English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2012

Sarah-Jayne Blakemore: The mysterious workings of the adolescent brain

サラ=ジェイン・ブレイクモア:青年期の脳の不思議

Filmed
Views 2,294,664

大人に比べて、ティーンエージャーはなぜこうも衝動的で自覚が低いのだろう?認知神経科学者のサラ=ジェイン・ブレイクモアが、青年期と成人期における脳の前頭前皮質を比較することで、典型的ティーンエージャーの行動の原因は成長途上の脳にあることを明らかにします。

- Cognitive Neuroscientist
Sarah-Jayne Blakemore studies the social brain -- the network of brain regions involved in understanding other people -- and how it develops in adolescents. Full bio

Fifteen15 years ago, itそれ wasあった widely広く assumed想定される
15年前の人々の間では
00:16
thatそれ theその vast広大 majority多数 of brain development開発
脳は誕生後わずか数年で
00:19
takesテイク place場所 in theその first最初 few少数 years of life生活.
発達するものだと考えられていました
00:21
Backバック then次に, 15 years ago, we我々 didn'tしなかった have持ってる theその ability能力
そのころは 生きた人間の
00:24
to look見える inside内部 theその living生活 human人間 brain
脳の中身を見て 脳が発達していく経過を
00:27
andそして trackトラック development開発 across横断する theその lifespan寿命.
観察するなんてことはできませんでした
00:29
In theその past過去 decade10年 orまたは soそう, mainly主に due支払う to advances進歩
でもここ数十年のこと
00:32
in brain imagingイメージング technology技術
MRIなどの
00:36
suchそのような asとして magnetic磁気 resonance共振 imagingイメージング, orまたは MRImri,
脳画像技術が進歩したため
00:37
neuroscientists神経科学者 have持ってる started開始した to look見える inside内部 theその living生活
脳科学者達は 幅広い年齢の脳を観て
00:40
human人間 brain of allすべて ages年齢, andそして to trackトラック changes変更
歳をとると共に 人の脳の構造と働きが
00:43
in brain structure構造 andそして brain function関数,
どう変化するのか研究し始めました
00:46
soそう we我々 useつかいます structural構造的 MRImri ifif you'dあなたは like好きな to take取る aa snapshotスナップショット,
構造的MRIを使えば ものすごく高画質な
00:49
aa photograph写真, at〜で really本当に high高い resolution解決 of theその inside内部
脳のスナップ写真を撮ることができ
00:52
of theその living生活 human人間 brain, andそして we我々 canできる ask尋ねる questions質問 like好きな,
灰白質は脳のどれくらいを占めるのか
00:55
howどうやって muchたくさん grayグレー matter問題 doesする theその brain contain含む,
その比率は歳と共にどう変わるのか など
00:59
andそして howどうやって doesする thatそれ change変化する with〜と age年齢?
様々な謎を解明しだしました
01:01
Andそして we我々 alsoまた、 useつかいます functional機能的 MRImri, calledと呼ばれる fMRIfmri,
そして機能的MRI いわゆるfMRIを使えば
01:03
to take取る aa videoビデオ, aa movie映画, of brain activityアクティビティ
実験参加者の脳のビデオを撮って
01:07
whenいつ participants参加者 are taking取る part in some一部 kind種類 of task仕事
考えたり 感じたりしている脳を
01:10
like好きな thinking考え orまたは feeling感じ orまたは perceiving知覚する something何か.
観察することができるのです
01:13
Soそう manyたくさんの labsラボ aroundまわり theその world世界 are involved関係する in thisこの kind種類
世界中で このような研究が行われている今
01:16
of research研究, andそして we我々 now have持ってる aa really本当に richリッチ
生きた人間の脳の実体と発達について
01:19
andそして detailed詳細な picture画像 of howどうやって theその living生活 human人間 brain develops発展する,
非常に多くのことが分かってきました
01:21
andそして thisこの picture画像 has持っている radically根本的に changedかわった theその way方法
そのため 科学者たちの
01:24
we我々 think思う about human人間 brain development開発
脳の発達についての考え方も一新しました
01:27
by〜によって revealing明らかにする thatそれ it'sそれは notない allすべて over以上 in early早い childhood子供時代,
脳は幼いころに全て完成するのではなく
01:30
andそして instead代わりに, theその brain continues続ける to develop開発する
青年期 そして20代 30代と
01:33
right throughout全体を通して adolescence思春期 andそして into theその ''20ss andそして ''30ss.
発達し続けることが明らかになったのです
01:35
Soそう adolescence思春期 is defined定義された asとして theその period期間 of life生活 thatそれ starts開始する
さて青年期とは 人の生物的な面 ホルモンや肉体の
01:40
with〜と theその biological生物学的, hormonalホルモン, physical物理的 changes変更 of puberty思春期
思春期における変化とともに始まり
01:43
andそして ends終わり at〜で theその age年齢 at〜で whichどの an individual個人 attains達成する
社会的に自立したとき終了する
01:48
aa stable安定した, independent独立した role役割 in society社会.
期間だと考えられています
01:51
(Laughter笑い)
(笑)
01:55
Itそれ canできる go行く on aa long長いです time時間. (Laughter笑い)
長いこと青年期に留まっている人もいます(笑)
01:56
One1 of theその brain regions地域 thatそれ changes変更 most最も dramatically劇的に
青年期に最も劇的に変化するのは
01:59
during adolescence思春期 is calledと呼ばれる prefrontal前頭前野 cortex皮質.
脳の前頭前皮質という部分でしょう
02:02
Soそう thisこの is aa modelモデル of theその human人間 brain,
これは人の脳の模型です
02:05
andそして thisこの is prefrontal前頭前野 cortex皮質, right at〜で theその frontフロント.
正面の この部分が 前頭前皮質です
02:08
Prefrontal前頭前野 cortex皮質 is an interesting面白い brain areaエリア.
脳の中でも面白い部分です 人の前頭前皮質は
02:11
It'sそれは proportionally比例して muchたくさん biggerより大きい in humans人間 thanより
他の生物に比べ 脳の中でより大きな比率を占め
02:14
in anyどれか otherその他 species, andそして it'sそれは involved関係する in aa whole全体 range範囲 of
様々な知性的機能を果たします
02:17
high高い levelレベル cognitive認知 functions機能, thingsもの like好きな decision-making意思決定,
例えば意思決定や計画—
明日 来週 あるいは来年
02:21
planningプランニング, planningプランニング what you'reあなたは going行く to do行う tomorrow明日
何をするか計画する
02:24
orまたは next week週間 orまたは next year, inhibiting阻害する
あるいは不適当な行動の抑制 つまり
02:26
inappropriate不適切 behavior動作, soそう stopping停止する yourselfあなた自身 saying言って
失礼なことを口にしたり ばかげたことを
02:29
something何か really本当に rude失礼 orまたは doingやっている something何か really本当に stupid愚か.
しないように自己を抑える機能
02:31
It'sそれは alsoまた、 involved関係する in socialソーシャル interactionインタラクション,
人との交流にも必要です 例えば
02:34
understanding理解 otherその他 people, andそして self-awareness自己認識.
他人への理解 そして自己認識
02:36
Soそう MRImri studies研究 looking探している at〜で theその development開発 of thisこの region領域
MRIを利用して脳のこの部分の発達を追う
02:39
have持ってる shown示された thatそれ itそれ really本当に undergoes苦しむ dramatic劇的 development開発
研究をすることで 前頭前皮質は青年期に
02:42
during theその period期間 of adolescence思春期.
本当に劇的に発達することが明らかにされました
02:45
Soそう ifif you君は look見える at〜で grayグレー matter問題 volumeボリューム, forために example,
例えば 4歳から22歳の灰白質を見てみると
02:48
grayグレー matter問題 volumeボリューム across横断する age年齢 fromから age年齢 four4つの to 22 years
その容積は子供の頃に増え始めます
02:51
increases増加する during childhood子供時代, whichどの is what you君は canできる see見る
このグラフを見てください
02:55
on thisこの graphグラフ. Itそれ peaksピーク in early早い adolescence思春期.
前頭前皮質の容積は 青年期のはじめ ピークに達します
02:58
Theその arrows indicate示す peakピーク grayグレー matter問題 volumeボリューム
矢印は前頭前皮質中の灰白質容積の
03:02
in prefrontal前頭前野 cortex皮質. You君は canできる see見る thatそれ thatそれ peakピーク happens起こる
ピークを示しています
このピークが訪れるのは 男の子の方が
03:04
aa coupleカップル of years later後で in boys男の子 relative相対 to girls女の子,
女の子より2年ほど遅れています
03:08
andそして that'sそれは probably多分 becauseなぜなら boys男の子 go行く throughを通して puberty思春期
これは 男の子は女の子より2年ほど遅れて
03:11
aa coupleカップル of years later後で thanより girls女の子 on average平均,
思春期を迎えるからでしょう
03:13
andそして then次に during adolescence思春期, there'sそこに aa significant重要な decline低下
そして青年期の間に前頭前皮質の
03:15
in grayグレー matter問題 volumeボリューム in prefrontal前頭前野 cortex皮質.
灰白質の容積はぐんと小さくなります
03:19
Now thatそれ mightかもしれない sound bad悪い, butだけど actually実際に thisこの is
これは悪いことに聞こえるかもしれませんが
03:21
aa really本当に important重要 developmental発達する processプロセス, becauseなぜなら
実は脳の発達にとって大変重要なことなのです
03:23
grayグレー matter問題 contains含まれる cell細胞 bodies andそして connections接続
灰白質にはたくさんの細胞体や
03:26
betweenの間に cells細胞, theその synapsesシナプス, andそして thisこの decline低下
細胞同士をつなぐシナプスがあり
03:31
in grayグレー matter問題 volumeボリューム during prefrontal前頭前野 cortex皮質
灰白質の容積が小さくなると共に
03:34
is thought思想 to correspond対応する to synapticシナプス pruning剪定,
余分なシナプスが除去されると
03:37
theその elimination排除 of unwanted不要な synapsesシナプス.
考えられています
03:40
Thisこの is aa really本当に important重要 processプロセス. It'sそれは partly部分的に dependent依存
これは非常に大切な過程で ある程度
03:42
on theその environment環境 thatそれ theその animal動物 orまたは theその human人間 is in,
その生き物の生活環境にも影響されます
03:45
andそして theその synapsesシナプス thatそれ are beingであること used中古 are strengthened強化された,
頻繁に使用されるシナプスはより強化され
03:48
andそして synapsesシナプス thatそれ aren'tない beingであること used中古
その環境で生活する上で
03:52
in thatそれ particular特に environment環境 are pruned剪定された away離れて.
必要でないシナプスは除去されます
03:54
You君は canできる think思う of itそれ aa bitビット like好きな pruning剪定 aa rosebushローズブッシュ.
バラの木のように
03:56
You君は pruneプルーン away離れて theその weaker弱い branches soそう thatそれ
やわな枝を除去することで
03:58
theその remaining残り, important重要 branches, canできる grow成長する strongerより強く,
残りの 生存に重要な枝がより丈夫になる
04:01
andそして thisこの processプロセス, whichどの effectively効果的に fine-tunes微調整 brain tissue組織
この過程が青年期の間に 効果的に
04:04
accordingに従って to theその species-specific種特異的 environment環境,
その生き物特有の環境に最も適した
04:08
is happeningハプニング in prefrontal前頭前野 cortex皮質 andそして in otherその他 brain regions地域
脳をつくりあげます 前頭前皮質を含めて
04:11
during theその period期間 of human人間 adolescence思春期.
脳の様々な部分で調整が行われるのです
04:14
Soそう aa second二番 lineライン of inquiry問い合わせ thatそれ we我々 useつかいます to trackトラック changes変更
さて 青年期の脳の変化を記録するために
04:17
in theその adolescent思春期の brain is usingを使用して functional機能的 MRImri
fMRIを利用して 歳と共に人の脳の動きが
04:21
to look見える at〜で changes変更 in brain activityアクティビティ across横断する age年齢.
どう変化するか研究したりもしています 例として私の研究室での
04:24
Soそう I'll私はよ justちょうど give与える you君は an example fromから myじぶんの lab研究室.
実験を紹介しましょう
04:28
Soそう in myじぶんの lab研究室, we're私たちは interested興味がある in theその socialソーシャル brain, thatそれ is
私達は脳の社会的な部分に興味があります
04:29
theその networkネットワーク of brain regions地域 thatそれ we我々 useつかいます to understandわかる
つまり周りの人を理解して
04:33
otherその他 people andそして to interact相互作用する with〜と otherその他 people.
交流するために重要な 脳の部分です
04:36
Soそう I like好きな to showショー aa photograph写真 of aa soccerサッカー gameゲーム
この社会的な脳には2つの側面があります
04:39
to illustrate説明する two aspects側面 of howどうやって yourきみの socialソーシャル brains頭脳 work作業.
ここにあるサッカーの試合の写真を見てください
04:43
Soそう thisこの is aa soccerサッカー gameゲーム. (Laughter笑い)
サッカーの試合の一場面ですが(笑)
04:47
Michaelマイケル Owenオーウェン has持っている justちょうど missed逃した aa goalゴール, andそして he's彼は lying嘘つき
ゴールをミスしたマイケル・オーウェンが
04:48
on theその ground接地, andそして theその first最初 aspectアスペクト of theその socialソーシャル brain
グラウンドに崩れ落ちたとこです
04:51
thatそれ thisこの picture画像 really本当に nicelyきれいに illustrates説明する is howどうやって automatic自動
この写真から 社会的な脳の一面 つまり
04:54
andそして instinctive本能的 socialソーシャル emotional感情の responses反応 are,
社会的で感情的な反応を示す面が見て取れます
04:57
soそう within以内 aa splitスプリット second二番 of Michaelマイケル Owenオーウェン missing行方不明 thisこの goalゴール,
オーウェンがゴールをミスした その瞬間に
05:00
everyoneみんな is doingやっている theその same同じ thingもの with〜と their彼らの arms武器
皆 腕と顔で同じことをする
05:03
andそして theその same同じ thingもの with〜と their彼らの face, even偶数 Michaelマイケル Owenオーウェン
同じ動作 同じ表情
05:05
asとして he slidesスライド along一緒に theその grass, is doingやっている theその same同じ thingもの
グラウンドに倒れている
05:06
with〜と his arms武器, andそして presumablyおそらく has持っている aa similar類似
オーウェンも きっと同じ表情をしていることでしょう
05:08
facialフェイシャル expression表現, andそして theその onlyのみ people who don'tしない
例外となるものは 後ろの方にいる
05:11
are theその guysみんな in yellow at〜で theその backバック — (Laughs笑う) —
黄色の服を着た彼らだけでしょう(笑)
05:13
andそして I think思う they're彼らは on theその wrong違う end終わり of theその stadiumスタジアム,
彼らはスタジアムの反対側にいるべきでしょう
05:16
andそして they're彼らは doingやっている another別の socialソーシャル emotional感情の response応答
彼らは別の社会的感情的反応を示しています
05:19
thatそれ we我々 allすべて instantly即座に recognize認識する, andそして that'sそれは theその second二番 aspectアスペクト
これが社会的な脳のもう一つの側面です
05:21
of theその socialソーシャル brain thatそれ thisこの picture画像 really本当に nicelyきれいに illustrates説明する,
この写真を見れば とてもよく分かリます
05:23
howどうやって good良い we我々 are at〜で reading読書 otherその他 people's人々の behavior動作,
私達は周囲のふるまい 行動 しぐさ 表情を見て
05:27
their彼らの actions行動, their彼らの gesturesジェスチャー, their彼らの facialフェイシャル expressions表現,
その人の感情と心理を非常に上手く
05:30
in terms条項 of their彼らの underlying根底にある emotions感情 andそして mental精神的な states.
読みとる能力を持っているのです
05:33
Soそう you君は don'tしない have持ってる to ask尋ねる anyどれか of theseこれら guysみんな.
だから彼らが今どんなことを
05:37
You君は have持ってる aa prettyかなり good良い ideaアイディア of what they're彼らは feeling感じ
考え 感じているか 直接彼らに
05:39
andそして thinking考え at〜で thisこの precise正確 moment瞬間 in time時間.
問う必要は全くないのです
05:41
Soそう that'sそれは what we're私たちは interested興味がある in looking探している at〜で in myじぶんの lab研究室.
私の研究室の関心はそういうことです
05:44
Soそう in myじぶんの lab研究室, we我々 bring持参する adolescents青年 andそして adults大人 into theその lab研究室
研究室に青年期と成人期の人をそれぞれ集め
05:46
to have持ってる aa brain scanスキャン, we我々 give与える themそれら some一部 kind種類 of task仕事
脳の映像をとります そして
05:49
thatそれ involves関係する thinking考え about otherその他 people, their彼らの minds,
ある課題を与えることで 他人の
05:52
their彼らの mental精神的な states, their彼らの emotions感情, andそして one1 of theその findings所見
思考 心理 感情について考えてもらいます
05:55
thatそれ we've私たちは found見つけた severalいくつかの times now, asとして have持ってる otherその他 labsラボ
世界中で こんな研究を通してあることが
05:58
aroundまわり theその world世界, is part of theその prefrontal前頭前野 cortex皮質 calledと呼ばれる
解明されました 前頭前皮質の内側部
06:01
medial内側 prefrontal前頭前野 cortex皮質, whichどの is shown示された in blue on theその slide滑り台,
このスライドで見ると青の部分で
06:04
andそして it'sそれは right in theその middle中間 of prefrontal前頭前野 cortex皮質
前頭前皮質のど真ん中
06:07
in theその midline正中線 of yourきみの head.
ちょうど頭の中間に位置する部分です
06:10
Thisこの region領域 is moreもっと activeアクティブ in adolescents青年 whenいつ they彼ら make作る
他人について考えている青年期の脳の前頭前皮質内側部は
06:12
theseこれら socialソーシャル decisions決定 andそして think思う about otherその他 people
大人に比べより活発に動いているのです
06:16
thanより itそれ is in adults大人, andそして thisこの is actually実際に aa meta-analysisメタアナリシス
世界中の9つの研究室の結果を集めた
06:18
of nine9人 different異なる studies研究 in thisこの areaエリア fromから labsラボ aroundまわり
メタアナリシスの結果を見ると
06:20
theその world世界, andそして they彼ら allすべて showショー theその same同じ thingもの, thatそれ activityアクティビティ
同じ傾向を見て取ることができます
06:24
in thisこの medial内側 prefrontal前頭前野 cortex皮質 areaエリア decreases減少する
前頭前皮質の内側部は 青年期を頂点に
06:26
during theその period期間 of adolescence思春期.
しだいに小さくなっていくのです
06:30
Andそして we我々 think思う thatそれ mightかもしれない be〜する becauseなぜなら adolescents青年 andそして adults大人
これは 社会的な意思決定をするとき
06:32
useつかいます aa different異なる mental精神的な approachアプローチ, aa different異なる
若者と大人では 違ったアプローチで
06:35
cognitive認知 strategy戦略, to make作る socialソーシャル decisions決定,
思考するためだと考えられています
06:37
andそして one1 way方法 of looking探している at〜で thatそれ is to do行う behavioral行動的 studies研究
この違いを観察するために 人を研究室に集め
06:41
wherebyそれによって we我々 bring持参する people into theその lab研究室 andそして we我々 give与える themそれら
行動科学実験の課題を与えます
06:44
some一部 kind種類 of behavioral行動的 task仕事, andそして I'll私はよ justちょうど give与える you君は
私の研究室で行っている実験を
06:46
another別の example of theその kind種類 of task仕事 thatそれ we我々 useつかいます in myじぶんの lab研究室.
もう一つ例として紹介しましょう
06:49
Soそう imagine想像する thatそれ you'reあなたは theその participant参加者 in one1 of our我々の
この実験の参加者として 実験室に来て
06:52
experiments実験. You君は come来る into theその lab研究室,
コンピュータで
06:55
you君は see見る thisこの computerizedコンピュータ化された task仕事.
こんな課題を見せられたと想像してみてください
06:56
In thisこの task仕事, you君は see見る aa setセット of shelves.
この課題は 本棚を使います
06:59
Now, thereそこ are objectsオブジェクト on theseこれら shelves, on some一部 of themそれら,
さて 棚のところどころに物が置かれていて
07:02
andそして you'llあなたは notice通知 there'sそこに aa guy standing立っている behind後ろに theその setセット
反対側に男の人がいるのが見えますね
07:05
of shelves, andそして thereそこ are some一部 objectsオブジェクト thatそれ he can'tできない see見る.
彼には全ての物は見えないようになっています
07:08
They're彼らは occluded閉塞した, fromから his pointポイント of view見る, with〜と aa kind種類 of
いくつかの物は この人には見えないよう
07:11
grayグレー pieceピース of wood木材.
グレーの板によって隠されているのです
07:13
Thisこの is theその same同じ setセット of shelves fromから his pointポイント of view見る.
これが 反対側に立っている男に見える棚です
07:16
Notice通知 thatそれ thereそこ are onlyのみ some一部 objectsオブジェクト thatそれ he canできる see見る,
彼の方から見える物は限られています
07:20
whereas一方、 thereそこ are manyたくさんの moreもっと objectsオブジェクト thatそれ you君は canできる see見る.
逆に あなたの方からは ずっと多くの物が見えます
07:23
Now yourきみの task仕事 is to move動く objectsオブジェクト aroundまわり.
あなたの課題は 棚の物を動かすことです
07:25
Theその directorディレクター, standing立っている behind後ろに theその setセット of shelves,
棚の反対側の男は ディレクタとして
07:28
is going行く to direct直接 you君は to move動く objectsオブジェクト aroundまわり,
何を動かすかべきか指示します ただ 彼が見えない物について
07:30
butだけど remember思い出す, he's彼は notない going行く to ask尋ねる you君は to move動く objectsオブジェクト
指示することはない ということを
07:33
thatそれ he can'tできない see見る. Thisこの introduces紹介する aa really本当に interesting面白い
忘れないでくださいね 面白いことに
07:35
condition調子 wherebyそれによって there'sそこに aa kind種類 of conflict紛争
この設定では あなたとディレクタの
07:38
betweenの間に yourきみの perspective視点 andそして theその director's監督 perspective視点.
観点が微妙に異なり 衝突するのです 例えば
07:41
Soそう imagine想像する he tells伝える you君は to move動く theその top truckトラック left.
一番上のトラックを左に動かすよう指示されたとします
07:44
Thereそこ are three trucksトラック thereそこ. You'reあなたは going行く to instinctively本能的に
トラックは3つありますが 直感的に
07:47
go行く forために theその white truckトラック, becauseなぜなら that'sそれは theその top truckトラック
自分から見て一番上にある 白いトラックに
07:49
fromから yourきみの perspective視点, butだけど then次に you君は have持ってる to remember思い出す,
手を伸ばすでしょう ここで思い出さなければいけません
07:51
"Ohああ, he can'tできない see見る thatそれ truckトラック, soそう he must必須 mean平均
「そうだ 彼にはこのトラックは見えないんだから
07:54
me to move動く theその blue truckトラック," whichどの is theその top truckトラック
彼の方から見て一番上の青いのトラックのことを
07:56
fromから his perspective視点. Now believe信じる itそれ orまたは notない,
言ってるんだ」 驚くことに あなた方のような
07:59
normal正常, healthy健康, intelligentインテリジェントな adults大人 like好きな you君は make作る errorsエラー
何の障害もない 頭のいい大人でも
08:01
about 50 percentパーセント of theその time時間 on thatそれ kind種類 of trial試行.
50%の確率で間違うのです
08:04
They彼ら move動く theその white truckトラック instead代わりに of theその blue truckトラック.
青いトラックでなく 白いのを動かしてしまいます
08:08
Soそう we我々 give与える thisこの kind種類 of task仕事 to adolescents青年 andそして adults大人,
青年期と成人期の人に それぞれこんな作業をしてもらうわけです
08:10
andそして we我々 alsoまた、 have持ってる aa controlコントロール condition調子
対照実験では
08:14
whereどこで there'sそこに noいいえ directorディレクター andそして instead代わりに we我々 give与える people aa ruleルール.
ディレクターなしで 代わりにルールを決めます
08:15
We我々 telltell themそれら, okayはい, we're私たちは going行く to do行う exactly正確に theその same同じ thingもの
全く同じことをするのですが
08:19
butだけど thisこの time時間 there'sそこに noいいえ directorディレクター. Instead代わりに you'veあなたは got持っている to
今回は反対側にディレクタはいません ルールは
08:21
ignore無視する objectsオブジェクト with〜と theその darkダーク grayグレー backgroundバックグラウンド.
後ろに濃いグレーの板がある物は無視するということです
08:24
You'llあなたは see見る thatそれ thisこの is exactly正確に theその same同じ condition調子, onlyのみ
全く同じ設定ですね ただ
08:27
in theその no-directorノーディレクター condition調子 they彼ら justちょうど have持ってる to remember思い出す
ディレクタなしの場合は 何だか恣意的な
08:30
to apply適用する thisこの somewhat幾分 arbitrary任意 ruleルール, whereas一方、
ルールを与えられて
08:33
in theその directorディレクター condition調子, they彼ら have持ってる to remember思い出す
ディレクタがいる設定では
08:36
to take取る into accountアカウント theその director's監督 perspective視点
彼の視点について考えることを忘れずに
08:38
in order注文 to guideガイド their彼らの ongoing進行中の behavior動作.
次の動きを決めなければいけません
08:41
Okayはい, soそう ifif I justちょうど showショー you君は theその percentageパーセンテージ errorsエラー
私の実験室で行った 大規模な発達の研究における
08:45
in aa large developmental発達する study調査 we我々 didした,
間違いの割合をお見せしましょう
08:48
thisこの is in aa study調査 ranging範囲 fromから age年齢 sevenセブン to adulthood成人期,
参加者は7歳児から大人までいました
08:51
andそして what you'reあなたは going行く to see見る is theその percentageパーセンテージ errorsエラー
両方の設定における
08:54
in theその adult大人 groupグループ in bothどちらも conditions条件,
大人たちの間違う割合を見てみましょう
08:55
soそう theその grayグレー is theその directorディレクター condition調子, andそして you君は see見る
グレーはディレクタ有りの設定です
08:57
thatそれ our我々の intelligentインテリジェントな adults大人 are making作る errorsエラー about 50 percentパーセント
賢い大人が 50%の確率で間違っていますね
09:01
of theその time時間, whereas一方、 they彼ら make作る far遠い fewer少ない errorsエラー
でも グレーの板の前の物は無視するという
09:03
whenいつ there'sそこに noいいえ directorディレクター presentプレゼント, whenいつ they彼ら justちょうど have持ってる
ディレクタ無しの設定では
09:06
to remember思い出す thatそれ ruleルール of ignoring無視する theその grayグレー backgroundバックグラウンド.
間違える確率がぐんと低い ということが明らかです
09:08
Developmentally発達的に, theseこれら two conditions条件 develop開発する
この2つの設定で必要となる能力は 全く同じように
09:11
in exactly正確に theその same同じ way方法. Betweenの間に late遅く childhood子供時代
発達します 児童期の終わりから
09:14
andそして mid-adolescence青年期中期, there'sそこに an improvement改善,
青年期の半ばにかけて 両方の設定で
09:17
in otherその他 words言葉 aa reduction削減 of errorsエラー, in bothどちらも of theseこれら trials試行,
間違う確率は減っていきます
09:19
in bothどちらも of theseこれら conditions条件.
どっちの設定を見てみても
09:22
Butだけど it'sそれは whenいつ you君は compare比較する theその last最終 two groupsグループ,
でも右端の 青年期半ばと大人のグループを
09:23
theその mid-adolescent中年の青年 groupグループ andそして theその adult大人 groupグループ
比較すると とても興味深いことが
09:26
whereどこで thingsもの get取得する really本当に interesting面白い, becauseなぜなら thereそこ, thereそこ is
明らかになってきます ここからは
09:28
noいいえ continued続ける improvement改善 in theその no-directorノーディレクター condition調子.
ディレクタ無しの設定では 進歩が見られません
09:31
In otherその他 words言葉, everythingすべて you君は need必要 to do行う in order注文 to
つまり ルールを忘れずにその通りに行動するために
09:34
remember思い出す theその ruleルール andそして apply適用する itそれ seems思われる to be〜する fully完全に developed発展した
必要な能力は もう青年期半ばに
09:37
by〜によって mid-adolescence青年期中期, whereas一方、 in contrastコントラスト,
完全に発達しているようです
09:39
ifif you君は look見える at〜で theその last最終 two grayグレー barsバー, there'sそこに stillまだ
反対に 最後の2つグレーの棒を見ると
09:42
aa significant重要な improvement改善 in theその directorディレクター condition調子
ディレクタ有りの設定では
青年期半ばから成人期にかけて
09:44
betweenの間に mid-adolescence青年期中期 andそして adulthood成人期, andそして what
ぐんと成績が上がります
09:47
thisこの means手段 is thatそれ theその ability能力 to take取る into accountアカウント someone誰か
つまり 他人の観点を理解しながら
09:50
else's他の perspective視点 in order注文 to guideガイド ongoing進行中の behavior動作,
次の動きを決めるために必要な能力
09:53
whichどの is something何か, by〜によって theその way方法, thatそれ we我々 do行う in everyday毎日 life生活 allすべて
生きていく上で 日々
09:57
theその time時間, is stillまだ developing現像 in mid-to-late中〜後半 adolescence思春期.
絶えず必要になる この能力は
青年期の後半には まだ発達中なのです
09:59
Soそう ifif you君は have持ってる aa teenage十代 son息子 orまたは aa daughter andそして you君は
だからティーンエージャーの息子や娘が
10:03
sometimes時々 think思う they彼ら have持ってる problems問題 taking取る otherその他 people's人々の
ちゃんと他人の観点を気にして
10:06
perspectives視点, you'reあなたは right. They彼ら do行う. Andそして thisこの is whyなぜ.
行動するのが下手なのには 理由があるのです
10:08
Soそう we我々 sometimes時々 laugh笑い about teenagersティーンエイジャー.
ティーンエージャーって面白いですよね
10:12
They're彼らは parodiedパロディー, sometimes時々 even偶数 demonized悪魔化した in theその mediaメディア
メディアは 典型的なティーンエージャーの振る舞いを
10:16
forために their彼らの kind種類 of typical典型的な teenage十代 behavior動作. They彼ら take取る risksリスク,
パロディ化したり ときには悪魔のように扱います
10:19
they're彼らは sometimes時々 moodyムーディー, they're彼らは very非常に self-conscious自己意識的.
リスキーなことをする 気分屋 そして異常に自意識過剰
10:23
I have持ってる aa really本当に niceいい anecdote逸話 fromから aa friend友人 of mine鉱山
友達から聞いた とてもいい話があります
10:26
who said前記 thatそれ theその thingもの he noticed気づいた most最も
彼の娘達が思春期を迎えたとき その前と後での
10:28
about his teenage十代 daughters before andそして after puberty思春期
最もはっきりとした違いは
10:31
wasあった their彼らの levelレベル of embarrassment恥ずかしさ in frontフロント of him.
父親といる時の彼女達の当惑ぶりだそうです
10:34
Soそう, he said前記, "Before puberty思春期, ifif myじぶんの two daughters
思春期前の彼女達が お店でふざけていたら
10:36
wereあった messingいじめる aroundまわり in aa shopショップ, I'd私は sayいう, 'Hey「ねえ,
「君たちの大好きな歌を歌ってあげるからふざけるのは
10:39
stopやめる messingいじめる aroundまわり andそして I'll私はよ sing歌う yourきみの favoriteお気に入り song,''
やめなさい」と言えば 娘たちはすぐにふざけるのをやめ
10:41
andそして instantly即座に they'd彼らは stopやめる messingいじめる aroundまわり andそして he'd彼は sing歌う
喜んで彼の歌を聞くものだったそうです
10:43
their彼らの favoriteお気に入り song. After puberty思春期, thatそれ becameなりました theその threat脅威.
思春期を越えた彼女達にとって これは脅しとなりました
10:44
(Laughter笑い)
(笑)
10:48
Theその very非常に notion概念 of their彼らの dadパパ singing歌う in publicパブリック
父親が人前で歌うなんて考えただけで
10:50
wasあった enough十分な to make作る themそれら behave行動する.
おりこうにする気になったのです
10:53
Soそう people oftenしばしば ask尋ねる,
こう疑問を持つ人もいます
10:56
"Wellよく, is adolescence思春期 aa kind種類 of recent最近 phenomenon現象?
「青年期って比較的新しい現象なのかな?
10:57
Is itそれ something何か we've私たちは invented発明された recently最近 in theその West西?"
最近 西洋の人々がつくり出した概念なのかしら?」
11:00
Andそして actually実際に, theその answer回答 is probably多分 notない. Thereそこ are lotsロット
おそらく そんなことはないでしょう
11:02
of descriptions説明 of adolescence思春期 in history歴史 thatそれ sound
昔の人も 今日の私達と同じように
11:04
very非常に similar類似 to theその descriptions説明 we我々 useつかいます today今日.
青年期を描写していました
11:08
Soそう there'sそこに aa famous有名な quote見積もり by〜によって Shakespeareシェイクスピア fromから "Theその Winter's冬の Tale物語"
よく知られた引用ですが シェクスピアは「冬物語」で
11:10
whereどこで he describes説明する adolescence思春期 asとして follows続く:
青年期について こんなことを書いています
11:14
"I would〜する thereそこ wereあった noいいえ age年齢 betweenの間に ten andそして
「13と20の間の年齢がなくなるか その間ずっと
11:17
three-and-twenty三十二, orまたは thatそれ youth若者 would〜する sleep睡眠 outでる theその rest残り;
眠っていてくれたら どんなに素晴らしいだろう
11:20
forために thereそこ is nothing何も in theその betweenの間に butだけど getting取得 wenchesウィンチ
この時期といったら 娘を妊娠させる
11:23
with〜と child, wronging間違った theその ancientry古代, stealing窃盗, fighting戦う." (Laughter笑い)
年寄りに悪さする 盗む そして喧嘩する以外に何もないのだから」(笑)
11:25
He then次に goes行く on to sayいう, "Having持つ said前記 thatそれ, would〜する anyどれか
さらにこう続きます「そうは言っても
11:31
butだけど theseこれら boiled茹でた brains頭脳 of nineteen19 andそして two-and-twenty二十二
19や22の煮え立つ脳以外に
11:36
huntハント in thisこの weather天気?" (Laughter笑い)
こんな天気の中 狩りに出る者があるだろうか」(笑)
11:39
Soそう almostほぼ 400 years ago, Shakespeareシェイクスピア wasあった portraying描く
約400年前のシェイクスピアは 今日の私達と
11:42
adolescents青年 in aa very非常に similar類似 light to theその light thatそれ we我々
同じような感じで青年期を描いていたわけです
11:44
portray描く themそれら in today今日, butだけど today今日 we我々 tryお試しください to understandわかる
でも私たちは 青年期の若者の脳が
11:47
their彼らの behavior動作 in terms条項 of theその underlying根底にある changes変更
どう変化しているか知ることで 彼らの行動について
11:51
thatそれ are going行く on in their彼らの brain.
理解を深めようとしているのです
11:54
Soそう forために example, take取る risk-taking危険負担. We我々 know知っている thatそれ adolescents青年
例えばリスクへの対応 彼らはリスキーなことをしたがる
11:56
have持ってる aa tendency傾向 to take取る risksリスク. They彼ら do行う.
傾向がありますね 本当に
11:59
They彼ら take取る moreもっと risksリスク thanより children子供 orまたは adults大人,
彼らは子供や大人に比べて
12:02
andそして they彼ら are particularly特に prone易しい to taking取る risksリスク
リスキーなことをよくします
12:04
whenいつ they're彼らは with〜と their彼らの friends友達. There'sそこに an important重要 driveドライブ
特に周りに友達がいるとき
12:07
to become〜になる independent独立した fromから one's一人 parents
これは青年期に 親から自立して
12:10
andそして to impress印象づける one's一人 friends友達 in adolescence思春期.
友達を関心させるために 重要な衝動です
12:12
Butだけど now we我々 tryお試しください to understandわかる thatそれ in terms条項 of
青年期ついて理解を深めるために
12:15
theその development開発 of aa part of their彼らの brain calledと呼ばれる theその limbic辺縁 systemシステム,
今度は大脳辺縁系という部分の発達を見てみましょう
12:18
soそう I'm私は going行く to showショー you君は theその limbic辺縁 systemシステム in red
私の後ろにあるスライドや この模型で
12:21
in theその slide滑り台 behind後ろに me, andそして alsoまた、 on thisこの brain.
赤い部分が 大脳辺縁系です
12:23
Soそう theその limbic辺縁 systemシステム is right deep深い inside内部 theその brain,
大脳辺縁系は脳の深いところにあり
12:25
andそして it'sそれは involved関係する in thingsもの like好きな emotion感情 processing処理
感情を整理したり やりがいを感じたりする部分です
12:28
andそして reward褒賞 processing処理. Itそれ gives与える you君は theその rewarding報酬 feeling感じ
面白いこと 例えばリスキーなことをした時に
12:32
outでる of doingやっている fun楽しい thingsもの, includingを含む taking取る risksリスク.
高揚を感じるのはこの部分です
12:35
Itそれ gives与える you君は theその kickキック outでる of taking取る risksリスク.
リスキーな行動に伴うスリルもこの部分からきています
12:38
Andそして thisこの region領域, theその regions地域 within以内 theその limbic辺縁 systemシステム,
そして大脳辺縁系のこの部分は 大人に比べて
12:41
have持ってる beenされている found見つけた to be〜する hypersensitive高感度 to theその rewarding報酬
青年期にリスキーなことをしたときに感じる
12:44
feeling感じ of risk-taking危険負担 in adolescents青年 compared比較した with〜と adults大人,
高揚に対してより敏感なのです
12:47
andそして at〜で theその very非常に same同じ time時間, theその prefrontal前頭前野 cortex皮質,
同時に 前頭前皮質
12:51
whichどの you君は canできる see見る in blue in theその slide滑り台 hereここに,
このスライドでは青い部分
12:55
whichどの stops停止 us米国 taking取る excessive過度の risksリスク,
過剰にリスキーなことをしないようにするこの部分が
12:57
is stillまだ very非常に muchたくさん in development開発 in adolescents青年.
青年期ではまだ未成熟なのです
13:00
Soそう brain research研究 has持っている shown示された thatそれ theその adolescent思春期の brain
脳科学者たちは研究を通して 脳は青年期に
13:03
undergoes苦しむ really本当に quiteかなり profound深遠な development開発,
ものすごい発達を経ることを明らかにしました
13:07
andそして thisこの has持っている implications意義 forために education教育, forために rehabilitationリハビリ,
この発見は 教育やリハビリなどの介入に
13:10
andそして intervention介入. Theその environment環境, includingを含む teaching教える,
重要な意味があります 教育も含めて 周囲の環境は
13:14
canできる andそして doesする shape形状 theその developing現像 adolescent思春期の brain,
青年期の脳の発達に影響を及ぼすものです
13:18
andそして yetまだ it'sそれは onlyのみ relatively比較的 recently最近 thatそれ we我々 have持ってる beenされている
しかし西洋の国々で ティーンエージャーに
13:22
routinely日常的に educating教育する teenagersティーンエイジャー in theその West西.
広く教育を与えるようになったのは 比較的最近です
13:24
Allすべて four4つの of myじぶんの grandparents祖父母, forために example, left school学校
例えば 私の祖父母は4人とも 青年期の初めの頃に
13:27
in their彼らの early早い adolescence思春期. They彼ら had持っていました noいいえ choice選択.
学校をやめました 他に選択肢はなかったのです
13:31
Andそして that'sそれは stillまだ theその case場合 forために manyたくさんの, manyたくさんの teenagersティーンエイジャー
今でもそういうティーンエージャーは世界中に
13:34
aroundまわり theその world世界 today今日. Forty40 percentパーセント of teenagersティーンエイジャー
たくさんいます ティーンエージャーの40%は
13:37
don'tしない have持ってる accessアクセス to secondary二次的 school学校 education教育.
中学や高校に行けません
13:40
Andそして yetまだ, thisこの is aa period期間 of life生活 whereどこで theその brain is
しかし この期間は人生で脳の
13:45
particularly特に adaptable適応性のある andそして malleable可鍛性の.
順応性が最も優れている期間です
13:47
It'sそれは aa fantastic素晴らしい opportunity機会 forために learning学習 andそして creativity創造性.
学習と創造に最適な機会です だから
13:50
Soそう what's何ですか sometimes時々 seen見た asとして theその problem問題
青年期の若者の問題として見られがちな
13:54
with〜と adolescents青年heightened高められた risk-taking危険負担, poor貧しい impulseインパルス
振る舞いを 非難すべきではありません リスキーな行動
13:56
controlコントロール, self-consciousness自意識shouldn'tすべきではない be〜する stigmatized禁欲的な.
衝動的な行動 自意識過剰な態度 そういった行動は
13:59
Itそれ actually実際に reflects反映する changes変更 in theその brain thatそれ provide提供する
実は脳にとって 学習と
14:02
an excellent優れた opportunity機会 forために education教育
社会性の発達に最高な機会を反映しいるのです
14:05
andそして socialソーシャル development開発. Thank感謝 you君は. (Applause拍手)
どうもありがとう(拍手)
14:08
(Applause拍手)
(拍手)
14:13
Translated by Natsu Fukui
Reviewed by Yasushi Aoki

▲Back to top

About the speaker:

Sarah-Jayne Blakemore - Cognitive Neuroscientist
Sarah-Jayne Blakemore studies the social brain -- the network of brain regions involved in understanding other people -- and how it develops in adolescents.

Why you should listen

Remember being a teenager? Rocked internally with hormones, outwardly with social pressures, you sometimes wondered what was going on in your head. So does Sarah-Jayne Blakemore. And what she and others in her field are finding is: The adolescent brain really is different.

New brain imaging research and clever experiments are revealing how the cortex develops -- the executive part of the brain that handles things like planning, self-awareness, analysis of consequences and behavioral choices. It turns out that these regions develop more slowly during adolescence, and in fascinating ways that relate to risk-taking, peer pressure and learning.

Which leads to a bigger question: How can we better target education to speak to teenagers' growing, changing brains?

More profile about the speaker
Sarah-Jayne Blakemore | Speaker | TED.com