English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2009

Tom Wujec: Learn to use the 13th-century astrolabe

トム・ウージェック、13世紀のアストロラーベを紹介

Filmed
Views 583,320

トム・ウージェックは新しいテクノロジーのデモより、かつて人類が創り出した最も精巧な装置、アストロラーベに注目した。アストロラーベは何千という使い道があり、時刻から夜空の星の並びまで調べることができる。この長い歴史をもつテクノロジーは、古代のテクノロジーが現代と同様に優れていることを証明している。

- Designer
Tom Wujec studies how we share and absorb information. He's an innovative practitioner of business visualization -- using design and technology to help groups solve problems and understand ideas. He is a Fellow at Autodesk. Full bio

Asとして technology技術 progresses進行する,
テクノロジーの進歩とともに
00:15
andそして asとして itそれ advances進歩,
テクノロジーが向上し
00:18
manyたくさんの of us米国 assume想定する thatそれ theseこれら advances進歩
多くの人は進歩が
00:20
make作る us米国 moreもっと intelligentインテリジェントな,
我々をさらに知的で賢くさせて
00:22
make作る us米国 smarterスマートな andそして moreもっと connected接続された to theその world世界.
世界へ結びつけていくと信じています
00:24
Andそして what I'd私は like好きな to argue主張する
私がお話ししたいのは
00:26
is thatそれ that'sそれは notない necessarily必ずしも theその case場合,
実情は必ずしもそうではなく
00:28
asとして progress進捗 is simply単に aa wordワード forために change変化する,
進歩とは 変化を意味することばでしかありません
00:30
andそして with〜と change変化する you君は gain利得 something何か,
変化で新しいものを得ることができますが
00:33
butだけど you君は alsoまた、 lose失う something何か.
同時に何かを失うのです
00:35
Andそして to really本当に illustrate説明する thisこの pointポイント, what I'd私は like好きな to do行う
これを説明するために
00:37
is to showショー you君は howどうやって technology技術 has持っている dealt配られた with〜と
とてもシンプルで どこにでもある日常的な ある問いを
00:39
aa very非常に simple単純, aa very非常に common一般, an everyday毎日 question質問.
テクノロジーがどのように解決するのかお話ししましょう
00:42
Andそして thatそれ question質問 is thisこの.
その問いとは
00:47
What time時間 is itそれ? What time時間 is itそれ?
今は何時? 今は何時?
00:49
Ifif you君は glance一目 at〜で yourきみの iPhoneiPhone, it'sそれは soそう simple単純 to telltell theその time時間.
iPhoneを見れば 時刻を確かめるのはとても簡単です
00:52
Butだけど, I'd私は like好きな to ask尋ねる you君は, howどうやって would〜する you君は telltell theその time時間
皆さんにお訊ねしますが どうやって時刻を調べますか
00:55
ifif you君は didn'tしなかった have持ってる an iPhoneiPhone?
もしiPhoneをもっていなかったら
00:57
Howどうやって would〜する you君は telltell theその time時間, sayいう, 600 years ago?
どうやって時刻が分かるでしょう 例えば600年前だったら?
00:59
Howどうやって would〜する you君は do行う itそれ?
どうやって分かったでしょう?
01:02
Wellよく, theその way方法 you君は would〜する do行う itそれ is by〜によって usingを使用して aa deviceデバイス
時刻を確かめるには装置を使います
01:04
that'sそれは calledと呼ばれる an astrolabeアストロラーベ.
アストロラーベとよばれる装置です
01:07
Soそう, an astrolabeアストロラーベ is relatively比較的 unknown未知の in today's今日の world世界.
アストロラーベは今日ではあまり知られていません
01:11
Butだけど, at〜で theその time時間, in theその 13thth century世紀,
でも13世紀には
01:15
itそれ wasあった theその gadgetガジェット of theその day.
重宝された小道具だったのです
01:17
Itそれ wasあった theその world's世界の first最初 popular人気 computerコンピューター.
世界で最初に人気になったコンピューターでした
01:19
Andそして itそれ wasあった aa deviceデバイス thatそれ, in fact事実, is aa modelモデル of theその sky.
天空の模型でもあります
01:23
Soそう, theその different異なる parts部品 of theその astrolabeアストロラーベ, in thisこの particular特に typeタイプ,
いくつか部品がありまして
01:27
theその reteリート corresponds対応する to theその positionsポジション of theその stars.
リートと呼ばれる網状の部品が星の位置を示します
01:29
Theその plateプレート corresponds対応する to aa coordinate調整する systemシステム.
プレートと呼ばれる部品は座標系にあたります
01:32
Andそして theその mater has持っている some一部 scalesスケール andそして puts置く itそれ allすべて together一緒に.
メーターと呼ばれる目盛付きの部品に全体を組み付けます
01:35
Ifif you君は wereあった an educated教育を受けた child,
教育を受けた子どもであれば
01:39
you君は would〜する know知っている howどうやって to notない onlyのみ useつかいます theその astrolabeアストロラーベ,
アストロラーベを使うことだけでなく
01:41
you君は would〜する alsoまた、 know知っている howどうやって to make作る an astrolabeアストロラーベ.
アストロラーベを作ることも知っていたでしょう
01:43
Andそして we我々 know知っている thisこの becauseなぜなら theその first最初 treatise論文 on theその astrolabeアストロラーベ,
アストロラーベに関する最初の論文
01:46
theその first最初 technicalテクニカル manualマニュアル in theその English英語 language言語,
英語で書かれた最初の技術マニュアルは
01:49
wasあった written書かれた by〜によって Geoffreyジェフリー Chaucerチョーサー.
ジョフリー・チョーサーによって書かれました
01:51
Yesはい, thatそれ Geoffreyジェフリー Chaucerチョーサー, in 1391,
ジョフリー・チョーサーが1391年に
01:53
to his little少し Lewisルワイス, his 11-year-old-歳 son息子.
彼の11歳の息子ルイスのために書いたのです
01:56
Andそして in thisこの book, little少し Lewisルワイス would〜する know知っている theその big大きい ideaアイディア.
その本を読んで 小さなルイスは大きな考えに気づいたでしょう
02:00
Andそして theその central中央 ideaアイディア thatそれ makes作る thisこの computerコンピューター work作業
このコンピューターを動かすための主要な考えです
02:05
is thisこの thingもの calledと呼ばれる stereographic立体的 projection投影.
これは立体射影とよばれるものです
02:07
Andそして basically基本的に, theその concept概念 is,
基本的な構想は
02:10
howどうやって do行う you君は represent代表する theその three-dimensional三次元 image画像
三次元画像をいかに表現するかというものです
02:12
of theその night sky thatそれ surrounds周囲 us米国
我々を取り囲む夜空を
02:15
onto〜に aa flat平らな, portableポータブル, two-dimensional二次元 surface表面.
平らで持ち運びがてきる二次元表面にどう表現するか
02:17
Theその ideaアイディア is actually実際に relatively比較的 simple単純.
考えは比較的シンプルなものでした
02:20
Imagine想像する thatそれ thatそれ Earth地球 is at〜で theその centerセンター of theその universe宇宙,
地球が宇宙の中心だと想像してみてください
02:22
andそして surrounding周囲 itそれ is theその sky projected投影された onto〜に aa sphere.
それを取り囲んでいるのは天球に投影された天空です
02:25
Each pointポイント on theその surface表面 of theその sphere
天球の表面にあるどの地点も
02:28
is mappedマップされた throughを通して theその bottom poleポール,
下の極を通して投影されて
02:31
onto〜に aa flat平らな surface表面, whereどこで itそれ is then次に recorded記録された.
平らな表面上に記録されているのです
02:33
Soそう theその North Star corresponds対応する to theその centerセンター of theその deviceデバイス.
北極星がこの装置の中心にあたります
02:35
Theその ecliptic黄道, whichどの is theその pathパス of theその sun太陽, moon, andそして planets惑星
太陽や月、惑星の軌跡を示す黄道は
02:39
correspond対応する to an offsetオフセット circleサークル.
離れた円にあたります
02:42
Theその bright明るい stars correspond対応する to little少し daggers断食 on theその reteリート.
明るい星はリートについた尖った部分にあたります
02:44
Andそして theその altitude高度 corresponds対応する to theその plateプレート systemシステム.
高度はプレートに示されています
02:48
Now, theその realリアル genius天才 of theその astrolabeアストロラーベ is notない justちょうど theその projection投影.
アストロラーベが優れているのは投影だけではありません
02:51
Theその realリアル genius天才 is thatそれ itそれ bringsもたらす together一緒に two coordinate調整する systemsシステム
まさに優れてるのは2つの座標系を組み合わせていることなのです
02:54
soそう they彼ら fitフィット perfectly完全に.
2つはぴったりと合致します
02:58
Thereそこ is theその positionポジション of theその sun太陽, moon andそして planets惑星 on theその movable移動可能な reteリート.
可動式なリートには 太陽・月・惑星の位置が示してあります
03:00
Andそして then次に thereそこ is their彼らの locationロケーション on theその sky
ある緯度の地点で見られる
03:03
asとして seen見た fromから aa certainある latitude緯度 on theその backバック plateプレート. Okayはい?
天空中の惑星の位置が背景のプレート上に示されています
03:05
Soそう howどうやって would〜する you君は useつかいます thisこの deviceデバイス?
どうやってこの装置を使ったらよいのでしょうか?
03:10
Wellよく, let〜する me first最初 backバック upアップ forために aa moment瞬間.
少し準備させてください
03:15
Thisこの is an astrolabeアストロラーベ. Prettyかなり impressive印象的な, isn'tない itそれ?
これがアストロラーベです すごいでしょう
03:21
Andそして soそう, thisこの astrolabeアストロラーベ is on loanローン fromから us米国
このアストロラーベはオックスフォード大学の
03:26
fromから theその Oxfordオックスフォード School学校 of --- Museum博物館 of History歴史.
歴史博物館から借りてきました
03:29
Andそして you君は canできる see見る theその different異なる componentsコンポーネント.
いろんな部品が見えます
03:32
Thisこの is theその mater, theその scalesスケール on theその backバック.
後ろから目盛りを表示するメーターや
03:35
Thisこの is theその reteリート. Okayはい. Do行う you君は see見る thatそれ?
これはリートです 見えますか?
03:37
That'sそれは theその movable移動可能な part of theその sky.
これは天空を示す可動部品です
03:39
Andそして in theその backバック you君は canできる see見る
奥に見えるのは
03:42
aa spiderクモ webウェブ patternパターン.
クモの巣の模様です
03:44
Andそして thatそれ spiderクモ webウェブ patternパターン corresponds対応する to theその local地元 coordinates座標 in theその sky.
このクモの巣が空の局所座標にあたるのです
03:46
Thisこの is aa ruleルール deviceデバイス. Andそして on theその backバック
ここはルーラという部品です
03:50
are some一部 otherその他 devicesデバイス, measuring測定する toolsツール
裏には他の装置がついています 計測ツール
03:52
andそして scalesスケール, to be〜する ableできる to make作る some一部 calculations計算. Okayはい?
目盛りといった 計算に必要な機能ですね
03:55
You君は know知っている, I've私は always常に wanted欲しい one1 of theseこれら.
私はこんなものがいつも欲しかったんです
04:01
Forために myじぶんの thesis論文 I actually実際に built建てられた one1 of theseこれら outでる of paper.
論文を書くために 私は実際に作ってみました
04:03
Andそして thisこの one1, thisこの is aa replicaレプリカ
これは複製で
04:08
fromから aa 15th-century世紀 deviceデバイス.
15世紀のものが元になっています
04:10
Andそして it'sそれは worth価値 probably多分 about three MacBookマックブック Prosプロ.
おそらくMacbook Pro 3台分の価値がありますよ
04:13
Butだけど aa realリアル one1 would〜する costコスト about asとして muchたくさん asとして myじぶんの house,
でも本物は 1つで私の家と隣の家
04:16
andそして theその house next to itそれ, andそして actually実際に everyすべて house on theその blockブロック,
それだけでなく同じブロックの家
04:19
on bothどちらも sides両側 of theその street通り,
通りの両側
04:22
maybe多分 aa school学校 thrownスローされた in, andそして some一部 --- you君は know知っている, aa church教会.
学校や教会もあわせたぐらい
04:24
They彼ら are justちょうど incredibly信じられないほど expensive高価な.
ともかく高価なものなんです
04:26
Butだけど let〜する me showショー you君は howどうやって to work作業 thisこの deviceデバイス.
この装置の使い方を紹介しましょう
04:28
Soそう let'sさあ go行く to stepステップ one1.
ステップ1から始めましょう
04:30
First最初 thingもの thatそれ you君は do行う is you君は select選択する aa star
最初に夜空にある星を選びます
04:33
in theその night sky, ifif you'reあなたは telling伝える time時間 at〜で night.
夜の時刻を知りたい場合です
04:35
Soそう, tonight今晩, ifif it'sそれは clearクリア you'llあなたは be〜する ableできる to see見る theその summer triangle三角形.
今夜天気がよければ 夏の大三角形が見えるはずです
04:38
Andそして thereそこ is aa bright明るい star calledと呼ばれる Denebディネブ. Soそう let'sさあ select選択する Denebディネブ.
デネブという明るい星があるので それを選んでみます
04:41
Second二番, is you君は measure測定 theその altitude高度 of Denebディネブ.
次にデネブの高度を測ります
04:44
Soそう, stepステップ two, I holdホールド theその deviceデバイス upアップ,
ステップ2では装置を持ち上げ
04:47
andそして then次に I sight視力 itsその altitude高度 thereそこ
星の高度を調べます
04:50
soそう I canできる see見る itそれ clearlyはっきりと now.
これではっきりと見えます
04:53
Andそして then次に I measure測定 itsその altitude高度.
それから高度を読み取ります
04:55
Soそう, it'sそれは about 26 degrees. You君は can'tできない see見る itそれ fromから over以上 thereそこ.
だいたい26度ですが 皆さんには見えませんね
04:58
Stepステップ three is identify識別する theその star on theその frontフロント of theその deviceデバイス.
ステップ3では 装置の表面で星を確認します
05:01
Denebディネブ is thereそこ. I canできる telltell.
デネブがありました
05:06
Stepステップ four4つの is I then次に move動く theその reteリート,
ステップ4では網状のリートを動かして
05:08
move動く theその sky, soそう theその altitude高度 of theその star
空を動かして 星の高度を
05:11
corresponds対応する to theその scale規模 on theその backバック.
背景にある目盛りにあわせます
05:14
Okayはい, soそう whenいつ thatそれ happens起こる
さあ どうなるでしょう
05:17
everythingすべて lines upアップ.
準備は整いました
05:20
I have持ってる hereここに aa modelモデル of theその sky
天空の模型がここにあって
05:22
thatそれ corresponds対応する to theその realリアル sky. Okayはい?
実物の天空と対応していますね
05:24
Soそう, itそれ is, in aa senseセンス,
ある意味
05:27
holdingホールディング aa modelモデル of theその universe宇宙 in myじぶんの hands.
手に宇宙の模型を持っているようなものです
05:29
Andそして then次に finally最後に, I take取る aa ruleルール,
最後にルーラを持って
05:32
andそして move動く theその ruleルール to aa date日付 lineライン
ルーラを日付の線まで動かすと
05:35
whichどの then次に tells伝える me theその time時間 hereここに.
ここで時刻が分かります
05:37
Right. Soそう, that'sそれは howどうやって theその deviceデバイス is used中古.
こんな風にこの装置は使うのです
05:40
(Laughter笑い)
(笑い)
05:43
Soそう, I know知っている what you'reあなたは thinking考え:
皆さんがどう思っているか分かりますよ
05:44
"That'sそれは aa lotロット of work作業, isn'tない itそれ? Isn'tない itそれ aa tonトン of work作業 to be〜する ableできる to telltell theその time時間?"
"やることがありすぎない? 時刻を知るのにそんな沢山のことをしなくちゃいけないの?"
05:46
asとして you君は glance一目 at〜で yourきみの iPodiPod to justちょうど checkチェック outでる theその time時間.
iPodを見ればすぐに時刻が分かりますからね
05:50
Butだけど thereそこ is aa difference betweenの間に theその two, becauseなぜなら with〜と yourきみの iPodiPod
でも違いがあります
05:54
you君は canできる telltell --- orまたは yourきみの iPhoneiPhone, you君は canできる telltell exactly正確に
iPodでもiPhoneでも
05:56
what theその time時間 is, with〜と precision精度.
正確に時刻を知ることができます
05:59
Theその way方法 little少し Lewisルワイス would〜する telltell theその time時間
ルイス君は時刻を調べるのに
06:01
is by〜によって aa picture画像 of theその sky.
天空の模型を使いました
06:03
He would〜する know知っている whereどこで thingsもの would〜する fitフィット in theその sky.
彼は実際の天空との対応関係が分かっていたでしょうし
06:05
He would〜する notない onlyのみ know知っている what time時間 itそれ wasあった,
ただ何時か分かるだけでなく
06:08
he would〜する alsoまた、 know知っている whereどこで theその sun太陽 would〜する rise上昇,
どこから太陽が昇り
06:11
andそして howどうやって itそれ would〜する move動く across横断する theその sky.
どのように空を動くのかも分かったでしょう
06:13
He would〜する know知っている what time時間 theその sun太陽 would〜する rise上昇, andそして what time時間 itそれ would〜する setセット.
太陽が何時に昇って沈むかも分かったでしょう
06:16
Andそして he would〜する know知っている thatそれ forために essentially基本的に everyすべて celestial天体 objectオブジェクト
基本的に 頭上にある天体
06:20
in theその heavens.
すべてのことが分かったでしょう
06:22
Soそう, in computerコンピューター graphicsグラフィックス
コンピューターグラフィックスや
06:24
andそして computerコンピューター userユーザー interfaceインタフェース design設計,
コンピューターのインターフェースデザインでは
06:26
thereそこ is aa term期間 calledと呼ばれる affordancesアフォーダンス.
アフォーダンスということばがあります
06:29
Soそう, affordancesアフォーダンス are theその qualities品質 of an objectオブジェクト
アフォーダンスとは 物を使って何かしようとするときに
06:32
thatそれ allow許す us米国 to perform実行する an actionアクション with〜と itそれ.
それを補助するためにその物がなす能力の指標です
06:35
Andそして what theその astrolabeアストロラーベ doesする is itそれ allows許す us米国,
アストロラーベによって我々は
06:38
itそれ affords助ける us米国, to connect接続する to theその night sky,
夜空とつながり
06:40
to look見える upアップ into theその night sky andそして be〜する muchたくさん moreもっと ---
夜空を見上げれば
06:43
to see見る theその visible目に見える andそして theその invisible目に見えない together一緒に.
目に見えるものも 見えないものも分かるようになります
06:46
Soそう, that'sそれは justちょうど one1 useつかいます. Incredible信じられない,
それは1つの使い道にすぎません 驚くことに
06:49
thereそこ is probably多分 350, 400 uses用途.
恐らく350、400通りの使い方が
06:53
In fact事実, thereそこ is aa textテキスト, andそして thatそれ has持っている over以上 aa thousand uses用途
文書で記されて 千通り以上の使い方が
06:56
of thisこの first最初 computerコンピューター.
この最初のコンピューターにはあるとされています
06:58
On theその backバック thereそこ is scalesスケール andそして measurements測定値
裏面には目盛りと測定値がついていて
07:00
forために terrestrial地上の navigationナビゲーション.
地球上の旅人を案内してくれます
07:02
You君は canできる survey調査 with〜と itそれ. Theその cityシティ of Baghdadバグダッド wasあった surveyed調査した with〜と itそれ.
これで測量もできます これを使ってバグダットで測量が行われました
07:04
Itそれ canできる be〜する used中古 forために calculating計算する mathematical数学 equations方程式 of allすべて different異なる typesタイプ.
あらゆる種類の数学的方程式の解を求めることもできます
07:07
Andそして itそれ would〜する take取る aa full満員 university大学 courseコース to illustrate説明する itそれ.
それを説明するのに 大学で教育課程を開けるほどです
07:11
Astrolabesアストロラーベ have持ってる an incredible信じられない history歴史.
アストロラーベには輝かしい歴史があります
07:14
They彼ら are over以上 2,000 years old古い.
2千年以上前に発明されたのです
07:16
Theその concept概念 of stereographic立体的 projection投影
立体射影の概念は
07:18
originated起源の in 330 Bb.Cc.
紀元前330年にまでさかのぼります
07:21
Andそして theその astrolabesアストロラーベ come来る in manyたくさんの different異なる
アストロラーベは様々な
07:23
sizesサイズ andそして shapes andそして formsフォーム.
大きさや形状のものがあります
07:25
Thereそこ is portableポータブル onesもの. Thereそこ is large display表示 onesもの.
携帯できるものもあれば 大きなディスプレイのようなものもあります
07:27
Andそして I think思う what is common一般 to allすべて astrolabesアストロラーベ
あらゆるアストロラーベに共通しているのは
07:30
is thatそれ they彼ら are beautiful綺麗な works作品 of artアート.
どれも美しい芸術作品だということです
07:32
Thereそこ is aa quality品質 of craftsmanship職人技 andそして precision精度
職人気質に溢れ 精密に作られています
07:34
thatそれ is justちょうど astonishing驚く andそして remarkable顕著.
これは驚くべき 注目に値するものです
07:37
Astrolabesアストロラーベ, like好きな everyすべて technology技術, do行う evolve進化する over以上 time時間.
アストロラーベはあらゆるテクノロジーと同様に 時代とともに進化してきました
07:40
Soそう, theその earliest早い retes後退, forために example, wereあった very非常に simple単純 andそして primitiveプリミティブ.
例えば初期のリートはとてもシンプルで簡単なつくりですが 後期のリートは
07:43
Andそして advancing前進 retes後退 becameなりました cultural文化的 emblemsエンブレム.
文化レベルの高さを象徴しています
07:47
Thisこの is one1 fromから Oxfordオックスフォード.
これはオックスフォードにあったものです
07:49
Andそして I find見つける thisこの one1 really本当に extraordinary特別な becauseなぜなら theその reteリート patternパターン
とてつもなく素晴らしく
07:52
is completely完全に symmetrical対称,
リートの模様がきれいに左右対称に作られていながら
07:54
andそして itそれ accurately正確に maps地図 aa completely完全に asymmetrical非対称, orまたは randomランダム sky.
全く非対称的で法則性のない天空を正確に地図として表しているのです
07:56
Howどうやって coolクール is thatそれ? Thisこの is justちょうど amazing素晴らしい.
素晴らしいというほかないでしょう? 驚くべき技術です
08:00
Soそう, would〜する little少し Lewisルワイス have持ってる an astrolabeアストロラーベ?
ルイス君はアストロラーベを持っていたのでしょうか?
08:02
Probably多分 notない one1 made of brass真鍮. He would〜する have持ってる one1 made outでる of wood木材,
真ちゅう製でなく 木か紙で作られたものを持っていたでしょう
08:05
orまたは paper. Andそして theその vast広大 majority多数 of thisこの first最初 computerコンピューター
この最初のコンピューターの大多数は
08:08
wasあった aa portableポータブル deviceデバイス
携帯できるもので
08:11
thatそれ you君は couldできた keepキープ in theその backバック of yourきみの pocketポケット.
ポケットの奥にしまうことができました
08:13
Soそう, what doesする theその astrolabeアストロラーベ inspireインスピレーション?
アストロラーベは何をもたらしたのでしょうか
08:16
Wellよく, I think思う theその first最初 thingもの is thatそれ
まず言えることは
08:19
itそれ reminds思い出させる us米国 justちょうど howどうやって resourceful豊富な people wereあった,
もうずっと昔の人々や
08:21
our我々の forebears先祖 wereあった, years andそして years ago.
祖先がどんなに優れているか気付かせてくれます
08:25
It'sそれは justちょうど an incredible信じられない deviceデバイス.
素晴らしい装置です
08:27
Everyすべて technology技術 advances進歩.
あらゆるテクノロジーが進歩していきます
08:30
Everyすべて technology技術 is transformed変形した andそして moved移動した by〜によって othersその他.
あらゆるテクノロジーは他の人々によって形を変えられ動かされます
08:32
Andそして what we我々 gain利得 with〜と aa new新しい technology技術, of courseコース,
テクノロジーが進歩すれば
08:35
is precision精度 andそして accuracy正確さ.
さらに正確で精密になります
08:37
Butだけど what we我々 lose失う, I think思う, is
我々がそれによって失うのは
08:39
an accurate正確 --- aa feltフェルト senseセンス
間違いなく 天空を理解し
08:41
of theその sky, aa senseセンス of contextコンテキスト.
物事の背景にあるものを感じ取ることです
08:44
Knowing知っている theその sky, knowing知っている yourきみの relationship関係 with〜と theその sky,
空を理解し 自分と天空の関係を知ることは
08:47
is theその centerセンター of theその realリアル answer回答
今が何時かという問いへの
08:51
to knowing知っている what time時間 itそれ is.
核心となる本当の答えにあたります
08:55
Soそう, it'sそれは --- I think思う astrolabesアストロラーベ are justちょうど remarkable顕著 devicesデバイス.
だからアストロラーベは単に優れた装置というだけではありません
08:57
Andそして soそう, what canできる you君は learn学ぶ fromから theseこれら devicesデバイス?
この装置から学ぶことは何でしょう?
09:01
Wellよく, primarily主に thatそれ thereそこ is aa subtle微妙 knowledge知識
そもそも人は 世の中の色々なものとつながりをもてると
09:04
thatそれ we我々 canできる connect接続する with〜と theその world世界.
なんとなく思っています
09:07
Andそして astrolabesアストロラーベ returnリターン us米国 to thisこの subtle微妙 senseセンス
あらゆるものがどのように組み合わさり
09:09
of howどうやって thingsもの allすべて fitフィット together一緒に,
私たちとどんな関係があるのだろうかと
09:12
andそして alsoまた、 howどうやって we我々 connect接続する to theその world世界.
そんな思いに アストロラーベが
09:15
Thanksありがとう very非常に muchたくさん.
また連れて行ってくれます
09:17
(Applause拍手)
ありがとうございました(喝采)
09:19
Translated by Noriko Araki
Reviewed by Satoshi Tatsuhara

▲Back to top

About the speaker:

Tom Wujec - Designer
Tom Wujec studies how we share and absorb information. He's an innovative practitioner of business visualization -- using design and technology to help groups solve problems and understand ideas. He is a Fellow at Autodesk.

Why you should listen

Tom Wujec is a Fellow at Autodesk, the makers of design software for engineers, filmmakers, designers. At Autodesk, he has worked on software including SketchBook Pro, PortfolioWall and Maya (which won an Academy Award for its contribution to the film industry). As a Fellow, he helps companies work in the emerging field of business visualization, the art of using images, sketches and infographics to help teams solve complex problems as a group.

He's the author of several books, including Five-Star Mind: Games and Puzzles to Stimulate Your Creativity and Imagination.

More profile about the speaker
Tom Wujec | Speaker | TED.com