English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxMarin

Paul Piff: Does money make you mean?

ポール・ピフ: お金が人を嫌なヤツにする?

Filmed
Views 3,237,685

勝敗の決まっているモノポリーによって驚くべきことが明らかになります。この愉快かつハッとさせるトークで社会心理学者のポール・ピフが紹介するのは、自分が裕福だと感じる人がとる(残念な)態度です。不平等の問題は複雑で困難な課題ですが、朗報もあります。(TEDxMarinにて収録)

- Social psychologist
Paul Piff studies how social hierarchy, inequality and emotion shape relations between individuals and groups. Full bio

I want欲しいです you君は to, forために aa moment瞬間,
皆さん ちょっと
00:12
think思う about playing遊ぶ aa gameゲーム of Monopoly独占,
モノポリーというゲームについて
考えてください
00:14
exceptを除いて in thisこの gameゲーム, thatそれ combination組み合わせ
ただし 今回のゲームは
00:18
of skillスキル, talent才能 andそして luck
実人生と同様
技と才能と運が相まって
00:21
thatそれ help助けて earn獲得する you君は success成功 in gamesゲーム, asとして in life生活,
成功を勝ち取るという
通常のゲームとは
00:24
has持っている beenされている renderedレンダリング irrelevant無関係,
まったく別物です
00:26
becauseなぜなら thisこの game'sゲーム beenされている rigged装備,
仕掛けがしてあって
00:28
andそして you'veあなたは got持っている theその upperアッパー handハンド.
必ず勝てるようになっています
00:30
You'veあなたは got持っている moreもっと moneyお金,
対戦相手より多くのお金をもらい
00:32
moreもっと opportunities機会 to move動く aroundまわり theその boardボード,
盤上を動き回るチャンスも多く
00:34
andそして moreもっと accessアクセス to resourcesリソース.
利用できる資源も多いのです
00:36
Andそして asとして you君は think思う about thatそれ experience経験,
この経験について
00:39
I want欲しいです you君は to ask尋ねる yourselfあなた自身,
皆さんに考えていただきたいのですが
00:40
howどうやって mightかもしれない thatそれ experience経験 of beingであること
仕組まれたゲームで
00:43
aa privileged特権 playerプレーヤー in aa rigged装備 gameゲーム
有利に事を運ぶという経験は
00:44
change変化する theその way方法 thatそれ you君は think思う about yourselfあなた自身
自分についての考え方や
相手に対する見方を
00:48
andそして regard尊敬する thatそれ otherその他 playerプレーヤー?
どう変えるのでしょうか
00:50
Soそう we我々 ran走った aa study調査 on theその Uあなた.Cc. Berkeleyバークレー campusキャンパス
我々がUCバークレー校で研究を行い
00:54
to look見える at〜で exactly正確に thatそれ question質問.
調べたのは まさにその疑問です
00:57
We我々 brought持ってきた in moreもっと thanより 100 pairsペア
研究室に被験者を呼び
01:00
of strangers見知らぬ人 into theその lab研究室,
初めて会った人同士
100組以上のペアを作り
01:01
andそして with〜と theその flipフリップ of aa coinコイン
コインを投げて無作為に
01:04
randomly無作為に assigned割り当てられた one1 of theその two
ペアの一人を金持ちに割り当て
01:06
to be〜する aa richリッチ playerプレーヤー in aa rigged装備 gameゲーム.
ゲームをやってもらいました
01:08
They彼ら got持っている two times asとして muchたくさん moneyお金.
金持ち側は2倍のお金をもらいます
01:10
Whenいつ they彼ら passed合格 Go行く,
「GO」のマスを通ったら
01:13
they彼ら collected集めました twice二度 theその salary給料,
サラリーは2倍もらえ
サイコロは―
01:14
andそして they彼ら got持っている to rollロール bothどちらも diceサイコロ instead代わりに of one1,
1個ではなく
2個とも振れますから
01:17
soそう they彼ら got持っている to move動く aroundまわり theその boardボード aa lotロット moreもっと.
うんと早く進めるわけです
01:19
(Laughter笑い)
(笑)
01:20
Andそして over以上 theその courseコース of 15 minutes,
15分間に渡って
01:23
we我々 watched見た throughを通して hidden隠された
camerasカメラ what happened起こった.
隠しカメラで様子を観察しました
01:25
Andそして what I want欲しいです to do行う today今日, forために theその first最初 time時間,
今日は初めて
皆さんに
01:29
is showショー you君は aa little少し bitビット of what we我々 saw見た.
我々が見たものの一部をお見せします
01:30
You'reあなたは going行く to have持ってる to pardon恩赦 theその sound quality品質,
音質が良くないのですが
01:33
in some一部 cases症例, becauseなぜなら again再び,
theseこれら wereあった hidden隠された camerasカメラ.
なにしろ隠しカメラですので
お許しください
01:34
Soそう we've私たちは provided提供された subtitles字幕.
字幕を付けておきました
01:37
Richリッチ Playerプレーヤー: Howどうやって manyたくさんの 500ss didした you君は have持ってる?
金持ち:500は何枚あるんだっけ?
01:39
Poor貧しい Playerプレーヤー: Justちょうど one1.
貧乏:1枚だけ
01:41
Richリッチ Playerプレーヤー: Are you君は serious深刻な.
Poor貧しい Playerプレーヤー: Yeahええ.
金持ち:マジで?
貧乏:うん
01:42
Richリッチ Playerプレーヤー: I have持ってる three. (Laughs笑う)
金持ち:僕は3枚(笑)
01:43
I don'tしない know知っている whyなぜ they彼ら gave与えた me soそう muchたくさん.
何故か たくさん くれたんだよね
01:45
Paulポール Piffぴったり: Okayはい, soそう itそれ wasあった quickly早く apparent見かけ上 to players選手
彼らはすぐに「何かある」と
01:47
thatそれ something何か wasあった upアップ.
気づいたようですね
01:49
One1 person clearlyはっきりと has持っている aa lotロット moreもっと moneyお金
一人だけが相手に比べ
どう見ても
01:50
thanより theその otherその他 person, andそして yetまだ,
多くのお金を持っているのです
01:52
asとして theその gameゲーム unfolded折りたたまれていない,
それでも ゲームが進むにつれ
01:54
we我々 saw見た very非常に notable注目すべき differences相違
我々は二者の間に
01:56
andそして dramatic劇的 differences相違 beginベギン to emerge出現する
非常に顕著で劇的な違いが
01:58
betweenの間に theその two players選手.
表れてくるのを目撃しました
02:01
Theその richリッチ playerプレーヤー
金持ちのプレイヤーは
02:03
started開始した to move動く aroundまわり theその boardボード louder大声で,
盤上を進む時に大きな音を立て
02:05
literally文字通り smacking殴る theその boardボード with〜と their彼らの pieceピース
コマを叩きつけるようにして
02:07
asとして he went行った aroundまわり.
回るようになってきたのです
02:09
We我々 wereあった moreもっと likelyおそらく to see見る signs兆候 of dominance支配
金持ちは支配的な仕草や
02:12
andそして nonverbal非言語 signs兆候,
非言語のサインを見せ
02:15
displaysディスプレイ of powerパワー
力を誇示したり
02:16
andそして celebrationお祝い among theその richリッチ players選手.
喜びを表したりすることが
多くなりました
02:19
We我々 had持っていました aa bowlボウル of pretzelsプレッツェル
positioned位置付けられた offオフ to theその side.
脇にプレッツェルを置いておきました
02:23
It'sそれは on theその bottom right cornerコーナー thereそこ.
画面では右下に映っています
02:25
Thatそれ allowed許可された us米国 to watch時計
participants'参加者は、 consummatory終わりの behavior動作.
被験者の完了行動を
観察するためです
02:27
Soそう we're私たちは justちょうど tracking追跡 howどうやって
manyたくさんの pretzelsプレッツェル participants参加者 eat食べる.
被験者がプレッツェルをいくつ食べたか
調べました
02:31
Richリッチ Playerプレーヤー: Are thoseそれら pretzelsプレッツェル aa trickトリック?
金持ち:このプレッツェルも
仕掛けかな
02:35
Poor貧しい Playerプレーヤー: I don'tしない know知っている.
貧乏:さあ
02:37
PPpp: Okayはい, soそう noいいえ surprises驚き, people are onto〜に us米国.
当然ですね
感づいています
02:39
They彼ら wonderワンダー what thatそれ bowlボウル of pretzelsプレッツェル
そこにプレッツェルがあること自体
不審に思っています
02:42
is doingやっている thereそこ in theその first最初 place場所.
そこにプレッツェルがあること自体
不審に思っています
02:44
One1 even偶数 asks尋ねる, like好きな you君は justちょうど saw見た,
ご覧いただいたとおり
02:45
is thatそれ bowlボウル of pretzelsプレッツェル thereそこ asとして aa trickトリック?
プレッツェルは仕掛けかと
聞く人もいました
02:47
Andそして yetまだ, despite何と thatそれ, theその powerパワー of theその situation状況
怪しいと思いながらも
立場による力の影響は
02:50
seems思われる to inevitably必然的に dominate支配的,
どうしても出てしまうようで
02:53
andそして thoseそれら richリッチ players選手 start開始 to eat食べる moreもっと pretzelsプレッツェル.
金持ちの方がプレッツェルを
多く食べるのです
02:56
Richリッチ Playerプレーヤー: I love pretzelsプレッツェル.
金持ち:プレッツェルはうまいなぁ
03:03
(Laughter笑い)
(笑)
03:06
PPpp: Andそして asとして theその gameゲーム went行った on,
ゲームが進むと
03:09
one1 of theその really本当に interesting面白い andそして dramatic劇的 patternsパターン
実に興味深く 劇的なパターンが
03:12
thatそれ we我々 observed観察された beginベギン to emerge出現する
現れてきました
03:14
wasあった thatそれ theその richリッチ players選手 actually実際に
金持ちは相手に対し
03:17
started開始した to become〜になる ruder荒々しい toward〜に向かって theその otherその他 person,
横柄な態度を取るようになりました
03:19
lessもっと少なく andそして lessもっと少なく sensitive敏感な to theその plight窮地
気の毒な対戦相手が
苦境に陥っても
03:22
of thoseそれら poor貧しい, poor貧しい players選手,
だんだん気に留めなくなり
03:24
andそして moreもっと andそして moreもっと demonstrative説明的な
自らの物質的な成功を
03:26
of their彼らの material材料 success成功,
どんどん表に出して
03:28
moreもっと likelyおそらく to showcaseショーケース howどうやって wellよく they're彼らは doingやっている.
見せびらかすようになってきました
03:30
Richリッチ Playerプレーヤー: I have持ってる moneyお金 forために everythingすべて.
金持ち:もう何でも買えちゃうよ
03:35
Poor貧しい Playerプレーヤー: Howどうやって muchたくさん is thatそれ?
貧乏:いくら?
03:39
Richリッチ Playerプレーヤー: You君は owe借りている me 24 dollarsドル.
金持ち:君に24ドル貸してるよ
03:41
You'reあなたは going行く to lose失う allすべて yourきみの moneyお金 soonすぐに.
もうすぐ すっからかんだね
03:45
I'll私はよ buy購入 itそれ. I have持ってる soそう muchたくさん moneyお金.
買おう
お金はたっぷりある
03:48
I have持ってる soそう muchたくさん moneyお金, itそれ takesテイク me forever永遠に.
ありすぎて使い切れないよ
03:50
Richリッチ Playerプレーヤー 2: I'm私は going行く to buy購入 outでる thisこの whole全体 boardボード.
金持ち2:全部丸ごと買い取るわ
03:52
Richリッチ Playerプレーヤー 3: You'reあなたは going行く
to run走る outでる of moneyお金 soonすぐに.
金持ち3:お金なくなりそうだね
03:54
I'm私は prettyかなり muchたくさん untouchableアンタッチャブル at〜で thisこの pointポイント.
俺は無敵だな
03:55
PPpp: Okayはい, andそして here'sここにいる what I think思う
さて ここで私が
03:58
wasあった really本当に, really本当に interesting面白い,
大変興味深いと思うのは
04:01
is thatそれ at〜で theその end終わり of theその 15 minutes,
15分間のゲーム終了後に
04:02
we我々 asked尋ねた theその players選手 to talkトーク about
their彼らの experience経験 during theその gameゲーム.
プレイヤーたちにゲーム中の経験について
語ってもらったことです
04:06
Andそして whenいつ theその richリッチ players選手 talked話した about
金持ちのプレイヤーは
04:10
whyなぜ they彼ら had持っていました inevitably必然的に won勝った
必然的に勝った理由を述べる時―
04:12
in thisこの rigged装備 gameゲーム of Monopoly独占 ---
そう仕組まれているわけですが
04:14
(Laughter笑い) —
(笑)
04:16
they彼ら talked話した about what they'd彼らは done完了
彼らは様々な資産を購入したり
04:21
to buy購入 thoseそれら different異なる propertiesプロパティ
成功を収めるために
04:24
andそして earn獲得する their彼らの success成功 in theその gameゲーム,
自分が何をしたか語りました
04:27
andそして they彼ら becameなりました far遠い lessもっと少なく attuned調整した
いろいろあったはずの
状況の違いも
04:30
to allすべて thoseそれら different異なる features特徴 of theその situation状況,
まるで気にしなくなっていました
04:32
includingを含む thatそれ flipフリップ of aa coinコイン
最初にコインを投げて
04:35
thatそれ had持っていました randomly無作為に gotten得た themそれら into
たまたま有利な立場になったことも
04:38
thatそれ privileged特権 positionポジション in theその first最初 place場所.
全然 気にしなくなっていたのです
04:40
Andそして that'sそれは aa really本当に, really本当に incredible信じられない insight洞察力
これは人が優位性に対し
どう辻褄を合わせるか
04:43
into howどうやって theその mindマインド makes作る senseセンス of advantage利点.
その本質を実に見事なまでに
突いています
04:46
Now thisこの gameゲーム of Monopoly独占 canできる be〜する used中古
さて このモノポリーの実験は
04:51
asとして aa metaphor隠喩 forために understanding理解 society社会
社会とその階層構造を理解するための
04:54
andそして itsその hierarchical階層的 structure構造, whereinここで some一部 people
メタファーとして使えます
社会には
04:56
have持ってる aa lotロット of wealth andそして aa lotロット of status状態,
裕福で地位の高い人もいますし
05:00
andそして aa lotロット of people don'tしない.
そうでない人も大勢います
05:02
They彼ら have持ってる aa lotロット lessもっと少なく wealth andそして aa lotロット lessもっと少なく status状態
多くの人は裕福でなく
地位もなく
05:04
andそして aa lotロット lessもっと少なく accessアクセス to valued価値のある resourcesリソース.
貴重な資源へのツテも
持っていません
05:07
Andそして what myじぶんの colleagues同僚 andそして I forために
theその last最終 sevenセブン years have持ってる beenされている doingやっている
私が仲間と共に
ここ7年行っているのは
05:10
is studying勉強する theその effects効果 of theseこれら kinds種類 of hierarchies階層.
こうした階層の影響を
研究することです
05:13
What we've私たちは beenされている finding所見 across横断する dozens数十 of studies研究
いくつもの研究を重ね
05:17
andそして thousands of participants参加者 across横断する thisこの country
国内の何千という被験者の協力を得て
わかってきたのは
05:20
is thatそれ asとして aa person's levelsレベル of wealth increase増加する,
人間は富のレベルが上がると
05:24
their彼らの feelings感情 of compassion思いやり andそして empathy共感 go行く downダウン,
慈悲や同情の気持ちが減り
05:28
andそして their彼らの feelings感情 of entitlement資格, of deservingness意識,
権利意識や
05:34
andそして their彼らの ideologyイデオロギー of self-interest自己利益 increases増加する.
自己利益についての観念が
強くなるということです
05:38
In surveysアンケート, we我々 found見つけた thatそれ it'sそれは actually実際に
アンケートによると実際
05:43
wealthier富裕な individuals個人 who are moreもっと likelyおそらく
裕福な人たちほど
05:45
to moralize道徳的にする greed貪欲 beingであること good良い,
貪欲であることを
倫理的に良いものと捉え
05:47
andそして thatそれ theその pursuit追求 of self-interest自己利益
私利私欲の追求には賛成で
05:50
is favorable有利な andそして moral道徳.
倫理にかなうと考える傾向がありました
05:52
Now what I want欲しいです to do行う today今日 is talkトーク about
今日 私がお話ししたいのは
05:54
some一部 of theその implications意義
of thisこの ideologyイデオロギー self-interest自己利益,
この自己利益の観念が意味すること
05:56
talkトーク about whyなぜ we我々 should〜すべき
careお手入れ about thoseそれら implications意義,
なぜそれに注目する必要があるか
06:01
andそして end終わり with〜と what mightかもしれない be〜する done完了.
そして最後に
どんな対策ができるか ご提案します
06:03
Some一部 of theその first最初 studies研究 thatそれ we我々 ran走った in thisこの areaエリア
初期の研究で調査したのは
06:07
looked見た at〜で helping助ける behavior動作,
人助けの行動でした
06:09
something何か socialソーシャル psychologists心理学者 callコール
社会心理学では
06:10
pro-social親睦的 behavior動作.
向社会的行動と呼ばれるものです
06:13
Andそして we我々 wereあった really本当に interested興味がある in who'sだれの moreもっと likelyおそらく
興味の中心は
他人に助けの手を
06:15
to offer提供 help助けて to another別の person,
差し伸べる傾向が強いのは
06:17
someone誰か who'sだれの richリッチ orまたは someone誰か who'sだれの poor貧しい.
金持ちなのか貧乏人なのか
ということです
06:20
In one1 of theその studies研究, we我々 bring持参する in richリッチ andそして poor貧しい
ある研究では
金持ちと貧乏人を
06:23
membersメンバー of theその communityコミュニティ into theその lab研究室
研究室に呼び
06:27
andそして give与える each of themそれら theその equivalent同等 of 10 dollarsドル.
全員に10ドル相当ずつ渡し
06:30
We我々 told言った theその participants参加者
こう言いました
06:33
thatそれ they彼ら couldできた keepキープ theseこれら 10 dollarsドル forために themselves自分自身,
「この10ドルは
取っておいてもいいし
06:35
orまたは they彼ら couldできた shareシェア aa portion部分 of itそれ,
もし望むなら一部を
06:37
ifif they彼ら wanted欲しい to, with〜と aa strangerストレンジャー
まったく知らない誰かに
06:39
who is totally完全に anonymous匿名.
あげてもいいですよ」
06:41
They'll彼らは never決して meet会う thatそれ strangerストレンジャー andそして
theその strangerストレンジャー will意志 never決して meet会う themそれら.
お金を受け取る人と
会うことはありません
06:43
Andそして we我々 justちょうど monitorモニター howどうやって muchたくさん people give与える.
そして被験者が
いくら分け与えるか観察しました
06:46
Individuals個人 who made 25,000 sometimes時々
年収が2万5千ドルの人や
06:49
under 15,000 dollarsドル aa year,
1万5千ドル以下の人が
06:51
gave与えた 44 percentパーセント moreもっと of their彼らの moneyお金
見ず知らずの人に与えるお金は
06:54
to theその strangerストレンジャー
年収が15万ドルや
06:56
thanより didした individuals個人 making作る 150,000
20万ドルの人より
06:57
orまたは 200,000 dollarsドル aa year.
44%多いという結果が出ました
06:59
We've私たちは had持っていました people play遊びます gamesゲーム
賞品を獲得するためなら
07:02
to see見る who'sだれの moreもっと orまたは lessもっと少なく likelyおそらく to cheatカンニング
ズルもしかねない人の特徴を調べるため
07:05
to increase増加する their彼らの chancesチャンス of winning勝つ aa prize.
被験者にゲームをさせました
07:08
In one1 of theその gamesゲーム, we我々 actually実際に rigged装備 aa computerコンピューター
あるゲームでは
コンピュータに細工をして
07:10
soそう thatそれ die死ぬ rollsロールズ over以上 aa certainある scoreスコア
特定のスコア以上が
出ないようにしておきました
07:13
wereあった impossible不可能.
特定のスコア以上が
出ないようにしておきました
07:16
You君は couldn'tできなかった get取得する above上の 12 in thisこの gameゲーム,
12以上は絶対に出ません
07:17
andそして yetまだ, theその richerより豊かな you君は wereあった,
ところが お金持ちほど
07:20
theその moreもっと likelyおそらく you君は wereあった to cheatカンニング in thisこの gameゲーム
このゲームでズルをして
07:23
to earn獲得する creditsクレジット toward〜に向かって aa $50 cash現金 prize,
50ドルの賞金を獲ろうとしたのです
07:25
sometimes時々 by〜によって three to four4つの times asとして muchたくさん.
その頻度は3倍から4倍でした
07:29
We我々 ran走った another別の study調査 whereどこで we我々 looked見た at〜で whetherかどうか
別の研究では
ビンに入ったお菓子を
07:32
people would〜する be〜する inclined傾斜 to take取る candyキャンディー
人々が取る傾向を調べました
07:35
fromから aa jar of candyキャンディー thatそれ we我々 explicitly明示的 identified特定された
お菓子は子ども用だと
07:38
asとして beingであること reserved予約済み forために children子供 ---
はっきり断ってありました
07:40
(Laughter笑い) —
(笑)
07:43
participating参加する --- I'm私は notない kidding冗談.
冗談じゃないですよ
07:46
I know知っている itそれ sounds like好きな I'm私は making作る aa joke冗談で.
冗談みたいに聞こえますけどね
07:48
We我々 explicitly明示的 told言った participants参加者
被験者に はっきり言ったんです
07:51
thisこの jar of candy'sキャンディーズ forために children子供 participating参加する
近くで発達研究をやっていて
07:53
in aa developmental発達する lab研究室 nearby近所の.
このお菓子はその協力者である―
07:55
They're彼らは in studies研究. Thisこの is forために themそれら.
子どもたちのために用意してあると
07:57
Andそして we我々 justちょうど monitored監視される howどうやって
muchたくさん candyキャンディー participants参加者 took取った.
そして被験者がお菓子をいくつ取るか
観察しました
07:59
Participants参加者 who feltフェルト richリッチ
金持ちと自覚している人は
08:03
took取った two times asとして muchたくさん candyキャンディー
貧乏と自覚している人の
08:04
asとして participants参加者 who feltフェルト poor貧しい.
2倍多く お菓子を取りました
08:06
We've私たちは even偶数 studied研究した cars,
車についても調べました
08:09
notない justちょうど anyどれか cars,
ただの車じゃありません
08:12
butだけど whetherかどうか driversドライバー of different異なる kinds種類 of cars
車種によって運転手が
法律違反をする傾向に
08:13
are moreもっと orまたは lessもっと少なく inclined傾斜 to breakブレーク theその law法律.
違いがあるか調べました
08:16
In one1 of theseこれら studies研究, we我々 looked見た at〜で
ある研究では
08:20
whetherかどうか driversドライバー would〜する stopやめる forために aa pedestrian歩行者
横断歩道を渡る素振りを見せている
歩行者のために
08:22
thatそれ we我々 had持っていました posedポーズされた waiting待っている to crossクロス at〜で aa crosswalk横断歩道.
運転手が止まるかどうか
検証しました
08:27
Now in Californiaカリフォルニア, asとして you君は allすべて know知っている,
カリフォルニアでは
08:29
becauseなぜなら I'm私は sure確かに we我々 allすべて do行う thisこの,
当然のことですよね
08:31
it'sそれは theその law法律 to stopやめる forために aa pedestrian歩行者
who'sだれの waiting待っている to crossクロス.
渡ろうとしている歩行者がいたら
止まるのがルールです
08:34
Soそう here'sここにいる an example of howどうやって we我々 didした itそれ.
実験はこんな感じです
08:38
That'sそれは our我々の confederate連合国 offオフ to theその left
左にいる人はサクラで
08:40
posingポーズ asとして aa pedestrian歩行者.
歩行者を装っています
08:42
He approachesアプローチ asとして theその red truckトラック successfully正常に stops停止.
彼が前へ出ると
赤いトラックがちゃんと止まります
08:43
In typical典型的な Californiaカリフォルニア fashionファッション, it'sそれは overtaken追い抜かれた
カリフォルニアでは日常茶飯事ですが
08:48
by〜によって theその busバス who almostほぼ runs走る our我々の pedestrian歩行者 over以上.
バスが追い越し
歩行者をひきそうです
08:50
(Laughter笑い)
(笑)
08:52
Now here'sここにいる an example of aa moreもっと expensive高価な car,
高級車の場合です
08:54
aa Priusプリウス, driving運転 throughを通して,
プリウスは無視です
08:56
andそして aa BMWBMW doingやっている theその same同じ.
BMWも 同じくです
08:57
Soそう we我々 didした thisこの forために hundreds数百 of vehicles乗り物
何百台もの車を
09:03
on severalいくつかの days日々,
数日間にわたって調査し
09:05
justちょうど tracking追跡 who stops停止 andそして who doesn'tしない.
止まる車と止まらない車を
記録しました
09:08
What we我々 found見つけた wasあった thatそれ asとして theその expensiveness経費
これでわかったのは
09:12
of aa car increased増加した,
高級車の運転手ほど
09:14
theその driver'sドライバーズ tendencies傾向 to breakブレーク theその law法律
法律を破る傾向が強い
ということです
09:18
increased増加した asとして wellよく.
法律を破る傾向が強い
ということです
09:20
Noneなし of theその cars, noneなし of theその cars
一番安い価格帯の車は
09:22
in our我々の least少なくとも expensive高価な car categoryカテゴリー
一台たりとも
09:24
broke壊れた theその law法律.
違反しませんでした
09:28
Close閉じる to 50 percentパーセント of theその cars
最高価格帯の車では
09:29
in our我々の most最も expensive高価な vehicle車両 categoryカテゴリー
50%近くが
09:32
broke壊れた theその law法律.
法律違反をしました
09:34
We've私たちは run走る otherその他 studies研究 finding所見 thatそれ
別の実験では
09:37
wealthier富裕な individuals個人 are moreもっと
likelyおそらく to lie嘘つき in negotiations交渉,
裕福な人ほど交渉で嘘をついたり
職場における違反行動―
09:39
to endorse支持する unethical非倫理的 behavior動作 at〜で work作業
たとえばレジから現金を盗んだり
09:42
like好きな stealing窃盗 cash現金 fromから theその cash現金 register登録,
賄賂を受け取る
顧客をだますなどの違反を
09:44
taking取る bribes賄賂, lying嘘つき to customers顧客.
容認する傾向が表れました
09:47
Now I don'tしない mean平均 to suggest提案する
裕福な人々だけが
09:52
thatそれ it'sそれは onlyのみ wealthy裕福な people
こうした行動パターンを示すと
09:54
who showショー theseこれら patternsパターン of behavior動作.
言っているのではありません
09:55
Notない at〜で allすべて. In fact事実, I think思う thatそれ we我々 allすべて,
まったく違います
実際 私たちは皆
09:57
in our我々の day-to-day日々, minute-by-minute毎分 lives人生,
日々の生活の中で 常に
10:00
struggle闘争 with〜と theseこれら competing競合する motivations動機
自分の利益を
他人の利益より優先させるか否か
10:03
of whenいつ, orまたは ifif, to put置く our我々の own自分の interests関心
させるとすればいつか
10:06
above上の theその interests関心 of otherその他 people.
そういう対立する気持ちと闘っています
10:09
Andそして that'sそれは understandable理解できる becauseなぜなら
仕方がないのです
なぜなら
10:12
theその Americanアメリカ人 dream is an ideaアイディア
アメリカンドリームというのは
10:14
in whichどの we我々 allすべて have持ってる an equal等しい opportunity機会
誰もが機会を平等に持ち
10:16
to succeed成功する andそして prosper繁栄する,
一生懸命 真面目に働けば
10:20
asとして long長いです asとして we我々 apply適用する ourselves自分自身 andそして work作業 hardハード,
成功し繁栄するという思想です
10:22
andそして aa pieceピース of thatそれ means手段 thatそれ sometimes時々,
それは時に
自分の利益を
10:24
you君は need必要 to put置く yourきみの own自分の interests関心
周りの人の利益や幸せより
10:27
above上の theその interests関心 andそして well-being幸福
of otherその他 people aroundまわり you君は.
優先させる必要がある
という意味でもあります
10:30
Butだけど what we're私たちは finding所見 is thatそれ,
研究により わかってきたのは
10:33
theその wealthier富裕な you君は are, theその moreもっと likelyおそらく you君は are
人は裕福になればなるほど
10:36
to pursue追求する aa visionビジョン of personal個人的 success成功,
個人的な成功や
10:38
of achievement成果 andそして accomplishment達成,
業績についての理想を求め
10:41
to theその detriment損害 of othersその他 aroundまわり you君は.
周囲の人の不利益を
顧みなくなるということです
10:43
Hereここに I've私は plottedプロットされた forために you君は theその mean平均 household家庭 income所得
こちらは ここ20年間の
世帯収入の平均を
10:46
received受け取った by〜によって each fifth五番目 andそして top
five percentパーセント of theその population人口
グラフ化したものです
人口を5分の1ずつに分け
10:49
over以上 theその last最終 20 years.
上位5%と比較しています
10:53
In 1993, theその differences相違 betweenの間に theその different異なる
1993年の時点で
五分位数間の
10:55
quintiles五分位 of theその population人口, in terms条項 of income所得,
所得格差には
10:57
are fairlyかなり egregious大変な.
かなりの開きがあります
11:00
It'sそれは notない difficult難しい to discern分かる thatそれ thereそこ are differences相違.
差があるのは
誰の目にも明らかです
11:03
Butだけど over以上 theその last最終 20 years, thatそれ significant重要な difference
しかしこの20年で
その著しい格差は
11:06
has持っている become〜になる aa grand壮大 canyonキャニオン of sortsソート
上位とその他の間で
11:09
betweenの間に thoseそれら at〜で theその top andそして everyoneみんな elseelse.
天と地ほどの差になりました
11:11
In fact事実, theその top 20 percentパーセント of our我々の population人口
実際 人口の上位20%が
11:14
own自分の close閉じる to 90 percentパーセント of theその
total合計 wealth in thisこの country.
我が国の富の90%近くを
保有しています
11:18
We're私たちは at〜で unprecedented前例のない levelsレベル
これほどの経済格差は
11:21
of economic経済的 inequality不平等.
人類史上 例がありません
11:23
What thatそれ means手段 is thatそれ wealth is notない onlyのみ becoming〜になる
これは ある特定の層の人が
11:27
increasinglyますます concentrated濃縮 in theその hands
of aa select選択する groupグループ of individuals個人,
ますます富をかき集めるように
なってきているというだけでなく
11:29
butだけど theその Americanアメリカ人 dream is becoming〜になる
増加し続ける大多数の人々にとって
11:34
increasinglyますます unattainable達成不可能な
アメリカンドリームを達成することが
11:36
forために an increasing増加する majority多数 of us米国.
ますます難しくなっている
ということでもあります
11:38
Andそして ifif it'sそれは theその case場合, asとして we've私たちは beenされている finding所見,
我々が明らかにしたとおり
11:41
thatそれ theその wealthier富裕な you君は are,
人は裕福になればなるほど
11:44
theその moreもっと entitledタイトル you君は feel感じる to thatそれ wealth,
特権意識を募らせ
11:46
andそして theその moreもっと likelyおそらく you君は are
to prioritize優先順位をつける yourきみの own自分の interests関心
他人の利益よりも
自分の利益を
11:48
above上の theその interests関心 of otherその他 people,
優先させる傾向が強まり
11:51
andそして be〜する willing喜んで to do行う thingsもの to serveサーブ thatそれ self-interest自己利益,
自己利益を追求しようとするのなら
11:53
wellよく then次に there'sそこに noいいえ reason理由 to think思う
このパターンは今後も
11:57
thatそれ thoseそれら patternsパターン will意志 change変化する.
変わっていくわけがありません
11:58
In fact事実, there'sそこに everyすべて reason理由 to think思う
むしろ悪化の一途をたどると
考える方が自然です
12:00
thatそれ they'll彼らは onlyのみ get取得する worse悪化する,
むしろ悪化の一途をたどると
考える方が自然です
12:02
andそして that'sそれは what itそれ would〜する look見える like好きな
ifif thingsもの justちょうど stayed滞在した theその same同じ,
このペースで今後20年の間に
12:04
at〜で theその same同じ linearリニア rateレート, over以上 theその next 20 years.
事態が変わらなければ
ご覧のようになっていきます
12:07
Now, inequality不平等, economic経済的 inequality不平等,
さて 不平等や経済格差は
12:11
is something何か we我々 should〜すべき allすべて be〜する concerned心配している about,
皆で考えるべき問題です
12:14
andそして notない justちょうど becauseなぜなら of thoseそれら at〜で theその bottom
社会的階層の底辺にいる
人たちのためだけでなく
12:16
of theその socialソーシャル hierarchy階層,
社会的階層の底辺にいる
人たちのためだけでなく
12:19
butだけど becauseなぜなら individuals個人 andそして groupsグループ
個人であろうと集団であろうと
12:20
with〜と lotsロット of economic経済的 inequality不平等 do行う worse悪化する,
経済格差が広がると
状況が悪くなりますから
12:22
notない justちょうど theその people at〜で theその bottom, everyoneみんな.
貧困層の人々だけでなく
全員に関わるのです
12:28
There'sそこに aa lotロット of really本当に compelling説得力のある research研究
裏付けとなる研究が
たくさんあります
12:30
coming到来 outでる fromから top labsラボ allすべて over以上 theその world世界
経済格差の拡大に伴い
12:33
showcasingショーケース theその range範囲 of thingsもの
弱体化した様々な物事を
紹介する研究が
12:35
thatそれ are undermined損なわれた
世界中の―
12:38
asとして economic経済的 inequality不平等 gets取得 worse悪化する.
一流の研究所から
発表されています
12:40
Socialソーシャル mobility移動性, thingsもの we我々 really本当に careお手入れ about,
社会的流動性や
我々が大切にしているもの
12:43
physical物理的 health健康, socialソーシャル trust信頼,
身体的健康
社会的信用などは皆
12:45
allすべて go行く downダウン asとして inequality不平等 goes行く upアップ.
格差が広がると下落します
12:48
Similarly同様に, negative thingsもの
同様に社会的集団や
12:51
in socialソーシャル collectives集団 andそして societies社会,
社会そのものにおける
ネガティブな物事―
12:53
thingsもの like好きな obesity肥満, andそして violence暴力,
たとえば肥満や暴力
12:55
imprisonment投獄, andそして punishment,
投獄や刑罰などは
12:57
are exacerbated悪化した asとして economic経済的 inequality不平等 increases増加する.
経済格差が広がると
悪化するのです
12:59
Again再び, theseこれら are outcomes結果 notない justちょうど experienced経験豊富な
先ほども言ったとおり
こうなると
13:03
by〜によって aa few少数, butだけど thatそれ resound響く
一部の人だけではなく
13:06
across横断する allすべて strata地層 of society社会.
社会階層の どの層も
甚大な影響を受けます
13:08
Even偶数 people at〜で theその top experience経験 theseこれら outcomes結果.
最富裕層の人たちにさえ
影響が及びます
13:10
Soそう what do行う we我々 do行う?
では どうしましょう?
13:13
Thisこの cascadeカスケード of self-perpetuating自己永続化する,
この尽きることのない
13:17
pernicious悪性, negative effects効果
致命的な悪影響の流れは
13:20
couldできた seem思われる like好きな something何か that'sそれは spun紡ぐ outでる of controlコントロール,
制御不能に見えるかもしれません
13:23
andそして there'sそこに nothing何も we我々 canできる do行う about itそれ,
もうお手上げ状態で
13:26
certainly確かに nothing何も we我々 asとして individuals個人 couldできた do行う.
我々個人には為すすべもないように
思えます
13:28
Butだけど in fact事実, we've私たちは beenされている finding所見
しかし実は 私たちの研究所での
研究によると
13:31
in our我々の own自分の laboratory研究室 research研究
ほんのちょっとした心理的介入や
13:35
thatそれ small小さい psychological心理的 interventions介入,
価値観のちょっとした変化
13:38
small小さい changes変更 to people's人々の values,
ある方向への
ちょっとした刺激によって
13:43
small小さい nudgesナッジ in certainある directions行き方,
平等主義や共感のレベルを
修復できることが
13:46
canできる restoreリストア levelsレベル of egalitarianism平等主義 andそして empathy共感.
わかってきています
13:49
Forために instanceインスタンス, reminding思い出させる people
たとえば人々に
13:53
of theその benefits利点 of cooperation協力,
協力による恩恵や
共同体の利点を
13:55
orまたは theその advantages利点 of communityコミュニティ,
思い出させると
13:57
cause原因 wealthier富裕な individuals個人 to be〜する justちょうど asとして egalitarian平等主義者
裕福な人も貧しい人と同じくらいの
14:00
asとして poor貧しい people.
平等主義になります
14:04
In one1 study調査, we我々 had持っていました people watch時計 aa brief簡潔な videoビデオ,
ある研究で
短いビデオを見てもらいました
14:07
justちょうど 46 seconds long長いです, about childhood子供時代 poverty貧困
たった46秒間
子どもの貧困についてです
14:10
thatそれ servedサービスされた asとして aa reminder思い出させる of theその needsニーズ of othersその他
世の中には困っている人がいるのだと
14:14
in theその world世界 aroundまわり themそれら,
思い出させるのが狙いです
14:17
andそして after watching見ている thatそれ,
ビデオを見た後
研究室に
14:19
we我々 looked見た at〜で howどうやって willing喜んで people wereあった
悩みを抱えた人が現れます
14:21
to offer提供 upアップ their彼らの own自分の time時間 to aa strangerストレンジャー
我々は人々が
見ず知らずの人のために
14:23
presented提示された to themそれら in theその lab研究室 who wasあった in distress苦痛.
どれくらい自分の時間を
使おうとするか検証しました
14:27
After watching見ている thisこの videoビデオ, an hour時間 later後で,
ビデオを見てから1時間後
14:30
richリッチ people becameなりました justちょうど asとして generous寛大な
金持ちは赤の他人を救うために
14:34
of their彼らの own自分の time時間 to help助けて outでる thisこの otherその他 person,
時間を割くことにおいて
14:36
aa strangerストレンジャー, asとして someone誰か who'sだれの poor貧しい,
貧乏人と同じくらい寛容になりました
14:38
suggesting提案する thatそれ theseこれら differences相違 are notない
このことが示すのは
差異というものは
14:41
innate生得的 orまたは categoricalカテゴリ,
先天的でも絶対的でもなく
14:43
butだけど are soそう malleable可鍛性の
価値観のわずかな変化や
14:45
to slightわずかな changes変更 in people's人々の values,
慈悲や共感する力に
14:47
andそして little少し nudgesナッジ of compassion思いやり
ちょっと目を向けさせるだけで
14:49
andそして bumpsバンプ of empathy共感.
左右されるということです
14:51
Andそして beyond超えて theその walls of our我々の lab研究室,
研究室内だけでなく
14:53
we're私たちは even偶数 beginning始まり to see見る
signs兆候 of change変化する in society社会.
社会にも変化の兆しが
現れ始めています
14:54
Billビル Gatesゲート, one1 of our我々の nation's国の wealthiest富裕な individuals個人,
ビル・ゲイツは我が国の
最富裕層の一人ですが
14:58
in his Harvardハーバード commencement開始 speechスピーチ,
ハーバードの卒業式の式辞で
15:02
talked話した about theその problem問題 facing直面する society社会
社会が直面している不平等の問題を
15:03
of inequality不平等 asとして beingであること theその most最も daunting大変なこと challengeチャレンジ,
最も手ごわい課題として語り
15:05
andそして talked話した about what must必須 be〜する done完了 to combat戦闘 itそれ,
それと闘うためにすべきことを
語りました
15:09
saying言って, "Humanity's人類 greatest最大 advances進歩
彼の言葉です
「人類の進歩のうちで最大のものは
15:11
are notない in itsその discoveries発見,
発見にあるのではなく
15:15
butだけど in howどうやって thoseそれら discoveries発見 are applied適用された
不平等を緩和するために
15:17
to reduce減らす inequity不公平."
発見をどう利用するかにある」
15:20
Andそして there'sそこに theその Giving与える Pledge約束,
「Giving Pledge(寄付の誓い)」という
15:23
in whichどの moreもっと thanより 100 of our我々の nation's国の
取り組みがあります
そこでは―
15:25
wealthiest富裕な individuals個人
我が国の百人以上の大富豪たちが
15:27
are pledging約束 halfハーフ of their彼らの fortunes運命 to charity慈善団体.
財産の半分を寄付すると
誓いを立てています
15:29
Andそして there'sそこに theその emergence出現
利益分割の草の根運動が
15:33
of dozens数十 of grassroots草の根 movements動き,
いくつも始まっています
名前を挙げるなら
15:35
like好きな We我々 are theその One1 Percentパーセント,
「We are the One Percent」
15:39
theその Resourceリソース Generation世代,
「Resource Generation」
15:41
orまたは Wealth forために Common一般 Good良い,
「Wealth for Common Good」
15:43
in whichどの theその most最も privileged特権
こうした活動を通じ
15:45
membersメンバー of theその population人口,
特権階級の人たちや
15:47
membersメンバー of theその one1 percentパーセント andそして elsewhere他の場所,
上位1%に当たる人など
15:49
people who are wealthy裕福な,
裕福な人々が
15:52
are usingを使用して their彼らの own自分の economic経済的 resourcesリソース,
自らの経済力を使って
15:54
adults大人 andそして youth若者 alike似ている, that'sそれは
what's何ですか most最も striking印象的な to me,
大人も若者も ― ここに私は
最も感動したのですが
15:57
leveraging活用 their彼らの own自分の privilege特権,
自らの特権や
16:01
their彼らの own自分の economic経済的 resourcesリソース,
自らの経済力を
16:03
to combat戦闘 inequality不平等
格差是正のために生かそうと
16:05
by〜によって advocating主張する forために socialソーシャル policiesポリシー,
社会政策や
社会的価値の変革を求め
16:08
changes変更 in socialソーシャル values,
人々の行動を
16:11
andそして changes変更 in people's人々の behavior動作,
変える必要があると訴えています
16:13
thatそれ work作業 againstに対して their彼らの own自分の economic経済的 interests関心
この活動は彼ら自身の
経済的利益にはマイナスですが
16:15
butだけど thatそれ mayかもしれない ultimately最終的に restoreリストア theその Americanアメリカ人 dream.
いずれアメリカンドリームを復活させる
可能性を秘めています
16:18
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
16:23
(Applause拍手)
(拍手)
16:25
Translated by Emi Kamiya
Reviewed by Yuko Yoshida

▲Back to top

About the speaker:

Paul Piff - Social psychologist
Paul Piff studies how social hierarchy, inequality and emotion shape relations between individuals and groups.

Why you should listen

Paul Piff is an Assistant Professor of Psychology and Social Behavior at the University of California, Irvine.​ In particular, he studies how wealth (having it or not having it) can affect interpersonal relationships.

His surprising studies include running rigged games of Monopoly, tracking how those who drive expensive cars behave versus those driving less expensive vehicles and even determining that rich people are literally more likely to take candy from children than the less well-off. The results often don't paint a pretty picture about the motivating forces of wealth. He writes, "specifically, I have been finding that increased wealth and status in society lead to increased self-focus and, in turn, decreased compassion, altruism, and ethical behavior."

More profile about the speaker
Paul Piff | Speaker | TED.com