English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2013

James Flynn: Why our IQ levels are higher than our grandparents'

ジェームズ・フリン: なぜ祖父母世代よりもIQが高いのか

Filmed
Views 3,081,410

「フリン効果」と呼ばれるものがあります。IQテストで、どの世代も前の世代より高い数値を示すというものです。私たちは本当に賢くなっているのでしょうか?それとも単なる考え方の違いでしょうか?道徳哲学者のジェームズ・フリンは、20世紀の知に関する歴史を通じて物事がめまぐるしく展開する中、考え方の変化が驚くべき(そして良いこととは限らない)結果をもたらしたという見解を表します。

- Moral philosopher
James Flynn challenges our fundamental assumptions about intelligence. Full bio

We我々 are going行く to take取る aa quickクイック voyage航海
まず 20世紀における
00:12
over以上 theその cognitive認知 history歴史 of theその 20thth century世紀,
認知に関する歴史を見てみましょう
00:15
becauseなぜなら during thatそれ century世紀,
なぜなら 20世紀の間に
00:18
our我々の minds have持ってる altered変更されました dramatically劇的に.
私たちの知性は
劇的に変化したからです
00:20
Asとして you君は allすべて know知っている, theその cars thatそれ people drove運転した in 1900
ご存じの通り
1900年の車と今の車は違います
00:23
have持ってる altered変更されました becauseなぜなら theその roads道路 are betterより良い
道が良くなり
00:26
andそして becauseなぜなら of technology技術.
テクノロジーが発達したためです
00:28
Andそして our我々の minds have持ってる altered変更されました, tooあまりにも.
同様に我々の知性も変化しました
00:31
We've私たちは gone行った fromから people who confronted直面した aa concreteコンクリート world世界
人類は 具体的な世界と向き合い
00:33
andそして analyzed分析された thatそれ world世界 primarily主に in terms条項
それを分析するにあたり
00:37
of howどうやって muchたくさん itそれ would〜する benefit利益 themそれら
自らの利益に主眼を置く生き物から
00:40
to people who confront対峙する aa very非常に complex複合体 world世界,
非常に複雑な世界に目を向ける
生き物へと変化してきました
00:42
andそして it'sそれは aa world世界 whereどこで we've私たちは had持っていました to develop開発する
これによって我々は
00:47
new新しい mental精神的な habits習慣, new新しい habits習慣 of mindマインド.
新たな思考習慣を作り出すことを
余儀なくされました
00:49
Andそして theseこれら include含める thingsもの like好きな
思考習慣とは例えば
00:52
clothing衣類 thatそれ concreteコンクリート world世界 with〜と classification分類,
具体的な世界に
分類をあてがうことや
00:54
introducing導入 abstractions抽象 thatそれ we我々 tryお試しください to make作る
抽象的な概念を導入し
00:59
logically論理的に consistent整合性のある,
そこに論理的一貫性を持たせること
01:01
andそして alsoまた、 taking取る theその hypothetical仮説的 seriously真剣に,
あるいは仮定を真剣に捉えること
つまり―
01:04
thatそれ is, wondering不思議 about what mightかもしれない have持ってる beenされている
現実ではなく
可能性について
01:06
ratherむしろ thanより what is.
考えを巡らせるということです
01:09
Now, thisこの dramatic劇的 change変化する wasあった drawn描かれた to myじぶんの attention注意
私がこの劇的な変化に気づいたのは
01:11
throughを通して massive大規模 I.Qq. gains利益 over以上 time時間,
時代とともに
IQが著しく上昇していたことが要因です
01:15
andそして theseこれら have持ってる beenされている truly真に massive大規模.
極めて著しいものです
01:18
Thatそれ is, we我々 don'tしない justちょうど get取得する aa few少数 moreもっと questions質問 right
IQテストで正解が
ちょっと増える程度ではありません
01:21
on I.Qq. testsテスト.
IQテストで正解が
ちょっと増える程度ではありません
01:25
We我々 get取得する far遠い moreもっと questions質問 right on I.Qq. testsテスト
正解数は
IQテストが開発されて以来
01:27
thanより each succeeding成功する generation世代
世代を追うごとに
01:30
backバック to theその time時間 thatそれ they彼ら wereあった invented発明された.
はるかに多くなってきています
01:32
Indeed確かに, ifif you君は scoreスコア theその people aa century世紀 ago
実際
百年前の人々の知能指数を
01:35
againstに対して modernモダン norms規範,
現代の基準で判断すると
01:39
they彼ら would〜する have持ってる an average平均 I.Qq. of 70.
平均値は70です
01:40
Ifif you君は scoreスコア us米国 againstに対して their彼らの norms規範,
もし 現代人を彼らの基準で測ると
01:43
we我々 would〜する have持ってる an average平均 I.Qq. of 130.
平均値は130です
01:46
Now thisこの has持っている raised育った allすべて sortsソート of questions質問.
これは様々な疑問を提起します
01:50
Wereあった our我々の immediate即時 ancestors祖先
私たちの近しい先祖たちは
01:53
on theその verge直前 of mental精神的な retardation遅延?
知的障害の瀬戸際に
いたのでしょうか?
01:55
Becauseなぜなら 70 is normally通常は theその scoreスコア forために mental精神的な retardation遅延.
というのも 通常70という数値は
知的障害に当たるからです
01:58
Orまたは are we我々 on theその verge直前 of allすべて beingであること gifted才能ある?
それとも 私たちが皆
天才なのでしょうか?
02:02
Becauseなぜなら 130 is theその cutting切断 lineライン forために giftedness才能.
130という数値は天才の目安です
02:05
Now I'm私は going行く to tryお試しください andそして argue主張する forために aa third三番 alternative代替
ここで第三の可能性を
論じてみましょう
02:10
that'sそれは muchたくさん moreもっと illuminating照らす thanより eitherどちらか of thoseそれら,
先の二つより
ずっと明快で
02:13
andそして to put置く thisこの into perspective視点,
このことを大局的に捉える試みです
02:17
let'sさあ imagine想像する thatそれ aa Martian殉教者 came来た downダウン to Earth地球
ある日
火星人が地球にやってきて
02:19
andそして found見つけた aa ruined台無し civilization文明.
ある滅びた文明を発見したとしましょう
02:22
Andそして thisこの Martian殉教者 wasあった an archaeologist考古学者,
この火星人は考古学者で
02:25
andそして they彼ら found見つけた scores得点, targetターゲット scores得点,
人類が射撃訓練で残した
02:28
thatそれ people had持っていました used中古 forために shooting射撃.
スコアを見つけました
02:30
Andそして first最初 they彼ら looked見た at〜で 1865,
まず1865年のものを見ると
02:33
andそして they彼ら found見つけた thatそれ in aa minute,
的の真ん中に当たっているのは
02:36
people had持っていました onlyのみ put置く one1 bullet銃弾 in theその bullseyeブルズアイ.
1分間に1発だけでした
02:38
Andそして then次に they彼ら found見つけた, in 1898,
次に1898年を見ると
02:42
thatそれ they'd彼らは put置く about five bullets弾丸 in theその bullseyeブルズアイ in aa minute.
1分間に約5発
当てています
02:44
Andそして then次に about 1918 they彼ら put置く aa hundred bullets弾丸 in theその bullseyeブルズアイ.
そして1918年には
100発 命中しています
02:48
Andそして initially当初, thatそれ archaeologist考古学者 would〜する be〜する baffledうんざりした.
まずもって
考古学者は困惑し
02:53
They彼ら would〜する sayいう, look見える, theseこれら testsテスト wereあった designed設計
こう言うでしょう
「見ろ このテストは
02:57
to find見つける outでる howどうやって muchたくさん people wereあった steady安定した of handハンド,
人類が手をいかに安定させ
02:59
howどうやって keen熱心な their彼らの eyesight視力 wasあった,
視覚がいかに鋭く
03:03
whetherかどうか they彼ら had持っていました controlコントロール of their彼らの weapon武器.
武器をうまく扱えているかを測っている
03:06
Howどうやって couldできた theseこれら performances公演 have持ってる escalatedエスカレートされた
どうしてこれほど大幅に
03:08
to thisこの enormous巨大な degree?
上達することができたのだろう」
03:11
Wellよく we我々 now know知っている, of courseコース, theその answer回答.
我々には わかりきったことですね
03:13
Ifif thatそれ Martian殉教者 looked見た at〜で battlefields戦場,
もしその火星人が戦場を見れば
03:16
they彼ら would〜する find見つける thatそれ people had持っていました onlyのみ musketsマスケット
南北戦争の時代には
03:18
at〜で theその time時間 of theその Civil市民 War戦争
マスケット銃しか
なかったことや
03:21
andそして thatそれ they彼ら had持っていました repeating繰り返す riflesライフル
米西戦争のときには
03:23
at〜で theその time時間 of theその Spanish-Americanスペイン語 - アメリカン War戦争,
連発ライフル銃があったこと
そして―
03:25
andそして then次に they彼ら had持っていました machine機械 guns
第一次世界大戦の頃になると
03:28
by〜によって theその time時間 of World世界 War戦争 I.
機関銃を持っていたことが
わかったでしょう
03:30
Andそして, in otherその他 words言葉, itそれ wasあった theその equipment装置
言い換えれば
平均的な兵士が扱う―
03:33
thatそれ wasあった in theその hands of theその average平均 soldier兵士
装備の問題です
03:35
thatそれ wasあった responsible責任ある, notない greater大きい keenness鋭い of eye
兵士たちの視力や
手の安定性が
03:38
orまたは steadiness安定 of handハンド.
向上したのではありません
03:41
Now what we我々 have持ってる to imagine想像する is theその mental精神的な artillery砲兵
では ここ百年ほどの間に発達した
03:43
thatそれ we我々 have持ってる picked選んだ upアップ over以上 thoseそれら hundred years,
知的能力について
想像してみましょう
03:46
andそして I think思う again再び thatそれ another別の thinker思想家 will意志 help助けて us米国 hereここに,
ここで我々を助けてくれるのは
03:50
andそして that'sそれは Luriaルーリア.
アレクサンドル・ルリヤです
03:54
Luriaルーリア looked見た at〜で people
ルリヤは人々を観察しました
03:56
justちょうど before they彼ら entered入った theその scientific科学的 age年齢,
世の中に科学が台頭してくる
少し前の時代のことです
03:58
andそして he found見つけた thatそれ theseこれら people
そして ルリヤは人々が
04:02
wereあった resistant耐性のある to classifying分類 theその concreteコンクリート world世界.
具体的な世界の分類に対して
抵抗を示すことに気づきました
04:04
They彼ら wanted欲しい to breakブレーク itそれ upアップ
人々は物事を小さく分割して
使うことを好みました
04:07
into little少し bitsビット thatそれ they彼ら couldできた useつかいます.
人々は物事を小さく分割して
使うことを好みました
04:08
He found見つけた thatそれ they彼ら wereあった resistant耐性のある
また 仮定を基に
04:11
to deducing演繹 theその hypothetical仮説的,
推論することや
可能性について熟考することを
04:13
to speculating推測 about what mightかもしれない be〜する,
拒むことがわかりました
04:17
andそして he found見つけた finally最後に thatそれ they彼ら didn'tしなかった deal対処 wellよく
さらに 彼らが
抽象的な事象を論じたり
04:19
with〜と abstractions抽象 orまたは usingを使用して logic論理 on thoseそれら abstractions抽象.
それを論理的に考えたりするのが
得意でないこともわかりました
04:22
Now let〜する me give与える you君は aa sampleサンプル of some一部 of his interviewsインタビュー.
ルリヤのインタビューを
いくつか紹介しましょう
04:26
He talked話した to theその head manおとこ of aa person
相手はロシアの農村部の
権力者です
04:30
in rural農村 Russiaロシア.
相手はロシアの農村部の
権力者です
04:32
They'd彼らは onlyのみ had持っていました, asとして people had持っていました in 1900,
1900年
当時の人々は4年間しか
04:34
about four4つの years of schooling学校教育.
学校教育を受けていません
04:36
Andそして he asked尋ねた thatそれ particular特に person,
ルリヤはこう尋ねました
04:38
what do行う crowsカラス andそして fish have持ってる in common一般?
「カラスと魚の共通点は何だい?」
04:41
Andそして theその fellow仲間 said前記, "Absolutely絶対に nothing何も.
答えはこうです
「何もない
04:44
You君は know知っている, I canできる eat食べる aa fish. I can'tできない eat食べる aa crowカラス.
魚は食えるが
カラスは食えないだろう
04:47
Aa crowカラス canできる peckペック at〜で aa fish.
カラスは魚をついばむが
04:50
Aa fish can'tできない do行う anything何でも to aa crowカラス."
魚はカラスに何も出来やしない」
04:53
Andそして Luriaルーリア said前記, "Butだけど aren'tない they彼ら bothどちらも animals動物?"
ルリヤが
「でも どっちも動物じゃない?」と聞くと
04:56
Andそして he said前記, "Of courseコース notない.
答えは「もちろん違う」
04:59
One's一人 aa fish.
「片方は魚で
05:00
Theその otherその他 is aa bird."
もう片方は鳥だ」
05:02
Andそして he wasあった interested興味がある, effectively効果的に,
彼の頭にあるのは
要するに
05:04
in what he couldできた do行う with〜と thoseそれら concreteコンクリート objectsオブジェクト.
自分とその物体とが
具体的にどう関わるかです
05:06
Andそして then次に Luriaルーリア went行った to another別の person,
ルリヤは相手を変えて
05:10
andそして he said前記 to themそれら,
こう聞いてみました
05:12
"Thereそこ are noいいえ camelsラクダ in Germanyドイツ.
「ドイツにはラクダがいない
05:15
Hamburgハンブルグ is aa cityシティ in Germanyドイツ.
ハンブルクはドイツの都市だ
05:17
Are thereそこ camelsラクダ in Hamburgハンブルグ?"
では ハンブルクにラクダはいるかい?」
05:20
Andそして theその fellow仲間 said前記,
答えはこうです
05:22
"Wellよく, ifif it'sそれは large enough十分な, thereそこ oughtすべきだ to be〜する camelsラクダ thereそこ."
「まぁ大きな街なら
ラクダくらいいるだろうよ」
05:23
Andそして Luriaルーリア said前記, "Butだけど what do行う myじぶんの words言葉 imply暗示する?"
「私の言わんとするところは?」と
ルリヤが聞くと
05:27
Andそして he said前記, "Wellよく, maybe多分 it'sそれは aa small小さい village,
こう答えました
「そこは小さな村で
05:31
andそして there'sそこに noいいえ roomルーム forために camelsラクダ."
ラクダには狭いのかもな」
05:34
In otherその他 words言葉, he wasあった unwilling不本意な to treat治療する thisこの
つまり このことを彼は
05:36
asとして anything何でも butだけど aa concreteコンクリート problem問題,
具体的な問題としてしか考えられず
05:38
andそして he wasあった used中古 to camelsラクダ beingであること in villages,
村にラクダがいることに
慣れている彼には
05:41
andそして he wasあった quiteかなり unableできない to useつかいます theその hypothetical仮説的,
仮定を使い
ドイツにラクダはいないものとして
05:44
to ask尋ねる himself彼自身 what ifif thereそこ wereあった noいいえ camelsラクダ in Germanyドイツ.
問題に取り組むことが
できなかったのです
05:48
Aa third三番 interviewインタビュー wasあった conducted導かれた
3つ目のインタビューでは
05:53
with〜と someone誰か about theその North Poleポール.
北極について尋ねました
05:55
Andそして Luriaルーリア said前記, "At〜で theその North Poleポール, thereそこ is always常に snow.
「北極には 常に雪がある
05:58
Whereverどこにでも thereそこ is always常に snow, theその bearsクマ are white.
常に雪がある場所にいるクマは白い
06:03
What color are theその bearsクマ at〜で theその North Poleポール?"
では 北極のクマは何色か?」
06:06
Andそして theその response応答 wasあった, "Suchそのような aa thingもの
答えはこうでした
「そういうことは
06:10
is to be〜する settled落ち着いた by〜によって testimony証言.
証言で決まるのさ
06:12
Ifif aa wise賢い person came来た fromから theその North Poleポール
もし 北極から来た賢い人が
06:14
andそして told言った me theその bearsクマ wereあった white,
クマが白いと言うならば
06:17
I mightかもしれない believe信じる him,
信じるかもしれないが
06:19
butだけど everyすべて bearくま thatそれ I have持ってる seen見た is aa brown褐色 bearくま."
俺が今までに見たクマは
どれも茶色だったよ」
06:21
Now you君は see見る again再び, thisこの person has持っている rejected拒否された
おわかりでしょう
この人物は具体的な世界という―
06:25
going行く beyond超えて theその concreteコンクリート world世界
枠組みを越えることを拒み
06:28
andそして analyzing分析する itそれ throughを通して everyday毎日 experience経験,
日常的な体験を軸に
問題を捉えているのです
06:30
andそして itそれ wasあった important重要 to thatそれ person
「クマが何色か」という問題は
06:33
what color bearsクマ wereあった ---
重要ですが
06:35
thatそれ is, they彼ら had持っていました to huntハント bearsクマ.
それは狩猟をするからなのです
06:37
They彼ら weren'tなかった willing喜んで to engage従事する in thisこの.
深入りする気がないのです
06:39
One1 of themそれら said前記 to Luriaルーリア,
ルリヤに こう尋ねた人がいます
06:41
"Howどうやって canできる we我々 solve解決する thingsもの thatそれ aren'tない realリアル problems問題?
「現実にない問題を
どうやって解けるんだい?
06:43
Noneなし of theseこれら problems問題 are realリアル.
問題は非現実的なものばかりで
06:47
Howどうやって canできる we我々 address住所 themそれら?"
手のつけようがないじゃないか」
06:49
Now, theseこれら three categoriesカテゴリ ---
ここまでにお話してきた3点―
06:51
classification分類,
分類すること
06:55
usingを使用して logic論理 on abstractions抽象,
論理を使って抽象概念を扱うこと
06:56
taking取る theその hypothetical仮説的 seriously真剣に ---
仮定を真剣に受け止めること
06:58
howどうやって muchたくさん difference do行う they彼ら make作る in theその realリアル world世界
これらが現実世界にもたらす影響は
07:01
beyond超えて theその testingテスト roomルーム?
どれ程のものでしょう
07:04
Andそして let〜する me give与える you君は aa few少数 illustrationsイラスト.
いくつか実例を挙げましょう
07:05
First最初, almostほぼ allすべて of us米国 today今日 get取得する aa high高い school学校 diplomaディプロマ.
まず 現代人はほとんど全員
高校を卒業します
07:08
Thatそれ is, we've私たちは gone行った fromから four4つの to eight8 years of education教育
4年だった教育は
8年になり
07:12
to 12 years of formalフォーマル education教育,
12年間の正規教育になりました
07:15
andそして 52 percentパーセント of Americansアメリカ人
さらに アメリカ人の52%は
07:18
have持ってる actually実際に experienced経験豊富な some一部 typeタイプ of tertiary三次 education教育.
何らかの高等教育を経験します
07:20
Now, notない onlyのみ do行う we我々 have持ってる muchたくさん moreもっと education教育,
単に教育の量が増えただけでは
ありません
07:24
andそして muchたくさん of thatそれ education教育 is scientific科学的,
その教育の大部分は
科学的であり
07:28
andそして you君は can'tできない do行う science科学 withoutなし classifying分類 theその world世界.
科学に取り組むために
分類は欠かせません
07:30
You君は can'tできない do行う science科学 withoutなし proposing提案 hypotheses仮説.
科学に取り組むためには
仮説の提示も必須ですし
07:34
You君は can'tできない do行う science科学 withoutなし making作る itそれ logically論理的に consistent整合性のある.
論理の一貫性も
なくてはなりません
07:38
Andそして even偶数 downダウン in gradeグレード school学校, thingsもの have持ってる changedかわった.
小学校ですら
内容は変わってきています
07:42
In 1910, they彼ら looked見た at〜で theその examinations試験
1910年 オハイオ州で行われた
07:46
thatそれ theその state状態 of Ohioオハイオ州 gave与えた to 14-year-olds,
14歳向けのテストを見ると
問題は全て
07:49
andそして they彼ら found見つけた thatそれ they彼ら wereあった allすべて
社会的に価値のある
07:53
forために socially社会的に valued価値のある concreteコンクリート information情報.
具体的な情報に関するものでした
07:55
They彼ら wereあった thingsもの like好きな,
例えば
07:58
what are theその capitals首都 of theその 44 orまたは 45 states
当時の44か45州の
07:59
thatそれ existed存在した at〜で thatそれ time時間?
州都の名前を問うというものです
08:02
Whenいつ they彼ら looked見た at〜で theその exams試験
同じオハイオ州の
08:05
thatそれ theその state状態 of Ohioオハイオ州 gave与えた in 1990,
1990年のテストを見てみると
08:06
they彼ら wereあった allすべて about abstractions抽象.
問題は全て抽象的なもので
08:09
They彼ら wereあった thingsもの like好きな,
例えば
08:12
whyなぜ is theその largest最大 cityシティ of aa state状態 rarelyまれに theその capital資本?
州で最大の都市が
州都になりにくい理由を問うものです
08:13
Andそして you君は wereあった supposed想定される to think思う, wellよく,
州議会の実権は地方にあり
08:19
theその state状態 legislature立法府 wasあった rural-controlled農村部で管理される,
彼らは大都市を嫌いますから
08:20
andそして they彼ら hated嫌いな theその big大きい cityシティ,
州都は大都市よりも地方都市に
08:23
soそう ratherむしろ thanより puttingパッティング theその capital資本 in aa big大きい cityシティ,
置かれるのだということを
08:25
they彼ら put置く itそれ in aa county seatシート.
考えさせられるわけです
08:28
They彼ら put置く itそれ in Albanyアルバイ ratherむしろ thanより New新しい Yorkヨーク.
ニューヨークよりもオールバニーに
08:29
They彼ら put置く itそれ in Harrisburgハリスバーグ ratherむしろ thanより Philadelphiaフィラデルフィア.
フィラデルフィアよりもハリスバーグに
08:32
Andそして soそう forth前進.
という具合です
08:35
Soそう theその tenorテナー of education教育 has持っている changedかわった.
教育の趣旨が変わったのです
08:37
We我々 are educating教育する people to take取る theその hypothetical仮説的 seriously真剣に,
今日の教育が目指しているのは
仮定を真剣に受け止め
08:40
to useつかいます abstractions抽象, andそして to linkリンク themそれら logically論理的に.
抽象概念を使い
それらを論理的につなぐ能力です
08:44
What about employment雇用?
雇用はどうでしょう
08:47
Wellよく, in 1900, three percentパーセント of Americansアメリカ人
1900年にはアメリカ人の3%が
08:50
practiced練習した professions職業 thatそれ wereあった cognitively認知的に demanding要求の厳しい.
知的能力を要する職に
就いていました
08:53
Onlyのみ three percentパーセント wereあった lawyers弁護士 orまたは doctors医師 orまたは teachers教師.
たったの3%で弁護士や医者
教員がまかなえました
08:57
Today今日, 35 percentパーセント of Americansアメリカ人
今日 アメリカ人の35%が
09:01
practice練習 cognitively認知的に demanding要求の厳しい professions職業,
知的能力を要する職に就いています
09:04
notない onlyのみ to theその professions職業 proper適切な like好きな lawyer弁護士
弁護、医者、科学者、講師といった
09:07
orまたは doctor医師 orまたは scientist科学者 orまたは lecturer講師,
専門職ばかりでなく
09:10
butだけど manyたくさんの, manyたくさんの sub-professionsサブ専門職
技術者や プログラマーのような
09:12
having持つ to do行う with〜と beingであること aa technician技術者,
非常に多くの準専門職が
09:14
aa computerコンピューター programmerプログラマー.
含まれます
09:16
Aa whole全体 range範囲 of professions職業 now make作る cognitive認知 demands要求.
今や知的能力は
あらゆる職種で需要があります
09:18
Andそして we我々 canできる onlyのみ meet会う theその terms条項 of employment雇用
現代社会で雇用の条件を満たすには
09:23
in theその modernモダン world世界 by〜によって beingであること cognitively認知的に
知的な意味で大いに柔軟でなければ
なりません
09:25
far遠い moreもっと flexibleフレキシブル.
知的な意味で大いに柔軟でなければ
なりません
09:28
Andそして it'sそれは notない justちょうど thatそれ we我々 have持ってる manyたくさんの moreもっと people
これは単に知的な職業に従事する人の
09:30
in cognitively認知的に demanding要求の厳しい professions職業.
数が増えただけではありません
09:33
Theその professions職業 have持ってる beenされている upgradedアップグレードされた.
職業の質が向上したのです
09:36
Compare比較する theその doctor医師 in 1900,
1900年の医者は
09:39
who really本当に had持っていました onlyのみ aa few少数 tricksトリック upアップ his sleeveスリーブ,
奥の手を2つ3つ持っていれば
務まりました
09:41
with〜と theその modernモダン general一般 practitioner開業医 orまたは specialistスペシャリスト,
それに比べ 現代は
開業医にせよ 専門医にせよ
09:44
with〜と years of scientific科学的 trainingトレーニング.
科学的な訓練を
何年も受けています
09:47
Compare比較する theその bankerバンカー in 1900,
1900年の銀行家は
09:49
who really本当に justちょうど needed必要な aa good良い accountant会計士
勘定が得意で
09:52
andそして to know知っている who wasあった trustworthy信頼できる in theその local地元 communityコミュニティ
地元住民の中から
ローンの返済を怠らない人物を
09:54
forために paying払う backバック their彼らの mortgageモーゲージ.
見分けられれば
やっていけました
09:57
Wellよく, theその merchant商人 bankers銀行家 who brought持ってきた theその world世界 to their彼らの knees
世界経済を混迷に陥れた
かの為替業者は
10:00
mayかもしれない have持ってる beenされている morally道徳的に remiss放棄,
道徳的にはともかくとして
10:03
butだけど they彼ら wereあった cognitively認知的に very非常に agileアジャイル.
非常に頭の切れる連中でした
10:05
They彼ら went行った far遠い beyond超えて thatそれ 1900 bankerバンカー.
1900年の銀行家より
はるかに優秀でした
10:08
They彼ら had持っていました to look見える at〜で computerコンピューター projections予測
住宅市場予測に
注目する必要がありましたし
10:12
forために theその housingハウジング market市場.
住宅市場予測に
注目する必要がありましたし
10:15
They彼ら had持っていました to get取得する complicated複雑な CDO-squaredcdo-squared
負債をまとめるため
複数の債務担保証券を使って
10:17
in order注文 to bundleバンドル debt債務 together一緒に
CDOスクエアードという術を編み出し
10:20
andそして make作る debt債務 look見える asとして ifif itそれ wereあった actually実際に aa profitable収益性の高い asset資産.
負債を うま味のある資産に
見せかける必要もありました
10:23
They彼ら had持っていました to prepare準備する aa case場合 to get取得する rating評価 agencies代理店
最上級の格付けを得るための
根拠作りも求められました
10:27
to give与える itそれ aa AAAaaa,
最上級の格付けを得るための
根拠作りも求められました
10:30
thoughしかし in manyたくさんの cases症例, they彼ら had持っていました virtually事実上 bribed賄賂 theその rating評価 agencies代理店.
多くの場合 モノを言ったのは
格付け機関への賄賂でしたがね
10:31
Andそして they彼ら alsoまた、, of courseコース, had持っていました to get取得する people
さらに 当然ながら
10:35
to accept受け入れる theseこれら so-calledいわゆる assets資産
実際には極めて不安定な
いわゆる「資産」に
10:37
andそして pay支払う moneyお金 forために themそれら
人々がお金をつぎ込むように
10:40
even偶数 thoughしかし they彼ら wereあった highly高く vulnerable脆弱な.
仕向けなければなりませんでした
10:41
Orまたは take取る aa farmer農家 today今日.
あるいは農家にしても
10:44
I take取る theその farmファーム managerマネージャー of today今日 asとして very非常に different異なる
現在の農業経営者は
10:45
fromから theその farmer農家 of 1900.
1900年の農家と全然違います
10:49
Soそう itそれ hasn't持っていない justちょうど beenされている theその spread普及
つまり知的能力を要する職業が
10:51
of cognitively認知的に demanding要求の厳しい professions職業.
単に広がっただけではない
というわけです
10:53
It'sそれは alsoまた、 beenされている theその upgradingアップグレード of tasksタスク
仕事の質も上がったのです
10:56
like好きな lawyer弁護士 andそして doctor医師 andそして what have持ってる you君は
弁護士や医者の類と同様に
10:59
thatそれ have持ってる made demands要求 on our我々の cognitive認知 faculties学部.
私たちの仕事も
知的能力を要するようになってきました
11:01
Butだけど I've私は talked話した about education教育 andそして employment雇用.
しかし私がお話しているのは
教育と雇用のことです
11:05
Some一部 of theその habits習慣 of mindマインド thatそれ we我々 have持ってる developed発展した
私たちが20世紀を通じて
発達させてきた
11:08
over以上 theその 20thth century世紀
思考習慣の一部は
11:12
have持ってる paid支払った offオフ in unexpected予想外の areasエリア.
意外な分野にも影響しています
11:13
I'm私は primarily主に aa moral道徳 philosopher哲学者.
私は道徳哲学が専門です
11:16
I merely単に have持ってる aa holiday休日 in psychology心理学,
心理学は趣味程度で
11:18
andそして what interests関心 me in general一般 is moral道徳 debateディベート.
興味の中心は道徳の議論です
11:22
Now over以上 theその last最終 century世紀,
さて 20世紀以降
11:26
in developed発展した nations like好きな Americaアメリカ,
アメリカのような先進国では
11:29
moral道徳 debateディベート has持っている escalatedエスカレートされた
道徳上の議論が活発になりました
11:31
becauseなぜなら we我々 take取る theその hypothetical仮説的 seriously真剣に,
人々が仮定を真剣に
捉えられるようになったためです
11:33
andそして we我々 alsoまた、 take取る universalsユニバーサル seriously真剣に
「普遍的」という概念を受け入れ
11:36
andそして look見える forために logical論理的 connections接続.
論理的な関係性を求めるようにも
なりました
11:40
Whenいつ I came来た home自宅 in 1955 fromから university大学
1955年 私は大学から
実家へ戻りました
11:43
at〜で theその time時間 of Martinマーティン Lutherルーサー Kingキング,
ちょうどキング牧師の時代で
11:46
aa lotロット of people came来た home自宅 at〜で thatそれ time時間
沢山の人が実家に戻り
11:49
andそして started開始した having持つ arguments議論 with〜と their彼らの parents andそして grandparents祖父母.
両親や祖父母と
議論するようになっていた頃です
11:51
Myじぶんの fatherお父さん wasあった bornうまれた in 1885,
父は1885年生まれで
11:55
andそして he wasあった mildly軽度 racially人種的に biased偏った.
やや民族差別の傾向がありました
11:58
Asとして an Irishmanアイリッシュマン, he hated嫌いな theその English英語 soそう muchたくさん
アイルランド人で
イングランド人は大嫌い
12:00
he didn'tしなかった have持ってる muchたくさん emotion感情 forために anyone誰でも elseelse.
他は特に興味なしという人でした
12:03
(Laughter笑い)
(笑)
12:05
Butだけど he didした have持ってる aa senseセンス thatそれ black people wereあった inferior下位.
しかし 黒人が劣っているという意識を
持っているのは明らかでした
12:08
Andそして whenいつ we我々 said前記 to our我々の parents andそして grandparents祖父母,
ある時 両親と祖父母に尋ねました
12:13
"Howどうやって would〜する you君は feel感じる ifif tomorrow明日 morning you君は woke目が覚めた upアップ black?"
「明日の朝 目が覚めて
黒人になってたら どう思う?」
12:15
they彼ら said前記 thatそれ is theその dumbest愚かな thingもの you'veあなたは everこれまで said前記.
「バカも休み休み言え」と
言われました
12:20
Who have持ってる you君は everこれまで known既知の who woke目が覚めた upアップ in theその morning ---
朝起きたら黒人になってた―
12:24
(Laughter笑い) ---
(笑)
12:26
thatそれ turned回した black?
そんな人がいたか?
12:28
In otherその他 words言葉, they彼ら wereあった fixed一定 in theその concreteコンクリート
つまり 彼らは受け継いで来た
具体的な規範や考え方に
12:30
mores門番 andそして attitudes態度 they彼ら had持っていました inherited継承されました.
凝り固まっていたのです
12:33
They彼ら would〜する notない take取る theその hypothetical仮説的 seriously真剣に,
彼らは仮定を
真剣に捉えようとしませんでした
12:37
andそして withoutなし theその hypothetical仮説的,
仮定を抜きにして
12:40
it'sそれは very非常に difficult難しい to get取得する moral道徳 argument引数 offオフ theその ground接地.
道徳的な議論を始めるのは
非常に困難です
12:41
You君は have持ってる to sayいう, imagine想像する you君は wereあった
議論の始まりはこうでしょう
12:45
in Iranイラン, andそして imagine想像する thatそれ yourきみの relatives親族
イランにいると思ってください
そして 何の罪もない親戚が
12:48
allすべて suffered苦しんだ fromから collateral担保 damage損傷
爆撃に巻き込まれていると
12:53
even偶数 thoughしかし they彼ら had持っていました done完了 noいいえ wrong違う.
想像してください
12:56
Howどうやって would〜する you君は feel感じる about thatそれ?
どう感じますか?
12:58
Andそして ifif someone誰か of theその olderより古い generation世代 says言う,
もし 旧世代の人が
「うちの政府は―
13:00
wellよく, our我々の government政府 takesテイク careお手入れ of us米国,
我々国民を保護している
13:03
andそして it'sそれは upアップ to their彼らの government政府 to take取る careお手入れ of themそれら,
彼らの保護は
あっちの政府の責任だ」と言えば
13:05
they're彼らは justちょうど notない willing喜んで to take取る theその hypothetical仮説的 seriously真剣に.
彼らは仮定を真剣に捉える気が
ないということです
13:08
Orまたは take取る an Islamicイスラム fatherお父さん whoseその daughter has持っている beenされている rapedレイプされた,
別の例はイスラム系の父親です
娘がレイプされたら
13:12
andそして he feels感じる he's彼は honor-bound名誉ある to kill殺します her彼女.
自分の娘を殺さざるを得ないと感じます
13:15
Wellよく, he's彼は treating治療する his mores門番
自分の慣習や道徳観を
13:18
asとして ifif they彼ら wereあった sticksスティック andそして stones andそして rocks thatそれ he had持っていました inherited継承されました,
代々受け継いで来た
変わらぬものと考え
13:21
andそして they're彼らは unmovable動かない in anyどれか way方法 by〜によって logic論理.
論理では動かせません
13:25
They're彼らは justちょうど inherited継承されました mores門番.
昔の道徳観が
受け継がれているのです
13:27
Today今日 we我々 would〜する sayいう something何か like好きな,
現代なら こう問いかけるでしょう
13:30
wellよく, imagine想像する you君は wereあった knockedノックアウト unconscious無意識 andそして sodomized騒ぐ.
あなたが気絶させられて
男にレイプされたとしたら
13:32
Would〜する you君は deserve値する to be〜する killed殺された?
殺されても仕方ないですか?
13:36
Andそして he would〜する sayいう, wellよく that'sそれは notない in theその Koranコーラン.
父親はこう言うでしょう
「そんなことは―
13:37
That'sそれは notない one1 of theその principles原則 I've私は got持っている.
コーランにも書かれていないし
原理に当てはまらない」
13:40
Wellよく you君は, today今日, universalize普遍化する yourきみの principles原則.
現代人は原理に普遍性を持たせ
13:44
You君は state状態 themそれら asとして abstractions抽象 andそして you君は useつかいます logic論理 on themそれら.
原理を抽象概念として述べ
そこに論理を用います
13:47
Ifif you君は have持ってる aa principle原理 suchそのような asとして,
例えば「人は罪を犯さない限り―
13:51
people shouldn'tすべきではない suffer苦しむ unless限り they're彼らは guilty有罪 of something何か,
苦しむべきではない」
という原理を持つならば
13:53
then次に to exclude排除する black people
黒人を拒むためには
13:57
you'veあなたは got持っている to make作る exceptions例外, don'tしない you君は?
例外が必要になってきますね
13:59
You君は have持ってる to sayいう, wellよく, blackness黒さ of skin,
「肌が黒いというだけで
苦しむなんておかしい」と
14:01
you君は couldn'tできなかった suffer苦しむ justちょうど forために thatそれ.
言わざるを得ません
14:04
Itそれ must必須 be〜する thatそれ blacks are somehow何とか tainted汚染された.
黒人であることが何らかの汚点だと
断定するなら
14:07
Andそして then次に we我々 canできる bring持参する empirical経験的 evidence証拠 to bearくま, can'tできない we我々,
我々はそれを立証できるはずでしょう
14:10
andそして sayいう, wellよく howどうやって canできる you君は consider検討する allすべて blacks tainted汚染された
黒人が皆 劣っているなんて
おかしな話です
14:13
whenいつ Stセント. Augustineオーガスティン wasあった black andそして Thomasトーマス Sowell非常にうまく is black.
アウグスティヌスも黒人
トーマス・ソウェルも黒人ですからね
14:16
Andそして you君は canできる get取得する moral道徳 argument引数 offオフ theその ground接地, then次に,
道徳的な議論はこうして始まるのです
14:20
becauseなぜなら you'reあなたは notない treating治療する moral道徳 principles原則 asとして concreteコンクリート entities実体.
なぜなら 道徳的原理は
具体的な存在ではなく
14:23
You'reあなたは treating治療する themそれら asとして universalsユニバーサル,
普遍的なものであり
論理によって―
14:28
to be〜する renderedレンダリング consistent整合性のある by〜によって logic論理.
一貫性を与えられるものだと
捉えているからです
14:30
Now howどうやって didした allすべて of thisこの arise発生する outでる of I.Qq. testsテスト?
さて 何故 IQテストから
こんな話になったのでしょう
14:33
That'sそれは what initially当初 got持っている me going行く on cognitive認知 history歴史.
それがきっかけで
知の歴史をたどることになったのです
14:36
Ifif you君は look見える at〜で theその I.Qq. testテスト,
IQテストを見ると
14:40
you君は find見つける theその gains利益 have持ってる beenされている greatest最大 in certainある areasエリア.
特定の分野が大きく成長しているのが
わかります
14:42
Theその similarities類似点 subtestサブテスト of theその Wechslerウェクスラー
ウェクスラー知能テストには
類似に関するものがあり
14:46
is about classification分類,
それは分類の能力を測るものです
14:48
andそして we我々 have持ってる made enormous巨大な gains利益
私たちはこの分野で
14:51
on thatそれ classification分類 subtestサブテスト.
大幅な伸びを見せています
14:53
Thereそこ are otherその他 parts部品 of theその I.Qq. testテスト battery電池
IQテストには他に
14:56
thatそれ are about usingを使用して logic論理 on abstractions抽象.
抽象概念に論理を用いる能力を
測る部分があります
14:59
Some一部 of you君は mayかもしれない have持ってる taken撮影 Raven'sレイヴンズ Progressiveプログレッシブ Matrices行列,
レーヴン漸進的マトリックス検査を
受けた人もいるでしょう
15:02
andそして it'sそれは allすべて about analogies類推.
類推の能力を測るものです
15:06
Andそして in 1900, people couldできた do行う simple単純 analogies類推.
1900年の時点で 人々は
単純な類推ができました
15:08
Thatそれ is, ifif you君は said前記 to themそれら, cats are like好きな wildcatsワイルドキャッツ.
例えば
「ネコはヤマネコに似ているが
15:12
What are dogs like好きな?
イヌは何に似ている?」
15:16
They彼ら would〜する sayいう wolvesオオカミ.
「オオカミ」という具合です
15:18
Butだけど by〜によって 1960, people couldできた attack攻撃 Raven'sレイヴンズ
1960年までに人々は
レーヴンの検査で
15:20
on aa muchたくさん moreもっと sophisticated洗練された levelレベル.
より高度なレベルに取り組めるように
なりました
15:23
Ifif you君は said前記, we've私たちは got持っている two squares四角 followed続く by〜によって aa triangle三角形,
「2つの四角形に三角形が続く時―
15:26
what follows続く two circles?
2つの円には何が続く?」と問えば
15:31
They彼ら couldできた sayいう aa semicircle半円.
彼らは「半円」と答えられました
15:33
Justちょうど asとして aa triangle三角形 is halfハーフ of aa square平方,
三角形が四角形の半分であることから
15:35
aa semicircle半円 is halfハーフ of aa circleサークル.
円の半分である半円を
導き出したのです
15:37
By〜によって 2010, collegeカレッジ graduates卒業生, ifif you君は said前記
2010年ともなると
15:40
two circles followed続く by〜によって aa semicircle半円,
「2つの円に半円が続く時―
15:44
two sixteens16 followed続く by〜によって what,
2つの16には何が続く?」と問えば
15:47
they彼ら would〜する sayいう eight8, becauseなぜなら eight8 is halfハーフ of 16.
大卒者は「8」と答えます
16の半分は8だからです
15:50
Thatそれ is, they彼ら had持っていました moved移動した soそう far遠い fromから theその concreteコンクリート world世界
つまり 彼らは具体的な世界から離れ
15:53
thatそれ they彼ら couldできた even偶数 ignore無視する
質問に記号などが登場しようとも
15:56
theその appearance外観 of theその symbolsシンボル thatそれ wereあった involved関係する in theその question質問.
それに惑わされたり
しないということです
15:59
Now, I should〜すべき sayいう one1 thingもの that'sそれは very非常に disheartening気を失う.
ここで 非常に残念なことを
申し上げねばなりません
16:03
We我々 haven't持っていない made progress進捗 on allすべて fronts前線.
私たちは全領域で
進歩したわけではありません
16:06
One1 of theその ways方法 in whichどの we我々 would〜する like好きな to deal対処
高度になった現代社会に
対処しようと
16:09
with〜と theその sophistication洗練 of theその modernモダン world世界
我々が好んで用いる方法に
16:12
is throughを通して politics政治,
政治的手段があります
16:14
andそして sadly悲しいことに you君は canできる have持ってる humane人道的 moral道徳 principles原則,
悲しいかな 我々には
道義が備わっています
16:16
you君は canできる classify分類する, you君は canできる useつかいます logic論理 on abstractions抽象,
分類もでき
抽象概念に論理を使えます
16:19
andそして ifif you'reあなたは ignorant無知な of history歴史 andそして of otherその他 countries,
しかし 歴史や他国について無知では
16:24
you君は can'tできない do行う politics政治.
政治はできません
16:27
We've私たちは noticed気づいた, in aa trend傾向 among young若い Americansアメリカ人,
ご承知の通り
アメリカの若者は
16:29
thatそれ they彼ら read読む lessもっと少なく history歴史 andそして lessもっと少なく literature文献
歴史や文学を読まなくなり
16:32
andそして lessもっと少なく material材料 about foreign外国人 lands土地,
異国の情報にも目を通しません
16:35
andそして they're彼らは essentially基本的に ahistorical歴史的な.
歴史に興味がなく
16:38
They彼ら liveライブ in theその bubbleバブル of theその presentプレゼント.
今という泡沫の中に
生きています
16:39
They彼ら don'tしない know知っている theその Korean韓国語 War戦争 fromから theその war戦争 in Vietnamベトナム.
朝鮮戦争とベトナム戦争の
区別がつかず
16:42
They彼ら don'tしない know知っている who wasあった an allyアリー of Americaアメリカ in World世界 War戦争 IIii.
第二次世界大戦でアメリカが
どの国と同盟を結んでいたか知りません
16:44
Think思う howどうやって different異なる Americaアメリカ would〜する be〜する
もしアメリカ国民全員が
16:49
ifif everyすべて Americanアメリカ人 knew知っていた thatそれ thisこの is theその fifth五番目 time時間
西洋の軍隊がアフガニスタンへ行き
政治的な介入をするのは
16:51
Western西洋 armies軍隊 have持ってる gone行った to Afghanistanアフガニスタン to put置く itsその house in order注文,
これで5回目であるということや
過去4回で―
16:55
andそして ifif they彼ら had持っていました some一部 ideaアイディア of exactly正確に what had持っていました happened起こった
具体的に何が起きたか
少しでも知っていたら
16:59
on thoseそれら four4つの previous occasions機会.
どれほどアメリカは変わるでしょう
17:02
(Laughter笑い)
(笑)
17:05
Andそして thatそれ is, they彼ら had持っていました barelyかろうじて left,
かろうじて退却し
17:06
andそして thereそこ wasn'tなかった aa traceトレース in theその sand.
意味がなかったということをです
17:08
Orまたは imagine想像する howどうやって different異なる thingsもの would〜する be〜する
あるいはアメリカが
最近6つの戦争の内4つで
17:10
ifif most最も Americansアメリカ人 knew知っていた thatそれ we我々 had持っていました beenされている lied嘘をついた
嘘をついたことを
アメリカ国民の多くが知ったら
17:13
into four4つの of our我々の last最終 six6 wars戦争.
事態はどれほど変わるでしょう
17:16
You君は know知っている, theその Spanishスペイン語 didn'tしなかった sinkシンク theその battleship戦艦 Maineメイン,
スペインは戦艦メインを沈めてはいないし
17:19
theその Lusitaniaルシタニア wasあった notない an innocent無実 vessel容器
ルシタニアは ただの客船ではなく
17:22
butだけど wasあった loadedロードされた with〜と munitions軍需品,
武器弾薬を積んでいました
17:24
theその North Vietnameseベトナム語 didした notない attack攻撃 theその Seventh第七 Fleet艦隊,
北ベトナム海軍は
第7艦隊を攻撃していないし
17:27
andそして, of courseコース, Saddamサダム Husseinフセイン hated嫌いな alアル Qaedaカーエタ
フセインはアルカイダを嫌っていて
17:31
andそして had持っていました nothing何も to do行う with〜と itそれ,
関わりもありませんでした
17:34
andそして yetまだ theその administration投与 convinced確信している 45 percentパーセント of theその people
フセインが見せしめに
アルカイダを殺害しても
17:36
thatそれ they彼ら wereあった brothersブラザーズ in arms武器,
アメリカ政府は
17:40
whenいつ he would〜する hangハング one1 fromから theその nearest最も近い lamppost街灯柱.
二者が戦友であると説き
国民の45%が信じました
17:41
Butだけど I don'tしない want欲しいです to end終わり on aa pessimistic悲観的な note注意.
さて 最後ぐらいは
悲観的でない話をしましょう
17:45
Theその 20thth century世紀 has持っている shown示された enormous巨大な cognitive認知 reserves埋蔵量
20世紀という時代は
莫大な知力を蓄えることが
17:49
in ordinary普通の people thatそれ we我々 have持ってる now realized実現した,
一般の人々にも可能だということを
示しました
17:53
andそして theその aristocracy貴族 wasあった convinced確信している
上流階級の人々は
17:57
thatそれ theその average平均 person couldn'tできなかった make作る itそれ,
庶民には無理だと思い込んでいました
17:59
thatそれ they彼ら couldできた never決して shareシェア their彼らの mindset考え方
庶民が上流階級と同じ思考や
知的能力を持つなど
18:01
orまたは their彼らの cognitive認知 abilities能力.
あり得ないことだと
思っていたのです
18:04
Lord Curzonカーゾン once一度 said前記
かつて カーゾン卿は
18:07
he saw見た people bathing入浴 in theその North Sea,
北海で水浴びする人々を見て
言いました
18:09
andそして he said前記, "Whyなぜ didした noいいえ one1 telltell me
「身分の低い者も
肌が白いのだと
18:11
what white bodies theその lower低い orders注文 have持ってる?"
なぜ誰も教えてくれなかった?」
18:12
Asとして ifif they彼ら wereあった aa reptile爬虫類.
よほど驚いたのでしょうね
18:15
Wellよく, Dickensディケンズ wasあった right andそして he wasあった wrong違う. [Correction補正: Rudyard荒野 Kiplingキプリング]
ラドヤード・キップリングは
半分 正しかったのです
18:18
[Kiplingキプリング] said前記, "Theその colonel's大佐 ladyレディ andそして Judyジュディ O'Gradyオジロディ
彼の言葉です
「大佐の奥方も 卑しい女も
18:21
are sisters姉妹 underneath下の theその skin."
ひと皮むけば皆同じ」
18:25
(Applause拍手)
(拍手)
18:28
Translated by Shohei Tanaka
Reviewed by Emi Kamiya

▲Back to top

About the speaker:

James Flynn - Moral philosopher
James Flynn challenges our fundamental assumptions about intelligence.

Why you should listen

Year over year, people fare better on standardized tests, a global phenomenon known as the Flynn Effect. James Flynn, the New Zealand-based researcher who discovered this, believes that environmental factors play a greater role in intelligence than genetics does.

His latest findings, discussed in his 2012 book Are We Getting Smarter?, also suggest that women are not only as intelligent as men, but superior when it comes to executive function. “Women, when exposed to modernity, do equal men for IQ,” Flynn said to TV ONE’s Greg Boyed. “But in the formal educational setting where they apply their intelligence, they’re outperforming men all hollow.”

Flynn, a retired university professor, has written extensively about the connection between ongoing equality and IQ gains, democracy and human rights. He also wrote a compelling book about books, The Torchlight List, in which he lists 200 must-reads.

More profile about the speaker
James Flynn | Speaker | TED.com