English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2009

Carolyn Porco: Could a Saturn moon harbor life?

カロリン・ポロコ:土星の衛星は生命を抱くのか?

Filmed
Views 896,806

カッシーニ探査機が土星の衛星の一つ、エンケラドスを通過した際にもたらされた驚くべき新発見について、カロリン・ポロコ氏が語る。衛星にある氷の間欠泉から採集されたサンプルは、地下にある海が生命を抱いている可能性があることを示している。

- Planetary scientist
As the leader of the Imaging Team on the Cassini mission to Saturn, Carolyn Porco interprets and shares the pictures coming back from this fascinating planet, its rings and its moons. Full bio

Two years ago hereここに at〜で TEDテッド
二年前、ここTEDで
00:18
I reported報告 thatそれ we我々 had持っていました discovered発見された
我々が発見したことをお話ししました
00:20
at〜で Saturn土星, with〜と theその Cassiniカッシーニ Spacecraft宇宙船,
土星について、カッシーニ探査機が発見したことは
00:22
an anomalously異常に warm暖かい andそして geologically地質学的に activeアクティブ region領域
異常に暖かく、地質学的に活発な地域が
00:25
at〜で theその southern南方の tip先端 of theその small小さい Saturnineザーナイン moon
土星の小さな衛星の南端にあるということでした
00:28
Enceladusエンケラドス, seen見た hereここに.
その衛星、エンケラドスです
00:31
Thisこの region領域 seen見た hereここに forために theその first最初 time時間
この地域が初めて観察されたのは
00:33
in theその Cassiniカッシーニ image画像 taken撮影 in 2005. Thisこの is theその south polar極地 region領域,
カッシーニによって2005年に撮影された写真によるものです これは南極地域です
00:35
with〜と theその famous有名な tiger-stripeタイガーストライプ fractures骨折 crossing交差点 theその south poleポール.
有名な、タイガーストリップの裂け目が南極を横切っています
00:40
Andそして seen見た justちょうど recently最近 in late遅く 2008,
そして、最近、2008年の後半になって
00:43
hereここに is thatそれ region領域 again再び,
再び、その地域が撮影されました
00:47
now halfハーフ in darkness becauseなぜなら theその southern南方の hemisphere半球
半分が闇に覆われているのは、南半球が
00:49
is experiencing経験する theその onset開始 of August8月
八月の始め頃
00:52
andそして eventually最終的に winter.
つまり、冬であったためです
00:55
Andそして I alsoまた、 reported報告 thatそれ we'd結婚した made thisこの mind-blowing心を吹く discovery発見 ---
目を疑うような発見がなされたことについてもお話ししました
00:57
thisこの once-in-a-lifetime一生に一度 discovery発見
まさに一生に一度の大発見です
01:00
of towering優しく jetsジェット機
高々と噴き上がるジェットは
01:02
erupting噴火する fromから thoseそれら fractures骨折 at〜で theその south poleポール,
南極にある裂け目から噴出されていますが
01:04
consisting〜する of tiny小さな water ice crystals結晶
水が凍ってできた小さな結晶によって形成されており
01:07
accompanied付随する by〜によって water vapor蒸気
水蒸気も含んでいます
01:09
andそして simple単純 organicオーガニック compounds化合物 like好きな carbon炭素 dioxide二酸化炭素 andそして methaneメタン.
また、炭素やメタンのような単純な有機化合物も存在します
01:12
Andそして at〜で thatそれ time時間 two years ago
二年前、
01:16
I mentioned言及した thatそれ we我々 wereあった speculating推測
我々の予想についてお話ししました
01:18
thatそれ theseこれら jetsジェット機 mightかもしれない in fact事実 be〜する geysers間欠泉,
このジェットは間欠泉である可能性があり、
01:20
andそして erupting噴火する fromから pocketsポケット
地上のくぼみ、あるいは
01:22
orまたは chambers部屋 of liquid液体 water underneath下の theその surface表面,
地下にある液体の水の貯水池から、噴出されているのではないか、と
01:24
butだけど we我々 weren'tなかった really本当に sure確かに.
しかし、確証はありませんでした
01:26
Howeverしかしながら, theその implications意義 of thoseそれら results結果 ---
一方、我々が得た成果から
01:28
of aa possible可能 environment環境 within以内 thisこの moon
予想された、この衛星の環境は
01:31
thatそれ couldできた supportサポート prebioticプレバイオティック chemistry化学,
前生物化学、あるいは
01:34
andそして perhapsおそらく life生活 itself自体 ---
生命そのものをサポートことができる可能性があり、
01:36
wereあった soそう excitingエキサイティング thatそれ, in theその intervening介入する two years,
興味が非常に高まりました そして、この二年間にわたって
01:39
we我々 have持ってる focused集中した moreもっと on Enceladusエンケラドス.
さらにエンケラドスを注目してきました
01:41
We've私たちは flown飛ぶ theその Cassiniカッシーニ Spacecraft宇宙船
カッシーニ探査機によって
01:43
by〜によって thisこの moon now severalいくつかの times,
この衛星をなんども探査しました
01:46
flying飛行 closerクローザー andそして deeperもっと深く into theseこれら jetsジェット機,
ジェットへさらに近く、さらに内側まで
01:48
into theその denser高密度 regions地域 of theseこれら jetsジェット機,
さらに濃度が高いところまで
01:51
soそう thatそれ now we我々 have持ってる come来る away離れて with〜と some一部
そして、今回、
01:53
very非常に precise正確 compositional構成的 measurements測定値.
その組成を詳細に計測することができました
01:55
Andそして we我々 have持ってる found見つけた
その結果、
01:57
thatそれ theその organicオーガニック compounds化合物 coming到来 fromから thisこの moon
この衛星から放出されている有機化合物は
01:59
are in fact事実 moreもっと complex複合体 thanより we我々 previously前に reported報告.
以前に報告されたものより、複雑なものであることが分かりました
02:02
Whilewhile they're彼らは notない aminoアミノ acids,
アミノ酸ではありませんでしたが、
02:05
we're私たちは now finding所見 thingsもの like好きな
我々は
02:07
propaneプロパン andそして benzeneベンゼン,
プロパンやベンゼン
02:09
hydrogen水素 cyanideシアン化物, andそして formaldehydeホルムアルデヒド.
シアン化水素、ホルムアルデヒドを検出しました
02:11
Andそして theその tiny小さな water crystals結晶 hereここに
そして、小さな水の結晶は
02:13
now look見える forために allすべて theその world世界
非常に
02:16
like好きな they彼ら are frozenフローズン droplets小滴 of salty塩辛い water,
凍った塩水のしずくと似通っていたのです
02:18
whichどの is aa discovery発見 thatそれ suggests提案する
この発見から予想できることは
02:21
thatそれ notない onlyのみ do行う theその jetsジェット機 come来る fromから
ジェットが
02:23
pocketsポケット of liquid液体 water,
液体の水がたまった窪みから噴出しているだけでなく
02:25
butだけど thatそれ thatそれ liquid液体 water is in contact接触 with〜と rock.
その液体の水は岩盤との接触があるということです
02:27
Andそして thatそれ is aa circumstance状況
そして、この状況においては
02:30
thatそれ couldできた supply供給 theその chemical化学 energyエネルギー
生命の維持に必要な化学的エネルギーおよび
02:32
andそして theその chemical化学 compounds化合物 needed必要な to sustainサスティーン life生活.
化合物が供給されている可能性があります
02:34
Soそう we我々 are very非常に encouraged奨励 by〜によって theseこれら results結果.
非常に喜ばしい成果を得ることができました
02:37
Andそして we我々 are muchたくさん moreもっと confident自信を持って now thanより we我々 wereあった two years ago
我々は、二年前よりさらに確信を深めています
02:40
thatそれ we我々 mightかもしれない indeed確かに
つまり
02:43
have持ってる on thisこの moon, under theその south poleポール,
この衛星の、南極の地下において
02:45
an environment環境 orまたは aa zoneゾーン thatそれ is hospitableおいしい to living生活 organisms生物.
有機体に適した環境、地域が存在している可能性があるのです
02:48
Whetherかどうか orまたは notない thereそこ are living生活 organisms生物 thereそこ, of courseコース,
もちろん、実際に有機体が存在しているかどうかは
02:52
is an entirely完全に different異なる matter問題.
まったく別の問題です
02:55
Andそして thatそれ will意志 have持ってる to await待つ theその arrival到着,
それに関しては、再び
02:57
backバック at〜で Enceladusエンケラドス,
エンケラドスに
02:59
of theその spacecrafts宇宙船, hopefullyうまくいけば some一部 time時間 in theその near近く future未来,
探査機が接近するのを待つべきでしょう それが近い将来であり、
03:02
specifically具体的に equipped装備 to address住所 thatそれ particular特に question質問.
探査機がその疑問に答えるための装備を備えていることを望みます
03:05
Butだけど in theその meantimeその間 I invite招待する you君は to imagine想像する theその day
それまでの間は、想像をしてみようではありませんか
03:09
whenいつ we我々 mightかもしれない journey to theその Saturnineザーナイン systemシステム,
土星系まで旅をして
03:12
andそして visit訪問 theその Enceladusエンケラドス interplanetary惑星間 geyser間欠泉 parkパーク,
エンケラドスの惑星間間欠泉公園を訪れる日のことを
03:15
justちょうど becauseなぜなら we我々 canできる.
それは可能なのですから
03:19
Thank感謝 you君は.
ありがとうございます
03:21
(Applause拍手)
(拍手)
03:23
Translated by Kazuyuki Shimatani
Reviewed by MaYoMo com

▲Back to top

About the speaker:

Carolyn Porco - Planetary scientist
As the leader of the Imaging Team on the Cassini mission to Saturn, Carolyn Porco interprets and shares the pictures coming back from this fascinating planet, its rings and its moons.

Why you should listen

Planetary scientist Carolyn Porco studies and interprets the photos from NASA space missions like the renowned Voyager mission to the outer solar system in the 1980s and the Cassini-Huygens mission to Saturn. She leads a team of scientists from the US and Europe that has been analyzing the images Cassini has sent back since it left Earth in 1997. At Saturn, they have found new phenomena everywhere they've turned their cameras … in the planet’s atmosphere, within its rings and on the surfaces of its many moons. And they've produced spectacular images and animations of these marvels in the process.

Back in the early-1980s, while still working on her doctorate, Porco was drafted onto the Voyager imaging team to assist in crunching the mountains of data coming back from Voyager’s fly-by of Saturn. Her work on the planet's rings and their relation to its moons cemented her connection with Saturn. After Voyager had flown by Neptune and was nearing conclusion, she worked together with Carl Sagan in planning Voyager’s celebrated Pale Blue Dot picture of Earth.

Her ongoing work at the Cassini Imaging Central Laboratory for Operations (CICLOPs) has two goals: to process, interpret and archive Cassini’s images for other scientists, and to make sure the images -- in all their breathtaking poetry and mystery and sheer Save-Image-As-Desktop awesomeness -- connect with the general public. She is an advocate for the exploration and understanding of planetary space, and her frequent talks (as well as her "Captain's Log" memos on the CICLOPS website) speak to everyone, scientist and nonscientist alike. Her advocacy extends to Hollywood, where she was the character consultant on the 1997 movie “Contact,” and a consultant on the 2009 Paramount Pictures re-boot of “Star Trek.” In 2012, she was named one the 25 most influential people in space by TIME magazine.

Finally, in a twist on the Pale Blue Dot theme, it was she who conceived the idea to invite the people of the world to smile while Cassini imaged the Earth on July 19, 2013 in an event called “The Day the Earth Smiled.”

For more information: 

Solar System Portrait: Earth as 'Pale Blue Dot'

BBC: Saturn snapped as Earth smiled

The Atlantic: The Carl Sagan of Our Time Reprises the 'Pale Blue Dot' Photo of Earth

The Day the Earth Smiled: Image

Library of Congress: Portraits of the Solar System: Talking with Carolyn Porco About Carl Sagan  

More profile about the speaker
Carolyn Porco | Speaker | TED.com