English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2007

Andrew Mwenda: Aid for Africa? No thanks.

アンドゥリュー・ムエンダの新しいアフリカの見方

Filmed
Views 750,886

この刺激的なスピーチの中で、ジャーナリストのアンドゥリュー・ムエンダが "アフリカの疑問" について、主にメディアによって伝えられている貧困、内戦、無力感の枠組みを超えて、富や幸せをアフリカ大陸全体に広げていく可能性に注目するようにと私達に訴えかけます。

- Journalist
Journalist Andrew Mwenda has spent his career fighting for free speech and economic empowerment throughout Africa. He argues that aid makes objects of the poor -- they become passive recipients of charity rather than active participants in their own economic betterment. Full bio

I am午前 very非常に, very非常に happyハッピー to be〜する amidst真っ只中 some一部 of theその most最も ---
私は、このような光栄な...
00:26
theその lightsライト are really本当に disturbing邪魔する myじぶんの eyes
照明が気になって仕方ないなぁ。
00:30
andそして they're彼らは reflecting反射する on myじぶんの glasses眼鏡.
メガネに反射してるんだ。
00:32
I am午前 very非常に happyハッピー andそして honored名誉ある to be〜する amidst真っ只中
私はこうして、改新的で知的な人に囲まれていることを
00:34
very非常に, very非常に innovative革新的な andそして intelligentインテリジェントな people.
とても幸せに、そして光栄に思います。
00:38
I have持ってる listened聞いた to theその three previous speakersスピーカー,
私の前に話した3人のスピーチを聞いたけど、
00:41
andそして guess推測 what happened起こった?
何があったと思う?
00:44
Everyすべて singleシングル thingもの I planned計画された to sayいう, they彼ら have持ってる said前記 itそれ hereここに,
私が言おうと思ってた事すべてを、彼らが言ってしまったんだ。
00:46
andそして itそれ looks外見 andそして sounds like好きな I have持ってる nothing何も elseelse to sayいう.
だからもう私には言うべき事が何もないみたいでしょ?
00:49
(Laughter笑い)
(笑い声)
00:54
Butだけど thereそこ is aa saying言って in myじぶんの culture文化
でも私の故郷のことわざで
00:55
thatそれ ifif aa bud leaves aa tree withoutなし saying言って something何か,
「もしも芽が何も言わないまま木を去ってしまうと、
00:58
thatそれ bud is aa young若い one1.
その芽は若憎だ」と言うんです。
01:03
Soそう, I will意志 --- since以来 I am午前 notない young若い andそして am午前 very非常に old古い,
私は若くないうえに、もう結構年だから
01:06
I stillまだ will意志 sayいう something何か.
しっかり話すつもりでいますよ。
01:11
We我々 are hostingホスティング thisこの conference会議 at〜で aa very非常に opportune機会 moment瞬間,
今回の会議はとても良い時期に開催されています、
01:13
becauseなぜなら another別の conference会議 is taking取る place場所 in Berlinベルリン.
なぜなら、ベルリンでも他の会議が行われているからです。
01:18
Itそれ is theその Gg8 Summitサミット.
それはG8 サミット(主要国首脳会議)です。
01:20
Theその Gg8 Summitサミット proposes提案する thatそれ theその solution溶液 to Africa'sアフリカの problems問題
G8サミットにおいて、アフリカの問題を解決するためには、
01:23
should〜すべき be〜する aa massive大規模 increase増加する in aid援助,
大規模に補助金を増やすことが大切だと提案されいますが、
01:30
something何か akin同族の to theその Marshallマーシャル Plan計画.
それはマーシャルプラン(欧州復興計画)と同じような考えですね。
01:33
Unfortunately残念ながら, I personally個人的に do行う notない believe信じる in theその Marshallマーシャル Plan計画.
残念ですが、個人的にマーシャルプランは信頼できません。
01:35
One1, becauseなぜなら theその benefits利点 of theその Marshallマーシャル Plan計画 have持ってる beenされている overstated誇張した.
まず、マーシャルプランがもたらす利益は大げさに言われているからです。
01:39
Itsその largest最大 recipients受信者 wereあった Germanyドイツ andそして Franceフランス,
特にフランスとドイツが補助金を多く受けていましたが、
01:44
andそして itそれ wasあった onlyのみ 2.5 percentパーセント of their彼らの GDPgdp.
合計は国内生産量の2.5パーセントに過ぎませんでした。
01:47
An average平均 Africanアフリカ人 country receives受け取る foreign外国人 aid援助
平均的にアフリカの国が受け取る補助金は
01:50
to theその tune of 13, 15 percentパーセント of itsその GDPgdp,
国内生産量の13~15パーセントにもなる額なので、
01:53
andそして thatそれ is an unprecedented前例のない transfer転送 of financial金融 resourcesリソース
という事は、前例のないほどの金融資源が
01:59
fromから richリッチ countries to poor貧しい countries.
裕福な国から貧しい国に移動していることになります。
02:02
Butだけど I want欲しいです to sayいう thatそれ thereそこ are two thingsもの we我々 need必要 to connect接続する.
でもそこで2つ、つなげなくてはならない事があるのです。
02:05
Howどうやって theその mediaメディア coversカバー Africaアフリカ in theその West西, andそして theその consequences結果 of thatそれ.
西洋諸国のメディアがどうアフリカを映し出しているか、そしてその影響です。
02:08
By〜によって displaying表示する despair絶望, helplessness無力 andそして hopelessness絶望,
無力感や絶望感を目立たせることによって、
02:14
theその mediaメディア is telling伝える theその truth真実 about Africaアフリカ, andそして nothing何も butだけど theその truth真実.
メディアは、アフリカの真実以外の何でもない「真実」だけを伝えているのです。
02:17
Howeverしかしながら, theその mediaメディア is notない telling伝える us米国 theその whole全体 truth真実.
ですが、真実すべてを伝えているわけではありません。
02:23
Becauseなぜなら despair絶望, civil市民 war戦争, hunger飢え andそして famine飢饉,
なぜなら、絶望、内戦、飢餓は
02:27
althoughただし、 they're彼らは part andそして parcel小包 of our我々の Africanアフリカ人 reality現実,
確かにアフリカが置かれている状況の一片なのですが、
02:31
they彼ら are notない theその onlyのみ reality現実.
それだけが事実ではないのです。
02:35
Andそして secondly第二に, they彼ら are theその smallest最小 reality現実.
そのうえ、それらは小さな事実にしか過ぎません。
02:37
Africaアフリカ has持っている 53 nations.
アフリカには53国あります。
02:39
We我々 have持ってる civil市民 wars戦争 onlyのみ in six6 countries,
内戦が起きているのはそのうち6国で、
02:41
whichどの means手段 thatそれ theその mediaメディア are coveringカバーする onlyのみ six6 countries.
と言う事は、メディアはその6国だけを報道しているのです。
02:44
Africaアフリカ has持っている immense巨大 opportunities機会 thatそれ never決して navigateナビゲートする
アフリカには広大な機会があるにもかかわらず、
02:48
throughを通して theその webウェブ of despair絶望 andそして helplessness無力
絶望と無力感の網を抜け出せないのは、
02:52
thatそれ theその Western西洋 mediaメディア largely主に presentsプレゼント to itsその audience聴衆.
西洋のメディアが聴衆にむけてその網を描写しているからなのです。
02:54
Butだけど theその effect効果 of thatそれ presentationプレゼンテーション is, itそれ appeals上訴 to sympathy同情.
その描写は同情心に訴えかける効果があります。
02:59
Itそれ appeals上訴 to pity残念. Itそれ appeals上訴 to something何か calledと呼ばれる charity慈善団体.
同情心に訴えかけ、そしてそれがチャリティーにつながるのです。
03:03
Andそして, asとして aa consequence結果, theその Western西洋 view見る
その結果、西洋から見る
03:08
of Africa'sアフリカの economic経済的 dilemmaジレンマ is framed額入り wrongly間違って.
アフリカの経済的ジレンマは間違って枠取られているのです。
03:11
Theその wrong違う framingフレーミング is aa product製品 of thinking考え
その間違った枠組は、アフリカが絶望的な場所だと
03:16
thatそれ Africaアフリカ is aa place場所 of despair絶望.
決めつける考えから来るのです。
03:20
What should〜すべき we我々 do行う with〜と itそれ? We我々 should〜すべき give与える foodフード to theその hungry空腹.
その絶望をどうすればいいのか?飢えている人には食料を与えるべきです。
03:23
We我々 should〜すべき deliver配信する medicines to thoseそれら who are ill病気.
病気の人々には、薬を配るべきなのです。
03:26
We我々 should〜すべき send送信する peacekeeping平和維持 troops
そして国際平和維持活動隊を派遣して、
03:29
to serveサーブ thoseそれら who are facing直面する aa civil市民 war戦争.
内戦に苦しむ人々を助けるべきなのです。
03:31
Andそして in theその processプロセス, Africaアフリカ has持っている beenされている strippedストリップされた of self-initiative自発性.
その段階を通して、アフリカの自主性は失われていきます。
03:33
I want欲しいです to sayいう thatそれ itそれ is important重要 to recognize認識する
もちろん、アフリカには根本的な
03:38
thatそれ Africaアフリカ has持っている fundamental基本的な weaknesses弱点.
弱みがあることを認識するのは大切です。
03:41
Butだけど equally均等に, itそれ has持っている opportunities機会 andそして aa lotロット of potential潜在的な.
だけど同時に、機会や可能性もたくさんあるのです。
03:44
We我々 need必要 to reframe再構築する theその challengeチャレンジ thatそれ is facing直面する Africaアフリカ,
アフリカが直面している難問についての考え方を、
03:48
fromから aa challengeチャレンジ of despair絶望,
貧困撲滅などの、
03:52
whichどの is calledと呼ばれる poverty貧困 reduction削減,
絶望的な挑戦から、
03:54
to aa challengeチャレンジ of hope希望.
希望のための挑戦に変えなければなりません。
03:58
We我々 frameフレーム itそれ asとして aa challengeチャレンジ of hope希望, andそして thatそれ is worth価値 creation創造.
希望のための挑戦と考えることによって、挑戦することに価値が出てくるのです。
04:00
Theその challengeチャレンジ facing直面する allすべて thoseそれら who are interested興味がある in Africaアフリカ
アフリカに興味がある人々が直面している挑戦は、
04:04
is notない theその challengeチャレンジ of reducing還元する poverty貧困.
貧困を減らすことではありません。
04:07
Itそれ should〜すべき be〜する aa challengeチャレンジ of creating作成 wealth.
富を増やすための挑戦なのです。
04:09
Once一度 we我々 change変化する thoseそれら two thingsもの ---
この2つを変えることで、
04:12
ifif you君は sayいう theその Africansアフリカ人 are poor貧しい andそして they彼ら need必要 poverty貧困 reduction削減,
もしもアフリカの人々が貧しいから貧困撲滅が必要だというと、
04:15
you君は have持ってる theその international国際 cartelカルテル of good良い intentions意図
良心の集まりでできた国際カルテルが、
04:20
moving動く onto〜に theその continent大陸, with〜と what?
アフリカ大陸に何を持ってやっってくるでしょう?
04:24
Medicines forために theその poor貧しい, foodフード relief救済 forために thoseそれら who are hungry空腹,
貧しい者には薬を、空腹な者には食料を、
04:27
andそして peacekeepers平和維持官 forために thoseそれら who are facing直面する civil市民 war戦争.
そして内戦に直面する者には国際平和維持活動隊を。
04:30
Andそして in theその processプロセス, noneなし of theseこれら thingsもの really本当に are productive生産的な
このような方法では収益性が少ないですし、
04:35
becauseなぜなら you君は are treating治療する theその symptoms症状, notない theその causes原因
症状を治療しているだけであって、
04:39
of Africa'sアフリカの fundamental基本的な problems問題.
アフリカの根本的な問題の原因は解決されないままなのです。
04:41
Sending送信 somebody誰か to school学校 andそして giving与える themそれら medicines,
誰かを学校に行かせて薬をあたえたりするだけでは、
04:44
ladies女性 andそして gentlemen紳士, doesする notない create作成する wealth forために themそれら.
みなさんいいですか、彼らの富を作る事は出せません。
04:47
Wealth is aa function関数 of income所得, andそして income所得 comes来る fromから you君は finding所見
富と言うのは収入が機能することであり、そして収入は利益的な
04:52
aa profitable収益性の高い tradingトレーディング opportunity機会 orまたは aa well-paying裕福な jobジョブ.
貿易のチャンス又は高収入な仕事を見つけることからくるのです。
04:56
Now, once一度 we我々 beginベギン to talkトーク about wealth creation創造 in Africaアフリカ,
さて、アフリカで富を生み出すことを話すにあたって、
05:00
our我々の second二番 challengeチャレンジ will意志 be〜する,
私達の2つ目の挑戦は、
05:03
who are theその wealth-creating富を創造する agentsエージェント in anyどれか society社会?
どの社会でも、誰が富を生み出すエージェントなのか?です。
05:05
They彼ら are entrepreneurs起業家. [Unclear不明] told言った us米国 they彼ら are always常に
それは起業家達なのです。(不明)から、彼らはいつでも
05:08
about four4つの percentパーセント of theその population人口, butだけど 16 percentパーセント are imitators模倣者.
人口の4パーセントくらいですが、16パーセントは模倣者だと聞きました。
05:12
Butだけど they彼ら alsoまた、 succeed成功する at〜で theその jobジョブ of entrepreneurship起業家精神.
でも、彼らは事業において成功してるのです。
05:16
Soそう, whereどこで should〜すべき we我々 be〜する puttingパッティング theその moneyお金?
そこで、どこにお金を投資すればいいのか?
05:21
We我々 need必要 to put置く moneyお金 whereどこで itそれ canできる productively生産的に grow成長する.
お金は生産的に増えるように投資されなければなりません。
05:24
Supportサポート privateプライベート investment投資 in Africaアフリカ, bothどちらも domestic国内の andそして foreign外国人.
そこでアフリカでの国内と国外両方の民間投資をサポートするのです。
05:29
Supportサポート research研究 institutions機関,
研究施設も支持しましょう、
05:33
becauseなぜなら knowledge知識 is an important重要 part of wealth creation創造.
なぜなら知識は富を作り出す上でとても大切だからです。
05:36
Butだけど what is theその international国際 aid援助 communityコミュニティ doingやっている with〜と Africaアフリカ today今日?
でも、現在、国際援助コミュニティーはアフリカで何をしているでしょう?
05:40
They彼ら are throwing投げ large sums合計 of moneyお金 forために primary一次 health健康,
多額のお金が基礎健康、
05:44
forために primary一次 education教育, forために foodフード relief救済.
初等教育、食料救助確保のためにつぎ込まれているのです。
05:47
Theその entire全体 continent大陸 has持っている beenされている turned回した into
そしてアフリカ大陸全体が、
05:50
aa place場所 of despair絶望, in need必要 of charity慈善団体.
絶望的でチャリティーが必要な場所と化すのです。
05:52
Ladies女性 andそして gentlemen紳士, canできる anyどれか one1 of you君は telltell me
みなさんの中で一人でも、
05:55
aa neighbor隣人, aa friend友人, aa relative相対 thatそれ you君は know知っている,
隣人や、友達、又は親戚が
05:57
who becameなりました richリッチ by〜によって receiving受信 charity慈善団体?
チャリティーのおかげで裕福になったという人はいますか?
06:00
By〜によって holdingホールディング theその begging乞う bowlボウル andそして receiving受信 alms援助?
ものごいして、施し物を受け取るだけで?
06:04
Doesする anyどれか one1 of you君は in theその audience聴衆 have持ってる thatそれ person?
皆さんのなかに一人でもそんな人を知ってる人はいますか?
06:07
Doesする anyどれか one1 of you君は know知っている aa country thatそれ developed発展した becauseなぜなら of
誰か、親切で気前がいい国のおかげで発展した国を
06:10
theその generosity寛大 andそして kindness親切 of another別の?
ご存知でしょうか?
06:15
Wellよく, since以来 I'm私は notない seeing見る theその handハンド,
誰も手を上げていないと言うことは、
06:18
itそれ appears登場する thatそれ what I'm私は stating述べる is true真実.
私が言っていることは正しいと言うことですね。
06:20
(Bonoボンゴ: Yesはい!)
ボノ:知ってます!
06:23
Andrewアンドリュー Mwendamwenda: I canできる see見る Bonoボンゴ says言う he knows知っている theその country.
ボノがそんな国を知っているようですね。
06:25
Whichどの country is thatそれ?
どの国ですか?
06:27
(Bonoボンゴ: It'sそれは an Irishアイルランド語 land土地.)
ボノ:アイルランド名です。
06:28
(Laughter笑い)
笑い声
06:29
(Bonoボンゴ: [unclear不明])
ボノ:(不明)
06:31
AM午前: Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん. Butだけど let〜する me telltell you君は thisこの.
どうもありがとう。だけど、これは言わせて欲しいのです。
06:33
External外部 actors俳優 canできる onlyのみ presentプレゼント to you君は an opportunity機会.
外部の者は、機会を与えることしかできないのです。
06:37
Theその ability能力 to utilize利用する thatそれ opportunity機会 andそして turn順番 itそれ into an advantage利点
その機会をうまく生かして有益なものにしていくかは
06:41
depends依存する on yourきみの internal内部 capacity容量.
内部の、つまり自身の才能にかかっているのです。
06:46
Africaアフリカ has持っている received受け取った manyたくさんの opportunities機会.
アフリカはたくさんの機会を与えられていますが、
06:48
Manyたくさんの of themそれら we我々 haven't持っていない benefited恩恵を受けた muchたくさん.
そのほとんどを有益なものにできていないのです。
06:50
Whyなぜ? Becauseなぜなら we我々 lack欠如 theその internal内部, institutional制度的 frameworkフレームワーク
なぜ?それは内部の制度構成が整っていない上に、
06:53
andそして policyポリシー frameworkフレームワーク thatそれ canできる make作る itそれ possible可能 forために us米国
外部との関係を有益にできる政策の構成も
06:58
to benefit利益 fromから our我々の external外部 relations関係. I'll私はよ give与える you君は an example.
整っていないからです。例えば、
07:01
Under theその Cotonouコトヌー Agreement契約,
コトノウ条約の中で、
07:04
formerly以前 known既知の asとして theその Lomeロメ Conventionコンベンション,
以前はロメ協定とよばれていたんですが、
07:06
Africanアフリカ人 countries have持ってる beenされている given与えられた an opportunity機会 by〜によって Europeヨーロッパ
ヨーロッパ諸国はアフリカが、
07:09
to export輸出する goods, duty-free免税, to theその Europeanヨーロッパ Union連合 market市場.
免税で商品を欧州連合にむけて輸出できるという機会を与えました。
07:12
Myじぶんの own自分の country, Ugandaウガンダ, has持っている aa quotaクォータ to export輸出する 50,000 metricメトリック tonsトン
私の祖国、ウガンダは砂糖を5万トンまで欧州に
07:17
of sugarシュガー to theその Europeanヨーロッパ Union連合 market市場.
輸出できることになっています。
07:23
We我々 haven't持っていない exported輸出された one1 kilogramキログラム yetまだ.
今のところまだ1キロも輸出していません。
07:26
We我々 importインポート 50,000 metricメトリック tonsトン of sugarシュガー fromから Brazilブラジル andそして Cubaキューバ.
そしてウガンダは、ブラジルとキューバから5万トンの砂糖を輸入しています。
07:28
Secondly第二に, under theその beef牛肉 protocolプロトコル of thatそれ agreement契約,
次に、条約内での牛肉プロトコルでは
07:37
Africanアフリカ人 countries thatそれ produce作物 beef牛肉
牛肉を生産しているアフリカの国々は
07:40
have持ってる quotasクォータ to export輸出する beef牛肉 duty-free免税 to theその Europeanヨーロッパ Union連合 market市場.
牛肉を免税で欧州連合の市場に輸出できる割り当てがあります。
07:42
Noneなし of thoseそれら countries, includingを含む Africa'sアフリカの most最も successful成功した nation国家, Botswanaボツワナ,
アフリカでどの国ひとつとして、一番成功しているボツワナでさえ、
07:47
has持っている everこれまで met会った itsその quotaクォータ.
その割り当てを満たしたことがありません。
07:51
Soそう, I want欲しいです to argue主張する today今日 thatそれ theその fundamental基本的な sourceソース of Africa'sアフリカの
そこでわたしはアフリカが
07:54
inability無能 to engage従事する theその rest残り of theその world世界
世界のほかの国々と
07:59
in aa moreもっと productive生産的な relationship関係
有益な関係を築くことができない根本的な
08:01
is becauseなぜなら itそれ has持っている aa poor貧しい institutional制度的 andそして policyポリシー frameworkフレームワーク.
原因は、制度とポリシー構成の不十分さだと言いたいのです。
08:04
Andそして allすべて formsフォーム of intervention介入 need必要 supportサポート,
どんな干渉にしても、
08:08
theその evolution進化 of theその kinds種類 of institutions機関 thatそれ create作成する wealth,
富を増やすための制度を発展させたり
08:11
theその kinds種類 of institutions機関 thatそれ increase増加する productivity生産性.
生産率を上げるための制度に対してのサポートが欠かせないのです。
08:15
Howどうやって do行う we我々 beginベギン to do行う thatそれ, andそして whyなぜ is aid援助 theその bad悪い instrument計器?
どうやってそうするのか、そしてなぜ援助がそれにふさわしくないのか?
08:18
Aid援助 is theその bad悪い instrument計器, andそして do行う you君は know知っている whyなぜ?
なぜ援助がふさわしくないか、わかりますか?
08:22
Becauseなぜなら allすべて governments政府 across横断する theその world世界 need必要 moneyお金 to survive生き残ります.
世界中すべての政府は生き残るためにお金が必要だからです。
08:24
Moneyお金 is needed必要な forために aa simple単純 thingもの like好きな keeping維持 law法律 andそして order注文.
法律や秩序を保つなどシンプルな事でもお金がかかります。
08:28
You君は have持ってる to pay支払う theその army andそして theその police警察 to showショー law法律 andそして order注文.
法律や秩序を保つには軍隊や警察にお金をはらわなければなりません。
08:32
Andそして becauseなぜなら manyたくさんの of our我々の governments政府 are quiteかなり dictatorial独裁者,
そして、ほとんどのアフリカの政府は独裁的ですから、
08:34
they彼ら need必要 really本当に to have持ってる theその army clobber手錠 theその opposition反対.
反対勢力を制圧できる強い軍隊が必要となってくるのです。
08:38
Theその second二番 thingもの you君は need必要 to do行う is pay支払う yourきみの political政治的 hangers-onハンガー・オン.
2つめに、政治的包囲網を固めるのにもお金を払わなければなりません。
08:42
Whyなぜ should〜すべき people supportサポート their彼らの government政府?
なぜ国民は政府をサポートするべきなのでしょう?
08:47
Wellよく, becauseなぜなら itそれ gives与える themそれら good良い, paying払う jobsジョブ,
それは政府がよい収入の仕事を与えてくれるからです。
08:48
orまたは, in manyたくさんの Africanアフリカ人 countries, unofficial非公式 opportunities機会
または、ほとんどのアフリカの国では贈収賄など不正により
08:50
to profit利益 fromから corruption腐敗.
非公式的に利益を得られるのです。
08:54
Theその fact事実 is noいいえ government政府 in theその world世界,
実際は、世界中の政府で
08:56
with〜と theその exception例外 of aa few少数, like好きな thatそれ of Idiイディ Aminアミン,
イディ・アミンのような数少ない例外を除いては、
08:59
canできる seekシーク to depend依存する entirely完全に on force asとして an instrument計器 of ruleルール.
武力だけで政権を保てる政府など、ひとつもありません。
09:01
Manyたくさんの countries in theその [unclear不明], they彼ら need必要 legitimacy合法性.
(不明) にある多くの国は、正当性が必要です。
09:06
To get取得する legitimacy合法性, governments政府 oftenしばしば need必要 to deliver配信する thingsもの like好きな primary一次 education教育,
正当性を得るために政府は度々、初等教育や
09:09
primary一次 health健康, roads道路, buildビルドする hospitals病院 andそして clinics診療所.
基礎健康の確保や、道路、病院、クリニックなどを建てなければなりません。
09:15
Ifif theその government's政府の fiscal財政 survival生存
もしも政府の財政的な生き残りが
09:20
depends依存する on itそれ having持つ to raise上げる moneyお金 fromから itsその own自分の people,
国民からお金を集めることにかかっているなら
09:22
suchそのような aa government政府 is driven駆動される by〜によって self-interest自己利益
そのような政府はもっと啓蒙的に統治しようという
09:26
to govern支配する in aa moreもっと enlightened啓発された fashionファッション.
自己利益に基づいて行動することでしょう。
09:28
Itそれ will意志 sit座る with〜と thoseそれら who create作成する wealth.
そして、富を生み出せる人々と向き合うでしょう。
09:30
Talkトーク to themそれら about theその kind種類 of policiesポリシー andそして institutions機関
彼らと、どのような制度やポリシーが
09:33
thatそれ are necessary必要 forために themそれら to expand拡大する aa scale規模 andそして scope範囲 of businessビジネス
ビジネスを拡大するために必要なのか話し合い、
09:36
soそう thatそれ itそれ canできる collect集める moreもっと tax税金 revenues収入 fromから themそれら.
彼らからさらに多くの税金を集めようとするのです。
09:40
Theその problem問題 with〜と theその Africanアフリカ人 continent大陸
アフリカ大陸の問題は、
09:43
andそして theその problem問題 with〜と theその aid援助 industry業界
そして援助産業の問題は、
09:45
is thatそれ itそれ has持っている distorted theその structure構造 of incentivesインセンティブ
アフリカの政府を目の前に、
09:46
facing直面する theその governments政府 in Africaアフリカ.
動機の仕組みをゆがませてしまうのです。
09:49
Theその productive生産的な marginマージン in our我々の governments'政府は、 searchサーチ forために revenue収入
政府が収入を探す上での生産的利益率は
09:52
doesする notない lie嘘つき in theその domestic国内の economy経済,
国内の経済ではなく、
09:55
itそれ lies with〜と international国際 donorsドナー.
国際援助国にかかってしまっているのです。
09:58
Ratherむしろ thanより sit座る with〜と Ugandanugandan ---
ウガンダの...
10:00
(Applause拍手) ---
(拍手)
10:02
ratherむしろ thanより sit座る with〜と Ugandanugandan entrepreneurs起業家,
ウガンダの起業家達や、
10:06
Ghanaianガーナ人 businessmenビジネスマン, South Africanアフリカ人 enterprising進歩的な leaders指導者,
ガーナのビジネスマン、南アフリカの起業のリーダー達、と話すよりも
10:09
our我々の governments政府 find見つける itそれ moreもっと productive生産的な
私達の政府は国際通貨基金(IMF)や
10:15
to talkトーク to theその IMFimf andそして theその World世界 Bankバンク.
世界銀行と話すほうが生産的だと思っているのです。
10:18
I canできる telltell you君は, even偶数 ifif you君は have持ってる ten Phph.DsDS.,
言わせてもらうと、もしあなたが10もの博士号を持っていたとしても、
10:21
you君は canできる never決して beatビート Billビル Gatesゲート in understanding理解 theその computerコンピューター industry業界.
コンピューター産業の理解において、ビル・ゲイツを越える事はまずないでしょう。
10:25
Whyなぜ? Becauseなぜなら theその knowledge知識 thatそれ is required必須 forために you君は to understandわかる
なぜ?ビジネスを拡大するのに必要な動機を
10:30
theその incentivesインセンティブ necessary必要 to expand拡大する aa businessビジネス ---
理解するための知識を得るには
10:34
itそれ requires要求する thatそれ you君は listen聴く to theその people, theその privateプライベート sectorセクタ actors俳優 in thatそれ industry業界.
産業内での民間の人々の話を聞くことを必要とするからです。
10:36
Governments政府 in Africaアフリカ have持ってる thereforeしたがって、 beenされている given与えられた an opportunity機会,
その結果、アフリカの政府は
10:42
by〜によって theその international国際 communityコミュニティ, to avoid避ける building建物
国民と生産的な協定を育むことを避ける機会を
10:45
productive生産的な arrangements手配 with〜と yourきみの own自分の citizens市民,
国際コミュニティーから与えられて、
10:48
andそして thereforeしたがって、 allowed許可された to beginベギン endless無限 negotiations交渉 with〜と theその IMFimf
そして、世界通貨基金や世界銀行と終わりのない交渉を
10:50
andそして theその World世界 Bankバンク, andそして then次に itそれ is theその IMFimf andそして theその World世界 Bankバンク
はじめる事になり、世界通貨基金や世界銀行は政府に
10:56
thatそれ telltell themそれら what itsその citizens市民 need必要.
国民は何が必要なのか教えるのです。
10:59
In theその processプロセス, we我々, theその Africanアフリカ人 people, have持ってる beenされている sidelined脇役
その過程のなかで、アフリカの人々は
11:01
fromから theその policy-making政策決定, policy-orientation政策オリエンテーション, andそして policyポリシー-
自分の国での政策立案、順応、実施から
11:05
implementation実装 processプロセス in our我々の countries.
外に出されているのです。
11:09
We我々 have持ってる limited限られた input入力, becauseなぜなら he who pays払う theその piperパイパー callsコール theその tune.
アフリカで経済投入量が限られているのは、費用を負担する人が取り仕切るからなのです。
11:11
Theその IMFimf, theその World世界 Bankバンク, andそして theその cartelカルテル of good良い intentions意図 in theその world世界
国際通貨基金、世界銀行、そして世界中の良心の集まりが
11:15
has持っている taken撮影 over以上 our我々の rights権利 asとして citizens市民,
アフリカの人々から国民としての権利を奪い取り、
11:19
andそして thereforeしたがって、 what our我々の governments政府 are doingやっている, becauseなぜなら they彼ら depend依存する on aid援助,
その結果、アフリカの政府は援助に頼ることで、
11:22
is to listen聴く to international国際 creditors債権者 ratherむしろ thanより their彼らの own自分の citizens市民.
国民ではなく国際貸方ばかりに耳を傾けています。
11:25
Butだけど I want欲しいです to put置く aa caveat警告 on myじぶんの argument引数,
でも、私自身の話にも警告したいのですが、
11:29
andそして thatそれ caveat警告 is thatそれ itそれ is notない true真実 thatそれ aid援助 is always常に destructive破壊的.
その警告とは、援助はいつもかならずしも破滅的ではないということです。
11:31
Some一部 aid援助 mayかもしれない have持ってる built建てられた aa hospital病院, fed給餌した aa hungry空腹 village.
時により援助は病院を建てたり、空腹の村を救ったこともあるでしょう。
11:39
Itそれ mayかもしれない have持ってる built建てられた aa road道路, andそして thatそれ road道路
時には道を建設し、その道が
11:46
mayかもしれない have持ってる servedサービスされた aa very非常に good良い role役割.
とてもいい役割を果たした事もあるでしょう。
11:48
Theその mistake間違い of theその international国際 aid援助 industry業界
国際援助産業で間違っているのは
11:50
is to pickピック theseこれら isolated分離された incidentsインシデント of success成功,
こういった少しの成功に注目し、
11:52
generalize一般化する themそれら, pour注ぐ billions何十億 andそして trillions数兆 of dollarsドル into themそれら,
当たり前のようにしてそこに何億ものお金を注ぎ込み、
11:56
andそして then次に spread普及 themそれら across横断する theその whole全体 world世界,
それを世界中に広げていく中で、
12:01
ignoring無視する theその specific特定 andそして uniqueユニークな circumstances状況 in aa given与えられた village,
特別でユニークな、ある村、
12:03
theその skillsスキル, theその practices実践, theその norms規範 andそして habits習慣
技能、習慣、そして基準など、
12:08
thatそれ allowed許可された thatそれ small小さい aid援助 projectプロジェクト to succeed成功する ---
援助の成功につながった特別な状況を無視していることです --
12:11
like好きな in Sauriサリ village, in Kenyaケニア, whereどこで Jeffreyジェフリー Sachsサックス is workingワーキング ---
例えばジェフェリー・サックが働いているケニヤのサウリ村など ‐‐
12:14
andそして thereforeしたがって、 generalize一般化する thisこの experience経験
その結果、一部の成功の経験を
12:17
asとして theその experience経験 of everybodyみんな.
みんなが成功したかのように一般化してしまうのです。
12:20
Aid援助 increases増加する theその resourcesリソース available利用可能な to governments政府,
援助は政府が使用可能な資源を増やし、
12:23
andそして thatそれ makes作る workingワーキング in aa government政府 theその most最も profitable収益性の高い thingもの
そのため、政府で働く事が、アフリカで職を探している人にとっては
12:28
you君は canできる have持ってる, asとして aa person in Africaアフリカ seekingシーク aa careerキャリア.
もっとも有益な仕事の機会となるのです。
12:32
By〜によって increasing増加する theその political政治的 attractiveness魅力 of theその state状態,
国家としての政治的な魅力を増やすことで、
12:35
especially特に in our我々の ethnically民族的に fragmented断片化した societies社会 in Africaアフリカ,
特に、アフリカの民族的に分割された社会では、
12:39
aid援助 tends傾向がある to accentuate強調する ethnicエスニック tensions緊張
援助は民族間での緊迫を高めるのです、
12:43
asとして everyすべて singleシングル ethnicエスニック groupグループ now begins始まる struggling苦しい to enter入る theその state状態
なぜなら、どの民族も外国からの援助の分け前を確保するために
12:46
in order注文 to get取得する accessアクセス to theその foreign外国人 aid援助 pieパイ.
国家になろうと葛藤するからです。
12:52
Ladies女性 andそして gentlemen紳士, theその most最も enterprising進歩的な people in Africaアフリカ
みなさん、アフリカでほとんどの企業家たちが
12:55
cannotできない find見つける opportunities機会 to tradeトレード andそして to work作業 in theその privateプライベート sectorセクタ
貿易や民間部門での仕事の機会を見つけられずにいるのは
13:00
becauseなぜなら theその institutional制度的 andそして policyポリシー environment環境 is hostile敵対的な to businessビジネス.
制度や政策などがビジネスにとって敵対的だからです。
13:05
Governments政府 are notない changing変化 itそれ. Whyなぜ?
政府はそれを変えようとしていません。なぜでしょう?
13:08
Becauseなぜなら they彼ら don'tしない need必要 to talkトーク to their彼らの own自分の citizens市民.
それは国民たちと話す必要がないからです。
13:10
They彼ら talkトーク to international国際 donorsドナー.
国際援助提供者と話してばかりですから。
13:15
Soそう, theその most最も enterprising進歩的な Africansアフリカ人 end終わり upアップ going行く to work作業 forために government政府,
なのでアフリカではほとんどの起業家が、政府で働くことになり、
13:17
andそして thatそれ has持っている increased増加した theその political政治的 tensions緊張 in our我々の countries
我々の国々は援助に頼っているせいで、
13:22
precisely正確に becauseなぜなら we我々 depend依存する on aid援助.
政治的緊張が高まるのです。
13:25
I alsoまた、 want欲しいです to sayいう thatそれ itそれ is important重要 forために us米国 to
もうひとつ言いたいのが、
13:28
note注意 thatそれ, over以上 theその last最終 50 years, Africaアフリカ has持っている beenされている receiving受信 increasing増加する aid援助
アフリカが過去50年で国際コミュニティーから受け取った援助は
13:32
fromから theその international国際 communityコミュニティ,
増え続けていて、
13:36
in theその form of technicalテクニカル assistance支援, andそして financial金融 aid援助,
技術的、そして金銭的な援助だけでなく
13:38
andそして allすべて otherその他 formsフォーム of aid援助.
いろいろな形の援助なのです。
13:41
Betweenの間に 1960 andそして 2003, our我々の continent大陸 received受け取った 600 billion dollarsドル of aid援助,
1960年から2003年の間でアフリカ大陸は6000億ドルもの援助を受け取り、それでもまだ
13:43
andそして we我々 are stillまだ told言った thatそれ thereそこ is aa lotロット of poverty貧困 in Africaアフリカ.
アフリカには大量の貧困が存在すると言われています。
13:53
Whereどこで has持っている allすべて theその aid援助 gone行った?
その援助はどこに消えてしまったのでしょう?
13:56
I want欲しいです to useつかいます theその example of myじぶんの own自分の country, calledと呼ばれる Ugandaウガンダ,
ここで、私の祖国ウガンダの例を使って、
13:59
andそして theその kind種類 of structure構造 of incentivesインセンティブ thatそれ aid援助 has持っている brought持ってきた thereそこ.
援助がもたらした動機の仕組みを説明しましょう。
14:03
In theその 2006--2007 budget予算, expected期待される revenue収入: 2.5 trillion1兆 shillingsシルリング.
2006‐2007年の予算では2.5兆シリングの収入が予想されていました。
14:08
Theその expected期待される foreign外国人 aid援助: 1.9 trillion1兆.
そして、外国からの援助は1.9兆と予想されていました。
14:14
Uganda'sウガンダ recurrent再発する expenditure支出 --- by〜によって recurrent再発する what do行う I mean平均?
ウガンダのリカレントの支出 - リカレントとは?
14:17
Hand-to-mouth手から口へ is 2.6 trillion1兆.
その日暮らしという意味ですが - 2.6兆です。
14:21
Whyなぜ doesする theその government政府 of Ugandaウガンダ budget予算 spend費やす 110 percentパーセント
なぜウガンダの政府の予算は収入の110パーセントにも
14:25
of itsその own自分の revenue収入?
のぼるのでしょう?
14:30
It'sそれは becauseなぜなら there'sそこに somebody誰か thereそこ calledと呼ばれる foreign外国人 aid援助, who contributes貢献する forために itそれ.
それは、援助と呼ばれるものが収入に貢献するからです。
14:31
Butだけど thisこの showsショー you君は thatそれ theその government政府 of Ugandaウガンダ
と言う事は、ウガンダ政府は
14:36
is notない committedコミットした to spending支出 itsその own自分の revenue収入
政府の収入を生産的な投資をすることに
14:38
to invest投資する in productive生産的な investments投資,
費やすのではなく、
14:42
butだけど ratherむしろ itそれ devotes献身する thisこの revenue収入
そのかわり、収入を
14:44
to paying払う structure構造 of publicパブリック expenditure支出.
公共の支出という形で使っているのです。
14:46
Publicパブリック administration投与, whichどの is largely主に patronage後援, takesテイク 690 billion.
行政、といってもほとんどが支援ですが、に6900億使われています。
14:50
Theその military軍事, 380 billion.
軍事に3800億。
14:55
Agriculture農業, whichどの employs従業員 18 percentパーセント of our我々の poverty-stricken貧困に苦しむ citizens市民,
貧困に直面している国民の18パーセントが働く農業には
14:57
takesテイク onlyのみ 18 billion.
たったの180億しか使われていないのです。
15:02
Tradeトレード andそして industry業界 takesテイク 43 billion.
貿易と産業には430億使われています。
15:05
Andそして let〜する me showショー you君は, what doesする publicパブリック expenditure支出 ---
ウガンダでの公共目的の支出、
15:09
ratherむしろ, publicパブリック administration投与 expenditure支出 --- in Ugandaウガンダ constitute〜を構成する?
いや、行政目的の支出は何に使われているか教えましょうか?
15:13
Thereそこ you君は go行く. 70 cabinetキャビネット ministers大臣, 114 presidential大統領 advisers顧問,
そうですね、70人の内閣大臣と114人の大統領アドバイザー達 ‐‐
15:17
by〜によって theその way方法, who never決して see見る theその president大統領, exceptを除いて on televisionテレビ.
ちなみに、彼らもテレビ以外で大統領に会った事がないんですけどね。
15:23
(Laughter笑い)
(笑い声)
15:26
(Applause拍手)
(拍手)
15:29
Andそして whenいつ they彼ら see見る him physically物理的に, itそれ is at〜で publicパブリック functions機能 like好きな thisこの,
彼らが実際に大統領に会う時は、このような感じですが
15:34
andそして even偶数 thereそこ, itそれ is him who advisesアドバイス themそれら.
それでも彼がアドバイザーとなるわけです。
15:39
(Laughter笑い)
(笑い声)
15:43
We我々 have持ってる 81 units単位 of local地元 government政府.
ウガンダには81の地方政府があり、
15:45
Each local地元 government政府 is organized組織された like好きな theその central中央 government政府 ---
それぞれの地方政府は国の政府のような組織になっていて ‐‐
15:48
aa bureaucracy官僚, aa cabinetキャビネット, aa parliament議会,
官僚、内閣、国会、
15:50
andそして soそう manyたくさんの jobsジョブ forために theその political政治的 hangers-onハンガー・オン.
そしてもっといろいろな仕事があります。
15:52
Thereそこ wereあった 56, andそして whenいつ our我々の president大統領 wanted欲しい to
もともと56の地方政府があったのですが、大統領が
15:55
amend修正する theその constitution憲法 andそして remove除去する term期間 limits限界,
憲法を変更し、期間制限をなくそうとした時に、
15:58
he had持っていました to create作成する 25 new新しい districts地区, andそして now thereそこ are 81.
25の新しい地区を作らなければならなくて、その結果81あるのです。
16:01
Three hundred thirty-three三十三 membersメンバー of parliament議会.
国会には333人メンバーがいます。
16:05
You君は need必要 Wembleyウェンブリー Stadiumスタジアム to hostホスト our我々の parliament議会.
なので国会を開催するには、ウェンブリースタジアムが必要です。
16:07
One1 hundred thirty-four34 commissions手数料
134の委員会、
16:09
andそして semi-autonomous半自律型 government政府 bodies,
そしてある程度、主動的な政府達は、
16:11
allすべて of whichどの have持ってる directors取締役 andそして theその cars. Andそして theその final最後の thingもの,
すべてディレクターや車を持っています -- そして最後に、
16:16
thisこの is addressed対処する to Mr. Bonoボンゴ. In his work作業, he mayかもしれない help助けて us米国 on thisこの.
ボノさんが言っていました。彼が手助けしてくれるかもしれませんね。
16:20
Aa recent最近 government政府 of Ugandaウガンダ study調査 found見つけた
最近のウガンダ政府の調査でわかったのですが、
16:24
thatそれ thereそこ are 3,000 four-wheel四輪 driveドライブ motorモーター vehicles乗り物
3000もの四駆車が
16:26
at〜で theその Minister大臣 of Health健康 headquarters本部.
保健省の本部にあるんです。
16:30
Ugandaウガンダ has持っている 961 sub-countiesサブ郡, each of themそれら with〜と aa dispensary薬局,
ウガンダには961の郡があって、それぞれに医局があるのに、
16:32
noneなし of whichどの has持っている an ambulance救急車.
救急車はどれにもないんです。
16:37
Soそう, theその four-wheel四輪 driveドライブ vehicles乗り物 at〜で theその headquarters本部
といことは本部にある四駆車は
16:39
driveドライブ theその ministers大臣, theその permanent永久的な secretaries秘書, theその bureaucrats官僚
大臣、国会秘書、官僚、
16:42
andそして theその international国際 aid援助 bureaucrats官僚 who work作業 in aid援助 projectsプロジェクト,
国際援助のプロジェクトの官僚などを運転するためで、
16:45
whilewhile theその poor貧しい die死ぬ withoutなし ambulances救急車 andそして medicine医学.
貧しいものは救急車も薬もなく死んでしまうのです。
16:48
Finally最後に, I want欲しいです to sayいう thatそれ before I came来た to speak話す hereここに,
最後に、私はここで話に来る前に、
16:54
I wasあった told言った thatそれ theその principle原理 of TEDGlobal世界共通
教わったのですが、TEDグローバルの原則では
16:58
is thatそれ theその good良い speechスピーチ should〜すべき be〜する like好きな aa miniskirtミニスカート.
いいスピーチはミニスカートのようだということでした --
17:02
Itそれ should〜すべき be〜する shortショート enough十分な to arouse興奮する interest利子,
興味をそそる短さでいて、
17:05
butだけど long長いです enough十分な to coverカバー theその subject主題.
だけど題材をかばう長さもある。
17:07
I hope希望 I have持ってる achieved達成された thatそれ.
成し遂げられたかな。
17:09
(Laughter笑い)
笑い声
17:10
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん.
どうもありがとうございました。
17:11
(Applause拍手)
拍手
17:12
Translated by Hikari Fukuda
Reviewed by Akari Takenishi

▲Back to top

About the speaker:

Andrew Mwenda - Journalist
Journalist Andrew Mwenda has spent his career fighting for free speech and economic empowerment throughout Africa. He argues that aid makes objects of the poor -- they become passive recipients of charity rather than active participants in their own economic betterment.

Why you should listen

Andrew Mwenda is a print, radio and television journalist, and an active critic of many forms of Western aid to Africa. Too much of the aid from rich nations, he says, goes to the worst African countries to fuel war and government abuse. Such money not only never gets to its intended recipients, Africa's truly needy -- it actively plays a part in making their lives worse.

Mwenda worked at the Daily Monitor newspaper in Kampala starting in the mid-1990s, and hosted a radio show, Andrew Mwenda Live, since 2001; in 2005, he was charged with sedition by the Ugandan government for criticizing the president of Uganda on his radio show, in the wake of the helicopter crash that killed the vice president of Sudan. He has produced documentaries and commentary for the BBC on the dangers of aid and debt relief to Africa, and consulted for the World Bank and Transparency international, and was a Knight Fellow at Stanford in 2007.

In December 2007, he launched a new newspaper in Kampala, The Independent, a leading source of uncensored news in the country. The following spring, he was arrested and accused of publishing inflammatory articles about the Ugandan government. Since being released, he has gone on to be recognized by the World Economic Forum as a Young Global Leader and to win the CPJ International Press Freedom Award.    

More profile about the speaker
Andrew Mwenda | Speaker | TED.com