English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDWomen 2015

Marlene Zuk: What we learn from insects' sex lives

マレーネ・ズク: 虫たちの倒錯したセックスライフから学べること

Filmed
Views 1,447,930

マレーネ・ズクは喜びと決然たる態度をもって昆虫の研究に臨んでいます。閃きに満ちた滑稽なトークで彼女は、驚くべき昆虫たちのセックス及び、その衝撃的とすらいえる真実について紹介します。

- Evolutionary biologist
Marlene Zuk studies insect behavior -- and how humans use animal behavior to think about how we behave ourselves. Full bio

Soそう, people are moreもっと afraid恐れ of insects昆虫
thanより they彼ら are of dying死ぬ.
皆さん 昆虫を怖がります
死ぬよりも
00:13
(Laughter笑い)
(笑)
00:18
At〜で least少なくとも, accordingに従って to aa 1973
"Book of Listsリスト" survey調査
『ブック・オブ・リスト
ー世界なんでもランキング』の1973年版は
00:20
whichどの preceded前に allすべて thoseそれら onlineオンライン bestベスト,
worst最悪, funniest面白い listsリスト thatそれ you君は see見る today今日.
ベストもワーストも面白ネタも載っている
ランキング本なんですが
00:25
Onlyのみ heightsハイツ andそして publicパブリック speaking話し中
それによると
高い所と大勢の人前での演説だけが
00:32
exceeded超過した theその six-legged6脚
asとして sourcesソース of fear恐れ.
虫よりも
恐怖ランキングの上に来るそうです
00:35
Andそして I suspect容疑者 ifif you君は had持っていました put置く
spidersクモ in thereそこ,
ここにクモも付け加えれば
00:39
theその combinations組み合わせ of insects昆虫 andそして spidersクモ
would〜する have持ってる justちょうど topped一位 theその chartチャート.
虫とクモの合計なら
一気に1位になったでしょう
00:43
Now, I am午前 notない one1 of thoseそれら people.
さて私はそういう人々とは違い
00:48
I really本当に love insects昆虫.
本当に昆虫が好きです
00:50
I think思う they're彼らは interesting面白い andそして beautiful綺麗な,
昆虫はとにかく面白くて 美しいし
00:53
andそして sometimes時々 even偶数 cute可愛い.
かわいいとすら思うときも
00:57
(Laughter笑い)
(笑)
00:58
Andそして I'm私は notない alone単独で.
私だけではありません
01:00
Forために centuries世紀, some一部
of theその greatest最大 minds in science科学,
チャールズ・ダーウィンから
E.O.ウィルソンまで
01:01
fromから Charlesチャールズ Darwinダーウィン to Ee.Oo. Wilsonウィルソン,
何世紀もの間 偉大な科学者の中には
01:05
have持ってる drawn描かれた inspirationインスピレーション fromから studying勉強する
some一部 of theその smallest最小 minds on Earth地球.
地上で最小の生命への研究から
着想を得てきた人達がいます
01:08
Wellよく, whyなぜ is thatそれ?
なぜでしょう?
01:14
What is thatそれ keeps維持する us米国
coming到来 backバック to insects昆虫?
昆虫の何が私達を
惹きつけてやまないんでしょうか?
01:16
Some一部 of itそれ, of courseコース, is justちょうど theその sheer薄い
magnitudeマグニチュード of almostほぼ everythingすべて about themそれら.
もちろん その理由の一つに 圧倒的な
昆虫の数が挙げられるでしょう
01:20
They're彼らは moreもっと numerous多数
thanより anyどれか otherその他 kind種類 of animal動物.
彼らの個体数は他のどんな動物よりも多く
01:24
We我々 don'tしない even偶数 know知っている howどうやって manyたくさんの species
of insects昆虫 thereそこ are,
未だに種全体の数すらつかめていません
01:27
becauseなぜなら new新しい onesもの
are beingであること discovered発見された allすべて theその time時間.
絶えず新種が発見されていますしね
01:30
Thereそこ are at〜で least少なくとも aa million百万,
maybe多分 asとして manyたくさんの asとして 10 million百万.
少なくとも100万種
あるいは1,000万種かもしれません
01:33
Thisこの means手段 thatそれ you君は couldできた have持ってる
an insect-of-the-month昆虫の月 calendarカレンダー
たとえば「今月の虫」カレンダーを作ったとしたら
01:37
andそして notない have持ってる to reuse再利用 aa species
forために over以上 80,000 years.
同じ種を使い回す事なく
8万年分ができるわけです
01:41
(Laughter笑い)
(笑)
01:45
Take取る thatそれ, pandasパンダ andそして kittens子猫!
思い知ったか パンダと子猫!
01:48
(Laughter笑い)
(笑)
01:50
Moreもっと seriously真剣に, insects昆虫 are essential本質的な.
真面目な話
昆虫は欠くべからざる存在です
01:52
We我々 need必要 themそれら.
私達には昆虫が必要です
01:55
It'sそれは beenされている estimated推定
thatそれ 1 outでる of everyすべて 3 bites噛む of foodフード
私達が口にする食料のおよそ1/3は
01:57
is made possible可能 by〜によって aa pollinator花粉症.
花粉を運ぶ昆虫のおかげで
手に入るのです
02:00
Scientist科学者 useつかいます insects昆虫 to make作る fundamental基本的な
discoveries発見
科学者は昆虫を使って
あらゆる重要な発見—
02:04
about everythingすべて fromから theその structure構造
of our我々の nervous神経質な systemsシステム
ヒトの神経系の構造から
遺伝子やDNAの働きまで
02:08
to howどうやって our我々の genes遺伝子 andそして DNADNA work作業.
解明してきました
02:11
Butだけど what I love most最も about insects昆虫
でも私が昆虫好きな一番の理由は
02:14
is what they彼ら canできる telltell us米国
about our我々の own自分の behavior動作.
昆虫から ヒトの行動を
学ぶことができるからです
02:16
Insects昆虫 seem思われる like好きな they彼ら do行う
everythingすべて thatそれ people do行う.
昆虫はヒトと似た行動をします
02:19
They彼ら meet会う, they彼ら mateメイト,
they彼ら fight戦い, they彼ら breakブレーク upアップ.
出会い、連れ添い、ケンカし、別れます
02:22
Andそして they彼ら do行う soそう with〜と what looks外見
like好きな love orまたは animosity敵意.
しかもそこには愛や恨みのような物さえあります
02:26
Butだけど what drivesドライブ their彼らの behaviors行動 is really本当に
different異なる thanより what drivesドライブ our我々の own自分の,
しかしその行動の動機は
ヒトの動機とは全く異なり
02:31
andそして thatそれ difference
canできる be〜する really本当に illuminating照らす.
その違いにこそひらめきがつまっています
02:36
There'sそこに nowhereどこにも whereどこで that'sそれは moreもっと true真実
そのことが最も現れる領域は
02:40
thanより whenいつ itそれ comes来る to one1
of our我々の most最も consuming消費する interests関心 --- sexセックス.
私達の最大の関心事の1つ
セックスです
02:42
Now, I will意志 maintain維持する.
andそして I think思う I canできる defend守る,
さて ある主張を
論じていこうと思います
02:46
what mayかもしれない seem思われる like好きな aa surprising驚くべき statementステートメント.
えっ と思われるかもしれませんが
02:48
I think思う sexセックス in insects昆虫 is moreもっと
interesting面白い thanより sexセックス in people.
「昆虫のセックスのほうが
人間のより面白い」
02:52
(Laughter笑い)
(笑)
02:56
Andそして theその wild野生 variety品種 thatそれ we我々 see見る
そこに見られる途方も無い多様さは
02:58
makes作る us米国 challengeチャレンジ
some一部 of our我々の own自分の assumptions仮定
私達のオス・メスの定義に対する
03:01
about what itそれ means手段 to be〜する male男性 andそして female女性.
思い込みを揺さぶるものです
03:04
Of courseコース, to start開始 with〜と,
もちろん 初めに断っておきますが
03:07
aa lotロット of insects昆虫 don'tしない need必要
to have持ってる sexセックス at〜で allすべて to reproduce再現する.
生殖のためのセックスが
全く必要ない昆虫は多くいます
03:09
Female女性 aphidsアブラムシ canできる make作る little少し, tiny小さな clonesクローン
of themselves自分自身 withoutなし everこれまで mating交配する.
雌のアブラムシは番(つがい)にならずに
小さなクローンを作ることができます
03:12
Virginバージン birth誕生, right thereそこ.
まさに処女懐胎!ほらそこにも
03:17
On yourきみの roseローズ bushes潅木.
あなたの育てたバラの繁みで
03:18
(Laughter笑い)
(笑)
03:20
Whenいつ they彼ら do行う have持ってる sexセックス,
昆虫のセックスと言えば
03:23
even偶数 their彼らの sperm精子 is moreもっと
interesting面白い thanより human人間 sperm精子.
昆虫は精子さえ 人間のより面白いです
03:25
Thereそこ are some一部 kinds種類 of fruitフルーツ flies飛行機
ショウジョウバエの中には
03:28
whoseその sperm精子 is longerより長いです
thanより theその male's男性の own自分の body.
精子がオスの体長よりも長い種がいます
03:30
Andそして that'sそれは important重要 becauseなぜなら theその males男性
useつかいます their彼らの sperm精子 to compete競争する.
これが重要です
なぜならオスは精子で競うからです
03:34
Now, male男性 insects昆虫 do行う compete競争する with〜と weapons兵器,
like好きな theその horns on theseこれら beetlesカブトムシ.
カブトムシのツノのように
オスの昆虫は武器で競いますが
03:38
Butだけど they彼ら alsoまた、 compete競争する
after mating交配する with〜と their彼らの sperm精子.
番になった後も精子で競うんです
03:43
Dragonfliesトンボ andそして damselfliesダムフイリーズ have持ってる penisesペニス
thatそれ look見える kind種類 of like好きな Swissスイス Army knivesナイフ
トンボやイトトンボのオスは
まるで十徳ナイフを全部広げたような
03:48
with〜と allすべて of theその attachments添付ファイル pulled引っ張られた outでる.
ペニスを持っています
03:53
(Laughter笑い)
(笑)
03:55
They彼ら useつかいます theseこれら formidable恐るべき devicesデバイス
like好きな scoopsスクープ,
彼らはこの恐るべき道具を
スコップのように使って
03:57
to remove除去する theその sperm精子 fromから previous males男性
thatそれ theその female女性 has持っている mated仲間 with〜と.
メスの体内から
前に交尾したオスの精子を取り除きます
04:02
(Laughter笑い)
(笑)
04:06
Soそう, what canできる we我々 learn学ぶ fromから thisこの?
さて このことから我々が学べる事は?
04:08
(Laughter笑い)
(笑)
04:11
Allすべて right, itそれ is notない aa lessonレッスン in theその senseセンス
of us米国 imitating模倣する themそれら
いいですか この話は我々が昆虫を真似るとか
04:17
orまたは of themそれら setting設定
an example forために us米国 to followフォローする.
我々が見習うべき何かがある
ということではありません
04:22
Whichどの, given与えられた thisこの,
is probably多分 justちょうど asとして wellよく.
この話も多分 そういうものではないですね?
04:25
Andそして alsoまた、, didした I mention言及 sexual性的 cannibalism共食い
is rampant猛烈な among insects昆虫?
それと 昆虫界の性的カニバリズムの大流行
の話はしましたっけ?
04:29
Soそう, noいいえ, that'sそれは notない theその pointポイント.
そういうことじゃありません
04:32
Butだけど what I think思う insects昆虫 do行う,
でも昆虫たちの行動は
04:35
is breakブレーク aa lotロット of theその rulesルール
thatそれ we我々 humans人間 have持ってる about theその sexセックス roles役割.
人間が性別ごとに割り当てた役割を
ことごとく破るんです
04:36
Soそう, people have持ってる thisこの ideaアイディア thatそれ nature自然
dictates命令する kind種類 of aa 1950ss sitcomコメコミ versionバージョン
50年代のホームコメディめいた男女のあり方を
自然界がそっくり表していると
04:43
of what males男性 andそして females女性 are like好きな.
私達が思い込んでいるフシがあります
04:48
Soそう thatそれ males男性 are always常に
supposed想定される to be〜する dominant支配的 andそして aggressive積極的な,
オスはいつも支配的で攻撃的であり
04:50
andそして females女性 are passive受動的 andそして coyコイ.
メスはいつも受け身でシャイだと
04:54
Butだけど that'sそれは justちょうど notない theその case場合.
でもそれは偏った見方です
04:55
Soそう forために example, take取る katydidsカディーズ,
例えば キリギリスは
04:58
whichどの are relatives親族 of cricketsクリケット
andそして grasshoppersバッタ.
コオロギやバッタの仲間ですが
05:00
Theその males男性 are very非常に picky厄介な
about who they彼ら mateメイト with〜と,
オスはつがいの相手選びにやけに慎重で
05:03
becauseなぜなら they彼ら notない onlyのみ transfer転送
sperm精子 during mating交配する,
なぜなら交尾では精子のみならず
05:07
they彼ら alsoまた、 give与える theその female女性
something何か calledと呼ばれる aa nuptial婚礼 gift贈り物.
メスに婚姻ギフトと
呼ばれるものも渡すからです
05:10
You君は canできる see見る two katydidsカディーズ
mating交配する in theseこれら photos写真.
この写真では2匹の
キリギリスが写っていますね
05:14
In bothどちらも panelsパネル,
theその male's男性の theその one1 on theその right,
両方とも向かって左がオスです
05:18
andそして thatそれ sword-like剣のような appendage付属器
is theその female's女性の egg-laying産卵 organ器官.
剣のように突起しているのが
メスの産卵管です
05:20
Theその white blobブロブ is theその sperm精子,
白い泡が精子
05:25
theその green blobブロブ is theその nuptial婚礼 gift贈り物,
そして緑の泡が婚姻ギフトで
05:27
andそして theその male男性 manufactures製造する
thisこの fromから his own自分の body
オスはこれを
自分自身の身体から生産します
05:31
andそして it'sそれは extremely極端な costly高価な to produce作物.
この婚礼ギフトは非常に高くつきます
05:34
Itそれ canできる weigh体重を計る upアップ to aa third三番
of his body mass質量.
重さにして
体重の1/3になることもあります
05:36
I will意志 now pause一時停止する forために aa moment瞬間
andそして let〜する you君は think思う about
ここで一旦考えてみましょう
05:39
what itそれ would〜する be〜する like好きな ifif human人間 men男性,
everyすべて time時間 they彼ら had持っていました sexセックス,
もし人間の男がセックスのたびに
05:42
had持っていました to produce作物 something何か
thatそれ weighed体重 50, 60, 70 poundsポンド.
20〜30kgの何かを
生産しなきゃならないとしたら
05:46
(Laughter笑い)
(笑)
05:52
Okayはい, they彼ら would〜する notない be〜する ableできる
to do行う thatそれ very非常に oftenしばしば.
今ほど頻繁には出来なくなりますね
05:56
(Laughter笑い)
(笑)
05:59
Andそして indeed確かに, neitherどちらも canできる theその katydidsカディーズ.
まさに キリギリスにも同じことが言えます
06:01
Andそして soそう what thatそれ means手段
つまりキリギリスのオスは
06:04
is theその katydidカディド males男性 are very非常に choosy愚かな
婚姻ギフトを贈る相手を
06:06
about who they彼ら offer提供
theseこれら nuptial婚礼 giftsギフト to.
かなり慎重に選ぶということなんです
06:10
Now, theその gift贈り物 is very非常に nutritious栄養価の高い,
さてこのギフトは栄養豊富で
06:13
andそして theその female女性 eats食べる itそれ
during andそして after mating交配する.
メスは交尾の最中からその後も
これを食べ続けます
06:15
Soそう, theその biggerより大きい itそれ is,
theその betterより良い offオフ theその male男性 is,
つまり婚姻ギフトが大きいほど
オスに有利で
06:17
becauseなぜなら thatそれ means手段 moreもっと time時間 forために his sperm精子
なぜならオスは精子を
06:20
to drainドレイン into her彼女 body
andそして fertilize受精する her彼女 eggs.
メスの体内に注入する時間が稼げますからね
06:22
Butだけど itそれ alsoまた、 means手段 thatそれ theその males男性
are very非常に passive受動的 about mating交配する,
でもこれはつまりオスが交尾に
とても受け身だということを意味します
06:25
whereas一方、 theその females女性
are extremely極端な aggressive積極的な andそして competitive競争する,
一方メスは この栄養豊富な婚姻ギフトを
06:29
in an attempt試みる to get取得する asとして manyたくさんの of theseこれら
nutritious栄養価の高い nuptial婚礼 giftsギフト asとして they彼ら canできる.
出来るだけ多くとろうと
交尾に極めて積極的です
06:33
Soそう, it'sそれは notない exactly正確に
aa stereotypicalステレオタイプの setセット of rulesルール.
だからこれは典型的な
性別による役割分担ではありません
06:37
Even偶数 moreもっと generally一般的に thoughしかし,
より視野を広げてみるとさらに
06:42
males男性 are actually実際に notない allすべて thatそれ important重要
in theその lives人生 of aa lotロット of insects昆虫.
多くの昆虫の生活において
実はオスは そこまで重要ではありません
06:44
In theその socialソーシャル insects昆虫 ---
theその beesミツバチ andそして waspsハチ andそして antsアリ ---
ハチ、スズメバチ、アリなどの
社会的昆虫の中には
06:49
theその individuals個人 thatそれ you君は see見る everyすべて day ---
私達が日頃目にする個体
06:54
theその antsアリ going行く backバック andそして forth前進
to yourきみの sugarシュガー bowlボウル,
砂糖壺の周りを行き来するアリや
06:56
theその honeyはちみつ beesミツバチ thatそれ are flittingフリッティング
fromから flower to flower ---
花から花へ飛び回ってるミツバチ
06:59
allすべて of thoseそれら are always常に female女性.
これらは全てメスです
07:02
People have持ってる had持っていました aa hardハード time時間 getting取得
their彼らの head aroundまわり thatそれ ideaアイディア forために millennia千年.
この発想に至るまでには
実に何千年もの月日がかかりました
07:05
Theその ancient古代 Greeksギリシャ knew知っていた thatそれ thereそこ wasあった
aa classクラス of beesミツバチ, theその drones無人機,
古代ギリシャ人はすでに
働きバチよりも大きな「ドローン」という
07:09
thatそれ are larger大きい thanより theその workers労働者,
階級の存在に気づいていたのですが
07:15
althoughただし、 they彼ら disapproved不承認
of theその drones'ドロンズ ' laziness怠惰
「ドローン」の怠け癖には
納得いかなかったようです
07:17
becauseなぜなら they彼ら couldできた see見る thatそれ
theその drones無人機 justちょうど hangハング aroundまわり theその hiveハイブ
なぜなら「ドローン」は
交尾の時期が来るまで
07:19
until〜まで theその mating交配する flightフライト ---
ただ巣の周りをうろうろして
07:22
they're彼らは theその males男性.
何もしないからです
07:24
They彼ら hangハング aroundまわり until〜まで theその mating交配する flightフライト,
交尾の時期以外は
巣の周りをうろうろするだけで
07:25
butだけど they彼ら don'tしない participate参加する
in gathering集まる nectarネクター orまたは pollen花粉.
蜜や花粉の収集に参加しないので
07:27
Theその Greeksギリシャ couldn'tできなかった figure数字 outでる
theその drones'ドロンズ ' sexセックス,
ギリシャ人たちは「ドローン」が
オスだと分からなかったのです
07:30
andそして part of theその confusion混乱 wasあった thatそれ they彼ら
wereあった aware承知して of theその stinging刺す ability能力 of beesミツバチ
また 混乱の一因には
働きバチの刺す能力を知っていたため
07:32
butだけど they彼ら found見つけた itそれ difficult難しい to believe信じる
刺すような武器を
携えているのがメスだなんて
07:37
thatそれ anyどれか animals動物 thatそれ boreボア suchそのような aa weapon武器
couldできた possiblyおそらく be〜する aa female女性.
信じ難かったこともあります
07:40
Aristotleアリストテレス tried試した to get取得する involved関係する asとして wellよく.
アリストテレスもまた
この議論に加担しようと試みました
07:43
He suggested示唆, "OKOK, ifif theその stinging刺す
individuals個人 are going行く to be〜する theその males男性 ..."
「オーケイ 刺す個体はオスだよな」
とした途端
07:46
Then次に he got持っている confused混乱した,
becauseなぜなら thatそれ would〜する have持ってる meant意味した
彼は困りました
なぜならその考えで行くと
07:51
theその males男性 wereあった alsoまた、 taking取る careお手入れ
of theその young若い in aa colonyコロニー,
オスがコロニーの中で
子育てをしていた事になり
07:53
andそして he seemed見えた to think思う
thatそれ would〜する be〜する completely完全に impossible不可能.
彼はそれは完全にあり得ない
と考えたようでした
07:56
He then次に concluded結論 thatそれ maybe多分
beesミツバチ had持っていました theその organs器官 of bothどちらも sexes性別
多分 ハチは雌雄同体なのだと
08:01
in theその same同じ individual個人,
結論したのです
08:04
whichどの is notない thatそれ far-fetched遠く離れた,
some一部 animals動物 do行う thatそれ,
そういう動物はいますから
これはありえるんです
08:05
butだけど he never決して really本当に
didした get取得する itそれ figured思った outでる.
でも結局彼も
真実を見出すことはなかった
08:07
Andそして you君は know知っている, even偶数 today今日,
myじぶんの students学生の, forために instanceインスタンス,
現代においても
例えば私の学生たちですら
08:10
callコール everyすべて animal動物 they彼ら see見る,
includingを含む insects昆虫, aa male男性.
目にする全ての動物を
昆虫も含めてオスと呼ぶんです
08:14
Andそして whenいつ I telltell themそれら
thatそれ theその ferocious猛烈な army-ant軍隊 soldiers兵隊
例えば 巨大な顎を使って
コロニーを守る
08:19
with〜と their彼らの giant巨人 jaws,
used中古 to defend守る theその colonyコロニー,
獰猛な兵隊アリは 皆メスなんだと
08:23
are allすべて always常に female女性,
学生に説明しても
08:26
they彼ら seem思われる to notない quiteかなり believe信じる me.
今ひとつ信じてくれない
08:29
(Laughter笑い)
(笑)
08:31
Andそして certainly確かに allすべて of theその movies映画 ---
Antzアンツ, Bee Movie映画 ---
確かに 映画 『アンツ』や
『ビー・ムービー』では大抵
08:32
portray描く theその mainメイン characterキャラクター
in theその socialソーシャル insects昆虫 asとして beingであること male男性.
社会的昆虫の主役は
オスとして描かれます
08:37
Wellよく, what difference doesする thisこの make作る?
でもまあ大したことない
08:44
Theseこれら are movies映画. They're彼らは fictionフィクション.
映画は作り話です
08:46
They彼ら have持ってる talking話す animals動物 in themそれら.
話す動物まで出てくるのに
08:48
What difference doesする itそれ make作る
ifif they彼ら talkトーク like好きな Jerryジェリー Seinfeldセインフェルド?
ジェリー・サインフェルドっぽくって
何が悪いの?
08:50
I think思う itそれ doesする matter問題,
私はそうは思いません
08:53
andそして it'sそれは aa problem問題 thatそれ actually実際に
is part of aa muchたくさん deeperもっと深く one1
この問題はもっと
根深い問題の一部であり
08:55
thatそれ has持っている implications意義
forために medicine医学 andそして health健康
医学や健康やその他の
私達の生活の側面に
08:58
andそして aa lotロット of otherその他 aspects側面 of our我々の lives人生.
影響を及ぼす問題です
09:02
You君は allすべて know知っている thatそれ scientists科学者
useつかいます what we我々 callコール modelモデル systemsシステム,
ご存知のように科学者は
モデルシステムと呼ばれる手法により
09:05
whichどの are creatures生き物 ---
white ratsラット orまたは fruitフルーツ flies飛行機 ---
ラットやショウジョウバエ等の生物を
09:09
thatそれ are kind種類 of stand-insスタンドイン
forために allすべて otherその他 animals動物, includingを含む people.
ヒトを含む全ての動物の
代役として実験に使います
09:12
Andそして theその ideaアイディア is
thatそれ what's何ですか true真実 forために aa person
これは
ヒトに起こることは
09:17
will意志 alsoまた、 be〜する true真実 forために theその white ratラット.
ラットにも起こるという
発想です
09:20
Andそして by〜によって andそして large,
thatそれ turnsターン outでる to be〜する theその case場合.
この発想は概して正しいですが
09:22
Butだけど you君は canできる take取る theその ideaアイディア
of aa modelモデル systemシステム tooあまりにも far遠い.
このモデルシステムの発想が
度を越してしまうこともあります
09:25
Andそして what I think思う we've私たちは done完了,
私が思うに
科学者がやってきたことは
09:29
is useつかいます males男性, in anyどれか species,
asとして thoughしかし they彼ら are theその modelモデル systemシステム.
実験で 全ての種でオスを
モデルケースに使うことでした
09:32
Theその norm規範.
それが普通
09:37
Theその way方法 thingsもの are supposed想定される to be〜する.
そうあるべきだと
09:38
Andそして females女性 asとして aa kind種類 of variantバリアント ---
そしてメスは例外
09:41
something何か special特別 thatそれ you君は onlyのみ study調査
after you君は get取得する theその basics基本 downダウン.
つまり特殊な事例として 基礎的知見ができた後にしか扱わない
09:44
Andそして soそう, backバック to theその insects昆虫.
昆虫に話を戻すと
09:49
I think思う what thatそれ means手段
思うにそれが意味するのは
09:52
is thatそれ people justちょうど couldn'tできなかった see見る
what wasあった in frontフロント of themそれら.
人間には目の前のものを
あるがままには見られないという事
09:53
Becauseなぜなら they彼ら assumed想定される thatそれ theその world's世界の
stageステージ wasあった largely主に occupied占領された by〜によって male男性 players選手
なぜなら世界の舞台のほとんどが
オスで占められていて
09:56
andそして females女性 would〜する onlyのみ have持ってる
minorマイナー, walk-on歩く roles役割.
メスには目立たない脇役しか回ってこない
という思い込みがあるからです
10:03
Butだけど whenいつ we我々 do行う thatそれ, we我々 really本当に missミス outでる
on aa lotロット of what nature自然 is like好きな.
でもそう思い込んだ途端 私たちは
自然のあり方の多くを見落とすことになります
10:07
Andそして we我々 canできる alsoまた、 missミス outでる on theその way方法
naturalナチュラル, living生活 thingsもの, includingを含む people,
また そうするうちに 人間を含めた
自然や生物が持ち得る多様性の有様を
10:13
canできる vary変化する.
見落とすことになります
10:20
Andそして I think思う that'sそれは whyなぜ we've私たちは used中古 males男性
asとして modelsモデル in aa lotロット of medical医療 research研究,
このため 多くの医学研究で
男性をモデルとして使ってきて
10:22
something何か thatそれ we我々 know知っている now to be〜する aa problem問題
その結果を男女両方に適用しようとすると
10:27
ifif we我々 want欲しいです theその results結果 to apply適用する
to bothどちらも men男性 andそして women女性.
うまくいかないことに気づくのです
10:29
Wellよく, theその last最終 thingもの
I really本当に love about insects昆虫
私が虫を好きな最後の理由は
10:34
is something何か thatそれ aa lotロット of people
find見つける unnerving落ち着かない about themそれら.
多くの人々にとってもビックリする事ですが
10:37
They彼ら have持ってる little少し, tiny小さな brains頭脳
彼らの脳がわずかで 小さく
10:40
with〜と very非常に little少し cognitive認知 ability能力,
theその way方法 we我々 normally通常は think思う of itそれ.
私達が思っている以上に
認知能力はとても低いことです
10:42
They彼ら have持ってる complicated複雑な behavior動作,
butだけど they彼ら lack欠如 complicated複雑な brains頭脳.
彼らの振る舞いは複雑ですが
彼らに複雑な脳はありません
10:46
Andそして soそう, we我々 can'tできない justちょうど think思う of themそれら
asとして thoughしかし they're彼らは little少し people
だから私達は 昆虫を単に
小さな人間として考えてはいけない
10:51
becauseなぜなら they彼ら don'tしない do行う thingsもの
theその way方法 thatそれ we我々 do行う.
なぜなら昆虫と人間のやり方は違うからです
10:57
I really本当に love thatそれ it'sそれは difficult難しい
to anthropomorphize擬人化 insects昆虫,
その擬人化しにくさこそ
私が昆虫を好きな理由です
11:00
to look見える at〜で themそれら andそして justちょうど think思う of themそれら
like好きな they're彼らは little少し people
彼らを見て 小さな人間みたいに
とらえようとしても
11:04
in exoskeletons外骨格, with〜と six6 legs.
外骨格をまとって 脚が6本あってはね
11:08
(Laughter笑い)
(笑)
11:10
Instead代わりに, you君は really本当に have持ってる to accept受け入れる themそれら
on their彼らの own自分の terms条項,
そうではなく 彼ら独自のあり方を
受け入れる必要があります
11:12
becauseなぜなら insects昆虫 make作る us米国 question質問
what's何ですか normal正常 andそして what's何ですか naturalナチュラル.
何が普通で何が自然なのか
昆虫は問いかけてくれるからです
11:15
Now, you君は know知っている, people write書きます fictionフィクション
andそして talkトーク about parallel平行 universes宇宙.
さて 人々は架空の物語を書き
パラレル・ワールドについて語ります
11:21
They彼ら speculate推測する about theその supernatural超自然的,
超自然的な事物に思索を巡らせて
11:26
maybe多分 theその spiritsスピリッツ of theその departed出発した
walking歩く among us米国.
私達の間を死者の魂が歩いているかも
などと考えたりします
11:29
Theその allure魅力 of another別の world世界
異世界に対して憧れるのは
11:34
is something何か thatそれ people sayいう is part of
whyなぜ they彼ら want欲しいです to dabble手を伸ばす in theその paranormal超常現象.
超常現象の世界に関わりたいからだ
と言われています
11:37
Butだけど asとして far遠い asとして I'm私は concerned心配している,
でも私は思うんです
11:44
who needsニーズ to be〜する ableできる to see見る deadデッド people,
死者に会う能力なんて
必要でしょうか?
11:46
whenいつ you君は canできる see見る liveライブ insects昆虫?
生きた昆虫がそばにいるのに?
11:48
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
11:51
(Applause拍手)
(拍手)
11:52
Translated by Maki Hasumi
Reviewed by Hiroko Kawano

▲Back to top

About the speaker:

Marlene Zuk - Evolutionary biologist
Marlene Zuk studies insect behavior -- and how humans use animal behavior to think about how we behave ourselves.

Why you should listen

Marlene Zuk is a biologist and writer who researches animal behavior and evolution, mostly using insects as subjects. Zuk is interested in the ways that people use animal behavior to think about human behavior, and vice versa, as well as in the public's understanding of evolution. She teaches graduate and undergraduate courses in the Department of Ecology, Evolution and Behavior at the University of Minnesota -- including a seminar called “What’s the Alternative to Alternative Medicine?”

In addition to publishing numerous scientific articles, Zuk has published four books for a general audience: Sexual Selections: What We Can and Can’t Learn About Sex from AnimalsRiddled with Life: Friendly Worms, Ladybug Sex, and the Parasites That Make Us Who We AreSex on Six Legs: Lessons on Life, Love and Language from the Insect World; and most recently, Paleofantasy: What Evolution Really Tells Us About Sex, Diet and the Way We Live.

More profile about the speaker
Marlene Zuk | Speaker | TED.com