English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED1998

Billy Graham: On technology and faith

ビリー・グラハム:技術、信仰と苦しみ

Filmed
Views 1,550,134

1998年TEDでのビリー・グラハム牧師の講演。 人々の生活を向上させ、世界を変える技術の力に驚嘆する一方で、 同氏は 悪 、苦しみ 、そして死の終わりは、 世界がキリストを受け入れた時 初めて訪れると語ります。 TEDアーカイブからお届けする伝説の講演 です。

- Preacher
The Rev. Billy Graham is a religious leader with a worldwide reach. In his long career as an evangelist, he has spoken to millions and been an advisor to US presidents. Full bio

Asとして aa clergyman牧師,
聖職者である私にとって
00:37
you君は canできる imagine想像する howどうやって
ここがいかに場違いであるか
00:39
outでる of place場所 I feel感じる.
お分かりいただけるでしょうか
00:41
I feel感じる like好きな aa fish outでる of water,
まるで水から上げられた魚
00:43
orまたは maybe多分 an owlフクロウ outでる of theその air空気.
または空から下ろされたフクロウの気持ちです
00:46
(Laughter笑い)
(笑)
00:49
I wasあった preaching説教 in Sanサン Joseジョーズ some一部 time時間 ago,
サンノゼで説教をしていたとき
00:52
andそして myじぶんの friend友人 Markマーク Kvammeくま,
私の友人であるマーク・クワミ
00:55
who helped助けた introduce紹介する me
彼はこの会議に私を
00:58
to thisこの conference会議,
紹介してくれた人物ですが
01:00
brought持ってきた severalいくつかの CEOsCEO
彼を通じて
01:03
andそして leaders指導者
シリコンバレー企業の
01:05
of some一部 of theその companies企業 hereここに in theその Siliconシリコン Valley
CEOやリーダー的な人々と
01:08
to have持ってる breakfast朝ごはん with〜と me, orまたは I with〜と themそれら.
朝食ミーティングを行う機会がありました
01:11
Andそして I wasあった soそう stimulated刺激された.
その時 大きな刺激を受けたのです
01:15
Andそして had持っていました suchそのような --- itそれ wasあった an
それは非常に…まさに
01:18
eye-openingアイ開口 experience経験
目が覚めるような思いで
01:20
to hear聞く themそれら talkトーク about
彼らが 技術と科学によって
01:24
theその world世界 thatそれ is yetまだ to come来る
実現されるであろう
01:26
throughを通して technology技術
世界の将来について
01:30
andそして science科学.
語るのを聞いていました
01:32
I know知っている thatそれ we're私たちは near近く theその end終わり of thisこの conference会議,
間もなく幕を閉じるこの会議に
01:35
andそして some一部 of you君は mayかもしれない be〜する wondering不思議
宗教という分野を代表する
01:39
whyなぜ they彼ら have持ってる aa speakerスピーカー
講演者がいることを
01:41
fromから theその fieldフィールド of religion宗教.
疑問に感じている方も いらっしゃるかもしれません
01:43
Richardリチャード canできる answer回答 thatそれ,
答えは その判断を下した
01:48
becauseなぜなら he made thatそれ decision決定.
リチャードに委ねたいと思います
01:50
Butだけど some一部 years ago I wasあった on an elevatorエレベーター in Philadelphiaフィラデルフィア,
数年前 私はフィラデルフィアで下りの
01:52
coming到来 downダウン.
エレベーターに乗っていました
01:55
I wasあった to address住所 aa conference会議
ホテルで行われた
01:57
at〜で aa hotelホテル.
会議で講演をする予定でした
01:59
Andそして on thatそれ elevatorエレベーター aa manおとこ said前記,
そこに乗り合わせた男性が
02:01
"I hear聞く Billyビリー Grahamグラハム is staying滞在 in thisこの hotelホテル."
「ビリー・グラハムがこのホテルに
泊まっているそうですね」と言いました
02:03
Andそして another別の manおとこ looked見た in myじぶんの direction方向 andそして said前記,
別の男性が私の方を見て
02:06
"Yesはい, thereそこ he is. He's彼は on thisこの elevatorエレベーター with〜と us米国."
「そうですよ このエレベーターに
乗っておられます 」と言いました
02:09
Andそして thisこの manおとこ looked見た me upアップ andそして downダウン
すると最初の男性はじろじろと
02:12
forために about 10 seconds,
私を10秒ほど眺め回してから
02:14
andそして he said前記, "Myじぶんの, what an anticlimaxアンチライマックス!"
「いや これはとんだ期待外れですな!」と答えたのです
02:16
(Laughter笑い)
(笑)
02:18
I hope希望
私が願っていることは
02:23
thatそれ you君は won't〜されません feel感じる thatそれ theseこれら few少数 moments瞬間 with〜と me
あなた方にとって このひと時が
02:27
is notない aa --- is an anticlimaxアンチライマックス,
くれぐれも期待外れになりませんように
02:29
after allすべて theseこれら tremendousすばらしい
既にいくつもの素晴らしい講演を
02:32
talks交渉 thatそれ you'veあなたは heard聞いた,
お聞きになったことと 思われます
02:34
andそして addressesアドレス, whichどの I intend意図する to listen聴く to everyすべて one1 of themそれら.
私もそのすべてを拝聴したいと考えています
02:37
Butだけど I wasあった
数年前のこと
02:40
on an airplane飛行機 in theその east some一部 years ago,
私は米国東部で飛行機に乗っていました
02:43
andそして theその manおとこ sitting座っている across横断する theその aisle通路 fromから me
通路の反対側には
02:47
wasあった theその mayor市長 of Charlotteシャーロット, North Carolinaキャロライナ.
ノースキャロライナ州シャーロット市の
02:50
His name wasあった Johnジョン Belkベック. Some一部 of you君は will意志 probably多分 know知っている him.
ジョン・ベルク市長が乗っていました
ご存知かもしれません
02:52
Andそして thereそこ wasあった aa drunk酔った manおとこ on thereそこ,
同じ便には酔っ払いが乗っていて
02:56
andそして he got持っている upアップ outでる of his seatシート two orまたは three times,
二、三度と席から立ち上がっては
02:58
andそして he wasあった making作る everybodyみんな upset動揺
他の乗客の気に触るような
03:00
by〜によって what he wasあった trying試す to do行う.
事をしていたわけです
03:02
Andそして he wasあった slapping叩く theその stewardessスチュワーデス
横を通るスチュワーデスさんを触ったり
03:04
andそして pinchingつまむ her彼女 asとして she彼女 went行った by〜によって,
つねったり
03:06
andそして everybodyみんな wasあった upset動揺 with〜と him.
他の乗客を困らせていました
03:09
Andそして finally最後に, Johnジョン Belkベック said前記,
それを見たジョン・ベルクが口を開きました
03:13
"Do行う you君は know知っている who'sだれの sitting座っている hereここに?"
「あそこに座っておられる方は
誰か知っていますか?」
03:15
Andそして theその manおとこ said前記, "Noいいえ, who?"
「いやあ 誰だあ?」
03:18
He said前記, "It'sそれは Billyビリー Grahamグラハム,
「ビリー・グラハムですよ
03:20
theその preacher説教者."
宣教師の 」
03:22
He said前記, "You君は don'tしない sayいう!"
酔っ払いは「そりゃ本当か!」と答え
03:24
Andそして he turned回した to me, andそして he said前記, "Put置く her彼女 thereそこ!"
私に向かって 「握手してください!」
03:26
He said前記, "Yourきみの sermons説教 have持ってる certainly確かに helped助けた me."
「あなたのお説教で良い人間になれました」
と言いました
03:29
(Laughter笑い)
(笑)
03:32
Andそして I suppose想定する thatそれ that'sそれは true真実
他に何千人もの人々にとっても
03:40
with〜と thousands of people.
同じようなものなのかもしれません
03:42
(Laughter笑い)
(笑)
03:44
I know知っている thatそれ asとして you君は have持ってる beenされている peeringピアリング into theその future未来,
さて この場では皆さんの考える将来を垣間見ることができ
03:51
andそして asとして we've私たちは heard聞いた some一部 of itそれ hereここに tonight今晩,
それについて少しお話いただきました
03:55
I would〜する like好きな to liveライブ in thatそれ age年齢
私もその将来がどのようなものか
03:59
andそして see見る what is going行く to be〜する.
その時代に生きてみたいものです
04:02
Butだけど I won't〜されません,
でもそれはできません
04:05
becauseなぜなら I'm私は 80 years old古い. Thisこの is myじぶんの eightieth第80 year,
私は今年で80歳になりましたので
04:07
andそして I know知っている thatそれ myじぶんの time時間 is brief簡潔な.
残された時間が少ないことは分かっています
04:10
I have持ってる phlebitis静脈炎 at〜で theその moment瞬間, in bothどちらも legs,
現在 両脚が静脈炎を起こしており
04:15
andそして that'sそれは theその reason理由 thatそれ I had持っていました to have持ってる aa little少し help助けて in getting取得 upアップ hereここに,
この台に上る時も少し手伝って頂きました
04:18
becauseなぜなら I have持ってる Parkinson'sパーキンソン病 disease疾患
それに加え パーキンソン病も
04:21
in addition添加 to thatそれ,
患っていますし
04:22
andそして some一部 otherその他 problems問題 thatそれ I won't〜されません talkトーク about.
話題にはしませんが 他の障害もあります
04:24
(Laughter笑い)
(笑)
04:27
Butだけど thisこの is notない theその first最初 time時間
ただ 人類にとっての技術革命は
04:29
thatそれ we've私たちは had持っていました aa technological技術的 revolution革命.
これが初めてのことではありません
04:31
We've私たちは had持っていました othersその他.
他にもありました
04:36
Andそして there'sそこに one1 thatそれ I want欲しいです to talkトーク about.
ここで一つ取り上げたいと思います
04:38
In one1 generation世代,
たった一世代の間に
04:42
theその nation国家 of theその people of Israelイスラエル
イスラエル国民国家は
04:44
had持っていました aa tremendousすばらしい andそして dramatic劇的 change変化する
劇的で飛躍的な変化を遂げ
04:47
thatそれ made themそれら aa greatすばらしいです powerパワー in theその Near近く East.
近東における偉大な強国となりました
04:51
Aa manおとこ by〜によって theその name of Davidデビッド
ダビデという男が
04:55
came来た to theその throne王位,
王座につき
04:57
andそして Kingキング Davidデビッド becameなりました one1 of theその greatすばらしいです leaders指導者
ダビデ王はその世代屈指の
04:59
of his generation世代.
リーダーとなりました
05:02
He wasあった aa manおとこ of tremendousすばらしい leadershipリーダーシップ.
彼は素晴らしい統率力を有する人物でした
05:07
He had持っていました theその favor好意 of God with〜と him.
彼は神の恩恵を受けていました
05:10
He wasあった aa brilliantブリリアント poet詩人,
彼は才能あふれる詩人
05:13
philosopher哲学者, writerライター, soldier兵士 ---
哲学者 物書き 兵士であり
05:17
with〜と strategies戦略 in battle戦い andそして conflict紛争
彼が編み出した戦い・紛争における戦略は
05:21
thatそれ people study調査 even偶数 today今日.
今日も研究の対象となっています
05:24
Butだけど about two centuries世紀 before Davidデビッド,
しかし ダビデより約2世紀前に生きた
05:27
theその Hittitesヒッテイツ
ヒッタイト人は
05:31
had持っていました discovered発見された theその secret秘密
鉄の製錬と加工という
05:33
of smelting製錬 andそして processing処理 of iron,
技法を編み出し
05:35
andそして, slowlyゆっくり, thatそれ skillスキル spread普及.
その技術は徐々に広まっていきました
05:39
Butだけど they彼ら wouldn'tしないだろう allow許す theその Israelisイスラエル人
でもイスラエル人が
05:41
to look見える into itそれ, orまたは to have持ってる anyどれか.
その技術を検討したり 手にすることは許されませんでした
05:44
Butだけど Davidデビッド changedかわった allすべて of thatそれ,
しかし ダビデはそれを全て変え
05:48
andそして he introduced導入された theその Iron Age年齢
イスラエルに鉄器時代を
05:50
to Israelイスラエル.
もたらしました
05:52
Andそして theその Bible聖書 says言う thatそれ Davidデビッド laid敷かれた upアップ greatすばらしいです stores店舗 of iron,
聖書には ダビデが大量の鉄を蓄えたとありますが
05:54
andそして whichどの archaeologists考古学者 have持ってる found見つけた,
その蓄えは考古学者が
05:58
thatそれ in present-day現代 Palestineパレスチナ,
今日のパレスチナで発見し
06:00
thereそこ are evidences証拠 of thatそれ generation世代.
その世代の証拠となっています
06:02
Now, instead代わりに of crude原油 toolsツール
このように 粗末な
06:06
made of sticksスティック andそして stones,
枝や小石の器具の代わりに
06:09
Israelイスラエル now had持っていました iron plows,
イスラエルは鉄製の
06:12
andそして sickles, andそして hoes
すきや 鎌や くわや
06:15
andそして military軍事 weapons兵器.
武器を手にしました
06:17
Andそして in theその courseコース of one1 generation世代,
そしてたった一世代のうちに
06:20
Israelイスラエル wasあった completely完全に changedかわった.
イスラエルは一変しました
06:23
Theその introduction前書き of iron, in some一部 ways方法,
鉄の導入は ある意味で
06:26
had持っていました an impact影響
マイクロチップが我々の世代に
06:29
aa little少し bitビット like好きな theその microchipマイクロチップ
与えたと類似の
06:32
has持っている had持っていました on our我々の generation世代.
影響をもたらしたといえるでしょう
06:34
Andそして
そして
06:41
Davidデビッド found見つけた
ダビデは技術が解決できない問題も
06:43
thatそれ thereそこ wereあった manyたくさんの problems問題 thatそれ technology技術 couldできた notない solve解決する.
数多くあることに気がついたのです
06:45
Thereそこ wereあった manyたくさんの problems問題 stillまだ left.
まだ多くの問題が残りました
06:49
Andそして they're彼らは stillまだ with〜と us米国, andそして you君は haven't持っていない solved解決した themそれら,
それらの問題は今でさえ 未解決のまま残されています
06:54
andそして I haven't持っていない heard聞いた anybody hereここに speak話す to thatそれ.
そしてこの会議でさえ これらの問題を取り上げるスピーチは聞かれません
06:57
Howどうやって do行う we我々 solve解決する theseこれら three problems問題
さて 私が取り上げたい次の三つの問題は
07:01
thatそれ I'd私は like好きな to mention言及?
いかに解決するべきでしょう?
07:03
Theその first最初 one1 thatそれ Davidデビッド saw見た
ダビデが取り上げた一つ目の問題は
07:06
wasあった human人間 evil悪の.
人間の悪です
07:08
Whereどこで doesする itそれ come来る fromから?
それはどこから来るのでしょう?
07:10
Howどうやって do行う we我々 solve解決する itそれ?
どのように解決できるでしょう?
07:13
Over以上 again再び andそして again再び
英国の大政治家 グラッドストーンが
07:15
in theその Psalms詩篇,
世界で最も素晴らしい本と呼ぶ聖書の詩篇で
07:17
whichどの Gladstoneグラストン said前記 wasあった theその greatest最大 book in theその world世界,
ダビデは人間の悪について
07:19
Davidデビッド describes説明する theその evils of theその human人間 raceレース.
何度も繰り返し語っています
07:24
Andそして yetまだ he says言う,
その一方で彼は
07:27
"He restoresリストア myじぶんの soul."
「主は私の魂を生き返らせてくださる」と言っています
07:29
Have持ってる you君は everこれまで thought思想 about what aa contradiction矛盾 we我々 are?
人間とはなんと矛盾に満ちた存在なのでしょう
07:32
On one1 handハンド, we我々 canできる probeプローブ theその deepest最も深い secrets秘密 of theその universe宇宙
我々は 宇宙の奥深くにある秘密を探り
07:35
andそして dramatically劇的に push押す backバック theその frontiersフロンティア of technology技術,
技術の未開拓分野を劇的に押し広げています
07:39
asとして thisこの conference会議 vividly鮮やかに demonstrates説明する.
この会議がその証拠です
07:43
We've私たちは seen見た under theその sea,
我々は 海底3マイルを
07:48
three milesマイル downダウン,
探査し
07:50
orまたは galaxies銀河 hundreds数百 of billions何十億 of years
何兆年も先の銀河を
07:52
outでる in theその future未来.
観測することができます
07:55
Butだけど on theその otherその他 handハンド,
しかし そのかたわら
07:58
something何か is wrong違う.
何かが狂っているのです
08:01
Our我々の battleships戦艦,
我々の戦艦
08:05
our我々の soldiers兵隊,
我々の兵士たちは
08:07
are on aa frontierフロンティア now,
今 前線におかれ
08:09
almostほぼ ready準備完了 to go行く to war戦争
イラクとの戦争に
08:11
with〜と Iraqイラク.
備えています
08:13
Now, what causes原因 thisこの?
それは何に起因するのでしょう?
08:15
Whyなぜ do行う we我々 have持ってる theseこれら wars戦争 in everyすべて generation世代,
なぜ どの世代でも 世界のどの地域でも
08:17
andそして in everyすべて part of theその world世界?
戦争が起こり
08:20
Andそして revolutions回転?
革命が起こるのでしょう?
08:23
We我々 can'tできない get取得する along一緒に with〜と otherその他 people,
我々は友好を保つことができません
08:26
even偶数 in our我々の own自分の families家族.
家族内で揉めることさえあります
08:28
We我々 find見つける ourselves自分自身 in theその paralyzing麻痺する gripグリップ
我々はこの自滅的な習慣に囚われ
08:30
of self-destructive自己破壊的 habits習慣 we我々 can'tできない breakブレーク.
麻痺した状態にあります
08:32
Racism人種差別主義 andそして injustice不正 andそして violence暴力 sweepスイープ our我々の world世界,
この世界には人種差別と不正行為と暴力が蔓延り
08:36
bringing持参 aa tragic悲劇的な harvest収穫 of heartache心痛 andそして death.
心痛と死という悲劇的な結果をもたらしています
08:39
Even偶数 theその most最も sophisticated洗練された among us米国
最高に洗練された人物さえもが
08:45
seem思われる powerless力のない to breakブレーク thisこの cycleサイクル.
この悪循環を前に無力な抵抗をするばかりです
08:47
I would〜する like好きな to see見る Oracleオラクル
オラクル社がこの問題に取り組んだところで
08:50
take取る upアップ thatそれ,
解決できる問題でしょうか
08:52
orまたは
または
08:55
some一部 otherその他
その他の
08:58
technological技術的 geniuses天才 work作業 on thisこの.
技術的天才ならどうでしょうか
09:00
Howどうやって do行う we我々 change変化する manおとこ,
嘘をつかず ずるをしないよう
09:04
soそう thatそれ he doesn'tしない lie嘘つき andそして cheatカンニング,
人間を変えるには
09:08
andそして our我々の newspapers新聞 are notない filled満たされた with〜と stories物語
新聞から溢れかえる記事が
09:10
of fraud詐欺 in businessビジネス orまたは labor労働
ビジネスや労働やスポーツにおける不正行為の
09:13
orまたは athletics陸上競技 orまたは whereverどこにでも?
類のものにならないようには どうすればよいのでしょう
09:15
Theその Bible聖書 says言う theその problem問題 is within以内 us米国,
聖書には 問題は我々の中にあると
09:20
within以内 our我々の hearts andそして our我々の souls.
我々の心 そして魂の中にあると書かれています
09:24
Our我々の problem問題 is thatそれ we我々 are separated分離された
我々の問題とは
09:27
fromから our我々の Creator創作者,
我々が 造物主 つまりは神と呼ぶ存在から
09:29
whichどの we我々 callコール God,
離れてしまっていることで
09:32
andそして we我々 need必要 to have持ってる our我々の souls restored復元された,
魂を復旧させる必要があるということです
09:34
something何か onlyのみ God canできる do行う.
それは神にしかできないことです
09:39
Jesusイエス said前記, "Forために outでる of theその heartハート
イエスは 「悪い思い すなわち
09:41
come来る evil悪の thoughts思考:
殺人 姦淫
09:43
murders殺人, sexual性的 immorality不道徳,
不品行 盗み
09:45
theft盗難, false testimonies証言,
偽証 誹りは
09:48
slander中傷."
心の中から出てくる 」と言われました
09:51
Theその Britishイギリス人 philosopher哲学者 Bertrandベルトラン Russellラッセル
イギリスの哲学者 バートランド・ラッセルは
09:53
wasあった notない aa religious宗教的 manおとこ,
宗教的な人ではありませんでしたが
09:55
butだけど he said前記, "It'sそれは in our我々の hearts thatそれ theその evil悪の lies,
「悪は我々の心の中に宿うもの
09:58
andそして it'sそれは fromから our我々の hearts
我々の心から
10:01
thatそれ itそれ must必須 be〜する plucked抜かれた outでる."
それを摘み取らなければならない」と言いました
10:03
Albertアルバート Einsteinアインシュタイン ---
アルベルト・アインシュタインは...
10:06
I wasあった justちょうど talking話す to someone誰か, whenいつ I wasあった speaking話し中 at〜で Princetonプリンストン,
プリンストン大学で講演を行った時
10:08
andそして I met会った
私はアインシュタインに
10:11
Mr. Einsteinアインシュタイン.
出会いました
10:13
He didn'tしなかった have持ってる aa doctor's医者 degree, becauseなぜなら he said前記
彼は博士号を修得しておらず その理由は
10:15
nobody誰も wasあった qualified修飾された to give与える him one1.
誰もそれを彼に授与する資格がないからだと説明しました
10:17
(Laughter笑い)
(笑)
10:19
Butだけど he made thisこの statementステートメント.
でも彼はこう提言しました
10:23
He said前記, "It'sそれは easierより簡単に to denature変性 plutoniumプルトニウム
「人間の邪悪な心を変えるより
10:25
thanより to denature変性 theその evil悪の spirit精神 of manおとこ."
プルトニウムの性質を変える方がやさしい」と
10:28
Andそして manyたくさんの of you君は, I'm私は sure確かに,
勿論あなた方のなかにも
10:31
have持ってる thought思想 about thatそれ
こうしたことについて考え
10:33
andそして puzzled困惑 over以上 itそれ.
頭を悩ませられた方が多くいらっしゃることでしょう
10:35
You'veあなたは seen見た people
人間の中には
10:37
take取る beneficial有益 technological技術的 advances進歩,
便利な技術的発展
10:39
suchそのような asとして theその Internetインターネット we've私たちは heard聞いた about tonight今晩,
例えば今晩はインターネットについて聞きましたが
10:42
andそして twistねじれ themそれら into something何か corrupting腐敗する.
それを歪めて悪用する人達がいます
10:44
You'veあなたは seen見た brilliantブリリアント people devise考案する computerコンピューター virusesウイルス
才能溢れる人々がコンピューターウィルスを作り上げ
10:48
thatそれ bring持参する downダウン whole全体 systemsシステム.
システム全体を取り壊すこともあります
10:51
Theその Oklahomaオクラホマ Cityシティ bombing爆撃 wasあった simple単純 technology技術,
オクラホマシティ連邦ビル爆破事件は簡単な技術の
10:54
horribly恐ろしく used中古.
恐ろしい応用です
10:57
Theその problem問題 is notない technology技術.
問題は技術ではないのです
11:00
Theその problem問題 is theその person orまたは persons usingを使用して itそれ.
問題は その技術を利用する人や人々なのです
11:02
Kingキング Davidデビッド said前記
ダビデ王は
11:07
thatそれ he knew知っていた theその depths深さ of his own自分の soul.
自分の魂の奥深さが分かっていると語っています
11:09
He couldn'tできなかった free無料 himself彼自身 fromから personal個人的 problems問題
つまりは殺人や不倫といった個人的な問題
11:12
andそして personal個人的 evils
そして個人的な悪から
11:15
thatそれ included含まれる murder殺人 andそして adultery姦通.
逃れることができなかったのです
11:18
Yetまだ Kingキング Davidデビッド sought求められた God's神の forgiveness許し,
それでもダビデ王は神の赦しを請い
11:21
andそして said前記, "You君は canできる restoreリストア myじぶんの soul."
「あなたは私の魂を生き返らせてくださる」と言っています
11:23
You君は see見る, theその Bible聖書 teaches教える
つまり 聖書の教えによると
11:26
thatそれ we're私たちは moreもっと thanより aa body andそして aa mindマインド.
我々は身体と頭脳だけではありません
11:29
We我々 are aa soul.
我々は魂であるのです
11:33
Andそして there'sそこに something何か inside内部 of us米国
そして 我々の理解を超える
11:36
thatそれ is beyond超えて our我々の understanding理解.
何かが我々の中にあるのです
11:39
That'sそれは theその part of us米国 thatそれ yearns憧れ
その部分こそが
11:42
forために God, orまたは something何か moreもっと
神を渇望する または
11:45
thanより we我々 find見つける in technology技術.
技術以上のものを求める部分であるのです
11:48
Yourきみの soul is thatそれ part of you君は thatそれ
あなたの魂とは あなたの中で
11:51
yearns憧れ forために meaning意味 in life生活,
人生の意味を渇望する部分
11:53
andそして whichどの seeksシークする forために something何か beyond超えて thisこの life生活.
この命を超えた先の何かを求める部分なのです
11:55
It'sそれは theその part of you君は thatそれ yearns憧れ, really本当に, forために God.
あなたの中の まさに神を渇望する部分なのです
11:58
I find見つける [thatそれ] young若い people allすべて over以上 theその world世界
私は世界中の若者達が
12:00
are searching検索 forために something何か.
何かを求めている姿を目にしています
12:02
They彼ら don'tしない know知っている what itそれ is. I speak話す at〜で manyたくさんの universities大学,
彼等はそれが何か分からないのです
私は多くの大学で講演し
12:05
andそして I have持ってる manyたくさんの questions質問 andそして answer回答 periods期間, andそして
質疑応答も何度も行ってきました
12:08
whetherかどうか it'sそれは Cambridgeケンブリッジ, orまたは Harvardハーバード,
そしてケンブリッジでもハーバードでも
12:11
orまたは Oxfordオックスフォード ---
オックスフォードでも...
12:13
I've私は spoken話された at〜で allすべて of thoseそれら universities大学.
あらゆる大学で講演を行ってきました
12:15
I'm私は going行く to Harvardハーバード in about three orまたは four4つの ---
ハーバードにはまた3、4ヵ月後...
12:17
noいいえ, it'sそれは about two months数ヶ月 fromから now ---
いや 2ヶ月後に
12:19
to give与える aa lecture講義.
講演に行く予定です
12:21
Andそして I'll私はよ be〜する asked尋ねた theその same同じ questions質問 thatそれ I wasあった asked尋ねた
おそらく前回と同じような
12:23
theその last最終 few少数 times I've私は beenされている thereそこ.
質問を受けることでしょう
12:25
Andそして it'llそれはよ be〜する on
そして
12:28
theseこれら questions質問:
次のような内容のものとなるでしょう
12:30
whereどこで didした I come来る fromから? Whyなぜ am午前 I hereここに? Whereどこで am午前 I going行く?
自分はどこからきたのか?なぜここにいるのか?どこへ行くのか?
12:32
What's何ですか life生活 allすべて about? Whyなぜ am午前 I hereここに?
生きることとは?なぜここにいるのか?
12:35
Even偶数 ifif you君は have持ってる noいいえ religious宗教的 belief信念,
まったく宗教的な信仰を持たない人でも
12:39
thereそこ are times whenいつ you君は wonderワンダー thatそれ there'sそこに something何か elseelse.
他に何かあるのではないかと考えることはあるものです
12:41
Thomasトーマス Edisonエジソン alsoまた、 said前記,
トーマス・エジソンは
12:44
"Whenいつ you君は see見る everythingすべて thatそれ happens起こる in theその world世界 of science科学,
「科学の世界で起こる全てのことや
12:47
andそして in theその workingワーキング of theその universe宇宙,
宇宙の仕組みを見ると
12:50
you君は cannotできない deny否定する thatそれ there'sそこに aa captainキャプテン on theその bridgeブリッジ."
船橋には船長がいることを拒否することはできない 」
と語っています
12:52
I remember思い出す once一度,
ある時
12:56
I sat座っている beside Mrs夫人. Gorbachevゴルバチョフ
ホワイトハウスの夕食会で
12:58
at〜で aa White House dinnerディナー.
ゴルバチョフ夫人の隣に席に着いたことがあります
13:00
I went行った to Ambassador大使 Dobryninドブリンニン, whom I knew知っていた very非常に wellよく.
私はロシアのドブルイニン駐米大使のことを存じ上げており
13:03
Andそして I'd私は beenされている to Russiaロシア severalいくつかの times under theその Communists共産主義者,
共産党が政権を握っていた時代のロシアを訪問した際も
13:05
andそして they'd彼らは given与えられた me marvelous素晴らしい freedom自由 thatそれ I didn'tしなかった expect期待する.
同氏のおかげで全く予期していなかった程
自由に行動することが許されました
13:09
Andそして I knew知っていた Mr. Dobryninドブリンニン very非常に wellよく,
そのドブルイニン大使とは親しい仲であったので
13:15
andそして I said前記,
こう尋ねました
13:17
"I'm私は going行く to sit座る beside Mrs夫人. Gorbachevゴルバチョフ tonight今晩.
「今晩 ゴルバチョフ夫人の隣に座る予定ですが
13:19
What shall〜する I talkトーク to her彼女 about?"
どんな話題が良いでしょうか 」
13:22
Andそして he surprised驚いた me with〜と theその answer回答.
すると驚くような答えが戻ってきました
13:24
He said前記, "Talkトーク to her彼女 about religion宗教 andそして philosophy哲学.
「宗教と哲学の話が良いでしょう
13:26
That'sそれは what she's彼女は really本当に interested興味がある in."
あの方は非常に興味を持っていますから 」
13:29
I wasあった aa little少し bitビット surprised驚いた, butだけど thatそれ eveningイブニング
少し驚きましたが その晩は
13:32
that'sそれは what we我々 talked話した about,
宗教と哲学について話し合い
13:35
andそして itそれ wasあった aa stimulating刺激する conversation会話.
非常に刺激的な会話となりました
13:37
Andそして afterwardその後, she彼女 said前記,
その後で夫人は
13:39
"You君は know知っている, I'm私は an atheist無神論者,
「私は無神論者ですけれども
13:41
butだけど I know知っている thatそれ there'sそこに something何か upアップ thereそこ
私達よりも高度な何かが
13:43
higher高い thanより we我々 are."
存在するということは信じています 」
とおっしゃいました
13:45
Theその second二番 problem問題
ダビデ王が気づいた
13:48
thatそれ Kingキング Davidデビッド realized実現した he couldできた notない solve解決する
二つ目の問題とは
13:50
wasあった theその problem問題 of human人間 suffering苦しみ.
人間の苦しみという問題は解決できないということです
13:54
Writing書き込み theその oldest最も古い book in theその world世界 wasあった Jobジョブ,
世界でもっとも古い本であるヨブ記には
13:56
andそして he said前記,
こう記されています
13:59
"Manおとこ is bornうまれた unto〜へ troubleトラブル asとして theその sparks火花 fly飛ぶ upward上向き."
「人が生まれて悩みを受けるのは
火の粉が上に飛ぶに等しい 」
14:01
Yesはい, to be〜する sure確かに, science科学 has持っている done完了 muchたくさん to push押す backバック
確かに 科学は人間が一部の苦しみに
14:05
certainある typesタイプ of human人間 suffering苦しみ.
抵抗するという意味では 非常に役立っています
14:08
Butだけど I'm私は ---
ですが私は...
14:11
in aa few少数 months数ヶ月, I'll私はよ be〜する 80 years of age年齢.
あと数ヶ月で私は80歳になります
14:13
I admit認める thatそれ I'm私は very非常に grateful感謝する
長年にわたり
14:16
forために allすべて theその medical医療 advances進歩
比較的健康な人生を送ることができたのも
14:18
thatそれ have持ってる kept保管 me in relatively比較的 good良い health健康
医学の進歩のおかげだと
14:20
allすべて theseこれら years.
感謝しています
14:22
Myじぶんの doctors医師 at〜で theその Mayoマヨネーズ Clinic診療所 urged促された me
メイヨー・クリニックの担当医には
14:24
notない to take取る thisこの trip旅行 outでる hereここに to thisこの --- to be〜する hereここに.
今回の会議への出張は取りやめるよう 言われてきました
14:26
I haven't持っていない given与えられた aa talkトーク in nearlyほぼ four4つの months数ヶ月.
実はここ四ヶ月ほど 全く講演を行っていませんでした
14:30
Andそして whenいつ you君は speak話す asとして muchたくさん asとして I do行う,
私のように 一日に
14:35
three orまたは four4つの times aa day,
3、4回講演することに慣れていると
14:37
you君は get取得する rustyさびた.
どうも鈍ってしまうものです
14:39
That'sそれは theその reason理由 I'm私は usingを使用して thisこの podium表彰台
それで今回はこの講演台を使用し
14:41
andそして usingを使用して theseこれら notesノート.
メモも手にしています
14:43
Everyすべて time時間 you君は everこれまで hear聞く me on theその televisionテレビ orまたは somewhereどこかで,
テレビなどで私の講演を
聞かれたことがあるかもしれませんが
14:46
I'm私は ad-libbing広告リビング.
それはいつもアドリブでした
14:49
I'm私は notない reading読書. I never決して read読む an address住所.
文章を読んではいません
演説を決して読むことはありません
14:51
I never決して read読む aa speechスピーチ orまたは aa talkトーク orまたは aa lecture講義.
スピーチや講演や講義などを
読んだことは一度もありません
14:55
I talkトーク ad広告 liblib.
いつもアドリブなのです
14:59
Butだけど tonight今晩, I've私は
しかし今晩は
15:01
got持っている some一部 notesノート hereここに soそう thatそれ ifif
メモを用意しています
15:03
I beginベギン to forget忘れる,
万が一 忘れてしまったときのため
15:05
whichどの I do行う sometimes時々,
たまに忘れることもありますから
15:07
I've私は got持っている something何か I canできる turn順番 to.
そんな時に参考にするためです
15:10
Butだけど even偶数 hereここに among us米国,
話を戻しますと 私達の間でも
15:13
most最も ---
最も
15:17
in theその most最も advanced高度な society社会 in theその world世界,
世界の最先端の社会でも
15:21
we我々 have持ってる poverty貧困.
貧困が存在します
15:24
We我々 have持ってる families家族 thatそれ self-destruct自己破壊,
自滅してしまう家族があり
15:26
friends友達 thatそれ betray裏切る us米国.
我々を裏切る友人がいます
15:29
Unbearable耐え難い psychological心理的 pressures圧力 bearくま downダウン on us米国.
耐え難い心理的圧力が重くのしかかっています
15:31
I've私は never決して met会った aa person in theその world世界
この世界に生きる人で
15:34
thatそれ didn'tしなかった have持ってる aa problem問題
悩み事や心配事を持たない人になど
15:36
orまたは aa worry心配.
出会ったことはありません
15:38
Whyなぜ do行う we我々 suffer苦しむ? It'sそれは an age-old古くから question質問
なぜ我々は苦しむのでしょう?これは昔ながらの
15:40
thatそれ we我々 haven't持っていない answered答えた.
まだ答えのない命題です
15:43
Yetまだ Davidデビッド again再び andそして again再び said前記
しかしダビデは何度と
15:45
thatそれ he would〜する turn順番 to God.
神に向き直り
15:49
He said前記, "Theその Lord is myじぶんの shepherd羊飼い."
「主は私の羊飼い」だと述べています
15:52
Theその final最後の problem問題 thatそれ Davidデビッド knew知っていた he couldできた notない solve解決する
ダビデが解決できないと認めた最後の問題は
15:56
wasあった death.
死という問題です
16:00
Manyたくさんの commentators解説者 have持ってる said前記 thatそれ death
多くの解説者は 我々の世代にとって死は
16:03
is theその forbidden禁じられた subject主題 of our我々の generation世代.
禁じられたテーマだと言っています
16:05
Most最も people liveライブ asとして ifif
大半の人は まるで
16:08
they're彼らは never決して going行く to die死ぬ.
決して死ぬことがないかのように生きています
16:11
Technology技術 projectsプロジェクト theその myth神話
技術は まるで人間の死すべき運命を
16:13
of controlコントロール over以上 our我々の mortality死亡.
制御できるかのような錯覚を我々に与えます
16:16
We我々 see見る people on our我々の screensスクリーン.
例えば 映画に写る人々
16:20
Marilynマリリン Monroeモンロー is justちょうど asとして beautiful綺麗な on theその screen画面
マリリン・モンローなどはかつての状態のまま
16:22
asとして she彼女 wasあった in person,
画面に映るわけで
16:24
andそして our我々の --- manyたくさんの young若い people think思う she's彼女は stillまだ alive生きている.
彼女がまだ生存していると勘違いする若者もいるわけです
16:26
They彼ら don'tしない know知っている thatそれ she's彼女は deadデッド.
彼らは彼女が死んでいることを知らないのです
16:30
Orまたは Clarkクラーク Gableゲーブル, orまたは whoever誰でも itそれ is.
クラーク・ゲーブル等の俳優や
16:32
Theその old古い stars, they彼ら come来る to life生活.
古き時代のスターが 画面では蘇るのです
16:34
Andそして they're彼らは ---
そして彼らは
16:38
they're彼らは justちょうど asとして greatすばらしいです on thatそれ screen画面 asとして they彼ら wereあった in person.
画面上では素晴らしい当時のままです
16:41
Butだけど death is inevitable必然的.
しかし 死を避けることはできません
16:46
I spokeスポーク some一部 time時間 ago to
少し前 去年のことですが
16:48
aa jointジョイント sessionセッション of Congress会議, last最終 year.
米国の両院合同会議で話す機会がありました
16:51
Andそして we我々 wereあった meeting会議 in thatそれ roomルーム,
あの彫刻のある部屋で
16:55
theその statue roomルーム.
会議が行われ
16:58
About 300 of themそれら wereあった thereそこ.
約300名ほどの議員が集まりました
17:00
Andそして I said前記, "There'sそこに one1 thingもの thatそれ we我々 have持ってる in common一般 in thisこの roomルーム,
私はそこで
「この部屋にいる全員に共通することがあります
17:03
allすべて of us米国 together一緒に, whetherかどうか Republican共和国 orまたは Democrat民主党,
共和党、民主党
17:07
orまたは whoever誰でも."
どの党も同じく 」といいました
17:10
I said前記, "We're私たちは allすべて going行く to die死ぬ.
「我々は誰もが死ぬのです 」
17:12
Andそして we我々 have持ってる thatそれ in common一般 with〜と allすべて theseこれら greatすばらしいです men男性 of theその past過去
「そしてこれは 今我々を眺め下ろしている
過去の偉大な人物との
17:14
thatそれ are staring凝視する downダウン at〜で us米国."
共通点でもあります 」と続けました
17:17
Andそして it'sそれは oftenしばしば difficult難しい forために young若い people
若い人がこれを理解するのは
17:21
to understandわかる thatそれ.
非常に難しいことです
17:23
It'sそれは difficult難しい forために themそれら to understandわかる thatそれ they're彼らは going行く to die死ぬ.
彼らが死を理解することは難しいことです
17:26
Asとして theその ancient古代 writerライター of Ecclesiastes教会 wrote書きました,
古代の著者 コヘレトはこう書いています
17:30
he said前記, there'sそこに everyすべて activityアクティビティ under heaven天国.
「天の下の出来事にはすべて定められた時がある
17:34
There'sそこに aa time時間 to be〜する bornうまれた,
生まれる時
17:38
andそして there'sそこに aa time時間 to die死ぬ.
死ぬ時 」
17:41
I've私は stood立っていた at〜で theその deathbed臨終
私は数名の著名な人達の
17:43
of severalいくつかの famous有名な people,
臨終の席に
17:46
whom you君は would〜する know知っている.
立ち会ったことがあります
17:48
I've私は talked話した to themそれら.
彼らに話しかけ
17:50
I've私は seen見た themそれら in thoseそれら agonizing苦しむ moments瞬間
彼らが死の恐怖に脅かされている
17:52
whenいつ they彼ら wereあった scared怖い to death.
場面を目撃したこともあります
17:54
Andそして yetまだ, aa few少数 years earlier先に,
しかし その数年前の彼らの脳裏を
17:57
death never決して crossed交差した their彼らの mindマインド.
死という概念がよぎることはあったでしょうか
18:01
I talked話した to aa woman女性 thisこの past過去 week週間
先週 有名な医者を
18:03
whoseその fatherお父さん
父親に持つ
18:07
wasあった aa famous有名な doctor医師.
女性と話す機会がありました
18:10
She彼女 said前記 he never決して thought思想 of God, never決して talked話した about God,
彼女の父親は神について考えることも 話すこともなく
18:13
didn'tしなかった believe信じる in God. He wasあった an atheist無神論者.
神を信じることもない 無神論者でした
18:16
Butだけど she彼女 said前記,
でも 彼女によると
18:21
asとして he came来た to die死ぬ,
死に直面した時点で
18:23
he sat座っている upアップ on theその side of theその bedベッド one1 day,
その医者はある日ベッドで身を起こし
18:25
andそして he asked尋ねた theその nurseナース ifif he couldできた see見る theその chaplain牧畜.
牧師を呼んで欲しいと看護婦に頼んだのです
18:29
Andそして he said前記, forために theその first最初 time時間 in his life生活
そして人生初めて
18:32
he'd彼は thought思想 about theその inevitable必然的,
避けられない運命 そして
18:34
andそして about God.
神について考えたというのです
18:39
Wasあった thereそこ aa God?
神は存在するのでしょうか?
18:41
Aa few少数 years ago, aa university大学 student学生 asked尋ねた me,
数年前 ある大学生から次のような質問を受けました
18:45
"What is theその greatest最大 surprise驚き in yourきみの life生活?"
「人生で一番驚いたことは何ですか?」
18:49
Andそして I said前記, "Theその greatest最大 surprise驚き in myじぶんの life生活
私の答えは 人生で一番驚いたのは
18:52
is theその brevity簡潔 of life生活.
命の短さです
18:54
Itそれ passesパス soそう fast速い."
人生はあっという間に過ぎていきます
18:57
Butだけど itそれ doesする notない need必要 to have持ってる to be〜する thatそれ way方法.
でもそうである必要はないのです
19:02
Wernherヴェルナー vonフォン Braunブラウン,
ヴェルナー・フォン・ブラウンは
19:04
in theその aftermath余波 of World世界 War戦争 IIii concluded結論, quote見積もり:
世界第二次大戦後 次のような結論を述べています
19:07
"science科学 andそして religion宗教 are notない antagonistsアンタゴニスト.
「科学と宗教は敵対者ではない
19:10
On theその contrary反対の, they're彼らは sisters姉妹."
むしろ 姉妹だといえる 」
19:13
He put置く itそれ on aa personal個人的 basis基礎.
それは彼にとって身近な問題でした
19:17
I knew知っていた Drドクター. vonフォン Braunブラウン very非常に wellよく.
フォン・ブラウン博士とは親しい仲でしたが
19:19
Andそして he said前記, "Speaking話し中 forために myself私自身,
彼は「個人的には
19:22
I canできる onlyのみ sayいう thatそれ theその grandeur壮大 of theその cosmos宇宙
広大で無辺の神秘的な宇宙を前にして
19:24
serves奉仕する onlyのみ to confirm確認する
私たちは造物主に対する信仰を
19:27
aa belief信念 in theその certainty確実 of aa creator創作者."
より確実なものにするだけだ 」と
19:29
He alsoまた、 said前記,
また 彼は
19:32
"In our我々の searchサーチ to know知っている God,
「神を知るための努力を通じて
19:34
I've私は come来る to believe信じる thatそれ theその life生活 of Jesusイエス Christキリスト
イエス・キリストの生涯が
19:36
should〜すべき be〜する theその focusフォーカス of our我々の efforts尽力 andそして inspirationインスピレーション.
我々の努力とインスピレーションの
焦点であるべきと信じるようになった
19:40
Theその reality現実 of thisこの life生活 andそして His resurrection復活
キリストの人生と復活という現実こそが
19:44
is theその hope希望 of mankind人類."
人類の希望である 」
19:46
I've私は done完了 aa lotロット of speaking話し中 in Germanyドイツ
私はドイツ フランスを含め
19:49
andそして in Franceフランス, andそして in different異なる parts部品 of theその world世界 ---
多くの国々 合計105カ国で
19:51
105 countries it'sそれは beenされている myじぶんの privilege特権 to speak話す in.
講演を行う機会を与えられてきました
19:54
Andそして I wasあった invited招待された one1 day to visit訪問
そしてある日
19:59
Chancellor首相 Adenauerアデナウアー,
アデナウアー首相から招待を受けました
20:03
who wasあった looked見た upon〜に asとして sortソート of theその founder創業者 of modernモダン Germanyドイツ,
首相は 大戦後における近代ドイツの
20:05
since以来 theその war戦争.
創設者とみなされる人物です
20:10
Andそして he once一度 --- andそして he said前記 to me,
彼にはこう尋ねられました
20:12
he said前記, "Young若い manおとこ." He said前記,
「若者よ
20:14
"Do行う you君は believe信じる in theその resurrection復活 of Jesusイエス Christキリスト?"
あなたはイエス・キリストの復活を信じますか?」
20:16
Andそして I said前記, "Sirサー, I do行う."
私は 「はい 信じています」と答えました
20:20
He said前記, "Soそう do行う I."
首相は 「私も信じます 」とおっしゃいました
20:22
He said前記, "Whenいつ I leave離れる office事務所,
そして 「任期終了後は
20:24
I'm私は going行く to spend費やす myじぶんの time時間 writing書き込み aa book
なぜイエス・キリストが復活したのか
20:26
on whyなぜ Jesusイエス Christキリスト roseローズ again再び,
それを信じることがいかに重要かについて
20:29
andそして whyなぜ it'sそれは soそう important重要 to believe信じる thatそれ."
執筆したいと考えています 」とおっしゃいました
20:32
In one1 of his plays演劇,
アレクサンドル・ソルジェニーツィンの
20:38
Alexanderアレクサンダー Solzhenitsynソルジャニチン
戯曲の一つには
20:40
depicts描く aa manおとこ dying死ぬ,
最期の迫った男が出てきます
20:43
who says言う to thoseそれら gathered集まった aroundまわり his bedベッド,
その男は 臨終の席に集まった人々に
20:45
"Theその moment瞬間 whenいつ it'sそれは terribleひどい to feel感じる regret後悔
「後悔を感じるのに最悪な時期とは
20:48
is whenいつ one1 is dying死ぬ."
自分が死にかけている時だ 」と語ります
20:50
Howどうやって should〜すべき one1 liveライブ in order注文 notない to feel感じる regret後悔 whenいつ one1 is dying死ぬ?
死に際に後悔を感じないようにするには
いかに生きるべきでしょう?
20:53
Blaiseブレイズ Pascalパスカル
まさにその問題を追及したのが
20:58
asked尋ねた exactly正確に thatそれ question質問
17世紀フランスに生きた
21:00
in seventeenth-century17世紀 Franceフランス.
ブレーズ・パスカルです
21:02
Pascalパスカル has持っている beenされている calledと呼ばれる theその architect建築家
パスカルは近代文明の
21:04
of modernモダン civilization文明.
建設者と呼ばれた人物で
21:06
He wasあった aa brilliantブリリアント scientist科学者
十代の頃から
21:09
at〜で theその frontiersフロンティア of mathematics数学,
数学の最前線における
21:11
even偶数 asとして aa teenagerティーンエイジャー.
素晴らしい科学者として知られていました
21:13
He is viewed見た by〜によって manyたくさんの asとして theその founder創業者 of theその probability確率 theory理論,
彼を確率論の創立者 そして
21:16
andそして aa creator創作者 of theその first最初 modelモデル of aa computerコンピューター.
コンピューターの最初のモデルの
創造者と見なす人も多くいます
21:20
Andそして of courseコース, you君は are allすべて familiar身近な with〜と
勿論彼にちなんだコンピューター言語には
21:24
theその computerコンピューター language言語 named名前 forために him.
皆さん通じておられることと思います
21:26
Pascalパスカル explored探検した in depth深さ our我々の human人間 dilemmasジレンマ
パスカルは悪 苦しみ 死といった
21:29
of evil悪の, suffering苦しみ andそして death.
人間のジレンマを深く探りました
21:31
He wasあった astounded驚いた
彼を唖然とさせたのは
21:35
at〜で theその phenomenon現象 we've私たちは beenされている considering考える:
今日ここで考慮した現象です
21:38
thatそれ people canできる achieve達成する extraordinary特別な heightsハイツ
人は科学や芸術といった営みにおいて
21:41
in science科学, theその arts芸術 andそして human人間 enterprise企業,
並外れた高みに達することができる一方で
21:43
yetまだ they彼ら alsoまた、 are full満員 of anger怒り, hypocrisy偽善
怒りや偽善に満ち溢れ
21:46
andそして have持ってる --- andそして self-hatreds自己憎しみ.
自己嫌悪に陥る生き物でもあるということ
21:49
Pascalパスカル saw見た us米国 asとして aa remarkable顕著 mixture混合
パスカルの人間像とは
21:53
of genius天才 andそして self-delusion自己妄想.
驚くべき天才性と自己欺瞞が入り乱れたのものでした
21:55
On November11月 23,
1654年の
21:58
1654,
11月23日
22:00
Pascalパスカル had持っていました aa profound深遠な religious宗教的 experience経験.
パスカルは強烈な宗教的体験をしました
22:03
He wrote書きました in his journalジャーナル theseこれら words言葉:
彼の覚書には次のような言葉が綴られています
22:07
"I submit提出する myself私自身,
「イエス・キリスト
22:10
absolutely絶対に,
私の救世主に
22:12
to Jesusイエス Christキリスト, myじぶんの redeemer贖い人."
完全に服従します」
22:15
Aa Frenchフランス語 historian歴史家 said前記,
その2世紀後
22:18
two centuries世紀 later後で,
あるフランス歴史学者はこう述べています
22:20
"Seldom滅多 has持っている soそう mighty力強い an intellect知性
「あのような知性の巨人が
22:23
submitted提出済み with〜と suchそのような humility謙虚
これほどの謙虚さをもって イエス・キリストの
22:26
to theその authority権限 of Jesusイエス Christキリスト."
権威に服従したのはまれなり 」
22:29
Pascalパスカル came来た to believe信じる notない onlyのみ theその love andそして theその grace猶予 of God
パスカルは 神の愛とご加護によって
22:33
couldできた bring持参する us米国 backバック into harmony調和,
人は神との調和を取り戻すことができるだけでなく
22:36
butだけど he believed信じる
自分の罪や
22:41
thatそれ his own自分の sins andそして failures失敗 couldできた be〜する forgiven許された,
失敗が許され 死後は天国と呼ばれる場所へ
22:43
andそして thatそれ whenいつ he died死亡しました he would〜する go行く to aa place場所 calledと呼ばれる heaven天国.
行けるのだと信じていました
22:46
He experienced経験豊富な itそれ in aa way方法 thatそれ went行った beyond超えて
その経験は科学的観測や
22:51
scientific科学的 observation観察 andそして reason理由.
理由を超えたものでした
22:53
Itそれ wasあった he who penned theその well-knownよく知られている words言葉,
彼の記した次のような名言があります
22:55
"Theその heartハート has持っている itsその reasons理由,
「心情は理性の知らない
22:58
whichどの reason理由 knows知っている notない of."
心情自身の理由を持っている」
23:01
Equally均等に wellよく known既知の is Pascal'sパスカル Wager賭け.
また パスカルの賭けも有名です
23:04
Essentially基本的に, he said前記 thisこの: "ifif you君は betベット on God,
それはこういうことです「神が実在することに賭け
23:07
andそして open開いた yourselfあなた自身 to his love,
神の愛を受け入れた場合
23:11
you君は lose失う nothing何も, even偶数 ifif you'reあなたは wrong違う.
間違っていたとしても失うものは何もない
23:13
Butだけど ifif instead代わりに you君は betベット thatそれ thereそこ is noいいえ God,
でも神は実在しない と賭けた場合
23:16
then次に you君は canできる lose失う itそれ allすべて, in thisこの life生活 andそして theその life生活 to come来る."
この人生と来る人生において
全てを失う可能性がある 」
23:20
Forために Pascalパスカル, scientific科学的 knowledge知識
パスカルにとって 科学的知識は
23:25
paled荒れた beside theその knowledge知識 of God.
神を知ることの比ではありませんでした
23:27
Theその knowledge知識 of God wasあった far遠い beyond超えて
神を知ることは 脳裏に浮かぶ
23:31
anything何でも thatそれ everこれまで crossed交差した his mindマインド.
全ての考えを超えるものでした
23:33
He wasあった ready準備完了 to face him
パスカルは39歳で亡くなった時
23:36
whenいつ he died死亡しました at〜で theその age年齢 of 39.
神と向き合う覚悟ができていました
23:38
Kingキング Davidデビッド lived住んでいました to be〜する 70,
ダビデ王は70歳まで生きました
23:41
aa long長いです time時間 in his era時代.
当時はかなりの長寿です
23:43
Yetまだ he tooあまりにも had持っていました to face death,
それでも彼もやはり死に直面しなければならず
23:46
andそして he wrote書きました theseこれら words言葉:
次のような言葉を綴っています
23:49
"even偶数 thoughしかし I walk歩く throughを通して theその valley of theその shadow of death,
「たとい 死の陰の谷を歩くことがあっても
23:51
I will意志 fear恐れ noいいえ evil悪の,
私はわざわいを恐れません
23:55
forために you君は are with〜と me."
あなたが私とともにおられますから 」
23:57
Thisこの wasあった David'sデビッド answer回答 to three dilemmasジレンマ
これが悪 苦しみ 死という
23:59
of evil悪の, suffering苦しみ andそして death.
三つのジレンマに対するダビデの答えです
24:02
Itそれ canできる be〜する yoursあなたの, asとして wellよく,
これが貴方の答えにもなりえるのです
24:05
asとして you君は seekシーク theその living生活 God
生ける神を探し求め
24:09
andそして allow許す him to fill埋める yourきみの life生活
神によって人生が満たされ
24:11
andそして give与える you君は hope希望 forために theその future未来.
未来への希望を与えられることを許すようになれば
24:13
Whenいつ I wasあった 17 years of age年齢,
私はノースキャロライナの農場に生まれ育ちました
24:18
I wasあった bornうまれた andそして reared飼育された on aa farmファーム in North Carolinaキャロライナ.
17歳の時は 毎朝牛の乳搾りをし
24:22
I milked搾った cows everyすべて morning, andそして I had持っていました to milkミルク theその same同じ cows everyすべて eveningイブニング
毎晩 学校から帰宅した後も
24:26
whenいつ I came来た home自宅 fromから school学校.
同じ牛の乳搾りをしました
24:28
Andそして thereそこ wereあった 20 of themそれら thatそれ I had持っていました ---
20頭もの牛の面倒をみるのが
24:30
thatそれ I wasあった responsible責任ある forために,
私の責任でした
24:32
andそして I worked働いた on theその farmファーム
農場で働くと同時に
24:35
andそして tried試した to keepキープ upアップ with〜と myじぶんの studies研究.
勉強もしなければいけませんでした
24:38
I didn'tしなかった make作る good良い grades成績 in high高い school学校.
高校での成績は決して良くはなく
24:41
I didn'tしなかった make作る themそれら in collegeカレッジ, until〜まで
大学でもあまり良くありませんでした
24:44
something何か happened起こった in myじぶんの heartハート.
突然心の中で変化がおきるまでは
24:47
One1 day, I wasあった faced直面する face-to-face面と向かって
ある日 私はキリストと
24:49
with〜と Christキリスト.
直接向き合ったのです
24:53
He said前記, "I am午前 theその way方法, theその truth真実 andそして theその life生活."
キリストは 「わたしは道であり
真理であり 命である 」とおっしゃいました
24:55
Canできる you君は imagine想像する thatそれ? "I am午前 theその truth真実.
想像してみてください 「わたしは真理であり
24:59
I'm私は theその embodiment実施形態 of allすべて truth真実."
わたしは全ての真理の体現である 」だなんて
25:02
He wasあった aa liarうそつき.
嘘つきだとしか思えません
25:05
Orまたは he wasあった insane狂人.
もしくは狂人です
25:09
Orまたは he wasあった what he claimed請求された to be〜する.
ひょっとしたら 彼の言うとおりなのかもしれません
25:12
Whichどの wasあった he?
一体 どれが正しいのか?
25:14
I had持っていました to make作る thatそれ decision決定.
決断を迫られました
25:16
I couldn'tできなかった prove証明する itそれ.
それを証明することはできませんでした
25:18
I couldn'tできなかった take取る itそれ to aa laboratory研究室
それを研究室に持ち込み
25:20
andそして experiment実験 with〜と itそれ.
実験することなどできません
25:22
Butだけど by〜によって faith信仰 I said前記, I believe信じる him,
でも信仰によって 私は「主を信じます」と答え
25:24
andそして he came来た into myじぶんの heartハート
主は私の心に入り
25:28
andそして changedかわった myじぶんの life生活.
私の人生を変えました
25:31
Andそして now I'm私は ready準備完了,
そして今 私は
25:33
whenいつ I hear聞く thatそれ callコール,
神の前に召される
25:36
to go行く into theその presence存在 of God.
心の準備ができています
25:38
Thank感謝 you君は, andそして God bless祝福 allすべて of you君は.
ありがとうございました
神のお恵みが皆様にありますように
25:41
(Applause拍手)
(拍手)
25:43
Thank感謝 you君は forために theその privilege特権. Itそれ wasあった greatすばらしいです.
この機会をありがとう 最高でした
25:54
Richardリチャード Wurmanウォーマン: You君は didした itそれ.
リチャード・ワーマン:やりましたね
25:56
Thanksありがとう.
ありがとう
25:58
(Applause拍手)
(拍手)
26:00
Translated by Rie Pointer
Reviewed by Akiko Hicks

▲Back to top

About the speaker:

Billy Graham - Preacher
The Rev. Billy Graham is a religious leader with a worldwide reach. In his long career as an evangelist, he has spoken to millions and been an advisor to US presidents.

Why you should listen

According to his official bio, evangelist Billy Graham took the Bible literally where it says in Mark 16:15, "Go ye into all the world and preach the Gospel to every creature." Graham has preached the Gospel to more people in live audiences than anyone else in history -- nearly 215 million people in more than 185 countries and territories. Hundreds of millions more have been reached through television, video, film and webcasts.

Graham has written some 25 books, and his counsel has been sought by multiple U.S. presidents. His appeal in both the secular and religious arenas is evidenced by the wide range of groups that have honored him. Graham was the first major evangelist to speak behind the Iron Curtain, calling for peace in countries throughout Eastern Europe and in the Soviet Union -- while during the Apartheid era he refused to visit South Africa until its government allowed for desegregated audiences. Through the praise and criticism of a public life that has nearly spanned a century, he has held fast to his conviction that faith in Jesus is the only path to salvation.

More profile about the speaker
Billy Graham | Speaker | TED.com