English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2009

Nina Jablonski: Skin color is an illusion

ニーナ・ジャブロンスキー: 肌の色にまつわる幻想を打砕く

Filmed
Views 1,010,820

ニーナ・ジャブロンスキーは、肌の色の違いは、多様な気候と紫外線量への単なる身体の適応だと話します。チャールズ・ダーウィンは、この説に反対していました。しかしこれを彼女は、ダーウィンがNASAを知らなかった為に起こった事だと説明します。

- Anthropologist
Nina Jablonski is author of Skin: A Natural History, a close look at human skin’s many remarkable traits: its colors, its sweatiness, the fact that we decorate it. Full bio

Interestingly興味深いことに, Charlesチャールズ Darwinダーウィン
興味深い事に チャールズ・ダーウィンは
00:18
wasあった bornうまれた aa very非常に lightly軽く pigmented着色された manおとこ,
この色素で色づけされた世界の中で
00:22
in aa moderately-to-darkly中程度から暗に pigmented着色された world世界.
肌の色がとても薄く生まれました
00:26
Over以上 theその courseコース of his life生活,
ダーウィンは生涯
00:30
Darwinダーウィン had持っていました greatすばらしいです privilege特権.
とても恵まれていました
00:33
He lived住んでいました in aa fairlyかなり wealthy裕福な home自宅.
かなり裕福な家庭で
00:35
He wasあった raised育った by〜によって very非常に supportive支持的な andそして interested興味がある parents.
子どもに関心を持つ
協力的な両親に育てられました
00:38
Andそして whenいつ he wasあった in his 20ss
ダーウィンは20代の頃
00:42
he embarked着手した upon〜に aa remarkable顕著 voyage航海 on theその ship theその Beagleビーグル.
あの有名なビーグル号の航海に
参加しました
00:44
Andそして during theその courseコース of thatそれ voyage航海,
その旅の間 彼は
00:48
he saw見た remarkable顕著 thingsもの:
多くの素晴らしいものを見ました
00:51
tremendousすばらしい diversity多様性 of plants植物 andそして animals動物, andそして humans人間.
植物や動物や人間の多様性です
00:53
Andそして theその observations観察 thatそれ he made
壮大な旅での観察は
00:57
on thatそれ epicエピック journey
最終的にあの素晴らしい
00:59
wereあった to be〜する eventually最終的に distilled蒸留した
1冊の本にまとめられました
01:01
into his wonderful素晴らしい book, "On theその Origin原点 of Species,"
『種の起源』
01:03
published出版された 150 years ago.
出版は150年前です
01:05
Now what is soそう interesting面白い
『種の起源』について
01:09
andそして to some一部, theその extentエクステント, what's何ですか aa bitビット infamous悪名高い
興味深く 時には
疑問に思われるのは
01:11
about "Theその Origin原点 of Species,"
本書の中では
01:15
is thatそれ thereそこ is onlyのみ one1 lineライン in itそれ
たったの1行しか
01:17
about human人間 evolution進化.
人類の進化について触れられていません
01:19
"Light will意志 be〜する thrownスローされた on theその origin原点 of manおとこ
「人類の起源とその歴史にも
やがて光が当てられるだろう」
01:22
andそして his history歴史."
「人類の起源とその歴史にも
やがて光が当てられるだろう」
01:25
Itそれ wasn'tなかった until〜まで muchたくさん longerより長いです,
人類の事に関しては
01:27
muchたくさん later後で,
その後長い間
01:29
thatそれ Darwinダーウィン actually実際に spokeスポーク
ダーウィン自身が語ったり
01:31
andそして wrote書きました about humans人間.
書いたりすることはありませんでした
01:33
Now in his years of
ビーグル号で ダーウィンが
01:36
traveling旅行 on theその Beagleビーグル,
旅をした数年間
01:38
andそして fromから listening聞いている to theその accountsアカウント
探検家や学者から
01:40
orまたは explorers探検家 andそして naturalists自然主義者,
聞いた話を元にして
01:42
he knew知っていた thatそれ skin color
人間の多様性において 皮膚の色が
01:44
wasあった one1 of theその most最も important重要 ways方法
最も重要な特徴の1つであると
01:48
in whichどの people varied変化した.
彼は知っていました
01:50
Andそして he wasあった somewhat幾分 interested興味がある in theその patternパターン of skin color.
また彼は 皮膚の色の分布に興味を抱きました
01:52
He knew知っていた thatそれ darkly暗い pigmented着色された peoples人々
肌の色の濃い人々は
01:56
wereあった found見つけた close閉じる to theその equator赤道;
赤道近くに多く見られ
01:58
lightly軽く pigmented着色された peoples人々, like好きな himself彼自身,
彼のように肌の色が薄い人々は
02:01
wereあった found見つけた closerクローザー to theその poles.
両極に近づく程多い と知っていました
02:03
Soそう what didした he make作る of allすべて thisこの?
これを どう捉えたのでしょう?
02:06
Wellよく he didn'tしなかった write書きます anything何でも about itそれ in Theその Origin原点 of Species.
これらを『種の起源』では何も書いてはいません
02:08
Butだけど muchたくさん later後で, in 1871,
しかし後になって 1871年に
02:11
he didした have持ってる something何か to sayいう about itそれ.
ダーウィンは 発言しました
02:14
Andそして itそれ wasあった quiteかなり curious好奇心. He said前記,
奇妙な内容です
彼曰く
02:16
"Of allすべて theその differences相違 betweenの間に theその racesレース of men男性,
「人種間におけるあらゆる差異のうち
02:18
theその color of theその skin is theその most最も conspicuous目立つ
肌の色は最も目立ち
02:21
andそして one1 of theその bestベスト markedマークされた."
そして最も良く特徴付けるものだ」
02:23
Andそして he went行った on to sayいう,
さらに続けて
02:25
"Theseこれら differences相違 do行う notない coincide一致する
「これらの差異は
02:27
with〜と corresponding対応する differences相違 in climate気候."
気候の違いとは一致しない」
02:30
Soそう he had持っていました traveled旅行した allすべて aroundまわり.
彼はあちこちを旅して
02:33
He had持っていました seen見た people of different異なる colors
各地に住む様々な色の人々と
02:35
living生活 in different異なる places場所.
出会いました
02:38
Andそして yetまだ he rejected拒否された theその ideaアイディア
それなのに 人間の肌の色が
02:40
thatそれ human人間 skin pigmentation色素沈着
気候に関係するという説を
02:42
wasあった related関連する to theその climate気候.
否定したのです
02:45
Ifif onlyのみ Darwinダーウィン lived住んでいました today今日.
もしもダーウィンが現代に生きていたら -
02:48
Ifif onlyのみ Darwinダーウィン had持っていました NASAナサ.
NASAの時代に生きていたらと
思います
02:51
Now, one1 of theその wonderful素晴らしい thingsもの thatそれ NASAナサ doesする
NASAの素晴らしい活動の1つは
02:54
is itそれ puts置く upアップ aa variety品種 of satellites衛星
多くの衛星を打上げ
02:58
thatそれ detect検出する allすべて sortソート of interesting面白い thingsもの about our我々の environment環境.
環境について様々な事柄を
観測することです
03:00
Andそして forために manyたくさんの decades数十年 now
開始から数十年が経ちます
03:03
thereそこ have持ってる beenされている aa seriesシリーズ of TOMSトム satellites衛星
衛星群TOMSは
03:06
thatそれ have持ってる collected集めました dataデータ about theその radiation放射線 of theその Earth's地球の surface表面.
地球表面の放射線データを収集しています
03:09
Theその TOMSトム 7 satellite衛星 dataデータ, shown示された hereここに,
衛星TOMS 7のデータで —
画面の通り
03:12
showショー theその annual年次 average平均
年間平均での
03:16
ultraviolet紫外線 radiation放射線 at〜で theその Earth's地球の surface表面.
地表に到達する紫外線の量を
見ることが出来ます
03:18
Now theその really本当に hotホット pinkピンク andそして red areasエリア
ピンクと赤の部分が
03:21
are thoseそれら parts部品 of theその world世界 thatそれ receive受け取る theその highest最高 amounts金額
1年間で最も多くの紫外線を
03:24
of UVUV during theその year.
受けている地域です
03:27
Theその incrementally徐々に coolerクーラー colors ---
寒色になるにつれて -
03:30
bluesブルース, greensグリーン, yellows黄色, andそして finally最後に grays灰色 ---
青、緑、黄色 そして灰色になるにつれて
03:33
indicate示す areasエリア of muchたくさん lower低い ultraviolet紫外線 radiation放射線.
紫外線放射はより少なくなります
03:36
What's何ですか significant重要な to theその storyストーリー of human人間 skin pigmentation色素沈着
皮膚の色素について 重大なことは
03:39
is justちょうど howどうやって muchたくさん of theその Northern北部 Hemisphere半球
北半球のどれだけの部分が
03:43
is in theseこれら coolクール grayグレー zonesゾーン.
この灰色の地域にあたるのか
ということです
03:47
Thisこの has持っている tremendousすばらしい implications意義 forために our我々の understanding理解
肌の色の進化を理解する上で
03:50
of theその evolution進化 of human人間 skin pigmentation色素沈着.
大きな影響があるからです
03:53
Andそして what Darwinダーウィン couldできた notない appreciate感謝する,
そして ダーウィンが受け入れられなかった事
03:56
orまたは didn'tしなかった perhapsおそらく want欲しいです to appreciate感謝する at〜で theその time時間,
多分 認めたくなかった事は
03:59
is thatそれ thereそこ wasあった aa fundamental基本的な relationship関係
紫外線の強さと
04:02
betweenの間に theその intensity強度 of ultraviolet紫外線 radiation放射線
皮膚の色素の量との間に
04:05
andそして skin pigmentation色素沈着.
強い関連があるということです
04:08
Andそして thatそれ skin pigmentation色素沈着 itself自体
また 皮膚の色素の量それ自体が
04:10
wasあった aa product製品 of evolution進化.
進化の産物であるという事です
04:13
Andそして soそう whenいつ we我々 look見える at〜で aa map地図 of skin color,
私達が現在知っている
04:16
andそして predicted予測された skin color, asとして we我々 know知っている itそれ today今日,
肌の色の分布図を見ると
04:19
what we我々 see見る is aa beautiful綺麗な gradient勾配
赤道への濃い色から
04:22
fromから theその darkest最も暗い skin pigmentations色素沈着 toward〜に向かって theその equator赤道,
両極への薄い色へと
04:25
andそして theその lightest最も軽い onesもの toward〜に向かって theその poles.
美しいグラデーションになっています
04:28
What's何ですか very非常に, very非常に important重要 hereここに
ここで とても重要なことは
04:31
is thatそれ theその earliest早い humans人間
初期の人類は
04:35
evolved進化した in high-UV高uv environments環境,
強い紫外線の環境下
04:37
in equatorial赤道 Africaアフリカ.
赤道アフリカで進化したことです
04:40
Theその earliest早い membersメンバー of our我々の lineage系統,
私達の祖先 初期のヒト属は
04:42
theその genus Homoホモ, wereあった darkly暗い pigmented着色された.
色素を多く持っていました
04:45
Andそして we我々 allすべて shareシェア thisこの incredible信じられない heritage遺産
私たち全員
これを受け継いでいるのです
04:48
of having持つ originally元々 beenされている
元々は肌の色が濃かったのです
04:52
darkly暗い pigmented着色された,
全員 もっと濃い色の肌だったのです
04:54
two million百万 to one1 andそして halfハーフ million百万 years ago.
150~200万年前のことです
04:56
Now what happened起こった in our我々の history歴史?
人類の歴史には何が起こったでしょうか?
04:59
Let'sさあ first最初 look見える at〜で theその relationship関係
まずは 紫外線と
05:04
of ultraviolet紫外線 radiation放射線 to theその Earth's地球の surface表面.
地表の関係を見ましょう
05:06
In thoseそれら early早い days日々 of our我々の evolution進化,
人類の進化の初期
05:09
looking探している at〜で theその equator赤道,
赤道付近は
05:12
we我々 wereあった bombarded砲撃された by〜によって high高い levelsレベル of ultraviolet紫外線 radiation放射線.
高レベルの紫外線にさらされていました
05:14
Theその UVCUVC, theその most最も energeticエネルギッシュな typeタイプ,
UVCという最も活発なタイプは
05:17
wasあった occluded閉塞した by〜によって theその Earth's地球の atmosphere雰囲気.
地球の大気によってブロックされます
05:20
Butだけど UVBuvb andそして UVAウヴァ
しかしUVBとUVAは
05:23
especially特に, came来た in unimpeded妨げられない.
そのまま通過します
05:25
UVBuvb turnsターン outでる to be〜する incredibly信じられないほど important重要.
UVBは非常に重要です
05:27
It'sそれは very非常に destructive破壊的,
とても破壊的ですが
05:31
butだけど itそれ alsoまた、 catalyzes触媒作用 theその production製造 of vitaminビタミン Dd in theその skin,
同時に皮膚内でビタミンDの
生成を引き起こします
05:33
vitaminビタミン Dd beingであること aa molecule分子 thatそれ we我々 very非常に muchたくさん need必要
ビタミンDは強い骨や
健常な免疫システム
05:37
forために our我々の strong強い bones骨格, theその health健康 of our我々の immune免疫 systemシステム,
その他多くの重要な機能を保つため
05:41
andそして myriad無数 otherその他 important重要 functions機能 in our我々の bodies.
私たちの身体に欠かせません
05:45
Soそう, living生活 at〜で theその equator赤道, we我々 got持っている
ですから 赤道付近に暮らすことで
05:48
lotsロット andそして lotsロット of ultraviolet紫外線 radiation放射線
私たちはとても多くの紫外線と
05:50
andそして theその melaninメラニン ---
メラニンを得られました
05:53
thisこの wonderful素晴らしい, complex複合体, ancient古代 polymerポリマー
メラニンという 皮膚中にある複雑で素晴らしい
05:56
compound化合物 in our我々の skin ---
古代の高分子化合物は
06:00
servedサービスされた asとして aa superb素晴らしいです naturalナチュラル sunscreen日焼け止め.
最高の「天然紫外線ブロッカー」です
06:02
Thisこの polymerポリマー is amazing素晴らしい
メラニンの面白いところは
06:06
becauseなぜなら it'sそれは presentプレゼント in soそう manyたくさんの different異なる organisms生物.
実に多くの生命体内に
存在していることです
06:08
Melaninメラニン, in various様々な formsフォーム, has持っている probably多分 beenされている on theその Earth地球
メラニンは様々な形態で 地球上に
06:11
aa billion years,
恐らく10億年前には存在していました
06:13
andそして has持っている beenされている recruited募集 over以上 andそして over以上 again再び
そして何度も何度も
06:16
by〜によって evolution進化, asとして oftenしばしば happens起こる.
進化の度に体内にどんどん取り込まれました
06:18
Whyなぜ change変化する itそれ ifif itそれ works作品?
有用ならば 何故変化したのか?
06:22
Soそう melaninメラニン wasあった recruited募集, in our我々の lineage系統,
メラニンは 私たちの祖先の中に
06:24
andそして specifically具体的に in our我々の earliest早い ancestors祖先
具体的にはアフリカの最も初期の人類に
06:28
evolving進化する in Africaアフリカ,
天然の紫外線ブロッカーとして
06:31
to be〜する aa naturalナチュラル sunscreen日焼け止め.
取り込まれました
06:33
Whereどこで itそれ protected保護された theその body
紫外線による劣化や破壊
06:35
againstに対して theその degradations劣化 of ultraviolet紫外線 radiation放射線,
DNAへのダメージから
06:37
theその destruction破壊, orまたは damage損傷 to DNADNA,
身体を保護するのです
06:40
andそして theその breakdown壊す of aa very非常に important重要 molecule分子 calledと呼ばれる folate葉酸,
また 細胞生成を助ける葉酸という
06:43
whichどの helps助けて to fuel燃料 cell細胞 production製造,
重要な分子を破壊から防ぎ
06:47
andそして reproduction再生 in theその body.
体内での再生を促します
06:50
Soそう, it'sそれは wonderful素晴らしい. We我々 evolved進化した thisこの very非常に protective保護的な,
すごいですね
私たちは メラニンという
06:53
wonderful素晴らしい coveringカバーする of melaninメラニン.
素晴らしい保護カバーを
進化によって得たのです
06:56
Butだけど then次に we我々 moved移動した.
しかしその後
人類は移動しました
06:59
Andそして humans人間 dispersed分散した --- notない once一度, butだけど twice二度.
そして 散らばったのです
1度ならず2度も
07:03
Majorメジャー moves動き, outside外側 of our我々の equatorial赤道 homeland祖国,
大移動が行われたのです
07:07
fromから Africaアフリカ into otherその他 parts部品 of theその Old古い World世界,
赤道アフリカの故郷から旧大陸へと
07:11
andそして most最も recently最近, into theその New新しい World世界.
そして 最近では 新大陸へ
広がりました
07:15
Whenいつ humans人間 dispersed分散した into theseこれら latitudes緯度,
人類がこのような緯度上に散らばると
07:17
what didした they彼ら face?
何に直面するでしょう?
07:20
Conditions条件 wereあった significantly有意に colderより寒い,
著しく寒くなりますが
07:22
butだけど they彼ら wereあった alsoまた、 lessもっと少なく intense激しい
同時に 紫外線は
07:25
with〜と respect尊敬 to theその ultraviolet紫外線 regime体制.
厳しさが和らぎます
07:27
Soそう ifif we're私たちは somewhereどこかで in theその Northern北部 Hemisphere半球,
北半球に来た人類にとって
07:29
look見える at〜で what's何ですか happeningハプニング to theその ultraviolet紫外線 radiation放射線.
紫外線放射はどうなったでしょう
07:33
We're私たちは stillまだ getting取得 aa dose用量 of UVAウヴァ.
まだ多くのUVAを浴びています
07:36
Butだけど allすべて of theその UVBuvb,
しかしUVBは全て
07:39
orまたは nearlyほぼ allすべて of itそれ,
または そのほとんどが
07:41
is dissipated消散した throughを通して theその thickness厚さ of theその atmosphere雰囲気.
大気の厚さで失われます
07:43
In theその winter, whenいつ you君は are skiingスキー in theその Alpsアルプス,
冬に雪山でスキーをすると
07:46
you君は mayかもしれない experience経験 ultraviolet紫外線 radiation放射線.
紫外線を浴びますね
07:50
Butだけど it'sそれは allすべて UVAウヴァ,
しかしそれは全てUVAです
07:53
andそして, significantly有意に, thatそれ UVAウヴァ
UVAには なんと
07:55
has持っている noいいえ ability能力 to make作る vitaminビタミン Dd in yourきみの skin.
皮膚中でビタミンDを
生成する能力はないのです
07:57
Soそう people inhabiting生息 northern北部 hemispheric半球 environments環境
つまり北半球に住む人々は
08:02
wereあった bereftベレフト of theその potential潜在的な
1年のほとんど ビタミンDを生成する
08:07
to make作る vitaminビタミン Dd in their彼らの skin forために most最も of theその year.
機会に恵まれないということです
08:10
Thisこの had持っていました tremendousすばらしい consequences結果
このことは 肌の色の進化に
08:13
forために theその evolution進化 of human人間 skin pigmentation色素沈着.
大きな影響を与えました
08:16
Becauseなぜなら what happened起こった, in order注文 to ensure確実に health健康 andそして well-being幸福,
高緯度でも健康を維持できるように
08:18
theseこれら lineages系統 of people
北半球に移動した
08:23
dispersing分散 into theその Northern北部 Hemisphere半球
人類の祖先は
08:25
lost失われた their彼らの pigmentation色素沈着.
色素を失ってしまったのです
08:29
Thereそこ wasあった naturalナチュラル selection選択
自然選択により
08:31
forために theその evolution進化 of lightly軽く pigmented着色された skin.
肌の色が薄くなるよう 進化したのです
08:33
Hereここに we我々 beginベギン to see見る theその evolution進化
さて 現在の人間を特徴づける
08:38
of theその beautiful綺麗な sepiaセピア rainbow
セピア色の皮膚のグラデーションの
08:40
thatそれ now characterizes特徴付ける allすべて of humanity人類.
進化の過程を見てみましょう
08:42
Lightly軽く pigmented着色された skin evolved進化した notない justちょうど once一度,
薄い肌の色に進化したのは1度ではなく
08:45
notない justちょうど twice二度, butだけど probably多分 three times.
2度でもなく 恐らく3度です
08:49
Notない justちょうど in modernモダン humans人間,
進化は 現代の人類にだけではなく
08:52
butだけど in one1 of our我々の distant遠い unrelated無関係 ancestors祖先,
関係の薄い遠縁の祖先にも起こりました
08:54
theその Neanderthalsネアンデルタール人.
ネアンデルタール人です
08:58
Aa remarkable顕著, remarkable顕著 testament証言
これは 進化のパワーの
09:00
to theその powerパワー of evolution進化.
注目すべき証です
09:02
Humans人間 have持ってる beenされている on theその move動く forために aa long長いです time時間.
人類は長い間 移動してきました
09:04
Andそして justちょうど in theその last最終 5,000 years,
そして ここ5,000年の間は
09:07
in increasing増加する rates料金, over以上 increasing増加する distances距離.
その人数も移動距離も増加し続けています
09:09
Hereここに are justちょうど some一部 of theその biggest最大 movements動き of people,
人々の自発的なこの大移動は
09:12
voluntary自発的 movements動き, in theその last最終 5,000 years.
この5,000年間に起きています
09:16
Look見える at〜で some一部 of theその majorメジャー latitudinal緯度 transgressions違反:
主要な緯度上の移動を見て下さい
09:19
people fromから high高い UVUV areasエリア
人々は高紫外線地域から
09:22
going行く to low低い UVUV andそして vice versaその逆.
低紫外線地域へと流れています
逆もありますね
09:24
Andそして notない allすべて theseこれら moves動き wereあった voluntary自発的.
これらの全てが
自発的な移動というわけではありません
09:27
Betweenの間に 1520 andそして 1867,
1520年から1867年の間
09:31
12 million百万, 500 people
1,200万人以上が
09:34
wereあった moved移動した fromから high高い UVUV
高紫外線地域から
09:38
to low低い UVUV areasエリア
低紫外線地域へと
09:40
in theその transatlantic大西洋横断 slaveスレーブ tradeトレード.
奴隷貿易で大西洋を渡りました
09:42
Now thisこの had持っていました allすべて sortsソート of invidious無邪気な socialソーシャル consequences結果.
これは現代の様々な社会問題の
原因となりましたが
09:45
Butだけど itそれ alsoまた、 had持っていました deleterious有害な
そして同時に人々にとって
09:49
health健康 consequences結果 to people.
健康への悪影響も引き起こしました
09:52
Soそう what? We've私たちは beenされている on theその move動く.
でも 人類は常に移動してきたし
09:54
We're私たちは soそう clever賢い we我々 canできる overcome克服する allすべて of theseこれら
生物学上の障害を
09:57
seeming見える biological生物学的 impediments障害.
克服する知恵を持っているはずです
10:00
Wellよく, oftenしばしば we're私たちは unaware認識しない
そうですね しかし私達は
10:03
of theその fact事実 thatそれ we're私たちは living生活
私達の皮膚が生まれつき
10:05
in environments環境 in whichどの our我々の skin
十分に適応出来ていない環境で
10:07
is inherently本質的に poorly不完全に adapted適合しました.
生きているという事実を忘れがちです
10:09
Some一部 of us米国 with〜と lightly軽く pigmented着色された skin
肌の色が薄いのに
10:12
liveライブ in high-UV高uv areasエリア.
紫外線の強い地域で暮らす人もいます
10:14
Some一部 of us米国 with〜と darkly暗い pigmented着色された skin
肌の色が濃いのに
10:16
liveライブ in low-UV低uv areasエリア.
紫外線の少ない地域に住む人もいます
10:18
Theseこれら have持ってる tremendousすばらしい consequences結果 forために our我々の health健康.
これらは健康に重大な影響を及ぼすのです
10:21
We我々 have持ってる to, ifif we're私たちは lightly軽く pigmented着色された,
もし皮膚の色素が少ないならば
10:25
be〜する careful慎重に about theその problems問題 of skin cancer,
太陽光線による皮膚ガンや
10:28
andそして destruction破壊 of folate葉酸 in our我々の bodies,
体内での葉酸の破壊に
10:32
by〜によって lotsロット of sun太陽.
気をつける必要があります
10:35
Epidemiologists疫学者 andそして doctors医師
疫学者や医師は
10:37
have持ってる beenされている very非常に good良い about telling伝える us米国
皮膚の保護については
10:39
about protecting保護 our我々の skin.
よく人々に伝えてきましたが
10:41
What they彼ら haven't持っていない beenされている soそう good良い about instructing指導する people
彼らが大衆に対してしっかりと
伝えきれていない問題は
10:43
is theその problem問題 of darkly暗い pigmented着色された people
皮膚の色素の多い人々が
10:48
living生活 in high高い latitude緯度 areasエリア,
高緯度地域や ずっと室内にいる
10:51
orまたは workingワーキング inside内部 allすべて theその time時間.
場合についてです
10:54
Becauseなぜなら theその problem問題 thereそこ is justちょうど asとして severe厳しい,
この問題はとても深刻で
10:56
butだけど itそれ is moreもっと sinister不吉な,
とても悪質です
10:59
becauseなぜなら vitaminビタミン Dd deficiency欠乏,
UVBの不足による
11:01
fromから aa lack欠如 of ultraviolet紫外線 Bb radiation放射線,
ビタミンDの欠乏が
11:03
is aa majorメジャー problem問題.
一番の問題です
11:07
Vitaminビタミン Dd deficiency欠乏 creeps忍び寄る upアップ on people,
ビタミンDの欠乏は 人々に忍び寄り
11:09
andそして causes原因 allすべて sortsソート of health健康 problems問題 to their彼らの bones骨格,
多くの健康問題を起こします
11:11
to their彼らの gradual徐々に decay減衰 of their彼らの immune免疫 systemsシステム,
影響は骨にも起こり
免疫システムは次第に蝕まれ
11:14
orまたは loss損失 of immune免疫 function関数,
免疫機能は低下し
11:18
andそして probably多分 some一部 problems問題
また おそらくは
11:20
with〜と their彼らの mood気分 andそして health健康,
気分やメンタルヘルスの
11:22
their彼らの mental精神的な health健康.
問題も起こします
11:25
Soそう we我々 have持ってる, in skin pigmentation色素沈着,
私達が進化の過程で得た
11:27
one1 of theseこれら wonderful素晴らしい products製品 of evolution進化
肌の色という素晴らしい産物は
現代の私たちに
11:30
thatそれ stillまだ has持っている consequences結果 forために us米国 today今日.
未だ影響を及ぼし続けています
11:33
Andそして theその socialソーシャル consequences結果,
社会への影響は
11:35
asとして we我々 know知っている, are incredibly信じられないほど profound深遠な.
とても深刻なものです
11:37
We我々 liveライブ in aa world世界 whereどこで we我々
私達が住む世界は
11:40
have持ってる lightly軽く andそして darkly暗い pigmented着色された people
肌の色の薄い人と濃い人が
11:42
living生活 next to one1 another別の,
互いに隣り合う世界ですが
11:46
butだけど oftenしばしば brought持ってきた into proximity近接 initially当初
しかし多くの場合 最初は
11:48
asとして aa result結果 of very非常に invidious無邪気な socialソーシャル interactionsインタラクション.
不公平な社会作用の結果
近くに住むようになりました
11:51
Soそう howどうやって canできる we我々 overcome克服する thisこの?
さて これをどう克服しましょう?
11:55
Howどうやって canできる we我々 beginベギン to understandわかる itそれ?
どこから理解し始めましょうか?
11:58
Evolution進化 helps助けて us米国.
進化が鍵になります
12:00
200 years after Darwin'sダーウィンズ birthdayお誕生日,
ダーウィンの生誕から200年が経ち
12:04
we我々 have持ってる theその first最初 moderately適度に pigmented着色された President大統領 of theその Unitedユナイテッド States.
アメリカに初めて 肌の色素が
適度にある大統領が誕生しました
12:08
(Applause拍手)
(拍手)
12:13
Howどうやって wonderful素晴らしい is thatそれ?
素晴らしいですね
12:14
(Applause拍手)
(拍手)
12:16
Thisこの manおとこ is significant重要な forために aa whole全体 hostホスト of reasons理由.
彼はいろいろな理由で
素晴らしい方ですが
12:18
Butだけど we我々 need必要 to think思う about howどうやって he compares比較する,
彼の肌の色を世界の他の人と
12:22
in terms条項 of his pigmentation色素沈着, to otherその他 people on Earth地球.
比較すると どうでしょう
12:25
He, asとして one1 of manyたくさんの urban都市 admixed混合された populations人口,
複雑なバックグランドを持った
都会人の一員として
12:27
is very非常に emblematic象徴的な
彼は 多様な血筋や
12:31
of aa mixed混合 parentage親子, of aa mixed混合 pigmentation色素沈着.
多様な肌の色を象徴しています
12:33
Andそして he resembles似てる, very非常に closely密接に,
そしてアフリカや東南アジアの
12:36
people with〜と moderate中程度の levelsレベル of pigmentation色素沈着
中程度に色素を持つ人々と
12:38
who liveライブ in southern南方の Africaアフリカ, orまたは Southeast南東 Asiaアジア.
非常に近い共通点を持っています
12:41
Theseこれら people have持ってる aa tremendousすばらしい potential潜在的な
彼らは日光に当たると
12:45
to tanタン, to develop開発する moreもっと pigment顔料 in their彼らの skin,
日焼けをし 皮膚内に
色素を増やす
12:47
asとして aa result結果 of exposure暴露 to sun太陽.
傾向を持っています
12:50
They彼ら alsoまた、 run走る theその riskリスク of vitaminビタミン Dd deficiency欠乏,
彼らが 例えば大統領のようなデスクワークをすると
12:52
ifif they彼ら have持ってる desk jobsジョブ, like好きな thatそれ guy.
ビタミンD欠乏症に陥る危険性があります
12:56
Soそう lets〜する allすべて wish望む forために his greatすばらしいです health健康,
どうか彼がずっと元気でありますように
13:00
andそして his awareness意識 of his own自分の skin pigmentation色素沈着.
また 自分の肌の色素の量を
自覚してくれますように
13:04
Now what is wonderful素晴らしい
さて 人間の肌の色の進化や
13:09
about theその evolution進化 of human人間 skin pigmentation色素沈着,
肌の色の働きについて
13:12
andそして theその phenomenon現象 of pigmentation色素沈着,
何が素晴らしいのかと言うと
13:16
is thatそれ itそれ is theその demonstrationデモンストレーション,
それが自然淘汰による
13:18
theその evidence証拠, of evolution進化
進化の証拠であり
13:21
by〜によって naturalナチュラル selection選択,
それが実際に現れている事です
13:24
right on yourきみの body.
正に皆さんの身体で起きています
13:26
Whenいつ people ask尋ねる you君は, "What is theその evidence証拠 forために evolution進化?"
もし「進化の証拠は何?」と聞かれて
13:30
You君は don'tしない have持ってる to think思う about some一部 exoticエキゾチック examples, orまたは fossils化石.
素晴らしい例や化石を思い浮かべる
必要はありません
13:33
You君は justちょうど have持ってる to look見える at〜で yourきみの skin.
自分の肌を見て下さい
13:37
Darwinダーウィン, I think思う, would〜する have持ってる appreciated感謝 thisこの,
これにはダーウィンもきっと賛成すると思います
13:40
even偶数 thoughしかし he eschewed控えめな theその importance重要度
色素の量の進化における気候の重要性を
13:44
of climate気候 on theその evolution進化 of pigmentation色素沈着 during his own自分の life生活.
彼は生涯ずっと避けていましたが
13:47
I think思う, wereあった he ableできる to look見える
現在の私たちが認識している証拠を
13:51
at〜で theその evidence証拠 we我々 have持ってる today今日, he would〜する understandわかる itそれ.
ダーウィンが知ることが出来たら
13:54
He would〜する appreciate感謝する itそれ.
理解し 受入れたでしょう
13:57
Andそして most最も of allすべて, he would〜する teach教える itそれ.
何よりまず 彼が唱えていたでしょう
13:59
You君は, you君は canできる teach教える itそれ.
皆さんも この考えを広め
14:03
You君は canできる touchタッチ itそれ.
実際に手で触れ
14:06
You君は canできる understandわかる itそれ.
理解できるのです
14:08
Take取る itそれ outでる of thisこの roomルーム.
この会場の外に広めましょう
14:10
Take取る yourきみの skin color,
自分の肌の色を受入れて
14:13
andそして celebrate祝う itそれ.
讃えましょう
14:15
Spread普及 theその wordワード.
知識を広めましょう
14:17
You君は have持ってる theその evolution進化
私たちの種の進化の
14:19
of theその history歴史 of our我々の species,
歴史の一部は
14:21
part of itそれ, written書かれた in yourきみの skin.
あなたの肌に刻まれています
14:25
Understandわかる itそれ. Appreciate感謝する itそれ. Celebrate祝う itそれ.
理解して 感謝して 讃えましょう
14:27
Go行く outでる. Isn'tない itそれ beautiful綺麗な? Isn'tない itそれ wonderful素晴らしい?
素晴らしくないですか?
素敵ではないですか?
14:30
You君は are theその products製品 of evolution進化.
皆さんは進化の賜物なのです
14:34
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
14:37
(Applause拍手)
(拍手)
14:39
Translated by Shoichi Otsuka
Reviewed by Yuriko Hida

▲Back to top

About the speaker:

Nina Jablonski - Anthropologist
Nina Jablonski is author of Skin: A Natural History, a close look at human skin’s many remarkable traits: its colors, its sweatiness, the fact that we decorate it.

Why you should listen

"Much of what we consider our humanity is imbued in our skin," Nina Jablonski tells us. This insight came to her in 1981, as she observed a jittery anatomy class warm to a cadaver only after cutting through its skin. As it turns out, marvels abound of this sweaty, hardwearing, social -- and underappreciated -- organ. Many are collected in her book, Skin: A Natural History, a look at what makes our skin unique and, perhaps, more important than we realize.

A fascination with the multicolored, multi-talented human hide fits Jablonski, a truly eclectic scientist. She's also a paleontologist and primatologist, studying the form, behavior and diet of mammals in light of climate change and evolution. She teaches at Penn State and recently found the world's oldest chimpanzee fossil.

More profile about the speaker
Nina Jablonski | Speaker | TED.com