English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TED2009

Charles Moore: Seas of plastic

チャールズ・ムーアが語るプラスチックの海

Filmed
Views 1,109,844

無数に浮遊するプラスチックゴミから成る太平洋ゴミベルトの存在を世界に知らせたアルガリタ海洋研究財団のチャールズ・ムーア船長が、取り返しのつかない海中のプラスチックゴミ問題を投げかけます。

- Oceanographer
Charles Moore is founder of the Algalita Marine Research Foundation. He captains the foundation's research vessel, the Alguita, documenting the great expanses of plastic waste that now litter our oceans. Full bio

Let'sさあ talkトーク trashごみ.
酷いことになっています
00:12
You君は know知っている, we我々 had持っていました to be〜する taught教えた
大恐慌や第二次世界大戦中に培った―
00:14
to renounce放棄する theその powerful強力な conservation保全 ethic倫理
節約に関する道徳は縁を切るように
00:17
we我々 developed発展した during theその Greatすばらしいです Depressionうつ病 andそして World世界 War戦争 IIii.
我々は しむけられました
00:20
After theその war戦争, we我々 needed必要な to direct直接 our我々の enormous巨大な production製造 capacity容量
戦後 甚大な製造能力を
00:23
toward〜に向かって creation創造 of products製品 forために peacetime平時.
平時の商品製造に移行したからです
00:26
Life生活 Magazineマガジン helped助けた in thisこの effort努力
ライフ誌は骨の折れる食器洗いから
00:29
by〜によって announcing発表 theその introduction前書き of throwawaysスローワワイズ
主婦を解放する使い捨て商品の紹介をして
00:32
thatそれ would〜する liberate解放する theその housewife主婦 fromから theその drudgeryぎこちない of doingやっている dishes料理.
この取り組みに加担しました
00:35
Mental精神的な note注意 to theその liberators解放者:
解放者への留意点です
00:38
throwaway捨てる plasticsプラスチック take取る aa lotロット of spaceスペース andそして don'tしない biodegrade生分解性.
使い捨てプラスチックは場所がかさむ上に自然分解しない
00:40
Onlyのみ we我々 humans人間 make作る waste廃棄物 thatそれ nature自然 can'tできない digestダイジェスト.
人間のみが自然が消化できないゴミを出している
00:43
Plasticsプラスチック are alsoまた、 hardハード to recycleリサイクル.
プラスチックはリサイクルするのも難しい
00:48
Aa teacher先生 told言った me howどうやって to express表現する theその under-five-percent5%未満
ある先生は我々の廃棄物から再生した5%以下の
00:51
of plasticsプラスチック recovered回復した in our我々の waste廃棄物 streamストリーム.
プラスチックの表現方法を教えてくれました
00:54
It'sそれは diddly-point-squatディディーポイントスクワット.
これっぽっちパーセント
00:57
That'sそれは theその percentageパーセンテージ we我々 recycleリサイクル.
これが我々のリサイクル率です
01:00
Now, melting溶融 pointポイント has持っている aa lotロット to do行う with〜と thisこの.
そもそも これは融解点が深く関与しています
01:06
Plasticプラスチック is notない purified精製された by〜によって theその re-melting再溶融 processプロセス like好きな glassガラス andそして metal金属.
プラスチックは再溶解しても ガラスや金属のように精製されません
01:09
Itそれ begins始まる to melt溶かす below以下 theその boiling沸騰 pointポイント of water
水の沸点以下で融解し始め
01:12
andそして doesする notない driveドライブ offオフ theその oily油性 contaminants汚染物質
油質の汚染物質がスポンジのごとく
01:15
forために whichどの itそれ is aa spongeスポンジ.
吸着してしまいます
01:18
Halfハーフ of each year's 100 billion poundsポンド of thermalサーマル plasticプラスチック pelletsペレット
毎年出される453億kgの熱可塑性ペレットの半分は
01:21
will意志 be〜する made into fast-trackファーストトラック trashごみ.
即座にゴミと化します
01:24
Aa large, unruly手が出ない fraction分数 of our我々の trashごみ
莫大な手に負えない量のゴミが
01:27
will意志 flowフロー downriverダウンリバー to theその sea.
川から海へと流出していきます
01:30
Hereここに is theその accumulation累積 at〜で Bionaビオナ Creekクリーク next to theその Ll.Aa. airport空港.
これは空港脇のバローナクリークに蓄積したゴミです
01:33
Andそして hereここに is theその flotsam浮腫 near近く Californiaカリフォルニア State状態 University大学 Long長いです Beachビーチ
これはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校周辺のがらくたと
01:36
andそして theその dieselディーゼル plant工場 we我々 visited訪問した yesterday昨日.
昨日訪れた海水淡水化設備です
01:41
In spite邪悪 of deposit保証金 fees手数料,
容器の預かり金を払っているのに
01:43
muchたくさん of thisこの trashごみ leading先導 outでる to theその sea will意志 be〜する plasticプラスチック beverage飲料 bottlesボトル.
海へ流出するゴミの大部分は飲料用ペットボトルです
01:45
We我々 useつかいます two million百万 of themそれら in theその Unitedユナイテッド States everyすべて five minutes,
アメリカでは5分毎に200万本を使用しています
01:48
hereここに imagedイメージングされた by〜によって TEDテッド presenterプレゼンター Chrisクリス Jordanヨルダン,
TEDプレゼンターのクリス ジョーダンが
01:52
who artfully巧みに documents書類 mass質量 consumption消費 andそして zoomsズームする in forために moreもっと detail詳細.
大量消費の事実関係を上手に再現し 細部をクローズアップしています
01:55
Hereここに is aa remote遠隔の island repositoryリポジトリ forために bottlesボトル
これはバハ カリフォルニア州の海岸沖にある
02:01
offオフ theその coast海岸 of Bajaバジャー Californiaカリフォルニア.
ボトルが漂着した島です
02:05
Islaイスラ Sanサン Roqueロケ is an uninhabited無人 bird rookery狩猟鳥
イスラサンロケは 人家が点在するバハ中央部の沖の
02:08
offオフ Baja'sバジャー sparselyまばらに populated人口 central中央 coast海岸.
無人の鳥の群生地です
02:10
Notice通知 thatそれ theその bottlesボトル hereここに have持ってる capsキャップ on themそれら.
容器に蓋がついているのがわかりますね?
02:12
Bottlesボトル made of polyethyleneポリエチレン terephthalateテレフタレート, PETペット,
ペットボトルは海中に沈むので
02:15
will意志 sinkシンク in seawater海水 andそして notない make作る itそれ thisこの far遠い fromから civilization文明.
都会からここまで流れ出ることはありません
02:19
Alsoまた、, theその capsキャップ are produced生産された in separate別々の factories工場
また 蓋の原料はポリプロピレンという別種のプラスチックで
02:22
fromから aa different異なる plasticプラスチック, polypropyleneポリプロピレン.
別工場で製造されています
02:25
They彼ら will意志 float浮く in seawater海水,
この素材は海水に浮きますが
02:28
butだけど unfortunately残念ながら do行う notない get取得する recycledリサイクルされた under theその bottleボトル bills紙幣.
あいにく法律上 再利用はされません
02:30
Let'sさあ traceトレース theその journey of theその millions何百万 of capsキャップ
何百万という蓋がどれだけ独りでに
02:34
thatそれ make作る itそれ to sea soloソロ.
海を旅するのか追ってみましょう
02:37
After aa year theその onesもの fromから Japan日本 are heading見出し straightまっすぐ across横断する theその Pacificパシフィック,
日本から流れ出た蓋は一年後には太平洋をまっすぐ横断します
02:39
whilewhile ours私たちのもの get取得する caught捕らえられた in theその Californiaカリフォルニア current現在
アメリカからの蓋はカリフォルニア海流に飲み込まれ
02:42
andそして first最初 head downダウン to theその latitude緯度 of Caboキャバ Sanサン Lucasルーカス.
サンルーカス岬が位置する緯度に漂着します
02:45
After ten years, aa lotロット of theその Japanese日本語 capsキャップ
10年後 日本の蓋の多くは
02:48
are in what we我々 callコール theその Eastern東部 Garbageゴミ Patchパッチ,
太平洋ゴミベルトと呼ばれる海域まで流れ着き
02:51
whilewhile ours私たちのもの litterくず theその Philippinesフィリピン.
アメリカの蓋はフィリピンで散らばります
02:53
After 20 years, we我々 see見る emerging新興 theその debrisデブリ accumulation累積 zoneゾーン
20年後には北太平洋還流のゴミ蓄積地帯となり
02:55
of theその North Pacificパシフィック Gyre旋回.
現れてくるのがわかります
02:58
Itそれ soそう happens起こる thatそれ millions何百万 of albatrossアルバトロス
ナショナル モニュメントに指定されている
03:01
nestingネスティング on Kure andそして Midway途中の atolls環礁
北西ハワイ諸島のクレ環礁とミッドウェイ環礁で
03:03
in theその Northwest北西 Hawaiianハワイ人 Islands島々 National全国 Monument記念碑
繁殖している何百万羽というアホウドリが
03:05
forage飼料 hereここに andそして scavenge掃除 whateverなんでも they彼ら canできる find見つける
ヒナ鳥の餌付けに 手当たり次第
03:08
forために regurgitation逆流 to their彼らの chicks.
ひっかきまわし食い漁るのです
03:11
Aa four-month4ヶ月 old古い Laysanレーヤン Albatrossアルバトロス chickひよこ
死んでしまった生後4か月のコアホウドリの
03:13
died死亡しました with〜と thisこの in itsその stomach.
胃の中にはこんなものがありました
03:16
Hundreds数百 of thousands of theその goose-sizedガチョウサイズ chicks are dying死ぬ
がらくたが胃に詰まった何十万羽もの
03:19
with〜と stomachs full満員 of bottleボトル capsキャップ andそして otherその他 rubbishごみ,
がちょう大のヒナが死んでいます
03:24
like好きな cigaretteシガレット lightersライター ...
ライターも含まれますが
03:27
butだけど, mostly主に bottleボトル capsキャップ.
ほとんどは蓋です
03:30
Sadly悲しいことに, their彼らの parents mistake間違い bottleボトル capsキャップ forために foodフード
残念ながら海の表面で揺れ動く蓋を
03:33
tossing投げる about in theその ocean海洋 surface表面.
親鳥が食べ物だと間違えたのです
03:36
Theその retainer保持者 ringsリング forために theその capsキャップ
蓋のリテーナーリングも
03:39
alsoまた、 have持ってる consequences結果 forために aquatic水生生物 animals動物.
水生動物に対して影響を及ぼしています
03:41
Thisこの is Maeマエ West西,
これはカメのメイ ウェスト
03:44
stillまだ alive生きている at〜で aa zookeeper's動物園の home自宅 in New新しい Orleansオルレアン.
ニューオーリンズの動物園飼育員が家で世話しています
03:46
I wanted欲しい to see見る what myじぶんの home自宅 townタウン of Long長いです Beachビーチ wasあった contributing貢献する to theその problem問題,
我が故郷 ロングビーチの貢献具合を知りたくて
03:49
soそう on Coastal沿岸の Clean-Up掃除 Day in 2005
2005年の海岸清掃デーに
03:53
I went行った to theその Long長いです Beachビーチ Peninsula半島, at〜で theその east end終わり of our我々の long長いです beachビーチ.
浜の東端にあるロングビーチ半島に行ってみました
03:56
We我々 cleaned清掃された upアップ theその swathsスワス of beachビーチ shown示された.
このビーチ一帯のゴミ拾いをしました
03:59
I offered提供された five centsセント each forために bottleボトル capsキャップ.
私が蓋1つにつき5セント払うと申し出ると
04:02
I got持っている plentyたくさん of takersテイカー.
大勢の人が誘いに乗ってくれました
04:05
Hereここに are theその 1,100 bottleボトル capsキャップ they彼ら collected集めました.
これが収集した蓋1,100個です
04:07
I thought思想 I would〜する spend費やす 20 bucksドル.
20ドルの出費を想定してましたが
04:10
Thatそれ day I ended終了しました upアップ spending支出 nearlyほぼ 60.
60ドル近くまで行きました
04:13
I separated分離された themそれら by〜によって color
色別に分類して
04:16
andそして put置く themそれら on display表示 theその next Earth地球 Day
サンペドロの水族館にて
04:18
at〜で Cabrilloカブリヨ Marineマリン Aquarium水族館 in Sanサン Pedroペドロ.
アースデイの展示に使用しました
04:20
Governor知事 Schwarzeneggerシュワルツェネッガー andそして his wife Mariaマリア stopped停止 by〜によって to discuss話し合います theその display表示.
シュワルツェネッガー知事とマリア夫人が展示に立ち寄ってくれました
04:22
In spite邪悪 of myじぶんの "girlyガーリー manおとこ" hat帽子, crochetedかぎ針編みの fromから plasticプラスチック shoppingショッピング bagsバッグ,
プラスチック袋製の“少女っぽい”クロッシェ帽にも関わらず
04:26
they彼ら shook揺れた myじぶんの handハンド. (Laughter笑い)
知事夫妻は握手してくれました
04:29
I showed示した him andそして Mariaマリア aa zooplankton動物プランクトン trawlトロール
知事夫妻にはハワイの北の還流で
04:33
fromから theその gyre旋回 north of Hawaiiハワイ
プランクトン以上にプラスチックが混入する-
04:36
with〜と moreもっと plasticプラスチック thanより planktonプランクトン.
動物プランクトン トロール網を見せました
04:39
Here'sここにいる what our我々の trawlトロール samplesサンプル fromから theその plasticプラスチック soupスープ our我々の ocean海洋 has持っている become〜になる look見える like好きな.
これがプラスチックスープと化した海のサンプルです
04:41
Trawlingトローリング aa zooplankton動物プランクトン netネット on theその surface表面 forために aa mileマイル
海面で動物プランクトン トロール網を1.6km引くと
04:46
produces生産する samplesサンプル like好きな thisこの.
このような結果になります
04:49
Andそして thisこの.
そしてこれです
04:52
Now, whenいつ theその debrisデブリ washes洗濯 upアップ on theその beachesビーチ of Hawaiiハワイ
ゴミがハワイの浜に打ち上げられて
04:55
itそれ looks外見 like好きな thisこの.
こんな有様です
04:58
Andそして thisこの particular特に beachビーチ is Kailuaカイルア Beachビーチ,
これはカイルアビーチです
05:00
theその beachビーチ whereどこで our我々の president大統領 andそして his family家族 vacationed休暇中 before moving動く to Washingtonワシントン.
ワシントン転居前に大統領家族が休暇を取った場所です
05:02
Now, howどうやって do行う we我々 analyze分析する samplesサンプル like好きな thisこの one1
さて プランクトンよりもプラスチックの含有率が高い
05:05
thatそれ contain含む moreもっと plasticプラスチック thanより planktonプランクトン?
このサンプルをいかに分析しましょうか
05:08
We我々 sortソート theその plasticプラスチック fragments断片 into different異なる sizeサイズ classesクラス,
プラスチック片を5mmから1/3mmまで
05:11
fromから five millimetersミリメートル to one-third3分の1 of aa millimeterミリメートル.
サイズ別に分類しました
05:14
Small小さい bitsビット of plasticプラスチック concentrate集中 persistent永続的な organicオーガニック pollutants汚染物質
周辺の海水と比較すると百万倍の倍率で
05:17
upアップ to aa million百万 times their彼らの levelsレベル in theその surrounding周囲 seawater海水.
小さなプラスチック片に 有機汚染物がしつこく吸着しています
05:21
We我々 wanted欲しい to see見る ifif theその most最も common一般 fish in theその deep深い ocean海洋,
我々は食物連鎖底辺にいる最も個体数の多い深海魚が
05:25
at〜で theその baseベース of theその foodフード chain,
このプラスチック片を摂取しているか否か
05:28
wasあった ingesting摂取する theseこれら poison pills丸薬.
確認したかったのです
05:30
We我々 didした hundreds数百 of necropsies剖検,
何百回と解剖を行った結果
05:32
andそして over以上 aa third三番 had持っていました polluted汚染された plasticプラスチック fragments断片 in their彼らの stomachs.
1/3以上の魚の胃から汚染プラスチック片を検出しました
05:35
Theその record-holder記録保持者, onlyのみ two-and-a-half2・1/2 inchesインチ long長いです,
最多記録は わずか6.3cmの魚の小さな胃に
05:38
had持っていました 84 pieces作品 in itsその tiny小さな stomach.
84片もあったのです
05:41
Now, you君は canできる buy購入 certified認定 organicオーガニック produce作物.
我々は認定済み有機商品を購入できますが
05:44
Butだけど noいいえ fishmonger魚屋 on Earth地球
地球上には認定済み有機の天然魚を
05:47
canできる sell売る you君は aa certified認定 organicオーガニック wild-caught野生の fish.
調達できる行商人なんていません
05:50
Thisこの is theその legacy遺産 we我々 are leaving去る to future未来 generations世代.
これが我々からの将来の世代への遺贈品です
05:55
Theその throwaway捨てる society社会 cannotできない be〜する contained含まれる ---
この使い捨て社会は阻止できません
06:00
itそれ has持っている gone行った globalグローバル.
全世界に波及してしまいました
06:03
We我々 simply単に cannotできない store格納 andそして maintain維持する orまたは recycleリサイクル allすべて our我々の stuffもの.
全ての物を保管または再利用できません
06:06
We我々 have持ってる to throwスロー itそれ away離れて.
処分は避けて通れません
06:09
Now, theその market市場 canできる do行う aa lotロット forために us米国,
市場が出来ることはたくさんありますが
06:11
butだけど itそれ can'tできない fix修正する theその naturalナチュラル systemシステム in theその ocean海洋 we've私たちは broken壊れた.
既に破壊してしまった海の自然体系を修復することはできません
06:14
Allすべて theその king's王の horses andそして allすべて theその king's王の men男性 ...
“王様の馬と家来みんなでも”
06:17
will意志 never決して gatherギャザー upアップ allすべて theその plasticプラスチック andそして put置く theその ocean海洋 backバック together一緒に again再び.
全てのゴミを回収して海の復元は出来ないのです
06:20
Narratorナレーター (Videoビデオ): Theその levelsレベル are increasing増加する,
状況は悪化しています
06:26
theその amount of packaging梱包 is increasing増加する,
包装の量も増加しています
06:28
theその "throwaway捨てる" concept概念 of living生活 is proliferating増殖する,
生活の中の使い捨て概念もエスカレートしています
06:30
andそして it'sそれは showing表示 upアップ in theその ocean海洋.
それが結果として海に現れています
06:33
Anchorアンカー: He offersオファー noいいえ hope希望 of cleaningクリーニング itそれ upアップ.
彼は掃除に対する希望を抱いていません
06:36
Straining緊張 theその ocean海洋 forために plasticプラスチック
海からプラスチックを除くには
06:39
would〜する be〜する beyond超えて theその budget予算 of anyどれか country
いかなる国の予算でも賄えず
06:42
andそして itそれ mightかもしれない kill殺します untold言いたくない amounts金額 of sea life生活 in theその processプロセス.
その過程において莫大な量の海洋生物を殺しかねません
06:45
Theその solution溶液, Mooreムーア says言う, is to stopやめる theその plasticプラスチック at〜で itsその sourceソース:
ムーア氏曰く 解決策はプラスチックを源で止めることです
06:48
stopやめる itそれ on land土地 before itそれ falls落ちる in theその ocean海洋.
海へ流出する前に陸上で阻止することです
06:51
Andそして in aa plastic-wrappedプラスチックで包まれた andそして packagedパッケージされた world世界,
プラスチック包装の世界が続く限り
06:58
he doesn'tしない holdホールド outでる muchたくさん hope希望 forために thatそれ, eitherどちらか.
彼はあまり希望も抱いていません
07:01
Thisこの is Brianブライアン Rooneyルーニー forために Nightlineナイトライン,
ブライアンルーニーが
07:04
in Long長いです Beachビーチ, Californiaカリフォルニア.
カリフォルニアからお伝えしました
07:06
Charlesチャールズ Mooreムーア: Thank感謝 you君は.
ありがとうございました
07:12
Translated by Takako Sato
Reviewed by Masahiro Kyushima

▲Back to top

About the speaker:

Charles Moore - Oceanographer
Charles Moore is founder of the Algalita Marine Research Foundation. He captains the foundation's research vessel, the Alguita, documenting the great expanses of plastic waste that now litter our oceans.

Why you should listen

A yachting competition across the Pacific led veteran seafarer Charles Moore to discover what some have since deemed the world's largest "landfill" -- actually a huge water-bound swath of floating plastic garbage the size of two Texases. Trapped in an enormous slow whirlpool called the Pacific Gyre, a mostly stagnant, plankton-rich seascape spun of massive competing air currents, this Great Pacific Garbage Patch in some places outweighs even the surface waters' biomass six-to-one.

Moore said after his return voyage, "There were shampoo caps and soap bottles and plastic bags and fishing floats as far as I could see. Here I was in the middle of the ocean, and there was nowhere I could go to avoid the plastic."

Since his discovery, Moore has been analyzing the giant litter patch and its disastrous effects on ocean life. Through the Algalita Marine Research Foundation, he hopes to raise awareness about the problem and find ways to restrict its growth. He's now leading several expeditions to sample plastic fragments across thousands of miles of the Pacific.

More profile about the speaker
Charles Moore | Speaker | TED.com