English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDSummit

Tim Leberecht: 4 ways to build a human company in the age of machines

ティム・リーバーレヒト: 機械が発達する時代に人間らしい会社を作る4つの方法

Filmed
Views 1,417,189

人工知能や機械学習に直面している我々には徹底した人間中心主義が必要だと、ティム・リーバーレヒトは言います。これは自身を「ロマン派ビジネスマン」と称するリーバーレヒトにとって、効率よりも本物であることを、答えよりも問いを重んじる組織や職場をつくることを意味します。リーバーレヒトは、美しい組織を作り上げるために必要な4つの(紛れもなく主観的な)原則を提案します。

- Business romantic
Tim Leberecht argues that in a time of big data and quantification of everything, we are losing sight of the importance of the emotional and social aspects of business and work. Full bio

Halfハーフ of theその human人間 workforce労働力
is expected期待される to be〜する replaced置き換えられた
今後20年間で
労働人口の半分が
00:12
by〜によって softwareソフトウェア andそして robotsロボット
in theその next 20 years.
ソフトウェアやロボットに置き換えられると
予想されています
00:16
Andそして manyたくさんの corporate企業 leaders指導者 welcomeようこそ
thatそれ asとして aa chanceチャンス to increase増加する profits利益.
経営者の多くは
利益を増やすチャンスだと歓迎しています
00:19
Machines機械 are moreもっと efficient効率的な;
効率の良い機械に比べ
00:24
humans人間 are complicated複雑な
andそして difficult難しい to manage管理する.
人間は複雑で扱いにくいものです
00:26
Wellよく, I want欲しいです our我々の organizations組織
to remain残る human人間.
でも私は 組織には人間的であって
欲しいと思うのです
00:31
In fact事実, I want欲しいです themそれら to become〜になる beautiful綺麗な.
それどころか 組織には
美しくなって欲しいと思っています
00:37
Becauseなぜなら asとして machines機械 take取る our我々の jobsジョブ
andそして do行う themそれら moreもっと efficiently効率的に,
機械は人間の仕事を奪い
私たちよりも効率良く作業します
00:41
soonすぐに theその onlyのみ work作業 left forために us米国 humans人間
will意志 be〜する theその kind種類 of work作業
そうなれば
私たち人間に残されるような仕事には
00:44
thatそれ must必須 be〜する done完了 beautifully美しく
ratherむしろ thanより efficiently効率的に.
効率の良さよりも美しさが
求められることでしょう
00:49
To maintain維持する our我々の humanity人類
in theその thisこの second二番 Machine機械 Age年齢,
この第二次機械化時代で
人間らしさを保つには
00:53
we我々 mayかもしれない have持ってる noいいえ otherその他 choice選択
thanより to create作成する beauty美しさ.
美を生み出すしか
選択肢はないかもしれません
00:56
Beauty美しさ is an elusive見つけにくい concept概念.
美の定義は難しいです
01:02
Forために theその writerライター Stendhalスタンダール
itそれ wasあった theその promise約束する of happiness幸福.
作家のスタンダールにとって
美は幸福を約束するものでした
01:04
Forために me it'sそれは aa goalゴール by〜によって Lionelライオネル Messiメッシー.
私にとっては
リオネル・メッシのゴールを意味します
01:08
(Laughter笑い)
(笑)
01:10
Soそう bearくま with〜と me
ですから少々のお時間をいただき ー
01:12
asとして I am午前 proposing提案 four4つの admittedly明らかに
very非常に subjective主観的 principles原則
紛れもなく主観的なものではありますが
01:13
thatそれ you君は canできる useつかいます to buildビルドする
aa beautiful綺麗な organization組織.
美しい組織を作るための原則を
4つ提案させてください
01:18
First最初: do行う theその unnecessary不要.
まず1つ目 必要でないことをする
01:21
[Do行う theその Unnecessary不要]
[必要でないことをする]
01:24
Aa few少数 months数ヶ月 ago, Hamdiハムディ Ulukayaウルカーヤ,
数ヶ月前のことですが
01:25
theその CEO最高経営責任者(CEO andそして founder創業者
of theその yogurtヨーグルト company会社 Chobaniチョバニ,
チョバニヨーグルトのCEOで創業者の
ハムディ・ウルカヤが
01:27
made headlines見出し whenいつ he decided決定しました to grant付与
stock株式 to allすべて of his 2,000 employees従業員.
2千人の全社員に株式を譲渡すると決めて
大きなニュースになりました
01:30
Some一部 calledと呼ばれる itそれ aa PRpr stuntスタント,
売名行為だと言う人もいれば
01:35
othersその他 --- aa genuine純正 act行為 of giving与える backバック.
純粋に分かち合っているのだ
と言う人もいました
01:37
Butだけど thereそこ is something何か elseelse
thatそれ wasあった remarkable顕著 about itそれ.
でも その決断以上に
素晴らしいものがありました
01:39
Itそれ came来た completely完全に outでる of theその blue.
まったく思いも寄らない
行為だったんです
01:43
Thereそこ had持っていました beenされている noいいえ market市場
orまたは stakeholderステークホルダー pressure圧力,
市場や株主からの
圧力があった訳ではありません
01:45
andそして employees従業員 wereあった soそう surprised驚いた
話を聞いた社員は
01:47
thatそれ they彼ら burstバースト into tears
whenいつ they彼ら heard聞いた theその newsニュース.
驚きのあまり
泣き出したくらいです
01:49
Actions行動 like好きな Ulukaya'sウルカヤズ are beautiful綺麗な
becauseなぜなら they彼ら catchキャッチ us米国 offオフ guardガード.
彼のような行為が美しいのは
不意を突かれるからで
01:53
They彼ら create作成する something何か outでる of nothing何も
そういった行為は
何もないところから生み出されます
01:57
becauseなぜなら they're彼らは completely完全に unnecessary不要.
全く必要のなかった
ことなんです
02:00
I once一度 worked働いた at〜で aa company会社
私が以前働いていた会社は
02:04
thatそれ wasあった theその result結果 of aa merger合併
大手ITアウトソーシング会社と
02:06
of aa large ITそれ outsourcingアウトソーシング firm当社
andそして aa small小さい design設計 firm当社.
小さなデザイン会社が
合併してできたものでした
02:07
We我々 wereあった merging合併 9,000 softwareソフトウェア engineersエンジニア
9千人のソフトウェアエンジニアと
02:11
with〜と 1,000 creative創造的な typesタイプ.
千人のクリエイターが
合併の対象でした
02:13
Andそして to unify統一する theseこれら
immensely非常に different異なる cultures文化,
双方の大きく異なる社風を
統合しようと
02:15
we我々 wereあった going行く to launch打ち上げ
aa third三番, new新しい brandブランド.
新ブランドの立ち上げが
予定され
02:18
Andそして theその new新しい brandブランド color
wasあった going行く to be〜する orangeオレンジ.
そのブランドカラーは
オレンジでした
02:21
Andそして asとして we我々 wereあった going行く
throughを通して theその budget予算 forために theその rolloutsロールアウト,
お披露目のイベント予算を
まとめていたとき
02:25
we我々 decided決定しました last最終 minute
ギリギリの段階になって
02:28
to cutカット theその purchase購入
of 10,000 orangeオレンジ balloons風船,
オレンジ色の風船1万個の購入が
キャンセルされました
02:30
whichどの we我々 had持っていました meant意味した
to distribute分配します to allすべて staffスタッフ worldwide世界的に.
世界中の社員全員に
配られるはずの風船でした
02:34
They彼ら justちょうど seemed見えた
unnecessary不要 andそして cute可愛い in theその end終わり.
洒落てはいるけれど必要ないものと
最終的に思われたのです
02:37
I didn'tしなかった know知っている backバック then次に
当時の私は知る由も
ありませんでしたが
02:41
thatそれ our我々の decision決定
markedマークされた theその beginning始まり of theその end終わり ---
その決断が 運命付けていたのは
終わりの始まり —
02:43
thatそれ theseこれら two organizations組織
would〜する never決して become〜になる one1.
2つの組織が相容れることはない
ということでした
02:46
Andそして sure確かに enough十分な,
theその merger合併 eventually最終的に failed失敗した.
案の定
合併は最終的に失敗しました
02:49
Now, wasあった itそれ becauseなぜなら
thereそこ weren'tなかった anyどれか orangeオレンジ balloons風船?
オレンジ色の風船が
なかったことが原因でしょうか?
02:52
Noいいえ, of courseコース notない.
もちろん違います
02:55
Butだけど theその kill-the-orange-balloonsオレンジ風船を殺す
mentality思考 permeated浸透した everythingすべて elseelse.
でも「オレンジ色の風船なんてやめろ」という
考え方がすべてに影響したのです
02:57
You君は mightかもしれない notない always常に realize実現する itそれ,
butだけど whenいつ you君は cutカット theその unnecessary不要,
気がつかない時もあるでしょうが
03:03
you君は cutカット everythingすべて.
必要でないものを切り捨てるとき
すべてが切り捨てられるのです
03:06
Leading先導 with〜と beauty美しさ means手段
rising上昇する above上の what is merely単に necessary必要.
美によるリーダーシップとは
単に必要という以上のことをすることです
03:09
Soそう do行う notない kill殺します yourきみの orangeオレンジ balloons風船.
だからオレンジの風船は
なくしてはいけないのです
03:14
Theその second二番 principle原理:
2つ目の原則は
03:19
create作成する intimacy親密.
親密さを作り出すこと
03:20
[Create作成する Intimacy親密]
[親密さを作り出す]
03:22
Studies研究 showショー thatそれ
howどうやって we我々 feel感じる about our我々の workplace職場
研究によれば
職場に対して抱く感情には
03:23
very非常に muchたくさん depends依存する on theその relationships関係
with〜と our我々の coworkers同僚.
同僚との関係が
大きく影響しているそうです
03:26
Andそして what are relationships関係
otherその他 thanより aa string文字列 of microinteractions微小相互作用?
一連の細かなやりとり以外に
どんな関係があるでしょう?
03:29
Thereそこ are hundreds数百 of theseこれら
everyすべて day in our我々の organizations組織
組織で日常的に行われる
そういった無数のやりとりには
03:33
thatそれ have持ってる theその potential潜在的な to distinguish区別する
aa good良い life生活 fromから aa beautiful綺麗な one1.
普通の暮らしと美しい暮らしの
違いを生み出す力があります
03:36
Theその marriage結婚 researcher研究者 Johnジョン Gottmanゴットマン says言う
結婚生活の研究者
ジョン・ゴットマンによると
03:41
thatそれ theその secret秘密 of aa healthy健康 relationship関係
健全な夫婦関係の秘訣は
03:43
is notない theその greatすばらしいです gestureジェスチャー
orまたは theその lofty高尚な promise約束する,
大げさな気遣いや
大きな約束をすることではなく
03:46
it'sそれは small小さい moments瞬間 of attachmentアタッチメント.
小さな愛情の積み重ねだと言います
03:49
In otherその他 words言葉, intimacy親密.
つまり 親密さということです
03:52
In our我々の networkedネットワーク化された organizations組織,
今時のネットで繋がった組織では
03:55
we我々 tout誘惑する theその strength of weak弱い tiesネクタイ
弱い絆の力が
過大評価されて
03:56
butだけど we我々 underestimate過小評価する
theその strength of strong強い onesもの.
強い絆の力が
過小評価されています
03:59
We我々 forget忘れる theその words言葉 of theその writerライター
Richardリチャード Bachバッハ who once一度 said前記,
作家リチャード・バックの言葉を
思い出しましょう
04:02
"Intimacy親密 ---
「孤独の反対は
04:05
notない connectedness接続性 ---
連帯ではなく
04:06
intimacy親密 is theその opposite反対の of loneliness孤独."
親密さである」
04:07
Soそう howどうやって do行う we我々 design設計
forために organizational組織的 intimacy親密?
私たちは組織に親密さを
どのように作り出せるのでしょう?
04:10
Theその humanitarian人道的な organization組織 CAREお手入れ
人道支援組織のCAREは
04:15
wanted欲しい to launch打ち上げ
aa campaignキャンペーン on gender性別 equality平等
北インドの村々で
04:17
in villages in northern北部 Indiaインド.
男女平等のための活動を
進めようとしましたが
04:19
Butだけど itそれ realized実現した quickly早く
すぐにわかったのは
04:22
thatそれ itそれ had持っていました to have持ってる thisこの conversation会話
first最初 with〜と itsその own自分の staffスタッフ.
まずスタッフとの会話が
必要だということでした
04:23
Soそう itそれ invited招待された allすべて 36 teamチーム membersメンバー
andそして their彼らの partnersパートナー
それで全スタッフ36人とその配偶者が
集められた場所は
04:26
to one1 of theその Khajurahoカージャウホ Temples寺院,
エロチックな彫刻で有名な
04:32
known既知の forために their彼らの famous有名な eroticエロティックな sculptures彫刻.
カジュラーホー寺院の一角でした
04:33
Andそして thereそこ they彼ら openly公然と discussed議論する
their彼らの personal個人的 relationships関係 ---
そこで人間関係についての
率直な話し合いが行われ
04:37
their彼らの own自分の experiences経験 of gender性別 equality平等
同僚や配偶者から受けた
経験について
04:41
with〜と theその coworkers同僚 andそして theその partnersパートナー.
男女平等の視点で
意見が交わされました
04:44
Itそれ wasあった eye-openingアイ開口 forために theその participants参加者.
参加者にとって
ハッとさせられる体験でした
04:47
Notない onlyのみ didした itそれ allow許す themそれら
to relate関連する to theその communitiesコミュニティ they彼ら serveサーブ,
スタッフがこれから活動する地域を
身近に感じられただけでなく
04:49
itそれ alsoまた、 broke壊れた downダウン invisible目に見えない barriers障壁
目に見えない障壁が取り除かれ
04:53
andそして created作成した aa lasting永続する bondボンド
amongst間に themselves自分自身.
スタッフの間に
強い絆が芽生えました
04:55
Notない aa singleシングル teamチーム memberメンバー
quit終了する in theその next four4つの years.
その後4年間 スタッフには
誰1人辞めた人はいませんでした
04:58
Soそう thisこの is howどうやって you君は create作成する intimacy親密.
だから親密さを作り出すためには
05:03
Noいいえ masksマスク ...
心の仮面を外すか...
05:05
orまたは lotsロット of masksマスク.
多くの仮面を付けるかです
05:07
(Laughter笑い)
(笑)
05:09
Whenいつ Danoneダノン, theその foodフード company会社,
食品会社のダノンが
05:10
wanted欲しい to translate翻訳する itsその new新しい company会社
manifestoマニフェスト into product製品 initiativesイニシアチブ,
新たな企業理念を
商品戦略に結びつけようと
05:12
itそれ gathered集まった theその management管理 teamチーム
招集したのは経営陣と
05:16
andそして 100 employees従業員
fromから across横断する different異なる departments部門,
各部署の社員100人で
05:18
seniority年功 levelsレベル andそして regions地域
勤続年数も地域もバラバラでした
05:22
forために aa three-day3日間 strategy戦略 retreat退却.
そして3日間の合宿が
行われました
05:24
Andそして itそれ asked尋ねた everybodyみんな
to wear着る costumes衣装 forために theその entire全体 meeting会議:
会議中は全員
仮装することを求められました
05:26
wigsかつら, crazy狂った hats帽子, featherフェザー boasボア,
カツラ 変な帽子 羽根の首飾り
05:30
huge巨大 glasses眼鏡 andそして soそう on.
巨大なメガネなどです
05:33
Andそして they彼ら left with〜と concreteコンクリート outcomes結果
結果として得られたのは
05:35
andそして full満員 of enthusiasm熱意.
確かな結論と強い熱意でした
05:37
Andそして whenいつ I asked尋ねた theその woman女性
who had持っていました designed設計 thisこの experience経験
この会議を企画した女性に
聞きました
05:40
whyなぜ itそれ worked働いた,
成功の理由はなんでしょうと
05:43
she彼女 simply単に said前記, "Never決して underestimate過小評価する
theその powerパワー of aa ridiculousばかげた wigかつら."
「ふざけたカツラの威力を甘く見ては
いけません」というのが答えでした
05:44
(Laughter笑い)
(笑)
05:48
(Applause拍手)
(拍手)
05:49
Becauseなぜなら wigsかつら erase消去する hierarchy階層,
カツラは上下関係を取り除きますが
05:52
andそして hierarchy階層 kills殺す intimacy親密 ---
上下関係は親密さを壊すものです
05:56
bothどちらも ways方法,
誰にとっても
05:57
forために theその CEO最高経営責任者(CEO andそして theその internインターン.
CEOもインターンも同じです
05:59
Wigsかつら allow許す us米国 to useつかいます
theその disguise変装 of theその false
カツラをかぶって変装することで
06:01
to showショー something何か true真実 about ourselves自分自身.
自分の本性を晒け出せるのです
06:05
Andそして that'sそれは notない easy簡単
in our我々の everyday毎日 work作業 lives人生,
日常的な仕事の場では
難しいことです
06:09
becauseなぜなら theその relationship関係
with〜と our我々の organizations組織
なぜなら組織と従業員の関係は
06:11
is oftenしばしば like好きな thatそれ of aa married既婚 coupleカップル
thatそれ has持っている grown成長した apart離れて,
例えるならば
冷めてしまった夫婦関係のようで
06:13
suffered苦しんだ betrayals裏切り andそして disappointments失望,
裏切りや失望に苦しめられ
06:18
andそして is now desperate絶望的な to be〜する beautiful綺麗な
forために one1 another別の once一度 again再び.
もう一度お互いのため
美しい関係にしようと必死です
06:21
Andそして forために eitherどちらか of us米国 theその first最初 stepステップ
towards方向 beauty美しさ involves関係する aa huge巨大 riskリスク.
どちらにとっても
美への一歩を踏み出すには度胸が必要です
06:25
Theその riskリスク to be〜する ugly醜い.
醜くなろうとする度胸です
06:30
[Be〜する Ugly醜い]
[醜くあろう]
06:31
Soそう manyたくさんの organizations組織 theseこれら days日々
are keen熱心な on designing設計 beautiful綺麗な workplaces職場
近頃の組織の多くが 没頭しているのは
美しい職場をデザインすることで
06:33
thatそれ look見える like好きな anything何でも butだけど work作業:
型破りな職場を求めています
06:37
vacation休暇 resortsリゾート, coffeeコーヒー shopsお店,
playgrounds遊び場 orまたは collegeカレッジ campusesキャンパス ---
リゾートや カフェや 遊び場や
大学のキャンパスのような
06:39
(Laughter笑い)
(笑)
06:43
Basedベース on theその promises約束
of positiveポジティブ psychology心理学,
ポジティブ心理学の教えに従って
06:44
we我々 speak話す of play遊びます andそして gamificationgamification,
日常的に楽しいことを語り
遊びの要素を取り入れようとします
06:46
andそして one1 start-up起動 even偶数 says言う
thatそれ whenいつ someone誰か gets取得 fired撃たれた,
あるスタートアップ企業などは
解雇されることをこう表現します
06:49
they彼ら have持ってる graduated卒業した.
「卒業した」と
06:53
(Laughter笑い)
(笑)
06:54
Thatそれ kind種類 of beautiful綺麗な language言語
onlyのみ goes行く "skin deep深い,
「美しさは皮一重
06:56
butだけど ugly醜い cutsカット cleanクリーン to theその bone,"
醜さは骨の髄まで」
07:00
asとして theその writerライター Dorothyドロシー Parkerパーカー once一度 put置く itそれ.
作家のドロシー・パーカーの名言です
07:04
To be〜する authentic本物の is to be〜する ugly醜い.
本物であろうとすれば
醜くなるのです
07:06
Itそれ doesn'tしない mean平均 thatそれ you君は can'tできない have持ってる fun楽しい
orまたは must必須 give与える in to theその vulgar下品 orまたは cynicalシニカル,
楽しみは捨てろとか 粗野や皮肉を
甘んじて受け入れろと言うのではなく
07:10
butだけど itそれ doesする mean平均 thatそれ you君は speak話す
theその actual実際の ugly醜い truth真実.
本当の醜い真実を語ろう
ということです
07:15
Like好きな thisこの manufacturerメーカー
この製造業者では
07:19
thatそれ wanted欲しい to transform変換する
one1 of itsその struggling苦しい businessビジネス units単位.
うまくいっていない事業を
改革しようとしていました
07:21
Itそれ identified特定された, named名前 andそして pinned固定された
on large boardsボード allすべて theその issues問題 ---
問題点をすべて特定して付箋に書き
大きなパネルに貼り出しました
07:24
andそして thereそこ wereあった hundreds数百 of themそれら ---
何百も挙げられた問題点は
07:28
thatそれ had持っていました become〜になる obstacles障害
to betterより良い performanceパフォーマンス.
業績を上げる
妨げになっていたものでした
07:29
They彼ら put置く themそれら on boardsボード,
moved移動した themそれら allすべて into one1 roomルーム,
問題点を貼り出したパネルは
1つの部屋に集められ
07:32
whichどの they彼ら calledと呼ばれる "theその ugly醜い roomルーム."
そこは「醜い部屋」と呼ばれました
07:34
Theその ugly醜い becameなりました visible目に見える
forために everyoneみんな to see見る ---
醜い部分を誰もが
見られるようになり
07:37
itそれ wasあった celebrated祝われた.
みんなでその成果を
祝福しました
07:39
Andそして theその ugly醜い roomルーム servedサービスされた asとして aa mixミックス
of mirror exhibition展示会 andそして operatingオペレーティング roomルーム ---
醜い部屋はまるで鏡と手術室を
合わせたようになり
07:41
aa biopsy生検 on theその living生活 flesh
to cutカット outでる allすべて theその bureaucracy官僚.
形式的な体制を
一掃する作業が行われました
07:45
Theその ugliest醜い part of our我々の body is our我々の brain.
人間の体で一番醜いのは
脳みそです
07:50
Literally文字通り andそして neurologically神経学的に.
文字通りにも神経学的にも
07:54
Our我々の brain rendersレンダリングする ugly醜い
what is unfamiliar未知 ...
脳は見慣れないものを
醜いと見なします
07:57
modernモダン artアート, atonalatonal music音楽,
モダンアート 無調音楽
08:01
jazzジャズ, maybe多分 ---
ジャズもかもしれません
08:03
VRVR gogglesゴーグル forために thatそれ matter問題 ---
ついでに VRゴーグルも
08:04
strange奇妙な objectsオブジェクト, sounds andそして people.
見慣れない物や 音や 人はみんな
08:06
Butだけど we've私たちは allすべて beenされている ugly醜い once一度.
でも人間は誰しも
一度は醜かったのです
08:10
We我々 wereあった aa weird-looking奇妙に見える baby赤ちゃん,
不恰好な赤ん坊であり
08:12
aa new新しい kidキッド on theその blockブロック, aa foreigner外国人.
近所の新しい子であり
外国人だったのです
08:14
Andそして we我々 will意志 be〜する ugly醜い again再び
whenいつ we我々 don'tしない belong属する.
そして新たな場所に行けば
また醜い存在とみなされます
08:17
Theその Centerセンター forために Political政治的 Beauty美しさ,
「政治の美センター」は
08:23
an activist活動家 collective集団 in Berlinベルリン,
ベルリンの活動家集団で
08:25
recently最近 stagedステージされた an extreme極端な
artistic芸術的 intervention介入.
過激な芸術活動を
つい最近 行いました
08:26
With〜と theその permission許可 of relatives親族,
遺族の許可のもと
08:30
itそれ exhumed発掘された theその corpses死体 of refugees難民
who had持っていました drowned溺れた at〜で Europe'sヨーロッパ borders国境,
ヨーロッパの境で
溺れた移民の遺体を掘り起こし
08:32
transported運ばれた themそれら allすべて theその way方法 to Berlinベルリン,
ベルリンまで運んで
08:36
andそして then次に reburied再建された themそれら
at〜で theその heartハート of theその Germanドイツ人 capital資本.
この国の首都の中心に
再び埋葬しました
08:38
Theその ideaアイディア wasあった to allow許す themそれら
to reachリーチ their彼らの desired望む destination,
その意図は 目指していた地に
移民たちを連れて行ってあげることでした
08:42
ifif onlyのみ after their彼らの death.
せめて亡骸だけでも
08:46
Suchそのような acts行為 of beautification美化
mayかもしれない notない be〜する prettyかなり,
こういった活動は
見栄えが悪いかもしれませんが
08:48
butだけど they彼ら are muchたくさん needed必要な.
必要とされているのです
08:52
Becauseなぜなら thingsもの tend傾向がある to get取得する ugly醜い
whenいつ there'sそこに onlyのみ one1 meaning意味, one1 truth真実,
真実や意味が1つだけで
問いがなく答えしかないとき
08:53
onlyのみ answers答え andそして noいいえ questions質問.
物事は醜くなる
傾向があります
08:56
Beautiful綺麗な organizations組織
keepキープ asking尋ねる questions質問.
美しい組織は
絶えず問い続けます
08:58
They彼ら remain残る incomplete不完全な,
不完全であり続けるのです
09:02
whichどの is theその fourth第4
andそして theその last最終 of theその principles原則.
それが最後の4つ目の原則です
09:05
[Remain残る Incomplete不完全な]
[不完全であり続ける]
09:07
Recently最近 I wasあった in Parisパリ,
先日 パリで
09:09
andそして aa friend友人 of mine鉱山
took取った me to Nuitノイット Debout討論,
友人がニュイ・ドゥブに
連れて行ってくれました
09:11
whichどの standsスタンド forために "upアップ allすべて night,"
「立ち上がりの夜」を意味する
09:14
theその self-organized自己組織化された protest抗議 movement移動
市民の抗議運動で
09:15
thatそれ had持っていました formed形成された in response応答
to theその proposed提案された labor労働 laws法律 in Franceフランス.
フランスの労働法改正に対する
反発から始まったものです
09:17
Everyすべて night, hundreds数百 gathered集まった
at〜で theその Place場所 de la Rrépublique公表.
毎晩 何百人もの人々が
共和国広場に集まりました
09:22
Everyすべて night they彼ら setセット upアップ
aa small小さい, temporary一時的 village
毎晩 参加者は
小さな仮設テントを張り
09:25
to deliberate審議する their彼らの own自分の visionビジョン
of theその Frenchフランス語 Republic共和国.
フランス共和国のあるべき姿を
じっくりと話し合いました
09:28
Andそして at〜で theその coreコア of thisこの adhocracyアドホック
このアドホクラシーの
中心にあったのは
09:32
wasあった aa general一般 assemblyアセンブリ
whereどこで anybody couldできた speak話す
特別に用意した手話を使い
09:34
usingを使用して aa specially特別に designed設計 sign符号 language言語.
誰もが発言できる総会でした
09:37
Like好きな Occupy占める Wall Street通り
andそして otherその他 protest抗議 movements動き,
アメリカの「ウォール街を占拠せよ」や
他の抗議運動のように
09:40
Nuitノイット Debout討論 wasあった bornうまれた
in theその face of crisis危機.
ニュイ・ドゥブは
危機に直面して生まれました
09:44
Itそれ wasあった messy厄介な ---
混乱の中にあって
09:47
full満員 of controversies論争 andそして contradictions矛盾.
論争と矛盾に満ちていました
09:48
Butだけど whetherかどうか you君は agreed同意した
with〜と theその movement'sムーブメント goalsゴール orまたは notない,
運動の目標に
賛成するかはどうであれ
09:51
everyすべて gathering集まる wasあった
aa beautiful綺麗な lessonレッスン in raw humanity人類.
連日の集会は 素の人間性についての
素晴らしい教室でした
09:54
Andそして howどうやって fittingフィッティング thatそれ Parisパリ ---
そしてパリが
いかに相応しかったことか
09:59
theその cityシティ of ideals理想, theその cityシティ of beauty美しさ ---
この理想の都市 美の都市が
10:01
wasあった it'sそれは stageステージ.
舞台を作り出したのです
10:04
Itそれ reminds思い出させる us米国 thatそれ like好きな greatすばらしいです cities都市,
素晴らしい都市のように
10:05
theその most最も beautiful綺麗な organizations組織
are ideasアイデア worth価値 fighting戦う forために ---
最も美しい組織というのは 勝ち取る価値のある
考えだと気づかせてくれます
10:07
even偶数 andそして especially特に
whenいつ their彼らの outcome結果 is uncertain不確実な.
たとえ— いやむしろ
結果が見えないときにこそ
10:11
They彼ら are movements動き;
美しい組織は運動であり
10:15
they彼ら are always常に imperfect不完全,
never決して fully完全に organized組織された,
いつまでも不完全で
すっかり整うことはありません
10:16
soそう they彼ら avoid避ける everこれまで becoming〜になる banal平凡な.
だから陳腐にならないのです
10:19
They彼ら have持ってる something何か
butだけど we我々 don'tしない know知っている what itそれ is.
そういった組織には
何かがあるけどはっきりとはわかりません
10:21
They彼ら remain残る mysterious不思議な;
we我々 can'tできない take取る our我々の eyes offオフ themそれら.
いつまでも謎でありつづけ
目が離せないのです
10:24
We我々 find見つける themそれら beautiful綺麗な.
そんな組織を
私たちは美しいと感じます
10:27
Soそう to do行う theその unnecessary不要,
必要でないことをすること
10:31
to create作成する intimacy親密,
親密さを作り出すこと
10:33
to be〜する ugly醜い,
醜くあること
10:34
to remain残る incomplete不完全な ---
不完全であり続けること —
10:36
theseこれら are notない onlyのみ theその qualities品質
of beautiful綺麗な organizations組織,
この4つの特徴を持つのは
美しい組織だけではありません
10:38
theseこれら are inherently本質的に
human人間 characteristics特性.
人間にも生まれつき
備わっているのです
10:41
Andそして theseこれら are alsoまた、 theその qualities品質
of what we我々 callコール home自宅.
これはまた「居場所」と呼ばれるものにも
同じく見られる特徴です
10:44
Andそして asとして we我々 disrupt混乱する, andそして are disrupted混乱した,
混乱を引き起こしたときや
混乱に見舞われたとき
10:49
theその least少なくとも we我々 canできる do行う is to ensure確実に
せめて私たちにできるのは
10:51
thatそれ we我々 stillまだ feel感じる at〜で home自宅
in our我々の organizations組織,
組織の中で自分の居場所にいる
安心感を保ち
10:54
andそして thatそれ we我々 useつかいます our我々の organizations組織
to create作成する thatそれ feeling感じ forために othersその他.
他の人たちにもそう感じさせるような
組織にすることです
10:58
Beauty美しさ canできる saveセーブ theその world世界
whenいつ we我々 embrace擁する theseこれら principles原則
4つの原則を胸に
組織を作るなら
11:02
andそして design設計 forために themそれら.
美しさで世界を
救うことができます
11:05
In theその face of artificial人工的な intelligenceインテリジェンス
andそして machine機械 learning学習,
人工知能や機械学習に直面する今
11:08
we我々 need必要 aa new新しい radicalラジカル humanismヒューマニズム.
新しい徹底した
人間中心主義が必要です
11:11
We我々 must必須 acquire獲得する andそして promote促進する
aa new新しい aesthetic美的 andそして sentimentalセンチメンタル education教育.
新しい美意識と感情的な教育を
手にし普及させるべきです
11:13
Becauseなぜなら ifif we我々 don'tしない,
そうしないと
11:19
we我々 mightかもしれない end終わり upアップ feeling感じ like好きな aliens宇宙人
私たちが最終的に行き着く姿は
11:21
in organizations組織 andそして societies社会
thatそれ are full満員 of smartスマート machines機械
知的な機械に満ちた組織や
社会の中のよそ者です
11:23
thatそれ have持ってる noいいえ appreciation感謝 whatsoever何でも
機械は何であれ
11:27
forために theその unnecessary不要,
不要なことを認めません
11:30
theその intimate親密な,
親密さを認めません
11:32
theその incomplete不完全な
不完全さを認めません
11:33
andそして definitely絶対に notない forために theその ugly醜い.
そして醜いなんて
もってのほかでしょう
11:35
Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
11:37
(Applause拍手)
(拍手)
11:39
Translated by Misato Noto
Reviewed by Yasushi Aoki

▲Back to top

About the speaker:

Tim Leberecht - Business romantic
Tim Leberecht argues that in a time of big data and quantification of everything, we are losing sight of the importance of the emotional and social aspects of business and work.

Why you should listen

In his book The Business Romantic: Give Everything, Quantify Nothing, and Create Something Greater Than Yourself, Leberecht invites us to rediscover romance, beauty and serendipity, by designing products, services and experiences that “make us fall back in love with our work and our life.” The book inspired the creation of the Business Romantic Society, a global collective of artists, developers, designers, researchers and scientists who share the mission of bringing beauty to business. Now running consulting firm Leberecht & Partners, he was previously the chief marketing officer at NBBJ, a global design and architecture firm, and at Frog Design. He also co-founded the “15 Toasts” dinner series that creates safe spaces for people to have conversations on difficult topics.

More profile about the speaker
Tim Leberecht | Speaker | TED.com