English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2014

Rob Knight: How our microbes make us who we are

ロブ・ナイト: 微生物がどのようにして私達を作っているのか

Filmed
Views 1,586,220

ロブ・ナイトは、人体内の微生物研究におけるパイオニアです。私達の体内に宿る小さな単細胞生物群は、私達の健康において、極めて大きな役割を担っています。そして、この分野は未だに良く知られていません。「私達が体内に抱えている3ポンドの微生物は、ゲノム内のどの遺伝子よりも重要かもしれません」と言う、その彼の理由を聴いてみましょう。

- Microbial ecologist
Rob Knight explores the unseen microbial world that exists literally right under our noses -- and everywhere else on (and in) our bodies. Full bio

We我々 humans人間 have持ってる always常に beenされている very非常に concerned心配している
about theその health健康 of our我々の bodies,
誰でも常に健康に関心がありますが
00:13
butだけど we我々 haven't持っていない always常に beenされている thatそれ good良い
at〜で figuring想像する outでる what's何ですか important重要.
今まで必ずしも何が大切なのか
理解していたとは限りません
00:17
Take取る theその ancient古代 Egyptiansエジプト人, forために example:
例えば古代エジプトを見ると
00:21
very非常に concerned心配している about theその body parts部品
they彼ら thought思想 they'd彼らは need必要 in theその afterlife後世,
死後の世界に必要だと思われた
体の部分はとても大事に扱われ
00:23
butだけど they彼ら left some一部 parts部品 outでる.
その一方ある部分は除外されました
00:27
Thisこの part, forために example.
つまり
00:29
Althoughただし、 they彼ら very非常に carefully慎重に
preserved保存された theその stomach, theその lungs,
胃 肺 肝臓などは
00:32
theその liver, andそして soそう forth前進,
注意深く保存されましたが
00:35
they彼ら justちょうど mushed筋が茂った upアップ theその brain,
drained排水された itそれ outでる throughを通して theその nose,
脳は潰され鼻から抽出され
00:36
andそして threw投げた itそれ away離れて,
捨てられていました
00:39
whichどの makes作る senseセンス, really本当に,
確かに
00:41
becauseなぜなら what doesする aa brain
do行う forために us米国 anywayとにかく?
脳は一体何の役に立つと言うのでしょう
00:42
Butだけど imagine想像する ifif thereそこ wereあった aa kind種類
of neglected無視された organ器官 in our我々の bodies
しかし脳程の重さで
我々自身ともいえる
00:45
thatそれ weighed体重 justちょうど asとして muchたくさん asとして theその brain
重要な臓器が我々の体に
00:48
andそして in some一部 ways方法 wasあった justちょうど
asとして important重要 to who we我々 are,
他にあるでしょうか
00:50
butだけど we我々 knew知っていた soそう little少し about
andそして treated治療された with〜と suchそのような disregard無視.
なのに 知られている事も関心も
殆どありませんでした
00:53
Andそして imagine想像する ifif,
throughを通して new新しい scientific科学的 advances進歩,
しかし新しい科学の進歩で
00:57
we我々 wereあった justちょうど beginning始まり to understandわかる
ヒトの理解に役立つ
01:00
itsその importance重要度 to howどうやって
we我々 think思う of ourselves自分自身.
重要な事柄が
分かり始めて来たばかりだとしたら
01:01
Wouldn'tしないだろう you君は want欲しいです to know知っている moreもっと about itそれ?
もっと それについて
知りたいと思いませんか
01:04
Wellよく, itそれ turnsターン outでる thatそれ we我々 do行う
have持ってる something何か justちょうど like好きな thatそれ:
実はその脳に似た物が
他にもあるのです
01:07
our我々の gut,
我々の腸です
01:10
orまたは ratherむしろ, itsその microbes微生物.
腸内の微生物と
言った方がいいでしょう
01:12
Butだけど it'sそれは notない justちょうど theその microbes微生物
in our我々の gut thatそれ are important重要.
でも大切なのは
腸内微生物だけではありません
01:15
Microbes微生物 allすべて over以上 our我々の body
体内外の微生物が
01:18
turn順番 outでる to be〜する really本当に criticalクリティカルな
to aa whole全体 range範囲 of differences相違
広範囲に渡り影響を及ぼし
大きく健康を左右していることが
01:19
thatそれ make作る different異なる people who we我々 are.
分かってきました
01:22
Soそう forために example, have持ってる you君は everこれまで noticed気づいた
その例として
01:25
howどうやって some一部 people get取得する bitten噛んだ by〜によって mosquitos
way方法 moreもっと oftenしばしば thanより othersその他?
蚊に刺され易い人がいる事に
気付かれた事がありますか
01:27
Itそれ turnsターン outでる thatそれ everyone's誰もが anecdotal逸話
experience経験 outでる campingキャンプ is actually実際に true真実.
誰でも同じような経験がキャンプでありますね
01:31
Forために example, I seldom滅多
get取得する bitten噛んだ by〜によって mosquitos,
私自身あまり蚊に刺される事はありませんが
01:36
butだけど myじぶんの partnerパートナー Amandaアマンダ
attracts引き付ける themそれら in drovesドリブス,
私の妻アマンダには蚊の大群が寄ってきます
01:38
andそして theその reason理由 whyなぜ is thatそれ we我々 have持ってる
different異なる microbes微生物 on our我々の skin
その理由は人それぞれ
皮膚には異なる微生物が
01:41
thatそれ produce作物 different異なる chemicals薬品
thatそれ theその mosquitos detect検出する.
固有の化学物質を
分泌しているからです
01:44
Now, microbes微生物 are alsoまた、 really本当に important重要
in theその fieldフィールド of medicine医学.
微生物は医療の分野でも とても重要です
01:48
Soそう, forために example, what microbes微生物
you君は have持ってる in yourきみの gut
一例として腸内微生物は
01:51
determine決定する whetherかどうか particular特に painkillers鎮痛剤
are toxic毒性 to yourきみの liver.
肝臓に対し毒性を持つ鎮痛剤や
01:54
They彼ら alsoまた、 determine決定する whetherかどうか orまたは notない otherその他
drugs薬物 will意志 work作業 forために yourきみの heartハート condition調子.
心臓病に効く薬を判断します
01:58
Andそして, ifif you'reあなたは aa fruitフルーツ fly飛ぶ, at〜で least少なくとも,
そして あなたがミバエなら
02:02
yourきみの microbes微生物 determine決定する
who you君は want欲しいです to have持ってる sexセックス with〜と.
あなたのパートナーは
あなたの微生物に決められます
02:05
We我々 haven't持っていない demonstrated実証済み thisこの in humans人間 yetまだ
これはヒトでは検証されていませんが
02:08
butだけど maybe多分 it'sそれは justちょうど aa matter問題 of time時間
before we我々 find見つける outでる. (Laughter笑い)
それが分かるのは時間の問題でしょう
(笑)
02:10
Soそう microbes微生物 are performing実行する
aa huge巨大 range範囲 of functions機能.
このように微生物は
広範囲に渡り活動しています
02:15
They彼ら help助けて us米国 digestダイジェスト our我々の foodフード.
食物を消化したり
02:17
They彼ら help助けて educate教育する our我々の immune免疫 systemシステム.
免疫系に働きかけ
02:19
They彼ら help助けて us米国 resistレジスト disease疾患,
病気に対抗したりし
02:21
andそして they彼ら mayかもしれない even偶数
be〜する affecting影響 our我々の behavior動作.
また我々の行動にさえも影響を及ぼします
02:23
Soそう what would〜する aa map地図 of allすべて theseこれら
microbial微生物 communitiesコミュニティ look見える like好きな?
では微生物叢(そう)の分布図とは
どんなものでしょうか
02:26
Wellよく, itそれ wouldn'tしないだろう look見える exactly正確に like好きな thisこの,
全くこれと同じではないでしょうが
02:30
butだけど it'sそれは aa helpful役に立つ guideガイド
forために understanding理解 biodiversity生物多様性.
生物学的多様性を理解するには
助けとなる手段となります
02:32
Different異なる parts部品 of theその world世界
have持ってる different異なる landscapes風景 of organisms生物
固有の様態をした有機体が
02:35
thatそれ are immediatelyすぐに characteristic特性
of one1 place場所 orまたは another別の
世界中その土地土地にいて
それが直接その地の
02:39
orまたは another別の.
特性となります
02:43
With〜と microbiology微生物学, it'sそれは kind種類 of theその same同じ,
althoughただし、 I've私は got持っている to be〜する honest正直な with〜と you君は:
微生物学でも同じ様な事が言えますが
02:45
Allすべて theその microbes微生物 essentially基本的に
look見える theその same同じ under aa microscope顕微鏡.
正直言って 顕微鏡の下では
微生物は本質的に皆似ているので
02:49
Soそう instead代わりに of trying試す
to identify識別する themそれら visually視覚的に,
様相から識別するのでなく
02:52
what we我々 do行う is we我々 look見える
at〜で their彼らの DNADNA sequencesシーケンス,
ヒト微生物のDNA配列を
02:55
andそして in aa projectプロジェクト calledと呼ばれる
theその Human人間 Microbiomeマイクロバイオーム Projectプロジェクト,
ヒト微生物叢プロジェクト
と呼ばれるプロジェクトで
02:57
NIHnih funded資金提供 thisこの $173 million百万 projectプロジェクト
NIHから1億7300万ドルの
支援を受け研究しています
03:00
whereどこで hundreds数百
of researchers研究者 came来た together一緒に
何百人もの研究者が集まり
03:04
to map地図 outでる allすべて theその A'sとして, T'st, G'sgの, andそして C'sCさん,
ヒト微生物全ての
03:06
andそして allすべて of theseこれら microbes微生物
in theその human人間 body.
ATGC配列を読み取り
03:09
Soそう whenいつ we我々 take取る themそれら together一緒に,
they彼ら look見える like好きな thisこの.
集めて見てみるとこんな感じです
03:11
It'sそれは aa bitビット moreもっと difficult難しい
to telltell who lives人生 whereどこで now, isn'tない itそれ?
どれがどれだか
ちょっと見分けがつきませんね
03:14
What myじぶんの lab研究室 doesする is develop開発する
computational計算上の techniques技術 thatそれ allow許す us米国
我々が開発した計算技法で
03:18
to take取る allすべて theseこれら terabytesテラバイト
of sequenceシーケンス dataデータ
テラバイトの配列データ全てを
03:22
andそして turn順番 themそれら into something何か
that'sそれは aa bitビット moreもっと useful有用 asとして aa map地図,
マップとしてもっとよく使える様にし
03:24
andそして soそう whenいつ we我々 do行う thatそれ
with〜と theその human人間 microbiomeマイクロバイオーム dataデータ
250人の健康なボランティアから採った
03:27
fromから 250 healthy健康 volunteersボランティア,
ヒト微生物叢のデータを用い作ったものが
03:30
itそれ looks外見 like好きな thisこの.
この様になります
03:32
Each pointポイント hereここに representsは表す
allすべて theその complex複合体 microbes微生物
図の一点ずつが複雑な微生物の集合体
03:35
in an entire全体 microbial微生物 communityコミュニティ.
微生物叢を表します
03:38
See見る, I told言った you君は they彼ら basically基本的に
allすべて look見える theその same同じ.
言った通り どれも似ているでしょう
03:40
Soそう what we're私たちは looking探している at〜で is each pointポイント
representsは表す one1 microbial微生物 communityコミュニティ
1つの点が 健康な人体の1カ所から採取された
03:43
fromから one1 body siteサイト
of one1 healthy健康 volunteerボランティア.
微生物叢を表しています
03:46
Andそして soそう you君は canできる see見る thatそれ there'sそこに different異なる
parts部品 of theその map地図 in different異なる colors,
様々な色がその箇所毎に個々の大陸を作って
03:49
almostほぼ like好きな separate別々の continents大陸.
地図を作っているかの様です
03:53
Andそして what itそれ turnsターン outでる to be〜する
これで分かることは
03:54
is thatそれ thoseそれら, asとして theその different異なる
regions地域 of theその body,
体の箇所により非常に
03:56
have持ってる very非常に different異なる microbes微生物 in themそれら.
微生物叢が異なるという事です
03:58
Soそう what we我々 have持ってる is we我々 have持ってる
theその oralオーラル communityコミュニティ upアップ thereそこ in green.
緑色は口腔の
04:00
Over以上 on theその otherその他 side,
we我々 have持ってる theその skin communityコミュニティ in blue,
その反対側の青色は皮膚の
04:04
theその vaginal膣の communityコミュニティ in purple紫の,
紫色は膣内の
04:07
andそして then次に right downダウン at〜で theその bottom,
we我々 have持ってる theその fecal糞便 communityコミュニティ in brown褐色.
そして下の茶色の塊は
糞便の微生物叢を表しています
04:09
Andそして we've私たちは justちょうど over以上 theその last最終 few少数 years
そしてこの数年
04:13
found見つけた outでる thatそれ theその microbes微生物
in different異なる parts部品 of theその body
体の部分により
微生物叢には信じられない程の
04:15
are amazingly驚くほど different異なる fromから one1 another別の.
多様性がある事が分かりました
04:18
Soそう ifif I look見える at〜で justちょうど one1 person's microbes微生物
たった1人の口や腸内の
04:20
in theその mouth andそして in theその gut,
微生物を見ただけでも
04:23
itそれ turnsターン outでる thatそれ theその difference betweenの間に
thoseそれら two microbial微生物 communitiesコミュニティ
その2組の微生物叢の違いは
04:25
is enormous巨大な.
とてつもなく
04:28
It'sそれは biggerより大きい thanより theその difference
betweenの間に theその microbes微生物 in thisこの reefリーフ
この珊瑚礁と草原の微生物叢の違いより
04:30
andそして theその microbes微生物 in thisこの prairie草原.
著しいのです
04:33
Soそう thisこの is incredible信じられない
whenいつ you君は think思う about itそれ.
そう考えると すごい事なんです
04:36
What itそれ means手段 is thatそれ aa few少数 feetフィート
of difference in theその human人間 body
60センチ離れただけで人体の
微生物生態系は大きく変わり
04:38
makes作る moreもっと of aa difference
to yourきみの microbial微生物 ecology生態学
その相違は地球上何千キロ行っても
04:42
thanより hundreds数百 of milesマイル on Earth地球.
あり得ない程の膨大さなのです
04:44
Andそして thisこの is notない to sayいう thatそれ two people
look見える basically基本的に theその same同じ
そして 同じヒトだからといって
我々の微生物の生態系は
04:46
in theその same同じ body habitat生息地, eitherどちらか.
皆同じだという訳ではありません
04:49
Soそう you君は probably多分 heard聞いた
多分ご存知だと思いますが
04:51
thatそれ we're私たちは prettyかなり muchたくさん allすべて theその same同じ
in terms条項 of our我々の human人間 DNADNA.
遺伝子学的に言って
私たちは皆似ています
04:53
You'reあなたは 99.99 percentパーセント identical同一
in terms条項 of yourきみの human人間 DNADNA
ヒトDNAから見ると私たちは99.9%
04:56
to theその person sitting座っている next to you君は.
隣にいる人と同じですが
05:00
Butだけど that'sそれは notない true真実 of yourきみの gut microbes微生物:
微生物学的にはそうではなく
05:02
you君は mightかもしれない onlyのみ shareシェア 10 percentパーセント similarity類似性
隣に座っている人とあなたは
05:04
with〜と theその person sitting座っている next to you君は
in terms条項 of yourきみの gut microbes微生物.
同じ微生物を10%共有するかしないかです
05:07
Soそう that'sそれは asとして different異なる
asとして theその bacteria細菌 on thisこの prairie草原
それが この草原や森のバクテリアと
05:10
andそして theその bacteria細菌 in thisこの forest森林.
ヒトのそれとの違いです
05:13
Soそう theseこれら different異なる microbes微生物
この違いが
05:16
have持ってる allすべて theseこれら different異なる kinds種類
of functions機能 thatそれ I told言った you君は about,
今話した様な種々の機能—
05:17
everythingすべて fromから digesting消化 foodフード
食物の消化から
05:21
to involvement関与
in different異なる kinds種類 of diseases病気,
あらゆる病気や薬物の代謝—
05:22
metabolizing代謝する drugs薬物, andそして soそう forth前進.
などに関与してきます
05:25
Soそう howどうやって do行う they彼ら do行う allすべて thisこの stuffもの?
どうして 微生物にこんな事が
できるのでしょう?
05:27
Wellよく, in part it'sそれは becauseなぜなら
その理由の一部は
05:29
althoughただし、 there'sそこに justちょうど three poundsポンド
of thoseそれら microbes微生物 in our我々の gut,
私たちのお腹にいる
1.4キロ程の微生物の数が
05:31
they彼ら really本当に outnumberアウトナンバー us米国.
人の数を凌いでいるからです
05:34
Andそして soそう howどうやって muchたくさん do行う they彼ら outnumberアウトナンバー us米国?
どれ程人を凌いでいるかと言うと
05:36
Wellよく, itそれ depends依存する on what
you君は think思う of asとして our我々の bodies.
比較するには地球上の人口では間に合いません
05:38
Is itそれ our我々の cells細胞?
細胞と比べてはどうでしょう
05:41
Wellよく, each of us米国 consists〜する
of about 10 trillion1兆 human人間 cells細胞,
人体は約10兆程のヒト細胞で成っていますが
05:43
butだけど we我々 harbor asとして manyたくさんの
asとして 100 trillion1兆 microbial微生物 cells細胞.
宿している微生物細胞の数は100兆で
05:46
Soそう they彼ら outnumberアウトナンバー us米国 10 to one1.
ヒト細胞数の10倍です
05:49
Now, you君は mightかもしれない think思う, wellよく,
we're私たちは human人間 becauseなぜなら of our我々の DNADNA,
「でもヒトはDNAで決まるのだから」
と思われるでしょうが
05:52
butだけど itそれ turnsターン outでる thatそれ each of us米国 has持っている
about 20,000 human人間 genes遺伝子,
1人に約2万の遺伝子がある事が
分かっています—
05:56
depending依存する on what you君は countカウント exactly正確に,
正確に何を数えるかにも依りますが—
05:59
butだけど asとして manyたくさんの asとして two million百万
to 20 million百万 microbial微生物 genes遺伝子.
しかし微生物遺伝子は2百万から2千万です
06:01
Soそう whicheverいずれかの way方法 we我々 look見える at〜で itそれ,
we're私たちは vastly大いに outnumbered数が少ない
どちらを向いても共生微生物達の数には
06:06
by〜によって our我々の microbial微生物 symbionts共生者.
とうてい敵いっこありません
06:08
Andそして itそれ turnsターン outでる thatそれ in addition添加
to tracesトレース of our我々の human人間 DNADNA,
そして私たちが触るもの全てに
ヒトDNAだけでなく
06:11
we我々 alsoまた、 leave離れる tracesトレース
of our我々の microbial微生物 DNADNA
微生物のDNAまでをも我々は
06:15
on everythingすべて we我々 touchタッチ.
後に残すことが分かっています
06:17
We我々 showed示した in aa study調査 aa few少数 years ago
数年前の我々の研究で
06:19
thatそれ you君は canできる actually実際に match一致
theその palm手のひら of someone's誰かの handハンド upアップ
コンピュータのマウスと
それを使う人の手のひらの
06:20
to theその computerコンピューター mouseマウス
thatそれ they彼ら useつかいます routinely日常的に
微生物が95%までの正確さで
06:23
with〜と upアップ to 95 percentパーセント accuracy正確さ.
マッチしました
06:25
Soそう thisこの came来た outでる in aa scientific科学的 journalジャーナル
aa few少数 years ago,
これは数年前 科学誌に発表されましたが
06:28
butだけど moreもっと importantly重要なこと,
itそれ wasあった featured特集 on "CSIシーシー: Miamiマイアミ,"
それより重要な『CSI: マイアミ』に
採用されたので
06:31
soそう you君は really本当に know知っている it'sそれは true真実.
これで信じてもらえるでしょう
06:33
(Laughter笑い)
(笑)
06:35
Soそう whereどこで do行う our我々の microbes微生物
come来る fromから in theその first最初 place場所?
そもそも我々の微生物は
どこから来るのでしょう
06:36
Wellよく ifif, asとして I do行う, you君は have持ってる dogs orまたは kids子供たち,
犬も子供もいる方は—
私には両方いますが—
06:40
you君は probably多分 have持ってる
some一部 darkダーク suspicions疑い about thatそれ,
多分 「もしかしたら」
と思っていらっしゃるでしょう
06:43
allすべて of whichどの are true真実, by〜によって theその way方法.
実は全くその通りでなのです
06:45
Soそう justちょうど like好きな we我々 canできる match一致
you君は to yourきみの computerコンピューター equipment装置
コンピュータとそれを使う人の微生物が
06:47
by〜によって theその microbes微生物 you君は shareシェア,
マッチするだけでなく
06:50
we我々 canできる alsoまた、 match一致 you君は upアップ to yourきみの dog.
犬と飼い主の微生物もマッチします
06:51
Butだけど itそれ turnsターン outでる thatそれ in adults大人,
しかし成人の微生物は比較的
06:54
microbial微生物 communitiesコミュニティ
are relatively比較的 stable安定した,
変動しない事が分かっているので
06:56
soそう even偶数 ifif you君は liveライブ together一緒に with〜と someone誰か,
誰かと共同生活をしても
06:58
you'llあなたは maintain維持する yourきみの separate別々の
microbial微生物 identity身元
成人は固有の微生物を
07:00
over以上 aa period期間 of weeks,
months数ヶ月, even偶数 years.
何週間も時には何年も持ち続けます
07:02
Itそれ turnsターン outでる thatそれ our我々の
first最初 microbial微生物 communitiesコミュニティ
初期のヒトの微生物叢は
出産で大きく差が出る
07:05
depend依存する aa lotロット on howどうやって we're私たちは bornうまれた.
という事も分かっています
07:08
Soそう babies赤ちゃん thatそれ come来る outでる
theその regular定期的 way方法,
普通分娩で産まれた赤ちゃんは
07:11
allすべて of their彼らの microbes微生物 are basically基本的に
like好きな theその vaginal膣の communityコミュニティ,
基本的に母親の膣内微生物叢を持ち
07:13
whereas一方、 babies赤ちゃん thatそれ are
delivered配信された by〜によって C-sectionCセクション,
一方 帝王切開で産まれた赤ちゃんの
07:16
allすべて of their彼らの microbes微生物 instead代わりに
look見える like好きな skin.
微生物は全て皮膚常在菌となります
07:18
Andそして thisこの mightかもしれない be〜する associated関連する
with〜と some一部 of theその differences相違
帝王切開で産まれた人は
07:21
in health健康 associated関連する with〜と Cesarean帝王切開 birth誕生,
微生物との関わりがある
07:24
suchそのような asとして moreもっと asthma喘息, moreもっと allergiesアレルギー,
even偶数 moreもっと obesity肥満,
嘆息 アレルギーそして肥満さえも
普通分娩の人より罹り易く
07:27
allすべて of whichどの have持ってる beenされている linkedリンクされた
to microbes微生物 now,
出産と健康との関係が
考えられています
07:30
andそして whenいつ you君は think思う about itそれ,
until〜まで recently最近, everyすべて surviving生き残る mammal哺乳類
思えば ごく最近まで ほ乳類は
07:33
had持っていました beenされている delivered配信された by〜によって theその birth誕生 canal運河,
全て自然分娩でした
07:37
andそして soそう theその lack欠如
of thoseそれら protective保護的な microbes微生物
我々と共進化して来た
07:39
thatそれ we've私たちは co-evolved共進化した with〜と
mightかもしれない be〜する really本当に important重要
保護的微生物がないという事は
07:41
forために aa lotロット of theseこれら different異なる conditions条件
thatそれ we我々 now know知っている involve関与する theその microbiomeマイクロバイオーム.
微生物が関わる健康問題には
本当に重大な事かもしれません
07:44
Whenいつ myじぶんの own自分の daughter wasあった bornうまれた
aa coupleカップル of years ago
数年前 私の娘が産まれた時
07:48
by〜によって emergency緊急 C-sectionCセクション,
緊急の帝王切開でしたが
07:51
we我々 took取った matters問題 into our我々の own自分の hands
私と妻は自分たちで
07:53
andそして made sure確かに she彼女 wasあった coatedコーティングされた
with〜と thoseそれら vaginal膣の microbes微生物
普通分娩の様に娘が母体の膣内常在菌に
07:55
thatそれ she彼女 would〜する have持ってる gotten得た naturally当然.
覆われる様にしました
07:58
Now, it'sそれは really本当に difficult難しい to telltell
whetherかどうか thisこの has持っている had持っていました an effect効果
さあ これが娘の健康に
どんな効果があったのか
08:00
on her彼女 health健康 specifically具体的に, right?
全く分かりませんが
08:03
With〜と aa sampleサンプル sizeサイズ of justちょうど one1 child,
noいいえ matter問題 howどうやって muchたくさん we我々 love her彼女,
どれ程の愛情を持ってしても
たった1人の子供からだけのサンプルサイズでは
08:05
you君は don'tしない really本当に have持ってる
enough十分な of aa sampleサンプル sizeサイズ
一般的データを得るには
08:09
to figure数字 outでる what happens起こる on average平均,
十分ではありません
08:11
butだけど at〜で two years old古い,
she彼女 hasn't持っていない had持っていました an ear infection感染 yetまだ,
この2年間 娘は耳感染症に
罹った事はありません
08:13
soそう we're私たちは keeping維持 our我々の fingers
crossed交差した on thatそれ one1.
これからも何もない事を祈っています
08:16
Andそして what's何ですか moreもっと, we're私たちは starting起動
to do行う clinical臨床的 trials試行 with〜と moreもっと children子供
さらに子供たちを使って
微生物に保護的な効果が
08:18
to figure数字 outでる whetherかどうか
thisこの has持っている aa protective保護的な effect効果 generally一般的に.
一様にあるものかどうか
臨床研究を始めました
08:22
Soそう howどうやって we're私たちは bornうまれた has持っている aa tremendousすばらしい effect効果
on what microbes微生物 we我々 have持ってる initially当初,
出産方法が大きく影響し
最初の微生物生態系が決まります
08:27
butだけど whereどこで do行う we我々 go行く after thatそれ?
では この後どうなるのでしょう?
08:32
What I'm私は showing表示 you君は
again再び hereここに is thisこの map地図
ヒト微生物プロジェクトのデータ分布図を
08:34
of theその Human人間 Microbiomeマイクロバイオーム Projectプロジェクト Dataデータ,
もう一度ご覧ください
08:36
soそう each pointポイント representsは表す
aa sampleサンプル fromから one1 body siteサイト
点が一人の体の一部から採った微生物叢を表し
08:38
fromから one1 of 250 healthy健康 adults大人.
全部で250人からの物です
08:41
Andそして you'veあなたは seen見た children子供
develop開発する physically物理的に.
子供の身体的成長や
08:43
You'veあなたは seen見た themそれら develop開発する mentally精神的に.
精神的成長は目にできたとしても
08:45
Now, forために theその first最初 time時間,
you'reあなたは going行く to see見る
これは初めてご覧になる物でしょう
08:47
one1 of myじぶんの colleague's同僚の children子供
develop開発する microbially微生物学的に.
ある同僚の子供の微生物学的成長です
08:50
Soそう what we我々 are going行く to look見える at〜で
今からご覧になるのは
08:53
is we're私たちは going行く to look見える
at〜で thisこの one1 baby's赤ちゃんの stoolスツール,
ある赤ちゃんの便からの物で
08:54
theその fecal糞便 communityコミュニティ,
whichどの representsは表す theその gut,
腸内細菌叢を代表するものです
08:57
sampledサンプリングされた everyすべて week週間
forために almostほぼ two andそして aa halfハーフ years.
2年半近く 毎週試料を採取しました
09:00
Andそして soそう we're私たちは starting起動 on day one1.
1日目から始めました
09:03
What's何ですか going行く to happen起こる is thatそれ theその infant幼児
is going行く to start開始 offオフ asとして thisこの yellow dotドット,
嬰児はまず最初に黄色い粒
09:04
andそして you君は canできる see見る thatそれ he's彼は starting起動 offオフ
basically基本的に in theその vaginal膣の communityコミュニティ,
膣内微生物叢から始まります
09:08
asとして we我々 would〜する expect期待する fromから his delivery配達 modeモード.
自然分娩から当然期待される事ですね
09:12
Andそして what's何ですか going行く to happen起こる
over以上 theseこれら two andそして aa halfハーフ years
2年半の間で
09:14
is thatそれ he's彼は going行く to travel旅行
allすべて theその way方法 downダウン
この子の微生物叢は
09:17
to resemble似ている theその adult大人 fecal糞便 communityコミュニティ fromから
healthy健康 volunteersボランティア downダウン at〜で theその bottom.
健康な成人の糞便微生物叢に似通ってきます
09:19
Soそう I'm私は justちょうど going行く to start開始 thisこの going行く
andそして we'll私たちは see見る howどうやって thatそれ happens起こる.
始めますので どうなるか見て下さい
09:23
What you君は canできる see見る, andそして remember思い出す
each stepステップ in thisこの is justちょうど one1 week週間,
見ているのは1週間に1ステップです
09:26
what you君は canできる see見る is thatそれ week週間 to week週間,
週毎に
09:30
theその change変化する in theその microbial微生物 communityコミュニティ
of theその feces糞便 of thisこの one1 child,
子供の糞便微生物叢の変化が見られ
09:32
theその differences相違 week週間 to week週間
are muchたくさん greater大きい
その週毎の変化は
ヒト微生物プロジェクトが行った
09:37
thanより theその differences相違 betweenの間に
individual個人 healthy健康 adults大人
コホートの健康な成人と比べると
09:40
in theその Human人間 Microbiomeマイクロバイオーム Projectプロジェクト cohortコホート,
ずっと大きいのです
09:42
whichどの are thoseそれら brown褐色 dotsドット
downダウン at〜で theその bottom.
その成人の微生物叢は
下の茶色の物です
09:44
Andそして you君は canできる see見る he's彼は starting起動
to approachアプローチ theその adult大人 fecal糞便 communityコミュニティ.
ご覧の様に成人の便のそれに
近くなっているのが見れますね
09:47
Thisこの is upアップ to about two years.
これが約2年程続き
09:50
Butだけど something何か amazing素晴らしい
is about to happen起こる hereここに.
ここでとても驚くことが起きます
09:51
Soそう he's彼は getting取得 antibiotics抗生物質
forために an ear infection感染.
この子は耳感染症に対する抗体ができるのです
09:53
What you君は canできる see見る is
thisこの huge巨大 change変化する in theその communityコミュニティ,
ここで微生物叢に大きな変化が現れてきて
09:56
followed続く by〜によって aa relatively比較的 rapid迅速な recovery回復.
耳感染症からの回復が比較的速くなります
09:59
I'll私はよ justちょうど rewind巻き戻し thatそれ forために you君は.
巻き戻してみましょう
10:01
Andそして what we我々 canできる see見る is thatそれ
justちょうど over以上 theseこれら few少数 weeks,
ほんのこの数週間で
10:05
we我々 have持ってる aa muchたくさん moreもっと radicalラジカル change変化する,
劇的な変化が見られます
10:08
aa setback後退 of manyたくさんの months数ヶ月
of normal正常 development開発,
何ヶ月も進展があまりなく
10:10
followed続く by〜によって aa relatively比較的 rapid迅速な recovery回復,
838日ぐらいして—
10:13
andそして by〜によって theその time時間 he reaches届く day 838,
このビデオの最後の方ですが—
10:15
whichどの is theその end終わり of thisこの videoビデオ,
比較的回復が早くなるのです
10:19
you君は canできる see見る thatそれ he has持っている essentially基本的に
reached到達した theその healthy健康 adult大人 stoolスツール communityコミュニティ,
この頃には根本的に
成人の便と同じ微生物叢になります
10:21
despite何と thatそれ antibiotic抗生物質 intervention介入.
途中 抗生物質の介入
有無に関わらずです
10:25
Soそう thisこの is really本当に interesting面白い
becauseなぜなら itそれ raises起き上がる fundamental基本的な questions質問
実に興味深い事です
なぜなら この事から
10:27
about what happens起こる whenいつ we我々 intervene介入する
at〜で different異なる ages年齢 in aa child's子供の life生活.
年齢が変わると どうだろうか
という基本的疑問が湧いてくるからです
10:30
Soそう doesする what we我々 do行う early早い on, whereどこで
theその microbiomeマイクロバイオーム is changing変化 soそう rapidly急速に,
微生物叢の変化が大きい
生後数年間には我々の行動が
10:35
actually実際に matter問題,
影響するのでしょうか
10:38
orまたは is itそれ like好きな throwing投げ aa stone
into aa stormy sea,
それともその影響は
あまりに微々たるもので
10:39
whereどこで theその ripples波紋 will意志 justちょうど be〜する lost失われた?
何も影響しないのでしょうか
10:42
Wellよく, fascinatingly魅惑的に, itそれ turnsターン outでる
thatそれ ifif you君は give与える children子供 antibiotics抗生物質
興味深い事に 生後6ヶ月間 嬰児に
10:45
in theその first最初 six6 months数ヶ月 of life生活,
抗生物質を投与すると
10:49
they're彼らは moreもっと likelyおそらく
to become〜になる obese肥満 later後で on
抗生物質を与えなかった子供と比べ
10:50
thanより ifif they彼ら don'tしない get取得する antibiotics抗生物質 then次に
orまたは onlyのみ get取得する themそれら later後で,
後に肥満になる率が高い
というデータがあり
10:53
andそして soそう what we我々 do行う early早い on
mayかもしれない have持ってる profound深遠な impacts影響
生後6ヶ月間は十分注意しないと
10:56
on theその gut microbial微生物 communityコミュニティ
andそして on later後で health健康
初期の腸内細菌叢は後々
大きくその人の健康に影響する
10:59
thatそれ we're私たちは onlyのみ beginning始まり to understandわかる.
という事が分かってきました
11:03
Soそう thisこの is fascinating魅力的な, becauseなぜなら one1 day,
in addition添加 to theその effects効果
これで抗生物に対し耐性が出来る
11:05
thatそれ antibiotics抗生物質 have持ってる
on antibiotic-resistant抗生物質耐性 bacteria細菌,
薬物耐性菌の問題はもちろんの事—
11:09
whichどの are very非常に important重要,
これは大切な事ですが—
11:12
they彼ら mayかもしれない alsoまた、 be〜する degrading劣化する
our我々の gut microbial微生物 ecosystems生態系,
腸内細菌叢の変化で その保護力が弱まり
11:14
andそして soそう one1 day we我々 mayかもしれない come来る
to regard尊敬する antibiotics抗生物質 with〜と theその same同じ horrorホラー
エジプト人がミイラ作りの際
脳を潰し抽出するのに使った
11:17
thatそれ we我々 currently現在 reserve予備
forために thoseそれら metal金属 toolsツール
金属製の道具に対するような恐怖で
11:20
thatそれ theその Egyptiansエジプト人 used中古 to useつかいます
to mushムッシュ upアップ theその brains頭脳
我々は抗生物質を扱う事になるかもしれない
11:22
before they彼ら drained排水された themそれら outでる
forために embalmingエンブレム.
ということを興味深く考えさせられます
11:25
Soそう I mentioned言及した thatそれ microbes微生物
have持ってる allすべて theseこれら important重要 functions機能,
これが先ほどの微生物の重要な機能です
11:27
andそして they've彼らは alsoまた、 now,
justちょうど over以上 theその past過去 few少数 years,
また過去ほんの数年で
11:30
beenされている connected接続された to aa whole全体 range範囲
of different異なる diseases病気,
微生物があらゆる病気
11:32
includingを含む inflammatory炎症性の bowel disease疾患,
炎症性腸疾患、心臓病、結腸がん
11:35
heartハート disease疾患, colon結腸 cancer,
又は肥満にも関連している
11:37
andそして even偶数 obesity肥満.
という事が分かって来たのです
11:39
Obesity肥満 has持っている aa really本当に
large effect効果, asとして itそれ turnsターン outでる,
肥満には大きく影響し
11:41
andそして today今日, we我々 canできる telltell
whetherかどうか you'reあなたは leanリーン orまたは obese肥満
今では腸内微生物を見て
11:44
with〜と 90 percentパーセント accuracy正確さ
90%の正確さで
11:46
by〜によって looking探している at〜で theその microbes微生物 in yourきみの gut.
肥満かどうかわかるのです
11:48
Now, althoughただし、 thatそれ mightかもしれない sound impressive印象的な,
これに感心なさるかもしれませんが
11:50
in some一部 ways方法 it'sそれは aa little少し bitビット problematic問題がある
asとして aa medical医療 testテスト,
ある意味では医療検査としては
ちょっと問題になります
11:52
becauseなぜなら you君は canできる probably多分 telltell
whichどの of theseこれら people is obese肥満
恐らく微生物の事など知らなくても
11:56
withoutなし knowing知っている anything何でも
about their彼らの gut microbes微生物,
見ただけでこの2人のどちらが
肥満がどうか見分けられます
11:59
butだけど itそれ turnsターン outでる thatそれ even偶数
ifif we我々 sequenceシーケンス their彼らの completeコンプリート genomesゲノム
全ゲノムの配列を解読し
12:01
andそして had持っていました allすべて their彼らの human人間 DNADNA,
ヒトDNAから判断すると
12:04
we我々 couldできた onlyのみ predict予測する whichどの one1
wasあった obese肥満 with〜と about 60 percentパーセント accuracy正確さ.
肥満だと決定できるのは
60%の正確さだからです
12:06
Soそう that'sそれは amazing素晴らしい, right?
驚きますね
12:10
What itそれ means手段 thatそれ theその three poundsポンド
of microbes微生物 thatそれ you君は carryキャリー aroundまわり with〜と you君は
ということは我々が抱えている
約1.5キロの微生物は
12:12
mayかもしれない be〜する moreもっと important重要
forために some一部 health健康 conditions条件
ゲノムの遺伝子より
12:16
thanより everyすべて singleシングル gene遺伝子 in yourきみの genomeゲノム.
健康には大切なのかもしれません
12:18
Andそして then次に in miceマウス, we我々 canできる do行う aa lotロット moreもっと.
それでマウスを使って 色々研究出来
12:23
Soそう in miceマウス, microbes微生物 have持ってる beenされている linkedリンクされた
to allすべて kinds種類 of additional追加 conditions条件,
多発性硬化症、鬱病、自閉症
12:25
includingを含む thingsもの like好きな multiple複数 sclerosis硬化症,
肥満などの多くの疾患と
12:29
depressionうつ病, autism自閉症, andそして again再び, obesity肥満.
微生物との関係が明らかとなってきました
12:32
Butだけど howどうやって canできる we我々 telltell whetherかどうか
theseこれら microbial微生物 differences相違
でも どうしてどの微生物が
病気の原因となるのか
12:35
thatそれ correlate相関する with〜と disease疾患
are cause原因 orまたは effect効果?
保護的役割をするのか
知る事が出来るのでしょう?
12:38
Wellよく, one1 thingもの we我々 canできる do行う
is we我々 canできる raise上げる some一部 miceマウス
こういう事が出来ます
12:41
withoutなし anyどれか microbes微生物 of their彼らの own自分の
in aa germ-free無菌 bubbleバブル.
マウスを微生物のいない
無菌の環境で育て
12:44
Then次に we我々 canできる add追加する in some一部 microbes微生物
thatそれ we我々 think思う are important重要,
その環境に有用微生物と
思われる微生物を加え
12:46
andそして see見る what happens起こる.
どうなるか見ます
12:49
Whenいつ we我々 take取る theその microbes微生物
fromから an obese肥満 mouseマウス
肥満のマウスからの微生物を採り
12:51
andそして transplant移植 themそれら
into aa genetically遺伝的に normal正常 mouseマウス
遺伝的に異常のない
12:54
that'sそれは beenされている raised育った in aa bubbleバブル
with〜と noいいえ microbes微生物 of itsその own自分の,
無菌環境で育てられた
マウスに移植すると
12:56
itそれ becomes〜になる fatterもっと太った thanより ifif itそれ got持っている themそれら
fromから aa regular定期的 mouseマウス.
同じ微生物を移植された
自然環境のマウスより太ってしまいます
12:59
Whyなぜ thisこの happens起こる
is absolutely絶対に amazing素晴らしい, thoughしかし.
実に驚くべき出来事です
13:04
Sometimes時々 what's何ですか going行く on
is thatそれ theその microbes微生物
微生物は食餌の消化を助け
13:06
are helping助ける themそれら digestダイジェスト foodフード
moreもっと efficiently効率的に fromから theその same同じ dietダイエット,
そこから効率よくエネルギーを
13:08
soそう they're彼らは taking取る moreもっと energyエネルギー
fromから their彼らの foodフード,
取っているという事もありますが
13:11
butだけど otherその他 times, theその microbes微生物
are actually実際に affecting影響 their彼らの behavior動作.
実際 宿主の行動に影響を与えているのです
13:13
What they're彼らは doingやっている is they're彼らは eating食べる
moreもっと thanより theその normal正常 mouseマウス,
微生物の働きで宿主は普通のマウスより食べ
13:17
soそう they彼ら onlyのみ get取得する fat脂肪 ifif we我々 let〜する themそれら
eat食べる asとして muchたくさん asとして they彼ら want欲しいです.
そんなマウスに好きなだけ
食べさせたら太るだけです
13:20
Soそう thisこの is really本当に remarkable顕著, right?
信じられないようなことですね
13:24
Theその implication含意 is thatそれ microbes微生物
canできる affect影響を与える mammalian哺乳類 behavior動作.
これで微生物はほ乳類の行動に影響する
と言う事が分かります
13:27
Soそう you君は mightかもしれない be〜する wondering不思議 whetherかどうか we我々 canできる
alsoまた、 do行う thisこの sortソート of thingもの across横断する species,
では生物種間でもこうなるのだろうか
という疑問が湧いてくると思います
13:33
andそして itそれ turnsターン outでる thatそれ ifif you君は take取る microbes微生物
fromから an obese肥満 person
肥満の人の微生物を
13:37
andそして transplant移植 themそれら into miceマウス
you'veあなたは raised育った germ-free無菌,
無菌の環境で育ったマウスに移植すると
13:40
thoseそれら miceマウス will意志 alsoまた、 become〜になる fatterもっと太った
痩せた人の微生物を
13:43
thanより ifif they彼ら received受け取った theその microbes微生物
fromから aa leanリーン person,
移植した時より太りましたが
13:45
butだけど we我々 canできる design設計 aa microbial微生物 communityコミュニティ
thatそれ we我々 inoculate接種する themそれら with〜と
肥満を抑制する微生物を培養して
13:48
thatそれ prevents予防する themそれら
fromから gaining獲得する thisこの weight重量.
マウスに移植する事もできます
13:52
We我々 canできる alsoまた、 do行う thisこの forために malnutrition栄養失調.
栄養失調に関しても同じ様な研究をしました
13:55
Soそう in aa projectプロジェクト funded資金提供
by〜によって theその Gatesゲート Foundation財団,
ゲイツ財団の資金を受けたプロジェクトで
13:57
what we're私たちは looking探している at〜で
is children子供 in Malawiマラウイ
クワシオルコルという栄養失調からくる
14:00
who have持ってる kwashiorkorクワシノコル,
aa profound深遠な form of malnutrition栄養失調,
深刻な疾患を持つ
マラウイの子供達を見ています
14:02
andそして miceマウス thatそれ get取得する theその kwashiorkorクワシノコル
communityコミュニティ transplanted移植された into themそれら
クワシオルコルの微生物叢を
移植されたマウスは
14:05
lose失う 30 percentパーセント of their彼らの body mass質量
ほんの3週間で体重が
14:08
in justちょうど three weeks,
30%減少します
14:11
butだけど we我々 canできる restoreリストア their彼らの health健康 by〜によって usingを使用して
theその same同じ peanut落花生 butter-basedバターベース supplement補足
これは臨床で子供達に使われている
ピーナッツ原料のサプリを使い
14:12
thatそれ is used中古 forために
theその children子供 in theその clinic診療所,
健康を回復させる事ができます
14:16
andそして theその miceマウス thatそれ receive受け取る theその communityコミュニティ
そして双子のクワシオルコルに
罹っていない方の
14:18
fromから theその healthy健康 identical同一 twins双子
of theその kwashiorkorクワシノコル children子供 do行う fine細かい.
健康な子どもからの微生物叢を
移植したマウスには問題はありません
14:19
Thisこの is truly真に amazing素晴らしい becauseなぜなら itそれ suggests提案する
thatそれ we我々 canできる pilotパイロット therapiesセラピー
これは本当にすごいことです
なぜならヒト腸内細菌叢をマウスで試し
14:24
by〜によって trying試す themそれら outでる
in aa whole全体 bunch of different異なる miceマウス
その結果 自由に操作して
個別化された治療法を
14:27
with〜と individual個人 people's人々の gut communitiesコミュニティ
生み出せるかもしれないという事を
14:30
andそして perhapsおそらく tailorテーラー thoseそれら therapiesセラピー
allすべて theその way方法 downダウン to theその individual個人 levelレベル.
示唆しているからです
14:32
Soそう I think思う it'sそれは really本当に important重要
thatそれ everyoneみんな has持っている aa chanceチャンス
それで人々がこの発見に参加することは
14:38
to participate参加する in thisこの discovery発見.
本当に大切だと思い
14:41
Soそう, aa coupleカップル of years ago,
数年前 こういう事を始めました
14:43
we我々 started開始した thisこの projectプロジェクト
calledと呼ばれる Americanアメリカ人 Gut,
「アメリカの消化器官」
と呼ばれるプロジェクトで
14:45
whichどの allows許す you君は to claim請求 aa place場所
forために yourselfあなた自身 on thisこの microbial微生物 map地図.
微生物分布図のどこに自分がいるのか
見れるようになったのです
14:47
Thisこの is now theその largest最大 crowd-funded群集資金
science科学 projectプロジェクト thatそれ we我々 know知っている of ---
これは最大のクラウドファンディングによる
科学プロジェクトで
14:51
over以上 8,000 people
have持ってる signed署名された upアップ at〜で thisこの pointポイント.
この時点で8,000人以上の
人々が登録しています
14:54
What happens起こる is,
they彼ら send送信する in their彼らの samplesサンプル,
運営の仕方は まず試料が送られて来
14:57
we我々 sequenceシーケンス theその DNADNA of their彼らの microbes微生物
andそして then次に release解放 theその results結果 backバック to themそれら.
その人の微生物のDNAが配列され
その本人にそれが送られます
15:00
We我々 alsoまた、 release解放 themそれら, de-identified識別されない,
to scientists科学者, to educators教育者,
それは匿名で科学者 教育関係者
15:04
to interested興味がある membersメンバー
of theその general一般 publicパブリック, andそして soそう forth前進,
興味のある一般の人々にも公表し
15:07
soそう anyone誰でも canできる have持ってる accessアクセス to theその dataデータ.
誰でもそのデータに
アクセスできるようにします
15:10
On theその otherその他 handハンド,
また 同時に
15:13
whenいつ we我々 do行う toursツアー of our我々の lab研究室
at〜で theその BioFrontiersバイオフロント Institute研究所,
バイオフロンティア協会の
研究室を見学する人々に
15:15
andそして we我々 explain説明する thatそれ we我々 useつかいます robotsロボット
andそして lasersレーザー to look見える at〜で poop駄目,
糞便を見るのにロボットやレーザーを
使う事を説明したりしています
15:18
itそれ turnsターン outでる thatそれ notない
everyoneみんな wants望む to know知っている.
別に誰もが知りたい事ではないようですが
15:21
(Laughter笑い)
(笑)
15:25
Butだけど I'm私は guessing推測 thatそれ manyたくさんの of you君は do行う,
でも皆様はそうでないだろうと思い
15:26
andそして soそう I brought持ってきた some一部 kitsキット hereここに
ifif you'reあなたは interested興味がある
キットをいくらか持ってきましたので
15:28
in trying試す thisこの outでる forために yourselfあなた自身.
もし関心がおありなら どうぞお試し下さい
15:30
Soそう whyなぜ mightかもしれない we我々 want欲しいです to do行う thisこの?
こんな事をする理由は
15:35
Wellよく, itそれ turnsターン outでる thatそれ microbes微生物
are notない justちょうど important重要
微生物は健康状態を見るのに
15:36
forために finding所見 outでる whereどこで we我々 are
in terms条項 of our我々の health健康,
重要だと言うだけでなく 実際に病気を
15:39
butだけど they彼ら canできる actually実際に cure治す disease疾患.
治す事が分かったからです
15:42
Thisこの is one1 of theその newest最新 thingsもの
we've私たちは beenされている ableできる to visualize視覚化する
これはごく最近ミネソタ大学で我々が
15:44
with〜と colleagues同僚
at〜で theその University大学 of Minnesotaミネソタ州.
考えてきた可能性の1つです
15:47
Soそう here'sここにいる thatそれ map地図
of theその human人間 microbiomeマイクロバイオーム again再び.
もう一度 ヒト微生物の分布図を
15:50
What we're私たちは looking探している at〜で now ---
ご覧になると・・・
15:53
I'm私は going行く to add追加する in theその communityコミュニティ
of some一部 people with〜と Cc. diffdiff.
クロストリジウム・ディフィシルを
持つ人の微生物叢を加えます
15:54
Soそう, thisこの is aa terribleひどい form of diarrhea下痢
これは ひどい時は1日に20回も
15:57
whereどこで you君は have持ってる to go行く
upアップ to 20 times aa day,
下痢をした人からの微生物です
16:00
andそして theseこれら people have持ってる failed失敗した
antibiotic抗生物質 therapy治療 forために two years
我々の臨床試験に参加できるまで
抗生物質が効かないそんな状態が
16:02
before they're彼らは eligible適格 forために thisこの trial試行.
2年間続いていた人々からのものです
16:05
Soそう what would〜する happen起こる ifif we我々 transplanted移植された
some一部 of theその stoolスツール fromから aa healthy健康 donorドナー,
では図の下に散らばる健康な人の糞便微生物を
16:08
thatそれ star downダウン at〜で theその bottom,
この患者達に移植したら どうなるでしょう
16:12
into theseこれら patients患者.
この患者達に移植したら どうなるでしょう
16:14
Would〜する theその good良い microbes微生物
do行う battle戦い with〜と theその bad悪い microbes微生物
善玉菌が悪玉菌と戦ってくれ
16:15
andそして help助けて to restoreリストア their彼らの health健康?
健康が回復するでしょうか
16:18
Soそう let'sさあ watch時計 exactly正確に what happens起こる thereそこ.
それがどうなるか見てみましょう
16:20
Four4つの of thoseそれら patients患者
are about to get取得する aa transplant移植
患者の中の4人が 今 健康な人からの
16:22
fromから thatそれ healthy健康 donorドナー at〜で theその bottom,
移植を受け取る寸前です
16:25
andそして what you君は canできる see見る is thatそれ immediatelyすぐに,
そして移植されたかと思うと
16:27
you君は have持ってる thisこの radicalラジカル change変化する
in theその gut communityコミュニティ.
瞬く間に腸内細菌叢に劇的変化が現れます
16:29
Soそう one1 day after you君は do行う thatそれ transplant移植,
この移植の翌日
16:31
allすべて thoseそれら symptoms症状 clearクリア upアップ,
患者はすっかり回復し
16:33
theその diarrhea下痢 vanishes消える,
下痢の症状は消えました
16:35
andそして they're彼らは essentially基本的に healthy健康 again再び,
coming到来 to resemble似ている theその donor'sドナーの communityコミュニティ,
4人は根本的に健康を取り戻し
微生物叢は健康な提供者のそれに似て
16:36
andそして they彼ら stay滞在 thereそこ.
今この下に位置しています
16:40
(Applause拍手)
(拍手)
16:42
Soそう we're私たちは justちょうど at〜で theその beginning始まり
of thisこの discovery発見.
この旅は始まったばかりです
16:49
We're私たちは justちょうど finding所見 outでる thatそれ microbes微生物
have持ってる implications意義
微生物の炎症性腸疾患から肥満まで
16:51
forために allすべて theseこれら different異なる kinds種類 of diseases病気,
あらゆる病気との関係
16:54
ranging範囲 fromから inflammatory炎症性の
bowel disease疾患 to obesity肥満,
また自閉症や鬱病さえとの関連を
16:56
andそして perhapsおそらく even偶数 autism自閉症 andそして depressionうつ病.
研究している段階です
16:58
What we我々 need必要 to do行う, thoughしかし,
しかし我々は
17:01
is we我々 need必要 to develop開発する
aa kind種類 of microbial微生物 GPSGPS,
微生物叢の現在地点だけでなく
17:03
whereどこで we我々 don'tしない justちょうど know知っている
whereどこで we我々 are currently現在
これから行くべき方向に向かうには
何をすべきかを
17:05
butだけど alsoまた、 whereどこで we我々 want欲しいです to go行く
andそして what we我々 need必要 to do行う
知る為に微生物GPSのような物を
17:07
in order注文 to get取得する thereそこ,
開発する必要があり
17:11
andそして we我々 need必要 to be〜する ableできる
to make作る thisこの simple単純 enough十分な
又これを子供でも使えるような
17:12
thatそれ even偶数 aa child canできる useつかいます itそれ.
(Laughter笑い)
簡単なものにする必要があります
(笑)
17:15
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
17:17
(Applause拍手)
(拍手)
17:20
Translated by Reiko O Bovee
Reviewed by Claire Ghyselen

▲Back to top

About the speaker:

Rob Knight - Microbial ecologist
Rob Knight explores the unseen microbial world that exists literally right under our noses -- and everywhere else on (and in) our bodies.

Why you should listen
Using scatological research methods that might repel the squeamish, microbial researcher Rob Knight uncovers the secret ecosystem (or "microbiome") of microbes that inhabit our bodies -- and the bodies of every creature on earth. In the process, he’s discovered a complex internal ecology that affects everything from weight loss to our susceptibility to disease. As he said to Nature in 2012, "What motivates me, from a pragmatic standpoint, is how understanding the microbial world might help us improve human and environmental health.”
 
Knight’s recent projects include the American Gut, an attempt to map the unique microbiome of the United States using open-access data mining tools and citizen-scientists to discover how lifestyle and diet affect our internal flora and fauna, and our overall health.
More profile about the speaker
Rob Knight | Speaker | TED.com