English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2005

Ashraf Ghani: How to rebuild a broken state

アシュラフガニによる崩壊国家の再建について

Filmed
Views 816,161

アシュラフガニによる、崩壊国家再建のための経済投資と発明構想の重要性についての熱演、そしてTED管理者であるクリスアンダーソンとアフガニスタンの未来について語る。

- President-elect of Afghanistan
Ashraf Ghani, Afghanistan’s new president-elect, and his opponent, Abdullah Abdullah, will share power in a national unity government. He previously served as Finance Minister and as a chancellor of Kabul University. Full bio

Aa publicパブリック, Deweyデューイ long長いです ago observed観察された,
デューイはその昔、社会とは
00:25
is constituted構成された throughを通して discussion討論 andそして debateディベート.
討論により構成されているものだと見聞しました。
00:28
Ifif we我々 are to callコール theその tyranny専制 of assumptions仮定 into question質問,
想定による圧制について疑問を投げかけ、
00:32
andそして avoid避ける doxaドクサ, theその realmレルム of theその unquestioned疑いのない,
そして審問されないままのドクサを避けるためには、
00:38
then次に we我々 must必須 be〜する willing喜んで to subject主題 our我々の own自分の assumptions仮定
私たち自身が持つ仮定を、討論や話し合いに
00:42
to debateディベート andそして discussion討論.
さらさなければなりません。
00:45
Itそれ is in thisこの spirit精神 thatそれ I join参加する into aa discussion討論
なので私はここで討論を用いて、
00:49
of one1 of theその criticalクリティカルな issues問題 of our我々の time時間,
今の時代の大切な問題、つまり
00:54
namelyすなわち, howどうやって to mobilize動員する different異なる formsフォーム of capital資本
様々な形式の資本をどのように国家建設のために
00:57
forために theその projectプロジェクト of state状態 building建物.
流通させるのかについて話したいと思います。
01:01
To put置く theその assumptions仮定 very非常に clearlyはっきりと:
その仮定を明確にします。
01:03
capitalism資本主義, after 150 years, has持っている become〜になる acceptable許容可能な,
150年経ち、資本主義は受け入れられるようになり、
01:06
andそして soそう has持っている democracy民主主義.
民主主義も好まれるようになりました。
01:11
Ifif we我々 looked見た in theその world世界 of 1945
1945年の世界を覗いて、
01:13
andそして looked見た at〜で theその map地図 of capitalist資本主義者 economies経済 andそして democratic民主的 polities政治,
資本主義経済と民主主義国家の地図をみると、
01:17
they彼ら wereあった theその rareまれな exception例外, notない theその norm規範.
これらが当時は異例だった事が分かります。
01:22
Theその question質問 now, howeverしかしながら,
しかし、ここでの疑問は
01:27
is bothどちらも about whichどの form of capitalism資本主義
どの形式の資本主義で
01:29
andそして whichどの typeタイプ of democratic民主的 participation参加.
そしてどの形式の民主主義かという事です。
01:34
Butだけど we我々 must必須 acknowledge認める
認識しなければならないのは、
01:38
thatそれ thisこの moment瞬間 has持っている brought持ってきた about
今この瞬間に、
01:40
aa rareまれな consensusコンセンサス of assumptions仮定.
珍しく想定に関して意見の一致がある事です。
01:42
Andそして thatそれ provides提供する theその ground接地
そしてその一致は行動への
01:45
forために aa typeタイプ of actionアクション,
基盤となるのです。
01:48
becauseなぜなら consensusコンセンサス of each moment瞬間
なぜならその瞬間ごとにある意見の一致が
01:50
allows許す us米国 to act行為.
行動につながるからです。
01:52
Andそして itそれ is necessary必要, noいいえ matter問題 howどうやって fragile壊れやすい
そしてどんなにもろく、
01:54
orまたは howどうやって provisional our我々の consensusコンセンサス,
一時的な意見の一致だとしても
01:57
to be〜する ableできる to move動く forward前進.
前に進まなければいけません。
02:00
Butだけど theその majority多数 of theその world世界
世界の大半が
02:02
neitherどちらも benefits利点 fromから capitalism資本主義
資本主義や民主主義から
02:05
norまた fromから democratic民主的 systemsシステム.
利益を得るわけではないのです。
02:07
Most最も of theその globeグローブ
世界のほとんどで
02:13
experiences経験 theその state状態 asとして repressive抑圧的な,
抑圧的な国家に統治されたことがあり、
02:15
asとして an organization組織 thatそれ is concerned心配している
そういった国家の懸念は
02:19
about denial拒否 of rights権利,
権利の拒否や、
02:22
about denial拒否 of justice正義,
正当性の否定であり、
02:24
ratherむしろ thanより provision準備 of itそれ.
それらの支持ではないのです。
02:26
Andそして in terms条項 of experience経験 of capitalism資本主義,
そして資本主義の経験の中には、
02:30
thereそこ are two aspects側面
2つの局面があり
02:33
thatそれ theその rest残り of theその globeグローブ experiences経験.
残りの世界はそれを経験します。
02:35
First最初, extractive抽出性の industry業界.
まず最初に、搾取産業です。
02:37
Blood血液 diamondsダイヤモンド, smuggled密輸 emeraldsエメラルド,
紛争ダイアモンド、密輸されたエメラルド、
02:39
timber木材,
木材、
02:42
thatそれ is cutカット right fromから under theその poorest最貧.
最も貧しい場所から切りだされたもの。
02:45
Second二番 is technicalテクニカル assistance支援.
次に技術支援です。
02:48
Andそして technicalテクニカル assistance支援 mightかもしれない shockショック you君は,
びっくりするかもしれませんが、技術支援は
02:51
butだけど it'sそれは theその worst最悪 form
現代において最低で
02:53
of --- today今日 --- of theその ugly醜い face
見苦しい形での
02:55
of theその developed発展した world世界 to theその developing現像 countries.
発展国から発展途上国への支援なのです。
02:58
Tens数十 of billions何十億 of dollarsドル
何十億ものドルが
03:02
are supposedly恐らく spent過ごした on building建物 capacity容量
能力構築のため払われていると想像され、
03:04
with〜と people who are paid支払った upアップ to 1,500 dollarsドル aa day,
そのため1日で最高1500ドル払われる人がいますが、
03:06
who are incapable不可能な
彼らは時に
03:10
of thinking考え creatively創造的,
創造的あるいは組織的に
03:12
orまたは organically有機的に.
考える事ができない人達です。
03:14
Next assumption仮定 ---
次の想定−−
03:20
andそして of courseコース theその eventsイベント of July7月 7,
そして7月7日の出来事について、
03:22
I express表現する myじぶんの deep深い sympathy同情, andそして before thatそれ, September9月 11 ---
深い同情を感じ、そしてその前に9月11日が
03:24
have持ってる reminded思い出した us米国
思い出させてくれるのは、私たちが
03:27
we我々 do行う notない liveライブ in three different異なる worlds世界.
3つの違った世界に住んでいるのではないという事です。
03:29
We我々 liveライブ in one1 world世界.
1つの世界に住んでいるのです。
03:32
Butだけど that'sそれは easily簡単に said前記.
でもそれを言うのは簡単です。
03:36
Butだけど we我々 are notない dealing対処する with〜と theその implications意義
私たちはその1つの世界が暗示するものを
03:39
of theその one1 world世界 thatそれ we我々 are living生活 in.
扱っているのではありません。
03:42
Andそして thatそれ is thatそれ ifif we我々 want欲しいです to have持ってる one1 world世界,
そして、もし1つの世界を持つ事を望むなら
03:46
thisこの one1 world世界 cannotできない be〜する basedベース
その世界の基盤として
03:49
on huge巨大 pocketsポケット of exclusion除外,
大規模な排除や
03:51
andそして then次に inclusion包含 forために some一部.
その他への包括があってはいけません。
03:54
We我々 must必須 now finally最後に come来る
今、最終的に私たちが
03:56
to think思う about theその premises施設
真剣に考えなければいけないのは
03:58
of aa truly真に globalグローバル world世界,
真の国際的な世界の前提について、
04:00
in relationship関係 to theその regime体制 of rights権利
そしてその世界での権利、
04:02
andそして responsibilities責任 andそして accountabilities説明責任
そして責任や責務の
04:04
thatそれ are truly真に globalグローバル in scope範囲.
国際的な管理体制を視野に入れることです。
04:07
Otherwiseさもないと we我々 will意志 be〜する missing行方不明
そうしなければ、私たちは
04:09
thisこの open開いた moment瞬間 in history歴史,
この歴史で開かれた瞬間を、
04:12
whereどこで we我々 have持ってる aa consensusコンセンサス
私たちの意見が
04:14
on bothどちらも theその form of politics政治
政治そして
04:16
andそして theその form of economics経済.
経済の体制について一致する瞬間を逃してしまうのです。
04:18
What is one1 of theseこれら organizations組織 to pickピック?
そのうち、どの組織を選べばよいのでしょう?
04:21
We我々 have持ってる three criticalクリティカルな terms条項:
重要な条件が3つあります
04:23
economy経済,
経済、
04:25
civil市民 society社会
市民社会、
04:27
andそして theその state状態.
そして国家。
04:29
I will意志 notない deal対処 with〜と thoseそれら first最初 two, exceptを除いて to sayいう
最初の2つについては話しませんが、
04:31
thatそれ uncritical重要でない transfer転送 of assumptions仮定,
いいかげんに想定を
04:34
fromから one1 contextコンテキスト to another別の,
1つの状況から他へと移動させると
04:37
canできる onlyのみ make作る forために disaster災害.
それは大惨事になる事は言っておきます。
04:39
Economics経済
経済ですが、
04:42
taught教えた in most最も of theその eliteエリート universities大学
ほとんどのエリート大学で教えられているものは
04:45
are practically事実上 useless役に立たない in myじぶんの contextコンテキスト.
私の背景からは、全く意味の無いものです。
04:48
Myじぶんの country is dominated支配
私の国は
04:51
by〜によって drugドラッグ economy経済 andそして aa mafiaマフィア.
マフィアや麻薬による経済に支配されています。
04:53
Textbook教科書 economics経済 doesする notない work作業 in myじぶんの contextコンテキスト,
教科書にある経済はこのような状況では意味がありませんし、
04:56
andそして I have持ってる very非常に few少数 recommendationsおすすめ fromから anybody
誰も、どのようにして
04:58
asとして to howどうやって to put置く together一緒に aa legal法的 economy経済.
合法的な経済を組み立てればいいか教えてくれません。
05:01
Theその poverty貧困 of our我々の knowledge知識
私たちの知識の貧しさは
05:04
must必須 become〜になる theその first最初 basis基礎
前に進む最初の基盤に
05:06
of moving動く forward前進,
ならなければいけません。
05:08
andそして notない imposition面付け of theその frameworkフレームワーク
数学的なモデルを土台にして取り組む構想の
05:10
thatそれ works作品 on theその basis基礎 of mathematical数学 modelingモデリング,
負担になってはいけません。
05:13
forために whichどの I have持ってる enormous巨大な respect尊敬.
尊敬はしていますが。
05:16
Myじぶんの colleagues同僚 at〜で Johnsジョンズ Hopkinsホップスキンズ wereあった among theその bestベスト.
ジョンホプキンスにいる仲間は特に素晴らしいです。
05:18
Second二番,
そして2つ目に、
05:22
instead代わりに of debating議論する endlessly無限に
終わらない討論をして、
05:24
about what is theその structure構造 of theその state状態,
国家の体制について話すよりも、
05:27
whyなぜ don'tしない we我々 simplify簡略化する
もっと簡潔にして
05:29
andそして sayいう, what are aa seriesシリーズ of functions機能
訪ねるのです。どのような機能が
05:31
thatそれ theその state状態 in theその 21stセント century世紀 must必須 perform実行する?
21世紀の国家に必要なのか?
05:33
Clareクレア Lockhartロックハート andそして I are writing書き込み aa book on thisこの;
クレアロックハートと私はこれについて本を書いているので
05:36
we我々 hope希望 to shareシェア thatそれ muchたくさん widely広く with〜と ---
皆さんと分け合えたらと思っています。
05:39
andそして third三番 is thatそれ we我々 couldできた actually実際に construct構成する an index索引
そして3つめに、実際に指標を作成するのです。
05:41
to measure測定 comparatively比較的
比較しながら
05:44
howどうやって wellよく theseこれら functions機能 thatそれ we我々 would〜する agree同意する on
必要だと合意された機能が様々な場所で
05:47
are beingであること performed実行した in different異なる places場所.
どのように機能しているか測るのです。
05:50
Soそう what are theseこれら functions機能?
その機能とは一体、何でしょう?
05:52
We我々 propose提案する 10.
私たちから10の提案があります。
05:54
Andそして it'sそれは legitimate合法的 monopoly独占 of means手段 of violence暴力,
まず合法的な暴力手段の独占、
05:56
administrative行政 controlコントロール, management管理 of publicパブリック finances財政,
行政管理、財政管理、
05:59
investment投資 in human人間 capital資本, provision準備 of citizenship市民権 rights権利,
人的資本への投資、市民の権利の確保、
06:02
provision準備 of infrastructureインフラ,
インフラストラクチャーの供給、
06:05
management管理 of theその tangible有形 andそして intangible無形 assets資産 of theその state状態
規則を通した上での国家の有体・無体資産の管理、
06:07
throughを通して regulation規制, creation創造 of theその market市場,
市場の創出、そして
06:10
international国際 agreements契約, includingを含む publicパブリック borrowing借りる,
公的債務を含めた国際協定、
06:12
andそして then次に, most最も importantly重要なこと, ruleルール of law法律.
そして最も大切なのは、法の支配です。
06:15
I won't〜されません elaborate精巧な.
それについては詳しく話しません。
06:18
I hope希望 theその questions質問 will意志 give与える me an opportunity機会.
質問の際に話す機会があるでしょう。
06:20
Thisこの is aa feasible実行可能な goalゴール,
これらは実現可能な目標なのです。
06:23
basically基本的に becauseなぜなら, contrary反対の to widespread広範囲 assumption仮定,
なぜなら、一般的な推測に反していますが、
06:25
I would〜する argue主張する thatそれ we我々 know知っている howどうやって to do行う thisこの.
どのように実現できるのか私たちは知っているのです。
06:28
Who would〜する have持ってる imagined想像した thatそれ Germanyドイツ
誰が想像できたでしょう、ドイツが
06:31
would〜する be〜する eitherどちらか unitedユナイテッド orまたは democratic民主的 today今日,
今現在、統一された民主国家になることを。
06:33
ifif you君は looked見た at〜で itそれ fromから theその perspective視点 of Oxfordオックスフォード of 1943?
もしも1943年のオックスフォードの視点から見ていたら無理だと言っていたでしょう。
06:36
Butだけど people at〜で Oxfordオックスフォード prepared準備された forために aa democratic民主的 Germanyドイツ
しかしオックスフォードの人達はドイツの民主化に備えていたし、
06:41
andそして engaged従事する in planningプランニング.
計画にも力を入れていたのです。
06:44
Andそして thereそこ are lotsロット of otherその他 examples.
他にも例はたくさんあります。
06:47
Now in order注文 to do行う thisこの --- andそして thisこの bringsもたらす thisこの groupグループ ---
それを実現するためには、重要になるのが、
06:51
we我々 have持ってる to rethink再考する theその notion概念 of capital資本.
資本の概念について考え直さなければなりません。
06:55
Theその least少なくとも important重要 form of capital資本, in thisこの projectプロジェクト,
この計画の中で最も重要さにかける資本の形は
06:58
is financial金融 capital資本 --- moneyお金.
金融資本、つまりお金です。
07:02
Moneyお金 is notない capital資本 in most最も of theその developing現像 countries.
ほとんどの発展途上国で、お金は資本ではありません。
07:06
It'sそれは justちょうど cash現金.
ただの現金なのです。
07:09
Becauseなぜなら itそれ lacks欠けている theその institutional制度的,
というのは、お金は制度的、
07:11
organizational組織的, managerial経営者 formsフォーム
組織的、管理的な形状に欠けるため、
07:13
to turn順番 itそれ into capital資本.
資本にならないのです。
07:16
Andそして what is required必須
必要なのは
07:19
is aa combination組み合わせ of physical物理的 capital資本,
肉体資本や
07:22
institutional制度的 capital資本, human人間 capital資本 ---
制度資本、人的資本、
07:24
andそして securityセキュリティ, of courseコース, is criticalクリティカルな,
保安のバランスが大切なのです。
07:26
butだけど soそう is information情報.
しかし情報も大切です。
07:29
Now, theその issue問題 thatそれ should〜すべき concern懸念 us米国 hereここに ---
ここで気にかけるべきなのは、
07:31
andそして that'sそれは theその challengeチャレンジ
これこそが
07:34
thatそれ I would〜する like好きな to poseポーズ to thisこの groupグループ ---
先ほどの資本達に提起したい難問ですが、
07:36
is again再び, itそれ takesテイク 16 years
16年かかって
07:40
in yourきみの countries
あなた達の国では
07:43
to produce作物 somebody誰か with〜と aa Bb.Ss. degree.
やっと理学士の学位がとれるのです。
07:46
Itそれ takesテイク 20 years
そして20年かかってから
07:49
to produce作物 somebody誰か with〜と aa Phph.Dd.
ようやく博士号を取る事ができます。
07:51
Theその first最初 challengeチャレンジ is to rethink再考する,
ここでの難問は、
07:53
fundamentally根本的に,
根本的に
07:56
theその issue問題 of theその time時間.
時間の問題を考え直さなければいけません。
07:59
Do行う we我々 need必要 to repeat繰り返す
私たちが相続したモダリティーを
08:02
theその modalitiesモダリティ thatそれ we我々 have持ってる inherited継承されました?
繰り返す必要があるのでしょうか?
08:06
Our我々の educational教育的 systemsシステム are inherited継承されました fromから theその 19thth century世紀.
教育制度は19世紀から受け継いだものです。
08:08
What is itそれ thatそれ we我々 need必要 to do行う fundamentally根本的に
根本的に、もう一度
08:14
to re-engage再従事する in aa projectプロジェクト,
力を入れて、迅速な
08:17
thatそれ capital資本 formation形成 is rapid迅速な?
資本創出するには何をしなければいけないのでしょう?
08:19
Theその absolute絶対の majority多数 of theその world's世界の population人口
世界の人口の絶対多数が
08:22
are below以下 20,
20才以下で、
08:25
andそして they彼ら are growing成長する larger大きい andそして fasterもっと早く.
速い速度で増え続けています。
08:27
They彼ら need必要 different異なる ways方法
彼らには違った形で
08:31
of beingであること approachedアプローチした,
アプローチする必要があります。
08:33
different異なる ways方法 of beingであること enfranchisedエンフランチャイズされた,
それぞれの方法で参政権を得たり、
08:35
different異なる ways方法 of beingであること skilled熟練.
それぞれに合った技術の学び方があるのです。
08:38
Andそして that'sそれは theその first最初 thingもの.
それがまず最初。
08:40
Second二番 is, you'reあなたは problem問題 solversソルバー,
2つめに、あなたは問題を解決したくても、
08:42
butだけど you'reあなたは notない engaging魅力的 yourきみの globalグローバル responsibility責任.
国際的な責任にしっかり目を向けていないのです。
08:45
You'veあなたは stayed滞在した away離れて
離れたままで
08:50
fromから theその problems問題 of corruption腐敗.
汚職を見逃してきたのです。
08:52
You君は onlyのみ want欲しいです cleanクリーン environments環境 in whichどの to function関数.
機能できる汚れなき場所が欲しいだけなのです。
08:54
Butだけど ifif you君は don'tしない think思う throughを通して theその problems問題 of corruption腐敗,
でもあなたが汚職について考えなければ
08:57
who will意志?
誰が考えるのでしょう?
09:00
You君は stay滞在 away離れて fromから design設計 forために development開発.
あなたは開発の企画からも離れてしまっているのです。
09:03
You'reあなたは greatすばらしいです designersデザイナー,
素晴らしい企画者なのに、
09:06
butだけど yourきみの designsデザイン are selfish利己的.
自分勝手な企画しかしないのです。
09:09
It'sそれは forために yourきみの own自分の immediate即時 useつかいます.
自分の為になることだけです。
09:12
Theその world世界 in whichどの I operate操作する
私がいる世界で、
09:15
operates動作する with〜と designsデザイン
デザインは
09:18
regarding〜に関して roads道路, orまたは damsダム,
道、ダム、そして
09:20
orまたは provision準備 of electricity電気
電気供給のための役割があるのに、
09:22
thatそれ have持ってる notない beenされている revisited再訪された in 60 years.
60年間改訂されなかったのです。
09:24
Thisこの is notない right. Itそれ requires要求する thinking考え.
おかしな事です。もっと考える必要があるのです。
09:28
Butだけど, particularly特に, what we我々 need必要
でも、特に私たちにとって
09:31
moreもっと thanより anything何でも elseelse fromから thisこの groupグループ
資本の中で他のなによりも必要なのは
09:33
is yourきみの imagination想像力
あなたの想像力が
09:35
to be〜する brought持ってきた to bearくま on problems問題
問題に影響を与え、
09:37
theその way方法 aa memeミーム is supposed想定される to work作業.
ミームのように機能するという事です。
09:39
Asとして theその work作業 on paradigmsパラダイム, long長いです time時間 ago showed示した ---
昔、パラダイムについての研究 --
09:43
Thomasトーマス Kuhn'sクーンズ work作業 ---
トーマス クーンの研究が唱えたように
09:46
it'sそれは in theその intersection交差点 of ideasアイデア
アイデアの交差点で
09:48
thatそれ new新しい developments開発 ---
新しい発展が
09:50
true真実 breakthroughsブレークスルー --- occur発生する.
本当の意味でやっと生まれるのです。
09:52
Andそして I hope希望 thatそれ thisこの groupグループ
このグループが
09:54
would〜する be〜する ableできる to deal対処 with〜と theその issue問題 of state状態 andそして development開発
国家や開発と向き合い、そして
09:56
andそして theその empowermentエンパワーメント of theその majority多数 of theその world's世界の poor貧しい,
世界中の多くの貧しい人々の活性化を
09:59
throughを通して thisこの means手段.
この方法で行ってくれる事を願っています。
10:01
Thank感謝 you君は.
ありがとうございます。
10:03
(Applause拍手)
(拍手)
10:05
Chrisクリス Andersonアンダーソン: Soそう, Ashrafアスシュート, until〜まで recently最近,
アシュラフ、最近まで
10:14
you君は wereあった theその financeファイナンス minister大臣 of Afghanistanアフガニスタン,
アフガニスタンの財務大臣をやっていたそうですが、
10:17
aa country right at〜で theその middle中間
世界で
10:19
of muchたくさん of theその world's世界の agenda議題.
議題になっている国ですよね。
10:21
Is theその country gonna行くつもり make作る itそれ?
これからこの国はどうなるのでしょう?
10:23
Will意志 democracy民主主義 flourish繁栄する? What scares恐怖 you君は most最も?
民主主義は広がるんでしょうか?あなたは何が一番怖い事だと思いますか?
10:25
Ashrafアスシュート Ghaniガニ: What scares恐怖 me most最も is --- is you君は,
私が最も恐れてるのは --あなたです。
10:29
lack欠如 of yourきみの engagementエンゲージメント.
あなたが真剣に取り組んでいない事。
10:32
(Laughter笑い)
(笑い声)
10:35
You君は asked尋ねた me. You君は know知っている I always常に give与える theその unconventional独創的ではない answer回答.
聞いたのはあなたでしょ?私はいつも変わった答え方をしてしまうんです。
10:39
Noいいえ. Butだけど seriously真剣に,
いえ、でもこれは本当です。
10:42
theその issue問題 of Afghanistanアフガニスタン
アフガニスタンの問題は
10:44
first最初 has持っている to be〜する seen見た asとして,
まず最初に
10:46
at〜で least少なくとも, aa 10-- to 20-year-年 perspective視点.
10年から20年の期間を視野に入れて考えなければなりません。
10:48
Today今日 theその world世界 of globalizationグローバリゼーション
現代でのグローバリゼーションは
10:52
is on speed速度.
急速に進んでいます。
10:54
Time時間 has持っている beenされている compressed圧縮された.
時間は収縮されてしまったのです。
10:56
Andそして spaceスペース doesする notない exist存在する forために most最も people.
空間というのは多くの人にとって、存在しないも同然です。
10:58
Butだけど in myじぶんの world世界 ---
でも私の世界では
11:01
you君は know知っている, whenいつ I went行った backバック to Afghanistanアフガニスタン after 23 years,
23年経ってからアフガニスタンに戻ったときは、
11:03
spaceスペース had持っていました expanded拡張された.
空間は広がっていたのです。
11:06
Everyすべて conceivable考えられる form of infrastructureインフラ had持っていました broken壊れた downダウン.
もともとあったインフラはすべて崩壊していたのです。
11:08
I rode乗った --- traveled旅行した ---
運転したときも
11:11
travel旅行 betweenの間に two cities都市 thatそれ used中古 to take取る three hours時間
昔は3時間で行けたはずの2つの都市なのに
11:13
now took取った 12.
今では12時間もかかってしまいます。
11:16
Soそう theその first最初 is whenいつ theその scale規模 is thatそれ,
まず最初に、そのようなスケールの場合に
11:18
we我々 need必要 to recognize認識する
認識しなければいけないのは
11:21
thatそれ justちょうど theその simple単純 thingsもの thatそれ are infrastructureインフラ ---
インフラのようにシンプルに思える事でも
11:23
itそれ takesテイク six6 years to deliver配信する infrastructureインフラ.
完成するのに6年はかかるという事です。
11:26
In our我々の world世界.
私達の世界ではの話です。
11:28
Anyどれか meaningful意味のある sortソート of thingもの.
重要な事はすべて同じです。
11:30
Butだけど theその modalityモダリティ of attention注意,
でも注目されるのは
11:33
orまたは what is happeningハプニング today今日, what's何ですか happeningハプニング tomorrow明日.
今日や明日に起こっている事ばかりです。
11:36
Second二番 is,
2つめに
11:39
whenいつ aa country has持っている beenされている subjected被害者
国が、
11:41
to one1 of theその most最も immense巨大, brutal残忍な formsフォーム of exercise運動 of powerパワー ---
大規模かつ残忍な権力に属していた時、
11:44
we我々 had持っていました theその Red Army
国には赤軍が
11:47
forために 10 continuous連続 years,
連続して10年間もいて
11:49
110,000 strong強い,
11万の兵を抱えていたのです。
11:51
literally文字通り terrorizing恐ろしい.
本当に恐ろしかったです。
11:54
Theその sky:
空‥
11:57
everyすべて Afghanアフガン
すべてのアフガニスタン人は
11:59
sees見える theその sky asとして aa sourceソース of fear恐れ.
空を恐怖として見るのです。
12:02
We我々 wereあった bombed爆撃された
爆弾により
12:06
practically事実上 outでる of existence存在.
存在を消されてしまったも同然です。
12:08
Then次に, tens数十 of thousands of people wereあった trained訓練された in terrorismテロ ---
そして何万人もの人々がテロの訓練を受けたのです--
12:13
fromから allすべて sides両側.
いろいろな側面から。
12:18
Theその Unitedユナイテッド States, Greatすばらしいです Britain英国, joined参加した forために instanceインスタンス,
例えば、アメリカ合衆国やイギリスは
12:20
Egyptianエジプト人 intelligenceインテリジェンス serviceサービス
エジプトの情報機関に参加し、
12:22
to train列車 thousands of people
何千人もの人々を
12:24
in resistance抵抗 andそして urban都市 terrorismテロ.
都市テロに備えて訓練しました。
12:26
Howどうやって to turn順番 aa bicycle自転車
どのようにして自転車を
12:30
into an instrument計器 of terrorテロ.
テロの道具にかえてしまうか。
12:32
Howどうやって to turn順番 aa donkeyロバ, aa carthorseカートホース, anything何でも.
ロバや荷馬車など、何でもそうです。
12:35
Andそして theその Russiansロシア人, equally均等に.
ロシアも同じです。
12:38
Soそう, whenいつ violence暴力 erupts噴火
暴力が起こると、
12:40
in aa country like好きな Afghanistanアフガニスタン,
アフガニスタンのような国では
12:42
it'sそれは becauseなぜなら of thatそれ legacy遺産.
歴史のせいだと言えます。
12:44
Butだけど we我々 have持ってる to understandわかる
しかし理解しないといけないのは
12:46
thatそれ we've私たちは beenされている incredibly信じられないほど lucky幸運な.
私たちは実は幸運に恵まれて来たという事です。
12:48
I mean平均, I really本当に can'tできない believe信じる howどうやって lucky幸運な I am午前 hereここに,
私は信じられないくらいに、
12:50
standing立っている in frontフロント of you君は, speaking話し中.
皆さんの前で話ができるのを幸運に思います。
12:53
Whenいつ I joined参加した asとして financeファイナンス minister大臣,
私が財務大臣になった時、
12:56
I thought思想 thatそれ theその chancesチャンス of myじぶんの living生活 moreもっと thanより three years
3年以上生きられる確率は
13:00
would〜する notない be〜する moreもっと thanより five percentパーセント.
5%未満だと思っていました。
13:03
Thoseそれら wereあった theその risksリスク. They彼ら wereあった worth価値 itそれ.
そのリスクは、価値のあるものでした。
13:07
I think思う we我々 canできる make作る itそれ,
私たちなら出来るのです。
13:10
andそして theその reason理由 we我々 canできる make作る itそれ
なぜ出来るかと言うと、
13:12
is becauseなぜなら of theその people.
人々のおかげです。
13:14
You君は see見る, becauseなぜなら, I mean平均 --- I give与える you君は one1 statistic統計.
なぜか -- 統計の例をあげましょう。
13:16
91 percentパーセント of theその men男性 in Afghanistanアフガニスタン,
アフガニスタンでは91%の男性と、
13:19
86 percentパーセント of theその women女性,
86%の女性が
13:21
listen聴く to at〜で least少なくとも three radio無線 stations aa day.
1日で最低3つのラジオ局を聞いています。
13:23
In terms条項 of their彼らの discourse談話,
論議や、
13:27
in terms条項 of their彼らの sophistication洗練 of knowledge知識 of theその world世界,
世界に対しての知識は
13:30
I think思う thatそれ I would〜する dareあえて sayいう,
私から見ると
13:33
they're彼らは muchたくさん moreもっと sophisticated洗練された
とても洗練されていて
13:36
thanより rural農村 Americansアメリカ人 with〜と collegeカレッジ degrees
大学を卒業したアメリカ人や
13:38
andそして theその bulkバルク of Europeansヨーロッパ人 ---
一部のヨーロッパの人よりも優れているでしょう。
13:43
becauseなぜなら theその world世界 matters問題 to themそれら.
なぜかというと世界は彼らにとってとても重要だからです。
13:47
Andそして what is their彼らの predominant支配的 concern懸念?
そして彼らの最も心配な事とは何か?
13:50
Abandonment放棄.
見捨てられる事です。
13:52
Afghansアフガン人 have持ってる become〜になる deeply深く internationalist国際主義者.
アフガニスタン人はとても国際主義になりました。
13:54
You君は know知っている, whenいつ I went行った backバック in December12月 of 2001,
2001年の12月に帰ったときには、
13:58
I had持っていました absolutely絶対に noいいえ desire慾望 to work作業 with〜と theその Afghanアフガン government政府
アフガニスタンの政府と仕事をする気など、全くありませんでした。
14:00
becauseなぜなら I'd私は lived住んでいました asとして aa nationalistナショナリスト.
私は国家主義だったからです。
14:03
Andそして I told言った themそれら --- myじぶんの people, with〜と theその Americansアメリカ人 hereここに ---
私の国の人とアメリカ人は、別々だと
14:05
separate別々の.
その時言いました。
14:08
Yesはい, I have持ってる an advisory勧告 positionポジション with〜と theその Uあなた.Nn.
私は国際連合で諮問役をしています。
14:10
I went行った throughを通して 10 Afghanアフガン provinces very非常に rapidly急速に.
急速にアフガニスタンで10州を訪れました。
14:13
Andそして everybodyみんな wasあった telling伝える me itそれ wasあった aa different異なる world世界.
人々は口をそろえて、ここは違う世界だと言いました。
14:15
You君は know知っている, they彼ら engage従事する.
彼らは真剣に取り組んでいるのです。
14:18
They彼ら see見る engagementエンゲージメント, globalグローバル engagementエンゲージメント,
そして彼らにとって、世界レベルで力を入れ取り組むことが
14:20
asとして absolutely絶対に necessary必要 to theその future未来 of theその ordinary普通の people.
平凡な人々の未来にとって、とても重要な事なのです。
14:23
Andそして theその thingもの thatそれ theその ordinary普通の Afghanアフガン is most最も concerned心配している with〜と is ---
そして平凡なアフガニスタン人が心配しているのは --
14:26
Clareクレア Lockhartロックハート is hereここに,
クレア ロックハートという人がここにいるのですが、
14:29
soそう I'll私はよ recite暗唱する aa discussion討論 she彼女 had持っていました
彼女がアフガニスタン北地方の読み書きの出来ない
14:31
with〜と an illiterate文盲 woman女性 in Northern北部 Afghanistanアフガニスタン.
女の人と話したことをここで引用させてもらいます --
14:33
Andそして thatそれ woman女性 said前記 she彼女 didn'tしなかった careお手入れ
その女の人は、テーブルに食べ物が
14:36
whetherかどうか she彼女 had持っていました foodフード on her彼女 table.
あるかはもう気にしていないと言いました。
14:38
What she彼女 worried心配している about wasあった whetherかどうか thereそこ wasあった aa plan計画 forために theその future未来,
彼女が心配していたのは未来の計画についてでした。
14:40
whereどこで her彼女 children子供 couldできた really本当に have持ってる aa different異なる life生活.
彼女の子供達が違う生活をできる未来があるかという事。
14:43
Thatそれ gives与える me hope希望.
私はそれに希望を感じました。
14:46
CAca: Howどうやって is Afghanistanアフガニスタン
アフガニスタンはどのようにして
14:50
going行く to provide提供する alternative代替 income所得
代わりになる収入源を提供し、
14:52
to theその manyたくさんの people
麻薬貿易により生計を立てている人達に
14:54
who are making作る their彼らの living生活 offオフ theその drugs薬物 tradeトレード?
新しい生活を与えられるのでしょう?
14:56
AGアグ: Certainly確かに. Wellよく, theその first最初 is,
そうですね。まず最初に、
14:58
instead代わりに of sending送信 aa billion dollarsドル
何億ドルものお金を送りこんで
15:00
on drugドラッグ eradication根絶
麻薬撲滅を図ったり
15:03
andそして paying払う itそれ to aa coupleカップル of securityセキュリティ companies企業,
警備保障会社に支払うのではなく、
15:05
they彼ら should〜すべき give与える thisこの hundred billion dollarsドル
そのお金を
15:08
to 50
50の
15:10
of theその most最も critically批判的に innovative革新的な companies企業 in theその world世界
世界中で最も改新的な会社に支払い、
15:13
to ask尋ねる themそれら to create作成する one1 million百万 jobsジョブ.
その会社に百万人分の仕事を生み出すように頼むべきです。
15:17
Theその keyキー to theその drugドラッグ eradication根絶 is jobsジョブ.
麻薬撲滅へのキーは仕事なのです。
15:20
Look見える, there'sそこに aa very非常に little少し known既知の fact事実:
ここで、あまりよく知られていない事実ですが、
15:22
countries thatそれ have持ってる aa legal法的 average平均 income所得 per〜ごと capita一人 of 1,000 dollarsドル
一人当たりの所得が1000ドル以上の国は
15:24
don'tしない produce作物 drugs薬物.
麻薬を生産していないのです。
15:27
Second二番, textile繊維.
2つめは繊維工業です。
15:31
Tradeトレード is theその keyキー, notない aid援助.
重要なのは貿易であり、援助であありません。
15:34
Theその Uあなた.Ss. andそして Europeヨーロッパ
アメリカとヨーロッパは
15:37
should〜すべき give与える us米国 aa zeroゼロ percentパーセント tariff関税.
関税をゼロにするべきです。
15:39
Theその textile繊維 industry業界 is incredibly信じられないほど mobileモバイル.
繊維工業は可動性の強い工業です。
15:41
Ifif you君は want欲しいです us米国 to be〜する ableできる to compete競争する with〜と China中国 andそして to attract引き付ける investment投資,
もしアフガニスタンに、中国と競争し投資を誘致出来るようになって欲しいなら
15:44
we我々 couldできた probably多分 attract引き付ける
アフガニスタンはきっと
15:47
four4つの to six6 billion dollarsドル
40−60億ドル程、
15:49
quiteかなり easily簡単に in theその textile繊維 sectorセクタ,
簡単に繊維工業に引きつけられるでしょう。
15:51
ifif thereそこ wasあった zeroゼロ tariffs関税 ---
もし関税がなければの話です。
15:53
would〜する create作成する theその typeタイプ of jobジョブ.
そして仕事も生み出されるでしょう。
15:55
Cottonコットン doesする notない compete競争する with〜と opiumアヘン;
綿ではアヘンに勝てません。
15:58
aa t-shirtTシャツ doesする.
Tシャツでなら勝負ができるのです。
16:01
Andそして we我々 need必要 to understandわかる, it'sそれは theその value chain.
それが価値連鎖だという事を理解する必要があります。
16:04
Look見える, theその ordinary普通の Afghanアフガン is sick病気 andそして tired疲れた
いいですか、平凡なアフガニスタン人は
16:07
of hearing聴覚 about microcreditマイクロクレジット.
マイクロクレジットについてもう聞き飽きています。
16:10
Itそれ is important重要,
大切な事ですが、
16:13
butだけど what theその ordinary普通の women女性 andそして men男性 who engage従事する in micro-productionマイクロ生産 want欲しいです
マイクロクレジットを受けている平凡な人々はもっと大規模な
16:15
is globalグローバル accessアクセス.
世界に参加する事を望んでいます。
16:18
They彼ら don'tしない want欲しいです to sell売る to theその charity慈善団体 bazaarsバザー
チャリティーバザーで売る事は望んでませんし、
16:21
thatそれ are onlyのみ forために foreigners外国人 ---
そこでは外国人しか買いにきてくれません。
16:25
andそして theその same同じ bloody血まみれの shirtシャツ
そして同じシャツを
16:27
embroidered刺繍 time時間 andそして again再び.
何度も刺繍することも望んでないのです。
16:30
What we我々 want欲しいです is aa partnershipパートナーシップ
私たちが欲しいのはパートナーシップであり、
16:32
with〜と theその Italianイタリアの design設計 firms企業.
イタリアのデザイン会社と協力する事です。
16:34
Yeahええ, we我々 have持ってる theその bestベスト embroiderers刺繍者 in theその world世界!
アフガニスタンには世界で最も優れた刺繍のプロ達がいるんだから!
16:38
Whyなぜ can'tできない we我々 do行う what wasあった done完了 with〜と northern北部 Italyイタリア?
イタリアの北地方で行われた事がなぜ私たちはできないのでしょう?
16:42
With〜と theその Put置く Outでる systemシステム?
問屋制家内工業のように?
16:44
Soそう I think思う economically経済的に,
経済的には
16:48
theその criticalクリティカルな issue問題 really本当に is to now think思う throughを通して.
重要なのはしっかり考え抜く事です。
16:50
Andそして what I will意志 sayいう hereここに is thatそれ aid援助 doesn'tしない work作業.
そして私は、援助は意味がないとここできっぱり言います。
16:53
You君は know知っている, theその aid援助 systemシステム is broken壊れた.
援助のシステムはもう崩壊してしまいました。
16:56
Theその aid援助 systemシステム doesする notない have持ってる theその knowledge知識,
援助のシステムに、知識や
16:59
theその visionビジョン, theその ability能力.
ビジョン、そして才能などありません。
17:01
I'm私は allすべて forために itそれ; after allすべて, I raised育った aa lotロット of itそれ.
私は援助に賛成していました。実際にたくさん集めましたし。
17:03
Yeahええ, to be〜する exact正確, you君は know知っている,
もっと正確には、
17:06
I managed管理された to persuade説得する theその world世界 thatそれ
世界を相手に、私の国に275億ドルほど
17:08
they彼ら had持っていました to give与える myじぶんの country 27.5 billion.
援助するようにと説得する事ができたのです。
17:10
They彼ら didn'tしなかった want欲しいです to give与える us米国 theその moneyお金.
世界はお金を渡したくなかったのです。
17:12
CAca: Andそして itそれ stillまだ didn'tしなかった work作業?
なのにうまくいかなかったのですか?
17:14
AGアグ: Noいいえ. It'sそれは notない thatそれ itそれ didn'tしなかった work作業.
いいえ、援助がうまくいかなかったのではありません。
17:16
It'sそれは thatそれ aa dollarドル of privateプライベート investment投資,
それよりも、1ドルの私的投資が
17:18
in myじぶんの judgment判定,
私の判断では
17:20
is equal等しい at〜で least少なくとも to 20 dollarsドル of aid援助,
20ドルの援助と同じ価値があり
17:22
in terms条項 of theその dynamic動的 thatそれ itそれ generates生成する.
同じくらいの原動力をもたらすのです。
17:25
Second二番 is thatそれ one1 dollarドル of aid援助 couldできた be〜する 10 centsセント;
次に、1ドルの援助は10セント、
17:28
itそれ couldできた be〜する 20 centsセント;
20セント、
17:31
orまたは itそれ couldできた be〜する four4つの dollarsドル.
または4ドルとかわらないのです。
17:33
Itそれ depends依存する on what form itそれ comes来る,
どのような形式で与えられるか、そして
17:35
what degrees of conditionalities条件 are attached添付された to itそれ.
どのような条件が援助と共についてくるかによってかわるのです。
17:37
You君は know知っている, theその aid援助 systemシステム, at〜で first最初, wasあった designed設計 to benefit利益
援助システムは、最初から、利益が
17:40
entrepreneurs起業家 of theその developed発展した countries,
発展国の起業家に届くようにデザインされていて、
17:43
notない to generate生成する growth成長 in theその poor貧しい countries.
貧しい国の成長のためではなかったのです。
17:45
Andそして thisこの is, again再び, one1 of thoseそれら assumptions仮定 ---
これは、再びですが、仮定のうちの一つなのです。
17:50
theその way方法 car seats are an assumption仮定
例えば車のシートが
17:52
thatそれ we've私たちは inherited継承されました in governments政府, andそして doorsドア.
政府から受けた仮定と同じようなものです。ドアも。
17:55
You君は would〜する think思う thatそれ theその US米国 government政府
あなたなら、アメリカの政府は
17:58
would〜する notない think思う thatそれ Americanアメリカ人 firms企業 needed必要な subsidizing補助金
アメリカの会社に助成金が必要だなんて考えないと思うでしょうが、
18:00
to function関数 in developing現像 countries, provide提供する advice助言,
発展途上国で機能していくためのアドバイスなどを
18:03
butだけど they彼ら do行う.
政府は提供してるのです。
18:06
There'sそこに an entire全体 weight重量 of history歴史
多くの歴史が
18:08
vis-a-vis aid援助
援助に相対して
18:10
thatそれ now needsニーズ to be〜する reexamined再調査.
もう一度見直されなければなりません。
18:12
Ifif theその goalゴール is to buildビルドする states
目的が、国家建設で
18:14
thatそれ canできる credibly信頼できる take取る careお手入れ of themselves自分自身 ---
国がしっかり自身の責任をとれるようにする事なら
18:17
andそして I'm私は puttingパッティング thatそれ proposition命題 equally均等に;
私の提案も平等にとらえているつもりなのに
18:20
you君は know知っている I'm私は very非常に harsh厳しい on myじぶんの counterparts対応 ---
カウンターパートに対して私は厳しいですが
18:23
aid援助 must必須 end終わり
援助は終わらなければなりません。
18:26
in each country in aa definable定義可能な period期間.
それぞれの国で限定された期間のうちに。
18:29
Andそして everyすべて year thereそこ must必須 be〜する progress進捗
そして毎年なければならないのは、
18:32
on mobilization動員 of domestic国内の revenue収入
国内収入の流動と、
18:35
andそして generation世代 of theその economy経済.
経済発生の進展です。
18:38
Unless限り thatそれ kind種類 of compactコンパクト is entered入った into,
そのような契約が交わされない限り
18:41
you君は will意志 notない be〜する ableできる to sustainサスティーン theその consensusコンセンサス.
意見の一致は長く続けられないでしょう。
18:44
Translated by Hikari Fukuda
Reviewed by Takeyasu Kanke

▲Back to top

About the speaker:

Ashraf Ghani - President-elect of Afghanistan
Ashraf Ghani, Afghanistan’s new president-elect, and his opponent, Abdullah Abdullah, will share power in a national unity government. He previously served as Finance Minister and as a chancellor of Kabul University.

Why you should listen

Ashraf Ghani became Afghanistan’s new president-elect on September 21, 2014. He will share power with Abdullah Abdullah in a national unity government. 

Before Afghanistan's President Karzai asked him, at the end of 2001, to become his advisor and then Finance Minister, Ghani had spent years in academia studying state-building and social transformation, and a decade in executive positions at the World Bank trying to effect policy in these two fields. In just 30 months, he carried out radical and effective reforms (a new currency, new budget, new tariffs, etc) and was instrumental in preparing for the elections of October 2004. In 2006, he was a candidate to succeed Kofi Annan as Secretary General of the United Nations, and one year later, was put in the running to head the World Bank. He served as Chancellor of Kabul University, where he ran a program on state effectiveness. His message to the world: "Afghanistan should not be approached as a charity, but as an investment." 

With Clare Lockhart, he ran the Institute for State Effectiveness, which examines the relationships among citizens, the state and the market. The ISE advises countries, companies, and NGOs; once focused mainly on Afghanistan, its mission has expanded to cover the globe.

In 2009, Ghani ran against Hamid Karzai in the 2009 Afghani presidential elections, emphasizing the importance of government transparency and accountability, strong infrastructure and economic investment, and a merit-based political system.

 


 

More profile about the speaker
Ashraf Ghani | Speaker | TED.com