English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2009

Elizabeth Gilbert: Your elusive creative genius

エリザベス・ギルバート "創造性をはぐくむには"

Filmed
Views 13,351,526

人々が芸術家や天才に抱く無理な期待を巡ってエリザベス・ギルバートが考察します。そして、わずかばかりの一個人がジーニアス(天才)「である」のではなく、人間はみなジーニアスを「持っている」のだという急進的な考えを語ります。これは私的であり、可笑しいながらも、驚くほど感動的な講演です。

- Writer
The author of 'Eat, Pray, Love,' Elizabeth Gilbert has thought long and hard about some big topics. Her fascinations: genius, creativity and how we get in our own way when it comes to both. Full bio

I am午前 aa writerライター.
私は作家ですが―
00:13
Writing書き込み books is myじぶんの profession職業 butだけど it'sそれは moreもっと thanより thatそれ, of courseコース.
書くことは 仕事以上のものです
00:15
Itそれ is alsoまた、 myじぶんの greatすばらしいです lifelong生涯 love andそして fascination魅力.
ずっと 情熱を注いできたし―
00:19
Andそして I don'tしない expect期待する thatそれ that'sそれは everこれまで going行く to change変化する.
今後もそれは 変わりません
00:23
Butだけど, thatそれ said前記, something何か kind種類 of peculiar特有の has持っている happened起こった recently最近
と言いつつ 最近変わった体験をしました
00:25
in myじぶんの life生活 andそして in myじぶんの careerキャリア,
公私にわたって…
00:30
whichどの has持っている caused原因 me to have持ってる to recalibrate再較正する myじぶんの whole全体 relationship関係 with〜と thisこの work作業.
仕事への姿勢を 考え直すことになりました
00:33
Andそして theその peculiar特有の thingもの is thatそれ I recently最近 wrote書きました thisこの book,
最近 回顧録を書き上げました 題名は―
00:38
thisこの memoir回顧録 calledと呼ばれる "Eat食べる, Pray祈る, Love"
"食べ祈り愛する(Eat, Pray, Love)"
00:41
whichどの, decidedly確かに unlike違う anyどれか of myじぶんの previous books,
明らかに 今までの作品と違います
00:43
went行った outでる in theその world世界 forために some一部 reason理由, andそして becameなりました thisこの big大きい,
どういうわけか 各国語に翻訳され―
00:48
mega-sensationメガセンス, international国際 bestsellerベスト・セラー thingもの.
話題を呼び 世界的ベストセラーになりました
00:51
Theその result結果 of whichどの is thatそれ everywhereどこにでも I go行く now,
その結果として 今ではどこでも―
00:54
people treat治療する me like好きな I'm私は doomed運命の.
運が尽きたヒト扱いされます
00:57
Seriously真剣に --- doomed運命の, doomed運命の!
本当に "もう終り" なんです
01:00
Like好きな, they彼ら come来る upアップ to me now, allすべて worried心配している, andそして they彼ら sayいう,
みんな 心配顔でこう言います
01:03
"Aren'tない you君は afraid恐れ you'reあなたは never決して going行く to be〜する ableできる to top thatそれ?
"あれを越えられなかったらと 不安では?"
01:05
Aren'tない you君は afraid恐れ you'reあなたは going行く to keepキープ writing書き込み forために yourきみの whole全体 life生活
"不安にはならない? "
01:10
andそして you'reあなたは never決して again再び going行く to create作成する aa book
"一生書き続けようと―"
01:13
thatそれ anybody in theその world世界 cares心配 about at〜で allすべて,
"注目される本が書けないって"
01:15
everこれまで again再び?"
"もう 二度と"
01:18
Soそう that'sそれは reassuring安心する, you君は know知っている.
まあ 勇気づけられますこと
01:20
Butだけど itそれ would〜する be〜する worse悪化する, exceptを除いて forために thatそれ I happen起こる to remember思い出す
もっとヒドい経験もあります
01:22
thatそれ over以上 20 years ago, whenいつ I first最初 started開始した telling伝える people --- whenいつ I wasあった aa teenagerティーンエイジャー ---
20年以上前 10代の頃 言ったのです
01:25
thatそれ I wanted欲しい to be〜する aa writerライター,
作家になりたい と
01:29
I wasあった met会った with〜と thisこの same同じ kind種類 of, sortソート of fear-based恐怖に基づく reaction反応.
人々は今と同じ 不安顔でした
01:31
Andそして people would〜する sayいう, "Aren'tない you君は afraid恐れ you'reあなたは never決して going行く to have持ってる anyどれか success成功?
"成功しなかったら?"
01:34
Aren'tない you君は afraid恐れ theその humiliation屈辱 of rejection拒絶 will意志 kill殺します you君は?
"拒否される屈辱に耐えられる?"
01:37
Aren'tない you君は afraid恐れ thatそれ you'reあなたは going行く to work作業 yourきみの whole全体 life生活 at〜で thisこの craftクラフト
"一生 書き続けて―"
01:40
andそして nothing's何もない everこれまで going行く to come来る of itそれ
"何も完成しなくて―"
01:43
andそして you'reあなたは going行く to die死ぬ on aa scrapスクラップ heapヒープ of broken壊れた dreams
"口は 失敗の苦汁に満たされ―"
01:45
with〜と yourきみの mouth filled満たされた with〜と bitter苦い ash of failure失敗?"
"破れた夢の山なす残骸の上で のたれ死んでも?"
01:47
(Laughter笑い)
(会場 笑)
01:51
Like好きな thatそれ, you君は know知っている.
そんな感じでした
01:53
Theその answer回答 --- theその shortショート answer回答 to allすべて thoseそれら questions質問 is, "Yesはい."
これらの答えは 端的には"イエス" です
01:55
Yesはい, I'm私は afraid恐れ of allすべて thoseそれら thingsもの.
もちろん不安です
02:00
Andそして I always常に have持ってる beenされている.
常に不安です
02:02
Andそして I'm私は afraid恐れ of manyたくさんの, manyたくさんの moreもっと thingsもの besidesその他
怖いものは山ほどあります
02:03
thatそれ people can'tできない even偶数 guess推測 at〜で,
他人が分らないものも…
02:06
like好きな seaweed海藻 andそして otherその他 thingsもの thatそれ are scary怖い.
海藻など ゾッとします
02:08
Butだけど, whenいつ itそれ comes来る to writing書き込み,
でも執筆に関しては―
02:12
theその thingもの thatそれ I've私は beenされている sortソート of thinking考え about lately最近, andそして wondering不思議 about lately最近, is whyなぜ?
最近 ずっと考え続けています
02:14
You君は know知っている, is itそれ rationalラショナル?
理にかなってるか と
02:18
Is itそれ logical論理的 thatそれ anybody should〜すべき be〜する expected期待される
天職だと思うことを―
02:20
to be〜する afraid恐れ of theその work作業 thatそれ they彼ら feel感じる they彼ら wereあった put置く on thisこの Earth地球 to do行う.
恐れるのが当然と みなされるのが?
02:23
Andそして what is itそれ specifically具体的に about creative創造的な venturesベンチャー
クリエイティブの世界が 他と違うのは―
02:27
thatそれ seems思われる to make作る us米国 really本当に nervous神経質な about each other'sその他の mental精神的な health健康
精神を気遣われる ということ
02:32
in aa way方法 thatそれ otherその他 careersキャリア kind種類 of don'tしない do行う, you君は know知っている?
他の職業では あまりないでしょう?
02:35
Like好きな myじぶんの dadパパ, forために example, wasあった aa chemical化学 engineerエンジニア
父は 化学技術者でした
02:38
andそして I don'tしない recall想起 once一度 in his 40 years of chemical化学 engineeringエンジニアリング
私の記憶では 40年勤めた間に―
02:42
anybody asking尋ねる him ifif he wasあった afraid恐れ to be〜する aa chemical化学 engineerエンジニア, you君は know知っている?
仕事が不安か と訊いた人はいません
02:45
Itそれ didn'tしなかった --- thatそれ chemical-engineering化学工学 blockブロック, Johnジョン, how'sどうやって? itそれ going行く?
"最近 化学技術スランプは大丈夫?"
02:49
Itそれ justちょうど didn'tしなかった come来る upアップ like好きな thatそれ, you君は know知っている?
ありえないでしょう?
02:55
Butだけど to be〜する fairフェア, chemical化学 engineersエンジニア asとして aa groupグループ
もっとも 化学技術者のほうは―
02:57
haven't持っていない really本当に earned獲得した aa reputation評判 over以上 theその centuries世紀
何世紀も 風評とは無縁です
03:01
forために beingであること alcoholicアルコール性 manic-depressives躁うつ病.
"躁うつの飲んだくれ" という風評とは…
03:03
(Laughter笑い)
(会場 笑)
03:06
We我々 writers作家, we我々 kind種類 of do行う have持ってる thatそれ reputation評判,
作家には つきものです
03:08
andそして notない justちょうど writers作家, butだけど creative創造的な people across横断する allすべて genresジャンル,
いえ 全クリエイティブ業界で…
03:11
itそれ seems思われる, have持ってる thisこの reputation評判 forために beingであること enormously巨大 mentally精神的に unstable不安定な.
精神不安定で 知られているし―
03:14
Andそして allすべて you君は have持ってる to do行う is look見える at〜で theその very非常に grim恐るべき death countカウント
無残な死者の数を見ても 明らかです
03:19
in theその 20thth century世紀 alone単独で, of really本当に magnificent壮大 creative創造的な minds
20世紀だけで 偉大な創作者たちが―
03:23
who died死亡しました young若い andそして oftenしばしば at〜で their彼らの own自分の hands, you君は know知っている?
どれだけ 早世し自殺しているか
03:27
Andそして even偶数 theその onesもの who didn'tしなかった literally文字通り commitコミット suicide自殺
実際の自殺でなく―
03:30
seem思われる to be〜する really本当に undone元に戻す by〜によって their彼らの giftsギフト, you君は know知っている.
自分の才能に殺された人もいます
03:33
Normanノルマン Mailerメーラー, justちょうど before he died死亡しました, last最終 interviewインタビュー, he said前記
ノーマン メイラーは生前 言いました
03:36
"Everyすべて one1 of myじぶんの books has持っている killed殺された me aa little少し moreもっと."
"作品が ジワジワと私を殺す"
03:39
An extraordinary特別な statementステートメント to make作る about yourきみの life's人生 work作業.
ライフワークに対し 尋常ではない考え方ですが―
03:43
Butだけど we我々 don'tしない even偶数 blink点滅する whenいつ we我々 hear聞く somebody誰か sayいう thisこの
誰も驚かないでしょう
03:47
becauseなぜなら we've私たちは heard聞いた thatそれ kind種類 of stuffもの forために soそう long長いです
長年 聞き慣れた話ですから
03:50
andそして somehow何とか we've私たちは completely完全に internalized内部化された andそして accepted受け入れられた collectively集合的に
当然のことと 捉えられています
03:53
thisこの notion概念 thatそれ creativity創造性 andそして suffering苦しみ are somehow何とか inherently本質的に linkedリンクされた
創造に苦悩はつきものであり―
03:57
andそして thatそれ artistry芸術, in theその end終わり, will意志 always常に ultimately最終的に lead to anguish苦悩.
芸術性は 必ず最終的に苦痛をもたらすと…
04:01
Andそして theその question質問 thatそれ I want欲しいです to ask尋ねる everybodyみんな hereここに today今日
今日の提起は ここです
04:06
is are you君は guysみんな allすべて coolクール with〜と thatそれ ideaアイディア?
これで いいと思います?
04:08
Are you君は comfortable快適 with〜と thatそれ?
変だと思いません?
04:11
Becauseなぜなら you君は look見える at〜で itそれ even偶数 fromから an inchインチ away離れて andそして, you君は know知っている ...
よく考えてみても…?
04:14
I'm私は notない at〜で allすべて comfortable快適 with〜と thatそれ assumption仮定.
私には 引っかかります
04:17
I think思う it'sそれは odious不愉快な.
忌まわしいし―
04:20
Andそして I alsoまた、 think思う it'sそれは dangerous危険な,
危険な発想でしょう
04:21
andそして I don'tしない want欲しいです to see見る itそれ perpetuated永続する into theその next century世紀.
次世紀に残してほしくない
04:23
I think思う it'sそれは betterより良い ifif we我々 encourage奨励します our我々の greatすばらしいです creative創造的な minds to liveライブ.
むしろ生き続けるよう 励ますべきでは?
04:26
Andそして I definitely絶対に know知っている thatそれ, in myじぶんの case場合 --- in myじぶんの situation状況 ---
自分の状況から見ても 分かります
04:30
itそれ would〜する be〜する very非常に dangerous危険な forために me to start開始 sortソート of leaking漏れ downダウン thatそれ darkダーク pathパス
あの暗い前提を 受け入れるのは―
04:36
of assumption仮定, particularly特に given与えられた theその circumstance状況
危険でしょう ことに私の―
04:41
thatそれ I'm私は in right now in myじぶんの careerキャリア.
今の状況を 考えるなら…
04:44
Whichどの is --- you君は know知っている, like好きな checkチェック itそれ outでる,
つまり… この通り―
04:46
I'm私は prettyかなり young若い, I'm私は onlyのみ about 40 years old古い.
まだ若く 40そこそこ
04:49
I stillまだ have持ってる maybe多分 another別の four4つの decades数十年 of work作業 left in me.
仕事も あと40年続けるかもしれない
04:51
Andそして it'sそれは exceedingly極めて likelyおそらく thatそれ anything何でも I write書きます fromから thisこの pointポイント forward前進
今から先 書き上げるものは間違いなく―
04:54
is going行く to be〜する judged判断した by〜によって theその world世界 asとして theその work作業 thatそれ came来た after
この前出版した本と 比較されるんです
04:59
theその freakish奇妙な success成功 of myじぶんの last最終 book, right?
信じられないぐらい売れたあの本と…
05:02
I should〜すべき justちょうど put置く itそれ bluntly鈍い, becauseなぜなら we're私たちは allすべて sortソート of friends友達 hereここに now ---
ここだけの話 率直に言うと―
05:05
it'sそれは exceedingly極めて likelyおそらく thatそれ myじぶんの greatest最大 success成功 is behind後ろに me.
今後 代表作を書ける見込みは低いんです
05:09
Soそう Jesusイエス, what aa thought思想!
ああ なんてこと!
05:13
That'sそれは theその kind種類 of thought思想 thatそれ couldできた lead aa person
こんな風に考えて 人は―
05:16
to start開始 drinking飲酒 ginジン at〜で nine9人 o'clock in theその morning,
朝9時からジンを飲むようになるんです
05:18
andそして I don'tしない want欲しいです to go行く thereそこ.
それは ごめんです
05:21
(Laughter笑い)
(会場 笑)
05:24
I would〜する prefer好む to keepキープ doingやっている thisこの work作業 thatそれ I love.
好きな仕事を続けたい
05:25
Andそして soそう, theその question質問 becomes〜になる, howどうやって?
そこで考えます "どうやって?"
05:27
Andそして soそう, itそれ seems思われる to me, upon〜に aa lotロット of reflection反射,
振り返って じっくり考えました
05:31
thatそれ theその way方法 thatそれ I have持ってる to work作業 now, in order注文 to continue持続する writing書き込み,
書き続けるために なすべきことは―
05:33
is thatそれ I have持ってる to create作成する some一部 sortソート of protective保護的な psychological心理的 construct構成する, right?
心理的に守れるものを作ることだろう と
05:37
I have持ってる to sortソート of find見つける some一部 way方法 to have持ってる aa safe安全 distance距離
安全な距離を 保てるようになること
05:41
betweenの間に me, asとして I am午前 writing書き込み, andそして myじぶんの very非常に naturalナチュラル anxiety不安
作家としての私と 未来の作品の評価を―
05:44
about what theその reaction反応 to thatそれ writing書き込み is going行く to be〜する, fromから now on.
心配する私の間に…
05:49
Andそして, asとして I've私は beenされている looking探している over以上 theその last最終 year forために modelsモデル forために howどうやって to do行う thatそれ
昨年中 手本を探し続けました
05:53
I've私は beenされている sortソート of looking探している across横断する time時間,
歴史も さかのぼり―
05:57
andそして I've私は beenされている trying試す to find見つける otherその他 societies社会
様々な社会も 探りました
05:59
to see見る ifif they彼ら mightかもしれない have持ってる had持っていました betterより良い andそして sanerサワー ideasアイデア thanより we我々 have持ってる
より良く まっとうな見解はないかと
06:01
about howどうやって to help助けて creative創造的な people, sortソート of manage管理する
創作者を助け 創作につきものの―
06:05
theその inherent固有の emotional感情の risksリスク of creativity創造性.
精神的リスクを管理できないか…
06:08
Andそして thatそれ searchサーチ has持っている ledLED me to ancient古代 Greeceギリシャ andそして ancient古代 Romeローマ.
古代ギリシャとローマにありました
06:11
Soそう stay滞在 with〜と me, becauseなぜなら itそれ doesする circleサークル aroundまわり andそして backバック.
ついて来て下さい じき戻りますから
06:16
Butだけど, ancient古代 Greeceギリシャ andそして ancient古代 Romeローマ ---
古代のギリシャとローマでは―
06:19
people didした notない happen起こる to believe信じる thatそれ creativity創造性
信じられていませんでした
06:21
came来た fromから human人間 beings存在 backバック then次に, Oo.Kk.?
人間に創造性が備わっているとは…
06:24
People believed信じる thatそれ creativity創造性 wasあった thisこの divine神聖な attendantアテンダント spirit精神
創造性は 人に付き添う精霊で―
06:26
thatそれ came来た to human人間 beings存在 fromから some一部 distant遠い andそして unknowable知らない sourceソース,
遠く未知のところから来たのです
06:30
forために distant遠い andそして unknowable知らない reasons理由.
人間の理解を超えた動機から…
06:34
Theその Greeksギリシャ famously有名 calledと呼ばれる theseこれら divine神聖な attendantアテンダント spiritsスピリッツ of creativity創造性 "daemonsデーモン."
古代ギリシャ人は 精霊を"ダイモン"と呼びました
06:37
Socratesソクラテス, famously有名, believed信じる thatそれ he had持っていました aa daemonデーモン
ソクラテスは ダイモンがついていると信じていた
06:42
who spokeスポーク wisdom知恵 to him fromから afar遠く.
遠くから叡智を語ってきたと…
06:45
Theその Romansローマ人 had持っていました theその same同じ ideaアイディア,
ローマ人も同様でしたが―
06:48
butだけど they彼ら calledと呼ばれる thatそれ sortソート of disembodied体外 creative創造的な spirit精神 aa genius天才.
肉体のない創造の霊を"ジーニアス" と呼びました
06:49
Whichどの is greatすばらしいです, becauseなぜなら theその Romansローマ人 didした notない actually実際に think思う
彼らは "ジーニアス(天才)" を―
06:54
thatそれ aa genius天才 wasあった aa particularly特に clever賢い individual個人.
能力の秀でた個人とは 考えなかった
06:57
They彼ら believed信じる thatそれ aa genius天才 wasあった thisこの, sortソート of magical魔法の divine神聖な entityエンティティ,
あの精霊のことだと 考えていました
06:59
who wasあった believed信じる to literally文字通り liveライブ in theその walls
アトリエの壁の中に生き―
07:03
of an artist'sアーティストの studioスタジオ, kind種類 of like好きな Dobbyドビー theその house elfエルフ,
ハリーポッターの妖精ドビーのように…
07:07
andそして who would〜する come来る outでる andそして sortソート of invisibly目に見えない assist支援する theその artistアーティスト with〜と their彼らの work作業
創作活動をこっそり手伝い―
07:11
andそして would〜する shape形状 theその outcome結果 of thatそれ work作業.
作品を形作るんです
07:15
Soそう brilliantブリリアント --- thereそこ itそれ is, right thereそこ, thatそれ distance距離 thatそれ I'm私は talking話す about ---
素晴らしい! 先ほど話した"距離"が存在します
07:18
thatそれ psychological心理的 construct構成する to protect保護する you君は fromから theその results結果 of yourきみの work作業.
作品の評価から 心理的に守られるものが…
07:21
Andそして everyoneみんな knew知っていた thatそれ thisこの is howどうやって itそれ functioned機能した, right?
そういうものだと 人々は信じていました
07:26
Soそう theその ancient古代 artistアーティスト wasあった protected保護された fromから certainある thingsもの,
古代のアーティストは 守られていたのです
07:29
like好きな, forために example, tooあまりにも muchたくさん narcissismナルシシズム, right?
たとえば 過剰な自惚れから
07:32
Ifif yourきみの work作業 wasあった brilliantブリリアント you君は couldn'tできなかった take取る allすべて theその creditクレジット forために itそれ,
どんなに立派な作品でも 自分だけの功績ではない
07:34
everybodyみんな knew知っていた thatそれ you君は had持っていました thisこの disembodied体外 genius天才 who had持っていました helped助けた you君は.
霊が助けたと 知られていたからです
07:37
Ifif yourきみの work作業 bombed爆撃された, notない entirely完全に yourきみの fault不具合, you君は know知っている?
失敗しても 自分だけのせいじゃない
07:41
Everyoneみんな knew知っていた yourきみの genius天才 wasあった kind種類 of lameラメ.
"ジーニアス" が ダメだったんです
07:45
Andそして thisこの is howどうやって people thought思想 about creativity創造性 in theその West西 forために aa really本当に long長いです time時間.
この考えは 長らく西洋に浸透していましたが―
07:48
Andそして then次に theその Renaissanceルネサンス came来た andそして everythingすべて changedかわった,
ルネッサンスが全てを変えました
07:53
andそして we我々 had持っていました thisこの big大きい ideaアイディア, andそして theその big大きい ideaアイディア wasあった
とてつもない考えが現れた
07:55
let'sさあ put置く theその individual個人 human人間 beingであること at〜で theその centerセンター of theその universe宇宙
世界の中心に 人間を置こうではないかと
07:57
above上の allすべて gods神々 andそして mysteries, andそして there'sそこに noいいえ moreもっと roomルーム
全ての神と神秘の上に…
08:01
forために mystical神秘的な creatures生き物 who take取る dictation口述 fromから theその divine神聖な.
神の言葉を伝える謎の生き物は 消えた…
08:03
Andそして it'sそれは theその beginning始まり of rationalラショナル humanismヒューマニズム,
合理的人文主義の 誕生です
08:06
andそして people started開始した to believe信じる thatそれ creativity創造性
人々も信じ始めました
08:09
came来た completely完全に fromから theその self自己 of theその individual個人.
創造性は 個人の内から現れるのだと
08:11
Andそして forために theその first最初 time時間 in history歴史,
史上初めて―
08:13
you君は start開始 to hear聞く people referring参照する to thisこの orまたは thatそれ artistアーティスト asとして beingであること aa genius天才
芸術家が "ジーニアス" と呼ばれるようになりました
08:16
ratherむしろ thanより having持つ aa genius天才.
"ジーニアス" が側にいるのではない
08:21
Andそして I got持っている to telltell you君は, I think思う thatそれ wasあった aa huge巨大 errorエラー.
これは大きな間違いですよ
08:22
You君は know知っている, I think思う thatそれ allowing許す somebody誰か, one1 mereほんの person
たった一人の人間を―
08:26
to believe信じる thatそれ he orまたは she彼女 is like好きな, theその vessel容器,
男でも女でも 一人の人を―
08:30
you君は know知っている, like好きな theその fontフォント andそして theその essenceエッセンス andそして theその sourceソース
神聖で創造的な謎の―
08:33
of allすべて divine神聖な, creative創造的な, unknowable知らない, eternal永遠の mystery神秘
本質で源だと 信じさせるなんて
08:35
is justちょうど aa smidge笑う tooあまりにも muchたくさん responsibility責任 to put置く on one1 fragile壊れやすい, human人間 psyche精神.
繊細な人間の心には 少し重荷では?
08:39
It'sそれは like好きな asking尋ねる somebody誰か to swallow飲み込む theその sun太陽.
太陽を飲めと 言うようなものです
08:45
Itそれ justちょうど completely完全に warpsワープ andそして distortsひずみ egosエゴス,
歪んだエゴでしょう
08:48
andそして itそれ creates作成する allすべて theseこれら unmanageable管理不能な expectations期待 about performanceパフォーマンス.
それが 作品への過剰な期待を作り―
08:51
Andそして I think思う theその pressure圧力 of thatそれ
その期待へのプレッシャーが―
08:55
has持っている beenされている killing殺す offオフ our我々の artistsアーティスト forために theその last最終 500 years.
過去500年 芸術家たちを殺してきたんです
08:57
Andそして, ifif thisこの is true真実,
もしこれが事実なら―
09:00
andそして I think思う itそれ is true真実,
事実だと思いますが―
09:02
theその question質問 becomes〜になる, what now?
問題は 今後です
09:04
Canできる we我々 do行う thisこの differently異なって?
他に道は ないでしょうか?
09:07
Maybe多分 go行く backバック to some一部 moreもっと ancient古代 understanding理解
創造性の謎と 上手に付き合うには―
09:09
about theその relationship関係 betweenの間に humans人間 andそして theその creative創造的な mystery神秘.
昔の考え方に ならえばいい?
09:12
Maybe多分 notない.
恐らく無理でしょう
09:17
Maybe多分 we我々 can'tできない justちょうど erase消去する 500 years of rationalラショナル humanistic人道主義的な thought思想
500年に及ぶ 合理的人文思想を消すのは…
09:18
in one1 18 minute speechスピーチ.
18分のスピーチでは ね
09:22
Andそして there'sそこに probably多分 people in thisこの audience聴衆
恐らく この会場にも―
09:24
who would〜する raise上げる really本当に legitimate合法的 scientific科学的 suspicions疑い
科学的な正当性を 疑う人がいるでしょう
09:27
about theその notion概念 of, basically基本的に fairies妖精たち
妖精というアイデアに…
09:31
who followフォローする people aroundまわり rubbingこする fairy妖精 juiceジュース on their彼らの projectsプロジェクト andそして stuffもの.
彼らが 作品に甘い蜜をかけるなんて?
09:33
I'm私は notない, probably多分, going行く to bring持参する you君は allすべて along一緒に with〜と me on thisこの.
深入りは しませんが―
09:38
Butだけど theその question質問 thatそれ I kind種類 of want欲しいです to poseポーズ is ---
提起したいのは ここです
09:43
you君は know知っている, whyなぜ notない?
"いいじゃない?"
09:45
Whyなぜ notない think思う about itそれ thisこの way方法?
"何がいけない?" と
09:48
Becauseなぜなら itそれ makes作る asとして muchたくさん senseセンス asとして anything何でも elseelse I have持ってる everこれまで heard聞いた
今まで聞いたどの話より 納得いきます
09:49
in terms条項 of explaining説明する theその utter発声する maddening怒っている capriciousness変態
創作過程の 意味不明な気まぐれが―
09:54
of theその creative創造的な processプロセス.
説明できます
09:58
Aa processプロセス whichどの, asとして anybody who has持っている everこれまで tried試した to make作る something何か ---
何か創ろうとした人なら分かる―
09:59
whichどの is to sayいう basically基本的に everyoneみんな hereここに ----
つまり皆さん ご存知のあの―
10:02
knows知っている doesする notない always常に behave行動する rationally合理的に.
非合理な過程です
10:04
Andそして, in fact事実, canできる sometimes時々 feel感じる downright完全に paranormal超常現象.
ときに超常現象とさえ感じられる…
10:07
I had持っていました thisこの encounter出会い recently最近 whereどこで I met会った theその extraordinary特別な Americanアメリカ人 poet詩人 Ruthルース Stone,
最近 非凡な詩人 ルース ストーンに会いました
10:12
who'sだれの now in her彼女 90ss, butだけど she's彼女は beenされている aa poet詩人 her彼女 entire全体 life生活
90を超えても現役の詩人です
10:18
andそして she彼女 told言った me thatそれ whenいつ she彼女 wasあった growing成長する upアップ in rural農村 Virginiaバージニア,
彼女はバージニアの田舎で育ち―
10:20
she彼女 would〜する be〜する outでる workingワーキング in theその fieldsフィールド,
畑仕事をしていた時に―
10:24
andそして she彼女 said前記 she彼女 would〜する feel感じる andそして hear聞く aa poem
詩の到来を 感じたそうです
10:25
coming到来 at〜で her彼女 fromから over以上 theその landscape風景.
大地の彼方から やってくるのを…
10:28
Andそして she彼女 said前記 itそれ wasあった like好きな aa thunderous雷鳴 train列車 of air空気.
ものすごい一群の風のようなものが―
10:30
Andそして itそれ would〜する come来る barrelingバレルリング downダウン at〜で her彼女 over以上 theその landscape風景.
大地を越えて突進してくるのを―
10:34
Andそして she彼女 feltフェルト itそれ coming到来, becauseなぜなら itそれ would〜する shake振る theその earth地球 under her彼女 feetフィート.
地面の振動を感じて 察したそうです
10:36
She彼女 knew知っていた thatそれ she彼女 had持っていました onlyのみ one1 thingもの to do行う at〜で thatそれ pointポイント,
なすべきことは ただ一つ
10:39
andそして thatそれ wasあった to, in her彼女 words言葉, "run走る like好きな hell地獄."
"がむしゃらに走る" こと
10:43
Andそして she彼女 would〜する run走る like好きな hell地獄 to theその house
がむしゃらに家へ走り―
10:45
andそして she彼女 would〜する be〜する getting取得 chased追いかけられた by〜によって thisこの poem,
詩に追われながら―
10:46
andそして theその whole全体 deal対処 wasあった thatそれ she彼女 had持っていました to get取得する to aa pieceピース of paper andそして aa pencil鉛筆
素早く 紙と鉛筆を手に取り―
10:48
fast速い enough十分な soそう thatそれ whenいつ itそれ thundered雷鳴 throughを通して her彼女, she彼女 couldできた collect集める itそれ
詩が 身体を通り抜ける時に―
10:51
andそして grabつかむ itそれ on theその pageページ.
つかまえ 書き留める
10:54
Andそして otherその他 times she彼女 wouldn'tしないだろう be〜する fast速い enough十分な,
間に合わない時もありました
10:56
soそう she'd彼女は be〜する runningランニング andそして runningランニング andそして runningランニング, andそして she彼女 wouldn'tしないだろう get取得する to theその house
走って走って… 間に合わず―
10:58
andそして theその poem would〜する barrelバレル throughを通して her彼女 andそして she彼女 would〜する missミス itそれ
身体から素早く 抜けてしまった
11:01
andそして she彼女 said前記 itそれ would〜する continue持続する on across横断する theその landscape風景,
彼女によると "恐らくそのまま―
11:04
looking探している, asとして she彼女 put置く itそれ "forために another別の poet詩人."
次の詩人を探しに行った" と
11:06
Andそして then次に thereそこ wereあった theseこれら times ---
別の機会には―
11:09
thisこの is theその pieceピース I never決して forgot忘れた ---
これは秀逸ですが―
11:12
she彼女 said前記 thatそれ thereそこ wereあった moments瞬間 whereどこで she彼女 would〜する almostほぼ missミス itそれ, right?
逃がしそうな時が ありました
11:14
Soそう, she's彼女は runningランニング to theその house andそして she's彼女は looking探している forために theその paper
必死で走り 紙を探し―
11:17
andそして theその poem passesパス throughを通して her彼女,
詩が身体を通り―
11:20
andそして she彼女 grabsグラブ aa pencil鉛筆 justちょうど asとして it'sそれは going行く throughを通して her彼女,
抜けようとした瞬間 鉛筆をつかみ―
11:22
andそして then次に she彼女 said前記, itそれ wasあった like好きな she彼女 would〜する reachリーチ outでる with〜と her彼女 otherその他 handハンド
もう一方の手を伸ばし―
11:25
andそして she彼女 would〜する catchキャッチ itそれ.
捕まえたそうです
11:27
She彼女 would〜する catchキャッチ theその poem by〜によって itsその tail,
詩の 尻尾をつかみ―
11:29
andそして she彼女 would〜する pull引く itそれ backwards後方に into her彼女 body
身体の中に 尻尾の方から取り込み―
11:31
asとして she彼女 wasあった transcribing転記 on theその pageページ.
書き写していったんです
11:34
Andそして in theseこれら instancesインスタンス, theその poem would〜する come来る upアップ on theその pageページ perfect完璧な andそして intact損なわれていない
詩は完璧に出来ましたが―
11:36
butだけど backwards後方に, fromから theその last最終 wordワード to theその first最初.
全て 逆さまでした
11:41
(Laughter笑い)
(会場 笑)
11:44
Soそう whenいつ I heard聞いた thatそれ I wasあった like好きな --- that'sそれは uncanny凄い,
それを聞いて思ったんです "まさか"と
11:46
that'sそれは exactly正確に what myじぶんの creative創造的な processプロセス is like好きな.
私のやり方とソックリだったので
11:50
(Laughter笑い)
(会場 笑)
11:53
That'sそれは notない at〜で allすべて what myじぶんの creative創造的な processプロセス is --- I'm私は notない theその pipelineパイプライン!
身体を通る部分じゃないですよ!
11:57
I'm私は aa muleミュール, andそして theその way方法 thatそれ I have持ってる to work作業
私は頑固なので 仕事は―
12:00
is thatそれ I have持ってる to get取得する upアップ at〜で theその same同じ time時間 everyすべて day,
毎朝 同じ時間に起き―
12:01
andそして sweat andそして labor労働 andそして barrelバレル throughを通して itそれ really本当に awkwardly厄介な.
苦心してコツコツ書いています
12:03
Butだけど even偶数 I, in myじぶんの mulishness多神教,
そんな私でも―
12:06
even偶数 I have持ってる brushedブラシ upアップ againstに対して thatそれ thingもの, at〜で times.
出合う瞬間があります
12:09
Andそして I would〜する imagine想像する thatそれ aa lotロット of you君は have持ってる tooあまりにも.
皆さんも経験あるでしょう
12:13
You君は know知っている, even偶数 I have持ってる had持っていました work作業 orまたは ideasアイデア come来る throughを通して me fromから aa sourceソース
アイデアが降りてくるんです
12:15
thatそれ I honestly正直 cannotできない identify識別する.
どこからともなく
12:18
Andそして what is thatそれ thingもの?
これは一体?
12:21
Andそして howどうやって are we我々 to relate関連する to itそれ in aa way方法 thatそれ will意志 notない make作る us米国 lose失う our我々の minds,
取り乱さずに どう対処しましょう?
12:22
butだけど, in fact事実, mightかもしれない actually実際に keepキープ us米国 sane元気?
正気を保ちながら?
12:26
Andそして forために me, theその bestベスト contemporaryコンテンポラリー example thatそれ I have持ってる of howどうやって to do行う thatそれ
対処法の現代における お手本は―
12:29
is theその musicianミュージシャン Tomトム Waits待つ,
ミュージシャンの トム ウェイツです
12:33
who I got持っている to interviewインタビュー severalいくつかの years ago on aa magazineマガジン assignment割り当て.
数年前 雑誌の取材で会い―
12:35
Andそして we我々 wereあった talking話す about thisこの,
この話をしました
12:40
andそして you君は know知っている, Tomトム, forために most最も of his life生活 he wasあった prettyかなり muchたくさん theその embodiment実施形態
彼の人生は 典型的な―
12:41
of theその tormented苦しむ contemporaryコンテンポラリー modernモダン artistアーティスト,
苦悩する現代アーティストでした
12:45
trying試す to controlコントロール andそして manage管理する andそして dominate支配的
扱いにくい創作の衝動を―
12:47
theseこれら sortソート of uncontrollableコントロールできない creative創造的な impulsesインパルス
制しようと苦心していました
12:50
thatそれ wereあった totally完全に internalized内部化された.
内面の衝動を…
12:52
Butだけど then次に he got持っている olderより古い, he got持っている calmer穏やかな,
歳をとり 穏やかになり―
12:54
andそして one1 day he wasあった driving運転 downダウン theその freeway高速道路 in Losロス Angelesアンゼルス he told言った me,
ある日 L.A.のフリーウェイを走っていて―
12:56
andそして thisこの is whenいつ itそれ allすべて changedかわった forために him.
全てが変わりました
12:59
Andそして he's彼は speedingスピード along一緒に, andそして allすべて of aa sudden突然
飛ばしていたら 突然―
13:01
he hears聞く thisこの little少し fragment断片 of melodyメロディー,
頭に 曲の断片が聴こえてきた
13:03
thatそれ comes来る into his head asとして inspirationインスピレーション oftenしばしば comes来る, elusive見つけにくい andそして tantalizing魅力的な,
とらえ難くもどかしい 閃きとして…
13:06
andそして he wants望む itそれ, you君は know知っている, it'sそれは gorgeousゴージャスな,
たまりません 素晴らしくて―
13:10
andそして he longsロング forために itそれ, butだけど he has持っている noいいえ way方法 to get取得する itそれ.
待ち望んだ瞬間なのに―
13:13
He doesn'tしない have持ってる aa pieceピース of paper, he doesn'tしない have持ってる aa pencil鉛筆,
紙も鉛筆もないんです
13:15
he doesn'tしない have持ってる aa tapeテープ recorderレコーダー.
テープレコーダーもない
13:17
Soそう he starts開始する to feel感じる allすべて of thatそれ old古い anxiety不安 start開始 to rise上昇 in him
いつもの焦燥に 駆られました
13:18
like好きな, "I'm私は going行く to lose失う thisこの thingもの,
"これを逃して―"
13:21
andそして then次に I'm私は going行く to be〜する haunted幽霊の by〜によって thisこの song forever永遠に.
"一生悩まされる"
13:23
I'm私は notない good良い enough十分な, andそして I can'tできない do行う itそれ."
"俺はダメだ 無理だ"
13:25
Andそして instead代わりに of panickingパニック, he justちょうど stopped停止.
慌てる代わりに 止めました
13:27
He justちょうど stopped停止 thatそれ whole全体 mental精神的な processプロセス
思考回路を止め―
13:29
andそして he didした something何か completely完全に novel小説.
斬新な行動に出ました
13:31
He justちょうど looked見た upアップ at〜で theその sky, andそして he said前記,
空を見上げ―
13:33
"Excuse言い訳 me, canできる you君は notない see見る thatそれ I'm私は driving運転?"
"なあ 運転してるのが分からないのか?"
13:36
(Laughter笑い)
(会場 笑)
13:39
"Do行う I look見える like好きな I canできる write書きます downダウン aa song right now?
"今 曲が書けるとでも?"
13:42
Ifif you君は really本当に want欲しいです to exist存在する, come来る backバック at〜で aa moreもっと opportune機会 moment瞬間
"書いてもらいたきゃ 出直して来いよ"
13:45
whenいつ I canできる take取る careお手入れ of you君は.
"面倒見てやれる時に"
13:49
Otherwiseさもないと, go行く bother気にする somebody誰か elseelse today今日.
"でなけりゃ 他所をあたってくれ"
13:51
Go行く bother気にする Leonardレオナルド Cohenコーエン."
"レナード コーエンにでも"
13:54
Andそして his whole全体 work作業 processプロセス changedかわった after thatそれ.
以降 作曲の姿勢が変わったそうです
13:57
Notない theその work作業, theその work作業 wasあった stillまだ oftentimesしばしば asとして darkダーク asとして everこれまで.
作風は変わりないですが―
14:00
Butだけど theその processプロセス, andそして theその heavyヘビー anxiety不安 aroundまわり itそれ
作曲の姿勢と それに伴う不安は―
14:04
wasあった released解放された whenいつ he took取った theその genie精霊, theその genius天才 outでる of him
"ジーニアス"を出したら 消えたのです
14:07
whereどこで itそれ wasあった causing原因 nothing何も butだけど troubleトラブル, andそして released解放された itそれ kind種類 of backバック whereどこで itそれ came来た fromから,
問題の元を 本来の場所に返し―
14:10
andそして realized実現した thatそれ thisこの didn'tしなかった have持ってる to be〜する thisこの internalized内部化された, tormented苦しむ thingもの.
葛藤しなくても良いと 気付きました
14:13
Itそれ couldできた be〜する thisこの peculiar特有の, wondrous不思議な, bizarre奇妙な collaborationコラボレーション
奇妙で一風変わった 共同作業です
14:17
kind種類 of conversation会話 betweenの間に Tomトム andそして theその strange奇妙な, external外部 thingもの
彼と 変わった外部のモノとの対話…
14:20
thatそれ wasあった notない quiteかなり Tomトム.
別モノとの対話です
14:25
Soそう whenいつ I heard聞いた thatそれ storyストーリー itそれ started開始した to shiftシフト aa little少し bitビット
この話を聞いて 私も少し―
14:27
theその way方法 thatそれ I worked働いた tooあまりにも, andそして itそれ already既に saved保存された me once一度.
仕事の姿勢を変え 助かったんです
14:30
Thisこの ideaアイディア, itそれ saved保存された me whenいつ I wasあった in theその middle中間 of writing書き込み "Eat食べる, Pray祈る, Love,"
あのベストセラーを執筆中―
14:32
andそして I fell落ちた into one1 of thoseそれら, sortソート of pitsピット of despair絶望
絶望に陥ったとき―
14:36
thatそれ we我々 allすべて fall into whenいつ we're私たちは workingワーキング on something何か andそして it'sそれは notない coming到来
頑張っても 上手く行かず―
14:38
andそして you君は start開始 to think思う thisこの is going行く to be〜する aa disaster災害,
悲惨な結末を考え始めました
14:42
thisこの is going行く to be〜する theその worst最悪 book everこれまで written書かれた.
最悪になるわ と
14:44
Notない justちょうど bad悪い, butだけど theその worst最悪 book everこれまで written書かれた.
悪いどころか史上最悪!
14:46
Andそして I started開始した to think思う I should〜すべき justちょうど dumpダンプ thisこの projectプロジェクト.
葬ろうかと思い始めた時に―
14:48
Butだけど then次に I remembered思い出した Tomトム talking話す to theその open開いた air空気
トムの話を思い出し―
14:52
andそして I tried試した itそれ.
やってみました
14:55
Soそう I justちょうど lifted持ち上げられた myじぶんの face upアップ fromから theその manuscript原稿
原稿から顔を上げ―
14:57
andそして I directed指示された myじぶんの commentsコメント to an empty空の cornerコーナー of theその roomルーム.
部屋の片隅に話しかけたんです
14:59
Andそして I said前記 aloud大声で, "Listen聴く you君は, thingもの,
"ちょっと" と声に出して
15:02
you君は andそして I bothどちらも know知っている thatそれ ifif thisこの book isn'tない brilliantブリリアント
"仮に この本がイマイチでも―"
15:06
thatそれ is notない entirely完全に myじぶんの fault不具合, right?
"私一人の責任じゃないわよね?"
15:09
Becauseなぜなら you君は canできる see見る thatそれ I am午前 puttingパッティング everythingすべて I have持ってる into thisこの,
"全力投球なのは分かるでしょ?"
15:11
I don'tしない have持ってる anyどれか moreもっと thanより thisこの.
"これ以上は無理"
15:14
Soそう ifif you君は want欲しいです itそれ to be〜する betterより良い, then次に you'veあなたは got持っている to showショー upアップ andそして do行う yourきみの part of theその deal対処.
"良くしたければ 役目を果たして"
15:15
Oo.Kk. Butだけど ifif you君は don'tしない do行う thatそれ, you君は know知っている what, theその hell地獄 with〜と itそれ.
"その気がないなら いいわよ"
15:19
I'm私は going行く to keepキープ writing書き込み anywayとにかく becauseなぜなら that'sそれは myじぶんの jobジョブ.
"私は自分の役目を果たすだけ"
15:22
Andそして I would〜する pleaseお願いします like好きな theその record記録 to reflect反映する today今日
"しっかり書いておいてね"
15:25
thatそれ I showed示した upアップ forために myじぶんの part of theその jobジョブ."
"私は やることやったって"
15:26
(Laughter笑い)
(会場 笑)
15:29
Becauseなぜなら ---
だって―
15:32
(Applause拍手)
(会場 拍手)
15:35
in theその end終わり it'sそれは like好きな thisこの, Oo.Kk. ---
ご覧の通りじゃないですか?
15:37
centuries世紀 ago in theその deserts砂漠 of North Africaアフリカ,
昔 北アフリカの砂漠では―
15:39
people used中古 to gatherギャザー forために theseこれら moonlight月光 dancesダンス of sacred神聖 danceダンス andそして music音楽
月夜に 踊りと歌の祭典がありました
15:41
thatそれ would〜する go行く on forために hours時間 andそして hours時間, until〜まで dawn夜明け.
明け方まで何時間も
15:46
Andそして they彼ら wereあった always常に magnificent壮大, becauseなぜなら theその dancersダンサー wereあった professionals専門家
見事なものです プロの踊り手は―
15:49
andそして they彼ら wereあった terrific素晴らしい, right?
素晴らしいです
15:52
Butだけど everyすべて once一度 in aa whilewhile, very非常に rarelyまれに, something何か would〜する happen起こる,
たまに ごくまれに―
15:53
andそして one1 of theseこれら performersパフォーマー would〜する actually実際に become〜になる transcendent超越的.
踊り手が 一線を越えることがある
15:57
Andそして I know知っている you君は know知っている what I'm私は talking話す about,
何の話か お分かりですよね
16:00
becauseなぜなら I know知っている you'veあなたは allすべて seen見た, at〜で some一部 pointポイント in yourきみの life生活, aa performanceパフォーマンス like好きな thisこの.
そんな場面に出合ったことありません?
16:02
Itそれ wasあった like好きな time時間 would〜する stopやめる,
まるで時が止まり―
16:06
andそして theその dancerダンサー would〜する sortソート of stepステップ throughを通して some一部 kind種類 of portalポータル
踊り手が ある境界を抜ける…
16:08
andそして he wasn'tなかった doingやっている anything何でも different異なる thanより he had持っていました everこれまで done完了, 1,000 nights夜間 before,
いつもの踊りと 変わらないはずなのに―
16:11
butだけど everythingすべて would〜する align整列する.
すべてが符合し―
16:15
Andそして allすべて of aa sudden突然, he would〜する noいいえ longerより長いです appear現れる to be〜する merely単に human人間.
突然 人間には見えなくなる
16:17
He would〜する be〜する lit点灯 fromから within以内, andそして lit点灯 fromから below以下
内から足元から輝き―
16:20
andそして allすべて lit点灯 upアップ on fire火災 with〜と divinity神性.
神々しく燃え上がるんです
16:23
Andそして whenいつ thisこの happened起こった, backバック then次に,
当時の人々は そんな時―
16:26
people knew知っていた itそれ forために what itそれ wasあった, you君は know知っている, they彼ら calledと呼ばれる itそれ by〜によって itsその name.
何が起きたか察し その名を呼びます
16:29
They彼ら would〜する put置く their彼らの hands together一緒に andそして they彼ら would〜する start開始 to chant聖歌,
両手を合わせて 唱え始めます
16:33
"Allahアッラー, Allahアッラー, Allahアッラー, God, God, God."
"アラー アラー 神よ 神よ"
16:35
That'sそれは God, you君は know知っている.
"あれは神だ" と
16:40
Curious好奇心 historical歴史的 footnote脚注 ---
歴史の本によると―
16:43
whenいつ theその Moors荒野 invaded侵略された southern南方の Spainスペイン, they彼ら took取った thisこの customカスタム with〜と themそれら
ムーア人は南スペイン侵攻時 その慣習も持ち込みました
16:45
andそして theその pronunciation発音 changedかわった over以上 theその centuries世紀
長年かけて発音も変わり―
16:50
fromから "Allahアッラー, Allahアッラー, Allahアッラー," to "Olオールé, olオールé, olオールé,"
"アラー アラー" から "オレー オレー" へ…
16:52
whichどの you君は stillまだ hear聞く in bullfights闘牛 andそして in flamencoフラメンコ dancesダンス.
今でも闘牛とフラメンコで耳にします
16:55
In Spainスペイン, whenいつ aa performer出演者 has持っている done完了 something何か impossible不可能 andそして magicマジック,
スペインでは 演者の驚異的な動きに―
16:58
"Allahアッラー, olオールé, olオールé, Allahアッラー, magnificent壮大, bravoブラボー,"
"アラー オレー" "すごい! ブラボー!"
17:02
incomprehensible理解不能な, thereそこ itそれ is --- aa glimpse垣間見る of God.
神を垣間見るんです
17:05
Whichどの is greatすばらしいです, becauseなぜなら we我々 need必要 thatそれ.
素晴らしい まさにこれです
17:09
Butだけど, theその trickyトリッキー bitビット comes来る theその next morning,
ただし厄介なのは 翌朝です
17:11
forために theその dancerダンサー himself彼自身, whenいつ he wakes目覚め upアップ
踊り手が目覚めると―
17:15
andそして discovers発見する thatそれ it'sそれは Tuesday火曜日 at〜で 11 aa.mm., andそして he's彼は noいいえ longerより長いです aa glimpse垣間見る of God.
火曜の朝11時で もう神はいません
17:18
He's彼は justちょうど an agingエージング mortal死ぬ with〜と really本当に bad悪い knees,
膝の悪い老いた人間が一人…
17:22
andそして maybe多分 he's彼は never決して going行く to ascend上昇する to thatそれ height高さ again再び.
恐らく あの高みに再び上ることも―
17:25
Andそして maybe多分 nobody誰も will意志 everこれまで chant聖歌 God's神の name again再び asとして he spinsスピン,
回転しても 神の名を呼ぶ人もない…
17:29
andそして what is he then次に to do行う with〜と theその rest残り of his life生活?
残りの人生は?
17:33
Thisこの is hardハード.
つらいことです
17:36
Thisこの is one1 of theその most最も painful痛い reconciliations調整 to make作る
最も辛い現実です
17:37
in aa creative創造的な life生活.
創造的な人生上で…
17:40
Butだけど maybe多分 itそれ doesn'tしない have持ってる to be〜する quiteかなり soそう full満員 of anguish苦悩
いえ そこまで酷くないかも…
17:42
ifif you君は never決して happened起こった to believe信じる, in theその first最初 place場所,
もし初めから 非凡な才能が自分に―
17:45
thatそれ theその most最も extraordinary特別な aspects側面 of yourきみの beingであること came来た fromから you君は.
備わっていたと 信じなければ…
17:49
Butだけど maybe多分 ifif you君は justちょうど believed信じる thatそれ they彼ら wereあった on loanローン to you君は
その力が借り物だと 思い―
17:53
fromから some一部 unimaginable想像を絶する sourceソース forために some一部 exquisite絶妙 portion部分 of yourきみの life生活
謎の源から 人生に添えられ―
17:56
to be〜する passed合格 along一緒に whenいつ you'reあなたは finished完成した, with〜と somebody誰か elseelse.
終えたら 他へ行くものと思えば…
17:59
Andそして, you君は know知っている, ifif we我々 think思う about itそれ thisこの way方法 itそれ starts開始する to change変化する everythingすべて.
そう考えれば 全て変わります
18:03
Thisこの is howどうやって I've私は started開始した to think思う,
私も そう考え始め―
18:08
andそして thisこの is certainly確かに howどうやって I've私は beenされている thinking考え in theその last最終 few少数 months数ヶ月
この数ヶ月 考え続けてきました
18:10
asとして I've私は beenされている workingワーキング on theその book thatそれ will意志 soonすぐに be〜する published出版された,
もうすぐ出る本を 書いている間に…
18:13
asとして theその dangerously危険な, frighteningly恐ろしく over-anticipated過度に予想される followフォローする upアップ
危険なほど期待された最新作―
18:16
to myじぶんの freakish奇妙な success成功.
異常な成功の 次の作品です
18:20
Andそして what I have持ってる to, sortソート of keepキープ telling伝える myself私自身
自分に言い聞かせ続けました
18:22
whenいつ I get取得する really本当に psyched感動した outでる about thatそれ,
のまれそうになった時に―
18:25
is, don'tしない be〜する afraid恐れ.
恐れない
18:27
Don'tしない be〜する daunted大変な.
ひるまない
18:29
Justちょうど do行う yourきみの jobジョブ.
やることをやるだけ
18:31
Continue持続する to showショー upアップ forために yourきみの pieceピース of itそれ, whateverなんでも thatそれ mightかもしれない be〜する.
結果を気にせず 続けよ と
18:33
Ifif yourきみの jobジョブ is to danceダンス, do行う yourきみの danceダンス.
踊るのが仕事なら 踊るだけ
18:36
Ifif theその divine神聖な, cockeyedコケイ genius天才 assigned割り当てられた to yourきみの case場合
気まぐれな精霊が 割り当てられ―
18:39
decides決定する to let〜する some一部 sortソート of wonderment不思議 be〜する glimpsed一見, forために justちょうど one1 moment瞬間
あなたの努力に対し 一瞬でも奇跡を―
18:43
throughを通して yourきみの efforts尽力, then次に "Olオールé!"
見せてくれたら… "オレー!"
18:48
Andそして ifif notない, do行う yourきみの danceダンス anyhowとにかく.
見せてくれずとも踊るだけ
18:50
Andそして "Olオールé!" to you君は, nonethelessそれにもかかわらず.
それでも 自分に"オレー" と
18:53
I believe信じる thisこの andそして I feel感じる thatそれ we我々 must必須 teach教える itそれ.
そう信じますし 広めませんか
18:55
"Olオールé!" to you君は, nonethelessそれにもかかわらず,
それでも"オレー" と
18:57
justちょうど forために having持つ theその sheer薄い human人間 love andそして stubbornness頑固
真の人間愛と 不屈の精神を―
18:59
to keepキープ showing表示 upアップ.
持ち続けることに対し…
19:02
Thank感謝 you君は.
有難うございました
19:04
(Applause拍手)
(会場 拍手)
19:06
Thank感謝 you君は.
ありがとう
19:08
(Applause拍手)
(会場 拍手)
19:09
June六月 Cohenコーエン: Olオールé!
"オレー!"
19:12
(Applause拍手)
(会場 拍手)
19:14
Translated by Ai Kamimoto
Reviewed by Yasushi Aoki

▲Back to top

About the speaker:

Elizabeth Gilbert - Writer
The author of 'Eat, Pray, Love,' Elizabeth Gilbert has thought long and hard about some big topics. Her fascinations: genius, creativity and how we get in our own way when it comes to both.

Why you should listen

Elizabeth Gilbert faced down a premidlife crisis by doing what we all secretly dream of -- running off for a year. Her travels through Italy, India and Indonesia resulted in the megabestselling and deeply beloved memoir Eat, Pray, Love, about her process of finding herself by leaving home.

She's a longtime magazine writer -- covering music and politics for Spin and GQ -- as well as a novelist and short-story writer. Her books include the story collection Pilgrims, the novel Stern Men (about lobster fishermen in Maine) and a biography of the woodsman Eustace Conway, called The Last American Man. Her work has been the basis for two movies so far (Coyote Ugly, based on her own tale of working at the famously raunchy bar in New York City), and Eat, Pray, Love, with the part of Gilbert played by Julia Roberts. Not bad for a year off.

In 2010, Elizabeth published Committed, a memoir exploring her ambivalent feelings about the institution of marriage. And her 2013 novel, The Signature of All Things, is "a sprawling tale of 19th century botanical exploration."

Gilbert also owns and runs the import shop Two Buttons in Frenchtown, New Jersey.

More profile about the speaker
Elizabeth Gilbert | Speaker | TED.com