English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2007

Bernie Dunlap: The life-long learner

ベン・ダンラップ: 生涯学び続けるということ

Filmed
Views 1,866,227

ウォフォード・カレッジの学長ベン・ダンラップが、ホロコーストを生き延びたハンガリー人であるシャンドー・テスラから学んだ、情熱を持って生きることと生涯学び続けることの意義について語ります。

- College president
Ben Dunlap is a true polymath, whose talents span poetry, opera, ballet, literature and administration. He is the president of South Carolina’s Wofford College. Full bio

"Yo napotナポット, pacakパカク!" Whichどの, asとして somebody誰か hereここに must必須 surely確かに know知っている,
「Jó napot, pacák!」会場のどこかに
わかる方がいるはずですが
00:18
means手段 "What's何ですか upアップ, guysみんな?" in Magyarマジョール,
マジャール語で「よっ みんな!」
という意味です
00:24
thatそれ peculiar特有の non-Indo-European非インドヨーロッパ language言語 spoken話された by〜によって Hungariansハンガリー人
マジャール語は
ハンガリー人が話す特異な非印欧語で
00:27
forために whichどの, given与えられた theその fact事実 thatそれ cognitive認知 diversity多様性 is
認知多様性が少なくとも
地球上の種の多様性と同じくらい
00:30
at〜で least少なくとも asとして threatened脅された asとして biodiversity生物多様性 on thisこの planet惑星,
危機に直面していることから考えると
00:33
few少数 would〜する have持ってる imagined想像した muchたくさん of aa future未来 even偶数 aa century世紀 orまたは two ago.
1〜2世紀前から既にあまり未来はない
と思われてきた言語ですが
00:36
Butだけど thereそこ itそれ is: "Yo napotナポット, pacakパカク!"
未だに使われてます ほら
「Jó napot, pacák!」
00:40
I said前記 somebody誰か hereここに must必須 surely確かに know知っている, becauseなぜなら
この言葉 絶対に誰かがわかるはずと
言ったのには理由があります
00:42
despite何と theその fact事実 thatそれ thereそこ aren'tない thatそれ manyたくさんの Hungariansハンガリー人 to beginベギン with〜と,
そもそもこの世にハンガリー人自体
そんなに沢山存在しないし
00:46
andそして theその furtherさらに fact事実 thatそれ, soそう far遠い asとして I know知っている, there'sそこに notない aa dropドロップ
さらに 私の体にハンガリー人の血は
00:49
of Hungarianハンガリー人 blood血液 in myじぶんの veins静脈, at〜で everyすべて criticalクリティカルな juncture合流点 of myじぶんの life生活
一滴も流れていないのにもかかわらず
私の人生の要所要所すべての場面で
00:52
thereそこ has持っている beenされている aa Hungarianハンガリー人 friend友人 orまたは mentor指導者 thereそこ beside me.
ハンガリー人の友人や師が
そばにいたからなんです
00:56
I even偶数 have持ってる dreams thatそれ take取る place場所 in landscapes風景
ハンガリー映画で見た記憶のある風景が
01:00
I recognize認識する asとして theその landscapes風景 of Hungarianハンガリー人 films映画,
夢に出てきたことさえあります
01:02
especially特に theその early早い movies映画 of Miklosマイクロス Jancsoジャンクソ.
とりわけミクローシュ・ヤンチョー監督の
初期の映画からね
01:06
Soそう, howどうやって do行う I explain説明する thisこの mysterious不思議な affinity親和性?
このハンガリーに対する不思議な親近感は
どこから来るのでしょうかね?
01:09
Maybe多分 it'sそれは becauseなぜなら myじぶんの nativeネイティブ state状態 of South Carolinaキャロライナ,
私の地元が
サウスカロライナなせいでしょうか
01:13
whichどの is notない muchたくさん smaller小さい thanより present-day現代 Hungaryハンガリー,
現在のハンガリー国と
さほど変わらない面積ですが
01:18
once一度 imagined想像した aa future未来 forために itself自体 asとして an independent独立した country.
ひとつの国として独立しようと
したことがある州です
01:21
Andそして asとして aa consequence結果 of thatそれ presumption推定,
この思い上がった考えの結末として
01:24
myじぶんの hometown出身地 wasあった burned焼かれた to theその ground接地 by〜によって an invading侵入する army,
私の故郷の街は軍に襲われ
焼け野原になってしまいました
01:26
an experience経験 thatそれ has持っている befallen遭難する manyたくさんの aa Hungarianハンガリー人 townタウン andそして village
これはハンガリーの長い苦難の歴史を通して
戦火に晒されてきた町や村にも
01:30
throughout全体を通して itsその long長いです andそして troubled困った history歴史.
降りかかった事態ですから
01:34
Orまたは maybe多分 it'sそれは becauseなぜなら whenいつ I wasあった aa teenagerティーンエイジャー backバック in theその ''50ss,
それとも
私がまだ10代だった50年代に
01:37
myじぶんの uncle叔父 Henryヘンリー --- having持つ denounced非難された theその Kuくま Kluxクラックス Klanクラン
叔父のヘンリーが
クー・クラックス・クランを糾弾した結果
01:40
andそして beenされている bombed爆撃された forために his troubleトラブル andそして had持っていました crosses十字架 burned焼かれた in his yardヤード,
そのせいでクランから執拗な攻撃を受け
庭で十字架を焼かれたり
01:43
living生活 under death threat脅威 --- took取った his wife andそして children子供 to Massachusettsマサチューセッツ州 forために safety安全性
殺すぞと脅迫される日々の中
妻子をマサチューセッツに逃がした後
01:47
andそして went行った backバック to South Carolinaキャロライナ to face downダウン theその Klanクラン alone単独で.
対決のためサウスカロライナに
単独で戻ってきたことでしょうか
01:51
Thatそれ wasあった aa very非常に Hungarianハンガリー人 thingもの to do行う,
だってこれは非常に
ハンガリー的な行為だからです
01:54
asとして anyone誰でも will意志 attest証明する who remembers覚えている 1956.
1956年を知る人は
誰もがそう証言するでしょう
01:57
Andそして of courseコース, fromから time時間 to time時間 Hungariansハンガリー人
もちろん
ハンガリー人も時には独自の
02:01
have持ってる invented発明された their彼らの own自分の equivalent同等 of theその Klanクラン.
クラン的組織を作ったりしてましたがね
02:04
Wellよく, itそれ seems思われる to me thatそれ thisこの Hungarianハンガリー人 presence存在 in myじぶんの life生活
まあ 私の人生における
ハンガリー人の存在について
02:06
is difficult難しい to accountアカウント forために, butだけど ultimately最終的に I ascribe帰属 itそれ to an admiration感嘆
理由を説明するのは難しいのですが
つまるところ 罪悪感と敗北の歴史に
02:13
forために people with〜と aa complex複合体 moral道徳 awareness意識,
反逆および虚勢とが合わさった
複雑な倫理意識を持つ民族への
02:19
with〜と aa heritage遺産 of guilt罪悪感 andそして defeat敗北 matched一致する by〜によって defiance反抗 andそして bravado勇敢な.
敬愛の念によるものであると
結論づけることにしています
02:22
It'sそれは notない aa typical典型的な mindset考え方 forために most最も Americansアメリカ人,
これは典型的な
アメリカ人の考え方ではありません
02:27
butだけど itそれ is perforceパーフォース typical典型的な of virtually事実上 allすべて Hungariansハンガリー人.
しかし事実 ハンガリー人全体に
共通する必然的典型です
02:30
Soそう, "Yo napotナポット, pacakパカク!"
だから「Jó napot, pacák!」ってね
02:34
I went行った backバック to South Carolinaキャロライナ after some一部 15 years amid中に theその alienエイリアン cornコーン
さて 私は15年間もサウスカロライナを離れ
知らぬ土地で暮らしつないでおりましたが
02:36
at〜で theその tail end終わり of theその 1960ss,
60年代の終わりに帰ってきました
02:41
with〜と theその reckless無謀 condescension軽蔑 of thatそれ era時代
当時の風潮に対し
俺が地元を救ってやるんだって
02:44
thinking考え I would〜する saveセーブ myじぶんの people.
向こう見ずにも上から目線でした
02:47
Never決して mindマインド theその fact事実 thatそれ they彼ら wereあった slowスロー to acknowledge認める they彼ら needed必要な saving貯蓄.
救いが必要だとわかってもらうのに
時間がかかったのはいいとして
02:49
I labored労苦 in thatそれ vineyardブドウ園 forために aa quarter四半期 century世紀 before
25年間ブドウ園で汗を流して働いた後
02:53
making作る myじぶんの way方法 to aa little少し kingdom王国 of theその justちょうど in upstate South Carolinaキャロライナ,
サウスカロライナ州のちょっと北にある
小さな王国に移動しました
02:56
aa Methodist-affiliatedメソジスト・アフィリエイト institution機関 of higher高い learning学習 calledと呼ばれる Woffordワーフォード Collegeカレッジ.
メソジスト系の高等教育機関
ウォフォード・カレッジです
03:00
I knew知っていた nothing何も about Woffordワーフォード
ウォフォードのことは何も知らず
03:04
andそして even偶数 lessもっと少なく about Methodismメソジズム,
メソジスト主義なんてもっとわからない
03:06
butだけど I wasあった reassured安心して on theその first最初 day thatそれ I taught教えた at〜で Woffordワーフォード Collegeカレッジ
けど そこで初めて講義をした日
ほっとしました
03:08
to find見つける, among theその auditors監査人 in myじぶんの classroom教室,
私の授業の聴講者に
90歳のハンガリー人がいたんです
03:12
aa 90-year-old-歳 Hungarianハンガリー人, surrounded囲まれた by〜によって aa bevy群れ of middle-aged中年 Europeanヨーロッパ women女性
『ニーベルングの指輪』の
黄金を守るニンフがごとく周りを固める
03:14
who seemed見えた to function関数 asとして an entourage側近 of Rhinemaidens君子.
中年のヨーロッパ人女性の一団に
囲まれていました
03:21
His name wasあった Sandorサンダー Teszlerテスラー.
彼の名前はシャンドー・テスラ
03:23
He wasあった aa puckish厄介な widower男やもめ whoseその wife andそして children子供 wereあった deadデッド
妻も子供も亡くし
孫とも遠く離れて暮らしているという
03:26
andそして whoseその grandchildren lived住んでいました far遠い away離れて.
いたずらっ気のある男やもめでした
03:30
In appearance外観, he resembled似ている Mahatmaマハマ Gandhiガンジー,
マハトマ・ガンジーから
ふんどしを引いて
03:33
minusマイナス theその loinclothふわふわ, plusプラス orthopedic整形外科 bootsブーツ.
歩行補助ブーツを足したような
風貌でした
03:36
He had持っていました beenされている bornうまれた in 1903 in theその provinces
テスラ氏は 1903年
のちにユーゴスラビアになった
03:39
of theその old古い Austro-Hungarianオーストリアハンガリー人 Empire帝国,
旧オーストリア=ハンガリー帝国の領地で
03:43
in what later後で would〜する become〜になる Yugoslaviaユーゴスラビア.
生まれました
03:45
He wasあった ostracized追放された asとして aa child, notない becauseなぜなら he wasあった aa Jewユダヤ人 ---
子供の頃は孤立していました
ユダヤ人だからではありません
03:48
his parents weren'tなかった very非常に religious宗教的 anyhowとにかく ---
そもそも熱心なユダヤ教の
家庭ではなかったし
03:51
butだけど becauseなぜなら he had持っていました beenされている bornうまれた with〜と two clubクラブ feetフィート,
両足が先天性内反足だったからです
03:52
aa condition調子 whichどの, in thoseそれら days日々, required必須 institutionalization制度化
当時は こういった病気の子供は
入院させられ
03:55
andそして aa succession継承 of painful痛い operationsオペレーション betweenの間に theその ages年齢 of one1 andそして 11.
1歳から11歳の間にものすごく痛い
手術を何度も受けねばなりませんでした
04:00
He went行った to theその commercial商業の businessビジネス high高い school学校 asとして aa young若い manおとこ
成長した彼はブダベストの
商業高校に通いました
04:04
in Budapestブダペスト, andそして thereそこ he wasあった asとして smartスマート asとして he wasあった modest控えめな
頭もよく おとなしい生徒で
04:07
andそして he enjoyed楽しんだ aa considerableかなりの success成功. Andそして after graduation卒業
かなりの優秀な成績で卒業した後
04:12
whenいつ he went行った into textile繊維 engineeringエンジニアリング, theその success成功 continued続ける.
繊維技術業に進み
そこでも続けて成功を収めました
04:15
He built建てられた one1 plant工場 after another別の.
工場を次々に建て
04:18
He married既婚 andそして had持っていました two sons息子. He had持っていました friends友達 in high高い places場所 who
結婚して 二人の息子をもうけ
有力者に友人がいたお陰で
04:20
assured保証された him thatそれ he wasあった of greatすばらしいです value to theその economy経済.
国の経済界の中でも安泰でした
04:23
Once一度, asとして he had持っていました left instructions指示 to have持ってる done完了,
ある時 部下に指示を出して帰った後
04:26
he wasあった summoned召喚された in theその middle中間 of theその night by〜によって theその night watchmanウォッチマン at〜で one1 of his plants植物.
真夜中に 夜間警備員に
呼び出されたそうです
04:31
Theその night watchmanウォッチマン had持っていました caught捕らえられた an employee従業員 who wasあった stealing窃盗 socks靴下 ---
靴下を盗もうとしている
従業員を捕まえたためです
04:34
itそれ wasあった aa hosiery靴下 millミル, andそして he simply単に backed支持された aa truckトラック upアップ to theその loading読み込み中 dockドック
そこは靴下工場でした
積み込み場にトラックを後ろから入れ
04:39
andそして wasあった shovelingシャベル in mountains山々 of socks靴下.
大量の靴下を積み込んでいて
捕まったのです
04:42
Mr. Teszlerテスラー went行った downダウン to theその plant工場 andそして confronted直面した theその thief泥棒 andそして said前記,
テスラ氏は工場に出向き
盗人に向かってこう言ったそうです
04:43
"Butだけど whyなぜ do行う you君は stealスチール fromから me? Ifif you君は need必要 moneyお金 you君は have持ってる onlyのみ to ask尋ねる."
「どうして盗むんだね?金が要るなら
頼みに来ればいいだけだろう」
04:47
Theその night watchmanウォッチマン, seeing見る howどうやって thingsもの wereあった going行く andそして waxingワックス indignant憤慨する,
ことの次第を見ていた警備員は
憤然として言いました
04:52
said前記, "Wellよく, we're私たちは going行く to callコール theその police警察, aren'tない we我々?"
「では 警察を呼びますよね?」
04:56
Butだけど Mr. Teszlerテスラー answered答えた, "Noいいえ, thatそれ will意志 notない be〜する necessary必要.
しかしテスラ氏は
「いや それは必要ない
04:58
He will意志 notない stealスチール fromから us米国 again再び."
彼はもうここで盗みをはたらくことはない」
05:01
Wellよく, maybe多分 he wasあった tooあまりにも trusting信頼する, becauseなぜなら he stayed滞在した whereどこで he wasあった
お人よし過ぎたのかもしれません
ナチスのオーストリア併合後も
05:03
long長いです after theその Naziナチ Anschlussアンサンブル in Austriaオーストリア
さらに ブダペストで人々が逮捕され
05:08
andそして even偶数 after theその arrests逮捕 andそして deportations追放 began始まった in Budapestブダペスト.
追放され始めた頃になっても
逃げずに留まっていたし
05:10
He took取った theその simple単純 precaution予防措置 of having持つ cyanideシアン化物 capsulesカプセル placed置いた in locketsロケット
いざというときに対しても
青酸カプセルをロケットに入れて
05:15
thatそれ couldできた be〜する worn着用した about theその necks of himself彼自身 andそして his family家族.
家族全員が首にかけるという
簡単な対策のみでした
05:19
Andそして then次に one1 day, itそれ happened起こった: he andそして his family家族 wereあった arrested逮捕された
そしてある日 とうとう事が起きました
彼も家族も捕えられ
05:22
andそして they彼ら wereあった taken撮影 to aa death house on theその Danubeダヌベ.
ドナウ川の死のキャンプに
連れて行かれたのです
05:26
In thoseそれら early早い days日々 of theその Final最後の Solution溶液, itそれ wasあった handcrafted手作り brutality残忍;
「ユダヤ人問題の最終的解決策」
初期の頃で 直接手を下す残虐行為
05:29
people wereあった beaten殴られた to death andそして their彼らの bodies tossed投げた into theその river.
死ぬまで打たれた後
死体は川に投げ捨てられました
05:33
Butだけど noneなし who entered入った thatそれ death house had持っていました everこれまで come来る outでる alive生きている.
この死のキャンプに入ったが最後
生きて出た人はいませんでした
05:37
Andそして in aa twistねじれ you君は would〜する notない believe信じる in aa Stevenスティーブン Spielbergスピルバーグ film ---
ここで スティーブン・スピルバーグ映画
でもありえないような展開が起こります
05:41
theその Gauleiterガレリア who wasあった overseeing監督 thisこの brutal残忍な beating打つ wasあった theその very非常に same同じ thief泥棒
この残忍な処刑行為を監督していた
ナチスの長官が なんと
05:45
who had持っていました stolen盗まれた socks靴下 fromから Mr. Teszler'sテスラーの hosiery靴下 millミル.
テスラ氏の工場から靴下を盗んだ
男だったのです
05:50
Itそれ wasあった aa brutal残忍な beating打つ. Andそして midway途中の throughを通して thatそれ brutality残忍,
残虐なむち打ちの刑でした
その真っ只中に
05:54
one1 of Mr. Teszler'sテスラーの sons息子, Andrewアンドリュー, looked見た upアップ andそして said前記,
テスラ氏の息子の一人 アンドリューが
父を見上げて言いました
05:59
"Is itそれ time時間 to take取る theその capsuleカプセル now, Papaパパ?"
「パパ そろそろカプセルを飲むときかな?」
06:02
Andそして theその Gauleiterガレリア, who afterwardsその後 vanishes消える fromから thisこの storyストーリー,
すると長官が来て
ちなみにその後二度と話に登場しませんが
06:05
leaned痩せた downダウン andそして whisperedささやいた into Mr. Teszler'sテスラーの ear,
身をかがめ テスラ氏の耳元で
06:09
"Noいいえ, do行う notない take取る theその capsuleカプセル. Help助けて is on theその way方法."
「いや カプセルは飲むな
助けがもうすぐ来る」と囁き
06:12
Andそして then次に resumed再開 theその beating打つ.
むち打ちを再開したのです
06:15
Butだけど help助けて wasあった on theその way方法, andそして shortlyまもなく afterwardsその後
そして本当に助けが来ました
それから間もなく
06:17
aa car arrived到着した fromから theその Swissスイス Embassy大使館.
スイス大使館から車が来て
06:19
They彼ら wereあった spirited激しい to safety安全性. They彼ら wereあった reclassified再分類された asとして Yugoslavユーゴスラビア citizens市民
家族ごと安全な場所に移されたのです
ユーゴスラビア市民として再区分され
06:22
andそして they彼ら managed管理された to stay滞在 one1 stepステップ ahead前方に of their彼らの pursuers追求者
戦時中は ぎりぎり
追っ手から逃がれつづけ
06:26
forために theその duration期間 of theその War戦争, surviving生き残る burnings燃え尽きる andそして bombings爆撃
戦火や爆撃の中を生き延びましたが
06:29
andそして, at〜で theその end終わり of theその War戦争, arrest逮捕 by〜によって theその Sovietsソビエト.
大戦の最後に ソビエト軍に
捕えられます
06:33
Probably多分, Mr. Teszlerテスラー had持っていました gotten得た some一部 moneyお金 into Swissスイス bankバンク accountsアカウント
おそらく テスラ氏はスイス銀行に
いくらか蓄えがあったのでしょうね
06:35
becauseなぜなら he managed管理された to take取る his family家族 first最初 to Greatすばらしいです Britain英国,
家族を連れて英国に逃げた後
06:39
then次に to Long長いです Island andそして then次に to theその centerセンター of theその textile繊維 industry業界 in theその Americanアメリカ人 South.
ロングアイランドへ 続いて
アメリカ南部の繊維産業中心地に
06:43
Whichどの, asとして chanceチャンス would〜する have持ってる itそれ, wasあった Spartanburgスパルタンバーグ, South Carolinaキャロライナ,
そこが 偶然 サウスカロライナの
スパータンバーグでした
06:47
theその locationロケーション of Woffordワーフォード Collegeカレッジ.
ウォフォード・カレッジの所在地です
06:51
Andそして thereそこ, Mr. Teszlerテスラー began始まった allすべて over以上 again再び andそして once一度 again再び achieved達成された immense巨大 success成功,
そこでテスラ氏はまた一からやり直し
再びめざましい成功を収めました
06:53
especially特に after he invented発明された theその processプロセス
特に ダブル・ニットと言う
06:59
forために manufacturing製造 aa new新しい fabricファブリック calledと呼ばれる double-knitダブルニット.
新しい生地の製造方法を編み出した後は
大成功でした
07:01
Andそして then次に in theその late遅く 1950ss, in theその aftermath余波 of Brown褐色 vv. Boardボード of Education教育,
時は流れ 1950年代後半
ブラウン対教育委員会裁判の余波の中
07:04
whenいつ theその Klanクラン wasあった resurgent復活する allすべて over以上 theその South,
クー・クラックス・クランが
南部いたる所で再興していました
07:11
Mr. Teszlerテスラー said前記, "I have持ってる heard聞いた thisこの talkトーク before."
この状況に テスラ氏は
「どこかで聞いたことのある話だ」と
07:14
Andそして he calledと呼ばれる his top assistantアシスタント to him andそして asked尋ねた,
つぶやいたそうです
一番の部下を呼びこう訊ねました
07:18
"Whereどこで would〜する you君は sayいう, in thisこの region領域, racism人種差別主義 is most最も virulent毒性?"
「この地域で人種差別が一番
ひどいのはどこだね?」
07:23
"Wellよく, I don'tしない rightly正しく know知っている, Mr. Teszlerテスラー. I reckon計算する thatそれ would〜する be〜する Kings王様 Mountain."
「テスラさん 正確には分かりませんが
キングスマウンテンだと思います」
07:26
"Good良い. Buy購入 us米国 some一部 land土地 in Kings王様 Mountain
「よろしい では
キングスマウンテンに土地を買って
07:31
andそして announce発表する we我々 are going行く to buildビルドする aa majorメジャー plant工場 thereそこ."
そこに大規模な工場を建てると
発表しなさい」
07:35
Theその manおとこ didした asとして he wasあった told言った, andそして shortlyまもなく afterwardsその後,
部下はその通りにし
その後まもなく
07:37
Mr. Teszlerテスラー received受け取った aa visit訪問 fromから theその white mayor市長 of Kings王様 Mountain.
キングスマウンテンの白人の市長が
テスラ氏を訪問しました
07:40
Now, you君は should〜すべき know知っている thatそれ at〜で thatそれ time時間,
さて
ここでご注意いただきたいのですが
07:44
theその textile繊維 industry業界 in theその South wasあった notoriously悪名高い segregated分離された.
当時南部の繊維産業は
ひどい人種隔離で知られていました
07:47
Theその white mayor市長 visited訪問した Mr. Teszlerテスラー andそして said前記,
白人市長がテスラ氏に
07:50
"Mr. Teszlerテスラー, I trust信頼 you君はre going行く to be〜する hiring雇用 aa lotロット of white workers労働者."
「テスラさん お宅の工場では白人を沢山
雇っていただけますよね」
07:54
Mr. Teszlerテスラー told言った him, "You君は bring持参する me theその bestベスト workers労働者 thatそれ you君は canできる find見つける,
テスラ氏は答えます「この地区で
最高の労働者を見つけてきてくれたまえ
07:57
andそして ifif they彼ら are good良い enough十分な, I will意志 hire雇う themそれら."
仕事ができるなら雇うとも」
08:01
He alsoまた、 received受け取った aa visit訪問 fromから theその leaderリーダー of theその black communityコミュニティ,
また 黒人コミュニティのリーダーである
牧師もテスラ氏を訪問しました
08:03
aa minister大臣, who said前記, "Mr. Teszlerテスラー, I sure確かに hope希望 you'reあなたは going行く to
「テスラさん お宅の新しい工場では
08:08
hire雇う some一部 black workers労働者 forために thisこの new新しい plant工場 of yoursあなたの."
黒人も雇っていただけますよね」
08:10
He got持っている theその same同じ answer回答: "You君は bring持参する theその bestベスト workers労働者 thatそれ you君は canできる find見つける,
答えは同じでした
「最高の労働者を見つけてきてくれたまえ
08:12
andそして ifif they彼ら are good良い enough十分な, I will意志 hire雇う themそれら."
仕事ができるなら雇うとも」
08:16
Asとして itそれ happens起こる, theその black minister大臣 didした his jobジョブ betterより良い thanより theその white mayor市長,
ここで 黒人牧師は白人市長よりも
いい結果を出したわけですが
08:19
butだけど that'sそれは neitherどちらも hereここに orまたは thereそこ.
どっちか片方のみではなく
08:22
Mr. Teszlerテスラー hired雇われた 16 men男性: eight8 white, eight8 black.
白人8人 黒人8人の
16人が採用されました
08:23
They彼ら wereあった to be〜する his seedシード groupグループ, his future未来 foremen職員.
テスラ氏の生え抜きチームとして
いずれ監督を任せる人材です
08:27
He had持っていました installedインストール済み theその heavyヘビー equipment装置 forために his new新しい processプロセス
キングスマウンテン近郊の
ある使われなくなった店舗に
08:30
in an abandoned放棄された store格納 in theその vicinity近傍 of Kings王様 Mountain,
新しい製造過程に使う
重機を入れ
08:33
andそして forために two months数ヶ月 theseこれら 16 men男性 would〜する liveライブ andそして work作業 together一緒に,
そこで16人の作業員が2か月間
住み込みで働き
08:36
masteringマスタリング theその new新しい processプロセス.
新工程を習得するのです
08:39
He gathered集まった themそれら together一緒に after an initial初期 tourツアー of thatそれ facility施設
初日の施設内ツアーを終えた後
全員を集めて
08:40
andそして he asked尋ねた ifif thereそこ wereあった anyどれか questions質問.
質問はないかと尋ねました
08:44
Thereそこ wasあった hemming裾上げ andそして hawingハワイ andそして shufflingシャッフリング of feetフィート,
咳払い 口ごもる者や
そわそわし出す者
08:46
andそして then次に one1 of theその white workers労働者 stepped足踏みした forward前進 andそして said前記,
その中で白人の従業員が
前に出て言いました
08:48
"Wellよく, yeahええ. We我々veve looked見た at〜で thisこの place場所 andそして there'sそこに onlyのみ one1 place場所 to sleep睡眠,
「えっと 施設内を見ましたが
寝る場所は一箇所しかない
08:53
there'sそこに onlyのみ one1 place場所 to eat食べる, there'sそこに onlyのみ one1 bathroomバスルーム,
食べる場所も一つ
便所も一つ
08:56
there'sそこに onlyのみ one1 water fountain噴水. Is thisこの plant工場 going行く to be〜する integrated統合された orまたは what?"
水飲み器も一つだけ
この工場は人種混合ってわけですかい?」
08:59
Mr. Teszlerテスラー said前記, "You君は are beingであること paid支払った twice二度 theその wages賃金 of anyどれか otherその他 textile繊維 workers労働者 in thisこの region領域
テスラ氏の答えは「君らは この辺の繊維業の
誰と比べても倍の賃金をもらっている
09:05
andそして thisこの is howどうやって we我々 do行う businessビジネス. Do行う you君は have持ってる anyどれか otherその他 questions質問?"
これが我々のやり方だ
他に質問は?」
09:10
"Noいいえ, I reckon計算する I don'tしない."
「いえ ありませんです」
09:14
Andそして two months数ヶ月 later後で whenいつ theその mainメイン plant工場 opened開かれた
2か月後 主要工場が開設され
09:15
andそして hundreds数百 of new新しい workers労働者, white andそして black,
何百もの新米工員が
白人も 黒人も
09:19
poured注がれた in to see見る theその facility施設 forために theその first最初 time時間,
初の施設見学に
なだれ込んできました
09:21
they彼ら wereあった met会った by〜によって theその 16 foremen職員, white andそして black, standing立っている shoulderショルダー to shoulderショルダー.
白人と黒人16人の監督が
肩を並べて迎え入れます
09:23
They彼ら touredツアー theその facility施設 andそして wereあった asked尋ねた ifif thereそこ wereあった anyどれか questions質問, andそして
中を案内し
質問はないかどうか尋ねました
09:29
inevitably必然的に theその same同じ question質問 arose起きた:
当然 同じ質問が来ます
09:33
"Is thisこの plant工場 integrated統合された orまたは what?"
「この工場は人種混合ってわけですかい?」
09:34
Andそして one1 of theその white foremen職員 stepped足踏みした forward前進 andそして said前記,
すると白人監督の一人が
前に出て言いました
09:36
"You君は are beingであること paid支払った twice二度 theその wages賃金 of anyどれか otherその他 workers労働者
「君らは この辺の繊維業の誰と比べても
09:39
in thisこの industry業界 in thisこの region領域 andそして thisこの is howどうやって we我々 do行う businessビジネス.
倍の賃金をもらっている
そしてこれが我々のやり方だ
09:43
Do行う you君は have持ってる anyどれか otherその他 questions質問?"
他に質問は?」
09:47
Andそして thereそこ wereあった noneなし. In one1 fell落ちた swoop急降下,
誰も何も言いませんでした
こうしてテスラ氏が
09:49
Mr. Teszlerテスラー had持っていました integrated統合された theその textile繊維 industry業界 in thatそれ part of theその South.
その地域の繊維業の人種統合を
一挙にやってのけたという話です
09:53
Itそれ wasあった an achievement成果 worthy価値がある of Mahatmaマハマ Gandhiガンジー,
マハトマ・ガンジー並みの功績でした
09:57
conducted導かれた with〜と theその shrewdness臆病 of aa lawyer弁護士 andそして theその idealism理想主義 of aa saint聖人.
聖人並みの理想と 弁護士並みの手腕で
やってのけたわけです
10:00
In his eighties80年代, Mr. Teszlerテスラー, having持つ retired引退した fromから theその textile繊維 industry業界,
テスラ氏は80歳を超えると
繊維業から引退して
10:04
adopted採用 Woffordワーフォード Collegeカレッジ,
ウォフォード・カレッジに
来るようになり
10:10
auditing監査 coursesコース everyすべて semester学期,
毎学期欠かさず
聴講を続けました
10:12
andそして becauseなぜなら he had持っていました aa tendency傾向 to kissキッス anything何でも thatそれ moved移動した,
動くものには何でもキスするという
習性があったので
10:14
becoming〜になる affectionately愛情深く known既知の asとして "Opiオピ" --- whichどの is Magyarマジョール forために grandfather祖父 ---
誰も彼もが親しみを込めて「Opi」
と呼ぶようになりました
10:18
by〜によって allすべて andそして sundry雑貨. Before I got持っている thereそこ, theその libraryとしょうかん of theその collegeカレッジ
おじいさんという意味のマジャール語です
私が来る前 既にカレッジの図書館は
10:22
had持っていました beenされている named名前 forために Mr. Teszlerテスラー, andそして after I arrived到着した in 1993,
テスラ氏にちなんだ名がついており
私が来た1993年には
10:26
theその faculty学部 decided決定しました to honor名誉 itself自体 by〜によって namingネーミング Mr. Teszlerテスラー Professor教授 of theその Collegeカレッジ ---
大学が彼の栄誉にあずかろうと
テスラ氏に教授という呼び名を付けました
10:31
partly部分的に becauseなぜなら at〜で thatそれ pointポイント he had持っていました already既に taken撮影
理由の一つとして
その時 既に彼がカタログ上の
10:36
allすべて of theその coursesコース in theその catalogカタログ, butだけど mainly主に becauseなぜなら
コースを全て受講してしまっていた
というのもありますが
10:39
he wasあった soそう conspicuously目立つ wiser賢明な thanより anyどれか one1 of us米国.
主な理由は 彼が誰よりも際立った
叡智の持ち主だったからです
10:42
To me, itそれ wasあった immensely非常に reassuring安心する thatそれ theその presiding議長 spirit精神
私にとって非常に心強く思えたのは
このサウスカロライナ北部の
10:47
of thisこの little少し Methodistメソジスト collegeカレッジ in upstate South Carolinaキャロライナ
小さなメソジスト大学の
長老的な存在である人物が
10:51
wasあった aa Holocaustホロコースト survivor生存者 fromから Central中央 Europeヨーロッパ.
中央ヨーロッパから来た
ホロコースト生存者だということでした
10:55
Wise賢い he wasあった, indeed確かに, butだけど he alsoまた、 had持っていました aa wonderful素晴らしい senseセンス of humorユーモア.
賢人であることはもちろん
素晴らしいユーモアのセンスの持ち主でした
10:59
Andそして once一度 forために an interdisciplinary学際的 classクラス,
ある総合クラスでのことです
11:03
I wasあった screeningスクリーニング theその opening開ける segmentセグメント of Ingmarイングマー Bergman'sベルクマン "Theその Seventh第七 Sealシール."
イングマール・ベルイマン『第七の封印』
のオープニング部を視聴していました
11:06
Asとして theその medieval中世 knight騎士 Antoniusアントニウス Blockブロック returns返品 fromから theその wild野生 gooseガチョウ chase追跡
中世の騎士アントニウス・ブロックが
無益に終わった遠征から帰国
11:10
of theその Crusades十字軍 andそして arrives到着 on theその rocky岩場 shore海岸 of Swedenスウェーデン,
スウェーデンの海岸に到着します
11:14
onlyのみ to find見つける theその specter幽霊 of death waiting待っている forために him,
そこに待ち受けていたのは死神だった
という部分です
11:17
Mr. Teszlerテスラー sat座っている in theその darkダーク with〜と his fellow仲間 students学生の. Andそして
暗い部屋でテスラ氏は
他の生徒と一緒に座っていました
11:20
asとして death opened開かれた his cloak隠す to embrace擁する theその knight騎士
死神がマントを開きアントニウスに
恐ろしい死の抱擁を与えたとき
11:24
in aa ghastly恐ろしい embrace擁する, I heard聞いた Mr. Teszler'sテスラーの tremulous震える voice音声:
テスラ氏が震える声でつぶやくのが
聞こえました 「おっとっと」
11:28
"Uhああ ohああ," he said前記, "Thisこの doesn'tしない look見える soそう good良い." (Laughter笑い)
「これはまずいことになったなぁ」
(笑)
11:32
Butだけど itそれ wasあった music音楽 thatそれ wasあった his greatest最大 passion情熱, especially特に operaオペラ.
彼が最も熱心だったのは音楽です
特にオペラ
11:36
Andそして on theその first最初 occasion機会 thatそれ I visited訪問した his house, he gave与えた me
初めて彼の家を訪ねたとき
光栄にも
11:43
honor名誉 of deciding決定する what pieceピース of music音楽 we我々 would〜する listen聴く to.
かける音楽を選んでいいと言われ
11:46
Andそして I delighted喜んで him by〜によって rejecting拒否する "Cavalleriaキャバリア Rusticana錆びた"
『カヴァレリア・ルスティカーナ』を
蹴って ベーラ・バルトークの
11:50
in favor好意 of Belaベラ Bartok'sバートクの "Bluebeard'sブルービアーズ Castle."
『青ひげ公の城』を選んだので
非常に喜ばれました
11:54
I love Bartok'sバートクの music音楽, asとして didした Mr. Teszlerテスラー,
私はバルトークの音楽が大好きです
テスラ氏もそうで
11:57
andそして he had持っていました virtually事実上 everyすべて recording録音 of Bartok'sバートクの music音楽 everこれまで issued発行済み.
発売されたレコードは一枚一枚
全て揃えておいででした
12:00
Andそして itそれ wasあった at〜で his house thatそれ I heard聞いた forために theその first最初 time時間
バルトークのピアノ協奏曲第3番を
12:04
Bartok'sバートクの Third三番 Pianoピアノ Concerto協奏曲 andそして learned学んだ fromから
初めて聞いたのもテスラ氏の家です
12:06
Mr. Teszlerテスラー thatそれ itそれ had持っていました beenされている composed構成された in nearby近所の Ashevilleアッシュビル, North Carolinaキャロライナ
この曲が バルトークの死ぬ直前の年に
ノースカロライナのアシュビルで
12:09
in theその last最終 year of theその composer's作曲家の life生活.
書かれたものだと教えてもらいました
12:14
He wasあった dying死ぬ of leukemia白血病 andそして he knew知っていた itそれ,
白血病でもうすぐ死ぬと
わかっていたバルトークが
12:16
andそして he dedicated専用 thisこの concerto協奏曲 to his wife,
妻でコンサートピアニストだった
12:19
Ditaディータ, who wasあった herself自分自身 aa concertコンサート pianistピアニスト.
ディッタに捧げた曲です
12:22
Andそして into theその slowスロー, second二番 movement移動, markedマークされた "adagioアダージョ religioso信仰の自由,"
アダージョ・レリジオーソの
ゆったりとした第二楽章では
12:25
he incorporated組み込まれた theその sounds of birdsongバードソン thatそれ he heard聞いた
彼にとって最後の春だと
わかっていたある日
12:29
outside外側 his window in what he knew知っていた would〜する be〜する his last最終 spring;
窓の外でさえずっていた鳥の歌声を
表現したそうです
12:33
he wasあった imagining想像する aa future未来 forために her彼女 in whichどの he would〜する play遊びます noいいえ part.
彼自身はもう存在していない
妻の未来を想像して書いたこの楽曲
12:36
Andそして clearlyはっきりと thisこの composition組成 is his final最後の statementステートメント to her彼女 ---
これは明らかに 妻へ宛てた
最後の言葉でもありました
12:42
itそれ wasあった first最初 performed実行した after his death ---
バルトークの死後
初めて演奏され
12:48
andそして throughを通して her彼女 to theその world世界.
妻の手で世に出されたのです
12:50
Andそして justちょうど asとして clearlyはっきりと, itそれ is saying言って, "It'sそれは okayはい. Itそれ wasあった allすべて soそう beautiful綺麗な.
遺言であることと同様に はっきりと
こんなメッセージも含まれています
12:52
Wheneverいつでも you君は hear聞く thisこの, I will意志 be〜する thereそこ."
「もうこれでいい 君との日々は最高だった
この曲が流れるときはいつも傍にいるから」
12:59
Itそれ wasあった onlyのみ after Mr. Teszler'sテスラーの death thatそれ I learned学んだ
テスラ氏の死後になって
初めて知ったのですが
13:03
thatそれ theその markerマーカー on theその grave of Belaベラ Bartokバルトーク in Hartsdaleハーツデール, New新しい Yorkヨーク
ニューヨークのハーツデールにある
ベーラ・バルトークの墓碑は
13:08
wasあった paid支払った forために by〜によって Sandorサンダー Teszlerテスラー. "Yo napotナポット, Belaベラ!"
テスラ氏が寄贈したものだそうです
「Jó napot, ベーラ!」
13:12
Notない long長いです before Mr. Teszlerテスラーss own自分の death at〜で theその age年齢 of 97,
自身が97歳で亡くなる少し前
13:17
he heard聞いた me holdホールド forth前進 on human人間 iniquity不法.
講義を聴きに来てくれました
テーマは人間の邪悪さ
13:22
I delivered配信された aa lecture講義 in whichどの I described記載された history歴史
歴史というものは概して
13:26
asとして, on theその whole全体, aa tidal wave of human人間 suffering苦しみ andそして brutality残忍,
人類の苦難と残虐性の
津波のようなものであると熱弁しました
13:28
andそして Mr. Teszlerテスラー came来た upアップ to me afterwardsその後 with〜と gentle優しい reproach非難する andそして said前記,
終わった後 テスラ氏が来て
優しい叱責を込めてこう言いました
13:32
"You君は know知っている, Doctor医師, human人間 beings存在 are fundamentally根本的に good良い."
「いいかい 博士 人間というものは
本質的に善いものなんだよ」
13:37
Andそして I made aa vow誓い to myself私自身, then次に andそして thereそこ,
その時 その場所で
私は自分に誓いを立てました
13:43
thatそれ ifif thisこの manおとこ who had持っていました suchそのような cause原因 to think思う otherwiseさもないと
ここまで 人間は悪だと考えても
おかしくない体験をしてきたこの人が
13:47
had持っていました reached到達した thatそれ conclusion結論,
そういう結論に至るのなら
13:51
I would〜する notない presume推定する to differ異なる until〜まで he released解放された me fromから myじぶんの vow誓い.
彼がこの誓いから解放してくれるまで
この論には反対するまい と
13:53
Andそして now he's彼は deadデッド, soそう I'm私は stuck立ち往生 with〜と myじぶんの vow誓い.
テスラ氏が亡き今
この誓いに縛られてしまっています
13:57
"Yo napotナポット, Sandorサンダー!"
「Jó napot シャンドー!」
14:01
I thought思想 myじぶんの skeinかせ of Hungarianハンガリー人 mentorsメンター had持っていました come来る to an end終わり,
彼の死で ハンガリー人との師弟関係の
糸が切れたと思ったその時
14:03
butだけど almostほぼ immediatelyすぐに I met会った Francisフランシス Robicsekロビセク, aa Hungarianハンガリー人 doctor医師 ---
間をあけずにフランシス・ロボチェック
というハンガリー人医師と出会いました
14:07
actually実際に aa heartハート surgeon外科医 in Charlotteシャーロット, North Carolinaキャロライナ, then次に in his late遅く seventies70年代 ---
ノースカロライナのシャーロットで
心臓外科医をしている70歳台後半の先生で
14:14
who had持っていました beenされている aa pioneerパイオニア in open-heartオープンハート surgery手術,
開心術の先駆者となった人です
14:18
andそして, tinkering微妙な away離れて in his garageガレージ behind後ろに his house,
家の裏のガレージで機械をいじり
14:20
had持っていました invented発明された manyたくさんの of theその devicesデバイス thatそれ are standard標準 parts部品 of thoseそれら procedures手順.
直視下心臓手術では標準器具となる
装置をいくつも発明しました
14:24
He's彼は alsoまた、 aa prodigious驚異的な artアート collectorコレクタ, beginning始まり asとして an internインターン in Budapestブダペスト
驚異的な芸術品コレクターでもありました
ブダペストでのインターン時代からずっと
14:29
by〜によって collecting収集する 16th-また、 andそして 17th-century世紀 Dutchオランダの artアート andそして Hungarianハンガリー人 paintingペインティング,
16・17世紀のオランダの芸術品や
ハンガリー絵画を蒐集し続け
14:34
andそして whenいつ he came来た to thisこの country moving動く on to Spanishスペイン語 colonialコロニアル artアート,
アメリカに来てからは
スパニッシュ・コロニアルアート
14:38
Russianロシア iconsアイコン andそして finally最後に Mayanマヤ ceramicsセラミックス.
ロシアのイコン そしてついには
マヤの陶器に手を広げていました
14:43
He's彼は theその author著者 of sevenセブン books, six6 of themそれら on Mayanマヤ ceramicsセラミックス.
彼の著書7冊のうち
6冊がマヤ陶器についてです
14:46
Itそれ wasあった he who broke壊れた theその Mayanマヤ codexコーデックス, enabling可能にする scholars学者 to relate関連する
マヤ陶器に描かれた絵文字と
古文書の象形文字との関連性を
14:49
theその pictographs絵文字 on Mayanマヤ ceramicsセラミックス to theその hieroglyphs象形文字 of theその Mayanマヤ scriptスクリプト.
学者達に示し
マヤの絵文書を解読したのもこの人です
14:53
On theその occasion機会 of myじぶんの first最初 visit訪問, we我々 touredツアー his house
初めて博士のお宅にお邪魔したとき
家中を案内してもらい
14:57
andそして we我々 saw見た hundreds数百 of works作品 of museum博物館 quality品質,
美術館レベルの芸術作品が
何百と並んでいました
15:00
andそして then次に we我々 paused一時停止した in frontフロント of aa closed閉まっている doorドア andそして Drドクター. Robicsekロビセク said前記,
そして あるドアの前で立ち止まりました
博士がそれは誇らしげに
15:03
with〜と obvious明らか pride誇り, "Now forために theその pieceピース de resistance抵抗."
「さあこの先はレジスタンス作品だ」
15:08
Andそして he opened開かれた theその doorドア andそして we我々 walked歩いた into aa
と言ってドアを開け
入ったのは
15:11
windowless窓なし 20-by-また、20-foot-足 roomルーム with〜と shelves fromから floor to ceiling天井, andそして
6メートル四方の窓のない部屋で
床から天井まで壁一面ぎっしり
15:14
crammed詰め込まれた on everyすべて shelf his collectionコレクション of Mayanマヤ ceramicsセラミックス.
マヤ陶器のコレクションで
埋まっていました
15:20
Now, I know知っている absolutely絶対に nothing何も about Mayanマヤ ceramicsセラミックス,
私はマヤの陶器について
本当に何もわかりませんが
15:22
butだけど I wanted欲しい to be〜する asとして ingratiating妊娠する asとして possible可能 soそう I said前記,
出来るだけご機嫌を取りたくて
15:24
"Butだけど Drドクター. Robicsekロビセク, thisこの is absolutely絶対に dazzling眩しい."
「しかし博士 これは全くもって
お見事ですな」
15:27
"Yesはい," he said前記. "Thatそれ is what theその Louvreルーバー said前記.
「うむ」と博士
「ルーブル美術館も同じことを言った
15:31
They彼ら would〜する notない leave離れる me alone単独で until〜まで I let〜する themそれら have持ってる aa pieceピース,
品の一つをやるまで
しつこくつきまとわれたよ
15:34
butだけど itそれ wasあった notない aa good良い one1." (Laughter笑い)
大した品ではなかったがね」
(笑)
15:38
Wellよく, itそれ occurred発生した to me thatそれ I should〜すべき invite招待する Drドクター. Robicsekロビセク
そこで博士を ウォフォードに招待して
講義をしてもらおうと思いたちました
15:40
to lecture講義 at〜で Woffordワーフォード Collegeカレッジ on --- what elseelse?
テーマはレオナルド・ダ・ヴィンチ
これしかない
15:44
--- Leonardoレオナルド da Vinciヴィンチ. Andそして furtherさらに, I should〜すべき invite招待する him to meet会う
更に 私の長年の付き合いの
管財人にも紹介することにしました
15:47
myじぶんの oldest最も古い trustee受託者, who had持っていました majored専攻 in Frenchフランス語 history歴史 at〜で Yaleイェール
この方はもう70数年前
イェール大学でフランス史を専攻
15:51
some一部 70-odd-odd years before andそして, at〜で 89, stillまだ ruled支配 theその world's世界の
そして89歳にして なお
民間では世界最大の
15:55
largest最大 privately私的に owned所有している textile繊維 empire帝国 with〜と an iron handハンド.
繊維業帝国を自らの手で
率いている
16:00
His name is Rogerローガー Millikenミリケン. Andそして Mr. Millikenミリケン agreed同意した,
ロジャー・ミルケンという方です
ミルケン氏は会ってもよいと
16:05
andそして Drドクター. Robicsekロビセク agreed同意した. Andそして Drドクター. Robicsekロビセク visited訪問した
ロボチェック博士も会ってもよいと
そういうわけで
16:09
andそして delivered配信された theその lecture講義 andそして itそれ wasあった aa dazzling眩しい success成功.
博士が来て講義をされました
これまた 見事な大成功でした
16:12
Andそして afterwardsその後 we我々 convened招集された at〜で theその President's大統領の House with〜と Drドクター. Robicsekロビセク
講義の後 学長宅にお招きしました
片側にロボチェック博士
16:15
on one1 handハンド, Mr. Millikenミリケン on theその otherその他.
もう片側にミルケン氏
16:19
Andそして itそれ wasあった onlyのみ at〜で thatそれ moment瞬間, asとして we我々 wereあった sitting座っている downダウン to dinnerディナー,
夕食の席につこうとしていたその時
初めて
16:20
thatそれ I recognized認識された theその enormity凶悪 of theその riskリスク I had持っていました created作成した,
自分が招いた事態の重さに
気づいたのです
16:24
becauseなぜなら to bring持参する theseこれら two titansタイタンズ, theseこれら two mastersマスター of theその universe宇宙
この二人の巨人 それぞれ
世界の覇者であるこの二人を
16:26
together一緒に --- itそれ wasあった like好きな introducing導入 Mothraモスラ to Godzillaゴジラ over以上 theその skylineスカイライン of Tokyo東京.
引き合わせるということは 東京上空で
ゴジラとモスラを引き合わせるようなもの
16:30
Ifif they彼ら didn'tしなかった like好きな each otherその他, we我々 couldできた allすべて get取得する trampled踏みつぶされた to death.
もし うまくいかなければ
皆巻き添えで大変なことになる
16:35
Butだけど they彼ら didした, they彼ら didした like好きな each otherその他.
しかし 大丈夫でした
二人は意気投合
16:38
They彼ら got持っている along一緒に famously有名 until〜まで theその very非常に end終わり of theその mealお食事,
もう大いに意気投合されたのですが
会食の最後の最後に
16:40
andそして then次に they彼ら got持っている into aa furious激怒する argument引数.
激しい議論になりました
16:43
Andそして what they彼ら wereあった arguing議論する about wasあった thisこの:
議論の焦点は何かというと
16:45
whetherかどうか theその second二番 Harryハリー Potter陶工 movie映画 wasあった asとして good良い asとして theその first最初. (Laughter笑い)
ハリー・ポッター映画の二作目が
前作並みに良いかどうか です(笑)
16:47
Mr. Millikenミリケン said前記 itそれ wasあった notない. Drドクター. Robicsekロビセク disagreed不一致.
ミルケン氏は二作目は駄目だと言い
博士が異議を唱えました
16:52
I wasあった stillまだ trying試す to take取る in theその notion概念 thatそれ theseこれら titansタイタンズ,
この光景を前に この巨人
世界の覇者である二人が 余暇には
16:57
theseこれら mastersマスター of theその universe宇宙, in their彼らの spareスペア time時間 watch時計 Harryハリー Potter陶工 movies映画,
ハリー・ポッターを観ていることが
信じきれずにいたその時
17:01
whenいつ Mr. Millikenミリケン thought思想 he would〜する win勝つ theその argument引数 by〜によって saying言って,
ミルケン氏が議論に勝ったつもりで
こう言いました
17:04
"You君は justちょうど think思う it'sそれは soそう good良い becauseなぜなら you君は didn'tしなかった read読む theその book."
「原作を読んでないから
映画がいいと思えるだけだ」
17:08
Andそして Drドクター. Robicsekロビセク reeled巻き取られた backバック in his chair椅子, butだけど quickly早く gathered集まった his wits知恵,
ロボチェック博士は一瞬 椅子の上で
ひるみましたが すぐ気を取り直し
17:11
leaned痩せた forward前進 andそして said前記, "Wellよく, thatそれ is true真実, butだけど I'll私はよ betベット you君は went行った
身を乗り出して言いました
「それはそうだが 君は映画に
17:15
to theその movie映画 with〜と aa grandchild." "Wellよく, yesはい, I didした," conceded認められた Mr. Millikenミリケン.
孫と一緒に行っただろう」
「その通りだが」とミルケン氏
17:18
"Ahaアハ!" said前記 Drドクター. Robicsekロビセク. "I went行った to theその movie映画 allすべて by〜によって myself私自身." (Laughter笑い) (Applause拍手)
「ほらな!」とロボチェック博士
「私は独りで観に行ったぞ」(笑)(拍手)
17:23
Andそして I realized実現した, in thisこの moment瞬間 of revelation啓示,
この瞬間 私は気づいたのです
17:28
thatそれ what theseこれら two men男性 wereあった revealing明らかにする wasあった theその secret秘密
二人がお互いに明かしているのは
実は彼らの成功の秘密だと
17:33
of their彼らの extraordinary特別な success成功, each in his own自分の right.
それぞれ自分の力で成し遂げた
たぐいまれな成功です
17:37
Andそして itそれ lay寝る precisely正確に in thatそれ insatiable飽くなき curiosity好奇心,
それはまさに
この飽くなき好奇心
17:40
thatそれ irrepressible抑えられない desire慾望 to know知っている, noいいえ matter問題 what theその subject主題,
溢れる知識欲のたまものでした
テーマが何であれ 知りたいという欲求
17:44
noいいえ matter問題 what theその costコスト,
どれだけ金がかかろうと
17:48
even偶数 at〜で aa time時間 whenいつ theその keepersキーパー of theその Doomsday最悪の日 Clockクロック
たとえ世界終末時計の管理者が
17:50
are willing喜んで to betベット even偶数 moneyお金 thatそれ theその human人間 raceレース won't〜されません be〜する aroundまわり
人類は五分五分の確率で
17:53
to imagine想像する anything何でも in theその year 2100, aa scant乏しい 93 years fromから now.
2100年 わずか93年後には
滅亡しているだろうと言ったとしてもです
17:56
"Liveライブ each day asとして ifif itそれ is yourきみの last最終," said前記 Mahatmaマハマ Gandhiガンジー.
ガンジーの名言
「毎日を 明日死ぬと思って生きなさい」
18:01
"Learn学ぶ asとして ifif you'llあなたは liveライブ forever永遠に."
「永遠に生きると思って学びなさい」
18:05
Thisこの is what I'm私は passionate情熱的な about. Itそれ is precisely正確に thisこの.
私の情熱はまさにこの言葉に尽きます
18:07
Itそれ is thisこの inextinguishable消耗しない, undaunted臆病な appetite食欲 forために learning学習 andそして experience経験,
この 知と経験に対する
決して消えることのない 不屈の欲求
18:12
noいいえ matter問題 howどうやって risible立派な, noいいえ matter問題 howどうやって esoteric難解な,
どんなに馬鹿げていても
どんなにマニアックでも
18:21
noいいえ matter問題 howどうやって seditious退屈な itそれ mightかもしれない seem思われる.
どんなに扇動的に思われても
18:23
Thisこの defines定義する theその imagined想像した futures先物 of our我々の fellow仲間 Hungariansハンガリー人 ---
この学ぼうとする意欲が
我らがハンガリー人
18:26
Robicsekロビセク, Teszlerテスラー andそして Bartokバルトーク --- asとして itそれ doesする myじぶんの own自分の.
ロボチェック氏 テスラ氏
バルトーク氏など そして私自身の
18:32
Asとして itそれ doesする, I suspect容疑者, thatそれ of everybodyみんな hereここに.
そしてここにいる皆さんの
思い描く未来を形作るものです
18:37
To whichどの I need必要 onlyのみ add追加する, "Ezエズ aa miミミ munkankムンクンク; eses nemnem is kevesキーボーイ."
ただ一言付け足すとすれば
「Ez a mi munkank; es nem is keves.」
18:41
Thisこの is our我々の task仕事; we我々 know知っている itそれ will意志 be〜する hardハード.
「これが我々の課題である
困難であることはわかっている」
18:47
"Ezエズ aa miミミ munkankムンクンク; eses nemnem is kevesキーボーイ. Yo napotナポット, pacakパカク!" (Applause拍手)
「Ez a mi munkank; es nem is keves.
Jó napot, pacák!」 (拍手)
18:52
Translated by Riaki Ponist
Reviewed by Misaki Sato

▲Back to top

About the speaker:

Ben Dunlap - College president
Ben Dunlap is a true polymath, whose talents span poetry, opera, ballet, literature and administration. He is the president of South Carolina’s Wofford College.

Why you should listen

Ben Dunlap was a dancer for four years with the Columbia City Ballet, kicking off a life of artistic and cultural exploration. A Rhodes Scholar, he did his PhD in English literature at Harvard, and is now the president of Wofford College, a small liberal arts school in South Carolina. He has taught classes on a wide variety of subjects, from Asian history to creative writing.

He's also a writer-producer for television, and his 19-part series The Renaissance has been adopted for use by more than 100 colleges. He has been a Senior Fulbright Lecturer in Thailand and a moderator at the Aspen Institute.

More profile about the speaker
Ben Dunlap | Speaker | TED.com