sponsored links
TEDSummit

Ione Wells: How we talk about sexual assault online

アイオーニー・ウェルズ: ネットで性暴力について語ること

June 30, 2016

「ソーシャルメディアを社会正義について用いるには、もっとよく考えて臨まねばならない」と、ジャーナリストであり、活動家であるアイオーニー・ウェルズは語ります。自身がロンドンで暴行被害を受けた後、暴行犯に宛てた手紙を学生新聞に公開書簡として発表したことが大きな話題を呼び、性暴力や被害者を責めるような行いに立ち向かう、#NotGuilty(#私は悪くない)というキャンペーンが起こりました。この心を動かされるトークで、ウェルズは自身の個人的な経験を共有することによって、いかに他の人々に希望をもたらすことができたかを語り、オンラインで人を辱めるという文化に反対する力強いメッセージを発信します。

Ione Wells - Writer, activist
University student Ione Wells is the founder of the international #NotGuilty campaign against sexual violence and misdirected victim blaming. Full bio

sponsored links
Double-click the English subtitles below to play the video.
昨年の4月のことです
00:12
It was April, last year.
ある晩 友人の誕生日祝いに
何人かで外出しました
00:15
I was on an evening out with friends
00:17
to celebrate one of their birthdays.
みんなで会うのは
数週間ぶりで
00:19
We hadn't been all together
for a couple of weeks;
久々の再会には
ぴったりの夜でした
00:21
it was a perfect evening,
as we were all reunited.
その夜の帰り道
00:25
At the end of the evening,
私はロンドンの反対側へと戻る
地下鉄の最終列車に乗りました
00:26
I caught the last underground train
back to the other side of London.
道中は何事もなく
00:30
The journey was smooth.
最寄り駅に到着した私は
00:32
I got back to my local station
家まで徒歩10分の道のりを
歩き始めました
00:33
and I began the 10-minute walk home.
角を曲がって 自宅のある通りに入り
00:36
As I turned the corner onto my street,
家が視界に入ったところで
00:39
my house in sight up ahead,
背後で足音がしました
00:41
I heard footsteps behind me
不意に現れたその足音は
00:42
that seemed to have
approached out of nowhere
急に迫ってきました
00:45
and were picking up pace.
何が起きているのか
把握する余裕もないうちに
00:47
Before I had time to process
what was happening,
手で口をふさがれ
息ができなくなりました
00:50
a hand was clapped around my mouth
so that I could not breathe,
背後にいた若い男に
地面へと引きずり倒され
00:53
and the young man behind me
dragged me to the ground,
00:56
beat my head repeatedly
against the pavement
頭を何度も
歩道に打ち付けられて
顔から血が流れ出しました
00:58
until my face began to bleed,
私の背中や首を蹴り飛ばしながら
01:00
kicking me in the back and neck
01:02
while he began to assault me,
暴行に及び始めた男は
助けを呼ぼうと 懸命にもがく私の
服を引きはがしながら
01:04
ripping off my clothes
and telling me to "shut up,"
「黙れ」と命令しました
01:06
as I struggled to cry for help.
コンクリートの地面に
頭を叩き付けられるたびに
01:09
With each smack of my head
to the concrete ground,
意識の中で こだました思いは
今でも忘れることができません
01:11
a question echoed through my mind
that still haunts me today:
「これで私の人生は終わりなの?」
01:14
"Is this going to be how it all ends?"
まったく気づかなかったのですが
私は駅を出てから
01:18
Little could I have realized,
I'd been followed the whole way
ずっと後をつけられていたのです
01:21
from the moment I left the station.
数時間後
01:23
And hours later,
01:24
I was standing topless and barelegged
in front of the police,
私は上半身裸の下着一枚で
警察の前に立たされ
体に残った切り傷や痣を
犯行の証拠として
01:28
having the cuts and bruises
on my naked body photographed
01:31
for forensic evidence.
写真に撮られました
この瞬間から数週間にわたって
私を支配し 苦しめた―
01:33
Now, there are few words to describe
the all-consuming feelings
心の痛みや恥 動揺や憤りなどが
ない交ぜになった気持ちは
01:37
of vulnerability, shame, upset
and injustice that I was ridden with
とても言葉では表せません
01:40
in that moment and for the weeks to come.
でも こうした様々な気持ちを
何らかの形にすることで
01:43
But wanting to find a way
to condense these feelings
少しずつ消化していけるように
整理したいと思い
01:46
into something ordered
that I could work through,
一番自然に思える方法を
とることにしました
01:48
I decided to do what
felt most natural to me:
文章に書くことにしたのです
01:51
I wrote about it.
最初は気持ちを吐き出す
練習として始めました
01:52
It started out as a cathartic exercise.
暴行犯に宛てた手紙を書き
01:55
I wrote a letter to my assaulter,
犯人に1人の人間である
「あなた」と呼びかけ
01:58
humanizing him as "you,"
あの晩 彼が激しく侵害した
コミュニティの
02:00
to identify him as part
of the very community
一員としての彼に話しかけました
02:03
that he had so violently
abused that night.
彼の行いがもたらした
様々な余波を強調しながら
02:06
Stressing the tidal-wave
effect of his actions,
こう書きました
02:09
I wrote:
「周囲の人々について
考えたことはありましたか?
02:10
"Did you ever think
of the people in your life?
あなたの人生にどんな人が
関わっているかは知りません
02:13
I don't know who the people
in your life are.
あなたのことは何も知りません
02:16
I don't know anything about you.
でも これだけはわかっています
02:18
But I do know this:
その晩 あなたが暴行したのは
私だけではないのです
02:19
you did not just attack me that night.
私は娘であり 友人であり
02:22
I'm a daughter, I'm a friend,
02:23
I'm a sister, I'm a pupil,
姉妹であり 生徒であり
従姉妹であり 姪であり
02:25
I'm a cousin, I'm a niece,
隣人でもあります
02:26
I'm a neighbor;
高架下のカフェで
コーヒーを出している―
02:27
I'm the employee
who served everyone coffee
従業員でもあります
02:29
in the café under the railway.
私とこうした関係で
つながっている人たち 全員が
02:32
And all the people who form
these relations to me
私のコミュニティを作っています
02:34
make up my community.
02:36
And you assaulted
every single one of them.
あなたはその全員に
暴行を働いたのです
あなたは私が決して
あきらめない真実を踏みにじった
02:39
You violated the truth that I
will never cease to fight for,
私の周囲の誰もが体現している真実—
02:42
and which all of these people represent:
世界には悪人よりも善人の方が
圧倒的にたくさんいるという真実を」
02:44
that there are infinitely more
good people in the world than bad."
しかし 決して この1件のせいで
02:48
But, determined not to let
this one incident make me lose faith
自分のコミュニティや人類全体の
連帯感への信頼を失うまいと
02:51
in the solidarity in my community
or humanity as a whole,
私は2005年7月の
ロンドン同時爆破テロを思い起こしました
02:54
I recalled the 7/7 terrorist bombings
in July 2005 on London transport,
02:58
and how the mayor of London at the time,
and indeed my own parents,
あの時は 当時のロンドン市長や
そして私の両親さえも
翌日から地下鉄を利用すべきだと
主張したのでした
03:02
had insisted that we all get back
on the tubes the next day,
自分たちを
不安に陥れた人々によって
03:05
so we wouldn't be defined or changed
定義されたり
変えられたりしないためです
03:06
by those that had made us feel unsafe.
そこで暴行犯に
こう語りかけました
03:09
I told my attacker,
「あなたのしたことは爆破テロと同じ
03:11
"You've carried out your attack,
03:13
but now I'm getting back on my tube.
でも 私は今後も地下鉄に乗ります
私のコミュニティの人々は
夜道を帰ることに不安を覚えたりしません
03:15
My community will not feel we are unsafe
walking home after dark.
03:19
We will get on the last tubes home,
私たちは終電に乗って帰宅するし
帰り道を独りで歩きます
03:21
and we will walk up our streets alone,
これが自らを危険にさらす行動だ
という考えなど
03:22
because we will not ingrain
or submit to the idea
受け入れるつもりはないし
社会にも根付かせたくないからです
03:25
that we are putting ourselves
in danger in doing so.
コミュニティの誰かに
危険が及びそうになったら
03:28
We will continue
to come together, like an army,
私たちは軍隊のように団結し
戦い続けるでしょう
03:30
when any member
of our community is threatened.
この戦いに
あなたの勝ち目はありません」
03:33
And this is a fight you will not win."
この手紙を書いた時には―
03:37
At the time of writing this letter --
(拍手)
03:39
(Applause)
ありがとう
03:40
Thank you.
(拍手)
03:41
(Applause)
この手紙を書いた時は
03:44
At the time of writing this letter,
オックスフォード大学での
試験期間中で
03:46
I was studying for my exams in Oxford,
大学の学生新聞で働いていました
03:48
and I was working
on the local student paper there.
幸いなことに 家族や友人が
支えてくれましたが
03:50
Despite being lucky enough to have
friends and family supporting me,
孤独な時期でもありました
03:53
it was an isolating time.
こんな経験をした人を
他に知らなかったし
03:55
I didn't know anyone
who'd been through this before;
少なくとも
知らないと思っていました
03:57
at least I didn't think I did.
ニュースや統計から 性暴力が
どれほどありふれているかは知っていましたが
03:59
I'd read news reports, statistics,
and knew how common sexual assault was,
こうした経験を公にしている人を
04:02
yet I couldn't actually name
a single person
04:04
that I'd heard speak out
about an experience of this kind before.
実際1人も知らなかったのです
そこで ちょっとした思いつきでは
ありましたが
04:07
So in a somewhat spontaneous decision,
書いた手紙を学生新聞に載せることで
04:09
I decided that I would publish
my letter in the student paper,
オックスフォード大学に
いるであろう―
04:12
hoping to reach out to others in Oxford
似たような経験や同じ気持ちを持つ
誰かに届くことを願いました
04:14
that might have had a similar experience
and be feeling the same way.
手紙の最後で
04:18
At the end of the letter,
経験談の投稿を読者に呼びかけました
04:19
I asked others to write in
with their experiences
#NotGuilty(#私は悪くない)
というハッシュタグで
04:21
under the hashtag, "#NotGuilty,"
04:23
to emphasize that survivors of assault
could express themselves
性暴力の被害者が
自分に起きた事件について
恥や罪悪感を感じることなく
考えを述べていいのだと強調し
04:26
without feeling shame or guilt
about what happened to them --
私たち全員で性暴力に
立ち向かえると示すためです
04:29
to show that we could all
stand up to sexual assault.
全く想定外だったのですが
ほんのひと晩のうちに
04:32
What I never anticipated
is that almost overnight,
04:34
this published letter would go viral.
この手紙は
一気に話題になりました
あっという間に
世界中の男性や女性から
04:37
Soon, we were receiving
hundreds of stories
何百もの体験談が寄せられ
04:39
from men and women across the world,
自分で立ち上げたウェブサイトに
掲載することにしました
04:41
which we began to publish
on a website I set up.
04:44
And the hashtag became a campaign.
ハッシュタグは
キャンペーンへと発展しました
子持ちの40代オーストラリア人女性は
夜の外出中に
04:47
There was an Australian mother in her 40s
who described how on an evening out,
トイレまで男についてこられて
04:51
she was followed to the bathroom
04:52
by a man who went
to repeatedly grab her crotch.
何度も股間をつかまれたと
書きました
オランダの ある男性は
04:55
There was a man in the Netherlands
ロンドン訪問中に
デートレイプに遭い
04:56
who described how he was date-raped
on a visit to London
被害を訴えても 誰も
取り合ってくれなかったそうです
04:59
and wasn't taken seriously
by anyone he reported his case to.
インドや南米の人々から
フェイスブックでメッセージが届き
05:02
I had personal Facebook messages
from people in India and South America,
どうしたらキャンペーンを
現地で広められるか相談されました
05:05
saying, how can we bring
the message of the campaign there?
当初 寄せられた体験談のひとつは
ニッキーという女性からで
05:08
One the first contributions we had
was from a woman called [Nikki],
自分の父親に性的虐待を
受けて育ったというものでした
05:11
who described growing up,
being molested my her own father.
友人たちも話してくれました
05:14
And I had friends open up to me
05:16
about experiences ranging
from those that happened last week
つい先週起こった出来事から
何年も前の出来事まで
想像だにしなかったことばかりでした
05:19
to those that happened years ago,
that I'd had no idea about.
こうしたメッセージが
送られてくるにつれ
05:23
And the more we started
to receive these messages,
希望に満ちたメッセージも
送られてくるようになりました
05:25
the more we also started
to receive messages of hope --
性暴力や被害者非難に立ち向かう
コミュニティの声が
05:28
people feeling empowered
by this community of voices
05:30
standing up to sexual assault
and victim-blaming.
人々に力を与えたのです
オリヴィアという女性は
05:33
One woman called Olivia,
長い間 信頼して
大切に思ってきた人に
05:34
after describing how she was attacked
05:36
by someone she had trusted
and cared about for a long time,
暴行を受けた時のことを
打ち明けてくれました
05:39
said, "I've read many
of the stories posted here,
「ここに投稿された話を
たくさん読みました
こんなに多くの女性が
前進できるのなら 私にもできると
05:41
and I feel hopeful that if so many
women can move forward,
希望が持てました
05:44
then I can, too.
多くの話に心を動かされたし
05:45
I've been inspired by many,
私も彼女たちのように
強くなりたいです
05:47
and I hope I can be as strong
as them someday.
きっと なってみせます」
05:49
I'm sure I will."
世界中の人々がツイッターで
このハッシュタグを使い始め
05:50
People around the world began
tweeting under this hashtag,
私の手紙は全国紙に取り上げられ
再掲載されました
05:53
and the letter was republished
and covered by the national press,
世界中で数カ国語に
翻訳もされました
05:56
as well as being translated into several
other languages worldwide.
06:00
But something struck me
about the media attention
ところで この手紙への
メディアの注目について
気になったことがありました
06:02
that this letter was attracting.
何かが一面を飾るからには—
06:04
For something to be front-page news,
「ニュース」と称されるからには
06:06
given the word "news" itself,
目新しい または驚くべきこととして
扱われていることになります
06:09
we can assume it must be something new
or something surprising.
でも 性暴力は
目新しいものではありません
06:12
And yet sexual assault
is not something new.
他のタイプの不当行為と同じように
06:15
Sexual assault, along with other
kinds of injustices,
06:18
is reported in the media all the time.
常にメディアで報じられてきました
しかし キャンペーンを通して
06:20
But through the campaign,
06:22
these injustices were framed
as not just news stories,
こうした不当行為が
単なるニュースではなく
実在の人々に影響を与えた
実体験として報じられました
06:24
they were firsthand experiences
that had affected real people,
そこでは当事者同士が団結し
必要でありながらも
06:28
who were creating,
with the solidarity of others,
存在しなかったものが
作り上げられていきました
06:30
what they needed
and had previously lacked:
06:32
a platform to speak out,
経験を打ち明ける場所や
06:34
the reassurance they weren't alone
or to blame for what happened to them
自分は独りではない
自分が悪いのではないという安心感
そして この問題が被害者に与える
不名誉の軽減につながる開かれた議論です
06:37
and open discussions that would help
to reduce stigma around the issue.
06:41
The voices of those directly affected
were at the forefront of the story --
記事の前面に出ていたのは
実際に暴行を受けた人々の声であって
06:44
not the voices of journalists
or commentators on social media.
ジャーナリストやソーシャルメディアの
コメントではありませんでした
06:48
And that's why the story was news.
だからこそ この話が
ニュースであったのです
ネット社会である現代では
あらゆる人同士がつながっており
06:52
We live in an incredibly
interconnected world
06:54
with the proliferation of social media,
ソーシャルメディアが繁栄しています
06:56
which is of course a fantastic resource
for igniting social change.
もちろん 社会に変革を起こすのに
素晴らしいツールではありますが
06:59
But it's also made us
increasingly reactive,
おかげで 「反応」する文化が
どんどん浸透してもいます
07:02
from the smallest annoyances
of, "Oh, my train's been delayed,"
「電車が遅れている」といった
些細な不平から
07:05
to the greatest injustices of war,
genocides, terrorist attacks.
戦争、大量虐殺、テロ攻撃といった
深刻な非道行為に対してまで
07:10
Our default response has become
to leap to react to any kind of grievance
何か不満の表明を見ると
すぐに飛びついて「反応」し
07:13
by tweeting, Facebooking, hastagging --
ツイートにフェイスブック投稿
ハッシュタグなど
07:16
anything to show others
that we, too, have reacted.
自分も反応したと
他人に見せるというものです
このように集団で
反応することの問題は
07:19
The problem with reacting
in this manner en masse
時に 何の反応もしなかったことに
等しいということです
07:21
is it can sometimes mean
that we don't actually react at all,
結局 何もしていないのと
同じですからね
07:24
not in the sense of actually
doing anything, anyway.
気分は良くなるかもしれませんし
07:27
It might make ourselves feel better,
悲しみや怒りの共有に
貢献したと思うかもしれませんが
07:29
like we've contributed
to a group mourning or outrage,
実際には何の変化も
起こしていないのです
07:31
but it doesn't actually change anything.
さらには
07:33
And what's more,
本当に世間に
訴えかけようとしているような
07:34
it can sometimes drown out the voices
07:36
of those directly
affected by the injustice,
実際に悪事の影響を
被った人々の声を
かき消してしまいさえします
07:38
whose needs must be heard.
同様に心配なのは
不正義に対する反応の一部が
07:41
Worrying, too, is the tendency
for some reactions to injustice
より多くの壁を作ってしまう傾向にあり
07:45
to build even more walls,
07:47
being quick to point fingers
with the hope of providing easy solutions
複雑な問題に対して
簡単な解決策を出そうと
性急に犯人探しをしてしまうことです
07:50
to complex problems.
イギリスのタブロイド紙のひとつは
私の手紙を掲載する際
07:52
One British tabloid,
on the publication of my letter,
07:54
branded a headline stating,
こういう見出しをつけました
07:56
"Oxford Student Launches
Online Campaign to Shame Attacker."
「オックスフォードの学生 暴行犯を辱める
オンラインキャンペーンを開始」
でも キャンペーンの目的は
決して誰かを辱めることではなく
08:01
But the campaign never
meant to shame anyone.
08:04
It meant to let people speak
and to make others listen.
人々が発言し 耳を傾ける場を
作ることでした
挑発的なツイッター荒らしは
すぐに さらなる害を生みました
08:08
Divisive Twitter trolls were quick
to create even more injustice,
暴行犯の人種や階級を書き立てて
08:11
commenting on
my attacker's ethnicity or class
自分の偏見に満ちた考えを
広めようとしたのです
08:14
to push their own prejudiced agendas.
中には 全部がでっち上げだと
決めつけてくる人もいました
08:17
And some even accused me
of feigning the whole thing
08:20
to push, and I quote,
その人によると
「男性嫌悪のフェミニズムの
拡散を狙った自作自演」だそうです
08:22
my "feminist agenda of man-hating."
08:26
(Laughter)
(笑)
08:27
I know, right?
笑えますよね
まるで私が
「みんな! 悪いけど会えない
08:28
As if I'm going to be like,
"Hey guys! Sorry I can't make it,
三十路までに全ての男を嫌悪するのに
忙しいの」とでも言ってるかのようです
08:31
I'm busy trying to hate
the entire male population
08:34
by the time I'm 30."
(笑)
08:35
(Laughter)
08:36
Now, I'm almost sure
これは確信があるんですが
08:38
that these people wouldn't say
the things the say in person.
そういう人だって面と向かっては
言ってこないはずです
08:41
But it's as if because they might
be behind a screen,
でも ソーシャルメディア上では
画面の向こう側にいて
自宅からアクセスしているせいか
08:44
in the comfort in their own home
08:46
when on social media,
自分がしていることが
公的な行いであり
08:47
people forget that what
they're doing is a public act --
他人に読まれ 影響を与えるということを
忘れているかのようです
08:50
that other people will be reading it
and be affected by it.
地下鉄に乗ろうという
話に戻りますが
08:52
Returning to my analogy
of getting back on our trains,
08:56
another main concern I have
about this noise that escalates
もうひとつの大きな懸念は
不当なことに対するネットでの反響が
増幅する「騒音」が
08:59
from our online responses to injustice
いとも簡単に私たちを「被害者」として
描いてしまうことでした
09:01
is that it can very easily slip
into portraying us as the affected party,
これは敗北主義につながります
09:04
which can lead to a sense of defeatism,
否定的な状況の後に 前向きになったり
変われる機会を見えにくくする—
09:06
a kind of mental barrier to seeing
any opportunity for positivity or change
心理的な壁のようなものです
09:10
after a negative situation.
キャンペーンが始まる数ヶ月前
09:12
A couple of months
before the campaign started
いえ 全てが起こる前に
09:15
or any of this happened to me,
私はオックスフォードの
TEDxに行き
09:16
I went to a TEDx event in Oxford,
ゼルダ・ラグレインジの
講演を聴きました
09:18
and I saw Zelda la Grange speak,
09:20
the former private secretary
to Nelson Mandela.
ネルソン・マンデラの
元個人秘書です
話の中で あるエピソードが
非常に心に残りました
09:22
One of the stories
she told really struck me.
マンデラが
南アフリカ・ラグビー協会に
09:25
She spoke of when
Mandela was taken to court
訴えられた時のことです
09:27
by the South African Rugby Union
スポーツ不正について
協会の取り調べを要求したためでした
09:29
after he commissioned
an inquiry into sports affairs.
法廷で
09:31
In the courtroom,
マンデラはラグビー協会側の
弁護士団に歩み寄って
09:33
he went up to the South African
Rugby Union's lawyers,
握手をし
09:36
shook them by the hand
それぞれの人と 相手の言語で
会話したといいます
09:37
and conversed with them,
each in their own language.
ゼルダは抗議しました
09:39
And Zelda wanted to protest,
協会が行った不正を考えれば
09:41
saying they had no right to his respect
09:42
after this injustice they had caused him.
敬意を払うべき相手ではないと
09:45
He turned to her and said,
マンデラは振り向いて
こう言ったそうです
09:48
"You must never allow the enemy
to determine the grounds for battle."
「決して敵に戦いのルールを
決めさせてはいけない」と
この言葉を耳にした時は
09:53
At the time of hearing these words,
これがなぜ そこまで大事なのかは
わかりませんでしたが
09:55
I didn't really know why
they were so important,
09:57
but I felt they were, and I wrote them
down in a notebook I had on me.
大事な気がして
ノートに書き留めました
以来 この言葉について
何度も考えています
10:01
But I've thought about this line
a lot ever since.
10:04
Revenge, or the expression of hatred
自分に対して
不当な仕打ちをした人に
10:06
towards those who have done us injustice
復讐したり
憎悪を示したりすることは
10:08
may feel like a human instinct
in the face of wrong,
不正義に直面した際の
人間の本能のように思えるでしょうが
この悪循環を断ち切る必要があります
10:11
but we need to break out of these cycles
10:13
if we are to hope to transform
negative events of injustice
不正義という否定的な出来事を
肯定的な社会の変革へと
転換しようと思うのならば
10:16
into positive social change.
10:18
To do otherwise
さもなければ
敵に戦いのルールを
決めさせ続けることになり
10:19
continues to let the enemy
determine the grounds for battle,
10:23
creates a binary,
二項対立を生みます
10:24
where we who have suffered
become the affected,
つまり 不正を被った我々は
「被害者」となり
10:26
pitted against them, the perpetrators.
彼ら「加害者」と
対立させられるのです
テロ事件の後も
地下鉄に乗り続けたように
10:29
And just like we got back on our tubes,
10:31
we can't let our platforms
for interconnectivity and community
人々をつなげ コミュニティを作る
プラットフォームを
10:34
be the places that we settle for defeat.
決して敗北に甘んじることのない場に
することが重要です
私はソーシャルメディアで
反応をするなと言っているのではありません
10:38
But I don't want to discourage
a social media response,
#NotGuilty キャンペーンを
広められたのは
10:42
because I owe the development
of the #NotGuilty campaign
ほぼ完全にソーシャルメディアの
おかげです
10:45
almost entirely to social media.
10:46
But I do want to encourage
a more considered approach
でも 不正義に対しての反応は
もっとよく考えて
行ってほしいと思います
10:49
to the way we use it
to respond to injustice.
まずは 2つのことを
自問してみましょう
10:51
The start, I think,
is to ask ourselves two things.
1つ目は
「なぜ これが不正義だと思うのか?」
10:53
Firstly: Why do I feel this injustice?
10:56
In my case, there were
several answers to this.
私の場合 いくつか理由があります
10:58
Someone had hurt me and those who I loved,
誰かが私や私の愛する人々を
傷つけたから―
責任を問われたり
与えた損害を認識する必要がないという
11:01
under the assumption they
wouldn't have to be held to account
前提の下に実行したからです
11:03
or recognize the damage they had caused.
それだけでなく
何千人もの男女が日々
11:05
Not only that, but thousands
of men and women suffer every day
性暴力を受け
泣き寝入りしているのに
11:08
from sexual abuse, often in silence,
社会は 他の問題と同じようには
時間を割いて報道しません
11:10
yet it's still a problem we don't give
the same airtime to as other issues.
そして未だに被害者が責められます
11:14
It's still an issue many people
blame victims for.
2つ目に自問すべきは
「理由を踏まえた上で どうしたら
11:16
Next, ask yourself: How,
in recognizing these reasons,
これを変えられるだろうか?」
11:19
could I go about reversing them?
私たちにとっての答えは
暴行犯や他の人々の責任を問うことでした
11:22
With us, this was holding my attacker
to account -- and many others.
11:25
It was calling them out
on the effect they had caused.
彼らが引き起こした結果を
突きつけることでした
11:28
It was giving airtime
to the issue of sexual assault,
そして 性暴力の問題が
報道で扱われる時間を増やし
11:31
opening up discussions amongst friends,
amongst families, in the media
あまりに長い間
避けられてきた議論を
友人や家族の間、メディアで再開し
11:34
that had been closed for too long,
被害者には
自分を責めないようにと
11:36
and stressing that victims
shouldn't feel to blame
強調することでした
11:38
for what happened to them.
問題を根絶するには この先
長い時間がかかるかもしれませんが
11:39
We might still have a long way to go
in solving this problem entirely.
こうすることで
11:43
But in this way,
ソーシャルメディアを
社会正義のための有用なツールとして
11:44
we can begin to use social media
as an active tool for social justice,
教育するツールとして
対話を生み出すツールとして
11:47
as a tool to educate,
to stimulate dialogues,
権力を持つ人々に問題を訴え
実際に影響を受けた人々の声に
11:49
to make those in positions
of authority aware of an issue
耳を傾けさせるための
ツールとして用いることができます
11:52
by listening to those
directly affected by it.
こうした問いへの答えは
容易に見つからないこともあり
11:55
Because sometimes these questions
don't have easy answers.
12:00
In fact, they rarely do.
実際は まず見つかりません
12:02
But this doesn't mean we still
can't give them a considered response.
だからといって よく考えた上での
反応ができないわけではありません
12:06
In situations where
you can't go about thinking
不正義に対する憤りを
どうやって転換できるか
考えつかないような場合でも
12:08
how you'd reverse
this feeling of injustice,
何をできるかではなく
何を「しない」という選択ができるか
12:10
you can still think,
maybe not what you can do,
考えることはできます
12:13
but what you can not do.
さらなる偏見や憎悪で不正義を叩いて
壁を増やさないという選択はできます
12:15
You can not build further walls
by fighting injustice with more prejudice,
12:19
more hatred.
実際に被害を受けた人々の声を
かき消さないようにすることはできます
12:20
You can not speak over those
directly affected by an injustice.
不正義について反応したはいいけれど
翌日には話題が移ったからと
12:24
And you can not react to injustice,
only to forget about it the next day,
忘れてしまわないよう
気をつけることはできます
12:28
just because the rest
of Twitter has moved on.
時には すぐに反応をしないことが
皮肉なことではありますが
12:31
Sometimes not reacting
instantly is, ironically,
目下の最善策であることもあるのです
12:36
the best immediate course
of action we can take.
不正義によって 怒り 動揺し
血がたぎっているかもしれませんが
12:39
Because we might be angry, upset
and energized by injustice,
どう反応しようかと
あえて考えてみましょう
12:44
but let's consider our responses.
しかるべき責任を問いながらも
12:47
Let us hold people to account,
without descending into a culture
不正義に飛びつき 他人を貶めて喜ぶ社会に
自ら陥らないようにしましょう
12:50
that thrives off shaming
and injustice ourselves.
インターネットのユーザーが
12:54
Let us remember that distinction,
あまりに忘れがちな
12:55
so often forgotten by internet users,
「批判」と「罵倒」の区別を
忘れないようにしましょう
12:58
between criticism and insult.
画面を前にしているからといって
13:01
Let us not forget
to think before we speak,
発言する前に考えることを
忘れないようにしましょう
13:03
just because we might
have a screen in front of us.
ソーシャルメディアで
騒ぎを起こす時には
13:05
And when we create noise on social media,
実害を受けた人々の訴えを
かき消すのではなく
13:07
let it not drown out the needs
of those affected,
彼らの声を増幅させましょう
13:09
but instead let it amplify their voices,
インターネットを
自分の経験を語っても独りではないと
13:12
so the internet becomes a place
where you're not the exception
思えるような場所に
していきましょう
13:15
if you speak out about something
that has actually happened to you.
不正義に対する
このような姿勢は
13:18
All these considered
approaches to injustice
インターネットの根本原理を
彷彿とさせます
13:20
evoke the very keystones
on which the internet was built:
「情報網を築く」
「信号を出す」「接続する」―
13:24
to network, to have signal, to connect --
こうした言葉にはどれも
人々を「切り離す」のではなく
13:26
all these terms that imply
bringing people together,
13:28
not pushing people apart.
「つなげる」という意味合いがあります
「正義」と言う言葉を
辞書で引いてみてください
13:31
Because if you look up the word
"justice" in the dictionary,
「罰」という定義より前に
13:35
before punishment,
「法の執行」や
「司法権」よりも前に
13:37
before administration of law
or judicial authority,
こう書いてあります
13:41
you get:
「正しいことを持続させること」
13:42
"The maintenance of what is right."
人々がつながり合い
団結すること以上に
13:45
And I think there are a few things
more "right" in this world
この世界で「正しい」ことは
13:49
than bringing people together,
ほとんどないと思います
13:51
than unions.
ソーシャルメディアで
それを可能にできれば
13:53
And if we allow social media
to deliver that,
実に力強い「正義」を
もたらすことができるでしょう
13:55
then it can deliver a very powerful
form of justice, indeed.
どうもありがとうございました
14:00
Thank you very much.
14:01
(Applause)
(拍手)
Translator:Moe Shoji
Reviewer:Riaki Poništ

sponsored links

Ione Wells - Writer, activist
University student Ione Wells is the founder of the international #NotGuilty campaign against sexual violence and misdirected victim blaming.

Why you should listen

Ione Wells is a student at the University of Oxford in the UK, where she just started her third year reading for a degree in English Language and Literature, and a keen writer and journalist.

After being the victim of an assault in London in early 2015, she published a letter to her assaulter in a student newspaper, which went viral, attracting enormous attention and prompting the sharing of countless experiences by others around the world on social media.

That reaction prompted her to set up the international #NotGuilty campaign against sexual violence and misdirected victim-blaming, which has a website providing a platform for people to speak out. Since then, she has written about these issues for multiple publications, commented on radio and television, spoken at several festivals, hosted support groups and workshops for survivors of assault, and led workshops in schools.

She is the former editor of Oxford University’s student magazine, The Isis, and has an active interest in human rights, international relations, theatre, and wild swimming.

sponsored links

If you need translations, you can install "Google Translate" extension into your Chrome Browser.
Furthermore, you can change playback rate by installing "Video Speed Controller" extension.

Data provided by TED.

This website is owned and operated by Tokyo English Network.
The developer's blog is here.