English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2013

Anne-Marie Slaughter: Can we all "have it all"?

アン・マリー・スローター: 私たちは「すべてを手に入れられる」か?

Filmed
Views 1,465,358

公共政策の第一人者であるアン・マリー・スローターは2012年の記事「なぜ女性はすべてを手に入れられないのか」で議論を呼びました。しかし、それは本当に女性だけの問題なのでしょうか?スローターが自らの考えを掘り下げ、働き方や公共政策、社会的道徳観を変える事で、全ての男性と女性にとってより平等な世の中にできると語ります。

- Public policy thinker
Anne-Marie Slaughter has exploded the conversation around women’s work-life balance. Full bio

Soそう myじぶんの moment瞬間 of truth真実
私にとっての真実の瞬間は
00:12
didした notない come来る allすべて at〜で once一度.
一度にやってきませんでした
00:14
In 2010, I had持っていました theその chanceチャンス to be〜する considered考慮される
2010年 転機が訪れました
00:17
forために promotionプロモーション fromから myじぶんの jobジョブ
アメリカ国務省の
00:21
asとして directorディレクター of policyポリシー planningプランニング
政策企画本部長から
00:23
at〜で theその Uあなた.Ss. State状態 Department部門.
昇進する機会を得たのです
00:25
Thisこの wasあった myじぶんの moment瞬間 to leanリーン in,
「リーン・イン」の(女性が職場で一歩前に踏み出す)
瞬間で
00:28
to push押す myself私自身 forward前進
最高レベルの外交政策の職でも
00:32
forために what are really本当に onlyのみ aa handful一握りの
本当に一握りの地位を
00:35
of theその very非常に top foreign外国人 policyポリシー jobsジョブ,
目前にしていたのです
00:38
andそして I had持っていました justちょうど finished完成した aa big大きい, 18-month-月 projectプロジェクト
18ヶ月に渡る
大きなプロジェクトを
00:41
forために Secretary秘書 Clintonクリントン, successfully正常に,
クリントン国務長官のもとで
成功させたばかりで
00:44
andそして I knew知っていた I couldできた handleハンドル aa biggerより大きい jobジョブ.
もっと大きな仕事もこなせると
思っていました
00:46
Theその woman女性 I thought思想 I wasあった
それまでの私だったら
00:50
would〜する have持ってる said前記 yesはい.
「イエス」と答えたでしょう
00:54
Butだけど I had持っていました beenされている commuting通勤 forために two years
しかし 2年間
00:56
betweenの間に Washingtonワシントン andそして Princetonプリンストン, New新しい Jerseyジャージー,
ワシントンと
夫と2人の十代の息子が住む
00:58
whereどこで myじぶんの husband andそして myじぶんの two teenage十代 sons息子 lived住んでいました,
ニュージャージーのプリンストンを
行き来する生活は
01:02
andそして itそれ wasあった notない going行く wellよく.
うまくいっていませんでした
01:06
I tried試した on theその ideaアイディア of ekingEking outでる another別の two years
あと2年間ワシントンで
頑張ってみるという考えや
01:09
in Washingtonワシントン, orまたは maybe多分 uprooting根絶 myじぶんの sons息子
息子達や夫に
学校や仕事を変えて
01:12
fromから their彼らの school学校 andそして myじぶんの husband fromから his work作業
一緒に暮らしてもらうという
01:15
andそして asking尋ねる themそれら to join参加する me.
考えもありましたが
01:17
Butだけど deep深い downダウン, I knew知っていた
心の底では気づいていたのです
01:20
thatそれ theその right decision決定 wasあった to go行く home自宅,
正しい決断は家に帰ることだと
01:23
even偶数 ifif I didn'tしなかった fully完全に recognize認識する theその woman女性
私自身 あまりそういう女性を
01:27
who wasあった making作る thatそれ choice選択.
認めていないにも関わらずです
01:29
Thatそれ wasあった aa decision決定 basedベース on love
愛と責任によって
01:33
andそして responsibility責任.
その決断に至りました
01:37
I couldn'tできなかった keepキープ watching見ている myじぶんの oldest最も古い son息子
長男が私を必要としているときに
01:39
make作る bad悪い choices選択肢
一緒にいられず
01:42
withoutなし beingであること ableできる to be〜する thereそこ forために him
彼が悪い道に進むのを見るのは
01:43
whenいつ andそして ifif he needed必要な me.
耐えられませんでした
01:46
Butだけど theその realリアル change変化する came来た moreもっと gradually徐々に.
しかし 本当の変化は
ゆっくりとやって来ました
01:50
Over以上 theその next year,
翌年のことです
01:53
whilewhile myじぶんの family家族 wasあった righting権利行使 itself自体,
私たち家族がうまく行き始めると
01:55
I started開始した to realize実現する
政府の仕事に
01:58
thatそれ even偶数 ifif I couldできた go行く backバック into government政府,
戻れたとしても
もう戻りたくないと
02:00
I didn'tしなかった want欲しいです to.
思うようになりました
02:02
I didn'tしなかった want欲しいです to missミス theその last最終 five years
息子達が家にいる最後の5年間を
02:04
thatそれ myじぶんの sons息子 wereあった at〜で home自宅.
見逃したくないと思ったのです
02:08
I finally最後に allowed許可された myself私自身 to accept受け入れる
結局 自分にとって一番大切なことを
02:11
what wasあった really本当に most最も important重要 to me,
受け入れる事にしたのです
02:15
notない what I wasあった conditioned条件付き to want欲しいです
それまでの私が求めていたものでも
02:18
orまたは maybe多分 what I conditioned条件付き myself私自身 to want欲しいです,
欲しがるだろうものでもありません
02:21
andそして thatそれ decision決定 ledLED to aa reassessment再評価
この決断によって
これまで身に付いてきて
02:26
of theその feministフェミニスト narrative物語 thatそれ I grew成長しました upアップ with〜と
支持してきた 
男女同権主義の考えを
02:31
andそして have持ってる always常に championed挑戦した.
再び見つめ直すことになりました
02:34
I am午前 stillまだ completely完全に committedコミットした
私は今でも心から
02:38
to theその cause原因 of male-female男女 equality平等,
男女平等の考えに傾倒していますが
02:42
butだけど let'sさあ think思う about what thatそれ equality平等 really本当に means手段,
「平等」の真の意味は何か
平等を達成できる
02:47
andそして howどうやって bestベスト to achieve達成する itそれ.
最良の方法は何かを
考えていきましょう
02:52
I always常に accepted受け入れられた theその ideaアイディア
私が いつも受け入れてきた考えとは
02:55
thatそれ theその most最も respected敬意を表する andそして powerful強力な people
社会で最も尊敬できて
権力のある人は
02:58
in our我々の society社会 are men男性 at〜で theその top of their彼らの careersキャリア,
キャリアの頂点にいる男性達だと
03:01
soそう thatそれ theその measure測定 of male-female男女 equality平等
だから男女平等の尺度は
03:05
oughtすべきだ to be〜する howどうやって manyたくさんの women女性 are in thoseそれら positionsポジション:
どれだけの女性達が
その地位に就けるかどうかでした
03:09
primeプライム ministers大臣, presidents大統領, CEOsCEO,
総理大臣、大統領
最高経営責任者
03:14
directors取締役, managersマネージャー, Nobelノーベル laureates賞受賞者, leaders指導者.
取締役、部長、ノーベル賞受賞者
つまりリーダーです
03:17
I stillまだ think思う we我々 should〜すべき do行う everythingすべて we我々 possiblyおそらく canできる
私は今でも
出来る事は何でもして
03:22
to achieve達成する thatそれ goalゴール.
この目標を達成すべきだと思います
03:26
Butだけど that'sそれは onlyのみ halfハーフ of realリアル equality平等,
しかし それは真の平等の
半分でしかないのです
03:28
andそして I now think思う we're私たちは never決して going行く to get取得する thereそこ
そして今思うのは
残りの半分を意識しない限り
03:33
unless限り we我々 recognize認識する theその otherその他 halfハーフ.
平等を達成することはできないということです
03:36
I suggest提案する thatそれ realリアル equality平等,
私は真の平等―
03:42
full満員 equality平等,
完全な平等は
03:46
doesする notない justちょうど mean平均 valuing評価 women女性
女性を男性の尺度で
03:48
on male男性 terms条項.
評価する事ではないのです
03:52
Itそれ means手段 creating作成 aa muchたくさん widerより広い range範囲
平等とは 女性にも男性にも
03:54
of equally均等に respected敬意を表する choices選択肢
公平に尊重される選択肢を
今以上に広範囲で
03:58
forために women女性 andそして forために men男性.
作り上げていくというものです
04:02
Andそして to get取得する thereそこ, we我々 have持ってる to change変化する our我々の workplaces職場,
そのためには職場のあり方や
政策、文化を
04:05
our我々の policiesポリシー andそして our我々の culture文化.
変えなければなりません
04:09
In theその workplace職場,
職場での真の平等とは
04:12
realリアル equality平等 means手段 valuing評価 family家族
仕事と同等に家族を大事にして
04:14
justちょうど asとして muchたくさん asとして work作業,
その2つが
04:17
andそして understanding理解 thatそれ theその two reinforce強化する each otherその他.
相互に補強し合うことを
理解することです
04:19
Asとして aa leaderリーダー andそして asとして aa managerマネージャー,
リーダーや管理者として
04:23
I have持ってる always常に acted行動した on theその mantraマントラ,
私はいつもその信念に従って
行動してきました
04:25
ifif family家族 comes来る first最初,
家族が1番なら
04:28
work作業 doesする notない come来る second二番 ---
仕事が2番目ではありません
04:31
life生活 comes来る together一緒に.
生活とは その両方なのです
04:33
Ifif you君は work作業 forために me, andそして you君は have持ってる aa family家族 issue問題,
私の部下が家族の問題を抱えていたら
04:36
I expect期待する you君は to attend出席する to itそれ,
しっかりと対応して欲しいと思います
04:40
andそして I am午前 confident自信を持って,
自信を持って申し上げられるのは
04:42
andそして myじぶんの confidence信頼 has持っている always常に beenされている borne生まれた outでる,
それでも いつも仕事はきちんと終わるし
04:44
thatそれ theその work作業 will意志 get取得する done完了, andそして done完了 betterより良い.
むしろ仕事の質が上がります
04:47
Workers労働者 who have持ってる aa reason理由 to get取得する home自宅
子供や家族の世話をするために
04:51
to careお手入れ forために their彼らの children子供 orまたは their彼らの family家族 membersメンバー
家に帰る必要のある職員は
04:53
are moreもっと focused集中した, moreもっと efficient効率的な,
より集中力があり
効率的で
04:56
moreもっと results-focused結果重視.
結果を重視します
04:59
Andそして breadwinners畜産者 who are alsoまた、 caregivers介護者
お金を稼ぐだけでなく家庭を守る人は
05:01
have持ってる aa muchたくさん widerより広い range範囲
より広い範囲の経験と
05:04
of experiences経験 andそして contacts連絡先.
人脈があります
05:07
Think思う about aa lawyer弁護士 who spends支出 part of his time時間
子供のために学校行事に参加して
05:09
at〜で school学校 eventsイベント forために his kids子供たち
他の親御さん達と話す弁護士を
05:12
talking話す to otherその他 parents.
思い浮かべてください
05:15
He's彼は muchたくさん moreもっと likelyおそらく to bring持参する in
職場から出ない弁護士よりも
05:17
new新しい clientsクライアント forために his firm当社
事務所に新しい顧客を獲得できる
05:19
thanより aa lawyer弁護士 who never決して leaves his office事務所.
可能性が高いでしょう
05:21
Andそして caregiving介護 itself自体
また 家庭を守ることは
05:24
develops発展する patience忍耐 ---
忍耐力を鍛えます
05:26
aa lotロット of patience忍耐 ---
本当に忍耐強くなるのです
05:30
andそして empathy共感, creativity創造性, resilience反発力, adaptability適合性.
共感力、創造力、回復力
適応能力も高まります
05:32
Thoseそれら are allすべて attributes属性 thatそれ are everこれまで moreもっと important重要
目まぐるしく変化する
横方向で ネットワーク化された
05:38
in aa high-speed高速, horizontal水平,
グローバル経済のなかで
05:42
networkedネットワーク化された globalグローバル economy経済.
これらは かつでないほど
重要なものです
05:44
Theその bestベスト companies企業 actually実際に know知っている thisこの.
本当に優れた企業は これを理解しています
05:48
Theその companies企業 thatそれ win勝つ awards
アメリカで職場における
05:51
forために workplace職場 flexibility柔軟性 in theその Unitedユナイテッド States
フレキシブルワーキングの実現に
寄与したことで受賞を受けた企業には
05:53
include含める some一部 of our我々の most最も successful成功した corporations企業,
最も成功した企業が何社か含まれています
05:56
andそして aa 2008 national全国 study調査
2008年の
06:00
on theその changing変化 workforce労働力
「労働者の変容に関する全国調査」では
06:02
showed示した thatそれ employees従業員
「労働者の変容に関する全国調査」では
06:04
in flexibleフレキシブル andそして effective効果的な workplaces職場
柔軟で効率的な職場では
人々が より仕事に専念することを
06:06
are moreもっと engaged従事する with〜と their彼らの work作業,
明らかにしました
06:09
they're彼らは moreもっと satisfied満足 andそして moreもっと loyal忠実な,
満足度だけでなく忠誠心も高いのです
06:11
they彼ら have持ってる lower低い levelsレベル of stress応力
ストレスレベルも低く
06:13
andそして higher高い levelsレベル of mental精神的な health健康.
精神的にも高い健康状態にあります
06:15
Andそして aa 2012 study調査 of employers雇用主
2012年の事業主を対象にした
調査によると
06:18
showed示した thatそれ deep深い, flexibleフレキシブル practices実践
しっかりとした柔軟な職場は
06:21
actually実際に lowered低下した operatingオペレーティング costsコスト
実際に運営費を抑えて
06:24
andそして increased増加した adaptability適合性
グローバルなサービス経済における
06:26
in aa globalグローバル serviceサービス economy経済.
適応力を向上させているのです
06:29
Soそう you君は mayかもしれない think思う
さて こう思われるかもしれません
06:32
thatそれ theその privileging特権 of work作業 over以上 family家族
家族より仕事を優先するのは
06:35
is onlyのみ an Americanアメリカ人 problem問題.
アメリカ人だけの問題だと
06:39
Sadly悲しいことに, thoughしかし, theその obsession強迫観念 with〜と work作業
残念ながら仕事に没頭してしまうのは
06:43
is noいいえ longerより長いです aa uniquely一意に Americanアメリカ人 disease疾患.
もはやアメリカ人特有の病ではないのです
06:47
Twenty20 years ago,
20年前のことです
06:50
whenいつ myじぶんの family家族 first最初 started開始した going行く to Italyイタリア,
家族で初めてイタリアに
行き出したころ
06:52
we我々 used中古 to luxuriate贅沢な in theその culture文化 of siestaシエスタ.
シエスタの文化を満喫しました
06:54
Siestaシエスタ is notない justちょうど about avoiding避ける theその heat of theその day.
その目的は日中の暑さを
凌ぐためだけではありません
06:57
It'sそれは actually実際に justちょうど asとして muchたくさん
家族で食べる―
07:00
about embracing抱きしめる theその warmth暖かさ of aa family家族 lunchランチ.
昼食のありがたみを
感じるためでもあるのです
07:02
Now, whenいつ we我々 go行く, fewer少ない andそして fewer少ない businessesビジネス
最近イタリアに行くたびに
シエスタのために
07:05
close閉じる forために siestaシエスタ,
休む企業が少なくなってきています
07:08
reflecting反射する theその advance前進 of globalグローバル corporations企業
グローバル企業の発展や
24時間 絶え間なく続く
07:10
andそして 24-hour〜時間 competitionコンペ.
競争の結果なのでしょう
07:14
Soそう making作る aa place場所 forために thoseそれら we我々 love
つまり私たちが愛する人々のための
07:17
is actually実際に aa globalグローバル imperative命令的.
居場所を作る事が 世界的にも不可欠なのです
07:19
In policyポリシー terms条項,
制度上
07:23
realリアル equality平等 means手段 recognizing認識
真の平等とは
女性達が—
07:26
thatそれ theその work作業 thatそれ women女性 have持ってる traditionally伝統的に done完了
これまで伝統的に行ってきた労働が
07:29
is justちょうど asとして important重要
男性達が伝統的に行ってきた労働と
07:32
asとして theその work作業 thatそれ men男性 have持ってる traditionally伝統的に done完了,
同じように重要だと
認めることです
07:34
noいいえ matter問題 who doesする itそれ.
誰がやろうと関係なくです
07:37
Think思う about itそれ: Breadwinning繁殖 andそして caregiving介護
考えてみてください
お金を稼ぐことと家庭を守ることは
07:40
are equally均等に necessary必要 forために human人間 survival生存.
生きていく上で
どちらも同じくらい重要です
07:44
At〜で least少なくとも ifif we我々 get取得する beyond超えて aa barterバーター economy経済,
少なくとも物々交換の社会でないかぎり
07:47
somebody誰か has持っている to earn獲得する an income所得
誰かがお金を稼いで
07:51
andそして someone誰か elseelse has持っている to convert変換する thatそれ income所得
別の誰かがそのお金を使って
07:53
to careお手入れ andそして sustenance生計 forために loved愛された onesもの.
愛する人の世話をして
養っていかなければいけません
07:56
Now most最も of you君は, whenいつ you君は hear聞く me
皆さんの多くが
私がお金を稼ぐことと
08:00
talkトーク about breadwinning繁殖 andそして caregiving介護,
家庭を守ることを申し上げたとき
08:02
instinctively本能的に translate翻訳する thoseそれら categoriesカテゴリ
無意識に 置き換えたのは
08:04
into men's男性用 work作業 andそして women's婦人向け work作業.
「男性の仕事」「女性の仕事」では
ないでしょうか
08:08
Andそして we我々 don'tしない typically典型的には challengeチャレンジ
なぜ男性の仕事の方が
恵まれているのかという
08:12
whyなぜ men's男性用 work作業 is advantaged有利な.
典型的な問題に
挑もうとしているわけではありません
08:14
Butだけど consider検討する aa same-sex同性愛者 coupleカップル
同姓カップルについて考えてみましょう
08:18
like好きな myじぶんの friends友達 Sarahサラ andそして Emilyエミリー.
私の友人のサラとエミリーは
08:21
They're彼らは psychiatrists精神科医.
2人とも精神科医で
08:23
They彼ら got持っている married既婚 five years ago,
5年前に結婚して
08:25
andそして now they彼ら have持ってる two-year-old2歳 twins双子.
現在2歳の双子を育てています
08:27
They彼ら love beingであること mothers母親の,
彼女達は母であることも
08:30
butだけど they彼ら alsoまた、 love their彼らの work作業,
仕事も好きで
08:32
andそして they're彼らは really本当に good良い at〜で what they彼ら do行う.
とても上手くやっています
08:34
Soそう howどうやって are they彼ら going行く to divide分ける upアップ
一体どうやってお金を稼ぐことと
08:36
breadwinning繁殖 andそして caregiving介護 responsibilities責任?
家庭を守ることを分担しているのでしょうか
08:38
Should〜すべき one1 of themそれら stopやめる workingワーキング
どちらかが家にいるために
08:40
orまたは reduce減らす hours時間 to be〜する home自宅?
働くのを辞めたり
勤務時間を短くすべきなのでしょうか
08:42
Orまたは should〜すべき they彼ら bothどちらも change変化する their彼らの practices実践
それとも2人とも柔軟な予定を組めるよう
08:45
soそう they彼ら canできる have持ってる muchたくさん moreもっと flexibleフレキシブル schedulesスケジュール?
職場を変えるべきなのでしょうか?
08:48
Andそして what criteria基準 should〜すべき they彼ら useつかいます
その決断を下すにあたり
どのような基準を
08:51
to make作る thatそれ decision決定?
使うべきでしょうか
08:53
Is itそれ who makes作る theその most最も moneyお金
たくさんお金を稼いでいる人
それとも―
08:54
orまたは who is most最も committedコミットした to her彼女 careerキャリア?
キャリアを積んでいる人で
判断すべきでしょうか?
08:56
Orまたは who has持っている theその most最も flexibleフレキシブル bossボス?
または 最も柔軟な上司がいる方でしょうか?
09:00
Theその same-sex同性愛者 perspective視点 helps助けて us米国 see見る
同性婚カップルの視点でとらえると
09:04
thatそれ jugglingジャグリング work作業 andそして family家族
仕事と家庭をやりくりするのは
09:08
are notない women's婦人向け problems問題,
女性の問題ではなく
09:10
they're彼らは family家族 problems問題.
家庭の問題だとわかります
09:12
Andそして Sarahサラ andそして Emilyエミリー are theその lucky幸運な onesもの,
サラとエミリーは幸運な例です
09:15
becauseなぜなら they彼ら have持ってる aa choice選択
彼女達はどれだけ働きたいか
09:18
about howどうやって muchたくさん they彼ら want欲しいです to work作業.
自分たちで選べるのですから
09:20
Millions何百万 of men男性 andそして women女性
何百万人もの男女が
09:22
have持ってる to be〜する bothどちらも breadwinners畜産者 andそして caregivers介護者
必要なお金を得るために
仕事と家族を
09:25
justちょうど to earn獲得する theその income所得 they彼ら need必要,
両立しなければなりません
09:28
andそして manyたくさんの of thoseそれら workers労働者 are scramblingスクランブリング.
そして多くの労働者達が
必死なのです
09:32
They're彼らは patchingパッチ適用 together一緒に careお手入れ arrangements手配
彼らはなんとか家事をやりくりしますが
09:35
thatそれ are inadequate不十分な
不十分だったり
09:37
andそして oftenしばしば actually実際に unsafe安全でない.
往々にして安全性に欠けていたりします
09:39
Ifif breadwinning繁殖 andそして caregiving介護 are really本当に equal等しい,
お金を稼ぐことと家庭を守ることが
真に同等であるなら
09:41
then次に whyなぜ shouldn'tすべきではない aa government政府
なぜ政府は
09:46
invest投資する asとして muchたくさん in an infrastructureインフラ of careお手入れ
経済発展の根幹を成す
物理的なインフラに投資するぐらい
09:47
asとして theその foundation財団 of aa healthy健康 society社会
健全な社会の基礎となる
09:51
asとして itそれ invests投資する in physical物理的 infrastructureインフラ
福祉のインフラ整備に
09:55
asとして theその backbone背骨 of aa successful成功した economy経済?
投資しないのでしょうか?
09:58
Theその governments政府 thatそれ get取得する itそれ ---
そのことを理解している政府
10:02
noいいえ surprises驚き hereここに ---
― サプライズはないですよ ―
10:04
theその governments政府 thatそれ get取得する itそれ,
そのことを理解している政府
10:06
Norwayノルウェー, Swedenスウェーデン, Denmarkデンマーク, theその Netherlandsオランダ,
ノルウェー、スウェーデン
デンマーク、オランダでは
10:08
provide提供する universalユニバーサル child careお手入れ,
普遍的な子育てのサービス
10:13
supportサポート forために caregivers介護者 at〜で home自宅,
家庭を守る人達へのサポート
10:16
school学校 andそして early早い childhood子供時代 education教育,
学校や幼児教育の充実
10:18
protections保護 forために pregnant妊娠している women女性,
妊婦の保護
10:21
andそして careお手入れ forために theその elderly高齢者 andそして theその disabled無効.
年配者や障害者への
介護サービスを提供しています
10:23
Thoseそれら governments政府 invest投資する in thatそれ infrastructureインフラ
このような国々が
こういったインフラ整備に投資するのは
10:27
theその same同じ way方法 they彼ら invest投資する in roads道路 andそして bridges
道路や橋
トンネルや列車に投資するのと
10:31
andそして tunnelsトンネル andそして trains列車.
同じやり方です
10:34
Thoseそれら societies社会 alsoまた、 showショー you君は
このような社会からは
10:38
thatそれ breadwinning繁殖 andそして caregiving介護
お金を稼ぐことと家庭を守ることの
10:40
reinforce強化する each otherその他.
相互に補強する関係が見えてきます
10:42
They彼ら routinely日常的に rankランク among theその top 15 countries
これらの国々は
国際競争力を持つ経済大国ランキングに
10:45
of theその most最も globally世界的に competitive競争する economies経済,
常に15位以内に入っていて
10:51
butだけど at〜で theその same同じ time時間,
また経済協力開発機構(OECD)の
10:54
they彼ら rankランク very非常に high高い on theその OECDOECD Betterより良い Life生活 Index索引.
「より良い暮らし指標」でも
とても高い位置に付けています
10:56
In fact事実, they彼ら rankランク higher高い thanより otherその他 governments政府,
事実 平均収入が高い
11:00
like好きな myじぶんの own自分の, theその Uあなた.Ss., orまたは Switzerlandスイス,
ここアメリカやスイスのような国々でも
11:04
thatそれ have持ってる higher高い average平均 levelsレベル of income所得
仕事と私生活のバランスに対する
評価が低いため
11:06
butだけど lower低い rankings順位 on work-lifeワークライフ balanceバランス.
彼らの方が上位に入っているのです
11:09
Soそう changing変化 our我々の workplaces職場
つまり職場環境を変えて
11:15
andそして building建物 infrastructuresインフラ of careお手入れ
福祉のインフラを充実させることが
11:18
would〜する make作る aa big大きい difference,
大きな違いを生むのです
11:21
butだけど we're私たちは notない going行く to get取得する equally均等に valued価値のある choices選択肢
しかし私たちの文化を変えない限り
11:23
unless限り we我々 change変化する our我々の culture文化,
公平に評価される選択肢を得る事はないでしょう
11:27
andそして theその kind種類 of cultural文化的 change変化する required必須
求められる文化の改革とはつまり
11:30
means手段 re-socializing再社会化する men男性.
男性の再社会化です
11:33
(Applause拍手)
(拍手)
11:35
Increasinglyますます in developed発展した countries,
先進国で増えつつあるのは
11:39
women女性 are socialized社会化された to believe信じる thatそれ our我々の place場所
もはや家庭だけが
女性の居場所ではないと
11:41
is noいいえ longerより長いです onlyのみ in theその home自宅,
女性が社会に適応したことです
11:44
butだけど men男性 are actually実際に stillまだ whereどこで they彼ら always常に wereあった.
しかし男性達は相変わらず
以前と同じ場所にいるのです
11:48
Men男性 are stillまだ socialized社会化された to believe信じる
男性達は今でも自分たちが
お金を稼がなければいけないとか
11:52
thatそれ they彼ら have持ってる to be〜する breadwinners畜産者,
他人を蹴落として
11:56
thatそれ to derive派生する their彼らの self-worth自己価値
キャリアの階段を上がっていくことが
11:58
fromから howどうやって high高い they彼ら canできる climb登る over以上 otherその他 men男性
自分の価値を高めることだとか
12:01
on aa careerキャリア ladderラダー.
信じ込まされているのです
12:04
Theその feministフェミニスト revolution革命 stillまだ has持っている aa long長いです way方法 to go行く.
男女平等に向けた改革は長い道のりです
12:06
It'sそれは certainly確かに notない completeコンプリート.
この戦いは間違いなく終わっていません
12:09
Butだけど 60 years after
しかし『女らしさの神話』が
12:11
"Theその Feminineフェミニン
Mystique神秘" wasあった published出版された,
世に出てから60年が経ち
12:13
manyたくさんの women女性 actually実際に have持ってる
多くの女性が男性よりも
12:15
moreもっと choices選択肢 thanより men男性 do行う.
多くの選択肢を手にしています
12:17
We我々 canできる decide決めます to be〜する aa breadwinner作者,
お金を稼ぐことも 家庭を守ることも
12:20
aa caregiver介護者, orまたは anyどれか combination組み合わせ of theその two.
その2つに同時に取り組む事もできるのです
12:23
Whenいつ aa manおとこ, on theその otherその他 handハンド,
その一方で 男性が家庭を守ることを
12:27
decides決定する to be〜する aa caregiver介護者,
選択するには
12:30
he puts置く his manhood男らしい on theその lineライン.
男らしさを犠牲にしなければなりません
12:32
His friends友達 mayかもしれない praise賞賛 his decision決定,
周りの友人は その決断を讃えるでしょう
12:36
butだけど underneath下の, they're彼らは scratching引っ掻く their彼らの heads.
でも心の底では困惑しています
12:39
Isn'tない theその measure測定 of aa manおとこ
権力や名声のために
12:43
his willingness意欲 to compete競争する with〜と otherその他 men男性
他者と競うことこそ
12:46
forために powerパワー andそして prestige威信?
男のあるべき姿ではないのだろうかと
12:49
Andそして asとして manyたくさんの women女性 holdホールド thatそれ view見る asとして men男性 do行う.
男性と同じ位
多くの女性も このような考え方を持っているのです
12:51
We我々 know知っている thatそれ lotsロット of women女性
多くの女性が
12:55
stillまだ judge裁判官 theその attractiveness魅力 of aa manおとこ
男性の魅力をはかるとき
12:58
basedベース in large part on howどうやって successful成功した he is
仕事上の成功が
大きな判断材料になることを
13:02
in his careerキャリア.
みんな知っています
13:04
Aa woman女性 canできる dropドロップ outでる of theその work作業 force
女性は仕事を手放しても
13:06
andそして stillまだ be〜する an attractive魅力的 partnerパートナー.
魅力的なパートナーでいられます
13:08
Forために aa manおとこ, that'sそれは aa riskyリスキーな proposition命題.
男性にとって それは危険な選択です
13:10
Soそう asとして parents andそして partnersパートナー,
親として 人生の伴侶として
13:15
we我々 should〜すべき be〜する socializing社会化 our我々の sons息子
息子や夫に
13:17
andそして our我々の husbands
やりたいことをやるように
13:20
to be〜する whateverなんでも they彼ら want欲しいです to be〜する,
教えてあげるべきでしょう
13:23
eitherどちらか caregivers介護者 orまたは breadwinners畜産者.
お金を稼ぐにしろ 家庭を守るにしろです
13:26
We我々 should〜すべき be〜する socializing社会化 themそれら to make作る caregiving介護
家庭を守ることは かっこいいことだと
13:30
coolクール forために guysみんな.
思わせるよう変えていくべきです
13:33
(Applause拍手)
(拍手)
13:35
I canできる almostほぼ hear聞く lotsロット of you君は thinking考え, "Noいいえ way方法."
皆さんから「あり得ない」という
心の声が聞こえそうですね
13:39
Butだけど in fact事実, theその change変化する is
actually実際に already既に happeningハプニング.
でも実際 変化はすでに起きているのです
13:45
At〜で least少なくとも in theその Unitedユナイテッド States,
少なくともアメリカでは
13:50
lotsロット of men男性 take取る pride誇り in cooking料理,
たくさんの男性が料理の腕を磨いています
13:52
andそして frankly率直に obsess思いやり over以上 stovesストーブ.
まさにコンロの前で
料理に はまっているのです
13:54
They彼ら are in theその birthing出産 rooms部屋.
分娩室に入る男性もいますし
13:57
They彼ら take取る paternity父親 leave離れる whenいつ they彼ら canできる.
可能であれば育児休暇をとる男性もいます
14:00
They彼ら canできる walk歩く aa baby赤ちゃん orまたは soothe落ち着かせる aa toddler幼児
妻がするように子供を散歩させたり
14:03
justちょうど asとして wellよく asとして their彼らの wives canできる,
幼児をあやしたり
14:05
andそして they彼ら are increasinglyますます
より沢山の家事をする男性も
14:08
doingやっている muchたくさん moreもっと of theその housework家事.
増えているのです
14:10
Indeed確かに, thereそこ are male男性 collegeカレッジ students学生の now
事実 男子大学生の中には
14:12
who are starting起動 to sayいう,
こんなことを言い始める人さえいます
14:14
"I want欲しいです to be〜する aa stay-at-home家にいる dadパパ."
「家にいて家事をする父親になりたい」
14:16
Thatそれ wasあった completely完全に unthinkable考えられない
50年前や 30年前でさえも
14:18
50 orまたは even偶数 30 years ago.
こんなことは全く考えられませんでした
14:20
Andそして in Norwayノルウェー, whereどこで men男性 have持ってる
ノルウェーでは
男性には
14:23
an automatic自動 three month's paternity父親 leave離れる,
自動的に3ヶ月の育児休暇が付いて
14:26
butだけど they彼ら lose失う itそれ ifif they彼ら decide決めます notない to take取る itそれ,
取らないと消えてしまいますが
14:29
aa high高い government政府 official公式 told言った me
ある政府の高官が教えてくれました
14:32
thatそれ companies企業 are starting起動 to look見える
企業が有望な男性社員に
14:34
at〜で prospective将来 male男性 employees従業員
目をつけたとしても
14:36
andそして raise上げる an eyebrow ifif they彼ら didn'tしなかった in fact事実
子供が生まれても
育児休暇を取らないことに
14:38
take取る their彼らの leave離れる whenいつ they彼ら had持っていました kids子供たち.
眉をひそめるようになってきたのです
14:42
Thatそれ means手段 thatそれ it'sそれは starting起動 to seem思われる
つまりそれは
父親としての役割を
14:45
like好きな aa characterキャラクター defect欠陥
十分に果たしたくないという
14:47
notない to want欲しいです to be〜する aa fully完全に engaged従事する fatherお父さん.
性格の欠陥として見られるようになったのです
14:50
Soそう I wasあった raised育った
私は女性の権利を守ることは
14:57
to believe信じる thatそれ championingチャンピオン women's婦人向け rights権利
女性がトップに登り詰めるよう
できる限りのことを
15:02
meant意味した doingやっている everythingすべて we我々 couldできた
することだと信じて
15:06
to get取得する women女性 to theその top.
昇進してきました
15:08
Andそして I stillまだ hope希望 thatそれ I liveライブ long長いです enough十分な
今でも男性と女性が
15:10
to see見る men男性 andそして women女性 equally均等に represented代表的な
あらゆる地位に平等に就くのを
見届けるまで
15:13
at〜で allすべて levelsレベル of theその work作業 force.
長生きしたいと思っています
15:16
Butだけど I've私は come来る to believe信じる thatそれ we我々 have持ってる to value family家族
しかし仕事と同じぐらい
あらゆる点で
15:19
everyすべて bitビット asとして muchたくさん asとして we我々 value work作業,
家庭を重視すべきだと思うようになりました
15:23
andそして thatそれ we我々 should〜すべき entertain楽しむ theその ideaアイディア
そして愛する人達が
正しいことをすることで
15:26
thatそれ doingやっている right by〜によって thoseそれら we我々 love
全てが上手くいくという考えを
15:28
will意志 make作る allすべて of us米国 betterより良い at〜で everythingすべて we我々 do行う.
大事にしなければいけません
15:32
Thirty30 years ago, Carolキャロル Gilliganギリガン,
30年前 素晴らしい心理学者の
15:36
aa wonderful素晴らしい psychologist心理学者, studied研究した adolescent思春期の girls女の子
キャロル・ギリガンは
思春期の少女たちを研究し
15:38
andそして identified特定された an ethic倫理 of careお手入れ,
人間の本質として あらゆる点で
正義の倫理と同じぐらい
15:41
an element素子 of human人間 nature自然 everyすべて bitビット asとして important重要
重要なのは
ケアの倫理であると
15:44
asとして theその ethic倫理 of justice正義.
主張しました
15:47
Itそれ turnsターン outでる thatそれ "you君は don'tしない careお手入れ"
つまり「不公平」と同じくらい
15:49
is justちょうど asとして muchたくさん aa part of who we我々 are
私たちのあり方を
左右するのは
15:52
asとして "that'sそれは notない fairフェア."
「無関心」なのです
15:55
Billビル Gatesゲート agrees同意する.
ビル・ゲイツも同じ意見です
15:58
He argues主張する thatそれ theその two greatすばらしいです forces of human人間 nature自然
彼は人間の本質である
2つの大きな力とは
15:59
are self-interest自己利益 andそして caring思いやりのある forために othersその他.
自己の利益と他者への気配りだと論じています
16:03
Let'sさあ bring持参する themそれら bothどちらも together一緒に.
この2つを結びつけてみませんか
16:07
Let'sさあ make作る theその feministフェミニスト revolution革命
男女平等の改革を
16:09
aa humanistヒューマニスト revolution革命.
人道的な改革にしましょう
16:12
Asとして whole全体 human人間 beings存在,
人類全体として
16:15
we我々 will意志 be〜する betterより良い caregivers介護者 andそして breadwinners畜産者.
より上手に家庭を守り
お金を稼ぐようになるでしょう
16:17
You君は mayかもしれない think思う thatそれ can'tできない happen起こる,
そんなことできるわけないと
思われますか
16:20
butだけど I grew成長しました upアップ in aa society社会
でも私が子供の頃
16:23
whereどこで myじぶんの mother put置く outでる small小さい vases花瓶
夕食会のお客さんには
16:24
of cigarettesタバコ forために dinnerディナー partiesパーティー,
紙巻きたばこを用意するのが普通でした
16:27
whereどこで blacks andそして whites used中古 separate別々の bathroomsバスルーム,
黒人と白人が
別々の化粧室を使い
16:29
andそして whereどこで everybodyみんな claimed請求された to be〜する heterosexual異性愛者.
誰もが こぞって異性愛者だと
言っていました
16:33
Today今日, notない soそう muchたくさん.
今では様変わりしました
16:40
Theその revolution革命 forために human人間 equality平等
人類平等の改革は
16:45
canできる happen起こる.
起こせるのです
16:48
Itそれ is happeningハプニング.
すでに起こっているのです
16:50
Itそれ will意志 happen起こる.
これからも続いていきます
16:52
Howどうやって far遠い andそして howどうやって fast速い is upアップ to us米国.
どれだけ早く どこまで達成できるかは
私たちの手に委ねられています
16:54
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
16:59
(Applause拍手)
(拍手)
17:01
Translated by Masato Suzuki
Reviewed by Mari Arimitsu

▲Back to top

About the speaker:

Anne-Marie Slaughter - Public policy thinker
Anne-Marie Slaughter has exploded the conversation around women’s work-life balance.

Why you should listen

Anne-Marie Slaughter has served as the Dean of Princeton’s Woodrow Wilson School of Public and International Affairs, and was the first female Director of Policy Planning for the US Department of State. In late 2013 she left Princeton to assume the presidency of the New America Foundation. With her husband, Slaughter has also raised two sons. And she is on the record saying that integrating her remarkably high-powered career and motherhood was doable when she had the flexibility to control her own schedule, but impossible once she was no longer her own boss.

In a 2012 article for the Atlantic that became the magazine’s most-read ever, Slaughter dismantles the recently-popularized notion that women who fail to “have it all” lack the ambition to do so. Instead, she argues that the way most top jobs are structured, including the expectations of workers regardless of gender, uphold slavish devotion to work above family life or other passions. Creating a more flexible work environment would benefit not just individual women and men, but society as a whole. It is unacceptable, she argues, that a desire to spend time with one’s family should be cause for shame.

More profile about the speaker
Anne-Marie Slaughter | Speaker | TED.com