English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2009

Rachel Pike: The science behind a climate headline

レイチェル・パイク 「気候に関する見出しの裏にある科学」

Filmed
Views 473,988

大気化学者であるレイチェル・パイクが4分間で、気候変動などの大見出しの裏に隠れている膨大な努力の一端を垣間見せてくれます。彼女は何千という貢献者の中の1人として、チームとともに熱帯雨林上の危険なフライトを敢行し、ある鍵となる分子を追いかけています。

- Atmospheric chemist
Rachel Pike studies climate change at the molecular level -- tracking how emissions from biofuel crops react with the air to shape weather trends globally. Full bio

I'd私は like好きな to talkトーク to you君は today今日 about theその scale規模
今日は新聞で見出しになるような
00:15
of theその scientific科学的 effort努力 thatそれ goes行く into making作る
科学的取り組みの規模について
00:18
theその headlines見出し you君は see見る in theその paper.
お話したいと思います。
00:20
Headlines見出し thatそれ look見える like好きな thisこの whenいつ they彼ら have持ってる to do行う with〜と climate気候 change変化する,
このような気候変動に関する見出しとか
00:22
andそして headlines見出し thatそれ look見える like好きな thisこの whenいつ they彼ら have持ってる to do行う with〜と air空気 quality品質 orまたは smogスモッグ.
大気汚染やスモッグに関する見出しについてです。
00:24
They彼ら are bothどちらも two branches of theその same同じ fieldフィールド of atmospheric大気 science科学.
2つとも大気科学という1つの分野の下位領域です。
00:28
Recently最近 theその headlines見出し looked見た like好きな thisこの whenいつ theその Intergovernmental政府間
最近「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が
00:31
Panelパネル on Climate気候 Change変化する, orまたは IPCCipcc,
大気システムの理解の現状に関して
00:33
put置く outでる their彼らの report報告する on theその state状態 of understanding理解 of theその atmospheric大気 systemシステム.
報告を出した時の見出しは、このようなものでした。
00:35
Thatそれ report報告する wasあった written書かれた by〜によって 620 scientists科学者
そのレポートは40か国620人の
00:39
fromから 40 countries.
科学者によって執筆されたものです。
00:41
They彼ら wrote書きました almostほぼ aa thousand pagesページ on theその topicトピック.
このテーマに関する1,000ページ近い資料です。
00:43
Andそして allすべて of thoseそれら pagesページ wereあった reviewed審査 by〜によって another別の 400-plus-プラス
それらはさらに113か国400人以上の別な
00:45
scientists科学者 andそして reviewersレビューア, fromから 113 countries.
科学者や査読者によって査読されました。
00:48
It'sそれは aa big大きい communityコミュニティ. It'sそれは suchそのような aa big大きい communityコミュニティ, in fact事実,
これは大きなコミュニティです。事実、その年次総会は
00:51
thatそれ our我々の annual年次 gathering集まる is theその largest最大 scientific科学的 meeting会議 in theその world世界.
自然科学分野の学界として世界最大のものです。
00:54
Over以上 15,000 scientists科学者 go行く to Sanサン Franciscoフランシスコ everyすべて year forために thatそれ.
この学会のために、毎年1万5千人の科学者がサンフランシスコに集まります。
00:57
Andそして everyすべて one1 of thoseそれら scientists科学者 is in aa research研究 groupグループ,
それぞれの科学者は研究グループに所属しており
01:00
andそして everyすべて research研究 groupグループ studies研究 aa wideワイド variety品種 of topicsトピック.
それぞれの研究グループは幅広い領域を研究しています。
01:02
Forために us米国 at〜で Cambridgeケンブリッジ, it'sそれは asとして varied変化した asとして theその Elエル NiNIñoo oscillation発振,
ケンブリッジの私達のグループも、研究テーマは多岐にわたります。
01:05
whichどの affects影響を与える weather天気 andそして climate気候,
天候や気候に影響を与えるエルニーニョ南方振動から
01:08
to theその assimilation同化 of satellite衛星 dataデータ,
人工衛星データの解析、そして私の研究する―
01:10
to emissions排出量 fromから crops作物 thatそれ produce作物 biofuelsバイオ燃料, whichどの is what I happen起こる to study調査.
バイオ燃料を作る穀物由来の温室効果ガス排出量など。
01:12
Andそして in each one1 of theseこれら research研究 areasエリア, of whichどの thereそこ are even偶数 moreもっと,
これら数ある研究領域のそれぞれに
01:15
thereそこ are PhDphd students学生の, like好きな me,
私のような博士課程の学生がいて
01:18
andそして we我々 study調査 incredibly信じられないほど narrow狭い topicsトピック,
1つか2つのプロセスや分子を対象とする
01:20
thingsもの asとして narrow狭い asとして aa few少数 processesプロセス orまたは aa few少数 molecules分子.
とても狭いテーマで研究をしています。
01:22
Andそして one1 of theその molecules分子 I study調査 is calledと呼ばれる isopreneイソプレン,
私が研究しているのはイソプレンという有機分子で
01:24
whichどの is hereここに. It'sそれは aa small小さい organicオーガニック molecule分子. You'veあなたは probably多分 never決して heard聞いた of itそれ.
たぶん皆さんはお聞きになったことがないでしょう。
01:27
Theその weight重量 of aa paper clipクリップ is approximately equal等しい to
ペーパークリップ1つの重さは
01:31
900 zeta-illionゼータ・ライオン --- 10 to theその 21stセント --- molecules分子 of isopreneイソプレン.
イソプレン分子9百ゼタ(9千垓)個分に相当します。
01:33
Butだけど despite何と itsその very非常に small小さい weight重量,
しかしとても軽い重量にもかかわらず
01:37
enough十分な of itそれ is emitted放出された into theその atmosphere雰囲気
全人類の体重と同等の重さのイソプレンが
01:39
everyすべて year to equal等しい theその weight重量 of allすべて theその people on theその planet惑星.
毎年大気中に放出されています。
01:41
It'sそれは aa huge巨大 amount of stuffもの. It'sそれは equal等しい to theその weight重量 of methaneメタン.
これは大変な量です。メタンの排出量に匹敵します。
01:44
Andそして becauseなぜなら it'sそれは soそう muchたくさん stuffもの, it'sそれは really本当に important重要 forために theその atmospheric大気 systemシステム.
その多さによってイソプレンは大気システムにとって重要なものなのです。
01:47
Becauseなぜなら it'sそれは important重要 to theその atmospheric大気 systemシステム,
大気システムにとってのその重要性のため
01:50
we我々 go行く to allすべて lengths長さ to study調査 thisこの thingもの.
多くの努力を払ってこの物質を研究しています。
01:53
We我々 blowブロー itそれ upアップ andそして look見える at〜で theその pieces作品.
例えば、爆発させてその残骸を観察します。
01:55
Thisこの is theその EUPHOREユーフォア Smogスモッグ Chamberチャンバー in Spainスペイン.
これはスペインにあるEUPHOREスモッグチャンバです。
01:57
Atmospheric大気 explosions爆発, orまたは full満員 combustion燃焼,
大気中での爆発ないしは燃焼反応には
01:59
takesテイク about 15,000 times longerより長いです thanより what happens起こる in yourきみの car.
自動車の中で起こる反応の1万5千倍という時間がかかります。
02:01
Butだけど stillまだ, we我々 look見える at〜で theその pieces作品.
しかしそれでも私たちはその反応を観察します。
02:04
We我々 run走る enormous巨大な modelsモデル on supercomputersスーパーコンピュータ;
私たちはスーパーコンピュータで途方もないモデルも
02:06
thisこの is what I happen起こる to do行う.
動かしていて、実際私がやっています。
02:08
Our我々の modelsモデル have持ってる hundreds数百 of thousands of gridグリッド boxesボックス
そのモデルでは数十万のメッシュについて
02:10
calculating計算する hundreds数百 of variables変数 each, on minute timescalesタイムスケール.
数百の変数を微細な時間間隔でシミュレーションします。
02:12
Andそして itそれ takesテイク weeks to perform実行する our我々の integrations統合.
積分するのに何週間もかかります。
02:15
Andそして we我々 perform実行する dozens数十 of integrations統合
そして、何が起きているのかを理解するために
02:17
in order注文 to understandわかる what's何ですか happeningハプニング.
何十という積分を行います。
02:19
We我々 alsoまた、 fly飛ぶ allすべて over以上 theその world世界 looking探している forために thisこの thingもの.
私たちはこの物質を求めて世界中を飛び回っています。
02:21
I recently最近 joined参加した aa fieldフィールド campaignキャンペーン in Malaysiaマレーシア. Thereそこ are othersその他.
私は最近マレーシアにおける野外調査に参加しました。
02:24
We我々 found見つけた aa globalグローバル atmospheric大気 watchtower望楼 thereそこ,
そこ、熱帯雨林の真ん中に
02:27
in theその middle中間 of theその rainforest雨林, andそして hung吊るされた hundreds数百 of thousands
大きな大気監視塔があり
02:29
of dollarsドル worth価値 of scientific科学的 equipment装置
その塔には
02:31
offオフ thisこの towerタワー, to look見える forために isopreneイソプレン,
イソプレンやその他の物質を観測するための
02:33
andそして of courseコース, otherその他 thingsもの whilewhile we我々 wereあった thereそこ.
数十万ドルする高価な機器が設置されています。
02:35
Thisこの is theその towerタワー in theその middle中間 of theその rainforest雨林, fromから above上の.
熱帯雨林の真ん中にある塔を上から見たところです。
02:37
Andそして thisこの is theその towerタワー fromから below以下.
こちらは下から見たところ。
02:39
Andそして on part of thatそれ fieldフィールド campaignキャンペーン we我々 even偶数 brought持ってきた an aircraft航空機 with〜と us米国.
そしてこの野外調査の一環として私たちは航空機さえ持参しました。
02:41
Andそして thisこの plane飛行機, theその modelモデル, BA146, whichどの wasあった run走る by〜によって FAAMファム,
FAAMが管理するこのBA146は
02:44
normally通常は flies飛行機 120 to 130 people.
通常は120~130人を載せて飛ぶ飛行機です。
02:47
Soそう maybe多分 you君は took取った aa similar類似 aircraft航空機 to get取得する hereここに today今日.
もしかしたら今日ここへ来る時同じ様な飛行機に乗った人もいるかもしれません。
02:50
Butだけど we我々 didn'tしなかった justちょうど fly飛ぶ itそれ. We我々 wereあった flying飛行 at〜で 100 metersメートル above上の theその top of theその canopyキャノピー
しかし私たちはただ飛んでいたのではなく、イソプレン計測のため
02:53
to measure測定 thisこの molecule分子 --- incredibly信じられないほど dangerous危険な stuffもの.
林冠の上100メートルを飛んでいたのです。とても危ないんですよ。
02:56
We我々 have持ってる to fly飛ぶ at〜で aa special特別 incline傾斜 in order注文 to make作る theその measurements測定値.
計測のためには特別な角度で飛行しなければなりませんでした。
02:59
We我々 hire雇う military軍事 andそして testテスト pilotsパイロット to do行う theその maneuvering操縦.
操縦には空軍パイロットやテストパイロットを雇います。
03:02
We我々 have持ってる to get取得する special特別 flightフライト clearanceクリアランス.
特別の飛行許可も取らなくてはいけません。
03:04
Andそして asとして you君は come来る aroundまわり theその banks銀行 in theseこれら valleys, theその forces canできる get取得する upアップ to two Gsgs.
この谷の斜面を旋回するときには2Gくらいかかります。
03:06
Andそして theその scientists科学者 have持ってる to be〜する completely完全に harnessed活用された in
科学者たちは機内で計測を行うため
03:09
in order注文 to make作る measurements測定値 whilewhile they're彼らは on boardボード.
安全帯を装着する必要があります。
03:11
Soそう, asとして you君は canできる imagine想像する,
だからご想像の通り、この飛行機の内部は
03:13
theその inside内部 of thisこの aircraft航空機 doesn'tしない look見える like好きな anyどれか plane飛行機 you君は would〜する take取る on vacation休暇.
皆さんが休暇の時に乗る飛行機とは全然違っています。
03:15
It'sそれは aa flying飛行 laboratory研究室 thatそれ we我々 took取った to make作る measurements測定値 in theその region領域 of thisこの molecule分子.
これはイソプレンの分布を計測するための空飛ぶ実験室なんです。
03:18
We我々 do行う allすべて of thisこの to understandわかる theその chemistry化学 of one1 molecule分子.
私たちはこの全てを1つの分子の化学的性質理解のために行っています。
03:23
Andそして whenいつ one1 student学生 like好きな me has持っている some一部 sortソート of inclination傾斜
そして私のような学生がその分子に関して
03:26
orまたは understanding理解 about thatそれ molecule分子,
傾向や知見を得ると
03:28
they彼ら write書きます one1 scientific科学的 paper on theその subject主題.
そのテーマに関して1本の科学論文を書きます。
03:30
Andそして outでる of thatそれ fieldフィールド campaignキャンペーン we'll私たちは probably多分 get取得する
だからこの野外調査からはおそらく
03:32
aa few少数 dozenダース papers論文 on aa few少数 dozenダース processesプロセス orまたは molecules分子.
数十個のプロセスや分子に関する数十本の論文が出来るでしょう。
03:34
Andそして asとして aa body of knowledge知識 buildsビルド upアップ,
そうやって知識が蓄積され
03:37
itそれ will意志 form one1 subsectionサブセクション, orまたは one1 sub-subsectionサブセクション
IPCCやその他の報告書の
03:39
of an assessment評価 like好きな theその IPCCipcc, althoughただし、 we我々 have持ってる othersその他.
1つの節か、節の中の小項目になります。
03:42
Andそして each one1 of theその 11 chapters of theその IPCCipcc
IPCCの11の部会のそれぞれには
03:45
has持っている six6 to ten subsectionsサブセクション.
6から10の下位セクションがあります。
03:48
Soそう you君は canできる imagine想像する theその scale規模 of theその effort努力.
これでこの営みのスケールを想像していただけるでしょう。
03:50
In each one1 of thoseそれら assessmentsアセスメント thatそれ we我々 write書きます,
私たちが書く評価のそれぞれには
03:52
we我々 always常に tagタグ on aa summary概要,
いつもサマリーをつけていますが
03:54
andそして theその summary概要 is written書かれた forために aa non-scientific非科学的 audience聴衆.
このサマリーは専門外の人々のために書くものです。
03:56
Andそして we我々 handハンド thatそれ summary概要 to journalistsジャーナリスト andそして policyポリシー makersメーカー,
それをジャーナリストや政策立案者たちに提供し
03:59
in order注文 to make作る headlines見出し like好きな theseこれら.
そうしてこの様な見出しが出来るのです。
04:01
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
ご清聴ありがとうございました。
04:03
(Applause拍手)
(拍手)
04:05
Translated by MaYoMo com
Reviewed by Takahiro Shimpo

▲Back to top

About the speaker:

Rachel Pike - Atmospheric chemist
Rachel Pike studies climate change at the molecular level -- tracking how emissions from biofuel crops react with the air to shape weather trends globally.

Why you should listen

Rachel Pike knows the intricacies of climate research -- the laborious, exacting and subtle techniques behind findings that end up in IPCC reports and, later, news headlines.

As a Ph.D candidate at Cambridge, Pike's research on isoprene, a major biofuel crop emission, and other molecules has taken her soaring over rainforest canopies in multi-ton labs-on-wings, into the cooled-down sub-levels of supercomputer grids, and into massive experimental atmospheric chambers. Her exhaustive work represents a major step toward a complete picture of how human activity affects the global ecosystem.

More profile about the speaker
Rachel Pike | Speaker | TED.com