English-Video.net comment policy

The comment field is common to all languages

Let's write in your language and use "Google Translate" together

Please refer to informative community guidelines on TED.com

TEDxKC

Janine Shepherd: A broken body isn't a broken person

ジャニーン・シェパード: 体が壊れても人は壊れない

Filmed
Views 1,380,369

クロスカントリースキーヤーのジャニーン・シェパードはオリンピックメダルを期待されていましたが、自転車訓練時トラックにぶつかり人生が変わりました。人間の回復力を示唆する感動的な体験談をもとに、体だけが人間ではない、古い夢をあきらめる事で始めて新しい夢を実現できるのだ、と伝えます。

- Pilot
Athlete Janine Shepherd was rendered a partial paraplegic when she was hit by a truck during an Olympic training bike ride. Doctors didn't expect her to recover. But she not only learned to walk again -- she learned to fly. Full bio

Life生活 is about opportunities機会,
人生はチャンスであふれています
00:16
creating作成 themそれら andそして embracing抱きしめる themそれら, andそして forために me,
それは自分で作り上げ
掴み取っていくものでもあるのです
00:19
thatそれ wasあった theその Olympicオリンピック dream.
私にとってはそれが五輪出場でした
00:22
That'sそれは what defined定義された me. Thatそれ wasあった myじぶんの bliss至福.
それが私であり 私の幸せでした
00:24
Asとして aa cross-countryクロスカントリー skierスキーヤー andそして memberメンバー of theその Australianオーストラリア人 skiスキー teamチーム,
オーストラリアチームの
クロスカントリースキーヤーとして
00:27
headed先行 towards方向 theその Winter Olympicsオリンピック,
冬季オリンピックを目指し
00:31
I wasあった on aa trainingトレーニング bike自転車 rideライド with〜と myじぶんの fellow仲間 teammatesチームメイト.
私はチームメイトと共に
自転車訓練をしていました
00:33
Asとして we我々 made our我々の way方法 upアップ towards方向
向かう先にはシドニーの西の
00:37
theその spectacular素晴らしい Blue Mountains山々 west西 of Sydneyシドニー,
雄大なブルーマウンテンズが
見えていました
00:39
itそれ wasあった theその perfect完璧な autumn day:
快晴の秋空でした
00:42
sunshine日光, theその smell臭い of eucalyptユーカリ andそして aa dream.
太陽が輝き ユーカリが香り
夢で溢れていました
00:45
Life生活 wasあった good良い.
充実感がありました
00:49
We'd結婚した beenされている on our我々の bikes自転車 forために aroundまわり five andそして halfハーフ hours時間
訓練を開始してから5時間半
00:50
whenいつ we我々 got持っている to theその part of theその rideライド thatそれ I loved愛された,
自転車で私が大好きな
坂道にさしかかりました
00:53
andそして thatそれ wasあった theその hills, becauseなぜなら I loved愛された theその hills.
私は坂道が大好きです
00:55
Andそして I got持っている upアップ offオフ theその seatシート of myじぶんの bike自転車, andそして I started開始した
私は立ちこぎを始めました
00:58
pumpingポンピング myじぶんの legs, andそして asとして I sucked吸い込まれた in theその coldコールド mountain air空気,
両足に力を入れ
吸いこんだ山の冷気が
01:01
I couldできた feel感じる itそれ burning燃焼 myじぶんの lungs, andそして I looked見た upアップ
肺一杯に広がるのを感じ
01:04
to see見る theその sun太陽 shiningシャイニング in myじぶんの face.
太陽の光を浴びようと顔をあげました
01:07
Andそして then次に everythingすべて went行った black.
すると急に目の前が真っ暗になりました
01:10
Whereどこで wasあった I? What wasあった happeningハプニング?
ここはどこ?
何が起きたの?
01:14
Myじぶんの body wasあった consumed消費された by〜によって pain痛み.
全身に痛みが走りました
01:17
I'd私は beenされている hitヒット by〜によって aa speedingスピード utilityユーティリティー truckトラック
あと10分という時
猛スピードの小型トラックが
01:20
with〜と onlyのみ 10 minutes to go行く on theその bike自転車 rideライド.
私にぶつかったのです
01:23
I wasあった airlifted空輸 fromから theその sceneシーン of theその accident事故
事故現場からヘリコプターで
01:26
by〜によって aa rescueレスキュー helicopterヘリコプター to aa large spinal脊髄 unit単位 in Sydneyシドニー.
シドニーの脊髄病棟に
運ばれました
01:28
I had持っていました extensive広範 andそして life-threatening命を脅かす injuries負傷.
私は生命に関わる
重傷を全身に負っていました
01:32
I'd私は broken壊れた myじぶんの neckネック andそして myじぶんの backバック in six6 places場所.
首と背中6か所を骨折
01:35
I broke壊れた five ribs肋骨 on myじぶんの left side.
左ろっ骨も5か所骨折
01:39
I broke壊れた myじぶんの right arm. I broke壊れた myじぶんの collarbone鎖骨.
右腕と鎖骨も折れていました
01:42
I broke壊れた some一部 bones骨格 in myじぶんの feetフィート.
足首から下も一部骨折
01:44
Myじぶんの whole全体 right side wasあった ripped裂けた open開いた, filled満たされた with〜と gravel砂利.
体の右半分がぱっくりと開き
中は砂利だらけでした
01:47
Myじぶんの head wasあった cutカット open開いた across横断する theその frontフロント, lifted持ち上げられた backバック,
額を横切る傷口からは
01:50
exposing露出 theその skull頭蓋骨 underneath下の.
頭蓋骨が見えました
01:52
I had持っていました head injures傷つける. I had持っていました internal内部 injuries負傷.
頭部も内蔵も損傷
01:54
I had持っていました massive大規模 blood血液 loss損失. In fact事実, I lost失われた about five litersリットル
5リットルの大出血でした
01:56
of blood血液, whichどの is allすべて someone誰か myじぶんの sizeサイズ would〜する actually実際に holdホールド.
それは私サイズの体の
全血液量に相当します
01:59
By〜によって theその time時間 theその helicopterヘリコプター arrived到着した at〜で Prince王子 Henryヘンリー Hospital病院
プリンスヘンリー病院に到着した時には
02:02
in Sydneyシドニー, myじぶんの blood血液 pressure圧力 wasあった 40 over以上 nothing何も.
私の血圧は40しかありませんでした
02:05
I wasあった having持つ aa really本当に bad悪い day. (Laughter笑い)
全くついていない日でした(笑)
02:09
Forために over以上 10 days日々, I drifted漂流した betweenの間に two dimensionsディメンション.
10日間 私は2つの世界を行き来しました
02:18
I had持っていました an awareness意識 of beingであること in myじぶんの body, butだけど alsoまた、
体の中の自分とは別に
02:23
beingであること outでる of myじぶんの body, somewhereどこかで elseelse, watching見ている
どこか他の場所から
02:26
fromから above上の asとして ifif itそれ wasあった happeningハプニング to someone誰か elseelse.
他人事のように見ている自分がいました
02:29
Whyなぜ would〜する I want欲しいです to go行く backバック to aa body thatそれ wasあった soそう broken壊れた?
あんなに壊れた体に戻りたい?
02:31
Butだけど thisこの voice音声 kept保管 calling呼び出し me: "Come来る on, stay滞在 with〜と me."
でも別の声が言います
「頑張って 死なないで」
02:34
"Noいいえ. It'sそれは tooあまりにも hardハード."
「だめ 無理」
02:40
"Come来る on. Thisこの is our我々の opportunity機会."
「大丈夫 これはチャンスよ」
02:43
"Noいいえ. Thatそれ body is broken壊れた. Itそれ canできる noいいえ longerより長いです serveサーブ me."
「だめ あの体はボロボロ
もう役に立たないわ」
02:46
"Come来る on. Stay滞在 with〜と me. We我々 canできる do行う itそれ. We我々 canできる do行う itそれ together一緒に."
「大丈夫 頑張って
一緒に力を合わせればできる」
02:49
I wasあった at〜で aa crossroads交差点.
私は分岐点にいました
02:55
I knew知っていた ifif I didn'tしなかった returnリターン to myじぶんの body, I'd私は have持ってる to leave離れる thisこの world世界 forever永遠に.
自分の体に戻らなければ
二度とこの世に帰れない
02:57
Itそれ wasあった theその fight戦い of myじぶんの life生活.
命をかけた戦いでした
03:01
After 10 days日々, I made theその decision決定 to returnリターン to myじぶんの body,
10日後
自分の体に戻る決心をすると
03:05
andそして theその internal内部 bleeding出血 stopped停止.
内出血が止まりました
03:10
Theその next concern懸念 wasあった whetherかどうか I would〜する walk歩く again再び,
次の問題は歩行でした
03:14
becauseなぜなら I wasあった paralyzed麻痺した fromから theその waistウエスト downダウン.
腰から下が麻痺していたのです
03:18
They彼ら said前記 to myじぶんの parents, theその neckネック breakブレーク wasあった aa stable安定した fracture骨折,
医者は両親に言いました
首は安定骨折だが
03:20
butだけど theその backバック wasあった completely完全に crushed破砕されました.
背中が完全に潰れていて
03:23
Theその vertebra椎骨 at〜で Ll1 wasあった like好きな you'dあなたは dropped落とした aa peanut落花生,
L1脊椎は落としたピーナツを
03:25
stepped足踏みした on itそれ, smashed壊された itそれ into thousands of pieces作品.
踏んで粉々にしたようだ と
03:28
They'd彼らは have持ってる to operate操作する.
手術が必要でした
03:32
They彼ら went行った in. They彼ら put置く me on aa beanbag豆袋. They彼ら cutカット me,
手術が始まり ビーンバッグに乗せられ
03:34
literally文字通り cutカット me in halfハーフ, I have持ってる aa scar傷跡
文字通り半分に切られ
03:37
thatそれ wrapsラップ aroundまわり myじぶんの entire全体 body.
その証拠に
体を一周する傷がまだあります
03:39
They彼ら picked選んだ asとして muchたくさん broken壊れた bone asとして they彼ら couldできた
脊髄に引っかかっていた骨を
03:42
thatそれ had持っていました lodgedロッテ in myじぶんの spinal脊髄 cordコード.
できる限り除去しました
03:45
They彼ら took取った outでる two of myじぶんの broken壊れた ribs肋骨, andそして they彼ら rebuilt再建された myじぶんの backバック,
折れた2本のろっ骨を取りだし
L1の復元に使い
03:47
Ll1, they彼ら rebuilt再建された itそれ, they彼ら took取った outでる another別の broken壊れた ribリブ,
もう1本折れたろっ骨を使って
03:51
they彼ら fused融合した Tt12, Ll1 andそして Ll2 together一緒に.
T12 L1 L2を繋ぎ合わせました
03:54
Then次に they彼ら stitched縫う me upアップ. They彼ら took取った an entire全体 hour時間 to stitchステッチ me upアップ.
その後 体の縫合に1時間かかりました
03:57
I woke目が覚めた upアップ in intensiveインテンシブ careお手入れ, andそして theその doctors医師 wereあった really本当に excited興奮した
私が集中治療室で眼を覚ますと
04:00
thatそれ theその operation操作 had持っていました beenされている aa success成功 becauseなぜなら at〜で thatそれ stageステージ
手術の成功に沸く医者がいました
04:03
I had持っていました aa little少し bitビット of movement移動 in one1 of myじぶんの big大きい toesつま先,
足の親指が少しだけ動き
04:06
andそして I thought思想, "Greatすばらしいです, becauseなぜなら I'm私は going行く to theその Olympicsオリンピック!"
「やった オリンピックに行ける!」
と私は思いました
04:09
(Laughter笑い)
(笑)
04:12
I had持っていました noいいえ ideaアイディア. That'sそれは theその sortソート of thingもの
私は確信していたのです
04:14
thatそれ happens起こる to someone誰か elseelse, notない me, surely確かに.
私にこんなことが起きる筈がないと
04:16
Butだけど then次に theその doctor医師 came来た over以上 to me, andそして she彼女 said前記,
ところが医者は言ったのです
04:19
"Janineジャニー, theその operation操作 wasあった aa success成功, andそして we've私たちは picked選んだ
「ジャニーン 手術は成功しました
04:22
asとして muchたくさん bone outでる of yourきみの spinal脊髄 cordコード asとして we我々 couldできた,
脊髄に刺さっていた骨は
出来る限り取り除きましたが
04:25
butだけど theその damage損傷 is permanent永久的な.
障害は一生残るでしょう
04:28
Theその central中央 nervous神経質な systemシステム nerves神経, thereそこ is noいいえ cure治す.
中枢神経の治療法もなく
04:29
You'reあなたは what we我々 callコール aa partial部分的な paraplegic対麻痺性の, andそして you'llあなたは have持ってる
いわゆる部分対マヒです
04:33
allすべて of theその injuries負傷 thatそれ go行く along一緒に with〜と thatそれ.
それに伴う様々な傷もあります
04:36
You君は have持ってる noいいえ feeling感じ fromから theその waistウエスト downダウン, andそして at〜で most最も,
腰から下の感覚は失われ
04:39
you君は mightかもしれない get取得する 10-- orまたは 20-percent-パーセント returnリターン.
戻ったとしても10~20%でしょう
04:42
You'llあなたは have持ってる internal内部 injuries負傷 forために theその rest残り of yourきみの life生活.
内臓障害も残り
04:45
You'llあなたは have持ってる to useつかいます aa catheterカテーテル forために theその rest残り of yourきみの life生活.
生涯カテーテルが必要です
04:48
Andそして ifif you君は walk歩く again再び, itそれ will意志 be〜する with〜と calipersキャリパー andそして aa walking歩く frameフレーム."
仮に歩けても矯正器具と
歩行器なしには無理でしょう」
04:51
Andそして then次に she彼女 said前記, "Janineジャニー,
更に言いました
「ジャニーン
04:56
you'llあなたは have持ってる to rethink再考する everythingすべて you君は do行う in yourきみの life生活,
今後 何をするか改めて考えて
04:58
becauseなぜなら you'reあなたは never決して going行く to be〜する ableできる to do行う theその thingsもの you君は didした before."
今までやってきたことは
二度とできないから」
05:00
I tried試した to grasp把握 what she彼女 wasあった saying言って.
私は理解に苦しみました
05:05
I wasあった an athleteアスリート. That'sそれは allすべて I knew知っていた. That'sそれは allすべて I'd私は done完了.
私は競技選手で
それしかしたことがありません
05:07
Ifif I couldn'tできなかった do行う thatそれ, then次に what couldできた I do行う?
それができないなら
何ができるでしょう?
05:10
Andそして theその question質問 I asked尋ねた myself私自身 is, ifif I couldn'tできなかった do行う thatそれ,
自問しました
それができないのなら
05:13
then次に who wasあった I?
私は何者?
05:17
They彼ら moved移動した me fromから intensiveインテンシブ careお手入れ to acute急性 spinal脊髄.
集中治療室から脊髄病棟に移され
05:23
I wasあった lying嘘つき on aa thin薄いです, hardハード spinal脊髄 bedベッド.
薄くて固い専用ベッドに寝かされました
05:26
I had持っていました noいいえ movement移動 in myじぶんの legs. I had持っていました tightタイト stockingsストッキング on
足を動かすことは不可能で
05:29
to protect保護する fromから blood血液 clots凝塊.
血栓を防ぐ圧縮タイツを履いていました
05:31
I had持っていました one1 arm in plaster石膏, one1 arm tied結ばれた downダウン by〜によって drips点滴.
片方の腕にギプス
もう片方に点滴の針
05:33
I had持っていました aa neckネック braceブレース andそして sandbagsサンドバッグ on eitherどちらか side of myじぶんの head
首もネックサポートと
両側の砂袋で固定されていました
05:36
andそして I saw見た myじぶんの world世界 throughを通して aa mirror
頭上の鏡に映るものだけが
05:39
thatそれ wasあった suspended中断した above上の myじぶんの head.
私の世界でした
05:41
I shared共有 theその ward with〜と five otherその他 people,
病室には他に5人の患者がいましたが
05:45
andそして theその amazing素晴らしい thingもの is thatそれ becauseなぜなら we我々 wereあった allすべて lying嘘つき
全員が動けず横になっていたので
05:48
paralyzed麻痺した in aa spinal脊髄 ward, we我々 didn'tしなかった know知っている what each otherその他 looked見た like好きな.
お互いの姿は見えませんでした
05:50
Howどうやって amazing素晴らしい is thatそれ? Howどうやって oftenしばしば in life生活
何と素晴らしいことでしょう?
05:55
do行う you君は get取得する to make作る friendships友情, judgment-free判定なし,
外見に拘らず友情を育む機会など
05:58
purely純粋に basedベース on spirit精神?
人生ではそう多くないでしょう?
06:03
Andそして thereそこ wereあった noいいえ superficial面白い conversations会話
うわべだけの会話でなく
06:06
asとして we我々 shared共有 our我々の innermost最も内側の thoughts思考, our我々の fears恐怖,
心のうち 恐怖心
06:08
andそして our我々の hopes希望 forために life生活 after theその spinal脊髄 ward.
そして退院後の人生への期待を
語り合いました
06:12
I remember思い出す one1 night, one1 of theその nurses看護師 came来た in,
ある晩 看護師のジョナサンが
06:16
Jonathanジョナサン, with〜と aa whole全体 lotロット of plasticプラスチック strawsストロー.
大量のストローを病室に持ってきました
06:19
He put置く aa pileパイル on top of each of us米国, andそして he said前記,
私達それぞれにストローの束を渡し
06:23
"Start開始 threadingねじ切り themそれら together一緒に."
「さあ これをつなげて」
と言いました
06:26
Wellよく, thereそこ wasn'tなかった muchたくさん elseelse to do行う in theその spinal脊髄 ward, soそう we我々 didした.
他にやることもないので
私達はつなげ始めました
06:29
Andそして whenいつ we'd結婚した finished完成した, he went行った aroundまわり silently黙って
全部つなぎ終えると
彼は静かに病室を回り
06:32
andそして he joined参加した allすべて of theその strawsストロー upアップ
全てのストローをつなげ
06:36
tillまで itそれ loopedループした aroundまわり theその whole全体 ward, andそして then次に he said前記,
病室をストローの輪で囲みました
06:38
"Okayはい, everybodyみんな, holdホールド on to yourきみの strawsストロー."
「さあ皆 自分のストローを握って」
06:42
Andそして we我々 didした. Andそして he said前記, "Right. Now we're私たちは allすべて connected接続された."
私達が握ると彼は言いました
「これで皆繋がった」
06:46
Andそして asとして we我々 held開催 on, andそして we我々 breathed呼吸した asとして one1,
ストローを手に皆と
一つになって呼吸をしたとき
06:53
we我々 knew知っていた we我々 weren'tなかった on thisこの journey alone単独で.
この道のりでは皆
仲間だとわかったのです
06:58
Andそして even偶数 lying嘘つき paralyzed麻痺した in theその spinal脊髄 ward,
動けない身で病室にいながら
07:02
thereそこ wereあった moments瞬間 of incredible信じられない depth深さ andそして richness豊か,
これまで経験したことのない
07:07
of authenticity信憑性 andそして connection接続
深くて豊かで純粋な絆を
07:10
thatそれ I had持っていました never決して experienced経験豊富な before.
感じられたのです
07:13
Andそして each of us米国 knew知っていた thatそれ whenいつ we我々 left theその spinal脊髄 ward
そして退院後は皆
07:18
we我々 would〜する never決して be〜する theその same同じ.
違った生き方になるだろうと
理解しました
07:22
After six6 months数ヶ月, itそれ wasあった time時間 to go行く home自宅.
半年後 退院の時となり
07:27
I remember思い出す Dadパパ pushing押して me outside外側 in myじぶんの wheelchair車椅子,
父の押す車椅子に乗って
外に出ました
07:31
wrapped包まれた in aa plaster石膏 body castキャスト,
全身ギプスに覆われ
07:35
andそして feeling感じ theその sun太陽 on myじぶんの face forために theその first最初 time時間.
手術後初めて顔に太陽を顔に浴び
07:38
I soaked浸した itそれ upアップ andそして I thought思想,
私は思いました
07:41
howどうやって couldできた I everこれまで have持ってる taken撮影 thisこの forために granted付与された?
なぜこれを当たり前と
思っていたのだろう?
07:42
I feltフェルト soそう incredibly信じられないほど grateful感謝する forために myじぶんの life生活.
私は命があることに感謝しました
07:46
Butだけど before I left theその hospital病院, theその head nurseナース
ところが病院を出る前
看護師長がそばに来て
07:51
had持っていました said前記 to me, "Janineジャニー, I want欲しいです you君は to be〜する ready準備完了,
こう言いました
「ジャニーン 心の準備をしてね
07:53
becauseなぜなら whenいつ you君は get取得する home自宅, something's何か going行く to happen起こる."
家に着くとあることが起きるから」
07:55
Andそして I said前記, "What?" Andそして she彼女 said前記,
「何それ?」と私が聞くと
彼女は言いました
07:58
"You'reあなたは going行く to get取得する depressed落ち込んだ."
「きっと落ち込むわ」
07:59
Andそして I said前記, "Notない me, notない Janineジャニー theその Machine機械,"
「私はならないわ ジャニーン・マシンよ」
08:02
whichどの wasあった myじぶんの nicknameニックネーム.
私のあだ名です
08:04
She彼女 said前記, "You君は are, becauseなぜなら, see見る, itそれ happens起こる to everyoneみんな.
彼女は言いました
「いいえなるわ 皆なるから
08:06
In theその spinal脊髄 ward, that'sそれは normal正常.
脊髄病棟では それが普通
08:09
You'reあなたは in aa wheelchair車椅子. That'sそれは normal正常.
車椅子も普通のこと
08:12
Butだけど you'reあなたは going行く to get取得する home自宅 andそして realize実現する
でも家に着くと気が付くの
08:13
howどうやって different異なる life生活 is."
様変わりした人生に」
08:16
Andそして I got持っている home自宅 andそして something何か happened起こった.
家に着くとそれは起きました
08:18
I realized実現した Sisterシスター Samサム wasあった right.
サム看護婦は正しかったのです
08:24
I didした get取得する depressed落ち込んだ.
私は意気消沈しました
08:27
I wasあった in myじぶんの wheelchair車椅子. I had持っていました noいいえ feeling感じ fromから theその waistウエスト downダウン,
車椅子に座り 腰から下は感覚がなく
08:30
attached添付された to aa catheterカテーテル bottleボトル. I couldn'tできなかった walk歩く.
カテーテルの瓶をぶら下げ
歩けませんでした
08:33
I'd私は lost失われた soそう muchたくさん weight重量 in theその hospital病院
入院中にげっそりと痩せ
08:37
I now weighed体重 about 80 poundsポンド.
体重は36キロしかありませんでした
08:39
Andそして I wanted欲しい to give与える upアップ.
私は全て投げ出したかった
08:43
Allすべて I wanted欲しい to do行う wasあった put置く myじぶんの runningランニング shoes on andそして run走る outでる theその doorドア.
ランニングシューズを履いて
外へ逃げ出したかった
08:45
I wanted欲しい myじぶんの old古い life生活 backバック. I wanted欲しい myじぶんの body backバック.
元の人生 元の体を返して欲しかった
08:49
Andそして I canできる remember思い出す Momママ sitting座っている on theその end終わり of myじぶんの bedベッド,
母がベッドに腰をかけ つぶやきました
08:52
andそして saying言って, "I wonderワンダー ifif life生活 will意志 everこれまで be〜する good良い again再び."
「この先 人生は好転するのかしら」
08:55
Andそして I thought思想, "Howどうやって couldできた itそれ? Becauseなぜなら I've私は lost失われた everythingすべて
私は思いました
「あり得ない 大事なもの
08:59
thatそれ I valued価値のある, everythingすべて thatそれ I'd私は worked働いた towards方向.
努力した全てを失ったのよ
09:03
Gone行った."
何もかも」
09:07
Andそして theその question質問 I asked尋ねた wasあった, "Whyなぜ me? Whyなぜ me?"
そしてこればかり考えました
「なぜ私? なぜ私が?」
09:10
Andそして then次に I remembered思い出した myじぶんの friends友達
それから脊髄病棟にいる
09:15
thatそれ wereあった stillまだ in theその spinal脊髄 ward,
友人達を思い出しました
09:19
particularly特に Mariaマリア.
特にマリアです
09:21
Mariaマリア wasあった in aa car accident事故, andそして she彼女 woke目が覚めた upアップ
マリアは交通事故に遭い
09:23
on her彼女 16thth birthdayお誕生日 to theその newsニュース thatそれ she彼女 wasあった aa completeコンプリート quadriplegic四肢麻痺,
16歳の誕生日に
完全四肢麻痺であると告げられました
09:25
had持っていました noいいえ movement移動 fromから theその neckネック downダウン,
首から下は全く動かず
09:30
had持っていました damage損傷 to her彼女 vocalボーカル chordsコード, andそして she彼女 couldn'tできなかった talkトーク.
声帯も損傷し 話せなかったのです
09:32
They彼ら told言った me, "We're私たちは going行く to move動く you君は next to her彼女
私は言われました
「彼女の横に移しますね
09:36
becauseなぜなら we我々 think思う itそれ will意志 be〜する good良い forために her彼女."
彼女の為になるでしょうから」
09:38
I wasあった worried心配している. I didn'tしなかった know知っている howどうやって I'd私は react反応する
私は不安でした
彼女の横になって
09:40
to beingであること next to her彼女.
自分がどう反応をするか
分からなかったのです
09:44
I knew知っていた itそれ would〜する be〜する challenging挑戦, butだけど itそれ wasあった actually実際に aa blessing祝福,
大変だと思ったのですが
実際は彼女の笑顔に救われました
09:46
becauseなぜなら Mariaマリア always常に smiled微笑んだ.
彼女は笑顔を絶やさなかった
09:50
She彼女 wasあった always常に happyハッピー, andそして even偶数 whenいつ she彼女 began始まった to talkトーク again再び,
彼女はいつも幸せそうでした
話せるようになった時も
09:55
albeitしかし difficult難しい to understandわかる, she彼女 never決して complained不平を言う, notない once一度.
理解は困難でしたが
彼女は不満を言わなかった 一度も
09:59
Andそして I wondered疑問に思った howどうやって had持っていました she彼女 everこれまで found見つけた thatそれ levelレベル of acceptance受け入れ.
彼女がなぜあんな風に状況を
受け入れられたのか不思議でした
10:05
Andそして I realized実現した thatそれ thisこの wasn'tなかった justちょうど myじぶんの life生活.
そしてわかったのです
私だけが問題を抱えている訳じゃない と
10:11
Itそれ wasあった life生活 itself自体. I realized実現した thatそれ thisこの wasn'tなかった justちょうど myじぶんの pain痛み.
人生には問題がつき物で
痛みは私だけでなく
10:16
Itそれ wasあった everybody'sみんな pain痛み. Andそして then次に I knew知っていた, justちょうど like好きな before,
誰にでもあるものなのです
以前のように
10:20
thatそれ I had持っていました aa choice選択. I couldできた keepキープ fighting戦う thisこの
選択は自分次第で
このまま戦い続けるか
10:25
orまたは I couldできた let〜する go行く andそして accept受け入れる notない onlyのみ myじぶんの body
諦めて
この体とこの人生を受け入れるのも
10:30
butだけど theその circumstances状況 of myじぶんの life生活.
自分次第なのです
10:35
Andそして then次に I stopped停止 asking尋ねる, "Whyなぜ me?"
そこで「なぜ私?」と
自問するのを止めました
10:38
Andそして I started開始した to ask尋ねる, "Whyなぜ notない me?"
「だったら私が」と
考えるようになりました
10:42
Andそして then次に I thought思想 to myself私自身, maybe多分 beingであること at〜で rock bottom
どん底はスタート地点として
10:45
is actually実際に theその perfect完璧な place場所 to start開始.
最高なのかもしれないと
思い始めました
10:49
I had持っていました never決して before thought思想 of myself私自身 asとして aa creative創造的な person.
自分を創造性のある人間だと
考えたことはありません
10:56
I wasあった an athleteアスリート. Myじぶんの body wasあった aa machine機械.
私はアスリートでした
体は機械でした
11:00
Butだけど now I wasあった about to embark始まる on theその most最も creative創造的な projectプロジェクト
ところがこれ以上ない創造的なプロジェクトに
11:04
thatそれ anyどれか of us米国 couldできた everこれまで do行う:
取り掛かることになるのです
11:08
thatそれ of rebuilding再構築 aa life生活.
人生の建て直しです
11:10
Andそして even偶数 thoughしかし I had持っていました absolutely絶対に noいいえ ideaアイディア
何をすればいいか
全く見当もつかない中
11:13
what I wasあった going行く to do行う, in thatそれ uncertainty不確実性
その不確かさの中で
11:15
came来た aa senseセンス of freedom自由.
自由を感じ取ったのです
11:18
I wasあった noいいえ longerより長いです tied結ばれた to aa setセット pathパス.
もう決められた道を進まなくてもいい
11:21
I wasあった free無料 to explore探検する life's人生 infinite無限 possibilities可能性.
人生の無限の可能性を探れる
11:23
Andそして thatそれ realization実現 wasあった about to change変化する myじぶんの life生活.
それに気付き
人生は起点を迎えようとしていました
11:30
Sitting座っている at〜で home自宅 in myじぶんの wheelchair車椅子 andそして myじぶんの plaster石膏 body castキャスト,
ギブスをはめた体で
自宅で車椅子に座っていると
11:36
an airplane飛行機 flew飛んだ overheadオーバーヘッド, andそして I looked見た upアップ,
上空を飛行機が飛ぶのが見え
11:41
andそして I thought思想 to myself私自身, "That'sそれは itそれ!
思いついたのです
「これだ!
11:44
Ifif I can'tできない walk歩く, then次に I mightかもしれない asとして wellよく fly飛ぶ."
私は歩けない
なら飛ぼうじゃないか」
11:47
I said前記, "Momママ, I'm私は going行く to learn学ぶ howどうやって to fly飛ぶ."
「ママ 私 飛行機の操縦の勉強をする」
と私が言うと
11:52
She彼女 said前記, "That'sそれは niceいい, dear親愛な." (Laughter笑い)
母は言いました
「あら素敵ね」 (笑)
11:54
I said前記, "Passパス me theその yellow pagesページ."
私は続けました
「タウンページかして」
11:59
She彼女 passed合格 me theその phone電話 book, I rang鳴った upアップ theその flying飛行 school学校,
電話帳を受け取り
飛行訓練学校へ電話しました
12:00
I made aa booking予約, said前記 I'd私は like好きな to make作る aa booking予約 to come来る outでる forために aa flightフライト.
飛行コースの予約をしたいと伝えると
12:03
They彼ら said前記, "You君は know知っている, whenいつ do行う you君は want欲しいです to come来る outでる?"
学校側は言いました
「いつ来られますか?」
12:06
I said前記, "Wellよく, I have持ってる to get取得する aa friend友人 to driveドライブ me outでる
私はこう答えました
「友達の都合を聞かないと
12:08
becauseなぜなら I can'tできない driveドライブ. Sortソート of can'tできない walk歩く eitherどちらか.
私は運転できる体じゃないし
歩くのもやっとですから
12:10
Is thatそれ aa problem問題?"
問題ありますか?」
12:14
I made aa booking予約, andそして weeks later後で myじぶんの friend友人 Chrisクリス
予約を済ませ数週間後
友人のクリスと母が
12:15
andそして myじぶんの momママ drove運転した me outでる to theその airport空港,
空港へ連れて行ってくれました
12:17
allすべて 80 poundsポンド of me covered覆われた in aa plaster石膏 body castキャスト
36キロの私の体は
体幹ギブスで固定され
12:18
in aa baggyぼろぼろ pairペア of overallsオーバーオール. (Laughter笑い)
更にだぶだぶのオーバーオールが
被さっていました (笑)
12:21
I canできる telltell you君は, I didした notない look見える like好きな theその ideal理想的な candidate候補者
パイロットの免許を取るのに
12:24
to get取得する aa pilot'sパイロット licenseライセンス. (Laughter笑い)
ふさわしい風体とはいえませんでした (笑)
12:27
I'm私は holdingホールディング on to theその counterカウンタ becauseなぜなら I can'tできない standスタンド.
カウンターに掴り体を支えながら
言いました
12:30
I said前記, "Hiこんにちは, I'm私は hereここに forために aa flying飛行 lessonレッスン."
「飛行レッスンを受けに来ました」
12:32
Andそして they彼ら took取った one1 look見える andそして ran走った outでる theその backバック to drawドロー shortショート strawsストロー.
私を見たスタッフ達は
奥で貧乏くじを押し付け合いました
12:34
"You君は get取得する her彼女.""Noいいえ, noいいえ, you君は take取る her彼女."
「君が担当しろよ」
「いい いい 君が受け持てよ」
12:37
Finally最後に thisこの guy comes来る outでる. He goes行く,
やっと一人が出てきて言いました
12:41
"Hiこんにちは, I'm私は Andrewアンドリュー, andそして I'm私は going行く to take取る you君は flying飛行."
「やあ 僕はアンドリュー
実飛行に行きましょう」
12:42
I go行く, "Greatすばらしいです." Andそして soそう they彼ら driveドライブ me downダウン,
「最高」と言った私を
12:44
they彼ら get取得する me outでる on theその tarmac滑走路,
彼らは駐機場へ連れて行ってくれました
12:46
andそして thereそこ wasあった thisこの red, white andそして blue airplane飛行機.
そこに赤白青の飛行機がありました
12:47
Itそれ wasあった beautiful綺麗な. They彼ら lifted持ち上げられた me into theその cockpitコックピット.
綺麗でした
私は翼まで持ち上げられ
12:49
They彼ら had持っていました to slide滑り台 me upアップ on theその wing, put置く me in theその cockpitコックピット.
そこからコックピットに入れられました
12:52
They彼ら sat座っている me downダウン. Thereそこ are buttonsボタン andそして dialsダイヤル everywhereどこにでも.
座ってみると至るところに
ボタンやダイヤルがありました
12:55
I'm私は going行く, "Wowワオ, howどうやって do行う you君は everこれまで know知っている what allすべて theseこれら buttonsボタン andそして dialsダイヤル do行う?"
「どうやってこれ全部覚えるの?」
と思っていると
12:57
Andrewアンドリュー theその instructorインストラクター got持っている in theその frontフロント, started開始した theその airplane飛行機 upアップ.
インストラクターのアンドリューが前に座り
飛行機をスタートさせ
13:01
He said前記, "Would〜する you君は like好きな to have持ってる aa go行く at〜で taxiingタクシー?"
「地上滑走試してみますか?」と
私に訊きました
13:03
That'sそれは whenいつ you君は useつかいます yourきみの feetフィート to controlコントロール theその rudderラダー pedalsペダル
地上で飛行機を操縦するとき
13:05
to controlコントロール theその airplane飛行機 on theその ground接地.
足元のペダルでコントロールします
13:07
I said前記, "Noいいえ, I can'tできない useつかいます myじぶんの legs."
私は言いました
「いいえ 足は動かせません」
13:10
He went行った, "Ohああ."
「あっ」と彼が言うので
13:12
I said前記, "Butだけど I canできる useつかいます myじぶんの hands," andそして he said前記, "Okayはい."
「でも手は使えます」と言うと
「了解」と彼は答えました
13:13
Soそう he got持っている over以上 to theその runway滑走路, andそして he applied適用された theその powerパワー.
そして彼は操縦を始め滑走路に入り
離陸準備にかかりました
13:16
Andそして asとして we我々 took取った offオフ downダウン theその runway滑走路,
スピードを上げ滑走路を進み
13:19
andそして theその wheels車輪 lifted持ち上げられた upアップ offオフ theその tarmac滑走路, andそして we我々 becameなりました airborne空中,
駐機場から車輪が離れ
空中に飛び立ったとき
13:22
I had持っていました theその most最も incredible信じられない senseセンス of freedom自由.
私はこの上ない自由を感じました
13:26
Andそして Andrewアンドリュー said前記 to me,
訓練区域に入ったとき
13:31
asとして we我々 got持っている over以上 theその trainingトレーニング areaエリア,
アンドリューは言いました
13:33
"You君は see見る thatそれ mountain over以上 thereそこ?"
「あそこの山が見えますか?」
13:36
Andそして I said前記, "Yeahええ."
私が「ええ」と答えると
彼は続けました
13:38
Andそして he said前記, "Wellよく, you君は take取る theその controlsコントロール, andそして you君は fly飛ぶ towards方向 thatそれ mountain."
「今度はあなたが操縦機を握り
あの山の方に飛んでみてください」
13:40
Andそして asとして I looked見た upアップ, I realized実現した
見上げると
彼が指していたのは
13:45
thatそれ he wasあった pointingポインティング towards方向 theその Blue Mountains山々
この旅路の始まりとなった
13:47
whereどこで theその journey had持っていました begun始まった.
あのブルーマウンテンズでした
13:50
Andそして I took取った theその controlsコントロール, andそして I wasあった flying飛行.
私は操縦桿を手に飛んでいました
13:53
Andそして I wasあった aa long長いです, long長いです way方法 fromから thatそれ spinal脊髄 ward,
脊髄病棟から遠く離れた場所にいて
13:58
andそして I knew知っていた right then次に thatそれ I wasあった going行く to be〜する aa pilotパイロット.
その瞬間
自分はパイロットになると確信しました
14:01
Didn'tしなかった know知っている howどうやって on Earth地球 I'd私は everこれまで passパス aa medical医療.
身体検査に合格するかは疑問でしたが
14:05
Butだけど I'd私は worry心配 about thatそれ later後で, becauseなぜなら right now I had持っていました aa dream.
そんなことより夢が先決でした
14:09
Soそう I went行った home自宅, I got持っている aa trainingトレーニング diary日記 outでる, andそして I had持っていました aa plan計画.
帰宅後
トレーニング日誌に計画を書きました
14:12
Andそして I practiced練習した myじぶんの walking歩く asとして muchたくさん asとして I couldできた,
歩行訓練を目一杯こなし
14:16
andそして I went行った fromから theその pointポイント of two people holdingホールディング me upアップ
二人の人に支えられ立つところから
14:19
to one1 person holdingホールディング me upアップ
一人が支えてくれるだけで
立てるようになり
14:22
to theその pointポイント whereどこで I couldできた walk歩く aroundまわり theその furniture家具
家具と家具が離れていなければ
14:25
asとして long長いです asとして itそれ wasn'tなかった tooあまりにも far遠い apart離れて.
家具づたいに
伝い歩きできるまでになりました
14:27
Andそして then次に I made greatすばらしいです progression進行 to theその pointポイント
そしてやっと家に中で
14:30
whereどこで I couldできた walk歩く aroundまわり theその house, holdingホールディング onto〜に theその walls,
壁沿いに歩けるまでになりました
14:32
like好きな thisこの, andそして Momママ said前記 she彼女 wasあった forever永遠に following以下 me,
こんな風にです
母は私の後ろを付いて回り
14:34
wipingワイピング offオフ myじぶんの fingerprints指紋. (Laughter笑い)
指紋を拭き取っていました(笑)
14:38
Butだけど at〜で least少なくとも she彼女 always常に knew知っていた whereどこで I wasあった.
少なくとも彼女には私の居場所が
わかっていました
14:41
Soそう whilewhile theその doctors医師 continued続ける to operate操作する
医師が私の体が元に戻るよう
14:46
andそして put置く myじぶんの body backバック together一緒に again再び,
手術を継続していた一方で
14:48
I went行った on with〜と myじぶんの theory理論 study調査, andそして then次に eventually最終的に,
私は航空理論の勉強を続け
やがて驚いたことに
14:50
andそして amazingly驚くほど, I passed合格 myじぶんの pilot'sパイロット medical医療,
パイロットの身体検査にも受かり
14:54
andそして thatそれ wasあった myじぶんの green light to fly飛ぶ.
飛行許可が下りました
14:58
Andそして I spent過ごした everyすべて moment瞬間 I couldできた outでる at〜で thatそれ flying飛行 school学校,
寸暇を惜しんで飛行訓練学校に行き
15:00
way方法 outでる of myじぶんの comfort快適 zoneゾーン,
ちょっと勇気がいりましたが
15:03
allすべて theseこれら young若い guysみんな thatそれ wanted欲しい to be〜する Qantasカンタス pilotsパイロット,
カンタス航空のパイロットを
夢見る若者にまぎれて
15:04
you君は know知っている, andそして little少し old古い hop-alongホップに沿って me in first最初 myじぶんの plaster石膏 castキャスト,
年長の私がいました
15:07
andそして then次に myじぶんの steel braceブレース, myじぶんの baggyぼろぼろ overallsオーバーオール,
ギブス 金属のブレース
だぶだぶのオーバーオールに
15:10
myじぶんの bagバッグ of medication投薬 andそして cathetersカテーテル andそして myじぶんの limp麻痺させる,
薬の袋とカテーテルを持って
びっこを引いている私です
15:13
andそして they彼ら used中古 to look見える at〜で me andそして think思う,
彼等は私を見てこう考えたでしょう
15:16
"Ohああ, who is she彼女 kidding冗談? She's彼女は never決して going行く to be〜する ableできる to do行う thisこの."
「何かの冗談か?
彼女にやれっこないよ」
15:18
Andそして sometimes時々 I thought思想 thatそれ tooあまりにも.
私も時々そう思いました
15:21
Butだけど thatそれ didn'tしなかった matter問題, becauseなぜなら now thereそこ wasあった something何か inside内部 thatそれ burned焼かれた
でもかまわなかった
私の中で何かが燃え始め
15:23
thatそれ far遠い outweighed上回った myじぶんの injuries負傷.
私の傷を消し去ってくれたのです
15:27
Andそして little少し goalsゴール kept保管 me going行く along一緒に theその way方法,
小さなゴールに達成しては前進し
15:32
andそして eventually最終的に I got持っている myじぶんの privateプライベート pilot'sパイロット licenseライセンス,
ついには自家用機パイロット免許を
取得したのです
15:34
andそして then次に I learned学んだ to navigateナビゲートする, andそして I flew飛んだ myじぶんの friends友達 aroundまわり Australiaオーストラリア.
自由飛行することを覚え
友達とオーストラリア中を飛行しました
15:38
Andそして then次に I learned学んだ to fly飛ぶ an airplane飛行機 with〜と two enginesエンジン
双発機の操縦も学び
15:43
andそして I got持っている myじぶんの twinツイン engineエンジン rating評価.
資格を得ました
15:46
Andそして then次に I learned学んだ to fly飛ぶ in bad悪い weather天気 asとして wellよく asとして fine細かい weather天気
良天候でも悪天候でも
飛行できる訓練をし
15:48
andそして got持っている myじぶんの instrument計器 rating評価.
計器飛行資格を取得しました
15:51
Andそして then次に I got持っている myじぶんの commercial商業の pilot'sパイロット licenseライセンス.
その後
商業用パイロットの免許も取り
15:54
Andそして then次に I got持っている myじぶんの instructorインストラクター rating評価.
インストラクターの資格も得ました
15:57
Andそして then次に I found見つけた myself私自身 backバック at〜で thatそれ same同じ school学校
そして気が付けば
15:59
whereどこで I'd私は gone行った forために thatそれ very非常に first最初 flightフライト,
初めて飛行した訓練学校に戻り
16:03
teaching教える otherその他 people howどうやって to fly飛ぶ,
生徒に飛ぶ事を教えていました
16:05
justちょうど under 18 months数ヶ月 after I'd私は left theその spinal脊髄 ward.
ちょうど脊髄病棟から退院して
18ヵ月後でした
16:08
(Applause拍手)
(拍手)
16:12
Andそして then次に I thought思想, "Whyなぜ stopやめる thereそこ?
そして思いました
「どうせなら
16:24
Whyなぜ notない learn学ぶ to fly飛ぶ upside逆さま downダウン?"
逆さ飛行も習おうかしら」
16:26
Andそして I didした, andそして I learned学んだ to fly飛ぶ upside逆さま downダウン
その言葉を実行し
16:29
andそして becameなりました an aerobatics曲芸師 flying飛行 instructorインストラクター.
アクロバット飛行の
インストラクターになりました
16:32
Andそして Momママ andそして Dadパパ? Never決して beenされている upアップ.
父と母は?
私と飛んだことはありません
16:36
Butだけど then次に I knew知っていた forために certainある thatそれ althoughただし、 myじぶんの body mightかもしれない be〜する limited限られた,
身体的な制約も
16:42
itそれ wasあった myじぶんの spirit精神 thatそれ wasあった unstoppable止まらない.
私の気力を留められなかったのです
16:48
Theその philosopher哲学者 Laoラオス Tzuツヅ once一度 said前記,
老子の言葉にもあります
16:53
"Whenいつ you君は let〜する go行く of what you君は are,
「今の自分に固執するのをやめた時
16:56
you君は become〜になる what you君は mightかもしれない be〜する."
なり得る自分になれる」
16:59
I now know知っている thatそれ itそれ wasn'tなかった until〜まで I let〜する go行く of who I thought思想 I wasあった
自分で決めつけていた自分を捨てて
17:03
thatそれ I wasあった ableできる to create作成する aa completely完全に new新しい life生活.
初めて新しい人生を
作れるのだとわかりました
17:08
Itそれ wasn'tなかった until〜まで I let〜する go行く of theその life生活 I thought思想 I should〜すべき have持ってる
自分の人生と信じてきた人生を
手放して初めて
17:12
thatそれ I wasあった ableできる to embrace擁する theその life生活 thatそれ wasあった waiting待っている forために me.
待ち受けている新しい人生を
発見できたのです
17:16
I now know知っている thatそれ myじぶんの realリアル strength
私の本当の強さは
17:21
never決して came来た fromから myじぶんの body,
体から来るものではない
17:24
andそして althoughただし、 myじぶんの physical物理的 capabilities能力 have持ってる changedかわった dramatically劇的に,
身体能力が劇的に変わっても
17:28
who I am午前 is unchanged変わらない.
私であることに変わりはなかった
17:33
Theその pilotパイロット light inside内部 of me wasあった stillまだ aa light,
私の中のともし火は消えていず
17:36
justちょうど asとして itそれ is in each andそして everyすべて one1 of us米国.
誰の中にでもある筈です
17:41
I know知っている thatそれ I'm私は notない myじぶんの body,
私の体だけが「私」でないように
17:45
andそして I alsoまた、 know知っている thatそれ you'reあなたは notない yoursあなたの.
皆さんの体だけが
皆さん自身ではないのです
17:49
Andそして then次に itそれ noいいえ longerより長いです matters問題 what you君は look見える like好きな,
外見や出身地
17:52
whereどこで you君は come来る fromから, orまたは what you君は do行う forために aa living生活.
仕事など もう意味はない
17:56
Allすべて thatそれ matters問題 is thatそれ we我々 continue持続する to fanファン theその flame火炎 of humanity人類
大切なのは真の自分を
18:01
by〜によって living生活 our我々の lives人生 asとして theその ultimate究極 creative創造的な expression表現
究極の創造性で表現し
18:06
of who we我々 really本当に are,
人間性の炎を絶やさないことです
18:10
becauseなぜなら we我々 are allすべて connected接続された
なぜなら私達は皆
18:14
by〜によって millions何百万 andそして millions何百万 of strawsストロー,
無数のストローで繋がっているのです
18:17
andそして it'sそれは time時間 to join参加する thoseそれら upアップ
今それを皆でつなげて
18:21
andそして to hangハング on.
握り締める時なのです
18:24
Andそして ifif we我々 are to move動く towards方向 our我々の collective集団 bliss至福,
全体の幸福を掴もうとするなら
18:26
it'sそれは time時間 we我々 shed杼口 our我々の focusフォーカス on theその physical物理的
物理的なことに目を向けず
18:30
andそして instead代わりに embrace擁する theその virtues美徳 of theその heartハート.
心の声を受け入れてください
18:33
Soそう raise上げる yourきみの strawsストロー ifif you'llあなたは join参加する me.
さあ皆さん 私と一緒に
ストローを掲げようではありませんか
18:37
Thank感謝 you君は. (Applause拍手)
ありがとうございました
(拍手)
18:41
Thank感謝 you君は.
ありがとう
18:47
Translated by hiroko fujikawa
Reviewed by Misaki Sato

▲Back to top

About the speaker:

Janine Shepherd - Pilot
Athlete Janine Shepherd was rendered a partial paraplegic when she was hit by a truck during an Olympic training bike ride. Doctors didn't expect her to recover. But she not only learned to walk again -- she learned to fly.

Why you should listen

Janine Shepherd is a walking paraplegic; she is also a pilot and aerobatics instructor, as well as a motivational speaker and author.

A champion cross-country skier in training for the winter Olympics, Janine’s life changed forever when she was hit by a truck during a bicycle ride in the Blue Mountains of Australia. Doctors did not expect her to survive and, when she did, they warned her that she would never walk again.

Janine focused intently for years on healing both her broken body and crushed morale. A turning point came watching small planes flying overhead. She decided: “If I can’t walk, I’ll fly.” While still in a full body cast, Janine was lifted into an aircraft for her first flight. Within a year she had her private pilot’s license. Later, she earned her commercial pilots license and instructor’s rating. Janine recently served on the board of Australia’s Civil Aviation Safety Authority (CASA) and became its youngest -- and only -- female director.

Janine is a the patron of the Australasian Spinal Research Trust and is committed to helping find a cure for spinal cord injury in the near future. In the meantime, she seeks to inspire those coping with physical disability. She is the author of five books, including The Gift of Acceptance and Never Tell Me Never. And while doctors told her after her accident that she would never have children, she now is a mother of three.

 

More profile about the speaker
Janine Shepherd | Speaker | TED.com