English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxStanford

Baba Shiv: Sometimes it's good to give up the driver's seat

ババ・シフ: 運転は任せた方が良いこともある

Filmed
Views 854,167

直感に反する人間の性質が、次第に明らかにされてきました。選択肢が多すぎることが、幸せにつながるとは限らないのです。これは治療の場面にもあてはまります。ババ・シフが彼の行なった興味深い研究を紹介し、選択肢が却って疑いの扉を開くこととなるのはなぜか、特に生死にかかわる決定において、コントロールを手放してしまうことが最良となる場合があることを語ります。

- Neuroeconomist
Baba Shiv studies how “liking” and “wanting” shape the choices we make, and what that means in the world of marketing. Full bio

I want欲しいです to start開始 on aa slightly少し somber憂鬱な note注意.
少し重い話になりますが
00:16
Two thousand andそして sevenセブン, five years ago,
2007年―今から5年ほど前に
00:19
myじぶんの wife gets取得 diagnosed診断された with〜と breast cancer,
家内が乳がんと診断されました
00:23
stageステージ IIBアイブ.
ステージ IIB でした
00:26
Now, looking探している backバック, theその most最も harrowing悲惨な
いま当時を振り返って一番
00:29
part of thatそれ experience経験
苦しかったことは
00:31
wasあった notない justちょうど theその hospital病院 visits訪問 ---
病院に行くことではありません
00:32
theseこれら wereあった very非常に painful痛い forために myじぶんの wife, understandably分かりやすく soそう.
もちろん本人がつらいのは
わかります
00:34
Itそれ wasあった notない even偶数 theその initial初期 shockショック of knowing知っている
乳がんだと知らされた―
00:38
thatそれ she彼女 had持っていました breast cancer, justちょうど 39 years old古い,
ショックでもありません
まだ39歳で
00:39
absolutely絶対に noいいえ history歴史 of cancer in her彼女 family家族.
癌の家族歴もなかったのです
00:41
Theその most最も horrifying恐ろしい andそして agonizing苦しむ part
この一連の経験で
もっとも恐ろしくて
00:46
of theその whole全体 experience経験 wasあった we我々 wereあった making作る
苦しかったのは
00:49
decisions決定 after decisions決定 after decisions決定
決断を次から次へと
00:51
thatそれ wereあった beingであること thrust推力 upon〜に us米国.
求められ続けたことです
00:53
Should〜すべき itそれ be〜する aa mastectomy乳房切除術? Should〜すべき itそれ be〜する aa lumpectomy突然変異?
乳房切除をすべきか?
それとも乳腺腫瘤の摘出か?
00:55
Should〜すべき itそれ be〜する aa moreもっと aggressive積極的な form of treatment処理,
ステージ IIB なのだから
00:58
given与えられた thatそれ itそれ wasあった stageステージ IIBアイブ?
積極的な治療に委ねるべきなのか?
01:01
With〜と allすべて theその side effects効果?
副作用があっても?
01:03
Orまたは should〜すべき itそれ be〜する aa lessもっと少なく aggressive積極的な form of treatment処理?
それとも そこまで積極的でなくてもいいのか?
01:04
Andそして theseこれら wereあった beingであること pressed押された upon〜に us米国
次から次へと決断を求めてくるのが
01:07
by〜によって theその doctors医師.
医師なのです
01:09
Now, you君は couldできた ask尋ねる thisこの question質問,
不思議に思うかもしれません
01:12
whyなぜ wereあった theその doctors医師 doingやっている thisこの?
医師はなぜ こうしたのか?
01:13
Now, aa simplistic単純化した answer回答 would〜する be〜する,
単純に考えると医者自身が
01:15
theその doctors医師 are doingやっている thisこの becauseなぜなら they彼ら want欲しいです to protect保護する themselves自分自身 legally法的に.
法的に自分を守りたいためですが
01:16
I think思う thatそれ is tooあまりにも simplistic単純化した.
実はそんな単純な話ではありません
01:21
Theseこれら are well-meaning意味のある doctors医師,
彼らは善意の医者であり
01:23
some一部 of themそれら have持ってる gone行った on to become〜になる very非常に good良い friends友達.
何人かとは良い友人になりました
01:24
They彼ら probably多分 wereあった simply単に following以下 theその wisdom知恵
きっと長年受け継がれてきた
01:26
thatそれ has持っている come来る downダウン theその ages年齢, thisこの adage敬意 thatそれ whenいつ you'reあなたは making作る decisions決定,
古い考え方に従ったまでなのでしょう
01:28
especially特に decisions決定 of importance重要度,
「意思決定
特に重責を伴う意思決定は
01:32
it'sそれは bestベスト to be〜する in charge電荷, it'sそれは bestベスト to be〜する in controlコントロール,
他人の判断に任せずに
自分の意思で決めよ
01:34
it'sそれは bestベスト to be〜する in theその driver'sドライバーズ seatシート.
つまり助手席に座るよりも
運転席に乗るべきである」
01:37
Andそして we我々 wereあった certainly確かに in theその driver'sドライバーズ seatシート,
そこで我々は運転席に座らせられ
01:40
making作る allすべて theseこれら decisions決定, andそして let〜する me telltell you君は,
多くの意思決定を下すことになったのです
01:42
ifif some一部 of you君は had持っていました beenされている thereそこ,
同じ経験をされた方もいるでしょうが
01:44
itそれ wasあった aa most最も agonizing苦しむ andそして harrowing悲惨な experience経験.
何よりも苦しくて恐ろしい経験となりました
01:46
Whichどの got持っている me thinking考え.
そして考えてみました―
01:50
I said前記, is thereそこ anyどれか validity有効 to
決断をすることに関する考え方は
01:51
thisこの whole全体 adage敬意 thatそれ whenいつ you'reあなたは making作る decisions決定,
本当に正しいのだろうか?
01:53
it'sそれは bestベスト to take取る theその driver'sドライバーズ seatシート,
運転席に乗ることが一番良いのか?
主導権を握って
01:56
be〜する in charge電荷, be〜する in controlコントロール?
制御するのが良いのか
01:59
Orまたは are thereそこ contexts文脈 whereどこで we're私たちは far遠い betterより良い offオフ
逆に 状況によっては我々が助手席におさまり
02:00
taking取る theその passenger's乗客 seatシート andそして have持ってる someone誰か elseelse driveドライブ?
誰かに運転席を任せた方が良い場合もあるのでは?
02:03
Forために example, aa trusted信頼できる financial金融 advisor顧問,
例えば 信頼できる金融専門家や
02:07
couldできた be〜する aa trusted信頼できる doctor医師, etc.
信頼できる医者などです
02:08
Andそして since以来 I study調査 human人間 decision決定 making作る,
私は「意思決定の仕組み」を研究していますので
02:11
I said前記, I'm私は going行く to run走る some一部 studies研究
いくつかの実験を行い
02:14
to find見つける some一部 answers答え.
答えを導き出すことにしました
02:17
Andそして I'm私は going行く to shareシェア one1 of theseこれら studies研究 with〜と you君は today今日.
早速 ここで研究成果のひとつをご紹介します
02:18
Soそう, imagine想像する thatそれ allすべて of you君は are participants参加者 in theその study調査.
皆さんは その実験に参加しているつもりで聞いてください
02:20
I want欲しいです to telltell you君は thatそれ what you'reあなたは going行く to do行う in theその study調査 is
この実験では皆さんに
02:25
you'reあなたは going行く to drinkドリンク aa cupカップ of teaお茶.
まず 一杯のお茶を飲んでいただきます
02:28
Ifif you'reあなたは wondering不思議 whyなぜ, I'll私はよ telltell you君は whyなぜ in aa few少数 seconds fromから now.
お茶を飲む理由は後で説明します
02:30
You君は are going行く to solve解決する aa seriesシリーズ of puzzlesパズル,
そしてパズルをいくつか解いてもらいます
02:35
andそして I'm私は going行く to showショー you君は examples of theseこれら puzzlesパズル momentarily一瞬.
パズルの実例も後ほどお見せします
02:37
Andそして theその moreもっと puzzlesパズル you君は solve解決する,
正解数が多ければ多いほど
02:41
theその greater大きい theその chancesチャンス thatそれ you'llあなたは win勝つ some一部 prizes賞品.
賞品をもらえる可能性が大きくなります
02:43
Now, whyなぜ do行う you君は have持ってる to consume消費する theその teaお茶?
ところでなぜお茶を飲むのか?
02:46
Whyなぜ? Becauseなぜなら itそれ makes作る aa lotロット of senseセンス.
理由は単純明快です
02:48
In order注文 to solve解決する theseこれら puzzlesパズル effectively効果的に,
パズルを効果的に解くために
02:50
ifif you君は think思う about itそれ, yourきみの mindマインド needsニーズ to be〜する in two states simultaneously同時に.
精神が同時に2つの状態にならないといけません
02:53
Right? Itそれ needsニーズ to be〜する alertアラート,
そうでしょう?神経がピンと張り詰めた状態
02:56
forために whichどの caffeineカフェイン is very非常に good良い.
これにはカフェインが効果的ですし
02:59
Simultaneously同時に, itそれ needsニーズ to be〜する calm落ち着いた.
同時に 心穏やかでなければいけません
03:02
Notない agitatedかき混ぜた, calm落ち着いた. Forために whichどの chamomileカモミール is very非常に good良い.
苛つかず 心が落ち着いた状態
これにはカモミールが最適です
03:05
Now comes来る theその between-subjects被験者間 design設計,
さて被験者間で何を変えるのかという
ABテストの
03:11
theその ABab design設計, theその ABab testingテスト.
デザインを説明します
03:14
Soそう what I'm私は going行く to do行う is randomly無作為に assign割り当てます you君は
早速ですが 皆さんを適当に
03:15
to one1 of two groupsグループ.
2つのグループに分けます
03:17
Soそう imagine想像する thatそれ thereそこ is an imaginary想像上の lineライン outでる hereここに,
ここに架空の線があると想像してください
03:19
soそう everyoneみんな hereここに will意志 be〜する groupグループ Aa,
こちらの皆さんはグループAに
03:22
everyoneみんな outでる hereここに will意志 be〜する groupグループ Bb.
こちらの皆さんはグループBにします
03:25
Now, forために you君は folks人々, what I'm私は going行く to do行う is
グループAの皆さんには
03:27
I'm私は going行く to showショー you君は theseこれら two teas紅茶,
2種類のお茶をお見せして
03:30
andそして I'm私は asking尋ねる you君は, I'll私はよ go行く ahead前方に andそして ask尋ねる you君は,
自分で好きな方を
03:32
to choose選択する yourきみの teaお茶. Soそう you君は canできる choose選択する whichどの of theその two teaお茶 you君は want欲しいです.
選んでいただきます
03:34
You君は canできる decide決めます, what is yourきみの mental精神的な state状態:
さぁ 選んでみてください
決めましたか?
03:37
Okayはい, I'm私は going行く to choose選択する theその caffeinatedカフェイン teaお茶,
そうだ 私はカフェイン入りのお茶を
03:39
I'm私は going行く to choose選択する theその chamomileカモミール teaお茶.
私はカモミールを選ぼう
03:41
Soそう you'reあなたは going行く to be〜する in charge電荷,
自分で決める―
03:43
you'reあなたは going行く to be〜する in controlコントロール, you'reあなたは going行く to be〜する in theその driver'sドライバーズ seatシート.
選択権を持ち
運転席に座っているのです
03:44
You君は folks人々, I'm私は going行く to showショー you君は theseこれら two teas紅茶,
グループBの皆さん
ここに2種類のお茶がありますが
03:48
butだけど you君は don'tしない have持ってる aa choice選択.
選んでいただくことはできません
03:51
I'm私は going行く to give与える you君は one1 of theseこれら two teas紅茶,
どちらかをお渡しします
03:53
andそして keepキープ in mindマインド, I'm私は going行く to pickピック one1 of theseこれら
どちらか一方のお茶を
03:55
two teas紅茶 at〜で randomランダム forために you君は.
ランダムにお渡しします
03:58
Andそして you君は know知っている thatそれ.
覚えておいてください
04:00
Soそう ifif you君は think思う about itそれ, thisこの is an extreme極端な case場合 scenarioシナリオ,
もちろん これは非常に極端な例です
04:01
becauseなぜなら in theその realリアル world世界,
なぜなら 実社会では
04:04
wheneverいつでも you君は are taking取る passenger's乗客 seatシート,
あなたが助手席に座るときにはまず
04:05
very非常に oftenしばしば theその driverドライバ is going行く to be〜する someone誰か you君は trust信頼,
たいてい運転席には信頼をおける人や
04:07
an expert専門家, etc. Soそう thisこの is an extreme極端な case場合 scenarioシナリオ.
専門家がいる筈だからです
これはかなり極端なシナリオです
04:10
Now, you'reあなたは allすべて going行く to consume消費する theその teaお茶.
ここで皆さんにはお茶を飲んでいただきます
04:14
Soそう imagine想像する thatそれ you君は are taking取る theその teaお茶 now,
お茶を楽しんでください
04:19
we'll私たちは wait待つ forために you君は to finish仕上げ theその teaお茶.
飲み終るまでもう少し待ちましょう
04:21
We'll私たちは give与える another別の five minutes forために theその ingredient成分 to have持ってる itsその effects効果.
お茶の成分が効果を発揮するまで
あと5分ほど待ちましょう
04:23
Now you'reあなたは going行く to have持ってる 30 minutes to solve解決する 15 puzzlesパズル.
さて これから30分かけて15問のパズルを解いてください
04:27
Here'sここにいる an example of theその puzzleパズル you'reあなたは going行く to solve解決する.
ひとつサンプルをご紹介します
04:32
Anyone誰でも in theその audience聴衆 want欲しいです to take取る aa stab刺す?
どなたか分かりますか?(文字の並び替えクイズ)
04:35
(Audience聴衆: Pulpit説教壇.) Babaババ Shivシブ: Whoaウア!
(観衆:PULPIT ) 素晴らしい!
04:38
Okayはい, that'sそれは coolクール.
凄いですね!
04:40
Yeahええ, soそう what we我々 do行う ifif we我々 had持っていました you君は, who will意志 get取得する theその answer回答,
さて あなたのようにすぐ解る人がいたらどうするか
04:41
asとして aa participant参加者, we我々 would〜する have持ってる calibrated較正された theその difficulty困難 levelレベル
被験者のレベルに合わせて 
パズルの難易度を
04:44
of theその puzzlesパズル to yourきみの expertise専門知識.
調整する必要がありました
04:48
Becauseなぜなら we我々 want欲しいです theseこれら puzzlesパズル to be〜する difficult難しい.
簡単に解けては無意味ですから
04:50
Theseこれら are trickyトリッキー puzzlesパズル becauseなぜなら yourきみの first最初 instinct本能
このクイズは実に巧妙にできてて
04:52
is to sayいう "tulipチューリップ," andそして then次に you君は have持ってる to unstickつまらない yourselfあなた自身.
本能的に TULIP に見えるので 慌てて頭を切り替えたり―
04:55
Right? Soそう theseこれら have持ってる beenされている calibrated較正された to yourきみの levelレベル of expertise専門知識.
しなくてはいけませんね 
つまり適切な難易度に設定されています
04:59
Becauseなぜなら we我々 want欲しいです thisこの to be〜する difficult難しい, andそして I'll私はよ telltell you君は whyなぜ momentarily一瞬.
後に説明しますが簡単に解けては意味がありません
05:03
Now, here'sここにいる another別の example.
それではサンプル問題をもうひとつ
05:07
Anyone誰でも? It'sそれは muchたくさん moreもっと difficult難しい.
分かりますか?少し難しいかな?
05:09
(Audience聴衆: Embark始まる.) BSBS: Yeahええ, wowワオ. Okayはい.
(観客:EMBARK ) 正解!
05:11
Soそう, yeahええ, soそう thisこの is again再び difficult難しい.
こちらも難しかったでしょう
05:14
You君は will意志 sayいう "kambarカンバール," then次に you君は will意志 have持ってる to go行く, "makerメーカー,"
KAMBAR や MAKER など
05:16
andそして allすべて thatそれ, andそして then次に you君は canできる unstickつまらない yourselfあなた自身.
ひっかけがたくさんあるのです
05:17
Okayはい, soそう you君は have持ってる 30 minutes now to solve解決する theseこれら 15 puzzlesパズル.
このような問題15問を 30分間で解いてもらいます
05:19
Now, theその question質問 we're私たちは asking尋ねる hereここに
この実験で
05:24
is in terms条項 of theその outcome結果,
注目していることがあります
05:26
in terms条項 of theその number of puzzlesパズル solved解決した,
正解数が多いのは
05:28
will意志 you君は in theその driver'sドライバーズ seatシート
運転席に乗る場合の
05:30
end終わり upアップ solving解決する moreもっと puzzlesパズル,
方でしょうか?
05:33
becauseなぜなら you君は are in controlコントロール, you君は couldできた decide決めます whichどの teaお茶 you君は will意志 choose選択する,
つまり 飲むお茶を選択できたからこそ
成果が上がるのか
05:35
orまたは would〜する you君は be〜する betterより良い offオフ,
それともグループBの方が
05:38
in terms条項 of theその number of puzzlesパズル solved解決した?
正解数が多いのでしょうか?
05:40
Andそして systemically全身的に what we我々 will意志 showショー,
系統的な調査データをもとに
05:43
across横断する aa seriesシリーズ of studies研究,
分析した結果
05:45
is thatそれ you君は, theその passengers乗客,
実は助手席にいる方が
05:47
even偶数 thoughしかし theその teaお茶 wasあった picked選んだ forために you君は at〜で randomランダム,
お茶はランダムに割り当てられたものなのに
05:49
will意志 end終わり upアップ solving解決する moreもっと puzzlesパズル thanより you君は, theその driversドライバー.
運転席にいる方よりも多く正解しました
05:53
We我々 alsoまた、 observe観察する another別の thingもの,
もうひとつ分かったことは
05:57
andそして thatそれ is, you君は folks人々 notない onlyのみ are solving解決する fewer少ない puzzlesパズル,
運転席にいる方は回答数が少ないうえ
06:00
you'reあなたは alsoまた、 puttingパッティング lessもっと少なく juiceジュース into theその task仕事.
集中力を欠いています
06:02
Lessもっと少なく effort努力, you'reあなたは lessもっと少なく persistent永続的な, andそして soそう on.
努力が足りず 粘り強さもない
06:05
Howどうやって do行う you君は know知っている thatそれ?
なぜわかるのか?
06:08
Wellよく we我々 have持ってる two objective目的 measures措置.
2つの客観的指標があるのです
06:09
One1 is, what is theその time時間, on average平均, you'reあなたは taking取る
ひとつは問題を解くのに
06:12
in attempting試みる to solve解決する theseこれら puzzlesパズル?
かけた解答時間の平均です
06:15
You君は will意志 spend費やす lessもっと少なく time時間 compared比較した to you君は.
グループAの方が平均解答時間が短かったのです
06:17
Second二番, you君は have持ってる 30 minutes to solve解決する theseこれら,
二つ目です
制限時間は30分ありますが
06:20
are you君は taking取る theその entire全体 30 minutes, orまたは are you君は giving与える upアップ
最後まで諦めずがんばるか?
あるいは30分より
06:22
before theその 30 minutes elapse経過?
前に途中棄権するのか?
06:24
You君は will意志 be〜する moreもっと likelyおそらく to give与える upアップ before theその 30 minutes elapse経過 compared比較した to you君は.
グループAの方が途中棄権する確率が高かったのです
06:26
Soそう, you'reあなたは puttingパッティング in lessもっと少なく juiceジュース, andそして thereforeしたがって、 theその outcome結果:
集中力を欠いていることは結果にも現れます
06:31
fewer少ない puzzlesパズル solved解決した.
正解数が少ないのです
06:34
Now, thatそれ bringsもたらす us米国 now to, whyなぜ doesする thisこの happen起こる?
ではなぜ こんな結果になるのか
06:37
Andそして under what situations状況, whenいつ would〜する we我々 see見る thisこの patternパターン of results結果
どのような状況だと
こういう結果に―
06:41
whereどこで theその passenger旅客 is going行く to showショー betterより良い, moreもっと favorable有利な outcomes結果
つまり助手席側の方が
運転席側よりも
06:46
compared比較した to theその driverドライバ?
良い成果を出せるのか?
06:50
Itそれ allすべて has持っている to do行う with〜と whenいつ you君は face what I callコール theその INCAインカ.
INCA と名付けたもの遭遇する場合に問題となるのです
06:52
It'sそれは an acronym略語 thatそれ standsスタンド forために
INCA は 意思決定の後のフィードバックの
06:57
theその nature自然 of theその feedbackフィードバック you'reあなたは getting取得 after you'veあなたは made theその decision決定.
性質を表す言葉の頭文字です
06:59
Soそう, ifif you君は think思う about itそれ, in thisこの particular特に puzzleパズル task仕事,
今回のパズル実験を思い出してみてください
07:03
itそれ couldできた happen起こる in investing投資 in theその stock株式 market市場,
変化の激しい株式投資や
07:06
very非常に volatile揮発性の outでる thereそこ, itそれ couldできた be〜する theその medical医療 situation状況 ---
病気の場合でも同じですが
結果は
07:08
theその feedbackフィードバック hereここに is immediate即時.
直ちに分かりますよね (Immediate)
07:10
You君は know知っている theその feedbackフィードバック, whetherかどうか you'reあなたは solving解決する theその puzzlesパズル orまたは notない.
パズルが解けたかどうか すぐ分かります
07:13
Right? Second二番, itそれ is negative.
そして 結果は通常良くない (Negative)
07:17
Remember思い出す, theその deckデッキ wasあった stackedスタック againstに対して you君は.
パズルの難易度は
07:19
In terms条項 of theその difficulty困難 levelレベル of theseこれら puzzlesパズル.
意図的に高く設定されていました
07:22
Andそして thisこの canできる happen起こる in theその medical医療 domainドメイン.
これは医療の現場でも同じです
07:24
Forために example, very非常に early早い on in theその treatment処理,
例えば 治療のごく初期には
07:26
thingsもの are negative, theその feedbackフィードバック, before thingsもの become〜になる positiveポジティブ.
良い結果も見えず
状況や手ごたえは厳しいものです
07:28
Right? Itそれ canできる happen起こる in theその stock株式 market市場.
これは株式市場でも同じです
07:32
Volatile揮発性の stock株式 market市場, getting取得 negative feedbackフィードバック that'sそれは alsoまた、 immediate即時.
荒れた株式市場では
直ちに否定的な結果が得られます
07:34
Andそして theその feedbackフィードバック in allすべて theseこれら cases症例 is concreteコンクリート.
そして フィードバックは具体的です (Concrete)
07:37
It'sそれは notない ambiguousあいまいな; you君は know知っている ifif you'veあなたは solved解決した theその puzzlesパズル orまたは notない.
曖昧ではありません
正解か 不正解か
07:40
Now, theその added追加された one1, apart離れて fromから thisこの immediacy即時性,
さらにこの「即時性 (I)」
07:43
negative, thisこの concreteness具体性,
「ネガティブ (N)」「具体的 (C)」に
07:47
now you君は have持ってる aa senseセンス of agency代理店.
「主体感 (Agency)」が加わります
07:51
You君は wereあった responsible責任ある forために yourきみの decision決定.
自分の決断には責任が伴います
07:54
Soそう what do行う you君は do行う?
するとどうなるのか?
07:57
You君は focusフォーカス on theその foregone忘れる optionオプション.
選ばなかった選択肢が気になるのです
07:59
You君は sayいう, you君は know知っている what? I should〜すべき have持ってる chosen選ばれた theその otherその他 teaお茶.
だから もう一方のお茶を選んでればよかったのに―
08:01
(Laughter笑い)
(笑)
08:05
Thatそれ castsキャスト yourきみの decision決定 in doubt疑問に思う,
心の迷いが 意思決定を乱し
08:08
reduces減少する theその confidence信頼 you君は have持ってる in theその decision決定,
意思決定の自信低下
08:11
reduces減少する theその confidence信頼 you君は have持ってる in theその performanceパフォーマンス,
良い成果への自信低下
08:14
theその performanceパフォーマンス in terms条項 of solving解決する theその puzzlesパズル.
問題解決能力の低下につながります
08:16
Andそして thereforeしたがって、 lessもっと少なく juiceジュース into theその task仕事,
課題解決に身が入らないので
08:18
fewer少ない puzzlesパズル solved解決した, aa lessもっと少なく favorable有利な outcome結果 compared比較した to you君は folks人々.
正解数が少なくグループBより劣る結果となります
08:20
Andそして thisこの canできる happen起こる in theその medical医療 domainドメイン, ifif you君は think思う about itそれ.
これは医療分野でも十分に起こりえますね
08:25
Right? Aa patient患者 in theその driver'sドライバーズ seatシート, forために example.
患者を運転席に座らせた場合
08:28
Lessもっと少なく juiceジュース, whichどの means手段 keeping維持 herself自分自身 orまたは himself彼自身
活力に欠け 回復のプロセスを促す
08:30
lessもっと少なく physically物理的に fitフィット, physically物理的に activeアクティブ to hasten早く theその recovery回復 processプロセス,
運動や 健康維持の努力に
身が入らなくなってしまいます
08:33
whichどの is what is oftenしばしば advocated提唱された. You君は probably多分 wouldn'tしないだろう do行う thatそれ.
大切だといわれているのにです
これは良くないですね
08:37
Andそして thereforeしたがって、, thereそこ are times whenいつ you'reあなたは facing直面する theその INCAインカ,
ですからINCAに遭遇したら
08:41
whenいつ theその feedbackフィードバック is going行く to be〜する immediate即時, negative,
フィードバックが即時でネガティブであり
08:46
concreteコンクリート, andそして you君は have持ってる theその senseセンス of agency代理店,
具体的で 自己責任を感じる時
08:50
whereどこで you'reあなたは far遠い betterより良い offオフ taking取る theその passenger's乗客 seatシート
その場合は―誰かに運転席を任せ
08:53
andそして have持ってる someone誰か elseelse driveドライブ.
助手席に座ったほうがずっと良いのです
08:55
Now, I started開始した offオフ
今日は重苦しい
08:59
on theその somber憂鬱な note注意.
トーンで始まったので
09:00
I want欲しいです to finish仕上げ upアップ on aa moreもっと upbeatアップビート note注意.
最後は陽気なトーンで締め括りましょう
09:02
Itそれ has持っている now beenされている five years, slightly少し moreもっと thanより five years,
あれから5年が経過し―正確には5年以上ですが
09:04
andそして theその good良い newsニュース, thank感謝 God,
非常に喜ばしいことに
09:07
is thatそれ theその cancer is stillまだ in remission寛解.
家内の癌は未だ寛解期に留まっています
09:09
Soそう itそれ allすべて ends終わり wellよく,
治療も順調に進んだわけです
09:14
butだけど one1 thingもの I didn'tしなかった mention言及 wasあった
ただし ひとつだけ言ってなかったことがあります
09:16
thatそれ very非常に early早い on into her彼女 treatment処理,
二人で相談した結果
家内の初期治療のときから
09:19
myじぶんの wife andそして I decided決定しました thatそれ we我々 will意志 take取る theその passenger's乗客 seatシート.
我々は助手席に座ることを決めました
09:22
Andそして thatそれ made soそう muchたくさん of aa difference
そのことで得られた心の平安のおかげで
09:26
in terms条項 of theその peace平和 of mindマインド thatそれ came来た with〜と thatそれ,
病気の回復に集中できたことが
09:28
we我々 couldできた focusフォーカス on her彼女 recovery回復.
この結果につながったと思います
09:31
We我々 let〜する theその doctors医師 make作る allすべて theその decisions決定,
我々は医者に運転席を譲り
09:33
take取る theその driver'sドライバーズ seatシート.
すべての意思決定を任せました
09:36
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
09:38
(Applause拍手)
(拍手)
09:40
Translated by Masaki Uchihashi
Reviewed by Natsuhiko Mizutani

▲Back to top

About the speaker:

Baba Shiv - Neuroeconomist
Baba Shiv studies how “liking” and “wanting” shape the choices we make, and what that means in the world of marketing.

Why you should listen

Does a bottle of wine’s price tag price affect the pleasure one experiences in buying and drinking it? Does getting immediate feedback on a choice lead a person to doubt their decision? Does being denied something make people pursue it more hotly while simultaneously liking it less? Over his academic career, Baba Shiv has researched these questions in neuroeconomics, winning awards like the William O’Dell prize for an article that made a significant, long-term contribution to marketing theory and practice. Two of Professor Shiv's publications have received the Citation of Excellence from Emerald Management Reviews, and his research has been been featured on "The Tonight Show with Jay Leno" and on NPR's "Radiolab," as well as in the Financial Times, The New York Times, and The Wall Street Journal.

A professor at Stanford's Graduate School of Busines , Shiv is the director of the Strategic Marketing Management Executive Program and teaches several popular MBA courses including “The Frinky Science of the Mind” and “Entrepreneurial Ventures in Luxury Markets.” He served as the editor of the Journal of Consumer Research and is also on the editorial boards of the Journal of Consumer Psychology, Journal of Retailing, Journal of Marketing and the Journal of Marketing Research.

More profile about the speaker
Baba Shiv | Speaker | TED.com