English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2008

Peter Diamandis: Stephen Hawking's zero g flight

ピーター・ディアマンディス:「ゼロGのスティーブン・ホーキング博士」

Filmed
Views 500,335

X Prizeの創設者ピーター・ディアマンディスが、スティーブン・ホーキング博士の「宇宙へ行く」という夢の実現を助けた話をします—彼らは一緒に高層大気へ飛び、ゼロGの無重量状態を体験したのです。

- Space activist
Peter Diamandis runs the X Prize Foundation, which offers large cash incentive prizes to inventors who can solve grand challenges like space flight, low-cost mobile medical diagnostics and oil spill cleanup. He is the chair of Singularity University, which teaches executives and grad students about exponentially growing technologies. Full bio

Thoseそれら of you君は who know知っている me know知っている howどうやって passionate情熱的な I am午前
私を知っている人は、私がどれだけ
00:12
about opening開ける theその spaceスペース frontierフロンティア.
宇宙への道を開きたがっているかわかるでしょう
00:15
Soそう whenいつ I had持っていました theその chanceチャンス to give与える theその world's世界の expert専門家 in gravity重力
だから、重力分野の第一人者に、ゼロGの体験を提供できる
00:17
theその experience経験 of zeroゼロ gravity重力, itそれ wasあった incredible信じられない.
チャンスが来るとは、信じられませんでした
00:21
Andそして I want欲しいです to telltell you君は thatそれ storyストーリー.
その話をします
00:24
I first最初 met会った him throughを通して theその Archonアソン Xバツ PRIZE forために Genomicsゲノミクス.
私たちは遺伝子学のArchon X Prizeを通じで出会いました
00:26
It'sそれは aa competitionコンペ we're私たちは holdingホールディング, theその second二番 Xバツ PRIZE,
それは私たちが開催している2つめの X Prizeで、
00:31
forために theその first最初 teamチーム to sequenceシーケンス 100 human人間 genomesゲノム in 10 days日々.
100のヒトゲノムを10日以内で最初に解析したチームのためのものです
00:34
We我々 have持ってる something何か calledと呼ばれる theその Genomeゲノム 100 ---
「ゲノム100」と呼ばれるものがあり、
00:37
100 individuals個人 we're私たちは sequencingシークエンシング asとして part of thatそれ.
このコンテストの副賞として100人の著名人の遺伝子解析を行う予定です
00:39
Craigクレイグ Venterベンター chairs椅子 thatそれ eventイベント.
クレイグ・ヴェンターが統括しました
00:42
Andそして I met会った Professor教授 Hawking鷹狩り,
私はそこでホーキング教授に会い、彼は
00:44
andそして he said前記 his dream wasあった to travel旅行 into spaceスペース.
自分の夢は宇宙旅行することだと言ったのです
00:46
Andそして I said前記, "I can'tできない take取る you君は thereそこ,
私は言いました「そこへはお連れできませんが
00:48
butだけど I canできる take取る you君は into weightlessness無重力 into zero-gゼロ-g.
無重量状態、ゼロGの世界へなら行けます」と
00:50
Andそして he said前記, on theその spotスポット, "Absolutely絶対に, yesはい."
彼はまさにその場で、「絶対に行く」と言ったのです
00:53
Wellよく, theその onlyのみ way方法 to experience経験 zero-gゼロ-g on Earth地球
地球でゼロGを体験する唯一の方法は
00:55
is actually実際に with〜と parabolic放物線の flightフライト, weightless無重力 flightフライト.
放物線飛行、無重量飛行をすることです
00:58
You君は take取る an airplane飛行機, you君は fly飛ぶ over以上 theその top, you'reあなたは weightless無重力 forために 25 seconds.
飛行機で上昇し、最高点あたりで25秒間無重量になり、
01:01
Come来る backバック downダウン, you君は weigh体重を計る twice二度 asとして muchたくさん.
下りてくると重さが二倍になる
01:05
You君は do行う itそれ again再び andそして again再び.
それを何度も繰り返します
01:07
You君は canできる get取得する eight8, 10 minutes of weightlessness無重力 ---
8分から10分の無重量状態にいられ、
01:09
howどうやって NASA'sナサの trained訓練された their彼らの astronauts宇宙飛行士 forために soそう long長いです.
NASAは長年この方法で宇宙飛行士を訓練してきました
01:10
We我々 setセット outでる to do行う thisこの.
これをやることにしました
01:13
Itそれ took取った us米国 11 years to become〜になる operational操作可能な.
始めるのに11年かかりました
01:15
Andそして we我々 announced発表 thatそれ we我々 wereあった going行く to fly飛ぶ Stephenスティーブン Hawking鷹狩り.
そして「スティーブン・ホーキングを飛ばす」と公表したのです
01:17
We我々 had持っていました one1 government政府 agency代理店 andそして one1 company会社 aircraft航空機 operatorオペレーター sayいう,
ある政府職員と、航空部門担当者が言いました:
01:19
you'reあなたは crazy狂った, don'tしない do行う thatそれ, you'reあなたは going行く kill殺します theその guy.
「気が違ったのか やめるんだ! あいつを殺しちまうぞ!」
01:23
(Laughter笑い)
(笑)
01:25
Andそして he wanted欲しい to go行く.
で、彼は行きたがりました
01:26
We我々 worked働いた hardハード to get取得する allすべて theその permissions許可.
全ての許可を取るのが大変でした
01:28
Andそして six6 months数ヶ月 later後で, we我々 sat座っている downダウン at〜で Kennedyケネディ Spaceスペース Centerセンター.
6ヶ月後、我々はケネディ宇宙センターでの
01:31
We我々 had持っていました aa press押す conference会議,
記者会見で言いました
01:34
we我々 announced発表 our我々の intent意図 to do行う one1 zero-gゼロ-g parabola放物線,
ゼロG放物線飛行を一回計画しています
01:36
give与える him 25 seconds of zero-gゼロ-g.
25 秒のゼロGです
01:40
Andそして ifif itそれ went行った really本当に wellよく, we我々 mightかもしれない do行う three parabolas放物線.
上手く行けば、3 回の放物線飛行をめざします
01:43
Wellよく, we我々 asked尋ねた him whyなぜ he wanted欲しい to go行く upアップ andそして do行う thisこの.
彼になぜこんなことをしたいのか、聞きました
01:46
Andそして what he said前記, forために me, wasあった very非常に moving動く.
彼の答えは、私には、非常に感動的でした
01:51
He said前記, "Life生活 on Earth地球 is at〜で an ever-increasing増え続ける riskリスク
彼は言いました:「地球での生活は、災害で破滅してしまう
01:53
of beingであること wiped拭いた outでる by〜によって disaster災害 ...
確率がどんどん増えている
01:55
I think思う theその human人間 raceレース doesn'tしない have持ってる aa future未来 ifif itそれ doesn'tしない go行く into spaceスペース.
私は、人類は宇宙へ行く以外には未来がないと思っている
01:57
I thereforeしたがって、 want欲しいです to encourage奨励します publicパブリック interest利子 in spaceスペース."
だから宇宙について大衆の関心を喚起したいのだ」と
02:00
We我々 took取った him outでる to theその Kennedyケネディ Spaceスペース Centerセンター,
彼を連れてケネディ宇宙センターを出て
02:04
upアップ inside内部 theその NASAナサ vehicle車両, into theその backバック of theその zero-gゼロ-g airplane飛行機.
NASAの輸送車に乗り、ゼロG飛行機に乗りました
02:07
We我々 had持っていました about 20 people who made donations寄付 ---
寄付をしてくれた20人ほどの人たちも—
02:16
we我々 raised育った $150,000 in donations寄付 forために children's子供たち charities慈善団体 ---
子供たちへの慈善事業で募金に15万ドルが集まりましたが—
02:19
who flew飛んだ with〜と us米国.
一緒に飛びました
02:22
Aa few少数 TEDstersテダー hereここに.
TEDsterも何人かいます
02:24
We我々 setセット upアップ aa whole全体 ERええ.
救急室一つをまるごと準備し、
02:26
We我々 had持っていました four4つの emergency緊急 roomルーム doctors医師 andそして two nurses看護師 on boardボード theその airplane飛行機.
救急医4人、看護師2人を飛行機に乗せ、
02:28
We我々 wereあった monitoringモニタリング his POポー2 of his blood血液, his heartハート rateレート, his blood血液 pressure圧力.
彼の血中酸素濃度、心拍数、血圧をモニターしました
02:31
We我々 had持っていました everythingすべて allすべて setセット in case場合 of an emergency緊急;
まさかの時のために、できることは全て行いました
02:35
God knows知っている, you君は don'tしない want欲しいです to hurt傷つける thisこの world-renowned世界的に有名な expert専門家.
まさかこの世界の著名人を傷つけたくはありません
02:38
We我々 took取った offオフ fromから theその shuttleシャトル landing着陸 facility施設,
スペースシャトルの離着陸する
02:41
whereどこで theその shuttleシャトル takesテイク offオフ andそして lands土地.
シャトル離着陸施設から離陸しました
02:44
Andそして myじぶんの partnerパートナー Byronバイロン Lichtenbergリヒテンベルグ andそして I
そしてパートナーのバイロン・リヒテンバーグと私は
02:46
carefully慎重に suspended中断した him into zero-gゼロ-g.
注意しながら彼をゼロGに支えました
02:49
Once一度 he wasあった thereそこ, [we我々] let〜する him go行く
そこまできたら、あとは手を離して
02:52
to experience経験 what weightlessness無重力 wasあった truly真に like好きな.
無重量が本当にどんなものか体験してもらいました
02:54
Andそして after thatそれ first最初 parabola放物線, you君は know知っている,
最初の放物線飛行が終わると
02:58
theその docdoc said前記 everythingすべて is greatすばらしいです. He wasあった smiling笑う, andそして we我々 said前記 go行く.
ドクターが全て順調だといい、彼はニコニコしていて、続行を決断しました
03:02
Soそう we我々 didした aa second二番 parabola放物線.
二度目の放物線飛行を行いました
03:06
(Laughter笑い)
(笑)
03:09
(Applause拍手)
(拍手)
03:11
Andそして aa third三番.
三度目
03:17
(Applause拍手)
(拍手)
03:19
We我々 actually実際に floated浮かべた an apple林檎 in homage敬意 to Sirサー Isaacアイザック Newtonニュートン
私たちは、アイザック・ニュートンへのオマージュのリンゴを浮かべたのです
03:20
becauseなぜなら Professor教授 Hawking鷹狩り holds保持 theその same同じ chair椅子 at〜で Cambridgeケンブリッジ
なぜなら、ホーキング教授はケンブリッジ大学で
03:24
thatそれ Isaacアイザック Newtonニュートン didした.
ニュートンと同じ職位にいるのです
03:27
Andそして we我々 didした aa fourth第4, andそして aa fifth五番目 andそして aa sixth第六.
そして四回目、そして五回目と六回目
03:29
(Laughter笑い)
(笑)
03:33
Andそして aa seventh第七 andそして an eighth第8.
七回目と八回目
03:34
Andそして thisこの manおとこ doesする notない look見える like好きな aa 65-year-old-歳 wheelchair-bound車椅子で縛られた manおとこ.
65歳の車いすの人間にはまったく見えませんでした
03:36
(Laughter笑い)
(笑)
03:39
He wasあった soそう happyハッピー.
本当に幸せそうでした
03:40
We我々 are living生活 on aa precious貴重な jewel宝石,
我々は、貴重な宝石に住んでいます
03:42
andそして it'sそれは during our我々の lifetime一生 thatそれ we're私たちは moving動く offオフ thisこの planet惑星.
そして我々は生きている間に、ここから出て行こうとしています
03:45
Pleaseお願いします join参加する us米国 in thisこの epicエピック adventure冒険.
この画期的な冒険に参加して下さい
03:48
Thank感謝 you君は soそう muchたくさん.
どうもありがとう
03:50
(Applause拍手)
(拍手)
03:51
Translated by Masahiro Kyushima
Reviewed by Akira KAKINOHANA

▲Back to top

About the speaker:

Peter Diamandis - Space activist
Peter Diamandis runs the X Prize Foundation, which offers large cash incentive prizes to inventors who can solve grand challenges like space flight, low-cost mobile medical diagnostics and oil spill cleanup. He is the chair of Singularity University, which teaches executives and grad students about exponentially growing technologies.

Why you should listen

Watch the live onstage debate with Paul Gilding that followed Peter Diamandis' 2012 TEDTalk >>

Peter Diamandis is the founder and chair of the X Prize Foundation, a nonprofit whose mission is simply "to bring about radical breakthroughs for the benefit of humanity." By offering a big cash prize for a specific accomplishment, the X Prize stimulates competition and excitement around some of the planet's most important goals. Diamandis is also co-founder and chairman of Singularity University which runs Exponential Technologies Executive and Graduate Student Programs.

Diamandis' background is in space exploration -- before the X Prize, he ran a company that studied low-cost launching technologies and Zero-G which offers the public the chance to train like an astronaut and experience weightlessness. But though the X Prize's first $10 million went to a space-themed challenge, Diamandis' goal now is to extend the prize into health care, social policy, education and many other fields that could use a dose of competitive innovation.

More profile about the speaker
Peter Diamandis | Speaker | TED.com