English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2011

Anthony Atala: Printing a human kidney

アンソニー・アタラ 「臓器を印刷する試み」

Filmed
Views 2,797,449

外科医であるアンソニー・アタラが、いつか臓器提供者の問題を解決するかもしれない初期段階の実験を披露します。生きた細胞を使った3Dプリンタによって移植可能な腎臓を出力するのです。10年前、アタラ博士の若い患者ルーク・マセラはこれと似た技術を使って作られた膀胱を手にしました。ステージにその彼がやってきます。

- Surgeon
Anthony Atala asks, "Can we grow organs instead of transplanting them?" His lab at the Wake Forest Institute for Regenerative Medicine is doing just that -- engineering over 30 tissues and whole organs. Full bio

There'sそこに actually実際に aa majorメジャー health健康 crisis危機 today今日
現在 臓器不足という大きな
00:15
in terms条項 of theその shortage不足 of organs器官.
医療問題があります
00:18
Theその fact事実 is thatそれ we're私たちは living生活 longerより長いです.
私たちは長生きするようになりました
00:20
Medicine医学 has持っている done完了 aa muchたくさん betterより良い jobジョブ
私たちを長生きさせるため
00:22
of making作る us米国 liveライブ longerより長いです,
医学はとても良い仕事をしています
00:24
andそして theその problem問題 is, asとして we我々 age年齢,
問題は 年を取るにつれて
00:26
our我々の organs器官 tend傾向がある to fail失敗します moreもっと,
臓器が故障しやすくなるということです
00:28
andそして soそう currently現在
そのため 現在
00:31
thereそこ are notない enough十分な organs器官 to go行く aroundまわり.
臓器が不足しています
00:33
In fact事実, in theその last最終 10 years,
実際この10年で
00:35
theその number of patients患者 requiring必要 an organ器官 has持っている doubled倍増,
臓器を必要とする患者の数は 2倍に増えましたが
00:37
whilewhile in theその same同じ time時間,
同じ時期に
00:40
theその actual実際の number of transplants移植 has持っている barelyかろうじて gone行った upアップ.
臓器移植の方は ほとんど増えていません
00:42
Soそう thisこの is now aa publicパブリック health健康 crisis危機.
医療における危機的な問題です
00:45
Soそう that'sそれは whereどこで thisこの fieldフィールド comes来る in
そこで再生医療と呼ばれる
00:47
thatそれ we我々 callコール theその fieldフィールド of regenerative再生性の medicine医学.
分野が注目されています
00:49
Itそれ really本当に involves関係する manyたくさんの different異なる areasエリア.
実際にはたくさんの領域が関わっています
00:51
You君は canできる useつかいます, actually実際に, scaffolds足場,
型だとか
00:53
biomaterials生体材料 ---
生体材料を使います
00:55
they're彼らは like好きな theその pieceピース of yourきみの blouseブラウス orまたは yourきみの shirtシャツ ---
これはシャツの切れ端みたいなものですが
00:57
butだけど specific特定 materials材料 you君は canできる actually実際に implantインプラント in patients患者
患者に移植できる特殊な素材で
00:59
andそして they彼ら will意志 do行う wellよく andそして help助けて you君は regenerate再生する.
体の再生を助けます
01:02
Orまたは we我々 canできる useつかいます cells細胞 alone単独で,
細胞だけ使うこともあります
01:05
eitherどちらか yourきみの very非常に own自分の cells細胞
その人自身の細胞や
01:08
orまたは different異なる stem cell細胞 populations人口.
別の幹細胞です
01:10
Orまたは we我々 canできる useつかいます bothどちらも.
あるいは同時に
01:12
We我々 canできる useつかいます, actually実際に, biomaterials生体材料
生体材料と細胞の
01:14
andそして theその cells細胞 together一緒に.
両方を使うこともできます
01:16
Andそして that'sそれは whereどこで theその fieldフィールド is today今日.
それがこの分野の現状です
01:18
Butだけど it'sそれは actually実際に notない aa new新しい fieldフィールド.
これは実のところ新しい分野ではありません
01:21
Interestingly興味深いことに, thisこの is aa book
興味深いことに これは
01:23
thatそれ wasあった published出版された backバック in 1938.
1938年に出された本です
01:25
It'sそれは titledタイトル "Theその Culture文化 of Organs器官."
題名は「臓器の培養」
01:28
Theその first最初 author著者, Alexisアレクシス Carrelカレル, aa Nobelノーベル Prize winner勝者.
第一著者はノーベル賞受賞者のアレクシス・カレルです
01:30
He actually実際に devised考案された some一部 of theその same同じ technologiesテクノロジー
血管の縫合に現在使われている
01:33
used中古 today今日 forために suturing縫合 blood血液 vessels船舶,
方法を彼は考案しています
01:35
andそして some一部 of theその blood血液 vessel容器 graftsグラフト we我々 useつかいます today今日
現在使われている血管移植片も
01:37
wereあった actually実際に designed設計 by〜によって Alexisアレクシス.
カレルが設計したものです
01:40
Butだけど I want欲しいです you君は to note注意 his co-author共著者:
しかし共著者に注目してほしいのです
01:43
Charlesチャールズ Lindbergh林檎.
チャールズ・リンドバーグ
01:46
That'sそれは theその same同じ Charlesチャールズ Lindbergh林檎
あのチャールズ・リンドバーグです
01:48
who actually実際に spent過ごした theその rest残り of his life生活
彼は残りの人生を
01:51
workingワーキング with〜と Alexisアレクシス
カレルとともに
01:53
at〜で theその Rockefellerロッキーフェラー Institute研究所 in New新しい Yorkヨーク
ニューヨークのロックフェラー研究所で
01:55
in theその areaエリア of theその culture文化 of organs器官.
臓器培養の研究に費やしました
01:57
Soそう ifif theその field'sフィールドの beenされている aroundまわり forために soそう long長いです,
この分野がそんなに昔からあるのなら
01:59
whyなぜ soそう few少数 clinical臨床的 advances進歩?
なぜ臨床が進んでいないのでしょう?
02:01
Andそして thatそれ really本当に has持っている to do行う to manyたくさんの different異なる challenges挑戦.
様々な難問が絡んでいるためなのですが
02:03
Butだけど ifif I wereあった to pointポイント to three challenges挑戦,
3つだけ挙げるとしたら
02:06
theその first最初 one1 is actually実際に theその design設計 of materials材料
第一は体内で長期間
02:08
thatそれ couldできた go行く in yourきみの body
うまく使うことのできる
02:10
andそして do行う wellよく over以上 time時間.
素材の開発です
02:12
Andそして manyたくさんの advances進歩 now,
今ではとても発展していて
02:14
we我々 canできる do行う thatそれ fairlyかなり readily容易に.
非常にうまく行えるようになりました
02:16
Theその second二番 challengeチャレンジ wasあった cells細胞.
第二の問題は細胞です
02:18
We我々 couldできた notない get取得する enough十分な of yourきみの cells細胞 to grow成長する outside外側 of yourきみの body.
体外でうまく育てられない細胞が多かったのです
02:20
Over以上 theその last最終 20 years, we've私たちは basically基本的に tackled取り組む thatそれ.
この20年私たちは この問題に取り組んできました
02:23
Manyたくさんの scientists科学者 canできる now grow成長する manyたくさんの different異なる typesタイプ of cells細胞.
今では様々な細胞を育てられるようになり
02:26
Plusプラス we我々 have持ってる stem cells細胞.
それに幹細胞もあります
02:28
Butだけど even偶数 now, 2011,
しかし2011年の今になっても
02:30
there'sそこに stillまだ certainある cells細胞 thatそれ we我々 justちょうど can'tできない grow成長する fromから theその patient患者.
患者から取り出して育てられない細胞があります
02:33
Liver cells細胞, nerve神経 cells細胞, pancreatic膵臓 cells細胞 ---
肝細胞 神経細胞 膵臓細胞
02:37
we我々 stillまだ can'tできない grow成長する themそれら even偶数 today今日.
これらの細胞は今でも育てられません
02:40
Andそして theその third三番 challengeチャレンジ is vascularity血管性,
そして第三の難問は脈管です
02:43
theその actual実際の supply供給 of blood血液
再生した臓器や組織が
02:45
to allow許す thoseそれら organs器官 orまたは tissues組織 to survive生き残ります
生き続けられるように
02:48
once一度 we我々 regenerate再生する themそれら.
血液を供給するという問題です
02:51
Soそう we我々 canできる actually実際に useつかいます biomaterials生体材料 now.
今や生体材料があり
02:53
Thisこの is actually実際に aa biomaterial生体材料.
これがそうですが
02:55
We我々 canできる weave織る themそれら, knitニット themそれら, orまたは we我々 canできる make作る themそれら like好きな you君は see見る hereここに.
織ったり 編んだりし こんなものも作れます
02:57
Thisこの is actually実際に like好きな aa cottonコットン candyキャンディー machine機械.
綿飴の機械のようです
03:00
You君は saw見た theその sprayスプレー going行く in.
吹き付けているところです
03:03
Thatそれ wasあった like好きな theその fibers繊維 of theその cottonコットン candyキャンディー
綿飴の繊維のようなもので
03:05
creating作成 thisこの structure構造, thisこの tubularized管状化した structure構造,
チューブ状の構造を作っています
03:07
whichどの is aa biomaterial生体材料
この生体材料を使って
03:09
thatそれ we我々 canできる then次に useつかいます
体が自らの細胞により
03:11
to help助けて yourきみの body regenerate再生する
再生するのを
03:13
usingを使用して yourきみの very非常に own自分の cells細胞 to do行う soそう.
助けることができます
03:15
Andそして that'sそれは exactly正確に what we我々 didした hereここに.
それがこの例でやったことです
03:18
Thisこの is actually実際に aa patient患者
これは臓器に
03:20
who [wasあった] presented提示された with〜と aa deceased故人 organ器官,
問題のある患者で
03:22
andそして we我々 then次に created作成した one1 of theseこれら smartスマート biomaterials生体材料,
私たちはこのような
03:24
andそして then次に we我々 then次に used中古 thatそれ smartスマート biomaterial生体材料
ハイテクな生体材料を作り
03:27
to replace置き換える andそして repair修復
患者の部位と交換し
03:29
thatそれ patient's患者の structure構造.
修復しました
03:32
What we我々 didした wasあった we我々 actually実際に
私たちがやったのは
03:34
used中古 theその biomaterial生体材料 asとして aa bridgeブリッジ
生体材料で橋を作り
03:36
soそう thatそれ theその cells細胞 in theその organ器官
臓器の細胞が
03:38
couldできた walk歩く on thatそれ bridgeブリッジ, ifif you君は will意志,
その橋を渡って
03:40
andそして help助けて to bridgeブリッジ theその gapギャップ
組織を再生できるよう
03:42
to regenerate再生する thatそれ tissue組織.
ギャップを橋渡しするということです
03:44
Andそして you君は see見る thatそれ patient患者 now six6 months数ヶ月 after
6ヶ月たった今
03:46
with〜と an X-rayX線 showing表示 you君は theその regenerated再生された tissue組織,
再生された組織をX線で確認できます
03:48
whichどの is fully完全に regenerated再生された
顕微鏡で調べると
03:51
whenいつ you君は analyze分析する itそれ under theその microscope顕微鏡.
完全に再生されているのが分かります
03:53
We我々 canできる alsoまた、 useつかいます cells細胞 alone単独で.
細胞だけでやることもできます
03:56
Theseこれら are actually実際に cells細胞 thatそれ we我々 obtained得られた.
これは私たちが用意した細胞で
03:58
Theseこれら are stem cells細胞 thatそれ we我々 create作成する fromから specific特定 sourcesソース,
特別なところから得た幹細胞を
04:01
andそして we我々 canできる driveドライブ themそれら to become〜になる heartハート cells細胞,
心臓細胞へと分化させたものです
04:04
andそして they彼ら start開始 beating打つ in culture文化.
すると培養液の中で 鼓動を始めます
04:06
Soそう they彼ら know知っている what to do行う.
何をすべきか分かっているのです
04:08
Theその cells細胞 genetically遺伝的に know知っている what to do行う,
細胞は何をすべきか知っており
04:10
andそして they彼ら start開始 beating打つ together一緒に.
一緒に鼓動をし始めるのです
04:12
Now today今日, manyたくさんの clinical臨床的 trials試行
今日では多くの臨床試験で
04:14
are usingを使用して different異なる kinds種類 of stem cells細胞
様々な種類の幹細胞が
04:16
forために heartハート disease疾患.
心臓病に対して使われています
04:18
Soそう that'sそれは actually実際に now in patients患者.
これは実際 患者に適用されているのです
04:20
Orまたは ifif we're私たちは going行く to useつかいます larger大きい structures構造
大きな構造を交換するために
04:23
to replace置き換える larger大きい structures構造,
大きな構造が必要な場合
04:25
we我々 canできる then次に useつかいます theその patient's患者の own自分の cells細胞,
患者自身の細胞か
04:27
orまたは some一部 cell細胞 population人口,
何らかの細胞と
04:29
andそして theその biomaterials生体材料,
生体材料と 型を
04:31
theその scaffolds足場, together一緒に.
同時に使います
04:33
Soそう theその concept概念 hereここに:
このやり方ではまず
04:35
soそう ifif you君は do行う have持ってる aa deceased故人 orまたは injured負傷した organ器官,
病気ないしは損傷した臓器から
04:37
we我々 take取る aa very非常に small小さい pieceピース of thatそれ tissue組織,
ごく小さな
04:40
lessもっと少なく thanより halfハーフ theその sizeサイズ of aa postage送料 stamp切手.
切手の半分くらいの大きさの組織を取り
04:42
We我々 then次に teaseからかう theその cells細胞 apart離れて,
それを細胞ごとにばらして
04:45
we我々 grow成長する theその cells細胞 outside外側 theその body.
体外で培養します
04:48
We我々 then次に take取る aa scaffold足場, aa biomaterial生体材料 ---
それから型や 生体材料を用意します
04:50
again再び, looks外見 very非常に muchたくさん like好きな aa pieceピース of yourきみの blouseブラウス orまたは yourきみの shirtシャツ ---
さっきも言った シャツの切れ端みたいなものです
04:53
we我々 then次に shape形状 thatそれ material材料,
その素材で形を作り
04:56
andそして we我々 then次に useつかいます thoseそれら cells細胞 to coatコート thatそれ material材料
一層一層その素材を
04:58
one1 layer at〜で aa time時間 ---
細胞で覆っていきます
05:01
very非常に muchたくさん like好きな bakingベーキング aa layer cakeケーキ, ifif you君は will意志.
レイヤーケーキを作るのに似ています
05:03
We我々 then次に place場所 itそれ in an oven-likeオーブンのような deviceデバイス,
それをオーブンのような装置に入れて
05:06
andそして we're私たちは ableできる to create作成する thatそれ structure構造
必要な構造を作り
05:08
andそして bring持参する itそれ outでる.
取り出します
05:10
Thisこの is actually実際に aa heartハート valveバルブ
これは私たちが作った
05:12
thatそれ we've私たちは engineered設計された,
心臓の弁です
05:14
andそして you君は canできる see見る hereここに, we我々 have持ってる theその structure構造 of theその heartハート valveバルブ
心臓弁の構造があり
05:16
andそして we've私たちは seeded種まき thatそれ with〜と cells細胞,
細胞をそこに蒔き
05:19
andそして then次に we我々 exercise運動 itそれ.
運動させます
05:22
Soそう you君は see見る theその leaflets小冊子 opening開ける andそして closing閉鎖 ---
葉のような部分が開閉していますね
05:24
of thisこの heartハート valveバルブ
この心臓弁は
05:26
that'sそれは currently現在 beingであること used中古 experimentally実験的に
まだ実験段階で
05:28
to tryお試しください to get取得する itそれ to furtherさらに studies研究.
さらに研究を進めているところです
05:32
Another別の technology技術
実際患者に適用した
05:35
thatそれ we我々 have持ってる used中古 in patients患者
別のテクノロジーとして
05:37
actually実際に involves関係する bladdersブラダー.
膀胱に対するものがあります
05:39
We我々 actually実際に take取る aa very非常に small小さい pieceピース of theその bladder膀胱 fromから theその patient患者 ---
患者の膀胱からごく小さな
05:41
lessもっと少なく thanより halfハーフ theその sizeサイズ of aa postage送料 stamp切手.
切手の半分くらいの組織を取り
05:44
We我々 then次に grow成長する theその cells細胞 outside外側 theその body,
細胞を体外で培養し
05:47
take取る theその scaffold足場, coatコート theその scaffold足場 with〜と theその cells細胞 ---
その細胞で用意した型を覆います
05:49
theその patient's患者の own自分の cells細胞, two different異なる cell細胞 typesタイプ.
患者自身の細胞を 2種類使います
05:51
We我々 then次に put置く itそれ in thisこの oven-likeオーブンのような deviceデバイス.
それをオーブンのような装置に入れ
05:54
Itそれ has持っている theその same同じ conditions条件 asとして theその human人間 body ---
ヒトの体内と同じ条件にします
05:57
37 degrees centigrade摂氏, 95 percentパーセント oxygen酸素.
37度の温度と95パーセントの酸素
05:59
Aa few少数 weeks later後で, you君は have持ってる yourきみの engineered設計された organ器官
数週間すると 患者に移植できる
06:02
thatそれ we're私たちは ableできる to implantインプラント backバック into theその patient患者.
臓器ができあがります
06:05
Forために theseこれら specific特定 patients患者, we我々 actually実際に justちょうど suture縫合 theseこれら materials材料.
患者のために 素材を縫い合わせて作っています
06:08
We我々 useつかいます three-dimensional三次元 imagining想像する analysis分析,
3次元的な画像分析を行っていますが
06:11
butだけど we我々 actually実際に created作成した theseこれら biomaterials生体材料 by〜によって handハンド.
実際これらの生体材料を手で作っているのです
06:14
Butだけど we我々 now have持ってる betterより良い ways方法
しかし今ではこういった構造を
06:18
to create作成する theseこれら structures構造 with〜と theその cells細胞.
細胞から作るもっと良い方法があります
06:20
We我々 useつかいます now some一部 typeタイプ of technologiesテクノロジー,
ある種のテクノロジーを使って
06:22
whereどこで forために solid固体 organs器官, forために example,
肝臓のような 中身の詰まった臓器に
06:26
like好きな theその liver,
取り組んでいます
06:28
what we我々 do行う is we我々 take取る discard破棄する livers肝臓.
廃棄された肝臓を使います
06:30
Asとして you君は know知っている, aa lotロット of organs器官 are actually実際に discarded廃棄された, notない used中古.
使われずに処分される臓器がたくさんあります
06:33
Soそう we我々 canできる take取る theseこれら liver structures構造,
そういった破棄される
06:36
whichどの are notない going行く to be〜する used中古,
臓器を手に入れ
06:38
andそして we我々 then次に put置く themそれら in aa washing洗浄 machine-like機械的な structure構造
洗濯機のような装置に入れ
06:40
thatそれ will意志 allow許す theその cells細胞 to be〜する washed洗った away離れて.
細胞を洗い落とします
06:44
Two weeks later後で,
2週間後
06:46
you君は have持ってる something何か thatそれ looks外見 like好きな aa liver.
肝臓のようなものが得られます
06:48
You君は canできる holdホールド itそれ like好きな aa liver,
肝臓のように見えますが
06:50
butだけど itそれ has持っている noいいえ cells細胞; it'sそれは justちょうど aa skeletonスケルトン of theその liver.
細胞のない 形だけの肝臓です
06:52
Andそして we我々 then次に canできる re-perfuse再潅流 theその liver with〜と cells細胞,
その肝臓を 血管樹を維持したまま
06:55
preserving保存 theその blood血液 vessel容器 tree.
再び細胞で埋めます
06:59
Soそう we我々 actually実際に perfuse灌流 first最初 theその blood血液 vessel容器 tree
最初 患者自身の血管細胞を
07:01
with〜と theその patient's患者の own自分の blood血液 vessel容器 cells細胞,
血管樹に行き渡らせ
07:04
andそして we我々 then次に infiltrate浸潤する theその parenchyma実質 with〜と theその liver cells細胞.
それから実質組織に 肝細胞を浸透させます
07:06
Andそして we我々 now have持ってる beenされている ableできる justちょうど to showショー
このテクノロジーを使った
07:09
theその creation創造 of human人間 liver tissue組織
ヒトの肝組織の生成は
07:11
justちょうど thisこの past過去 month
つい先月
07:13
usingを使用して thisこの technology技術.
ご覧いただけるまでになりました
07:15
Another別の technology技術 thatそれ we've私たちは used中古
私たちが使っている
07:19
is actually実際に thatそれ of printing印刷.
もう1つのテクノロジーは印刷です
07:21
Thisこの is actually実際に aa desktopデスクトップ inkjetインクジェット printerプリンタ,
これは普通のインクジェットプリンターですが
07:23
butだけど instead代わりに of usingを使用して inkインク,
インクの代わりに
07:26
we're私たちは usingを使用して cells細胞.
細胞を使っています
07:28
Andそして you君は canできる actually実際に see見る hereここに theその printheadプリントヘッド
印字ヘッドが行き来して
07:30
going行く throughを通して andそして printing印刷 thisこの structure構造,
構造を印刷しています
07:32
andそして itそれ takesテイク about 40 minutes to print印刷する thisこの structure構造.
この構造の印刷には 40分ほどかかります
07:34
Andそして there'sそこに aa 3Dd elevatorエレベーター
印字ヘッドが通るたびに
07:36
thatそれ then次に actually実際に goes行く downダウン one1 layer at〜で aa time時間
3次元のエレベーターが一段ずつ
07:38
each time時間 theその printheadプリントヘッド goes行く throughを通して.
下がっていくようになっています
07:40
Andそして then次に finally最後に you'reあなたは ableできる to get取得する thatそれ structure構造 outでる.
最後にこの構造ができあがります
07:42
You君は canできる popポップ thatそれ structure構造 outでる of theその printerプリンタ andそして implantインプラント itそれ.
できた構造を取り出して移植します
07:45
Andそして thisこの is actually実際に aa pieceピース of bone
ご覧頂いている
07:48
thatそれ I'm私は going行く to showショー you君は in thisこの slide滑り台
スライドの中の骨は
07:50
thatそれ wasあった actually実際に created作成した with〜と thisこの desktopデスクトップ printerプリンタ
プリンタで作り
07:53
andそして implanted移植された asとして you君は see見る hereここに.
移植したものです
07:56
Thatそれ wasあった allすべて new新しい bone thatそれ wasあった implanted移植された
このテクニックを使って
07:59
usingを使用して theseこれら techniques技術.
まったく新しい骨を作って移植したのです
08:01
Another別の moreもっと advanced高度な technology技術 we're私たちは looking探している at〜で right now,
次は さらに進んだテクノロジー
08:04
our我々の next generation世代 of technologiesテクノロジー,
我々の次世代技術で
08:08
are moreもっと sophisticated洗練された printersプリンタ.
より洗練されたプリンタです
08:10
Thisこの particular特に printerプリンタ we're私たちは designing設計 now
このプリンタは患者の体に直接
08:12
is actually実際に one1 whereどこで we我々 print印刷する right on theその patient患者.
印刷するようデザインされています
08:15
Soそう what you君は see見る hereここに ---
おかしな話に聞こえるのは
08:18
I know知っている itそれ sounds funny面白い,
分かっていますが
08:20
butだけど that'sそれは theその way方法 itそれ works作品.
実際そうなっているのです
08:22
Becauseなぜなら in reality現実, what you君は want欲しいです to do行う
やりたいことは
08:24
is you君は actually実際に want欲しいです to have持ってる theその patient患者 on theその bedベッド with〜と theその wound創傷,
怪我をしている患者をベッドに横たえ
08:27
andそして you君は have持ってる aa scannerスキャナ,
フラットベッドスキャナで
08:30
basically基本的に like好きな aa flatbedフラットベッド scannerスキャナ.
スキャンします
08:32
That'sそれは what you君は see見る hereここに on theその right side.
右の絵がそうです
08:34
You君は see見る aa scannerスキャナ technology技術
スキャナが最初に
08:36
thatそれ first最初 scansスキャン theその wound創傷 on theその patient患者
患者の傷をスキャンして
08:38
andそして then次に itそれ comes来る backバック with〜と theその printheadsプリントヘッド
次に印字ヘッドが
08:41
actually実際に printing印刷 theその layers thatそれ you君は require要求する
患者の上に 必要な層を
08:44
on theその patients患者 themselves自分自身.
直接印刷します
08:47
Thisこの is howどうやって itそれ actually実際に works作品.
これが実際の仕組みです
08:49
Here'sここにいる theその scannerスキャナ going行く throughを通して,
スキャナが傷を
08:51
scanning走査 theその wound創傷.
スキャンしていきます
08:53
Once一度 it'sそれは scannedスキャンした,
スキャンできたら
08:55
itそれ sendsセンド information情報 in theその correct正しい layers of cells細胞
どこに どの細胞が必要になるかという
08:57
whereどこで they彼ら need必要 to be〜する.
情報に応じて印刷します
08:59
Andそして now you'reあなたは going行く to see見る hereここに
こちらは
09:01
aa demoデモ of thisこの actually実際に beingであること done完了
典型的な傷に対して
09:03
in aa representative代表 wound創傷.
実際に印刷しているところです
09:05
Andそして we我々 actually実際に do行う thisこの with〜と aa gelゲル soそう thatそれ you君は canできる liftリフト theその gelゲル material材料.
ジェル状になっていて つまみ上げることができます
09:08
Soそう once一度 thoseそれら cells細胞 are on theその patient患者
ですからこの細胞が患者の体に付くと
09:11
they彼ら will意志 stickスティック whereどこで they彼ら need必要 to be〜する.
必要な場所に留まるようになっています
09:13
Andそして thisこの is actually実際に new新しい technology技術
まだ開発途上の
09:15
stillまだ under development開発.
新しいテクノロジーです
09:17
We're私たちは alsoまた、 workingワーキング on moreもっと sophisticated洗練された printersプリンタ.
私たちはもっと洗練されたプリンタにも取り組んでいます
09:20
Becauseなぜなら in reality現実, our我々の biggest最大 challengeチャレンジ
実際上 私たちにとって最大の課題は
09:23
are theその solid固体 organs器官.
中身の詰まった臓器です
09:25
I don'tしない know知っている ifif you君は realize実現する thisこの,
ご存じかわかりませんが
09:27
butだけど 90 percentパーセント of theその patients患者 on theその transplant移植 listリスト
移植待ちリストに載っている患者の90%は
09:29
are actually実際に waiting待っている forために aa kidney腎臓.
腎臓を待っているのです
09:33
Patients患者 are dying死ぬ everyすべて day
臓器が十分にないため
09:36
becauseなぜなら we我々 don'tしない have持ってる enough十分な of thoseそれら organs器官 to go行く aroundまわり.
患者が毎日亡くなっています
09:38
Soそう thisこの is moreもっと challenging挑戦 ---
これはより困難な問題です
09:41
large organ器官, vascular血管,
大きな臓器 脈管
09:43
aa lotロット of blood血液 vessel容器 supply供給,
多量の血液供給
09:45
aa lotロット of cells細胞 presentプレゼント.
たくさんの細胞が必要です
09:47
Soそう theその strategy戦略 hereここに is ---
ここで取っている戦略は
09:49
thisこの is actually実際に aa CTCT scanスキャン, an X-rayX線 ---
これはCTスキャンとX線の画像ですが
09:51
andそして we我々 go行く layer by〜によって layer,
層ごとにコンピュータを使った
09:53
usingを使用して computerizedコンピュータ化された morphometric形態計測 imagingイメージング analysis分析
形態計測と画像解析を行い
09:55
andそして 3Dd reconstruction再建
患者自身の腎臓の
09:57
to get取得する right downダウン to thoseそれら patient's患者の own自分の kidneys腎臓.
3次元イメージを再構成します
09:59
We我々 then次に are ableできる to actually実際に image画像 thoseそれら,
そうすると イメージを表示し
10:02
do行う 360 degree rotation回転
360度回転させて
10:05
to analyze分析する theその kidney腎臓
腎臓の容積特性を
10:07
in itsその full満員 volumetric容積 characteristics特性,
詳細に分析し
10:09
andそして we我々 then次に are ableできる
情報を
10:13
to actually実際に take取る thisこの information情報
取得することができ
10:15
andそして then次に scanスキャン thisこの
それをスキャンして
10:17
in aa printing印刷 computerizedコンピュータ化された form.
印刷できるデジタル情報にします
10:19
Soそう we我々 go行く layer by〜によって layer throughを通して theその organ器官,
そして臓器を断層的に見ていき
10:21
analyzing分析する each layer asとして we我々 go行く throughを通して theその organ器官,
それぞれの層を分析します
10:24
andそして we我々 then次に are ableできる to send送信する thatそれ information情報, asとして you君は see見る hereここに,
その情報を
10:27
throughを通して theその computerコンピューター
コンピュータを通して送り
10:31
andそして actually実際に design設計 theその organ器官
患者に合った臓器を
10:33
forために theその patient患者.
デザインします
10:35
Thisこの actually実際に showsショー theその actual実際の printerプリンタ.
これがそのプリンタで
10:37
Andそして thisこの actually実際に showsショー thatそれ printing印刷.
印刷を実際に行っているところです
10:40
In fact事実, we我々 actually実際に have持ってる theその printerプリンタ right hereここに.
そのプリンタを この会場に持ってきました
10:42
Soそう whilewhile we've私たちは beenされている talking話す today今日,
ですからこの講演の間
10:46
you君は canできる actually実際に see見る theその printerプリンタ
ステージの後ろにあるプリンタを
10:49
backバック hereここに in theその backバック stageステージ.
実際にご覧いただけます
10:52
That'sそれは actually実際に theその actual実際の printerプリンタ right now,
本物のプリンタが
10:55
andそして that'sそれは beenされている printing印刷 thisこの kidney腎臓 structure構造
ご覧のように
10:57
thatそれ you君は see見る hereここに.
腎臓の構造を印刷しています
10:59
Itそれ takesテイク about sevenセブン hours時間 to print印刷する aa kidney腎臓,
腎臓の印刷には7時間ほどかかります
11:01
soそう thisこの is about three hours時間 into itそれ now.
今3時間くらいまで来たところです
11:03
Andそして Drドクター. Kang'sカンの going行く to walk歩く onstageステージ上 right now,
カン博士に来てもらいましょう
11:06
andそして we're私たちは actually実際に going行く to showショー you君は one1 of theseこれら kidneys腎臓
今日前もって印刷しておいた
11:09
thatそれ we我々 printed印刷された aa little少し bitビット earlier先に today今日.
腎臓をお見せします
11:12
Put置く aa pairペア of gloves手袋 hereここに.
手袋をはめましょう
11:18
Thank感謝 you君は.
ありがとう
11:26
Go行く backwards後方に.
ちょっと待って
11:28
Soそう, theseこれら gloves手袋 are aa little少し bitビット small小さい on me, butだけど hereここに itそれ is.
この手袋はどうも私には小さいようですが
11:36
You君は canできる actually実際に see見る thatそれ kidney腎臓
ご覧ください
11:39
asとして itそれ wasあった printed印刷された earlier先に today今日.
今日印刷した腎臓です
11:41
(Applause拍手)
(拍手)
11:43
Has持っている aa little少し bitビット of consistency一貫性 to itそれ.
ほんのちょっとずれているところがあります
11:59
Thisこの is Drドクター. Kangカン who'sだれの beenされている workingワーキング with〜と us米国 on thisこの projectプロジェクト,
カン博士はこのプロジェクトで働いている
12:03
andそして part of our我々の teamチーム.
チームの一員です
12:06
Thank感謝 you君は, Drドクター. Kangカン. I appreciate感謝する itそれ.
どうもありがとう カン博士 助かります
12:08
(Applause拍手)
(拍手)
12:11
Soそう thisこの is actually実際に aa new新しい generation世代.
これが新世代技術です
12:16
Thisこの is actually実際に theその printerプリンタ thatそれ you君は see見る hereここに onstageステージ上.
ステージ上で実物をご覧いただいています
12:18
Andそして thisこの is actually実際に aa new新しい technology技術 we're私たちは workingワーキング on now.
私たちが今取り組んでいる新しいテクノロジーです
12:20
In reality現実, we我々 now have持ってる aa long長いです history歴史 of doingやっている thisこの.
実を言えば 私たちはこのようなことを長い間してきました
12:24
I'm私は going行く to shareシェア with〜と you君は aa clipクリップ
すでに患者に適用しているテクノロジーを
12:28
in terms条項 of technology技術 we我々 have持ってる had持っていました in patients患者 now forために aa whilewhile.
ビデオでお見せしましょう
12:30
Andそして thisこの is actually実際に aa very非常に brief簡潔な clipクリップ ---
ごく短いビデオクリップで
12:33
onlyのみ about 30 seconds ---
30秒ほどです
12:35
of aa patient患者 who actually実際に received受け取った an organ器官.
こういう臓器を移植した患者です
12:37
(Videoビデオ) Lukeルーク Massellaマセラ: I wasあった really本当に sick病気. I couldできた barelyかろうじて get取得する outでる of bedベッド.
ベッドから出るのも大変なほど ひどい病気で
12:40
I wasあった missing行方不明 school学校. Itそれ wasあった prettyかなり muchたくさん miserable悲惨な.
学校もなかなか行けず 本当に惨めでした
12:42
I couldn'tできなかった go行く outでる
休み時間に外へ出て
12:45
andそして play遊びます basketballバスケットボール at〜で recessくぼみ
バスケなどしようものなら
12:47
withoutなし feeling感じ like好きな I wasあった going行く to passパス outでる
戻ってくる頃には
12:49
whenいつ I got持っている backバック inside内部.
気を失いそうになっています
12:51
I feltフェルト soそう sick病気.
ひどい状態だったんです
12:53
I wasあった facing直面する basically基本的に aa lifetime一生 of dialysis透析,
基本的に一生透析を続けることになっていて
12:56
andそして I don'tしない even偶数 like好きな to think思う about what myじぶんの life生活 would〜する be〜する like好きな
自分の人生が今後どうなるのか
12:59
ifif I wasあった on thatそれ.
考えたくもありませんでした
13:01
Soそう after theその surgery手術,
この手術の後
13:03
life生活 got持っている aa lotロット betterより良い forために me.
僕の人生はずっと良くなりました
13:05
I wasあった ableできる to do行う moreもっと thingsもの.
いろんなことが できるようになり
13:07
I wasあった ableできる to wrestle格闘する in high高い school学校.
高校ではレスリングをやりました
13:09
I becameなりました theその captainキャプテン of theその teamチーム, andそして thatそれ wasあった greatすばらしいです.
チームのキャプテンになって 最高でした
13:11
I wasあった ableできる to be〜する aa normal正常 kidキッド with〜と myじぶんの friends友達.
友達とも普通の子として遊べました
13:14
Andそして becauseなぜなら they彼ら used中古 myじぶんの own自分の cells細胞 to buildビルドする thisこの bladder膀胱,
膀胱を作るのに使われたのは 僕自身の細胞なので
13:17
it'sそれは going行く to be〜する with〜と me.
体によく馴染んでいます
13:20
I've私は got持っている itそれ forために life生活, soそう I'm私は allすべて setセット.
僕は人生を生きていける準備ができたのです
13:22
(Applause拍手)
(拍手)
13:25
Juanファン Enriquezエンリケス: Theseこれら experiments実験 sometimes時々 work作業,
こういった実験は 時にうまくいき
14:03
andそして it'sそれは very非常に coolクール whenいつ they彼ら do行う.
うまくいったときには すごくいいものです
14:05
Lukeルーク, come来る upアップ pleaseお願いします.
ルーク こちらへ
14:07
(Applause拍手)
(拍手)
14:14
Soそう Lukeルーク, before last最終 night,
ルーク 昨夜以前に
14:29
when'sいつ theその last最終 time時間 you君は saw見た Tonyトニー?
アンソニーに会ったのはいつ?
14:31
LM映画: Ten years ago, whenいつ I had持っていました myじぶんの surgery手術 ---
10年前 手術をしたときです
14:33
andそして it'sそれは really本当に greatすばらしいです to see見る him.
彼に出会えて 本当によかったです
14:36
(Laughter笑い)
(笑)
14:38
(Applause拍手)
(拍手)
14:40
JE: Andそして telltell us米国 aa little少し bitビット about what you'reあなたは doingやっている.
今どんなことをしているのか 話してくれるかな?
14:46
LM映画: Wellよく right now I'm私は in collegeカレッジ at〜で theその University大学 of Connecticutコネチカット.
今コネチカット大学に通っています
14:48
I'm私は aa sophomore二年生 andそして studying勉強する communicationsコミュニケーション, TVテレビ andそして mass質量 mediaメディア,
2年で コミュニケーション学科でテレビとメディアを専攻しています
14:51
andそして basically基本的に trying試す to liveライブ life生活 like好きな aa normal正常 kidキッド,
基本的に普通の子と同じように生きようとしています
14:55
whichどの I always常に wanted欲しい growing成長する upアップ.
子どもの時からずっと望んでいたことですが
14:58
Butだけど itそれ wasあった hardハード to do行う thatそれ whenいつ I wasあった bornうまれた with〜と spinaスピナ bifida肥満
二分脊椎症で
15:00
andそして myじぶんの kidneys腎臓 andそして bladder膀胱 weren'tなかった workingワーキング.
腎臓も膀胱も機能していない人間には難しいことでした
15:02
I went行った throughを通して about 16 surgeries手術,
16回手術を受けましたが
15:05
andそして itそれ seemed見えた impossible不可能 to do行う thatそれ
不可能に思えました
15:07
whenいつ I wasあった in kidney腎臓 failure失敗 whenいつ I wasあった 10.
10歳のときに腎不全になり
15:09
Andそして thisこの surgery手術 came来た along一緒に
そしてこの手術を受け
15:12
andそして basically基本的に made me who I am午前 today今日
それが今日の僕を作り
15:14
andそして saved保存された myじぶんの life生活.
僕の命を救ったのです
15:16
(Applause拍手)
(拍手)
15:18
JE: Andそして Tony'sトニー done完了 hundreds数百 of theseこれら?
アンソニーはこれを何百例もやっているんだよね?
15:29
LM映画: What I know知っている fromから, he's彼は workingワーキング really本当に hardハード in his lab研究室
僕が知っているのは 彼が実験室で本当に熱心に働き
15:32
andそして coming到来 upアップ with〜と crazy狂った stuffもの.
すごいものを作り続けているということです
15:35
I know知っている I wasあった one1 of theその first最初 10 people to have持ってる thisこの surgery手術.
僕はこの手術を受けた最初の10人の1人でした
15:37
Andそして whenいつ I wasあった 10, I didn'tしなかった realize実現する howどうやって amazing素晴らしい itそれ wasあった.
10歳の時には それがどんなにすごいことか分かっていませんでした
15:40
I wasあった aa little少し kidキッド, andそして I wasあった like好きな,
小さな子どもで
15:43
"Yeahええ. I'll私はよ have持ってる thatそれ. I'll私はよ have持ってる thatそれ surgery手術."
「ああ 手術をするんだ」としか
15:45
(Laughter笑い)
思っていませんでした (笑)
15:47
Allすべて I wanted欲しい to do行う wasあった to get取得する betterより良い,
僕が望んでいたのは ただ良くなることで
15:49
andそして I didn'tしなかった realize実現する howどうやって amazing素晴らしい itそれ really本当に wasあった until〜まで now thatそれ I'm私は olderより古い
今こうして成長し 彼のしていることを目にするまで
15:51
andそして I see見る theその amazing素晴らしい thingsもの thatそれ he's彼は doingやっている.
それがどんなにすごいことなのか分かってなかったんです
15:54
JE: Whenいつ you君は got持っている thisこの callコール outでる of theその blue ---
そして突然この連絡を受けたんだね
15:58
Tony'sトニー really本当に shyシャイ,
アンソニーは本当にシャイで
16:01
andそして itそれ took取った aa lotロット of convincing説得力のある
ルークを引っ張り出すことを
16:03
to get取得する somebody誰か asとして modest控えめな asとして Tonyトニー
彼のように控えめな人間に
16:05
to allow許す us米国 to bring持参する Lukeルーク.
認めてもらうのは大変でした
16:07
Soそう Lukeルーク, you君は go行く to yourきみの communicationsコミュニケーション professors教授 ---
それで コミュニケーション学科の
16:10
you'reあなたは majoring専攻 in communicationsコミュニケーション ---
先生たちのところへ
16:12
andそして you君は ask尋ねる themそれら forために permission許可 to come来る to TEDテッド,
TEDに出る許可をもらいに行って
16:14
whichどの mightかもしれない have持ってる aa little少し bitビット to do行う with〜と communicationsコミュニケーション,
TEDはコミュニケーションにも多少
16:16
andそして what wasあった their彼らの reaction反応?
関係があると思うけど 先生たちの反応はどうだった?
16:18
LM映画: Most最も of myじぶんの professors教授 wereあった allすべて forために itそれ,
大半の先生たちは大賛成で
16:21
andそして they彼ら said前記, "Bring持参する picturesピクチャー
「写真を撮ってきてくれ」とか
16:23
andそして showショー me theその clipsクリップ onlineオンライン," andそして "I'm私は happyハッピー forために you君は."
「あとでビデオを見せてくれ」とか「良かったな」と言ってくれました
16:26
Thereそこ wereあった aa coupleカップル thatそれ wereあった aa little少し stubborn頑固な,
ほんの少し頑固な人もいましたけど
16:29
butだけど I had持っていました to talkトーク to themそれら.
話を付けたので
16:31
I pulled引っ張られた themそれら aside脇に.
問題ありません
16:33
JE: Wellよく, it'sそれは an honor名誉 andそして aa privilege特権 to meet会う you君は.
君に会えてとても嬉しかった
16:36
Thank感謝 you君は soそう muchたくさん. (LM映画: Thank感謝 you君は soそう muchたくさん.)
本当にありがとう (ルーク: ありがとうございます)
16:38
JE: Thank感謝 you君は, Tonyトニー.
ありがとう アンソニー
16:43
(Applause拍手)
(拍手)
16:45
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Yuki Okada

▲Back to top

About the speaker:

Anthony Atala - Surgeon
Anthony Atala asks, "Can we grow organs instead of transplanting them?" His lab at the Wake Forest Institute for Regenerative Medicine is doing just that -- engineering over 30 tissues and whole organs.

Why you should listen

Anthony Atala is the director of the Wake Forest Institute for Regenerative Medicine, where his work focuses on growing and regenerating tissues and organs. His team engineered the first lab-grown organ to be implanted into a human -- a bladder -- and is developing experimental fabrication technology that can "print" human tissue on demand.

In 2007, Atala and a team of Harvard University researchers showed that stem cells can be harvested from the amniotic fluid of pregnant women. This and other breakthroughs in the development of smart bio-materials and tissue fabrication technology promises to revolutionize the practice of medicine.

More profile about the speaker
Anthony Atala | Speaker | TED.com