English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

EG 2008

Marc Pachter: The art of the interview

マーク・パクター: インタビューの技能

Filmed
Views 728,504

マーク・パクターはアメリカの近代史上の魅力的な人物の公開インタビューを実施しました。これはスミソニアン国立肖像画美術館のために企画されたものでした。素晴らしいインタビューの秘訣を明かし、スティーブ・マーティンやクレア・ブース・ルースなどのインタビューから、取って置きのエピソードを語ります。

- Cultural Historian
Marc Pachter has spent his career curating and creating intimate portraits of the lives of others. Full bio

Theその National全国 Portraitポートレート Galleryギャラリー is theその place場所 dedicated専用
国立肖像画美術館は アメリカの偉人たちの
00:15
to presentingプレゼンテーション greatすばらしいです Americanアメリカ人 lives人生,
生涯をテーマとする
00:19
amazing素晴らしい people.
美術館です
00:21
Andそして that'sそれは what it'sそれは about.
そういう目的の美術館なのです
00:23
We我々 useつかいます portraiture肖像 asとして aa way方法 to deliver配信する thoseそれら lives人生, butだけど that'sそれは itそれ.
肖像画によって偉人の生涯を伝えてきました それはそれとして
00:25
Andそして soそう I'm私は notない going行く to talkトーク about theその painted描きました portraitポートレート today今日.
今日は肖像画についての話はしません
00:29
I'm私は going行く to talkトーク about aa programプログラム I started開始した thereそこ,
美術館で私が始めたプログラムのことを話します
00:33
whichどの, fromから myじぶんの pointポイント of view見る, is theその proudest誇り thingもの I didした.
私にとっては一番誇りに思っていることです
00:36
I started開始した to worry心配 about theその fact事実
本当に素晴らしい人達であっても
00:41
thatそれ aa lotロット of people don'tしない get取得する their彼らの portraits肖像画 painted描きました anymoreもう,
肖像画を描かせる人が減ってきたことが
00:45
andそして they're彼らは amazing素晴らしい people,
気がかりになっていました
00:48
andそして we我々 want欲しいです to deliver配信する themそれら to future未来 generations世代.
未来の世代にその人達のことを伝えたいのです
00:50
Soそう, howどうやって do行う we我々 do行う thatそれ?
ではどうしたらよいでしょうか?
00:53
Andそして soそう I came来た upアップ with〜と theその ideaアイディア of theその living生活 self-portrait自画像 seriesシリーズ.
そこから 「生きた自画像」シリーズのアイデアが生まれました
00:55
Andそして theその living生活 self-portrait自画像 seriesシリーズ wasあった theその ideaアイディア of basically基本的に
「生きた自画像」とは驚くべき人達に来館してもらい
00:57
myじぶんの beingであること aa brushみがきます in theその handハンド
私がインタビューをするというアイデアです
01:01
of amazing素晴らしい people who would〜する come来る andそして I would〜する interviewインタビュー.
私が 偉大な人たちが手にする絵筆の代わりになるわけです
01:03
Andそして soそう what I'm私は going行く to do行う is, notない soそう muchたくさん give与える you君は
そこで今からのお話では
01:06
theその greatすばらしいです hitsヒット of thatそれ programプログラム,
このプログラムでもっとも人気のあった話の紹介というよりも
01:09
asとして to give与える you君は thisこの whole全体 notion概念
そのような状況下で誰かに会うことが
01:11
of howどうやって you君は encounter出会い people in thatそれ kind種類 of situation状況,
どういう体験なのかかということと
01:13
what you君は tryお試しください to find見つける outでる about themそれら,
話を引き出すために試みたことや
01:16
andそして whenいつ people deliver配信する andそして whenいつ they彼ら don'tしない andそして whyなぜ.
話をうまく引き出せたり 失敗した経験とその理由を話します
01:18
Now, I had持っていました two preconditions前提条件.
さて 私は二つの前提条件を設定しました
01:23
One1 wasあった thatそれ they彼ら be〜する Americanアメリカ人.
一つは アメリカ人をインタビューすること
01:26
That'sそれは justちょうど becauseなぜなら, in theその nature自然 of theその National全国 Portraitポートレート Galleryギャラリー,
これは国立肖像画美術館の性格に従ったまでです
01:28
it'sそれは created作成した to look見える at〜で Americanアメリカ人 lives人生.
アメリカ人の生涯を紹介する場なのです
01:31
Thatそれ wasあった easy簡単, butだけど then次に I made theその decision決定,
これは容易でした そしてもう一つ
01:34
maybe多分 arbitrary任意,
―そうしなくても良かったのですが―
01:37
thatそれ they彼ら needed必要な to be〜する people of aa certainある age年齢,
ある年代以上の人を扱うことに決めました
01:39
whichどの at〜で thatそれ pointポイント, whenいつ I created作成した thisこの programプログラム,
私がそのプログラムを作った当時には
01:43
seemed見えた really本当に old古い.
実に高齢に定めたように思えたものでした
01:45
Sixties60代, seventies70年代, eighties80年代 andそして nineties90年代.
60 歳代から 90 歳代までとしました
01:47
Forために obvious明らか reasons理由, itそれ doesn'tしない seem思われる thatそれ old古い anymoreもう to me.
今となっては もはやそれほどの高齢とも思えません
01:50
Andそして whyなぜ didした I do行う thatそれ?
私はなぜそうしたのでしょうか
01:52
Wellよく, forために one1 thingもの, we're私たちは aa youth-obsessed若者に執着した culture文化.
一つには 我々の文化は若さを重視しすぎます
01:54
Andそして I thought思想 really本当に what we我々 need必要 is an elders長老たち programプログラム
そこで 高齢の素晴らしい人々の周りに座して
01:56
to justちょうど sit座る at〜で theその feetフィート of amazing素晴らしい people andそして hear聞く themそれら talkトーク.
彼らの話を聞くプログラムも必要だと考えました
02:00
Butだけど theその second二番 part of itそれ --- andそして theその olderより古い I get取得する,
さらに第二の理由は
02:04
theその moreもっと convinced確信している I am午前 thatそれ that'sそれは true真実.
年をとるに連れてますますこれが本質だと感じていることですが
02:08
It'sそれは amazing素晴らしい what people will意志 sayいう whenいつ they彼ら know知っている
物語の結末がわかっている人は
02:11
howどうやって theその storyストーリー turned回した outでる.
驚くべき語り手になるのです
02:14
That'sそれは theその one1 advantage利点 thatそれ olderより古い people have持ってる.
これは 齢を重ねた人の有利な点です
02:16
Wellよく, they彼ら have持ってる otherその他, little少し bitビット of advantage利点,
さらにほかにも有利な点も
02:20
butだけど they彼ら alsoまた、 have持ってる some一部 disadvantages欠点,
不利な点もありますが
02:22
butだけど theその one1 thingもの they彼ら orまたは we我々 have持ってる is thatそれ
ともかく 私たちはすでに
02:24
we've私たちは reached到達した theその pointポイント in life生活
人生における物語の結末が
02:26
whereどこで we我々 know知っている howどうやって theその storyストーリー turned回した outでる.
見える時点を過ぎているので
02:28
Soそう, we我々 canできる then次に go行く backバック in our我々の lives人生,
そのことを心得たインタビュアーがいれば
02:31
ifif we've私たちは got持っている an interviewerインタビュアー who gets取得 thatそれ,
自分の人生を 共に振り返って
02:33
andそして beginベギン to reflect反映する on howどうやって we我々 got持っている thereそこ.
そのゴールにどうやって到達したかという物語が始まります
02:36
Allすべて of thoseそれら accidents事故 thatそれ wound創傷 upアップ
あらゆる出来事が関わり合って
02:40
creating作成 theその life生活 narrative物語 thatそれ we我々 inherited継承されました.
語り継ぐべき人生の物語を紡いだのです
02:43
Soそう, I thought思想 okayはい, now,
こんな条件でいいでしょう
02:46
what is itそれ going行く to take取る to make作る thisこの work作業?
では うまく実現するためには何が求められるのでしょうか
02:48
Thereそこ are manyたくさんの kinds種類 of interviewsインタビュー. We我々 know知っている themそれら.
ご存知のように インタビューには多くの種類があります
02:51
Thereそこ are theその journalistジャーナリスト interviewsインタビュー,
報道のインタビューというのは
02:53
whichどの are theその interrogation尋問 thatそれ is expected期待される.
期待した答えを引き出す取材です
02:55
Thisこの is somewhat幾分 againstに対して resistance抵抗
語り手の抵抗や警戒心に
02:57
andそして caginess哀愁 on theその part of theその interviewee面接官.
向き合うのです
02:59
Then次に there'sそこに theその celebrity有名人 interviewインタビュー,
有名人が行うインタビューは
03:03
whereどこで it'sそれは moreもっと important重要 who'sだれの asking尋ねる theその question質問 thanより who answers答え.
聴き手が誰かの方が 話し手よりも重要です
03:05
That'sそれは Barbaraバーバラ Waltersウォーターズ andそして othersその他 like好きな thatそれ, andそして we我々 like好きな thatそれ.
バーバラ・ウォルターズや他にも人気者がいます
03:08
That'sそれは Frost-Nixonフロスト・ニクソン, whereどこで Frost seems思われる to be〜する asとして important重要
フロストとニクソンのインタビューもこのたぐいで
03:12
asとして Nixonニクソン in thatそれ processプロセス.
ニクソンと同様に フロストも重要なのです
03:15
Fairフェア enough十分な.
それはそれとして
03:17
Butだけど I wanted欲しい interviewsインタビュー thatそれ wereあった different異なる.
ただ 私はもっと違うインタビューを望んでいました
03:19
I wanted欲しい to be〜する, asとして I later後で thought思想 of itそれ, empathic共感,
後から考えてみると それは共感に根ざし
03:21
whichどの is to sayいう, to feel感じる what they彼ら wanted欲しい to sayいう
いわば 語り手が言いたかったことを感じ取ったり
03:28
andそして to be〜する an agentエージェント of their彼らの self-revelation自己啓示.
語り手が自分を出すためのエージェントになる ようなインタビューです
03:33
By〜によって theその way方法, thisこの wasあった always常に done完了 in publicパブリック.
ちなみに インタビューはすべて公開の場で行ないました
03:37
Thisこの wasあった notない an oralオーラル history歴史 programプログラム.
口述で歴史を残すというプログラムではありませんでした
03:39
Thisこの wasあった allすべて about 300 people sitting座っている at〜で theその feetフィート of thisこの individual個人,
一人の人間が 300 人の聴衆を前にして
03:41
andそして having持つ me be〜する theその brushみがきます in their彼らの self-portrait自画像.
私を絵筆として用いて 自画像を描くのです
03:46
Now, itそれ turnsターン outでる thatそれ I wasあった prettyかなり good良い at〜で thatそれ.
そして私は絵筆の役が得意なことがわかりました
03:50
I didn'tしなかった know知っている itそれ coming到来 into itそれ.
こんなに適役だと思ってはいませんでした
03:53
Andそして theその onlyのみ reason理由 I really本当に know知っている thatそれ
得意だったと言える理由は
03:55
is becauseなぜなら of one1 interviewインタビュー I didした with〜と Senator上院議員 Williamウィリアム Fulbrightフルブライト,
フルブライト上院議員に行ったインタビューです
03:57
andそして thatそれ wasあった six6 months数ヶ月 after he'd彼は had持っていました aa strokeストローク.
議員が脳卒中で倒れた半年後のインタビューでした
04:02
Andそして he had持っていました never決して appeared出現した in publicパブリック since以来 thatそれ pointポイント.
発作の後 議員は公の場に出ていませんでした
04:06
Thisこの wasあった notない aa devastating壊滅的な strokeストローク,
命に別状のある発作ではありませんでしたが
04:08
butだけど itそれ didした affect影響を与える his speaking話し中 andそして soそう forth前進.
会話の能力などに影響が出ていました
04:10
Andそして I thought思想 itそれ wasあった worth価値 aa chanceチャンス,
そこで私はこれは価値あるインタビューと考え
04:13
he thought思想 itそれ wasあった worth価値 aa chanceチャンス,
議員も同意してくれたので
04:15
andそして soそう we我々 got持っている upアップ on theその stageステージ,
我々がステージに上がって
04:17
andそして we我々 had持っていました an hour時間 conversation会話 about his life生活,
議員の人生について 1 時間の話をしました
04:19
andそして after thatそれ aa woman女性 rushed急いで upアップ to me,
話を終えると女性が
04:22
essentially基本的に didした,
文字通り 駆けて来ると 言いました
04:25
andそして she彼女 said前記, "Whereどこで didした you君は train列車 asとして aa doctor医師?"
「どちらで医学を勉強されたのですか?」
04:27
Andそして I said前記, "I have持ってる noいいえ trainingトレーニング asとして aa doctor医師. I never決して claimed請求された thatそれ."
「医学を学んだことはありませんし 医者だとも言っていませんが」
04:30
Andそして she彼女 said前記, "Wellよく, something何か very非常に weird奇妙な wasあった happeningハプニング.
彼女は言います 「とても奇妙なことが起きていましたよ
04:34
Whenいつ he started開始した aa sentence, particularly特に
彼が何か言おうとして言葉に詰まったときに
04:38
in theその early早い parts部品 of theその interviewインタビュー,
特にインタビューの前半では
04:40
andそして paused一時停止した, you君は gave与えた him theその wordワード,
あなたが言った言葉が
04:43
theその bridgeブリッジ to get取得する to theその end終わり of theその sentence,
呼び水となって 文の終りまで行き着いていました
04:45
andそして by〜によって theその end終わり of itそれ,
そして インタビューの最後になると
04:48
he wasあった speaking話し中 completeコンプリート sentences文章 on his own自分の."
議員は自分ひとりで完全な文を話していました」
04:50
I didn'tしなかった know知っている what wasあった going行く on,
そんなことが起きていたとは気づいていませんでした
04:53
butだけど I wasあった soそう part of theその processプロセス of getting取得 thatそれ outでる.
でも 私が進行に関わったから起きた変化だったのです
04:55
Soそう I thought思想, okayはい, fine細かい, I've私は got持っている empathy共感,
なるほど 共感の気持を持って臨んでいたので
04:58
orまたは empathy共感, at〜で anyどれか rateレート,
― とにかく共感こそが
05:02
is what's何ですか criticalクリティカルな to thisこの kind種類 of interviewインタビュー.
この種のインタビューでは一番重要なのだと気付きました
05:04
Butだけど then次に I began始まった to think思う of otherその他 thingsもの.
それから他のことに考えを広げました
05:06
Who makes作る aa greatすばらしいです interviewインタビュー in thisこの contextコンテキスト?
ではそもそも 素晴らしいインタビューは誰が作るのだろう
05:08
Itそれ had持っていました nothing何も to do行う with〜と their彼らの intellect知性,
インタビューの素晴らしさは
05:12
theその quality品質 of their彼らの intellect知性.
知性の質とは関係ありません
05:14
Some一部 of themそれら wereあった very非常に brilliantブリリアント,
非常に頭脳明晰な方もいますが
05:16
some一部 of themそれら wereあった,
そういう人もいますが
05:18
you君は know知っている, ordinary普通の people who would〜する never決して claim請求 to be〜する intellectuals知識人,
普通の人は 自分で頭がいいとは決して言わないものです
05:20
butだけど itそれ wasあった never決して about thatそれ.
そんなことはインタビューと関係ありません
05:23
Itそれ wasあった about their彼らの energyエネルギー.
語り手のエネルギーが問題なのです
05:26
It'sそれは energyエネルギー thatそれ creates作成する extraordinary特別な interviewsインタビュー
エネルギーが 非凡なインタビューと
05:29
andそして extraordinary特別な lives人生.
非凡な人生を作り出します
05:32
I'm私は convinced確信している of itそれ.
私はそう確信しています
05:34
Andそして itそれ had持っていました nothing何も to do行う with〜と theその energyエネルギー of beingであること young若い.
若さゆえのエネルギーとは別のものです
05:36
Theseこれら wereあった people throughを通して their彼らの 90ss.
彼らは 90 代の人たちです
05:39
In fact事実, theその first最初 person I interviewedインタビューされた
実際 私が最初にインタビューしたのは
05:41
wasあった Georgeジョージ Abbottアボット, who wasあった 97,
ジョージ・アボットで 97 歳のときでした
05:43
andそして Abbottアボット wasあった filled満たされた with〜と theその life生活 force ---
アボットは生命力が満ち溢れた人で
05:46
I guess推測 that'sそれは theその way方法 I think思う about itそれ --- filled満たされた with〜と itそれ.
―私はそう感じました―
05:49
Andそして soそう he filled満たされた theその roomルーム,
彼の存在は部屋を一杯に満たし
05:51
andそして we我々 had持っていました an extraordinary特別な conversation会話.
私たちは ありえないような会話をしました
05:53
He wasあった supposed想定される to be〜する theその toughest厳しい interviewインタビュー thatそれ anybody would〜する everこれまで do行う
アボットは無口なことで有名で
05:56
becauseなぜなら he wasあった famous有名な forために beingであること silentサイレント,
何を聞いてもひと言ふた言しか返さないので
05:59
forために never決して everこれまで saying言って anything何でも
インタビューする相手としては
06:03
exceptを除いて maybe多分 aa wordワード orまたは two.
これほどやりにくい人はいないと思われていました
06:05
Andそして, in fact事実, he didした wind upアップ opening開ける upアップ ---
結局のところどうだったか―
06:07
by〜によって theその way方法, his energyエネルギー is evidenced明らかに in otherその他 ways方法.
ちなみに 彼のエネルギーは
06:09
He subsequently続いて got持っている married既婚 again再び at〜で 102,
後に 102 歳で再婚したことにも現れています
06:13
soそう he, you君は know知っている, he had持っていました aa lotロット of theその life生活 force in him.
生命力の溢れる人だったわけですね
06:16
Butだけど after theその interviewインタビュー, I got持っている aa callコール,
インタビューの後で 電話がかかってきました
06:20
very非常に gruffぞっとする voice音声, fromから aa woman女性.
しゃがれ声の女性からでした
06:22
I didn'tしなかった know知っている who she彼女 wasあった,
誰だかわからないその女性は言います
06:26
andそして she彼女 said前記, "Didした you君は get取得する Georgeジョージ Abbottアボット to talkトーク?"
「ジョージ・アボットは口を開いた?」
06:28
Andそして I said前記, "Yeahええ. Apparently明らかに I didした."
「ええ うまく行ったみたいでした」
06:32
Andそして she彼女 said前記, "I'm私は his old古い girlfriendガールフレンド, Maureenマウレン Stapletonステイプルトン,
女性は「私はモーリン ステイプルトン といって 昔の恋人なんだけど
06:35
andそして I couldできた never決して do行う itそれ."
一度だってしゃべらせられないのよ」
06:39
Andそして then次に she彼女 made me go行く upアップ with〜と theその tapeテープ of itそれ
それで録音テープを彼女のところに届けて
06:41
andそして prove証明する thatそれ Georgeジョージ Abbottアボット actually実際に couldできた talkトーク.
ジョージ・アボットがトークをできることを証明したのでした
06:44
Soそう, you君は know知っている, you君は want欲しいです energyエネルギー,
そんなわけで エネルギーが要ります
06:47
you君は want欲しいです theその life生活 force,
生命力が要ります
06:49
butだけど you君は really本当に want欲しいです themそれら alsoまた、 to think思う
そして本当に求めるべきことは 語り手が
06:51
thatそれ they彼ら have持ってる aa storyストーリー worth価値 sharing共有.
伝えたい話を持っていることです
06:55
Theその worst最悪 interviewsインタビュー thatそれ you君は canできる everこれまで have持ってる
多くを語ろうとしない人へのインタビューは
06:59
are with〜と people who are modest控えめな.
最悪です
07:02
Never決して everこれまで get取得する upアップ on aa stageステージ with〜と somebody誰か who'sだれの modest控えめな,
多くを語ろうとしない人に公開インタビューをしてはいけません
07:05
becauseなぜなら allすべて of theseこれら people have持ってる beenされている assembled組み立てられた
聴衆はみんなインタビューを聴きに集まっているのに
07:08
to listen聴く to themそれら, andそして they彼ら sit座る thereそこ andそして they彼ら sayいう,
無口な語り手は おもむろに 言います
07:11
"Awaw, shucksシャック, itそれ wasあった an accident事故."
「大したことじゃないんです 偶然だったんです」
07:13
There'sそこに nothing何も thatそれ everこれまで happens起こる thatそれ justifies正当化する
誰だってわざわざ こんな話を聞くために
07:15
people taking取る good良い hours時間 of theその day to be〜する with〜と themそれら.
時間を割いて集まりはしないのですから
07:19
Theその worst最悪 interviewインタビュー I everこれまで didした: Williamウィリアム Ll. Shirerシャイラー.
ウィリアム・L・シャイラーのインタビューが 私の最悪の経験でした
07:23
Theその journalistジャーナリスト who didした "Theその Rise上昇 andそして Fall of theその Third三番 Reichライヒ."
「第三帝国の興亡」を著した記者です
07:26
Thisこの guy had持っていました met会った Hitlerヒッラー andそして Gandhiガンジー within以内 six6 months数ヶ月,
6 ヶ月と空けずに ヒトラーとガンジーと会ったこの男は
07:31
andそして everyすべて time時間 I'd私は ask尋ねる him about itそれ, he'd彼は sayいう, "Ohああ, I justちょうど happened起こった to be〜する thereそこ.
私がそのことを聞くたびに 「たまたまその場に居合わせただけです
07:35
Didn'tしなかった matter問題." Whateverなんでも.
大したことない」などと繰り返しました
07:38
Awful補うステまにくるににステまし補うま.
ひどいものです
07:41
I never決して would〜する everこれまで agree同意する to interviewインタビュー aa modest控えめな person.
語らない人のインタビューは二度と引き受けません
07:43
They彼ら have持ってる to think思う thatそれ they彼ら didした something何か
何かを成し遂げたことがあり
07:46
andそして thatそれ they彼ら want欲しいです to shareシェア itそれ with〜と you君は.
それを皆に伝えたいと思っていなければなりません
07:48
Butだけど itそれ comes来る downダウン, in theその end終わり,
それは 結局のところは
07:50
to howどうやって do行う you君は get取得する throughを通して allすべて theその barriers障壁 we我々 have持ってる.
誰もが持っている殻を どう破るかという話です
07:54
Allすべて of us米国 are publicパブリック andそして privateプライベート beings存在,
誰もが公の顔と私の顔を持ち
08:01
andそして ifif allすべて you'reあなたは going行く to get取得する fromから theその interviewee面接官 is their彼らの publicパブリック self自己,
公の顔について話してもらうだけであれば
08:04
there'sそこに noいいえ pointポイント in itそれ.
何も問題はありません
08:10
It'sそれは pre-programmed予めプログラムされた. It'sそれは infomercial情報広告,
あらかじめ了解済みです 情報番組みたいに
08:12
andそして we我々 allすべて have持ってる infomercialsインフォマーシャル about our我々の lives人生.
自分の人生についての情報番組であれば
08:15
We我々 know知っている theその greatすばらしいです lines, we我々 know知っている theその greatすばらしいです moments瞬間,
素晴らしい一言や心に残る瞬間も準備され
08:18
we我々 know知っている what we're私たちは notない going行く to shareシェア,
また言わないつもりのことも決まっています
08:21
andそして theその pointポイント of thisこの wasあった notない to embarrass恥ずかしい anybody.
別に誰かを困らせようという話ではないのです
08:23
Thisこの wasn'tなかった --- andそして some一部 of you君は will意志 remember思い出す
そうではなくて―昔のマイク・ウォレスのインタビューを
08:26
Mikeマイク Wallace'sウォーレス old古い interviewsインタビュー ---
覚えている方はいるでしょうか
08:28
toughタフ, aggressive積極的な andそして soそう forth前進. They彼ら have持ってる their彼らの place場所.
タフで攻撃的で――それもまた意義はあるのです
08:30
I wasあった trying試す to get取得する themそれら to sayいう what they彼ら probably多分 wanted欲しい to sayいう,
私は 彼らが言いたかっただろうことを 語らせようとしていました
08:33
to breakブレーク outでる of their彼らの own自分の cocoon of theその publicパブリック self自己,
公の顔に包まれた 繭を開こうとしました
08:37
andそして theその moreもっと publicパブリック they彼ら had持っていました beenされている,
よりパブリックだった人ほど
08:44
theその moreもっと entrenched定着した thatそれ person, thatそれ outerアウター person wasあった.
プライベートの守りは堅いのでした
08:46
Andそして let〜する me telltell you君は at〜で once一度 theその worse悪化する moment瞬間 andそして theその bestベスト moment瞬間
さてそれでは このインタビューシリーズの中で
08:51
thatそれ happened起こった in thisこの interviewインタビュー seriesシリーズ.
最悪の瞬間と最高の瞬間についてお話ししましょう
08:54
Itそれ allすべて has持っている to do行う with〜と thatそれ shellシェル thatそれ most最も of us米国 have持ってる,
これは 誰もが―とりわけある人々が
08:56
andそして particularly特に certainある people.
持っている殻に関わる話です
09:01
There'sそこに an extraordinary特別な woman女性 named名前 Clareクレア Bootheブーツ Luceルーズ.
クレア・ブース・ルースという素晴らしい女性がいます
09:04
It'llそれはよ be〜する yourきみの generational世代間 determinant行列式
彼女のことをどのくらい知っているかで
09:07
asとして to whetherかどうか her彼女 name means手段 muchたくさん to you君は.
世代がわかってしまう人です
09:10
She彼女 didした soそう muchたくさん. She彼女 wasあった aa playwright劇作家.
多くのことを成し遂げました 劇作家としては
09:13
She彼女 didした an extraordinary特別な play遊びます calledと呼ばれる "Theその Women女性."
「ザ・ウィメン」という素晴らしい劇を作り
09:18
She彼女 wasあった aa congresswoman国会議員
女性の政治家でもありました
09:21
whenいつ thereそこ weren'tなかった very非常に manyたくさんの congresswomen議員.
まだ女性の政治家が多くなかった時代のことです
09:23
She彼女 wasあった editor編集者 of Vanity虚栄心 Fairフェア,
またバニティーフェア誌の編集者でもありました
09:26
one1 of theその greatすばらしいです phenomenal驚異的 women女性 of her彼女 day.
時代を画した偉大な女性です
09:28
Andそして, incidentally偶然に, I callコール her彼女
たまたま私は 彼女のことを
09:32
theその Eleanorエレノア Rooseveltルーズベルト of theその Right.
右派のエレノア・ルーズベルトと呼んだりしていました
09:35
She彼女 wasあった sortソート of adored崇拝 on theその Right
どちらかと言えば右派の人たちに人気があったのです
09:38
theその way方法 Eleanorエレノア Rooseveltルーズベルト wasあった on theその Left.
エレノア・ルーズベルトが左派に人気があったように
09:40
Andそして, in fact事実, whenいつ we我々 didした theその interviewインタビュー ---
実際 私たちがインタビューをしたときには
09:43
I didした theその living生活 self-portrait自画像 with〜と her彼女 ---
「生きた自画像」を行ったときには
09:46
thereそこ wereあった three former前者 directors取締役 of theその CIAシア
元 CIA の幹部が 3 人も
09:48
basically基本的に sitting座っている at〜で her彼女 feetフィート,
話を聴きにきました
09:50
justちょうど enjoying楽しんで her彼女 presence存在.
彼女に会えて楽しかったようです
09:52
Andそして I thought思想, thisこの is going行く to be〜する aa pieceピース of cakeケーキ,
さてこれは簡単な仕事だろうと思っていました
09:55
becauseなぜなら I always常に have持ってる preliminary予備的な talks交渉 with〜と theseこれら people
語り手との事前の打ち合わせは
09:57
forために justちょうど maybe多分 10 orまたは 15 minutes.
いつも 10分 から 15 分にとどめていました
10:01
We我々 never決して talkトーク before thatそれ becauseなぜなら ifif you君は talkトーク before,
その理由は 先に話してしまっていると
10:04
you君は don'tしない get取得する itそれ on theその stageステージ.
その話をステージでできないからです
10:07
Soそう she彼女 andそして I had持っていました aa delightful楽しい conversation会話.
事前打ち合わせでは彼女と楽しく雑談して
10:09
We我々 wereあった on theその stageステージ andそして then次に ---
ステージに上がりました
10:13
by〜によって theその way方法, spectacular素晴らしい.
ところで
10:16
Itそれ wasあった allすべて part of Clareクレア Bootheブーツ Luce'sルース look見える.
クレア・ブース・ルースの見栄えすることといったら
10:18
She彼女 wasあった in aa greatすばらしいです eveningイブニング gownガウン.
素晴らしいイブニング・ガウンを身につけて
10:21
She彼女 wasあった 80, almostほぼ thatそれ day of theその interviewインタビュー,
インタビューの日には 80 になろうとしていましたが
10:24
andそして thereそこ she彼女 wasあった andそして thereそこ I wasあった,
そんな彼女を目の前にして
10:27
andそして I justちょうど proceeded進んだ into theその questions質問.
私は順に質問を進めます
10:29
Andそして she彼女 stonewalledストーンウォール me. Itそれ wasあった unbelievable信じられない.
すると彼女は私をはねつけるのです 信じられないことに
10:31
Anything何でも thatそれ I would〜する ask尋ねる, she彼女 would〜する turn順番 aroundまわり, dismiss却下する,
私が何か尋ねると てんで違うことを答え 相手にしない
10:36
andそして I wasあった basically基本的に upアップ thereそこ --- anyどれか of you君は
お手上げの私はもうほとんど立ち往生
10:41
in theその moderate-to-full中程度〜完全 entertainment娯楽 world世界
ショービジネスのようなものに関わった方なら
10:43
know知っている what itそれ is to die死ぬ onstageステージ上.
立ち往生と言えばお分かりと思います
10:45
Andそして I wasあった dying死ぬ. She彼女 wasあった absolutely絶対に notない giving与える me aa thingもの.
どうしようもありません 彼女は全く隙もなく
10:48
Andそして I began始まった to wonderワンダー what wasあった going行く on,
どうしたものかと思いあぐねて
10:53
andそして you君は think思う whilewhile you君は talkトーク,
話していましたが
10:55
andそして basically基本的に, I thought思想, I got持っている itそれ.
あることに思いあたりました
10:57
Whenいつ we我々 wereあった alone単独で, I wasあった her彼女 audience聴衆.
二人で話していたときには 私だけが聴き手でした
11:00
Now I'm私は her彼女 competitor競合他社 forために theその audience聴衆.
今ここでは 私は聴衆を奪い合う競争相手なのです
11:04
That'sそれは theその problem問題 hereここに, andそして she's彼女は fighting戦う me forために thatそれ,
そういう状況なので 彼女は戦っていたのでした
11:06
andそして soそう then次に I asked尋ねた her彼女 aa question質問 ---
さて 彼女にある質問をしました
11:10
I didn'tしなかった know知っている howどうやって I wasあった going行く to get取得する outでる of itそれ ---
この状況から抜け出す方法はわからなかったけれど―
11:12
I asked尋ねた her彼女 aa question質問 about her彼女 days日々 asとして aa playwright劇作家,
劇作家としての日々について尋ねました
11:14
andそして again再び, characteristically特徴的,
すると 同じ調子で
11:20
instead代わりに of saying言って, "Ohああ yesはい, I wasあった aa playwright劇作家, andそして thisこの is what blahああ blahああ blahああ,"
劇作家としての私はどうこうと語らずにこんなことを言います
11:22
she彼女 said前記, "Ohああ, playwright劇作家. Everybodyみんな knows知っている I wasあった aa playwright劇作家.
「劇作家と言えば みんな私が劇作家と知っているわね
11:25
Most最も people think思う thatそれ I wasあった an actress女優. I wasあった never決して an actress女優."
大抵の人は私が女優だったとも思っているけど 私は女優だったことはないのよ」
11:28
Butだけど I hadn'tなかった asked尋ねた thatそれ, andそして then次に she彼女 went行った offオフ on aa tear,
そんなことは聞いていないのに彼女はそこから暴走して
11:32
andそして she彼女 said前記, "Ohああ, wellよく, thereそこ wasあった thatそれ one1 time時間 thatそれ I wasあった an actress女優.
「でもそうね一度だけ女優だったこともあるわね
11:36
Itそれ wasあった forために aa charity慈善団体 in Connecticutコネチカット whenいつ I wasあった aa congresswoman国会議員,
私が上院議員だったときにコネチカットでチャリティーのために
11:39
andそして I got持っている upアップ thereそこ," andそして she彼女 went行った on andそして on, "Andそして then次に I got持っている on theその stageステージ."
舞台に上がったわ」そんな話が続きます 「そして舞台に上がるとね」
11:42
Andそして then次に she彼女 turned回した to me andそして said前記,
彼女は私の方を向いて言います
11:45
"Andそして you君は know知っている what thoseそれら young若い actors俳優 didした?
「若い役者達がどうしたかわかりますか?
11:47
They彼ら upstaged舞台裏 me." Andそして she彼女 said前記, "Do行う you君は know知っている what thatそれ is?"
" 冷たくあしらうのです どういうことか分かりますか?」彼女が言います
11:50
Justちょうど withering枯れる in her彼女 contempt軽蔑.
彼女の仕打ちに 打ちひしがれながら
11:52
Andそして I said前記, "I'm私は learning学習."
「今 勉強させていただいています」と返しました
11:54
(Laughter笑い)
(笑)
11:56
Andそして she彼女 looked見た at〜で me, andそして itそれ wasあった like好きな theその successful成功した arm-wrestle腕立て伏せ,
彼女は私を見つめました 腕相撲が決まったみたいでした
11:58
andそして then次に, after thatそれ, she彼女 delivered配信された an extraordinary特別な accountアカウント
そうしたら その後は彼女は自分の人生についての
12:03
of what her彼女 life生活 really本当に wasあった like好きな.
とてつもない話をたっぷりと語ってくれました
12:07
I have持ってる to end終わり thatそれ one1. Thisこの is myじぶんの tributeトリビュート to Clareクレア Bootheブーツ Luceルーズ.
この話は終わらなければなりません クレア・ブース・ルースに捧げる思い出です
12:09
Again再び, aa remarkable顕著 person.
本当に素晴らしい人でした
12:12
I'm私は notない politically政治的に attracted引き寄せた to her彼女, butだけど throughを通して her彼女 life生活 force,
政治的には彼女がいいとは思いませんでしたが 彼女の生命力は
12:14
I'm私は attracted引き寄せた to her彼女.
私を惹きつけました
12:17
Andそして theその way方法 she彼女 died死亡しました --- she彼女 had持っていました, toward〜に向かって theその end終わり, aa brain tumor腫瘍.
彼女が亡くなるときには― 脳腫瘍を患っており
12:20
That'sそれは probably多分 asとして terribleひどい aa way方法 to die死ぬ asとして you君は canできる imagine想像する,
考えるだけでも つらい病気でした
12:25
andそして very非常に few少数 of us米国 wereあった invited招待された to aa dinnerディナー partyパーティー.
限られた数名がディナーパーティーに招かれました
12:28
Andそして she彼女 wasあった in horrible恐ろしい pain痛み.
彼女がひどい痛みに苦しんでおり
12:34
We我々 allすべて knew知っていた thatそれ.
みんなそのことを知っていました
12:36
She彼女 stayed滞在した in her彼女 roomルーム.
彼女は部屋に篭っていました
12:38
Everybodyみんな came来た. Theその butler執事 passed合格 aroundまわり canapesカナッペ.
みんなが集まり 執事はカナッペを給仕しました
12:41
Theその usual通常の sortソート of thingもの.
よくある始まり方です
12:43
Then次に at〜で aa certainある moment瞬間, theその doorドア opened開かれた
そうしているうちに 扉をあけて
12:46
andそして she彼女 walked歩いた outでる perfectly完全に dressed服を着た, completely完全に composed構成された.
完全な正装で 完璧な化粧をした彼女が現れました
12:49
Theその publicパブリック self自己, theその beauty美しさ, theその intellect知性,
美貌と知性を備えた 公の顔です
12:53
andそして she彼女 walked歩いた aroundまわり andそして talked話した to everyすべて person thereそこ
歩きながら その場の皆と言葉を交わすと
12:57
andそして then次に went行った backバック into theその roomルーム andそして wasあった never決して seen見た again再び.
自分の部屋に戻り そして二度と姿を見せませんでした
13:01
She彼女 wanted欲しい theその controlコントロール of her彼女 final最後の moment瞬間, andそして she彼女 didした itそれ amazingly驚くほど.
彼女は最後の最後まで思いのままを望み それを驚くほどに貫きました
13:04
Now, thereそこ are otherその他 ways方法 thatそれ you君は get取得する somebody誰か to open開いた upアップ,
もちろん 人の心を開く方法は他にもあります
13:10
andそして thisこの is justちょうど aa brief簡潔な reference参照.
今の話はほんの一例です
13:14
Itそれ wasn'tなかった thisこの arm-wrestle腕立て伏せ,
こんなぶつかり合いでなくても
13:18
butだけど itそれ wasあった aa little少し surprising驚くべき forために theその person involved関係する.
関わる人の小さな驚きがきっかけになることもあります
13:20
I interviewedインタビューされた Steveスティーブ Martinマーティン. Itそれ wasn'tなかった allすべて thatそれ long長いです ago.
割と最近のこと スティーブ・マーティンをインタビューしました
13:22
Andそして we我々 wereあった sitting座っている thereそこ,
こうやって腰かけて
13:26
andそして almostほぼ toward〜に向かって theその beginning始まり of theその interviewインタビュー,
インタビューの ほんの入り口で
13:28
I turned回した to him andそして I said前記, "Steveスティーブ," orまたは "Mr. Martinマーティン,
彼に向かって言いました 「スティーブ」 いや 「マーティンさん
13:31
itそれ is said前記 thatそれ allすべて comediansコメディアン have持ってる unhappy不幸 childhoods子供時代.
コメディアンは皆 子ども時代が不幸せだったといいますが
13:36
Wasあった yoursあなたの unhappy不幸?"
あなたも不幸せでしたか?」
13:42
Andそして he looked見た at〜で me, you君は know知っている, asとして ifif to sayいう,
彼は いきなりそこから話をはじめるのかねと
13:44
"Thisこの is howどうやって you'reあなたは going行く to start開始 thisこの thingもの, right offオフ?"
言わんばかりの眼ざしで私を見ると
13:47
Andそして then次に he turned回した to me, notない stupidly愚かに,
向き直って 大まじめな口調で
13:50
andそして he said前記, "What wasあった yourきみの childhood子供時代 like好きな?"
「ご自分の子供時代はどうでした?」と切り返します
13:52
Andそして I said前記 --- theseこれら are allすべて arm wrestles闘う, butだけど they're彼らは affectionate愛情のある ---
優しさのあるステージ上のバトルでした
13:56
andそして I said前記, "Myじぶんの fatherお父さん wasあった loving愛する andそして supportive支持的な,
私は言いました 「父は優しくて面倒見のよい人でした
13:59
whichどの is whyなぜ I'm私は notない funny面白い."
だから私の話は面白くないのです」
14:02
(Laughter笑い)
(笑)
14:04
Andそして he looked見た at〜で me, andそして then次に we我々 heard聞いた theその big大きい sad悲しい storyストーリー.
彼は私を見つめ それから長く悲しい物語が始まりました
14:06
His fatherお父さん wasあった an SOBうわー,
彼の父親はろくでなしだったのです
14:10
andそして, in fact事実, he wasあった another別の comedianコメディアン with〜と an unhappy不幸 childhood子供時代,
まさに 不幸せな子ども時代を過ごしたコメディアンの一人だったのです
14:12
butだけど then次に we我々 wereあった offオフ andそして runningランニング.
話はそこからどんどん進みました
14:16
Soそう theその question質問 is:
問題は
14:19
What is theその keyキー that'sそれは going行く to allow許す thisこの to proceed続ける?
こんなことが上手くいくための鍵は何かということなのです
14:20
Now, theseこれら are arm wrestle格闘する questions質問,
ステージ上の対決の話をしましたが
14:23
butだけど I want欲しいです to telltell you君は about questions質問
質問についてお話ししましょう
14:25
thatそれ are moreもっと related関連する to empathy共感
共感ということと 大いに関わります
14:28
andそして thatそれ really本当に, very非常に oftenしばしば, are theその questions質問
生涯にわたって その質問こそを聞いてほしいと
14:31
thatそれ people have持ってる beenされている waiting待っている their彼らの whole全体 lives人生 to be〜する asked尋ねた.
待たれているような質問があるのです
14:34
Andそして I'll私はよ justちょうど give与える you君は two examples of thisこの becauseなぜなら of theその time時間 constraints制約.
時間の制約があるので 2 つの例を紹介します
14:37
One1 wasあった an interviewインタビュー I didした with〜と one1 of theその greatすばらしいです Americanアメリカ人 biographersバイオグラフィー.
ひとつはアメリカ人の伝記作家に対して行ったインタビューです
14:41
Again再び, some一部 of you君は will意志 know知っている him, most最も of you君は won't〜されません, Dumasデュマ Maloneマローン.
知名度は高くない デュマ・マローンです
14:47
He didした aa five-volume5巻 biographyバイオグラフィー of Thomasトーマス Jeffersonジェファーソン,
彼は全部で 5 巻のトーマス・ジェファーソンの伝記を記しました
14:49
spent過ごした virtually事実上 his whole全体 life生活 with〜と Thomasトーマス Jeffersonジェファーソン,
人生のすべてをトーマス・ジェファーソンに捧げたのです
14:53
andそして by〜によって theその way方法, at〜で one1 pointポイント I asked尋ねた him,
さて 話の中で私が聞いたのです
14:58
"Would〜する you君は like好きな to have持ってる met会った him?"
彼に会えたら良かったのにと思いますか
15:00
Andそして he said前記, "Wellよく, of courseコース,
「もちろんです
15:02
butだけど actually実際に, I know知っている him betterより良い thanより anyone誰でも who everこれまで met会った him,
しかし実際 彼に会ったことのある誰よりも ジェファーソンの事はわかっています
15:04
becauseなぜなら I got持っている to read読む allすべて of his letters手紙."
私は彼の手紙を全部読んでいますから」
15:07
Soそう, he wasあった very非常に satisfied満足 with〜と theその kind種類 of relationship関係 they彼ら had持っていました over以上 50 years.
つまり デュマは50年にわたるジェファーソンとの関係にとても満足していました
15:09
Andそして I asked尋ねた him one1 question質問.
彼にひとつ質問してみました
15:15
I said前記, "Didした Jeffersonジェファーソン everこれまで disappoint失望する you君は?"
ジェファーソンに失望させられたことはありますか?
15:18
Andそして hereここに is thisこの manおとこ who had持っていました given与えられた his whole全体 life生活 to uncovering暴露 Jeffersonジェファーソン
デュマは人生のすべてをジェファーソンに関わり 秘密を解き明かすことに
15:22
andそして connecting接続する with〜と him,
捧げた人なのです
15:27
andそして he said前記, "Wellよく ..." --- I'm私は going行く to do行う aa bad悪い southern南方の accentアクセント.
彼は言いました ―南部のアクセントはうまく真似できませんが
15:29
Dumasデュマ Maloneマローン wasあった fromから Mississippiミシシッピ originally元々.
デュマ・マローンはもともとミシシッピの人でした
15:34
Butだけど he said前記, "Wellよく," he said前記, "I'm私は afraid恐れ soそう."
彼は言います 「まぁ ないわけでもないです」
15:37
He said前記, "You君は know知っている, I've私は read読む everythingすべて,
「彼の書いたもの全てに眼を通したのですが
15:41
andそして sometimes時々 Mr. Jeffersonジェファーソン would〜する smooth滑らかな theその truth真実 aa bitビット."
時々ジェファーソン氏は 真実を少しばかり丸めてしまうことがありました」
15:44
Andそして he basically基本的に wasあった saying言って thatそれ thisこの wasあった aa manおとこ
要するにデュマが望む以上に
15:52
who lied嘘をついた moreもっと thanより he wished望む he had持っていました,
ジェファーソンは嘘を付いたことがあるのですね
15:55
becauseなぜなら he saw見た theその letters手紙.
手紙を全部見たからわかるのです
15:58
He said前記, "Butだけど I understandわかる thatそれ." He said前記, "I understandわかる thatそれ."
「でも それは理解できることです」と彼は言います
16:00
He said前記, "We我々 southerners南部人 do行う like好きな aa smooth滑らかな surface表面,
「南部の人たちはことを荒立てるのを好まず
16:04
soそう thatそれ thereそこ wereあった times whenいつ he justちょうど didn'tしなかった want欲しいです theその confrontation対決."
直接対決を避けようとすることもあるのです」
16:09
Andそして he said前記, "Now, Johnジョン Adamsアダムス wasあった tooあまりにも honest正直な."
「さて ジョン・アダムスは正直すぎました」と言って
16:13
Andそして he started開始した to talkトーク about thatそれ, andそして later後で on he invited招待された me to his house,
その話が始まりました 後になってデュマの家に招待されました
16:17
andそして I met会った his wife who wasあった fromから Massachusettsマサチューセッツ州,
そこでマサチューセッツ生まれの奥様にお会いして
16:20
andそして he andそして she彼女 had持っていました exactly正確に theその relationship関係
デュマと奥さんの関係は
16:22
of Thomasトーマス Jeffersonジェファーソン andそして Johnジョン Adamsアダムス.
トーマス・ジェファーソンとジョン・アダムスの関係と同じようなものでした
16:25
She彼女 wasあった theその New新しい Englanderイングランド人 andそして abrasive研磨材,
彼女はニューイングランドの出身ではっきりした人で
16:28
andそして he wasあった thisこの courtly宮廷 fellow仲間.
彼はこんな南部人なのでした
16:30
Butだけど really本当に theその most最も important重要 question質問 I everこれまで asked尋ねた,
さて私が尋ねた 一番重要な質問について話します
16:33
andそして most最も of theその times whenいつ I talkトーク about itそれ,
この話をするとたいてい あまりにも無遠慮で残酷だと
16:36
people kind種類 of suck吸う in their彼らの breath呼吸 at〜で myじぶんの audacity大胆, orまたは cruelty残酷,
息を呑む方が多いのですが
16:39
butだけど I promise約束する you君は itそれ wasあった theその right question質問.
私はそれは適切な質問だったと確信しています
16:44
Thisこの wasあった to Agnesアグネス de Milleミル.
アグネス・デ・ミルに対しての質問でした
16:48
Agnesアグネス de Milleミル is one1 of theその greatすばらしいです choreographers振付家 in our我々の history歴史.
アグネスは現代の偉大な振付師です
16:51
She彼女 basically基本的に created作成した theその dancesダンス in "Oklahomaオクラホマ,"
ミュージカル「オクラホマ」の踊りを振りつけて
16:55
transforming変換する theその Americanアメリカ人 theater劇場.
アメリカのショービジネスに変革をもたらしました
16:59
An amazing素晴らしい woman女性.
素晴らしい女性です
17:01
At〜で theその time時間 thatそれ I proposed提案された to her彼女 thatそれ ---
私が彼女にお願いをしたときのこと
17:03
by〜によって theその way方法, I would〜する have持ってる proposed提案された to her彼女; she彼女 wasあった extraordinary特別な ---
お願いするにしても 彼女の事情もありましたが―
17:08
butだけど proposed提案された to her彼女 thatそれ she彼女 come来る on.
やはり来てもらうよう お願いしました
17:10
She彼女 said前記, "Come来る to myじぶんの apartmentアパート."
「自宅に来て下さい」と言われました
17:12
She彼女 lived住んでいました in New新しい Yorkヨーク.
彼女はニューヨークに暮らしていました
17:14
"Come来る to myじぶんの apartmentアパート andそして we'll私たちは talkトーク forために thoseそれら 15 minutes,
私の部屋で 15 分ほど打ち合わせをしましょう
17:16
andそして then次に we'll私たちは decide決めます whetherかどうか we我々 proceed続ける."
そして 話を進めるかどうかを決めましょう
17:20
Andそして soそう I showed示した upアップ in thisこの darkダーク, rambling放浪 New新しい Yorkヨーク apartmentアパート,
そうして 私はニューヨークの陰気で広い自宅を訪れ
17:22
andそして she彼女 calledと呼ばれる outでる to me, andそして she彼女 wasあった in bedベッド.
彼女はベッドの中から私に話しかけました
17:27
I had持っていました known既知の thatそれ she彼女 had持っていました had持っていました aa strokeストローク,
以前 彼女が脳梗塞で倒れたことを知っていました
17:30
andそして thatそれ wasあった some一部 10 years before.
10 年ほど前のことでした
17:32
Andそして soそう she彼女 spent過ごした almostほぼ allすべて of her彼女 life生活 in bedベッド,
それ以来ほとんどずっと寝たきりだったのです
17:34
butだけど --- I speak話す of theその life生活 force ---
でも 生命力について言えば
17:39
her彼女 hairヘア wasあった askew斜め.
髪の毛もぼさぼさでした
17:41
She彼女 wasn'tなかった about to make作る upアップ forために thisこの occasion機会.
今回のために 化粧しようとも思わなかったのでした
17:43
Andそして she彼女 wasあった sitting座っている thereそこ surrounded囲まれた by〜によって books,
彼女は本に囲まれるようにして座っていました
17:46
andそして her彼女 most最も interesting面白い possession所持 she彼女 feltフェルト at〜で thatそれ moment瞬間
その時彼女がもっとも関心をもっていたことは
17:49
wasあった her彼女 will意志, whichどの she彼女 had持っていました by〜によって her彼女 side.
遺言状のことで それを脇においてありました
17:53
She彼女 wasn'tなかった unhappy不幸 about thisこの. She彼女 wasあった resigned辞任した.
不幸だと思ってはいませんでした 引退生活です
17:59
She彼女 said前記, "I keepキープ thisこの will意志 by〜によって myじぶんの bedベッド, memento記念碑 mori,
「死ぬことをわすれないように 遺書はいつもベッド脇においてあり
18:03
andそして I change変化する itそれ allすべて theその time時間
そして始終これを書き直しています
18:09
justちょうど becauseなぜなら I want欲しいです to."
理由はただそうしたいからなの」
18:12
Andそして she彼女 wasあった loving愛する theその prospect見通し of death asとして muchたくさん asとして she彼女 had持っていました loved愛された life生活.
彼女は来るべき死についても人生と同じように楽しんでいました
18:14
I thought思想, thisこの is somebody誰か I've私は got持っている to get取得する in thisこの seriesシリーズ.
私は考えました このシリーズに加えるべき人だ
18:19
She彼女 agreed同意した.
彼女もそれに同意しました
18:22
She彼女 came来た on. Of courseコース she彼女 wasあった wheelchaired車椅子の on.
彼女がやってきました もちろん 車椅子に乗って
18:24
Halfハーフ of her彼女 body wasあった stricken殴られた, theその otherその他 halfハーフ notない.
彼女の半身は病気で不自由で 残り半身は問題なし
18:27
She彼女 wasあった, of courseコース, done完了 upアップ forために theその occasion機会,
彼女もちろん 今回は化粧していました
18:30
butだけど thisこの wasあった aa woman女性 in greatすばらしいです physical物理的 distress苦痛.
肉体的には非常な困難に見舞われた人でした
18:33
Andそして we我々 had持っていました aa conversation会話,
我々は話を始めると
18:37
andそして then次に I asked尋ねた her彼女 thisこの unthinkable考えられない question質問.
私はこの突拍子も無い質問を投げかけました
18:40
I said前記, "Wasあった itそれ aa problem問題 forために you君は in yourきみの life生活 thatそれ you君は wereあった notない beautiful綺麗な?"
「あなたにとって美人でなかったということは人生の問題でしたか?」
18:43
Andそして theその audience聴衆 justちょうど --- you君は know知っている,
聴衆は あっけにとられました
18:52
they're彼らは always常に on theその side of theその interviewee面接官,
いつも語り手の味方に立つ聴衆は
18:55
andそして they彼ら feltフェルト thatそれ thisこの wasあった aa kind種類 of assault暴行,
ある種の侮辱をされたように感じたのでした
18:58
butだけど thisこの wasあった theその question質問 she彼女 had持っていました
しかし これこそ彼女の人生において
19:01
wanted欲しい somebody誰か to ask尋ねる her彼女 whole全体 life生活.
誰かに聞いて欲しかった質問だったのです
19:03
Andそして she彼女 began始まった to talkトーク about her彼女 childhood子供時代, whenいつ she彼女 wasあった beautiful綺麗な,
だから彼女は美しかった子ども時代の話を始めて
19:06
andそして she彼女 literally文字通り turned回した --- hereここに she彼女 wasあった, in thisこの broken壊れた body ---
そこから彼女は不自由な体で
19:11
andそして she彼女 turned回した to theその audience聴衆 andそして
聴衆の方に向き直って語りました
19:14
described記載された herself自分自身 asとして theその fairフェア demoiselleデモイゼル
赤毛と軽やかなステップとで 自分は
19:17
with〜と her彼女 red hairヘア andそして her彼女 light stepsステップ andそして soそう forth前進,
きれいなイトトンボのようだったと
19:19
andそして then次に she彼女 said前記, "Andそして then次に puberty思春期 hitヒット."
そして言いました「それから思春期にぶつかるのです」
19:25
Andそして she彼女 began始まった to talkトーク about thingsもの thatそれ had持っていました happened起こった
その時期に起きたことを話し始めます
19:28
to her彼女 body andそして her彼女 face,
彼女の体と顔に起きたことです
19:30
andそして howどうやって she彼女 couldできた noいいえ longerより長いです countカウント on her彼女 beauty美しさ,
彼女の美しさは損なわれてしまい
19:32
andそして her彼女 family家族 then次に treated治療された her彼女 like好きな theその ugly醜い sisterシスター of theその beautiful綺麗な one1
家の中でも 美しい妹と醜い姉という 扱いになったのです
19:36
forために whom allすべて theその balletバレエ lessonsレッスン wereあった given与えられた.
美しい妹はバレエのレッスンに通わせてもらい
19:43
Andそして she彼女 had持っていました to go行く along一緒に justちょうど to be〜する with〜と her彼女 sisterシスター forために company会社,
彼女は付き添いとして一緒に通いました
19:45
andそして in thatそれ processプロセス, she彼女 made aa number of decisions決定.
その過程で彼女はいくつもの決断を下しました
19:50
First最初 of allすべて, wasあった thatそれ danceダンス, even偶数 thoughしかし
彼女のためのダンスのレッスンではありませんでしたが
19:53
itそれ hadn'tなかった beenされている offered提供された to her彼女, wasあった her彼女 life生活.
ダンスは彼女の人生そのものになりました
19:55
Andそして secondly第二に, she彼女 had持っていました betterより良い be〜する,
そしてまた 自分でも少しダンスを試みた後で
19:57
althoughただし、 she彼女 didした danceダンス forために aa whilewhile, aa choreographer振付師
彼女は振付師になると決めました
19:59
becauseなぜなら then次に her彼女 looks外見 didn'tしなかった matter問題.
外見が問題とならないからです
20:01
Butだけど she彼女 wasあった thrilled興奮した to get取得する thatそれ outでる asとして aa realリアル, realリアル fact事実 in her彼女 life生活.
本当に振付師になったときにはドキドキしました とうとう人生の真実になったのでした
20:04
Itそれ wasあった an amazing素晴らしい privilege特権 to do行う thisこの seriesシリーズ.
このシリーズに取り組めたのは 本当にありがたいことでした
20:11
Thereそこ wereあった otherその他 moments瞬間 like好きな thatそれ, very非常に few少数 moments瞬間 of silence沈黙.
お話したような瞬間が何度もありました 沈黙の時は まったくありませんでした
20:16
Theその keyキー pointポイント wasあった empathy共感
鍵となるポイントは共感です
20:22
becauseなぜなら everybodyみんな in their彼らの lives人生
誰もが自分の人生において
20:25
is really本当に waiting待っている forために people to ask尋ねる themそれら questions質問,
尋ねて欲しいと待っている質問とは
20:29
soそう thatそれ they彼ら canできる be〜する truthful真実な about who they彼ら are
自らについて真摯に振り返り
20:33
andそして howどうやって they彼ら becameなりました what they彼ら are,
いかにして今の自分があるかを語るための 問いかけです
20:35
andそして I commend賞賛する thatそれ to you君は, even偶数 ifif you'reあなたは notない doingやっている interviewsインタビュー.
お話ししてきたことは インタビューに限らないのです
20:38
Justちょうど be〜する thatそれ way方法 with〜と yourきみの friends友達
友人や家族の高齢者の方には
20:42
andそして particularly特に theその olderより古い membersメンバー of yourきみの family家族.
共感を持って接して下さい
20:44
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
どうもありがとうございました
20:47
Translated by Natsuhiko Mizutani
Reviewed by Satoshi Iritani

▲Back to top

About the speaker:

Marc Pachter - Cultural Historian
Marc Pachter has spent his career curating and creating intimate portraits of the lives of others.

Why you should listen

Marc Pachter is a man of many talents, and it seems he's used every one of them during his 33 years at the Smithsonian Institution. Although he has devoted most of his career to one organization, with the single goal of capturing the lives of great Americans, to do so he has played multiple roles. He began his time at the Smithsonian just after a five-year stint at Harvard, where he earned a master's in history and taught Colonial history.  Since that time he has served as acting director of the National Museum of American History, chaired the celebration of the Smithsonian's 150th anniversary, created the first national portrait competition, organized the first national conference on biography and created an interview program called "Living Self-Portaits" which earned him the title of Smithsonian "master interviewer."

In his final years at the Smithsonian, Pachter was director of the National Portrait Gallery Director, retiring in 2007 to work on his writing. Pachter has authored two books, Telling Lives: The Biographer's Art and A Gallery of Presidents, and is editor of several more. In addition, he holds an editorial role at the peer-reviewed journal Biography and was senior cultural advisor to the United States Information Agency for some years.

More profile about the speaker
Marc Pachter | Speaker | TED.com