそれ wasあった aa very非常に, ifif you君は will意志, architectural建築 orまたは spatial空間的 concept概念.
まさに設計思想とか空間的概念の話になります
23:32
Andそして thatそれ wasあった to recognize認識する thatそれ whenいつ you君は sit座る aroundまわり theその table,
テーブルに座った時の
23:36
theその actual実際の locationロケーション of theその people becomes〜になる ratherむしろ important重要.
実際の位置がとても重要だと理解するための概念です
23:39
Andそして whenいつ somebody誰か gets取得 upアップ, in fact事実, to go行く answer回答 aa phone電話
誰かが席を立って電話に出たりトイレに行くとき
23:44
orまたは useつかいます aa bathroomバスルーム orまたは something何か, theその empty空の seatシート becomes〜になる,
空席とその人を結びつけることも現実にあります
23:47
ifif you君は will意志, thatそれ person. Andそして you君は pointポイント frequently頻繁に to theその empty空の seatシート
空席を何度も指さしながら
23:50
andそして you君は sayいう, "He orまたは she彼女 wouldn'tしないだろう agree同意する,"
「この人は賛成しないよ」と言うこともありますね
23:53
andそして theその empty空の chair椅子 is thatそれ person andそして theその spatiality空間性 is crucial重大な.
空席が人を意味するので 空間内の位置が重要です
23:56
Soそう we我々 said前記, "Wellよく, theseこれら will意志 be〜する on round円形 tablesテーブル
だから「丸テーブルで使用するなら テーブルの周りの
24:02
andそして theその order注文 aroundまわり theその table had持っていました to be〜する theその same同じ,
座る位置の対応がとれないといけない」と言ったのです
24:05
soそう thatそれ at〜で myじぶんの siteサイト, I would〜する be〜する, ifif you君は will意志, realリアル
自分のいる所には 実在の自分がいて
24:08
andそして then次に at〜で each other'sその他の siteサイト you'dあなたは have持ってる theseこれら plasticプラスチック heads.
別の人がいる所には 樹脂で作った頭部が置かれます
24:11
Andそして theその plasticプラスチック heads, sometimes時々 you君は want欲しいです to projectプロジェクト themそれら.
樹脂で作った頭部でも 投影した頭部でもよく
24:16
Andそして thereそこ are aa number of schemesスキーム, whichどの I don'tしない want欲しいです to dwell住む on,
手段はいろいろありますが長々とお話はしません
24:20
butだけど thisこの is theその one1 thatそれ we我々 finally最後に used中古
最終的にはこれを使いました
24:23
whereどこで we我々 projected投影された onto〜に rearリア screen画面 material材料
後方から投影するタイプのディスプレイで
24:25
thatそれ wasあった molded成形された in theその face --- literally文字通り in theその face of theその person.
表面が顔の形に立体成形されています
24:29
Andそして I'll私はよ showショー you君は one1 moreもっと slide滑り台, whereどこで thisこの is actually実際に made
もう1枚スライドをお見せしましょう
24:33
fromから something何か calledと呼ばれる aa solid固体 photograph写真 andそして is theその screen画面.
立体写真といわれるもので画面でもあります
24:37
Now, we我々 trackトラック, on theその person's head, theその head motions動き ---
頭部の動きを検出して
24:41
soそう we我々 transmit送信する with〜と aa videoビデオ theその head positionsポジション ---
映像と一緒に頭部の位置を送信します
24:44
andそして soそう thisこの head moves動き in about two axes.
この頭部は2軸に沿って動きます
24:48
Soそう ifif I, allすべて of aa sudden突然, turn順番 to theその person to myじぶんの left
突然 私が左を向いて 左の人と話し始めると
24:55
andそして start開始 talking話す to thatそれ person, then次に at〜で theその person to myじぶんの right's siteサイト,
右にいる人にはまるで 二つの樹脂製の頭部が
25:00
he'll地獄 see見る theseこれら two plasticプラスチック heads talking話す to each otherその他.
会話をしているように見えるのです
25:05
Andそして then次に ifif thatそれ person interrupts割り込み, then次に thoseそれら two heads mayかもしれない turn順番.
その人が会話に割り込むと 二つの頭部が振り返ります
25:08
Andそして itそれ really本当に is reconstructing再構築する, quiteかなり accurately正確に, teleconferencing電話会議.
これでテレビ会議をとても正確に再構築できます
25:13
Translated by Satoshi Tatsuhara
Reviewed by Jun Sasaki

▲Back to top

About the speaker:

Nicholas Negroponte - Tech visionary
The founder of the MIT Media Lab, Nicholas Negroponte pushed the edge of the information revolution as an inventor, thinker and angel investor. He's the driving force behind One Laptop per Child, building computers for children in the developing world.

Why you should listen

A pioneer in the field of computer-aided design, Negroponte founded (and was the first director of) MIT's Media Lab, which helped drive the multimedia revolution and now houses more than 500 researchers and staff across a broad range of disciplines. An original investor in Wired (and the magazine's "patron saint"), for five years he penned a column exploring the frontiers of technology -- ideas that he expanded into his 1995 best-selling book Being Digital. An angel investor extraordinaire, he's funded more than 40 startups, and served on the boards of companies such as Motorola and Ambient Devices.

But his latest effort, the One Laptop per Child project, may prove his most ambitious. The organization is designing, manufacturing and distributing low-cost, wireless Internet-enabled computers costing roughly $100 and aimed at children. Negroponte hopes to put millions of these devices in the hands of children in the developing world.

More profile about the speaker
Nicholas Negroponte | Speaker | TED.com