English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDGlobal 2012

David Binder: The arts festival revolution

デビッド・バインダー:芸術フェスティバル革命

Filmed
Views 676,503

ブロードウェイで有名な演出家デビッド・バインダーは、昨年の夏、オーストラリアの小さな町で、住民が自分のの庭で踊り演技してるのを観て感動しました。観客と演出者の境界をとりのぞき、町が自己表現をするのを手助けするという、芸術フェスティバルの新しい側面を紹介します。

- Theater producer
A Tony Award winner, theater producer David Binder is interested in taking performances off the stage. Full bio

Sydneyシドニー. I had持っていました beenされている waiting待っている myじぶんの whole全体 life生活 to get取得する to Sydneyシドニー.
シドニー、生まれてからずっと
シドニーに来たいと思っていました。
00:16
I got持っている to theその airport空港, to theその hotelホテル, checkedチェックした in,
空港からホテルに着いてチェックインすると、
00:20
andそして, sitting座っている thereそこ in theその lobbyロビー, wasあった aa brochureパンフレット
ロビーにシドニーフェスティバルの
00:23
forために theその Sydneyシドニー Festivalフェスティバル. I thumbedあきらめた throughを通して itそれ,
パンフレットがありました。
ざっと目を通すと
00:26
andそして I came来た across横断する aa showショー calledと呼ばれる "Mintoミント: Liveライブ."
「ミント:ライブ」というショーを見つけました。
00:28
Theその description説明 read読む: "Theその suburban郊外 streets通り of Mintoミント
こう書いてありました。「ミントの郊外の通りを舞台に
00:31
become〜になる theその stageステージ forために performances公演
国際的なアーティスト達が
00:35
created作成した by〜によって international国際 artistsアーティスト
ミントの住民と
00:38
in collaborationコラボレーション with〜と theその people of Mintoミント."
共演します。」
00:40
What wasあった thisこの place場所 calledと呼ばれる Mintoミント?
ミントという場所はどんなところだろう?
00:43
Sydneyシドニー, asとして I would〜する learn学ぶ, is aa cityシティ of suburbs郊外,
後でわかったのですが、郊外の発達したシドニーの
00:45
andそして Mintoミント lies southwest南西, about an hour時間 away離れて.
南西1時間ほどの所にミントはあります。
00:48
I have持ってる to sayいう, itそれ wasn'tなかった exactly正確に what I had持っていました in mindマインド
オーストラリアの初日に行こうと
思っていた場所というわけでは
00:51
forために myじぶんの first最初 day downダウン under.
ありませんでした。
00:55
I mean平均, I'd私は thought思想 about theその Harbour Bridgeブリッジ orまたは Bondiボンディ Beachビーチ,
ハーバーブリッジかボンダイビーチに行くつもりが
00:56
butだけど Mintoミント? Butだけど stillまだ, I'm私は aa producerプロデューサー,
ミント?
でも、私はプロデューサーです。
00:59
andそして theその lureルアー of aa site-specificサイト固有の theater劇場 projectプロジェクト
地域独自の演劇プロジェクトを
01:02
wasあった moreもっと thanより I couldできた resistレジスト. (Laughter笑い)
見ないわけにはいきません。(笑い)
01:05
Soそう, offオフ I went行った into Friday金曜日 afternoon午後 trafficトラフィック,
金曜日の午後のラッシュにもまれて着いた
01:08
andそして I'll私はよ never決して forget忘れる what I saw見た whenいつ I got持っている thereそこ.
そこで目にしたことは、二度と忘れません。
01:10
Forために theその performanceパフォーマンス, theその audience聴衆 walked歩いた
パーフォーマンスを見るため
01:13
aroundまわり theその neighborhoodご近所 fromから house to house,
地域の家から家へと観客は歩きまわります。
01:15
andそして theその residents住民, who wereあった theその performersパフォーマー,
住民がパーフォーマーとして、
01:18
they彼ら came来た outでる of their彼らの houses, andそして they彼ら performed実行した
自分の家から出てきて、
01:21
theseこれら autobiographical自伝的な dancesダンス on their彼らの lawns芝生,
芝生や表の道路で
01:23
on their彼らの driveways車道. (Laughter笑い)
自伝的なダンスを演じたのです。(笑い)
01:27
Theその showショー is aa collaborationコラボレーション with〜と aa Uあなた.Kk.-basedベース
イギリスを本拠地とするパーフォーマンス集団
01:29
performanceパフォーマンス company会社 calledと呼ばれる Lone孤独 Twinツイン.
「ローン・ツイン」との共作です。
01:32
Lone孤独 Twinツイン had持っていました come来る to Mintoミント andそして worked働いた
ローン・ツインは、ミントまで来て
01:35
with〜と theその residents住民, andそして they彼ら had持っていました created作成した theseこれら dancesダンス.
住民と協力し、ダンス作品を創りあげたのです。
01:37
Thisこの Australian-Indianオーストラリアンインディアン girl女の子, she彼女 came来た outでる andそして started開始した
このインド系オーストラリア人の少女が家から出てきて
01:40
to danceダンス on her彼女 frontフロント lawn芝生,
家の前の芝生で踊り始めます。
01:44
andそして her彼女 fatherお父さん peered仲間の outでる theその window to see見る
この音と騒ぎは何事だと
01:46
what allすべて theその noiseノイズ andそして commotion騒ぎ wasあった about,
窓から覗いたお父さんも
01:49
andそして he soonすぐに joined参加した her彼女.
すぐに娘と一緒に踊り始めました。
01:51
Andそして he wasあった followed続く by〜によって her彼女 little少し sisterシスター.
さらに下の妹も加わりました。
01:53
Andそして soonすぐに they彼ら wereあった allすべて dancingダンシング thisこの joyous楽しい,
あっというまに、家族みんなが自分の家の前で
01:56
exuberant豊かな danceダンス right thereそこ on their彼らの lawn芝生. (Laughter笑い)
楽しげで熱狂的な踊りを始めたんです。(笑い)
01:59
Andそして asとして I walked歩いた throughを通して theその neighborhoodご近所,
そして、この地域を歩きまわりながら
02:04
I wasあった amazed驚く andそして I wasあった moved移動した by〜によって theその incredible信じられない
私が驚き感動したのは
02:06
senseセンス of ownership所有 thisこの communityコミュニティ clearlyはっきりと feltフェルト
このイベントがどこまでも
02:10
about thisこの eventイベント.
地域のものとして行われていること。
02:13
"Mintoミント: Liveライブ" brought持ってきた Sydneysidersシドニーサイダー into dialogue対話
「ミント:ライブ」は、地元シドニーの人と
02:15
with〜と international国際 artistsアーティスト, andそして really本当に celebrated祝われた
国際的なアーティストを対話させ、
02:18
theその diversity多様性 of Sydneyシドニー on itsその own自分の terms条項.
シドニーの多様性を見事に花咲かせました。
02:21
Theその Sydneyシドニー Festivalフェスティバル whichどの produced生産された "Mintoミント: Liveライブ" I think思う
「ミント:ライブ」を制作したシドニーフェスティバルは、
02:25
representsは表す aa new新しい kind種類 of 21st-centuryセント・セイント arts芸術 festivalフェスティバル.
21世紀の新しいタイプの芸術フェスティバルの代表です。
02:29
Theseこれら festivalsフェスティバル are radically根本的に open開いた.
これらのフェスティバルは、徹底的にオープンです。
02:32
They彼ら canできる transform変換する cities都市 andそして communitiesコミュニティ.
町やコミュニティーを変身させます。
02:36
To understandわかる thisこの, I think思う itそれ kind種類 of makes作る senseセンス
これを理解するために、フェスティバルの歴史を
02:40
to look見える whereどこで we've私たちは come来る fromから.
振り返ることは意味があることでしょう。
02:42
Modernモダン arts芸術 festivalsフェスティバル wereあった bornうまれた
現代の芸術フェスティバルは、世界大戦の
02:45
in theその rubble瓦礫 of World世界 War戦争 IIii.
瓦礫の中から生まれました。
02:47
Civicシビック leaders指導者 created作成した theseこれら annual年次 eventsイベント
人間の魂を最高に表現するものとして
02:48
to celebrate祝う culture文化 asとして theその highest最高
文化の集う場として
02:51
expression表現 of theその human人間 spirit精神.
市民が主催する毎年のイベントです。
02:54
In 1947, theその Edinburghエジンバラ Festivalフェスティバル wasあった bornうまれた
1947年、エジンバラ・フェスティバルが生まれ、
02:56
andそして Avignonアビニョン wasあった bornうまれた andそして hundreds数百 of othersその他
アビニョンが生まれ、その他たくさんのフェスティバルが
03:00
would〜する followフォローする in their彼らの wake目覚め.
立ち上げられました。
03:02
Theその work作業 they彼ら didした wasあった very非常に, very非常に high高い artアート,
生みだされた作品はとてもレベルの高い芸術で、
03:04
andそして stars came来た along一緒に like好きな Laurieローリー Andersonアンダーソン
アンダーソン・ローリーやクニングハム・マース
03:07
andそして Merceメルセ Cunninghamカニンガム andそして Robertロバート Lepageレパージ
こんな回廊を作ったレページ・ロバート
03:10
who made work作業 forために thisこの circuit回路,
などスターも生まれました。
03:12
andそして you君は had持っていました theseこれら seminal精神的 showsショー like好きな "Theその Mahabharataマハブラタータ"
独創的な「マハブハラタl」や
03:14
andそして theその monumental記念碑的な "Einsteinアインシュタイン on theその Beachビーチ."
歴史的名作「海岸のアインシュタイン」もありました。
03:16
Butだけど asとして theその decades数十年 passed合格,
しかし時がたつにつれ、
03:19
theseこれら festivalsフェスティバル, they彼ら really本当に becameなりました theその establishment確立,
古いフェスティバルが地位を得る一方で
03:22
andそして asとして theその culture文化 andそして capital資本 accelerated加速された,
文化と資本主義とが加速し
03:25
theその Internetインターネット brought持ってきた us米国 allすべて together一緒に,
インターネットは全てを一緒くたにして、
03:28
high高い andそして low低い kind種類 of disappeared消えた,
ある意味で階級が消え去るとともに、新しい―
03:30
aa new新しい kind種類 of festivalフェスティバル emerged出現した.
フェスティバルが出現しました。
03:33
Theその old古い festivalsフェスティバル, they彼ら continued続ける to thrive成功する, butだけど
前からのフェスティバルも盛んでしたが、
03:35
fromから Brightonブライトン to Rioリオ to Perthパース, something何か new新しい wasあった emerging新興,
ブライトンやリオ、そしてバース、
新しい何かが登場しています。
03:38
andそして theseこれら festivalsフェスティバル wereあった really本当に different異なる.
とても違ったフェスティバルでした。
03:43
They're彼らは open開いた, theseこれら festivalsフェスティバル, becauseなぜなら, like好きな in Mintoミント,
これらのフェスティバルは、オープンでした。
03:45
they彼ら understandわかる thatそれ theその dialogue対話
ミントのように、地域と世界との対話が
03:48
betweenの間に theその local地元 andそして theその globalグローバル is essential本質的な.
欠かせないと理解しているからです。
03:51
They're彼らは open開いた becauseなぜなら they彼ら ask尋ねる theその audience聴衆 to be〜する aa playerプレーヤー,
観客が受身で見るだけでなく、役者として―
03:54
aa protagonist主人公, aa partnerパートナー, ratherむしろ thanより aa passive受動的 spectator観客,
主役や脇役として参加することを求めるから
オープンなのです。
03:59
andそして they're彼らは open開いた becauseなぜなら they彼ら know知っている thatそれ imagination想像力
想像力を建物の中だけに留めておけないことが
04:03
cannotできない be〜する contained含まれる in buildings建物,
わかっているからオープンなのです。
04:07
andそして soそう muchたくさん of theその work作業 they彼ら do行う
また作品は、地域に特有だったり
04:09
is site-specificサイト固有の orまたは outdoor屋外 work作業.
戸外で演じられるものが多いのです。
04:11
Soそう, theその new新しい festivalフェスティバル, itそれ asks尋ねる theその audience聴衆 to play遊びます
新しいフェスティバルでは、観客が
04:14
an essential本質的な role役割 in shapingシェイピング theその performanceパフォーマンス.
作品を作り上げる必須の役割を担うのです。
04:17
Companies企業 like好きな De La Guardaガーディア, whichどの I produce作物, andそして Punchdrunkパンチドンク
私が演出する「デラガルダ」や
「パンチドランク」といった集団は
04:21
create作成する theseこれら completely完全に immersive没入型 experiences経験
観客を舞台の中に配置して、
04:26
thatそれ put置く theその audience聴衆 at〜で theその centerセンター of theその actionアクション,
完全に投入する体験を作り出します。
04:28
butだけど theその Germanドイツ人 performanceパフォーマンス company会社 Riminiリミニ Protokollプロトコール
また、ドイツのパーフォーマンス集団の
リミニ・プロトコルは
04:32
takesテイク thisこの allすべて to aa whole全体 new新しい levelレベル.
もっと先のレベルまで進めました。
04:35
In aa seriesシリーズ of showsショー thatそれ includes含む "100 Percentパーセント Vancouverバンクーバー,"
「100%バンクーバー」「100%ベルリン」などのシリーズでは、
04:38
"100 Percentパーセント Berlinベルリン," Riminiリミニ Protokollプロトコール makes作る showsショー
リミニ・プロトコルは、社会を反映させたショーを
04:42
thatそれ actually実際に reflect反映する society社会.
作りました。
04:46
Riminiリミニ Protokollプロトコール chooses選択する 100 people thatそれ represent代表する thatそれ cityシティ
リミニ・プロトコルは、ショーの3ヶ月前から準備を始め、
04:49
at〜で thatそれ moment瞬間 in terms条項 of raceレース andそして gender性別 andそして classクラス,
その都市のその時点を代表する人種、性別、
04:53
throughを通して aa careful慎重に processプロセス thatそれ begins始まる three months数ヶ月 before,
社会階層を反映させた100人を選び、
04:57
andそして then次に thoseそれら 100 people shareシェア stories物語 about
その100人の人が、
05:00
themselves自分自身 andそして their彼らの lives人生, andそして theその whole全体 thingもの
彼ら自身の話や人生を語って、
05:03
becomes〜になる aa snapshotスナップショット of thatそれ cityシティ at〜で thatそれ moment瞬間.
全体としてその都市のその時点の
スナップショットになっているのです。
05:06
LIFTリフト has持っている always常に beenされている aa pioneerパイオニア in theその useつかいます of venues会場.
「リフト」は、常に会場の使い方の先駆者でした。
05:10
They彼ら understandわかる thatそれ theater劇場 andそして performanceパフォーマンス
演劇やパフォーマンスは、どこででもできると
05:14
canできる happen起こる anywhereどこでも.
理解しているのです。
05:16
You君は canできる do行う aa showショー in aa schoolroom教室,
学校の教室でも、ショーはできます。
05:17
in an airport空港, — (Laughter笑い) —
空港でも (笑い)
05:21
in aa department部門 store格納 window.
デパートのショーウィンドウでも。
05:23
Artistsアーティスト are explorers探検家. Who betterより良い to showショー us米国 theその cityシティ anew改めて?
芸術家は探検家です。
誰よりも上手に、町の新しい面を示します。
05:26
Artistsアーティスト canできる take取る us米国 to aa far-flung遠く離れた part of theその cityシティ
芸術家は、まだ見出されていない町の片隅に
私達を導いたり、
05:30
thatそれ we我々 haven't持っていない explored探検した, orまたは they彼ら canできる take取る us米国 into
あるいは、毎日前を通り過ぎているのに
05:33
thatそれ building建物 thatそれ we我々 passパス everyすべて day butだけど we我々 never決して went行った into.
一度も入ったことのない建物のなかへ、
私達を導いてくれます。
05:35
An artistアーティスト, I think思う, canできる really本当に showショー us米国 people
芸術家は、人生で見落としがちなことを
05:40
thatそれ we我々 mightかもしれない overlook見落とす in our我々の lives人生.
実際に私達に見せてくれるものだ、
と私は思います。
05:44
Backバック to Backバック is an Australianオーストラリア人 company会社 of people
「バック・トウ・バック」は、知的障害のある人々による
05:47
with〜と intellectual知的 disabilities障害. I saw見た their彼らの amazing素晴らしい showショー
オーストラリアのグループです。
05:50
in New新しい Yorkヨーク at〜で theその Statenスタテン Island Ferryフェリー Terminalターミナル
ニューヨークのスタテン島の船着場で、
ラッシュアワーに
05:55
at〜で rushラッシュ hour時間.
すばらしいショーを見ました。
05:58
We我々, theその audience聴衆, wereあった given与えられた headsetsヘッドセット andそして seated座った
我々観客は、イヤホーンを与えられ、
06:00
on one1 side of theその terminalターミナル.
ターミナルの片側に座りました。
06:02
Theその actors俳優 wereあった right thereそこ in frontフロント of us米国,
役者たちは私達のすぐ目の前にいて、
06:05
right thereそこ among theその commuters通勤者,
通勤者の中にまざっています。
06:07
andそして we我々 couldできた hear聞く themそれら,
役者達の言葉は聞こえても、
06:10
butだけど we我々 mightかもしれない notない have持ってる otherwiseさもないと seen見た themそれら.
彼らを見分けることはできないのです。
06:11
Soそう Backバック to Backバック takesテイク site-specificサイト固有の theater劇場 andそして uses用途 itそれ
バック・トウ・バックは、地域独自の演劇で、
それを使って私たちに、
06:14
to gentlyやさしく remind思い出させる us米国 about who andそして what we我々 choose選択する
日常生活の中で誰を、
何を見ないようにしているか、
06:19
to edit編集 outでる of our我々の daily毎日 lives人生.
それとなく教えてくれるのです。
06:22
Soそう, theその dialogue対話 with〜と theその local地元 andそして theその globalグローバル,
そして、地域と世界との対話とか、
06:25
theその audience聴衆 asとして participant参加者 andそして playerプレーヤー andそして protagonist主人公,
観客が参加者や役者そして主役となること、
06:28
theその innovative革新的な useつかいます of siteサイト, allすべて of theseこれら thingsもの
場所を革新的に使うこと、
それらすべてが
06:32
come来る to play遊びます in theその amazing素晴らしい work作業
すばらしいフランスのグループ
「ロイヤル・デラックス」の
06:35
of theその fantastic素晴らしい Frenchフランス語 company会社 Royalロイヤル de Luxeラックス.
類まれなパフォーマンスに結実しています。
06:38
Royalロイヤル de Luxe'sラックスの giant巨人 puppets人形 come来る into aa cityシティ
ロイヤル・デラックスは、
06:42
andそして they彼ら liveライブ thereそこ forために aa few少数 days日々.
巨大人形を町に繰り出し、数日そこに飾ります。
06:46
Forために "Theその Sultan'sスルタンズ Elephant," Royalロイヤル de Luxeラックス
「サルタンの象」で、ロイヤル・デラックスは、
06:48
came来た to central中央 Londonロンドン andそして brought持ってきた itそれ to aa standstill停止
ロンドン中心街を訪れ、
06:52
with〜と their彼らの storyストーリー of aa giant巨人 little少し girl女の子 andそして her彼女 friend友人,
巨人な少女と彼女の友達でタイムトラベラーの象の
06:55
aa time-traveling時間旅行 elephant.
静物像を展示しました。
06:59
Forために aa few少数 days日々, they彼ら transformed変形した aa massive大規模 cityシティ
数日の間、巨大な都市は、
07:02
into aa communityコミュニティ whereどこで endless無限 possibility可能性 reigned治世.
尽きることのない可能性に支配された
コミュニティーに変身したのです。
07:07
Theその Guardianガーディアン wrote書きました, "Ifif artアート is about transformation変換,
ガーディアン紙の記事です
「芸術が変身することだとすれば、、
07:11
then次に thereそこ canできる be〜する noいいえ moreもっと transformative変形的 experience経験.
これほどの変身体験は他にないだろう
07:15
What 'The' Sultan'sスルタンズ Elephant'象' representsは表す is noいいえ lessもっと少なく
「サルタンの象」が体現したものは、
07:19
thanより an artistic芸術的 occupation職業 of theその cityシティ
単に芸術的な町の占領や
07:23
andそして aa reclamation埋め立て of theその streets通り forために theその people."
人々が街道を取り戻したという以上の何かである。」
07:26
We我々 canできる talkトーク about theその economic経済的 impacts影響 of theseこれら festivalsフェスティバル
フェスティバルが町にもたらす
経済的効果を語ることもできますが
07:31
on their彼らの cities都市, butだけど I'm私は muchたくさん [moreもっと] interested興味がある in manyたくさんの moreもっと thingsもの,
しかしそれ以外に興味深いことがあります。
07:34
like好きな howどうやって aa festivalフェスティバル helps助けて aa cityシティ to express表現する itself自体,
町が自己を表現するのに、
フェスティバルがいかに役立ったか、
07:38
howどうやって itそれ lets〜する itそれ come来る into itsその own自分の.
町自体を取り戻すのに、
どんなに助けになったかです。
07:42
Festivalsフェスティバル promote促進する diversity多様性,
フェスティバルは、多様性を推進し、
07:45
they彼ら bring持参する neighbors隣人 into dialogue対話,
町の人々に会話を取り戻させ、
07:48
they彼ら increase増加する creativity創造性,
創造力を高め、
07:50
they彼ら offer提供 opportunities機会 forために civicシビック pride誇り,
住民のプライドを満たす機会を与え、
07:52
they彼ら improve改善する our我々の general一般 psychological心理的 well-being幸福.
精神的な健康を増進します。
07:55
In shortショート, they彼ら make作る cities都市 betterより良い places場所 to liveライブ.
一言で言えば、
町をより住みやすい場所にするのです。
07:59
Case場合 in pointポイント:
例を挙げましょう。
08:03
Whenいつ "Theその Sultan'sスルタンズ Elephant" came来た to Londonロンドン
サルタンの象がロンドンに来たとき、
08:04
justちょうど nine9人 months数ヶ月 after 7/7, aa Londonerロンドン人 wrote書きました,
7月7日からちょうど 9ヵ月でした。
あるロンドン住民の言葉です。
08:07
"Forために theその first最初 time時間 since以来 theその Londonロンドン bombings爆撃,
「私の娘は、ロンドンの爆破事件後初めて、
08:12
myじぶんの daughter calledと呼ばれる upアップ with〜と thatそれ sparkle輝く backバック in her彼女 voice音声.
元気な声で電話をしてきました。
08:15
She彼女 had持っていました gathered集まった with〜と othersその他
彼女は他の人たちと集い、
08:19
to watch時計 'The' Sultan'sスルタンズ Elephant,'' andそして, you君は know知っている,
サルタンの象を観て、そして、
08:21
itそれ justちょうど made allすべて theその difference."
それがすべてを変えたのです。」
08:24
LynLyn Gardnerガードナー in Theその Guardianガーディアン has持っている written書かれた
ガーディアンのガードナー・リンは書きました。
08:27
thatそれ aa greatすばらしいです festivalフェスティバル canできる showショー us米国 aa map地図 of theその world世界,
素晴らしいフェスティバルは、
世界地図や町の地図、
08:29
aa map地図 of theその cityシティ andそして aa map地図 of ourselves自分自身,
そして我々自身の地図を示すものだが、
08:33
butだけど thereそこ is noいいえ one1 fixed一定 festivalフェスティバル modelモデル.
しかし、フェスティバルのモデルは
誰かが決めるものではない。」
08:37
I think思う what's何ですか soそう brilliantブリリアント about theその festivalsフェスティバル,
フェスティバルの輝かしい点は、
08:40
theその new新しい festivalsフェスティバル, is thatそれ they彼ら are really本当に fully完全に capturing捕獲
新しいタイプのフェスティバルが、
今日の私達の生活の複雑さと興奮とを、
08:43
theその complexity複雑 andそして theその excitement興奮
完全に捉えていることにあると、
08:48
of theその way方法 we我々 allすべて liveライブ today今日.
私は考えています。
08:52
Thank感謝 you君は very非常に muchたくさん. (Applause拍手)
ありがとうございました。(拍手)
08:54
Translated by hiroko fujikawa
Reviewed by yuto ito

▲Back to top

About the speaker:

David Binder - Theater producer
A Tony Award winner, theater producer David Binder is interested in taking performances off the stage.

Why you should listen

David Binder won the Tony award for producing the record-breaking smash Hedwig and the Angry Inch starring Neil Patrick Harris. Other Broadway credits include Of Mice and Men starring James Franco and Chris O'Dowd (the first Broadway show to be filmed by the National Theatre of Britain's NT Live and shown in cinemas around the world), 33 Variations starring Jane Fonda, and the first Broadway revival of A Raisin in the Sun, with Sean Combs, Phylicia Rashad and Audra McDonald.

Binder has also staged events and festivals around the globe, including The High Line Festival, which was curated by David Bowie, The New Island Festival (ten days of Dutch site-specific theater, dance and music in New York City) and IBM's 100th Anniversary: Short Ride in a Fast Machine (held at Lincoln Center). He is the Artistic Associate of London's LIFT Festival.

PHOTO CREDITS for David's 2012 TED Talk:

Minto: Live – Sydney Festival
2011
3 Courtesy of Lone Twin
4 Courtesy of Lone Twin
5 Courtesy of Lone Twin
6 © Pekka Mäkinen
7 © Amrit MacIntyre
8 Courtesy of Lone Twin
9 © Pekka Mäkinen
10 © Pekka Mäkinen
11 © Pekka Mäkinen
12 © Pekka Mäkinen
13 © Pekka Mäkinen
14 © Pekka Mäkinen

The Mahabharata
16 © Image Entertainment

Einstein on the Beach
17 Spaceship © Lesley Leslie-Spinks 2012

De La Guarda
21 Courtesy of De La Guarda

Sleep No More
22 © Alick Crossley

100% – Rimini Protokoll
23 100% Berlin, © Barbara Braun, courtesy of Rimini Protokoll
24 100% Karlsruhe, © Jochen Klenk, courtesy of Rimini Protokoll
25 100% Köln, © Sandra Then, courtesy of Rimini Protokoll
26 100% Köln, © Sandra Then, courtesy of Rimini Protokoll
27 100% Köln, © Sandra Then, courtesy of Rimini Protokoll
28 100% Karlsruhe, © Jochen Klenk, courtesy of Rimini Protokoll
29 100% Köln, © Sandra Then, courtesy of Rimini Protokoll

Grown-Up School (Daily Life Series Part 4)
32 LIFT Brecknock Primary School, London 1999
Photograph: Andrew Whittuck
www.dailylifeltd.co.uk

Roam – a National Theatre of Scotland and Grid Iron production
33 Photo by Richard Campbell, courtesy of National Theatre of Scotland

Urban Dream Capsule
34 Photo courtesy of Bedno.com

Small Metal Objects, Back to Back Theatre
36 Photo by Berni Sweeney, courtesy of Back to Back Theatre
37 2009 Time-Based Art Festival. Photo: Carole Zoom, courtesy of Portland Institute for Contemporary Art
38 Photo by Jeff Busby, courtesy of Back to Back Theatre
39 Photo by Prudence Upton, courtesy of Back to Back Theatre
40 © Richard Termine

Royal de Luxe
42 © Carsten Siegel, berlinsidewalk.com
43 © Flickr user Mlle Jordan
44 © Carsten Siegel, berlinsidewalk.com
45 © Carsten Siegel, berlinsidewalk.com
46 Photo by Flickr user sw77, licensed by creative commons
47 The Sultan’s Elephant produced by Artichoke with funding by Arts Council England and the Mayor’s Office of London, photo by Matthew Andrews
48 The Sultan’s Elephant produced by Artichoke with funding by Arts Council England and the Mayor’s Office of London, photo by Matthew Andrews
49 © Carsten Siegel, berlinsidewalk.com
50 The Sultan’s Elephant produced by Artichoke with funding by Arts Council England and the Mayor’s Office of London, photo by Matthew Andrews
51 Photo by Flickr user sw77, licensed by creative commons
52 The Sultan’s Elephant produced by Artichoke with funding by Arts Council England and the Mayor’s Office of London, photo by Sophie Laslett
54 The Sultan’s Elephant produced by Artichoke with funding by Arts Council England and the Mayor’s Office of London, photo by Matthew Andrews
55 The Sultan’s Elephant produced by Artichoke with funding by Arts Council England and the Mayor’s Office of London, photo by Sophie Laslett
56 The Sultan’s Elephant produced by Artichoke with funding by Arts Council England and the Mayor’s Office of London, photo by Matthew Andrews
57 The Sultan’s Elephant produced by Artichoke with funding by Arts Council England and the Mayor’s Office of London, photo by Matthew Andrews
58 The Sultan’s Elephant produced by Artichoke with funding by Arts Council England and the Mayor’s Office of London, photo by Sophie Laslett

More profile about the speaker
David Binder | Speaker | TED.com