English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2002

George Dyson: The story of Project Orion

ジョージ・ダイソン「オリオン計画について」

Filmed
Views 788,775

ジョージ・ダイソンが五年後に土星への足がかりとなっていたかもしれない、巨大な核燃料駆動の宇宙船、オリオン計画について語ります。彼の秘めたる考え方とドキュメントの秘密の隠し場は原子力時代の夢を現実のものにします。

- Historian of science
In telling stories of technologies and the individuals who created them, George Dyson takes a clear-eyed view of our scientific past -- while illuminating what lies ahead. Full bio

I'm私は aa historian歴史家.
私は歴史家です
00:12
Steveスティーブ told言った us米国 about theその future未来 of little少し technology技術;
スティーブは技術の将来について少し話してくれました
00:14
I'm私は going行く to showショー you君は some一部 of theその past過去 of big大きい technology技術.
私は過去の超技術をお見せしようと思います
00:17
Thisこの wasあった aa projectプロジェクト to buildビルドする aa 4,000-ton-トン nuclear bomb-propelled爆弾推進の spaceship宇宙船
これは4000トンの核パルス推進搭載した宇宙船で
00:21
andそして go行く to Saturn土星 andそして Jupiter木星.
土星と木星へ行く計画でした
00:27
Thisこの took取った place場所 in myじぶんの childhood子供時代 --- 1957 to ''65.
この計画は私の幼少時代 1957から1965年のもので
00:30
Itそれ wasあった deeply深く classified分類された.
機密扱いされていました
00:34
I'm私は going行く to showショー you君は some一部 stuffもの thatそれ notない onlyのみ has持っている notない beenされている declassified機密解除された,
機密区分から外れただけでなく再分類された部分を
00:36
butだけど has持っている now beenされている reclassified再分類された.
いくらかお見せしようと思います
00:40
(Laughter笑い)
(笑)
00:42
Ifif allすべて goes行く wellよく, next year I'll私はよ be〜する backバック andそして I'll私はよ have持ってる aa lotロット moreもっと to showショー you君は,
全てうまくいけば 来年ここでもっと色々お見せできるでしょうが
00:46
andそして ifif allすべて doesn'tしない go行く wellよく, I'll私はよ be〜する in jail刑務所 like好きな Wen Ho Leeリー.
さもないとウェン・ホー・リー同様刑務所にいることでしょう
00:50
(Laughter笑い)
(笑)
00:53
Soそう, thisこの ship wasあった basically基本的に theその sizeサイズ of theその Marriottマライア Hotelホテル,
この宇宙船は基本的にマリオットホテルより若干
00:58
aa little少し taller背の高い andそして aa little少し biggerより大きい.
長く 大きいものです
01:02
Andそして one1 of theその people who worked働いた on itそれ in theその beginning始まり
当初の計画関係者の一人が私の父
01:04
wasあった myじぶんの fatherお父さん, Freemanフリーマン, thereそこ in theその middle中間.
真ん中に見える フリーマンです
01:07
That'sそれは me andそして myじぶんの sisterシスター, Estherエスター, who'sだれの aa frequent頻繁な TEDsterテススター.
こちらは私と私の姉妹エスターでTEDをしばしば...
01:09
I didn'tしなかった like好きな nuclear bomb-propelled爆弾推進の spaceships宇宙船.
核パルス推進の宇宙船は気に入りませんでした
01:12
I mean平均, I thought思想 itそれ wasあった aa greatすばらしいです ideaアイディア, butだけど I started開始した building建物 kayaksカヤック.
素晴らしい考えとは思いましたが 私はカヤックを作り始めました
01:15
Soそう we我々 had持っていました aa few少数 kayaksカヤック.
それで カヤックをいくつか持っていました
01:18
Justちょうど soそう you君は know知っている, I am午前 notない Drドクター. Strangelove奇妙な愛.
要は「博士の異常な愛情」ではないのです
01:20
Butだけど allすべて theその time時間 I wasあった outでる thereそこ doingやっている theseこれら strange奇妙な kayakカヤック voyages航海
しかし当時は常に外に出て世界の奇妙だったり
01:24
in odd奇妙な, beautiful綺麗な parts部品 of thisこの planet惑星,
美しい部分をカヤックで旅している最中も
01:27
I always常に thought思想 in theその backバック of myじぶんの mindマインド about Projectプロジェクト Orionオリオン,
いつも心の内でオリオン計画や 父と関係者が
01:30
andそして howどうやって myじぶんの fatherお父さん andそして his friends友達 wereあった going行く to buildビルドする theseこれら big大きい ships.
そんなに巨大な船をどのように作るのか考えていました
01:33
They彼ら wereあった really本当に going行く to go行く, they彼ら wereあった actually実際に going行く to go行く.
彼らは本当にこの計画を実行しようとしていました
01:37
Tedテッド Taylorテイラー, who ledLED theその projectプロジェクト, wasあった going行く to take取る his children子供.
指揮官のテッド・テイラーは子供を連れて行くつもりで
01:40
Myじぶんの fatherお父さん wasあった notない going行く to take取る his children子供;
私の父にその気はなかったようで
01:42
thatそれ wasあった one1 of theその reasons理由 we我々 sortソート of had持っていました aa falling落下 outでる forために aa few少数 years.
こうして親子の間に数年 ちょっとした溝を生じました
01:44
(Laughter笑い)
(笑)
01:49
Theその projectプロジェクト began始まった in ''57 at〜で General一般 Atomicsアトミック thereそこ.
この計画は1957年にラ・ホイヤの海岸沿いで
01:51
That'sそれは right on theその coast海岸 at〜で La Jollaホラー.
ジェネラル・アトミック社が始めました
01:55
Look見える at〜で thatそれ central中央 building建物 right in theその middle中間 of theその picture画像:
写真の真ん中の建物を見てください
01:57
that'sそれは theその 130-foot-足 diameter直径 libraryとしょうかん,
これは直径約40mもある図書館です
01:59
thatそれ is exactly正確に theその sizeサイズ of theその baseベース of theその spaceship宇宙船.
これは宇宙船底部と当に同じサイズです
02:03
Soそう put置く thatそれ libraryとしょうかん at〜で theその bottom of thatそれ ship ---
この図書館を底部だと考えると
02:06
that'sそれは howどうやって big大きい theその thingもの wasあった going行く to be〜する.
これがこの宇宙船の大きさです
02:08
Itそれ would〜する take取る 2,000 orまたは 3,000 bombs爆弾.
2、3千の爆弾を積む予定でした
02:10
Theその people who worked働いた on itそれ wereあった aa lotロット of theその Losロス Alamosアラモス people
関係者の多くはロスアラモス研究所の
02:13
who had持っていました done完了 theその hydrogen水素 bomb爆弾 work作業.
出身で水素爆弾の経験を有していました
02:15
Itそれ wasあった theその first最初 projectプロジェクト funded資金提供 by〜によって ARPAアルパ.
これは米国防総省後援の初めてのプロジェクトでした
02:17
That'sそれは theその contract契約する whereどこで ARPAアルパ gave与えた theその first最初 million百万 dollarsドル
これが契約書です APRAは数百万ドルの
02:19
to get取得する thisこの thingもの started開始した.
出資をしました
02:22
"Spaceship宇宙船 projectプロジェクト officially正式に begun始まった. Jobジョブ waiting待っている forために you君は. Dysonダイソン."
「宇宙船計画開始 求人 ダイソン」
02:23
That'sそれは July7月 ''58.
これは1958年7月のことです
02:27
Two days日々 later後で, theその spaceスペース traveler's旅行者の manifestoマニフェスト explaining説明する whyなぜ ---
二日後には宇宙飛行声明書が 昨日聞いたように
02:29
justちょうど like好きな we我々 heard聞いた yesterday昨日 --- whyなぜ we我々 need必要 to go行く into spaceスペース:
宇宙に行く理由について説明をしました
02:32
"trips旅行 to satellites衛星 of theその outerアウター planets惑星. August8月 20, 1958."
「地球外の衛星への旅」と発表したのは同年の8月20日
02:36
Theseこれら are theその statistics統計 of what would〜する be〜する theその good良い places場所 to go行く andそして stopやめる. (Laughter笑い)
これは目的地 滞在先に最適な場所を記した統計です
02:40
Some一部 of theその sizesサイズ of theその ships,
宇宙船のいくつかは
02:44
ranging範囲 allすべて theその way方法 upアップ to ship mass質量 of 8 million百万 tonsトン,
8億トンにまで到達していました
02:46
soそう thatそれ wasあった theその outerアウター extreme極端な.
これが究極の型です
02:49
Hereここに wasあった versionバージョン two: 2,000 bombs爆弾.
こちらは二号機で爆弾の数は2000
02:51
Theseこれら are five kilotonキロトン yield産出 bombs爆弾 about theその sizeサイズ of small小さい Volkswagensフォルクスワーゲンズ;
5kt(キロトン)で小型のフォルクスワーゲン程の爆弾です
02:56
itそれ would〜する take取る 800 to get取得する into orbit軌道.
軌道に乗せるにはこれが800個必要だったそうです
03:00
Hereここに we我々 see見る aa 10,000 tonトン ship
10000トンのものがあります 1300トンを
03:03
will意志 deliver配信する 1,300 tonsトン to Saturn土星 andそして backバック;
乗せて土星を往復可能です
03:06
essentially基本的に aa five year trip旅行.
文字通り5年間の旅になります
03:09
Possible可能 departure出発 dates日付: October10月 1960 to February2月 1967. (Laughter笑い)
出発は1960年10月から1967年の2月に設定されていました
03:11
Thisこの is trajectories軌道 going行く to Mars火星;
これは火星への弾道曲線です
03:15
allすべて thisこの wasあった done完了 by〜によって handハンド with〜と slide滑り台 rulesルール.
計算尺は使いましたが手書きです
03:18
Theその little少し Orionオリオン ship
この小さなオリオン船は
03:20
andそして what itそれ would〜する take取る to do行う what Orionオリオン doesする with〜と chemicals薬品:
化学的手段を備えたエンパイアステイトビルのサイズの
03:21
you君は have持ってる aa ship theその sizeサイズ of theその Empire帝国 State状態 Building建物.
オリオンと同じ馬力を出せたそうです
03:24
NASAナサ had持っていました noいいえ interest利子; they彼ら tried試した to kill殺します theその projectプロジェクト.
無関心のNASAは計画をダメに
03:26
Theその people who supportedサポートされる itそれ wereあった theその Air空気 Force,
しようとし これを空軍が支援しました
03:28
whichどの meant意味した thatそれ itそれ wasあった allすべて secret秘密.
つまり全てが機密だったわけです
03:30
Andそして that'sそれは whyなぜ whenいつ you君は get取得する something何か declassified機密解除された,
このため何かが機密扱いから外れると
03:32
that'sそれは what itそれ looks外見 like好きな. (Laughter笑い)
こんな感じになるのです
03:34
Military軍事 weapon武器 versionsバージョン thatそれ wereあった versionsバージョン thatそれ carried運ばれた
軍部仕様は地球の半分を破壊できる
03:37
hydrogen水素 bombs爆弾 thatそれ couldできた destroy破壊する halfハーフ theその planet惑星.
水素爆弾搭載のものです
03:39
There'sそこに another別の versionバージョン thereそこ thatそれ sendsセンド retaliatory報復的 strikesストライク at〜で theその Sovietソビエト Union連合.
もう一つソビエトを報復に爆撃するものもありました
03:41
Thisこの is theその realリアル secret秘密 stuffもの: howどうやって to get取得する directed指示された energyエネルギー explosions爆発
これは機密であったエネルギー指向爆破を作成
03:45
soそう you'reあなたは sending送信 theその energyエネルギー of aa nuclear explosion爆発 ---
核爆破の利用方法です
03:49
notない like好きな justちょうど aa stickスティック of dynamiteダイナマイト,
単なる棒状のダイナマイトとは異なり
03:51
butだけど you'reあなたは directing演出 itそれ at〜で theその ship.
これを宇宙船に向けるのです
03:53
Andそして thisこの is stillまだ aa very非常に activeアクティブ subject主題.
これは未だに利用されています
03:55
It'sそれは quiteかなり dangerous危険な,
きわめて危険ですが
03:57
butだけど I believe信じる it'sそれは betterより良い to have持ってる dangerous危険な thingsもの in theその open開いた
危険因子の公開的な保持は
03:59
thanより think思う you'reあなたは going行く to keepキープ themそれら secret秘密.
非公開よりはましだと考えます
04:01
Thisこの is what's何ですか happened起こった at〜で 600 microsecondsマイクロ秒.
これが600マイクロ秒内に起こるのです
04:03
Theその Air空気 Force started開始した to buildビルドする smaller小さい modelsモデル andそして actually実際に started開始した doingやっている thisこの.
空軍は小型のモデルを開発し実行に移しました
04:05
Theその guysみんな in La Jollaホラー said前記, "We've私たちは got持っている to get取得する started開始した now."
「今こそ始める時だ」とラ・ホイヤの関係者は
04:10
They彼ら built建てられた aa high-explosive高爆発性 propelled推進された modelモデル.
高性能爆弾駆動モデルを作りました
04:13
Theseこれら are stillsスティル fromから film footage映像 thatそれ wasあった saved保存された by〜によって someone誰か
これは破棄予定でしたが何者かによって
04:15
who wasあった supposed想定される to destroy破壊する itそれ butだけど didn'tしなかった
地下で40年間保存されていた
04:19
andそして kept保管 itそれ in their彼らの basement地下 forために theその last最終 40 years.
映像の抜粋の一部です
04:21
Soそう, theseこれら are three-pound3ポンド charges料金 of Cc4;
これは1kg弱のC4(プラスチック爆弾)です
04:23
that'sそれは about 10 times what theその guy had持っていました in his shoes. (Laughter笑い)
これは靴に隠されていたものの10倍に相当します
04:26
Thisこの is Edエド Day puttingパッティング ... Soそう each of theseこれら coffeeコーヒー cans has持っている three poundsポンド of Cc4 in itそれ.
それぞれのコーヒー缶に1kgのC4が詰まっています
04:30
They're彼らは building建物 aa systemシステム thatそれ ejects排出する theseこれら at〜で quarter-second四分の一秒 intervalsインターバル.
彼らは1/4秒毎にこれ射出するシステムを構築していました
04:35
That'sそれは myじぶんの dadパパ in theその sportスポーツ coatコート thereそこ holdingホールディング theその briefcaseブリーフケース.
ブリーフケースを持っているのは父です
04:39
Soそう, they彼ら had持っていました aa lotロット of fun楽しい doingやっている thisこの. Butだけど noいいえ children子供 wereあった allowed許可された;
大人は楽しんだようですが 子供は禁止されていました
04:42
myじぶんの dadパパ couldできた telltell me he wasあった building建物 aa spaceship宇宙船
父は宇宙船の開発と土星への飛行について
04:45
andそして going行く to go行く to Saturn土星,
話すこともできたでしょうが
04:48
butだけど he couldできた notない sayいう anything何でも moreもっと about itそれ.
詳しいことは言いませんでした
04:50
Soそう allすべて myじぶんの life生活 I have持ってる wanted欲しい to find見つける thisこの stuffもの outでる,
今までずっと真相解明を目指し
04:52
andそして spent過ごした theその last最終 four4つの years tracking追跡 theseこれら old古い guysみんな downダウン.
ここ4年間彼らを追い続けてきました
04:54
Theseこれら are stillsスティル fromから theその videoビデオ.
これはビデオの抜粋です
04:56
Jeffジェフ Bezosベゾス kindly親切に, yesterday昨日, said前記
ありがたいことにジェフ・ベゾスは昨日言っていました
04:58
he'll地獄 put置く thisこの videoビデオ upアップ on theその Amazonアマゾン siteサイト --- some一部 little少し clipクリップ of itそれ. (Applause拍手)
「このビデオのクリップをAmazonにアップしとくよ」
05:01
Soそう, thanksありがとう to him.
彼には感謝したいと思います
05:04
They彼ら got持っている quiteかなり serious深刻な about theその engineeringエンジニアリング of thisこの.
制作は真剣に行われていました
05:06
Theその sizeサイズ of thatそれ mass質量, forために us米国, is really本当に large technology技術
この塊は私達にとっては途方もない技術です
05:08
in aa way方法 we're私たちは never決して going行く to go行く backバック to.
こんなもの二度と作りたくありません
05:12
Ifif you君は saw見た theその 1959 ... Thisこの is what itそれ would〜する feel感じる like好きな in theその passenger旅客 compartment区画;
1959年版 これは旅客車の中にいるみたいな感覚です
05:15
that'sそれは acceleration加速度 profileプロフィール. (Laughter笑い)
これは加速度のグラフです
05:19
Andそして pulseパルス systemシステム yield産出:
パルスシステムの出力表です
05:22
we're私たちは looking探している at〜で 20-kilotonキトトン yield産出 forために an effect効果 forために us米国 of 10 million百万 Newtonsニュートン.
20ktの核出力は我々には1000万ニュートンに相当します
05:24
Wellよく, hereここに we我々 have持ってる aa little少し problem問題,
ここにちょっとした問題があります
05:28
theその radiation放射線 doses線量 at〜で theその crewクルー station: 700 radsラド per〜ごと shotショット. (Laughter笑い)
クルーステーションでの放射線量は照射毎に700ラジアンです
05:30
Fission分裂 yields収量 during development開発:
開発中の核分裂収率
05:36
they彼ら wereあった hoping望んでいる to get取得する cleanクリーン bombs爆弾 --- they彼ら didn'tしなかった.
安全な爆弾を望んでいましたが失敗しました
05:38
Eyeburn目玉焼き: thisこの is what happens起こる to theその people in Miamiマイアミ who are looking探している upアップ. (Laughter笑い)
眼熱傷とはマイアミで太陽を見上げると発生するものです
05:42
Personnel人員 compartment区画 noiseノイズ: that'sそれは notない tooあまりにも bad悪い;
個人客室はそこまで悪くありませんが
05:45
it'sそれは very非常に low低い frequencies周波数, it'sそれは basically基本的に like好きな theseこれら subwoofersサブウーファー.
低周波のサブウーファーみたいなものがあります
05:49
Andそして now we我々 have持ってる ground接地 hazard危険 assessmentsアセスメント
発射台から何か打ち上げる際の
05:52
whenいつ you君は have持ってる aa blow-up爆破 on theその padパッド.
地上有害性評価のこともあります
05:54
Finally最後に, at〜で theその very非常に end終わり in 1964, NASAナサ stepsステップ in andそして says言う,
1964年 最終的にNASAは言いました
05:56
"OKOK, we'll私たちは supportサポート aa feasibility実行可能性 study調査 forために aa small小さい versionバージョン
「よし サターンVと共に発射ができる
05:59
thatそれ couldできた be〜する launched打ち上げ with〜と Saturn土星 Vs in sectionsセクション andそして piecedつなぎ合わせた together一緒に."
小型版への実現可能性の研究を支援しましょう」
06:02
Soそう thisこの is what NASAナサ didした, getting取得 an
これがNASAのものです 八人乗りの
06:06
eight8 manおとこ versionバージョン thatそれ would〜する go行く to Mars火星.
火星を目指すものです
06:12
They彼ら liked好き itそれ becauseなぜなら theその guysみんな who kind種類 of liveライブ thereそこ would〜する be〜する like好きな, "It'sそれは justちょうど like好きな
彼らがこちらを気に入った理由は
06:14
living生活 in aa submarine潜水艦."
潜水艦の中みたいに生活ができるからです
06:16
Thisこの is crewクルー compartment区画. Itそれ switchesスイッチ, soそう what's何ですか upside逆さま downダウン
この客員室は人口重力モードでは
06:18
is right side upアップ whenいつ you君は go行く to artificial人工的な gravity重力 modeモード.
逆さにならず右側が上になります
06:21
Theその scientists科学者 wereあった stillまだ going行く to go行く along一緒に;
科学者の同伴は依存として必要で
06:23
they彼ら would〜する take取る sevenセブン astronauts宇宙飛行士 andそして sevenセブン scientists科学者.
宇宙飛行士とそれぞれ7人の構成です
06:25
Thisこの is aa 20 manおとこ versionバージョン forために going行く to Jupiter木星:
これは木星に行く20人乗りのものです
06:27
bunks寝台, storm cellarsセラーズ, exercise運動 roomルーム.
寝台 シェルター 運動部屋もついてます
06:30
You君は know知っている, itそれ wasあった going行く to be〜する aa niceいい long長いです trip旅行.
これなら快適な旅になったことでしょう
06:33
Theその Air空気 Force versionバージョン: hereここに we我々 have持ってる aa military軍事 versionバージョン.
こちらが軍作成の空軍のものです
06:36
Thisこの is theその kind種類 of stuffもの that'sそれは notない beenされている declassified機密解除された,
こちらは機密扱い解除を受けていません
06:39
justちょうど thatそれ people managed管理された to sneakこっそりした home自宅 andそして after,
こっそりと持ち出されて まぁ
06:42
you君は know知っている, on their彼らの deathbed臨終 basically基本的に gave与えた me.
死に際に私に渡ってきました
06:45
Theその sortソート of artistアーティスト conceptions概念:
これは芸術家のとある構想ですが
06:48
theseこれら are basically基本的に PowerPointパワーポイント presentationsプレゼンテーション
これは基本的には40年前空軍に
06:50
given与えられた to theその Air空気 Force 40 years ago.
進呈されたプレゼン資料です
06:53
Look見える at〜で theその little少し guysみんな thereそこ outside外側 theその vehicle車両.
車の外にいる小さな彼を見て下さい
06:55
Andそして one1 part of NASAナサ wasあった interested興味がある in itそれ
NASA内で興味を示す方もいましたが
07:01
butだけど theその headquarters本部 in NASAナサ, they彼ら killed殺された theその projectプロジェクト.
本部側に葬り去られました
07:03
Soそう finally最後に at〜で theその end終わり, we我々 canできる
これに続く試みは1965年まで
07:06
see見る theその thingもの followed続く itsその sortソート of design設計 pathパス
続けられましたが最終的には
07:09
right upアップ to 1965 andそして then次に allすべて thoseそれら pathsパス came来た to aa halt停止する.
全ての道が閉ざされたわけです
07:12
Results結果: noneなし.
結果は? なにもありません
07:16
Thisこの projectプロジェクト is herebyここに terminated終了した.
計画はここで終了です
07:18
Soそう that'sそれは theその end終わり. Allすべて I canできる sayいう in closing閉鎖 is,
お終いです 最後に私が言えることは
07:20
we我々 heard聞いた yesterday昨日 thatそれ one1 of theその 10 bad悪い thingsもの thatそれ couldできた happen起こる to us米国
昨日の話の通り 我々に降りかかる10の災難の一つは
07:23
is an asteroid小惑星 with〜と our我々の name on itそれ.
名前の入りの隕石落下です
07:27
Andそして one1 of theその bad悪い thingsもの thatそれ couldできた happen起こる to NASAナサ
そしてNASAに起こりうる災難の一つとは
07:29
is ifif thatそれ asteroid小惑星 showsショー upアップ with〜と our我々の name on itそれ nine9人 months数ヶ月 outでる
名前入り隕石が9か月連続で降り注ぎ
07:32
andそして everybodyみんな says言う, "Wellよく, what are we我々 going行く to do行う?"
皆が「あぁ どうする どうする?」となった時に
07:35
Andそして Orionオリオン is really本当に one1 of theその onlyのみ, ifif notない theその onlyのみ,
事実 オリオンはもしかしたら何かできるかもしれない
07:38
off-the-shelf既製品 technologiesテクノロジー thatそれ couldできた do行う something何か. (Laughter笑い)
唯一の既製技術です
07:42
Soそう I'm私は going行く to telltell you君は theその good良い newsニュース andそして theその bad悪い newsニュース.
良い知らせと悪い知らせがあります
07:48
Theその good良い newsニュース is thatそれ NASAナサ has持っている aa small小さい, secret秘密
良い知らせとはNASAにはオリオンに関する なにか
07:50
contingency不測の事態 plan計画 division分割 thatそれ is looking探している at〜で thisこの,
秘密の緊急対策部門がありオリオンの
07:55
trying試す to keepキープ knowledge知識 of Orionオリオン preserved保存された in theその eventイベント of suchそのような aa misfortune不幸.
技術をこのような不運な出来事の時のため保全しているそうです
07:58
Maybe多分 keepキープ aa few少数 little少し bombs爆弾 of plutoniumプルトニウム on theその side.
プルトニウム爆弾でも少し隠しているんでしょうかね
08:03
That'sそれは theその good良い newsニュース. Theその bad悪い newsニュース is,
これが良いニュースで 悪い方は
08:06
whenいつ I got持っている in contact接触 with〜と theseこれら people
ドキュメントをいただこうと私が
08:08
to tryお試しください andそして get取得する some一部 documents書類 fromから themそれら,
彼らに接触した際 彼らは私の持つ
08:10
they彼ら went行った crazy狂った becauseなぜなら I had持っていました allすべて thisこの stuffもの thatそれ they彼ら don'tしない have持ってる,
貴重なドキュメントに心奪われていました
08:12
andそして NASAナサ purchased購入した 1,759 pagesページ of thisこの stuffもの fromから me. (Laughter笑い)
NASAが1759ページ分の情報を私から買い上げました
08:15
Soそう that'sそれは theその state状態 we're私たちは at〜で: it'sそれは notない very非常に good良い.
これが現状です 好ましくありませんね
08:20
(Applause拍手)
(拍手)
08:24
Translated by Takahiro Shimpo
Reviewed by Lily Yichen Shi

▲Back to top

About the speaker:

George Dyson - Historian of science
In telling stories of technologies and the individuals who created them, George Dyson takes a clear-eyed view of our scientific past -- while illuminating what lies ahead.

Why you should listen

The development of the Aleutian kayak, its adaptation by Russians in the 18th and 19th centuries, and his own redevelopment of the craft in the 1970s was chronicled in George Dyson’s Baidarka: The Kayak of 1986. His 1997 Darwin Among the Machines: The Evolution of Global Intelligence (“the last book about the Internet written without the Internet”) explored the history and prehistory of digital computing and telecommunications as a manifestation of the convergent destiny of organisms and machines.

Project Orion: The True Story of the Atomic Spaceship, published in 2002, assembled first-person interviews and recently declassified documents to tell the story of a path not taken into space: a nuclear-powered spaceship whose objective was to land a party of 100 people on Mars four years before we landed two people on the Moon. Turing's Cathedral: The Origins of the Digital Universe, published in 2012, illuminated the transition from numbers that mean things to numbers that do things in the aftermath of World War II.

Dyson’s current project, Analogia, is a semi-autobiographical reflection on how analog computation is re-establishing control over the digital world.

More profile about the speaker
George Dyson | Speaker | TED.com