English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED@Intel

Eric Dishman: Health care should be a team sport

エリック・デイシュマン: チームで運営するヘルス・ケア

Filmed
Views 850,019

エリック・デイシュマンは大学生の頃、医師たちから余命2・3年であるという宣告を受けました。今や大昔の話です。新しい診断と後に受けた腎臓移植によって、デイシュマンは自身の経験と専門性を武器に最先端の医療技術スペシャリストに転身しました。治療チームの中心に患者を位置付けるヘルス・ケアを再構築するという大胆なアイディアを紹介します。(TED@Intel にて収録)

- Social scientist
Eric Dishman does health care research for Intel -- studying how new technology can solve big problems in the system for the sick, the aging and, well, all of us. Full bio

I want欲しいです to shareシェア some一部 personal個人的 friends友達 andそして stories物語 with〜と you君は
私の友人たちを紹介しながら 自分の話をしようと思います
00:13
thatそれ I've私は actually実際に never決して talked話した about in publicパブリック before
これまで公にしたことのない話ですが
00:17
to help助けて illustrate説明する theその ideaアイディア
世界中のヘルス・ケアシステムを改革する
00:19
andそして theその need必要 andそして theその hope希望
必要性と可能性と
00:21
forために us米国 to reinvent再発明 our我々の health健康 careお手入れ systemシステム aroundまわり theその world世界.
アイディアが伝えられると思うからです
00:23
Twenty-four24 years ago, I had持っていました --- aa sophomore二年生 in collegeカレッジ,
24年前 私は大学2年生でした―
00:26
I had持っていました aa seriesシリーズ of fainting失神 spells呪文. Noいいえ alcoholアルコール wasあった involved関係する.
失神の発作を経験しました
アルコールは関係ありませんよ
00:30
Andそして I ended終了しました upアップ in student学生 health健康,
大学の保健センターで―
00:33
andそして they彼ら ran走った some一部 labwork研究室 andそして came来た backバック right away離れて,
臨床検査を受け すぐに 結果が出て
00:35
andそして said前記, "Kidney腎臓 problems問題."
「腎臓の病気」と告げられました
00:38
Andそして before I knew知っていた itそれ, I wasあった involved関係する andそして thrownスローされた into
その後6ヶ月間に渡る
00:40
thisこの six6 months数ヶ月 of testsテスト andそして trials試行 andそして tribulations苦難
検査や試練 苦難の経験の始まりでした
00:43
with〜と six6 doctors医師 across横断する two hospitals病院
2つの病院の 6人の大先生が
00:46
in thisこの clash衝突 of medical医療 titansタイタンズ
私の体の問題について
00:49
to figure数字 outでる whichどの one1 of themそれら wasあった right
誰の見立てが正しいか
00:52
about what wasあった wrong違う with〜と me.
激論を重ねたのです
00:54
Andそして I'm私は sitting座っている in aa waiting待っている roomルーム some一部 time時間 later後で forために an ultrasound超音波,
超音波検査のため 待合室に座っていたときのこと
00:56
andそして allすべて six6 of theseこれら doctors医師 actually実際に showショー upアップ in theその roomルーム at〜で once一度,
6人の医師が揃って入って来たので
01:00
andそして I'm私は like好きな, "Uhああ ohああ, thisこの is bad悪い newsニュース."
「あぁ 悪いニュースに違いない」と思いました
01:02
Andそして their彼らの diagnosis診断 wasあった thisこの:
彼らの診断はこうでした
01:07
They彼ら said前記, "You君は have持ってる two rareまれな kidney腎臓 diseases病気
「君は2種類の珍しい腎臓病に―
01:08
thatそれ are going行く to actually実際に destroy破壊する yourきみの kidneys腎臓 eventually最終的に,
かかっている
いずれ腎臓は駄目になるだろう
01:10
you君は have持ってる cancer-likeがん様 cells細胞 in yourきみの immune免疫 systemシステム
体の免疫システムの中にガン細胞に似た―
01:13
thatそれ we我々 need必要 to start開始 treatment処理 right away離れて,
細胞があり すぐに治療が必要だ
01:15
andそして you'llあなたは never決して be〜する eligible適格 forために aa kidney腎臓 transplant移植,
腎臓移植は不可能だし
01:17
andそして you'reあなたは notない likelyおそらく to liveライブ moreもっと thanより two orまたは three years."
余命は2・3年だろう」
01:20
Now, with〜と theその gravity重力 of thisこの doomsday最悪の日 diagnosis診断,
この最後の審判 と言うべき診断で
01:23
itそれ justちょうど sucked吸い込まれた me in immediatelyすぐに,
すっかり心くじけた私は
01:26
asとして ifif I began始まった preparing準備 myself私自身 asとして aa patient患者
医師たちに告げられた時期に死を迎える
01:29
to die死ぬ accordingに従って to theその scheduleスケジュール thatそれ they彼ら had持っていました justちょうど given与えられた to me,
準備を始めなくては と考えました
01:31
until〜まで I met会った aa patient患者 named名前 Vernaヴェルナ in aa waiting待っている roomルーム,
そんな時 待合室でヴァーナという患者に出会いました
01:35
who becameなりました aa dear親愛な friend友人, andそして she彼女 grabbed捕まえた me one1 day
親しくなった彼女はある日 私を
01:38
andそして took取った me offオフ to theその medical医療 libraryとしょうかん
強引に医療図書館まで連れて行き
01:40
andそして didした aa bunch of research研究 on theseこれら diagnoses診断 andそして theseこれら diseases病気,
同様の病気や診断についてかなりのリサーチをしました
01:42
andそして said前記, "Ericエリック, theseこれら people who get取得する thisこの
彼女はこう言ったんです 「エリック
01:45
are normally通常は in their彼らの ''70ss andそして ''80ss.
普通は70か80代でかかる病気ね
01:48
They彼ら don'tしない know知っている anything何でも about you君は. Wake目覚め upアップ.
医者は あなたのことを分かってないの
目を覚まして
01:49
Take取る controlコントロール of yourきみの health健康 andそして get取得する on with〜と yourきみの life生活."
自分の健康を管理してしっかり生きなさい」
01:53
Andそして I didした.
その通りにしました
01:56
Now, theseこれら people making作る theseこれら proclamations宣言 to me
ただし 私に死の宣告をした医師たちは
01:57
wereあった notない bad悪い people.
悪い人たちではありません
02:00
In fact事実, theseこれら professionals専門家 wereあった miracle奇跡 workers労働者,
実際 すご腕の医師たちです
02:01
butだけど they're彼らは workingワーキング in aa flawed欠陥がある, expensive高価な systemシステム that'sそれは setセット upアップ theその wrong違う way方法.
しかし根本的な問題のため
欠陥があり費用もかさむシステムで働いています
02:03
It'sそれは dependent依存 on hospitals病院 andそして clinics診療所 forために our我々の everyすべて careお手入れ need必要.
日々必要とするケアを病院や診療所に頼り
02:08
It'sそれは dependent依存 on specialists専門家 who justちょうど look見える at〜で parts部品 of us米国.
身体の一部だけを診る
専門家に頼るシステムです
02:11
It'sそれは dependent依存 on guesswork推測 of diagnoses診断 andそして drugドラッグ cocktailsカクテル,
推測に基づいた 診断や薬の配合に頼っています
02:14
andそして soそう something何か eitherどちらか works作品 orまたは you君は die死ぬ.
だから処置が効くことも
死んでしまうこともあるのです
02:18
Andそして it'sそれは dependent依存 on passive受動的 patients患者
また何も質問することなく
診断を受け入れるような
02:21
who justちょうど take取る itそれ andそして don'tしない ask尋ねる anyどれか questions質問.
受け身の患者に依存したシステムです
02:25
Now theその problem問題 with〜と thisこの modelモデル
このモデルの問題は
02:29
is thatそれ it'sそれは unsustainable持続不可能な globally世界的に.
地球規模で持続可能ではないこと
02:31
It'sそれは unaffordable手が足りない globally世界的に.
地球規模では負担できないのです
02:33
We我々 need必要 to invent発明する what I callコール aa personal個人的 health健康 systemシステム.
パーソナル・ヘルス・システムと呼ぶものを
開発する必要があります
02:35
Soそう what doesする thisこの personal個人的 health健康 systemシステム look見える like好きな,
パーソナル・ヘルス・システムとはどの様なものでしょうか―
02:38
andそして what new新しい technologiesテクノロジー andそして roles役割 is itそれ going行く to entail伴う?
どんな新技術・役割を伴うのでしょうか?
02:41
Now, I'm私は going行く to start開始 by〜によって actually実際に sharing共有 with〜と you君は
まず 私の新しい友達を紹介しましょう
02:46
aa new新しい friend友人 of mine鉱山, Libbylibby,
リビーです
02:48
somebody誰か I've私は become〜になる quiteかなり attached添付された to over以上 theその last最終 six6 months数ヶ月.
この6ヶ月で かなり馴染んできました
02:50
Thisこの is Libbylibby, orまたは actually実際に, thisこの is an ultrasound超音波 image画像 of Libbylibby.
これがリビーです 実際はリビーの超音波映像です
02:53
Thisこの is theその kidney腎臓 transplant移植 I wasあった never決して supposed想定される to have持ってる.
医師から不可能と言われた腎臓移植を受けたのです
02:56
Now, thisこの is an image画像 thatそれ we我々 shotショット aa coupleカップル of weeks ago forために today今日,
今日 皆さんに ご覧いただくため数週間前に撮影しました
02:59
andそして you'llあなたは notice通知, on theその edgeエッジ of thisこの image画像,
お気付きでしょうか映像の端に―
03:03
there'sそこに some一部 darkダーク spotsスポット thereそこ, whichどの wasあった really本当に concerning〜に関する to me.
黒い影があります
とても心配でした
03:05
Soそう we're私たちは going行く to actually実際に do行う aa liveライブ exam試験
これから実際に リビーがどんな様子か
03:08
to sortソート of see見る howどうやって Libby'sリビーズ doingやっている.
生中継します
03:11
Thisこの is notない aa wardrobeワードローブ malfunction故障. I have持ってる to take取る myじぶんの beltベルト offオフ hereここに.
「事故」には気をつけますが
ベルトだけは外します
03:12
Don'tしない you君は in theその frontフロント row worry心配 orまたは anything何でも.
前列の方は 心配無用ですよ
03:15
(Laughter笑い)
(笑)
03:17
I'm私は going行く to useつかいます aa deviceデバイス fromから aa company会社 calledと呼ばれる Mobisantemobisante.
モビサンテという会社が作った装置を使います
03:18
Thisこの is aa portableポータブル ultrasound超音波.
携帯型の超音波検査器です
03:22
Itそれ canできる plugプラグ into aa smartphoneスマートフォン. Itそれ canできる plugプラグ into aa tabletタブレット.
スマート・フォンや タブレットに接続できます
03:23
Mobisantemobisante is upアップ in Redmondレッドモンド, Washingtonワシントン,
モビサンテはワシントン州・レドモンドを拠点としていて―
03:26
andそして they彼ら kindly親切に trained訓練された me to actually実際に do行う thisこの on myself私自身.
実際 この装置の使い方もトレーニングしてくれました
03:28
They're彼らは notない approved承認された to do行う thisこの. Patients患者 are notない approved承認された to do行う thisこの.
患者が使用することは
まだ許可されていません
03:32
Thisこの is aa concept概念 demoデモ, soそう I want欲しいです to make作る thatそれ clearクリア.
今回はデモである点を
お断りしておきます
03:34
Allすべて right, I gottaやらなければならない gelゲル upアップ.
それでは ジェルを塗りましょう
03:37
Now theその people in theその frontフロント row are very非常に nervous神経質な. (Laughter笑い)
前列の皆さんは とてもナーバスになっているでしょうね
(笑)
03:38
Andそして I want欲しいです to actually実際に introduce紹介する you君は to Drドクター. Batiukバツユク,
医師のバトゥーク先生をご紹介します
03:42
who'sだれの another別の friend友人 of mine鉱山.
私の友人の一人です
03:46
He's彼は upアップ in Legacy遺産 Good良い Samaritanサマリアン Hospital病院 in Portlandポートランド, Oregonオレゴン.
オレゴン州・ポートランドの
レガシー・グッド・サマリタン病院の医師です
03:48
Soそう let〜する me justちょうど make作る sure確かに. Heyねえ, Drドクター. Batiukバツユク. Canできる you君は hear聞く me okayはい?
バトゥーク先生 聞こえますか?
03:52
Andそして actually実際に, canできる you君は see見る Libbylibby?
リビーは見えていますか?
03:55
Thomasトーマス Batuikバトゥイク: Hiこんにちは thereそこ, Ericエリック.
トーマス・バトゥーク: こんにちは エリック
03:57
You君は look見える busy忙しい. Howどうやって are you君は?
忙しそうですね
元気ですか?
03:58
Ericエリック Dishman皿洗いマン: I'm私は good良い. I'm私は justちょうど taking取る myじぶんの clothes offオフ
ED: 元気です 今ちょうど数百人の前で
04:00
in frontフロント of aa few少数 hundred people. It'sそれは wonderful素晴らしい.
洋服をめくっています
最高の気分です
04:02
Soそう I justちょうど wanted欲しい to see見る, is thisこの theその image画像 you君は need必要 to get取得する?
映像を見ていただけますか これで良いでしょうか?
04:05
Andそして I know知っている you君は want欲しいです to look見える andそして see見る ifif thoseそれら spotsスポット are stillまだ thereそこ.
影がまだあるか 見ていただきたいんです
04:10
TBtb: Okayはい. Wellよく let'sさあ scanスキャン aroundまわり aa little少し bitビット hereここに,
TB: 分かりました スキャンを―
04:13
give与える me aa lay寝る of theその land土地.
見て行きましょうか
04:16
EDエド: Allすべて right.TBtb: Okayはい. Turn順番 itそれ aa little少し bitビット inside内部,
ED: 分かりました
TB: ちょっと内側に―
04:17
aa little少し bitビット toward〜に向かって theその middle中間 forために me.
少し中心に動かしてしてください
04:21
Okayはい, that'sそれは good良い. Howどうやって about upアップ aa little少し bitビット?
良いですね もう少し上に動かしてもらえますか?
04:23
Okayはい, freezeフリーズする thatそれ image画像. That'sそれは aa good良い one1 forために me.
OKです 画像を静止してください
これで大丈夫
04:28
EDエド: Allすべて right. Now last最終 week週間, whenいつ I didした thisこの,
ED: 先週 チェックした際―
04:31
you君は had持っていました me measure測定 thatそれ spotスポット to theその right.
右側の影を測りましたよね
04:34
Should〜すべき I do行う thatそれ again再び?
また やりましょうか?
04:37
TBtb: Yeahええ, let'sさあ do行う thatそれ.
TB: はい やりましょう
04:38
EDエド: Allすべて right. Thisこの is kind種類 of hardハード to do行う
ED: 分かりました
これがちょっと難しいんです
04:39
with〜と one1 handハンド on yourきみの belly andそして one1 handハンド on measuring測定する,
片手は お腹を押さえていて もう片方で測定するので
04:43
butだけど I've私は got持っている itそれ, I think思う,
でも できそうです
04:45
andそして I'll私はよ saveセーブ thatそれ image画像 andそして send送信する itそれ to you君は.
画像を保存して 先生にお送りします
04:46
Soそう telltell me aa little少し bitビット about what thisこの darkダーク spotスポット means手段.
この影について 少し教えていただけますか
04:49
It'sそれは notない something何か I wasあった very非常に happyハッピー about.
ちょっと心配なんです
04:51
TBtb: Manyたくさんの people after aa kidney腎臓 transplant移植
TB: 腎臓移植をした患者の多くは
04:53
will意志 develop開発する aa little少し fluid流体 collectionコレクション aroundまわり theその kidney腎臓.
腎臓の周りに 少し水がたまることがあります
04:55
Most最も of theその time時間 itそれ doesn'tしない create作成する anyどれか kind種類 of mischiefいたずら,
大抵の場合は害はありませんが
04:58
butだけど itそれ doesする warrant令状 looking探している at〜で,
でも念のため確認した方が良いんです
05:02
soそう I'm私は happyハッピー we've私たちは got持っている an opportunity機会 to look見える at〜で itそれ today今日,
今日この映像を 見れて良かったです
05:04
make作る sure確かに thatそれ it'sそれは notない growing成長する, it'sそれは notない creating作成 anyどれか problems問題.
影が大きくなっておらず
問題がないことを確認できました
05:07
Basedベース on theその otherその他 imagesイメージ we我々 have持ってる,
他の画像と比べると
05:10
I'm私は really本当に happyハッピー howどうやって itそれ looks外見 today今日.
良好のようですね
05:12
EDエド: Allすべて right. Wellよく, I guess推測 we'll私たちは doubleダブル checkチェック itそれ whenいつ I come来る in.
ED: 分かりました 今度お会いする時に
再確認できますね
05:15
I've私は got持っている myじぶんの six6 month biopsy生検 in aa coupleカップル of weeks,
数週間の内に 6ヶ月毎の生体検査を受けますが―
05:17
andそして I'm私は going行く to let〜する you君は do行う thatそれ in theその clinic診療所,
これは先生の診察室でお願いしましょう
05:20
becauseなぜなら I don'tしない think思う I canできる do行う thatそれ one1 on myself私自身.
自分ではできませんから
05:21
TBtb: Good良い choice選択.EDエド: Allすべて right, thanksありがとう, Drドクター. Batiukバツユク.
TB: 良い選択です
ED: バトゥーク先生 ありがとう
05:24
Allすべて right. Soそう what you'reあなたは sortソート of seeing見る hereここに
今 皆さんに ご覧いただいたのが
05:26
is an example of disruptive破壊的な technologiesテクノロジー,
モバイルでソーシャルな分析技術という
05:28
of mobileモバイル, socialソーシャル andそして analytic分析的 technologiesテクノロジー.
社会を劇的に変える技術の一例です
05:31
Theseこれら are theその foundations財団 of what's何ですか going行く to make作る personal個人的 health健康 possible可能.
パーソナル・ヘルスの可能性を広げる 基盤となります
05:34
Now there'sそこに really本当に three pillars
今日 皆さんにお話したいのは
パーソナル・ヘルスの
05:37
of thisこの personal個人的 health健康 I want欲しいです to talkトーク to you君は about now,
3つの柱です
05:39
andそして it'sそれは careお手入れ anywhereどこでも, careお手入れ networkingネットワーキング andそして careお手入れ customizationカスタマイズ.
「どこでもケア」 「ネットワークでケア」
「カスタマイズ・ケア」です
05:41
Andそして you君は justちょうど saw見た aa little少し bitビット of theその first最初 two
最初の2つの一部は ご覧いただきましたね
05:45
with〜と myじぶんの interactionインタラクション with〜と Drドクター. Batiukバツユク.
バトゥーク先生とのやりとりです
05:47
Soそう let'sさあ start開始 with〜と careお手入れ anywhereどこでも.
では どこでもケアという点から始めましょう
05:48
Humans人間 invented発明された theその ideaアイディア of hospitals病院 andそして clinics診療所
病院や診療所は1780年代に始まりました
05:51
in theその 1780ss. Itそれ is time時間 to update更新 our我々の thinking考え.
もう一度考え直してもよい時期です
05:54
We我々 have持ってる got持っている to untetherつまらない clinicians臨床医 andそして patients患者
治療のため 特別な建物のところに
05:58
fromから theその notion概念 of traveling旅行 to aa special特別
足を運ぶ という概念から
06:01
bricks-and-mortarレンガとモルタル place場所 forために allすべて of our我々の careお手入れ,
臨床医と患者を解き放たれなければ なりません
06:04
becauseなぜなら theseこれら places場所 are oftenしばしば theその wrong違う toolツール,
なぜなら治療の目的に対して
病院は
06:06
andそして theその most最も expensive高価な toolツール, forために theその jobジョブ.
しばしば適切ではなく
高くつくからです
06:09
Andそして theseこれら are sometimes時々 unsafe安全でない places場所 to send送信する our我々の sickest痛い patients患者,
そして 重症の患者を送るには
安全でない場合もあります
06:11
especially特に in an era時代 of superbugsスーパーバグ
抗生物質の効かない耐性菌や
06:15
andそして hospital-acquired病院で買収した infections感染症.
院内感染が問題になる時代になったのです
06:17
Andそして manyたくさんの countries are going行く to go行く brickless煉瓦のない fromから theその start開始
多くの国は最初から建物なしで考えています
06:19
becauseなぜなら they're彼らは never決して going行く to be〜する ableできる to afford余裕
先進国がさかんに建てた大型医療施設は
06:22
theその mega-medicalplexesメガ - 医療複合体 thatそれ aa lotロット of theその rest残り of theその world世界 has持っている built建てられた.
高くてまかなえないからです
06:24
Now I personally個人的に learned学んだ thatそれ hospitals病院
私は個人的に 子供時代に
06:28
canできる be〜する aa very非常に dangerous危険な place場所 at〜で aa young若い age年齢.
病院は とても危険な場所になりうると学びました
06:31
Thisこの wasあった me in third三番 gradeグレード.
私が小学校3年生の時の写真です
06:34
I broke壊れた myじぶんの elbow very非常に seriously真剣に, had持っていました to have持ってる surgery手術,
肘に重傷を負って 手術しました
06:35
worried心配している thatそれ they彼ら wereあった going行く to actually実際に lose失う theその arm.
医師たちは 腕を切断する可能性を懸念しました
06:38
Recovering回復 fromから theその surgery手術 in theその hospital病院, I get取得する bedsores床ずれ.
術後の入院中 床ずれになり
06:40
Thoseそれら bedsores床ずれ become〜になる infected感染した,
それが細菌感染して
06:43
andそして they彼ら give与える me an antibiotic抗生物質 whichどの I end終わり upアップ beingであること allergicアレルギー性の to,
抗生物質を投与されましたがアレルギー反応を起こしました
06:45
andそして now myじぶんの whole全体 body breaks休憩 outでる,
そのため全身の皮膚がただれ
06:48
andそして now allすべて of thoseそれら become〜になる infected感染した.
感染が全身に広がりました
06:50
Theその longerより長いです I stayed滞在した in theその hospital病院, theその sicker甘い I becameなりました,
病院に長くいるほど病気が悪化して―
06:53
andそして theその moreもっと expensive高価な itそれ becameなりました,
医療費が掛かりました
06:55
andそして thisこの happens起こる to millions何百万 of people aroundまわり theその world世界 everyすべて year.
毎年 世界中で何百万人に同じことが起こっています
06:57
Theその future未来 of personal個人的 health健康 thatそれ I'm私は talking話す about
私がお話しているパーソナル・ヘルス・ケアは
07:00
says言う careお手入れ must必須 occur発生する at〜で home自宅 asとして theその defaultデフォルト modelモデル,
ケアが病院やクリニックでなく
家で行なわれることを
07:03
notない in aa hospital病院 orまたは clinic診療所.
標準としています
07:07
You君は have持ってる to earn獲得する yourきみの way方法 into thoseそれら places場所
人々は 病気が悪化して
07:09
by〜によって beingであること sick病気 enough十分な to useつかいます thatそれ toolツール forために theその jobジョブ.
病院の機器が必要になるまで入院しません
07:10
Now theその smartphonesスマートフォン thatそれ we're私たちは already既に carrying運ぶ
普段持ち歩いているスマートフォンは
07:14
canできる clearlyはっきりと have持ってる diagnostic診断 devicesデバイス like好きな ultrasounds超音波 plugged詰まった into themそれら,
プラグインを使えば超音波装置になります
07:16
andそして aa whole全体 arrayアレイ of othersその他, today今日,
可能性は広がっていきます
07:19
andそして asとして sensingセンシング is built建てられた into theseこれら,
センサーが搭載されているので
07:22
we'll私たちは be〜する ableできる to do行う vital重要な signs兆候 monitorモニター
これまで 出来なかったような―
07:23
andそして behavioral行動的 monitoringモニタリング like好きな we've私たちは never決して had持っていました before.
バイタルサインや行動をモニタできるようになります
07:25
Manyたくさんの of us米国 will意志 have持ってる implantables移植物 thatそれ will意志 actually実際に look見える
たくさんの人が装置を埋め込んで
07:28
real-timeリアルタイム at〜で what's何ですか going行く on with〜と our我々の blood血液 chemistry化学
血液検査でたんぱく質の量まで
07:31
andそして in our我々の proteinsタンパク質 right now.
リアルタイムで 見られるようになるでしょう
07:33
Now theその softwareソフトウェア is alsoまた、 getting取得 smarterスマートな, right?
今や ソフトもスマートになっていますよね?
07:36
Think思う about aa coachコーチ, an agentエージェント onlineオンライン,
オンラインエージェントのコーチを想像してみて下さい
07:38
that'sそれは going行く to help助けて me do行う safe安全 self-careセルフケア.
安全なセルフケアを手助けしてくれます
07:41
Thatそれ same同じ interactionインタラクション thatそれ we我々 justちょうど didした with〜と theその ultrasound超音波
先ほどの超音波のときのようなやり取りを
07:43
will意志 likelyおそらく have持ってる real-timeリアルタイム image画像 processing処理,
リアルタイムの画像処理でできるでしょう
07:46
andそして theその deviceデバイス will意志 sayいう, "Upアップ, downダウン, left, right,
機械が指示します
「上 下 右 左―
07:48
ahああ, Ericエリック, that'sそれは theその perfect完璧な spotスポット to send送信する thatそれ image画像
エリック そこの映像を
07:50
offオフ to yourきみの doctor医師."
先生に送りましょう」
07:53
Now, ifif we've私たちは got持っている allすべて theseこれら networkedネットワーク化された devicesデバイス
もし このような どこでもケア出来る
07:55
thatそれ are helping助ける us米国 to do行う careお手入れ anywhereどこでも,
ネットワークにつないだ装置があれば
07:57
itそれ standsスタンド to reason理由 thatそれ we我々 alsoまた、 need必要 aa teamチーム
当然 様々なやり取りをする
07:59
to be〜する ableできる to interact相互作用する with〜と allすべて of thatそれ stuffもの,
チームが必要になります
08:01
andそして thatそれ leadsリード to theその second二番 pillar I want欲しいです to talkトーク about,
これが 2つ目の柱に繋がります
08:03
careお手入れ networkingネットワーキング.
ケアのネットワークです
08:06
We我々 have持ってる got持っている to go行く beyond超えて thisこの paradigmパラダイム
私たちは バラバラの専門医が部分ごとのケアをする
08:07
of isolated分離された specialists専門家 doingやっている parts部品 careお手入れ
パラダイムを抜け出す必要があります
08:10
to multidisciplinary学際的 teamsチーム doingやっている person careお手入れ.
多くの専門分野にわたるチームが
個人治療を 施すべきです
08:14
Uncoordinated調整されていない careお手入れ today今日 is expensive高価な at〜で bestベスト,
現代の非協調的なケアは高額で―
08:18
andそして itそれ is deadly致命的 at〜で worst最悪.
最悪の場合 命取りになります
08:22
Eighty80人 percentパーセント of medical医療 errorsエラー are actually実際に caused原因
実に 8割の医療ミスは
08:24
by〜によって communicationコミュニケーション andそして coordination調整 problems問題
医療チーム間の 伝達ミスや
08:26
amongst間に medical医療 teamチーム membersメンバー.
調整の問題から生じています
08:28
I had持っていました myじぶんの own自分の heartハート scare恐怖 years ago in graduate卒業 school学校,
私自身も恐怖の経験があります昔 大学院時代―
08:30
whenいつ we're私たちは under treatment処理 forために theその kidney腎臓,
腎臓の治療を受けている際―
08:33
andそして suddenly突然, they're彼らは like好きな, "Ohああ, we我々 think思う you君は have持ってる aa heartハート problem問題."
突然 「君は心臓も悪いようだ」と言われました
08:35
Andそして I have持ってる theseこれら palpitations動悸 thatそれ are showing表示 upアップ.
たしかに動悸を感じていました
08:37
They彼ら put置く me throughを通して five weeks of testsテスト ---
検査が5週間も続き―
08:39
very非常に expensive高価な, very非常に scary怖い --- before theその nurseナース finally最後に notices通知
とても高額で とても恐ろしく―
結局 看護師が
08:42
theその pieceピース of theその paper, myじぶんの meds listリスト
私がいつも携帯していた
08:45
thatそれ I've私は beenされている carrying運ぶ to everyすべて singleシングル appointment予定,
小さな投薬リストに気付いて
08:47
andそして says言う, "Ohああ myじぶんの goshうんざり."
「いけない」と言ったのです
08:49
Three different異なる specialists専門家 had持っていました prescribed所定
3人の異なる専門医が
同じ薬を
08:51
three different異なる versionsバージョン of theその same同じ drugドラッグ to me.
べつべつに3種類も
処方していたのです
08:53
I didした notない have持ってる aa heartハート problem問題. I had持っていました an overdose過量 problem問題.
心臓は大丈夫でしたが
薬剤の過量摂取でした
08:55
I had持っていました aa careお手入れ coordination調整 problem問題.
ケア管理の問題があったのです
08:59
Andそして thisこの happens起こる to millions何百万 of people everyすべて year.
このような問題が 毎年何百万の人々に起こっています
09:02
I want欲しいです to useつかいます technology技術 thatそれ we're私たちは allすべて workingワーキング on andそして making作る happen起こる
私は 誰でも使える技術を駆使してヘルス・ケアを
09:05
to make作る health健康 careお手入れ aa coordinated調整された teamチーム sportスポーツ.
統合されたチームで運営したいと考えます
09:09
Now thisこの is theその most最も frightening恐ろしい thingもの to me.
恐ろしいことに
09:12
Outでる of allすべて theその careお手入れ I've私は had持っていました in hospitals病院 andそして clinics診療所 aroundまわり theその world世界,
これまで世界中の病院やクリニックで治療を受けてきた中で―
09:15
theその first最初 time時間 I've私は everこれまで had持っていました aa true真実 team-basedチームベース careお手入れ experience経験
私がチームベースのケアを受けたのは
09:19
wasあった at〜で Legacy遺産 Good良い Samサム theseこれら last最終 six6 months数ヶ月
ここ6ヶ月間 診てもらった
レガシー・グッド・サマリタンが
09:22
forために me to go行く get取得する thisこの.
初めてでした
09:25
Andそして thisこの is aa picture画像 of myじぶんの graduation卒業 teamチーム fromから Legacy遺産.
これはレガシーからの「卒業」を支援してくれたチーム
09:26
There'sそこに aa coupleカップル of theその folks人々 hereここに. You'llあなたは recognize認識する Drドクター. Batiukバツユク.
先ほど 登場していただいたバトゥーク先生もいますね
09:29
We我々 justちょうど talked話した to him. Here'sここにいる Jennyジェニー, one1 of theその nurses看護師,
ジェニーは看護師で―
09:32
Allisonアリソン, who helped助けた manage管理する theその transplant移植 listリスト,
アリソンは 移植リストを管理してくれました―
09:34
andそして aa dozenダース otherその他 people who aren'tない pictured描かれた,
ここに写っていない方々も沢山います
09:36
aa pharmacist薬剤師, aa psychologist心理学者, aa nutritionist栄養士,
薬剤師 心理学者 栄養士
09:39
even偶数 aa financial金融 counselorカウンセラー, Lisaリサ,
リサは会計カウンセラーで―
09:41
who helped助けた us米国 deal対処 with〜と allすべて theその insurance保険 hassles面倒.
保険のごたごたを 取りまとめてくれました
09:43
I wept泣いた theその day I graduated卒業した.
晴れて卒業した時は 涙が出ました
09:46
I should〜すべき have持ってる beenされている happyハッピー, becauseなぜなら I wasあった soそう wellよく
元気になって
かかりつけ医に―
09:49
thatそれ I couldできた go行く backバック to myじぶんの normal正常 doctors医師,
戻るのは
うれしいはずでしたが
09:50
butだけど I wept泣いた becauseなぜなら I wasあった soそう actually実際に connected接続された to thisこの teamチーム.
実際は このチームに絆を感じて
泣いてしまいました
09:52
Andそして here'sここにいる theその most最も important重要 part.
ここからが 一番重要な点です
09:55
Theその otherその他 people in thisこの picture画像 are me andそして myじぶんの wife, Ashleyアシュリー.
写真には 私と妻のアシュレーも写っています
09:57
Legacy遺産 trained訓練された us米国 on howどうやって to do行う careお手入れ forために me at〜で home自宅
レガシーは 自宅での手当を教えてくれました
10:00
soそう thatそれ they彼ら couldできた offloadオフロード theその hospitals病院 andそして clinics診療所.
病院やクリニックの負荷が減ります
10:04
That'sそれは theその onlyのみ way方法 thatそれ theその modelモデル works作品.
これが モデルが上手く行く唯一の方法です
10:07
Myじぶんの teamチーム is actually実際に workingワーキング in China中国
私のチームでは 中国を拠点に
10:09
on one1 of theseこれら self-careセルフケア modelsモデル
セルフ・ケアモデルのプロジェクト
10:11
forために aa projectプロジェクト we我々 calledと呼ばれる Age-Friendly年齢に優しい Cities都市.
「高齢者フレンドリー都市」を進めています
10:13
We're私たちは trying試す to help助けて buildビルドする aa socialソーシャル networkネットワーク
高齢者のケアの追跡や トレーニングを
10:15
thatそれ canできる help助けて trackトラック andそして train列車 theその careお手入れ of seniors先輩
支援するソーシャル・ネットワークを構築しています
10:17
caring思いやりのある forために themselves自分自身
高齢者のセルフ・ケアや
10:19
asとして wellよく asとして theその careお手入れ provided提供された by〜によって their彼らの family家族 membersメンバー
家族やボランティアコミュニティのケア・ワーカーが
10:21
orまたは volunteerボランティア communityコミュニティ health健康 workers労働者,
実施するケアです
10:23
asとして wellよく asとして have持ってる an exchange交換 networkネットワーク onlineオンライン,
ネットワークを介した
サービスの交換も行っています
10:26
whereどこで, forために example, I canできる donate寄付する three hours時間 of careお手入れ aa day to yourきみの momママ,
例えば 私は誰かのお母さんに1日3時間のケアをするから
10:28
ifif somebody誰か elseelse canできる help助けて me with〜と transportation交通 to meals食事,
誰か私が食事場所まで
連れて行くのを手伝ってくれないか?
10:31
andそして we我々 exchange交換 allすべて of thatそれ onlineオンライン.
オンライン上で こんな やり取りを行ないます
10:34
Theその most最も important重要 pointポイント I want欲しいです to make作る to you君は about thisこの
皆さんにお伝えしておきたい最も重要なことは
10:37
is theその sacred神聖 andそして somewhat幾分 over-romanticized超ロマンチックな
神聖化されて 美化されすぎている
10:39
doctor-patient医者 - 患者 one-on-one一対一
医師と患者の 一対一の関係は
10:43
is aa relic遺物 of theその past過去.
過去の遺産ということです
10:45
Theその future未来 of health健康 careお手入れ is smartスマート teamsチーム,
未来のヘルス・ケアはスマートなチームで構成され
10:48
andそして you'dあなたは betterより良い be〜する on thatそれ teamチーム forために yourselfあなた自身.
患者自身もチームに参加します
10:50
Now, theその last最終 thingもの thatそれ I want欲しいです to talkトーク to you君は about
では 最後に皆さんにお話したい点は
10:54
is careお手入れ customizationカスタマイズ,
カスタマイズするケアです
10:56
becauseなぜなら ifif you'veあなたは got持っている careお手入れ anywhereどこでも andそして you'veあなたは got持っている careお手入れ networkingネットワーキング,
もし「どこでもケア」や「ネットワークでケア」があっても
10:57
thoseそれら are going行く to go行く aa long長いです way方法 towards方向 improving改善する our我々の health健康 careお手入れ systemシステム,
ヘルス・ケア・システムの改善は
長い道のりとなるでしょう
11:00
butだけど there'sそこに stillまだ tooあまりにも muchたくさん guesswork推測.
推測に頼るところが多く残っているからです
11:03
Randomizedランダム化された clinical臨床的 trials試行 wereあった actually実際に invented発明された in 1948
1948年に無作為の臨床試験が開発されました
11:06
to help助けて invent発明する theその drugs薬物 thatそれ cured硬化した tuberculosis結核,
結核のための 治療薬を開発するためです
11:10
andそして thoseそれら are important重要 thingsもの, don'tしない get取得する me wrong違う.
この臨床試験は重要な役割を果たしました
11:13
Theseこれら population人口 studies研究 thatそれ we've私たちは done完了 have持ってる created作成した
多くの奇跡的な薬剤が開発され
11:16
tonsトン of miracle奇跡 drugs薬物 thatそれ have持ってる saved保存された millions何百万 of lives人生,
何百万人もの命を救いました
11:17
butだけど theその problem問題 is thatそれ health健康 careお手入れ
ただ問題もあって ヘルス・ケアでは
11:20
is treating治療する us米国 asとして averages平均, notない uniqueユニークな individuals個人,
私たちを平均値で考え
一人ひとりの個人では考えないのです
11:22
becauseなぜなら at〜で theその end終わり of theその day,
結局のところ―
11:27
theその patient患者 is notない theその same同じ thingもの asとして theその population人口
患者は 臨床試験で研究された人々と
11:28
who are studied研究した. That'sそれは what's何ですか leading先導 to theその guesswork推測.
同じではないので
ここから推測に頼り始めるのです
11:31
Theその technologiesテクノロジー thatそれ are coming到来,
これから登場すると
11:35
high-performanceハイパフォーマンス computing計算, analytics分析,
話題の 高性能コンピューター
11:36
big大きい dataデータ thatそれ everyone's誰もが talking話す about,
アナリティックスやビックデータによって
11:39
will意志 allow許す us米国 to buildビルドする predictive予測的 modelsモデル forために each of us米国
私たちは 個々の患者として
11:40
asとして individual個人 patients患者.
予測モデルを得られるようになります
11:43
Andそして theその magicマジック hereここに is, experiment実験 on myじぶんの avatarアバター
あらかじめ治療をソフト上の
アバターでテストできるので
11:45
in softwareソフトウェア, notない myじぶんの body in suffering苦しみ.
私が苦しむ必要がありません
11:50
Now, I've私は had持っていました two examples I want欲しいです to quickly早く shareシェア with〜と you君は
私が経験したカスタマイズ・ケアの
11:55
of thisこの kind種類 of careお手入れ customizationカスタマイズ on myじぶんの own自分の journey.
2つの例を ご紹介しましょう
11:57
Theその first最初 wasあった quiteかなり simple単純. I finally最後に realized実現した some一部 years ago
1つ目はとても単純です
何年か前に やっと気付いたんですが
12:00
thatそれ allすべて myじぶんの medical医療 teamsチーム wereあった optimizing最適化する myじぶんの treatment処理 forために longevity長寿.
私の医療チームは余命を長くすることを
重視した治療をしていました
12:03
It'sそれは like好きな aa badgeバッジ of honor名誉 to see見る howどうやって long長いです they彼ら canできる get取得する theその patient患者 to liveライブ.
どれだけ延命させたかが
評価されるのです
12:07
I wasあった optimizing最適化する myじぶんの life生活 forために quality品質 of life生活,
私は 生活の質を重視して生きていきたいのです
12:09
andそして quality品質 of life生活 forために me means手段 time時間 in snow.
生活の質とは
私にとっては雪山を楽しむことです
12:13
Soそう on myじぶんの chartチャート, I forced強制された themそれら to put置く, "Patient患者 goalゴール:
医師たちに こんな風に書かせました「患者のゴール:
12:17
low低い doses線量 of drugs薬物 over以上 longerより長いです periods期間 of time時間,
できるだけ長い期間低用量の薬を使用すること
12:20
side effects効果 friendlyフレンドリーな to skiingスキー."
副作用で スキーを妨げないように」
12:24
Andそして I think思う that'sそれは whyなぜ I achieved達成された longevity長寿.
これが 私が長生き出来た秘訣だと思います
12:27
I think思う thatそれ time-in-snow雪の中の時間 therapy治療 wasあった asとして important重要
「雪山セラピー」は
12:29
asとして theその pharmaceuticals医薬品 thatそれ I had持っていました.
医療品と同様に重要でした
12:32
Now theその second二番 example of customizationカスタマイズ --- andそして by〜によって theその way方法,
2つ目の例の前に―
ゴールがはっきりしないと
12:34
you君は can'tできない customizeカスタマイズ careお手入れ ifif you君は don'tしない know知っている yourきみの own自分の goalsゴール,
ケアをカスタマイズできません
12:36
soそう health健康 careお手入れ can'tできない know知っている thoseそれら until〜まで you君は know知っている yourきみの own自分の health健康 careお手入れ goalsゴール.
自分でヘルス・ケアのゴールを見出すことが肝心です
12:38
Butだけど theその second二番 example I want欲しいです to give与える you君は is,
2つ目の例は―
12:41
I happened起こった to be〜する an early早い guineaモルモット pig,
早い段階で 人間モルモットになって
12:43
andそして I got持っている very非常に lucky幸運な to have持ってる myじぶんの whole全体 genomeゲノム sequencedシーケンスされた.
幸運にも 自分の全ゲノム解析を受けました
12:45
Now itそれ took取った about two weeks of processing処理
ただし インテルの高性能サーバーでも
12:48
on Intel'sインテルの highest-end最上級 serversサーバー to make作る thisこの happen起こる,
解析には約2週間掛かります
12:51
andそして another別の six6 months数ヶ月 of human人間 andそして computing計算 labor労働
更に専門家とコンピューターを駆使して
データをまとめるのに
12:53
to make作る senseセンス of allすべて of thatそれ dataデータ.
6ヶ月かかりました
12:56
Andそして at〜で theその end終わり of allすべて of thatそれ, they彼ら said前記, "Yesはい,
最終的に分かったのは
「確かに
12:59
thoseそれら diagnoses診断 of thatそれ clash衝突 of medical医療 titansタイタンズ
何年も前に 大先生たちが議論して下した
13:02
allすべて of thoseそれら years ago wereあった wrong違う,
診断は 間違っていて
13:04
andそして we我々 have持ってる aa betterより良い pathパス forward前進."
私たちには より良い未来が待っています」と
13:06
Theその future未来 thatそれ Intel'sインテルの workingワーキング on now is to figure数字 outでる
インテルが開発している未来とは
13:09
howどうやって to make作る thatそれ computing計算 forために personalizedパーソナライズド medicine医学
個別の医療に 使用するコンピュータの
13:11
go行く fromから months数ヶ月 andそして weeks to even偶数 hours時間,
分析にかかる時間を数ヶ月や数週間から
数時間に短縮し
13:13
andそして make作る thisこの kind種類 of toolツール available利用可能な,
こんなツールを実用化することです
13:17
notない justちょうど in theその mainframesメインフレーム of tier-one層1 research研究 hospitals病院 aroundまわり theその world世界,
世界中の 一流 研究病院のメインフレームだけでなく―
13:19
butだけど in theその mainstream主流 --- everyすべて patient患者, everyすべて clinic診療所
全ての患者 全てのクリニックで
13:22
with〜と accessアクセス to whole全体 genomeゲノム sequencingシークエンシング.
全ゲノム解析を可能にすることです
13:25
Andそして I telltell you君は, thisこの kind種類 of careお手入れ customizationカスタマイズ
このような 人々の目標や
13:27
forために everythingすべて fromから yourきみの goalsゴール to yourきみの genetics遺伝学
遺伝学まで包括した カスタマイズ・ケアは
13:30
will意志 be〜する theその most最も game-changingゲームを変える transformation変換
私たちが生きている間のヘルス・ケアに
13:33
thatそれ we我々 witness証人 in health健康 careお手入れ during our我々の lifetime一生.
最も大きな変容を もたらすでしょう
13:34
Soそう theseこれら three pillars of personal個人的 health健康,
パーソナル・ヘルスの3つの柱―
13:38
careお手入れ anywhereどこでも, careお手入れ networkingネットワーキング, careお手入れ customizationカスタマイズ,
「どこでもケア」「ネットワークでケア」
「カスタマイズ・ケア」
13:41
are happeningハプニング in pieces作品 now,
これは少しずつ 始まっていますが
13:44
butだけど thisこの visionビジョン will意志 completely完全に fail失敗します ifif we我々 don'tしない stepステップ upアップ
介護者や患者である私たちが ステップ・アップして
13:45
asとして caregivers介護者 andそして asとして patients患者 to take取る on new新しい roles役割.
新しい役割を担わないと
完全な失敗に終わるでしょう
13:49
It'sそれは what myじぶんの friend友人 Vernaヴェルナ said前記:
友人のヴァーナはこう言いました
13:53
Wake目覚め upアップ andそして take取る controlコントロール of yourきみの health健康.
目を覚まして自分の健康を管理しなさい
13:54
Becauseなぜなら at〜で theその end終わり of theその day theseこれら technologiesテクノロジー
結局は テクノロジーとは
13:57
are simply単に about people caring思いやりのある forために otherその他 people
人々が 他人や自分をケアするときの
13:58
andそして ourselves自分自身 in some一部 powerful強力な new新しい ways方法.
新しくてパワフルな手段にすぎないのです
14:02
Andそして it'sそれは in thatそれ spirit精神 thatそれ I want欲しいです to introduce紹介する you君は
そこで 最後にもう一人
14:05
to one1 last最終 friend友人, very非常に quickly早く.
友人を簡単にご紹介します
14:07
Traceyトレーシー Gamleyガムレー stepped足踏みした upアップ to give与える me theその impossible不可能 kidney腎臓
トレイシー・ギャムレーは
移植不可能と言われた 私に
14:10
thatそれ I wasあった never決して supposed想定される to have持ってる.
腎臓を提供してくれました
14:13
(Applause拍手)
(拍手)
14:18
Soそう Traceyトレーシー, justちょうど telltell us米国 aa little少し bitビット quickly早く about what theその donorドナー experience経験 wasあった like好きな with〜と you君は.
トレイシー 簡単にドナーとしての
経験をお話しいただけますか
14:34
Traceyトレーシー Gamleyガムレー: Forために me, itそれ wasあった really本当に easy簡単.
トレイシー・ギャムレー: とても簡単なことでした
14:39
I onlyのみ had持っていました one1 night in theその hospital病院.
入院はたったの一晩だけでした
14:41
Theその surgery手術 wasあった done完了 laparoscopically腹腔鏡下で,
手術は腹腔鏡下で行われて―
14:43
soそう I have持ってる justちょうど five very非常に small小さい scars傷跡 on myじぶんの abdomen腹部,
腹部に5つの小さな傷が残っただけです
14:44
andそして I had持っていました four4つの weeks away離れて fromから work作業
4週間 仕事を休みましたが
14:48
andそして went行った backバック to doingやっている everythingすべて I'd私は done完了 before
その後は 元通りの生活に戻りました
14:50
withoutなし anyどれか changes変更.
何の変化もありません
14:52
EDエド: Wellよく, I probably多分 will意志 never決して get取得する aa chanceチャンス to sayいう thisこの to you君は
ED: こんな大勢の観客の前で 貴女にお話しする機会は
14:53
in suchそのような aa large audience聴衆 everこれまで again再び.
もう二度と来ないと思います
14:56
Soそう "thank感謝 you君は" feel感じる likes好きな人 aa really本当に trite台無し wordワード,
「ありがとう」という言葉は陳腐に感じますが―
14:58
butだけど thank感謝 you君は fromから theその bottom of myじぶんの heartハート forために saving貯蓄 myじぶんの life生活.
私の命を救ってくれて 本当にありがとう
15:01
(Applause拍手)
(拍手)
15:04
Thisこの TEDテッド stageステージ andそして allすべて of theその TEDテッド stagesステージ
このTEDステージと全てのTEDステージは
15:10
are oftenしばしば about celebrating祝う innovation革新
発明や新しいテクノロジーを
15:12
andそして celebrating祝う new新しい technologiesテクノロジー,
称える場です
15:15
andそして I've私は done完了 thatそれ hereここに today今日,
今回 この目標を達成できました
15:16
andそして I've私は seen見た amazing素晴らしい thingsもの coming到来 fromから TEDテッド speakersスピーカー,
TEDスピーカの話には本当に驚かされます
15:18
I mean平均, myじぶんの goshうんざり, artificial人工的な kidneys腎臓, even偶数 printable印刷可能な kidneys腎臓, thatそれ are coming到来.
今後 人工腎臓やプリンタで作る腎臓が登場するでしょう
15:21
Butだけど until〜まで suchそのような time時間 thatそれ theseこれら amazing素晴らしい technologiesテクノロジー
そんな素晴らしいテクノロジーが
15:25
are available利用可能な to allすべて of us米国, andそして even偶数 whenいつ they彼ら are,
一般に普及するまで
あるいはその日が来たとしても―
15:28
it'sそれは upアップ to us米国 to careお手入れ forために, andそして even偶数 saveセーブ, one1 another別の.
お互いケアすること
命を救うことが重要です
15:31
I hope希望 you君は will意志 go行く outでる andそして make作る personal個人的 health健康 happen起こる
パーソナル・ヘルスを自分のため
皆のために
15:35
forために yourselvesあなた自身 andそして forために everyoneみんな. Thanksありがとう soそう muchたくさん.
実現してもらいたいと願っています
ありがとうございました
15:38
(Applause拍手)
(拍手)
15:42
Translated by Mari Arimitsu
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

Eric Dishman - Social scientist
Eric Dishman does health care research for Intel -- studying how new technology can solve big problems in the system for the sick, the aging and, well, all of us.

Why you should listen

Eric Dishman is an Intel Fellow and general manager of Intel's Health Strategy & Solutions Group. He founded the product research and innovation team responsible for driving Intel’s worldwide healthcare research, new product innovation, strategic planning, and health policy and standards activities.

Dishman is recognized globally for driving healthcare reform through home and community-based technologies and services, with a focus on enabling independent living for seniors. His work has been featured in The New York Times, Washington Post and Businessweek, and The Wall Street Journal named him one of “12 People Who Are Changing Your Retirement.” He has delivered keynotes on independent living for events such as the annual Consumer Electronics Show, the IAHSA International Conference and the National Governors Association. He has published numerous articles on independent living technologies and co-authored government reports on health information technologies and health reform.

He has co-founded organizations devoted to advancing independent living, including the Technology Research for Independent Living Centre, the Center for Aging Services Technologies, the Everyday Technologies for Alzheimer’s Care program, and the Oregon Center for Aging & Technology.

More profile about the speaker
Eric Dishman | Speaker | TED.com