English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2017

David Miliband: The refugee crisis is a test of our character

デイヴィッド・ミリバンド: 難民危機で試される我々の人間性

Filmed
Views 1,170,787

2016年には6,500万人が紛争や災難のため住む場所を追われました。これは単に危機というだけでなく、我々が何者であり、何を信条とするのかが問われる試金石だとデイヴィッド・ミリバンド は言います。そして我々ひとりひとりに問題解決に手を貸す個人的な責任があるのだと。この必見の講演でミリバンドは、難民を助け、思いやりと利他性を行動に移すための具体的で実現可能な方法を示します。

- Refugee advocate
As president of the International Rescue Committee, David Miliband enlists his expert statesmanship in the fight against the greatest global refugee crisis since World War II. Full bio

I'm私は going行く to speak話す to you君は
about theその globalグローバル refugee難民 crisis危機
世界的な難民危機について
お話しします
00:12
andそして myじぶんの aim目的 is to showショー you君は thatそれ thisこの crisis危機
私の狙いは この危機が
解決不能ではなく
00:16
is manageable管理しやすい, notない unsolvable解決できない,
対処可能だと示すことですが
00:20
butだけど alsoまた、 showショー you君は thatそれ thisこの is
asとして muchたくさん about us米国 andそして who we我々 are
同時に これは最前線にいる
難民達にとっての試練というだけでなく
00:23
asとして itそれ is aa trial試行 of theその refugees難民
on theその frontフロント lineライン.
我々はいったい何者なのかという問題
でもあることを示したいと思います
00:29
Forために me, thisこの is notない
justちょうど aa professional専門家 obligation義務,
世界中の難民や住む場所を失った人々を支援する
NGOを運営する私にとって
00:33
becauseなぜなら I run走る an NGOngo supportingサポートする refugees難民
andそして displaced失踪した people aroundまわり theその world世界.
これは職務上の責務である一方
00:36
It'sそれは personal個人的.
個人的な話でもあります
00:41
I love thisこの picture画像.
これは私の好きな写真です
00:43
Thatそれ really本当に handsomeハンサム guy on theその right,
右のすごい二枚目は
00:45
that'sそれは notない me.
私じゃありません
00:48
That'sそれは myじぶんの dadパパ, Ralphラルフ, in Londonロンドン, in 1940
私の父ラルフが
1940年のロンドンで
00:49
with〜と his fatherお父さん Samuelサミュエル.
父親のサミュエルと
一緒にいるところです
00:53
They彼ら wereあった Jewishユダヤ人 refugees難民 fromから Belgiumベルギー.
2人はベルギーからの
ユダヤ難民でした
00:55
They彼ら fled逃げた theその day theその Nazisナチス invaded侵略された.
ナチスが侵攻した日に
脱出したのです
00:58
Andそして I love thisこの picture画像, tooあまりにも.
これも好きな写真です
01:02
It'sそれは aa groupグループ of refugee難民 children子供
1946年にポーランドから
逃れてきた難民の子供の一団が
01:04
arriving到着 in Englandイングランド in 1946 fromから Polandポーランド.
イギリスに到着した時の一枚です
01:07
Andそして in theその middle中間 is myじぶんの mother, Marionマリオン.
中央にいるのが
私の母マリオンです
01:11
She彼女 wasあった sent送られた to start開始 aa new新しい life生活
新しい国での新生活を
01:14
in aa new新しい country
自分一人で始めるようにと
01:17
on her彼女 own自分の
送られてきたのです
01:19
at〜で theその age年齢 of 12.
まだ12歳でした
01:20
I know知っている thisこの:
1つはっきりしているのは
01:22
ifif Britain英国 had持っていました notない admitted認められた refugees難民
もしイギリスが
01:24
in theその 1940ss,
1940年代に難民を
受け入れていなかったら
01:27
I certainly確かに would〜する notない be〜する hereここに today今日.
私はここには
いなかったということです
01:29
Yetまだ 70 years on,
theその wheelホイール has持っている come来る full満員 circleサークル.
それが70年たって
事態は一巡しました
01:34
Theその sound is of walls beingであること built建てられた,
壁を築く音が響き
01:38
vengeful忌むるしい political政治的 rhetoricレトリック,
政治的言辞は
憎しみに満ち
01:41
humanitarian人道的な values andそして principles原則 on fire火災
人道的な価値や道義は
燃え落ちようとしています
01:44
in theその very非常に countries
thatそれ 70 years ago said前記 never決して again再び
戦争の被害者が国や希望を
失うようなことには二度としないと
01:48
to statelessness無国籍 andそして hopelessness絶望
forために theその victims犠牲者 of war戦争.
70年前に言っていた
まさにその国々においてです
01:52
Last最終 year, everyすべて minute,
去年 紛争や暴力や迫害のために
01:58
24 moreもっと people wereあった displaced失踪した
fromから their彼らの homes
1分ごとに 24人が新たに
02:02
by〜によって conflict紛争, violence暴力 andそして persecution迫害:
住む場所を追われました
02:05
another別の chemical化学 weapon武器 attack攻撃 in Syriaシリア,
シリアでは化学兵器が
再び使用され
02:09
theその Talibanタリバン on theその rampage暴走 in Afghanistanアフガニスタン,
アフガニスタンでは
タリバンが荒れ狂い
02:11
girls女の子 driven駆動される fromから their彼らの school学校
in northeast北東 Nigeriaナイジェリア by〜によって Bokoボコ Haramハラム.
北東ナイジェリアではボコ・ハラムにより
女生徒達が学校から拉致されています
02:15
Theseこれら are notない people
moving動く to another別の country
難民達は
より良い生活を求めて
02:21
to get取得する aa betterより良い life生活.
よその国にやって来る
わけではありません
02:25
They're彼らは fleeing逃げる forために their彼らの lives人生.
生き延びようと
逃れてきたのです
02:27
It'sそれは aa realリアル tragedy悲劇
世界で最も有名な難民が
02:31
thatそれ theその world's世界の most最も famous有名な refugee難民
can'tできない come来る to speak話す to you君は hereここに today今日.
今日この場に話しに来れなかったのは
本当に残念なことです
02:33
Manyたくさんの of you君は will意志 know知っている thisこの picture画像.
多くの人は この写真を
見たことがあるでしょう
02:39
Itそれ showsショー theその lifeless生命のない body
2015年に地中海で
命を落とした—
02:41
of five-year-old5歳 Alanアラン Kurdiクルディ,
3歳のシリア難民
アラン・クルディの
02:44
aa Syrianシリアン refugee難民 who died死亡しました
in theその Mediterranean地中海 in 2015.
亡きがらが写っています
02:46
He died死亡しました alongside一緒に 3,700 othersその他
trying試す to get取得する to Europeヨーロッパ.
ヨーロッパにたどり着こうとした
他の3,700人とともに死んだのです
02:51
Theその next year, 2016,
翌年の2016年には
02:56
5,000 people died死亡しました.
5,000人が死にました
02:58
It'sそれは tooあまりにも late遅く forために themそれら,
彼らはもう手遅れですが
03:02
butだけど it'sそれは notない tooあまりにも late遅く
forために millions何百万 of othersその他.
でも まだ間に合う人が
何百万人もいます
03:05
It'sそれは notない tooあまりにも late遅く
forために people like好きな Frederickフレデリック.
たとえばフレデリック
03:08
I met会った him in theその Nyarugusuニルスグス
refugee難民 campキャンプ in Tanzaniaタンザニア.
タンザニアの
ニャルグス難民キャンプにいる
03:10
He's彼は fromから Burundiブルンディ.
ブルンジ難民です
03:14
He wanted欲しい to know知っている
whereどこで couldできた he completeコンプリート his studies研究.
いったいどこで教育を修了できるのか
知りたがっていました
03:15
He'd彼は done完了 11 years of schooling学校教育.
He wanted欲しい aa 12thth year.
11年間学校に通ったのだから
最後までやりたいと
03:18
He said前記 to me, "I pray祈る
thatそれ myじぶんの days日々 do行う notない end終わり hereここに
「死ぬまでこの難民キャンプで
過ごすことにならないよう
03:21
in thisこの refugee難民 campキャンプ."
祈っています」
と言っていました
03:26
Andそして it'sそれは notない tooあまりにも late遅く forために Haludハーフ.
ハルードだって間に合います
03:28
Her彼女 parents wereあった Palestinianパレスチナ人 refugees難民
彼女の両親は
03:31
living生活 in theその Yarmoukヤルモク refugee難民 campキャンプ
outside外側 Damascusダマスカス.
ダマスカスのヤルムーク難民キャンプに住む
パレスチナ難民です
03:34
She彼女 wasあった bornうまれた to refugee難民 parents,
難民の両親の元に生まれ
03:37
andそして now she's彼女は aa refugee難民
herself自分自身 in Lebanonレバノン.
今は彼女自身
レバノンに住む難民です
03:39
She's彼女は workingワーキング forために theその International国際
Rescueレスキュー Committee委員会 to help助けて otherその他 refugees難民,
彼女は他の難民達を助けるため
国際救援委員会で働いていますが
03:42
butだけど she彼女 has持っている noいいえ certainty確実 at〜で allすべて
自分の未来はどこにあり
03:46
about her彼女 future未来,
何が待っているのか
03:49
whereどこで itそれ is orまたは what itそれ holds保持.
先行きがまったく見えません
03:52
Thisこの talkトーク is about Frederickフレデリック, about Haludハーフ
これはフレデリックや
ハルードのような
03:54
andそして about millions何百万 like好きな themそれら:
何百万という人々の話です
03:58
whyなぜ they're彼らは displaced失踪した,
なぜ彼らは住む場所を追われ
どう生き抜き
04:00
howどうやって they彼ら survive生き残ります, what help助けて they彼ら need必要
andそして what our我々の responsibilities責任 are.
どのような支援を必要とし
我々の責務は何なのか
04:02
I truly真に believe信じる thisこの,
私は確信を持っていますが
04:07
thatそれ theその biggest最大 question質問
in theその 21stセント century世紀
21世紀における
最大の問いが何かと言えば
04:10
concerns心配 our我々の duty義務 to strangers見知らぬ人.
それは「他人に対する我々の責務は何か」
ということです
04:13
Theその future未来 "you君は" is about yourきみの duties職務
未来の自分を考えるとき
04:17
to strangers見知らぬ人.
他人に対する責務を
考えないわけにはいきません
04:20
You君は know知っている betterより良い thanより anyone誰でも,
皆さんは
よくお分かりでしょうが
04:22
theその world世界 is moreもっと connected接続された
thanより everこれまで before,
世界は 未だかつてないくらい
繋がり合っています
04:23
yetまだ theその greatすばらしいです danger危険
しかし 人々の心が
分断によって支配されてしまうという
04:28
is thatそれ we're私たちは consumed消費された by〜によって our我々の divisions部門.
大きな危険があります
04:30
Andそして thereそこ is noいいえ betterより良い testテスト of thatそれ
そして「難民をどう扱うか」
ということ以上に
04:34
thanより howどうやって we我々 treat治療する refugees難民.
それをよく示すものは
ないでしょう
04:36
Hereここに are theその facts事実: 65 million百万 people
事実を挙げると
04:38
displaced失踪した fromから their彼らの homes
by〜によって violence暴力 andそして persecution迫害 last最終 year.
去年 暴力や迫害によって住む場所を
追われた人は 6,500万人いました
04:41
Ifif itそれ wasあった aa country,
それが1つの国だとしたら
04:45
thatそれ would〜する be〜する theその 21stセント
largest最大 country in theその world世界.
世界で21番目に
大きな国になります
04:46
Most最も of thoseそれら people, about 40 million百万,
stay滞在 within以内 their彼らの own自分の home自宅 country,
過半数の4,000万人は
母国に留まっていますが
04:50
butだけど 25 million百万 are refugees難民.
2,500万人は難民で
04:55
Thatそれ means手段 they彼ら crossクロス aa border境界
into aa neighboring隣接 state状態.
国境を越えて近隣の国に
逃れています
04:57
Most最も of themそれら are living生活 in poor貧しい countries,
その多くは
比較的貧しい国や
05:01
relatively比較的 poor貧しい orまたは lower-middle-income低所得層
countries, like好きな Lebanonレバノン,
下位中所得の国で
暮らしています
05:05
whereどこで Haludハーフ is living生活.
ハルードの住む
レバノンなどがそうです
05:08
In Lebanonレバノン, one1
in four4つの people is aa refugee難民,
レバノンでは
4人に1人が難民です
05:10
aa quarter四半期 of theその whole全体 population人口.
難民が人口の4分の1を
占めているんです
05:15
Andそして refugees難民 stay滞在 forために aa long長いです time時間.
そして難民状態は
長く続きます
05:18
Theその average平均 length長さ of displacement変位
避難生活の長さは
05:20
is 10 years.
平均で10年に及びます
05:23
I went行った to what wasあった theその world's世界の
largest最大 refugee難民 campキャンプ, in eastern東部 Kenyaケニア.
私は東ケニアにある
ダダーブという
05:25
It'sそれは calledと呼ばれる Dadaabダダブ.
世界でも最大級の
難民キャンプを訪れました
05:30
Itそれ wasあった built建てられた in 1991--92
1991年から1992年に
ソマリア内戦を逃れた人々のための
05:31
asとして aa "temporary一時的 campキャンプ"
forために Somalisソマリス fleeing逃げる theその civil市民 war戦争.
「一時的なキャンプ」として
設けられました
05:33
I met会った Siloサイロ.
そこでサイロに会いました
05:37
Andそして naïvelyヴェリー I said前記 to Siloサイロ,
私は何の考えもなしに
こう尋ねました
05:39
"Do行う you君は think思う you'llあなたは everこれまで
go行く home自宅 to Somaliaソマリア?"
「ソマリアの故郷には
いつか戻れると思う?」
05:42
Andそして she彼女 said前記, "What do行う you君は mean平均, go行く home自宅?
すると彼女は
05:45
I wasあった bornうまれた hereここに."
「故郷に戻るって どういう意味ですか?
私はここで生まれたんですよ」と言います
05:48
Andそして then次に whenいつ I asked尋ねた theその campキャンプ management管理
それでキャンプの管理者に
聞いてみました
05:50
howどうやって manyたくさんの of theその 330,000 people
in thatそれ campキャンプ wereあった bornうまれた thereそこ,
33万人のキャンプ住人のうち
05:52
they彼ら gave与えた me theその answer回答:
そこで生まれた人は
どれくらいいるのか
05:56
100,000.
10万人がそうだ
という答えでした
05:59
That'sそれは what long-term長期 displacement変位 means手段.
「長い避難生活」が意味するのは
そういうことです
06:01
Now, theその causes原因 of thisこの are deep深い:
その原因は根深いものです
06:05
weak弱い states thatそれ can'tできない
supportサポート their彼らの own自分の people,
力のない国々は
国民を支えることができず
06:07
an international国際 political政治的 systemシステム
国際的な政治システムは
06:10
weaker弱い thanより at〜で anyどれか time時間 since以来 1945
1945年以降で
最も弱くなっており
06:13
andそして differences相違 over以上 theology神学, governanceガバナンス,
engagementエンゲージメント with〜と theその outside外側 world世界
イスラム国家の間には
06:16
in significant重要な parts部品 of theその Muslimイスラム教徒 world世界.
宗教・統治・外国との関わりのあり方に
大きな違いがあります
06:20
Now, thoseそれら are long-term長期,
generational世代間 challenges挑戦.
これは何世代にも渡る
長期的な問題です
06:24
That'sそれは whyなぜ I sayいう thatそれ thisこの refugee難民 crisis危機
is aa trend傾向 andそして notない aa blip吹き飛ばし.
難民危機は時代の潮流であって
一時的なものではないのです
06:27
Andそして it'sそれは complex複合体, andそして whenいつ you君は have持ってる
big大きい, large, long-term長期, complex複合体 problems問題,
しかも 問題は複雑です
06:32
people think思う nothing何も canできる be〜する done完了.
人は長期的で難しい大きな問題があるとき
どうにもならないと思いがちです
06:36
Whenいつ Pope法王 Francisフランシス went行った to Lampedusaランデューサ,
教皇フランシスコは
06:40
offオフ theその coast海岸 of Italyイタリア, in 2014,
2014年にイタリア沖の
ランペドゥーザ島を訪れたとき
06:43
he accused告発された allすべて of us米国
andそして theその globalグローバル population人口
我々みんなのことを指して
06:44
of what he calledと呼ばれる
"theその globalizationグローバリゼーション of indifference無関心."
「無関心の世界的拡大」
と言って非難しました
06:48
It'sそれは aa haunting出没 phraseフレーズ.
痛烈な言葉ですね
06:52
Itそれ means手段 thatそれ our我々の hearts
have持ってる turned回した to stone.
みんなの心が石のように
なっているのだと
06:54
Now, I don'tしない know知っている, you君は telltell me.
教えて欲しいんですが
06:58
Are you君は allowed許可された to argue主張する with〜と theその Pope法王,
even偶数 at〜で aa TEDテッド conference会議?
教皇に反論するなどというのは
TEDの場であっても 許されるものなのか
07:00
Butだけど I think思う it'sそれは notない right.
でも私は正しくないと思います
07:04
I think思う people do行う want欲しいです
to make作る aa difference,
みんな現状を変えたいとは
思っているけれど
07:06
butだけど they彼ら justちょうど don'tしない know知っている whetherかどうか
thereそこ are anyどれか solutionsソリューション to thisこの crisis危機.
難民危機に解決法があるのか
分からないだけなんです
07:08
Andそして what I want欲しいです to telltell you君は today今日
私が申し上げたいのは
07:12
is thatそれ thoughしかし theその problems問題 are realリアル,
theその solutionsソリューション are realリアル, tooあまりにも.
問題は紛れもないものですが
解決法だって紛れもなく存在することです
07:14
Solution溶液 one1:
解決策1
07:17
theseこれら refugees難民 need必要 to get取得する into work作業
in theその countries whereどこで they're彼らは living生活,
難民達は住んでいる国で
仕事を必要としており
07:19
andそして theその countries whereどこで they're彼らは living生活
need必要 massive大規模 economic経済的 supportサポート.
彼らが住んでいる国も
大きな経済的支援が必要だということ
07:22
In Ugandaウガンダ in 2014, they彼ら didした aa study調査:
ウガンダで2014年に
行われた調査で
07:26
80 percentパーセント of refugees難民
in theその capital資本 cityシティ Kampalaカンパラ
首都カンパラに住む難民の8割は
仕事を持っていて
07:28
needed必要な noいいえ humanitarian人道的な aid援助
becauseなぜなら they彼ら wereあった workingワーキング.
人道的支援を必要として
いないことが分かりました
07:31
They彼ら wereあった supportedサポートされる into work作業.
仕事で生活を
支えていたんです
07:34
Solution溶液 number two:
解決策2
07:36
education教育 forために kids子供たち
is aa lifelineライフライン, notない aa luxury贅沢,
避難がこのように
長期に及ぶ場合
07:38
whenいつ you'reあなたは displaced失踪した forために soそう long長いです.
子供の教育は 贅沢ではなく
生命線だということ
07:42
Kids子供たち canできる bounceバウンス backバック whenいつ they're彼らは given与えられた
theその proper適切な socialソーシャル, emotional感情の supportサポート
読み書きや計算の力と
適切な社会的・精神的な支援が与えられれば
07:45
alongside一緒に literacyリテラシー andそして numeracy数理.
子供は立ち直れるんです
07:49
I've私は seen見た itそれ forために myself私自身.
私自身 自分の目で見てきました
07:51
Butだけど halfハーフ of theその world's世界の refugee難民 children子供
of primary一次 school学校 age年齢
しかし難民の子供の場合
07:54
get取得する noいいえ education教育 at〜で allすべて,
初等教育年齢の子の半数が
教育を受けておらず
07:58
andそして three quarters四半期 of secondary二次的 school学校 age年齢
get取得する noいいえ education教育 at〜で allすべて.
中等教育年齢の子の4分の3が
教育を受けていません
08:00
That'sそれは crazy狂った.
ひどい話です
08:03
Solution溶液 number three:
解決策3
08:05
most最も refugees難民 are in urban都市 areasエリア,
in cities都市, notない in campsキャンプ.
難民の多くは難民キャンプではなく
都市域に住んでいること
08:08
What would〜する you君は orまたは I want欲しいです
ifif we我々 wereあった aa refugee難民 in aa cityシティ?
自分が都市に住む難民だったら
何を欲しいと思いますか?
08:11
We我々 would〜する want欲しいです moneyお金
to pay支払う rent家賃 orまたは buy購入 clothes.
家賃を払ったり
服を買ったりするお金でしょう
08:14
Thatそれ is theその future未来
of theその humanitarian人道的な systemシステム,
未来の人道的支援システムは
08:18
orまたは aa significant重要な part of itそれ:
少なくとも大部分が
そうあるべきです
08:20
give与える people cash現金 soそう thatそれ
you君は boostブースト theその powerパワー of refugees難民
現金を与えることで
難民を力づけることができ
08:22
andそして you'llあなたは help助けて theその local地元 economy経済.
地元の経済を
助けることにもなります
08:24
Andそして there'sそこに aa fourth第4 solution溶液, tooあまりにも,
4番目の解決策もまた
賛否あるでしょうが
08:26
that'sそれは controversial議論の余地のある
butだけど needsニーズ to be〜する talked話した about.
議論する必要のあることです
08:28
Theその most最も vulnerable脆弱な refugees難民
need必要 to be〜する given与えられた aa new新しい start開始
立場の弱い難民は
新しいスタート 新しい生活を
08:31
andそして aa new新しい life生活 in aa new新しい country,
新しい国で与えられる
必要があり
08:35
includingを含む in theその West西.
それには西欧諸国も
含まれるということ
08:38
Theその numbers数字 are relatively比較的 small小さい,
hundreds数百 of thousands, notない millions何百万,
数は数十万人と比較的少なく
何百万ではないとしても
08:40
butだけど theその symbolism象徴 is huge巨大.
その象徴的な意味は
大きなものです
08:44
Now is notない theその time時間
to be〜する banning禁止する refugees難民,
トランプ政権が
やっているみたいに
08:47
asとして theその Trumpトランプ administration投与 proposes提案する.
難民を閉め出している
時ではありません
08:50
It'sそれは aa time時間 to be〜する embracing抱きしめる people
who are victims犠牲者 of terrorテロ.
恐ろしい体験の被害者である人々を
迎え入れる時です
08:52
Andそして remember思い出す ---
覚えておいて欲しいのは—
08:56
(Applause拍手)
(拍手)
08:57
Remember思い出す, anyone誰でも who asks尋ねる you君は,
"Are they彼ら properly正しく vetted審査された?"
もし誰かに「その難民達はちゃんと
審査されているのか?」と聞かれたら
09:04
that'sそれは aa really本当に sensible感覚的
andそして good良い question質問 to ask尋ねる.
それは もっともな
良い質問だと思いますが
09:08
Theその truth真実 is, refugees難民
arriving到着 forために resettlement再定住
真実はと言えば 再定住化のために
やって来る難民というのは
09:12
are moreもっと vetted審査された thanより anyどれか otherその他 population人口
arriving到着 in our我々の countries.
我々の国にやって来る他のどんな人達よりも
厳しく審査されているんです
09:16
Soそう whilewhile it'sそれは reasonable合理的な
to ask尋ねる theその question質問,
だからその質問は
当を得たものですが
09:20
it'sそれは notない reasonable合理的な to sayいう thatそれ refugee難民
is another別の wordワード forために terroristテロリスト.
「難民はテロリストの別名だ」
などというのは見当外れです
09:22
Now, what happens起こる ---
考えてください —
09:27
(Applause拍手)
(拍手)
09:28
What happens起こる whenいつ refugees難民 can'tできない get取得する work作業,
難民が仕事を得られず
09:31
they彼ら can'tできない get取得する their彼らの kids子供たち into school学校,
子供を学校にやることができず
金が手に入らず
09:34
they彼ら can'tできない get取得する cash現金,
they彼ら can'tできない get取得する aa legal法的 routeルート to hope希望?
希望をつかむ合法的な道が
なかったらどうなるか?
09:36
What happens起こる is they彼ら take取る riskyリスキーな journeys.
彼らが危険な旅路を
選ばざるを得ないとしたら?
09:39
I went行った to Lesbosレスボス, thisこの beautiful綺麗な
Greekギリシャ語 island, two years ago.
私は2年前にギリシャの美しい島
レスボス島に行きました
09:42
It'sそれは aa home自宅 to 90,000 people.
住民9万人の島ですが
09:47
In one1 year, 500,000 refugees難民
went行った across横断する theその island.
1年で 50万の難民が
この島を越えていきました
09:49
Andそして I want欲しいです to showショー you君は what I saw見た
この島の北に
車で行ったときに
09:53
whenいつ I drove運転した across横断する
to theその north of theその island:
目にしたものを
お見せしましょう
09:55
aa pileパイル of life生活 jacketsジャケット
of thoseそれら who had持っていました made itそれ to shore海岸.
岸にたどり着いた人々が残した
救命胴衣の山です
09:58
Andそして whenいつ I looked見た closerクローザー,
近づいてみると
10:02
thereそこ wereあった small小さい
life生活 jacketsジャケット forために children子供,
子供用の小さな
救命胴衣がありました
10:04
yellow onesもの.
黄色いやつです
10:06
Andそして I took取った thisこの picture画像.
写真に撮りました
10:08
You君は probably多分 can'tできない see見る theその writing書き込み,
butだけど I want欲しいです to read読む itそれ forために you君は.
何と書いてあるか見えないでしょうから
読んであげましょう
10:10
"Warning警告: will意志 notない
protect保護する againstに対して drowning溺死."
「警告 溺れ防止にはなりません」
10:13
Soそう in theその 21stセント century世紀,
この21世紀において
10:17
children子供 are beingであること given与えられた life生活 jacketsジャケット
子供達が 安全を求め
10:20
to reachリーチ safety安全性 in Europeヨーロッパ
ヨーロッパに渡ろうとして
10:22
even偶数 thoughしかし thoseそれら jacketsジャケット
will意志 notない saveセーブ their彼らの lives人生
ボートから落ちたとき
役にも立たない救命胴衣を
10:24
ifif they彼ら fall outでる of theその boatボート
thatそれ is taking取る themそれら thereそこ.
与えられているんです
10:28
Thisこの is notない justちょうど aa crisis危機, it'sそれは aa testテスト.
これは単なる危機ではなく試練です
10:32
It'sそれは aa testテスト thatそれ civilizations文明
have持ってる faced直面する downダウン theその ages年齢.
文明が昔から直面してきた試練です
10:37
It'sそれは aa testテスト of our我々の humanity人類.
我々の人間性を試し
10:41
It'sそれは aa testテスト of us米国 in theその Western西洋 world世界
我々西欧諸国の人間に対し
10:44
of who we我々 are andそして what we我々 standスタンド forために.
自分が何者であり
何を信条とするのかを問う試金石です
10:46
It'sそれは aa testテスト of our我々の characterキャラクター,
notない justちょうど our我々の policiesポリシー.
政策だけでなく
我々の人格を問う試金石です
10:51
Andそして refugees難民 are aa hardハード case場合.
難民というのは扱いが
難しいものです
10:54
They彼ら do行う come来る fromから faraway遠く
parts部品 of theその world世界.
世界の遠く離れた所から
やってきます
10:57
They彼ら have持ってる beenされている throughを通して traumaトラウマ.
心に深い傷を負っています
11:00
They're彼らは oftenしばしば of aa different異なる religion宗教.
往々にして
異なる宗教を持っています
11:02
Thoseそれら are precisely正確に theその reasons理由
we我々 should〜すべき be〜する helping助ける refugees難民,
でもそれは まさに難民達を
助けるべき理由なんです
11:04
notない aa reason理由 notない to help助けて themそれら.
助けない理由ではなく
11:07
Andそして it'sそれは aa reason理由 to help助けて themそれら
becauseなぜなら of what itそれ says言う about us米国.
我々が何者かを示すために
彼らを助けるべきです
11:09
It'sそれは revealing明らかにする of our我々の values.
我々の価値観が
問われているのです
11:14
Empathy共感 andそして altruism利他主義 are two
of theその foundations財団 of civilization文明.
思いやりと利他性は
文明の2つの土台です
11:17
Turn順番 thatそれ empathy共感 andそして altruism利他主義 into actionアクション
その思いやりと利他性を
行動に変えることで
11:23
andそして we我々 liveライブ outでる aa basic基本的な moral道徳 credo信条.
基本的な道徳的信条を
満たす生き方ができます
11:25
Andそして in theその modernモダン world世界,
we我々 have持ってる noいいえ excuse言い訳.
現代の世界において
言い訳はできません
11:28
We我々 can'tできない sayいう we我々 don'tしない know知っている
what's何ですか happeningハプニング in Jubaジュバ, South Sudanスーダン,
南スーダンのジュバやシリアのアレッポで
何が起きているのか
11:31
orまたは Aleppoアレッポ, Syriaシリア.
知らなかったと言うわけにはいきません
11:35
It'sそれは thereそこ, in our我々の smartphoneスマートフォン
手のひらのスマートフォンに
11:36
in our我々の handハンド.
ニュースが出ています
11:39
Ignorance無知 is noいいえ excuse言い訳 at〜で allすべて.
無知はまったく
言い訳になりません
11:41
Fail失敗します to help助けて, andそして we我々 showショー
we我々 have持ってる noいいえ moral道徳 compassコンパス at〜で allすべて.
助けないとしたら 我々に道徳的指針など
ないと示すことになります
11:43
It'sそれは alsoまた、 revealing明らかにする about
whetherかどうか we我々 know知っている our我々の own自分の history歴史.
それはまた我々が自分たちの歴史を
知っているかを明かすことにもなります
11:49
Theその reason理由 thatそれ refugees難民
have持ってる rights権利 aroundまわり theその world世界
難民達が世界中で
権利を持っているのは
11:52
is becauseなぜなら of extraordinary特別な
Western西洋 leadershipリーダーシップ
西欧諸国の卓越した
リーダーシップが
11:55
by〜によって statesmen政治家 andそして women女性
after theその Second二番 World世界 War戦争
第二次大戦後に
発揮され
11:58
thatそれ becameなりました universalユニバーサル rights権利.
普遍的権利が
確立されたからです
12:00
Trashごみ theその protections保護 of refugees難民,
andそして we我々 trashごみ our我々の own自分の history歴史.
難民の保護を捨てるのは
我々の歴史を捨てることになるのです
12:03
Thisこの is ---
これは —
12:08
(Applause拍手)
(拍手)
12:09
Thisこの is alsoまた、 revealing明らかにする
about theその powerパワー of democracy民主主義
独裁制からの避難場所となる
12:11
asとして aa refuge避難 fromから dictatorship独裁.
民主主義の力を
示すことにもなります
12:15
Howどうやって manyたくさんの politicians政治家 have持ってる you君は heard聞いた sayいう,
政治家が言うのを
聞いたことがあるでしょう
12:17
"We我々 believe信じる in theその powerパワー of our我々の example,
notない theその example of our我々の powerパワー."
「我々の力の誇示よりも
我々の模範の力を信じている」
12:20
What they彼ら mean平均 is what we我々 standスタンド forために
is moreもっと important重要 thanより theその bombs爆弾 we我々 dropドロップ.
我々の寄って立つものは
我々の落とす爆弾よりも強いという意味です
12:25
Refugees難民 seekingシーク sanctuary聖域
避難先を求める難民は
12:30
have持ってる seen見た theその West西 asとして aa sourceソース
of hope希望 andそして aa place場所 of haven避難所.
西欧を希望の源
夢の地として見ています
12:32
Russiansロシア人, Iraniansイラン人,
ロシア人 イラン人
12:38
Chinese中国語, Eritreansエリトリア人, Cubansキューバ人,
中国人 エリトリア人 キューバ人は
12:41
they've彼らは come来る to theその West西 forために safety安全性.
身の安全のために
西欧諸国にやって来るんです
12:43
We我々 throwスロー thatそれ away離れて at〜で our我々の peril危険.
彼らを見捨てるなら
相応の覚悟を持ってすることです
12:47
Andそして there'sそこに one1 otherその他 thingもの
itそれ reveals明らかにする about us米国:
我々について露呈することが
もう1つあります
12:50
whetherかどうか we我々 have持ってる anyどれか humility謙虚
forために our我々の own自分の mistakes間違い.
自分の間違いに対して
謙虚な気持ちを持っているかということです
12:52
I'm私は notない one1 of theseこれら people
私は別に よくいるような
12:55
who believes信じる thatそれ allすべて theその problems問題
in theその world世界 are caused原因 by〜によって theその West西.
西欧が諸悪の根源だと
信じている人間ではありません
12:57
They're彼らは notない.
そんなわけないですから
13:00
Butだけど whenいつ we我々 make作る mistakes間違い,
we我々 should〜すべき recognize認識する itそれ.
しかし間違いを犯したときには
そう認識すべきです
13:01
It'sそれは notない an accident事故
thatそれ theその country whichどの has持っている taken撮影
他の国より多くの難民を
受け入れてきた米国が
13:04
moreもっと refugees難民 thanより anyどれか otherその他,
theその Unitedユナイテッド States,
他の国より多くのベトナム難民を
受け入れてきたのは
13:07
has持っている taken撮影 moreもっと refugees難民 fromから Vietnamベトナム
thanより anyどれか otherその他 country.
偶然ではありません
13:09
Itそれ speaks話す to theその history歴史.
それは歴史を物語っています
13:13
Butだけど there'sそこに moreもっと recent最近 history歴史,
in Iraqイラク andそして Afghanistanアフガニスタン.
もっと最近の歴史では
イラクやアフガニスタンがあります
13:16
You君は can'tできない make作る upアップ
forために foreign外国人 policyポリシー errorsエラー
人道的な行動によって
13:19
by〜によって humanitarian人道的な actionアクション,
外交上の過ちを
帳消しにはできませんが
13:23
butだけど whenいつ you君は breakブレーク something何か,
you君は have持ってる aa duty義務 to tryお試しください to help助けて repair修復 itそれ,
何かを壊してしまったときには
修復する手助けをする義務があります
13:24
andそして that'sそれは our我々の duty義務 now.
それが今の我々の義務です
13:28
Do行う you君は remember思い出す
at〜で theその beginning始まり of theその talkトーク,
話のはじめに
13:33
I said前記 I wanted欲しい to explain説明する
thatそれ theその refugee難民 crisis危機
難民危機は解決不能ではなく
対処可能だと言ったのを
13:35
wasあった manageable管理しやすい, notない insoluble不溶性?
覚えていますか?
13:38
That'sそれは true真実. I want欲しいです you君は
to think思う in aa new新しい way方法,
本当のことです
13:41
butだけど I alsoまた、 want欲しいです you君は to do行う thingsもの.
新しい考え方をして欲しいのですが
同時に行動をして欲しいのです
13:43
Ifif you'reあなたは an employer雇用者,
雇用者だという人は
13:47
hire雇う refugees難民.
難民を雇用してください
13:49
Ifif you'reあなたは persuaded説得された by〜によって theその arguments議論,
私の話に納得してくれたなら
13:52
take取る on theその myths神話
家族や友人や
同僚の考え違いを
13:55
whenいつ family家族 orまたは friends友達
orまたは workmates同僚 repeat繰り返す themそれら.
正してください
13:56
Ifif you'veあなたは got持っている moneyお金, give与える itそれ to charities慈善団体
お金があるなら
14:00
thatそれ make作る aa difference
forために refugees難民 aroundまわり theその world世界.
世界中の難民のために
寄付をしてください
14:02
Ifif you'reあなたは aa citizen市民,
選挙権があるなら
14:05
vote投票 forために politicians政治家
私が話した解決策を
実施してくれる政治家に
14:08
who will意志 put置く into practice練習
theその solutionsソリューション thatそれ I've私は talked話した about.
投票してください
14:10
(Applause拍手)
(拍手)
14:14
Theその duty義務 to strangers見知らぬ人
他人への責務は
14:18
showsショー itself自体
小さな形や大きな形
14:20
in small小さい ways方法 andそして big大きい,
平凡な形や英雄的な形で
14:22
prosaic懐古的な andそして heroicヒロイック.
現れるものです
14:25
In 1942,
1942年に
14:27
myじぶんの aunt叔母 andそして myじぶんの grandmother祖母
wereあった living生活 in Brusselsブリュッセル
私の叔母と祖母は
14:30
under Germanドイツ人 occupation職業.
ドイツ占領下のブリュッセルで
暮らしていました
14:33
They彼ら received受け取った aa summons召喚
2人はナチスから
14:36
fromから theその Naziナチ authorities当局
to go行く to Brusselsブリュッセル Railway鉄道 Station.
ブリュッセル駅に来るようにとの
招集を受けました
14:38
Myじぶんの grandmother祖母 immediatelyすぐに thought思想
something何か wasあった amiss間違い.
祖母はすぐに
何かおかしいと思いました
14:44
She彼女 pleaded請願 with〜と her彼女 relatives親族
親戚のみんなに懇願し
14:48
notない to go行く to Brusselsブリュッセル Railway鉄道 Station.
ブリュッセル駅には
行かないようにと言いましたが
14:51
Her彼女 relatives親族 said前記 to her彼女,
誰も耳を貸しません
14:54
"Ifif we我々 don'tしない go行く,
ifif we我々 don'tしない do行う what we're私たちは told言った,
「言われた通りにしなかったら
14:57
then次に we're私たちは going行く to be〜する in troubleトラブル."
面倒なことになる」と
15:00
You君は canできる guess推測 what happened起こった
ブリュッセル駅に行った人達が
どうなったか
15:02
to theその relatives親族 who went行った
to Brusselsブリュッセル Railway鉄道 Station.
想像がつくでしょう
15:04
They彼ら wereあった never決して seen見た again再び.
彼らの姿を見ることは
二度とありませんでした
15:08
Butだけど myじぶんの grandmother祖母 andそして myじぶんの aunt叔母,
祖母と叔母は
15:10
they彼ら went行った to aa small小さい village
ブリュッセルの南にある
15:12
south of Brusselsブリュッセル
小さな村に行きました
15:15
whereどこで they'd彼らは beenされている on holiday休日
in theその decade10年 before,
十年前に休日を
過ごした場所でした
15:17
andそして they彼ら presented提示された themselves自分自身
at〜で theその house of theその local地元 farmer農家,
そこで農家の戸を叩きました
15:21
aa Catholicカトリック farmer農家 calledと呼ばれる Monsieurムッシュー Mauriceモーリス,
出てきたモリースさんという
カトリックの人に
15:24
andそして they彼ら asked尋ねた him to take取る themそれら in.
かくまって欲しいと頼むと
15:27
Andそして he didした,
助けてもらえました
15:30
andそして by〜によって theその end終わり of theその war戦争,
戦争の終わる頃には
15:32
17 Jewsユダヤ人, I wasあった told言った,
wereあった living生活 in thatそれ village.
17人のユダヤ人が
その村に住んでいたそうです
15:34
Andそして whenいつ I wasあった teenagerティーンエイジャー, I asked尋ねた myじぶんの aunt叔母,
10代の時 この叔母さんに
15:40
"Canできる you君は take取る me to meet会う
Monsieurムッシュー Mauriceモーリス?"
「そのモリースさんに
会ってみたい」と言うと
15:42
Andそして she彼女 said前記, "Yeahええ, I canできる.
He's彼は stillまだ alive生きている. Let'sさあ go行く andそして see見る him."
「まだ生きているはずだから
会いに行きましょう」という話になり
15:45
Andそして soそう, itそれ must必須 have持ってる beenされている ''83, ''84,
1983年か84年のこと
だったと思いますが
15:48
we我々 went行った to see見る him.
会いに行きました
15:51
Andそして I suppose想定する, like好きな onlyのみ aa teenagerティーンエイジャー couldできた,
10代だからできたこと
かもしれませんが
15:52
whenいつ I met会った him,
その人に会って
15:55
he wasあった thisこの white-haired白髪 gentleman紳士,
白髪の紳士でしたが
15:56
I said前記 to him,
私は尋ねました
16:00
"Whyなぜ didした you君は do行う itそれ?
「なんでかくまったりしたんですか?
16:03
Whyなぜ didした you君は take取る thatそれ riskリスク?"
危険だったでしょうに」
16:05
Andそして he looked見た at〜で me andそして he shrugged肩をすくめた,
彼は私を見つめて
肩をすくめると
16:09
andそして he said前記, in Frenchフランス語,
フランス語で言いました
16:11
"On doit〜する."
On doit.
16:13
"One1 must必須."
しなきゃいけないだろうと
16:14
Itそれ wasあった innate生得的 in him.
まったく当たり前のことのように
16:16
Itそれ wasあった naturalナチュラル.
自然に言いました
16:19
Andそして myじぶんの pointポイント to you君は is itそれ should〜すべき be〜する
naturalナチュラル andそして innate生得的 in us米国, tooあまりにも.
これは私達にとっても当たり前で
自然なことであるべきではないでしょうか
16:20
Telltell yourselfあなた自身,
皆さんに言って欲しいのです
16:24
thisこの refugee難民 crisis危機 is manageable管理しやすい,
この難民危機は
解決不能ではなく
16:27
notない unsolvable解決できない,
対処可能であり
16:29
andそして each one1 of us米国
我々ひとりひとりに
16:31
has持っている aa personal個人的 responsibility責任
to help助けて make作る itそれ soそう.
解決に手を貸す
個人的な責任があるのだと
16:33
Becauseなぜなら thisこの is about theその rescueレスキュー
of us米国 andそして our我々の values
これは難民達とその命を
救うと同時に
16:37
asとして wellよく asとして theその rescueレスキュー
of refugees難民 andそして their彼らの lives人生.
我々自身とその価値を
救うことでもあるからです
16:41
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん indeed確かに.
どうもありがとうございました
16:44
(Applause拍手)
(拍手)
16:45
Brunoブルーノ Giussaniギュッサニ: Davidデビッド, thank感謝 you君は.
Davidデビッド Milibandミリバンド: Thank感謝 you君は.
(ブルーノ・ジュッサーニ) デイヴィッド ありがとう
(デイヴィッド・ミリバンド) こちらこそ
16:57
BGbg: Thoseそれら are strong強い suggestions提案
(ブルーノ) 力強い提案で
17:00
andそして yourきみの callコール forために individual個人
responsibility責任 is very非常に strong強い asとして wellよく,
個人的な責任だという点も
力強いものだけど
17:01
butだけど I'm私は troubled困った
by〜によって one1 thought思想, andそして it'sそれは thisこの:
1つ引っかかることがあります
17:04
you君は mentioned言及した, andそして theseこれら are yourきみの words言葉,
"extraordinary特別な Western西洋 leadershipリーダーシップ"
お話の中で
「西欧諸国の卓越したリーダーシップ」が
17:07
whichどの ledLED 60-something-何か years ago
60数年前の
17:11
to theその whole全体 discussion討論
about human人間 rights権利,
人権や難民の扱い
その他についての
17:12
to theその conventionsコンベンション on refugees難民, etc. etc.
議論に繋がった
ということですが
17:15
Thatそれ leadershipリーダーシップ
happened起こった after aa big大きい traumaトラウマ
そのリーダーシップは
大きな傷跡をかかえ
17:19
andそして happened起こった in
aa consensual合意 political政治的 spaceスペース,
みんなが合意する政治的空間に
生まれたものです
17:21
andそして now we我々 are
in aa divisive分裂的 political政治的 spaceスペース.
一方で 現代の政治的空間は
分断されており
17:25
Actually実際に, refugees難民 have持ってる become〜になる
one1 of theその divisive分裂的 issues問題.
難民は 実際
その分断の原因の1つです
17:27
Soそう whereどこで will意志 leadershipリーダーシップ come来る fromから today今日?
今日のリーダーシップは
いったいどこからくるのでしょう?
17:30
DMdm: Wellよく, I think思う thatそれ you'reあなたは right to sayいう
(デイヴィッド) 言われる通り
17:33
thatそれ theその leadershipリーダーシップ forged鍛造 in war戦争
戦争におけるリーダーシップと
平和時のリーダーシップとでは
17:35
has持っている aa different異なる temper気性
andそして aa different異なる tempoテンポ
性格もスピード感も
17:38
andそして aa different異なる outlook見通し
考え方も違うというのは
17:41
thanより leadershipリーダーシップ forged鍛造 in peace平和.
その通りだと思います
17:42
Andそして soそう myじぶんの answer回答 would〜する be〜する
theその leadershipリーダーシップ has持っている got持っている to come来る fromから below以下,
私の答えは
リーダーシップは上からではなく
17:45
notない fromから above上の.
下から現れなければ
ならないということです
17:49
I mean平均, aa recurring繰り返す themeテーマ
of theその conference会議 thisこの week週間
このカンファレンスで
繰り返し現れたテーマは
17:50
has持っている beenされている about
theその democratization民主化 of powerパワー.
「権力の民主化」です
17:54
Andそして we've私たちは got持っている to preserve保存する
our我々の own自分の democracies民主主義,
民主主義は
守らなければなりませんが
17:58
butだけど we've私たちは got持っている to alsoまた、 activate活性化する
our我々の own自分の democracies民主主義.
民主主義を
活性化する必要もあります
18:00
Andそして whenいつ people sayいう to me,
あと 私の場合
18:02
"There'sそこに aa backlashバックラッシュ againstに対して refugees難民,"
「難民に対する反発がある」
と言う人には
18:04
what I sayいう to themそれら is,
こう答えています
18:06
"Noいいえ, there'sそこに aa polarization分極,
「いや あるのは二極化で
18:07
andそして at〜で theその moment瞬間,
今は 誇り高い人々よりも
18:09
thoseそれら who are fearful恐ろしい
are making作る moreもっと noiseノイズ
怯えた人々のほうが
18:11
thanより thoseそれら who are proud誇りに思う."
声が大きいだけだ」と
18:13
Andそして soそう myじぶんの answer回答 to yourきみの question質問
is thatそれ we我々 will意志 sponsorスポンサー andそして encourage奨励します
ご質問に対する
私の答えは
18:14
andそして give与える confidence信頼 to leadershipリーダーシップ
我々が力を結集すれば
リーダーシップに対して
18:18
whenいつ we我々 mobilize動員する ourselves自分自身.
支持と激励と自信を
与えられるということです
18:20
Andそして I think思う thatそれ whenいつ you君は are
in aa positionポジション of looking探している forために leadershipリーダーシップ,
そしてリーダーシップを
探している立場の人は
18:22
you君は have持ってる to look見える inside内部
自分のコミュニティの中を見て
内部の力を結集し
18:25
andそして mobilize動員する in yourきみの own自分の communityコミュニティ
異なった形の
解決のための条件を
18:26
to tryお試しください to create作成する conditions条件
forために aa different異なる kind種類 of settlement決済.
作ろうとすべきでしょう
18:28
BGbg: Thank感謝 you君は, Davidデビッド.
Thanksありがとう forために coming到来 to TEDテッド.
(ブルーノ) デイヴィッド
TEDに来てくれてありがとう
18:31
(Applause拍手)
(拍手)
18:34
Translated by Yasushi Aoki
Reviewed by Riaki Poništ

▲Back to top

About the speaker:

David Miliband - Refugee advocate
As president of the International Rescue Committee, David Miliband enlists his expert statesmanship in the fight against the greatest global refugee crisis since World War II.

Why you should listen

As the son of refugees, David Miliband has first-hand experience with those fleeing conflict and disaster. In 2013, he abandoned a long political career to take the helm of the International Rescue Committee, an NGO committed to emergency and long-term assistance to refugees (and founded at the call of Albert Einstein in 1933).

As a former UK Secretary of State for Foreign Affairs, Miliband is no stranger to cross-border politics. He is a leading voice against recent anti-refugee and immigration measures in the US, where the IRC currently runs resettlement programs in 29 cities.

More profile about the speaker
David Miliband | Speaker | TED.com