English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2010

Derek Sivers: Keep your goals to yourself

デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」

Filmed
Views 4,740,984

素晴らしい計画を新しく思いついたとき、私たちが最初に考えるのはそれを誰かに話すということですが、目標は秘密にしておいた方が良いとデレク・シヴァーズは言います。彼は1920年代まで遡る研究を援用しながら、自分の野心について話すことはその実現の見込みを下げる可能性があることを示しています。

- Entrepreneur
Through his new project, MuckWork, Derek Sivers wants to lessen the burdens (and boredom) of creative people. Full bio

Everyoneみんな, pleaseお願いします think思う
皆さん 自分の
00:15
of yourきみの biggest最大 personal個人的 goalゴール.
大きな個人目標について考えてください
00:17
Forために realリアル --- you君は canできる take取る aa second二番. You'veあなたは got持っている to feel感じる thisこの to learn学ぶ itそれ.
真剣にです 理解するには 自分で感じる必要があります
00:20
Take取る aa few少数 seconds andそして think思う of yourきみの personal個人的 biggest最大 goalゴール, okayはい?
集中して 大きな個人目標を考えましょう できましたか?
00:23
Imagine想像する deciding決定する right now
それに取り組むことに
00:26
thatそれ you'reあなたは going行く to do行う itそれ.
決めたと想像してください
00:28
Imagine想像する telling伝える someone誰か thatそれ you君は meet会う today今日 what you'reあなたは going行く to do行う.
今日会う人に そう話すのを想像してください
00:30
Imagine想像する their彼らの congratulationsおめでとう
その人たちがほめて
00:33
andそして their彼らの high高い image画像 of you君は.
自分を見直すのを想像してください
00:35
Doesn'tしない itそれ feel感じる good良い to sayいう itそれ outでる loud大声で?
口に出して言うのは いい気分です
00:37
Don'tしない you君は feel感じる one1 stepステップ closerクローザー already既に,
それだけでもう ゴールに一歩近づいて
00:39
like好きな it'sそれは already既に becoming〜になる part of yourきみの identity身元?
すでに自分のものになった気がしませんか?
00:42
Wellよく, bad悪い newsニュース: you君は should〜すべき have持ってる kept保管 yourきみの mouth shutシャット,
悪いニュースは 口を閉じなきゃいけないということです
00:45
becauseなぜなら thatそれ good良い feeling感じ
話すことの気持ち良さが
00:48
now will意志 make作る you君は lessもっと少なく likelyおそらく to do行う itそれ.
実際にやる可能性を下げてしまうのです
00:50
Repeated繰り返し psychology心理学 testsテスト have持ってる proven証明された
目標を人に話すことが
00:53
thatそれ telling伝える someone誰か yourきみの goalゴール
実現の可能性を下げることは
00:55
makes作る itそれ lessもっと少なく likelyおそらく to happen起こる.
心理学の実験で繰り返し示されています
00:57
Anyどれか time時間 you君は have持ってる aa goalゴール,
目標を目指すときには
00:59
thereそこ are some一部 stepsステップ thatそれ need必要 to be〜する done完了, some一部 work作業 thatそれ needsニーズ to be〜する done完了
実現のため踏むべき段階があり
01:01
in order注文 to achieve達成する itそれ.
やるべき苦しい作業があります
01:03
Ideally理想的には, you君は would〜する notない be〜する satisfied満足 until〜まで you君は had持っていました actually実際に done完了 theその work作業.
本来なら実現するまで満足は得られないはずなのに
01:05
Butだけど whenいつ you君は telltell someone誰か yourきみの goalゴール andそして they彼ら acknowledge認める itそれ,
目標を人に話し 認めてもらうと それが一種の―
01:08
psychologists心理学者 have持ってる found見つけた thatそれ it'sそれは calledと呼ばれる aa "socialソーシャル reality現実."
社会的現実になることに 心理学者は気づきました
01:11
Theその mindマインド is kind種類 of trickedだまされた into feeling感じ thatそれ it'sそれは already既に done完了.
もう実現したかのように 心が錯覚してしまうのです
01:14
Andそして then次に, becauseなぜなら you君は feltフェルト thatそれ satisfaction満足,
そして満足を感じることで
01:17
you'reあなたは lessもっと少なく motivated意欲的な to do行う
必要な努力を実際に行う―
01:19
theその actual実際の hardハード work作業 necessary必要. (Laughter笑い)
動機づけが低下してしまうのです
01:21
Soそう thisこの goes行く againstに対して theその conventional従来の wisdom知恵
これは 支えが得られるよう
01:24
thatそれ we我々 should〜すべき telltell our我々の friends友達 our我々の goalsゴール, right ---
目標は友達に話すべきだという
01:26
soそう they彼ら holdホールド us米国 to itそれ.
一般通念に反しますよね?
01:28
Soそう, let'sさあ look見える at〜で theその proof証明.
証拠を見てみましょう
01:31
1926, Kurtカルト Lewinレイン, founder創業者 of socialソーシャル psychology心理学,
1926年 社会心理学者クルト レヴィンは
01:33
calledと呼ばれる thisこの "substitution置換."
これを「代償行為」と呼び
01:35
1933, Veraベラ Mahlerマーラー found見つけた,
1933年 ヴェラ マーラーは
01:37
whenいつ itそれ wasあった acknowledged認められた by〜によって othersその他, itそれ feltフェルト realリアル in theその mindマインド.
他の人に認められると 心は現実のように感じることを示し
01:39
1982, Peterピーター Gollwitzerゴルビッツァー wrote書きました aa whole全体 book about thisこの
1982年 ピーター ゴルウィツァーは これに関して本を書き
01:42
andそして in 2009,
2009年には
01:45
he didした some一部 new新しい testsテスト thatそれ wereあった published出版された.
新たな実験結果を公開しました
01:47
Itそれ goes行く like好きな thisこの:
こんな実験です
01:49
163 people across横断する four4つの separate別々の testsテスト ---
163人が4つのテストを受けます
01:51
everyoneみんな wrote書きました downダウン their彼らの personal個人的 goalゴール.
みんな個人目標を紙に書いて
01:54
Then次に halfハーフ of themそれら announced発表 their彼らの commitmentコミットメント to thisこの goalゴール to theその roomルーム,
半分の人はみんなに向かってそれをやると宣言します
01:57
andそして halfハーフ didn'tしなかった.
あとの半分は口外しません
02:00
Then次に everyoneみんな wasあった given与えられた 45 minutes of work作業
それからみんな45分与えられて
02:02
thatそれ would〜する directly直接 lead themそれら towards方向 their彼らの goalゴール,
自分の目標に近づくための作業をしますが
02:04
butだけど they彼ら wereあった told言った thatそれ they彼ら couldできた stopやめる at〜で anyどれか time時間.
好きな時にやめてよいと言われます
02:07
Now, thoseそれら who kept保管 their彼らの mouths shutシャット
目標を言わずにいた人たちは
02:09
worked働いた theその entire全体 45 minutes, on average平均,
みんな45分間全部を使い
02:11
andそして whenいつ asked尋ねた afterwardsその後,
後で質問すると
02:14
said前記 thatそれ they彼ら feltフェルト thatそれ they彼ら had持っていました aa long長いです way方法 to go行く stillまだ to achieve達成する their彼らの goalゴール.
目標の実現までは まだ遠いと感じると言います
02:16
Butだけど thoseそれら who had持っていました announced発表 itそれ
しかし目標を口外した人たちは
02:19
quit終了する after onlyのみ 33 minutes, on average平均,
平均で33分過ぎたところでやめてしまい
02:21
andそして whenいつ asked尋ねた afterwardsその後,
後で質問されると
02:24
said前記 thatそれ they彼ら feltフェルト muchたくさん closerクローザー to achieving達成する their彼らの goalゴール.
ゴールにずいぶん近づいた気がすると言うのです
02:26
Soそう, ifif thisこの is true真実,
もしこれが本当なら
02:28
what canできる we我々 do行う?
どうすればよいのでしょう?
02:30
Wellよく, you君は couldできた resistレジスト theその temptation誘惑
目標を人に言いたい誘惑に
02:32
to announce発表する yourきみの goalゴール.
抵抗してみましょう
02:34
You君は canできる delayディレイ theその gratification満足
社会的に認められるという満足を
02:36
thatそれ theその socialソーシャル acknowledgement了承 bringsもたらす,
後に取っておきましょう
02:38
andそして you君は canできる understandわかる thatそれ yourきみの mindマインド
そして言うことと実行することを
02:40
mistakes間違い theその talking話す forために theその doingやっている.
取り違える心理を理解しましょう
02:42
Butだけど ifif you君は do行う need必要 to talkトーク about something何か,
言わなければならない場合にも
02:45
you君は canできる state状態 itそれ in aa way方法
満足感を与えないように
02:47
thatそれ gives与える you君は noいいえ satisfaction満足,
言えばよいのです たとえば―
02:49
suchそのような asとして, "I really本当に want欲しいです to run走る thisこの marathonマラソン,
「今度のマラソン大会で走りたいから
02:51
soそう I need必要 to train列車 five times aa week週間
週5日トレーニングしなきゃいけないんだ
02:53
andそして kickキック myじぶんの assお尻 ifif I don'tしない, okayはい?"
サボっていたら喝を入れてくれない?」
02:55
Soそう audience聴衆, next time時間 you'reあなたは tempted誘惑された to telltell someone誰か yourきみの goalゴール,
そういうわけで皆さん この次誰かに目標を話したくなったら
02:58
what will意志 you君は sayいう? (Silence沈黙)
どう言えばよいのでしょう?
03:01
Exactly正確に, wellよく done完了.
そうです よくできました
03:03
(Applause拍手)
(拍手)
03:06
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Akari Takenishi

▲Back to top

About the speaker:

Derek Sivers - Entrepreneur
Through his new project, MuckWork, Derek Sivers wants to lessen the burdens (and boredom) of creative people.

Why you should listen

Derek Sivers is best known as the founder of CD Baby. A professional musician since 1987, he started CD Baby by accident in 1998 when he was selling his own CD on his website, and friends asked if he could sell theirs, too. CD Baby was the largest seller of independent music on the web, with over $100M in sales for over 150,000 musician clients.

In 2008, Sivers sold CD Baby to focus on his new ventures to benefit musicians, including his new company, MuckWork, where teams of efficient assistants help musicians do their "uncreative dirty work."

More profile about the speaker
Derek Sivers | Speaker | TED.com