English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxMonroeCorrectionalComplex

Dan Pacholke: How prisons can help inmates live meaningful lives

ダン・パチョルキ: 受刑者の有意義な人生のために、刑務所ができること

Filmed
Views 817,536

アメリカでは、刑務所を統括する部門のことを「矯正省」としばしば呼びます。それなのに彼らの焦点は受刑者を収容し統制することにあります。ワシントン州矯正省の副長官であるダン・パチョルキは、それとは違った見方をお話しします。それは、人間らしい生活環境と、有意義な仕事や学習の機会を提供する刑務所です。

- Prison administrator and reformer
Dan Pacholke aims to keep the Washington State Department of Corrections on the front edge of innovation by rethinking the design of prisons, the training of officers and the education opportunities made available to inmates. Full bio

We're私たちは seen見た asとして theその organization組織 thatそれ is
theその bucketバケツ forために failed失敗した socialソーシャル policyポリシー.
我々は失敗した社会政策のためにある
バケツのような組織として見られています
00:12
I can'tできない define定義する who comes来る to us米国 orまたは howどうやって long長いです they彼ら stay滞在.
私には誰が我々の所に来て どれくらい居るのか
決めることはできません
00:16
We我々 get取得する theその people forために whom
nothing何も elseelse has持っている worked働いた,
我々が受け入れるのは
誰からも見放され
00:19
people who have持ってる fallen倒れた throughを通して allすべて
他の全ての
社会的セーフティーネットから
00:21
of theその otherその他 socialソーシャル safety安全性 netsネット.
落っこちてしまった人たちです
00:23
They彼ら can'tできない contain含む themそれら, soそう we我々 must必須.
社会が受け皿になれないなら
我々がせねばなりません
00:25
That'sそれは our我々の jobジョブ:
それが我々の仕事です
00:27
contain含む themそれら, controlコントロール themそれら.
彼らを収容し統制することです
00:29
Over以上 theその years, asとして aa prison刑務所 systemシステム,
何年にもわたって 刑務所のシステムや
00:32
asとして aa nation国家, andそして asとして aa society社会,
国や社会は
00:34
we've私たちは become〜になる very非常に good良い at〜で thatそれ,
それが非常に上手になりました
00:36
butだけど thatそれ shouldn'tすべきではない make作る you君は happyハッピー.
しかしそれは喜ばしいことではありません
00:37
Today今日 we我々 incarcerate投獄 moreもっと people per〜ごと capita一人
今日 人口あたりの投獄者数は
00:40
thanより anyどれか otherその他 country in theその world世界.
世界の他の国より多いのです
00:41
We我々 have持ってる moreもっと black men男性 in prison刑務所 today今日
今日 刑務所にいる黒人の数は
00:43
thanより wereあった under slavery奴隷 in 1850.
奴隷法のあった1850年を超えています
00:45
We我々 house theその parents of almostほぼ three million百万
我々は コミュニティの
00:48
of our我々の community'sコミュニティの children子供,
300万人の子どもの親を収容しており
00:50
andそして we've私たちは become〜になる theその new新しい asylum亡命,
また我々は新たな精神病院と化しています
00:51
theその largest最大 mental精神的な health健康 providerプロバイダ in thisこの nation国家.
つまりこの国の精神医療の
最大の提供場所になっています
00:53
Whenいつ we我々 lockロック someone誰か upアップ,
人を閉じ込めるのは
00:56
thatそれ is noいいえ small小さい thingもの.
些細なことではありません
00:58
Andそして yetまだ, we我々 are calledと呼ばれる theその
Department部門 of Corrections訂正.
こんな有様なのに
我々は「矯正省」と呼ばれています
00:59
Today今日 I want欲しいです to talkトーク about
今日私は我々が考えている
01:03
changing変化 theその way方法 we我々 think思う about corrections訂正.
矯正の在り方の転換について
お話しします
01:04
I believe信じる, andそして myじぶんの experience経験 tells伝える me,
私の信念と経験から言うと
01:06
thatそれ whenいつ we我々 change変化する theその way方法 we我々 think思う,
我々が考え方を変えれば
01:08
we我々 create作成する new新しい possibilities可能性, orまたは futures先物,
新しい可能性や未来を
生み出すことができます
01:10
andそして prisons刑務所 need必要 aa different異なる future未来.
そして刑務所は違う未来を
必要としています
01:13
I've私は spent過ごした myじぶんの entire全体 careerキャリア
in corrections訂正, over以上 30 years.
私は30年のキャリア全てを
矯正の分野で過ごしてきました
01:15
I followed続く myじぶんの dadパパ into thisこの fieldフィールド.
父を追い この世界に入ったのです
01:19
He wasあった aa Vietnamベトナム veteranベテラン. Corrections訂正 suited適した him.
彼はベトナム帰還兵でした
矯正は彼にぴったりの仕事でした
01:20
He wasあった strong強い, steady安定した, disciplined規律.
彼は強く 真面目で 規律正しい人でした
01:23
I wasあった notない soそう muchたくさん anyどれか of thoseそれら thingsもの,
私はそういうタイプではなく
01:26
andそして I'm私は sure確かに thatそれ worried心配している him about me.
きっと彼はそんな私を
案じていたことでしょう
01:28
Eventually最終的に I decided決定しました, ifif I wasあった
going行く to end終わり upアップ in prison刑務所,
最終的に私は決めました
自分が刑務所で人生を終えるならば
01:30
I'd私は betterより良い end終わり upアップ on theその right side of theその barsバー,
私は牢の外側にいたいなと
01:33
soそう I thought思想 I'd私は checkチェック itそれ outでる,
それで私は父の働いていた
01:34
take取る aa tourツアー of theその place場所 myじぶんの dadパパ worked働いた,
マクニール島刑務所について調べて
01:36
theその McNeilマクニール Island Penitentiary刑務所.
見学したいと考えたのです
01:38
Now thisこの wasあった theその early早い ''80ss,
これは80年代初めのことで
01:41
andそして prisons刑務所 weren'tなかった quiteかなり what you君は see見る
刑務所は 現在テレビや映画館で
01:42
on TVテレビ orまたは in theその movies映画.
目にするのとかなり違っていました
01:44
In manyたくさんの ways方法, itそれ wasあった worse悪化する.
多くの点で 悪い方向にです
01:46
I walked歩いた into aa cell細胞 house thatそれ wasあった five tiers high高い.
私は5階建ての監房棟の中を歩きました
01:48
Thereそこ wereあった eight8 men男性 to aa cell細胞.
1つの監房に8人の男性がいました
01:51
thereそこ wereあった 550 men男性 in thatそれ living生活 unit単位.
その住居ユニットには
550人の男性がいました
01:53
Andそして justちょうど in case場合 you君は wondered疑問に思った,
疑問に思われた方のために言っておくと
01:55
they彼ら shared共有 one1 toiletトイレ in thoseそれら small小さい confines閉じ込める.
彼らはこの小さな空間で
1つのトイレを共用していました
01:57
An officer役員 put置く aa keyキー in aa lockboxロックボックス,
職員が監房の鍵を開けると
02:00
andそして hundreds数百 of men男性 streamed流された outでる of their彼らの cells細胞.
何百人もの男性が房の外に
ぞろぞろ出ていきました
02:01
Hundreds数百 of men男性 streamed流された outでる of their彼らの cells細胞.
何百人もの男性が房の外に
ぞろぞろ出ていきました
02:04
I walked歩いた away離れて asとして fast速い asとして I couldできた.
私はできるだけ早くそこを立ち去りました
02:06
Eventually最終的に I went行った backバック andそして
I started開始した asとして an officer役員 thereそこ.
最終的に私はそこに戻り
職員として働き始めました
02:08
Myじぶんの jobジョブ wasあった to run走る one1 of thoseそれら cell細胞 blocksブロック
私の仕事は1区画の監房を運営し
02:11
andそして to controlコントロール thoseそれら hundreds数百 of men男性.
そこの何百人もの男性を
統制することでした
02:13
Whenいつ I went行った to work作業 at〜で our我々の receptionsレセプション centerセンター,
受付センターで仕事をしている時でも
02:16
I couldできた actually実際に hear聞く theその inmates受刑者
roiling瓦礫 fromから theその parkingパーキング lotロット,
受刑者たちが駐車場から
騒々しくやって来る物音や
02:18
shaking振る cell細胞 doorsドア, yelling叫ぶ,
監房のドアを揺さぶったり 
叫んだり
02:20
tearing引き裂く upアップ their彼らの cells細胞.
監房を壊そうとする音が
聞こえました
02:23
Take取る hundreds数百 of volatile揮発性の people andそして lockロック themそれら upアップ,
何百もの激しやすい人々を
鍵をかけて閉じ込めると
02:25
andそして what you君は get取得する is chaos混沌.
混沌に陥ります
02:27
Contain含む andそして controlコントロールthatそれ wasあった our我々の jobジョブ.
収容と統制-それが我々の仕事でした
02:29
One1 way方法 we我々 learned学んだ to do行う thisこの moreもっと effectively効果的に
これをより効果的にするために
我々が学んだのは
02:31
wasあった aa new新しい typeタイプ of housingハウジング unit単位
新しい住居ユニットでした
02:34
calledと呼ばれる theその Intensiveインテンシブ Management管理 Unit単位, IMUイム,
それは集中管理ユニット
IMUと呼ばれました
02:35
aa modernモダン versionバージョン of aa "hole."
現代版の「穴蔵」です
02:38
We我々 put置く inmates受刑者 in cells細胞 behind後ろに solid固体 steel doorsドア
我々は差入れ口の付いた
硬い鋼鉄製ドアの監房に
02:40
with〜と cuff袖口 portsポート soそう we我々 couldできた restrain抑える themそれら
受刑者を入れ 外から手錠をかけたり
食事を与えたりできるようにしました
02:42
andそして feedフィード themそれら.
受刑者を入れ 外から手錠をかけたり
食事を与えたりできるようにしました
02:44
Guess推測 what?
どうなったと思いますか?
02:46
Itそれ got持っている quieter静かな.
静かになりました
02:48
Disturbances外乱 died死亡しました downダウン in theその general一般 population人口.
全体的に騒動はなくなりました
02:49
Places場所 becameなりました saferより安全な
そこはより安全になりました
02:52
becauseなぜなら thoseそれら inmates受刑者 who
wereあった most最も violent暴力的な orまたは disruptive破壊的な
なぜなら最も暴力的
あるいは破壊的な受刑者は
02:53
couldできた now be〜する isolated分離された.
隔離できるようになったからです
02:56
Butだけど isolation隔離 isn'tない good良い.
しかし隔離はいいことではありません
02:57
Deprive奪う people of socialソーシャル
contact接触 andそして they彼ら deteriorate劣化する.
人から社会的接触をはく奪し
その人の状態を悪くします
02:59
Itそれ wasあった hardハード getting取得 themそれら outでる of IMUイム,
彼らをIMUから出すのは困難でした
03:02
forために themそれら andそして forために us米国.
それは彼らにとっても我々にとってもです
03:04
Even偶数 in prison刑務所, it'sそれは noいいえ small小さい thingもの
刑務所の中であっても
人を閉じ込めるということは
03:06
to lockロック someone誰か upアップ.
些細なことではありません
03:09
Myじぶんの next assignment割り当て wasあった to one1
of theその state's州の deep-end一番深い場所 prisons刑務所
私の次の配置先は
難しい州立刑務所でした
03:11
whereどこで some一部 of our我々の moreもっと violent暴力的な
orまたは disruptive破壊的な inmates受刑者 are housed収容された.
そこにはもっと暴力的で破壊的な受刑者が
収容されていました
03:13
By〜によって then次に, theその industry業界 had持っていました advanced高度な aa lotロット,
その頃には この業界は進歩していて
03:16
andそして we我々 had持っていました different異なる toolsツール andそして techniques技術
我々は破壊的行動を管理する為に
03:18
to manage管理する disruptive破壊的な behavior動作.
さまざまな道具やテクニックを使いました
03:20
We我々 had持っていました beanbag豆袋 guns andそして pepperコショウ sprayスプレー
我々はビーンバッグ・ガン(非致死性の散弾銃)や
催涙スプレー
03:22
andそして plexiglassプレキシガラス shieldsシールド,
それからプレキシガラスの盾
03:25
flashフラッシュ bangs前髪, emergency緊急 response応答 teamsチーム.
閃光弾 緊急対応チームも備えていました
03:26
We我々 met会った violence暴力 with〜と force
我々は暴力には力で対峙し
03:29
andそして chaos混沌 with〜と chaos混沌.
混沌には混沌で対峙しました
03:31
We我々 wereあった prettyかなり good良い at〜で puttingパッティング outでる fires火災.
我々は争いを鎮静化するのが
かなり得意でした
03:32
Whilewhile I wasあった thereそこ, I met会った two
experienced経験豊富な correctional矯正 workers労働者
私がそこにいた頃 2人の経験豊かな
矯正スタッフに出会いました
03:35
who wereあった alsoまた、 researchers研究者,
彼らは研究者でもありました
03:38
an anthropologist人類学者 andそして aa sociologist社会学者.
文化人類学者と社会学者です
03:40
One1 day, one1 of themそれら commentedコメントした to me andそして said前記,
ある日彼らの1人が言いました
03:43
"You君は know知っている, you'reあなたは prettyかなり good良い at〜で puttingパッティング outでる fires火災.
「君は争いを鎮静させるのが
上手だよね
03:44
Have持ってる you君は everこれまで thought思想 about howどうやって to prevent防ぐ themそれら?"
どうやれば争いを防げるかを
考えてみたことはあるかい?」と
03:46
I wasあった patient患者 with〜と themそれら,
力ずくのアプローチは刑務所を
03:50
explaining説明する our我々の bruteブルート force approachアプローチ
安全にするのだと説明しながら
03:52
to making作る prisons刑務所 saferより安全な.
私は彼らに寛容になろうとしていました
03:53
They彼ら wereあった patient患者 with〜と me.
彼らも私に対してそうしていました
03:55
Outでる of thoseそれら conversations会話 grew成長しました some一部 new新しい ideasアイデア
この会話が
新しいアイデアにつながり
03:57
andそして we我々 started開始した some一部 small小さい experiments実験.
我々は小さな実験をいくつか始めました
03:59
First最初, we我々 started開始した trainingトレーニング our我々の officers役員 in teamsチーム
第1に 我々は職員の訓練を
04:01
ratherむしろ thanより sending送信 themそれら one1 orまたは two
at〜で aa time時間 to theその state状態 trainingトレーニング academyアカデミー.
州の研修所に1、2人ずつ送ってではなく
チームの中で行うことにしました
04:03
Instead代わりに of four4つの weeks of trainingトレーニング, we我々 gave与えた themそれら 10.
4週間ではなく
10週間訓練を受けさせました
04:07
Then次に we我々 experimented実験した with〜と an apprenticeship見習い modelモデル
そして我々は徒弟制モデルを試みました
04:09
whereどこで we我々 paired対になった new新しい staffスタッフ with〜と veteranベテラン staffスタッフ.
そこでは 新人がベテランスタッフと
ペアで仕事をしました
04:11
They彼ら bothどちらも got持っている betterより良い at〜で theその work作業.
彼らは両方とも仕事の腕をあげました
04:15
Second二番, we我々 added追加された verbal口頭 de-escalation脱エスカレーション skillsスキル
第2に 我々は
言語による静穏化スキルを
04:17
into theその trainingトレーニング continuum連続体
訓練に取り入れました
04:20
andそして made itそれ part of theその useつかいます of force continuum連続体.
そして力の行使が続くなかに
それを加えました
04:22
Itそれ wasあった theその non-force非力 useつかいます of force.
それは力の行使に対する
非暴力の行使でした
04:24
Andそして then次に we我々 didした something何か even偶数 moreもっと radicalラジカル.
より思い切ったこともしました
04:27
We我々 trained訓練された theその inmates受刑者 on thoseそれら same同じ skillsスキル.
受刑者たちに同じスキルを
訓練したのです
04:29
We我々 changedかわった theその skillスキル setセット,
我々はスキルの組み合わせを変えて
04:31
reducing還元する violence暴力, notない justちょうど responding応答する to itそれ.
暴力にただ応酬するのでなく
暴力自体を減らそうとしたのです
04:33
Third三番, whenいつ we我々 expanded拡張された our我々の facility施設,
we我々 tried試した aa new新しい typeタイプ of design設計.
第3に 施設拡張の際
我々は新しい内装を試みました
04:36
Now theその biggest最大 andそして most最も controversial議論の余地のある component成分
このデザインの面で
最大かつ最も論議を生んだのは
04:40
of thisこの design設計, of courseコース, wasあった theその toiletトイレ.
もちろんトイレでした
04:42
Thereそこ wereあった noいいえ toiletsトイレ.
トイレがないのです
04:46
Now thatそれ mightかもしれない notない sound
significant重要な to you君は hereここに today今日,
これは今の皆さんには
意義が分からないかもしれません
04:48
butだけど at〜で theその time時間, itそれ wasあった huge巨大.
しかし当時は重大事でした
04:50
Noいいえ one1 had持っていました everこれまで heard聞いた of aa cell細胞 withoutなし aa toiletトイレ.
トイレのない監房など誰も
聞いたことがなく
04:52
We我々 allすべて thought思想 itそれ wasあった dangerous危険な andそして crazy狂った.
皆 危険で正気の沙汰ではないと
考えていました
04:54
Even偶数 eight8 men男性 to aa cell細胞 had持っていました aa toiletトイレ.
1つの監房に8人いるような環境でも
トイレがありました
04:56
Thatそれ small小さい detail詳細 changedかわった theその way方法 we我々 worked働いた.
この小さなことが我々の仕事を変えました
04:59
Inmates受刑者 andそして staffスタッフ started開始した interacting相互作用する
受刑者と職員のオープンな交流が増え
05:02
moreもっと oftenしばしば andそして openly公然と andそして developing現像 aa rapport関係.
ラポール(信頼関係)が発展しました
05:04
Itそれ wasあった easierより簡単に to detect検出する conflict紛争 andそして intervene介入する
葛藤を エスカレートする前に 発見し
05:07
before itそれ escalatedエスカレートされた.
介入するのが簡単になりました
05:09
Theその unit単位 wasあった cleanerクリーナー, quieter静かな,
saferより安全な andそして moreもっと humane人道的.
ユニットはより清潔に 静かに
そして安全で人間的になりました
05:10
Thisこの wasあった moreもっと effective効果的な at〜で keeping維持 theその peace平和
これは当時の私が見たことのある
05:14
thanより anyどれか intimidation脅迫 technique技術 I'd私は seen見た to thatそれ pointポイント.
どの威嚇的なテクニックよりも
平和を保つのに有用でした
05:16
Interacting相互作用する changes変更 theその way方法 you君は behave行動する,
相互交流は人の行動を変えます
05:19
bothどちらも forために theその officer役員 andそして theその inmate受刑者.
職員も受刑者もそうです
05:21
We我々 changedかわった theその environment環境
andそして we我々 changedかわった theその behavior動作.
我々は環境を変えることで
行動を変えたのです
05:23
Now, justちょうど in case場合 I hadn'tなかった learned学んだ thisこの lessonレッスン,
この教訓を万一学び損ねていては
いけないと思われたのか
05:26
they彼ら assigned割り当てられた me to headquarters本部 next,
私は次に本庁に配置されました
05:28
andそして that'sそれは whereどこで I ran走った straightまっすぐ
upアップ againstに対して systemシステム change変化する.
そこで私はシステムの変化に
まさに直面したのです
05:30
Now, manyたくさんの thingsもの work作業 againstに対して systemシステム change変化する:
現状では多くの事柄が
システムの変化に抵抗します
05:33
politics政治 andそして politicians政治家, bills紙幣 andそして laws法律,
政治と政治家 法案と法律
05:36
courts裁判所 andそして lawsuits訴訟, internal内部 politics政治.
裁判所と訴訟 内部での駆け引き
05:38
Systemシステム change変化する is difficult難しい andそして slowスロー,
システムの変化は困難かつゆっくりで
05:40
andそして oftentimesしばしば itそれ doesn'tしない take取る you君は
しばしば思うようにはいきません
05:42
whereどこで you君は want欲しいです to go行く.
しばしば思うようにはいきません
05:44
It'sそれは noいいえ small小さい thingもの to change変化する aa prison刑務所 systemシステム.
刑務所のシステムを変えるのは
些細なことではありません
05:46
Soそう what I didした do行う is I reflected反射した
on myじぶんの earlier先に experiences経験
それで私は自分の経験を振り返り
05:50
andそして I remembered思い出した thatそれ whenいつ we我々 interacted相互作用する
with〜と offenders犯罪者, theその heat went行った downダウン.
我々が受刑者と交流を持つと
彼らが落ち着いたことを思い出しました
05:52
Whenいつ we我々 changedかわった theその environment環境,
theその behavior動作 changedかわった.
我々が環境を変えたら
行動も変わりました
05:56
Andそして theseこれら wereあった notない huge巨大 systemシステム changes変更.
これらは大きなシステム変化ではなく
05:58
Theseこれら wereあった small小さい changes変更, andそして theseこれら changes変更
小さな変化でしたが これらの変化が
05:59
created作成した new新しい possibilities可能性.
新しい可能性を開いたのです
06:01
Soそう next, I got持っている reassigned再割り当てされた asとして
superintendent監督 of aa small小さい prison刑務所.
次に私は小さな刑務所に
所長として配属されました
06:03
Andそして at〜で theその same同じ time時間, I wasあった workingワーキング on myじぶんの degree
そして同時に 私は
エバーグリーン州立大学で
06:06
at〜で theその Evergreen常緑 State状態 Collegeカレッジ.
学位に向けて勉強をしていました
06:08
I interacted相互作用する with〜と aa lotロット of
people who wereあった notない like好きな me,
自分と違うタイプの人と
たくさん交流しました
06:10
people who had持っていました different異なる ideasアイデア
さまざまな考えや
06:12
andそして came来た fromから different異なる backgrounds背景.
バックグラウンドを持つ人たちです
06:14
One1 of themそれら wasあった aa rainforest雨林 ecologist生態学者.
その1人は熱帯雨林の
生態学者でした
06:16
She彼女 looked見た at〜で myじぶんの small小さい prison刑務所 andそして what she彼女 saw見た
彼女は私の小さな刑務所を見て
06:18
wasあった aa laboratory研究室.
そこを実験室にすることを思いつきました
06:20
We我々 talked話した andそして discovered発見された howどうやって prisons刑務所 andそして inmates受刑者
刑務所や受刑者たちだけでは
やり遂げられない企画を
06:22
couldできた actually実際に help助けて advance前進 science科学
我々が手助けすることによって
06:25
by〜によって helping助ける themそれら completeコンプリート projectsプロジェクト
科学の進歩に貢献できるかについて
06:27
they彼ら couldn'tできなかった completeコンプリート on their彼らの own自分の,
我々は話し合い
その方法を発見しました
06:28
like好きな repopulating再充填する endangered絶滅危惧種 species:
例えば絶滅寸前の種を増やすことです
06:30
frogsカエル, butterflies, endangered絶滅危惧種 prairie草原 plants植物.
カエル チョウ 絶滅しかけている
プレーリーの植物などです
06:32
At〜で theその same同じ time時間, we我々 found見つけた ways方法 to make作る
同時に我々は 太陽光や
06:36
our我々の operation操作 moreもっと efficient効率的な
雨水の資源化 有機栽培や
06:37
throughを通して theその addition添加 of solar太陽 powerパワー,
リサイクルを通じた
06:38
rainwater雨水 catchment集水域, organicオーガニック gardening園芸, recyclingリサイクル.
より効果的な運営方法を見出しました
06:41
Thisこの initiativeイニシアチブ has持っている ledLED to manyたくさんの projectsプロジェクト
この改善策は多くの企画につながり
06:44
thatそれ have持ってる had持っていました huge巨大 system-wideシステム全体 impact影響,
システム全体へ影響を与えました
06:47
notない justちょうど in our我々の systemシステム, butだけど in
otherその他 state状態 systemsシステム asとして wellよく,
我々のシステムだけでなく
他の州のシステムにもです
06:48
small小さい experiments実験 making作る aa big大きい difference
小さな実験が科学やコミュニティを
06:52
to science科学, to theその communityコミュニティ.
大きく変えました
06:54
Theその way方法 we我々 think思う about our我々の work作業 changes変更 our我々の work作業.
自分たちの仕事について考えたことが
我々の仕事を変えました
06:57
Theその projectプロジェクト justちょうど made myじぶんの jobジョブ
moreもっと interesting面白い andそして excitingエキサイティング.
この企画は私の仕事をより面白く
わくわくするものにしてくれました
07:00
I wasあった excited興奮した. Staffスタッフ wereあった excited興奮した.
私もスタッフも わくわくしていました
07:03
Officers役員 wereあった excited興奮した. Inmates受刑者 wereあった excited興奮した.
職員も 受刑者もです
07:05
They彼ら wereあった inspiredインスピレーションを受けた.
彼らは感化されていました
07:07
Everybodyみんな wanted欲しい to be〜する part of thisこの.
皆がこの一員になりたがりました
07:09
They彼ら wereあった making作る aa contribution貢献, aa difference,
彼らは意味や重要性を感じられる
07:11
one1 they彼ら thought思想 wasあった meaningful意味のある andそして important重要.
貢献をし変化を生み出しました
07:13
Let〜する me be〜する clearクリア on what's何ですか going行く on hereここに, thoughしかし.
ここで 状況を明確にさせてください
07:15
Inmates受刑者 are highly高く adaptiveアダプティブ.
受刑者たちは非常に適応的です
07:17
They彼ら have持ってる to be〜する.
彼らはそうである必要があるのです
07:19
Oftentimesしばしば, they彼ら know知っている moreもっと about our我々の own自分の systemsシステム
しばしば彼らは運営側よりも
我々のシステムについて
07:20
thanより theその people who run走る themそれら.
よく知っています
07:23
Andそして they're彼らは hereここに forために aa reason理由.
そして彼らは理由があってここにいます
07:25
I don'tしない see見る myじぶんの jobジョブ asとして to punish罰する themそれら orまたは forgive許す themそれら,
私は自分の仕事は彼らを罰したり
許したりすることではなく
07:27
butだけど I do行う think思う they彼ら canできる have持ってる
彼らは刑務所の中にいても
07:30
decentまともな andそして meaningful意味のある lives人生 even偶数 in prison刑務所.
きちんとした有意義な生活を
送れると考えています
07:31
Soそう thatそれ wasあった theその question質問:
ですから問題はここです
07:34
Couldできた inmates受刑者 liveライブ decentまともな andそして meaningful意味のある lives人生,
受刑者はきちんとした
有意義な生活を送れるのか
07:36
andそして ifif soそう, what difference would〜する thatそれ make作る?
もしそうなら
これはどんな変化を生むのか?
07:39
Soそう I took取った thatそれ question質問 backバック to theその deep深い end終わり,
それで私はこの質問を
より難しい場所へ持って帰りました
07:42
whereどこで some一部 of our我々の most最も
violent暴力的な offenders犯罪者 are housed収容された.
そこでは最も暴力的な受刑者が
収容されていました
07:45
Remember思い出す, IMUsイムス are forために punishment.
IMUは懲罰の場でしたね
07:48
You君は don'tしない get取得する perks特典 thereそこ, like好きな programmingプログラミング.
そこで得られるものはないと
我々は考えていました
07:49
Thatそれ wasあった howどうやって we我々 thought思想.
例えば処遇プログラムの実施などです
07:51
Butだけど then次に we我々 started開始した to realize実現する thatそれ ifif anyどれか inmates受刑者
しかし分かってきたのは
受刑者のなかでも特に
07:53
needed必要な programmingプログラミング, itそれ
wasあった theseこれら particular特に inmates受刑者.
彼らにこそ処遇プログラムが
必要だということです
07:55
In fact事実, they彼ら needed必要な intensiveインテンシブ programmingプログラミング.
実際 彼らは集中的なプログラムを
必要としていました
07:58
Soそう we我々 changedかわった our我々の thinking考え 180 degrees,
ですから我々は考え方を180度変えて
08:00
andそして we我々 started開始した looking探している forために new新しい possibilities可能性.
新しい可能性を探し始めました
08:02
What we我々 found見つけた wasあった aa new新しい kind種類 of chair椅子.
私が見つけたのは新しいタイプの椅子です
08:05
Instead代わりに of usingを使用して theその chair椅子 forために punishment,
罰のために椅子を使うのではなく
08:07
we我々 put置く itそれ in classrooms教室.
我々は教室にそれを置いたのです
08:09
Okayはい, we我々 didn'tしなかった forget忘れる our我々の responsibility責任 to controlコントロール,
大丈夫 我々は統制する責任を
忘れてはいません
08:11
butだけど now inmates受刑者 couldできた interact相互作用する safely安全に, face-to-face面と向かって
ですが今や受刑者は
他の受刑者やスタッフと
08:14
with〜と otherその他 inmates受刑者 andそして staffスタッフ,
対面で安全に交流できるのです
08:16
andそして becauseなぜなら controlコントロール wasあった noいいえ longerより長いです an issue問題,
そしてもはや統制は問題でないので
08:18
everybodyみんな couldできた focusフォーカス on otherその他 thingsもの,
全員が他のこと
例えば学習に集中できます
08:19
like好きな learning学習. Behavior動作 changedかわった.
行動は変わりました
08:22
We我々 changedかわった our我々の thinking考え, andそして we我々 changedかわった
what wasあった possible可能, andそして thisこの gives与える me hope希望.
考え方を変えるとできることも変わります
このことは希望をくれました
08:24
Now, I can'tできない telltell you君は thatそれ anyどれか of thisこの stuffもの will意志 work作業.
現時点ではこれが
全てうまくいくとは言えませんが
08:29
What I canできる telltell you君は, thoughしかし, itそれ is workingワーキング.
うまくいきつつあるとは言えます
08:32
Our我々の prisons刑務所 are getting取得 saferより安全な
forために bothどちらも staffスタッフ andそして inmates受刑者,
我々の刑務所はスタッフと受刑者
双方にとってより安全になってきています
08:34
andそして whenいつ our我々の prisons刑務所 are safe安全,
そして刑務所が安全であれば
08:38
we我々 canできる put置く our我々の energiesエネルギー into
aa lotロット moreもっと thanより justちょうど controlling制御する.
我々はエネルギーを統制以上のものに
費やすことができます
08:39
Reducing還元する recidivism再犯 mayかもしれない be〜する our我々の ultimate究極 goalゴール,
再犯を減らすことは
我々の最終目標ですが
08:43
butだけど it'sそれは notない our我々の onlyのみ goalゴール.
それが唯一の目標ではありません
08:45
To be〜する honest正直な with〜と you君は, preventing予防する crime犯罪
正直に言うと 犯罪を防ぐには
08:46
takesテイク soそう muchたくさん moreもっと fromから soそう manyたくさんの moreもっと people
もっと多くの人々や
08:48
andそして institutions機関.
機関が必要です
08:50
Ifif we我々 rely頼りにする on justちょうど prisons刑務所 to reduce減らす crime犯罪,
もし犯罪の減少を
刑務所だけに頼ると
08:52
I'm私は afraid恐れ we'll私たちは never決して get取得する thereそこ.
それは決して 叶わないと思いますが
08:55
Butだけど prisons刑務所 canできる do行う some一部 thingsもの
刑務所では
できるとは思えなかったことを
08:57
we我々 never決して thought思想 they彼ら couldできた do行う.
することだってできるのです
08:59
Prisons刑務所 canできる be〜する theその sourceソース of innovation革新
刑務所は絶滅危惧種を復活させ
09:00
andそして sustainability持続可能性,
環境を回復する
09:03
repopulating再充填する endangered絶滅危惧種 species
andそして environmental環境 restoration復元.
革新と持続可能性の
源にもなれます
09:04
Inmates受刑者 canできる be〜する scientists科学者 andそして beekeepers養蜂家,
受刑者たちは科学者にも
養蜂家にも
09:07
dog rescuers救助者.
犬を保護するスタッフにもなれます
09:10
Prisons刑務所 canできる be〜する theその sourceソース of meaningful意味のある work作業
受刑者は有意義な仕事と機会を
09:12
andそして opportunity機会 forために staffスタッフ
そこで暮らすスタッフと
09:14
andそして theその inmates受刑者 who liveライブ thereそこ.
受刑者にくれる源にもなれます
09:16
We我々 canできる contain含む andそして controlコントロール
我々は収容と統制とともに
09:18
andそして provide提供する humane人道的 environments環境.
人間的な環境を提供することもできます
09:21
Theseこれら are notない opposing反対 qualities品質.
これらは矛盾するものではありません
09:23
We我々 can'tできない wait待つ 10 to 20 years to find見つける outでる
我々はこの価値を確認するのに
09:25
ifif thisこの is worth価値 doingやっている.
10年 20年も待ってはいられません
09:28
Our我々の strategy戦略 is notない massive大規模 systemシステム change変化する.
我々のやり方は大規模な
システム変化ではありません
09:29
Our我々の strategy戦略 is hundreds数百 of small小さい changes変更
我々のやり方は年単位ではなく
09:32
thatそれ take取る place場所 in days日々 orまたは months数ヶ月, notない years.
数日や数か月単位での小さな変化を
何百も起こすことです
09:34
We我々 need必要 moreもっと small小さい pilotsパイロット whereどこで we我々 learn学ぶ asとして we我々 go行く,
我々はもっと小さな試行をしながら
学ぶことが必要です
09:37
pilotsパイロット thatそれ change変化する theその range範囲 of possibility可能性.
試行は可能性の幅を広げます
09:41
We我々 need必要 new新しい andそして betterより良い ways方法 to measure測定 impacts影響
我々は働くことや交流
環境の安全性に及ぼす
09:44
on engagementエンゲージメント, on interactionインタラクション,
影響を測定するための
09:46
on safe安全 environments環境.
新しい そしてよりよい方法が必要です
09:48
We我々 need必要 moreもっと opportunities機会 to participate参加する in
我々や皆さんのコミュニティに
09:50
andそして contribute貢献する to our我々の communitiesコミュニティ,
参加したり 貢献したりする機会を
09:52
yourきみの communitiesコミュニティ.
もっと必要としています
09:54
Prisons刑務所 need必要 to be〜する secure安全な, yesはい, safe安全, yesはい.
刑務所は安全である必要があります 
そのとおりです
09:57
We我々 canできる do行う thatそれ.
それは実現できます
10:00
Prisons刑務所 need必要 to provide提供する humane人道的 environments環境
刑務所は人間的環境であることが
必要です
10:01
whereどこで people canできる participate参加する, contribute貢献する,
そこでは人々は有意義な生活に参加し
10:03
andそして learn学ぶ meaningful意味のある lives人生.
貢献し 学ぶことができるのです
10:05
We're私たちは learning学習 howどうやって to do行う thatそれ.
我々はその方法を学んでいる最中です
10:06
That'sそれは whyなぜ I'm私は hopeful希望.
だから私は希望を持っています
10:08
We我々 don'tしない have持ってる to stay滞在 stuck立ち往生
in old古い ideasアイデア about prison刑務所.
刑務所に関する古い観念に
とらわれる必要はありません
10:10
We我々 canできる define定義する thatそれ. We我々 canできる create作成する thatそれ.
我々がそれを決め 作り出せるのです
10:12
Andそして whenいつ we我々 do行う thatそれ thoughtfully思慮深く andそして with〜と humanity人類,
それを徹底的に
人間的なやり方で行った時
10:14
prisons刑務所 canできる be〜する moreもっと thanより theその bucketバケツ
刑務所は失敗した社会政策のための
10:17
forために failed失敗した socialソーシャル policyポリシー.
バケツ以上のものになるのです
10:19
Maybe多分 finally最後に, we我々 will意志 earn獲得する our我々の titleタイトル:
おそらくついに 我々は「矯正省」という
10:20
aa department部門 of corrections訂正.
名前に見合うものになるのです
10:24
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
10:26
(Applause拍手)
(拍手)
10:28
Translated by Naoko Fujii
Reviewed by Claire Ghyselen

▲Back to top

About the speaker:

Dan Pacholke - Prison administrator and reformer
Dan Pacholke aims to keep the Washington State Department of Corrections on the front edge of innovation by rethinking the design of prisons, the training of officers and the education opportunities made available to inmates.

Why you should listen

Dan Pacholke has spent more than three decades working in prisons, first as a corrections office and later as an administrator. Now the Deputy Secretary of Operations for the Washington State Department of Corrections, he says, “I don’t see my job as to punish or forgive [inmates], but I do think they can have decent and meaningful lives in prison.”

Pacholke has dedicated his career to changing the way we think about corrections. Over the years, he has helped usher in programs designed to prevent fires before they start rather than fight them after they’ve flared up. Pacholke has been part of initiatives to redesign prison facilities to maximize interaction between the staff and inmates, to give corrections officers training in verbal de-escalation as well as physical response, and to give inmates opportunities to learn new things while they are in the system. As the co-director of the Sustainability in Prisons Project, Pacholke brought recycling, composting, horticulture and even bee-keeping programs into prisons—to give inmates meaningful work, but also to cut costs and make prisons more sustainable. 

More profile about the speaker
Dan Pacholke | Speaker | TED.com