English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2006

Burt Rutan: The real future of space exploration

バート・ルータン:宇宙旅行ビジネスの未来

Filmed
Views 2,051,964

著名な宇宙船設計士、バート・ルータンがアメリカ政府(NASA)の停滞した宇宙計画を批判しています。宇宙計画を国家主導から民間主導に移し、ビジネスとして発展させる重要性を説いています。

- Aircraft engineer
In 2004, legendary spacecraft designer Burt Rutan won the $10M Ansari X-Prize for SpaceShipOne, the first privately funded craft to enter space twice in a two-week period. He's now collaborating with Virgin Galactic to build the first rocketship for space tourism. Full bio

I want欲しいです to start開始 offオフ by〜によって saying言って, Houstonヒューストン, we我々 have持ってる aa problem問題.
「このままでは困ったことになる」と、NASAに言いたい
00:25
We're私たちは entering入る aa second二番 generation世代 of noいいえ progress進捗
有人宇宙飛行の分野において
00:30
in terms条項 of human人間 flightフライト in spaceスペース. In fact事実, we've私たちは regressed後退した.
人類は全く進歩していないどころか、むしろ後退しています
00:34
We我々 standスタンド aa very非常に big大きい chanceチャンス of losing負け our我々の ability能力 to inspireインスピレーション our我々の youth若者
子供達に夢を持たせ、私達人類がこれまで行なってきたような
00:39
to go行く outでる andそして continue持続する thisこの very非常に important重要 thingもの
重要な活動を可能にさせるという能力を
00:45
thatそれ we我々 asとして aa species have持ってる always常に done完了.
私達は失いつつあります
00:48
Andそして thatそれ is, instinctively本能的に we've私たちは gone行った outでる
これまで人類は本能に従い
00:50
andそして climbed登った over以上 difficult難しい places場所, went行った to moreもっと hostile敵対的な places場所,
より厳しい環境に向かい、それを乗り越えることで
00:53
andそして found見つけた outでる later後で, maybe多分 to our我々の surprise驚き, thatそれ that'sそれは theその reason理由 we我々 survived生き残った.
結局のところ、生き延びることができたのです
00:59
Andそして I feel感じる very非常に strongly強く
私が強く思うのは
01:05
thatそれ it'sそれは notない good良い enough十分な forために us米国 to have持ってる generations世代 of kids子供たち
私たちの子供がただ単に
01:07
thatそれ think思う thatそれ it'sそれは OKOK to look見える forward前進 to aa betterより良い versionバージョン
新発売の携帯電話に期待しているようでは
01:11
of aa cell細胞 phone電話 with〜と aa videoビデオ in itそれ.
ダメだということです
01:15
They彼ら need必要 to look見える forward前進 to exploration探査; they彼ら need必要 to look見える forward前進 to colonization植民地化;
子供たちは未知の世界を探求し、他の星へ移り住み、
01:18
they彼ら need必要 to look見える forward前進 to breakthroughsブレークスルー.
今まで成し得なかった躍進に期待する必要があるのです。
01:22
We我々 need必要 to inspireインスピレーション themそれら, becauseなぜなら they彼ら need必要 to lead us米国
私たちは、将来の発展のため、生き延びるために
01:26
andそして help助けて us米国 survive生き残ります in theその future未来.
子供たちに夢を持たせる必要があります
01:30
I'm私は particularly特に troubled困った thatそれ what NASA'sナサの doingやっている right now with〜と thisこの new新しい Bushブッシュ doctrine教義
特に私が問題だと思うのは、NASAがブッシュ政権のもとで行っていることで・・・
01:33
to --- forために thisこの next decade10年 andそして aa halfハーフ --- ohああ shootシュート, I screwedねじ込まれた upアップ.
次の15年で --- あ、しまった・・・
01:39
We我々 have持ってる realリアル specific特定 instructions指示 hereここに notない to talkトーク about politics政治.
ここでは政治のことは話さないように強く言われているんです
01:45
(Laughter笑い)
(笑)
01:50
What we're私たちは looking探している forward前進 to is ---
私が言いたいことは・・・
01:51
(Applause拍手)
(拍手)
01:54
what we're私たちは looking探している forward前進 to
私が言いたいことは・・・
01:55
is notない onlyのみ theその inspirationインスピレーション of our我々の children子供,
子供たちに夢を持たせることだけではないのですが
01:58
butだけど theその current現在 plan計画 right now is notない really本当に even偶数 allowing許す
現在の政府の計画は
02:01
theその most最も creative創造的な people in thisこの country --- theその Boeing'sボイング andそして Lockheed'sロックヒドーズ
この国の最もクリエイティブな宇宙船技術者たちが
02:06
spaceスペース engineersエンジニア --- to go行く outでる andそして take取る risksリスク andそして tryお試しください new新しい stuffもの.
リスクをとって挑戦する機会を奪っている、ということなのです
02:10
We're私たちは going行く to go行く backバック to theその moon ... 50 years later後で?
私たちは、「50年後」に月に行こうとしているのです
02:16
Andそして we're私たちは going行く to do行う itそれ very非常に specifically具体的に planned計画された to notない learn学ぶ anything何でも new新しい.
しかも何も新しいことを学べないと分かっていながら
02:22
I'm私は really本当に troubled困った by〜によって thatそれ. Butだけど anywayとにかく that'sそれは ---
私は本当にそれを問題視しています
02:28
theその basis基礎 of theその thingもの thatそれ I want欲しいです to shareシェア with〜と you君は today今日, thoughしかし,
今日この場で私が伝えたいことは
02:32
is thatそれ right backバック to whereどこで we我々 inspireインスピレーション people
将来私たちの指導者となる子供たちに
02:36
who will意志 be〜する our我々の greatすばらしいです leaders指導者 later後で.
どう夢を持たせるかということです
02:40
That'sそれは theその themeテーマ of myじぶんの next 15 minutes hereここに.
それが、今日私が話すことです
02:42
Andそして I think思う thatそれ theその inspirationインスピレーション begins始まる whenいつ you'reあなたは very非常に young若い:
夢を持つきっかけは幼い時に起こると思います
02:46
three-year-olds3歳, upアップ to 12--, 14-year-olds.
3歳から12,14歳の間です
02:50
What they彼ら look見える at〜で is theその most最も important重要 thingもの.
その時子供が何を見るかが重要なのです
02:54
Let'sさあ take取る aa snapshotスナップショット at〜で aviation航空.
人類の飛行の歴史を振り返ってみましょう
02:58
Andそして thereそこ wasあった aa wonderful素晴らしい little少し shortショート four-year4年 time時間 period期間
そこには、飛行史において数々の飛躍が起きた
03:01
whenいつ marvelous素晴らしい thingsもの happened起こった.
最も重要な4年間があったのです
03:04
Itそれ started開始した in 1908, whenいつ theその Wrightライト brothersブラザーズ flew飛んだ in Parisパリ, andそして everybodyみんな said前記,
1908年にライト兄弟がフランスで初飛行した時、誰もがこう言いました
03:07
"Oohああ, heyねえ, I canできる do行う thatそれ." There'sそこに onlyのみ aa few少数 people thatそれ have持ってる flown飛ぶ
「そんなこと俺だってできる!」
03:11
in early早い 1908. In four4つの years, 39 countries had持っていました hundreds数百 of airplanes飛行機,
その当時は飛行機の操縦士は世界にほとんどいませんでしたが
03:15
thousand of pilotsパイロット. Airplanes飛行機 wereあった invented発明された by〜によって naturalナチュラル selection選択.
4年後には39カ国に数百機の飛行機、数千の操縦士が生まれたのです
03:20
Now you君は canできる sayいう thatそれ intelligentインテリジェントな design設計 designsデザイン our我々の airplanes飛行機 of today今日,
あなたは現代の飛行機を見て、素晴らしいと思うでしょう
03:24
butだけど thereそこ wasあった noいいえ intelligentインテリジェントな design設計 really本当に designing設計 thoseそれら early早い airplanes飛行機.
しかし、そのような優れた飛行機は、20世紀初頭にはなかったのです
03:28
Thereそこ wereあった probably多分 at〜で least少なくとも 30,000 different異なる thingsもの tried試した,
当時は、数万回のテストフライトが行われ
03:32
andそして whenいつ they彼ら crashクラッシュ andそして kill殺します theその pilotパイロット, don'tしない tryお試しください thatそれ again再び.
もし飛行機が堕ちてパイロットが死んだら、他のパイロットが飛ぶ
03:37
Theその onesもの thatそれ flew飛んだ andそして landed着陸した OKOK
当時は、飛行訓練を受けたパイロットがいなかったため
03:41
becauseなぜなら thereそこ wereあった noいいえ trained訓練された pilotsパイロット
うまく飛んで、着陸できた人が
03:44
who had持っていました good良い flying飛行 qualities品質 by〜によって definition定義.
いわゆる「優秀なパイロット」と見なされたのです
03:45
Soそう we我々, by〜によって making作る aa whole全体 bunch of attempts試み, thousands of attempts試み,
このように何千回も挑戦することによって
03:49
in thatそれ four-year4年 time時間 period期間, we我々 invented発明された theその conceptsコンセプト
現代の飛行機の形が出来上がり
03:54
of theその airplanes飛行機 thatそれ we我々 fly飛ぶ today今日. Andそして that'sそれは whyなぜ they're彼らは soそう safe安全,
試行錯誤を重ねたからこそ
03:57
asとして we我々 gave与えた itそれ aa lotロット of chanceチャンス to find見つける what's何ですか good良い.
現在のように安全になったのです
04:00
Thatそれ has持っている notない happened起こった at〜で allすべて in spaceスペース flying飛行.
そのようなことは宇宙飛行の分野では全く起きていません
04:04
There'sそこに onlyのみ beenされている two conceptsコンセプト tried試した --- two by〜によって theその Uあなた.Ss. andそして one1 by〜によって theその Russiansロシア人.
なぜなら、アメリカとロシアの2カ国しか挑戦していないからです
04:06
Wellよく, who wasあった inspiredインスピレーションを受けた during thatそれ time時間 period期間?
その黎明期の4年間に影響を受けたのは誰でしょう?
04:10
Aviation航空 Week週間 asked尋ねた me to make作る aa listリスト of who I thought思想
Aviation Week(週刊誌)に
04:12
wereあった theその moversムーバー andそして shakersシェイカー of theその first最初 100 years of aviation航空.
100年の飛行史の中で最も功績を上げた人物は誰かと聞かれました
04:15
Andそして I wrote書きました themそれら downダウン andそして I found見つけた outでる later後で thatそれ everyすべて one1 of themそれら
名前を書いた後気づいたのは彼ら全員が
04:18
wasあった aa little少し kidキッド in thatそれ wonderful素晴らしい renaissanceルネサンス of aviation航空.
子供時代に飛行史の黎明期の4年間を過ごしていたのです
04:22
Wellよく, what happened起こった whenいつ I wasあった aa little少し kidキッド wasあった --- some一部 prettyかなり heavyヘビー stuffもの tooあまりにも.
私が子供の頃にも様々な出来事がありました
04:29
Theその jetジェット age年齢 started開始した: theその missileミサイル age年齢 started開始した. Vonフォン Braunブラウン wasあった on thereそこ
ジェット機・ミサイル開発競争、フォン・ブラウンの火星計画
04:33
showing表示 howどうやって to go行く to Mars火星 --- andそして thisこの wasあった before Sputnikスプートニク.
スプートニク打ち上げもありました
04:38
Andそして thisこの wasあった at〜で aa time時間 whenいつ Mars火星 wasあった aa hell地獄 of aa lotロット moreもっと interesting面白い
その頃の火星は今よりずっと興味深かったのです
04:40
thanより itそれ is now. We我々 thought思想 there'd赤い be〜する animals動物 thereそこ;
動物が生息していると思われていたし
04:44
we我々 knew知っていた thereそこ wereあった plants植物 thereそこ; theその colors change変化する, right?
色が変わる植物も生えていると考えられていました
04:46
Butだけど, you君は know知っている, NASAナサ screwedねじ込まれた thatそれ upアップ becauseなぜなら they've彼らは sent送られた theseこれら robotsロボット
しかし、NASAが人工衛星を砂漠にしか着陸させなかったせいで
04:50
andそして they've彼らは landed着陸した itそれ onlyのみ in theその deserts砂漠.
そんなことはもう誰も信じませんが
04:53
(Laughter笑い)
(笑)
04:56
Ifif you君は look見える at〜で what happened起こった --- thisこの little少し black lineライン is asとして fast速い asとして manおとこ everこれまで flew飛んだ,
黒い線が、人類が到達した最速の飛行スピード
05:00
andそして theその red lineライン is top-of-the-lineトップライン military軍事 fighters戦闘機
赤い線が、軍の最優秀パイロットの飛行スピード
05:07
andそして theその blue lineライン is commercial商業の air空気 transport輸送.
青い線が、商業用飛行機の飛行スピードを表します
05:10
You君は notice通知 here'sここにいる aa big大きい jumpジャンプ whenいつ I wasあった aa little少し kidキッド ---
私が子供のとき、技術的な飛躍があったのがわかります
05:13
andそして I think思う thatそれ had持っていました something何か to do行う with〜と giving与える me theその courage勇気
その出来事が、私にとって夢を持つきっかけになったのです
05:15
to go行く outでる andそして tryお試しください something何か thatそれ otherその他 people weren'tなかった having持つ theその courage勇気 to tryお試しください.
他の人があきらめることにも挑戦する勇気を与えてくれたのです
05:19
Wellよく, what didした I do行う whenいつ I wasあった aa kidキッド?
私は子供時代に何をしていたでしょうか?
05:24
I didn'tしなかった do行う theその hotrodsホットロッド andそして theその girls女の子 andそして theその dancingダンシング
改造車も、女も、ダンスもしなかったし
05:26
andそして, wellよく, we我々 didn'tしなかった have持ってる drugs薬物 in thoseそれら days日々. Butだけど I didした competitionコンペ modelモデル airplanes飛行機.
その頃はクスリもありませんでした。代わりに、飛行機模型で遊んでいました
05:29
I spent過ごした about sevenセブン years during theその Vietnamベトナム War戦争
ベトナム戦争中の約7年間
05:34
flight-testing飛行テスト airplanes飛行機 forために theその Air空気 Force.
アメリカ空軍の試作飛行機製作に関わり
05:36
Andそして then次に I went行った in andそして I had持っていました aa lotロット of fun楽しい building建物 airplanes飛行機
空軍に入隊後は、
05:39
thatそれ people couldできた buildビルドする in their彼らの garagesガレージ.
簡単に組み立てられる飛行機も製作しました
05:41
Andそして some一部 3,000 of thoseそれら are flying飛行. Of courseコース, one1 of themそれら
そしてこれら飛行機のうち約3000機が飛び立ちました
05:44
is aroundまわり theその world世界 Voyagerボイジャー. I founded設立 another別の company会社 in ''82,
その中の1つが、Voyagerです。 そして1982年には
05:47
whichどの is myじぶんの company会社 now.
今の会社を立ち上げました
05:51
Andそして we我々 have持ってる developed発展した moreもっと thanより one1 new新しい typeタイプ of airplane飛行機 everyすべて year since以来 1982.
1982年以来、毎年1機以上、新型の飛行機を作り出しています
05:53
Andそして there'sそこに aa lotロット of themそれら thatそれ I actually実際に can'tできない showショー you君は on thisこの chartチャート.
ここにある飛行機以外にも、まだまだたくさんあります
06:00
Theその most最も impressive印象的な airplane飛行機 everこれまで, I believe信じる, wasあった designed設計
私の中で最も印象に残っている飛行機は
06:04
onlyのみ aa dozenダース years after theその first最初 operational操作可能な jetジェット.
ジェット機が開発されてから、たった十数年で登場し
06:08
Stayed滞在した in serviceサービス tillまで itそれ wasあった tooあまりにも rustyさびた to fly飛ぶ, taken撮影 outでる of serviceサービス.
それから耐用年数まで使われ、引退しました
06:12
We我々 retreated後退した in ''98 backバック to something何か thatそれ wasあった developed発展した in ''56. What?
1956年に作られた飛行機が、1998年に引退したのです、信じられますか?
06:16
Theその most最も impressive印象的な spaceship宇宙船 everこれまで, I believe信じる,
最も印象に残っている宇宙船は・・・
06:23
wasあった aa Grummanグラマン Lunar Lander着陸船. Itそれ wasあった aa --- you君は know知っている, itそれ landed着陸した on theその moon,
グル―マン月着陸船です。 月に着陸し、離陸する
06:26
take取る offオフ of theその moon, didn'tしなかった need必要 anyどれか maintenanceメンテナンス guysみんな ---
全部自動でできるのです
06:31
that'sそれは kind種類 of coolクール.
すばらしいですね
06:33
We've私たちは lost失われた thatそれ capability能力. We我々 abandoned放棄された itそれ in ''72.
そして1972年に引退となりました
06:35
Thisこの thingもの wasあった designed設計 three years after Gagarinガガリン first最初 flew飛んだ in spaceスペース in 1961.
この着陸船は、ガガーリンが飛行した1961年の3年後に作られたのです
06:38
Three years, andそして we我々 can'tできない do行う thatそれ now. Crazy狂った.
たった3年後です。現在はどうでしょう?
06:43
Talkトーク very非常に briefly簡単に about innovation革新 cyclesサイクル, thingsもの thatそれ grow成長する,
イノベーションサイクルについて少し話しましょう
06:48
have持ってる aa lotロット of activityアクティビティ; they彼ら die死ぬ outでる whenいつ they're彼らは replaced置き換えられた by〜によって something何か elseelse.
新しいものが登場したとき、古いものにとって代わります
06:53
Theseこれら thingsもの tend傾向がある to happen起こる everyすべて 25 years.
これは25年周期で起きます
06:57
40 years long長いです, with〜と an overlapオーバーラップ. You君は canできる put置く thatそれ statementステートメント
これは、他のどんなテクノロジーにも言えることです
07:00
on allすべて kinds種類 of different異なる technologiesテクノロジー. Theその interesting面白い thingもの ---
おもしろいのは
07:04
by〜によって theその way方法, theその speed速度 hereここに, excuse言い訳 me, higher-speedより高速な travel旅行
このイノベーションサイクルは高速飛行の歴史において
07:07
is theその titleタイトル of theseこれら innovation革新 cyclesサイクル. Thereそこ is noneなし hereここに.
全く見られないということです
07:10
Theseこれら two new新しい airplanes飛行機 are theその same同じ speed速度 asとして theその DCDC8 thatそれ wasあった done完了 in 1958.
この2つの新型飛行機は、1958年に登場した飛行機と同じ飛行速度です
07:16
Here'sここにいる theその biggie大物, andそして thatそれ is, you君は don'tしない have持ってる innovation革新 cyclesサイクル
つまり、イノベーションサイクルが起きていないのです
07:24
ifif theその government政府 develops発展する andそして theその government政府 uses用途 itそれ.
それは国が開発し、国が使うからです
07:27
You君は know知っている, aa good良い example, of courseコース, is theその DARPAダーパ netネット.
いい例が、DARPAネットワークです
07:30
Computersコンピュータ wereあった used中古 forために artillery砲兵 first最初, then次に IRSIRS.
コンピューターは当初、軍事的なものに使われていました
07:34
Butだけど whenいつ we我々 got持っている itそれ, now you君は have持ってる allすべて theその levelレベル of activityアクティビティ,
しかし、民間の私たちが使い始めてから、有益に使われるようになったのです
07:37
allすべて theその benefit利益 fromから itそれ. Privateプライベート sectorセクタ has持っている to do行う itそれ.
だから民間がやらないとダメなのです
07:40
Keepキープ thatそれ in mindマインド. I put置く downダウン innovation革新 ---
それを忘れないでください
07:44
I've私は looked見た forために innovation革新 cyclesサイクル in spaceスペース; I found見つけた noneなし.
私は宇宙飛行の分野でイノベーションサイクルを探しましたが、ゼロでした
07:47
Theその very非常に first最初 year, starting起動 whenいつ Gagarinガガリン went行った in spaceスペース,
ガガーリンが人類初の宇宙を成し遂げた最初の年
07:50
andそして aa few少数 weeks later後で Alanアラン Shepherd羊飼い, thereそこ wereあった five manned有人
数週間後にアラン・シェパードが飛び立ち
07:54
spaceスペース flightsフライト in theその world世界 --- theその very非常に first最初 year.
その年には計5回の有人宇宙飛行がありました
07:57
In 2003, everyoneみんな thatそれ theその Unitedユナイテッド States sent送られた to spaceスペース wasあった killed殺された.
2003年、アメリカが送り出したすべての宇宙飛行士は事故死しました
08:00
Thereそこ wereあった onlyのみ three orまたは four4つの flightsフライト in 2003.
2003年には、たった3、4回の宇宙飛行しかなかったのに、です
08:09
In 2004, thereそこ wereあった onlyのみ two flightsフライト: two Russianロシア Soyuzソユーズ flightsフライト
2004年には、国際宇宙ステーションへのロシアのソユーズ打ち上げが
08:11
to theその international国際 manned有人 station. Andそして I had持っていました to fly飛ぶ three in Mojaveモヤヴェ
2回あっただけです。 私は、モハヴェ宇宙港から
08:18
with〜と myじぶんの little少し groupグループ of aa coupleカップル dozenダース people
少数のチームにより、3回の打ち上げを行いました
08:22
in order注文 to get取得する to aa total合計 of five,
それで合計5回です
08:24
whichどの wasあった theその number theその same同じ year backバック in 1961.
それは1961年と同じ数字なのです
08:26
Thereそこ is noいいえ growth成長. There'sそこに noいいえ activityアクティビティ. There'sそこに noいいえ nothing何も.
本当に何も成長していないのです
08:31
Thisこの is aa picture画像 hereここに taken撮影 fromから SpaceShipOne宇宙船.
ここにスペースシップ・ワンから撮った写真があります
08:36
Thisこの is aa picture画像 hereここに taken撮影 fromから orbit軌道.
これが軌道からの写真です
08:39
Our我々の goalゴール is to make作る itそれ soそう thatそれ you君は canできる see見る thisこの picture画像 andそして really本当に enjoy楽しんで thatそれ.
私たちの目標は、みなさんにこの景色を見てもらうことなのです
08:41
We我々 know知っている howどうやって to do行う itそれ forために sub-orbital準軌道 flying飛行 now, do行う itそれ safe安全 enough十分な ---
現時点で、弾道飛行(軌道に乗らない飛行)なら安全に行うことができます
08:47
at〜で least少なくとも asとして safe安全 asとして theその early早い airlines航空会社 --- soそう thatそれ canできる be〜する done完了.
少なくとも初期の航空機と同じレベルの安全性は保てます
08:51
Andそして I think思う I want欲しいです to talkトーク aa little少し bitビット about whyなぜ we我々 had持っていました theその courage勇気
こんな小さい会社が、なぜこんな壮大なことをやろうと思ったのか
08:55
to go行く outでる andそして tryお試しください thatそれ asとして aa small小さい company会社.
少しお話ししたいと思います
09:00
Wellよく, first最初 of allすべて, what's何ですか going行く to happen起こる next?
まず、これから何が起ころうとしているのでしょうか
09:07
Theその first最初 industry業界 will意志 be〜する aa high高い volumeボリューム, aa lotロット of players選手.
宇宙旅行ビジネスに参入する企業が増えるでしょう
09:10
There'sそこに another別の one1 announced発表 justちょうど last最終 week週間.
つい先週も、参入を発表した企業がありました
09:14
Andそして itそれ will意志 be〜する sub-orbital準軌道. Andそして theその reason理由 itそれ has持っている to be〜する sub-orbital準軌道
これも弾道飛行になります。軌道飛行ではない理由は
09:17
is, thereそこ is notない solutionsソリューション forために adequate十分な safety安全性
軌道飛行に安全性の問題があるからです
09:23
to fly飛ぶ theその publicパブリック to orbit軌道. Theその governments政府 have持ってる beenされている doingやっている thisこの ---
3カ国の政府が
09:26
three governments政府 have持ってる beenされている doingやっている thisこの forために 45 years,
45年間もこの問題に取り組んでいますが
09:31
andそして stillまだ four4つの percentパーセント of theその people thatそれ have持ってる left theその atmosphere雰囲気 have持ってる died死亡しました.
大気圏外に出た人のうち4%は事故死しています
09:33
That'sそれは --- You君は don'tしない want欲しいです to run走る aa businessビジネス with〜と thatそれ kind種類 of aa safety安全性 record記録.
この安全記録でビジネスをするのは難しいのです
09:37
It'llそれはよ be〜する very非常に high高い volumeボリューム; we我々 think思う 100,000 people will意志 fly飛ぶ by〜によって 2020.
2020年までに10万人が宇宙に飛び立つでしょう
09:42
I can'tできない telltell you君は whenいつ thisこの will意志 start開始,
これがいつ始まるかは
09:48
becauseなぜなら I don'tしない want欲しいです myじぶんの competitionコンペ to know知っている myじぶんの scheduleスケジュール.
ライバル企業に知られてしまうため、ここでは言えませんが
09:50
Butだけど I think思う once一度 itそれ doesする, we我々 will意志 find見つける solutionsソリューション,
技術革新はすぐに訪れるでしょう
09:53
andそして very非常に quickly早く, you'llあなたは see見る thoseそれら resortリゾート hotelsホテル in orbit軌道.
そして、軌道上にリゾートホテルが現れる日も近いのです
09:58
Andそして thatそれ realリアル easy簡単 thingもの to do行う, whichどの is aa swingスイング aroundまわり theその moon
月を一周したり、素晴らしい眺めを見ることも
10:01
soそう you君は have持ってる thisこの coolクール view見る. Andそして thatそれ will意志 be〜する really本当に coolクール.
簡単にできるようになるのです
10:04
Becauseなぜなら theその moon doesn'tしない have持ってる an atmosphere雰囲気 ---
月には大気がないので、楕円軌道に乗って
10:08
you君は canできる do行う an elliptical楕円形の orbit軌道 andそして missミス itそれ by〜によって 10 feetフィート ifif you君は want欲しいです.
月面を高度3メートルで飛ぶことだってできるのです
10:10
Ohああ, it'sそれは going行く to be〜する soそう muchたくさん fun楽しい.
楽しくてたまらないでしょう!
10:13
(Laughter笑い)
(笑)
10:15
OKOK. Myじぶんの critics評論家 sayいう, "Heyねえ, Rutan'sルタン justちょうど spending支出
しかし、中にはこう言う人もいます
10:17
aa lotロット of theseこれら billionaires'億万長者たちは、 moneyお金 forために joyridesジョイライズ forために billionaires億万長者.
「億万長者のお金を、億万長者の遊びのために使っているだけ」
10:21
What's何ですか thisこの? Thisこの is notない aa transportation交通 systemシステム; it'sそれは justちょうど forために fun楽しい."
「実用的なものではなくただの遊びでしかない」
10:26
Andそして I used中古 to be〜する bothered悩まされる by〜によって thatそれ, andそして then次に I got持っている to thinking考え,
以前私は、このことについて悩みました
10:31
wellよく, wait待つ aa minute. I bought買った myじぶんの first最初 Apple林檎 computerコンピューター in 1978
でも、考えてみてください。1978年にアップルのパソコンを
10:34
andそして I bought買った itそれ becauseなぜなら I couldできた sayいう, "I got持っている aa computerコンピューター at〜で myじぶんの house andそして you君は don'tしない.
買った理由は、他人に見せびらかしたり
10:39
'What do行う you君は useつかいます itそれ forために?'' Come来る over以上. Itそれ doesする Froggerフロガー." OKOK.
ゲームをするためだったのです
10:45
(Laughter笑い)
(笑)
10:50
Notない theその bank's銀行の computerコンピューター orまたは Lockheed'sロックヒドーズ computerコンピューター,
銀行や企業にあるパソコンとは違い
10:51
butだけど theその home自宅 computerコンピューター wasあった forために gamesゲーム.
家庭にあるパソコンはゲームをするためのものでした
10:54
Forために aa whole全体 decade10年 itそれ wasあった forために fun楽しい --- we我々 didn'tしなかった even偶数 know知っている what itそれ wasあった forために.
10年もの間、パソコンは「遊び」のためにあったのです
10:57
Butだけど what happened起こった, theその fact事実 thatそれ we我々 had持っていました thisこの big大きい industry業界,
しかし、それから何が起こったでしょう?
11:01
big大きい development開発, big大きい improvement改善 andそして capability能力 andそして soそう on,
パソコンは巨大産業となり、大きな成長を遂げました
11:05
andそして they彼ら get取得する outでる thereそこ in enough十分な homes --- we我々 wereあった ripe熟した forために aa new新しい invention発明.
そして今、普及したパソコンのおかげで、新しい発明が生まれています
11:09
Andそして theその inventor発明者 is in thisこの audience聴衆.
今日偶然ここにおられる -
11:14
Alアル Goreゴア invented発明された theその Internetインターネット andそして becauseなぜなら of thatそれ,
アル・ゴア氏の情報スーパーハイウェイ構想もありながら
11:16
something何か thatそれ we我々 used中古 forために aa whole全体 year --- excuse言い訳 me ---
私たちが10年間も遊びのために使ってきたものが
11:20
aa whole全体 decade10年 forために fun楽しい, becameなりました everythingすべて --- our我々の commerceコマース, our我々の research研究,
私たちのビジネス、研究、通信など、すべてを支えるようになったのです
11:23
our我々の communicationコミュニケーション andそして, ifif we我々 let〜する theその Googlegoogle guysみんな
グーグル社の社員たちに聞けば
11:29
think思う forために another別の coupleカップル weekends週末, we我々 canできる add追加する aa dozenダース moreもっと thingsもの to theその listリスト. (Laughter笑い)
遊びから生まれたアイデアが成功した例を、もっと教えてくれるでしょう
11:33
Andそして itそれ won't〜されません be〜する very非常に long長いです before you君は won't〜されません be〜する ableできる to convince説得する kids子供たち
昔パソコンがない時代があったなんて
11:37
thatそれ we我々 didn'tしなかった always常に have持ってる computersコンピュータ in our我々の homes.
子供たちは信じられなくなるでしょう
11:40
Soそう fun楽しい is defendable防御可能な.
だから「遊び」でもいいのです
11:45
OKOK, I want欲しいです to showショー you君は kind種類 of aa busy忙しい chartチャート,
このちょっと複雑なグラフを見てください
11:48
butだけど in itそれ is myじぶんの prediction予測 with〜と what's何ですか going行く to happen起こる.
これから何が起こっていくのか
11:53
Andそして in itそれ alsoまた、 bringsもたらす upアップ another別の pointポイント, right hereここに.
そして、重要な点があるのです
11:56
There'sそこに aa groupグループ of people thatそれ have持ってる come来る forward前進 ---
全員の名前は知らないと思いますが
12:00
andそして you君は don'tしない know知っている allすべて of themそれら --- butだけど theその onesもの thatそれ have持ってる come来る forward前進
子供のころに月着陸のニュースを見て影響され
12:04
wereあった inspiredインスピレーションを受けた asとして young若い children子供, thisこの little少し three-三- to 15-year-old-歳 age年齢,
今、実際に行動を起こしている人たちがいるのです
12:07
by〜によって us米国 going行く to orbit軌道 andそして going行く to theその moon hereここに,
彼らは当時
12:14
right in thisこの time時間 period期間.
3歳から15歳くらいの子供でした
12:17
Paulポール Allenアレン, Elanエラン Muskムスク, Richardリチャード Bransonブランソン, Jeffジェフ Bezosベゾス, theその Ansariアンサリ family家族,
ポール・アレン、イーロン・マスク、リチャード・ブランソン、ジェフ・ベゾス、
12:19
whichどの is now funding資金調達 theその Russians'ロシア人は、 sub-orbital準軌道 thingもの,
ロシアの弾道飛行を援助しているアンサリ家、
12:29
Bobボブ Bigelowビッグロー, aa privateプライベート spaceスペース station, andそして Carmackカーマック.
民営宇宙ステーションのボブ・ビゲロー、ジョン・カーマック、
12:34
Theseこれら people are taking取る moneyお金 andそして puttingパッティング itそれ in an interesting面白い areaエリア,
彼らは私たちにとって
12:38
andそして I think思う it'sそれは aa lotロット betterより良い thanより they彼ら put置く itそれ in an areaエリア
重要な分野に資金を投入しています
12:44
of aa betterより良い cell細胞 phone電話 orまたは something何か --- butだけど they're彼らは puttingパッティング itそれ in very非常に ---
それは、新しい携帯電話のような分野ではなく
12:47
areasエリア andそして thisこの will意志 lead us米国 into thisこの kind種類 of capability能力,
私たち人類にとって重要な分野であり
12:51
andそして itそれ will意志 lead us米国 into theその next really本当に big大きい thingもの
人類の進歩に関わることなのです
12:55
andそして itそれ will意志 allow許す us米国 to explore探検する. Andそして I think思う eventually最終的に
それによって私たちは未知の世界を探求することができ
12:57
itそれ will意志 allow許す us米国 to colonizeコロニー化する andそして to keepキープ us米国 fromから going行く extinct絶滅した.
遠い将来には、星への移住により人類の絶滅を防ぐことになると考えています
13:01
They彼ら wereあった inspiredインスピレーションを受けた by〜によって big大きい progress進捗. Butだけど look見える at〜で theその progress進捗 that'sそれは going行く on after thatそれ.
彼らのような投資家たちは、偉大な進歩という夢を持っているのです
13:05
Thereそこ wereあった aa coupleカップル of examples hereここに.
では、実際に何が起こっているのでしょう
13:11
Theその military軍事 fighters戦闘機 had持っていました aa --- highest-performance最高性能 military軍事 airplane飛行機
軍のもっとも優秀なジェット機で、SR-71という機体がありました
13:13
wasあった theその SRsr71. Itそれ went行った aa whole全体 life生活 cycleサイクル, got持っている tooあまりにも rustyさびた to fly飛ぶ,
耐用期間いっぱいまで使用され、引退しました
13:17
andそして wasあった taken撮影 outでる of serviceサービス. Theその Concordeコンコルド doubled倍増 theその speed速度 forために airline航空会社 travel旅行.
コンコルドは商業用飛行機の移動速度を2倍にしました
13:22
Itそれ went行った aa whole全体 life生活 cycleサイクル withoutなし competitionコンペ,
これも耐用期間いっぱいまで使用され
13:27
took取った outでる of serviceサービス. Andそして we're私たちは stuck立ち往生 backバック hereここに
ライバル機も登場しないまま引退しました
13:30
with〜と theその same同じ kind種類 of capability能力 forために military軍事 fighters戦闘機
私たちは、1950年代後半に登場した飛行機と
13:33
andそして commercial商業の airline航空会社 travel旅行 thatそれ we我々 had持っていました backバック in theその late遅く ''50ss.
同じ技術水準のまま、取り残されているのです
13:36
Butだけど something何か is outでる thereそこ to inspireインスピレーション our我々の kids子供たち now.
しかし今なら、子供たちに夢を与えられるでしょう
13:40
Andそして I'm私は talking話す about ifif you'veあなたは got持っている aa baby赤ちゃん now,
赤ちゃんや、10歳の子供がいるなら
13:44
orまたは ifif you'veあなたは got持っている aa 10-year-old-歳 now.
特に関係があります
13:46
What's何ですか outでる thereそこ is there'sそこに something何か really本当に interesting面白い going行く to happen起こる hereここに.
本当におもしろいことが起ころうとしているのです
13:47
Relatively比較的 soonすぐに, you'llあなたは be〜する ableできる to buy購入 aa ticketチケット
もうすぐ、軍の最新鋭の飛行機よりも速く
13:53
andそして fly飛ぶ higher高い andそして fasterもっと早く thanより theその highest-performance最高性能
高い高度で飛ぶ飛行機の航空券を
13:55
military軍事 operational操作可能な airplane飛行機. It'sそれは never決して happened起こった before.
買うことができるようになります。これは今まで起きたことがないのです
14:00
Theその fact事実 thatそれ they彼ら have持ってる stuck立ち往生 hereここに with〜と thisこの kind種類 of performanceパフォーマンス
軍が古い技術水準に取り残されている理由は、
14:04
has持っている beenされている, wellよく, you君は know知っている, you君は win勝つ theその war戦争 in 12 minutes;
ボタン一つで戦争に勝てる時代に
14:09
whyなぜ do行う you君は need必要 something何か betterより良い?
速い飛行機を作る必要がなくなったからです
14:12
Butだけど I think思う whenいつ you君は guysみんな start開始 buying買う tickets切符売場 andそして flying飛行
ただ、宇宙旅行が一般に登場する前に
14:13
sub-orbital準軌道 flightsフライト to spaceスペース, very非常に soonすぐに --- wait待つ aa minute,
まず軍に弾道飛行のスキルを持ったパイロットが
14:16
what's何ですか happeningハプニング hereここに, we'll私たちは have持ってる military軍事 fighters戦闘機
登場するでしょう
14:21
with〜と sub-orbital準軌道 capability能力, andそして I think思う very非常に soonすぐに thisこの.
しかし、宇宙飛行の技術は
14:24
Butだけど theその interesting面白い thingもの about itそれ is theその commercial商業の guysみんな are going行く to go行く first最初.
ビジネスとして発展したほうが、より速く進歩するのです
14:27
OKOK, I look見える forward前進 to aa new新しい "capitalist's資本家 spaceスペース raceレース," let'sさあ callコール itそれ.
これを、「資本主義による宇宙開発競争」と呼びましょう。反対に・・・
14:31
You君は remember思い出す theその spaceスペース raceレース in theその ''60ss wasあった forために national全国 prestige威信,
60年代の宇宙開発競争は国家の威信をかけたものでした
14:37
becauseなぜなら we我々 lost失われた theその first最初 two milestonesマイルストーン.
アメリカは競争で2つの敗北を経験しましたが
14:41
We我々 didn'tしなかった lose失う themそれら technically技術的に. Theその fact事実 thatそれ we我々 had持っていました theその hardwareハードウェア
どちらも技術的な敗北ではありませんでした
14:44
to put置く something何か in orbit軌道 whenいつ we我々 let〜する Vonフォン Braunブラウン fly飛ぶ itそれ ---
人工衛星にはアメリカ製の機器が積まれていたからです
14:48
you君は canできる argue主張する that'sそれは notない aa technicalテクニカル loss損失.
同様に、スプートニク号の打ち上げは
14:53
Sputnikスプートニク wasn'tなかった aa technicalテクニカル loss損失, butだけど itそれ wasあった aa prestige威信 loss損失.
技術的な敗北ではなく、アメリカにとって国家的威信の敗北でした
14:55
Americaアメリカ --- theその world世界 saw見た Americaアメリカ asとして notない beingであること theその leaderリーダー in technology技術,
その瞬間、アメリカは最先端技術の国ではなくなったのです
14:59
andそして thatそれ wasあった aa very非常に strong強い thingもの.
それは衝撃的なものでした
15:06
Andそして then次に we我々 flew飛んだ Alanアラン Shepherd羊飼い weeks after Gagarinガガリン,
その後アメリカは、ガガーリン飛行のたった数週間後に
15:08
notない months数ヶ月 orまたは decades数十年, orまたは whateverなんでも. Soそう we我々 had持っていました theその capability能力.
アラン・シェパードを打ち上げ、技術力をアピールしました
15:13
Butだけど Americaアメリカ lost失われた. We我々 lost失われた. Andそして becauseなぜなら of thatそれ, we我々 made aa big大きい jumpジャンプ to recover回復します itそれ.
しかし、アメリカは負けたのです。だからこそ、その後大きな飛躍を遂げました
15:18
Wellよく, again再び, what's何ですか interesting面白い hereここに is we've私たちは lost失われた
繰り返しますが、開発競争当初
15:27
to theその Russiansロシア人 on theその first最初 coupleカップル of milestonesマイルストーン already既に.
アメリカはロシアに負けていたのです
15:30
You君は cannotできない buy購入 aa ticketチケット commercially商業的 to fly飛ぶ into spaceスペース in Americaアメリカ ---
現在、アメリカで宇宙行き航空券は買えません
15:33
can'tできない do行う itそれ. You君は canできる buy購入 itそれ in Russiaロシア.
でも、ロシアでは買えます
15:38
You君は canできる fly飛ぶ with〜と Russianロシア hardwareハードウェア. Thisこの is available利用可能な
ロシア製の機器を使って飛ぶことができます
15:43
becauseなぜなら aa Russianロシア spaceスペース programプログラム is starving飢えている,
なぜなら、ロシアの宇宙計画は予算不足だからです
15:46
andそして it'sそれは niceいい forために themそれら to get取得する 20 million百万 hereここに andそして thereそこ to take取る one1 of theその seats.
大富豪に宇宙行き航空券を1枚20億円で売りたいのです
15:49
It'sそれは commercial商業の. Itそれ canできる be〜する defined定義された asとして spaceスペース tourism観光. They彼ら are alsoまた、 offering募集 aa trip旅行
宇宙旅行ビジネスとも言えます
15:54
to go行く on thisこの whipホイップ aroundまわり theその moon, like好きな Apolloアポロ 8 wasあった done完了.
アポロ8号のように月を周回するツアーも発売中なのです
16:01
100 million百万 bucksドル --- heyねえ, I canできる go行く to theその moon.
数十億円の月旅行です
16:05
Butだけど, you君は know知っている, would〜する you君は have持ってる thought思想 backバック in theその ''60ss,
想像してみてください
16:08
whenいつ theその spaceスペース raceレース wasあった going行く on,
1960年代の宇宙開発競争のとき
16:11
thatそれ theその first最初 commercial商業の capitalist-like資本主義的な thingもの to do行う
アメリカ人が月に打ち上げられることになり
16:13
to buy購入 aa ticketチケット to go行く to theその moon would〜する be〜する in Russianロシア hardwareハードウェア?
いざロケットに乗ってみたら、ロシア製の機器が積まれていたら?
16:19
Andそして would〜する you君は have持ってる thought思想, would〜する theその Russiansロシア人 have持ってる thought思想,
ロシアの威信をかけた人類初の月着陸計画で
16:23
thatそれ whenいつ they彼ら first最初 go行く to theその moon in their彼らの developed発展した hardwareハードウェア,
ロケットに乗り込む飛行士が
16:26
theその guysみんな inside内部 won't〜されません be〜する Russiansロシア人? Maybe多分 it'llそれはよ probably多分 be〜する aa Japanese日本語
ロシア人ではなかったら?大富豪の日本人や
16:30
orまたは an Americanアメリカ人 billionaire億万長者? Wellよく, that'sそれは weird奇妙な: you君は know知っている, itそれ really本当に is.
アメリカ人だとしたら、とても奇妙です
16:34
Butだけど anywayとにかく, I think思う we我々 need必要 to beatビート themそれら again再び.
とにかく、開発競争はまたやってきます
16:38
I think思う what we'll私たちは do行う is we'll私たちは see見る aa successful成功した, very非常に successful成功した,
これから、極めて巨大な宇宙旅行ビジネスが登場し
16:42
privateプライベート spaceスペース flightフライト industry業界. Whetherかどうか we're私たちは first最初 orまたは notない really本当に doesn'tしない matter問題.
かつての競争のように、誰が最初に開発するかは重要ではなくなります
16:49
Theその Russiansロシア人 actually実際に flew飛んだ aa supersonic超音速 transport輸送 before theその Concordeコンコルド.
例えば、ロシアはコンコルドより以前に超音速旅客機を開発しましたが
16:54
Andそして then次に they彼ら flew飛んだ aa few少数 cargo貨物 flightsフライト, andそして took取った itそれ outでる of serviceサービス.
貨物輸送に使っただけでした
17:00
I think思う you君は kind種類 of see見る theその same同じ kind種類 of parallel平行
ビジネスとして発展すると
17:04
whenいつ theその commercial商業の stuffもの is offered提供された.
このような違いが出るのです
17:07
OKOK, we'll私たちは talkトーク justちょうど aa little少し bitビット about commercial商業の development開発 forために human人間 spaceスペース flightフライト.
ビジネスにおける、有人宇宙飛行の発展について考えてみましょう
17:11
Thisこの little少し thingもの says言う hereここに: five times
宇宙旅行ビジネスとして技術が発展した場合、
17:15
what NASA'sナサの doingやっている by〜によって 2020. I want欲しいです to telltell you君は, already既に
2020年までにNASAの計画より、5倍も進展すると考えられています
17:17
there'sそこに about 1.5 billion to 1.7 billion
民間からの投資だけで、
17:25
investment投資 in privateプライベート spaceスペース flightフライト thatそれ is notない government政府 at〜で allすべて ---
すでに10億5000万ドルから10億7000万ドルの資金が
17:29
already既に, worldwide世界的に. Ifif you君は read読む --- ifif you君は Googlegoogle itそれ,
世界中から集まっています
17:35
you'llあなたは find見つける about halfハーフ of thatそれ moneyお金, butだけど there'sそこに twice二度 of thatそれ
グーグルで検索すればわかりますが
17:40
beingであること committedコミットした outでる thereそこ --- notない spent過ごした yetまだ, butだけど beingであること committedコミットした
その2倍の金額が投資されることになっていて
17:43
andそして planned計画された forために theその next few少数 years. Heyねえ, that'sそれは prettyかなり big大きい.
数年後の計画に向けて準備が進んでいるのです
17:47
I'm私は predicting予測する, thoughしかし, asとして profitable収益性の高い asとして thisこの industry業界 is going行く to be〜する ---
宇宙旅行ビジネスは、利益の大きいビジネスになるでしょう
17:50
andそして itそれ certainly確かに is profitable収益性の高い whenいつ you君は fly飛ぶ people at〜で 200,000 dollarsドル
2000万円の旅行ツアーを売り出して
17:55
on something何か thatそれ you君は canできる actually実際に operate操作する at〜で aa tenth10番目 of thatそれ costコスト,
かかるコストはその10分の1かそれ以下だからです
17:59
orまたは lessもっと少なく --- thisこの is going行く to be〜する very非常に profitable収益性の高い.
大きな利益が生まれます
18:03
I predict予測する, alsoまた、, thatそれ theその investment投資 thatそれ will意志 flowフロー into thisこの
また、このビジネスに投資されたお金は
18:07
will意志 be〜する somewhereどこかで aroundまわり halfハーフ of what theその Uあなた.Ss. taxpayer納税者
アメリカの納税者がNASAの宇宙計画に使う金額の
18:10
spends支出 forために NASA'sナサの manned有人 spacecraft宇宙船 work作業.
半分で済むと予想しています
18:14
Andそして everyすべて dollarドル thatそれ flows流れ into thatそれ will意志 be〜する spent過ごした moreもっと efficiently効率的に
さらに、投資されたお金はNASAで使われるより
18:18
by〜によって aa factor因子 of 10 to 15. Andそして what thatそれ means手段 is before we我々 know知っている itそれ,
10~15倍も効率よく使われることになります
18:23
theその progress進捗 in human人間 spaceスペース flightフライト, with〜と noいいえ taxpayer納税者 dollarsドル,
それはつまり、有人宇宙飛行における進歩は、税金無しでも
18:31
will意志 be〜する at〜で aa levelレベル of about five times asとして muchたくさん
現在のNASAの宇宙計画より
18:38
asとして theその current現在 NASAナサ budgets予算 forために human人間 spaceスペース flightフライト.
5倍も進展する、ということなのです
18:44
Andそして thatそれ is becauseなぜなら it'sそれは us米国. It'sそれは privateプライベート industry業界.
それは、私たち民間企業だからできるのです
18:49
You君は should〜すべき never決して depend依存する on theその government政府 to do行う thisこの sortソート of stuffもの ---
こういうことを国にやらせ続けてはダメなのです
18:57
andそして we've私たちは done完了 itそれ forために aa long長いです time時間. Theその NACAナカ, before NASAナサ,
私たちは長い間、NASAなど、国に頼ってきました
19:03
never決して developed発展した an airliner旅客機 andそして never決して ran走った an airline航空会社.
民間では宇宙旅客機などは作ってきませんでした
19:06
Butだけど NASAナサ is developing現像 theその spaceスペース linerライナー, always常に has持っている,
しかしNASAは長い間、宇宙船開発を担当し、
19:10
andそして runs走る theその onlyのみ spaceスペース lineライン, OKOK. Andそして we've私たちは shiedひそかに away離れて fromから itそれ
唯一の宇宙路線を運営しています、私たちは今までその事実から目を背けてきました
19:14
becauseなぜなら we're私たちは afraid恐れ of itそれ. Butだけど starting起動 backバック in June六月 of 2004,
しかしながら、2004年の6月、
19:21
whenいつ I showed示した thatそれ aa little少し groupグループ outでる thereそこ actually実際に canできる do行う itそれ,
私が少人数のチームでも実際に行動を起こせることを示してから
19:27
canできる get取得する aa start開始 with〜と itそれ, everythingすべて changedかわった after thatそれ time時間.
すべてが変わったのです
19:32
OKOK, thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
ご清聴、ありがとうございました
19:35
(Applause拍手)
(拍手)
19:37
Translated by Takuto Oshima
Reviewed by Tomohiro Kawanami

▲Back to top

About the speaker:

Burt Rutan - Aircraft engineer
In 2004, legendary spacecraft designer Burt Rutan won the $10M Ansari X-Prize for SpaceShipOne, the first privately funded craft to enter space twice in a two-week period. He's now collaborating with Virgin Galactic to build the first rocketship for space tourism.

Why you should listen

Burt Rutan is widely regarded as one of the world's most important industrial designers, and his prolific contributions to air- and spacecraft design have driven the industry forward for decades. His two companies, Rutan Aircraft Factory and Scaled Composites, have developed and flight-tested more new types of aircraft than the rest of the US industry combined. He has himself designed hundreds of aircraft, including the famous Voyager, which his brother piloted on a record-breaking nine-day nonstop flight around the world. 

Rutan might also be the person to make low-cost space tourism a reality: He's one of the major players promoting entrepreneurial approaches to space exploration, and his collaboration with Virgin Galactic is the most promising of these efforts. SpaceShipTwo, a collaboration between Richard Branson and Rutan completed its first "captive carry" in March of 2010, marking the beginning of the era of commercial space exploration.

Ever the maverick, Rutan is known for both his bold proclamations and his criticism of the aerospace industry. Witness the opening line of his presentation at TED2006: "Houston, we have a problem. We're entering a second generation of no progress in terms of human flight in space."

More profile about the speaker
Burt Rutan | Speaker | TED.com